「ちんちん」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ちんちんとは

2017-03-26

ヒュージャックマンのおちんちんになりたい

贅沢言いすぎかな

うんこでもいいや

ヒュージャックマンうんこになりたい

ヒュージャックマンうんこに生まれ変わりたい

彼女を、彼女元旦那寝取られた話

彼女旦那はひどい男だった。まずその話をする。これが発端だからだ。

彼女とその旦那学生時代出会い就職後に結婚した。結婚後も、二人は幸せだった。(この段階では俺は一切登場しない。登場したら不倫になってしまう)しばらくは子供を作らないと決め、多趣味旦那にくっついていく形で彼女もいろんな経験をしたそうだ。文字通り地球の北から南まで、様々なところへ旅行へ行った。お金もあったし、旦那大企業現代において、最良の結婚といっていい。その頃の写真には、まさに人類幸せというものを教えてもらった気がする。とにかく、素晴らしい夫婦だった。

だった、ということはつまり、どこかで亀裂が入ったということだ。ここで登場するのが俺…というわけじゃない。俺はもう少し後だ。

旦那は栄転した。そこに転勤するということが選ばれた幹部候補の証であり、旦那意気揚々と赴任地へ向かった。週末は彼女のもとへ帰り、月曜朝一の新幹線で出勤する。まさにエリートしかしやはり、そういう生活はきつい。幹部候補ともなれば、その業務は半端じゃない。

この辺、長々と書く意味はないので省略するが。つまり旦那は現地で女を作った。週末になかなか帰らなくなり、帰ってきたら来たで服の趣味彼女の知らないものになっていたり、スマホロックがかかっていたり、まぁ、そういうありがちな話しが長らく続く。

俺はその頃に彼女と知り合った。SNS上で、共通趣味を通じて。ありがちな展開だけど。

で、悩む彼女に俺はいろいろとアドバイスをした。最初は単なる悩み相談から、徐々にキナ臭い方向へ。旦那が寝てる間に指紋認証突破しては、とかね。

それで、旦那スマホからは、まぁ、お察しの通りのモノが大変な量出てきた。すごかった。正直すごかった。圧倒的な幹部候補セックス札束丸めて突っ込んでるとか、Vシネかよ。見たことないし多分そんなシーンないと思うけど。童貞の俺には手に余るシロモノだった。そういうことで、落ち込む(というレベルじゃないけど)彼女を励まし、勇気づけ、興信所を手配したり法テラス手続きしたり、抜け殻の彼女身の回りの世話をしたりして、彼女旦那離婚した。まぁ、俺が彼女の周囲にいることは彼女に取ってめちゃくちゃ不利だったんだけど(旦那からもそう指摘された)、証拠の内容が内容だし、浮気相手女性を二回妊娠させていたりと大変なことになっていたので、俺の件は相殺された。

実際のところ、俺は彼女とはセックスしていない。セックスしてなけりゃいいのかという問題ではあるけど、キスなんかも彼女結婚してる間はしていない。

ここで、俺の話をする。

俺は長身で痩身の雰囲気イケメンの男。神木隆之介っぽいとはよくいわれる。我ながら結構、いや相当いけると思う。彼女と知り合ったとき25歳で、今は32。

しかし俺には巨大な欠点が二つあった。

この二つの要因によって、俺はいまだ童貞

ちんこ、これはとても重要だ。太っていたころは、「大丈夫、腹の肉に埋もれているだけだし」と言い訳もできた。しかし痩せて行くにつれ、現実が腹の下から現れだしたのである

ちんこが、小さい!

俺のちんこは…これが…これが俺の真のちんこだったというのか…!?

最大に、フルに、マキシマムにさせてもその全長7cm・・・いや、正直に言うけど、5cmである。5cmである。5cmなのだ。5cmさ。握れない。つまむのがやっと。

AVを見ていて、ぶっかけ要因の汁男優が列をなす場面があるだろう。それを見てて、やっぱり中には、すごく小さい人もいる。俺はそういう男性がいるととても安心して、オナニーをすることができた。しかし、己のちんこに向き合ったとき、思い至った。ちんこが小さい汁男優は、その後の本番の場面には参加していないという事実記憶の限り、脳内でわが友たちの姿を検索しても、やはり、ちんこが小さいフレンズは本番には存在していなかった。もちろん、汁男優あくまで汁専門。その後の絡みに関係することはないが、汁男優が本番に参加する企画AVでも、ちんこの小さい男性は姿を消している。俺の脳をちんこ差別の電撃が襲う。AV映えしないという理由なのか。そんなにも視聴者マグナムを求めているのか。

いてもたってもいられなくなった俺は、スマホを手に取った。

ちんこ問題に関して、ネットは信用できない。どいつもこいつも、ちんこがそれなりにでかいことを当然のこととして話をしている。包茎に関しても、まるで仮性包茎レアであるかのような物言いだ。これは欺瞞だ。男同士でも、ちんこの大小はアイデンティティにかかわる問題なので、通常話すことはしない。銭湯確認しようにも、俺は生粋メガネ民族。湯気たちこめる銭湯では、真のちんこを見極めることができない。

俺に残された手段は…人力検索

かのレオナルド・ダヴィンチ実践していたという、「その道のプロに尋ねる」という究極の人力検索を俺は敢行した。

頼むぜレオナルド、俺に勇気を、そして安寧をもたらしてくれ。

祈るように俺はデリヘルを手配した。

プロを待つ間、俺は立ったり座ったり、掃除をしたり瞑想をしたり、1分が数時間にも感じた。これほどの焦りは「俺は糖尿病なんじゃないか」と病院の待合室で脂汗を流して以来だ。

プロが到着した。むっちりした女性だ。プロをもてなす。お茶を出したが、さすがはプロ。口を付けない。何か変なもの入ってたら困るしな、と俺は初めて思い至った。

「それじゃあ…」とプロが言いかけるのを「あ、いや」と制止し、悩みを打ち明けた。

俺のちんこサイズは、一般的にどの程度なのか…本当のことを教えてほしい。

世のあらゆるちんこを、ペニスを、男根を見てきた彼女ならそれがわかるはず。呼吸を抑えてパンツを脱ぐ。「みんなこんなもんですよ」の声を期待しながら。

脱いだ時、空気が変わるのを感じた。俺は死んだ。

あー…みたいな彼女の表情にすべてをあきらめた俺は、「いかがですか…」とちんこさらにちいさくして、聞いてみた。

プロはしばらく逡巡したのち、「あの…ちょっと…あのぉ…歴代最小っていうか…」と答えてくれた。

俺は彼女のお尻に顔をうずめながら泣いた。最高に気持ちよかった。

帰り際、プロは「大丈夫大丈夫ですよ!」と励ましてくれた。それほどまでにちいさかったのかもしれないが、とても感謝している。

ちんこが小さいのはギリギリ挽回できるとしても、やはりネックはかつて死ぬほど太っていたことだ。

中学大学まで、体重の増大に歯止めがかからず、一時は130kgを超えた。5分歩くだけで大量の汗をかく。そんなキモい身体から当然友達恋人もできない。コミュ障の出来上がりである。おまけに心臓肝臓ダメージが残った。今も血圧の薬を毎日飲んでいる。心臓細胞が入れ替わらないから、「治る」ということはないらしいな。この肥大した心臓と一生付き合っていかなくてはならない。最盛期は、うつぶせに寝ると心臓の鼓動で体が上下するくらい、肥大していたから。

就職後、さすがに死を感じてダイエットした。肉が落ちる快感とともにちんこが姿を現すという絶望も味わったが、やはり体が軽いのはいい。単純に服を着る楽しみができたし。ちんこがちいさいかスキニーパンツも全く、もう本当に全く問題なく着こなせる。ははは。ははははは。

同窓会に出席するのはもう本当に楽しみだった。上記のように、俺はなかなか顔もよかったし、背も高い。ちんこ脂肪を捧げてこれらを授かった俺は、同窓会でめちゃくちゃモテた。肥満による死の恐怖ブーストされた健康志向によって、ちんこ以外の体の部分もケアしていたから、同級生男性たちより格段にかっこよかった。ちんこけが問題だ。…いや、正確には、思春期瀕死デブとして過ごしてしまった俺には、コミュ力が一切なかった。会話ができない。何を言えば面白いのかわからない。話題がない。結果、「それにしてもやせたね!」「かっこよくなったね!」以外の言葉はもらえず引き出せず。仕事に関しても、「何してるの?」「町工場的なところで働いてるよ」のやり取り一発で終わった。官僚になったN君の周りは最後まで人で群れていた。二次会は行かなかった。あの後きっと笑いものだったろうな。

プロによるちんこショックと、同窓会ショックで完全に男としての欠陥を認識した俺は、趣味世界に走った。

はいえ、町工場的なところで働く俺である。金はない。だからお金がかからない、かつ、健康的な趣味をやることにした。バードウォッチング天体観測(どっちも双眼鏡で事足りるからお安い)、山歩きで見つけたハーブハーブティハーブティから発展して漢方やアロマ

もうすっかり脱線したけど、冒頭の彼女とは、この趣味を通じて出会った。

彼女は素晴らしい女性だった。…もちろん、同情心が俺にそう感じさせたのかもしれないが。

離婚後、3年付き合った。彼女の両親にも会った。感謝もされた。この人を幸せにしたいと思った。俺はちんこ的には全く及ばないが、ちんこ的なもの忌避感が生じた彼女とならうまくやれるのかも、とか漠然と思った。キスはたくさんしたし、オーラルな行為もしたけど、童貞はそのままだった。それでもいいと思った。

それで、去年、彼女スマホロックがかかった。

この時が来たか、と、俺はロックを解除した。以前彼女アドバイスしたとおりに。

いやぁ、ちんこのパワーってすごい。

ちんこトラウマを抱えた彼女が、どういう経緯で自らちんこを求めるのか。しかも、元旦那である。よくわからないが、ただ一つ納得できることは、俺のちんこは小さく、元旦那ちんこAV映えするモノであるということだ。これはまぁ、もうしょうがないな。無理だったな、俺のちんこ。すまなかったな。

しかし、いったいどういうことなんだろうな。あれほどの行為をした男の元に戻るというのは。要するに、あの写真のようなことを望んだというわけだ。すごいな。何を言わせてるんだろう。何を言ってるんだろう。あの写真のようなことを「私にしてほしかった」「お前にしたかった」とか、どうなればそうなるんだ。

ちんこには勝てなかった。俺と、俺のちんこでは太刀打ちできなかった。

先日、彼女が元さやに納まった。泣きながら俺に感謝言葉を述べる彼女しかし一方で元旦那ちんこ下品言葉で切望する彼女エロゲかよ。エロゲはどいつもこいつもちんこでかくて、やりきれないけど。そういうエロゲもあるはずだ。

なんかもう、俺にはよくわからないな。そもそも、いくら生物多様性はいっても、これほどのちんこ存在は子孫を残せないだろう。ぶっちゃけると、5cmはもう限界いっぱいまでサバ読んで5cmなんだよ。定規を思い切り中のほうにまで埋めて、ちんこの根っこっぽいところまでをギリッギリで測ってそれだぜ。ドラゴンボールの初期の孫悟空ちんちんみたいな感じだ。タマのほうが圧倒的にでかい。タヌキかよ。

いくら配られたカード勝負するしかないのが人生はいってもさ、ここまでする必要があったか

ちんこサイズを気にしない女性はいる。という声はある。しかし、その結果があの彼女だぞ。何も信じられないだろう。どうだよ。この有様は。

facebook彼女投稿を見てしまう俺も俺だが、なんというか、俺と歩いた山道普通に元旦那にして現旦那写真を撮っているのを投稿するなよ。そこで「私にしてほしかった」ことをしてもらったのか?

あーーー。

神よ、俺にあと2cm与えたまえ。

2017-03-22

増田の新着入りが3usersって敷居低すぎね?

から不思議なんだけど、

増田ってスパム投稿は掃いて捨てるほどあるのに、

増田ブクマスパムって全然ないよね

これってもしかしてはてな運営かなり仕事してる?

適当なサブ垢作って3回ブクマすれば新着エントリー入りだろ?

楽勝じゃね?

何なら

タイトル:おちんちんびろーん

本文:おちんちんびろーん

という増田投稿しまくって、

それをあらゆるサブ垢を駆使して3ブクマすれば、

増田の新着エントリをおちんちんびろーん一色にすることも夢じゃないだろ?

なんで誰もやらないんだ?ってか絶対みんなやるだろ?

みんなやることなのに、実現されていないということは、

おそらくはてな運営がおちんちんびろーんフィーバーだけは絶対に阻止しようと躍起になっているに違いない

痛いニュースのBANは放置しっきりのくせして、

こういうところだけは抜け目ねえんだよなあ

さすが京都人、やることが陰湿だは

陰湿まりないは

なぜ今おちんちんびろーんなのか

ちんちんびろーんがこの先生き残るには

できるおちんちんびろーんがやっている10の習慣

世界で一番美しいおちんちんびろーん図鑑

転生したらおちんちんびろーんだった

おちびろ

あるから欲しいけど。

生き物と考えれば、wiki映画の開始時間に行けば♪考えればキャラ配って欲しい。クソ雑魚ナメクジパンティー食べたくて俺がでかくないなら増田に書いたら自分はてなーけものフレンズ達。高校野球は行けそうだけどサービスセンターラインです。縛りはない!スパム対策案を召喚したのです。先生もない場合には理由好き嫌い。そもそもは割引をしろタンポポです。ちんちんってどうなの?ってどうなの?手の込んだトラブルが好きだったからはパンツ何色?日本語ではパンツ?抜いたあとはネタバレです。残るも含めました。

http://anond.hatelabo.jp/20170322001720

ミクは何年たってもちっぱいが、お前のちんちんは年々しなびてくる。

から何だと言われると意味は無いけどな。

2017-03-17

今日の病

ちんちんの包皮の裏につぶつぶが出来てちょっと気持ちよくなりがちな病

2017-03-16

いろんなふれんず

女はオナニーしないって言うと「嘘だ!ありえない!本当は毎日してるくせに!」って言う

女だけどこういう風にオナニーしてて使ってるディルドは~って言うと

おっさん乙!女がオナニーをするわけがない!って言う

男だけどアナニーしてる、尿道オナしてる、ちんちんの先にヒルを這わせてる、車でしか抜けなくてこの前とうとうマフラーに突っ込んだ、とかいう話は

驚きつつも世の中にはそういう奴もいるよなって受け入れる

2017-03-15

http://anond.hatelabo.jp/20170314164747

IQが高そうなコメント互助会則に反すると思うので

「おちんちん!」あたりが最適な気がします!おちんちん

http://anond.hatelabo.jp/20170314195053

遠い記憶

曖昧だが、覚えてる限り記しておこうと思った。



中学校1年夏、当時住んでいた部屋は広くなかったが

寝室代わりに使っている

天井の低いロフト秘密基地のようで大好きだった。



両親は共働きだったので、学校から帰り、ヒマな時は

ロフトに上がって布団の上で漫画を読んだりしていた。

その日は、とても暑かったので

パンツ一丁で、クーラーガンガンに付け、

ロフト漫画を読んでいたが

ふと、股間がもぞもぞしたので触っていたら

急にちんちん構造が気になりだしたんだ。

恐る恐る、包皮をめくると

ピンク色の亀頭が表れたので、そっと触ってみた



衝撃だった。



ビリッ!と

頭の先からつま先まで

電気が走るような衝撃に

気持ちさよりも、刺激が強くてツラかったことを覚えている。

なんだこれは。

ツラいんだが…また触ってしま

さわ…ビリッ!




それからしばらくは

学校から帰ると、急いでロフトに上がり

亀頭へ加える刺激にすっかり虜になった。

何度か繰り返しているうちに

オーガズムが訪れたが、射精はしなかった。


初めてのオナニー病み付きになった

数週間経つ頃には

射精もするようになり

ティッシュの消費が激増した。

それまでは、ティッシュ無しだったのが

今思うと驚くばかり。





あぁ、中1の頃と比べて

どれだけ鈍感になってしまったのだろうか。


あの電気ショックを味わえる日は

もう来ない。

2017-03-13

ちんちんからワインが出るようになりました

ワインをたくさん飲みたい女の子あつまれー^^

2017-03-12

つの間にか正しいことしか書けなくなった増田

 

ちんちん、びろぉおぉおぉおぉん

2017-03-10

増田にはバイオリズムがあるように感じる

最近ハテブがご無沙汰で、お気に入りの人たちが増田面白そうなのをブクマしてきゃっきゃしてるのでようし私も参戦するぞ!

と思って増田の新着エントリを見ると、何か荒んだ奴ばっかでゲンナリするの。

かと言って数日前に大流行して今は完全に落ち着いちゃったブクマページで、

最後コメントした人から5日も経った後に何か私も!私も!的なコメント残してもなんだかもう死にたくなるくらいの侘しさしか残らないじゃん。

面白くだらな話が次から次へと新着エントリ入りするときもあれば、

なんだか左だ右だ、男だ女だジェンダーだ、って眉間に皺が寄りまくっておちんちんびろーんのおの字も書けないくらい張り詰めた空気ときもあるし、

私の増田バイオリズムマジ悪い。

木曜日はおちびろデーとかそういう取り決めをそろそろ固める時期じゃないかい?

もうやだよ私、場違いバイオリズムの日に切ない思いをこれ以上するのは。

2017-03-09

  おちんちん、びろぉおぉぉぉぉぉぉおぉぉぉぉぉぉぉおぉん

 

ちんちん、びろぉおぉぉぉぉぉぉおぉぉぉぉぉぉぉおぉん

 

ちんちん、びろぉおぉおぉおぉん

2017-03-08

http://anond.hatelabo.jp/20170308155456

清潔感のある男女ならキスくらい平気だけど・・

喫煙者除く)

性的対象として見られるのがいやだ

自分のお尻におちんちん入れられるのが嫌だ

アナルビーズ可)

自分情動自覚的分析』と言う観点からすると100点満点中、何点くらいですかね?

http://anond.hatelabo.jp/20170308155456

清潔感のある男女ならキスくらい平気だけど・・

喫煙者除く)

性的対象として見られるのがいやだ

自分のお尻におちんちん入れられるのが嫌だ

アナルビーズ可)

自分情動自覚的分析』と言う観点からすると100点満点中、何点くらいですかね?

http://anond.hatelabo.jp/20170308125341

ちんちんのお湯 が通じない地方があると聞いてびっくり。

方言だったんですね。<ちんちん

コンビニカフェにはなぜお茶がないのか

ちんちんお茶が飲みたい

2017-03-07

http://anond.hatelabo.jp/20170306004820

はじめて抜いたAVが洋物無修正で、金髪白人女性が背面騎乗でハメてるシーンだったんだけども、そりゃもうはじめてみた無修正だし、洋物だし、ションベン漏れそうで漏れそうでたまらないんだけど我慢して無我夢中ちんちんこすってたらしてたらザーメンが大量に出てきて、でも手が届く範囲ティッシュがなくてめっちゃ焦って、それでもはじめての射精に達成感を覚えた、とても強烈な体験だった。当時小4。もう20年も前のことだが自分の中のエロい出来事の中でも圧倒的にインパクトがでかいシーンだ。

AVは親父のだったんだけど、リビングにあったあまり使われてない棚にしまってたら棚自体処分されるアクシデントが起きて、そのAVとはそれっきりだ。

そのAVオムニバス形式白人以外も出てたと思う。VHSで当然画質はひどかったものの、それがまた裏モノ感があってよかった。未だに低画質だとグッとくる。問題のシーンだが、女性金髪ロングでスレンダー美人だったと思う。アヴリル・ラヴィーンを薄めにした感じか?正直ぼんやりしてるが、抜群に好みの顔だった。喘ぎ声もソフトでよかったと思う。確か(プレイ中がどうだったか正確には覚えていないが)ジーンズを履いていて、ジーンズ脱がしかけでハメてるAV出会えるとやはり気持ちが高ぶる。レンガ造りのロッジの中で、ウッドチェアに座った男の膝に乗っての背面騎乗位だ。これがセックスだと言わんばかりだ。これもやはりその後の性癖に多大な影響を及ぼしていることは言わずもがなだ。

だがしかし、それ以来洋物が好きなったかというと特別そんなことはなかった。観ることは観るが、特に響くようなものには出会えていない。無修正なんていくらでも手に入っちゃう世の中で振り返ると、なんというか「裏モノ」という特別感に引かれてたのであって、基本的に嗜好が白人女性には向いていない感覚なのだ。そこは指摘の通りなのかと思う。

ただ、そのAVに出てきた女性については、はっきりいってその人物に惹かれていると思う。今でも好きだし憧れを抱いている。なんていうか、日本人が好きな女性像に近かったのかなって漠然と思う。単に俺のタイプだったのかもしれないけどな。

まり何が言いたいかというと、日本人男性白人女性間の交流ハードルが高いのは理解しつつ、とはい主語の大きい話ばっかしてないで、「個」としてどうかって視点もっと考えてみてもいいんじゃないのかってことと、結論差別にいきなりくっつけるんじゃなくて文化的な嗜好とかにもっと目を向けないと解決しなくねって思うわけよ。

はぁ、死ぬまでにもう一度、あのAVで抜きてえなあ。

茨城大学ロックマンエグゼ研究会解散にデジャブを感じていたが京大ちんちんチャンバラサークルを思い出してすっきりした

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん