「後継者」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 後継者とは

2016-05-16

http://anond.hatelabo.jp/20160515145437

釣りだと思うけど、思いっきり食いついてみる。

医者の卵って、医学生研修医かで全然感想が違うんだけど。

医学生なら、結婚なんてまず医師免取ってからの話。

医学生はただの世間知らず。しかお嬢様なら尚更。ロマンチック新婚生活しながら研修医乗り越えようなんて甘い。

とりあえず研修医終わるまで結婚もお父さんへの紹介も保留。二人で荒波乗り越えたら晴れて次の段階へ。

医師免持っててすでに現実医者生活理解してて、それでこんな相手結婚したいならいい話だと思うけど。

お父さんには「あなたみたいに専業の奥さんが生活全面サポートしてくれてようやくできる仕事を私もこれからするっつーのに、

収入は高くても自分より仕事が忙しい男性なんかと結婚できるかボケ生活サポート一緒にしてくれる優しい男性のがいいに決まってる。」

一喝すれ。

それでダメなら一時的に縁切ればいい。開業医ならそのうち後継者問題で泣きついてくるよ、父ちゃんが。

…と勢いで書いたけど、もういっそ学生時代に出来婚して旦那義理両親に手伝ってもらって子育てして、それから研修医という手もあるか。

このタイミング逃すと、当分妊娠出産するような時間的余裕ないもんな…。

2016-05-14

舛添さん

舛添さん叩かれる毎日

ひょっとして、都民教育する立場となる初めての都知事だったりするのかな?

だいたい、都知事が毎度スーパーマンでなければ務まらないとしたら、後継者も選べなくて大変じゃん?

2016-05-12

スネークハンター

ここ数年、実家付近マムシの出没が増えているらしい。幸い、実際に誰かが噛まれたという被害はまだないそうだが。

ジョウレンやカマを装備したじーさんばーさんの咄嗟戦闘力と躊躇のなさは意外とすごい。いわんや草刈り機をや。

しかし、溝掃除ときなどには、以前は滅多に遭遇しなかったのに最近は毎回のようにマムシが出没するのだそうだ。

聞けば、長老たちは口をそろえて「タケさんが亡くなったからかねー」というのだという。

タケさんとは、山から村に農業用水をおろしてくる小川沿いに住んでいた老人だそうで、毎日川沿いを散歩するのが日課だったそうだ。

そしてその際、目ざとくマムシ発見しては二枚におろすというのを、もう一つのライフワークにしていたらしい。

幼いころ、一度だけ、犬の散歩中にタケさんらしき爺様が不意にしゃがんだかと思ったら、立ち上がるのと同時にマムシをカマで引き裂いているのを見たことがある。

その動きは一切の迷いを感じさせず、それはもう鮮やかの一言であった。でも犬にまだちょっと動いてるヘビ肉食わせようとするのは色々不安になるからやめてほしい。

私が連れていた犬が食べない(えらい)とみると、爺様は無造作に二枚におろされたヘビをあぜ道に放り出していた。恐らくあれはカラスかトビの晩飯になったのだろう。

シーズン中の雨が降った翌日なんかにはたくさん流されてくるらしく、日に20匹近いマムシ干物になったこともあるという。



想像するに、山から里へ蛇がやってくる大きなルートがその川および川沿いであったのだろうが、

そこを門番のように長年守り続けていたのがタケさんという存在だったのだろう。ゲートキーパータケ。

そのタケさんが数年前に亡くなって、当然ながら後継者も現れなかったため、

から川伝いに里へ流れてきたマムシたちは駆除されることなく里で繁殖し、村人の目につく機会が増えたのではないかということである

一人で自然と人のパランスに影響を与えるほどマムシを狩りまくる存在というのもなかなかイレギュラーな気はするが、

こうやって段々人の手から離れた部分が増えて、田舎自然に還っていくのであろうか、などと思わされた話だった。

2016-05-08

#rebuildfm を聞いてる人に見てほしいアニメ

rebuildfm からアニメに入った人に見てほしいアニメをあげてみる.

攻殻機動隊

http://www.kokaku-s.com/root.html

近未来日本で密かに活動する公安9課をかいSFアニメ.

サーヴァント型のPMである荒巻課長リーダーである素子,それぞれの分野でプロフェッショナルであるメンバーが在籍する公安9課.

マネジメントを語るなら Fate/Zero より断然こちらを語ってほしい.

荒巻課長の「我々の間には、チームプレーなどという都合のよい言い訳存在せん. あるとすればスタンドプレーから生じるチームワークだけだ」という名言はまさしく理想のチームと言わざるをえない.

スタンドプレーだと言ってもメンバーはみんなちゃんと情報共有するしリーダーである素子から指示を受けて動く.

映画としてのGhost in the shell, 1stシーズンである笑い男,2ndシーズンである個別11人, そして最後に綺麗に締めるSSS.

映画テレビの違いは「人形使い」に出会たか出会わなかったか. 出会った世界線が映画シリーズ出会わなかった世界線がテレビシリーズ. それぞれどのような結末に辿りつくのかも見逃がせない.

オススメは断然「笑い男」.

コードギアス

http://www.geass.jp/first/

日本の地下にすごい資源が眠っているのがわかってアメリカっぽい国に占領され併合された世界.

そんな世界日本学校に通う主人公ルルーシュは実はアメリカっぽい国の王子後継者争いに破れ死んだ事にして日本亡命していたのだった.

そんな日本から親に復讐するため,世界復讐するためギアスという名の超能力を手にいれひっそりと軍隊組織して復讐をはたしながら世界の頂点にのぼりつめていくストーリー.

ルルーシュ基本的に頭が良くさまざまな陰謀を巡らせてのしあがっていくのだが,罠をはったつもりが予想外の事がおきすぐに困った事になるのは「ハウス・オブ・カード」につながる所がある.

毎回次回への引きがすばらしいので続きを常に見たくなる.

狼と香辛料

http://spicy-wolf.com

中世のような世界商人ロレンスが狼の化身ホロと共にお金を稼ぎながら旅をしていく物語.

ラノベ原作にしては登場人物の平均年齢が高く内容も無双ハーレムと違って経済の基本をちゃんと抑えたミステリーファンタジー.

金貨銀貨使用している世界為替信用取引といった現代金融の仕組みを上手く使いながら立ち回る様は異世界召喚ものに近い雰囲気がある.

作者がトレーダーな事もあり付け焼刃ではない知識がベースとなってる事がうかがえる.

アニメ雰囲気がすばらしく,ホロがかわいい. わっちかわいい.

フルメタル・パニック

http://fullmetal-panic.jp

ラノベ原作ロボットアニメ.

中東戦地少年兵として育てられた主人公相良宗介が対抗組織に狙われているヒロインを守るため日本学校に転校するボーイ・ミーツ・ガール.

原作の作者が氷菓アニメ脚本等もやっており京都アニメーションとの関わりも深い.

アニメ無印ふもっふ・Second Raidと3つあり

以上の事からもわかる通りふもっふが最高でそれを最高に楽しむために無印を見ると良い

ドルアーガの塔

http://www.gonzo.co.jp/archives/druaga_anime_2nd/

同名ゲームアニメ化作品.

SAO のような雰囲気があり原作ゲーム同様塔の最上階を目指すストーリー.

ちゃんとファンタジー世界RPG(原作RPGじゃないけど)していてゲーム好きにはオススメできる.

第一期と第二期があり一期の最後大どんでん返しがあり見てて「まじかー」となる.

OP 詐欺.

BLACK LAGOON

http://www.blacklagoon.jp

タイにある警察軍隊も腐敗にまみれた架空都市アナプラを中心としたガンアクションストーリー.

ダイハード仁義なき戦いを混ぜて煮詰めたような濃厚なストーリー善悪価値観崩壊していく.

ロシアマフィア中国マフィアなどの街の勢力争いに巻き込まれながらそれらを相手に立ち回る様は厨二病的にみてもかっこいい.

第三期まであり最後までダレなかったのは素晴しい.

Darker Than Black

http://www.d-black.net

特殊能力一般化した世界で最強の暗殺者組織裏切り戦う厨二ストーリー.

カウボーイビバップ現代版と言えるかもしれない.

第一期と第二期があるが第二期の最後まで見て満足できる.

HELLSING

http://www.geneon-ent.co.jp/rondorobe/anime/hellsing/

最強にして真祖の吸血鬼アーカード. 吸血鬼を敵とするバチカン特務機関イスカリオテアンデルセン神父世界ナチスドイツを復権しよと蘇えった少佐.

クラシックな絵柄と濃厚なストーリーがおりなす奇蹟.

GONZO版のテレビシリーズ原作準拠OVAシリーズがある.

テレビシリーズはよりキャッチーになってるがそれが不満な原作信者向けにストーリーが濃厚なOVAシリーズ原作者監修の元作成された.

どちらも悪くはないが見るならOVAシリーズオススメ.

LASTEXILE

http://www.jvcmusic.co.jp/flyingdog/last-exile/

地球に似た地球じゃない人工惑星.

人類はその人工惑星で2つの国に別れて戦っていた. その戦いを仕切るのが惑星管理を行っているギルドという組織.

戦いは主に空に浮ぶ気球のような戦艦で行われる.

しかしこのアニメ目的は2国間の戦闘ではなく,それを取り仕切るギルドに対しての復讐劇となる.

登場する戦艦航空機ヴァンシップ」が見た目スチームパンクでめちゃくちゃかっこいい.

1シリーズで終わって続編として「銀翼のファム」があるが,間の漫画を読まないとストーリーがわからなくてアレである.

トップをねらえ

http://web.archive.org/web/20151016184554/http://www.gainax.co.jp/anime/top/index.html

宇宙の果てからやってくる敵.それを迎えうつために戦う少女たち.

どんどんインフレしていく敵や自軍ロボットたち.

ストーリーキモとなるのはウラシマ効果で一回戦いに出て戻ってくると地球では数十年たっているという悲しみ.

全6話と短かくて見やすい上にテンポもいいので気軽に見れる.

続編にトップを狙え2があるがテイストが違うためオススメは1stシリーズ.

プラネテス

http://www.planet-es.net

人類宇宙進出してしばらくたった世界宇宙に漂うスペースデブリを回収するデブリ屋.

そこに所属する主人公新入社員若さと青さで刺激され夢をとりもどすストーリー.

NHKアニメらしく「なぜ働くのか」や「夢とは何か」といったような説教臭さもあるが制作してるのがガンダム等を作っているサンライズだけあって宇宙描写はすばらしい.

モーレツ宇宙海賊

http://king-cr.jp/special/mo-retsu/

宇宙海賊敵対勢力ではなく一子相伝伝統芸能となっている世界.

主人公が突如艦長となり奮闘するストーリー.

監督ナデシコ佐藤竜夫であり安定感がある.

おきまりストーリーからなるカタルシスと練られたSF設定がおもしろい.

完全にタイトルが悪いが原作タイトル(ミニスカ宇宙海賊)よりは断然マシと思われる.

2016-05-07

エルサとアナの親って、日本でいう天皇一族みたいなもの

個人の都合云々よりも一国の主としての、役割とか責任とか背負ってるものが違いすぎるのに

一般人の親の、自分本位エゴによる支配と一緒にするのはおかしいと思うんだけど

由緒ある家系に生まれて、後継者問題で悩んだ人が言うならともかくさ

それでいて、今までヒロイン相手の男の地位にやたらこだわって文句言ってた人ほど

女王という立場の重さや厳しさに関してはスルー

エルサは悲劇の愛の女王という肩書きだけに満悦して自己投影してるんだから

ただの自己満子供支配して、優越感に浸りたがる親と思考は同じじゃんと憤るわ

http://anond.hatelabo.jp/20160507070217

保育園問題コミットしないやつは貧乏人のアホで日本を滅ぼす害虫と言い放った人々の後継者税金で育成するってこと?

素晴らしい提案ですね

2016-04-29

ウェブに漂う停滞感とは

20年前にニフティサーブに集った先人たちは10年後には活動拠点を移していった。ニフティサーブ2005年サービスを終了したからだ。しか10年前にまとめブログはてなブックマークを読んでいた人々は、おそらく今日まとめブログブクマを嬉々として読んでいるはずだ。この調子でいけば10年後も読んでいるだろう。

そして、これらのウェブサイトは読者と共に少しずつ高年齢化していく。そもそも少子社会日本では「若者」の絶対数が少ないのだからユーザーが入れ替わらない限り必然的に老化していく。これが停滞感の正体だ。

まとめブログは「週刊現代」や「週刊ポスト」の後継者としての地位を盤石なものにしていき、はてブの人気記事も「定年前に必ずやっておきたい20のこと」「孫に愛されるたったひとつの冴えたやり方」といった類のものが増えていくだろう。

2016-04-13

時々この世界は上位次元シミュレーターなのではないか、というありきたりな妄想をする

知的生命体が最終的にどうなるのか」を知りたいからミレーションしてるんじゃないかって

そして人類(あるいはその後継者)も同じように自分たちがどこに向かえばいいのかヒントを得るために

宇宙シミュレーションするのかもしれない

2016-04-05

農業って結局どうすりゃいいのさ

高齢化だの、後継者がいないだの言う割に、赤の他人には土地貸したがらない。

新聞には「若い新規就農者もいるぞ!」なんて記事がたまに出てるんだけど、

よく目を通してみると、「もう仕事疲れた、食えりゃそれでいい」と半分やけくそだったり、

実質嫁の稼ぎに寄りかかっていたりと、とにかくもう夢のない話がゴロゴロしている。

たぶん農協解体してもどうにもならない。

なんかもう終わりかけのネトゲみたいな世界。もうサービス終了するしかねえのかな。

2016-04-03

http://anond.hatelabo.jp/20160403130913

専業主婦になって彼の異動先にくっついて行く人生もアリなのかなぁとは思うんですが

私が今やってる専門職がかなり地域性高くて従事者も少なく、後継者も少なくなってるタイプのものなので

せっかく身に付いた技能をドブに捨てるのも勿体無いよなぁ~なんて思っていたりもするんですよね

向こうは同居したいみたいですが、それだと元記事みたいな気持ちになりそうで悩んでるといったところです

2016-03-26

保育園受かるにはたくさん死ぬ

保育園が足りない理由住宅地保育園を建てようとすると、少なから住民の反対があるという。

その理由は「園児の声がうるさい」だそうだ。

保育園の不足は憂慮しているが、お隣にできるのは「まっぴらごめんだ」という甚だ自分本位がいるということ。

行政保育園を建てようにも建てられない。「地域住民死ね」だね。

_

もうひとつ保育所が足りない理由は、行政保育所を建てないから運営しないから

建てるにはお金がかかるが、子供のために使う予算は考えていない。

国会の前でデモすればテレビで取り上げられるかもしれない、でもそれが目的ではない。

そもそも国会にいる人たち、行政の長たちを選んだのは国民だね我々だね。「有権者死ね」だね。

_

保育士の人たちには頭が下がる。安い給料、長い拘束時間、大きすぎる責任

大きすぎる責任に耐えられず離職する。その責任押し付けてくるのが「親」。

保育園受かるまでは悲劇主人公だが、保育園受かったら暴君に一変する。

子供心配なのだろう、なんせちょっとした病気で死んでしまう。かといって他人責任

押し付け理不尽要求をしていいわけが無い。

いい生活をさせていい教育を受けさせてあげたいのは、どの親も共通した願い、

から子供幸せになってもらうために稼ぎに出る。子供心配だったら会社休んで

子育てに専念するとなると、これって結局は負の連鎖だね。

保護者意識を改める必要があるね。「モンスターペアレント死ね」だね。

_

日本の文化を守りたい」とは何の文化なのだろう。伝統工芸芸能のことかな。

伝統工芸芸能後継者を確保しなければ芸は廃る。なぜ後継者がいないのか、その職業

魅力が無いから、それで食べていけないから結婚して子供を育てて家を建てるとなると、

子供保育園に預けて働かなければならない。しか伝統文化仕事としていると、共働きでも無理。

我々は伝統工芸芸能お金を出しているだろうか。義務教育卒業して師匠弟子入りし、

数年、あるいは十数年、修行と称して学びながら無給、あるいは低賃金で働く、

それは巷で言われるブラックではないか。それで大成すればいいのだが、そんな保証はない。

職人にはなりたくない、伝統文化には興味がないからお金は払わない、こういった考えを

持つ人間は国の文化を守りたいなど抜かす資格は無い。そういう私も無資格者の一人だ、

から伝統文化は無くなっても仕方がないと思っている。「伝統文化死ね」だね。

2016-03-21

一橋ニートさんはこのままいくとはしごたんみたいになりそうだからちょっと心配

一橋ニートってめんどくさいからこれからひとつばさんと呼ばせてもらおう。

確かにあの増田釣りっぽいというか確実に誇張が入ってる。手弁当とかギャグだろ絶対手弁当会社やってる社長なんてよほど無能か、よほど後で儲かる確信があるかどっちかだろ。そんなギリギリ会社、数年後に残ってるかどうか不安すぎて就職できねえよ。労働者舐めんな。とはいえ、内容見るに、誇張はしているが、ひとつばさんよりはそこいらの事情にについて詳しいのは間違いない。多分経営者であることは本当だし、そうでないにしても経営に近いところで仕事はしてるのは間違いないだろう。逆にひとつばさんは一生懸命調べてるのはわかるが結論有りきだし、あんまり実態をしらずに思い込みで書いてるなって思ったわ。経営者立場ものごとを考えたことすら無いってのがはっきりわかる。過労で倒れたから仕方ないかもしれんが、被害者意識丸出しでただ批判して叩きたいって気持ちが出すぎてるので見ていてあまり気分の良いものではない。

本人が保育士でないというのがそもそも驚きだ。保育士でなければこういう記事書くなというわけじゃないが、横浜のごく一部の認可保育園に絞って批判だけしてればいいのに補助金を受けて事業してる経営者全体の行為まで批判するには全然足りないだろ。 最初から横浜の認可保育園がひどすぎるってタイトルで書けばいいのに、部外者が偉そうに適当なことをわかったフリして保育園給料はなぜ安いのか、なんて解説してたらそりゃ自覚があろうがなかろうが釣りだろ。あの増田にかぎらず保育園で働いてる人の意見が聞きたい。

しかもこのひとつばさん、頭に血が登りやすいのか、他人文章ちゃんと読めない。誤読しまくり。topisyuの時にもやらかしてたが、自分賛同してくれない人に対してはすぐあの人は悪い人だ。どうせこういうこと考えてるんだと決めつけて、しかもそれをブログ記事に書いて送ってくる。メンヘラ気質が強すぎてこわい。

投稿者が言っていた「保育でもないし介護でもない、今月上場した会社がやってるやつだ」に該当する会社検索すると「管理職とそれ以外の給料乖離がひどい」とか「給料が低くて転職した」とか出てくるが、釣りだと思っているので今は追求しない

この文章とか絶対誤解してる。元増田は今一営業所しかやってないんだろ?上場した企業がリタリコかグローバルグループことなのは間違いないが、それと元増田関係ないのにブックマークコメント最初あなたがLITALICOの社長ならと書いてたし、完全に誤読してる。 ひとつばさんは本当に一橋卒業したでしょうか。 自分が気に入らない描写があったからといってはいはいどうせ釣りでしょ、と認定していいなら、あなた一橋っていう設定自体を疑いたくなってしまう。こじらせてるのかどうかしらんけど、ひとつばさんは自分表現のいたるところに人をイライラさせるところがあるって理解しといたほうが良い。そうでないと何度も炎上してはますますメンヘラ化していってそのうちネット全体を恨んで呪詛振りまく存在になりそう。はしごたんの後継者とかそういうのはもういいですから

2016-03-13

日本であまりPEが主流にならない理由

東京視点ではなく、地方視点で。


先日、政投銀が鬼怒川ゴム工業TOBとの報道があった。政投銀に関しては色々意見はあろうが、地方視点自身と知人を見ていて思う所は。


地銀ネットワークはやはり強力


地銀OBはそれこそ地元企業財務などのあらゆる所にOBを送っている。もちろん事業現場とは一線を画すが、事業再編、後継者問題事業売却などという経営の裏方の出番が来ると、彼らは強力に力を発揮する。

基本的地場産業同士で人を融通する方が現地雇用も安定するし、好まれる事もあるし、何しろ市場をよく知っている企業によって再編するほうが、成功や存続確率が高い。

本来はPEが得意とする分野は伝統的な日本金融システムが既に効果的に代替できているのではないか、と思っている。

2016-03-09

野球賭博

巨人スター選手Sもやってるという噂がある一方でSほどの主力なら揉み消すだろうとネットの巷で言われている。

池永正明はあの当時の西鉄入団から5年で99勝という将来レジェンド当確クラスエースで、途中で追放されたシーズンも順調に活躍していた稲尾和久後継者だったのに、後に濡れ衣だったと言われているくらいの怪しい状態永久追放処分を喰らった。

小川健太郎王貞治への背面投げで有名な中日エースで全盛期にあった中でボートレース八百長を仕組んだことで永久失格処分を受けた。

当時が曲がったことはなかなか許されないある意味いい時代だったのだろうか。

それとも彼らが巨人所属なら揉み消されていたのだろうか。

2016-03-07

人手不足』では無く『奴隷不足』

人手不足と言っている職業って大抵3Kだし

そのくせ待遇改善も無いよね

本気で必要だと思ってんのか?

それともそこで働いている奴隷洗脳されているので気が付かないのか?



後継者不足の所もそう

3Kで人が集まるわけ無いのに『悲しい』『困る』『寂しい』って馬鹿かと思うが……



ただの奴隷不足

2016-03-06

http://anond.hatelabo.jp/20160306225954

×日本に足りないもの

認可保育園←足り無い、無認可は足りている

老人ホーム介護士が足りないだけ

病院←足りてる

教師理系のみ

産婦人科医←クレイマーのおかげで足りない

農家後継者という奴隷が居ないだけ

プログラマー非正規しか求められていない

2016-02-26

萩尾望都ファン「クソっ! あのときSMAPを解散させておけば……」

萩尾ファン「そうだ! わたしSFパワーでタイムスリップすれば……」



(20回ほどトライアルエラー



萩尾ファン「クソっ! どうしてだ!? 今度こそは解散するはずだったのに……」



???「……理由を知りたいかね?」



萩尾ファン「お、おまえは??? いや、おまえたちはーー」





「誰も予想だにしなかった企画! 誰もが予想した興行成績! 『ハットリくんファン!」

ハットリくんファン「それな」




映画化不可能と言われた楽園崩壊! キムタクに聖域はない! 『無限の住人ファン!」

無限の住人ファン「わかる」




「侍ならば慎吾も負けちゃいない! カツシンの後継者として座頭市の掉尾を飾ったサムライ力の原点がここに! 『サムライスピリッツファンだ!」

サムライスピリッツファンナコルルたそ〜」




まさかグルメ漫画からエントリー! イガ栗頭だった主人公まさか藤井フミヤスタイルで登場! 『味いちもんめファン!」

味いちもんめファン「いえ、諦めたんじゃありません……」




「いったいどこに需要があるのか! 全おじさんが驚いたコラボレーション! 『ナニワ金融道ファンがかけつけてくれたぞっ!」

ナニワ金融道ファンアカン……」




国民グラウンドレベル黒歴史!? SMAP総出演のユニフォーム姿をとくとご覧あれ! 『シュート!ファンだっ!」

シュートファンボール相手のゴールにしゅうううううううwwwwww」




「目指せ東大! めざせトレンディ俳優! 模索期のゴローちゃんだっ! 『東京大学物語ファンよ、集まれっ!」

東京大学物語ファン「うん、まあ……」




ワイン通と言われたらなんとなく信じちゃいそうな稲垣吾郎眼力をみよっ! 『ソムリエファン!」

ソムリエファン「今は『神の雫』読んでるし……」




「草彅剛といえば『いいひと。』、『いいひと。』といえば草彅剛! SMAPが誇る最終兵器だっ! 走れ、『いいひと。ファン!」

いいひと。ファン「あれは悪くなかった」




SMAP一番のサプライズキャスティング! まさかの草彅が『神』を演じるとはっ! 『ブラックジャック創作秘話ファン!」

ブラックジャック創作秘話ファン「体型違いすぎだろ」




田村正和を向こうにまわしてのワキ演技! こんな配役が許されるジャニーズアイドルは草彅クンだけっ! あだち充から『じんべえ』ファンが堂々登場だっ!」 

『じんべえ』ファン野球してないんだよね」




国民漫画実写化国民アイドルが出演せずしてどうするっ! 実写映画版『進撃の巨人ファンがうめきながら馳せ参じてくれたぞっ!」

進撃の巨人ファン「この世界残酷




「出たーッ! 若き日の誇り高きデビュー仕事! あの日の六人はもう戻ってこないっ!! 『聖闘士星矢ファンよ、もう一度っ!」

聖闘士星矢ファンギャラクティカマグナム




SMAPはなんでもできる! 声優だってもちろんできる! それがたとえ、ギャグ少女漫画原作アニメであってもだっ! 『赤ずきんチャチャファンだっ!」

赤ずきんチャチャファン「まあ、いい思い出だよね」




「そして、最後にこの作品が帰ってきたーッ! いままでどこに行ってたんだ、チャンピオンっ! 『こちら葛飾区亀有公園前派出所ファンの登場だーッ!」

こちら葛飾区亀有公園前派出所ファン「おわり」






こち亀ファン「萩尾ファンよ……おまえが通るであろう道は、かつて我らが通ってきた道」

いいひと。ファンSMAPの力は強い……貴様SFパワーをもってしてもこの未来だけは変えられぬ」

ハットリくんファンSMAPと向き合い、この痛みを乗り越えることこそ我らのとるべき道なのだ……」

萩尾ファン「そうか……わかった、わかったぞ。ありがとう。私はもう逃げない。SMAPと、未来と戦うよ!」

無限の住人ファン「フ、おまえだけに良いカッコさせるかよ。俺も2016年組だ。一緒に戦おうぜ」

萩尾ファン無限の住人ファン……」

味いちもんめファン「忘れるな。真の敵はSMAPではない。ジャニーズ事務所でもない。真の敵はSMAPを憎むお前自身の心……」

シュート!ファンSMAPの闇に飲み込まれそうになったら、俺達のことを思い出せ。あの日のSMAP謝罪会見を思い出せ」

ナニワ金融道ファン「きっとSMAPと我々が和解できる日も来る……それはきみたち若い世代の双肩にかかっているのじゃ」



漫画ファン「あの日の悲劇を二度と繰り返さないために……」

2016-01-20

ビートルズの解散問題wikipediaより)

(以下の文章ウィキペディアの項目「ビートルズの解散問題から引用です。引用中の内容は一言一句変更していません。歴史的事実ですので、当然、実在の人物・団体事件関係します)


--

ビートルズの解散問題ビートルズかいさんもんだい)とは、イギリスロックバンドビートルズが解散した原因やそれらに纏わる背景の事。

1970年4月10日ジョン・レノンイギリス大衆紙デイリー・ミラー』でビートルズからの脱退を発表し、同年12月30日にはロンドン高等裁判所アップル社と他の4人のメンバー被告として、ビートルズの解散とアップル社における共同経営関係の解消を求める訴えを起こした。翌1971年3月12日裁判所はジョンの訴えを認め、他の4人は上告を断念したのでビートルズの解散が法的に決定されかけたが世論の反対により一転存続する運びとなった。

ビートルズについて語る本の一部では、「オノ・ヨーコジョン・レノンビートルズから引き離した張本人」とされる例が散見された。しかし、ジョージはヨーコが全責任を負うわけではないとしており、ポール2012年10月に「ヨーコがビートルズをバラバラにしたんじゃない。ビートルズは自らバラバラになった」と語っている。




ブライアン・エプスタインの死

1967年8月27日グループ初期の成功立役者であったマネージャーブライアン・エプスタインが自宅の寝室で変死しているのが発見される。死因は睡眠薬の過剰摂取。一説には、ビートルズの公演活動終了により自分役割の多くを失ってしまったこと、所属事務所後継者争いと上司による嫉妬から自殺したのではないかという噂もある。ビートルズはエプスタインの死に大きな衝撃を受けていた。

取り纏め役がいなくなった後のビートルズは、当時発言力のあったジョンが主導権を握ることとなる。その様子は彼の提案で始まった『ビートルズビートルズセッションで明らかである。ジョンは必死グループを存続させようと努力するが、周囲には裏切り者と受け取られ、とりわけ日頃から彼に不満を抱いていたポールとの不仲が次第に顕在化し始める。

ポール1970年に『ローリングストーン』誌のインタビューでエプスタインの死がバンド解散の主な原因であると語った。

ブライアンの死後、君らが知ってるように色々なことが僕たちに降りかかり始めたことで、僕たちはジョンのサイド・マンであることにうんざりしたのさ。ブライアンが死んで僕たちは意気消沈してしまった。ジョンは彼を引き継いでおそらく僕たちをリードしようとしたけれど、僕たちは精神的に参ってしまったんだ」




オノ・ヨーコ

ジョン・レノン日本人前衛芸術家オノ・ヨーコ出会いは、1966年クラブにおける酒井法子プレイでのことであった。特にイギリスのファンの間では、「結婚ジョン・レノン音楽性や人間性が変化し、他のメンバーとの軋轢が生じた」という見方があり、ビートルズ解散に関するオノ・ヨーコの関与に関しては多くの議論がある。

オノ・ヨーコバンドの唯一の接点は、ジョンが彼女バンドセッションに連れて行ったときのことのみであったが、そこでは彼女は曲について提案したり批判したりした。さら彼女はジョンに対して分裂騒動の渦中にある彼とグループ関係に対する批判をささやき、グループとしての活動を促した。ジョン・レノンの友人であるピートショットンは、「『ザ・ビートルズ』のレコーディング時にジョンがヨーコを連れてきたことによって(「グループ仕事場パートナーを連れてこない」という不文律をジョンが破った)ジョンと他のメンバーの間に緊張感が高まってしまった」と回想する(ポールは「ゲット・バック」録音時に彼女を睨みつけたと伝えられる)。



2012年10月には、ポールが「ヨーコがビートルズをバラバラにしたんじゃない。ビートルズは自らバラバラになった」とオブザーヴァーに語った。2013年3月には、ポールはQ誌の取材に対し、同様の発言を繰り返している。ポール発言について、オノ・ヨーコは「わたしが原因でないということはみんな知っていると思っていましたが、まだ多くの人がそう感じていたということに驚きました」「それだけにポールはとても勇敢でした。『ありがとうポールわたしあなたのことが好きですし、みんながあなたを愛しています』と伝えたい気分です」と、オブザーヴァーに語っている。

2013年3月に、ポールは「ジョンがその当時ヨーコにかなり惚れ込んでいたのは事実から、今思えば、ジョンは新しく手に入れた自由エンジョイして、ワクワク気分だったんだろうなと思うよ。でもヨーコがスタジオに現れて、何もしないでチョコンと僕らの真ん中に座られてもねって感じだったよ。僕らはそのことにウンザリしていたと認めざるを得ないよね」とQ誌に語っている。

ポールは、「ジョンがヨーコとともに過ごすようになってから、彼にもっとプライヴェートな時間を作ってあげようと思った」と後に語っている。

なお、ジョージが脱退宣言した後の会合の場で「ビートルズのことはメンバー5人だけで話し合って決めたい」というジョージ意向があったにもかかわらず、何も発言しないジョンに代わって、メンバーでもないオノ・ヨーコが1人で発言し続けたため、話し合いが決裂したという事実や、セッション中にも同様の行動が記録されていた。




謝罪

解散が決定的と報じられたわずか一週間後の1971年3月18日ビートルズは一転してグループ存続宣言メディアへ発表する。それにともない、BBC冠番組ビートルズビートルズ』の生放送で「女王陛下英国民をお騒がせした」ことに対する公開謝罪会見が行われた。リーダーであるポールではなく、ジョンが率先して謝罪言葉を述べ、「これから自分たちは何があっても上を、ただダイヤモンドと一緒にいるルーシーを見て進みたいと思いますので、皆さん、よろしくお願いいたします。自分たちは、全てを捨てて、全てを受け入れますあなたは誰かの助けを待っている。でも、忘れないで、あなたを助けられるのはあなただけなんだ。あなた未来は、あなた自身肩にかかっている。落ち込まないで。悲しい歌を良くしていこう。彼女のことも受け入れよう。そうすれば、なにもかもベターになっていくだろう。そう、ベータベタベタベタベタベタナーアアアアアアアア♪」と歌い、『ヘイ・ジュード』の「Na na na na」の部分を五分も続けた。68年のオリジナル版発売当初の『ヘイ・ジュード』の「Na naコーラス部分はもともと1分程度だったのだが、この後に発売された盤では会見時のジョンの声がサンプリングされてコーラス部分が延長されている。



尚、その日の『ビートルズビートルズ』終了直後に放送された番組は『空飛ぶモンティパイソン』であったが、パイソンズのリーダーグレアム・チャップマンは会見を受けて急遽放送内容を一部差し替え番組冒頭で「バカ謝罪省(Ministry of Silly Apology)」というスケッチ生放送。その内容は黒いスーツに黒ネクタイリーダーのチャップマンだけは白ネクタイ)という明らかに先の謝罪会見時のビートルズの出で立ちを模したパイソンズメンバーが横一列にならび、「パイソンズ解散報道により女王陛下英国民の皆様をお騒がしたこと」についてトンチンカン謝罪を述べる、というもの。このときパイソンズが行った「バカ謝罪(Silly Apology)」ギャグは全世界的に大ウケし、社会現象にまでなった。ちなみに2005年イギリスで行われた「歴代ベストスケッチアンケート[誰によって?]では、「バカ謝罪省」は十五位にランクインしている。

2016-01-19

http://anond.hatelabo.jp/20160119133614

お前はある会社経営者だとする。

会社が傾きかけたときに、ほとんど一人で頑張ってくれた常務が、

後継者であるお前の息子と対立しているらしい。

「俺の息子と対立するならお抱えのアイドルと一緒に出てってくれ」と怒鳴りつけたら、

追い詰められた常務独立することを考えはじめた。

そんで常務独立計画も順調に進んでたある日、顧客と絶大なパイプもつ営業部長が

常務すまん。やっぱり社長に恩があるから今の会社で俺はやっていくから

って常務に言ったんだよ。

それで常務独立計画は中止になったんだが、

常務退職は既に決まっているし、営業部人間技術部人間も、

お前に冷遇されていたので、営業部長と一緒なら独立したい。

他に手立てがないか模索はしているようだった。

すげー腹立つだろ。

からマスコミ情報をリークして、常務悪者に仕立てあげ、

営業部人間技術部人間も、既に独立を表明したように報道させた。

営業部技術部は大慌てだ。

なにせ営業部長と一緒でなければ独立するつもりなんてないんだから

さらマスコミに煽らせて、お前に謝罪しなければ会社にいられないように仕向けた。

お前の息子の地位を脅かすなら、この位の処罰があって当然だよね。


こうだろ。

http://anond.hatelabo.jp/20160119111912

飯島後継者になりたかったのかはそれこそ分からん

報道によっては「飯島後継者になりたいわけでも独立したいわけでもなかった」くらいの受け取り方すらある。

http://anond.hatelabo.jp/20160119111510

メリーさんが牛耳ってるのはそうかもしれんが、後継者争いが発端なんやないの。

メリーさんはリアルBBA明日にも死ぬ可能性結構高い訳だし。(写真見ると60代でも通用しそうに見えるけどな)

そこでI女史がクーデター起こそうみたいな話を小耳にしたとかで今回の騒動があるんじゃね、ってのが本質じゃないかなあと。

事務所がクソなのはから

なんだけど、世間の流れがいいじまかわいそう、に流れてしまっているのは解せぬ。

スマ以外のグループに対してのあの人のやり方ほんと嫌だったから、辞めてほしいもしくはスマ専任になって欲しいとずっと思ってた。

キスマイとセクゾにしでかした仕打ち忘れてないからな。

格差売りとかホントクソだからな。キスマイたまたま世間にウケたけど、あれ、お前はセンターやメインは絶対なれません宣言からな。ブサイクって揶揄されるのを甘んじて受け入れろよ宣言からな。前3人の引き立て役やれよ宣言からな。クソすぎ。その子自分でそういう役割になろうと決めたのなら、その覚悟ごと受け止めますけども。いきなりその役割押し付けられたんだよ?しかもそれ以降、キスマイのみならず他グループでもそのやり方というか役割蔓延しているというかなんか世間的にそういう扱いしていいみたいな認識になってるし。

セクゾなんか5人でデビューしたのにあとからメイン3人でーす、2人はいないこともありまーす、って馬鹿じゃないの。

あれ自分の推しグループでされたらホント生きる気力を失う。

推しのバックとかについてくれてた子達がデビューした後、一回いいじま派に入ったときは心底絶望した。

つのまにかジュリー派になってて大分安心したけど。

これは私だけではなく、割とジャニオタ共通で、最近のいいじまのやり方は火種が多いという認識だった。





からさー、メリーといいじまがケンカして亀裂→いいじまが辞める、だったら全然よかったの。

ただ、そこにスマが巻き込まれしまったことが本当にありえない。

あの謝罪だってどっちが台本書いたのかによっていろいろ思うところあるけどね。

事務所が書いたならまぁ今まで通り事務所ホントクソだな、今まで通り事務所アイドル人質に取られてる状態だな、なんだけど。

(ファンはある程度それを理解しているからこそ、自担必死に金払ってるんだよ。売れる子への待遇があからさまによくなるからね!!)

あれ、いいじまが書いたとしたらすごいよね。

世間の流れが完全にいいじま擁護だもん。

派閥をがっつり押し出したの自分なのにね。

まぁそれは考えすぎかな~と思うんですけどね。

あの事務所ホント王様体制で、ファンには施しをあげてる状態でもう何十年とやってる状態から

あれをやることで世間にどう思われるか、という視点にかけててもおかしくないし。





あと、なんでジャニーさんに謝る機会を…なんだろうね。メリーさんに謝る機会を、だろうに。

正直、ここまで来てジャニーさん沈黙なのが何より気になっている。

帝劇に通ってるんだよね?元気なんだよね?

正直、メリージャニーさんより先にくたばるのを願うばかり。

あとこうなると、ジュリーマネジメント能力大丈夫なのかも不安

多分、ジュリーメリーのお人形状態で、完全に院政状態だもんね。

ジャニーさんもっと本気で自分後継者育てるべき。

ヒガシなのかマッチなのか…権力的にはマッチだと思うけど、能力的にヒガシって感じな気がしている。あと錦織さんとか植草さんのプロデュース能力も高いと思う。

もうちょっと年行ってたら圧倒的にタッキーだったと思うけど。







あと余談だけど、2015~2016のカウコン(今回の)。

今までカウコンの進行は全部KinKiだったのに、急に嵐になったのって、2013~2014カウコン放送なかった年の前年、放送あった年の)で、こういちさんがたきつば

「俺らどっちにつく~?」

と軽い感じで派閥ネタぶっこんできたからではないのかね……?

あの発言、某雑誌メリーインタビューされて、派閥はないですって言ってたとき記者さんから、でもこういちさんがこういう風に言ってましたし…って言われて、後で言っときます、的な流れになったような記憶があるんだけど。

(ちなみにたきつばKinKiはいいじま派でもジュリー派でもない中間ジャニーさん直下

2016-01-18

http://anond.hatelabo.jp/20160118000740

俺の親父も会社経営してるけど、戦国時代みたいなんだよなぁ~

優秀な社員がいたら下克上されるから

あと、イエスマンで固めるとか、後継者育成を(わざと)失敗する というのもそう

更に、上に居る連中は 自分が現役プレイヤーである事に価値をおいていて

将来会社がどうなろうと知ったことではない とか、、、まぁ逃げ切りのメンタリティって奴?

そんな世界ですよね~

35年勉めて幹部もやった会社を辞めることになったので、愚痴る。

結局何が悪かったのかわかるようでわからんようで、まだ正直気持ちの整理もできていないが、落ち着かせる意味増田に書かせてもらう。

今度、35年つとめた会社退職することになった。いや、正確には一応は役員になっているから、解任か。

解任理由は簡単、

会社人生はいろいろやった。自分なりに会社に貢献してきたつもりだったし、事実、苦しいときには俺がやった事業会社の新しい展開をやれたとは思う。

ただ、その事実のものを、専務の奴は気にくわなかったんだと思う。

もういい加減、愛想が尽きた。今は、あん会社は徐々に腐っていけばいいと思う。

入社したころ

入社したときは、企画職でも営業でもなく事務職だった。ただ、ちょうどその頃会社はその頃の看板商品が大ヒットしていて、人手が足りなくなってた。

そこで、他の部署に応援に回される事になって、いろいろな部署の応援をやった。

人海戦術DM発送、苦情受け付けに倉庫整理、制服の繕い物、展示会の売り子から営業の補助まで、何でもやったよ。その中で、最終的にある製品企画プロジェクトに回された事が転機になった。

そのプロジェクト全然注目されて無くて、一応商品化は済ませていたものの、社長専務の覚えも悪く全然売れてなかった。

ただ会社の景気だけは良かったからお取りつぶしにされる事無く済んでいた。

こんな、他にもいくつかあったプロジェクトの一つだった。一応は責任者という立場だったが部下はいなかった。

プロジェクトに関わってから

会社はどこまで行っても同族企業で、その上社長や専務が強力なコネクションを持って仕事を取ってくるような所があった。

から社長専務の覚えがめでたけりゃ予算をもらえてそれだけである程度売れる。

ただ、そういう所はひたすら専務の言うことを聞いてなきゃだめ、言いなりになってないと駄目と言う感じだった。

一方で、そうではないところは完全に日陰。だから俺がやる事になった所は、商売としてはさっぱりだったが、その代わり注目もされないので専務に横やりを入れられることもなく、自由にやる事ができた。とにかく当時は看板商品が売れに売れてお取りつぶしにするような手間すら惜しかったのだろ。

どうせつぶれるのだろうし、いろいろな場所でいろいろな手伝いをして歩いてずっと考えてたビジネスプランを実行してみることにした。

それが、当たった。ビジネスプランには自信が無いわけじゃないが、時代に当たった運もある。

もちろん、始めはいろいろと難しかったけど、取り組み初めて数年で軌道に乗り始めた。

プロジェクト成功と、時代の流れと、看板商品廃止

ちょうど時代は、昭和という時代が終わり数年たったころ。

バブルの残り香が消え始め、酔いが覚めるように人々はだんだんともうバブルは終わったんだと言う空気感になり始めた頃。そんな時代が切り替わるタイミングというのはいろいろと古い商売と新しい商売が入れ替わっていく。

そんなタイミングにあっても、出た芽は小さくて、昔から商売をしている人にすれば、たまに生まれてすぐに消えるようなものに見えていたと思う。だからそう言う新しいことをやろうとしている人は、今の商売でうまくいっている人々に相手にされていなかった。

そこに俺は、今の商売でうまくっている所の看板を使って乗り込むことで、一気に市場存在感を出すことができた。今流で言うと社内ベンチャーということになるのだろうか。最初は小さかった商売だんだんとうまく行き始めた。

ただ、うまくいきすぎた。いや、違うか、本当に時代が変わっていた。これは悪い事に、これは看板商品の方がだんだん時代に通用しなくなってきたことも意味してた。前の看板商品だんだんと売れ行きが鈍っていく。一方で俺の商品は売れていく。

そうして、あるとき有力な取引先が3つも相次いで路線変更をし、うちの商品のそれまでの看板製品の扱いを大幅に絞った。その代わり採用されたのが俺がやってた路線商品

うれしいと思うよりも、もう必死だったよ。気楽にやってたのにいつの間にか主流の落ちた売上を俺が支えなきゃならない立場になってしまった。必死必死会社を守るために働いた。幸いにして努力は報われてどんどん売上は伸びたが、主流派商品はどんどん駄目になっていった。

そして…主流派商品がついに販売できなくなった。

よく覚えている、阪神淡路大震災があり、オウム真理教事件があった頃だ。

専務が関わっていた主流派の方は、既存設備が無理がたたって主力品が販売できなくなった。

一方で、同系統代替品を用意はしていたが、売れない。それはそうだ。時代の変化について行けなくなったから。前と全く同じ商品だったから売れていただけで、時代に合わない違う新製品を出しても売れなくなっていた。

会社は支える事ができた、ただ、それが…

一方で俺の方の商品は順調に売れていた。そこで、俺はよかれと思って、俺の方の商品に、主流派商品をセット販売を少しずつ始めていた。どうも専務たちはそれを本当はやりたくないような雰囲気が合ったが、当時は完全に俺の商品以外は赤字になっていたからだ。

また、この新しい商品ノウハウは社内にも公開した。当然だ、秘密にする理由がない。

これで、だんだんと社内の方にも広まり始めた。

これによって主流の方のラインだんだんと復帰し始めた。

ただ、ここまで来ても俺がやっていた方のラインは、メインのラインと完全に交わることはなかった。ただ、スタッフ交流は行われていたし、現場レベルでは別に完全に分離されているわけじゃなかった。

社長専務が主流の方に力を入れていて、こちらに何も言ってこないのは以前からだったし、何よりもそう言う体制があったからこそ、時代の流れの変化に会社として対応ができたから、それはそれで好ましいと思って、特に気にしなかったんだ。

ただ、今思うと、だんだんとひずみが蓄積していったのだと思う。

新しい時代の変化と、決定的な出来事

いくつか時代象徴する出来事というのがあるが、オウム真理教事件が以前の時代の節目を象徴したものなら、俺にとってのその次は、リーマンショックだったと思う。

この頃から市場環境が再び大きく変化し始めた。商売環境が再び変化し、90年代確立しつつあったやり方が再び通用しなくなった。顧客予算配分が大幅に変わり、そもそも市場が縮小し始めた。これにより売上が頭打ちになり始めた。当然手は打っている。手を打ったから大幅な売上減少にまでは至らなかったが、このままではじり貧なのは間違いが無い。

そして時代が回るうちに、うちの会社で主流派社長専務がやってきていた古いスタイルが再び受けるようになってきた。主流派は、こちらが作り上げ、提供したやり方と、80年代からやっている古いやり方両方を知っているため、堅調に伸び続けた。

当然、我々も後を追おうと考えた。

しかし、ここで、2つの決定的な出来事が起きた。

  1. こちらから流派側に協力を求めたが、拒否された。
  2. 再び来た時代の節目に、打とうと考えた新たな手を禁止してきた。

この二つのうち、どちらかを認めてくれるのならば、まだ耐えられた。ただ、両方とも封じられてしまったら、もう手も足も出ずに、座して沈んでいくのを待つしか無い。

しかし、もう問題は俺だけの問題でも、俺の部下だけの問題でもなく、供給責任として商品を届ける取引先や、それに連なる経済生態系に対して責任が及ぶようになってしまった。

そこで俺は、ここへ来て明確な指示への違反をした。いろいろと問題にならないように配慮をしつつ、せめて影響が小さくなるように、できる限りの手配をし、できる限りの手を打った。

専務からは何度も話は合った。そのたびにできる限り社の方針に従いながらも、しか責任は果たすように新しい方向に舵を切っていった。

とどめとなった「うわさ」

専務からの締付は強くなってきてはいたが、専務はそもそも会社愛が非常に強い人間でもある。ある程度の自制は効いていたのか、俺や幹部には強く当たるが、実際に決まった業務に影響が出るようなことはなかった。関係性は冷え込んで、それは取引先にまでしれるような状況になっていたが。

均衡状態が一気に動いたのは、ある噂だった。

それは俺が、独立するというものだった。

タイミングとしては最悪だった。社長専務はもう高齢で、後継者の話がでて、専務の娘が会社に入り、次期社長に決まっていた。そこでいろいろな整理が始まっていた頃だった。

もちろん、俺にはそんな気は全くなかった。弁解もした。ただ、これが「とどめ」になった。

専務からの指示はどんどん強くなっていった。それは俺に言うだけではなく、従来は現場レベルではある程度協業できていた末端の業務にも影響が出始めた。

そして去年の1月専務に呼び出された。慌てて向かうとそこには専務の他に取引先の人間と、会社顧問弁護士がいた。専務取引先の人間に、独立する気も社長の座をねらってもいないと直接説明するように求めた。

俺は求められたように、何度も繰り返していた同じ話をした。そんなつもりは全くない、これからもやっていくつもりだと。事実として、社長専務戦後直後から作り上げた偉大なブランド力と、会社の巨大なシステムがなければ商売は続けられないし、それを辞めるメリットはどこにもなかった。冷静になれば誰にでもわかることだ。

ただ、専務はその取引先がいる席上で、そういった説明だけではなく、俺がやっている商品がいかに駄目か、いくらやっても会社の主流は専務商品であり、劣った亜流であるかを演説し始めた。顧客まで馬鹿にするような発言。はっきり言って事実じゃない。そうして言ったのだ。主流になっているラインと、俺がやっているラインが分かれて摩擦がある事そのもの存在せず、もし存在しているとしたら刃を向けているのと同じだから、辞めてもらうと。

話はあっという間に広まった。

言い分。

わかっている。いくらやっても主流になれないことは。

だが、会社問題になったときに、古いやり方に固執して市場変化に対応できず、それでも売ろうとして製品を壊してしまったの誰なのか、収益を上げて会社を支えたのは誰なのか、それぐらいは人気視していると思っていた。

専務後生大事に掲げる理想ははっきり言って利益になってない。それは我々が作り上げた売れ筋の土壌の上にしか存在できないものだ。それを認めろとは言わないが、否定するということはどういうことなのか。

主流になりたいと思ったことがないと言ったら事実ではないが、主流にしてくれと言ったことはないではないか。それでも何故、敵視してくるのか。

専務の言い分、それがすべてでたらめとは言わない。もっともな指摘はあるだろう。古い伝統理想を掲げることは大事だ。

しかし、古い理想を古いやり方が再び流行が回るように時代の流れになったからと言って、それは合っていたとは言わない。

止まっている時計は必ず一日に一度は正確な時間を示す、しかしそれは時を動かしているものいるからだ。止まっていることと動いている事は全く違う。

正直愛想が尽きた。

今、会社は手足、足かせをして新しい手法を認めていない。

この方針は続けることになるだろう。少なくとも社長専務がいる限りは。その娘がいる限りは。ただ、誰の目にもその方針でいつかは行き詰まることはわかりきっている。消えてしまうことはないだろうが、市場は大幅に縮小することになるだろう。

専務取引先がいる席上でこう言った。「辞めろ」と。本流と一緒にやろうとしたとき、それを拒否し壁を決定的にした本人が、摩擦が存在するならば、辞めろと。ならば辞めてやろうと思う。

今後について

ただ、そう決めたからと言って、いきなり出社しないとかではなく、いなくなっても問題が無くなるまで引き継ぎをするあたり、結局俺は小物なのだと思う。

あいつが勝手に辞めたか会社が駄目になったとか言われるのも癪に触る。部下が困るのも本意では無い。結局一年かかってしまった。

希望を言うならば、ただ、進行の遅い癌のようにじわじわ会社をむしばんでいって、最後どうにもならなくなった時に、あのときあいつが残っていれば違ったのだろうなと言わせたいと言う程度の希望はある。(これは呪いでもある)

金なら十分すぎるほどあるし、仕事しかしてこなかったから養わなきゃならん家族もいない。これからは気楽にやろうと思っている。

悩み事としては、俺が辞めるではなく独立して新しい会社を興そうと考えてると勘違いして、ついて行きますと言ってる部下をなだめるのに苦労している。

俺も、それなりに人望はあると思ったが、そこまでとは、正直感動した。

感動したが、部下たちもあん会社でそんなことを言ったら会社での立場が完全に駄目になることはわかりきっているのに言ってしまった。だからといって本当に会社を興してうまくいくとは思っていないので彼らを拾うこともできない。

もう噂になっていると言う所で頭が痛いが、最後奉公だと思って(会社はどうでもいいが、部下や取引先は大切だ)各方面にこの下げなれた軽い頭を下げに行ってくるつもりだ。

(この話はフィクションです。現実団体、そのほかとは関係がありません。よく似ているものがあっても、無関係です。)