「不正」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 不正とは

2016-06-28

増田くんは完全に被害者なのに、それでも男を叩く異常者のIDを誰かリストアップしてほしい

http://anond.hatelabo.jp/20160627173600

はてなブックマーク - 彼女HIVを持っているというので別れたら。。 http://b.hatena.ne.jp/entry/anond.hatelabo.jp/20160627173600

クソフェミナチ晒し上げて制裁を加えて、男への不正弾圧迫害修正しよう。

2016-06-26

不正をして内定を貰った知り合いが腹立つ

大手物流企業の方へ 17年卒の就活生です

おかしいと思わないか

私は真面目にWEBテストを受けて、面接に挑んだ

面接で落とされたのはまあ仕方がない

でもWEBテスト他人に代わりに受験してもらった人が内定を得ている

見えないから分からないだろけど、なぜそのような人が受かる?不正する人に内定を出す?

あなた企業にはそうやって不正受験をして内定を貰ってる人がもしかすると他にもたくさんいると思う

そんな新入社員入社後何されても知りませんよ

真面目な人がうつ病になる理由

真面目な人はできるだけ世の中を良くしようと考えてる。

しかし、現実には、自分けが、もしくは自分の周囲さえよければなんでもいい、トラブルさえ起こさなければ。

そういう考えの人が多数派である

 

真面目な人は他人迷惑をかけるべきではないと考えているので、

第三者に対して心理的、肉体的に負担押し付けることはしない。

しかし、現実には、多くの人が責任を逃れ、負担押し付け合っている。

 

誰の目からみても、真面目な人の考え方は正しいというだろう。

そして、真面目な人たちのおかげ社会はかなりの恩恵を受けている。

しかし、多くの人たちは、真面目な人たちをつまらないと言い、真面目であることを貶し言葉の一つとして扱う。

彼らを完全に認めてしまうと、自分たち立場がなくなるからだ。

 

真面目な人たちの存在社会にとってプラスである

にもかかわらず、社会は彼らのアラを探すことに必死だ。

利他的な行いをするがあまり、不利な立場に追い込まれ、世のため次の世代のために頑張っていたのにもかかわらず報われることもなく蔑まれる。

社会自体を変えようにも、変える力があたえられる立場からは遠ざけられる。

貢献に対し、あだで返すような仕打ち辟易するだろう。

 

では、いっそのこと不真面目になろうか。

でも彼らはそれができない。

彼らはどこまでも正しく、心が美しいのだ。

からこそ、彼らは八方塞がりになり、自分能力不足を恨み、真面目であるがゆえに自分を責める。

こうして、自己否定を繰り返すうちに、彼らの思考回路は負のスパイラルに陥り、抜け出せなくなる。

時にそれがうつ病の引き金になったり、抑うつされた気分しか味あわえなくなる。

 

彼らが悪いわけでは無い。

生活保護不正受給したり、人を騙して金を得ている人間よりはよほどいい奴らであることに変わりは無い。

彼らは運が悪かった。

強いて言うなら未成熟時代に生まれしまったというのが彼らを苦しめている。

 

真面目な人が報われる社会を求める声は広く浸透しているであろう。

しかし、それを実現する方向に行動できている人間は非常に少ない。

我々がすべきは、それぞれの未熟さ、実現すべき社会のあり方を考え、それを認め、変化させることしかない。

我々は真面目な人々を自尊心の餌にしてはいけないのだ。

2016-06-24

村中氏の取材能力および発信の信頼性についての疑義

http://anond.hatelabo.jp/20160622195905

http://anond.hatelabo.jp/20160319223736

村中氏自身ジャーナリストとしての能力規範に大きな疑義がある点がスルーされているのが気になる。

医師を名乗りながらも身元を確認できないという根本的な問題もあるが、なによりも重大なのは以下の点であろう。

村中氏は子宮頸がんワクチン被害者未成年患者への取材を試みたのだが、その手法は明らかにジャーナリストおよび医師としての倫理的規範を踏み越えている。

村中氏は患者の通学先の教諭らに個人情報を探ることをたしなめられたにも関わらず、周囲の友人から患者個人情報不正に取得し、保護者同意も得ないまま立場を隠して未成年患者に接触し、強いストレスを与えている。

http://ameblo.jp/3fujiko/entry-12146291915.html

これに対して当然、保護者側は正式に抗議している。ウェッジ側は「村中氏の認識と相違があり」としているが、LINEデータ等の証拠を押さえられているため、どういう相違があったのかはまったく具体的に述べてない。

http://ameblo.jp/3fujiko/entry-12149998014.html

村中氏はこれに対し、謝罪するどころか自身の異常な取材行動を隠し、あろうことか抗議した保護者らに非があるかのように印象操作する記事を書いている。当然、患者保護者本人に対する取材存在せず、真偽不明の伝聞情報ばかりである

http://ameblo.jp/3fujiko/entry-12154916141.html

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160424-00010001-wedge-soci

これらの経緯を見るかぎり、村中氏にはまともな取材能力ジャーナリストとしての規範が欠如していると判断せざるをえない。

自身に都合の悪い情報は隠し、思い込みにしたがってストーリーをつくりあげ記事にする行為常態化している。

今回の記事においてもやはり真偽不明の伝聞情報ばかりで、また「捏造」とのアジテーションも悪質なセンセーショナリズムのものである

基本的規範を身につけないままに目立つ舞台に上がってしまい、上役に望まれるままの都合のよいストーリーを作りあげていった結果とんでもないところに行ってしまうという、某事件類似事態が生じているのではないか

村中氏のジャーナリストとしての信頼性は著しく低く、立場に引きずられて氏の活動応援するのはまともな人にはお勧めできない。

2016-06-23

書評山田太郎『「表現の自由」の守り方』 (星海社 2016年

表現の自由、そしてコミケアニメ漫画などを守るために戦っていて、オタク層などに人気の参議院議員著作です。

読み方:プロローグは読まずに飛ばそう

プロローグ表現規制が強化された近未来世界を描いたディストピアSFです。

黒地に白文字のこのプロローグ一見しておどろおどろしい感じがして嫌だな、と感じたので初読時は飛ばしました。

本文を読んで山田太郎議員活動や考え方を理解してからプロローグを読んだ方が、おどろおどろしさに煽られずに冷静に本文を読めますし、作者の考え方、議論の仕方もよく分かるでしょう。

なお、作者は本文中では「コミケ/漫画/アニメ危機が迫っていた」「作者がこう頑張って危機回避した」というパターン記述を繰り返していますが、オープニングと本文も類似関係になっていることは、再読時にオープニングを読んで確認できました。

法的論点解説が怪しい

国会議員全員が法制全般に詳しい必要はありません。しかし、自分で専門と宣伝している分野については詳しくあって欲しいものですし、本を出すのであれば、専門家校正を受けて欲しいものです。

特に、本書は「コミケ/漫画/アニメ危機が迫っていた」「作者が頑張って危機回避した」というパターンを繰り返しますので、法的論点説明に疑問があると、「危機本当にあったのか」「作者のおかげで危機回避できたのは本当か」といった疑念が生じてしまますから法律部分の校正もっと丁寧にやって欲しかったと思います

違法捜査が行われると、無罪となると誤解している(80p)

日本では、「違法捜査が行われると有罪にできなくなる」というルールはありません。違法収集された証拠について、その違法が重大であれば、刑事裁判証拠として使用できなくなる、というルール違法収集証拠排除法則)がありますが、排除されるのは基本的に、重大な違法があったその証拠に限られます

本書で取り上げられた事件の例で言えば、仮にフィギュア押収に重大な違法があったと裁判所認定しても、フィギュア証拠に提出できなくなるだけで、肝心の児童ポルノ証拠として提出できますから有罪認定には何の問題も生じないのです。また、情状に関する証拠押収はある程度認められますからフィギュア押収違法かも微妙です。裁判所合法判断する可能性も十分あります

作者の「違法捜査と認められれば、容疑者有罪にできなくなる。今後は警察もこうした軽率な行動は控えるでしょう」という記述は的はずれですし、「警察に対して、相当強いプレッシャーを与えたはずです」というのは、説得力がありません。

親告罪説明おかし

著作権侵害非親告罪化について、「著作権保持者以外が告発しても、それだけで検察起訴できるように変えようとするもの」(90p)と述べていますが、これは不正確で、誤解を招く記述です。

そもそも、親告罪とは、「告訴がなければ公訴を提起することができない」一部の犯罪のことです。著作権侵害以外には、器物破損罪や強姦罪なども親告罪です。(なお、告訴がないとできないのは公訴の提起であり、告訴がなくても、捜査を行うことはできます告訴の見込みがない事件強制捜査を行うことはまず無いでしょうが

親告罪でなくなれば、他の犯罪窃盗罪とか、傷害罪とか)と同じように、「告訴がなくても公訴が提起できる」ようになるのであり、「著作権保持者以外の告発」は不要です。

作者は別の箇所で「刺し合い」の問題を提起(93p)していますので、そこに議論をつなげることを意識してあえて「著作権保持者以外の告発」という説明を入れたのかもしれません。しかし、読者の大半は親告罪の正確な意味を知らないでしょうから最初説明で「著作権保持者以外の告発」という親告罪であるか否かとは関係のない事項を持ち出すのは不適切です。

刑事民事区別せずに説明している

作者は非親告罪化と法定賠償金制度が組み合わさると、「二次創作の描き手が、非親告罪化により、著作権者でない人物から告発され、法定損害賠償制度によって、懲罰的意味合いを含む多額の賠償を命じられるようになる……」と述べます(92p)。

この書き方だと、著作権者でない人物から告発されると法定損害賠償制度によって多額の賠償を命じられるように読めます

しかし、仮に非親告罪化により、権利者の告訴なしで検察公訴を提起したとしても、それはあくま刑事事件であり、罰金を命じられることはあっても、損害賠償が命じられることはありません。権利者が民事事件自分から提起してはじめて、法定損害賠償制度に基づく賠償が命じられる可能性がでてくるのです。

非親告罪化により、著作権者でない人物から告発され」と「法定損害賠償制度によって、懲罰的意味合いを含む多額の賠償を命じられるようになる」のそれぞれで別個の問題を指摘しているのかもしれませんが、この書き方では誤解を招きます

大臣言葉には法律と同じだけの力がある(105p)?

大臣言葉にそんな力はありません。作者は比喩として言っているのでしょうが、どのような趣旨比喩なのか書いていないため、大臣発言にどのような力があると言おうとしているのか、理解が困難です。

国連の各種人権委員会の)「勧告」は強制力を持ち、国内法より優先されると解釈できる(126p)?

これは作者の独自説です。国際法視点からみても、国内法の視点からみても勧告には強制力はありませんし、日本政府もそう解釈してます

実際、日本は各種の人権委員会からたびたび勧告を受けてきていますが、そのほとんどに木で鼻をくくったような回答をして、事実上黙殺してきています

わいせつ規制に反対しない(133p)

作者は、国連特別報告者が「成人のポルノ表現の自由により全て許される」と述べたことに対し、「日本人一般に考えるわいせつ概念とは異なる」と反発しています。どうやら、作者は刑法によるわいせつ規制には反対してないようです。

さて、最高裁判例によれば、わいせつとは「徒に性欲を興奮又は刺激せしめ、且つ普通人の正常な性的羞恥心を害し、善良な性的道義に反するもの」を指します。よく誤解されていますが、性器が見えることは最高裁判例上は要件ではありません。

そして、刑法によるわいせつ規制は常に恣意的で、しばしば不合理なものです。例えば、女性アーティスト女性器の3Dスキャンデータという、常識的にはたいして「性欲を興奮又は刺激せしめ」るとも思えないもの摘発される一方、まさに「性欲を興奮又は刺激せしめ」ることに特化して作られたアダルトビデオコンビニで成人用雑誌付録として大量に販売されています

このような恣意的規制表現の自由に関する萎縮効果が甚だしいのではないかと私は思うのですが、作者はわいせつ規制問題には興味がないようです。作者がこれから作られるかもしれない規定が乱用されることかもしれないことについては敏感なのは表現の自由が萎縮しやす権利であることから理解できますしかし、すでにある規制恣意的運用されている問題には興味がなさそうなことには違和感がありました。

他の議員努力に触れない

参議院議員の中には、表現の自由について見識があったり、作者の問題提起に応えてくれる人が他にもきっといるのではないかと思うのですが、他の議員の話はほとんど出ません。まるで、参議院議員の中で表現の自由を守ろうと頑張っているのは作者だけで、作者が一人きりでとき政府与党と対決し、ときには協調して表現の自由危機対処しているかのようです。

表現の自由を守る議員を選びたい人にとっては、選挙区投票先を選ぶためにも国会議員の中で表現の自由を守ろうと頑張っている人の情報が欲しいと思うのではないかと思うのですが、この本はその役には立ちません。出版時には作者はどの政党出馬するかが決まっていなかったようなので、残念ながらそれは難しかったのかもしれません。

追記

誤字訂正メモ

成人の児童ポルノ

2016-06-22

追記および村中璃子氏の連載記事に関して (後編)

「利用される日本科学報道(後篇)」について

子宮頸がんワクチン薬害研究班に捏造行為が発覚 ― 利用される日本科学報道(後篇)

http://wedge.ismedia.jp/articles/-/7080

さて、後篇であるサブタイトルに「捏造行為が発覚」とはなんとも穏やかではない。

後篇の内容は、池田氏発言検証マウス実験に対する批判が主である

マウス実験についての指摘内容は、これまた私の指摘と同じなので割愛する。

またそれとは別に、発表資料内で示された図とグラフ(資料ページ59: 自己抗体の沈着の写真グラフ)はチャンピオンデータによるものではないか、との疑問も呈されている。

確かに、写真は1種類でグラフエラーバーが無い点からも、疑問を抱くのは妥当であろう。



そして村中氏がその詳細について調べるため、実験担当したA氏を探し出して取材したところ驚くべき証言が得られた、というところで記事は終わっている。

あとは月刊Wedge7月号を読んでくれという、「続きは映画館で!」的な終わり方であり、少々拍子抜けだ。



その過激サブタイトルにも関わらず、後篇の記事中では「捏造行為が発覚」していない。

せいぜいチャンピオンデータ使用示唆されたくらいだが、これも疑義まりで、とても「発覚」とは言えない。

そもそも、チャンピオンデータ使用は「捏造」と異なる形態研究不正である(不正と見なされない場合すらある)。

捏造」はデータのものでっちあげる行為であるため、「チャンピオンデータ」のような都合よく選別したデータを示す行為とは明確に区別されるのだ。



このような乏しい情報でもって「捏造が発覚」というような非常に強い表現をするのは、控えめに言ってもやりすぎであろう。

月刊Wedge7月号の村中氏の記事について

子宮頸がんワクチン薬害研究班 崩れる根拠、暴かれた捏造

村中璃子, 月刊Wedge7月pp.40-44

Web記事だけでは片手落ちなので、Wedge本誌の記事についても解説していこう。ええそうです。買いました(\500)。

本文4ページ中、1.5ページは後篇の内容とほぼ同じであったが、Web版を読んでない人には序文として必要であろうから、とやかくは言うまい

この記事の目玉は、A氏への取材で得た実験内容の詳細および池田氏捏造行為についてである



A氏の証言をまとめると

(1) マウス実験はごく初期段階の試験的なもので、使ったマウスも3~5匹程度であった

(2) HPVワクチン以外の血清で緑色蛍光を呈した写真存在したが、発表資料には採用されなかった

(3) 資料中のグラフ写真は1匹のマウス(N=1)からチャンピオンデータであった

(4) 自己抗体が沈着した写真ワクチン接種個体の血清を正常マウスの脳切片に添加して蛍光染色し、撮影したものであった

(5) 自己抗体ワクチン接種個体の脳に沈着していた証拠はない

(6) 血清をとったマウスに接種したワクチンの量は50ul (濃度は不明だがヒト換算で通常接種の100倍以上らしい)



これらの証言を読んでわかるように、A氏の証言全面的に受け入れたとしても、研究不正に該当しそうな行為チャンピオンデータを用いた点だけであり、「捏造行為」の存在は見出せない。

村中氏は、証言(2)に対して「重大な捏造である」と断じていたが、チャンピオンデータのみを示す行為が「捏造」でないことは前述の通りである

また、証言(4)と(5)に対しては、ワクチン接種個体の脳に自己抗体が沈着していたかのようにミスリードしていたという点が批判されていたが、これもまた「捏造」ではない。

まりWeb版とWedge本誌の記事を通して、池田氏らが「捏造行為」をしたという根拠は一切示されていないことになる。



さらに、記事の最終ページでは池田氏学長選挙エピソードやその上昇志向といった人格面の描写が過半を占め、最後の結びは以下のような文章であった。

それぞれの立場動機から捏造に手を染める研究者たち――これが国費を投じた薬害研究班の実態だ。

子宮頸がん罹患リスクを負ったワクチン未接種の少女たちとワクチン人生を奪われたと苦しむ少女たちの未来は、こんな大人たちの手に委ねられている。

(月刊Wedge7月号 p.44)

これらの批判、ともすれば中傷は、池田氏らの名誉を著しく傷つけるものであり看過し難い。

捏造というのは、科学者に対する批判としては極めてインパクトの大きい言葉であり、軽々に投げかけて良いものではないのだ。



私は元増田池田氏らの発表および発言内容を「言い過ぎ」と評したが、村中氏の方が「言い過ぎ」度合いでははるかに上である

過激煽情的表現は、耳目を集める上では有利かもしれないが、それは科学的な議論批判をするうえではノイズしかならない。

村中氏の取材批判の内容そのものは概ね適切であり、あえて過激な言い方をせずとも十分に説得力訴求力があるはずだ。

是非、客観的で誠実な議論に戻っていただきたい。



A氏は実在するのか?

Wedge本誌の記事で中核となっているのは明らかにA氏であった。

彼(または彼女)の実在性についてここで論じてみたいと思う。



村中氏の記事によれば、A氏は以下のような来歴を持つ人物のようだ。

実際に手を動かしたのは、信州大学産科婦人科教室の誰なのか。

筆者は周辺取材を重ね、それがこの4月信州大の准教授から関東圏の新設大学教授職に転出したA氏であることを突き止めた。

であれば、信州大学産科婦人科教室メンバーからA氏の正体がわかるかもしれない。



以下は信州大学産科婦人科教室メンバーリストである

上は現在(2016年6月)公開されているリスト、下がInternet Archiveというサイト(WEB魚拓の凄い版と思ってくれれば良い)に保存されていた2015年10月メンバーリストである

信州大学 産婦人科教室スタッフ紹介(2016年6月現在

http://www.shinshu-u.ac.jp/faculty/medicine/chair/i-sanfu/about/post_9.html



信州大学 産婦人科教室スタッフ紹介(2015年10月現在

http://web.archive.org/web/20151209020718/http://www.shinshu-u.ac.jp/faculty/medicine/chair/i-sanfu/about/post_9.html

これらをみると、2015年10月時点で産婦人科教室所属している准教授存在しない。

そのため、A氏が産婦人科教室に配属されたのは少なくとも2015年10月以降であると考えられる。

しかし、村中氏によるとA氏は2016年4月転出しているとのことだが、配属からわずか6カ月ほどで転出というのは少し速すぎるように思う。医学系ならそうでもないのだろうか?

さらに、2015年10月より後に教室に配属されたとして、そこから翌年3月の発表までにマウス実験を終わらせるのは少々厳しいのではなかろうか。



もちろん、取材源の秘匿等の理由記事中には偽の来歴を記していた可能性もあるし、村中氏がこんな嘘をつくメリットも思い浮かばない。

結局、A氏の実在性は不明瞭なまま残ってしまった。

個人的には実在しているように思うが、非実在でも驚かないといった程度に私は認識している。



村中氏の連載についての総評

氏の連載を通して読んでの批評を述べるとすれば、「客観的事実に基づく批判はまっとうであるが、それ以外の部分が煽情的に過ぎる。対立する話者の悪魔化をおこなうべきではない」といったところか。

HLA型にまつわる遺伝子頻度と保有率の取り違え、マウス実験がヒトには適用できない点、チャンピオンデータだけを提示する行為などに対する批判などは妥当ものであった。



しかし、池田氏らの行為について悪意的にとらえ過ぎているきらいがあり、人格面での批判も目につく。

また、池田氏らがマスコミを利用して何かを企んでいる、というような論調が全篇にわたって存在している(タイトルからして「利用される日本科学報道である)。



その帰結としてなのか、「捏造」という科学者にとって極めて強力な(したがって非常に強い証拠必要な)批判を無根拠に突きつけるといった行為にまで及んでいる。

(恐らくこれは村中氏が認識していた「捏造」の定義が間違っていたことに起因するが、それにしても杜撰である)



氏の精力的な取材情報発信は、HPVワクチンに関して薬害説に傾きがちなマスコミ報道において、貴重なカウンターパートとなっている。

なればこそ、冷静で客観的表現を心掛けることで、より良き論評ができるのではないだろうか。

願わくは、煽情的表現は避け、客観的かつ冷静な筆調でもって語っていただきたいところである



最後

なぜか池田氏らを擁護するような内容になってしまったが、私はそもそも彼らの見解について批判である

元増田もそういう意図で書いたし、HPVワクチン積極的な接種勧奨の再開を望んでいる。

しかしながら、元増田でも述べたとおり、評価すべきところはその立ち位置に関わらず評価すべきであるとも考えている。



村中璃子氏に対しては極めて批判的に論じてしまったが、総評でも書いたとおり、氏の活動は褒むべきものである

HPVワクチン問題について多くのマスコミセンセーショナル薬害説に傾いた立場を取ることが多く、そういった状況で村中氏のような立場から論じてくれるジャーナリスト存在重要だ。

村中氏については、その立場応援させていただくとともに、穏当な表現でもって議論してくださることを願ってやまない。



以上、もし間違いや事実誤認等の不備があれば指摘していただけるとありがたい。

総務省情報通信政策研究所仕事

後世に残していこうと思う。

情報通信政策研究所が想定した人工知能 (AI) の主なリスク

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160621-00000061-san-bus_all (魚拓)

もはや突っ込むのも面倒なので、すでに書かれたツッコミへのリンクを置いておく。

2016-06-21

http://anond.hatelabo.jp/20160218193125

デッサン(形取りの練習)の講評で「デッサンが狂ってる」と言わないのは当たり前(ややこしいから)。教育現場ではない美術評論の場などで完成図としての油絵日本画に「デッサンがしっかりしてる/おかしい」なんてことばは普通に使う。この場合の「デッサン」は油彩や水彩という「画法」の技術と形取りの問題を切り分けるために使われている。

そもそも「デッサン」ということばが日本語に取り入れられた経緯からして、洋画リアリティコンプレックスを持った日本画家が「洋画に負けないデッサンを」とか何とか言って、もともとの狩野派みたいな「日本絵画から、今あるような西洋の「デッサン」に和の画材を合わせた「日本画」を新しくつくり上げた運動に由来する。

日本美術界において「デッサン」は、もともとが不正確な印象論のことばとして、「西洋画のリアリティ」に対するコンプレックスとともに使われて来たことばである

学生風情が教室で使われることばくらいの知識で知った風なことを言うなw

2016-06-19

パナソニックって地味に凄いよな

電気製品全方位爆撃やってるのって既にパナソニックしかないよな

冷蔵庫あるパソコンある携帯ある掃除機ある電池あるカーナビある

日立 AV関連ほぼ撤退状態

三菱 AV関連が弱い

東芝 不正ヤバイ

SONY 白物やってない

シャープ オーディオ系がほぼない

富士通 AVほとんどやってない

NEC コンシューマーけが弱い

2016-06-17

ブラック搾取のソレな

自分らは長年搾取してきた側だが、自分たち搾取される側になるのは断じて許せないので抵抗する。

っていうのは利益観点でまっとうなことだし全く否定しないのだが、倫理的正当性ゼロだよな。

「俺に不利益をもたらすのは不正である!」なんてわめく弱者の「倫理的正当性」なんてのは、ただ自己都合だし、本人もそこに正しさがあるなんて信じてない鳴き声にすぎないわけで、強者からすれば考慮してやる必要はない。具体的に言えば、泣こうがわめこうが弱者から容赦なく搾取するよな。

俺はそういう世界でもいいと思ってるからいいんだけど(逃げ切り程度の貯金があるので)、みんなそういう世界でも困らんのかなあ?

2016-06-14

テレビを見ないという選択

私はドキュメンタリーしかテレビは見ない。

小さい頃は誰もが同じ番組を見て、それがひとつ常識形成していた。

思春期になると、そんな番組特にバラエティ番組違和感を覚えた。

一方で平等差別撤廃を主張するが、その一方で真逆のことを行っている。

端的に言えば、容姿差別、年齢差別性差別人種差別序列差別

それをダシに笑いをとり、矛盾を指摘すると空気が読めないと言われ、

つのまにか負の属性を持つ人はそれを受け入れざるをえない状況になっている。

それを跳ね返すほどの長所を持っていれば自己肯定もできるだろう。

幸い私はどちらかといえばかなり恵まれている部類ではあったので、

その負の影響を受けることはなかった。

だが、自身の中の正義感が、おそらく傷ついているあろう仲間たちの気持ち想像するだけで悲しくなった。

もちろん、そんなもの独立しているコミュニティもあるが、テレビの影響力を考えると、

多くのコミュニティでその価値観が刷り込まれ、何の疑問もいだかない状況に陥っているのではないか

そんな価値観を作ってきた人々が、今やテレビご意見番となり、

イジメ不正否定し、まるで神の啓示のようにありがたがられる状況に恐怖を覚える。

「そういうものから

これほど思考停止意見はないだろう。なぜ、下の世代理不尽を残そうとするのだろうか。

幼少期はそうした価値観に影響を受けやすいので、私は子供バラエティをあまりみせないし、

それらはヤラセ台本があり、独特の空間であることを定期的に強く伝える。

今や、テレビ離れが叫ばれているが、私と同じように、テレビ辟易し、

思慮深くない、その場の盛り上がりにのみ焦点をおいた価値観から遠ざけたい、そう祈る親がいるからではないだろうか。

2016-06-10

http://anond.hatelabo.jp/20160610121325

なんで増田は話を理解できないんだよ。

紙幣コピー難易度の話じゃねえよ、「不正紙幣を得る方法」が今のシステムだと山ほどあるやが、って話じゃねえか。

んで、紙幣なっちまったらそれはもう流通できる貨幣なので、もうどうしようもなくね? って所が本論やろ。

そこが、紙幣ではなくブロックチェーンなりの電子マネーになれば不正流通が割と防止されるって話やないか紙幣のもの脆弱性スルーすんなや。

2016-06-09

舛添要一人間としてはカスであるしかし、だからこそ彼を辞任させ

舛添要一人間としてはカスであるしかし、だからこそ彼を辞任させるべきではない。



ここ数週間ほど、舛添要一東京都知事政治資金不正流用問題メディア上で盛り上がっているようだ。さすがにこの手の話題にはうんざりで、まともに追いかける気にはならなかったので、ことの詳細は知らない。記者会見も見ていない。

しかし周囲からもれ伝わってくる情報によれば、いま舛添要一という人間形容する言葉は、おおよそ以下のようなものになるだろう。それは、いやしい、さもしい、セコい、ケチ、みみっちい、意地汚い、……つまり人間としての度量が狭いということである。器が小さいということである小人であるということである



しかし待ってほしい。舛添要一都知事選立候補したとき、われわれは舛添要一人間としての度量のデカさを期待しただろうか。舛添要一のあの顔立ちやこれまでのメディア上での振る舞いを見て、彼に大人であることを期待して投票した人間などひとりもいなかったはずである。いま舛添要一を口汚くdisっているひとびとは、いったい彼になにを期待していたのか。

それによく考えてみてほしい。そもそもなぜ舛添要一都知事選立候補したのか。猪瀬直樹政治資金問題によって都知事を辞任したかである。そもそもが、猪瀬直樹をクビにしたことによって、猪瀬直樹下位互換としてあの舛添要一が現れたのだ。もしここで舛添をクビにしてふたたび選挙をやったとしても、現れるのは良くてせいぜいが舛添要一下位互換みたいなやつだろう。悪い場合は、土建業界と癒着無駄箱物を建てまくる腐敗した政治家や、オリンピック返上を掲げる第二の青島幸男である。どのパターンであったとしても、舛添のほうがはるかにマシである

それに舛添をクビにしたところで、どうせ次に来る都知事汚職をするに決まっているのだ。石原もやった、猪瀬もやった、舛添もやった。それなのに次に来る政治家クリーンであってほしいと素朴に願っているのであれば、それは脳内お花畑だと言わざるを得ない。政治家絶対汚職する。そして残念ながらこの国にはそれを止める能力はない。

だいたい、この事件犯罪としては彼の人間性と同じくとても小さなもので、パナマ文書問題証拠が明るみに出ている甘利明賄賂受領のほうが事件として重要なのは言うまでもないことである。いまここで舛添を追い込もうとしているメディアの怠慢は明らかで、また一部の政治勢力が自らの権益確保のために舛添を追い込もうとしているのも明白である片山さつき人間としての下劣さは舛添要一のそれよりもはるかにひどく、目に余るものがある。



もう一度考えてみてほしい。舛添要一ケチであるプライドも高い。自分のことを棚上げにしてひとを批判するようなやつであるかもしれない。たしかにひとりの人間としてはどうかなと思う部分もある。というか単純に嫌な奴であるしかし、われわれがいま直面している東京オリンピック予算肥大化という超重要政治的課題に対して、これほどの適任者がいるだろうか。ある程度の教養を持ち、政治家としての経験を持ち、そして金にはうるさい。むしろこいつ以外の選択肢が思いつかない。

東京都民舛添要一を辞めさせるべきではない。むしろ積極的に彼を応援するべきである。彼の卑小で矮小、せせこましくみみっちい人間性こそわれわれがいまもっと都知事に求めている資質であり、このような貴重な人材ヤフオクだの湯河原だのといった卑小な問題のために手放してはならない。そういえば彼は数百億のカネを払うか払わないか森喜朗下村博文とひどく揉めていたではないか。結果としてはあの問題政治的決着を見たわけだが、しかあんな揉め方ができるのは、金に汚い舛添要一以外にはいない。



しかに、腐敗した政治家を辞任させず放置するのは、中長期的には政治的リスクを増大させることになるだろう。しかしわれわれにはもう次の弾がないのだ。もし万が一第二の青島幸男が次の都知事にでもなった日には、日本の政治は大混乱に陥ることになるだろう。それは絶対に避けなければならない。

もう一度言う。東京都民舛添要一を辞めさせるべきではない。彼こそがいま東京都必要人材である舛添要一こそが、オリンピックを間近に控える巨大都市首長として、もっともふさわしい人物であるということに、もはや疑う余地はないのである

2016-06-08

知事っておいしい職業だね

不正をして金をじゃぶじゃぶ使ってもバレた分だけ同額返金すればいいだけだもんね。

会見で適当に過ごしとけば問題ないもんね。

数年知事をやっただけで議員年金ももらえちゃうんだよ。

こんな恩恵があるならそりゃあクズな人たちは政治家になりたいわけだ。

生活保護不正受給なら3倍返しなのに政治家は3倍返しなんてないんだもんね。

不正とか不貞行為を強く非難できる人ってすごくない?

罪を犯したことのない人だけ石を投げなさいじゃないけどさ、

自分場合、なんかあまりキツイことを言うと自分に跳ね返ってきそうだし、

心情とか経緯を考えるとある程度仕方ないかなと同情してしまう。

あの手の人らは鉄の心でも持ってるんだろうか。うらやましい。

2016-06-06

「舛添さんを厚生労働大臣にしたのはこの私、安倍晋三です」 「東京の都政を任すには舛添さんを置いて他には居ません」

anond:20160606184559

あなたの「真剣に向き合う」とはネット障害を起こすことか。それとも安倍自民党の思い通りに戦争大好きになることか。殺人大好きになることか。だったら向き合う必要はない。

あと選挙安倍自民党公明党不正をしなければ、野党が勝つ。民進党共産党社民党生活の党国民怒りの声が勝つ。

まともな選挙をして、安倍自民党が勝つことは考えられない。安倍自民党に勝たせるほど、日本人馬鹿ではない。

戦争大好き、差別大好き、憲法無視、失敗を人のせいにして、

挙句の果ては選挙期間中の安倍演説

「舛添さんを厚生労働大臣にしたのはこの私、安倍晋三です」

東京の都政を任すには舛添さんを置いて他には居ません」

とまで言っておいて知らん振りしてる安倍総理自民党が勝つわけがない。もし勝ったなら、不正選挙か、日本国民洗脳されてるということだ。

その意味では、マスコミ極右偏向報道は許せない。安倍自民党にだけ都合よいニュースを流し、都合の悪いニュースはなるべくカットする極右ファシスト安倍自民党にのっとられた報道では、公正な選挙は難しい。

NHK安倍サマの犬HK民放安倍のために支持率上方データ改ざんしてるんじゃないのか。

ならば、できる人が、できる範囲でこの悪逆極右ファシスト安倍自民党批判していくしかあるまい。

anond:20160606184559

あなたの「真剣に向き合う」とはネット障害を起こすことか。それとも安倍自民党の思い通りに戦争大好きになることか。殺人大好きになることか。だったら向き合う必要はない。

あと選挙安倍自民党公明党不正をしなければ、野党が勝つ。

2016-06-05

反ヘイトを取り締まるには強制力執行が認められた

反ヘイトのためには強権的な処置も当然、という正義の味方が非常に増えた。

はてなでははてサと呼ばれてバカにされてたが、

これが法律ができて実際に施行されるとなるとバカにするだけでは済まされない。



自分の気に入らないものに対してはいかようにも強権を行使すべきというのは、

権力の犬こそが喜んで尻尾をふるべきおろかな思想であるはずなのだが。

我こそは正義であるぞという考えから離れられない人間は、

その強圧的な手段行使することに何の疑問も抱かなくなってしまものなのだなあ。



十字軍戦争於いては、

キリスト教徒は我こそは人としての良心に忠実な人間であり、

不正義をどうしても許すことが出来ない人間なのだ、という矜持を持っていた。

その矜持で持って、不正であるイスラム教徒が許せなかったのだ。

そしてイスラム教徒は、我こそは人としての良心に忠実な人間であり、

不正義をどうしても許すことが出来ない人間なのだ、という矜持を持っていた。

その矜持で持って、不正であるキリスト教徒が許せなかったのだ。






そして、殺し合いをし、略奪をした。





不正義の相手に対しては、あらゆる強烈な手段を持ってもやむなし、という考え。

これがどれほど恐ろしいか

私達日本人原爆投下という未曾有の大惨事を持って身にしみて理解したはずであり、

そのために憲法9条を堅持する人たちを大勢輩出したはずだったではなかったのかと歯がゆい思いをしている。



不正義を許さないあまり

不正義な手段に手を染める人たちが、

私はヘイトを行う人間と同じくらいに、恐ろしい。

2016-06-03

日本の政治家ってすごいよね

生活保護費パチンコしたら不正不正ですぐ生活保護停止されるのにね

何に使ったって自由なはずなんだけどね

政治家は贅沢なことをしても不正にならないからすごいよね

仕事をしなくても懐が超えるんだからすごいね

僕も仕事中に趣味でいろんなことしたいよ

ピラミッド社会すごいです

2016-06-01

しばき隊は凡とかいう奴が駄目すぎ

まあしばき隊まるごと社会的に駄目なんだけど

あのリンチ事件顛末読むと組織としてある1パーツの駄目さが浮かび上がるよね。




登場人物としては

幹部エルネスト

中堅:凡

末端:今回のリンチ被害者




なんだけど、

要するにこのしばき隊末端構成員がどこかから情報を得たんだよね。

幹部の金さんが不適切なとこからカネを貰ってる」って。

で、それがもし本当なら自分が信じた組織正義が揺らぐので悩んで悩んで(ああい団体の末端で利用されてるのは真面目で不器用馬鹿が多いし)、

ついに自分の信頼できる、幹部とも話が出来る中堅の凡さんに内々に相談したと。

「こんな情報得ちゃいました、信じられません、本当なんでしょうか?」って。





これはまさに凡の組織人としての器量が試されるとこ。

ある程度以上の歳なら社会人でも学生サークルでもこういう役回りになったことあるよね。

ここから凡の調整力次第でみんなが幸せになれるかクラッシュするか決まります

さあどうしよう。




1.金はそんなカネ貰ってなさそう

  1-a.自分の口で自信を持って噂を否定してやって疑念を払拭し元気付ける。

  1-b.慎重に金に話を通して3人で腹を割って話して疑念を払拭しこれまで以上の結束を固める。



2.金はそういうカネ貰ってそう

  2-a.自分の口で上手く誤魔化して目線を変えさせ当座の別の目的を与える。

  2-b.言下に否定し「そんなおかしなこと言う奴はやめてもらう」と言って一存で追放

  2-c.自分で話を引き取って自分が金と対決する(かなり最終手段)。

  


まあ金との人間関係や凡の胆力にも拠るけどこれぐらいが選択肢として有り得る。

で、実際には凡はどうしたと思う?




3.そのまんま金に伝えて激昂させて幹部全体にリンチ機運を形成させたあげく

 相談してきた末端構成員を騙してリンチ会場におびき寄せる。

だった。




ひえーーー。

もうあらゆる意味クズ、あらゆる意味無能だよね。




これって金すら凡の犠牲者的な側面あるよ。

馬鹿から配慮の形で自分金銭不正を「こんな話出てるんすけど」って伝えられたら

そりゃ激昂してみせるしかないじゃんな。

特にクロだった場合は。

言ってた奴に怒り狂って見せて殴りまくって誤魔化すしかない。

この反応はクロって言ってるようなもんなんだけど

下手すりゃシロでも頭悪いとこの反応に突っ走っちゃうよね。

トリガー引いたのは凡。




凡は絶対あれだ、金が怒り狂いはじめたらブルブル震えて

速攻で「俺じゃなくてあいつが言ったんです!」って相談者を売ったよね。

その程度の展開も予想できないぐらいに頭が悪くて、しか自分可愛いだけの卑怯もんだ。

調整能力ゼロ

こんな奴が重要中間にいたらそりゃ組織はもたない。




金が怖くて全然物言えないなら他の幹部に間に入ってもらうとか

幹部みんな腐ってて金銭不正に絡んでそうなら諦めて相談者なだめて黙らせておくとか

だらしないなりの次善の策すらとってない。

ただそのまま伝えるだけ。

ザ・ガキの使い




そんで下から上がってきた幹部金銭不正疑惑リンチで黙らせるという風土になってる時点で

そんな組織金銭的なことキッチリやれるなんてことは有り得ない。

実際相当腐ってただろうね。

内部監査するまでもない。

2016-05-30

http://anond.hatelabo.jp/20160530230313

何をもってアフィで稼ぐといいたいのかよく分からないが、アフィエイトと広義に言っても様々な形態があるので、ネットの子供たちが一概に言うアフィなんてものはないよ。

例えば、駅前にある旅行代理店保険代理店なんかも広義にはアフィリエイトオフラインの)の一種だし、そういうビジネスは山ほどある。

恐らくネットで言うところのアフィという話をしたいのであれば、

それこそアドセンスASPモデルアマゾンみたいなものまで千差万別


文章を読む限り、アフィでの売上承認において不正が出来るのではないかと考えているのかもしれないが、それほど甘いもんではなくて様々なセキュリティ最後は人力でのチェックで不正発生率をチェックして弾く)まで色々やっているよ。

瞬間的に売上がたってもすぐに穴は潰されるだけの繰り返し。

インチキ株高インチキ株高 日経平均の株高。安倍総理自民党日銀による不正株価つり上げではないのか。

日経平均の株高。安倍総理自民党日銀による不正株価つり上げではないのか。

安倍総理自民党の指令で不正株価操作をしてないか

景気が悪いのに株価が上がるのはどう考えても作為的だ。

安倍総理とは関係ないのか。

インチキ株高インチキ株高インチキ株高インチキ株高

インチキ株高インチキ株高 日経平均の株高。安倍総理自民党日銀による不正株価つり上げではないのか

日経平均の株高。安倍総理自民党日銀による不正株価つり上げではないのか。

安倍総理自民党の指令で不正株価操作をしてないか

景気が悪いのに株価が上がるのはどう考えても作為的だ。

安倍総理とは関係ないのか。

インチキ株高インチキ株高インチキ株高インチキ株高

為替についても安倍自民党による不正為替介入が行われてる可能性が高い。日経平均の株高。安倍総理自民党日銀による不正株価つり上げではないのか。

為替についても安倍自民党による不正為替介入が行われてる可能性が高い。日経平均の株高。安倍総理自民党日銀による不正株価つり上げではないのか。

安倍総理自民党の指令で不正株価操作をしてないか

景気が悪いのに株価が上がるのはどう考えても作為的だ。

安倍総理とは関係ないのか。

というとこに行き着く。

こういうことがまかり通ると、最後安倍総理自民党戦争しても大丈夫、気にいらないやつは、皆殺ししても大丈夫とか考え出す。だから株もやってないのに、こうやって書いてるのだ。普通に景気がよくて普通に株が上がる文には文句を言うつもりがないが、今の安倍政権はあらゆる意味おかしい。

日経平均の株高。安倍総理自民党日銀による不正株価つり上げではないのか

日経平均の株高。安倍総理自民党日銀による不正株価つり上げではないのか。

安倍総理自民党の指令で不正株価操作をしてないか

景気が悪いのに株価が上がるのはどう考えても作為的だ。

安倍総理とは関係ないのか。