「配偶者」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 配偶者とは

2017-02-27

既婚者が配偶者以外とラブホに言ったことをおおっぴらにネットに書いてる記事を見て

いろいろと闇が深そうだと感じた。

もしかして普通なのだろうか。既婚者の事情はよくわからん

2017-02-26

喪主喪主ホットライン

あみんお尻の拭けなかったお(兄|じ)さんだよ。

俺も歳をとったね。うんとった。どれくらいとったかというと母が死んだくらいとった。

そうなんだよ、この前母がなくなったのね。



みんな知ってると思うから言うけど、俺一人っ子なのね。

もともとは姉がいたけどいろいろあって今は一人っ子なのね。

でほらさ、うち一家離散しちゃってんじゃん。

父母姉俺だったけど、

はいろいろあっていなくなっているし、その十年後くらいに父母は別居して、

父と実家に残った俺は、けっきょく父が嫌んなってさ、大学卒業してすぐ東京出てそれっきりって感じじゃん。

だけど俺においては両親の連絡先だけは知っててさ。

「だけは」っていうのは文字通り「だけは」でさ。

連絡なんて5年に1度もしなければ、実家に帰る、別居先に会いに行くなんてことも当然なくてさ。

まあ不完全ながらも一家離散しちゃってるわけですよ。

数学も離散したの扱っていこうぜってジャンルあるらしいし、

「家族」って形式にもそういうことってあってもおかしくないわけさ、ってのがあってさ。



あいいや。



でだ、喪主をすることになるわけですね。

配偶者がやるパターンってのもあるわけだろうけど、

ほら、母と父は別居状態からである俺がやる流れになるわけですね。

個人死生観は「死人に口なし」という感じの考えなので、

葬儀」というものは畢竟親族のためにあるんだ、ってな勢いで考えていたわけさ。

ほんとに非情に思えるかもしれないけれど、これはけっこう本心なんだよね。



お金の話しようか。

喪主っつったって単に火葬しておしまいなんて話だったらそこまでお金からないわけじゃん。

それでいいじゃんって思ったわけですよ、当初は。

だってそんな金もってるわけじゃないし、葬儀屋みたいなのいい噂聞かないしさ。

「こっちは一人っ子だし喪主だ」なんて大義名分背負ってるから

その俺が「そんな大層な葬儀必要なくね」って思ってんだからいいだろって思ったわけですよ。

でもまあ「そうじゃなかったしそいつはちっと浅はかだったかな」って話をするね。



母が死んだ病院ってのはもともと母の勤め先だったんだよね。

これは俺、その場で知ったんだ。

というか彼女がどこで何していたか、出ていったあとの20年くらい詳しい話を俺は知らないんだよね。

からああそうなんだって思った。

で病室片付けたあと遺体葬儀場の霊安室に運ぶって段になったときに、

病院関係者が、つまり母の元同僚が見送りに来てくれたのね。

忙しい病院だよ。そんな暇ないはずなのにそれだけでも十数人くらいは来てくれたのね。

俺はまったくあったことない人だよ。

でも俺の母のことを思ってきてくれて涙をしているというのを目の当たりにしたときに、

なんか俺は間違っていることをしたんじゃないか、しようと思っていたんじゃないかって気になった。



整理するね。

俺の死生観ってのはこの状況を見ても実のところ全く変わらなかったんだけど、

でも「葬儀」を私物化してた、しようとしていたことは間違っていると思えたんだよね。

だって離散家族なんだよ。

その「家族」のいままでなんもしてこなかった「息子」とやらがいきなり現れて、

喪主」という大義名分を振りかざして、

今ここで見送ってくれている人たちをないがしろにしていいのかなって思ったわけですよ。

「ああこれ俺たしか喪主なんだけど、これはこの人達代理でやるべきなんだよな」

とか、もっと言えば

「この人達こそが葬儀運営したいんだろうけど、世間の仕組み上、確定された『喪主である俺に一任する他ないんだよな」

とか感じたということなんだよね。

「何をすべきか」がわからいからこういう状況になっちゃってんだけど、

でも「これしたらまずいよね」はさすがにわかるんだよね。

たぶんこの場に見送りに来れない人もいただろうし、

遠くからでも葬儀に出たいという人がいるかもしれないだろうし。

いやあったこともない人たちだし、そんなもの憶測しかないんだけどさ、

でもそれで誰かの、少なくとも母と時間を共有した人の人生を、不容易に傷つけない方向で考えるべきなんだろうね、

って思ったんですよ。



それじゃあ喪主の話するね。

1. 葬儀プラン決める

2. 返礼品オプション外す

3. その分通夜ぶるまいはする

4. 葬儀連絡を母の知人にする(98%くらい、俺は全く知らない人たちだ)


1. は一番安いのにした。そこは本質関係ないと思ったから。

今回はこの場を設けることが重要でありミッションだったからね。


2. は礼を失するという話があるやもしれんけど、

思い出してほしいのは「今まであなたが参加した葬儀で返礼品あったか

「なかったとしたら別感情を抱いたか」ってことなんだ。

で俺個人としては「そんなこと気にする人いないでしょ」って結論だった。

あとお金の話(大好きなんだ)すると、

香典平均5000円/1人」って情報葬儀屋から聞いていて、

その計算すると「香典5000円 - 返礼品2000円 = 3000円」とかになるわけ。

しか葬儀屋は「返礼品は日持ちするからキャンセルありで補充可能」って感じで、

バンバン持ってこようとするわけ。

どうなるかっていうと会葬者x2000円の出費が変動費で乗ってくるということなんだよね。

これだと費用読めないからさ、なのでやめてくれって話にしたんだよ。



3. は2の逆なのね。これは費用が読めるんだ。

人数分の食事がでればいいわけだし、

香典はこっちに当てさせてもらうほうが正しいと思ったんだよね。

葬儀」って多分悲しむよりかは同窓会的に楽しい会話の中に、

故人を登場させてもらうって場所なのかなって思うんだよな。

からここをケチりたくなかったというのはあるんだ。



4. これが一番たいへんだったこと。

なのでお前さんがたが喪主をする側か亡くなる側かはしらんけれども、

とにかく「葬儀呼びたい人リスト」はつくれといいたい。

まじで。

このご時世メーリングリストで一発やんか。

なんで年賀状あさって簡易住所録つくって、

ちょっと誰呼べばいいか分かる人いませんかー」ってプチ個人情報漏洩しなきゃいかんのじゃ。

はいえ、これを難儀するのは俺が親不孝だった証明しかないですね。



という感じで式に臨んだ結果、120人くらい来てくれたわけだ。

最期最期まで母のそばにいてくれたような人や、

前日御見舞きて「花見行こうね」って言ってくれた人を、

とりこぼすことなく呼べたのでよかったという感想だった。

この期間中、よくしてくれた母の元同僚の方にも「ほんとうによかった」といってもらえた。

この言葉聞いて、人として危うい選択をするところだったけど、俺は間違わずにすんだかな、と思った。



自分自分の尻をふけるような大人になりたい」なんて言ったけどさ、

まだまだ全然拭けないよね。喪主なんて助けてもらってばかりだったよね。



最後に言いたいのはね、こんな俺が言うのもあれなんだけど、

「家族」一般的にも実質的にも大事かもしれないけど、

「同僚」や「友達」以上の存在でなければならないってことではないと思うのね。

逆説的に言えば「家族」以上の「同僚」や「友達」がいる形はあっていいんだよね。

それらは比較するべきでなくて、並列に存在して全部大事でいいんだよね。

から家族離散」してるからといって「家族葬儀を簡略化していいってわけじゃない」ってこと。

俺はそれを今回知れたってことを、みんなに教えたかったんだよね。

2017-02-22

http://anond.hatelabo.jp/20170222201219

そう思いたくなる心情はすごくわかるけど

配偶者モラハラされたり逃げられたりすることだってあるし

そこまでいかなくとも生活上のトラブルを持ち込まれることもあるし

一人のほうが気軽に逃げたりできるってこともあるので

そんな苦境に立たされてしまったという時点でどっちが上もクソもないという感じですわ

2017-02-21

http://anond.hatelabo.jp/20170220191032

なるほど、僕が怖いと思ったのは金銭的なものではなく、精神的なものかな

今まで、学生社会人環境の変化に合わせて考え方が変わったりと精神的に豊かになったと思う(もちろんマイナスの変化もあったが)。

から結婚をしたり、子供を作ったりする環境の変化の中で、また人生が豊かになる精神的な変化が生まれ、年相応の心を持てるのだと思う。

逆に、環境の変化がなかった場合、(多少変わるだろうが)今日と同じ精神のまま死を迎えることになるのではというのが怖い。

というか、明日寿命で死にますよと言われても受け入れる自信はないしこうかいだらけだ。


配偶者との共同生活子供誕生日地域との繋がり、親との離別など様々な経験を経て、人生への納得感が生まれることを期待して、配偶者を探す、そういう僕です。

2017-02-20

人が死んだ時に正しく振る舞える自信がない

父が死んだ時は一度も父のために泣くことはなかった。残された自分がいろいろ諦めなきゃいけないことの理不尽さとか、無責任にはげましの言葉をくれる親戚や父の"友人"への悔しさでは何度も泣いた。

母がこの先年老いて病気認知症になったら私が面倒見るんだろうけど虐待して暴力ふるう自信がある。そのせいで死なせても後悔は半分程度だろうとおもう。

妹や親戚に申し訳いからそうはならないようにしたいけど。

もし普通に母が死んだとしても、悲しいよりほっとすると思う。安堵で泣くかもしれない。悲しくない自分が悲しくて、でもそれを誰にも言えなくて理解もしてもらえないという3周くらいまわったところで泣くかもしれない。

妹が死んでも自分生活は多分なにひとつ変わらない。妹の旦那子供が死んでも、大変だな、つらいなとは思うけど、それで妹に対してどう振る舞えばいいんだろう。多分なにを言ってもなにをやっても、「何もわかってないくせに」と思われる。その通りなのだが、それ以上何もできない。

親戚も何年も会ってない人がほとんどで、いきなり病気です、入院しました、死にましたと連絡があっても、そうですか、以外の感想は浮かばなそう。葬式に行ったとして、その配偶者子供にどんな表情でどんな態度で会えばいいのか想像できない。お香典以外に私が行く理由はあるのだろうか。お金だけ送って済むならそうしてもらえるととても楽だ。悼む気持ちがないわけじゃないと思うんだけど、それを表現する術がわからない。

上っ面に聞こえる言葉はかけられた方がつらいと実感したし、泣いたところで当事者の何かが解決するわけでもない。

父が死んで、慌ただしいのや面倒なことが一通り済んだ時、ただ花があることで気持ちが慰められるのだと気がついた。だから花くらいはおくりたいけど、それも自己満足かもしれない。多分に。

そんなことして周囲や残されたひとたちにやな思いさせる前に、自分がはやく死んだ方がいい。誰からも忘れられてフェードアウトするみたいに、なかったことになりたい。

2017-02-18

http://anond.hatelabo.jp/20170218125948

彼女配偶者がいない男は駄目

そんなこと誰も言ってない件

お前自身がそう思ってるんだろ?

彼女配偶者がいない男は駄目っていうけどさ

俺の人生の目的悟りを開いて生きる執着を捨てることにあるんだ。

スッタニパータ、一角の犀の章を読んでもらうと分かると思うんだけど

自分の息子を欲しいと思うことさえあってはならぬ」ってある。

異性と一緒になるのって突き詰めると子孫を残すためだよね?

そういう意味で俺の人生女性は全く必要ないんだよ

もちろん五戒を守り八正道実践していくにあたって女性存在は認めるし、できる限り敬意を払うよ

仕事で協力が必要なら率先してこなすし、公共の場で援助が必要場合ならそうする。

でもそこまでだよ。それ以上を望むのなら他の男性をあたってほしい。

子供を作る以外にも付き合ったり、結婚したりする目的はあると考える人いるかもしれない。

でもそれこそ一角の犀のようにだよ。

一人離れて修行し歩くがよいなんだ。

夫の言ってることが全然からない。宇宙人としゃべってるみたい。

(末尾に追記しました)



ちょっと聞いてほしい。

わたし専業主婦なので家事100%わたし

理系夫は帰る時間がけっこうわちゃくちゃ(午後7時~12時のどこか)。

普段晩御飯は一通り作っておいて、夫が帰ってきたらあっためて出してる。ここまでが前提。



近所でライブがあって行きたかたから、夫に「ライブ行ってくる、晩ご飯は机に上に出してる。ライブは19時~21時半くらいに終わる」ってLINEして出かけた(「うん」と返事は来た)。

で、9時45分くらいに帰ってきた。家の明かりはついてるけど「ただいま」って言っても反応なし。

リビングを見ると料理そのまま(全く手をつけてない)。夫は自分の部屋でビール飲んでた。デスクの上には4本ビール瓶がおいてあった。

おなかへると不機嫌になる人なので、どうしたのかなあと思って顔を覗き込むと、不機嫌な顔で「はやく料理あっためろ!」とな。

手を洗ったりしてたら「早くしろ!」って怒鳴る。うるさいなー。

それで料理レンジフライパンであっため直しながら「ビールどれにする?」って言ったら、突然切れた。



「お前は違うことしてるのになんで俺に対して同じことを強要するんだ!!!」って。

どういうこっちゃ。

意味がわからなかった。

あっためた料理出して、切れた夫をなだめるの大変だった。

夫の言い分はこう。

「なんでお前に合わせないといけないのか」

「お前はコンサートに行き料理を机の上に置くという普段と違う行動をとった。なのになぜ俺には、「ビールどれにする?」といういつもの夕食時と変わらないセリフを言ったんだ」

「『ビールまだ残ってる?(ないなら冷蔵庫からとるけど)』ではなくなぜ『ビールどれにする?』という、決めつけによるセリフなのか。全然違う意味なのに。そしてなぜ逆なでするほうのせりふを選ぶのか」

等々。

ビール残ってる?」も「ビールどれにする?」もわたしから見ると一緒なんだけど、もちろん違いは分かるけど、そんなに切れること??

正直同じだと思っているので、なぜ? と聞かれてもわからん。答えられない。で、わからないっていうと怒りに火を注ぐけど考えるために黙っていても火を注ぐ。どうすりゃいいのだ。

ほんとにわかんないわたしのために夫が1時間くらい説得(という名の説教)してくるんだけど夫の言葉だとわかんない。宇宙人としゃべってるみたいでなんか言ったセリフとか覚えられない。

夫の気持ちがわかる人教えてください。わたしセリフの何が悪かったのか? ほんとにわかんなくて困ってる。

めっちゃストレスなんだけど、夫もなんでわたしが夫の言ってることわからいか理解できないようでたぶん違うベクトルで同じストレスかかってるんだろうな。ごめん夫。



「出かけるのが気に食わなかった?」「(出かけたことで夫を)ないがしろにされてるようで嫌だった?」「仕事疲れてるの?」と聞いても、「そんなこと聞きたいんじゃない!」と言う。

「一体何を言ってほしいの?」ときくと、「俺の考えてることを言ってほしい、ごまかしの言葉じゃなくて正解を考えてほしい」。お前は西野カナか?

すっごい察してちゃん(しかもなんか言ってることがわかりにくい)なんだけど、男って声も女より大きくて力も強いから女よりもタチが悪いな。怒鳴られると怖いんだよ慣れてても。



こういうことがけっこう多くてすごく疲れる。

夫の言ってることが理解できなくて、いつも「え? え??」ってなって、そのたびに怒らせてしまう。

ただ夫は怒らせてしばらくすると「さみしい、かまってほしい」って言ってくる。これハネムーン期かな。

食の好みがほぼ正反対から夫の好きなご飯を出したり、マッサージしたり、仕事から帰ってきたら「お仕事お疲れ様ありがとう」ってほぼ毎日言ってるんだけどな。

まだ思いやりが足りないのかな?

正直、人の気持ちを察するのが苦手なので、できれば行動ベースで言ってほしい(たとえば「夜出かけられるとさみしいから〇時までに帰ってきてほしい」とか)んだけど、そう言うと「そんなんじゃ応用できないか意味がない」っていうし。

もう夫に合わせるの疲れたよ。でも夫もわたしに合わせてくれてるのかな。

生活に何一つ不自由はないし、仕事をする重圧とか大変だと思うから働いてくれてありがとうと思うし、恵まれ環境にいるのに、なんかすごく息苦しい。

子どもはいない(どっちが原因かわからないけどたぶん不妊)。子どもかわいいけど夫の子どもは全くほしくなくなっちゃった







◆以下、追記



二丁目のバー増田さんによる完璧で秀逸なトラバ解説のおかげとはいえ、まさかこんなにホッテントリ入りするとは思わなくてめちゃくちゃびっくりしてる。

元増田を書いたときは、わたし自身が頭に血が上って、勢いでわーっと書いてしまった。だから今読み返すとけっこう思ったよりずっと主観的だし、「旦那ムカつく―! ムキーッ! わたしかわいそうシクシク!(チラッ」みたいな文面になっちゃって反省している。



いくつか補足する。ブコメなどで疑問に思われているだろうことをできるだけ書いたつもりなので長くなってしま申し訳ない。冗長または盛大な後出しと思われる個所もあると思う。

夫婦ともに30代前半。

海外在住の駐在妻(ヨーロッパ圏の超絶田舎)なので離婚選択肢にない(まあ殴られるとかされれば何があっても離婚するけど)。バイトのようなことはやってるがガッツリ働くのは物理的に無理。

元増田文章だとまるで毎日苛烈に怒られてるみたいだが実際はここまで激しいのは月に1度くらい(前はもっとあったが海外生活に慣れてくるに従って減ってきてる)。それ以外は仲良く楽しく暮らしてる。間歇泉みたいな怒り方をするので翌日にはケロッとしてる。怒られてるときは怖いしカサンドラ症候群みたいになってるけど翌日になるとわたしもケロッとしてしまう。ただ専業主婦ゆえに一人の時間が多いため、そういうときに一人で情緒不安定になるときはある。

・夫とは幼馴染。違う大学に行ったことで遠距離恋愛に→結婚(この時点では夫はまだ学生だったのでわたし扶養してた。その後ポスドクになり出張とか研究会とかで週末婚状態に)→夫今の仕事ゲットしてわたし仕事を辞めて一緒に海外移住同棲しとけばよかったなとは思うけど状況的に無理だった。

・付き合いは長いけど、結婚後の出張が多くて日本での最長同居期間が1か月くらいしかない。言ってることがわからないなあ、前より怒りっぽくなったなあと思うようになったのは海外移住してから。近所にバーみたいな一息つけるところもないし、現地の知り合いや気心の知れた友達がいない(日本友達観光ついでに来ることはたまーにあるしSkypeなどでいろいろ電話したりとかはしてるけど)のでかなりストレスだろうとは思う。

理系夫と明記したのは、夫は怒ると「これだから文系は」と雑なdisりをしてくるのでそれを書こうとしたがそれはいらないなと思って消した。そして「理系」の文字を消し忘れた。理系dis意図はない。すみません

結婚を決めたのは、わたし性格難なブスなので「これを逃したら後がない」と思ってた3割と、別れる理由特にない1割と、夫と一緒にいると面白そうだな6割という理由からわたし自分の夢に早くから見切りをつけ好きなことは趣味でやっていこうと思っていたのに対し、夫は好きなことや趣味仕事にしたタイプなので、夢を叶える過程を見届けたいというのもあった。わたし文系なので夫のやってることはさっぱりかっぱり(夫の博論読んでも数式まみれで1行もわからないし家でいろいろ実験してるのを手伝うこともあるが常にちんぷんかんぷん)だけど、性格や専攻が同じタイプよりは違うタイプ結婚したほうが視野が広がるかも、とも思ったので。内容はわからなくても夫がるんるんしながらいまやってる実験ことなどを話してるのは聞いてて楽しい。金目当てではないつもりだが将来性目当てと言われると否定できない。

・夫は一人暮らし歴が長いので、料理洗濯掃除その他すべてできる。ミシンとかわたしよりうまい日本にいたとき折半して家事してた。今は全然やらないけど、家事リソース割くより仕事趣味に注力してほしい。

冠婚葬祭などでわたしが1人で帰国することはあるし、習い事もしている。だから外を出歩くこと自体が許せないわけではないと思う。むしろいろいろ自由やらせてもらってるのですごくありがたい。

ライブについては事前に、「この日にライブがあって、開始は19時終了21時半くらい」と何度か言っている(元増田の文面だとそう読めないと思うけど、終了が19時~21時半ではなく、開始19時~終了21時半ということは伝わってる)。そういうイレギュラーな単発のスケジュールは頭に入れにくいらしいのでけっこう前から何度か言うようにしている。

・事前に言ってはいものの、「行くことは決定事項」な雰囲気を醸し出していたのでその点はよくなかったと思う。これは改めたい。

・「ビールどれにする?」の意図は、ふだんご飯食べるときはいつも「ビールどれにする?」「ヒューガルデンとって」みたいなやりとりするので、つい何も考えず反射的に同じセリフを言ってしまった。(ビールは常に何種類かストックしてある)

ビールのくだりで、「お前は違うことしてるのになんで俺に対して同じことを強要するんだ!!!」というセリフが当初は本気で理解できなかったので元増田を書いた。今は、ブコメトラバを読み、当時の状況を振り返って考えると確かに不用意で、相手を逆なでさせる発言だったなということはわかる。ビール4本(夫の許容量ちょい前)飲んでるのに「ビールどれにする?」はないな。ライブで浮かれてたのは確かにあるのでこの対応はよくなかった。男女逆で言ったら病気の妻に「きょうの俺のごはんは?」って言うレベルのひどさだ。まあだからといって親の仇レベルで切れていいわけじゃないんだが。

・渦中にいたとき元増田を書いたとき全然気づかなかったが「相手ビール4本飲んだ酔っ払い」という認識が抜けてた(こういう、認識が抜けてるところが夫の怒りを助長するんだと思う)。そりゃまあ支離滅裂な会話になっても仕方ない。

・今回は仕事ストレス7割&イレギュラー事態エラー1割&温めるのめんどくてビール飲んでたら仕事イライラからやけ酒になってさらに温めるのがめんどくさくなり空腹でもっとイライラ1割&その他今までの不満とか1割、かなと思う。

・夫は外ではこんな性格ではない。まじめでリーダーシップがあり細かいことにも気づけるいいやつというような感じみたい。ただ内と外の差が激しい。夫との付き合いが長くない人からは「ものすごく優しそうな人だね」と言われる。いろんな人から愛妻家だと思われてる。

・付き合ってる間に「気難しい人だな」とは思ったがここまで察してちゃんだとは思わなかった。が、自分が甘やかして助長させてるのだということがよく分かった。元いじめられっ子でつい卑屈になりがちなんだけど、もっともっと自分の主張をはっきり言わないといけない(元増田には書いてないけど実際は黙ったりなだめたりしつつ「細かいよー」「言ってることわけわかんない!」くらいのことは言い返している)。

わたし自身、人の話を聞かないというか、会話しててもずれたことを言ってしまったり、ビールのくだりみたいなデリカシーのない対応不用意で余計な発言をしてしまうことも多い。会話は苦手でキャッチボールがうまくできないし口頭だと誤認することがよくある。あとすごく人の気持ちに鈍感で人の考えてることを読み取るのが苦手。だから夫が100%悪いとは思わない(100%自分が悪いとも思ってない)。割れ鍋に綴じ蓋だとは思ってる。

・夫よりも実家族のほうがやっかいなので夫と一緒にいるほうが快適……というのはある。

最近アサーティブアンガコントロールに関する文章を読んでいる。けっこうためになる。読ませたいが夫は怒っているときに怒っているという自覚がないようなので(ってさっき言ってた)たぶん読んでくれない。

・猫を飼っている。扱いは夫のほうがうまい。飼い主に似たのか超甘えっこ。愛い。

配偶者愚痴を書く奴になりたくないってブコメあったけど、確かにその通りだと思う。夫に悪いことしたと思っている(といいつつ追記までしてしまったので説得力ないな)。ただ友達などに愚痴相談をしても二丁目のバー増田さんや夫さんの気持ちがわかる30代後半男さんのような回答はなかなか返ってこなかっただろう。今回いろんな人の意見を(文章ベースで)読めて本当にありがたいなあと思った。はてなってすごい。どうもありがとう

2017-02-14

味覚の違い 食の幸せ

この間、会社の同僚と飲んだ時に何で今の配偶者結婚たかの話になった。

皆は性格だとか、お金だとか、容姿だとか、まあよく言われる理由が多かった。

私は背が高い女性が好きなので、そういったことを言ったが最大の理由は味覚が合うこと。

私が子供の時、両親はよく味覚の違いからくる揉め事が多かった。

その時は別に大きな問題とは考えなかったが、社会人になってその重大さを再認識した。

私は生まれも育ちも石川北陸人。更に小さい時から毎年何回も大阪に行っているので関西の味が舌に染みついている。

社会人になって付き合った彼女は生まれも育ちも千葉で私とはまるで味覚が違う。

その彼女料理が好きで色々と作ってくれたが、味覚、好みの違いが鮮明に表れ、楽しくて美味しいはずの食事不思議とそうとは感じないこともあった。

人は普段意識しないが、生まれ育った土地の味に慣れており自然とその味を欲するのだと思う。

やはりその味が美味しく、安心する。私は関西の味、彼女関東の味がそうだったのだ。

その彼女とは味覚の他に色々と合わないところがあり結局は別れたが、パートナーと味覚が合うということは非常に重要と考えるようになった。

何せ、食は人の3大欲求の1つと言われるほど重要だ。

お互いに味覚が合わない料理を何十年と作り、食べ続けることを想像してみて欲しい。耐えられるだろうか?

私には耐えられない。たとえ容姿が良くて性格が良くても耐えられない。

食は大事だ。食は普段生活にも大きく影響を及ぼし幸福感にも大きく影響する。

色々と考えた結果、私は今の環境(出会いの無さ)とこの食の問題からお見合い結婚相手を見つけることにした。

条件は①背が高く②メシマズではなく③関西まれ育ちの3つ(※ここでいうメシマズは味覚崩壊系を指す)

結果、見事にこの条件に当てはまる相手を射止め、結婚することができた。

結婚して普段食生活はどうか?

美味い。晩御飯毎日美味い。安心する。幸せを感じる。関東に住んでいながら毎日関西の味を味わえる。

お互いが味覚が合うことというのは共に食を楽しめることに他ならない。

それ故に外食もそりゃもう楽しい相手お気に入り自分お気に入りでもある。

好きな人と2人で「これ美味しいねー」と言いながら楽しむ時間は至福のひと時だ。

だが心配事もある。我々の子供はどういった味覚になるのか。

外に出れば関東の味、家の中では関西の味。

まだ1歳だが、そのうち「この味おかしい」と言うようになるのだろうか。

ちなみに、私はメシマズを避けそうではない人と結婚した。

メシマズは人を不幸にする。それはトイアンナ氏の記事を読めば一発でわかる。

メシマズ離婚にまで発展する重大な問題なのだ

旦那さんは我慢して食べればいいかもしれない。だが、子供にその食事を食べさせるのか?

それこそ私は耐えられない。きっと可哀想だと感じてしまうだろう。

料理は男女関係なく出来た方が良い。

それは間違いなく自分幸せにし、人生を豊かにしてくれる。

まとまりが無いが、なんとなく感じたことを書いてみた次第。

2017-02-13

http://anond.hatelabo.jp/20170213132857

すまん。ピル失敗の後に最後の壁として堕胎という方法が取れるじゃん? って思ってたんだけど配偶者同意必要だと分かったので完全ではなかった。

http://anond.hatelabo.jp/20170213130709

そうなんか? って調べたらそうなんやな。配偶者がおる場合は(種が配偶者のものであるかどうかにかかわらず)堕胎には配偶者同意必要なんやな。

確かに、そういう意味では夫婦という関係性がある状態では完全に妊娠コントロールすることは不可能だわ。前言撤回します。

2017-02-11

http://anond.hatelabo.jp/20170210112714

タバコ副流煙は、日本ではマナーとか好き嫌い問題だが、欧米では健康リスク問題からだ。

副流煙曝露のことをsecondhand smoke (SHS)と言う。反タバコ派諸氏はもちろん御存知の通り、タバコにはもう一つ害となる経路があり、皮膚や口から喫煙後付着物摂取してしまもので、thirdhand smoke (THS)と言う。

程度はどれくらいかというと、肺癌リスクについて、配偶者喫煙者である非喫煙者なら1.21倍、職場喫煙環境である時の非喫煙者について1.22倍、など。

この1.2倍程度は室内空間と予想される曝露により起こっているため、欧米ではまず室内禁煙をやった。路上などの喫煙はOKだと思っているわけではない。確かに開放空間でのSHSのリスクは定量されていないが、生物学的に考えればリスクがないと考えるほうがおかしい。しかし、まずははっきりとしているし明らかな健康被害証明されている公共の室内全面禁煙がまず必須だったということだ。また、THSを考えると喫煙室の設置も良い案だとは言えない。喫煙室のような狭い空間では、喫煙後の発がん物質の服などへの付着はより強く起こると考えられる。

一方、日本はまず路上禁煙が先んじた。健康リスクから考えるとおかしな順番である

まず室内を全面禁煙し、路上など屋外禁煙はその後の話だ。そうなっていない理由は、日本では禁煙運動健康リスクの冷静な判断によっていないかである

ちなみに喫煙者本人の、肺癌ライフタイムリスク10〜30倍である

2017-02-10

恋愛感情の伴わない家族共同体の夢

自分たち意思で選んで作れるほぼ唯一の家族が"配偶者"あるいは"パートナー"なんだと思ってる。

だけどこれには恋愛感情必要

でも、そうじゃないようなありかたもあっていいんじゃないかって思う。

というかあって欲しい、そしてそれが欲しい、と思う。



理想は、Aセク(無性愛者)の人が友情でもってパートナーを選ぶというやつ。



別に1体1じゃなくてもいい。

時代劇で出てくる長屋のみんなで助け合って生きていくイメージだろうか。

(あれがどのくらい現実にあったものなのかは知らないけど)



わかってるよ、恋愛弱者寝言だって

でも結婚したいとは思えないんだ。

それでも、数少ない友人がみんな家庭を持ってしまったら、完全にひとりきりで、それで何十年も生き続けていける自信がない。

かと言って自殺する覚悟も、いつ決められるかわからない。

同じ状況の人、他にもいるでしょ?

http://anond.hatelabo.jp/20170210142556

MissとMrsの中間Msってのは割と分かりやすいけど

日本語配偶者を指す無難カジュアル語ってのは作りようがない気がする

誰か作ってくれ

今だと「相方」とか「パートナー」とかがあるけど

前者は芸人オタクみたいだし、後者外国かぶれっぽいしなあ

http://anond.hatelabo.jp/20170210114846

日本語において、配偶者カジュアルかつ身分的な意味合いを含まずに呼ぶ言葉がない、ということ自体が、現状を表しているといえるのでは。

英語だって女性はMissとMrsと区別する言葉しかなかったので、Msという言葉を作ったぐらいだからね。

http://anond.hatelabo.jp/20170210114846

今の日本語にはない

他人配偶者をご主人とか旦那さんとか奥さんとか呼ぶ人に

女性差別主義者だとか糾弾する奴がいたらそいつ基地外なのでほっといていい

ないもんは仕方ない



ただ嫁さんは奥さんより遥かに差別的に取られる語なので止めとけ(それが方言地域に住んでるってなら知らんが)

配偶者ニュートラル呼び名

当事者間では夫・妻でいいんだと思うんだけど、他人から呼ぶ場合にどうすればいいのでしょう。

女性パートナーについて尋ねる時、

だと、言葉語源から上限関係あるし、

っていうと、理解されないし英語だし...旦那も元はサンスクリット語らしいけど。

男性パートナーについて尋ねる時、

  • 奥さんとか嫁さん

とかだと、別に奥にいねぇしみたいに言われて辛い

かと言って、連れ合いとかだとパートナー以上にサクッと通じないし、なんか現代社会になじむニュートラル呼び名ってないの。

2017-02-06

期待するって難しい

「期待が外れた」って一番残酷じゃない?

「○○してくれる」「○○になってくれる」って相手の行動を自分予測して、

それが実際に起こらなかったら幻滅するってすっごく身勝手に思うわけよ。

物事がうまくいくかどうかなんて本人の実力以外の色んな要素があるのに、

その要素全部すっ飛ばして「見損なった!」って。知らんがな。

それなら最初から期待しなければ良いじゃん。無意味無意味





っていうのは自分でもよくわかっているんだけど、

恋人配偶者に「期待しない」ということはとても残酷に感じられる。なんでだ?

ありのままを受け入れるって考えればれりごーっぽいけど、

「期待しない」っていう言葉に含まれるそれはなんか違う。


「期待する」って言っても別に年収1億とかそんな大それた話じゃなくて、

向こうが「こうなりたい」って宣言してくるような、目標みたいなものね。

から「期待しない」ってのは、その人の目標否定するようでなんか気が引ける。

でもその目標が達成されるとも限らないから、期待したらいざというとき幻滅するわけで。




うーん。




好きな人に期待するのは当たり前ってか?

それとも、好きだから期待していたいとか?

いっそ、期待しないまま好きを維持するっていうのが愛なのか?



期待するって難しい。

ここ数日で恋人現実を突きつけられて

恋人を見損ないかけて見損なう自分自己嫌悪たから書いとくね。

2017-02-05

こんなやつがなんで東大卒ブランド纏ってんだ。経歴抹消してくれよ

http://anond.hatelabo.jp/20170204225930

こんなこと増田しかかけないが、なんでこんなやつより俺の評価低いんだよ。いやこいつのことは全く知らないが、なんで学ぶことの意味目的もフワフワしてるような奴が「東大卒」とかいブランドで着飾ってられんだ?おかしいだろ。俺は学ぶ意味を、喜びを知り、就職してから学びまくった。学問は最高に面白れぇ。夜間大学に今も通ってる。トータルでみたら東大勉強やめたこいつより俺のほうが評価されるべきじゃねえかな!?でも結局、こいつは東大卒、俺はFラン卒だ。夜間大学修士をとっても、学歴で見られるのは「18歳時点での学歴」だ。俺なんか「学歴ロンダリング」扱いだぞ。なんなんだよ。

学問自分世界を広げてくれる」ってのは真実だが、そのパワー、そのすごさ、その感動は全然人に伝わらねえんだよな。

勉強知識インデックスを付けて回る行為だ。そして学問とは、そのインデックスを掘り起こして整理し、組み合わせ、関連に気づくことだ。今まで解かれてきた数学の難問はほとんどこういう経過で説かれてる。人生も、仕事も同様だ。隠されたつながり、関連に気づくことがすなわち価値のあるアイディアだ。何も知らなけりゃ組み合わせねぇ。ラマヌジャンみたいな異次元天才はまずいないからな。

そして、勉強とは「もの名前を知ること」でもある。現象、状況、歴史物体、あらゆるもの名前がついている。名前を知るということは、そのものに関する歴史を知るということだ。世の中の99%のものは、すでに先人が発見済みだ。車輪の再発明を防ぎ、無駄に迂回する必要もない。

単に映画を見るのでも、視点が全く異なってくる。世の中の創作物というのは、製作者が全霊をかけて「うまいこと」を言おうとしている。通常、その「うまいこと」は5割も気づいてもらえればいいほうだ(実際に創作してる人ならわかるだろう)。学べば、その6割、7割、もしかすると8割を気づけるかもしれない。その瞬間の感動は、3割の理解に100倍する。そして、もっと学びたいという欲求生まれる。死の間際まで学びたいと思う。任天堂岩田社長も死の間際まで勉強していたらしいしな。あこがれるわ。

明日死ぬとしても学びたい。知らないことを知りたい。このエネルギー、この興奮は、いかなるものよりも価値がある。俺はそう思っている。

正直こいつを殴りつけたい。俺のほうが価値のある人間だと信じている。たとえ金がなく、配偶者を一生もてずとも。もちろん、「俺のほうが~」なんてのは傲慢だし、そんな風に思ってはいけないと賢人たちもいっているが。俺はこいつに嫉妬している。なぜだ、なぜ、と、理不尽な怒りがこみ上げてくる。こいつは国内最高の大学を出ているのに学問への尊敬がないからなのか。先人たちから受け取った最高の財産を軽視するばかりか、次代に伝えようともしていない。腹がたつ。

先日、地元図書館から市民講座の講師やらないかと誘いが来た。最高に楽しみにしている。どうやって面白さを伝えようか、緊張もするがそれ以上にワクワクしている。不評だったらどうしようと思うが、それを糧にまた学んでいきたいとも思う。

すげぇむかつく。18歳で成功しただけのマンダリンが。まぁその努力はもちろんわかるし尊敬もするが、納得は行かねぇ。俺のことも尊敬しやがれこの一発屋が。くそが。ちくしょう。納得できねぇ。

追記

ルサンチマンだよ!承認欲求だよ!悪かったよ!

あーもー!ままならねぇ!

2017-02-03

ゴミどもが

40代50代の無理な男性から性的な興味をのらりくらりとかわしハッキリNOと言わない若い女性が多いの、

ハッキリNOと言われたら男性側が仕事上での嫌がらせをしてきて生活し辛くなるからであって、

日本若い女がサークラ気質カスばかりだから」じゃないから。

ポリアモリー普通のこととして社会に認めさせようと活動してる暇人たちが迷惑

恋人/配偶者が居るので」っていう断り文句が使えなくなったら、正直に「お前が無理だから」と断るしかなくなる。うざい。

あと責任背負って金集め頑張るわけでも、薄給で実務(それも人工知能代替されるまでのつなぎ的な虚しい仕事www)を粛々とやるわけでもなく、

社内政治若い女のことばかり考えて愚痴に終始するような長時間会議ばかりしてるおっさん連中、心の底から破滅してほしい。

こいつらが解雇規制年功序列文化に守られて高給得てるの、福祉だと思う。

なんであんな偉そうなんだ。生まれ時代ラッキーだっただけの生活保護受給者みたいなもんだっていう自覚持てよ。

2017-01-31

皆の誰もが「男性ではなく女性ケアしてほしい」と思うからなのでは

 男性保育士女児おむつ交換をするのは良くない、という話題にて、良くない、という意見を持つ要因とは何か考えた。

 そこで、山田昌弘さんの『モテる構造―男の女の社会学』(ちくま新書2016年、以下本書)の【第7章 ケアは女の役割か―男が触るといやらしい?】(p194-p203)で述べられている、ケアに関する男女の非対称性が関わってくると考えた。

 本書は、【男性は人前で泣いてはいけない】をはじめとする性別の「らしさ規範」や女性における【できる女はモテないのか】問題をはじめとする「男女の非対称性」について分析俯瞰した本である

 第7章は「ケア」における男女について書かれている。

 介護従事者や保育士など、人の身体ケアする仕事についている大部分が女性であり、「女性男性ケアしても許されるが、男性女性ケアすることには心理的抵抗が伴う」という男女の非対称性が見られると書かれている。

 次に、介護における性別の抵抗感に関する調査では、「男性から見た抵抗感:婿・嫁が最も高く、女性から見た抵抗感:"息子>娘"・"婿>嫁"・"若い男性介護士>若い女性介護士"・"中年男性介護士>中年女性介護士"」という結果になったことが書かれている(p.198【図表7-4 介護における性別の抵抗感】より一部抜粋)。よって、看護という多少専門的な分野であっても、男性であっても女性看護師の方が好まれ女性場合は、男性看護師は避けたい対象なのであるということが書かれている。

 そして、「ケア労働本来持つ性格として、ケア相手気持ちを考えながら行う労働であること、そして、ケアは体に働きかけ相手気持ちよくさせる労働であることから、前者が、ケア担い手として女性がより好まれ理由であり、後者ケア担い手として男性が避けられる理由なのであるとされている。そうして、二重のジェンダーにおける差異があるために、家庭内でも、家庭外でもケア担い手女性になりやす理由なのであるともされている。

 続いて、ケア身体性に関連して、ケア相手身体的、精神的に気持ちよくさせる行動なのであり、言葉にしてしまえば、性的コミュニケーションと同じ意味を持っているため、身体ケア行動は性行為連想させてしまうという。よって、ケアでは、配偶者恋人以外の家族他人に裸を見られる恥ずかしさを減少させ、性行為連想させないことがケア現場では重要であり、女性ケアした方が、性行為連想しにくいのであるという。しかし、父親子どもの世話をするのが一般的ではなく、同性の間に親密関係がなかなか築けない文化であることを一因となって、男性はそうはいかないという。その上、性行為においては、男性が主導権を握るイメージが定着していることから男性が、優しい手つきでにこにこしながら、女性を触って気持ちよくさせるということは、どうしても性行為連想させてしまう、だからといって、男性ケアに向かないことや女性ケアして当然であることをを導きたいわけではなく、男性ケア労働進出するためには、「恥ずかしさ」という感情を何らかの形で克服する必要があると結んでいる。

 これらを踏まえて、男性保育士女児おむつ交換をするのは良くない、というのは、自分達が「ケアされる」時がやって来た際に「男性ではなく女性ケアしてほしい」と潜在的にあるいは無意識的に思うことや父親が世話することの延長として捉えられていないこと等に由来するのではないかと考えた。

たまには童心にかえって

配偶者キスマークなんかもつけようじゃないか皆さん

2017-01-24

川上未映子 「主人」という言葉が心底嫌い を読んで

http://dual.nikkei.co.jp/article.aspx?id=9815

やはり「主人」や「嫁」、「奥様」、「旦那」等に敏感になる人はいるのだなぁ。

川上さんは過敏というか、過激なまでにも見える。

普段「主人」や「奥様」をよく使っている人からすると、それらの言葉もつ本来主従関係性別による役割分業の意味全然込めていないだろうし、「そんなところに目くじらたてなくても」と思われても仕方ないと思う。

ただ、川上さんの言うことも一理あると思うし、公的な場や文書で使う表現としては望ましくない。

私自身は「夫」で通す。

他人が「主人」や「旦那」という言葉を使っていると、根拠のない感想だけど、なんとなく教養がなさそうに感じてしまう。

でも友人の夫について話す時は、「旦那さん」と言ってしま矛盾

さらに、会社顧客と話している時に、顧客配偶者のことを「お客様のご主人様(奥様)」と言ってしまう。

川上さんのような方と話す際、相手配偶者を「ご主人様」「奥様」以外で何と言えばいいか迷う。

配偶者の方」かな。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん