「配偶者」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 配偶者とは

2016-06-29

ゲスブクマカどもにヘドが出るわ

コスプレイヤーと有名漫画家の歳の差婚にキモチワリィ好奇心チンポぶっ勃てて

ゴミみたいな偏見垂れ流してるだけのゴミブクマカはさっさと口を閉ざして静かに自分人生だけを生きれば?

人達が納得してるなら勝手自由にさせてればいいだけだろ。

クソ下らない自分ステレオタイプを無邪気に信じこんで

メンヘラレイヤー勝手妄言吐いてるだけかもと言ったり

しばらくガマンすれば全財産自分のものだもんなと言ったり

普通AV落ちすらあるのにさっさと高く売り抜けて賢いと言ったり

漫画家先生のほうに頭が弱いだの劣化しただの言ったり

規範意識信徒だか嫉妬に狂った下層民だか知らねえけどお前の妄想なんかどうでもいいんだよゴミ

人柄に惹かれて結婚してようがチンポだけに従って結婚しようが外からわかるわけねえのにギャーギャー詮索と妄想すな。


億万長者と結婚して金銭的にやたら得する人間なんて世の中に金持ちの数だけ常にいるんだよ。

お前らみたいな外野人間には絶対おこぼれなんてこねえけど、たまたま選ばれた人間は結局のところ財力を手にするの。

30歳差だろうが同い年だろうがろくでもない配偶者は使い込むし良心ある配偶者感謝して使うの。

いちいちてめぇに関係ないやつらにてめぇとの平等を求めるな。いちいち他人人生支配しようとすな。

2016-06-23

乙ー1案やばいぞ、配偶者相続分が4分の3!直系尊属相続分は4分の1しかいかず夫の良心死亡

日本滅ぶオワタ

不倫したっていうわかりやすネタがあるから叩きたいだけ叩くはまだ理解できる。

配偶者不倫したら愛想つかすとか本気で考えてる人が理解できない。

2016-06-22

配偶者相続分を3分の2にする日本死ね

おかしいだろ?1980年の1/3に戻せよ。このまま放置するとどんどん配偶者相続分の割合跳ね上がって、直系卑属にはお金回らずに日本滅びるよ。 絶対結婚しませんから

2016-06-19

消えてしまいたいってこういうこと。

親に抑えつけられ言うことを聞く子として育ち、結婚相手に抑えつけられ役立たずと罵られながら従う配偶者として過ごした人間は、自分に自信を持てなくなる。自分は役立たずな人間だと思い込むようになる。

そんな事誰も思ってないと頭ではわかってるのにどうしてもそう思ってしまう。

そして、何十年20年以上をかけてやっとの思いでそのモラハラ環境から抜け出しても、そういう風に過ごしてきた人間はそう簡単に自信を取り戻す事なんて出来なくて、自分に自信なんて持てないまま。

そんな人間は愛される資格も愛する資格幸せになる資格もないんだろう。

やっと本気で愛せる人を見つけても、どうしても自分卑下して卑屈になってしまうから、疎まれて終わり。

疎ましいよね。こんな人間

早く消えればいいのにね。こんな人間

こんな奴、誰も必要としてないんだから

でもさ、やっぱりせっかく生まれてきたんだから一度くらい心から幸せだと思いたいんだよね。幸せになってみたいんだよね。

いつもビクビクして周囲の誰かが機嫌悪いと自分のせいなんじゃないかって怯えてるなんてやめたいんだよね。

でもきっと叶わないんだろうなぁ。

一度でいいから心から愛して愛されてみたかったなぁ。

2016-06-18

誕生日おめでとう

今日は、私の誕生日だ。

リアルでは誰も言ってくれないから、私だけでも自分に言ってあげよう。



誕生日おめでとう」



Facebook では、誕生日を公開しているから、いろんな人たちが私におめでとうを言ってくれる。

これにはもちろん、とても感謝している。

ただ、顔を合わせて直接、私に言ってくれる人はいない。



ちょっとさびしいけれども、これはこれで仕方ないと自分では納得している。

結局、私自身が親しい人間関係というもの投資をしてこなかったからだ。



多くの人たちが、誕生日を祝ってくれる人との人間関係を維持するために、膨大な時間とカネを費やしている。

それは自分親友であったり、恋人であったり、配偶者であったり、子供であったり。

私は、そういう関係を育ててこなかった。

から、いま誰も私に直接、誕生日のお祝いをしてくれないわけだ。



なぜ私はそういう種類の親しい関係を築こうとしてこなかったのか?

親密な関係を維持するのがあまり得意ではないとは言える。

あるいはたまたまいまはそういう運勢にないだけなのかもしれない。

理由はよくわからない。



自分の頭で考えてもわからないことを思いわずらうのも時間のムダであろう。

今日は、いつもより少しだけ自分自身に優しくしてあげるつもりだ。

それで十分だろう、と思う。

2016-06-11

レイプされたんだけどさ

半年くらい前に知らない人に包丁つきつけられて

そのままバンに連れこまれてやられたんだけどさ

こんなブスでも襲われるんだなって感心しつつもじわじわ未だに怖くて

私の配偶者になる人もこの事実背負わないといけないんだなぁーって思うと、あっ私の貞操どころか未来レイプ犯に潰されたんだ!と思った

自分が男ならレイプされた子とか嫌だもんなぁ

レイプされたみんなはどうやって平静保って生きてるのか純粋に教えて欲しい

2016-06-10

兄弟姉妹いるやつは結婚しておけよ

俺の母方の叔父(未婚60代)が交通事故で大怪我して、幸いにも命には別状なかったんだけど、

保険会社警察とかの手続きや、病院での世話のほとんど全てを俺の母親がやっている。

他に頼れる親族もいないので仕方ないのだが、母親は「私は弟の嫁じゃないのに!」ってよく愚痴ってる。

結局、こういう緊急事態ときに頼れるというか、頼るべきなのは配偶者子どもであって、兄弟姉妹や親戚に迷惑かけるべきじゃない。

未婚を選んだ人は、こういう緊急事態にちゃんと対処できるようにしておかないかぎり、結婚しないのは無責任行為だと理解すべきだ。

たとえ信頼できるパートナーがいても、病院での世話はともかく、結婚していなければ警察役所での手続き相当面倒になるからね。

(実際、LGBTが両者の関係に法的立場を求めるのはそういう手続き上の必要性という側面もある)

2016-06-09

http://anond.hatelabo.jp/20160605231804

きょうだい精神疾患有り、暴力有り、生活保護暮らしているはずだが住所は知らない。多分母親は知っている。

・両親が宗教に入っている。結婚の際夫婦での入信を勧められたが断った。

そこまで強い勧誘はなかったが、子供が生まれたら子供だけでも、名前を書くだけでも、と言われた。断った。

DV男だった父親自殺他界

母親とは時々連絡を取り合っている。借金はないはずだが、老後は介護することになると思う。



こういう状態結婚して10年になる。正直言って配偶者には引け目を感じている。

配偶者実家小金持ちで何の心配もなさそうだし、親戚や友人も金持ちの人が多いし。

付き合っている頃からぽつぽつ話していたので結婚の時に改めて話すことは特になかった。

配偶者は同情してくれている。義理の両親には全部は話していない。話す必要も感じていないので。



きょうだいとは一生会うつもりはない。

戸籍の附票で住所を調べられないように手続きをしている。

きょうだいが何か事件を起こしたら離婚はやむを得ないと思っている。

幸い今のところ大きな問題は起きていない。



まずは彼女に話してみたらどうだろうか。

彼女大人なのだから自分判断するだろう。



実家人間が金の無心をしてくる、既に現在増田金銭的な援助が必要状態である

職場電話してくる

勝手に家に押しかけてくる

・妹が自立出来ない状態にある (将来的に増田が援助することになる可能性が高い)

いくら話してもマルチをやめない

こういうことがもしあるんだったら、真剣に縁を切る方向で考えた方がいいと思う。

これらを避けられるのであればそこまで悲観する必要はないかも知れない。

結婚式に親を呼んだり、結婚後家族を連れて実家帰省したりするのは諦めた方が良さそうだが。



いざとなった時は何を切っても彼女(望むのであれば子供も)を守る心積もりはしておいた方がいい。

増田が腹をくくれば、あとは彼女自分で考えて決めるのではないだろうか。

2016-06-06

anond.hatelabo.jp/20160606103318

お兄ちゃんを殺した。

大好きなお兄ちゃんだった。ヒーローだった。

ベタだけど「お兄ちゃんと結婚する」と言っていた。

私が中学生になった時、お兄ちゃんは高校へ行かなくなった。鬱だった。

田舎でお兄ちゃんが鬱で不登校になったのは知れ渡った。

あいつの兄貴、鬱なんだってあいつもリスカしてるらしいよ」

いじめられた。毎日死ぬことばかり考えていた。

家に帰ったら、抗うつ剤攻撃的になったお兄ちゃん

から「お前が生まれなければ俺はこんなにならなかった」と言われた。

もう我慢の限界だった。殺そうと思った。

夜中、包丁を持った。意外と冷静だった。

寝ているお兄ちゃんの背中を刺そうとした。

「何やってんの」

母に見つかった。

その瞬間、泣き崩れた。

そんな事が何度もあった。

高校から家を離れた。

たまにしか会わなくなった。兄妹関係は安定したように思えた。

一志望の大学に受かった。

「お前が俺から離れるだなんて許さない」お兄ちゃんにそう言われた。

泣く泣く行きたくも無い地元大学に通った。お兄ちゃんが行きたくても行けなかった大学にだ。妹に学歴コンプこじらせてた。気持ちわりーなと思った。

人生めちゃくちゃにされた。

お兄ちゃんに復讐しようと思った。

死ねばいい」なんて言わない。

「鬱、辛いよね。どうして自分けがこんな思いしなきゃいけないんだろうね」優しい言葉をかけ続けた。

お兄ちゃんは引きこもったままニートになった。

「どうしたの?つらいの?何があったの?」甲斐甲斐しく世話をした。

ずぶずぶに甘やかした。

鬱が少し良くなり始めた春先。

お兄ちゃんにある言葉を掛けた。

2日後、お兄ちゃんは自殺をした。

明確な殺意があった。

私はお兄ちゃんを殺した。

「どうして」と泣きながら遺体をゆすった。

どこか俯瞰で見ている自分がいた。

狂ったように泣きながらも母や父や親戚の視線を気にしていた。

「お兄ちゃんを亡くしてかわいそうに」と言われた。

私が殺したのは誰にもバレていなかった。

私が直接手を下した訳では無い。

勝手自殺をした。

でも、私が殺した。人殺しだ。


よく鬱病患者家族サポート必要とか言われるけどそんなものクソくらえ。

逃げろ、絶対に逃げろ。

配偶者なら離婚しろ、親ならなんとしても別で暮らせ。できれば遠いところで。

愛なんかで乗り切れない。

自分人生生きろ。

冷たい?そんなの知るかバカ

人生狂わされるぞ。こっちも病気になるぞ。被害者した奴らに搾取されるぞ。

鬱病患者家族サポートなんか美談にするな。

なにが「ツレがうつになりまして」だ。

あんなもんあるから献身的に支えなければって思うんだ。

そんなうまくいくもんじゃないよ。

から、逃げて。人殺しになる前に。

父親を殺した

父を殺した。

大好きな父だった。ヒーローだった。

ベタだけど「お父さんと結婚する」と言っていた。

私が中学生になった時、父は会社を休んだ。鬱だった。

田舎で父と同じ職場の親が沢山いたか同級生に父が鬱なのが知れ渡った。

あいつの父親、鬱なんだってあいつもリスカしてるらしいよ」

いじめられた。毎日死ぬことばかり考えていた。

家に帰ったら、抗うつ剤攻撃的になった父から「お前が生まれなければ俺はこんなにならなかった」と言われた。

もう我慢の限界だった。殺そうと思った。

夜中、包丁を持った。意外と冷静だった。

寝ている父の背中を刺そうとした。

「何やってんの」

母に見つかった。

その瞬間、泣き崩れた。

そんな事が何度もあった。

高校から家を離れた。

たまにしか会わなくなった。親子関係は安定したように思えた。

一志望の大学に受かった。

「金は出さない」父にそう言われた。

泣く泣く行きたくも無い地元大学に通った。父が行きたくても行けなかった大学にだ。娘に学歴コンプこじらせてた。気持ちわりーなと思った。

人生めちゃくちゃにされた。

父に復讐しようと思った。

死ねばいい」なんて言わない。

「鬱、辛いよね。どうして自分けがこんな思いしなきゃいけないんだろうね」優しい言葉をかけ続けた。

父が会社いかない日もあった。

「どうしたの?つらいの?何があったの?」甲斐甲斐しく世話をした。

ずぶずぶに甘やかした。

鬱が少し良くなり始めた春先。

父にある言葉を掛けた。

2日後、父は自殺をした。

明確な殺意があった。

私は父を殺した。

「どうして」と泣きながら遺体をゆすった。

どこか俯瞰で見ている自分がいた。

狂ったように泣きながらも母や親戚や父の会社の人の視線を気にしていた。

「早くに父親を亡くしてかわいそうに」と言われた。

私が殺したのは誰にもバレていなかった。

私が直接手を下した訳では無い。

勝手自殺をした。

でも、私が殺した。人殺しだ。


よく鬱病患者家族サポート必要とか言われるけどそんなものクソくらえ。

逃げろ、絶対に逃げろ。

配偶者なら離婚しろ、親ならなんとしても別で暮らせ。できれば遠いところで。

愛なんかで乗り切れない。

自分人生生きろ。

冷たい?そんなの知るかバカ

人生狂わされるぞ。こっちも病気になるぞ。被害者した奴らに搾取されるぞ。

鬱病患者家族サポートなんか美談にするな。

なにが「ツレがうつになりまして」だ。

あんなもんあるから献身的に支えなければって思うんだ。

そんなうまくいくもんじゃないよ。

から、逃げろ。私みたいに人殺しになる前に。

2016-06-03

男女における性的な意味でキスの違い

最近、男女によって性的な意味でキスは同じなのかどうかを考えてる。

パートナー配偶者キスする場合だったら、愛情表現だとか、安心を求める行為とかってのは男女共に共通意識はあると思う。

じゃあ性的意味だったら男女それぞれ何を求めてキスするのか

自分は男だが、自分性的な意味でキスをするときには「キレイものを体内に入れたい」って欲求がある。

自分童貞じゃないため、ある程度女性に対する根拠のない「女の子は何もしなくてもいい匂いがする」みたいな漠然とした幻想はあまりないが、それでも女性の唇、唾液にキレイというか、おいしそう(味覚的な意味ではない)というか(これがなんともうまく表現できない)イメージがある。

話は変わるが、よくある話で、学生時代に好きな子リコーダー舐める、というのがある。

実際にそれをした、またはしたいと思う人にしかからないと思うが、どういう欲求からくるのだろうか。

前述したパートナー配偶者に対するキススキンシップとしてだと思うからリコーダーなめる」という行為には当てはまらない

リコーダーなめる人は私と同じイメージキレイものを体内に入れたいと思うのか、または自分のもの相手の体内に入れたいと考えるのか

女性場合はどうか、女性も好きな異性のリコーダーをなめたいと思うのか、そもそも女性場合、「完全に性的キス」というのはあり得るのか

女性にも「キレイものを体内にいれたい」「あいての体内に自分のをいれたい」にあたるイメージはあるのだろうか、また女性ならではかもしれないが「相手もので汚されたい」というイメージもあるかもしれない。

男性女性に対してどんなに経験を積もうとも「女性、またはそれにかかわるものは美しい」という切ってもきれない永遠バイアスがあるのではないだろうか。

男性は長いこと付き合うとその女性にあきる、性的興奮を覚えないなどという俗説もあるが、これはそういった幻想バイアスがなくなって行くからではないか。そしてどんなヤリチンでも一定幻想バイアスを他の女性に抱いては消え、抱いては消えを繰り返すのではないか。(いだく、とだくのダブルミーニング

またこのバイアス匂いについても言えるのではないか

男性女性匂いに対する評価として「ムラムラする、そそる」などはよくあるが、女性男性匂いに対する評価として「彼氏匂い安心する」という様に性的というよりは安心という評価が多いように思う。

女性が「パートナーの体に飽きる」といった話はあまり聞かない。

それは女性にとって愛情表現スキンシップが性欲と密接に結び付いているため飽きるということがあまりないのではないか

男性女性バイアス対照的に表すとしたら

男性は正のバイアス次第に消失させていき、女性は正のバイアスを次第に増幅させていく」だと思う。

そんなことを考えては今日の夜も眠れないのである

2016-06-02

千万円ためてもちっとも自由になれなかったので家を買った

自由になりたかった。お金があれば自由になれると思っていた。新卒社会人になって六年、気づいたら一千万が溜まっていた。けれども、生活はなにも変わらなかった。当たり前だ。たったの一千万だ。一千万ぽっちでなにができる。

しかに多少大きな買い物をしてもそう簡単にはなくならないけれども、投資をするにはものたりない。会社をやめたら数年でなくなってしまう。大した額だと思ってたけど、溜まってみれば大したことがなかった。気が抜けてしまった。でも、それでもまだ、自由になりたかった。


自由でないと感じるのは、つまり自由がなにかという話になるのだけれど、自分場合は育った家庭を思い出す時だ。日本での生活をするにあたって常に付いて回る保証人というやつのいである。

いい大人になって配偶者がいなければ、保証人はいつまでも親だ。機能不全家族育ちにとって、親の名前が随所に出るのはこのうえない苦痛だし、首に紐をかけられて怯えている犬のような気持ちになる。意思を持ってはいけなかった子供時代はさっさと忘れてしまいたいし、今もなおあの手この手で懐柔して支配下に置こうとする親とできる限り距離を置きたかった。マンション契約更新はがきが来るたびにだらだらと脂汗を流す生活はもういやだ。夜中にメールが入っても恐ろしくて差出人を見れないような生活はもういやだ。明日家がなくなるのではないか、職を奪われ路頭に迷うのではないかと恐れる生活はもういやだ。自由になりたい。安心して住める家がほしい。


ほんの少し前まで自由になる手段名前を変えて独立した家庭をもつことだと思っていた。ありていにいえば結婚すればいいと思っていたのだ。だが、結婚をするには両親への紹介が必要だ。こちらの事情理解してくれる伴侶をえるのもハードルが高いのに、配偶者家族にまで理解を得るのは一体どれだけ頑張らなければならないのかと考えると心が折れてしまう。結婚できそうなタイミングは何度かあったのに、そのたびに尻込みをして三十を越えてしまった今、そろそろ相手を見つけるのも難しくなってきた。それにあの壁を前にして乗り越える体力があるかどうか、自分でもわからない。もう結婚は諦めようと思った。あきらめたら、家を買う選択肢が出てきた。

世事にうとい、というかバカなので、この歳になるまで住宅ローン保証人不要だということを知らなかった。なんのきっかけで住宅ローンについて調べたのか覚えていないが、とにかく保証人不要だと知った瞬間にバツンと電気が走ったような気がした。まさに天啓というやつだ。これで自由になれる、と思った。マンションを買って、スケルトンにして、位置から間取りを考えるフルリノベーションをしようという漠然とした夢に色が入った。翌日には相談会の予約をとっていた。

リノベ会社のひとたちはやさしくて、すこしも否定をしない。三十ならまだ結婚も考えられるからしばらく待ってみてはどうかとか、街のステータスがどうのこうのとか、新築がとかなんてことは一言も言わなかった。ただ家に対する情熱があり、暮らしに対する理想があり、人としてごくふつうの親しみと敬意を持って接してくれるだけだった。相談会というよりはインテリアや好きな街をして、あとはちょろっとお金の話をした。手持ちに一千万あれば、ローンを組んだとしてもまだまだたくさんのことができる。一千万は全く使わなくても収支のバランスを考えるとかなり余裕を持ってローンを組めるから、今と変わらない収入で今よりも豊かな生活ができる。職場も近くなって、自分の好きな土地に住んで、自分のしたい暮らしができる。そしてライフスタイルがかわれば、組んでいるローンの総額がそれほど多くないし、市場価値のさがらない中古マンションを買うので、身軽に売ったり貸したりできる。そういう考えの世界なのだった。結婚を考えるよりもずっと自由で、ずっとハードルが低くて、そして運に頼る必要もない。

自由があると思った。

でも、本当はまだ少し怖い。こっそりと住所を変更しているのがバレた時にどうなるのかは恐ろしいし、いつかバレるのではないかとびくびくしてもいるが、でも自分のことを自分だけで決めていくのが、そしてそれを邪魔されないのがこんなに気持ちのいいことだなんて知らなかった。毎日楽しいし、家のことを考えるのも楽しい。やりたいことを、言いたいことを恐れを抱かずに口にできるのは爽快だ。家を買ってよかった。自由になれてよかった。しばらくは絶望しないで生きていける気がする。


追記:

他の地方の方にはあまりなじみがないかもしれませんが、東京(多分神奈川京都大阪神戸あたりもあると思うが)にはビンテージマンション市場というのが小さいながらありまして(そもそも件数が少ないから大きくならないわけだが)、築年数が三十年超えてもある程度以下にならなかった物件というのはそれ以降あまり値崩れしないし、賃貸に出しても(それも新築マンションと同程度くらいの値段なのに)即借り主がつくようなのがぽつぽつとあるんですね。管理状態にもよりますけど(というかそういうところは必ず管理状態がいいんですけども)耐震適合審査に通っていることも多く減税が受けられたりもするし、住民世代交代がちゃんと行われている。たとえ有名ビンテージでも住民世代交代が行われていないところは今後沈んでいく可能性があるので候補からははずしています

結局数年かけて描いていた夢物語が、ローンには保証人不要というきっかけで走りだしただけであって、調べるもんは調べているし、普通よりずっと長く土地建物のことは選んでいると思うので衝動買いというわけではないんですね。リノベ会社もいくつか行って選定したし、自分の調べたこととぜんぜん違うことをいう(要するに営業トークする)ところは外したし、決めてから物件を買うまでには結構かかりました。この部屋だと決めたらあとは走るしかないんだけどそれまでは結構長かった。


あと業界ではリノベばやりでちょっとしたリフォームもリノベリノベいうようになってますが、リノベとつけるだけで貸すときには数千円から数万円の値上げができることもあって業者以外がスケルトン物件を手に入れるのは難しい状況になっています。なのである程度はリノベ業者に間に入ってもらうしかない。今回は東京駅まで二十分圏内、駅まで徒歩十分圏内で探していましたが、売り主さんが業者には絶対に売りたくないというひとでしたが気に入っていただけたようで、そのマンション相場から三百万も負けてもらっての購入になりました。おかげで特に繰り上げ返済を頑張らなくても五、六年くらいで損益分岐点到達するんでまあいいかな。

中古マンションを買うというのはたしかにいろいろ言われますけれども、しっかり準備をして、自分が納得出来ないことは絶対にしないという強固な意思さえあれば満足する買い物ができます(まぁどの物件が出るかという運とお金問題はあるが)。だいぶ余裕を持ってローンを組んだので二重払いになってもとりあえず持ちこたえられるし、今の部屋の二倍の広さで、いま払っている金額より安く、資産は半分以上手元に残してんだし落ち着いて暮らせるなら多少のリスクがあってもいいじゃないですか。というか賃貸派は賃貸派でいいと思いますけどなんで文句つけんですかね?いざとなったら帰れる家がある人や、いざとなったら頼れる人がいるなら別に家を買わなくたっていいでしょう。後ろ盾がないならリスクを負ってでも自分自分死ぬまでの屋根を確保しなければならない。屋根がなくては仕事が得られない。年をとっても家を失わないためには早めに家を持っておいたほうが良いのです。そういう人もいるのです。

しかにね、家に夢を見過ぎではないかということを考えたりもしますけどね。でも他に心の支えがない人間にとっては交通事故にあうよりも可能性の低い地震出会ってもいないクズ男より、いま安心して暮らせる家と職の方がずっと大事だし、そういう心の支えがあるから生きていけるのです。なにより自分自分のことを決めていくプロセスがいまの自分には一番必要なことだと思いますバカでいいんですよ、人生の半分を他人にめちゃくちゃにされたんだから、人の二倍で生きないと間に合わないんです。

機能不全家族のことがよくわからない?ならば戦争だ→http://anond.hatelabo.jp/20140402111648

あと自閉症視点とかタグうってるやつ、ちゃんと自閉症のこと調べましょうね。

こちらからは以上です

2016-05-30

DV男女に美しい人・優秀な人が多いのすごくわかる

性愛関係なら美しさ、婚姻関係なら経済力は、強い交渉材料になる。

美しくない・経済力のない側は、不快な思いをさせられても、性や富への欲望に負けて我慢してしまうことがある。

 

少女漫画には「人格破綻した超絶優秀イケメン」がよく出てくる。

人格の優れた優秀イケメンだと、人格の優れた優秀美少女と両想いになるのがお似合いだし自然だ。

少女漫画主人公は、読者どもが共感やすいよう、能力容姿にこれといった美点のないクソどうでもいい少女が据えられる。

少女漫画では、どうでもいい少女と圧倒的優秀な超絶イケメンの両想いに説得力を持たせるために、

「優秀イケメン人格破綻」を起こしている。そのため少女漫画には心に傷を負った、影のあるドS横暴イケメンが乱立する。

これらは少年対象にしたラノベにも多い傾向だ。雑誌モデル文武両道の超絶美少女と、

クソどうでもいい少年をなんとか両想いにさせるため、超絶美少女人格破綻DV幼馴染などの設定にしている。

 

この、持たざる側の性や富への欲望からくる我慢が、美しく優秀な人間暴力を用いた成功体験を与え、誤学習を強めることになっている。

もちろん醜く低能暴力的な奴も居るが、その場合は周囲から避けられるため関係を築くことに失敗し、DV魔ではなく通り魔になる。

通り魔被害者と比べてDV被害者が訴えにくいのは、被害者側に性や富への欲望があるからだ。

熟年離婚はわかりやすいと思う。「富への欲望」を満たすために「DVに耐える」ことを選択してきた既婚女性が、

夫が定年退職した瞬間に「富をもたらさなDV魔との、損失しかない同居」に耐えられず離婚する。

性や富をちらつかせて人を支配して生きてきた人間は、性や富を失った瞬間に交渉力を失いゴミになる。

誰もがいずれ老いる。よって、これは賢い生き方ではない。

 

美しく優秀な人間が誤学習をせず、人格の優れた美しく優秀な人間になった場合、最強になる。

DVに耐えることしか能のない人間にとって、美しく優秀な人間は全く手の届かない人間になるだろう。

人間関係暴力をはびこらせないためには、「サンドバッグになる」以外の付加価値を身につけることがとても大切だ。

サンドバッグになっていれば、人格破綻した優秀イケメン人格破綻した優秀美少女恋人配偶者になれるという「怠惰な夢」を捨てることだ。

サンドバッグになれる=人格が美しいとは少しも思わない。無価値どころか、「人を誤学習させる、害ある特徴」だ。

フィクションの中で、能力や美に恵まれない人間が、自虐自己犠牲に走ることを美化することがある。

腐りきった傾向だと思う。害を生む、クソゴミのような価値観だ。暴力人間を許し甘やかす行為100%ゴミだ。

2016-05-21

http://anond.hatelabo.jp/20160521002914

今は家制度自体無くなってるし確かになくてもいいかなーと思ったんだけどメリットあったわ。

配偶者遺産を当然に相続できるけど内縁の妻(夫)に相続権はないからなー。

2016-05-16

http://anond.hatelabo.jp/20160515145437

この女性が働いていく限りは常に男性よりも収入が多い状況になるだろう。そして、診療科にもよるだろうが、当直とか夜の呼び出しとか、時間的負担は起こりえて、そのために家族を多少犠牲にしないといけないかも知れない。大学院に行ったら実験で夜も泊まったりするし、学会発表海外出張もあるだろう。普通男性医師がそれを配偶者に「ごめん」で無理を聞いてもらうのだが、この場合はその逆。人によっては「ヒモみたいだ」と思い悩む人もいるだろうが、そういった立場を今後も受け入れられるのであれば、いいんじゃないかな。

http://anond.hatelabo.jp/20160515145437

ネタくさいけどマジレスを。

医者目指してる割に主体性のない人だね。

彼氏が誠意見せるのもそうだけど、実の父親説得できないなら彼氏可哀想から別れたら?

これから先、自分の親と配偶者の間を取り持ったり調整していかなきゃいけないし、何かあれば彼を貴方が守っていかなきゃいけないんだよ?

いつまで親に庇護される娘さん気分でいるの?

女だから男におんぶに抱っこで良いって考えなのかな?

これから長い年月、お互い支えあっていく覚悟ないの?

結婚するからには、自立した大人として取るべき態度ってあると思うんだけど。

そのままじゃ、彼氏さんが不幸になるから親と立ち向かえないなら別れたほうが良いかもね。

男女関係なく、お互いに、苦労があってもこの人の為の苦労はら買って出られるくらいの気持ちが無いと離婚するしないは別にしても破綻するよ。

LGBT日本大企業では出世できない(バイ例外)

多様性とか言ってるけど、LGBT日本大企業では出世できない。(バイ例外)

課長ぐらいにはなれるかもしれないが、部長役員は無理。

何故ならば日本大企業では男女に求められていることが違うから

男は結婚して子どもを作って住宅ローンを組んで会社奉公することが求められている。

配偶者子どもも家も会社を辞めないための担保

担保を供出して会社への忠誠を誓った男だけが出世できる。

女は男と結婚して寿退社して、男を支えることがその求められている。

-----------------

以上、男女に求められている役割考慮した上で、LGBTに当てはめてみる。

女性から男の配偶者候補として採用されているにも関わらず、結婚しないため会社の求める人材ではない。アウト。

配偶者子どもマイホーム担保「3点セット」を供出できないためアウト。

男はカミングアウトせずに、結婚子どもマイホームまで担保を出せば出世できる可能性有り。

女は無条件に無い。

FtMMtFのどちらにしても、「子どもを作る」ということが出来ないので無理。

2016-05-12

まんこの使い方を何故もっと教育しないのか

女がまんこ使いこなすことをいやらしいとか劣ってるとか卑怯かいう風に咎めたりタブー化したりするのは

女にまんこ使うだけの存在になっとけって言っちゃうのと同じぐらい極端で非生産的で抑圧的な言論だと思う




そうやってグッドノウハウを共有したり教育したりしないか

使いこなそうと決意した女も悲愴感を持って1から自分危険トライアンドエラーをするしかなく

負担が多すぎてバランスを崩して人生が躓いたりしていく

(それをかいま見ていた別の女が「やっぱりまんこなんかに頼るからバチが当たったんだ」と間違った学びを得る)




実際増田でもすごいコミュ障だとかブスだとか友達0人だとかい自分語り女がそれでも彼氏配偶者は持ってる

レベルで男だったら絶対パートナーがいない

差は何かと言ったらまんこのパワーに他ならない

明らかにまんこ人生を切り開いた




まんこだけで人生を渡ろうというピーキー戦略がまずいのであって、

人柄とか知性とか学歴とか職能とか話術とかいろんなパラメーターの中の一つとしてのまんこ

ときに凄い威力を発揮するパラメータであるまんこ

そういう風に理解すればこの使い方も適切に学んで伸ばそうと思えるはず




一ツ橋ニートの人ならわかってくれると思う

あの人はいろんなパラメータを頑張って高めたけど

激務で欝になって転んでしまって、ステータス異常本来能力が発揮できなくなった

そこで頼りになるはずのパートナーの男に捨てられたらしい

薄情な酷い男だとも思うし、完全ダウンしたメンヘルを支えるのは結構重いとも思う

2人のことなのでなんとも言えない




ただご本人もそのようなことを言ってたから遠慮せず言うけど

一ツ橋の人はまんこ力をおろそかにしていたようだ

たとえばもっと信用できる適切な男に、もしくはもっと適切にまんこ提供していれば

よい信頼関係愛着関係が築かれたパートナーがいて、

完全にダウンしてしまったときでも支えてもらえたかもしれない




まんこ別に動物的なファクターではなく

しろどんなにまんこだけ張り切っても人柄が最悪ならどんな男も離れていってしまうし

人柄・知性とまんこは両輪の存在




逆に言えば相手ニーズを見抜く知性を持ってちょっと気の効いたまんこ提供を行えば

相手の長年抱えている目に見えない欠乏を満たしたりすることもある

初めて出来た恋人や嫁を大事にする為にやたら張り切って働き始める男は珍しくない




まんこ使うというとすぐ援助交際とか風俗とか最終段階までぶっ飛んでしまうけれども

そういう換金型の使い方はもっとレバレッジの効かない使い方だ

信頼できる長期的人間関係の構築の為にこそ賢くまんこを使うべきであって

これを上手く出来るかどうかでものすごく人生が変わってしま

有能でタフで自分1人で楽々生きていける女性ですら積み増し分としてこの上手い下手で大きな差がつくので

これは男尊女卑とか男にぶら下がるとかいう話とは関係ないことだ




せっかくついてるハイパワー資産全然使わないとか、

逆に制御できずパワーに振り回されてメルトダウン原発みたいになるとか、

パワーに味をしめすぎて他のパラメーターを省みなくなったりするのが不味いのであって、

能動的に自律的まんこを使いこなせる女が増えることは誰のことも不幸にしない




ただまあ

この話は現代世間ではまだラジカルすぎるように受け止められるだろう

自明の理が受け入れられて教育体制が作られ始めるまでにあと20年はかかるだろう

これは必然の流れの予言として書いているに過ぎない

20年後にはてなのサービスが残ってるかはともかく

2016-05-08

不倫をするメリット

間男をやって6年になる。

途中、複数女性間男になったこともあったが、結局は最初彼女のもとに落ち着いた。

まぁ、俺はあくまでも独身間男なので、厳密には「不倫メリット」を大げさに語れる立場ではないのだが、「間男を6年やってわかったこと」よりも「不倫メリット」の方がいいかなぁと思ったのでこのようなタイトルにした。当然ながら非常に下世話な話になるので、注意してくれ。間男はいいぞ。

不倫と聞くと大体の人は即座に「死ぬべきだ」と思うだろう。しかし、実際の所不倫をしている人はどう思って不倫をしているのか、あまりいたことは無いんじゃないか。人は悪いことをしようとは思わないもんだ。本人にとって何かしらのメリットがあるからこそ(無意識だろうとも)不倫を行うというものだろう。「死ね屑」と叫びたい気持ちをぐっとこらえて、ちょっと耳を傾けてみてほしい。や、まぁ、叫んでもいいけど。

まず大前提として、不倫他者に知られてはいけない恋の形態だ。女性場合親友なんかに話しちゃう場合もあるけどな。しか不倫関係を長く深く続けたい場合は、誰にも話さないほうが良い。なぜなら、不倫というのはほぼ唯一と言っていい「一対一の恋愛」だからだ。この「一対一の恋愛」こそが不倫の絶大なメリットなので、親友に話してしまうとその関係が崩れる。他人に話すくらいなら、不倫はしないほうがいい。不倫をする意味がない。誰かにバレて内容証明郵便が届くその日まで一人の相手と添い遂げること。これが真の不倫であり、「不倫に悩むアタクシ」を演出する青二才不倫醍醐味を知らない。

これは男女の関係に限らずだが、一対一で向き合える関係というのは実に少ない。普通彼女なら、仲が深まるに連れて両家の親に紹介しあったり、学校で噂になったり、親友からアドバイスがあったりする。婚約結婚となれば家族を超えて親戚との関係まで広がる。子供が生まれると更に多くの関係が増える。こういった関係拡散はもちろん素晴らしいものだが、一方で関係拡散するに連れて一つの関係性は薄く引き伸ばされていく。そう感じる人が増えてくる。

不倫に走るバカ女」の典型例としてあちこちで見聞きする「旦那がかまってくれなかったから」「寂しくて」「自分存在を誰かに認めてもらいたかたから」というような女性の「言い訳」は、この関係拡散に疲れ「一対一の関係を欲した」ことの言い換えだ。これらの発言簡単に一蹴してしまえるものではない。と思うぞ。

不倫というのは、拡散して薄まり続ける関係から目をそらし、ひとつの濃厚な関係を欲する普遍的感情が根っこにあるものだ。子供がいるのに不倫をする女性の中には、「○○ちゃんのお母さん」でいることに弱っていった結果という場合も多いだろう。その弱った気持ちモラルでなんとかしろと言われても、実践できる人はそう多くない。揺るぎないモラルなんてものが万人にあるならサービス残業ブラック企業存在しない。誰でもうつ病になる可能性があるように、誰にでも不倫をする可能性はあるということだ。うつ病よりも確率は相当高いと思うぞ。一夜限りのものも含めると。

また、不倫はお互いの関係性において面倒なことをすべてアウトソーシングできるというメリットもある。不倫相手はいつも小奇麗な身なりをしてくれている。デート最中も気を使ってくれる。楽しませてくれる。私だけのために。生活臭のすることは言わないし、冷蔵庫の中の配置を勝手に変えたりしないしオナラもしない。自分だけを見てくれる。愛してくれる。恋愛初期のあの情熱が持続する。そうなると、オーガニック的に言う「情熱を秘めた肉体…」ということになるわけで、お子さんや旦那には大変申し訳無いことが日々ベッドで繰り広げられることになる。

反面、面倒なこと"だけ"を押し付けられる旦那は溜まったものではないな。すべてのライトサイドは間男に持って行かれ、自身にはダークサイドしか向けられない。愛も情も冷め切っていく。薄く伸ばされた希薄関係けが彼女旦那を繋ぐのみだ。誠にお気の毒だが。高額な調査料を払って疑心を確信に変えた挙句、得られるのはいくばくかの金と広い部屋、そして女性不信というわけだ。

ちなみに、「不倫中の男女は芸能人不倫報道をどう思っているか?」だけど、これは単純に「意識しない」で終わると思う。ベッキー報道を見ても特に何も感じない。それどころか、ベッキー非難する側に立つこともある。不倫を叩く人の中にも不倫真っ最中の人が結構いるものだ。後ろめたさから叩くのではなく、あくまでも他人事として叩いている。不倫をしていなかった時のように。不倫の話を振られても顔色なんて変わらない人のほうが多いだろう。「不倫野郎はこうあるべき」みたいなもの幻想だ。多くのことと同じく。ベッキーの「センテンススプリング!」の時の気持ち結構わかる。寝取られ系のエロゲーをやって「なんで主人公はきっちり復讐しねえんだよ!破滅まで追い込めよ!そこまでやらないと片手落ちだろうが!」とか普通に思うよ。

とまぁ、よくも間男風情がペラペラと語るものだと思われているだろうが、実際の所、既婚者諸氏には気をつけてほしい。

配偶者あるいはパートナーと、どれだけ一対一の関係意識しているか?しようとしているか

もし少しでも不安に思ったとしたら、この日記を二人で読んでみてほしい。で、話し合ってみてほしい。すでに不倫をしているかもしれんが。その時は「あるある」と思っているかもな。顔色には出さないだろうが。

何にせよ、「一対一の関係」を改めて意識し、繋ぎ直すことは大事だ。上手く行くことを願っているよ。

それと、モテない人は間男になるのもいいぞ。結構いるだろ、「恋愛現役女子相手だとガチガチに緊張するけど、人妻相手なら緊張しない」って人。そういう人は「一対一の関係」に取り組んでもいいと思う。結構上手く行く。がっついちゃダメだが。俺も童貞卒業は既婚女性からな。変に見栄をはる必要も無いし、恋愛経験のなさが逆に魅力になったりもする。まぁ、最悪刺されるリスクを負う行為なので手放しにおすすめはできないが。刺されるのだけは注意しろよな。心配してるぞ。誠意を持って付き合うようにな。

で、この日記を見て気分を害した人は、そのエネルギーを持ってきちんとパートナーとの関係に注力してくれ。じゃないと、俺が(あるいは他の俺が)寝取るぞ。いや正確には寝取るんでなく、正面突破でお前のパートナーの愛を奪うぞ。エロ漫画じゃないんだから、チンポに勝てなかったとかそういうのは無いぞ。年齢も容姿性格無関係からな。注意するんだぞ。頼むぞ。しっかりやれよ。「うちの妻に限って」ってことがないのが恐ろしいところだからな。大丈夫か。それはもう凄いことをやるからな?やっているからな?今そこにいるお前の、その椅子の上で、ベッドで、な?よくある「最近急に妻の態度が」なんてことはあんまりいからな?そもそもそこに気づかないからこその事態だぞ。もう一度よく見て見るんだ。彼女おかしいところはないか?ないな?それが怖いんだからな?運動瞑想は今回はあんまり関係ないぞ。大脳が壊れた人間なんてまずいないぞ。だからこそ恐ろしいんだからな。


すげぇどうでもいいんだけど、俺は「○○はいいぞ」を「学校であった怖い話」の新堂さんの「スポーツはいいぞ」を念頭において使ってるんだけど、最近ガルパンと思われてしまう。非常に生きにくい世の中だ。なんとかならないか。無理か。

追記:

メリットというのはデメリット比較するものだろ?デメリットを語れない立場の奴がなにを言っても現時点での主観まり」「たまたま修羅場がなかっただけだろう」というブコメがあったが、デメリットは誰もが承知だろ?デメリットリスク修羅場が誰にでも知られていることと対照的に、メリットは知られていないから書いたんだよ。知られていないというかまぁ、言う奴が少ないということだな。そしてこの日記は、「不倫してる奴がどういう主観を持っているか」を書いたものだ。客観的不倫話なんてそこら中に溢れているからな。

2016-05-06

http://anond.hatelabo.jp/20160505235650

なんだったら3Pとか4Pとかしたいよね〜

ゴムつけて、こうやったらこの娘喜ぶよ〜とかテクニック共有しあったりすると、お互い技術向上と気持ちよさ向上とハッピーだし

なんだったらテクもないのに秘め事として向上心もみせないような配偶者とこれから50年付き合わなきゃいけないとか不幸だよ

2016-05-05

セックス離婚事由になることがよくわからない

きょうびゴムとかきちんとしてりゃ子供ができることはそうない

ただ配偶者嫉妬してるだけにしか見えない

配偶者だとしても自分にとってはただの他人なわけで

キスしたりだとかちんことまんこを合わせるだとか

別に配偶者に気持よくしてもらえないなら、外部にそれを求めるのは普通なわけで

例えば配偶者が疲れて帰ってくるから食事は外部サービスに任せてもいいでしょ?

じゃあ、マッサージなんかで肩こりほぐすとか、背中を揉んでもらうとかも全然ありじゃない?

なんでセックスダメなの?

まあ、別れたいからそのための理由を出したいだけってのはわかる、それなら勝手他人セックスしてんじゃねーよっていいたくもなる

でも、セックス自体相手を満足させられてないなら、別に他人にそれを満たしてくれるサービスあるなら別に利用したって問題無いじゃんねー

で、自分気持ちよくなりたいとき配偶者対応してくれるんならそれでいいじゃん

ただの言い訳しかみえない

2016-05-03

「この二人は恋愛関係にならないからいいのに」の残酷

映画ズートピア』のニックとジュディのカップリング二次創作流行する一方で

恋愛関係にならないからいいのに」「友情からいいのに」という声も多く聞く。

それは無邪気で残酷言葉ではないだろうか。

人種差別暗喩した作品キャラクターに対する「この二人は恋愛じゃないからいいのに」の残酷さ。

異性同士の恋愛を「異性愛至上主義」「ヘテロ至上主義」を「押し付けられている」と、そういう方向でしか捉えないフェミニストが昨今増えている。

インドならカースト制、日本ならいわゆる在日部落差別問題障碍者きょうだい児、

異性同士でも、法的には許されていても、周りの圧力によって結婚が難しい場合はいくらだってあります

ズートピア人種民族、あるいは障害問題動物によって描いたのなら、他に配偶者がいる訳でもない成人同士の関係を「絶対友情だ、恋愛になる事は100%ない」と断じてしまう事はそれはそれで問題ではないか。

現実の、一見自由に見える日本でさえ異性愛だってすべての点において歓迎されている訳ではなく

異性愛を何のわだかまりもなく翳りもない、一方的押し付けられるだけの嗜好と考えるならばそれは無邪気に過ぎると思います

から監督は「未来については分からない」と言ったのだと思いますが。

公式に答えを求めるな、二次創作で楽しめ、と言いますが、そういう土壌を持たない普通ファンならば公式で回答を求めるのは自然な事に思える。ファンには「この二人に恋愛関係になって欲しい」という感想を出す権利はあると思うよ。制作側にはそれに応える義務がないだけで。

試しにジュディを「日本人」、ニックを「在日」で擬人化して考えてみるといい。「この二人でそういうの(恋愛)はありえない」という言葉の、何と残酷なことか。

から「将来的にどうなるかは分かんないけどね。」というのが模範解答だと思うのです。