「正当化」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 正当化とは

2017-03-23

http://b.hatena.ne.jp/entry/328315932/comment/kidspong

3/23だけで数百の記事投稿されております。殺気立ってるのは一部の増田だけです。主語デカイです。


http://b.hatena.ne.jp/entry/328410669/comment/junjun777

優しいと正論で殴る理由がわかりません。殴られるうちが華みたいなこと言って自分の行いを正当化しようしてる奴と同類の輩だと思います

http://anond.hatelabo.jp/20170323051122

自分で3段落目に答え書いてるじゃん。「ブラック精神」と「社会に貢献しよう」とが同じとまでは言わんけど、同類のものとして扱われている。

社会貢献をダシにして長時間労働やら低賃金やらパワハラやらを正当化しようとする輩が山ほどいたし今もいるよな。長時間労働低賃金に甘んじることが社会貢献なら、自分やその家族は、自分たち献身によって素晴らしくなっているはずの「社会」の外側の存在ということになる。本当は自分社会の一員の筈なのに。

2017-03-21

それは恋愛とかじゃなくて介護要求です

https://twitter.com/PlasterStar999/status/843114485711683584


自分が要介護であることを自覚して変に正当化しないよう気をつけましょうね。

飯をレンジで温めてたんだけど、その飯を何秒で温めるのが最適なのか考えないままに、いつも30秒刻みで、30秒・1分・1分半・2分…と適当にやっていたことに気づいた。

個別対応すること」の正しさと、「大ざっぱに対応すること」の労力の少なさって、やっぱり相反するんだろうか。

なんとなく科学者みたいな理路整然とした人は個別対応することの「正しさ」という細く遠い毛細血管のような道を好むような、そしてわれわれ庶民は大ざっぱという処世術正当化するのにエコ効率化という言葉を用いたりしてるんじゃないかな、と自問した。

とくに自虐的意味はないが、そもそもそういう価値観人間なのでそう見えてもしかたないかもしれんが。

2017-03-20

ポジティブな人ってほんとに幸せなのか

ポジティブすぎて逆にネガティブな人っているよね。

何事にもポジティブな側面を見出そうとする様が、逆に、世の中は全てポジティブにできていないと納得できない子どもっぽさを表しているように見えるというか。

たとえばお店で料理を頼むのに二択で迷って失敗した、みたいなとき、本当は失敗したと自分でも思っているのに無理やり「まあこの食材は体にいいからね」みたいなことを口に出して言う人。

しか自分も失敗したとき自己正当化のための考えを巡らすことはあるけれども、あんまり口には出さない。だってそれってただの負け惜しみだし。

自己正当化のための言葉を口にすることが我慢できないところに、人間的な未熟さみたいなものを感じてしまう。世の中のありとあらゆることはポジティブにできていないと不安かられるような、ある種の強迫観念にとりつかれてるんだろうな、みたいな。

もしそうだとしたらめちゃくちゃ小さい人間だなーって思う。失敗したって、別にそれ以上でもそれ以下でもないだろうが。なんでそれをありのまま受け入れられないのか。

2017-03-19

http://anond.hatelabo.jp/20170319050037

私も、ネットに書かないほうがいい事、というのはよくわかります。書いちゃいけないとまでは思わないけれど。

悪意的に見られたら確実に悪者にされてしまう隙の多い文章だし、本人も後のツイートでそれを自覚しています

それどころか、身内から「そういうのやめたほうがいいよ」と忠告を受けていることもブログで書かれています

けれど、人間は理性だけで制御できないもので、たとえば鬱や自殺に至る人の心理がいい例ですが、

分かっていてもできない、分かっているからこそ逆に泥沼に吸い寄せられてしまう、という心理になるときがあるんです。

仕事で上手く行かなかった彼の心理もそうした状態だったのでしょう。

からネットに書かなくていいことを書いてしまう人が常に、必ず、一定数いる。

特にクソ真面目な人ほどそういう呪縛から逃れられない。

からそういう滲み出てしまったものに目くじらを立てて意気揚々と叩きに行く人たちは、残酷だと思うんです。

もちろんそういう状況で書く文ですから自己愛独善性が鼻についたりする部分も当然あって。

とき他人攻撃的な言い方をしてしまう時もある。でもそれは、叩くのを完全に正当化する理由にはならない。

私はそう思います

でも誰もが陥るかもしれないそういう事案で、その人の積み上げてきた価値を一瞬で壊してやろうという人が寄ってくる、

そういう社会には、私は生きたくないと思うんです。

とくにダテコーは業界の外から来たアウトサイダーで、業界に物申したいことが沢山あるんだと思いますよ。

いつも苦悩してますから

しかしたら、「オレスゲーんだぜ」と言うのにかこつけて身内のお給金事情意図的晒しているのかもとすら思います

常識的には、そういうのは無用な衝突を生むから言うべきじゃないし、勝手にバラされたら怒るのが普通でしょう。

でも実際のところ、身内の人たちは彼をそういう人だと、業界をかき回したい人なんだと温かい目でみていて、

一定の理解があるのかもしれないですよね。すべての人が器用に生きられるわけじゃないです。

特に経営者になるような人は、往々にして、とびぬけて不器用だけれど、その分人を惹きつけるビジョンやパワーがある。

そうやって色んな個性と折り合いをつけていく、いい大人、いい身内に恵まれた中で生きてきた人なのかもしれない。

から、ダテコーに巻き込まれた身内が実際表立って怒っていたら、外野一般人忠告しにいく人がでるのもわかりますが、

そういうのを確認すらせずに、自分常識観に従って、勝手マナーだとか正義を代弁して叩く、というのは、

私は行き過ぎたことだと思うんです。

2017-03-18

ダテコーが不憫で仕方ないか擁護させて。

ダテコーの事をよく知らない人や見下したい人ばかり寄ってたかってると感じる。

 

ダテコーは、ネトゲでいう、「ちょっとLVも装備も足りてないけど変わった攻略法を試したいから付き合ってくれる人募集!」ってシャウトしてるPTリーダーみたいな人だと思う。ネットで叩いてる人は、その「ゆるい募集」を見ずに入ってきて、自分では絶対にPTを立てないけれど、入ったらリーダーの指揮とかメンバーの振る舞いの至らなさに悪態をつく、他人への要求が高すぎる人と被って見える。ダテコーがやっていることは、メジャーで洗練されたビジネスライクな効率PTとは違う性質のもの。仮にてさぐれ部活もの以上の大ヒットを当てたとしても、ひねくれ者のダテコーは大手制作会社のような作品は作らない気がする。自分の信じる「ゆるさ」や「面白さ」を表現するために、永遠にチープでマイナーもの、悪く言うとキャストスタッフ視聴者好意に甘えた、アットホーム感のある作風にこだわりそうだと私は感じる。そして、そういうスケールアップをあえてしない道は、茨の道だけれどもアリだと思っている。

 

ダテコーはバウンスィという制作会社経営してるけど、アニメ業界の人はほぼいない。カネがなく(資本金350万だよ)、テレビ業界とコネがあり、メンバー構成作家演出家音響技術者くらいの10人少々。アマチュアレベルのMMDに手を加えた3Dモデルを動かす人形劇アニメにもかかわらず、大手アニメと肩をならべて放送枠をとっている零細ベンチャーみたいなもの。だから大手制作会社と同様の条件でやろうというのは無理ながらも、キャストを含め作風共感してくれるスタッフ好意と熱意に支えられて、もがいているチャレンジャーという立ち位置しかも彼はツイートしてるように、キャスト約束した給料は不払いせずきちんと払ってるし(あくま大手制作会社とくらべて安いから申し訳なく思ってるって事だろう)、自身会社設立以来1年間無報酬でやっていて、貯金もほぼないそうだ。局で作家をしていたころは一般サラリーマンの3倍ほど貰っていたらしいが、テレビ局構成作家は3000万稼いで一人前という世界から身を引いた方なので、ベンツを乗り回してみたいなネットの噂で僻んでも仕方がない。ともかく、稼いでいるのに金払いをケチる悪い人間、という風評は悪意的だと思う。

 

彼を追ってきた人なら分かると思うけれど、実際はクソ真面目で、言われてるような声優アドリブ芸や内輪ネタに頼りすぎた作風を良しとせず、脚本音響などスタッフ達がきちんと仕上げて編集する作品作りにこだわっている人。だからこそ、現場がそういうディレクションを軽視して「やっぱ声優さんすげーわ任せるわ」ってなるたびに怒って監督をやめている。職分を超えて、声優負担を増えさせる不健全な状況には敏感な人だ。実際BDのノーカット版などをみた人ならば、編集はじめクリエーターたちのすごさが伝わっていると思うし、最終回の作り方などには、彼の美学を感じさせられる。

 

あのツイッター発言についても、本意と違う悪意的な捉え方ばかりされていると思う。本意としては、自虐的ながらも、「ウチは普通のとこと違うし当然売れないもんだから普通ビジネス感覚でやってくる人とはお互い良くない、俺たちはファミリーが欲しかったんだけど残念だ」くらいのことだと思う。私は別に条件が合わなかった相手disる意図はないと感じたし、その条件が合わなかった人のことを指して「技量がない」と言っているようには思えなかった。このへんはネット西野さんが炎上してた時にも私は思ったんだけど、みんな悪意的に捉えすぎている。「ダセー」だとか「お金の奴隷」は西野さん自身に向けられた言葉だし、自分がお金にこだわって可能性を閉ざすやり方を一部改めたからといって、お金(対価)を大切にする普通の人たちを貶す意図は感じなかった。むしろ西野さんにも石舘さんにも、普通人達に対して理解を示す言葉があった。それすらも乗り越えて、それを用意周到な言い訳とみなし、煽られたように捉えてしまいカチンとくる自意識過剰な人が多すぎるように思う。自分の労働ぶりを自虐的に捉えている人がそれだけ多いのかもしれない。

 

ともかく叩いてる人らは彼を典型的アニメ業界監督だと思って、「こういう奴がいるか業界は…」と感じているようだけれど、ここまで語ってきた文脈を捉えてもらえれば、ピントがずれていることが分かると思う。業界の薄給問題でほんとに叩くべきなのは大手制作会社で、彼のようにテレビ業界とのコネとアイデアで飛び込んだベンチャー社長みたいな人を叩いてたら、余計に業界健全化しないと思う。カネはないけどツテとキャストスタッフ好意に上手に甘えつつ、アニメ業界に切り込んで新しいカタチを提案していく、そういう立ち振舞は資本力のある大手には許されないけど、ベンチャーとしては参入が許容されてしかるべきだ。そういう遊びを許容しないと、市場新しい風は生まれない。もちろん、労働法範囲内でだけど。そこは実際にはおそらく問題ないのに、彼が自虐的な言い方をしすぎるせいで、問題のある労働が行われていると勘違いさせている。新しい風と言ったけど、低予算のMMDアニメだとか、リアルタイム3D人形劇先鞭をつけたのはダテコーだし、実際人を選ぶけどファンはついてるわけだよ。キャストだって、弱小ゆえの至らなさやダサさをネタにして監督をイジる事は多々あれど、ツンデレというか作品監督も基本愛しているように思う。そういう文脈を捉えてない人や、一般企業で安くこき使われてる人たちの怒りが、ダテコーというアニメ業界を代弁できないイレギュラー存在に矛先を向けてしまった。本来アニメ業界大企業のおエライさん方に向けるべき正論を、辺境の霧の中にぶちこんで無駄にしている感じがする。ダテコーの言うことは、クリエイティブの、しか不安定ベンチャー分野で通用する、熱意の方向性に関する局所的な話なのに、クリエイティブ業に携わることも、ベンチャージョインする人脈や熱量とも無縁な性質の勤め人たちから、「一般常識」で殴られている感じが、見ていて本当につらい。

 

堀江貴文さんなどもそうだけれど、内面がクソ真面目すぎるせいで強い思想をもち、世間から見ると変わったことをやっていて、世の「普通」に一切媚びない人種の方々は、無頓着からすぐに炎上してしまう。何に無頓着かって、自身のやってきた文脈を一切とらえずに一般論に基づく感情で殴りかかってくる人たちに「誤解」されないための言葉選びや長ったらしい自己説明をまったくしない辺り。そういう異能たちが、出る杭だと叩かれてノーマライズされる方向に圧力が掛かるのは悲しいことだ。

 

それはさておき、私はダテコーのような新興の弱い買い手が、背伸びをせず等身大報酬しか出せないけども、その弱さを隠蔽せず、詐称せず、そして契約強要せずにいる姿勢はとても誠実だし、ホワイトだと思う。「ウチは小さいから相場ほど報酬あげられないけど本当にいいの?考え方に賛同してくれるとかじゃないとやってけないよ?」と正直に言った結果、断られ続ける。それは愚痴りたくもなるけど、むしろ倫理的には賞賛されるものだと思う。取引は双方の合意があって成立する。そのことを売り手(被雇用者)に常に自覚させ、選択権を与え、冷静に賢い判断をしてもらうことは重要なこと。売り手側が考えるまでもなく、お利口な買い条件しか提示しない、良い所しか見せない企業ばかりだと、判断能力が育たなくて恐ろしいし、画一的いびつ、非現実的だと思う。経済的に未熟な企業から成熟した企業まで、さまざまあっていい。経済的に未熟な企業はどうしても無い袖は振れない、これを理解せずに「相場を払えないなら経営するな」という人ばかりだと、誰もPTリーダーをやらなくなる、もとい起業しなくなる。もう少し、柔軟性があってもいいはずなんだ。「ボッタクリでも時と場合によっては買うぜ」って人が稀にいるのと同様、「多少安売りしてでもこの会社この人とならコラボレートしたい」という希少な人の存在を、「賃金」のポリコレ棒で生まれる前に消滅させてしまってはいけないと思う。最低賃金だとかダンピング防止みたいな例外はあるものの、基本的には、どんな値段をつけるのも自由であるべきで、そっちの基本部分の方を甘く見ている人が多いように感じる。ボッタクリにも理由があり、存在価値がある。だから絶対悪ではない。自分が買い手の場合にそういう考え方ができるのなら、自分が売り手(被雇用)側になったときに同じ考え方ができていいはずだ。自由状態でこそ市場は成長するし、人間としても取引に多くを学び、成長していくんだと思う。市場の失敗が起こるとしたら、大体は倫理にもとる行い、ズルをしている場合。産地を偽ってボッタクリ価格正当化している、とかね。そういう訳でもなければ、一方的にすべての企業に「十分な(平均並の)支払い」を求めるのは、経済理解に暗いがゆえに計画経済的な発想になっている人なのかなと思わせる。イラストレーターの買い叩きとかクラウドワークス的なのが批判される時、企業もっと払えと言う人がその無理筋ぶりに無自覚なのと同じで。

 

話を戻すと、彼を叩いている人たちは、経済的に未熟な企業を許さないんではなくて、ダテコー側が倫理的に未熟な企業だと思いこんで叩いているようだ。もちろん倫理的に未熟な企業ということなら、市場の失敗をもたらすから零細でも大企業でも許容されるものではない。ただ、その判断をするのはネット野次馬ではなく、労基署とか公的機関だけれどね。今回のダテコーの件の場合、ダテコーの側は経済的には未熟な企業だけども、倫理的には叩かれるほどの問題はないと思う。若い零細クリエティ企業としてはむしろ身分相応で卑屈すぎるくらいで。これがワタミのような余裕のある大企業で、そのくせ相手判断させる余裕も与えず洗脳に近いことをして雇用するのだったら大問題となって然りだけれど。

 

あと、叩いている人たちに感じた疑問がもう一つあって。そもそも、一企業が、従業員を養う責任を負うのが当たり前のように思われているけど、重すぎると思う。そういう考え方をしていると、日本の労働環境はいつまでたっても全体的にブラックなままだと思う。企業はおのおのの身の丈にあった、妥当な配分を労働者に与えればいい。それで足りない場合、国が負担する。それはナントカ手当だったり、ベーシックインカムだったりしてもいいけど。そういう考えが前提になってほしい。経営者だって人間だし、完璧ではないし不安定存在だ。会社が小さいうちは、自分の人生ですら支えられるか分からない。経営者若い事が多いし。だからもっと柔軟に、雇用区分だとか時間を変えてワークシェアを進め、流動性を高めて、一企業人生を預けるようなとんでもない常識を変えていかないといけないと思う。労働フォールトトレランス分散型に。

 

他人に求めすぎる悪態ネトゲプレイヤーがPTにありつけなくなる問題の解決策は、PTリーダーに対する期待値を下げること、あるいは気楽にPTを立てれる空気をつくることだ。そういう考え方が出来る人が少しでも増えて欲しいと思う。人生はしょせん、すべてがごっこ遊びで、全ての人がなんらかのロールを演じているにすぎない。お仕事も、特に日本人お仕事は、お仕事ごっこだ。そんなに崇高に考えて、他人に崇高さを求めてもどだい無理なんだ。もちろん、実際に崇高度が高くて「強い」企業の横暴には敏感になって良いけれど、相手の顔が見えないネットからこそ、相手ももしかしたら弱い人間なのかも、と想像することはとても大事なことだと思う。慈しみを。神のご加護を。

 

もし、これが増田から本人乙とか関係者乙と穿った見方をする人がいたとしたら不本意なので、一応自己紹介すると、私は中部地方に住む32歳職歴なしのニート(家事手伝い)です。

2017-03-17

○○世代

○○○世代 っていう括りもういい加減いらないよな。

世代関係なく『問題児』『非常識人間』っていうのは一定の数だけいるんだよ。

ただ『○○世代は…』とかい言葉と絡めて自分等を正当化したい人間否定してるだけ。

若者の~離れ」とか典型的な例っしょ。

売れないのを「開発者または商品のもののせい」とは考えないで「若者限定した消費者のせい」にして変わろうとしない自分等を正当化してんだから

大体さ、○○世代否定派で出てくる「○○世代の特徴」ってその世代だけに言えたことじゃないでしょ。

自己中心的 → その世代の特徴じゃなくて性格問題

マナーが悪い → 若者年寄り関係なくマナー悪い奴は山ほどいる

タメ口など社会常識を知らない → そんなの自分等が新卒の時だっていただろ?

そういう偏見的な当てはめしかできない人に聞きたいけどさ

じゃあ実際自分等はどうだった?

新人の頃から常に「すごい!」「できた人だ!」「しっかりしている!」としか言われてこなかったか

そんな奴この世界どこを探してもいやしないだろ。

現在仕事をそつなくこなしている人や信頼されてる人だって

「これだから~は!!」と怒られながら学んだんだろう?

若い世代だって、今仕事を誰から教わっている?

年寄り老害」とはいうが、じゃあ今その「老害」と批判している奴と同じだけの仕事を同じようにこなせるか?柔軟に対応できるのか?

できないだろ?できてもどこかで穴ができるだろ?

まさか「それを補うのが先輩の…」とか甘いこと言ってんじゃないだろうな?

そこで潰れてしまう軟弱さもある意味現代の○○世代の特徴とされてしまうんだろうけど、自分等の世代だって「それだけのこと」で潰れてすぐに引き下がっていった人なんていくらでもいるんだよ。

自分たち時代は…」と散々美化してるけど、昔からなんも変わってないんだよ。

団塊世代バブル世代ゆとり世代さとり世代

雇用体制や考え方は違えど、通ってきた試練や苦難はそんなに変わらないんだよ。

からもう○○世代といって互いに互いをディスり合うのやめようや。

もっと自分自身」を見つめなおせよ。

世代のせいにしたいならちゃんとした知識を入れてから話せよ。

2017-03-16

http://anond.hatelabo.jp/20170316131621

自他の区別がついてたら運動会自由参加になるでしょ?

自他の区別がつかないアスペがそうやって運動会正当化するのめっちゃワロ

いや、結果がどうこう以前に、参加しないって事前の練習も含んで意味が無いってことだから

教育においてくっそムダな時間大人快楽のために滅私奉公ってサイアクでしょ。

金ももらえないのにフェラさせられてるレベル虐待なんだけど、

自他の区別がついていないアスペ親は自分の心地よさを最優先させるから仕方ないね

2017-03-14

例の何とかおじさんを晒し者にして遊んでいた事を正当化しようとしてる人がはてなにも少なからずいて怖い

普通に怖い

2017-03-12

なぜゲイは望みもないのにノンケ告白をするのか

自分同性愛者だ。しかも、ノンケを好きになってしまったタイプホモだ。

今は大学院生だけど、自分ホモだってことに気づいたのは中学生くらいからだし

今回惚れたやつに気付かされたわけじゃない。

自覚があるんだからノンケを好きになることを回避できたのに、結局こうなってしまった。

ノンケを好きになるのは今回が初めてではなく二回目。

一回目は高校生ときで、当時一番仲が良かった友達を好きになった。

すごく罪悪感を感じた。

自分そいつに感じている感情相手にとって絶対に受け入れられることはないのは理性ではわかっているんだけど

それでもいつまでも好意を寄せてしまった。そんな自分が憎く、自傷行為とかもした(今思えばホントアホだったと思う)。

それに、これは今もなんだけど、自分同性愛者ということを受け入れられなかった。

女の子を見て、かわいいと思うし、付き合ったり、将来的に結婚でもして家庭を築きたい願望はある。

母親孫の顔を見せたりとか、したい。

でも現実には女の裸をみても不快感しかないし、セックスしたいと思うのは男だ。

そいつには卒業と同時にカミングアウト告白をして、ふってもらった。

すごくスッキリしたけど、やっぱりノンケと付き合うことは無理なんだなってことが身にしみて分かって、一人になったらめちゃくちゃ泣いた。

その友達には気持ち悪いだろうから俺との縁を切ってもかまわないと言ったけど、今もたまに遊んだりする仲で、良い奴だなって思う。

俺がホントのことを言ったことに感謝してくれていたし、だからこそほんとに、こいつを好きになったのを申し訳ないと思った。

こんな思いもう二度としたくないと思った。ノンケを好きになるのは金輪際やめようと思った。

この時も馬鹿だったか意識して気をつけていれば、ノンケ男を好きにならずに済むとか考えてた。

結局大学に入って、サークルですごく気が許せる友達ができた。

そいつを好きになった。

でも理性が否定してれば、普通友達としてやっていけると思った。だから最近まではそいつのことは全然きじゃないって思っていた。矛盾してるけど。

ずっと俺はこいつのことは好きじゃないと必死で思い込んで、友達として接するようにしていた。

最近、それに限界がきた。

しばらくはうまく行っていたけど、ノンケとしてそいつと接するのがここ最近特にキツい。

もう長年の付き合いになるけど、今まで全くシモネタをしないし、女関係の話が出ないから正直疑われていると思う。

このまま俺がノーマルであると嘘をついていける自信がない。それに、信頼している人に嘘をつくのは結構エネルギーが要る。

この嘘は悪いことだとわかっているものの、どこかでこの嘘を正当化しなきゃ貫きようがないから。

自分ホモだってことを嘘ついて仲良くしてるのが悪いってことは自覚できてるんだよ、自覚してる分罪も重いよね。

俺がもしノンケ友達立場だったら自分を許せるかどうか分からない。

それと、第三者からみたら気持ち悪いんだろうなって思うけど嫉妬で消費するエネルギーも大きい。

友達として接している分、心理的距離が近いかヘテロセクシャルが感じる嫉妬よりも大きいと思う。

友達女性体験とかを聞くととにかく負の感情がすごい。自分がその女には絶対なれないと思うのはめちゃくちゃ悔しい。

なんで俺って男として生まれたのかな、って思う。性自認は男だからトランスジェンダーではないんだけど、よく女になれたらなって思う。

高校生ときに嫌な思いをしたから、こんなことを二度とするまいと思っていたけど

やっぱりだめみたいだ。

今度あったら正直に話して縁を切ろうと思う。

http://anond.hatelabo.jp/20170312144846

って言えば逃げることが正当化できると思ってるのか低能

「脳が寝ている」という低能レッテル低能の貼り放題だから全然正当化できんぞバーカwww

いちいち馬鹿を晒さなくてもよかろうに

2017-03-10

http://anond.hatelabo.jp/20170310154806

だってお前ゲームについて語ってないもん

ゲームへのこだわりをダシに他人を叩くことを正当化してるだけだもん

http://anond.hatelabo.jp/20170310142034

おかしなこだわり」とするのがすでに藁人形論法レッテルではないでしょうか。

創作ファンにはこだわりがあって当たり前のものです。

あなた、気づいてませんけど人の足を踏んでるかもですよ」っていうのがそんなに悪いことでしょうか。

悲しんでると伝えることが攻撃みえるでしょうか



そもそも、なんども無邪気な一般層ならしょうがないと書いています

問題にしてるのはゲームの素晴らしさを語るべき業界人ゲーマーすら

ゲームとき安くてなんぼ」という言動が下手すれば支配的になり軽視や冷笑の正当化に使われてることです。



コア層が愛をもって価値をかたれないジャンルにこそ未来はないのではないでしょうか。

否定とか攻撃とか強要とかじゃなく、単に愛を持って語る人が増えてほしい、そういう空気ができてほしいという話です。

http://anond.hatelabo.jp/20170310140225

増田が、自分の言ってることが正しいと本気で思ってるなら、ゲーム界は終わらざるを得ないと思うぞ

モニョるつがいることを理解して欲しい」、オーケー理解しよう、おかしなこだわりを正当化して、コアゲーマー以外を削ぎ落としたい層がいるんだなあ、そういう人が多いとゲームやるの嫌になってくるなあ、ってね



文壇の人が、純文学芸術で、「登場人物共感した」って感想を鼻で笑ってるの見たら、もう本とか読みたくなくなるよね

増田がやってる活動はそんなのやで

ライトノベル純文学より売れるのはおかしい、もっと敬意を払うべき!って活動とそっくりや

ゲーム作品なのはいいけど、コアゲーマーがそれを主張して、ライトユーザーローカルルール適応して、あげく糾弾し出すとか地獄絵図だよう

何故ゲーム好きが「他機種でだせ」発言にモヤっとするか

それが本質的に「ゲームときに金をかけたくない」という軽視だから

創作物には作り手のこだわりがはいってて当然なのに

「そんなこだわりいらないから安くしろ」なんて創作者にいう言葉だろうか。



例えば場所や地産品にこだわった料理店にたいして

「そんなこだわりいらないから安く料理をだせ」なんていう客は心が無いし、

そのこだわりを評価してる常連が聞けばイラっとするでしょ。



それが一般人ならともかく、それなりの料理人発言ならただただ残念。

料理だってゲームだっていろんなこだわりがあっていいじゃん!

「美味しいものを安くだすべき」みたいな信念があってあえて言うならわかるけど

「俺が金が惜しいから」って悲しすぎるでしょ



任天堂だっていやがらせで自社ハードをやってるわけじゃない。

任天堂なりのこだわりがあってだし、

そのこだわりが背景にあってこそゼルダでも生まれてるわけで

そこを切り離して「自分が安く遊ぶために創作物商品扱いして移植しろ」とか

本当に悲しくなるわけですよ



しかも、それをいうと最近は「宗教だ!」「ゲハだ!」とか簡単レッテルを貼られる。

なんでやねん!!!!!!

ゲームお金と敬意を払う価値があるすごい創作物だって主張して何が悪いねん!!!!!!



お願いですから自身ゲームへの軽視と冷笑を正当化するためにレッテルを使わないでください。

ゲーム商品であると同時に創作物なんです。

ゲームとき」、と作り手のことを考えず安くてなんぼの商品扱いすれば気分を害する人はいます

まぁ、オタクのあしらわれ方なんてどのジャンルもそんなものって言われるかもですけど

こだわりがわからなくて宗教扱いするなら、わからないなりに慎重に尊重するのが本来でしょう



元になった件の発言自体は残念だ、以上の感情はないのですが

最近ゲーム界隈で「心のない消費者」の声が大きすぎて

ゲーム愛が正当なものとして叫べないのは偏ってるし本当に糞なので変わらないかなという話でした。

読んでくださってありがとうございます



(念のために書いておくと、消費者視点大事だしお金を気にしてゲームを遊ぶのが悪いといいたいわけじゃないです)

2017-03-09

バブル冷戦、そしてネコ

バブル芸人

 バブル芸人とやらが人気である。80年生まれの私は、当時のことを懐かしむ思いを感じつつも、微妙な気分で眺めている。何故?バブル経済は悪だったかである。続く「失われた20年」生み出した元凶。(ちなみに「失われた20年」は英語で”lost two decade”であり、「負けた」という意味もある。)彼女なんかはあの時代を茶化してやってるんだろうからいい。でも、ここのところ、なんか素晴らしい時代だったかのような受け取られ方をされてる雰囲気を感じてしまって、イヤなのだ

 そんな雰囲気を感じてるんだろう、金融関連ではバブル史本の出版ラッシュである。どうせ当時の銀行員か何かが自己正当化文言を並べてて、こんなことが今後あってはならない、みたいなまとめられ方をしてるんだろう。読んでないから分からないけど。

 バブル経済後遺症が長引いた原因は、バブル崩壊当時、窮地に立たされた銀行を国が救ってしまったことにある。バブル期に後先考えず融資した金が焦げ付き、国全体の金の流れを止めた。いわゆる不良債権問題である。あの時、銀行をじゃんじゃん潰してしまって、焼け野原からスタートした方が良かった。20年を失ってしまったあとでは、そう思える。ちなみに私が大学卒業したのが2003年就職率がワーストを記録した年であるバブル崩壊から10年以上過ぎた当時ですら、不良債権問題はくすぶっていた。

冷戦キッズ

 今となってはバブル期という一面的な捉え方しかされないが、私が幼少の頃を過ごした80年代は、冷戦時代でもあった。幼心に最初に覚えている政治家は、中曽根レーガン、そしてゴルバチョフだ。まだ、ロシアソ連と呼ばれていた時代スポーツ国際大会なんかでは「西ドイツ代表が良く出てたのを思い出す。なんてったって核兵器の量がハンパじゃない。その当時は40何億人くらいだったと思うけど、全人類を殺しても余るくらいの核兵器があった。いわゆるオーバーキルというやつ。

 その頃、こういった状況を反映して、人類滅亡後の世界を描くようなマンガ映画が作られていた。私がいちばん思い出すのは、「北斗の拳」と「ターミネーター」だ。「ターミネーター」の方は、スカイネットというコンピューター暴走して世界を壊滅させてしまうって設定だったと思うが、今、キューバ危機なんかのことも合わせて考えてると、もの凄くリアルだ。ちょっとしたボタンの掛け違いで、全面核戦争突入してしま危険性があったのだ。

 「北斗の拳」の方は表面的には、格闘技マンガで、私もそのように楽しんでいた部分もある。しかし設定が怖かった。なんといっても「199X年」である現実に起こりうる未来世界が滅亡してしまうかもしれない未来。今となっては笑いものではあるが、こんな設定が、時代の中でリアリティーを持ったのである。そして幼い私は、そんな小さな恐怖を受け取ってしまったのである

90年代に起こったこと

 80年代から90年代にかけて、バブル経済崩壊、またソ連崩壊して冷戦終結した。この2つの重大な出来事が同時期に起きてしまったことが、日本人にとっては不幸なことだったと思う。冷戦が終わり全面核戦争危機は去ったにも関わらず、経済的な壊滅状態がやってきてしまい、安心を感じれなかった。「世界は滅亡しない」という安心を。

 そんな不安感の中、オウム真理教が登場し、信者を集め、凶行に走った。彼らが持ってた終末思想は麻原個人によるものも大きいが、多くの日本人が心のどこかで持っていた疑念共振していた。世界は何か別の形で滅亡してしまうんじゃないだろうか?と。阪神大震災ダメ押しになったのも無理はない。95年だ。

 ちょっと違うかもしれないけど、90年代末に登場したエヴァンゲリオンにも触れておきたい。エヴァンゲリオンのメインのテーマは親子関係であるとか、成長であるとか、そういったことになるのかも知れない。しかし、設定として「サードインパクト」なる壊滅的な何かが起こった後の世界舞台となっている。ここでも世界が滅ばない訳では無いのである。いずれにせよ、私達に「世界は滅ばない」と安心させてくれるものではなかった。

新たな終わりの予感、そして福音

 そして、21世紀現在、新たな「終わり」を予感させる出来事が次々と起こっている。それはやはり、2016年イギリスEU離脱、そしてトランプ大統領誕生である世界が大きく動いている。何かこれまでとは違ったことが、起きているし、これからも起きるだろう。もしかしてこれは、「終わりの始まり」なのか・・・書店に行った。「たとえ世界が終わっても」という新書が並んでいた。

 そんな中、話題の「けものフレンズ」を見た。なんでも、「疲れたオッサンを癒やしてくれる」らしい。私も36のいいオッサンで、程よく疲れている。癒やされるか。そして見てみたところ、なかなか楽しくはあるが、いまいちピンと来ない。「すごーい」や「たのしーい」で微笑ませてくれるんじゃないのか。それとも自分には合わないだけなのか。

 でも、ふとした時に気がついた。あの世界、「ジャパリパーク」は冷戦終結と、バブルの崩壊の2つを同時に表現していると。バブル期日本では、アミューズメントパークが雨後の筍の如く建設され、そしてバブル崩壊と同時に多くが破綻し、そして廃墟化していった。「ジャパリパーク」はそんな廃墟化したアミューズメントパークそのものだ。人間が出てこないし、話題になっているように人類滅亡後の世界に思えなくもないが、アミューズメントパークが倒産しただけだ。冷戦は終わった。世界は終わらない。そう思うと涙が出てきた。

 確かにオッサンを癒やす作品だ。でも、私の場合はそのほのぼのとした雰囲気にそのまま癒やされるのでは無かった。自分が幼い頃から育んできてしまった小さな恐怖、心に刺さってしまっていた小さなトゲを、取り去ってくれるという形で、癒やされた。すごーい!

2017-03-08

http://anond.hatelabo.jp/20170308163504

ねー

から俺はクソ増田に反応したくなったらトラバでやるようにした

ブクマでやることをそれほど正当化できないというかクソ増田が上がってくるの互助会と同じくらい嫌だもん

2017-03-07

クチャラー正義みたいな思考脳みそどうなってんの?

俺の家族は非クチャラーよりクチャラーのほうが多いのね。

今家でおやじとばあさんとじいさんとおかあと俺で暮らしてるんだけどさ、俺とおかあ以外クチャラーなの。3:2でクチャラーのほうが多い。(非クチャ兄弟が何人か家出てるのもあって)

そしたらさ、もう家族揃っての食事になるとクチャクチャがすごいのね。特におやじレベル高くてクチャクチャだけじゃなくてペチャとかキュルとかジュポッとか色んな音を組み合わせてくんの。そんでじいさんは5秒に一回ケッって言いながらクチャクチャ食事するし、ばあさんはクチャクチャ音こそ弱いものの、口に物をいれたままモゴモゴ喋るのがたまらなく汚い。

で、俺は結構指摘するのね、おやじには「口閉じて食べてや!」とか、ばあさんには「モゴモゴ喋らんで!」とか言うんだけど(じいさんはクチャクチャするときとしないときがあるから大目に見てあげてる)、そしたらね、クチャクチャするのに反応する俺が神経質過ぎるっていう話になるのよ。そこからそのクチャラーズで物を食べるときに音がするのは当たり前やとか言い出して、ばあさんとじいさんはもう歳なんだから仕方ないとか言い出すけど「お前ら昔からやろがい!」って言いたくなる。しまいにはおやじなんて「口が人より狭いから」とかいうわけわかんないこと言い出して骨格を理由に逃げやがる。小顔でもないくせにそれはねーわ。

で、俺思ったんだけど、この人達みんなO型なのね、血液型が。やっぱりO型ってクチャラー多いわ。家族に限らず、これまで出会ってきたクチャラーの人は7割ぐらいはO型だったもんでね。血液型診断なんて信じたことほとんどねぇけど、O型はおおざっぱ=クチャクチャなんて気にしないっていうのはあると思う。現におかんと俺はO型じゃない。O型食事マナー良い人ごめん。てかマジでどうしたらええんやろか、俺が家を出ればいいんだけど実家金貯まるしなー。老害ってほんと害だわ、まともに話すら理解しないでただ自分正当化する、何か困ったら歳と過去の話を持ち出して逃げる。ほんまに勘弁して欲しい。

てかクチャラーマジでファッキン

http://anond.hatelabo.jp/20170307151237

1. 「半島」にはもちろん北朝鮮も含まれるのでわざわざ「韓国」に話を限定する必要がない

から

北朝鮮から邪魔しやがって!」と憎まれる筋合いならある

って言ってんじゃん

戦争の片側に肩入れしたのだから半島」でまとめる話の方がむしろおかし

2. 朝鮮半島舞台アメリカソビエト代理戦争をしたことそのものを指して「半島を食い物にした」と表現したとも考えられるので

それなら「食い物にした」は日本語としておかし

アメリカソビエト半島から利益なんか得てないだろ

日本語苦手なのか?

苦手なんだな

3. 俺たちが支援していなければ外国に食い物にされていたんだから感謝するんだゾという理屈は往時の日本植民地支配正当化と同じなので面白い

論理さら行方不明になっている

日本韓国米軍支援したことを「食い物にした」と言ってるんじゃなかったのか

論理が苦手なのか?

苦手なんだな




もっとまともな反論は出来ないのか

このままじゃ在日学校の恥さらしだぞ

http://anond.hatelabo.jp/20170307150018

1. 「半島」にはもちろん北朝鮮も含まれるのでわざわざ「韓国」に話を限定する必要がない

2. 朝鮮半島舞台アメリカソビエト代理戦争をしたことそのものを指して「半島を食い物にした」と表現したとも考えられるのでその場合支援しただけだろうが恨まれ範疇に含まれ

3. 俺たちが支援していなければ外国に食い物にされていたんだから感謝するんだゾという理屈は往時の日本植民地支配正当化と同じなので面白い

2017-03-06

http://anond.hatelabo.jp/20170306004820

そもそも白人女性の方も日本人男性相手にしてないのでは…

と思ったらブクマに同じ事書いてあったな

「男に性的対象として見られることが女性にとってadvantageになる」という強固な信念奴

ほんと何でそう思い込めるのかさっぱり分からない



大元BBCだの何だのというのも、日本の男は子供に対する性的虐待虐待とも思わず正当化していて気持ちわりぃというだけの話だろうに

何でそれが「日本人男性様に相手にされない白人女が嫉妬で何か言ってらー」になるのか

何でそんなおめでたい発想になるのか

痴漢を嫌がる女は痴漢されないか嫉妬してる的発想と同じ

2017-03-05

http://anond.hatelabo.jp/20170305223815

どの増田が元なのか理解していない通りすがり増田なんだけど、その通りだなと思う。一種トラウマで、これを解消することはものすごく難しい。

私自身、昔は人そのものが嫌いで、一人が良いとずっと考えていた。今は、解決はしてはいないものの「信用できる人、できない人を見分ける努力はしよう」と思えるようになった。

どうやったか。成長するにつれ、単に沢山の人と会う羽目になっただけである。そうすると「大部分の人は怖い」と考えることはどうも不合理だな、と気づいた。そして「大部分の人は好い人であるが、中には怖い人もいる」と変わったわけだ。



一方で、外国人を身近に感じたスタート地点は大学留学生たちだ。留学できる人なんてのは基本的にはある程度良い家庭で、良い子に育ち、優秀だ。

から第一印象がとても良いわけだ。この刷り込み(悪い方向で受けるとトラウマ)は強烈で、そうそう覆せない。目で見て、実際に会って感じた外国人像は、テレビネットの「悪い外国人がいるんだよ」という2次元情報程度では「外国人ヤバイ」と変換されることはない。

しかしここで、良い人だと思っていた友人の外国人から突如裏切られたらどうだろうか。反応は人によって様々で複雑だが「みんな良い人だ」から「みんな悪い人だ」に180度転換することもある。

冷静に考えれば不合理であるしかし「良い人だと思っていた外国人に裏切られた。だったら他の外国人も裏切るに違いない」という理屈付けでその思考正当化するだろう。



この180度変わった思考解決するにはどうすればよいか

もし「怖い外国人」やら「怖い異性」やらが、自分が会って目にしたものではなく、単にネットテレビから得た情報のみによって醸成された場合、同じくネットテレビ情報で「良い外国人」「良い異性」を沢山見ることで解決するかもしれない。とはいえ、ネットテレビはその特性上「良くない情報が目につきやすい」ので、テレビネット情報の海から一度離れる、ということも有効だと思う。



では二次元情報ではなく実際に目の前に存在する外国人から裏切られたらどうか。これは間接的に説得されても解決しない。

どうすればよいか。これは最初の例の通り「悪くない外国人」と実際に会っていくほかない。トラウマってのはやっかいで、頭で何とかしようと思ったり、人から変えなさいと言われても変えられるもんじゃない。

からここから先は増田が「どの程度外国人について理解したいか」ということが重要になる。動機必要なわけ。「別に外国人ことなんか知りたくない」場合外国人にわざわざ会いたくもないだろうし、これから先も悪印象が変わることはないだろう。異性の場合はどうだろう。「別に知りたくない」というわけにもいかない、知りたいよね?(ゲス顔

「町中でとても良い異性に出会ってしまった」「めっちゃ良い外国人ネットで見かけた」という偶然は期待薄である。もし「このままではいたくない」と思うのであれば、自分自身で動く必要がある。


怖くない人か怖い人かを見分ける方法は、これまた少しずつ「怖くなさそうな人」に会って自分で学んで感じ取っていくしか方法はないのだから

(あ、「異性が怖い」の場合プロカウンセラーに助けてもらうのも有効だと思う(ナンパ師の話ではないよ))

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん