「スタンス」を含む日記 RSS

はてなキーワード: スタンスとは

2017-02-24

大学院生愚痴

同じ大学に6年通ったが、ようやくこの大学を出て行くことができそうだ。

大学の6年通うってことは、同じ学年を繰り返すか大学院の課程に進むかという話になる。私は大学院の課程に進んだ。同じ学年を繰り返したと期待した読者には申し訳ない。

なぜ大学を出ていくと表現したのかは後で説明させてほしい。

私が大学院に進んだ理由は本当にくだらない理由である。それは「大学生らしい遊びをするため」である。既に大学四年間通ったから遊びは一通りやったのではと疑問を抱くと思う人がさぞかし多いと思う。しかし私は大学四年間、真面目にスポーツをやることを選択してしまったのだ。その結果、大学四年間はスポーツやって空き時間アルバイトして、生活資金繰りをやっていたら大学が終わってしまったのだ。

スポーツをしていた頃の話は長くなるので、また機会があれば書くことにする。要するに大学四年間はスポーツに捧げてしまったので大学院に行って遊びたかったのだ。

大学院に行って遊ぶという表現は失礼極まりないと思っている。より学業を極めるために大学院へ進むのが真っ当である。ただ私はそれができずに勉強して来た。アニメ見て、ゲームして、マンガ小説を読んで、本当に何もすることがない空き時間勉強する、といったスタンスで生きて来てしまたかであるスポーツやっていた頃はこれが破綻して大変だったと明後日の方向を向いて振り返る。

から真面目に研究活動をしている大学院生にはお辞儀をしたいし尊敬する。

そんなこんなで大学院に来たが、その大学院も今年の3月に終わりそうだ。論文を出し、卒業単位を満たしたので卒業のはずだ。本当に気分がいい。もう二度と研究室に行かなくていいからだ。

私のいた研究室は、学内でも屈指の楽な研究室というレッテルを貼られていた。「ゆったり就活できる」とも言われていたが、就活にゆったりもクソもないと思う。あん運ゲーはないと思う。東南アジア学校作っても志望する会社に入れるとは限らないしお金積んでガチャ回して当たるビジネスの方がしっかりしているようにすら思える。

その楽な研究室で、空き時間研究をしていた。というのは嘘で空き時間を作る方が大変であった。当たり前である大学院学問を極めるところであった。仕方がないので研究をした。大学院という道を選んだ以上、するしかないのだ。

ただ問題が二つ起きた。

一つは留学生である留学生といっても私のいた研究室留学生は本当に特殊存在である。なぜ特殊かというと、博士課程(修士課程よりも一つ上の課程)なのに研究をしないのだ。遊んでいたのである。遊んでいるとどうなるかというと、研究が進まないのだ。こんなことは火を見るより明らかな話である

研究していない人は期限が迫ると何をするか、助けを求めてくる。そんな事言われてもできないのである。ある程度は手伝う事ができたのでそれを続けていたのだが、ある日気がついた。私は雑用されているだけでは、と。案の定そうだった。これはあなたがやるべきでは?と聞くと、時間がない、やり方がわからない。それではいけないのだ。さらに報告会も事前に発表すると言っていたものの当日ドタキャン。怒りの頂点であった。

それからさらに続く。ドタキャン後にまた研究をしなくなったのだ。もう手に負えないのでその旨を伝えて手伝うのを辞めた。

もう一つは研究室の同期である。一人しかいなかったのだが、普段から研究室にいないのだ。そうすると必然的研究室仕事自分に降ってくる。それはそれで構わないのだが、連絡しても来ないのである。正直困ったもんだ。

研究室に来ないと何が起きるかというと、研究が進まないのだ。当たり前である研究が進まないと何が起きるかというと、修了(大学院修士課程を終える事)できないのである。当たり前である

ここから文脈がめちゃくちゃになるのだが、そんな同期も大学院卒業するのである。もちろん研究は完全にしていなかったわけではない、ただ進んでいないことは確かであった。研究室では週一以上でミーティングがある。ミーティング自由参加と参加必須タイプがあった。参加者ネット掲示板管理している。しかし同期の発表を聞く機会は年に3回程度であった。参加必須ミーティングで発表しなければ聞く機会がなくなってしまう。だから僕は聞こうとして聴講する旨を掲示板に書き込んだ。そうしたら同期は発表をしないのだ。なんでと聞いても曖昧な返事であった。問いただしたが、結局教えてくれずまい。余り問いただすとアカハラアカデミック・ハラスメント)になりそうなのでやめた。まあある程度やっているのであろうと思うことにした。

修論発表日、同期の研究内容を聞く。驚いた。これが大学院まできてやる事なのかと。不自然実験条件と結果、余りにも疑い深かったので質問したところ答えられないことが連発した。審査教授指導教員ではない)も気になって質問をしていた。余りにもひどいものであった。とっくに発表時間は過ぎていた。これでも修了なのである大学院お金を積めば卒業できる事がわかってしまった。なんだ、修士号商品だったのか。

大学を出て行けそうと書いたのは、本当に出て行きたかったのだが、それを達成するためには学業区切りをつけて出て行きたかったのだ。辞めようとも思ったが、大学院へのお金は両親に負担してもらっている。これ以上親不孝できないくらいの親不孝を重ねて来たので、辞めなかった。

もう二度とこの大学に戻りたくない。遣る瀬無い。

2017-02-23

PSO2に破棄対策実装されることによる今後の予想

クエストの破棄」に関する今後の対応について

http://pso2.jp/players/support/measures/?id=10697

 

今まで数々のゲーム落ち目になるのを的中させる日記を書いてきた俺の見立てでは

これを機会にPSO2の人気がガタ落ちする可能性が高い。

 

PSO2を知らない増田にも説明すると

PSO2ネトゲRPGであるMOで、破棄対策とはクエストの途中で自由に破棄できていたものが今後ペナルティが付く処置がされるということ。

 

【4種類のプレイスタイル

まずPSO2には大きく分けて4つの種類のプレイヤーがいる。

廃人職業アークスなどとも言われるが要は物言わぬ廃人たちだ

・準廃:能力的にも精神的にも廃人を下回っているが他人中傷して粋がっているタイプ

一般人:大多数のごく普通のまともなプレイヤー

寄生or放置自覚無自覚わずにろくに装備を整えずに他人任せの戦力外RMTなどもこれに含まれている

 

【みんな寄生放置プレイするのは嫌】

最後寄生放置に対しては準廃だけでなく一般人も嫌っており、

それを避けるためにプレイするためのブロック移動さえ発生している状態だ。

基本的な総意として誰も寄生放置と一緒にプレイしたくないと考えている。

 

PSO2にはキック機能がないし、通報しても対処してくれない】

しかPSO2キック機能はない。

しかキャプチャを取って通報しても放置だけでは運営対処しない。

ここに暴言等がセットになればBANされることは確認しているが、

ただの放置や弱い装備による戦闘に参加しない行為については運営対処しない、一切。

同席したやつに寄生放置がいたとしても我慢するしかないのだ。

から前述したブロックごと移動してマッチを避ける現象が起きている。

そして対策ひとつとしてクエストの破棄がある。

破棄することで有名寄プレイヤーに貢献することを拒否できていた。

これには現状でも受注にリアル時間制限のあるクエストの周回数が減るなど、

間接的なペナルティはあったようなもので破棄行為自体はもろ刃の剣だった。

 

【今後は破棄する側に破棄したクエストを再受注できなくする措置

実装予定のペナルティは、破棄したらその時間に開催しているクエストは二度と受けさせないというものだ。

まりどんなに無能が集まっていて放置寄生されたとしても我慢して育てろ、介護しろということだ。

これは真面目にゲームを楽しもうとしている側のみに不利益が働くためゲーム環境破壊すると予想している。

これがもし破棄側がクエスト進行の妨害目的で行われていたという前提があれば納得できるが、

そもそもの発端はまともな装備とプレイできない人間

真面目なプレイヤーと同じブロックに入れてしまうということが根本的な問題なのだ

腕前や装備による住み分けができていないからこそ放置寄生はどこにでも入り込むことができる。

 

回線落ちですらペナルティ扱い】

例え回線落ちでもペナルティが課せられる。

漏れを防ぐなら当然ではあるが、そうなるからこそ意図的ではないにも関わらずこの変更で泥をかぶる人間がいるということだ。

この変更で誰が得をするのかというと破棄されて困るような装備でくる寄生放置プレイヤーだけである

 

【このペナ実装環境がどう変わっていくのかを予想】

敵を誰が倒しても同じ経験値レアアイテムをもらえるPSO2

無理にPTを組む必要がないため、煩わしい付き合いなどをしなくていいのが利点だ。

しか寄生放置側に一方的に有利な条件がここに加わってしまった。

ここから環境の変化予測2ちゃんみたいにざっくばらんに書いておこう。

 

ペナルティ実装

寄生放置が同席者を煽ったりそれを真似する愉快犯が出てくる

寄生放置に同席しないように固定メンバー限定クエストに挑むプレイヤーが増える

野良と固定の住み分けが進む

・結果、野良には固定に呼ばれない腕前orコミュニケーション一般人寄生放置割合が日増しに増える

・どんどん野良環境が酷くなるのでさら固定化が加速する

・もはや固定メンバーを組めなければまともなゲームを楽しめないデザインになる

・フレンドやチームとの関係性を保つことがゲームをする上での最低条件として追加される

・気軽にやっていたプレイヤーにとっては余計な時間コストが追加される上にそれを拒否すればまともなゲームができない

・まず気軽にやっていた層が離れる

新規で入ってきたプレイヤー寄生放置や弱いプレイヤーを宛がわれる上に破棄できないかストレスが溜まり離れる

・結果、固定が組めるような人間けが残る

・当然収益が下がってゲームボリュームも減り辞めたものは帰ってこずに自然消滅

 

まあ、細かい説明省くと大体にしてこんな流れだと思う。

まず破棄されて困る人間っていうのが寄生放置くらいしかいないっていうのと、

破棄が多いなら同じくらいの腕前同士でマッチングするように住み分けをするのがまず先なはずだ。

完全に真面目なやつほど馬鹿を見る路線を突っ走っている。

運営の「上のプレイヤーが下を面倒見るべき」理論は昔から割とあって、

生放送でも新規プレーヤーが増えないのを上のプレイヤー誘導しないからだと愚痴っていた。

いやいや、違うだろ、と。

今残ってる既存プレイヤーたちは自分個人としてPSO2の魅力に気づいたから残っているんであって

誰かから強制されたり、何かルールによって残らされたプレイヤーなんてまずいない。

それはPSO2コンテンツとしての魅力があるからこそ成立する誘導力であって、

最初の案内やチュートリアルが雑だったり改善点あるにもかかわらず人が居付いた理由になっている。

なのにその自身コンテンツによる魅了を追加することよりもプレイヤー側に責任を擦り付けるのは違うだろうと。

あまつさえ破棄ペナを用意して下の面倒を見ろと言わんばかりの変更をしてくるのは違うだろうと。

PSO2は1人でも楽しめるからこそここまで大きくなったのに、最近では余計な人と人との繋がり推しが目に余る。

そういうのはプレイヤー自発的にすることに意味があって運営が用意して強制するべきではない。

そういった調整は余計なしがらみを産むし、それを嫌った人間が居付いた先がここであるPSO2だというのに。

メンバー固定化を加速させるようなことをしたらむしろ新人候補にならないため余計に下が割りを食うことになる。

その予想ができているのだろうか?

 

このまま「お前らが新規の面倒をみろ」というスタンスを示され続けると間違いなくPSO2は死にコンテンツに向かう。

数十万円は使ってきただけにあと2・3年は楽しみたかったが、来年まで楽しめるかどうかだいぶ怪しくなってきた。

 

あとアンケートの結果を鵜呑みにするな。

サイレントマジョリティの影響力の方が圧倒的にPSO2内では強い。

それに対してデータがないから予想や配慮ができないっていうなら今からサービス終了する準備を始めろ。

別に自分の体調はともかく、

目に見えない世界なんて無い、現行の科学証明されないものは「無い」というスタンスは大変非科学的で好きじゃないけどね。

2017-02-21

知識人文化人っぽいスタンスを貫いて自分の考えを塗りつぶせば良いと思っているはてなリトマス試験紙AI

2017-02-20

最近恋愛市場において、若者恋愛をしないという問題

(2/22追記)

現代恋愛結婚が主流で以前のお見合い結婚は淘汰されつつあるのが現状。

若者恋愛しない理由はいくつかある。

●金と時間がない

現代若者(ここでは高校生大学生定義する)は時間がない。バイト勉強部活サークルに明け暮れ恋愛に充てる時間がない。時間があっても金がないし、金があっても時間がない。両者が揃わないと最低条件は満たされない。

●娯楽の発達や趣味多様化

情報化に伴い今やスマホひとつあれば数時間潰すのは容易い。1000円あればファミレスで豪遊もできる。金と時間があればまずは自分のために使いたいし、趣味に没頭してる方が絶対的楽しい

コスパ至上主義

金と時間がないのでコスパを重視するためメリットデメリットを比べてリスクが大きいのは避ける傾向にある。

リスクが大きい

最近ハラスメント問題ストーカー規制法があり、迂闊に女性に近付けない。ストーカー規制法ネットストーカーも含まれるよう改正がされた。小学生に道を尋ねただけで通報されるご時世にそんな大きなリスクは背負いたくないと思うのは普通。また、ネット社会なのでSNS情報が秒で女社会に共有され、フラれた男は晒し者。一人の女性相手にしたつもりがその女性取り巻きまで敵にしてしまう。

男性責任が偏りすぎ

デートは恥ずかしいから男から誘え。車で家まで迎えに来い。軽自動車なんてもっての外だ。デートプランは丸投げ。食べたいものは「何でもいい」お前が察しろ。察せないのが悪い。支払いは半額以上は出さない。「割り勘でいい」と言うが、割り勘は割り勘で文句を言う。会計時にはサイフさえ出さない。「本当に好きなら全部奢ってくれるよね?」謎理論。もちろん告白は男からしろ。「だってから告白してフラれたら恥ずかしいじゃん?」謎理論。まぁ付き合う気なんてないからフるけど。

筆者はこのような体験はないがこのような考えをもった知り合いはいる。もちろんその女性独身である

●~~男子多様化

ちょっとググっただけでざっと60種類ある。控えめに言っても多すぎる。細分化しすぎてよくわからない。(追記 https://matome.naver.jp/odai/2137441237964205301)

そして上記のような理由恋愛に奥手になってしまった男子が「俺は草食系男子から」などと開き直って恋愛を諦めるケースがある。そしたら女性から最近の男は女々しい」だの「私は肉食がタイプなのに」と追い打ちがかかり、男はそうして恋愛戦線から離脱するのだ。

(追記 https://papimami.jp/39761

(追記 http://www.yutorism.jp/entry/2015/10/24/020647

このように傷が癒えないで恋愛の仕方が分からないまま大人になっていく。


結婚観点から見てみると、晩婚化が問題になっている。

初婚率は男性31.1歳、女性が29.4歳である。これは2015年統計である

初婚率は年々上がっていて、女性社会進出に伴い、結婚しなくても女性が一人でも生きていける時代になっていることが原因と考えられる。

(追記 http://www.garbagenews.net/archives/2013777.html

(追記 http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/jinkou/geppo/nengai11/kekka04.html

※ここからは完全に偏見である

若者恋愛をしなくなった理由に「出会いがないから」というのが挙げられるが、これは「理想相手」に対する出会いがないのであって、異性と出会う機会はアホみたいにある。アホみたいにあるが故に「もっと探せばもっと良い異性に出会えるのではないか?」と考えてさら出会いを求める。実はこれが落とし穴で、人間選択肢が多いと選べない心理が働く。これを心理学では決定回避法則と呼ぶ。メニューが多い料理店に行くと自分が何を食べたいのかどれが美味しいのか分からなくなるのがその例だ。

最近では街コン婚活パーティーなどで出会いを求めている人もいるが、ここでも男女での意識の差がある。だいたいは男性の方が料金が高く、女性は料金が低い。これにより女性の方が気軽に参加できるのである。「安いし、美味しいもの食べられるし、出会いあるし、暇だから友達と行ってみよっと」しかし、男性にとっては高い金を払っているので元をとりたい心理が働く。どうしてもガツガツしてしまうのだ。この温度差に女性ドン引きして逃げてしまうという結果になる。

大学卒業したときは22歳である仮定しみよう。社会人になって仕事が板についてきてある程度時間収入があるときはすでに26~8歳のアラサーである。この時点でもう遅い。あと数年で平均初婚年齢目前である。その前に結婚しようとしたとしても親に「まだ早い」などと言われる。

仮に平均初婚年齢31歳だとすると、結婚までにやることが多すぎる。出会って、デートして、付き合って、同棲して、両家の顔合わせなどイベントが多い。親には「まだ結婚しないのか?」などとせかされる。挙句の果てには「俺らの時代には大学卒業してすぐ結婚するのは普通だったぞ」と言われる。お前ら団塊世代とは時代が違うんだ。

しかもある程度の「モテる女性」はとっくに結婚している。残っているのは学生時代イケメン金持ち、いわゆる「モテる男性」に食い散らかされた女性しかいない。

この食い散らかされた女性もなかなかのくせ者である学生時代モテる男性たちに囲まれていたので、結婚適齢期に近付いてもまだ学生時代のようにモテる男性にもモテる勘違いしている。「自分はまだモテるから大丈夫」「言い寄ってくる男はいっぱいいる」と。若い頃にそのようなモテる男性しか接してこなかったので結婚条件も必然的に高くなる。「身長180cm以上」「年収は1000万以上」「学歴は最低早慶」など。

「代わりに一体何を見返りに差し出すのか?」と聞かれたら「優しさ」とか「母性」など抽象的な答えしか返ってこない。

モテる男性交際を申し込んでも、モテる男性は一人の女性結婚しているので門前払いされるだけ。さら出会いの場に行っても年齢だけ見られて相手にされない。子供の望む男性にとっては女性の年齢は若い方が圧倒的に良いに決まっている。そして若い女性にどんどん結婚をさき越される。そしてさき越していった若い女性に対して嫉妬する。立派なお局の誕生である。お局に限って若い時にモテてたであろう容姿をしているのはこのためであると考えられる。

そうしてモテる男性にフラれた女性が次にターゲットを絞るのは学生時代女性に傷付けられた、いわゆる非モテ男性たちであるしかし、彼らは見向きもしない。自分たちに散々恋愛トラウマを植え付けられた女性からいきなり近寄られてはこちらもたまったものではない。トラウマ元凶が「結婚しろ!」と迫ってくるのだ。「恋愛しろ」ならまだしも「結婚しろ!」とは怖すぎる。断るに決まっている。その女性たちも学生時代モテてきたので「私が君たち非モテ男で妥協してあげるから結婚しなさい」くらいのスタンスで来るので、火に油を注ぐようなもの非モテ男性馬鹿ではない。学生時代モテてなかったので独りで生きていくのを覚悟して真面目に勉強仕事の下積みに精を出してやっと得た地位仕事財産犠牲にして、学生時代に遊んでいた女性結婚は考えられない。男は趣味が多いので小金時間が惜しいのだ。

お察しの通り、このような文章を書く僕はモテません。






(追記)

帰ってきたら僕のチラシの落書きにこんなに多くのブクマコメントが多くて驚いた。

僕はこのようなリスクもあるよね。このような女の人もいるよね。という事実を列挙しているだけなので、「初めから偏見じゃん」というのは間違っていると考える。「これだから世の中の女はクソだ」と言いたいのではなくて、「上記のようなリスクがあるから恋愛を難しく考えてしまい、奥手になってしまう」と言いたかった。

僕は街コンに行ったことがあるが、明らかに男女の意識の差があることもまた事実である。「男が料金低い婚活パーティーもあるよ」というコメントもあるが、商売なんだからガツガツしてくる顧客の料金を上げた方が儲かるに決まってるし、そのようなパーティーには男性側だけ参加資格がある。僕はそのような資格がないので参加できない。

「じゃあ非モテ男なんだから非モテ女と付き合えばいい」とは思わない。なぜならこのような思考を持っている人はネガティブ思考であり、「仮に自分が女だったとして今の自分と付き合いたいか?」と問われれば答えはNoである

2017-02-19

http://anond.hatelabo.jp/20170219181256

どちらにしても腐女子自身スタンスが見えてこないとなんとも言えない案件だよねー

そういう意味では萌え豚リアクションよりも腐女子リアクションが楽しみではある

ちょっと待ってくださいid:Falkyさん、id:whkrさん  ※追記あり ※2つ目の追記あり id:ysyncさんへ

id:Falkyさん、id:whkrさんへの追記

Falky とりあえず読んだよ。ということだけお伝えしますね。こちらからは以上です。//まさかないとは思いますが、万が一「逃げた」とか言われたりしますと、恐らく、大変深いため息をつきます

わかりました。もうこれ以上はお互いに平行線のようですね。id:Falkyさんは結局最後まで自身が書かれた最初コメントはただの質問であって罵倒ではないしあくま正当性があるという立場であり続けられたようですが、いつかid:Falkyさんが自身が書かれた私に対するバカ呼ばわりコメントを何度も読み返してその意味、言われた側の気持ち理解してくれることを願っています

そしてid:whkrさんのブックマーク活動へのスタンス理解しました。こちらからももう申し上げることはございません。





2つ目 id:ysyncさんのコメントへ向けて

ysync バカって言われたぐらいで大騒ぎしてるのが謎。謂れなき中傷ならスルーでいいし(公然の場でやってんだから風評もない)、理のある指摘なら受け入れりゃ一つ賢くなるだろ?

id:ysyncさんにも追記しておきたいが、いわれなき中傷スルーすべき動機などないし、それに抗えば「図星なのか?じゃあ受け入れて賢くなれよ」とおっしゃるあなた理論が全く理解できません。

あなたは見知らぬ他人からバカだと言われたら怒らないんですか?万人が他人からバカ呼ばわりされたらスルーすべきだし、それに怒れば「図星なの?じゃあ受け入れて賢くなれよ」で済ますんですか?

あなたこのひとつ前のエントリでも「図星だから反応してるのか?」と書いてますが、いわれなき中傷であればスルーすべきであり、図星なら中傷を受け入れろとおっしゃる理屈が全く持って意味不明です。

中傷でも的外れだと思ったらスルーしろ。怒ってるってことはお前に思い当たる節があるんだろw」こんな中傷された側を追い詰める理屈があるでしょうか?他人からバカと言われてムッとならない人ばかりではないのです。例えいわれなき中傷だとしても、人は傷つくのです。「図星なら受け入れて賢くなれ。的外れならスルーしろ」はあまりにも中傷された側に対してマッチョ理屈だと私は感じます。「バカといわれた程度で…」という程度の問題も通らないように思います当人が嫌な気持ちになれば、それを訴え出るのは自由であり、他者がそれぐらい我慢しろというのは非常に危険な考えだと思われます。「バカといわれた程度で…」というご自身価値基準をなぜ他者にまで適用して、他者を抑圧するのでしょうか?

たとえあなた他人からバカ呼ばわりされても気にしない人なのだとしても、それをすべての人に当てはめようとするのはあまりにも暴論でしょう。

これはid:ysyncさんに対する強い疑問なのですが、おそらくid:ysyncさんはこれを見ることもほとんどないでしょう。残念です。






Falky お望み通り言いたいことちゃんと言ったらこんな程度の低いレスされてガッカリだよ!俺の質問にも答えてくれないし。申し訳ないけど、いま心底「こんなバカ相手しなきゃよかった」って思ってる。ガッカリだよ…。

あなたの言いたいことは喧嘩腰で人をバカ呼ばわりする疑問という形の書き捨てコメントなのですか?

そしてそれに傷ついたといえば、「程度の低いレス」になるんですか?

質問ってどれですか?「お前みたいなバカに懇切丁寧に教えるのが義務なのか?」っていうのが質問なんですか?あなた他人質問するとき煽り口調でバカと罵りながら質問するんですか?その煽り口調に傷ついたといえば、「質問なんだが?」と言い訳するんですか?

勝手にガッカリなされてますが、もとはといえば、

私の増田罵倒コメントを書く→わたしが傷ついたと表明する→id:Falkyさん「俺の質問に答えないとかがっかりだよ

という流れですよね?

なぜ「あなたが私に真摯質問したのに答えてくれずガッカリした」という構図になっているのですか?

もとはといえば、他人バカ呼ばわりしたのはあなたですよね?

なぜ私の傷ついたというレスポンスを「程度の低いもの」とし、「質問に答えなかった」(そもそも質問という体ではなく、ただの罵倒に見えるコメントであるのに)という印象操作をしているのですか?

そして、私があなたの期待に応えられず、「ガッカリした」と切り捨てる。

id:Falkyさんの巧みな誘導が光りますね。

もう一度言いますが、これ

Falky はあ?バカに対して「お前はこれこれこういう理由バカですよ」と懇切丁寧に教えてあげるのが義務だとでも言いたいわけ?何様なの?なんで見ず知らずのバカに対していちいちそんな労力かけなきゃならないの? これはひどい

これが真摯質問に見えますか?私には相手バカとみなし、「お前みたいなバカにかける労力なんて無駄だろ」と言ってるだけのコメントに見えます。もう一度言います。これが質問なんですか?あなたの言いたいことは他人バカだと罵倒することなんですか?今まで罵倒していたのになぜ急に「質問していたのに答えてくれない。がっかりした」というスタンスに転じるのですか?

id:Falkyさんは自身コメントを読み返しまたか

他人罵倒しているという自覚は生まれなかったのですか?あなたの元コメント質問なんですか?id:Falkyさんには胸に手を当てて考え直してほしいです。

そして、id:Falkyさんに星をつけるだけつけて去っていくid:whkrさん。あなた状況わかってますか?

前後文脈を把握せずに星をつけるだけ付け擁護する、そんな互助会精神みたいなものが働いてるように見受けられますけど。

ちゃんと文脈を把握したうえで星をつけてるid:nagatafeさんに比べ、あなたはいささか状況を把握せずに星をつけている節が見受けられますね。

id:whkrさんにも私は非常に懐疑的です。




ブクマは基本書き捨てのため、追記が読まれ可能性は限りなく低いですが、ここにid:Falkyさんとid:whkrさんに関する疑問を記録しておきます






http://anond.hatelabo.jp/20170218110435

2017-02-18

http://anond.hatelabo.jp/20170218120847

平等に真偽マンに殴らせたら死ぬような体験談報告はジャンルわずいくらでもあって、結局は読み手の願望でその辺は取捨選択されるよね

真偽を掘り下げないなら例えリアル知人の語りでも話半分保留でってスタンスならまだマシなんだろうけど

読み手の願望ベースフィルタリングされるもんだからむし当人の中では揺るぎなき事実に昇格してるんだよな

id:Falkyさんの増田に対する見解をご覧ください

id:Falkyさんに関する追記



ちょっと待ってくださいid:Falkyさん

Falky お望み通り言いたいことちゃんと言ったらこんな程度の低いレスされてガッカリだよ!俺の質問にも答えてくれないし。申し訳ないけど、いま心底「こんなバカ相手しなきゃよかった」って思ってる。ガッカリだよ…。

あなたの言いたいことは喧嘩腰で人をバカ呼ばわりする疑問という形の書き捨てコメントなのですか?

そしてそれに傷ついたといえば、「程度の低いレス」になるんですか?

質問ってどれですか?「お前みたいなバカに懇切丁寧に教えるのが義務なのか?」っていうのが質問なんですか?あなた他人質問するとき煽り口調でバカと罵りながら質問するんですか?その煽り口調に傷ついたといえば、「質問なんだが?」と言い訳するんですか?

勝手にガッカリなされてますが、もとはといえば、

私の増田罵倒コメントを書く→わたしが傷ついたと表明する→id:Falkyさん「俺の質問に答えないとかがっかりだよ

という流れですよね?

なぜ「あなたが私に真摯質問したのに答えてくれずガッカリした」という構図になっているのですか?

もとはといえば、他人バカ呼ばわりしたのはあなたですよね?

なぜ私の傷ついたというレスポンスを「程度の低いもの」とし、「質問に答えなかった」(そもそも質問という体ではなく、ただの罵倒に見えるコメントであるのに)という印象操作をしているのですか?

そして、私があなたの期待に応えられず、「ガッカリした」と切り捨てる。

id:Falkyさんの巧みな誘導が光りますね。

もう一度言いますが、これ

Falky はあ?バカに対して「お前はこれこれこういう理由バカですよ」と懇切丁寧に教えてあげるのが義務だとでも言いたいわけ?何様なの?なんで見ず知らずのバカに対していちいちそんな労力かけなきゃならないの? これはひどい

これが真摯質問に見えますか?私には相手バカとみなし、「お前みたいなバカにかける労力なんて無駄だろ」と言ってるだけのコメントに見えます。もう一度言います。これが質問なんですか?あなたの言いたいことは他人バカだと罵倒することなんですか?今まで罵倒していたのになぜ急に「質問していたのに答えてくれない。がっかりした」というスタンスに転じるのですか?

id:Falkyさんは自身コメントを読み返しまたか

他人罵倒しているという自覚は生まれなかったのですか?あなたの元コメント質問なんですか?id:Falkyさんには胸に手を当てて考え直してほしいです。

そして、id:Falkyさんに星をつけるだけつけて去っていくid:whkrさん。あなた状況わかってますか?

前後文脈を把握せずに星をつけるだけ付け擁護する、そんな互助会精神みたいなものが働いてるように見受けられますけど。

ちゃんと文脈を把握したうえで星をつけてるid:nagatafeさんに比べ、あなたはいささか状況を把握せずに星をつけている節が見受けられますね。

id:whkrさんにも私は非常に懐疑的です。




Falky はあ?バカに対して「お前はこれこれこういう理由バカですよ」と懇切丁寧に教えてあげるのが義務だとでも言いたいわけ?何様なの?なんで見ず知らずのバカに対していちいちそんな労力かけなきゃならないの? これはひどい

id:Falkyさんは、こういったスタンスブクマをしていらっしゃるそうです。

id:Falkyさんは、人を馬鹿だと判断するや否や、他人ブコメスターをつけてその意見を表明するようです。

その時の彼の心情は上のようなものらしいです。

これが成人した成熟した大人対応といえるでしょうか?(未成年可能性もありますが)

id:Falkyさんには88人も御気に入られがいらっしゃいます。彼ら彼女らはid:Falkyさんのこのようなブクマ運用賛同しているのでしょう。

id:Falkyさんの「馬鹿」と相手をみなしたら、スターをつけて去る、見ず知らずの他人馬鹿とみなしたら、とにかく馬鹿にして去っていく。

このようなブクマ運用に賛成していらっしゃるそうです。

id:Falkyさんは人気者ですね。はてなのみなさまもこのようなブクマの利用を賛同しているのでしょう。

見ず知らず他人馬鹿とみなしたら、他人コメントに乗っかり、スターをつけ馬鹿にして去っていく。これが正しいブクマカのあるべき姿なのでしょう。

id:Falkyさんのような行動に賛成するものが大多数なのでしょう。

最初に上げられたコメントのように、相手罵倒し、馬鹿にすることを是とする方たちばかりなのでしょう。

id:Falkyさんはこのような人なのでしょうか?

id:Falkyさんは現実世界でもこのような言葉遣いなのでしょうか?

id:Falkyさんは例え本名アカウント運用していたとしてもこのような言葉遣いをするのでしょうか?

id:Falkyさんは半匿名からこそ、このような心無い罵倒を投げかける人なのでしょうか?

id:Falkyさんの真意はどこにあるのでしょうか?

id:Falkyさんのこの一番最初コメント、このような罵倒を投げかけられる道理普通に生きててあるのでしょうか?

id:Falkyさんはこのような罵倒をよしとする人柄なのでしょうか?

id:Falkyさんは良識がある人なのではないでしょうか?

id:Falkyさんは2chねらーのようなネットなら相手に好き勝手なんでも言っていいと思っている人なのでしょうか?

id:Falkyさんはなぜこのような罵倒をしていいと考えているのでしょうか?

id:Falkyさんはなぜここまで他人に対して相手の心をえぐるような罵倒を投げかけるのでしょうか?

id:Falkyさんはネットからこそこのような言葉遣いなのか、現実でもそのような人物なのでしょか?



ここでもう一度id:Falkyさんの発言を見てみましょう。

Falky はあ?バカに対して「お前はこれこれこういう理由バカですよ」と懇切丁寧に教えてあげるのが義務だとでも言いたいわけ?何様なの?なんで見ず知らずのバカに対していちいちそんな労力かけなきゃならないの? これはひどい

これが人に投げかけてもいい言葉なのでしょうか?

人をかなり馬鹿にし腐った言葉です。

ネット感覚がマヒしてませんか?

id:Falkyさん、あなた現実でも人にこのような暴言を吐き捨てる人間なのですか?

id:Falkyさんがそのような人間で悲しいことです。

id:Falkyさんは見ず知らずの他人暴言を吐き捨てる人間だと思いたくはありませんが、現にこうして、ネットでは他人暴言を吐き捨て、罵倒する意図をもってコメントを書いています

現時点では、id:Falkyさんが見ず知らずの人に全く論理性のないただの罵倒暴言を吐き捨てる人間だと判断せざるを得ません。

id:Falkyさん、私は残念です。

id:Falkyさんのコメントで傷ついたことをここに表明しておきます

id:Falkyさん、私は傷つきました。

id:Falkyさんが自身が書かれたコメントを読み直して、自分がどんなことを言ってるのか顧みてくれればいいと切に願っております

id:Falkyさんのコメント最後にもう一度だけ見てみましょう。

Falky はあ?バカに対して「お前はこれこれこういう理由バカですよ」と懇切丁寧に教えてあげるのが義務だとでも言いたいわけ?何様なの?なんで見ず知らずのバカに対していちいちそんな労力かけなきゃならないの? これはひどい

これが見ず知らずの他人に投げかける言葉としてふさわしいのでしょうか?ネット感覚麻痺してませんか?

現に私はひどく傷つきました。

id:Falkyさんがこれを見る可能性は低いと思いますが、匿名日記にこの心無い罵倒と私の気持ちを記しておきます








http://anond.hatelabo.jp/20170217151722

2017-02-14

http://anond.hatelabo.jp/20170214124521

増田のようなスタンス否定する謂れは一切無いし、むしろそういうライトファンを如何に獲得するかがコンテンツの発展につながることは承知の上で、ではなんでゲームもふれて欲しいという熱心なファンが多いのかというと、やっぱり情報量が段違いなんですね

で、このアイドルゲームスタンスとしては、アイドルアイドルであるまえに人間だと

それを表すための膨大で多角的テキストゲームには詰まってるのです

しか最近ソシャゲベースで展開していますから時間軸という概念を獲得しまして、もはや容易には伝えきれない量になっていて、もう自分でやって自分で発掘してもらうしか無いのです

正直申し訳ない気はしないでもないです

ただ、メディアミックス展開や二次創作だけでなく、大本ゲームを、更に言うなら最新のネイティブアプリだけでなくブラウザゲームのほうも触れて欲しいというのはそういう事情があるのです

http://anond.hatelabo.jp/20170214153614

明らかに常軌を逸した負担です。

はいでました、主観



自分教師ってそういうもんだろっていうスタンスなんで、すみませんね。



あのトラバ

ゴミ収集車運転手が『汚いのもうやだ』っていってる?

馬鹿、そういう仕事から仕方ないだろ、嫌ならやめりゃあいい」

っていう考えでつけたんです。文意わかってました?



収集車の運転手労働環境改善すれば

心身が回復して能力も向上するし新しい人材も入ってくるだろう」

あなたは考えるわけですけど

実際はその仕事に就こうと思う人は増えないと思うんです。

教師って誰もやりたくないけど誰かがやらなきゃいけない仕事だと思うんですよ

医者とか弁護士と同じですね

でも教師医者弁護士と違うのはその職種を設けるのが社会義務になっているところですよね

教師っていうのは嫌でも誰かがやらされる職業なんです

すでに今の人数で回っているように見受けられる状況なら

わざわざ教師になろうと思う人なんてそんないないと思うんですよね



それどころか安易人材を減らしたり人件費を増やして財源を圧迫すれば

現場の質は下がるのではないですか?

運転手給料休みを増やしたら、

結果、人員が削減されて、回収日も火曜と金から火曜日だけになった。

処理施設の稼働に割く予算も減らされて、やがて街にはゴミがあふれかえるようになった。」

極端なたとえですがこういう事態に陥れば運転手もその不便を強いられるわけじゃないですか

汚い街に住み、より大量のゴミをより少ない人数で処理しなければならない。

そうなったとしたら本末転倒でないですか。



安直すぎるんですよね、

教師労働環境を向上させるっていうのは易しくても増田のなかで打開案なんてもってる人間いないでしょ?



気が利かない人間なんで変な喩えになりましたが子どものことをゴミだとかそんな風に思っているわけじゃないんであしからず

「あのゲーム、あまりやったことないけど好きなんだよね」と言ったら

ゲームアニメ漫画といったコンテンツには様々な楽しみ方があって、それをどのような形でどう楽しもうが、作品に対し、どのようなスタンスを掲げていようが別にいいと思ってる。それに対して「えっ……おかしくない?」と思ったり、「もっとちゃんと応援しろよ」と思うのも、自由だと思ってる。

でも、最後の思うことに関しては、時によっては、他人を傷つける場合があることを知って欲しい、と思うのも事実である

実際、俺自身がこの間、そのような小さな被害を受けたからだ。

俺は某アイドルゲームファンで、積極的作品情報をチェックしてるし、ビビッと来たグッズやCDはたまに買う。でも、時々開かれるライブには行ったことはないし、元となったゲーム自体もあまりやってない。程度としては「数ヶ月に一回か」という頻度だ。

ライブに行ったことがないのは、昔から大音量の音を聴くと具合が悪くなるという体質上の問題で、ゲームを熱心にやってないのも、自分ゲームが下手クソで、さらゲームに関して明るい思い出が全然いからだった。

それでも、お気に入りアイドルキャラ)は何人もできたし、時々だけど応援していた。作品も「本当に魅力的なコンテンツだな」と尊敬していた。

でも、ある時に同じ趣味を持った人(ゲームにもライブにも熱心に行ってる、いわゆるガチファン)と会話をする機会があって、その時に自然に、「あのゲーム、あまりやったことないけど好きなんだよね」と言った。

すると相手は、「え……? あまりやったことないのに好きなの?」と言われて、続けて「熱心にやってないのに好きとかおかしくないか?」とか、「グッズやCDもろくに集めてないのに?」とか詰られた。

幸い、相手は物わかりがいい人だったので、自分事情スタンス説明したら納得してくれた。でも相手は「ゲームプレイ、グッズ、ライブ、全てをこなしてこそファン」というこだわりを持っているらしく、理解しつつもすごく苦い顔をしていた。ゲームに関しては「んなモン克服すりゃいいのに……」と漏らしていたし。

詰られたかファンを辞めたという訳でもないし、コンテンツと付き合うスタンスを変えるつもりも、何かがある限りはない。

でも、先の相手価値観に言わせれば、「俺はみたいなヤツはにわか」らしい。確かに俺のようなコンテンツの付き合い方だと、見ようによっては「熱心じゃない」かもしれない。

だけど、最初に書いたように、コンテンツはどのような楽しみ方をしようが自由なのだ。今の俺の楽しみ方も、自分事情と照らし合わせた上で付き合っている。

もちろん、それに対して何を思おうと自由だ。自分でも時々、他人の楽しみ方に「キモいな」とか、「理解できない」とか思ってしまう時とかあるから

俺が声を大にして一番言いたいのは、「このような楽しみ方をしているのには、ちゃんとした事情がある」ことを、頭の隅に置いといて欲しいと言いたい。

金がないからとか、下手だからとか、その方が自分に合ってるからとか、主観的に見れば「これで『愛してる、大好き』とかあり得ない、気持ち悪い」と思うような楽しみ方も、(理解してもらえるか、理解できるかどうかは別として)相手にとっては適切な理由がある。

まり熱心にやっていない人を「にわか」、その楽しみ方を「気持ち悪い」と思っている人達には、楽しみ方には事情もあることを頭の片隅で理解して欲しい。

大好きなのに、仲間の圧力で肩身が狭くなり、居心地の悪さに耐えられなくなって辞めるような人が出る、みたいなことな起こるのは心が痛い。

受験は終わらない。

今年は受験生だった。大学受験

ただ幸か不幸か、高2の冬にオタクになった。

私は幼いころから漫画が身近にあって周りと比べるとまあまあ読んでいたほうで高校生になりバイトを始めると、使える限り漫画に費やしていた。

けどそれだけ。漫画をほかの人より多く買うだけ。

アニメはたま~~~~に見ていたけれど、アニメオタクと語れるほどのものではない。ワンクールに3つ見ていたら多いほうで、声優はいくら有名どころでも名前がわかっても声がわからない、逆もまた然り、その程度。

けどすべて高2の冬に変わった。もっと遡ると夏が原因かもしれない。

夏にとあるソシャゲにハマって毎日ログインしてはランク上げに励み、イベントがあれば上位に入ってレアカードを狙い、石を集めてはガチャを回した。無課金だったけれどCDが出れば買っていた。

そしてそこで出てくる声優を覚えた。

でもやっぱりそれだけ。

冬…というか秋アニメとあるアニメにハマった。そこで人生が変わった。

しかも夏から始めたソシャゲと出演声優が被っていて、その人自身への理解も深まりアニメに恋をしてなんとかぎりぎり一般チケットをとりイベントへ参加した。

そのイベント声優のものに恋をした。ファンになった。

ハマる、という言葉の本当の意味を知ったような作品になった。


そこからと言うものアニメは一旦終わったものの、コンテンツのものは終わることな情報小出しに細く長く続いて、1年経っても月1で何かしらある状態にいて冷めることができずに追いかけ続けた。

声優に関してはどうせ1か月後には興味を失ってるという線引きを一応するスタンス応援し続けて結局いまだに好きという状態

出演アニメはとりあえず録画するし、イベント情報が手に入れば、一応全部検討して行けるかどうか考えた。何回かは行った。

シチュエーションCDという存在をその人をきっかけに明確に認識し、フォロワーオススメされた作品にまんまとハマっては、めちゃくちゃ熱を入れた。

自分乙女系の作品が好きだと自覚し、推しがいなくても好きそうなものは追いかけた



また、舞台にもハマった。まああるところから繋がりがあり、興味が出て見ては好みにどんぴしゃ


まり

馬鹿みたいにオタ充した。それが高3。


季節が変わるごとに放送アニメは変わり、シチュエーションCDなんてシリーズで追いかければ、月1で新作が出る。

イベントは定期的にあるし、ものによっては円盤も出る。出ないものもある。

常に供給があり、しか結構限定的

リアルタイムで追いかけなければリアルタイムで感じた感想に巡り合えない、もしかしたらインタビューとか逃してしまうかもしれない、雑誌も買わなければ…そう思ったら情報のチェックは欠かせない。

あとから知っては遅い。その価値観さえ捨てれば我慢できたのかもしれないけれど無理だった。

だって好きになったものは全部追いかけたいじゃん!

終わったあとに知るのは悔しい!


もうなんていうか本当にどうしようもなかった。

きっと私以上に時間趣味に費やしていてもきちんと勉強できる人はいたのかもしれないけれど、私は私だ。

まったく勉強しなかったよね。しか試験が近づけば近づくほどする時間は減っていくばかり。夏にはまだ1日10時間していたのに。それでも足りないけれど。

結果大学全落ちして今日家族会議

どうしたいかと言われても難しい。

想像能力が乏しく、将来よりも目の前の幸せを優先させることに必死

例えば浪人することにしよう、そしたら私はまた1年趣味に全力を出せない。大学にいけば全力を出せるかと言われてもそれは違うけれど少なくとも受験生という負い目はない。

趣味を一切我慢するなんて考えられない。



それに好きな作品にはファンが願って願ってお金を出し続けてついにアニメに続編が来た。

思わぬハマりを見せたシチュエーションCDも、続編が決まっていた。また半年間のマラソンだ。

舞台もまだ続く。

推しの出演作品も続々と決まる。過去だって見たいのに。



もどかしい、もどかしすぎる。さっさとお金を稼いで自分のすべてを費やしたい。



そんな誘惑に負けていいとは思ってない。私にだって勉強したい気持ちはある。教養がほしい。もっと得たいなにかがある。

馬鹿が嫌いなわけではないけれど、それ以上に勉強ができる人間に恋い焦がれる。あこがれる。頭の良い人は面白いから好きだ。

私が好きだと思った人の頭はよかった。恋愛対象としてじゃなくて人間として。

頭の良い人が集う環境にいたほうが効率よく頭の良い人と出会える。

もちろん勉強するために大学に行きたい。



さいこと書いてるように思えてきたーーーーー。

実際そう、くさい人間で、ただの勉強のできないオタク



大好きな作品出会うことのできたあの日々に後悔ができない…タイミング大事だし人生は潤った…。

自業自得でも幸せは得た。その分たくさん苦しまないと何も得られないのだと知った。私は天才ではないから。


どうするべきか決まらない。今からでも出願が出来て確実に受かる適当大学に行って趣味に費やしたいけれど、ちゃんと今勉強して来年また大学を受けるべきか。

浪人したって成績はそこまで上がらないとはよく聞く。じゃあ私はまた来年同じ思いをする。

現役で一所懸命できない人間浪人しても受からない。

私は経験がないから知らない、でも多くの受験生を見てきた人々がいうのだからそれが正しいと信じる他がない。

すべては自分次第だろうけど、自分を信じられるほどの実績が自分にはない。

気持ちだけで終わる。

ただの馬鹿受験生ぼやき

こんなこと書いてないで勉強したほうがいい。

2017-02-13

何も言えねぇ

主張、発言などを他人強制すべきではないと日々考えている。

もちろん自分に大してもそうで、この人がこう思っても、私は違う風に思う、というスタンスを持ちたいと思っている。


例えば「○○を好きな奴は頭おかしい」と言われたら。

いや、

それを好きな人もいるし、

そういう発言に傷つく人もいるし、

そういうこと言わない方がいいんじゃない?言わないでほしい。と思う。

しかし前述のように、そう思うのも発言するのも強制できないし、あの人にそう思うな言うなって押し付けられないから、

何も言えない。

でも言う人は言うから勝手理不尽に虐げられている気持ちになってしまう。

2017-02-12

http://anond.hatelabo.jp/20170212131114

私はゲーム日記さん好きだけどね。

そんなに繁盛してるわけじゃないけどいつも一人二人くらいはお客がいる飲食店みたいな感じで、

「お、やってるやってる」ってノリの空気感が良かった。

闘病生活ときは何とか頑張ってほしーなーと思ったし、

就職した時は本当におめでとうと思ったし、

何か良い出会いがあったっぽいときもげろって思ったし、

ゆるーく続いてるのが醍醐味だと思う。

ただ何か色恋沙汰の話になると荒れるっぽいし、

でも日常日記増田で好きに書いてるのを一々文句言われる筋合いもないと思うし、

かといって変なのに絡まれるのも面倒だろうし、

むつかしいよね。

基本は今までどおりの日記踏襲して、

今回みたいな臨時ネタがあったらごくたまに投下する、ってスタンスでいいんじゃねの?

ごくたまの変化って見てる方も面白いし、メリハリがついて良いし。

で、ごくたまの変化を投下したときに変なのに絡まれるのは有名税ってことで割り切るしかないと思うなー。

弱火のまんま末永く続くってのが一番難しいことだと思うんだけど、

ぜひ低空飛行長寿増田地位を築いていっていただきたい。

中途半端俺。

社命で部下引き連れて出向してる。

出向先会社メンバーは「出資してもらった会社からきた社員と一緒に頑張る」という意識じゃなくて

出資を受け入れてやったんだから、手伝う社員寄越せ」というスタンス

金出してやって社員行かせて、しか冷遇ってそりゃあーた、無いでしょ…。

俺のミッションは、我慢しろ出資金は5年で回収、IPOさせろの3点。

仮にIPOしても上場益は自分や部下達には入らないし、自分本社に持分還元される金額

せいぜい3桁億程度。しかもワンショット

本社全体の売上からすればゴミみたいな金額のために自分を殺して働く。

回収目処が立たなけりゃ、日本各地、海外にも拠点があるから、好きなとこに行かせてやると。

それ懲罰人事やないか…。

これが中途半端役職ついたリーマン現実。ちなみにお小遣い制で月に4万円だぞ。

[]

今回は裏サンデー


LiLy 20

後半の漆原と心葉のやり取りがディスコミニケーションのお手本みたいで、不覚にも笑った。

円滑なコミニケーションにおいて重要なのは多義渡りやす言葉解釈当事者たちで同じにしたり、軌道修正を細かにすること。

やり取りをする人たちで個人事情だとか価値観だとか、前提の共有が成されている必要があるんだけれども、それをすっ飛ばすとグダグダになりやすかったり不和を生じやすい。

大雑把に言えば、伝える努力理解する努力の両立が大事なんだよね(もちろん当事者たちがコミニケーションを求めていなければ話にならないけれども)。

漆原と心葉は互いのバックボーンを知らない上、その状態で話を進めたもんだから、ああなるのは必然だった。

モデルの件で心象が悪くなっているから、解釈軌道修正をする余裕が心葉にはなくなっているし、漆原は言葉足らずなせいもあって逆なでするような発言を繰り返すし。



いろはと僕と 12

ラブコメっぽい感じは出しつつ、妙な警戒心を抱く描写がちょいちょい入るのは、あくまでスカしだってスタンスで読んでいいのだろうか。

穿った見方をするなら、ラブコメ差別化を図った結果よく分かんないことになっているのかと邪推してしまう。

そのあたりの方向性が定まっていないせいなのか、テーマ構成は一貫しているのに、表現だとか演出何だかチグハグさを感じる。



DOG END 第22話

前回も思ったけれども、正味キャラ付けとしては安易だよなあ。

エセ関西弁しかネットスラングよりだからね。

当然、意図してさせているってのは分かるんだけれども、そのキャラがなぜそういう喋り方かっていう説明がないから軽薄だと感じてしまう。

例えば、吹き替えとかで日本地方の訛りで喋っている登場人物がいたら、その役者登場人物の元の喋りが訛っているが故の意訳とか、そういう妥当性はともかくにしても何らかの理屈が欲しい。

後に説明されるんだろうかね。日本語学んだ媒体の偏りがだとか。

2017-02-11

ふたばちゃんねるが排外的になった原因は津田大介

http://www.roll8.xyz/entry/kemonofriends

http://b.hatena.ne.jp/entry/www.roll8.xyz/entry/kemonofriends

ここ数日、

けものフレンズネタふたばちゃんねるが取り上げられ

取り上げた人にクレームが入って記事が消されて…

というようなプチトラブルをいくつか見た。




クレームを入れられた人も困惑しただろうが

ふたばちゃんねるは極端に排外的というか、ネタログを外部に持ち出されるのを嫌う。

そしてこれは一応理由や経緯があってのことだ。

端的に言うと津田大介のせい。




原因となった事件から随分時間も経つの

記録として改めて書き残しておきたい。




1.ネット雑誌売れっ子ライター津田

ご存知の人はご存知の通り、掛け出しの頃の津田大介ネット雑誌ライターをやっていたが

知識センスもそのへんのオタクと同等以下の津田が書ける「売れるネタ」と言うと

winnyやらWinMXやらの違法ファイル収集ソフトの使い方指南だった。

photoshop等の高額ソフトエロゲーロリコン動画などを無料ダウンロードするやつだ。




どれも当時のネットオタクたちが積み上げて共有していたよくないノウハウだったが、

それらの知識から素人中高生が喜びそうなことを抜き出して金とって教えるのが津田生業で、

それはネットオタクからバカにされるだけでなく、忌み嫌われてもいた。

津田によってマナーの悪い新参ユーザーネットオタクの遊び場に突然現れるようになったからだ。




本来ならそこに辿り着くまでにそれなりの知識必要な中級者以上の遊び場に

津田が突然ツアーコンダクターのように素人流入させ始めたのだ。

ネットオタクたちはみんな迷惑したし抗議もしたが、津田もごもごした言い訳や知らん振りに徹した。

自分ライターとして報酬やらポジションやらを得て、

呼び込んだ素人の面倒見は一切オタクたちに押し付けるのだからいい商売だったろう。




2.ふたばちゃんねるに目を着けた津田

違法ファイル収集ソフト指南エロサイト観光ツアーの次に、

新たなネタとして津田が目をつけたのがふたばちゃんねるという画像掲示板だった。

ふたばは当時、トップレベルに質の高いオタクエロ画像ネタ画像豊富に貼られる掲示板だった。

津田は「このサイト画像乞食をするといい画像が一杯手に入るぜ」という記事を書き、

更にはふたばちゃんねるを自動巡回して画像収拾するツールまで紹介し使用を推奨した。




雑誌読んだ素人子供が大挙押し寄せてそんなツールを使うとどうなるか?

掲示板の負荷が激増してとんでもなく読み込みが重くなり、まともな使用に耐えなくなる。

そうやって潰された掲示板コミュニティは多く、

巡回ツールマナー違反だという了解相互配慮がとうにあったが、

自分が儲けたいだけの津田にはしったこっちゃないし、

津田誘導された素人たちはそんなことしりもしないかしょうがない。




ふたばちゃんねるは荒れに荒れた。

変な質問場違い投稿を繰り返して喧嘩をする素人たち。

アニメ漫画アダルト同人画像に喜ぶ明かに18歳未満の子供たち。

ツール負荷で何度も落ちるサーバ

津田はもちろんそれらの被害についても知らんぷりを決め込んだ。




3.その後の津田

津田大介はそのようにして

ネットコミュニティ掲示板を食いつぶす商売をしていたのだ。

巡回ツール画像だけ抜き取る迷惑行為に「ぶっこぬき」という用語まで付してノリノリだった。

あの手法ライターとしてよっぽど売れたのだろう。




津田特にマナー違反行為違法ファイル収集を推奨する記事を多く載せていたのが

ネットランナー」という雑誌であった為、

その読者である素人たちは「ネトランイナゴ」「ネトラン厨」として大いに恐れられたし、

素人と違って迷惑になるのがわかっていながら自分1人の儲けの為に笛を吹き続けた津田に対しては

深い憎悪軽蔑が残った。




ネトランライターの後は

ネット問題大先生」業が当たり、

更にその後はリベラル風の味付けも加えてウンタラジャーナリストだとか何とか言っている。

駆け出しか現在に至るまで津田に一貫していたのは

素人門外漢を客にしていくスタンス

・徹底した成り上がり志向

だ。

ネット風俗についても技術についても大したセンス知識も見識もない得意分野の無い津田

ネットを専門にする人達と絡んだらすぐ底の浅さがばれてしまう。ので、

初心者、よくわかってない人、ネットが嫌いな人、に浅い解説をする仕事を極めた。




昔のネットオタクたちは津田のそのような器量と根っこの人格を知っているので

リベラル文化人風に成り上がった津田がなんだかもっともらしいコメントをほざいていようと、

すべて商売でやってるだけのスカスカ人間だとわかっている。




そういう経緯で、

一時ネトラン禍により滅亡の寸前までいったふたば

外部で話題に挙げられるのを極度に忌み嫌うようになり、すっかり流星街みたいになった。

現在津田は経歴に掛け出し期のことを載せたがらない。

2017-02-10

http://anond.hatelabo.jp/20170210121715

実際、けものフレンズは何故5分枠ではなく30分やってるのか理解不能である

最初意図的普通魔法少女だと騙そうとしていたまどマギと違って、

けものフレンズはまわりが盛り上がっているだけで、アニメ自体スタンス

1話から変わっていない。

2017-02-06

トランプ批判して中共批判しない人のスタンスは全く腑に落ちない

から独裁に反対なので中共批判していたらネトウヨにされていた。

今は同じ理由トランプ大統領の傾向にも批判的なスタンスでいるのだけど、最近私をネトウヨ認定した人たちもトランプ大統領にNOを突き付けている。

彼らにとって中共トランプ大統領は何が違うんだろうか。

また、彼らとは違うけれど朝日新聞も怒りを露わにしてトランプ大統領にNOを突き付けた。

トランプ大統領に怒れるなら中共にも怒れるんじゃないか。NOを突き付けられるんじゃないか

それをしない人間が、私は全く信用ならない。

マツコの知らない世界で出てくる一般人基本的に変な人が多くて、マツコがそれを弄りつつも受け入れるっていうスタンスが他のバラエティと違って安心できるから人気になってる番組と思ってるんだけど、ゴールデン帯だからか知らないがわりと彼らの挙動批判してはばからない視聴者も多いのでヒェ〜って思うことが多いのよね

除籍食らったアイドルアイドルやるような容姿ではない件

http://ameblo.jp/kyoto-purpure/entry-12245054584.html

繋がり行為で除籍食らったアイドルの顔画像公式から拾ってきました

これな

https://pbs.twimg.com/media/CkMAuMBVEAElpTb.jpg

https://pbs.twimg.com/media/CkMAVH0UUAALUkn.jpg




アイドルって圧倒的な容姿愛嬌オーラでやる仕事じゃなかったっけ?

ファンには拝んだり声援送ったりグッズ購入する行為だけで満足させるっていう

それが偶像アイドルでしょ




除籍の2人ははっきりいって、学校職場に居ても「おっ」と思わないレベル容姿

除籍されなかったメンバーもそのレベルなんだろう(もう調べる気力もない)



 

秋元康によってアイドル

「圧倒的な素質を持ったものけが目指せる仕事」ではなく

「素質に欠ける者でも努力根性でやれる仕事」ということになってしまった

この場合努力と言うのはあらゆる泥臭い不合理な販促行為…だけならまだいいが

必ず性的サービス接待が入ってくる

そして、アイドルのそばに居る男(事務所人間や熱心すぎるオタク)にとってはそっちのほうがよかったのだ




現代においてアイドルシーンは

やらせてくれる微妙なブス」「やらせてくれる頭おかしメンヘラ」をチヤホヤするようだけのシーンになってしまった

雑誌メディアアイドル眺めたい程度のスタンス人間にとっては何の価値もない存在

もうほんとにただの微妙な女だからね トップアイドル()でも

金払って見たいわけあるかそんなもん

音楽教室カラオケと大差ないから金払うべきだと思う

最近JASRAC問題面白い

テレビネットを見ていると、日本人いか著作権について日頃から考えていないかというか、考えない方が良い国民性なんだなという事がよく分かる。

モノ作り大国日本なのに…。

そしてモノ作りのハードルレイヤーとかについても考えさせられる。

音楽という著作物は「基本出し切り」だよなーとか。

とりあえずネット感情論JASRACを叩きすぎなのは間違いない。

JASRAC著作権信託契約をしている楽曲と、この問題については、カラオケと全く同じ話と言ってしまっていいと思う。どう考えても音楽教室使用料を支払うべきだと思う。大手か零際か、とかも関係ない。零細だろうと支払うべきだ。JASRAC側が「零際からは取らない」と言っているのは単に心象のためと、実際問題「取らないというよりは取れない」という話だろう。NHK受信料の集金をするために一体経費がいくらかかっているんですか、そういう話だ。

僕の場合は、要するに「他人著作物を利用して金稼ぎをしているのか否か」という観点で考えたい。

(その著作物は、ある人が一生を犠牲にして作り出した何かという場合もあると思う)

音楽教室側も、支払うのが嫌だったらJASRAC委託していない楽曲使用すれば良い。有名所でもそういう楽曲はある。

ところが、どうやらJASRAC側は長年に渡って話をしてきたようだが、音楽教室側は利用料は払わないというスタンスだし、JASRAC委託していない楽曲に切り替えるという事もしない。なぜか。そんなの一つしか考えられない。客が減るからだ。

それは広告のために他社のキャラクターを使いながら一切の許可を取らないこととあまり違いがないんじゃないのかと僕は思う。まるでよその国の話みたいだ。

今回の話では、「教える場」「教わる場」という話がクローズアップされているが、そういう事じゃない。他人著作物を利用してお金を儲けている団体人間がいる以上は、利用料を支払うのは当然だと思う。

とは言え、JASRACという団体の是非については全く別の話になるが。

[] #14-6「生活教」

ところかわって兄の俺は、同級生喫茶店雑談をしていた。

ウサクやタイナイ、カジマたちといった面子である

今日最初の待ち合わせ場所だった広場さ、例の宗教のやつがやってたよな」

不可思議宗教だな。お前の弟や、その友人も訝しげに見ていたぞ」

その場に弟たちがいたという話に悪寒を感じたが、俺はコーヒーをすすりながら聞かなかったことにした。

「まあ、ボクとカジマも一応は信者だけど、傍から見てもそんなもんだろうね」

さらりと言われた衝撃の事実に、俺は思わずコーヒーを吐き出しそうになった。

ウサクも驚き、向かいに座っているタイナイとカジマに、前のめり気味に尋ねた。

「き、貴様ら、アレに入っているのか!?

「まあ、そうだね」

屈託なく言われたことに、俺もウサクも次の言葉が中々出てこなかった。

何を信仰しようが自由はいえ、彼らを少なからず知っている身としては、意外と言うほかなかったからだ。

「い、言ってはなんだが、アレはお前たちにとって大したものとは、とても思えないぞ」

ウサクは咀嚼しようと必死で、彼らが「生活教」を信仰する理由を、理解しようとしていた。

そこまでして信仰する何かが、もしかしたらあるのかもしれないと思ったのだろう。

「うーん、あえて言うなら、面白いから?」

次に出てきたカジマの言葉に、俺はまたもコーヒーが変なところに入りそうになった。




「お、面白いって何だ。教えとかか?」

「え、別に唱えている内容自体には、さして興味がないよ」

「そうそう、崇高な理念があるのかもしれないけれども、いずれにしろ言っている内容は大したことじゃないからね」

そのあまりにも身も蓋もない言葉に、ではなぜ信者なのか尋ねる。

だって面白いじゃん。そーいう大したこと言ってないのに、大したこと言っているみたいにするのって」

「そーいう人を、大したこと言っている人間みたいに神輿にかついだりするのも面白いよね。分不相応であるほど、言ってることの陳腐さが際立って滑稽なのに、本人がそれに気づかないってのも二重の意味面白い

俺もウサクもこれには唖然とするしかなかった。

「えー……つまり、二人とも教祖の言っていることに心酔しているわけじゃなくて、遠まわしに茶化しているだけ?」

「うん、だって大したこと言っていないのに、本気で持て囃したらバカみたいじゃん。恐らく、信者たちの大半は僕たちと同じスタンス信仰していると思うよ」

「『帰ったら手洗いうがいをしよう』だとか、『体にいいものを食べよう』だとか、それがよいことなのは分かりきっていて、その上でどうするかってのは個人裁量でしょ。わざわざ連呼することではない」

「まあ、そもそも、このご時世に新興宗教って時点で信仰に値しないよね。というか、宗教自体時代遅れだけど」

タイナイとカジマは、ケラケラと笑いながらコーヒーをすすった。




「むう、信者というのは、こういうパターンもあるのか……」

ウサクは腕組みをしながら何か知見を得ようと唸っていた。

俺はほお杖をついて息を漏らすしかなかった。

まあ、俺たちも少なからずそう思っていたわけだが、だからといってタイナイたちの姿勢も中々にご無体なものである

「なんというか……宗教のものの意義を否定する気はないが、人に何かを教える体系としては時代錯誤になりつつある、ってことなのかもしれないな」

この後『生活教』がどうなるのか、本当に無意味なのか、それは今はまだ分からない。

でも、俺たちが考えているよりも何かを信じたり、何かを正しいと思ったり、そのために行動することは簡単なことではないことらしい。

(おわり)
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん