「配偶者」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 配偶者とは

2016-09-23

同人サイトTwitter結婚しているとか子供が居るとか言ってはいけない雰囲気

明らかに結婚している感じの人でも家族とか伏せて語るし、生活全般NGと言うわけでもなく皆さん友達や親兄弟学校仕事の話はバンバンしている。

あの配偶者子供話題への緊張感は何なんだろうな怖いわ。

http://anond.hatelabo.jp/20160923214417

情報ありがとうございます

別れるのも一つの手なのですが、私はできれば彼に変わってほしいと思っています

一緒にいると私が壊れちゃう。彼がやっているのは精神暴力から

私と一緒に生きたいなら変わってほしいんです。

最近DV加害者更生事業というものもあるようです。

内閣府男女共同参画局配偶者等に対する暴力加害者更生に係る実態調査研究事業報告書公表について

http://www.gender.go.jp/public/report/2016/2016040803.html

2016-09-20

起業成功させるあんまり語られない重要な要素

起業成功した人たちは実は親が起業家だったりサラリーマンでも経営者層まで出世してたりとかそういう人たちが実はとても多いです。有名どころではkawangoとか堀江貴文とかもそのクチです。

から事業をやっていくノウハウを教えてもらえるだとか、いざとなれば実家に頼れるからデカ博打を打てるだとか、そういうことがあるととても有利なのです。

ではあなたの親が普通の人だったらどうすればいいかというと、これも実はやっていける手段があります配偶者の親が起業家/資産家というパターンの人もそこそこいます。というわけでレールに乗ったまま金持ちの子供と結婚するんだ!!!今すぐに!!!

2016-09-19

http://anond.hatelabo.jp/20160815141438

配偶者が亡くなった後の余命かなんかのデータがあったと思う。

ストレスから解放された女性の方が長生きできるというデータだったと思う。

早い話が女性結婚しなくてもいいけど男性はした方がいいんだと思う。

ロジックが飛んでいる。統計の方は「結婚生活女性にとってストレスフルである傾向を示唆しているかもしれない」位のものである

そこから男は結婚したほうが良いという結論を導くためには「結婚生活は夫が妻から搾取することによって成立している」という仮説を経由せねばならない。

もし、この仮設が現状真だとしても、それは是正されなくてはならない非対称である

2016-09-16

http://anond.hatelabo.jp/20160916200623

メンヘラもピンきりだからねぇ、

精神的に安定していない人が、彼氏配偶者子供を得て安定する例は確かに見るね。

虚言癖とか重症なのは治るのかどうかわからん

2016-09-11

親の話

「全部親の私のせいだってうからもう何も関わらないことにする」って、

また思ってもいないことを言う、という感想しかない。

もし万が一駆け引きなしの本心だっていうなら、思考停止だとしか


ゼロからまれてきた子どもが、親以外のどこから影響受けて育つっての?

自分人格自分がつくるもんだ」って、あんたの配偶者家族全員同じ性格なの見ても同じこといえんの?



たとえば高校のころ、自分だけ門限を理由に家に帰らなきゃいけなかったことがある。

それだけで潜在的に仲間はずれになるし、"次"を誘ってもらえる可能性は半減する。

"次"を誘ってもらいたかったらほかのところでフォローできるぐらい魅力をアピールできないといけないし、

少なくともそんなの、あのころ自分にはできなかった。

友だち作りづらくなったら、それ相応の人格形成されるから、なおさら



16歳で都内クラブまでお使い行かされてたあんたに、そんなことがわかる?



親を理由に、あるいは親から何か課されることのリスクやおそれを理由に、やれなかったことが、

どれだけあると思ってるの。




…なんでもいいや。また書こ。

配偶者が1回の外出につき最低3回は「いってきます」を言う

対応に疲れてきた。

「いってきます」をタイミングとしては、

1.外出のための身だしなみを整えるフェーズに入る直前

2.1が終わり、携行品に意識が移動した瞬間

3.実際に家を出る瞬間

この他にも「いってきます」を言うことはあるが、フラグ不明なので割愛する。

そしていずれも、こちらが「いってらっしゃい」と応じるまで「いってきます」を繰り返す。繰り返す回数が増えるとイライラした口調になる。

自分は「いってきます」は3の段階でしか言わない家庭で育ったのでとても驚いたし、回数を減らしてほしいと配偶者に伝えたところ、

家族の『いってきます』に『いってらっしゃい』と応じないのは愛がない証拠だ」

との返答だった。

「いってきます」に「いってらっしゃい」を言うこと自体の労力は対したことはないのだが、「いってきます」を聞くたび、配偶者が既に3のフェーズにあるのだと認識してしまい、しかし実際には1か2であるケースが大半なので、ギャップに混乱して精神的に疲れてしまう。

平日朝の忙しい時間帯だと、配偶者の「いってきます」をカウントしている余裕がない。

それに前述したように必ず3回ではなく、イレギュラーな「いってきます」もある。

他の家庭では、1回の外出につき何回「いってきます」を言うんでしょうか?

2016-09-10

はてなってホント貧困とかそういうウチラの世界的な話題好きだよな

もはやそういうポルノなんじゃねえかと思う



あと別に貧困でもないし貧者と関わったこともないのに貧者を分析するの好きだよな

やっぱ見世物として楽しんでるだろうな。

許せねえな。



多分はてなー田舎を語りたがるのといっしょだな。

世界のこととして見世物感覚で楽しんでやがる。

マイルドヤンキーのこともどこか他人事のように語るのが大半の奴らは都会で豊かな暮らしを送ってんだろうよ

東京住みで高給取り、配偶者もいるはてなーからすりゃ、貧者も野蛮な田舎見世物かよ。

クソが。許せねえ。



保育園問題も都会都会都会、、、、田舎は?都市以外の郊外田舎無視ですか??

無知馬鹿自己責任として叩いているはてなーを何度も見てきた。

奴らにとっては、都会で暮らさない奴は自己責任バカ田舎は野蛮で滅びるべき。貧乏人は反乱を起こさない程度に生き延びろ。

田舎者の野蛮な姿や貧乏人を、はてブからまさに上から他人事のように語って消費。

奴らはてなーにとって、貧困田舎は娯楽、見世物しか無い。

クソクソクソクソ。絶対に許さねえぞ。

2016-09-07

http://anond.hatelabo.jp/20160907154048

http://officelee.jp/visa_data/law06.html

検索したらすぐ見つかったで。

台湾国籍法

第一

中華民国国籍の取得、喪失回復、取り消しについては、この法律の定めるところによる

二条

下に掲げる者は、中華民国国籍に属する

出生の時、その父又は母が中華民国国民であるとき

父又は母が志望した後出生した者で、その父又は母が志望の時中華民国国民であった者

中華民国で出生した者で、その父母がともに知れないか又は国籍を有しない者

帰化したもの

第三条

次に掲げる外国人又は国籍を有しない者で、現に中華民国に住所を有するもの帰化申請することができる

中華民国において年間合計183日以上合法的滞在を5年以上継続した事実を有するとき

満20歳以上であって、中華民国法及び本国宝により能力を有すること

品行が端正であり、犯罪歴がないこと

相応の財産又は専門技能があって自立することができ、あるいは生活保障必要のない者

第十一条

中華民国国民で次に掲げる者は内政部の許可を得て、中華民国国籍喪失することが出来る

父が外国人であって、その父が認知した者

父がしれないか又は認知しない者であって、母が外国人であるもの

外国人配偶者である

外国人養子である

満20以上であって、中華民国法によって能力を有し、自ら外国国籍の取得を申請する者

国籍自動的に無くなる条件は無いから、つまり台湾から見てレンホウさんは台湾人でもある」って状態だった、ってだけの話やろ。

日本台湾を国として認めてるかどうかはあん関係ない。

道理的に見てレンホウさんが正しいかどうかでいうなら、まあ正しかったとは思うけどね。

2016-09-05

理想の先輩がいない

新卒入社して、結婚して、産育休とって復帰して、昇任目指して頑張ってる、夫が全国転勤で、そろそろ子供の手が離れるくらいの年齢の先輩がいない。


中途で産育休明けの人はいる。でも夫の転勤ないから、配偶者同行制度使わないだろうな。それにまだ子供小さい。

中途で子供の手が離れた人はいる。でも出産子育て期間は専業主婦だった。夫も転勤なさそう。


妻は地域限定社員で夫は全国転勤で、配偶者同行制度使って同居して、産育休とって子育てしおえる人ってさ、いないよね。


ロールモデルがいないんだよね。


ていうか上に書いたこと、出来る気がしない。

出来る気がしないから、いまの仕事に対するモチベさがる。


いずれ同行制度も間に合わない転勤が夫に来るだろうし、詰むな。

とか

同行制度使いたいとか産育休とって復帰したいとか言ってると昇任難しいんだろうな。

とか思うと、将来悲観的になって、いま頑張っても水の泡になるんだな、と思うと

仕事やるのつまんない。


あーあ。

2016-09-04

工藤静香について

わたしは34歳女

木村拓哉はどうでもいいけれど、工藤静香はそこそこ好き。



生年月日: 1970年4月14日 (46歳)

まれ東京都 羽村市

配偶者木村 拓哉 (2000年から)




なんか知らないけどいい歌あったよね。慟哭とか。

作詞作曲の人の功績なんだろうけれど、歌い方がすごく好きだった。



キムタクの陰に隠れてるけれど、工藤静香もいいエンターテイナーなんだよ。

下手くそな絵で頑張ってる二科展はクソだけどね。

2016-09-02

このクソ売女どもめが!

夫が不倫していた。

しか女性2人と。



相手は、どちらも同じタワーマンションの30代女。

ご主人は、片方は40代エリートサラリーマン。もう一方は30代の弁護士

いろいろつてをたどって聞いてみると、それぞれ別々に口をそろえて、

ご主人は性欲も薄くやる気がしないが、私の夫は何度も求めてくるので女としての実感があるのだそうだ。

わずデブは性欲が強いんだよっ、と毒づいた。



そう、私の夫はかなりの肥満なのだ

そして私としては、デブとは交わりたくないのだ。

別に結婚してからデブになったわけではないので、結婚前そして出産前は普通にしていた。

30近くなって、結婚を焦っていたという要素もあるだろうが、その時は問題なかったのだ。

が、ある時期からどうしても夫と肌を重ねることが嫌になった。

今では生理的嫌悪感に近いレベル

そんなことで、下の子が生まれから、もう3年ほどなーんにもなし。



からといって不倫するか?ふつー。



夫は、顔は普通くらいだし、頭ははっきり言って良い。話も合う。

収入も十分で、共働きということもあって都心湾岸部の高層マンションに住むことができている。

子どもも2人いて、幸い、みな保育園に入れることもできている。

世間的にはいわゆる満足すべき配偶者なのだろうし、もちろん、離婚するつもりはない。

この生活は手放せない。



そんな私だって別に性欲がないわけではない。

容姿も多分人並み以上ではあり、保育園保護者行事などでは、子どもを連れたパパからよく話しかけられる。

子どもを2人生んだにしては、スタイルもまだそれなりで、くびれはあるし、胸のカップはE。

30半ばに入って少し垂れ始めたし、乳首は濃い茶色になってしまったが需要はある。



なんで需要があると言い切れるかというと、近所のパパ友と親密なお付き合い、いわゆるご近所不倫をしているからだ。

どちらも子どもたちの保育園同級生のパパ。

2人とも無論やせており、しかマッチョである




要は、私の夫の、不倫相手の夫たちである




同時進行してて、月に1~2度逢瀬を重ねている。

それぞれ奥さまとは子どもが生まれて以来ご無沙汰らしく、私との時には体にむしゃぶりついてくる。

会うのは自室。タワーマンション密室性、匿名性は素晴らしい。

もちろん、茶色くなってしまった乳首も好評だ。可愛い、きれいだと褒めてくれる。

夫と違って、精力は強くないので、一度の逢瀬で一回果てるとおしまい

まかり間違えて妊娠などしないように、ピルは飲んでいるが、相手にも基本ゴムをつけさせている。

時折「安全日だからいいよっ」て言ってあげると満面の笑みで喜ぶのが、男って高学歴でも馬鹿なのねと思わせる。

まあそんなことは、同じくらい高学歴なのにゴム付けない主義者の夫を見てるとつくづくわかることではあるのだが。

病気とか妊娠とかよりも目の前の快楽を優先する頭の悪さと、高いレベルの知性が両立しているのは何かの奇跡とすら思う。



しかし、よその女が私の夫に手を出すのと、私が夫に不満でよその男性と仲良くなることはわけが違う。

向こうの奥さまは、どちらも有名大学卒の専門職。でも私のほうが良い大学を出てるけどね。

お二人とも私ほどではないが、かなりの美人だが、スタイルはどちらも棒のようなやせっぽち

だいたいあんおっぱいが小さい女に夫を奪われるとか、屈辱以外の何物でもない。



目にもの見せてやる。

2016-08-31

ナマモノ同人表現の自由性差別問題を持ち込むんじゃねえ

ナマモノ」とは、実在の人物(3次元)を題材にした二次創作物総称です。

簡単に言うと、タレント俳優アイドルお笑い芸人などを登場人物として使ったフィクション(虚偽)です。

そして、この「ナマモノ」の取扱は慎重に行わなければならない、とされています

代表的ルールマナーを挙げると、

①題材とされている本人、及び関係者の目に触れられるような環境に置かない

②そういった嗜好を持たないファン、また一般の方の交流とは区別する

個人名やグループ名をそのまま名指しで使うことは避ける

などがあります

なぜこのような厳しいルールが生まれたのでしょう?

それは、題材とされた本人やそれを取り巻く環境にいる人の感情尊重し、また、肖像権を守るためです。著名人と言えどもひとりの人間です。自分人格や行動に脚色やフィクションが加えられたものを見て、どういう感情を抱くかは人それぞれです。もちろん「何とも思わない」方もいるかもしれませんが、不快に思う方もいるかもしれません。いわばこれは、グレーゾーンです。そんなグレーゾーンことなら、わざわざ公にしてやる必要は全くないのです。



さて、本題に入らせていただきますが、先日このようなナマモノ界隈のルールに対し、真っ向から異論を唱える性差別反対派、表現規制反対派の方々を幾度かお見かけしました。

その方々の主張することには、

「本人から嫌悪感を持たれるかもしれないという危惧自体性差別不快、よってナマモノルールなど不要

表現の自由保障されている日本で、ナマモノルールを遵守することは表現の自由侵害にあたり、出版妨害と同等」

だそうです。



日本では表現言論の自由保障されているので、今から私が伝える主張も保障されます。もちろん表現規制反対派の方はこの但し書きをすんなり受け入れられますよね?





論 点 が お か し い 。

じゃあ表現の自由掲げてあんたらのフィクション妄想小説書かれても文句言わないのか。あんたらの子供や親や親戚や恋人配偶者親友上司や部下も題材にされて、他人公衆オナニーオカズにされてるの見かけてもなんとも思わないのか。例えそれがあんたらの性的嗜好とは著しくかけ離れていても?これは感情論じゃない、人権問題の提起だ。

それとも著名人には有名税があるから、その対象にされることは当たり前でしょうがないって言うのか?それこそ今度は職業差別じゃないのか?

そんなの強姦致傷で逮捕された某俳優好意持ってたセクシー女優に関して「あの女が一発やらしときゃ」って言い放った某女形コメンテーターと同じだろ。

表現の自由を守るためなら人権無視か?

表現する場所区別することが表現規制渋谷スクランブル交差点のド真ん中で「性差別反対!」ってセックスしてるカップルを見かけてもそれが言えるのか。

性差別偏見撤廃させるためなら公序良俗無視か?

島が違う。論点が違う。こっちにはこっちの意義を持ったルールがあるんだ。自分たちの信念と主張を通すために、よく内情を知りもしない界隈にズケズケと入り込んでくるな。




ナマモノ界隈では常に「最悪の事態」を想定してルールが定められています。こっちにはこっちの複雑な事情があってそういうルールがあるんです。明文化されたものけがルールじゃないことは、もう皆さん大人ですからわかりますよね。

アニメ二次創作や、表現規制反対派の方々が守ろうとしている表現対象と違い、こちらの表現対象は、いち個人として生きています感情を持っています。だからこそ、表現の自由性差別問題以前に、「人権」と「公序良俗を守ろうとする人としての良心」が最優先になってくるのです。本人が気分を害する、あるいは法に基づき対処するという「最悪の事態」を未然に防ぐためにある程度の規制線を張っているのです。

日本国憲法で、確かに表現の自由保障されています

しかしそれは「公共の福祉に害を及ぼさない限り」です。自由からといって、公共の場で何を表現してもいいとは限らないのです。レストランで「うんち」と発言した小学生が叱られるのと同じ道理です。

ナマモノ界隈において、「このジャンル規制されて閉鎖的になってしまってる!新しい表現者がかわいそうだ!私たち開拓させてあげなければ!」という正義心は本当にいらないです。ましてやそこに差別問題違憲問題を絡ませるなどもってのほかです。お門違いも甚だしいです。



表現規制反対派の皆さん、性差別反対派の皆さん。お願いですからナマモノ同人界隈に関しては放っておいてください。何事にも例外はあるものです。私たち私たちで意義があり独自ルールを守っています。今の状態で安定しつつある田畑に、勝手に肥やしを与えないでください。お願いします。

祖父母死んだ後正月の集まりどうするか問題

正月に親戚で集まる家って多いと思う。

うちも母方の親戚が毎年正月に集まって新年会を開いている。

メンバー最初祖父祖母、伯父×2、伯母×2、母、いとこ×4、兄、私だった。

そのうち年上のいとこ達が結婚しだしてその配偶者も加わるようになった。後にその子ども達も。

祖父からしたら子、孫、曾孫が一同に集まる新年会で相当楽しかったようだ。

そのうち10年前くらいに祖父が亡くなって、5年くらい前に祖母も亡くなった。

祖母が亡くなった後も何となく同じメンバーで毎年継続してる。

この集まり、いつまで続くのか?と最近思う。

もう伯父や伯母がかつての祖父母の立場になり、その子ども、孫で集まるのが筋じゃなかろうか。

皆さんの親族新年会はどうやって下の世代に移行しまたか

2016-08-28

不倫殺人と同じだと思う

そういう気持ちを吐き出したくて、初めて書く。


数年前、配偶者不倫が原因で離婚した。

すごく大好きで、うまくやっていると思っていたのに、ある日、不倫相手から私へメールがきた。

お前の旦那不倫してる。お前は惨めなやつだよ。これを見ろって、ベッドでいちゃつく女と元夫の写真が添付されていた。

ついでに、女のフェイスブックには、「道ならぬ恋に落ちてしまったわ」、みたいな内容のポエムと、

捨てられたのにガタガタいうあの醜女(私のこと)は本当にみっともない、みたいなことが書かれていた。


しかった。辛かった。

でも、元夫が心の底から謝れば許していたと思う。

でもダメだった、子供が出来たんだって


私の魅力がないせいなのか、どうすればよかったのか、最も信頼していた人に裏切られるなんて私は生きている価値もないのだな、

あいつらを呪い殺せないかな、そんなことばかり一万回以上、毎日考えた。

今でも、その時のことを思い出さない日はない。


ずっと一緒に暮らしていけると思っていたのに、家族だと思っていたのに、ある日突然、さようなら

例えるなら、親兄弟、友人、信じている人全員から突然、お前なんかいらない。もう二度と会わないと言われて、

それが本当に実行されたてしまったような、恐怖。


あの時、あの女からメールが来た時に私は一回死んだのだ。

心の傷が治ることはない。今でも血を流し続けている。ただ、傷口から目を背けられるようになっただけ。

あいつらは私に指一本触れていないけれども、殺人に等しいことをしたのだ。

たとえ慰謝料という名の僅かばかりの金を払ったとしても、何を償えるというのか。


あいつらはもう私のことなど忘れて楽しく暮らしているのだろう。

たとえ思い出しても、若かりし頃の恋の障害、甘酸っぱい思い出としてしか思い出さないだろう。

そして私は、一人でどうにか生き返ろうと、今もあがいている。

しかしたら、生き返ることができずに、このまま肉体としても死んでいくのかもしれない。


不倫するやつは一番身近な、自分が守ると誓った相手も平気で捨てる。

欲望制御することができない。きっと、本当の殺人だって、何かのきっかけがあればやるだろう。


から、私はテレビや身近で不倫話題が出た時には、積極的批判するようにしている。

飲み会で、実は不倫している、みたいな話を誰かがしようものなら、真顔で「最低だね。人間のクズだね。」て臆面もなく言うようにしている。


それで、1人でもこんな思いをする人がいなくなれば幸いだから

2016-08-27

恋人が5人いるけど何か質問ある?

既婚、30代。

恋人(と配偶者)があわせて5人。

全員お互いを知っていて、俺と付き合っていることも知ってる。

躁うつ病でも無事に暮らしている人の特徴

ちゃんと薬を内服している

躁うつ病は、一度発病してしまうと“体質”に近いところがあるので、高血圧コレステロールの薬と同じ感覚で薬を飲み続ける必要があります躁うつ病を再発させずに生活している人は服薬を怠りません。

 

手綱を握ってくれる人がいる

配偶者でも上司でも両親でも構いませんが、ライフスタイル全般手綱を握ってくれる人がいると心強いです。一人では躁鬱の気分に流されてしまう人でも、キーパーソンになる人が制御してくれるなら、症状も社会的問題も軽減できます

 

他人アドバイスに耳を傾けられる

躁状態になってしまうと他人アドバイスをあまり聞かなくなるものですが、それを差し引いても有利です。反対に、唯我独尊の人は医師の勧めにも周囲のアドバイスにも耳を貸さないので、何度も何度も再発を繰り返して身を持ち崩すことが多いように見受けられます

 

孤独ではない

逆に言うと、社会的孤立してしまった躁うつ病患者さんの再発防止は難しい、ということです。

 

規則正しい生活ができる人

ほかの精神疾患にも言えることですが、不規則生活リズム寝不足リスクファクターです。再発を防止している患者さんの多くは、生活リズムが狂ってしまわないよう注意深く暮らしています

  

規則正しいワークスタイルの人

仕事を失うと経済的に困るだけでなく生活リズムも乱れやすくなってしまうので、仕事、とくに規則的な生活約束してくれる仕事はあったほうが有利です。好きな時に働ける職業場合も、ワークスタイル規則正しくできれば対処できます

 

……といった特徴をおおむね揃えているように思います

これらの条件は発症して間もない頃は成立しやすものですが、長いこと病気放置し、人間関係社会的生命を脅かされるにつれて難しくなっていきます。だからこそ躁うつ病は早期発見・早期治療が望ましい病気なのです



http://www.tm2501.com/entry/Dokusin_man-no-Bad_life

 

シロクマさんは、青二才はもう手遅れだと言いたいんですねわかります

http://p-shirokuma.hatenadiary.com/entry/20160510/1462865729

2016-08-24

http://anond.hatelabo.jp/20160824211019

その人が当時相手にしていた「世間」と、

その人が現在相手にしている「世間」は別物。

いま、次の仕事をしたいらしくて、そうすると、次の「世間」も別のものになる。

そんなわけで、「世間」というのはうつろうけども、

嫁さんとか子供といった家族は、増田の言う通り、変わらない。

もうわがままについていけないので、ほうっておくけども。

いくら好きでも許せない欠点はあるよ。

いちばん許せないのは配偶者暴力言葉暴力も含む)。

「パパ活」はまったく興味がない。お金が欲しいわけではない。

「パパ活」に関心のある女性のほうが少ないと思うけど、

なぜツイッター増田では、こんなに気にする男性がいるの?

結婚式にも関心ない。どちらかというと、相手のほうが挙式したい人だった。

http://anond.hatelabo.jp/20160823183045

以前、入院設備のある大きめの精神病院精神科にかかった時に、

診察に際しての基本的情報として個人情報を色々と書かされたことがある。


その書類の欄にあったものは、氏名、家族配偶者や子の有無)、最終学歴を書く欄はあったけど、出身大学、専攻みたいなことまでは書く必要はなかった。

出身地職業会社員なら会社名と役職)もしっかり書かされた。

会社役職については特にしつこく聞かれた。

「具体的にどういう仕事をしているのか」という所は特に細かく。

職業上のストレスで発病したっぽいので、原因を探るために特に詳しく聞かれたのかもしれない)



家族構成を書く欄はあった。

兄弟はいるか、いたら何歳か、彼らとは同居か別居か、そんな情報を書く感じ。

家族出身地会社名とかの欄はなかったよ。

だけど、自分の病歴と家族の病歴を書く欄があった。

血縁者に精神病の人がいるかどうかは聞かれた。(病気遺伝由来かどうか確かめるためかな?)



治療必要なのかなと思って素直に書いた&言ったよ。

基本的に、病気関係ありそうな個人情報はどんどん突っ込んで聞いてくる感じだよ。

大学会社について詳しく聞かれたんなら、医者病気の原因がそこにあるかもしれないと思ったんじゃないかな?

http://anond.hatelabo.jp/20160823233321

昔の人は「未来のために子供を残さないと」とか考えて子供作ってたんだろうか?

それはそれで、そんな高尚なこと考えてない気がする。

そして自分のこと(あとプラスして配偶者まで)しか考えられない人間子供産むのには向いてないわな。むしろ今後の未来を担うようなまともな子ども育てられないだろ。そんな思考回路じゃ。

2016-08-22

シン・ゴジラは、 『特撮好き』なら失神レベルの大傑作で、『一般人』なら視聴に耐えうる娯楽作

シン・ゴジラの真価は、これから広がるであろう一見さんによる批評の中にこそ有る。

まり、「満点からマイナスされうる特撮映画」が帰ってきた、と言う意味だ。

1週間ほど前に話題ゴジラを見に行った。面白かったは面白かった。

が、事前ハードルが上がりすぎていたのか、粗(に私には見えた)の部分が結構気になってしまい、正直世間で言われている程に「大傑作」にはあまり見えなかった。

シン・ゴジラそんなに言うほど面白いかあ??

シン・ゴジラには、決着のカタルシスが無い。

確かにその通りで、それは欠点だ。

それは、長年特撮ファンが受けたくても受けられなかった指摘だ。

特撮ファン向けの映画から一般人向けの映画に

「まあ、子供向けの怪獣映画にしては良く出来てたよね」という感想からの脱却。

対象年齢を考えても酷い」とか「大人の視聴に耐えうる人間ドラマ」とか

そういった「オヤクソクを共有している視聴者」向きの話じゃない。



まり、「ファインディング・ドリーと比べて」とか

ゴーストバスターズの脚本比較して」みたいな、

一般的な映画と比肩しうる水準に特撮映画を押し戻した。

からこそ「大傑作」であり、それ故に「まあまあ面白かった」という感想が併存しうる。

今あるものでやるしか無いんだ。

特撮は、リソースがないことをイイワケにしてきた過去がある。

平成に入ってからゴジラをどれでも良いから観て欲しい。

シン・ゴジラ比較するべくもないヒドイ作品ばかりだ。

一般人から見れば。



最近は「ゼロからプラスして積み上げる特撮映画」しか無かった。

「(全体の質はハリウッド比較しようも無いけど)特撮部分は良かった」

「(全体の質はハリウッド比較しようも無いけど)ドラマパートはヒドイ」

みたいな「邦画予算規模で制約の多い特撮映画において」という限定が常についていた。

シン・ゴジラは、正面からそれを覆してみせたと思う。

イイワケの無い、特撮映画としてのゴジラ

粗はある。荒削りでもある。

世界最高峰の映画では無く、手を入れるところもまだまだある。

それでも恐らくは邦画現場における特撮映画のベストを尽くした映画だと思う。

それは特撮ファンなら邦画の環境に絶望せずに希望を見いだせる一筋の光であるし、

一般人から見れば、「怪獣映画だけど面白いらしいよ」と観に行ける映画になってる。

まり何が言いたいかというと

日本特撮映画として100万点」のシン・ゴジラで終わるならソレまでだ。

でもきっと「世界の映画の中で70点」のシン・ゴジラだと評価してもらえる。

怪獣を通じて、日本災害を正面から描き、国のあり方をポリティカル視点から捉える。

世の中は稼いだもの正義で、投資してもらえるのは評価された作品だけだ。

その意味で、きっと一般人からみても、投資に一口のれる出来じゃないだろうか。


おまけ

ダシに使ったので、不満点に共感しつつ、違う視点提供しておくよ。

映画観に行った後のファミレスでダベってる感じで読んでもらえればと思う。

(人は感じたことが全てであり、反論しようとは思っていない)

登場人物ゴジラへの理解度が要所要所で不自然に高い』

主人公矢口会議中に巨大生物言及するのだが、この時点で矢口がそう判断に至った材料は精々ネットの動画程度であり、あそこでアレを「生物」と考えるのはかなり不自然だ。

この時点では矢口は単なる夢想家レベルである

矢口の人物像について、多少のフォローはされている。

シン・ゴジラ主人公である長谷川博己演じる内閣官房副長官矢口蘭堂は、

竹野内豊演じる内閣総理大臣補佐官国家安全保障担当)の赤坂秀樹から

会議結論ありきで進んでいる。かき回すな」と助言を受けている。

また、エレベーターの中で、立場が上の人間に対して「楽観やこうあって欲しいという願望が、先の大戦で何百万人も殺した」とワリとハッキリ苦言を呈している。

矢口生物と断定しているのではなく、「巨大生物の可能性を俎上に載せないのはマズイ」と判断しているのではないだろうか。

ネット上の映像フェイクであれば、それを作った人間動機テロで無いことを確認するまで安心しないタイプ

ニュース映像での「巨大生物尻尾」について、ニュースの真偽を問うシーンがないのは映画の都合だと思う。

ニュース第一報だと見るのが妥当なシーンだし、それならアレは何のジョークだと笑うのが現実的ではなかろうか。

同種の別個体については、検討は並行で続けているが、映画の都合でカット、じゃないかな。

個体だとすると、観客は「ゴジラ対究極生物なのか?」という疑念を抱きながら観ることになり集中力が削がれる。


『人の死の描き方について』

(一つは倒れるマンションから逃げ遅れた家族、一つは溢れた川から逃げる男性、もう一つどこかで同じことを思った気がするが覚えていない)

 この点はあまり大きな不満という程では無いのだが、どうにもモヤモヤとしてしまった部分だ。

たぶん、残りの一箇所は、自衛隊戦車が潰れるシーンか、注入第一部隊の全滅の部分じゃないかな。

マンション荷物を詰めていてマンションごと押し倒される家族、川からの逃げ遅れ(たぶん画面の奥側に向かって走る男性)は、

災害の描き方の問題で、ゴジラによる人死を描いているわけではないと思う。

あの一連のシーンで感じる「いまどこに災害が近づいてきているか一般市民には把握できない」という恐怖は演出として一貫していると思う。

(状況把握のしようがなく、気がついた時にはもう遅いという恐怖は、5年たってやっと直視できるようになった映像だと思う)

ただ、予算の都合による表現の制限を感じる部分ではある。

病院とか今まさに災害現場は出てこず、災害が通り過ぎた後の映像だしね。

密室俯瞰した映像に寄る災害描写は、予算制約を逆手に取った脚本の作り方の問題であり、

その意味で「巨大不明生物がなぎ倒したビルにも当然人が残っている」というのを伝える手法に限界があったのかな、と思う。

ほぼあの家族しか直接の被害は確認できないのに、それ以後の緊迫感は違う。

だけど、アレ入れて欲しくない、というのも判る。


石原さとみキャラが明らかに浮いている』

浮いてると思うよ。これはシナリオの歪みが集中してるせいだと思う。

これ、後でちょっと付記するけど、「シナリオの都合の上で」リアリティラインは高く見えるようにしてあるんだと思ってる。

例えば、東京駅前に当然あるはずの広大な敷地について劇中一切言及されていない。明らかに不自然。

筋論として、日本が米国に頼り、米軍日本国内武力行使する、という流れのハズ。

仮にも主権国家に対して、他国が熱核攻撃を短期間に強行する理由がない。

米軍による強行じゃなくて、国連安保理での決議言うてたし)

日本が壊滅するまで自由にさせておき、主権が及ばないところに出てから攻撃になるはず。

ちょっと日本以外のまとまりが良すぎるというか、世界があまりにも日本に対して冷淡すぎる。

日本に核攻撃」という荒唐無稽な一手と、

ゴジラを生み出したのは、牧元教授という日本人では?」という点、

外務省駐在武官無視して政権が直接軍事について外交を行うと言う部分を抑えると

祖母が原爆による被害者であり、日系人アメリカ政権に対して一定の譲歩を引き出しうる通常外交ルート外の存在は、

石原さとみ演じる米国大統領特使のカヨコ・パタースン以外であっても、

やっぱり荒唐無稽に見えるだろうし、どうしても浮いてしまうのは仕方がないと思う。

彼女シナリオの不備による歪みを一手に引き受けて浮いているのだと思う。

まあ、じゃあどう直せば良いかって言うと、アメリカ側を描くには予算が足りなそうだな……

『ヤシオリ作戦について』

ゴジラ原子炉載せて、排熱への対処(生存本能)で進化するって道筋つけると、焼却 or 凍結ってのは判りやすい。

シナリオの都合でアメリカに熱核攻撃を担わせると、日本特撮的な花である爆発(焼却)を使うのは難しい。

そもそも「カタルシスを得られない」ということそのものが、演出意図なのではないかなと思う。



一応、血を流すことから排熱に血流を用いているのではってのは合理性があるし、血液凝固材も30種類?試して効くのは確認してる。

元素変換する相手ならどこに投与しても一緒って意味では、口に見える部分に引っ掛けて体内注入するってのは効果的とも思う。

仮定仮定を積み重ねて、地味な作業原子炉の終息にもってくってのは、福島第一原発事故対応への直喩だろうし。

「ショボい」処理で、しかも「まだ終わってない」ってのを、東京駅に凍結させたゴジラで示しているのでは、と。

政府冷温停止宣言したのも、冷やし続ける必要があるってのも、同じ構図だよね)

 加えて、ヤシオリ作戦に関しては、矢口の陣頭指揮の部分にも中途半端さに違和感があり、これまで徹底して「対策室で対応する政治家」を描いてきて、結局最後は「主人公現場の陣頭指揮を取りに行く」というのを描くのか、というのに少し落胆した。

 せめて矢口本人が言うように「自分現場にいる事で出来た微妙判断」が描かれていればスッキリはしたかも知れない。

一応は、逃げ遅れた人がいるかもしれないけどやる?とか、線量が予定よりも多いけど続行するのか?とか、判断はあったと思う。

どっちかというと、多分最初に感じたであろう「え?総理大臣は逃げるの?残らないの?」みたいな感覚

「いや、指揮官は後方に控えてないと死んだら終わりだから」に観客の気持ちを変えたかったんじゃないかな、と思う。

それでもまあ、良くあるヒーロー映画みたいにゴジラに触れるような最前線までは最後まで行かないし、良かったんじゃないかな。

(良く言われる「陣頭指揮」を観客がどう捉えるかが、映画を見た後で変わったのではないか

『「国」のアピール

 総体としての「日本」とゴジラとの戦いを描くのがテーマであるのであれば、

 あそこまで「東京」のみの話に終始したというのはどうなのだろうと思う。

正直に言えば、予算の都合で、東京のみの話にしないと収拾が付かないと思う。

ただ、あれは東京一極集中への軽い皮肉にも見える。

福島第一原発事故」が「東京駅」で起こったとして、煽りじゃなくて日本としての機能がどうなったか考えるとゾッとする。

その俺の思いと重なるが、何度も「経済的」な話が出てくる。

経済的には莫大な損失とか、熱核攻撃を受けて世界から支援を受けないと復興できないとか。

損得勘定で熱核攻撃を仕方がないと受け入れる「論理」と、象徴的な意味で核攻撃を受け入れられない「感情」との対立軸にも見える。

「国」とは何なのかを観る人に問うシナリオになってたんじゃないかな、と。

まあ観たひとに届かないのであれば、そりゃ成功してないわけだけど。

その他のダメ出しポイント

まあ、観たひとに届かない思いは独り善がりなワケでダメなんだと思うけど、

最初に書いたように、そういう「普通の映画のダメ出し」してもらえるところにシン・ゴジラ価値がある。

と、思うわけで、やっぱり気になる点を俺も最後に列挙して置こう。

東京駅のど真ん前の話が無い

東京駅の正面真っ直ぐに、東京の中心である大きな空間がある。

熱核攻撃をあの付近で行うことに対して、日本人が触れないってのはあり得ない。

「彼らはここがニューヨークでも同じことをするそうだ」とはセリフにあるけど、あれ「ワシントン」じゃないんだよね。

あくまでも経済の中心であるというセリフであって、象徴的なんだけども)

陸上理由が判らない

突然地上にさまよい出た、排熱の為に進化した、冷却のために海に戻った。

突然さまよいでることも、デタラメに動くのも、再冷却の為に海に戻るのも災害っぽい。

鎌倉から上陸する理由がわかんないんだよね。

進化の方向性として陸上に特化してしまったとして、海水を捨てて地上に出てくる理由不明

牧元教授が好きにした結果、ゴジラを生み出して、意思を方向づけたなら判らなんでもないけど。

配偶者を原爆で亡くし、国と核を憎んだ牧元教授なら、先の大戦の直接の責任者である国の象徴にまず向かい、その後アメリカ上陸を目指すのは理にかなっている)

国連安保理が核攻撃容認するのが判らない

途中、スパコン計算能力貸して欲しいって海外の研究機関に依頼するときに、

一旦「ウチの技術を盗むかもしれないから断ろう」みたいなセリフがあるんだけど、

もしも「間に合わなかったら首都が熱核攻撃を受ける」みたいな状態なら、

「ひとを信じよう」みたいなのんびりした話にはならないと思う。

人類ってそんなに日本に冷淡なの?と言う。

秘密裏国連安保理が熱核攻撃容認するって、日本外交ゼロってことになる)

(そうすると、フランスと裏取引する外交技術との整合が取れない)

駆除一本槍なのに違和感がある

シナリオ福島第一原発事故念頭に置いてるからなんだろうけど、

ゴジラに対して調伏(焼却or冷却)しか選択肢が無くなってるのに違和感がある。

最初に言ってたけど、追い出すか、退治するか、保護するか。

保護が無理、退治が難しそうなら、通常は追い出しの手段検討するんじゃないか

餌で釣るのか、行動パターンを読むのか、押し返すのかは別にして。

追い出しにリソースが避けないって言う描写は欲しかったかな……

(これはほとんど「他の個体についての言及がない」ってのと同じポイントだな)

とは言え、

映画を見ながら、実際に災害になったらどう逃げようか俺は考えた。

かなり踏み込んで災害を描いてるような気がするけれども、どうかな。

http://anond.hatelabo.jp/20160627094207

これ書いた増田ですけど、あのあと他にも同時多発的に身体を悪くしてしまい、いつぶっ倒れてもおかしくない状態となったため、退職する運びとなりました。

配偶者収入だけで生きていけるか、怖くもあるが、命あっての物種。と自分に言い聞かす。

本音を言うと、あー私学歴だけならまあまあ良い線行ってたんだけどなー、この歳で無職かー。ってなとこ。

この話を社会派路線に広げていったら面白そうなんだけど気力がもうないので、このくらいで。

2016-08-19

生き延びるという感覚

今年で36歳になる。

自分より上の世代の人たちが、右派左派に分かれて自分意見をぶつけあっているのをみると、引いてしまう。

自分にはイデオロギーというものほとんどないからだ。ノンポリと罵られようがないものはない。むしろノンポリ最高!である

僕の中にあるのは、世の中がどうなっていくにしろ、その中で生き延びるしかないという感覚だ。

自分なりに判断を下し、できるだけ自分自分の妻子が平穏かつ平均以上に生き続けられる道を模索する。派手な成功も大きな失敗もいらない。

引き分け続けでもいいが負け続けてはいけない。現状を維持できる大負けしない道をきちんと検討し、妥当判断を下すこと。

そうした道を取捨選択していくことで「相対的に」幸せになれると僕は信じている。

自分中学時代友達やいとこたちを見ていると、自分から見てクソみたいな生活をしている人が割といる。そこまで多くはないが少なくもない。

高卒、専門卒、非正規労働子供をおいて妻に逃げられる男、低収入配偶者とその日暮らしをしている女、子供大卒にできない夫婦。ギャンブルタバコをやめられない人たち。

そういった普通普通未満の人たち。そうした人たちは、取捨選択を誤ったのだと僕は思っている。

大学に行かない道、正社員にならない道、その道を選ぶことのリスクをきちんと考えられなかったのだと思う。

偏差値60以上の高校大学に進み、就職活動をすればある程度の企業に入ることはできる。できなかった人は何かしらの問題がある。リスク管理方向性検討が不十分だったのだと思う。

なりたくてもなれなかったと言うかもしれないが、毎日の積み重ねを続けていれば、そこまで高いハードルではないと正直思う。

言っちゃ悪いが、僕が大学卒業した2003年過去最悪の就職率だった。しかし大した資格や強みのない自分でもある程度の大企業就職することはできた。

ここでベンチャー起業を選んだ人で成功し続けているヤツはいない。みんないなくなってしまった。どこで何をしているかはわからない。

みな自分理想とか夢とかクソみたいなもの邪魔されて消えていった。希望的観測を信じ願望と現実を分けて考えられなかったんだと思う。

例えば仕事は、自分がやりたいことではなく、無理なくできることや努力した覚えがないのに人からほめられたことを第一に考えるべきだ。

恋愛結婚もそうだ。自分と好きなことが同じ人ではなく嫌いなことが同じ人を選ぶ方が良いし、学歴や職歴が自分と似ている人を選ぶ方が良い。

毎日の衝突が減り持続性が増すからだ。大切なのは自分理想ではない。そんなもの幻想だと思う。大切なのは、生き延びるということ、持続するということだ。

から今日も僕は生き延びる。

2016-08-17

離婚したい。

配偶者鬱病になって、なんとか復帰した。

しかし、やるべきことをやらない、

やると言ったことをやらない、それを指摘するとむっとして黙りこむ。

それの繰り返し。

基本的普段趣味性格も合うし、話も面白い人間なのだ

前途のような指摘を何回も繰り返しても改善されないので

一緒にいることに耐え切れなくなってきた。

自分が出来ることはなるべく協力しようと思っていたけど、

最近は私はお前の親じゃねえんだよという気持ちになってしまう。

自分生活自分で維持してるのに

なんで血もつながってない他人の面倒いけないんだよ。

と思ってやっぱり離婚したいけど、楽しかったことの方が多いので踏み切れない。

でも精神衛生上よろしくないので、家の更新の前に離婚しなきゃな。