「アルコール」を含む日記 RSS

はてなキーワード: アルコールとは

2016-08-28

http://anond.hatelabo.jp/20160828202208

アルコールは脳の機能を阻害する。

大量に飲めば記憶だってなくなるだろう。

長期間に渡って摂取すると知能が低下するくらいなんだから

アルコール中毒で死んだ人の脳は委縮している。

2016-08-27

20歳の私が泥酔で失ったもの

何年も前の事で記憶あいまいだが書いてみる

東京大学に通っていた頃、成人式を迎えてたぶん気がゆるゆるだったと思う

大学の仲間が集まってる飲み会に参加した

もーその時は飲んだ飲んだ

でも、飲んだといっても20歳の小娘だから量的に多くなかったのかも

だけども、アルコールが体全体に血液と同じように流れて

あっという間に記憶を無くした(らしい。友達曰く、知らない人にも絡んでたようで・・・

そして、一気に時間記憶は飛び

目が覚めたら知らない場所に居て、知らない男が横に・・・

ってエロゲ展開じゃなく、普通に自宅の玄関の前で寝てた

なぜか毛布を掛けられてた

それと一緒に書置きが

「隣人です。どうする事も出来なかったので毛布かけときました」

これはまずいと思って急いでお礼に行ったら

顔をしかめられた

そりゃそうだ、下呂まみれの女がいきなり現れたんだから

私は20歳で女の気品を失いましたとさ、テンテン

※隣人さんは泥酔女ってゲームしてたら思い出した悲しき過去

2016-08-25

ガラスとかタイルとかに貼ってたシール剥がした際に、

ネバネバどころか、紙の部分まで残ってしまっていて、

消しゴムだけで必死にがんばっていたのだが、

消毒用アルコールキッチンペーパーにふくませて、

剥がしたあとの部分を水分が残る程度に軽く拭いて

そこから消しゴムかけると面白いぐらい早くとれる。

ますごく感動している

2016-08-24

STRONG ZEROダブル グレープフルーツ味が至高

この美味さとコスパに気付いて以来、他の酒を飲むのが勿体なく感じる。

飲み易さとアルコール度数バランス崩壊してて、気付いたら朝になってることが良くある。

毎日買いに行くスーパー店員には何て呼ばれてるか考えたくもない。

2016-08-22

頻繁にまんこを拭くのがやめられない

いつもトイレに行くたびにまんこウェットティッシュでぐりんぐりん拭いてる

いわゆる膣の中まではぐりぐりしないけど外側とびらびらの隙間がぐりぐり拭いてる

見ると結構汚れてるんだよね

そうするともう耐えられない

アルコール系のウェットティッシュだと良くない気がするから子どももいないのに赤ちゃんのお尻ふきを買ってきて使ってる

風呂でもボディソープ使って中には入らないように指でこすってキュッキュ鳴るレベルまで洗うんだけど、それでもウェットティッシュで隙間までぐりぐりすると汚れてる

ひどいときは鏡の前でお股パカーンして綿棒で溝を拭う

生理中なんか最悪だ

3日も5日も汚れたまんこで過ごすのが本当に苦痛

肛門も拭くよ

ウェットティッシュをまとわせた指をちょっとだけ突っ込んでぐりぐり拭いてる

やめられない

2016-08-18

女性について理解したい人にお返事するよ

http://www.zorazora.site/entry/2016/08/18/023657 に、生理が終わりかけた離婚経験ありおばさんが返事しますよ。

1.宗教観について

特定宗教信者である場合は、とても話がシンプルなんですけど、そうでもない場合基本的に面倒です。

たいていの日本人は「宗教とか興味ないです」って言ってると思うんですけど、結婚式教会でやりたいし、初詣はいきたいし、お葬式にはお坊さんが来てほしいし、でも法事だるいから行きたくないじゃないですか。でも、可愛がってくれたおばあちゃんの法事だし従兄も集まるから嫁にはついてきてもらいたいとかでトラブルになるのは、まあごく一般的にあるわけです。

といっても、そのへんは相手と話しあってすり合わせが効くと思うんですが、いざ、重い病気になったり、災害財産家族を失くしたり、とにかく「人の力ではどうしようもない」「藁をもすがりたい」となったときに、その人が何にすがるかって事前にわかることじゃないです。

宗教観トラブルになるのって、たいていそこなので、事前に確認とかできるものではなさそうです。逆境に強い人の場合、いくぶん変な宗教にはまる可能性は薄いかもしれませんが、それでも心の弱点を突かれたときどうなるかはよくわからないですね。

一番無難なのは自分特定の穏健な宗教信者になって、同じ宗教の穏健な信者結婚することでしょうけれども。(それはそれで子ども反抗期信仰がらみで反発したりすることがあるんですけれども)

あと、親族にラディカルな宗教信者がいないかチェックとして、お盆とかお彼岸に絡めて、家で何かしてた?って実家雰囲気をそれとなく聞くぐらいは有効かもしれませんが…。

2.キャリアについて

これも、相手に強い意志があれば事前にすり合わせができるのです。相手バリバリキャリア外交官だったら自分皇太子でもない限り「家庭に入ってほしい」とは思わないでしょうしね。

でも、たいていのアラサー女子は、ふわっとしてるんですよ。

仕事もそれなりに楽しいし、子どももいつかはほしいし、両立できたらいいけど難しそうだしー、みたいなのが、ごく一般的です。(そして、かわいい子ってだいたいそうじゃないですか?)

そういう人に確認しても「今はまだよくわからないよー、でも結婚はしたいなー」ということになると思うのです。

男性が、そのへん事前にしっかりすり合わせておかないと不安になるタイプ(そして後から「ごめんやっぱり気が変わった」っていったら許せないタイプであるならば、すでにキャリア形成してる女性か、逆ずーっと家事手伝い専業主婦以外選択肢がない女性か、すごく年上で年齢的に子供を産むという選択肢はない女性を選ぶしかないと思います

3.付き合った人数・性交渉経験人数について

これ、お互いにオープンにしないほうがいいことじゃないでしょうかね。

女性のほうからしても意外に相手過去って気になるものです。多ければ「ヤリチンから浮気するんだろうな」と思って束縛したくなりますし、少なければ少ないで、自分の前の一人一人の重みが気になり「実は学生の時に付き合ってた子のほうが好きなのでは」ってなるものじゃないでしょうか。

から相手経験も聞きたくないし自分経験もいいたくないです。今一緒にいるのは相手だけなんだから

「付き合った人数(相手)や経験人数によって求められる性的な嗜好や生活水準も変わってくる」と言いますが、それ人数で測れるものではないですし。

大学時代サークルの仲間の先輩とありきたりなデートをして2年ぐらい付き合った」というのも1人だし「大金持ちの社長愛人してて世界中の高級リゾートでありとあらゆるアブノーマルセックスを仕込まれた」というのも1人だよ。

性的嗜好や求める生活水準自分で付き合って確かめるほうが確実かと思います。案外、1人の異性がそれまでの何もかもを変えてしまうこともありますしね。

4.生理痛の時はどこまで男性配慮すべきなのか

ひどい生理痛は、生理現象というより病気なので、軽い人の場合はまったく普段と変わらない場合もあります

女性の中には全女性がひどい生理痛で苦しんでいるかのような表現をする人もいますが(たぶん、その人の生理痛はひどいのだろうと思うけど)本当に個人差が大きいです。

お酒がまったく飲めない人はアルコール一滴で苦しみますけど、一升瓶開けても翌日ピンピンしてる人もいますよね。それくらいの個人差です。

で、具体的に痛みがひどい人に対してどこまで配慮すべきかという話ですね。

これは頭痛など痛みを伴う持病がある人全般と同じで「やさしく見守り放っておいてあげてください」「やるべきことができなくても責めないでください」が基本です。

本人にしか「少しマシになる方法」はわからないので。

あと、閉経後の話ですが、むしろ閉経前後10年ぐらい、更年期更年期で人によって肉体や精神ものすごくダメージがあることがあります

たまにものすごいイライラピリピリしてるおばちゃんとかいるでしょう?あれも更年期に伴う生理現象だったりします。(間違っても「更年期ですか?」って言っちゃだめよ!)

これも、本人がその時に実際どうなるかわからない領域のものですから確認不能です。

ただ、「そういうこともあり得る」「医療でマシになることもあるけどならないこともある」という2点は心に留めておくと付き合いやすいかなと思います

追記

あと、女性として気になるんですけど、セックスしようとしても男性勃起しなかったとき女性はどこまで配慮するのが良いのでしょうね。

5.お産の痛みを別の痛みで表現することができるのか

これも個人差や状況の差の問題ですね。ソフトボール級の排せつ物…はまだ想像つきますが「スイカを鼻から出す」って例えた人すらいました。

あらゆる痛みに関して言えることとして、他人の痛みは自分の痛みとは近いかもしれないけど同じではないものですから、別の痛みで表現しても仕方ないかも。

ただ、子どもが生まれ体験は命にかかわることです。心理的な重みとしては人が死ぬのと同じです。悲しい打撃かうれしい打撃かの違いはあっても両方相当ショックは受けることなのです。

から「お産の時に配慮してもらえなかった」という痛みは、たとえば「自分親族が亡くなってショックを受けてる時に他人事みたいな扱いをされた」という痛みと近いと考えるとよさそうです。

6.そもそも知る必要があるのか

あらかじめ知っておいたことにより避けられる災難とそうでない災難がありますが、結婚生活に対して起こるトラブルは、たいてい、わかっていて準備をしていても斜め上から襲ってくるものです。

知ろうとする気持ち大事だけど、知っているつもりが一番危ういということもありますので、あまり事前に確認して安心しすぎないほうがいいと私は思います

2016-08-16

空港保安検査女性すり抜けは、保安検査がナメられてるのが本質

女性問題ではないテロリストはそんなの無視する!

って、一見正しく聞こえるじゃない?

でもね、日本だと前提が違うの。

空港に出向して機動隊やってたヤツと飲んだ時の愚痴を思い出したんで、そのへん書いとく。

日本では射殺されない

保安検査すり抜けご婦人さ、射殺されてたら日本じゃ大事件だよね。

「そこを動くな!」って突然機動隊員が上からのしかかって制圧したらどう?

やっぱり、日本だと「そこまでするな!」とか問題になる。

で、今回の件の本質はソレ。



「今すぐ搭乗ゲートに来てください!乗り遅れます!」って呼ばれて、行っちゃう

アメリカとかフィリピンとかでさ、拳銃に手をかけたゴッツイオサンが巡視してるなか、ソレやる?

飛行場に来た全員が、「保安検査無視した場合場合によっては障害を負うような強烈な制圧を受ける」と知ってればやらないでしょ。

保安検査をすり抜ける奴は全員テロリスト、という前提が必要

で、テロリスト無視して突破するかもしれないけど、

突破する奴はテロリストって前提があれば、即制圧できる。

物理的な壁が云々が間違ってるとは言わないけど、違うのよ。



保安検査をすり抜けた場合問答無用テロリスト扱いします。

基本的には制圧を旨としますが、障害を負っても本人が悪いので賠償しません。

そういう「うわココで無視したらヤベエことになる」という緊張感の周知が必要



飛行機の中では酒も出すけど、アルコールで暴れたら飛行機降ろされた上に訴訟されたりするのと同じね。

テロリストとうっかりさんとを区別できないのが問題

区別できるなら、物理的にはザルでも運用カバーできるのよ。

日本の「基本的には全員普通の人」って運用だと、機動隊が詰めてても出来ること限られてる、という話ね。

(まあ、アメリカでもガッツリ取り押さえられた上に身元引受人が来るまで5時間位別室拘束されるだけで射殺されたりせんけどね)

2016-08-09

いわゆる萌え絵だけで無理となってしまう人

かわいい女の子一見似つかわしくないアレコレに奮闘するアニメ」が流行りだして数年、段々と食わず嫌いは悪かのようにふるまう人が増えてきてはいいか

こちとらああいう絵柄だけでウエッとなってしまって本編なんか見る気も起らないんだ

から距離を取るし、特段叩いたりもしない

しかしそれに熱中する人たちは良かれと思って「まーまー見てみなよ」という攻撃をしてくる

ふだんから飲み会アルコールが苦手な相手に酒をすすめる人を叩いているのはお前たちだろ

同じことをするな

2016-08-08

メンヘラ恋愛トラウマとかを吐き出す

スペック

28歳 男 鬱 ADHD メンヘラ 無職

メンタルクリニックに初めて通ったのが去年の9月ぐらい。

それまでは「自分メンヘラだな」って思うときはあったけど、特に対処とかはしてなかった。

僕は恋愛トラウマだ。

正確に言えば異性と友達以上の関係になるのが怖い。

AVとかは見るのはいいけど、生身のセックスアピールセックスが怖い。

メンヘラになったきっかけと恋愛トラウマになった理由ははっきりしている。

10年以上前の当時、遠距離恋愛として自分が付き合っていた(と思っていた)彼女が、

同じコミュニティの男たち全員とセックスをしてたことが判明したから。

俗にいうサークルクラッシャーってやつだった。

僕は本当に彼女のことが好きだった。

から本当に信じたくなかったし、彼女を信じていたかった。

彼女は僕だけのものだと信じていたかった。

彼女の心も、体も、全て、自分の物だと信じていたかった。

それなのに、彼女の心も、体も、全て、自分の物ではなく、他人の物でもあったということに、最高に気持ち悪さを覚えた記憶がある。

  

 

彼女と遊びたかたか大学東京大学にしたようなものだったし(彼女が同じ大学を志望していたというのもあったけど)、

実際に大学では単位を取るやる気が無くなって留年して退学した。

当時電話で会話してた時のBGMに掛けていたRADWIMPS(当時の僕はロキノン系にハマっていた)は、今でも聴くだけでも吐き気がする。

Twitter現在彼女アカウントは鍵垢になってるし、ブロックもされてるけど、定期的にアカウント名で検索して、どんなリプライを受けていて、どんな会話をしているのかを想像したりする。

そんな彼女は今では有名企業に就いて、結婚もして、子供も居て、はてな育児ブログも書いて、順調にまともな人間としての人生を歩んでいるようだ。

かたや僕は無職で、メンヘラで、まともな人間としての人生を歩めていない。

正直、そんな彼女が今でも憎いと思ってるし、なんで自分がこんな人間のせいで10年経った今でも苦しんでるんだろうと思うし、

僕以外の関係者彼女とその子供は全員悲惨な目に遭って死んで欲しいと思ってる。

今、面と向かって彼女と会って話をしたら、どんなことを話すだろうか。

今までの話を「思い出」として昇華出来るのだろうか。

直接、相手の首を絞め、頸動脈を絞めて、殺そうとするのだろうか。

そんな気持ちで僕は今アルコールを飲み、睡眠薬舌下投与してこの文章を書いている

  

こんなことは普通ペルソナをかぶっている自分では書けないだろう。

一般人であり、常識人であり、今ではポケモンGOにハマって、合計30kmは歩いている」というペルソナをかぶっている僕がいる。

そのペルソナ剥がした途端、恋愛トラウマに対して向き合った結果、トラウマ起因の吐き気を抑えながら、過去を振り返り、トラウマを吐き出しているのである

以上のことは、「吐き出したいが自分ペルソナ邪魔をして吐き出せない」と「吐き出して楽になりたい」の相反する気持ちがあって、書きたかったが書けないでいた。

吐き出す場所としてのはてな匿名ダイアリーを利用しているだけであるのだが、はてな匿名ダイアリー立案した人物はこういうことを望んでサービスを作ったんだろうか。

2016-08-04

最近暑くて本当に夏らしい。夕立があるなら何処にも降ってくれると良いのに。

集中豪雨とかじゃなくてさ。


厨二の妄想的な考え。

わざとに見えないように工夫して死ぬとして、このような陽気なら決行辺りでは生理の始まる時から脱水症状気味になるように調整して、当日は水分をほぼ取らない、なるべく料理で切ったくらいの傷で血を排出しておきたい。切ってから代謝出来るくらいのアルコール(体調悪化してるからほぼ残るかもしれないとすると無理かな)を取ってなるべく多めに出血ナプキンか何かで吸収させ汚さずに。切って怪我したこと、大した怪我でない事を家族などには連絡しておく。それから外で草むしりや車の掃除などを行い、体調悪化に努める。出来るなら膣に傷を付けられるとより多く出血出来るかもしれない。 これでなんとか死ねるだろうか。 無理かな。暑さで死ぬまで行くのは年寄りくらいだものな。

するなら事前準備としてミニマリストに憧れるとかいって物を整理して、何かきっかけを作って終活をやって葬式密葬にしてくれとか話す機会を作りたい。

なるべく周りに負担にならないようにいなくなろうとしても、かなり難しいだろうな。

2016-08-01

恋愛感情の無い女性に「告白」するべきか

先月の初めに知人から紹介された女性と、毎週末に二人で会っている。

昼前に待ち合わせて一緒に昼食をとってから、近場を散歩したり、気になるスポットに出かけてみたり。気づけば日が暮れて、お腹が空いてくるので夕食をとる。お互いアルコールはそんなに強くなくて、飲んだとしてもグラス一杯程度。夕食のあとは駅まで歩いて、そのまま解散。

こんな感じで毎週末。

会っている間は、ほとんど取り留めのない話ばかりしている。それぞれの家族の話とか、仕事の話とか、学生時代の話とか。彼女が何でもない話を面白く喋ってくれるから、僕は聞き役に回っていることの方が多い。彼女専門職で、かなりの勉強家。分野外の僕に、興味深い知識をいろいろ話してくれる。彼女仕事に対する姿勢尊敬するし、彼女の将来の夢を応援したくなる。

僕は今年で30歳手前。彼女は僕の三つ年上。

彼女は、子供が欲しいのだという。僕は、パートナーが欲しいと思っている。

デート代は、いつも割り勘。率先して払おうとしても、半ば無理やり料金を渡される。僕の年収彼女の二倍近いはずだから、いつも少し申し訳なくなる。

毎週、休日をつぶして会ってくれるのだから、たぶん僕のことを「悪くない」と思っているのだろう。ただ、恋愛的な意味では、彼女は僕のことを何とも思っていないように見える。正直なところ、僕は彼女のことを「悪くない」と思っていて、お互い様だろうと勝手に思っている。

もう少し正確に言えば、彼女のことを理性的には好ましく思っている。素敵な人だと思う。でも、恋愛感情はいまのところ無い。理性での判断に、感情が追いついていない。経験上、僕の感情はいつもスロースタートだ。あと何ヶ月か定期的に会っていれば、彼女のことを感情的にも好きになりそうな気がする。

巷では、3回程度デートをした時点で「男性から女性」に「告白」ということをしなければ、その異性関係消滅するというもっぱらの噂だ。3回もデートをしたのに告白してこない男は意気地のない臆病者らしい。女から告白」するというのはレアな状況で、世の女性は、気になる男性が「告白してこない」とやきもきするそうだ。

今のところ恋愛的な意味で好きではないんだけれど、僕は彼女に「告白」すべきなのだろうか。婚活をしている (いた) 人たちは同じような悩みを経験していそうだから、話を聞かせて貰えると嬉しい。

あ、トラバとかブコメで言われそうなことに先に答えておくと、僕は童貞では無いし性風俗店が嫌いだ。

2016-07-27

http://anond.hatelabo.jp/20160727134525

まあその辺はアルコールもあって、アルコール害悪社会的には許容されている。

一長一短だね。

国家財源の新たな一助になる可能性もあるし、対策費用健康保険で結局赤字かも知れない。

犯罪組織が潰れて経済が停滞することだってある。犯罪者は結局他の犯罪に走るとも考えられる。

犯罪者の困窮から生活保護者が増加したアメリカの例もある。

係数が多すぎて実際にやってみないと解らないよ。

2016-07-17

ビール≒久々のアルコール摂取するとき発泡酒

歌番組をなんだかぼんやり見てしまって5時になりこんな時間になった。

喉が渇いたためになにかないかと探したところ、家族の飲みかけの発泡酒があった。

夕飯の時に「飲む?」と聞かれて、体調がすぐれなかったか拒否をしたのだ。

あけたは良いが呑み切れなかったのだろう。缶の上にサランラップがしてあった。

アルコールが逃げてるのではないかと考え、まぁ寝る前に喉を潤すくらい許してくれ身体。と思い口にした。

うん、逃げてない。

しかしなんだろう、この美味しさは。いつもの発泡酒だとは思えない。

自分身体が強くないのでアルコール自主的節制しているのだが、久々のこれは…これはやはり美味しい!

まるでビールを飲んでいるようだ。いつもはビール発泡酒全然ちげぇ!と激怒するところだが、これは、これはおいしい。

なんだ。歌番組見ながら飲めばよかった。

はてさてこんな時間になりました。

こんな時間ビール発泡酒)飲みながら、はてなをやる自分

結構嫌いです!

みなさん、良い連休を。

2016-07-15

potato starch

でんぷん

UMPS(unmodified PS)の生食

するようになってから

酒が弱くなったような気がする。

同時期に開始した月桃粉末が原因かも

しれない

アルコール9パーセントの500ミリリットル

飲むと

十分な感じだ。

ふらふらになるし

寝込んでしまうし・・・

さすがに二日酔いってことは

ないが

アルコールを分解する酵素が腸内から減るのか?

肝臓が弱ってるんか・・・・・・

2016-07-14

子育てのツケも利子がつくものらしい

同僚の子どもがニートになっていると聞いた。

どうも原因は幼少期のしつけ方が乱暴すぎた事に端を発しているとか。

確かにその頃会社結構忙しく、そんな時期に結婚して子供を生むなんて随分と体力があるなあと思ったものだ。

まあ当時は今よりも結婚への圧力が強かったか自分以外の大多数は大変な中なんとか結婚して子供を生んでいたものだけど。

忙しい中で子供を育てようとするとどうしてもどこかで無理が生じるらしく、同僚が子供のことを疎ましく思っているような発言は度々聞いていた。

はいえそれも生まれ10年もしないうちに無くなり、時折そういえば子供はどうしているのかと聞くと大人しくて扱いやすく育ってくれて助かっていると返ってくるようになった。

それから更に10年。

その同僚の子供はすっかり引きこもりになっているらしい。

聞く所によるとやたらと自分への自信がなく自暴自棄になりがちで将来の話を嫌がり、目先の楽しさやアルコールにすぐに身を任せる人間に育っているのだそうだ。

ふと思ったのだが、それもこれも最初に進んだ道が間違っていたんじゃないだろうか。

忙しいのに無理して子供を作る、そして構ってやるのが面倒になり威圧的な態度で消極的人間調教する、それが巡り巡って最後自尊心の失われた引きこもり誕生し、子供なんて産むんじゃなかったと後悔する。

どうも自分には同僚の子育ての仕方がある種の借金まみれの物だったようにしか思えないのだ。

とりあえず今結婚しろという外圧から逃れる、とりえあえず今子供を産めという要望に応える、とりあえず今手のかからない子供にする、そういう事ばかり考えて将来何が怒るのかを全く考えていなかったようにしか思えない。

そしてそのツケが積もり積もり雪だるまが出来上がって同僚は日々苦しんでいる。

あの忙しい日々の中、結婚を諦めた自分選択結果的に正しくなる日が来るなんて。

人間必要なのは先見性のようだ。

自分には面倒な脛かじりの子はいないので安心して老後を過ごせる。

最高だ。

2016-07-13

志村けんスカパラ

へぇと思ってみたのだが、これ氷結広告で行われている事なのが、複雑だ。

自分も呑兵衛なので、言いたくない部分もあるが、敢えて言えばお酒基本的に体や社会害悪のあるもので、こんなにコマーシャルで消費を促す事が許されるべきではないような気がする。リスクも分かった上で、大人が消費すべきものであると思う。

こういう面白い取り組みが、アルコールに関する広告予算で作られているのは、別の問題を感じるっていう話。

2016-07-12

knife, alcohol, and ink cartridge

冷凍包丁を買うにしてもだぁ

それだけだと送料無料ラインに届かない。

家庭で必要消耗品って炭酸水?←炭酸水販売してません。

アルコール除菌剤 600円は 「あり」ですね。

あとはインクカートリッジFA

2016-07-07

飲むと翌日が辛い

アルコールで酔うというのは毒が回って麻痺しているようなもので云々の説明を出すまでもなく

体には負担をかけるものなのだ

が、毒で麻痺することで嫌なことをちょっと忘れられる、痛みに鈍くなる

嫌なことを考えていたくなくてつい飲む

が、飲むと確実に翌日が辛い

どうしたもの

2016-07-05

酒が好きだけど、アルコールに強くないし、飲み過ぎると疲れちゃう

でも酩酊感のある状態で人と話をするのはすごく楽しい

大麻お酒と同じような酩酊感があるっていうし、ちょっと試してみたいなとは思う。


別に大麻じゃなくても、酩酊感があって楽しくおしゃべり出来て、なおかつ疲れないものなら何でもいいんだけど。

2016-07-03

today

レジスタントスターチアルコール

小腸通過時間帯は同じにしてはいけない

って書いてある。

ソース2CHのみ。

原著論文があるのでだろうか

2016-07-02

yesterday

昨日のこと

昨日は二日酔いでなんとなく気分が悪くて

仕事にならず。

そんなに飲酒したわけでもないけど

最近酒が弱くなったのかもしれない。

レジスタントスターチアルコールを同時に

小腸を通過させてはいけないってなことが

書いてある。

それが原因かな?そんなこと構わず

気づいたときレジスタントスターチ

服用するようにしてるからかな?

体内へのアルコールの吸収が遅くなり

睡眠中もせっせとアルコールの吸収やら分解やらが

行われるため睡眠が浅くなり

翌日の疲れにつながる・・・

そういうことか

2016-06-25

たとえ適度な運動していても成人病は避けられないという事実

デスクワーク中心だと、どんなに意識して運動していても運動不足になるんだってね。

土方仕事みたいに肉体労働なら別みたいだけど、中高年になったら続けるのは難しい。

から最近ではスタンディングデスクみたいのも流行り始めているけど、まあ付け焼き刃だよね。

理想的には、昔の農業のように常に軽作業を続けるような生活ベストらしいけど、

現代ではそんな仕事ほとんど残っていない。農家や土方仕事ですら機械化した時点で運動にならない。

逆に、ジムで短時間に負荷の強い運動をすると、短期的には健康になるけど、中長期的に見て心疾患の原因になる。

この前、大阪都心で自動車の運転中に心臓発作を起こして歩行者を次々と引いた男性も、休日ジョギングマラソン趣味だったとか。



あと、アルコールにも「適量」がなくて、少しでも毒になることが最近判明したよね。健康効果ゼロどころか基本マイナスだったって。

それに一晩だけでも飲み過ぎると腸に炎症を起こして、バクテリアが血中に漏れ出して全身に悪影響を及ぼす。

からといって、あなた社会人として生きる上で一切の飲酒を避けられますか。まあ日本では無理だね。

アル中デフォルトの国だから



そんなわけで、運動不足を避けようと思ったら、ソロー『森の生活』みたいな生き方をするしかないんだけど、

現代人にはどうしたって無理だよね。野菜栄養価も昔と違って低くなっているし、

衛生的過ぎる環境のせいで健康維持に必須の腸内細菌の数も激的に減ってしまっているから、

どんなに運動瞑想をしたとしても、成人病からは逃れられないんだ。

あとは、遺伝的に成人病になりにくいことを祈るしかない。

2016-06-23

酒を飲むと焦燥感が出てくる体質

普通の人は酒を飲むと不安焦燥感が落ちつくらしい。

俺は特異体質なのか酒を飲むとかえって不安焦燥感がハンパなくなる。

から、酒を飲むと本当に一時的精神不安定鬱病のような状態になって辛くなる。

翌日にアルコールが抜けると、いつも通り元気で前向きの自分を取り戻せる。

自分アルコール不耐症ではない。普通に飲める。

ビールならコップ一杯くらいなら不安感もそれほど大したことはない。

だが、酒を飲むのは苦行だ。コップ一杯のビールで終わる酒の席はほとんどない。

みんなは酒を飲むとハッピーになれるなら、酒が大好きだ。

俺は酒を飲むとアンハッピーになるから、酒が大嫌いだ。

ひとりでドンペリラッパ飲み&シャンパンファイト(&ビールかけ)をや

先日誕生日だったのだが、2か月前から自分誕生会を企画し多くの友人が参加を表明していたものの当日になって多くがドタキャンという事案が発生。

意中の女性も来るというから自分誕生日だというのにシャレオツケーキも用意して待っていたのにこのざまである

そもそもここ数年の誕生日が肉親のガン発覚&鬱発症から自殺宣言、古い親友自殺尊敬していた師匠との絶縁など散々なものだったので、今度こそ楽しい誕生日にしようと意気込んでいたのだ。

この日のために有給使って連休取って準備してたのにどうしてこうなった。もうヤケクソでごわす、というわけで気合を入れて用意したドンペリ(2006年のやつ、購入価格20800円+税)をこれでもかと無駄に消費することにしたのである

ラッパ飲み

  • 良かった点
    • これぞ剛の者という感覚が得られる
    • こんな贅沢なことをできるおれ、という全能感が得られる

シャンパンファイト

  • 悪かった点
    • 経口摂取していないのに妙に酔う
    • 手取り17万円の貧困ボーイとしては流石に我に返らざるを得なかった

ビールかけ

ビールもたくさん用意していたのに全く減らなかったか自分にかけることにした。使ったものアサヒスーパードライ500ml缶。

やり方はアメリカのプロレス団体WWE活躍したスティーブオースチンのように2本の缶をぶつけてから缶を握りつぶしつつぶっかけもの採用した。

ちなみに日本ビールは"テキサスガラガラ蛇"オースチンですら口に流し込むとフラフラになってしまう代物である。だから頭にぶっかけた。

  • 良かった点
    • シャンパンに負けず劣らずなかなかの勢いで噴き出す。値段を考えると年一ぐらいでやってもいいぐらいの楽しさ
    • プロ野球リーグで優勝した気分

以上です。よろしくご査収くださいますようお願い申し上げます



追記

クラッカー6連発

そういえば買ってあったので全部自分で鳴らしたのだが、ひたすらうるさい。そして火薬はくさい。

クラッカーなんて浮かれてないと買わないものなので、ひとりで鳴らすとさみしいものかと思ったが安物だったのでそんなでもなかった。

キラキラしたトンガリ帽子は買わなくてよかったと心から思う。



id:sds-page

ほんとそれ。自分でも星飛馬のクリスマスのアレかと思った。しかし彼には家族との先約&勝負の場以外では合わないと心に決めた左門豊作という宿敵(とも)がいたのにかたやおれは……

2016-06-22

同人活動結婚(既婚者から意見)

齢30、腐女子として生きてきての年数が年齢の半分に到達した私です。

腐女子といえど、様々な形態があると思う。読み専でもpixiv等の無料漫画で満足できる人、スマホ本屋さん、アニメイト通販で本を買う人、買い漁る人。それだけじゃ満足できずコミケイベントに参加して、自分の足で同人誌新刊を買い集める人。創作が好きで、年に何回かサークル活動をする人、オンリーイベント中心に年に何回も新刊を出す人。活動の功を奏して商業デビューを果たすもの二次創作が好きで漫画を書く合間に漫画を描くような生活をしてる人。もちろん今はコスプレ文化ゲームも個人で作ることが可能になってきたので、その世界の中で、ディープであれライトであれ、様々な「オタク」がそれぞれの形態活動しているわけだ。

もちろん、ディープになればなるほど 知人もディープオタクが大半を占めてくる。Twitterリツイートで見たツイートだけど、周りがディープになっていくにつれ、世界オタクに溢れてるような感覚になり、同人誌まで描いているようなディープオタクは案外少ないという事実がかき消されてしまう。感覚麻痺するのである

私もかつて、いや、今もディープオタクである結婚前は年に10冊のペースで新刊を量産し、毎週末のように大阪東京に遠征に行き、仕事から帰れば朝まで原稿を書き、Twitterに入り浸り、そこでも1日100ツイートは好きなキャラ萌え語りに明け暮れていた。それでも語り足りなくて、活動ジャンル専用のブログを作り平均5000文字程度の萌え語りやキャラ考察ジャンル考察を繰り広げていた。それができる位の好きなキャラがいたのも大きいけれど、活動人生の支えであり、毎日沢山の方から反応やいいねを頂き、それによって承認欲求を満たしていたのは事実だ。オフ会と称してよく近隣のオタ友と飲みにいったりもしたが、リアルでの友達ゼロ。というか原稿する時間を捻出したいがあまりに短時間高収入お仕事(という文章で察してほしい)をしていたため、同僚といってもお互いに関わり合うこともなく、個室待機さえ選べば空き時間ネームだってできた。集団待機でも特にしかけなければ話しかけられることも少なかったのでTwitterpixivを眺めることができ、妄想だってし放題だった。まともな社会人生活放棄し、学生からストレートにその道に入り8年。私はいからか、本名で呼ばれる機会は病院の待合室のみという悲しい状態に陥っていた。それでも、好きなキャラのことを考えている日々は幸せだったし、好きなだけ原稿ができ、締め切りがやばそうなら入れてた仕事電話一本で休める環境に満足していた。私は結婚は一生しない。一生この生活をしていくのだと本気で考えていた。

でも、何事も転機が訪れる。まず普通に活動ジャンルが衰退してきた。同人誌の売り上げがなくても活動できるくらい本業で稼いではいたけど、年齢を重ねるにつれそれも厳しくなってきた。齢27、とうに旬は過ぎ、体力も落ち、体型も自分しか気付かない範囲であれ崩れてきた。顔も急に変わるわけではないけれども徐々に衰えを感じてきて、焦り始めた。

それ以上に焦っていたのは、ここまでの活動をしてきたにも関わらず、私の同人者としての知名度はほとんどなく、若くて上手な人には絶対に敵わないという事実だった。自分の絵柄はどんどん古くなり、特にデッサンが整っているわけでもないからそれで注目をされることはまずない。その分考察を深め、原作尊重した上で自分の最大限を込めたストーリー作りに力を入れていたのだが、これは本当にやったことのある人にしかからないと思うけど、とても疲れる。原作が鬱傾向の話だったりすると自分気持ちまで引きずられて、脱稿後3日くらいは死んだような気分になるし、常にストーリー妄想を繰り広げるのは容易でない。そこまでやっても、ディープファンがついてくれど大手作家エロ本には勝てない。積んで積んで積み重ねても、私がそれをやめたら一瞬にして崩れ落ちるということに、疲れを感じていた。

長く同人をやっていると、諍いや嫉妬に巻き込まれることもあった。そういう人間関係にも嫌気が差していた。オタクって、言っちゃ悪いし私も人のことを言えた口ではないけど、評価の仕方が極端だし、性格に難ありの人間が多いのは確かだと思う。好きな作家が高尚様で嫌われないようなツイートをするのも必死ジャンル派閥問題であっちからもこっちから悪口を聞き、そのどっちにも良い顔をしているうちに、何やってるんだろうな自分と思うことも多かった。自由萌え語りの場はいしか、パワーゲームの場になりつつあって、それでも自分自分と曲がらずに立っていたかったけどそこまで精神的にも強くなくて、一時期は完全に病んでしまっていた。それでも本は作っていたのだから、今の自分からしてみればすごいなとは思うけど(笑)

そんな時、ひょんなきっかけで彼氏が出来た。私の仕事のお客さんだ。見た目が好きな声優に似ていて元々好感を持っていたのだけど、相手も気に入ってくれたこともあり、驚くほどあっさりと交際スタートした。

彼は隠し事はしないで欲しいというので、私はバカ正直に自分の描いた同人誌(R18)を持って行った。彼は多分その段階で私にベタ惚れだったのもあると思うけど、私の描いたものを誉めてくれた。その段階で思った。「この人と結婚しよう」と。

私がやったことはまず、Twitterアカウントの消去、そしてイベントでの引退宣言だった。もう二度とこの地は踏まないつもりで参加した最後イベントは、とても楽しかった。沢山の差し入れを貰い、沢山の感謝言葉を頂き、大型のオフ会まで参加させて頂き、朝まで遊び呆けた。連絡先を交換している同人の知人には結婚するので辞めるが、オタクをやめるわけではないからどうかこれからも仲良くしてほしいと告げ、長年続けてきた商売も辞め、真っ当な昼の仕事に付いた。彼とも一緒に暮らしはじめ、アニメを一緒に見るようになった。そして半年後くらいにプロポーズ結婚と相成った。その時は、もうこれ以上の幸せはないと本気で思っていたし、この人と普通に子供をつくり、将来は庭付き一戸建てに住み(これはもう既に叶ってはいるが……)幸せな家庭を作るものだと、本気で思っていた。

ここまでなら、へーよかったね、同人若き日の思い出だし、旦那にも理解してもらえて、20代結婚できて幸せだね、今はさぞかし平穏な日々を送ってるんじゃないの?と思う人もいると思う。私もまさかそうじゃなくなるなんて思いもしなかったし。確かに、旦那に絵を描く趣味を隠してないことはプラスに働いていて、今でもイラストを描いたりエロマンガを描いていても咎められたりはしない。それならよかったじゃん?って思う人もいるかと思うけど、違うのである

自分は、自分が思う以上に「真性(演技性)同人者」だったのである

から貼るURLは、同人者と結婚についての考察を記したものなのだが、1996年に書かれたものだということにビックリした。同人文化

オープンになり、多少世間目的ものはこの時点よりは向上したとはいえ、まんまこの通りで笑ってしまった。

http://www.asahi-net.or.jp/~hn7y-mur/yellav/link4.htm

(敢えてこのページのみを貼るけれど、時間がある方は他のページも読んでほしい。色々と興味深い研究結果が纏められてます)

結論からいうと、同人をやめたはずの私は、また同人を始めているし、同人誌を作っている。旦那にはそれを煙たがられているし、私自身も今の活動では満足できていない。

どうしてこうなったかというと原因は2つある。まずは、同人関係の交友関係を断ち切れてなかったことだ。

最初に、ディープ活動をすればするほどディープな友人が集まると書いたが、その中の一人が、今沼ってるジャンルこれだからやろう?とゲームを薦めてきた。そのゲームは基本プレイ無料のもので、スマホさえあればできるものだったので、暇つぶし程度ならいいかと始めたら、存外ハマってしまったのだ。友人は、私に○●(ゲーム内のキャラクターカップリング)を描いてほしいとお願いしてくれ、私も描くだけならいいかと1年以上封印していたペンタブレットで絵を描いて、名前を変えればバレないだろうとTwitterアカウントを別名で取り直し、そのイラストTwitter経由で友人に送った。これが過ちその2である

ここで私は久しぶりに経験してしまったのだ、「いいね」をもらえる快感を。自分二次創作が沢山の人に読まれる楽しみを。

これまでだって、確かに旦那や周りの人間いいね!と言ってくれたことは多々あれど、生命活動維持のための食事を誉められても、生命活動維持のための金の確保のための仕事内容を誉められても、嬉しくはあれ脳汁が溢れ出すような快感はなかった。でも、描いた絵を載せること、萌え語りや話を載せて得られるのは、顔も身なりも知らない人たちから賞賛、なんの役にも立たないはずのものが誉められる快感に私はまたのめり込み、活動再開から半年足らずで地元イベントに顔を出し、本を頒布し、Twitterでの知人とオフ会を開いた。正直、結婚後には味わえなかった最高の幸せであった。私自身は、やはりこの世界が一番楽しく、充実した自分でいられると思った。

ただ、もちろん弊害は多々ある。同人活動をやめていたころ楽しかった職場の同僚とのおしゃべりは雑音になり、邪魔になり、飲み会苦痛になった。旦那との会話や家事もそうだ。こんなに頑張っても一人にしか認めてもらえない家事夫婦生活をする位なら、一枚でも多く絵を描きたい、友達との萌え語りに没頭したいという思いが募り、夫婦間の会話は減り、喧嘩が増えるようになった。仕事休みがちになり、職場での評価もぐっと下がった。それでも週末のイベントがあるから楽しみで、生きるのは苦痛でなかった。

だがとうとう旦那の堪忍袋の緒が切れたようで、まず私の働いた給料は全額私が使うことが出来なくなり、何に使ったのかを逐一報告しなければいけなくなった。同人関係の出費があると、こんな無駄なことに金を使って、との小言つき。そしてとうとう月一万の小遣い制→給料の3%の小遣い制になり、通帳やカード差し押さえられ、前のような同人誌の発行ペースは不可能になった。こうなると私は働くことに意味を感じられなくなり、今は仕事を辞めてパートのみで生活している。月1000円のお小遣いではゲーム課金すらできず、私は毎日家で荒れ狂っているが、それを旦那幸せだという。きちんと貯金が出来、私の昼夜逆転や突然の欠勤もなくなり、ゲームに月数万も課金することがなくなり、家事毎日してくれる。これで精神が安定してくれたらいつでも子作りができるのになぁと言う。私はとても幸せだと思えず、生活のために仕方なくやっているパートに疲れ、ゲームログインボーナスを受け取るだけ、あんなに楽しかった絵ですらもう3ヵ月も描いていない。そもそも、また絵柄が古いことや流行りの絵でないことで劣等感を感じているし、イベントに行けないことで前みたいに作家さんと交流することもできないので仲良くもなれない。せいぜいSkype手紙のやりとりくらいだ。ストレスがピークに達し、毎晩自殺するか離婚するか考えているが、積んだキャリアなど何もなく、もう体型は崩れ、前のように時間自由が利いて高収入仕事に就くのは絶対にできない。今は奴隷のような生活を死んだ目で続けるしか、私の生命活動維持方法はないのだ。

私はクズだと叩かれてもいいので、この文章を書いた理由を話させて頂きたい。とんだ長い前置きですみません。ここからが本題です。

ここまでクズの極みの考え、人生腐女子はそうそういないと信じたいのだけど、部分的には共感してくれた人もいると信じたい。その中で、結婚を考えていたり、今後の人生漠然とした不安を抱えて生きている腐女子もいると思う。基本的腐女子ディープになればなるほど孤独な生き物だと思う。生計にできるレベルまでくればちやほやされるし好きなことで飯喰ってけるわけですが、そんな腐女子は多分一握り。殆どの人が、人より中途半端に絵は描けるけどプロになるほどではなく、それなのにいっぱしのプロのつもりで漫画家ごっこ、本屋さんごっこを続けてきた方だと思う。ジャンルの話や萌え語りはできても、日常の話となると境遇が違いすぎて相談する相手共感してくれる相手もいない人が大半で、適齢期でもあれば家族にまだ結婚しないの?なんて聞かれて蹴飛ばしてやりたくなると思う。

そんな人にただ一つ言える真実は、結婚して今の活動レベルを維持できると思うな。という事です。特に同人活動依存している傾向のある人ほど、よく考えてほしい。

維持したかったら、世帯収入が潤沢にあり、家政婦を雇うレベルでなおかつ妻の趣味に口を出さない人と結婚すること。子供は望んではだめです。お母さんが子供より大切なものがあるなんて、いくら自分勝手な私でもダメなのはわかります

そして、そんな自分ダメだなんて思わないで下さい。人生一回きり、楽しむも悲しむも自分選択次第です。同人活動以外に喜びを感じられないのだったら、後先考えず突っ込むのもまた人生です。その代わり女としての人生は失います。私はどちらも手に入れようとして、どちらもダメになりました。もはや私は旦那の思う幸せを叶える道具に過ぎません。二兎を追うものは一兎も得ないどころか、すべて奪われるのです。(まぁ、それは私のやり方やのめり込み方に問題があったからなので、旦那の言うとおり自業自得なのですが…)

まずは自己分析から始めて下さい。

そして、途中で貼ったURLを隅々まで読んで下さい。

沢山の人から評価で生かされてきた人ほど、それを失う結婚生活に耐えられるのか、よく考えて下さい。また、続ける気なら、それができるのか、不測の事態にも耐えられるのか、精査して下さい。

誰も声を挙げないし、まだ若い人の文化から明るみに出ていないけれど、評価への依存アルコールタバコ匹敵するものだと思います。断ち切るには、勇気と強い意志必要です。

最後になりますが、私がそれでも離婚しない理由はただひとつです。

だって、彼は私のことを、名前で呼んでくれるから

愛と趣味共存を、私はまだまだ貪欲に探そうと思います。罪滅ぼしに。また、ちゃんとした人間になるために。自分人生の半分を無駄にしないために。

答えが見つかるころには、もっとまともなアドバイス記事が書けるようになるといいなと思ってます