「言葉」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 言葉とは

2017-07-26

ただより高いものはないという感覚

最近よくある、○○ユーザーなら△△プレゼント!とか□□無料!みたいなやつ

あれに並ぶ人を見てめちゃくちゃ嫌悪感があって、なんでかなと考えてみたんだけど

そのただで貰えるものだけもらって帰る、みたいなのって恥ずかしくない?

うわーこいつただでハンバーガーもらうためだけに20分も並んでるよ、みたいな

乞食っぽいなーと思ってしま

公園炊き出しの列に並んでるホームレスを想起してしま


昔親が着物を買って、その呉服屋の営業さんが、

「今度○○で食事のあと話題の△△の演目にご招待するツアーがあるんですけど」って声をかけてくれて

私も何も考えないでまぁ美味しいもの食べられるならってついていったんだけど

食事観劇の間に着物販売みたいなのがあって

でもうちの親は今日は買う気ないし演目観に来ただけだしって何も買わなくて

販売所で1時間近く何もしないまま待ってて、劇場に移動するの待ってて

うちを連れてきた営業さんは苦笑い

それが凄く恥ずかしかったんだよね

ただじゃないじゃん、ここで着物を買うこと前提で食事観劇プレゼントしてくれるっていう話じゃんって

でもうちの親はこないだ着物買ったかサービス食事観劇プレゼントしてもらえるっていう感覚


なんかこの思い出が強すぎるせいか、タダで○○あげます!みたいなのにのっかるだけのことを

凄く恥ずかしいと思うようになって

乗っかってる人も全然関係ない赤の他人なんだけど、それでもうわー恥知らずだなと思うようになって

今日はてブで「購入厨」なる言葉を知って、ますますうわーってなった

https://anond.hatelabo.jp/20170726131957

一盗二卑三妾四妓五妻という言葉がございまして。

同じ女であっても他に男がいたり、自分よりも立場が下な女はそれだけで男のゲス下半身心をくすぐるのです

CTOであることと不倫をすること

あるIT企業CTOをしています。旧帝出身、既婚、W不倫中。

良く彼女に、こう言われる。

「好きだけど、こういうの良くない。もう、やめよう」

「君の人生は君のものもっと強くなって」

しかに、不倫は良くないことかもしれない。

不倫は良くないという社会規範によって、

安定した結婚制度を維持しているわけだから

そういう意味で、不倫話題になったときネット上で、批判で湧き上がるコメントは、

結婚制度舞台装置と言えると思う。

だけど、そもそも人は社会規範とか社会制度を何のために尊重しているのか。

それは、「自分がより良く生きるため」ではないのか。

より良く生きるために、社会規範尊重しているのであれば、

その規範尊重することが、より良く生きることと大きく反する時、

規範尊重の水準を緩めることも必要になる。

それは、その人自身が、リスクを負って行うことであって、

他人がとやかく言えるようなことではない。

ネットだと、「どんなに配偶者との関係がうまく行っていなくても、まともな人間なら不倫をしない」

こんな言葉が当たり前のように投げかけられる。

だけど、どうすればそんなことを「本人」以外の誰かが語ることができるのか。

スラム街で生きるために盗みを働く子供を、

金持ち批判することにあまり意味がないように、

不倫という状況に投げ込まれたことのない第三者が、

不倫批判することにはあまり意味がないのではないかと思う。

別に不倫をするべきとは思わないし、良いこととも思わない。

でも、それは、その人の人生におけるその人の決断であって、

そこには、すでに社会規範問題は、包摂されている。

包摂された上での決断に対して、

第三者が言えることはほとんどない。

ところが、自分主体となって考える習慣のない、

世間に流されてものごとを考えるような人間は、

こうした「社会規範」と「自分人生」の関係が分かっていない。

社会規範自分の行動規範」であって、

時にはそこにズレがあることが分からない。

たとえば、「学校を休んではいけない」

会社で働かなければいけない」という規範から逃れられなくて自殺する人。

問題全体の規範性ということにでは不倫と違う

生命危険がある状況で学校に行かないことは社会的肯定される)

という人が多いと思うけれど、

「周りに与えられた規範自分の行動規範」という点ではすごく似ていると思う。

要するに、いじめ学校に行こうか悩んでいる子供に、

「君には、学校に行かない権利がある」「死んでまで学校に行く義務はない」

という社会規範同士の対立観点説明することもできるし、社会的にはこう思われがち。

だけど、そうじゃなくて、そういう人たちに必要なのは

「君の人生は君のもの学校に行かないといけない規範にしたがうもしたがわないも、決めるのは君だ」という話じゃないかと思う。

それは、「自由」になるということ。

さて、こういう発想は、CTOという職業とすごく合っていると思っている。

今どき、IT企業CTOをしているような人間であれば、

仕事はいくらでもある。

数年で転職するのが前提だから

自分価値利益を高めるために、仕事を選ぶし、

会社価値利益を高めるために、仕事をする習慣がついている。

社長CEOは多くの技術判断について理解できないので、

リスクを負って、経営重要判断をすることになるし、

その結果については、自分評価という形で受け取ることにも慣れている。

そういう意味で、CTOは、仕事選択の上でも、仕事の上でも自由だし、

自分決断自分が行う」という意識が強い。

から不倫をする可能性が高いとか、不倫をしても良いということはないだろうけど、

不倫をした方が自分人生プラスになると思われる状況が合った時、

他の人と違う判断をすることも多いのかもしれないと思っている。

自分人生は他の誰かのものではない。

自分のことは自分で決める。

当たり前のようだけれど、

そう考えて、行動するためには痛みを伴うし、それに耐える強さも必要だ。

そして、その痛みが分かれば、他人不倫をいちいち攻撃したりしない。

でも、そうじゃない大多数の人間は、ネット他人不倫攻撃していれば良い。

それは、社会家畜という意味での「社畜」だと思う。

なおやに関するべにじょの発言が悲しかった

lovecall どうしてブコメがこんなに厳しいのかわからない。びっくりした。みんな悲しくないのか。君たち悲しくないか

リンク2017/07/25 Add StarHolyGrail (green)kitayama61aureliano

http://b.hatena.ne.jp/entry/342374018/comment/lovecall




これだけのクズ行為が発覚したカネも権力もあるおじさん

         VS

離婚すると騙されて不倫に及んで便所扱いされた若い


こんな状況で女に味方も出来ず

おじさんのほうに味方するのかお前は

それ百パーセント自分の今後の利害の為だけのことじゃん

味方しておきましたよーって見せたい相手が何人かいるだけのことじゃん

そのさもしさがとても悲しい。


擁護するなら擁護するで頑張って言葉を駆使するとか新しい論陣を用意するとかもせず

悲しい悲しいって適当仕事してるのもまた悲しい。


みんな悲しくないのか。君たち悲しくないか

ああ、心底悲しいよ。

おまえ心までブスだったんだな。

https://anond.hatelabo.jp/20170726002911

https://anond.hatelabo.jp/20170726113354

初デート特別ものにする義務というか、好きな人との初デートから楽しんでもらいたい!楽しくしたい!

っていう純粋気持ちなんじゃないの?

義務っていう言葉おかしいよ。仕事じゃないんだから

ゴキブリはどこに行ってもゴキブリしかない

これは一個人愚痴しかないのですが、誰かに言えそうでもなく、それでも何処かにぼやきたくなった為ここに書かせていただきます

私は所謂世間で言う腐女子です。私自身の気持ち的に、元腐女子と言った方がいいかもしれません。

元々私自身が腐女子となったキッカケは高校部活の先輩のススメでした。

共通して好きだった作品を通して会話をしていて、誰が好きなの?と聞かれた時にこの人が好きです、と答えたところ腐向け作品を教えてもらったのです。

前々からBL存在は知っていましたが、さして興味も無く、手を出す機会もなかったので先輩のオススメを読んだのが二次創作BLに触れたキッカケでした。

読んだその時の感想としては絵も上手だし、好きなキャラが描かれている訳ですから単純な私は「ああ、これ凄く可愛いなぁ」と私は率直に思いました。

ただ今よく考えれば私の他人の顔色を窺ってばかりな性格も災いしてか、先輩が良いと言ったものから!と右にならえで賛同しただけだったのかもしれません。

それでもその先輩に「この前教えてもらったの、凄く良かったです」と感想を伝えた過去の私がいましたので、そこから腐女子としての生活が始まりました。

腐女子としての生活といっても何ら特別な事はありませんが、イベントに行く・参加する、漫画を買い漁る、ネット二次創作を見る、ツイッター交流する、などが主でした。

今振りかえっても、悪い思い出ではないです。寧ろ掛け替えのない思い出だと思います。楽しかったですし、とてもとても充実していました。

ツイッターで出来た特に交流が深い所謂価値観が近いフォロワーと、この作品面白いよ!と言い合ったり

この作品だったら「○○×△△」だよね、そうだよね!だなんて会話をして盛り上がったりというのはしょっちゅうの事でした。

ただ人間何が起こるか分からないもので、私はとある理由から一時ネットから退いたのです。

己の薄情さを自分自身ひしひしと感じましたが、それまでの関わり合いというのは一切シャットアウトしてただ一人殻に閉じこもるみたいな生活になってしまいました。

そんな生活に陥ってしまう程に自分としては精神的にもまいっていて、塞ぎ込んでいた所、とある作品出会いました。

こんな風に書けば大袈裟かもしれませんが、この作品のおかげでかつての「楽しい!」という気持ちも芽生えたし、新しいCDやグッズが出るから買いに行かないと!と当初は避けていた外出も行えるようになりました。

私としては純粋にこの作品がとても好きで、楽しくて、素敵だと思ったのです。ただ一人、その作品を見て読んで聴いて楽しんでいました。

そんな生活を続けていると気持ちも徐々に復活してきて、割愛しますが色々な機会もあったので、私はまたPixivであったり、ツイッターだったりそう言ったSNSサイトを閲覧したり、私自身も再び参加する様になりました。

ただとある日、その作品二次BL作品を見かけた時に私は今まで感じた事のない「嫌悪感」の様な物を感じたんです。

原作は勿論BLジャンルではないので○○と△△は付き合っていません。

友情関係の結びつきで○○は△△に「好き」とは言ったけどそれは別に恋愛感情ではなく、ブロマンスとして最高の感動シーンなはず。

それでも○○の△△に対しての感情を「恋愛感情」として置き換えた、そんな二次創作でした。

その事に対して私は嫌悪感を抱いたんだなと思いました。大好きな作品、その登場人物を歪められたと思ったんです。

そこまで思ってハッとしたのですが『私が今までやってきた事ってこれと同じじゃないか』と思いました。

私がとある作品大事なように、誰かにとってもそうである作品を今まで私は歪めて捉えてきたんだ。

それは原作者にも熱心なファンにも凄く失礼な事だったな、と本当に今更ながらに考えました。

考えれば当たり前の事なのだと思います。なんと自分は身勝手なんだろうと思いました。

今も昔も自分の楽しさ、自分の考えを押し通すように生きている、そう思いました。

ただ世の中に「腐媚び」という概念がある様に、そう明言されずとも明らかにそれを狙い澄ましたような演出があるのも確かだとは思いますが、それでも純粋作品を愛している人にとってはどうでしょうか。失礼に値するのではと思う訳です。

それでも一人一人に嗜好という物があるのですから二次BLを好んでしまう人が大勢いるのも仕方がないことです。

ですが今、ツイッターを覗いてみると「BL二次創作は当たり前」だと隠れず、何も見えないようにアカウントを非公開にもせず大多数からの閲覧が出来る状態で堂々と呟いている人が多いのが目に見て明らかです。

作品公式アカウントリプライカップリング名をツイートしてみたり、○○×△△は公式からツイートしてみたり。

自分の嗜好と合わなければ「地雷」だという言葉を使って他者殺傷物呼ばわりして跳ねのけてみたり、逆カプ(自分が好きなカップリング〔○○×△△〕とは逆の組合せ〔△△×○○〕)は潰れろと、自分過激派から~と前置きしていってみたり。

自分想像とそぐわない事が起これば「解釈違い」だと言ってみたり、ましてや公式に対して気に入らない事があれば「公式解釈違い」と騒ぎ立てる事も見かけた事があります

ましてやあるキャラ過去を知っているキャラが現れただけで「元カレ」だとお祭りの様に騒ぎたてたりするのは、個人的に「取り敢えずBLにしとけばいいや!」くらい、ちょっと軽率すぎなんじゃないだろうかとも思います

自分解釈を、自分の嗜好を何だと思っているのでしょうか。あなた公式なのですか。過激派から何言ってもいいですか?テロリストと一緒でしょう。と思うと、不信感ばかりが募ります

フォロワー数が多い人の発言鵜呑みして少数派の意見を摘み取っていくのも、つぶすのも、その発言がさも公式だと振舞う様にも首を傾げざるを得ませんでした。

ここまで来て、自分腐女子であった事に対して罪悪感を抱くようになりました。

マナーがいい方も、優しい方もいます。ちゃんとルールを守ってひっそりと楽しんでいる方もいます

それは当然の事でした。ただ自分自身、そんな勝手気持ちがムクムクと大きくなったのです。

誰に関係ある事でもないので、私はそっと「見たくない人は見なければいい(この意見も極端だと思いますが)」という意見の元、またツイッターPixiv等をパッタリ退会しました。

そんな中でも自分自身の汚い所で「私と同じ気持ち人間がいるんじゃないのか」と探してみたい気持ちになって、辿り着いたのがBLが嫌いな人達が書き込む掲示板でした。

そこの掲示板にもなかなか過激な事が書かれてありましたが概ね同意するような内容ばかりで頷く事も多かったのですが、書き込むルールという所に「元腐女子もここでは厳禁」と書かれてありました。

あぁここにいる人達からしてみれば、私も何ら嫌悪する対象と変わりがないんだなぁ、と思うと、そのページを閉じるしかする事がありませんでした。

それに私としては見る、見ないはさておき一次BL存在自体、何もおかしいとは思わないのです。

前にツイッターで「大豆は一度腐って納豆になったら、もう二度と大豆には戻れない」と書かれてありましたが、自分はそうでないつもりでも他者からしてみたら全くもってそうなんだと思いました。

腐女子俗称で「ゴキ腐リ」とありますが、やっぱりゴキブリはどこに現れようがゴキブリのままで、納豆納豆のままなんだと思いざるを得ません。

これが今まで通ってきた業だと思い、受け止めようと思ったのですが勝手ながら寂しいのも事実でした。

結果ここに甘えて、このような書き込みをしてしまう事を許していただければ幸いです。

随分と長々、自分勝手な事ばかり書きならべて申し訳ありませんでした。

追記

こういう場に書き込んだ以上矛盾した言い方ですが、こんなに人に見られるものなのだなと内心驚いています

この文章にて他の腐女子の方々を巻き込むように、ゴキブリと明記した事は配慮に欠ける発言だったと思います

一部界隈でそう呼ばれていた為、これを書いていた時はただ単純に自分を嘲る為に用いましたが他者の目に触れる以上大変不用意でした。

他の方の気持ち推し量らず、感情のまま書き並べて申し訳ありませんでした。

ただ同性愛差別をしていることにつながるのでは、という事に関しては同意しかます

ここまで書きたてておいて今更どう思われても仕方の無いことですが、ただ純粋作品の一キャラクター発言をそういう風には捉えてほしくなかったという一心だけでした。

そのキャラクターが同性に対して恋愛感情を抱いているようなニュアンスでの発言の上だったらこのような気持ちにもなっていません。

あと腐女子自体が嫌いになったわけでも「仲間にしないで!」といいたい訳でもないのです。

また、自分腐女子であったため腐女子マナーを例に挙げましたが、百合が好きな方であろうが、男女カプが好きな方であろうが人目に触れてはいけないものはいけないと思います

自分文章能力の低さや偏った思考を大変恥ずかしく思いますが、色々とコメントを頂いて自分を考え直すきっかけになりました。

このような稚拙で幼稚な塊のような文章を読んでいただき、またコメントを頂き、有難う御座いました。

N & A の不倫について

Nが一方的に叩かれていることに疑問を持っている。

まずはじめに、Aは「経験豊富アラサー風俗嬢」だからね。

Aの書いたブログを読む限り彼女学生勘違いしてしまうが、Nのブログから20後半〜30前半であることが窺い知れる。

となればガラッと印象は変わる。

ブログにはNのほうから声をかけてきた、と書いてあるがNに対して風俗個人営業している時点でこの言葉は全く信用できない。

頭の良い経験豊富風俗嬢であれば声をかけさせる雰囲気を作るのは簡単からだ。

個人的には、婚期を逃すまいと焦っている経験豊富風俗嬢Aに、

女性経験の少ないオタクエンジニアであるNがはめられたという印象を受けた。

Nが妊娠させた、というよりは妊娠させるよう性的興奮により誘導されたと考えられる。

そして妊娠中絶の事後報告である。これがAにとってNの良心をいたぶる最大の武器となる。

ネット世界で有名なNにとってLineの内容や性癖妊娠中絶という事実さらには性行為動画などを晒されるのは最大級の恐怖であることは想像に難くない。

Aはそれらを手にとって不倫という立場であるにも拘らず、妊娠を迫り、脅し続けた。

Nが阿呆なのは間違いない。

だがどちらが捕食者か、というとAであると思う。

起業家社長が立ち向かわないとならない三銃士を連れてきたよ!

「立ち向かわないとならない三銃士?」

「恥をかくこと」

どんなアイデア顧客候補に話して行けるかいけないかを聞かないとならない。

表面にこにこしつつそれ無理じゃね?と言われることが多く恥をかく。が、こうならいけるかも?みたいなのを拾い上げて商品修正して物にしていく。

でも、実際は恥をかくのを恐れて自己満足でおわらせる。

「疑われること」

起業家社長は信頼もない。ま、起業したよって言って、起業したの?スゴーイなんて言ってくれる人は正直世間体で言ってくれるようなものから、正直真に受けれない。

多くは世の中にないものから、そんなもの本当にうまく行くんか?とは思われる。今までの常識でそれはうまく行かないんじゃないの?と言われる。

今までにないものから起業するわけで、それは当たり前。

けど、それを受け止めて、必死で考えて「いや、これはこうこうこうだからうまく行くんですよ!」というシナリオを作らないとならない。

「嫌われること」

まず、嫉妬される。次に、方向性が違うものを部下に押し付けられるかもしれない。

嫉妬ホントどうしようもない、それを元にこちらの仕事邪魔される可能性もある。だから、近くにいてこちらの仕事邪魔されるのを感じたら、即効逃げないとならない。

回りもまとめて切る必要もある。まあ、そもそも嫉妬心を抱かせるような行動を厳に慎まないとならない。

それから、こんなもの売れないだろ?という提案を部下にゴリ押しされるかもしれない。けど、作ったもの責任を持ち、失敗したら借金を抱えるのは社長

話を全く聞かないのも良くないが、状況見定めて、あるいは話を聞いてもダメなら嫌われるの覚悟で切らないとならない。切らんと仕事にならんし。

人間よく思われたい。いい人でいたいと思いたい。でも、その落差に苦しむことがある。

よく思われたい、いい人で思われたいって感情小池龍之介解釈仏教だと「慢」と言って、それが大きすぎると、非難に弱くなる。自己愛と言う言葉が近いかもしれん。

そんなの道路脇の溝でも肥溜めにも捨てちまわないとならない。

そんな非人間になるのが創業するということ。垢と汗にまみれて、肥溜めから這い上がるようなもの

自己愛・慢は傷つけられるもの。でも、なにかそこら辺を捨てて得られるものがあると思うから創業するんだろ?

そんなのないのなら創業なんかしないほうが良い。起業いいよいいよとおだてる無責任な奴に踊らされるな。

半分今の自分に対してかく。

医療事務員の独り言

 初カキコ、ども。

 俺みたいに新卒で入った会社辞めた腐れ野郎、他にいますかって、いねーか、はは。

 今日職場での会話、

 あの流行りの風邪つらそう、とか、深夜に来た患者がヤク中っぽいだとか

 ま、それが普通ですわな

 かたや俺は電子砂漠死体を見て呟くんですわ

 It's a Burakku kigyou.狂ってる? それ褒め言葉ね。

 好きな音楽 レクイエム

 尊敬する人 病院理事長サービス残業はNo)

 なんつっている間に0時っすよ(笑) 宿直勤務の辛いとこね、これ。

 病院に勤めて今年でx年になるのだが、一向に残業や夜の勤務(宿直と言われるアレ)が減ってくれる兆しもないしそろそろ退職しようと思う。

 自分就職活動をしていたのは少し景気が上向きになりつつあった20XX年頃なので、今とは少し勝手が違うかもしれないが、病院事務員として働こう! などという狂った思想を持つ若者を少しでも減らすべくここにその実態を書き残しておこうと思う。もちろん、これらすべてが真実ではない。が、すべてが嘘ということでもない。そこらへんはうまいこと察してほしい。

待遇

 自分田舎病院就職したので、基本給は安い方だった。地銀と同じくらいかな。

 公表されていた額は基本給19万円強だったが、実態は基本給が約16万円でそこに種々の手当がついて19万円、といった感じ。

仕事内容及び就業時間

医療事務

 うちの医療事務は少し特殊だったのでぼかして書くが、同業種ならなんとなく察してもらえるのではないだろうか。

 未収患者の督促と、入院している患者の処理が主な業務だったのだが、月末月初はとんでもなく忙しかった。10前後に土日祝日が被っていると強制的休日出勤になるのもつらい。が、こちらの仕事はきちんとデジタル上で行われていたので、総務にいた時に比べるとストレスとは少なかったように思う。

 面倒なのは患者クレーム対応こちらに回ってくることだ。窓口にいるのは基本的パートの人たちなので、クレームが入るとすぐにこちらに電話して来て自分たち職員対応するという謎ルールのせいである。すぐに終われば良いのだが、もちろんそんなことはめったにない。

 就業時間だが、月の繁忙期はみんな11時ごろまで仕事していたとだけいっておく。が、朝はゆっくりできたので、そこまで辛くはなかった。残業代が全て出てくれていたら、辞める気は起こらなかったように思う。それ以外の時は定時で帰れた。と、いっても、月に2.3日だけだが。

・総務系

 主業務経理及び給与1000人規模の事業所だった上に、給与計算の方はそのほぼすべてがExcelしかも紙データ手打ち)だったのでかなり辛かったことを覚えている。経理の方はデジタルデータばかりで楽だったが、クレジットカード計算だけレシート手打ちしていたのでそれはかなり面倒だった。あと、どちらの業務フロッピーディスクデータのやり取りをしていたのだが、他のところはどんな感じなのだろう。

 就業時間は9時から18時だったが、自分部署及びた部署の鍵開けも自分担当だったため、7時半〜8時には出社するように求められていた。当然ながら、その間は無給である

 さて、勤務時間についてだが、基本的に定時で終わることはない。総務の仕事は18時から、というのが、上司に言われた最初言葉だったのだが、まさにそんな感じだ。通常の勤務時間内は、他部署から回ってくる雑用のせいで自分の席にいることができないと思って良い。診察の時間が終わると少し静かになり、自分仕事ができる。繁忙期でなければ9時には帰ることができるが、年末調整決算期だと余裕で午前に突入する。残業代はその時の運によって決まる。上司の機嫌が悪いと出ない。タイムカードなんてなかった。

・宿直について

 病院診療時間がいでも人がひっきりなしに来るところなので、必然的にその対応をするために人員が割かれる。自分病院では、18時の勤務が終わったタイミングパートさんと交代し、その人たちが再び出勤する翌日朝9時までが自分たち事務員が代わりに窓口で働いていた。

 小児及び産婦人科救急患者は全てうちでの引き受けだったので、基本的ほとんど眠ることはできない。ひっきりなしに電話が鳴るので、宿直の番になった事務員は皆その時間自分仕事をやっていた。自分とて例外ではない(上司からもそのように指導される。もちろん残業代は略)。ちなみに、次の日は有給を使わないと通常勤である

 夜18時から朝の9時まで、通常の業務を含む諸々の作業をこなしても支払われる手当はたったの三千円程度である。これは違法だと思うのだが、労基に相談したところ「すべての職員の時給を求めて、手当がその1/3以下であると立証できない限り違法ではない」と言われた。総務にいる頃に一度計算したことがあるが、もちろん下回っていた。が、そこから労基が開いている時間仕事がなかったことがないので結局告発していない。

 この形態の勤務が月に5〜6回程度あり、それが繁忙期と重なると地獄であることは想像に難くないと思うのだが、いかがか。

メリットについて

 さて、こんな仕事がだが、もちろん悪いことばかりではない。そうでなければ、x年続けることはできなかった。

 まず、病院一般的福利厚生がとても手厚い。看護師の方が働きやすいように、という配慮からか、育児休暇産休が取りやすいよう環境が整備されている(有給は不可)。保育園も併設されているので、子供が生まれてもなんだかんだで復職して来る人が多い。

 また、副業フリーなのも大きい。うちにもいわゆるスーパードクターみたいな先生がいたのだが、思うに公演や印税の方が給与よりも多かったのではないかと思う(邪推)。仕事ができる人間はどんどん稼ぐことができるが、そうではない凡人、例えば自分のような人間は一生奴隷のごとき労働条件で働くことになる。

 何より大きいのは、医療費がかからないことだろう。事務員場合入院しても病室で仕事ができるので、有給を使うことな治療に専念できる。もちろん、入院中に調子が悪い時は有給を使うこともできたが。

 自分無能なので役職はつかなかった。もし、役職があり、責任のある仕事を任されていたのであれば、もっと続けよう、という気になったかもしれない。が、若い間はともかく、高齢になった時にこんな生活を続ける気は無いし、自信もない。今ですら徹夜明けの通常勤務はかなり身体にこたえる、というのが正直なところだ。現在は、次の決算期が終わったあたりで退職するべく準備を進めているところである

 誤字脱字が多々あり、読みづらいとは思うが、ここまで読んでくださった増田の方々には感謝しかない。ありがとう

 それから病院就職先・転職先に選んでいる方たちへ。悪いことは言わない。やめておきなさい。

 最後に。そんな病院今日も働いている、医療従事者の皆様へ。

 いつも、ありがとうございます

 宿直明け勤務に戻ります。では。

 

伊藤直也さん事件に対する僕の気持ち

  • 伊藤直也さんのような今まで公に負のイメージが無かった偉い人が身を落とすのはとても愉快です。
  • 実は普段から(正確には技術顧問かい言葉が出てきた辺りから伊藤直也さんに対して「俺の知らない所で調子に乗りやがって」という気持ちがあったので更に愉快です。
  • 先日の伊藤直也さんの反省文は長文だったので全く読まなかったし、ブコメだけ見て「なるほど見苦しい言い訳をしてるんだなあ」「全部本当だったんだ」などとだけ思いました。僕はそもそも「全部」を把握してない(ハメ撮り画像をチラ見しただけ)のですが。
  • 伊藤直也さんにはもっと燃料を投下して欲しいです。周囲の人間ももっと巻き込んで新たな火種を生んで欲しいです。
  • 僕は Rebuild.fm聴くことがあるので、あそこで話している方々も巻き込んでもらえると嬉しいです。誰とは言いませんがよく「久々に日本に戻りました」とか言ってる人がいるので、そういう人が嫁に隠れて日本不倫してたら最高だと思ってます
  • 結構炎上しているのでこのままはてな社の株価にも影響を与えてもらえると助かります。昨日から相場に参加してますのでよろしくお願いします。正直スプラトゥーンアプリの成果が気になってたのですが大して上昇が続かなかったのでホッとしました。

https://anond.hatelabo.jp/20170726004615

ラインなんて言葉があるんだな…ぐぐった

おっさんのOラインの毛を一本一本レーザー脱毛をする執刀医はどんな心持ちなのだろう

職人の域だな

いやレーザー脱毛か知らんけど

https://anond.hatelabo.jp/20170726002853

30歳の頃も全くそんな事考えた事がなかったし、

40歳の今もないので主語でかすぎという言葉を贈りたい

最近は「娘がこういう女にならない為にはどうすればいいか」って事を考えるようになった

「察して」はこちらの都合です

から言葉にしなかったことはわかってもらえなくても仕方がないし

伝えたいことはクチに出さないと確実には伝わらない

ということを日々心がけてる

恋愛ドラマによくある男の女の想いのすれ違いとか嫌いだから

アンジャッシュのすれ違いネタは大好きだけどね、関係いか

今、伝えたつもりだった気持ちがうまく伝えられてなかったことに気付いた

これもう1回伝え直すの超抵抗ある

お願い誰か俺の気持ち察して…

[] #31-2「その名も」

町の中でも、特にシロクロを目の敵にしていたのはツクヒという子供だった。

「む、また、シロクロか……目障りだなあ。見た目が目障りだし、一挙一動目障りだし、特に声が目障りだ」

ツクヒは自身コンプレックスの塊のような存在だと認識しており、その感情を同年代にばら撒く人生を送っていた。

あらゆることをコンプレックスに絡める卑屈さは傍からみていても気分の良いものではなく、彼の周りから人は自然距離をとる。

ツクヒの困ったところは、そういう原因に含まれている「自分」という人格を、ある意味では甘く見積ってしまうことだ。

まり、彼はそれがコンプレックスのせいだと意固地になり、それで人間判断する狭量な奴らだと周りを判断してしまうわけである

自分が嫌いだが、それ以外を更に嫌いになることで心の安寧を謀っているのだ。

そのため弟たちとも折り合いが悪い。

そんなツクヒにとって、弟たちと仲の良いシロクロは八つ当たりやすい格好の的だった。

「よーし、このスリングショットで目にもの見せてやる」

スリングショット子供玩具というイメージが強いが、極めれば立派な武器である

そしてツクヒの持っているのは正にそれだった。

「やめろ、ゴミ!」

ツクヒが構えたとき、弟たちがすんでのところで止めた。

「そう呼ぶのはやめろ!」

ゴミ」というのはツクヒのラストネームだった。

当然、読みがそうなっているだけで別に悪い意味はないのだが、ツクヒにとっては呼ばれたくないものであった。

「……ツクヒ。いま、シロクロに当てようとしただろ」

ツクヒは最初ばつが悪そうな顔をするが、すぐに取り繕って弟たちに言葉を返す。

「そうだよ。だけど別にいいじゃん。こんなことやっても、マスダたち以外は誰も強くは止めないじゃないか。シロクロは、これ位のことはされても別にいい存在って周りに思われているんだよ」

ツクヒの開き直りに、弟たちは怒りの炎を静かに燃え上がらせる。

彼の理屈をこの場で一蹴することは簡単だ。

だが、それではその場しのぎにしかならないことは分かっていた。

そこで弟たちは、とある妙案に望みを託した。


「ツクヒ……シロクロはな、“アレコレ病”なんだ」

「アレコレ病? なんだそれは」

聞き覚えのない病名にツクヒは首を傾げる。

それもそのはず、それは弟たちが思いつきで考えたものなのだ

「見ての通り。シロクロみたいに、“ああ”なるんだ」

「なんと、奴は病気だったのか。道理で……」

意外にも、ツクヒはそれであっさりと納得して帰っていった。

「シロクロの奇行は目障りだが、病気なら仕方ない。常人である自分たち我慢しよう」

弟たちにとっては藁にもすがる思いで実行した作戦だったが、ツクヒの予想以上の反応に手ごたえを感じ始めていた。

(#31-3へ続く)

2017-07-25

植松被告から意思疎通がとれない人間安楽死させるべき」という手紙が来たらしい

「非常に差別的で、人間とは思えない」というのが一般的意見

LGBT最近になって理解されてきて、公の場で差別発言すると叩かれる

しかし友人間会社などで「自分実はゲイです」というと、言葉にしないだけで多くの人は嫌悪感を持つ

黙ってるだけで心の中では差別しているわけだ

そこには突出してはいないものの、マイルド排除感情がある

実際に殺しはしないが、根底には通じるものがあると思う

どこにでもあるような話

※この話は作り話です

20代若い頃、不倫をしていた。相手は30代後半のおじさん。今思うと、あんなおじさんのために若い頃の時間を使うのは本当にもったいなかったと思っている。

あのおじさんはいつも奥さんの愚痴ばかりを言っていた。そして、奥さんと比べて私がいかに素晴らしいのかを滔々と説いて、最後に寂しい子供のような顔をした。

それで私はその気になってしまった。この人の孤独を救うのは私なのだと思い込んだ。そうして、不倫関係が始まった。本当にあの頃の私の頭をぶん殴ってやりたい。

私は、あのおじさんがいつか奥さんと別れて私と結婚してくれるのだと願っていた。おじさんの口から聞く奥さんとの関係はすでに破綻していたし、おじさんは私に夢中だと思っていた。愛があるのだから結婚できるということを疑っていなかった。

けれども、おじさんの身辺から不倫が奥さんにばれた。そして、話し合いの場に私も呼び出された。

私はそれならそれで奥さんに逆三行半を突きつけるチャンスだと思っていた。当然、これからおじさんと私で一緒に生きていくので離婚しましょう、という話になるものだと思っていた。

しか現実真逆だった。

おじさんは奥さんにものすごい勢いで謝り始めた。出来心だった、遊びだった、一度も本気になったことはない、許してくれ、そんな言葉オンパレードとともに、私のことを下げることを山ほど言った。私を口説いたとき、奥さんを下げて私を上げてその気にさせた時とは正反対だった。

そこで私は、自分がとんでもない見込み違いと勘違いをしていたということにようやく気づき、急に恥ずかしくなった。

奥さんはやたら喋るおじさんに少し静かにしていて、と言って、私に向き合ってきた。

奥さんは静かに言った。

まず、自分は夫を許す気は無いということ。そして、だからこそ離婚はしないということ。離婚はしないしあなたはまだ若いからこんな男に引っかかったのだろうから慰謝料請求はしないということ、ただし関係をすっぱり切ってもらうことが条件だということ。

そうしたことを静かに話す奥さんを見て、私は、ああ、この人にはかなわない、と思った。だから、その条件を素直に飲んだ。

あのおじさんは離婚はしないと言った奥さんに対して、ありがとうありがとうと何度も言っていたけれど、きっと奥さんの言っていることの意味がわかってないんだな、と思った。

とにかく、あの奥さんには今でも感謝しかできない。

そしてその日以降おじさんとは連絡を取っていない。おじさんの方からは何度かコンタクトがあったけれど、全て無視した。というか、ここまで頭の悪い男だとは思ってなかったので本当に幻滅したし、そんなおじさんに夢中になっていた自分ラリアットをくらわせたい。

そして後悔としては、あの物静かで強い奥さんに修羅の道を歩ませることになってしまったことだ。いや、その道を選んだのは奥さんなんだけど、その道に続く扉を開いたのはあのおじさんだけではなく私も一緒だったのだ。

本当にこの点は後悔しているけれど、それを償おうとすることもまた罪なのはわかっているので、私はこの後悔を一生抱えて生きていくことになるだろう。

それがせめてもの償いのような何かになることを、今は信じるしか無い。

絶望的に自分から始められなくてモテない

俺はモテない。

いつものランニングテーマはSurviviorのBurning Heart.

でも全然燃えないマイハート

https://www.youtube.com/watch?v=Kc71KZG87X4

さて、俺はモテない。

なぜなら勇気がないからだ。

勇気がないから、異性と絡むキッカケが作れない。

…というより、嫌われない程度の最低限のラインまでたどり着けない。

こういうふうに、

日ごろからほとんど引きこもっていて女性と接する機会もないと、

だんだん自分の考え方が歪んでくる。

女性や、モテる男について考えるときソースが、

自分過去体験や、ネット情報のみに基づいてしまうからだ。

そして、基本的ネットサーフィンというのは、

自分の見たいものしか見ないもの

自称モテ男や、恋愛がうまくいってそうな男女がいうセリフで、

俺が著しく反発したい気持ちかられるセリフがある。

それが、「もっと努力しろよ。」という言葉だ。

それはまさにもっとである。俺には努力が足りない。だからモテない。

そんなことは分かっている。

しかし俺の感情がその助言を受け入れることを拒否するかのように荒ぶるのだ。

恋愛における努力とは、

清潔感を保つこと、オシャレをすること、トーク力を磨くこと、

経済力を高めること、頼りがいのある男になること、

…などなど、多肢にわたると思うが、

それらを一言でまとめてしまうと、

「目の前の女の人を理解する」

という言葉で括ることができるだろう。

だが、なんで俺が女性理解するために努力しなければならないのか。

今の俺はモテなくて、こんなに悩んでいて孤独なのだ

周りの女性だって俺を理解してくれていないじゃないか…と、

うまくいえないがそんなふうに感じてしまう。

自己啓発の名著といわれる「7つの習慣」には、

インサイドアウト、という概念と、

理解してから理解される、という言葉がある。

要するに、自分の考え方が自分から見える世界を作っているのだから

まずは自分を変えないと世界は答えてくれませんよ、ということ。

から相手理解してほしいと望むなら、

まずは自分から始めるしかない。自分から動くしかない。

自分から相手理解しようと努めるしかないのだ。

うむ。その通りだ。

本当にその通りだと理屈では思う。

だけど、俺の感情がそれを拒否するかのように高ぶるのだ。

まずは俺の不遇をわかってくれ。そして癒してくれ。

燃えないハートはそう叫んでいる。

絶望的に自分から始められない。

からモテない。

https://anond.hatelabo.jp/20170725202321

戦闘的無心論者として宗教と戦ってるだけ

子供宗教権威を知らないわけない

キリスト教ではみんな子供のうちに洗練を受け、神父の言う言葉神の言葉だと教わる

よって権威理解ないというのは、宗教文化に触れてないが故の誤解

宗教権威による犯罪で、他と違うかについてはもう既に徹底的に批判済みなので割愛

https://anond.hatelabo.jp/20170725182713

あ、いい返せる言葉に困るとそんな反応するねんなー勉強になりまんねん

anond:20170725165053

自分技術屋の端くれだがこういう人が一番困るんだよね。

言葉悪くて申し訳ないが「熱血バカタイプが。

もっと他に優先すべき課題があるんだからさ。

[]スラックティビズム

スラックティビズム(英: slacktivism)は、「怠け者(slacker)」と「社会運動(activism)」とを掛け合わせた合成語である

労力や負担を負わずに、社会運動いたことをする行為を指す。

この用語は、社会意味のある影響を与えていないのに、社会にとって良い活動をしたつもりになる自己満足行為について、軽蔑を込めて使われている。

こうしたスラックティビスト(スラックティビズムにあたる行為をする人)たちの行為は、多くの場合個人の労力や負担必要としない。

スラックティビズム - Wikipedia

リボンやワッペンバッジなどをつけて何らかの主張の支援を誇示する行為

駅前募金活動被災地に贈る折り鶴、SNS上での“拡散希望”、忌日の黙祷はてブ増田での議論

数多くの事例がスラックティビズムという言葉説明でき、目から鱗が落ちる。

人格障害という言葉の強さ

なにか生きてて辛い、診療内科に行く

あなた人格障害から病気ではないと言われる

単に性格に致命的な欠陥があるので病気ではないと言われる

そうですか、治りますか?というと性格問題ですと言われる、そりゃどうにもなりませんねと私は思う

私は私のことをわかってくれとは言わないが、人格障害=性格に致命的な欠陥があるという強い言葉を廃してくれないか?と思う。私は私の性格に致命的な欠陥があるのは何となくわかっていた、だめ押しはつらい。

精神分裂病ボケ老人、いろんな言葉患者(まー性格の異常なので患者ですらない人間なんだけど)の「できればまともになにたい」という思いや努力を殺さないでほいしと思うのはいけないのか。いけなくなかったら、性格に欠陥があると面と向かって言われた人間はどうやって生きればいいんだろう。

さておき、なんで人格障害というものすごく強いフレーズはなんで生き残り続けるんだろう? この言葉の強さが人格障害のみんなの「早く人間になりたい」という思いを打ち砕くのではないか

絶望的に勇気がなくてモテない

俺は非モテだ。

シコッたあとはなぜか遠い目をしてクラシックを聴きたくなる。

増田にいる自称非モテの人々はとても論理的文章を書く人が多い。

俺は頭も良くないし常に感情に流されまくっている人間なため、

ここでも主観しかない文章を書き綴る。クラシックを聴きながら。

https://www.youtube.com/watch?v=ov1xwCQULSY

さて、俺は非モテだ。

なぜ俺はモテないのか。それは端的に言って勇気がないからだろう。

女の子自分から絡んでいく勇気がない。

それ以外にも、色んなことをするのに、勇気がない。

彼女を作ったり、恋愛ができるようになるためには、

まずは目の前の女性に「嫌われない」ことを目指して、

当たり前のことをこなしていくべきだ。

挨拶

清潔感のある見た目、仕草

・ウジウジしないこと

相手の想定よりも重いアプローチをしないこと

…などがこれにあたるだろう。

この、男として、人として当然こなさなければいけないことにすら、

自分には越えられないハードルとして感じられる。

変な目で見られるのではないか挨拶しても帰ってこないんじゃないか

と思うと、自分から挨拶をするのが怖い。

吐き気がして歯医者美容院にいけない。

過去未来のことを思い悩んでしまう。

ちょっとチャンスがあったら変にドライブをかけてしまう。

とにかく勇気がなくて、余裕がないのだ。

異性に嫌われない水準にまで自分をもっていくことすら、

勇気がなくてできない。

思い出すのは、大学時代

チャラめの友達に連れていかれたクラブやら合コンやら、サークル飲み会

周りの男たちが、女の子と何かしらのキッカケを掴んでいく中で、

はいつも一人でボーっとしたりひたすら枝豆を食べたりしていた。

それが、彼女いない歴年齢の俺と、彼らとの違いだった。

もちろん、女の子と楽しそうにコミュニケーションしている彼らだって

初めのキッカケを掴むときには胸をドキドキさせながら、

どうにかなりそうな気持ちを抑えて必死に声をかけているのかもしれない。

勇気がないのは誰だって同じ、だからみんな頑張っているんだ」

…という言葉をよく言って聞かされる。

確かにそうなんだと思う。俺はきっと何も頑張ってないんだ。

だけどこれは、勇気がないっていうのは"俺にとって"とても切実な問題なんだ。

周りの人は、なんとか超えられたハードル

だけど、自分には怖くて越えられないハードルが沢山ある。

から俺には勇気がないんだ。人よりもずっと。

そう言ってしまったっていいじゃないか

俺には絶望的に勇気がない。

からモテない。

フリーランスになると戦闘力が下がる問題

当方Webフリーランス

フリーランススキルの切り売りで、長期的には戦闘力が下がる的な記事を目にする機会が増えたので、思うところをチラ裏に書く。

そもそもスキルの切り売りなのかといわれれば、まあそんな気もする。

これまでに「やってきたこと」をベースに新しい仕事を取っていくことになるため、必然的に「過去にやったことと近しい仕事」が増える。

はいえ、新しいことが全くできないなんてことはなく、そこは雇用主との関係次第だと思う。

自分場合だと、新しい技術トライさせてもらったり、全然ジャンルを(人が足りないから)手伝わせてもらったりと、色々やらせてもらえている。

でもこれって、正社員でも同じというか、育成対象の「新卒正社員」以外はそうなんじゃないかな。

新卒は育てるものだと思うけど、数年経って独り立ちした後は、できる人に仕事が与えられていくわけで。

そう考えると、フリーランスから戦闘力が下がるというよりも、フリーランスになると戦闘力が上がる可能性がある場所にいく確率ちょっと下がる、、といった具合じゃないだろうか。

また、正社員じゃないから良い仕事をもらえない的な話もあるが、多分そんなことはない。

本当にスキルが高ければ正社員にしようと先方から勝手にいい話がどんどん落ちてくるし、経営ときちんと話ができていれば正社員よりも良い仕事をもらえるケースも多くある。この辺は会社の規模とかによって変わるので、一概にそうともいえないが。少なくとも百人くらいの規模までは、戦闘力の高いフリーランス価値はかなり高いので、重宝される&良い仕事は与えてもらえる。

で、ここからが本題で、正社員からって戦闘力は上がらないっていう話。

周りを見渡して思うが、新卒から有名企業に勤め続けている友人たちで、戦闘力が本当に高い人なんてごく一部だ。

学生時代新卒の頃と比べて戦闘力が格段に上がっているやつなんてほとんどいない。

戦闘力を上げることができるチャレンジングな仕事なんてものはそうそう転がってないし、多くの場合定型化された仕事アサインされる。

その意味では、正社員の方が戦闘力をあげにくいケースが多い。

もちろんんこれも企業規模によるものが大きいのだが、ある程度安定した事業運営している企業にいる限り、自分戦闘力を上げるチャンスなんてないと思った方が良いし、スキルの切り売りどころかスキルアップの機会すらない。


そんな意味では、結局のところ、入った(手伝ってる)会社と、その中での人間関係と、自分次第だと思う。

新しく人間関係を作ったりするのが苦手なのであれば、成長途中の企業正社員で入った方が戦闘力を伸ばす機会は増えるだろうし、どこの会社の誰からも好かれる自信があるのであれば、フリーランスでやっていても幾らでも戦闘力なんてあげられる。


余談だが、一番戦闘力が上がるのは、自分ゼロから始めたケースだ。

会社の偉い人から与えられた目標を達成していくプロセスでも戦闘力は引き上げられるが、自分でやる方が段違いに戦闘力が上がる。

個としての戦闘力を上げるだけなら、すごい人の知恵は借りつつも、なるべく多くのことを自分で考え、実行する。

この繰り返しが最短なのは間違いないし、多分一番楽しい

鳥山明並みに戦闘力って言葉使った一日だった。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん