「交通」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 交通とは

2016-08-28

無駄に外を歩いてみたら穴に落ちた話

遅い朝食を取り、窓を開けるとそこそこいい天気だったので、外に出かけてみようかと思った。

ドアを開けると緩やかな熱風が吹いてきたので、とりあえず上に羽織っていたカッターシャツを部屋に脱ぎ捨て、ついでに右足の爪を切っておいた。

自宅前の通りを10メートルほど歩いてふと財布を忘れたことに気付いて一旦戻るとスマホも忘れていたが、別にその間に何の着信もなかったのでホッとして再び外に出る。

自宅から南へ350メートルほど歩くと最寄の駅があると、引っ越す前に不動産屋が教えてくれたが歩数で計ると最短でも450メートルあり、そういうのってどういう嘘なのだろうと疑問に思いつつ、どんどんその交通量の多い片側二車線の大通り沿いを南へ進んだ。

結構日差しが照りつけて体中から汗が洪水のように噴出してきた。

湿度も高かったのだろうが、なかなか乾かない汗って意味ないよねー、と思う。

平日だったので、その大通り交通量はかなりのもので、お仕事中の車がガンガン走っている。

多分、車内は空調が効いてて快適なのであろうが、あんたたちのせいで汗も増えていると思うと若干腹も立つ。

経済活動は汗をかくこととは言え、こっちに罪はない、ただ歩いているだけなのに。

でも、このままこの大通り沿いを歩き続ける事は器官や肺にとっていいことではないと気付き、脇道を西の方へ逸れることにした。

その直後、スマホの着信バイブがジーンズ越しに臀部を刺激する。

もしもしあんた今何してんの?」

A子からだった。

「いや、別に?なんか用?」

するとA子は少し苛立った口調になった。

「あのねー、今朝あんたを叩き起こしたのもう忘れたの?」

あー、そう言えばモーニングコールはA子だったな。

めっちゃ夜更かししてたからぼーっとしてたよ。で何?」

「何、って・・・呆れた。ちょっとそこ何処よ?」

「よく知らない。暇だから歩いてるだけ」

そう返事しても、A子は無言。

「おーい、返事がないけど?」

・・・バカ、知らない!」

とA子は電話を切ってしまった。

なんか悪いこと言ったか? 皆目見当が付かない。ていうか、何も悪い事は言ってない。

暇だから歩くことが悪い筈がない。

どんな法律の条文を、施行規則まで含めて読んだって、昼日中道路をなんら交通違反もせずに歩く事は裁判所だって無罪とする他なかろう。

というわけで、自信を持って再び西の方角へ歩き始めた。

自宅を出てから時速3キロほどで30分は歩いたから、多分1.5キロくらい歩いたところだろうか、前にはなかったはずのコンビニがそこにあったので、一旦喉を潤して、欠いた汗の分だけでもせめて水分補給しようと、水を買う事にした。

だがこの暑い季節なのに、水は一本も売っていないという状態に少々驚き、店員に尋ねてみた。すると、

すんません、さっき買い占められちゃって」

はぁ? どんだけ大量に買い占めたんだ? コンビニバイトしてたから知ってるけど、この時期2リッターまで含めて大量に入荷する筈。

そんだけ買い占めようと思ったらこレベルコンビニなら軽トラ1台くらい必要だぞ。

マジで?」

「マジクソ大マジっすよ。運ぶだけでどえらく大変だったんすから

うむむ・・・どっちにしろ無い物は仕方ない。水を買うのを諦め、500mペットボトルお茶をやむなく買う事にした。

しかしそれは大正解で、今まで飲んだ事がないくらいのそのお茶は美味かった。

涼しい冷気をコンビのの中で数分浴びてから、再び外を歩き出したら、そのコンビニから北へ100メートルほど行くと、耕作を放棄したような荒地のようになってる狭い田んぼを見つけた。

何故その田んぼに興味を引かれたのかは分からないが、そこで何故か立ち止まってじっくり田んぼを眺めた。

端の方でなにやらごそごそ作業をするおばあさんが一人。

何をしているんだろう?と眺めているとこちらへ振り返って手招きし始めたので、誘われるようにおばあさんに近づいてみた。

あんたさー、今日大事な日だってのすっかり忘れてねぇっぺか?」

誰なんだ?この人。今あったばかりだぞ。

「一体何の話ですか?」

「何の話もクソもあるか、このバカタレが!ここに穴掘っておいたから今からお前落ちろ!」

あ、穴?落ちろって、何故?

言ってる意味全然からずきょとんとしてると、不思議な事にその田んぼの土を掘り返して出来たような穴がどんどん広がって、ついには足元にまで広がってまるで吸い込まれるように穴に落ちていった・・・

 

はっと気が付くと、ベッドの上だった。

A子が呆れた様子で上から見つめていた。

「さっさと着替えて出かける用意して。ホントにいつまで寝てんのさ。まさか今日が何の日か忘れたわけじゃないでしょうね?、あんたの事だからもしかしてと思って様子見に来たんだけど、この時間まで寝てるとはね」

そーだった、今日はA子との結婚式だったんだ。

-----------

というよく分からない文章が私のパソコンにあったのでそのままアップしてみたw

2016-08-26

違和感を覚える標語「五七七」

普通標語って、自由律を除けば大抵五七五じゃん。

でも意外と五七七のリズムで作られている作品が多くて不思議なんだよね。

よくあるのが、交通関連の標語最後が「安全運転」や「交通安全」で終わってる作品

「手を挙げて 横断しましょう 交通安全」みたいなヤツ。

そこは最後安全に」とかじゃダメなんか。

五・七と来て最後が五じゃなくて七で終わると、何か締まりがないというか、ガクッて力が抜ける感じがする。俺だけ?

2016-08-23

日本いか

http://anond.hatelabo.jp/20160822143611

交通事故当て逃げ当方自動車ダメージと、人身傷害もあり。)にあったとのこと。

高速道路上という制約はあったけれど、30分以上現場に到着しなかった(首都高警備隊10分で到着した。)。

当日の現場検証では、ひたすら人身傷害否定され、とりあえず物損にさせられた。後で改めて病院に行って、診断があれば人身に変えると言われた。

その後の、実況見分調書の作成のための、現場見分は三か月後。

さらに、実況見分調書の実際の作成は数か月後。

そして、そのあと、これ以上捜査は出来ないと連絡があり、終わった。

いわく、首都高速は沢山の自動車が通るので、カメラを使った分析事実上不可能未明時間帯で、交通量はまばらだった。時間特定できている。)。

確かに、大きな事故ではないし、限られたリソースで、より重要案件捜査力を注ぐということはあるとは思う。

警察正義体現するものでもないとは思う。

が、あまりに納得しがたい。

見てるか、警視庁高速道路交通警察隊の●●と●●。そしてその上司の○○。

みなさんも、事故を起こしても、軽微であれば、あてにげしても警察は追って来ないので、逃げた方が正解かもね。

首都高においては、当て逃げされても、警察は「まともに」捜査してくれません。

2016-08-22

台風Japan

台風(が来てるのに無理やり出社して交通網を乱したあげく)Japan

2016-08-20

交通マナーニュース見たけど

関西人の俺から見たこと、思ったこととか。

名古屋マジで名古屋走りあるんだなって思った。

しか名古屋駅前で見せつけられたぜ!

右折レーン空いてたらわざわざ行って、直進レーンの車を追い越す。

急いでるんやったらもっと余裕もって発地点を出ろよなー。

福岡県内の九州自動車道福岡県内を走ってて思ったのはやたら車線変更にウィンカーが出ない。

意思表示くそもねぇ。

サイレントにぬるっっと車線変更しやがる。

大阪阪神高速環状線ラッシュ時はやばいね。

車間1台分あれば車線変更の車が入ってくる。

車間0.7台分のときはくさびを割るように車線変更してくる。

でもウィンカーはまだついてるからしかな。点灯しても1~2回だけど。

特に守口線合流~東船場JCT

そして深夜真夜中はレーサーがしゅごい。

東京都都心の矢印信号がメインな信号

あれは慣れてない田舎者にとっちゃ至難の区間

青になる瞬間までぼーっとしてたら、うしろからクラクション

気づいたら矢印ついてるし。

そして生活圏に滋賀県が含まれてしったのは、いまだにあるんだ中央線偏移区間







左折可の看板もっとやすくしてください。

2016-08-18

あるでしょ

信号のない交差点歩行者一歩踏み出しながら近づく車を見る。車、一瞬減速。

歩行者「車こっち見てる。減速もした。交通ルール自分が正しい。よってオレ渡る。」

自動車歩行者こっちみた。車来てると知っててまさか歩き出さない。後ろにも車いるしオレ行く。」

結果、事故。十分あるある

http://anond.hatelabo.jp/20160818125341

自動車で170キロ? リスクと疲労を考えると割に合わない。

http://anond.hatelabo.jp/20160818003041


国土交通省資料 平成26年 状態別死者数 


・1位 歩行中 1498人

・2位 自動車乗車中(運転手及び同乗者) 1370人


http://www.mlit.go.jp/road/road/traffic/sesaku/xls/data08.xls


交通刑務所懲役者のほぼ100%自動車運転手

自動車依存自動車中毒自動車乱用が減れば減るほど地域安全になる現実が見えてきます危険ドラッグと同じですね。

実名公開、顔の公開、懲戒解雇刑務所懲役につながる場合も多いのが自動車による加害、自動車交通犯罪

http://www.geocities.jp/masakari5910/satsujinjiken_kiken_chishi.html

http://ecx.images-amazon.com/images/I/61A1q3r9IjL.jpg


自動車惨事は、車内の人間も一気に死傷する。下記はほんの一例、もっとひどいのはいくらでもある。

http://daily-news.jp/wp-content/uploads/2015/03/e-thumd4216.jpg

http://livedoor.blogimg.jp/shashuhantei/imgs/9/3/9320de36.jpg

http://life-hacking.net/wp-content/uploads/2016/05/jiko.jpg


他に


大阪梅田自動車歩道につっこんで11人死傷の惨事

京都祇園歩道のない道路自動車暴走して20人の歩行者等が死傷した惨事

東京池袋自動車歩道につっこんで5人死傷の惨事

他多数

2016-08-11

休日マイルドヤンキー事故

かなり高い気がする。

連休になるとよく事故渋滞に巻き込まれるんだけど、今日事故スモークハイエースマイルドヤンキーぽい集団だった。

事故に巻き込まれ家族連れのプリウスがかわいそうだった(特定を避けるため車種は仮)。

バイク集団走行するマイルドヤンキー、同じ車のオフ会するマイルドヤンキーミニバンに乗り込んで遊びにいくマイルドヤンキー

こいつらほんと危険マナーも最悪。


まあ、はてなーは「プリウス老害極悪人」「マイルドヤンキー交通マナーを守っている!」

とか思ってる引きこもり集団なので知らないんでしょうけど。

2016-08-08

http://b.hatena.ne.jp/entry/289642590/comment/takashiski

このブコメおかしい。

「外の世界(の問題解決)に興味がある」という表現は、括弧による言葉の補足から考えるとおそらく「わたしたちの社会(外の世界)に存在する問題コンピューターを使って解決することに興味がある」ということを指しているのであろうが、秋葉瀬谷のいう「外の世界」とは単にアンドロイドロボット代表されるような物理実体のことを指しているのだから多義語の誤謬である

また、秋葉は大規模グラフに関する研究を多く行っているが、これらには交通ネットワーク上の最短ルート探索などの応用があり、秋葉はその意味で十分に「外の世界(の問題解決)に興味がある」。

2016-08-05

どうやったら企業内の交通災害発生率を下げられるか

安全っていうのは、業績と同じくらい大切な項目

安全をあからさまに軽視する企業は少ないけれども、レベル感が低い所が未だにちらほらある。

「何をそんな大げさな」と言うかも知れないが、安全を軽視すると「従業員が離れる」「体外的な視線が厳しくなる」「事故対応リソースを割かれる」など、結果として業績に影響する。

コンプライアンスを重視するのも同様だ。一発失敗した時のインパクトがでかいから、それだけ重視する。

じゃあ、どうやって安全を確保するんだろう。

ここでは、自動車営業周りする人間の、交通災害について考えてみたい。どうやったら事故発生件数を減らせるのか。

事故は乗車時間×事故

2つの方向性がある。①乗車時間を減らすことと、②事故率を下げることだ。

よく安全対策会議で話し合われるのが、②についてのone of themで、例えば「若年者層へ講習を実施しよう!」などだ。

乗車時間を減らす

乗車時間を減らすには、単純に車に乗らなければいい。いか効率的に車に乗らないかを重視する

電車で行けるところは電車で行く

目的地の近くまで乗りあわせて行き、現地で散開する

また、事故率が固定と考えられれば

・個人の事故率により乗車可能時間制限する

事故率の低い人間に運転させる

なんて方法がある。

これらの方法は、若干の効率犠牲にしている感じはある。

事故率を下げる

事故率を下げるには、乗る人間がうまくなればいい。

事故率を下げるには、ハインリッヒの法則に従い、ヒヤリハット数を減らせばいい。

ヒヤリハット数をカウントし、その度にトライアンドエラーにて学習すればいい

こういったニーズからドライブレコーダーなどが発売されているのだろう。

事故抑制のための講習会実施する。

災害発生の重大性を説明する講習を実施する

こういった対策企業ではとられている。結局、従業員スキルが上がれば事故発生率が減ってハッピーだよね?効率も下がらないよね?というパターンだ。

事故率を下げるには個人の運転スキル定量的評価する必要がある

乗る人間能力向上を狙うには、何ができるか/できていないか定量的判断し、事故率を算出する必要がある。


運転スキル = 操作スキル × 認知スキル に分解できると思う


操作スキル教習所で習うようなものだろう。究極的に言えば車両感覚が正しくあるかどうか。車の挙動想像できるかだ。こちらは課題制限時間を与えれば、案外簡単評価できそうだ。

認知スキルの私の知る最高峰google:防衛運転 20箇条 だ。しかし、これを実践できているか?を評価する仕組みがまだない。

たとえ、隣で検査官が同乗しても、その時だけ頑張るということが起こりうる。


かい方法いかなぁ。あれ、これ、ビジネスチャンスじゃね?

2016-08-01

ああーもうイライラって思うとき

もうイライラってなるとき

  1. ドライブしているとき交通渋滞
  2. 灼熱地獄
  3. 部屋が散らかってるのを目の当たりにしたとき
  4. 害虫をみたとき
  5. 蜘蛛の巣がとんできたとき
  6. あとなんだろう?
  7. へんなでんわがかかってきたとき

2016-07-31

なんで国鉄分割民営化をしたのかっていう

 JR北海道ヤバいということで、分割民営化おかしかったのではみたいな議論が出ているから、分割民営化の経緯の要点を書くぜ。

 まず「民営化」の方。

 そもそも国鉄独立採算制であり、要するに税金運営されていたわけではない(ここ勘違いしてる人がとても多い)。しかし、それでありながら経営の最終決定権は国にあったので、だいたい以下のような具合になった(数字はてきとう)。

 自民党「これを作るように」

 国鉄「これ2兆円かかるけど、うち1兆円しかないんですが」

 自民党「いいから作れ」

 社会党運賃の値上げや人員整理は許さないぞ」

 国鉄「仕方ないので足りない分は借金します」

(数年後)

 国鉄借金の利子が利子を呼んで手がつけられなくなりました」

 「政府が金は出さないが口は出す」というどう考えてもヤバい体制であり、これなら「金は出されないが口も出されない」民営の方がマシやんけ、というわけである。これは国鉄できた当初から予見されてたことであり、産業能率会議(昔そういうシンクタンクがあった)なんかは、50年代60年代に2度にわたって「これ将来絶対破綻するから、分割民営化しないとヤバいって! せめて、公社のままだとしても口を出されないシステム改革しなきゃ!」と政府提言していたのだが、まあガン無視された。

 要するに国鉄民営化は、50~70年代政権与党の無策の尻拭いであり、「中曽根ちんが国労つぶしのためにやった」なんていうのはそれを糊塗するためのおためごかしに過ぎない(早川タダノリとかフジヤマガイチとかの有名なリベラルアルファツイッタラーがこの見解にガン乗りしてるのは謎だが。君ら本当はネトサポなのでは?)。中曽根ちんは確かに国労嫌いマンだけど、第二次中曽根内閣運輸大臣に分割民営化反対派の細田吉蔵を据えるなど、民営化に関して途中まで党内風見鶏に徹してた人でしかないし、国労80年代には主流派社会党右派)・非主流派社会党左派)・反主流派日共)の内部対立がひどくて(その結果が86修善寺大会よ)往年の力なかったから、民営化なくても崩壊しそうだったやないか。分割民営化のせいで国労崩壊したというのは、原爆投下のせいで日本は負けたと言ってるようなもんで、最後のひと押しを過大評価している。スト権ストの大敗北がミッドウェー、マル生粉砕が南部仏印進駐とみるべきじゃないですかね。マル生粉砕の成功が致命的な失敗やでほんと。

 で、もう一つの点、「分割」である

 これは、当時の国鉄が極端な東京中心地方軽視主義だったことへの対策である。いやほんと、国鉄時代時刻表JR後の時刻表と比べてみれば分かるんだけど、国鉄時代地方ダイヤってスッカスカだぞ。あと東北地方とかが本当にスピード遅くてさあ……(国鉄ローカル線用に、うんこみたいな性能でスピード出ない上に排ガスがひどく、排熱管のオーバーヒートが原因で発火しやすいので安全性もクソという、褒めるところのない内製エンジン積んだ車両しか入れなかった。地方民の利便性より内部の論理が優先されていたんであるJRになったら海外メーカーの高性能エンジン積んだ新車積極的に導入したのでめっちゃスピード上がった)。別に今のJRだってそこまで地方大事にしているわけではないが、国鉄との相対評価でいえばめっちゃ大事にしてる(各社でバラつきはあるが)。組織デカくなると、何をやるにも本社の顔色をうかがうようなことにどうしてもなるという話ね。

 というわけで、各JRはある程度小さめに分割しようという話になっており、実際当初は本州を5分割(東北上越東海道山陽の各新幹線沿線関西北陸)した8分割案が有力だったのだが、線路を共有する東北上越分割の難しさなんかがあって、予定よりも会社の規模が大きすぎる本州3分割になったのだった。東海については、名古屋大阪の下につける本州2分割案には名古屋政財界からの非常に強い反発があったため、当初の予定に近い形で割った。

 で、こうしてできたJR各社の経営状態には差があるわけだが、別にここを何も考えていなかったわけではない。本州3社には国鉄債務を渡して利子で苦しんでもらい、3島会社には債務どころか逆に「経営安定化基金」という補助金的なものを渡すことでバランスを取ろうとしたわけである。よく「JR北海道赤字になると分からなかったのか」ということを言う人がいるが、「赤字になることが分かっていたのでその対策もしたのだが、それでもダメになってきた」が正解である

 諸々の詳細については、今では『戦後史の中の国鉄労使』『国鉄最後ダイヤ改正』などいろいろといい参考文献が出ているので、気になる人はそういうのを読んでね。

 ちなみに今後のJR北だが、まあ厳しい。再国有化上下分離を言う人もいるが、国も道も沿線自治体沿線住民も、そこまでしてローカル線を残したいとは思ってないだろうしなあ。交通弱者の話にしたって、「バリアフリーとかにまでは手が回らないローカル鉄道に金を投じることが、その金をバス福祉タクシーなどの補助に全額ベットするよりも交通弱者に優しいと、お前心の底から断言できるの?」という話になる。鉄道交通弱者にも十分優しいのは都会の話であり、みなバスの強さを過小評価している。インフラ税金で維持されるべきだが、いつでも鉄道ベストかは本気で考えなきゃいけないところだぞ。中標津や音更、中札内など、鉄道廃止されてからの方が街が栄えてる例というのも道内にあるしな。

2016-07-27

歩きスマホが危ない道幅の狭い住宅街に、ポケモンGOが来た。

うちの子風邪でダウンしてしまったので、今日会社休みをとった。今、子どもは寝ているので、様子を見ながら、先週末から気になっていたことを、長文に書いてみよう。

立て込んだ住宅街で、アップダウンが激しく、カーブの多い道幅の狭い道路が入り組んでいる・・・東京23区住宅街では珍しくはない道路事情だろう。私が日常的に駅へ行くのに使っている道路も、そのような地域の人々の生活道路ひとつだ。道幅は広いところで5メートルあるが、全体をつうじては4メートルのところが多い。歩道は確保されていない。タクシー運転手も嫌がるような一方通行の狭い道だ。

その道路の中でもとりわけ道幅が狭い区間が、200メートルほどある。一番狭いところは道幅3メートル50センチだ。

この道は私たち住民生活道路だが、数百メートル向こうを通っている幹線道路への抜け道として「抜け道マップ」に掲載されたこともあり、ただ通過するだけの車も少なくない。近隣のコンビニ配送大型車もひっきりなしに通る。時間帯によっては学生ママチャリも多い。住民は、ベビーカー子供を乗せたお母さんも、歩行補助のカートを押して歩くおばあちゃんも、道路幅のわりに多い交通量に気を使いながら、びくびくして歩いている。

歩きスマホ」は、この道では、既に問題として指摘されていた。駅に向かう人と駅から歩いてくる人が狭い道路の両側にいるだけで、道幅は半分以下になる。車はひっきりなしに通る。そこで歩きスマホなどしたらどういうことになるか・・・後ろから車が来ていることにも気づかずに手元を見て歩き続けている人がいたので、見かねて、すれ違うときに「危ないですよ」と言ったこともあるが、「何、このおばちゃんは?」という目つきで睨み返されただけだった。

この道路は曲がりくねっている。道路幅が5メートル区域からカーブを描いて下り坂を曲がったところが幅4メートル、その先が幅3メートル台の区間で、歩きスマホという問題などなかった時代でも、カーブを無謀にも飛ばしてくる土地勘のない車と、歩行者自転車が接触しそうになるようなことは、しょっちゅうだった。せめて拡幅すれば危険は軽減できるとして、区の「安全安心な住み良いまちづくり推進評議会」のようなところでも議題になったそうだ。だが、道路の拡幅は一向に実現しそうにない。地権者が多すぎて埒が明かないのである

私自身も、先日、そこでヒヤリとする目にあったばかりだ。日曜日で、ママチャリスーパーに買い出しに行くため、道路の左側を徐行していた。私の10メートルほど前にはカートを押した高齢者ゆっくりと歩いている。道路の右側は幼い子ども2人の手を引いた父親母親が歩いていて、それだけで道幅は半分以下だ。ここに車が来たら危ないなあと考えながら、私が高齢者ほとんど追いついたときカーブの向こうから歩きスマホ若者が現れた。面白いマンガでも読んでいるのか、画面をスワイプしながらニヤニヤと笑って歩いてくる彼は、高齢者に気づかず激突しそうだ。そこは高齢者が慣れたもので、電柱の際に立ち止まり若者を先に通そうとした。歩きスマホ若者道路の左側をそのまま歩いてきて、右側の親子連れとすれ違おうとする瞬間、両者の間に確保された狭い空間を抜けて、私はママチャリで進もうとペダルを踏み込んだが、急に歩きスマホ電柱に気づいたのか、道路中央に向けて足を踏み出した。「フラフラ道路の真ん中に出てきた」のである。このままでは私が歩きスマホに激突してしまう。反射的にハンドルを切って自転車の急ブレーキをかけた。後続の自転車が反射的に左に出て、電柱脇の高齢者に気づいたのだろう、左後ろからブレーキの音がした。同時に、カーブの向こうから下り坂でスピードに乗ったミニバンが曲がってきた。子どもの「あっ」という声が聞こえた。歩きスマホは下を向いたままこっちに歩いてくる。耳にイヤホンがささっているのにそのとき気づいた。後続の自転車のおじさんが「っぶねぇ!」と叫ぶ声がした。

いったい、どのようにして何事もなく済んだのか、回想しても思い出せない。私は気づいたら道路の右側、縦一列になって立ち止まっていた親子連れの後ろで自転車を降りてハンドルを支えていた。道路の左側では、電柱脇の高齢者も、歩きスマホ若者も、後続の自転車も、通り過ぎていくミニバンとは接触していなかった。一瞬のできごとだった。でも、長く感じた。スローモーションに見えた。

歩きスマホが急に道路の真ん中に出る前に、一瞬でいいから画面から目を上げて周囲を確認し、できれば道路脇に寄って立ち止まってくれていたら、あんなふうにヒヤリとすることはなかっただろう。

こういう環境に、「ポケモンGO」がやってきた。この先で道路が少し広くなっているところに、何かのスポットがあるのだそうだ。

日曜日夕方、狭い道路で、2列に広がった男子2人組が、一心不乱にスマホを見つめて歩いてくる。「男子」と言っても20歳は超えているようすだ。普段この狭い道路を使っていれば、体の小さな子どもでも、この道で2列になって歩いたりはしない。その後ろのほうには、自転車にまたがって、ハンドルにもたれかかってスマホ操作をしつつ、つま先で地面を蹴りながらふらふらと進んでいく15歳くらいの少年もいる。前方などまるで見ていない。この先はカーブだし、右方の道から出てくる車もいる。事故が起こらなければいいけれど。

ポケモンGOで歩いて健康増進」と言って宣伝するのはよい。スマホアプリを起動したままで歩くだけなら何の問題もないのだからしかし、せめて、画面を見ていなければならないようなシーンは公園敷地内のような広いスペースや、歩道が整備されている場所だけにしてくれないだろうか。それでも「歩きスマホ」に係る問題は避けて通れないだろうが、人と自転車と車がひしめきあっている幅の狭い生活道路に、多くの「歩きスマホ」が出没することは、シャレにならないのだ。

ARがどうのこうのなどという高尚なことは、現に人間暮らしているリアル世界に持ち込むのなら、交通事故のような基本的安全性を確保してから実験してほしいと思う。

2016-07-22

シロクマ先生(というか医者)に地方ネタを語ってほしくない

だって、彼らは条件が気に食わなければ、よそへ行くこともできるわけでしょ?

もちろん人間関係組織のしがらみはあるだろうが、腹さえくくればどこでもやっていける。

田舎を出て別の田舎にも行けるし、田舎と都会を往復することも可能だ。

それも、生活レベルを落とさずに。



地方絶望はいろいろとある

交通が不便だの、似たような店しかないだの、似たようなヤンキーしかいないだの。

でも、忘れちゃいけないのが、そこから身動きが取れないことだ。

クソな環境とクソな住民に馴染めず、それでもここを離れると、

縁もゆかりもない場所に行かなければならない心細さ。

地方が窮屈というのは、個人的にはそういうのを含めてのことだと思っている。

しかし、いつでも地方から逃げられる人が、それを語って語り尽くせるものだろうか?



地方重力に体を引かれる辛さは、いったんそれを振り切る術を得た人間にはわからない。

もし、昔はそれを体感していて、今頭で理解することはできたとしても、

たぶんもう体は忘れていて、肌感覚に蘇らせることは二度とできないはずだ。

スポーツチャリミラーつけてるけど、実際ミラーで済むのは車が少ない時で、交通量が多い時って振り返った方が安全だったりする。

それは車の運転手が事前にこちらの進路変更がわかるから事前にスピード緩めてくれたりするからであり。

スポーツチャリいくら早くても車との速度差は20~30km/hくらいはある。ミラー確認してハンドサインだして車線変更しても、車からするといきなり突っ込んできたように見えるのかなんなのか知らないけど、幅寄せされながら追い抜かれることは結構ある。

ということで街乗り用にスポーツバイク郊外用に自転車ともにミラーつけてるけど、街乗りしてる時はあんまりみない。

2016-07-21

バイクラック記事を発端に目立っている方々へ

なぜバイクラックの話で俺があんなことを書いたのか - 今日も得る物なしZ

http://kyoumoe.hatenablog.com/entry/20160721/1469075424

この記事の方やロードバイク乗りの方は、なんでこう威圧的というか好戦的な方が多いんでしょうか?

スルーしておけばいいのに、2極構造にもっていってマウントとれたら飯がウマいんでしょうか。

そんな目先の飯のうまさより、どうすれば自分達が自転車乗りやす環境になるかと考えたら

建設的な意見なりだして歩み寄るべきでしょう。

ドイツでは自転車理解あるというコメントもあります

http://b.hatena.ne.jp/Fondriest/20160721#bookmark-295131654

ただでさえイメージ悪くなってる中、待ってればママンが交通インフラを用意してくれるんですか?

日本後進国たらしめてるのは、理解のない一般人もいるでしょうがこういう威圧的理解を求めようとするあなた方も問題でしょう。くだらない反論記事書いてる場合ではありませんよ。

2016-07-20

田舎弱者にとって生きづらい

田舎自家用車運転免許を持ってないと買い物も通勤も通院もできない、生活が成り立たない。

都会なら公共交通機関で充分どこにでも行けるし、レジャーレンタカーでOK。

レンタカー屋いっぱいある。タクシーも流しのがすぐ捕まる。アプリで呼んでもすぐ来る。

自家用車を所有すると、自動車税車検もあるし、なによりメンテナンスに気をつかわないといけない。

車が趣味ならいいけど、移動が目的場合、もう面倒でしかない。車に興味なくて移動だけが目的なら公共交通の充実した都会一択

コンビニすら車出す田舎生活より、駅の乗り換えがある、徒歩圏内施設が集まっている都会の方が、日々の歩数が増えて健康にいい。

 

あと都会はバリアフリーの駅がほとんどだし、商業施設も多い。

介助者無しで一人行動している車いすの人をよく見る。田舎ではまず無理。インフラがいちいち古いから。

都会はセクシャルマイノリティへの理解もある。田舎では蔑視されるから隠れて生きるしか無いが、

都会に出ればセクシャルマイノリティコミュニティが成り立つ。

そもそもの人口が多いから、マイノリティだけでも集まれるほどのボリュームが出る。田舎では無理。

オタクとか、恋愛結婚をしない選択をする人間への目線もそう。都会は良い意味で無関心、田舎では干渉が酷い。

異物をスルーするのではなく滅ぼそうとするのが田舎人。なぜなら暇だから

 

田舎結婚多いが、不幸な結婚も多い。DVされてシングルマザーになり、ろくな職がなく経済的に終わる女たくさん居る。看護師以外全滅だと思う。

経済的に終わりたくなくて、離婚したいのに我慢しているババアもたくさん。その手のババアは本当に性格が悪い。

独身にも既婚者にも干渉するし不寛容ジジイはパチと酒にしか興味ない死体ババア干渉モンスター

接客必要ない職業、都会にしかない。プログラミングとかデザインとか、コミュ障クリエイターが都会では数多く働いていて、

田舎にはそういう人が働ける職がない。介護とか営業とか飲食とか、対人スキルが求められるものばっかり。情緒不安定お客様サンドバッグ

田舎で、コミュ障でも就ける職って、ドカタだけじゃないか?女のコミュ障に行き場は無いな。

 

田舎だと所得が低くても持ち家が可能、それはそうだな。でも持ち家ってそんなに有利か?修繕費をナメてないか

不動産の購入は自宅用といえど投資。でも田舎土地の値段が低く、建物の値段はどんどん下がる。

都会の駅近物件は値下がりしにくい(上がることすらある)から買う価値があるが、田舎の戸建てに買う価値なんか無いんじゃないか

田舎不動産を買うのは投資じゃなく消費だと思う。低収入でも新築を消費できるという満足感に金を払っていて合理的じゃない。

家族の変化、加齢による生活スタイルの変化にも、持ち家は弱い。高齢になると子供独立して部屋が余って掃除ばかり大変になったり、

庭の植木類が大変だったり金がかかったり、戸建てのメンテが体力的にキツくなりマンションに住みたがるようになる。

土地が高いエリアなら売買の手間や手数料をペイできるし、未曽有の低金利時代を乗りこなすことも可能かもしれないが、

田舎では仲介業者を儲けさせるだけ(といっても田舎仲介業者もたいして景気良くは無いが)。

田舎こそ賃貸に住んだ方がいい。今後、ゴミ屋敷人糞を庭で煮るなどの気狂い独居老人はどんどん増える。

今のところ、問題のある隣人をなんとかする制度がお粗末で、死を待つ以外に解決不可能なため、気軽な脱出可能賃貸こそが安全

 

あと田舎治安別に良くない。目撃者がいない、監視カメラが無いなどで、犯人が逃げ放題でもある。チンケな性犯罪人口の割に多い。

田舎若者話題が、芸能関係の噂話とソシャゲとパチと風俗。あと中学の頃の話とか。話題バリエーションが少ない。

週刊誌っぽい話題に興味がなければコミュニティで浮く。中学の頃のカーストが低ければずっと底辺扱いのまま。

話題底辺じゃない田舎住まいは、転勤族友達になるか、インターネットで都会人とつるんでる。

 

地主医者の家じゃなくて金持ちになる方法が無い。コネ無しで高収入の職は少ないが、都会には存在し、田舎にはゼロ

既得権が強いのは全世界変わらないだろうが、田舎と比べると都会の方がまだ流動性がある。ゼロではない分、マシというか。

田舎で得するのは既得権層の家に生まれた、中年以上の人間。あとヤンキーヤンキーは都会で頭脳労働にあぶれるより、地元でドカタやりながら威張り散らしてたほうが得。

自分田舎で得するか都会で得するか考えた方がいいと思う。多くの若者は都会にいたほうが得するから田舎から流出しているんだと思う。

2016-07-15

自分の子供に現在から将来に渡って教えておきたいこと

を考えたら結局自分がやってきたこととやりたいことだったという話。

まぁ結果的に本人が自分で考えて自分で決めることが大切ではあるけれども、親としてはそれができるように手助けとなることに全力で取り組むべきかとは思う。

それでとりあえず親が様々な経験物事を与えることによって子供にとっての選択肢を増やしてあげるということがあり、重要なことの一つだと考えた。

自分経験から思いついたり軽く検索したりして考えたものを挙げてみるが、ほかに何かあったら教えてもらいたい。

以下、順不同。



タスク管理方法重要性。

これはこの記事http://blog.tinect.jp/?p=27400)が話題になってたので思いついたこと。ここに書くきっかけに。

通う学校でどの程度教わることになるかはわからないが、これができるかできないかでは何をするにも雲泥の差なのは明らかなのでしっかりと教えていけたらと思っている。

勉強のやり方、学習方法ともいえるか。



法律基本的な部分。

大人になってイヤというほど重要性がわかるのが法律自分必要に駆られて結構本格的に(行政書士合格レベル勉強して実生活で役に立っているのを実感している。

憲法民法入門書等の良書で法律的な考え方なんかを中学生くらいで教えたり、労働法著作権法個人情報保護法等に該当するような部分を高校生くらいで教えたりしたい。

道路交通法(というか交通ルール)や刑法なんかは小学生前後からある程度教えてあげられるか。

ある程度は公民とかで習うかもけど暗記するだけだった気がするし学校の授業で習うような部分は役に立たないような気がする。



・世の中の仕組み的なこと。

お金のことや政治経済について、税金保険福祉などなど社会保障など。池上彰みたいな本に書いてあるレベルの知識くらいでもあると良いと思う。

どんな形であれ社会に出るより前に基本的な仕組みだけでも十分なので知っていると、何かと助かる部分が多いのではないか

中3とか高1の夏休みにでも簿記2級でも勉強させてみたいなと考えている。(ちなみにうちの娘はまだ2歳である。)

これも学校で習うことはあるが、あまり役に立たなかったので上手に教えてあげたい。



音楽美術文芸総合芸術等の基礎的な素養

自分場合ある程度親から与えられてきたので実感としてあってよかったと思っている部分。人によって意見が分かれそう。

ピアノ習ってたり親が美術系の学校出てたり茶道やってたり景気良かった頃なので家に絵画美術品が溢れてたり色々見に行ったり)

色々と社会でも実生活でも役に立ったりするし趣味としても楽しめて生活が豊かになる(気がする)。

親がある程度裕福でないと十分には与えられないかもしれないが、お金をかけずともできることもそれなりにはあると思う。



病気身体に関する知識。

これはやはり必要かと思う。肉体的な病気もそうだし鬱や発達障害なんかの正しい知識は小中学生からしっかり持っていてほしいなと思う。

自分小中学生だった頃、同級生に今考えるとどうみても結構重度の発達障害だったなという子が何人かいたけど、教師も含め誰も正しい知識がなかったことはとても残念に思っている。

ちなみにその中の一人、中学同級生は後年たまたまネット学習障害について調べているとき本名写真付きで障害に関するサイトに紹介されていて驚愕したような納得したような覚えがある。

今は当時よりは環境はよくなってはいるかもしれないけど、巷ではガイジだのアスペだの叫ばれてるしまだまだかなと思う。

それと食べ物に関して、栄養とか成長に関わる知識もある程度身につけておいて欲しいような気がする。自分中学高校くらいの時にもう少しまともに栄養とって運動していれば、と後悔しているので。

きちんとした運動についても、例えば正しい走り方のフォームとか、効率的運動方法とかって全く習っていないし子供には教えてあげたい。



各種学校で習う科目の重要性。

数学素養があるとどのように役に立つかとか歴史を学ぶことが社会を知る上で役に立ったり仕事にも活きてくることとか、英語ができるとどれだけ便利で楽しいかとか、

後々になって勉強しておいてよかったと思えるようなことを経験せずに理解するのはかなり難しいことではあるが、時間をかけてコミュニケーションをとってじっくりと教えていけたらと考えている。

古文漢文あたりはなんの役にもたってないような気がするけど。(一応、歴史を学ぶことになると考えてももっと軽く短時間教えるくらいで良い気がする。)



・いろんな分野の知識とか。

宗教哲学心理学とか。結構大事だったり役に立つ気がするけど、自分も多少本を読んでかじった程度しか知識がないのでこれからもう少し勉強して教えてあげられたらなと思った。

自分子供の頃は、本好きで結構な量読んでたと思うけど今思うとジャンル結構偏ってたような気がする。自主的に興味持った分野ばかり手を出していた弊害か。

自分の子には自主性も尊重しつつバランスよく与えていけたらと思う。

それと意外と漫画から得た知識やそこから興味を持ったことも多い。昔のこち亀はなんだかんだで偉大か。手塚治虫みたいな古いのも親が好きだったから色々読んだかな。



・まとめ。

結局は多種多様な本を読ませたり経験させたりするだけでは足りず、それについて一緒に話したりしてコミュニケーションをしっかりとるのが重要そうって感じか。



あと、これじゃこういうことについて全然足りないよとか、こういうことはしておいた方がいいよとかこの本読むといいよとか意見もらえるとうれしい。

また就学前(0-6歳くらい)も大事だと思うが、大したことが思い浮かばないので補足してくれる人求む。

2016-07-12

YO YO YO 紛争地域ここ渋谷yeah!

あのですね、毎週日曜日夜に感じることがあって、1つ言わせてもらっていいですか。みなさん、渋谷という街知ってます世界有数の若年層の人口密集地帯ですよ。僕ね、この街に21歳から24歳までずっと入り浸っていましたし、今もまた住んでおります

その頃から「え?なんで?え?なんでなん?」って函館の片田舎から上京してきてからずぅぅぅぅぅっっっっっっと言いたかったのですが、


もうね、めちゃめちゃ日曜日の夜に、カップルケンカが多いんですよ!!!この街!!!めちゃめちゃ多いんですよ!なんでなんですか!?

もう、渋谷という街を人に例えると、頭のてっぺんから足のつま先まで至るところで勃発してるんですよ!紛争が。ある人は大声、ある人は半べそ、ある人はわめき泣き、またある人は大泣き、それを見たサラリーマンもらい泣き。ってなんでおっさんまで泣くことあるねん!笑

毎日歩いていてわかるのですが、やはり特に日曜日夜のカップルケンカの量がハンパないんですよ。半端というものが微塵も感じられない完徹ぶりなんですよ。なんでなんでしょうか?

一番ケンカが多いのが、駅の改札周辺なんです。もうね、微妙位置カップルケンカしてるもんだから、改札も開いていいのか、閉じていいのかわからないんですよ。開いたり閉じたり、おかしなってるんですよ。誤作動起こしてるんですよ。パタンパタンから、途中パタパタパタってなってるんですよ。駅員もね、切符切っていいのか悪いのかわからず、改札バサミをカチカチやってるんですよ。わかります? SUICAタッチするところも、ピッってやると「あの子をこのまま置いて帰ってええんか?今なら入場取り消したるで〜」とか気の効いたこと言うようになってるんですよ。どんだけ渋谷駅改札賢なってるねんと。カップルのせいなんですよ。


さらに駅を離れた道端でもすごくて、そこらへんはもう大学生カップルじゃなくて、大人カップルケンカしてるんですよ。「私帰る!」「おい、待てよ!」「いや離して!」とかやっているので、その前に座っている交通調査バイトの子が、カップルが行ったり来たりするたびにもうカチカチカチカチカウントして、もうめちゃめちゃおかし交通量になってるんですよ。今日あんどん行列でもあったのかぐらいの交通量になってるんですよ!その道は。本当ですよ!いろんな意味渋滞してるんです。裏道なのに。

そして渋谷に住んでいる人ならわかると思いますが、目立たないところに小さい公園たくさんあるでしょ。公園というかちょっとした広場というか。ベンチが2つ3つ置いてある場所

もうね、そこでも、女性のすすり泣く音というかむせび泣く音が夏の風物詩の蝉の鳴き声とコラボしよるんですよー。それを慰めている彼氏も大泣き。それを見た向かいのベンチのサラリーマンもらい泣き。だから、なんでおまえも毎回毎回泣くことあるねん!と。どんだけ涙もろいねん!おい、メガネを取るな!おい、メガネを取ってまで涙を拭くな!ワイシャツの袖で涙を拭くな!奥さん洗うの大変やろー!

やっと家路に着きましたよ〜。駅から徒歩7分なのに、20分ぐらいかかるんですよ。日曜日渋谷は。ああ、日曜日渋谷

本当平和な国に生まれてよかったわ〜。日本

そして、ハチ公さん、モヤイ像さん、毎日毎日お疲れ様です!

2016-07-11

大学卒業後のサークルとの付き合い

大学卒業して4か月近くが経とうとしている。

 

俺は大学からまあまあ離れた都市就職し、毎日朝6時起床、夜19時半帰宅、という

それまでの生活とは異なる社会人生活を始めた。

今日有給休暇を取り、大学時代とは違って当たり前ではなくなった平日の休みを堪能している。

 

俺は大学4年間、サークル所属していた。それなりに楽しかったが、あまり濃い人間関係は好きではなかった。

卒業後、同期は大学のある都市就職したり、就職できなくて卒業せず留年していたり、大学院に進学したりして、

俺だけが少しだけ異なる環境に身を移すことになった。

 

大学時代の同期LINEはまだ生きている。

「みんな元気?」「仕事どう?」「忙しい?」

そんな会話がたまにある。それぞれの生活を始めているのである

そこまではまだいい。

 

「来週のサークル行く?」

「みんな夏合宿参加するでしょ?1日目から参加だよね?」

待ってくれ。

俺の都合はどうなっているんだ。

 

みんなそれぞれ便利なところに住んで、卒業してもサークルに行くのが趣味なのかもしれない。

就職しても新しい友人ができていなかったり、留年して話し相手がいないのかもしれない。

 

ただ、俺はどうだろうか。

少し離れた所に住んで交通の便は良くなく、就職した会社で新しい人間関係も出来ている。

平日は仕事時間がなく、休みの土日も新しい人々との予定が入っている。

 

断ればいいことだろうが、今までのことを思い出すと、あまりいい顔をしてくれなかった。

でも俺はサークル以外にも人間関係を広げたい方で、しか自分の好きなように時間を使いたい。

 

他人の都合も考えずに「行くでしょ?」みたいな雰囲気にするのはやめてほしい。

それから、俺にも断れる勇気がほしい。

2016-07-05

警察が全ての盗難事件対応できない訳

PS4を盗まれたけど、Amazonが助けてくれた話。

http://relorah.hateblo.jp/entry/2016/04/11/005026

 

ブコメ見ると警察怠慢!って怒ってる人がいるけれど、このレベル盗難事件に全部対応していたら警察キャパティを完全に超えるんですよ。

それは分かって欲しい。

 

私は交通課だったか盗難事件にはあまり関わった事無いのだけれど、監視カメラが無い場合捜査となると鑑識が出向いて指紋をとって、それを全国のデータベースと照会して…という手順を踏むはず。不特定多数の人が触る宅配ボックスは何十人もの指紋がついているはずなので、マンション住民全員や直近で配達に訪れた運送業者の人の指紋も全部取らないといけない。その中に無かった指紋犯人可能性があるのだけど、データベースに照会して合致する可能性は1%にすら満たない。というかまず合致しない。マンション監視カメラ無い時点で詰んでますし、仮に合ったとしても厳しいでしょうねえ…。

 

強盗ならともかく、この捜査をやる意味ありますか?って話なんですよ。

 

警察リソースは限られているから重点的にヤバい犯罪人員を振り分けないといけない。全ての盗難事件や軽微な犯罪にもし警察対応していたら、どのくらいの予算必要になると思いますか?うちの市で大昔に算出したことがあるんだけどなんと50倍の予算(人員は80倍)が必要なっちゃます絶対無理ですよね。それでもやるべきだ!という人は政治家にでもなって世論喚起して警察予算を増やしてください。

http://anond.hatelabo.jp/20160705012802

車の話だが、こういう後ろにも車がいるのに、他の車に道をゆずるやつは偽善者だと思う

自分けが感謝されればそれでいい。それ以外のどうでもいい後ろの奴のことなんて気にしない

確かに、侵入するのが大変な道ならだれかが譲らないといけないが、

どうでもいいところでも、ゆずるつがい

こういうのは交通マナーとして教習所指導してほしい

2016-07-04

関西エリア共通磁気カードが遂に終了と聞いて、「やっとか…」って思ったけど、阪急阪神は似たようなサービス継続しま宣言

これ、聞こえはいいんだけど阪急阪神って結構直通先があるから変に続けた方が混乱のもとだと思うんだがなあ。

結局の所関西交通カード事情を混乱させてるのって阪急じゃねえのって思いがどんどん強くなってきてる。

2016-06-23

http://anond.hatelabo.jp/20160622100232

総務省 情報通信政策研究所本体はどういった人がいるかからないけど、委嘱している研究員の顔ぶれはこんな感じ。

http://www.soumu.go.jp/iicp/chousakenkyu/advisors.html

平成27年度 情報通信政策研究所 特別研究員五十音順平成281月29日現在)
●特別上級研究員法学系】

青木 淳一(慶應義塾大学法学部准教授)
専門:行政法政府規制産業法
石井 夏生利(筑波大学大学院図書館情報メディア研究科准教授)
専門:プライバシー権個人情報保護法情報佐々木 秀智(明治大学法学部教授)
専門:英米法情報メディア法
新保 史生慶應義塾大学総合政策学部教授)
専門:憲法情報法
杉原 周治(愛知県立大学外国語学部准教授)
専門:憲法ドイツ法、メディア曽我部 真裕(京都大学大学院法学研究科教授)
専門:憲法メディア寺田 麻佑(国際基督教大学教養学部准教授)
専門:行政法情報通信法
東條 吉純(立教大学法学部教授)
専門:経済法
西土 彰一郎(成城大学法学部教授)
専門:憲法マスメディア西村 暢史(中央大学法学部准教授)
専門:競争法、競争政策
林 秀弥(名古屋大学大学院法学研究科教授)
専門:経済法、独占禁止法競争政策
平野 晋(中央大学総合政策学部教授)
専門:不法行為法、契約法、アメリカ法
若林 亜理砂(駒澤大学大学院法曹養成研究科教授)
専門:経済法
【経済系】

依田 高典(京都大学大学院経済学研究科教授)
専門: 応用経済学
春日 教測(甲南大学経済学部教授)
専門:産業組織論経済政策
高口 鉄平静岡大学大学院情報学研究科准教授)
専門:情報通信経済学産業分析
佐々木 勉(ポリシーリサーチユニット株式会社主任研究員)
専門:情報通信経済学
宍倉 学(長崎大学経済学部准教授)
専門:公共経済学産業組織論
実積 寿也(九州大学大学院経済学研究教授)
専門:通信経済学公共経済学産業政策竹村 敏彦(佐賀大学経済学部准教授)
専門:応用経済学
田中 辰雄(慶應義塾大学経済学部准教授)
専門:情報通信産業実証分析
手塚 広一郎(日本大学経済学部教授)
専門:産業組織論、公益事業論、交通経済学
徳原 悟(拓殖大学国際学部教授)
専門:開発経済学
中村 彰宏(横浜市立大学学術院人文社会科学系列教授)
専門:産業組織論計量経済学
森脇 祥太大阪市立大学大学院経済学研究科教授)
専門:ミクロ計量経済学
【人文・学際系】

秋吉 美都(専修大学人間科学部教授)
専門:情報行動のミクロデータ分析社会統計
内山 隆(青山学院大学総合文化政策学部教授)
専門:メディアエンターテイメント経営戦略経済政策
岡田 仁志(国立情報学研究所准教授)
専門:電子商取引論、電子通貨論、地域情報政策北村 智(東京経済大学コミュニケーション学部准教授)
専門:メディアコミュニケーション論、情報行動論
小泉 力一(尚美学園大学芸術情報学教授)
専門:教育工学情報教育
小舘 亮之(津田塾大学学芸学部教授)
専門:メディア情報サービスマルチメディア情報通信工学
土屋 大洋慶應義塾大学大学院政策メディア研究科教授)
専門:国際関係論、情報社会論、公共政策論
橋元 良明(東京大学大学院情報学環教授)
専門:コミュニケーション論、社会心理学特別主任研究員法学系】

生貝 直人(東京大学大学院情報学環特任講師)
専門:情報政策知財プライバシー表現規制等)
早川 雄一郎(京都大学大学院法学研究科特定助教)
専門:経済法、競争政策経済系】

橋本 悟(帝京大学経済学部専任講師)
専門:公益事業、公共経済学ミクロ経済学産業組織論
山本 渉(電気通信大学情報理工学部講師)
専門:応用統計学
【人文・学際系】

河井 大介(東京大学大学院情報学環助教)
専門:情報行動論
齋藤 長行(お茶の水女子大学非常勤講師)
専門:メディア政策行動経済学教育工学
吉見 憲二(佛教大学社会学部現代社会学科講師)
専門:情報コミュニケーション情報通信経済学特別フェロー

工藤 郁子(慶應義塾大学SFC研究所上席所員)
専門:情報田中 康裕(専修大学社会知性開発研究センター客員研究員)
専門:国際情報通信学、社会情報学
堀川 裕介(東京大学大学院学際情報学府博士課程)
専門:社会情報学メディア利用と心理

2016-06-21

電車ベビーカー連れに嫌がらせしていく奴がいた。日本終わってる

さっき地下鉄帰宅中に、ベビーカー連れの親子に散々嫌がらせをしていった中年男性がいて、胸糞悪くなった

19時過ぎに電車に乗ると、ベビーカー2台, お母さん2人, 2~4歳くらいの子供3人が、電車の席3シート分くらい使って座っていた。

少しベビーカー場所を取っていたが、5人分で3シートなら全然問題ないレベル

とくに泣き叫んでいるわけでもなく、ワイワイ親子団欒していた。

ちょっと狭いけど、その横が空いていたので座った。

スマホ電池も切れてたし、なんかはてぶでストレス発散には瞑想運動がいいとか言ってたから、何も考えずに瞑想っぽく座っていた。

すると反対側に立っていた男が、突然こちら側にきて、お母さん達のほうに手を突き出していた。

瞑想中だった俺はとくに振り向きもせず、ぼんやりみていたので、何をしているかからなかったが、

「ああ、子供のお父さんなのか、何かお菓子でもあげてるのかな。俺が隣に座ってしまったけど、大丈夫だったかな」

とか思いながらスルーしていた。

数駅過ぎて、その男電車を降りようとしたときベビーカーに男の足がかかり、ベビーカーが倒れそうになった。

子供がいる座席側に倒れそうになって、子供が圧迫されそうになっていた。

あっぶねーな、とか思ってたが、男は謝罪もせずドアの前に行ってしまった。常識がない奴だな、とか思っていると、ドアの前で男がお母さん達に向かって指を指している。

初めは、知り合いに向かって、なんか示しているかと思っていたが、よく見ると中指を突き立てて見せつけている。

ここでようやく、その男が悪意を持って一連の行動をしていたことに気づいた。ベビーカーにつまづいたのもワザとだ。途中、手を突き出していたのも、おそらく去り際と同じく中指を突き立てていたのだろう。

めちゃくちゃ胸糞が悪い。子連れ妊婦嫌がらせをされるという話は聞いたことがあったが、目の前で実際に見て、マジでこんな糞な奴がいるのか、と呆然とした。 お母さん達は何も抵抗せず、子供の身を案じていた。抗議しようにも、子供になにかされたら、という思いで何もできなかったんだろう。そんな守るべき立場の人に向かって、嫌がらせをしていくとか本当にありえない。ここまで終わってたか日本

フィンランドに住んでたことがあるんだが、本当に子連れにやさしい社会だった。

電車バスは、ベビーカーを連れた親子連れ無料になるし、ちゃんとベビーカー用のスペースも用意してある。フィンランドバスは前から乗って真ん中から出る方式だが、ベビーカー連れの親子の場合は広い真ん中の出口から乗ることができる。降りるときは、ベビーカーを降ろすのを他の人が手伝ってくれる。だから公共交通機関にはベビーカーを連れた親子が多かった。 こういう経験をしていると、本当に日本の糞さを痛感する。

一番の原因は、国民性ではなく、人口過密と交通公共機関キャパティだと思う。人が過密していると誰だってイライラするし、問題も起こりやすくなる。 普通自転車電車に持ち込んだ経験ってある? フィンランドだと持ち込めて、ちょっと電車乗ってから別の場所サイクリングすることも簡単だった。すごい快適。自転車持ち込めるくらい余裕があると、ベビーカー乗せててもそんなにイラつくことはないだろう。

もちろん国民性とか民度も原因だとは思う。日本人は、他人迷惑がかかることを極端に回避する国民性で、レジ会計手間取ってるだけで迷惑かけてしまってると感じてしまレベル

他人迷惑をかけないが身にしみすぎて、個人の事情よりも水知らずの他人のほうを重視せざるを得ないようになっている。

たまたま周りに不利益を被る形になったとしても、たまたま自分がその事情立場になってしまっただけで、他の人がそうなる可能性もある。だからこそお互い様で、許容しあうという考えが少ない。

少し話はズレるが、日本人気遣いが色々な変化を経て、いびつものになってる気がする。

初めは、一人のちょっとした気遣いからまり、その行為が良いと評判になると、みんながそれをし始める。ここまではすごくいい話。 それがいつの間にか、みんなが守らならければいけないマナーになり、守らないと批判されるようになる。 別にその気が無かった人も、集団的価値観により、それを守らなければいけなくなり、我慢し始める。こういう人は、守っていない人を見ると非難をし始める。 こういう社会になると、本当に生きづらい。

さらに、我慢してた人が、我慢しないほうが自分の得になる、と気づいておかしなことになる。今の日本はこれが進み始めてる気がする。保育園建設反対運動とか、マイルドヤンキーとか。

からとっとと日本を出たい。