「合意」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 合意とは

2016-05-29

安倍総理は「アベノミクスの3本の矢に世界合意した」とまた嘘。

安倍総理は「3本の矢に世界合意した」「アベノミクス世界に展開する」と言っていたが、アベノミクスの3本の矢に合意したという話はどこの国からも聞こえてこない。安倍総理はまた嘘をついたのだろうか。

安倍総理はまた嘘を世界にぶちまける

安倍総理は「3本の矢に世界合意した」「アベノミクス世界に展開する」と言っていたが、アベノミクスの3本の矢に合意したという話はどこの国からも聞こえてこない。安倍総理はまた嘘をついたのだろうか。

2016-05-28

http://anond.hatelabo.jp/20160523005052

FRP関数型言語も、誰も合意があるなんて言ってない。岡部氏の藁人形論法

藁人形に加えて「合意がないから僕の独自理論は正しい!」という詭弁

2016-05-27

[]「亡国の双子姫」

20年前、まだ彼女達が赤ん坊だった頃、彼女達の親は独立戦争の指揮をとっていた。

その結果は敗北、彼女達の親は戦争犯罪人として処刑されてしまう。

小国は再び、大国支配下におかれることとなるが、再起を狙う独立派は、赤ん坊の姫を次の旗頭に据え、潜伏を続ける。

その際に、姉は独立派と共にゲリラと共に、妹は大国支配下に置かれた国の中枢で生きて行く事になる。

それから20年間彼女達は一度も会うことはなかった。

大国の国としてのあり方を根底から覆すマクガフィン的な物の位置発見した独立派は、それを手に入れるため再び戦いを仕掛ける。

しかし、双子姫の姉は幼き頃から続いていた戦いの日々を辞めさせるため、マクガフィン的なものを奪い逃げ出してしまう。

そして、逃げ込んだ先で偶然、双子は再開する。

戦いを辞めさせたい姉と、大国に苦しめられ息も出来ない国民を救うために戦いを続けたい妹と、2人の意見はすり合わない。

2人は争いながらも、自分たちを慕い、何より今苦しんでいる民のために何が出来るのか苦悩する。

ところが、ある日彼女達は気づきを得る。

自分たち国民を、国を、ひいては自分たち支配する大国を、何よりそうしてしまった世界を、俯瞰で見ていることを、あたか自分たちけが特別な外側にいるような考えでいることを。

たかも、時の流れ全てを知って、自分たちけが正解を知っており、それ以外の全員が間違っているのだと、思い込んでいた事に気付く。

改めて、自分たちが何をすべきなのか、ではなく何をしたいのかを2人で話し合う、

離ればなれだった20年間を埋めるように、2人は話し続ける。

人類革新ニュータイプと呼ばれ宇宙適応し、オールドタイプではなし得ない、超常の感覚によるコミュニケーション可能とする2人であっても、たった2人っきりの姉妹家族合意すら得られない。

所詮、人が宇宙に出て一世紀。

人類史における進化の速度の例から見ても、そんなことは当然のことなのかもしれない。

ジオンデラーズフリートティターンズネオジオンシャアの逆襲。

幾多の戦争経験してもなお、連邦の”高官”という地位は守られ、そしてそれは次の戦争火種になっていく。

そう、木星総督に”高官”の娘をあてがうことが発端になる争いには、人類革新コロニー独立などのお題目とは関係ない、ただの「差別された」ことへの不快感しかなかった。

その不快感が、ドゥガチを、カリスト兄弟を、ギゾを、凶行に走らせる。

とどのつまり、人が人を支配することは、今この瞬間の平和を生む事はできても、10年、20年先の、100年続く平和を生む事はできない。

から、ミネバはフルフロンタルを否定するのだ。

から、ベラ・ロナは貴族主義を否定するのだ。

からシャクティマリア主義を否定するのだ。

だけれども、その先に待つのは何だろう?

人が人を支配しないのなら、何が人を支配するのだろう。

誰もが誰も支配しない世界理想郷なのだろうか?

結局、ミネバ・ザビミネバ・ザビになれなかった者は、そんな答えのでない議論を朝まで続け、気付くと眠っていた。

そんな、2人に何時か彼女達なりの黄金の秋が来る場合




ゲリラと一緒にいた姉は浅野真澄さん、

国に残った妹は川澄綾子さんに決定です!



みなさんのキャスティングをお待ちしておりまーす!

民主党死ね(死んだけど)

民進党のみなさんに何故アベノミクスが失敗に終わって、自民党政府閣僚不祥事が続出しても自民党安倍政権支持率が下がらないのか教えてあげよう。

す べ て お 前 ら の せ い な ん だ よ

菅政権から徐々に官僚主導政策が多くなり、野田政権に至ってはもはや傀儡

そして諸悪の根源社会保障と税の一体改革に関する三党合意」。

これのおかげで以後、社会保障費と消費税はセットで語られるようになってしまった。というか、社会保障費の財源はもはや消費税しか」無いような扱いになってしまった。

所得税の累進強化でも相続税の強化でも法人税課税ベース拡大でも各種優遇措置見直しでも金融取引税の導入でもなく、「消費税」の増税がされなければ社会保障費は維持できないと。

そして安倍政権

民主政権時の数少ない成果(こども手当、高校無償化等)はあっさり削られ、生活保護不正受給キャンペーンに一緒になって乗っかり社会保障の縮小に手を貸して、政権交代時の政策に何の検証反省もせず民主中枢を守った為「三党合意」の旗の下、唯々諾々と従うのみ。

こうして成果は安倍首相不都合不具合民主政権時の負債のという盤石の自民公明民主連立政権ができたとさ。

で、当時の民主中枢は今も民進党の中枢なのです。絶望しか無いよね。

選挙はまた自民党が勝つだろう。

http://anond.hatelabo.jp/20160526224439

自分会社員ブラックITパチンコライター独立起業(現:デザイナー)の経緯を辿った人間なんだが、労働時間社会性の有無も地獄としてはパチンコブラックITもあまり変わらないと思った。

ブラックITにいたとき毎日始発から終電まで缶詰どころか軟禁されて、繰り返される罵倒&重ノルマ自分を見失いそうな仕事内容。下手に社会性があるせいで、みるみるうちに人間不信になった。今振り返ってみると後にパチンコライターをやったのは、安息の地を求めて社会性のないパチンコに逃げていた気もする。

パチンコやってた時は逆に淡々自分と向かい合う時間が心地よかったな。この流れの早い現代社会に何も考えずに落ち着いてられる場所ってわりと少ないと思う。まあ元増田のようにプロとしてノルマがあるなら何も考えないわけにはいかないけど、一度座れば後はより多くの当たりを願うだけで、あとは機械がやってくれると思うと気が楽だわな。多少の技術介入はあるけど、負けても勝っても言い訳がつくじゃん。

金を稼ぐ時ってのは、報酬に対する能力に加えて、金を出させる側との合意必要だけど、パチンコ自分本位で最大限の結果が出せるわけでしょ。金ってのは、どれだけ良い仕事をしても相手を納得させることができなければ、受け取れないものなんだよ。ブラックってのはそのノルマが異常に高いってことであって、パチンコプロとして仕事として考えたとしても、自分のペース&判断ノルマ自分次第ってやっぱ楽だと思うけどなぁ。

パチンコで食える人ってどんどん減ってるし、パチプの知り合いもいたから苦労や努力は十分理解してるつもりだけど、本当のブラック人格さえも全否定するようなブラックさなので社会をナメちゃいけない。金に対する考え方が甘いよ。だけどそれだけの根気と結果が出せるならパチプやってるよりも儲かりそうな健全仕事あると思うよ。ブラック比較して地獄だったって嘆いていても意味なんてないし、辞めたきゃやめればいいだけの話。

2016-05-23

http://anond.hatelabo.jp/20160523003141

住井某が岡部氏が同じことを言ってるのを聞けば「私の知ってる純粋関数型とは違います」とかしれっといいそうだなw

純粋関数型なんて今でもずっと議論されてて合意なんてないよ。

http://anond.hatelabo.jp/20160523000400

頭悪いよな。

あのね、FRPについて、何かが認められている、何かの合意があるみたいなことを言ってるのだけど、

岡部氏が出したCornelEliottのいうFRPは、ことごとく他のFRP自分の考えが違う、と各所で表明していて、

どこにもおまえさんの言うような学会コンセンサスみたいな形式がないのだけど、誰が見ても君の言い分詭弁だよねえ。

2016-05-22

http://anond.hatelabo.jp/20160521172848

FRPについての合意について?w ソースは?ほら出してみろよw

ヒント:ElliotをはじめFRP重要論文の大半が発表されてる学会委員長

バカ発見

FRPについての合意ソース出せ、と書いたら、「国際学会の委員長」がヒントの回答らしい。

それが回答になりうるはずもないことくらい理解できるよな?

FRPにについて合意されている、と確認できるソースを出せ、と書いたんだ。できない、でいいんだな?

2016-05-21

http://anond.hatelabo.jp/20160521040953

三省堂大辞林より

わ かん [0] 【和姦▼】

男女の合意の上での姦通。 ↔ 強姦(ごうかん)

みなさん和姦の意味を間違って使ってませんか?

強姦との連想から、和姦を「同意のあるセックス」の意味だと間違って使っていませんか。

法律専門家ブログでも間違った用例がしばしば見受けられます



和姦とは、正しくは「男女相互合意のある不倫」のことです。

いわば、ベッキー川谷絵音は和姦。

結婚前の男女が同意の上でセックスをするのは和姦とは言いません。



そもそも、「姦」という言葉自体に「不倫」という意味が含まれています

大昔は思春期前後には婚姻していましたし、また婚前交渉は一般的ではなかったので、

強姦=既婚男が女を襲って不貞行為をする、という図式が成立していたのです。

男漁り・女漁りのリスクとリターン

東大生5人を逮捕 女子大学生の体を触った疑い

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160519/k10010527131000.html

合コンナンパの延長線上にあったのだろうと推測するが

セックスが絡む場合は必ず合意の有無が争点になるが

まあ大抵男の方が力が強いわけで合意形成過程非対称性はあるわけだが


まずこの例で女が東大生とお近づきになりたいというリターンを得るつもりだった場合

居酒屋食事くらいはまあセーフだと思うのだが、

そのあと男5人で男の部屋に行くなんて選択肢はいくらなんでもないよな?

まあ脅迫めいた強制があったかもしれん、いろいろ例外は想定できるが、

もし無理やりだったなら量刑に裏ドラ乗るからここでは考えない



リスク見積もりが甘いんじゃね?

んでリスク見積もりが過剰な人間草食系になるという

2016-05-20

http://anond.hatelabo.jp/20160520154237

国際学会」ねー。

FRPについての合意について?w

ソースは?ほら出してみろよw

http://anond.hatelabo.jp/20160520072553

住井さんをはじめ、岡部さんが批判する相手は、議論となっている関数型プログラミング定義などが、まるで世界的に合意がされており岡部さんのみが異端だという主張ばかりしており、あまり

信用できません。

観測できる事実、という言葉を借りるなら、この住井氏の所属や業績を踏まえると、世界合意という観点で言えば圧倒的に住井氏に分がある印象を受けます

明らかに国内のみがフィールドの人じゃないですしね。

一方、岡部氏には世界はおろか、日本国内でもキャリアと言えそうな業績は何一つ無さそうです。論文も講演実績も無さそうですね。

700円のiOSアプリは公開していたようですが、これは特筆性に乏しいですね。

あと、さすがに国内の一部のコミュニティー圧力で、大多数の人間圧力を恐れて発言できないんだ、

という主張には無理がありませんか。

それほど大多数に支持される言説ならば何も恐れることもないですし。

だって住井氏などの言説は「少数派」というのが岡部氏の主張なんですから

そもそも日本学者はそんな弱い人ばかりじゃないですよ。

変わり者も多いですし、

住井氏が明らかにおかしなことを言っていたら、とっくに批判する学者の二人や三人は出てきます

特に住井氏は海外でも活動されているので、そんな「世界合意」の得られていない事を言い放ってたら死活問題に発展するでしょう。

http://anond.hatelabo.jp/20160519175956

観測できる事実として、岡部さんと住井さん、nonstarteさんの振る舞いが目立ってきた頃から

国内ネットでは、地雷、滅多なことを言わないほうがいいという風潮がありました。

しかも、「純粋関数型」が何か?というさえ、海外では関数型プログラミング界隈の著名人

たとえば岡部さんが引き合いに出す論文エリオットはじめ、合意が取れていません。

http://conal.net/blog/posts/the-c-language-is-purely-functiona

「nonstarter氏や住井教授のようなエントリの内容は、日本国内でのみ少数の合意が得られてるに過ぎず、海外では主流ではない。」

よって、これは岡部さんのほうが公平な現実について発言しており、が正しいと判断します。

住井さんをはじめ、岡部さんが批判する相手は、議論となっている関数型プログラミング定義などが、まるで世界的に合意がされており岡部さんのみが異端だという主張ばかりしており、あまり信用できません。

2016-05-19

http://anond.hatelabo.jp/20160517123407

岡部さん曰わくは、「ぼくの主張に同調的な国内学者たちは、

自称関数コミュニティ圧力を恐れて、表立って肯定できない」とのことです。

また、

「nonstarter氏や住井教授のようなエントリの内容は、日本国内でのみ少数の合意が得られてるに過ぎず、海外では主流ではない。

僕の理解こそが世界合意を得られており、stakuoverflowでmapとreduceの理解が出来ていないような質問をしたのは、海外レベルを探るためである」 

という趣旨の主張もあるようです

2016-05-14

互助会に入って3ヶ月が経った続き、あるいは、トマト栄養をやったのは誰か

http://anond.hatelabo.jp/20160514164441

の続き



数回、何人かのブロガーと互いにブクマを付け合うことが続いた。

一緒にブクマをつけあいましょう、という明確な合意をたわけではない。

それでも、他愛のない雑記的な記事にまでブクマをすることは、暗黙のうちに互助会への参加表明をしているようにも思えた。



互助会活動をしている人を探すのは簡単だ。

1人をみつけたらその人のブクマ、そのブログ記事ブクマしている人を見ていけば良い。

やけにはてブばかりブクマしている人、タグなしや無言ブクマばかりな人にあたりをつけていく。

1人互助会がいれば20人互助会がいると思え。

ホッテントリ常連互助会ブロガーしか目につかなかったが、泡沫ブログで細々と互助会してるブログは意外と多かった。

そして、互助会メンバーが増えることは既存メンバーにとってもメリットがあるため、参加するのは簡単であった。



現状、互助会活動デメリットほとんど感じられない。

まりに目立った場合は叩かれるのかもしれないが、大手でもないと名指しで叩かれることはないし、叩かれたところでアクセスが減るわけでもない。

はてなが何らかの対策をしない限り、互助会が消えることはないだろう。




面白いのは、互助会批判する人の行動だ。

互助会ブログにわざわざブクマをつけて文句を言っていく。

その一つ一つが互助会ブログに被リンクを与え、人気エントリー入りによるアクセスを与えていく。

互助会ブログは、これに味をしめてますます互助会を進めていく。

大手互助会ブロガーは、多少の批判はてな評価の低下よりと、アクセス数ブクマ数を選んだ人たちだ。

ブクマ批判したところで、感謝や冷笑が返ってくるかもしれないが、改心して行動を改めることなどないだろう。

それが分かっていながら、批判コメントをしてスターを集めるブックマーカーは、自己顕示欲充足の手段として批判をしているだけにも感じられた。



本当に互助会ブログ価値がなく、そしてブックマーカー価値のあるに記事しかブクマしないのであれば、互助会はここまで機能しないだろう。

互助会ブーストを使って人気エントリーに入れば、ほかの一般ブックマーカーブクマするからこそ、互助会には意味がある。

大手互助会ブログ互助会だけで大量のブクマを集められるかもしれないが、大半の泡沫ブログは、互助会だけでは大してブクマは集まらない。)

互助会を少しでも潰そうとおもったら、ユーザーがくだらない記事にはブクマしない、批判するならせめて2階ブクマでする、というのを徹底するべきだろう。

互助会批判する人がよく言う言葉

人気エントリーゴミ記事が入ってくるから互助会害悪なのだ」と。

だが、互助会でないブックマーカーたちも、イケダハヤトの、はあちゅうの、ちきりんの、青二才の、主観的には価値のない記事ブックマークしてきたのではなかったか

はてな村馴れ合いは、本当に価値のある記事なのか。

トマト栄養をやったのは、他ならぬ一般ブックマーカーではなかったか



話はずれたが、互助会に入ってから3ヶ月。

ちょっと頑張った記事をかけば50くらいのブクマがつき、気合いを入れれば100以上のブクマがつくようになった。

Googleからの流入などもブクマ数に連動して増え、アクセス数右肩上がりだ。

マイナージャンルブログでも、同好の士と会いやすくなった。

誰も読んでくれない記事を読んでくれない虚しさは、いつしか消えていった。



それでも、時々、ふと我に帰るときがある。

参考にならないのに「参考にやりました」とブコメするとき、興味もないのに興味があるふりをしてブコメするときゴミみたいな人生論に賛同してみせるとき

それでも互助会という麻薬を知ってしまったいま、これをやめることはないだろう。



いまはただ、はてな互助会対策をしてくれることを切に願うだけである

※この日記フィクションです。

互助会に入ってから3ヶ月が経った

ブログを始めて数ヶ月までの間。

どんなに頑張って記事を書いても、全くアクセスはなかった。

はじめたてのはてなブログにとって、主なアクセス元は、検索エンジンブログランキングはてブ、新着エントリー

そうはいっても、閲覧者がいないから被リンクもなく、検索順位は低いままだ。

ブログランキングクリックする人がいるはずもなく、下位をさまようばかり。

はてブはそもそもされることがなく、新着エントリーからの流入もたかが知れていた。

別にアフィリエイトをやるわけでもない、ブログで生きていこうというわけではないから、アクセスがないと死ぬわけではない。

それでもあまりにもアクセスがされないと、記事を書いてもむなしさがつのった。



ブログを始めてから数ヶ月後、前から目にしていた互助会という言葉が気になるようになる。

定義はよく分からないし、存在するのかも分からない。

どうも互いにブクマをしあってるらしい。

しかに、毎回のように、ホッテントリに入っているあのブログ、正直言ってつまらないのに、なぜかブクマを集めてる。



気になってから、それぞれのブクマの仕方を見ていくと、たしか互助会のようなものは見えてくる。

大量に無言ブクマはてなブログだけにつけていく新進気鋭のはてなブロガー

明らかに興味がなさそうなのに、おざなり空虚コメントをしていくブックマーカー

彼ら彼女らのブクマを見ていくと、相互ブログブクマしあっているのは明らかだ。

互助会定義を「一定期間、継続的に互いのブログブクマする行為又はブロガー」とするならば、互助会はいくらでも見つけられそうだった。

本来ならば相互ブクマ合意主観的要件必要なのかもしれないが、それらを推測するのは困難なのでひとまず定義からは除く。)



互助会に入ってみようか。

どうやって入るのかは分からない。

まずは、互助会らしき人のブログブクマしていくことから始めていった。



すると、すかさず彼ら彼女から、こちらのブログへのブクマがされた。

記事3usersが最大だったブログには、この日はじめて10以上のブクマがついた。



※この日記フィクションです。



続く→http://anond.hatelabo.jp/20160514205310

2016-05-11

営業面白さがわかった。

40近くになって初めて営業に配属された。それまではずっと開発、企画畑で過ごしてきた。内心営業なんて絶対やりたくないと思っていた。なんで客と言う理由だけでペコペコしなければならないのかと思っていた。

実際に営業やってみた感想は、、、面白い

理由の1つ目は営業は人の心を取り扱う職業だと言うことだ。顧客は今何を考え何を欲しているのか、相手立場はどこにあって、どのよう進めると相手は社内を通せて、何を提案すると相手の株を上げることができるのか。それを考えることはとても楽しい

理由の2つ目は数字で成果が出る、見えるということだ。もちろん個人の訪問販売セールスとは違って法人営業なので自分案件が取れてもそれはチームの力、会社全体の力あっての獲得なのだが、今までやってきた仕事に比べると個人の力インプットの成果へのつながりの割合が格段に大きい。そして成果を上げていると比較自由である。成果が見えるので社内で仕事のできない奴に意味もなく威張られることも少なくなった。でかい案件がとれたとき脳内麻薬の出方は今までに味わえなかった快感だ。なお開発現場出身なので開発からあの営業氏ねよと言われる条件での受注はしていないつもり、、、ではある。

もちろん嫌な事も多い。サプライヤーにはどんなむちゃくちゃを言っても許されると思っている客や、合意時に安くするために削った仕様を後からあれもこれも押し付けてきて嫌なら次から他社にするとか、どうやっても負ける案件、自社の方が高い上に性能も劣っているのに営業が負けの責任を取らされるとか、日々のストレスを挙げればキリがないが、一応3年やってみて自分にはデメリットよりメリットが上回るように感じた。自分に合っていたと言うことなのだろう。

まだ3年とも言えるし新しい仕事面白く感じているだけの可能性は大いにある。だが決して毛嫌いするような仕事ではないと思ったし、はてなには今でも営業を毛嫌いしている人が多いと思うので、営業営業以外の仕事をやった自分営業の魅力にフォーカスして書いてみた次第である

2016-05-08

http://anond.hatelabo.jp/20160508163051

『同性当事者間での合意憲法24条にいう「両性の合意」ではないとしつつ、立法で同性当事者間での合意による婚姻を認めることを合憲とすること』は、当事者合意のない婚姻を定める立法合憲とすることに繋がる、という懸念なのね。

そのため、「両性の合意」以外による婚姻憲法禁止してることとするが、「両性の合意」に同性間の合意が含まれるかどうかは、立法で決めていいと解釈すると。

私は、そのような懸念現実関係ない空虚ものだと思うので、これ以上の対話無意味だと思う。

http://anond.hatelabo.jp/20160508162459

「両性の合意以外での婚姻成立を認めない」を重視していて、同性婚を認めても認めなくても合憲だと思っているから、で説明足りるかな。

http://anond.hatelabo.jp/20160508155046

「両性の合意」の趣旨は両当事者合意であって、同性間の合意も「両性の合意」に含まれるとする解釈

憲法24条1項は「両性の合意」だけじゃなくて、「夫婦」という表現も使っているので、「両性の合意」に同性当事者合意を含ませるのは無理。

そして、「両性の合意」に「同性当事者合意」を含ませると、同性婚を認めていない現行民法違憲、ということになるが、流石にそれは無理筋

憲法24条は同性婚法律で定めることを禁止していないが、同性婚権利保障しているわけではない。(同性婚を認めることのほうが、憲法24条と14条の趣旨には沿うとは思うけど)

http://anond.hatelabo.jp/20160508154016

から両性の合意以外での婚姻成立を認めない、っていうのは維持したくて、

「両性の合意」の趣旨は両当事者合意であって、同性間の合意も「両性の合意」に含まれるとする解釈のほうがよく見るけど、

同性間では「両性の合意」ができない、を肯定したのが不思議

どうして同性婚できないんだろう

結局は「キモいから」っていう感情論なんでしょ?

そんな異性愛者の感情論が通るなら「愛する人と一緒に居たい」っていう同性愛者の感情論も通して下さい。

愛する人と一緒に居たい、のほうが美しいし良くね?

なんでそんなに結婚したいワケ?とかよく聞かれるけど、異性婚禁止になったら異性愛者はつらいでしょ。

何がつらいんですか?って言われたらたくさん理由が出てくるでしょ。

同性愛者も同じ理由でつらいです。

同性婚が認められれば、国に認められているという強い後押しで、「キモい」という見方だんだんとなくなるんじゃないかなあ。

ハッテン場とか言って、同性愛者は性にルーズだと言われるけど、同性婚ができれば同性愛においても不倫が成立するので、そのへんも厳しくなるんじゃないかな。

異性愛者でも、「不倫」というものがこの世になかったら、きっと男女ともに性にルーズになっていくと思うよ。

私はレズなので、ゲイについてはいまいち知識ないけど・・・

同性愛者をロリペドといっしょくたにする人いるけど、それは片方に迷惑が掛かってるからダメなわけで、同性婚はお互いに合意してる大人なんだから同列に語るのはおかしいよ。

海外データでも少子化に発展はしていないし。

偽装結婚なんて男女でもありえるし。

うーん。何がだめなんだ?

私は別に結婚式を挙げたいとは思わないし派手なイベントに参加したいとも思わない。

・・・でも彼女ウエディングドレス姿は見たいな。絶対可愛いだろうな。え、自分も着てみたいかも。

話がずれた。

とにかく、異性愛者と同じように一緒に暮らしたり、変に隠さず部屋を借りたり、社会的な手当をもらったり、

親にも「この人と結婚します!」ってふつうに紹介したりしたい。

残念なことに子供は作れないから、養子をもらって大切に育てられたらなと思っている。

うーん、養子を貰う人も増えるし、海外で暮らす人も減るし、色々良いところもあると思うんだけどな。

私も、元ノンケから偏見がわからないわけじゃないけど、認めない理由って具体的なものじゃなきゃダメだと思うんだよね。

その具体的な理由ってなんなんだろうか。

http://anond.hatelabo.jp/20160508140542

それは憲法24条の意図にそぐわないでしょ。

そのとおり。だから

当事者合意に基づかない婚姻を認めるのもありって話にならない?

そういう話にはならない。