「女児」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 女児とは

2017-02-20

http://anond.hatelabo.jp/20170220171817

はてなですらこんなのが湧いてくる

女子男子トイレ入って男が逮捕されたのも嘘、女児が鞄をとられたと叫んだのも嘘、売春婦世界一も嘘。男は女がクソだと言う嘘を流しまくり。

もうやだ死にたい

2017-02-19

しかった母親新興宗教に入信したら

容赦無くハエたたきで私の尻を叩く鬼に変貌した。

サタンだね!!」

という訳分からん理由説教がはじまる。チンピラのインネンでもそこまでじゃないぞ、と思うくらいに理論破綻具合がすごい。

アニメを見た。

ギャグ下品マンガを読んだ。

友達と寄り道して遊んだ

世の中で流行っている歌を歌った。

そんな理由で。

これらは全部「サタン」らしい。

「歯ァくいしばんな!」

というヤンキープロレスラーしか言わないようなセリフ小学生の時から散々聞いた。我が家ガチンコファイトクラブか?

尻を叩いたという報告は母の教育係のようなおばさんに逐一なされていたようだ。

後日「なんでお母さん怒ったか分かる?

あなたサタンのよくない影響を受けないために怒ったのよ。」

フォローが入るからだ。

いやいや、知らんがな。

私の友達はじゃあみんサタンなんですか?日本国民サタンなんですか?やべーっすね!

何より、ケツをはたくなら、自分の手だろ。心はもちろん、自らの手を痛めるほうがはたくほうの愛だろ。

それをなんと、まぁ、ハエたたきで。私のプリティヒップハエじゃねーぞ!!!

なんて反論できるわけもなく、幼い頃の私はただ怯えて泣いていた。

怒られないように、と今でも気づけば石橋叩いてクラッシャーになっている。この頃の負の遺産じゃな…。

毎週夜だの昼だの2時間以上ある集会に参加を強いられ、寝たり話を聞いてなかったり、ノートソフトクリームうんことか落書きをしていたりすると会場備え付けの尻叩きグッズで尻をスパーン。

休みの日は学校友達も住んでるような地域布教活動をさせられ。

「なにしてんの?」と聞かれた日には「お、お散歩…かな…」と苦し紛れに答えていた。

校歌国家は歌えないので先生に「信仰自由」を告白し、騎馬戦はできず、クリスマス七夕も祝えない。友達からもらった年賀状も返せない。さぞかし冷たいやつだと思われてただろうな。

人に救いを説く小学生女児の心、一番救われるべきだったのはそこではなかっただろうか…。

小学生ながらストレスで重度の脱毛症を患ったこと、明るかった性格がみるみる暗くなり、不登校になってしまったことなど、親から見ると宗教に入ってからの私の変化は喜ばしくなかったことだろう。

そんな日が何年も続いて、中学生になったある日。夜の集会に出席するため、いつものごとく会場へ向かうはずの母の車は、全くの別方向へ。

着いたのはショッピングモール

そこにあるゲームセンターで好きなだけ遊ばせてもらった。母も、いつもはやらないクレーンゲームで大きなぬいぐるみを取ってくれたりした。

いつもはさせてもらえない「サタンの」遊びに私は戸惑いつつもいたく喜んだ。

普通ってこんなに楽しいんだ…!

もう私はサタンでも構わない…!!

たっぷり遊んだショッピングモールの外に出て、月の綺麗な夜、私は子供らしく上機嫌に走り回っていた。

なんで今日集会をサボったのか。

その理由はあえて聞かずにいた。

だって来週も集会になんか行きたくない。ずっとこんな風に普通を楽しめればいい。

宗教ことなかいっそもう忘れちゃえばいい!

そう思ってふと母親を見ると、静かに母親は泣いていた。

その日から熱心だった母はゆっくり宗教を離れて「元信者」になった。

宗教で娘は不幸になり、自分幸せも結局見つからずじまいだった。

今でもあの宗教の話は、親子の間ではしない。したくもない。

宗教はやめればそこで終わりなわけではない。信じていた頃の記憶強迫観念信仰は根強く残り続ける。

母も私もしばらくはその苦しみと闘っていた。かなり時間はかかったが、元の心を取り戻しつつある。

しかしこれからも、心のどこかでしこりのように宗教後遺症が残るのだろう。

母にはただただ、何かに縋ることなくとも、これからも静かに幸せであってほしい、そう願うのみだ。

2017-02-17

ジレンマ

1月頭に嫁が流産した

2歳前の女児がいる

車で2時間ほどの距離に住む自分の両親から節句のお祝いなどで孫に会いたいと言われるが

実家には自分の弟の子供が生まれたばかりでいる

嫁は赤ちゃんを見るのが辛いと行きたがらない

辛いのも理解できるので仕方ないと思いつつ

日々変化する孫の様子を親にも見せてあげたい気持ちもあり いつになったら両親に孫を見せに行けるのかとも思う

自分なら辛いけどそれはそれ、これはこれと割り切って親戚づきあいするだろうと思う

ちなみに

自分子供だけでの企業は不自然からと嫁が嫌がる

両親に来てもらうのはすでに1月下旬にしてもらっているので会いたければそちらが来いというのは違うようにも思う

2017-02-15

http://anond.hatelabo.jp/20170214182418

幼稚園の子女児だけど)を持つ親として悩んでしまった。

うちも気が弱いし月齢も低いのでやられて帰ってくる側。

確かにいきなり退園はちょっと飛躍しすぎの感はあるけれど、相手側の親に直接話すという選択肢は難しいのが現実

普段からよく話す人なら、降園のときとかに話せることもあるかもしれないけど、

園内のトラブルは園を交えて解決するのが基本。これ守らないと解決したとしても園に居づらくなる(子が)

から増田は園に現状を伝えて、お子さんが行きたがらないことを伝えて、再度の解決をお願いするしかないんだと思う。

それに加えて、お子さんに「あなたの味方であること、あなたの話はできるだけ聞くこと、

嫌なことがあったことを打ち明けてくれてうれしいかったこと

だけどお母さんは何もかもしてやれるわけじゃないから、先生相談したり、相手にやめてと言ったり、

できることをするように」と伝えることが必要な気がする。

もうやっていたらごめんなさい。

子供世界は難しいよね。うちも入園したてのころ、「みんな仲間に入れてくれないからつらい」って言われて

相当悩んだ記憶がある。これは子が園に慣れて話しかけられるようになって解決してきた

(けど、参観で見てるとまだ完全にはまじってなかった。年長になったらなじむかなぁ・・)

2017-02-14

2016.12危機についての報告

昨年12月我が国(うちの家)では、人口増(ママ第2子出産)による政府ママ負担の増加による治安悪化顕在化してきた。

旧宗主国ママ実家)は、人道的支援名目派兵(おばあちゃん)を政府に打診(ママ電話)した。

しかし、以前に行われた派兵では、地域的な隔絶によってしばらく文化的交流が行われていなかったことから原住民(第1子、2歳)との摩擦、エネルギー問題(慣れないキッチン)、廃棄物問題ゴミ分別)等で政府連携がとれない事態がしばしば認められた。

そのため、旧宗主国による援助は、原料(畑の食材)および経済的支援にのみに限定された。

12月末、原住民(第1子、2歳女児)に伝染病風邪)が発覚すると、状況はさら悪化した。

事態を重く見た政府ママ)により非常事態宣言が発令され、軍(パパ)の国外(家の外)からの一時撤退(パパ年末の休暇)を機に、国民家族)の生命に関わる炊事活動権限行政ママ)より軍(パパ)に移行。続いて伝染病を封じ込めるため、感染者の移動の禁止(寝室はママと新生児のみ入室)の命令が下された。

しかしながら、原住民(第1子、2歳女児、待ちに待った弟と関わりたくてしかたない)の度重なる命令無視(寝室への侵入)が認められたため、強制移住リビング区切りそこで生活)および軍(パパ)による監視隔離した場所子供用布団とパパは寝袋)を実施した。

軍(パパ)の疲弊は大きく(炊事大変、寝袋腰痛い)、原住民(第1子、2歳女児キャンプみたいな状態楽しい)の勢力を押さえ込むことができなくなっていた。

また、原住民(第1子、2歳女児、一人ではじっとしていられない)の移動禁止監視が長引くにつれ食料不安がおきつつあったが、原住民活動の低下(お昼寝)を見計らい、ゲリラ的に軍が輸送(パパが買い出し)を行った。

当初、国民全体で祝うはずであった新年行事外遊(パパママ実家へのあいさつなど)は中止となり、政府ママ)の負担は減少したため次第に行政機能を取り戻し、原住民(第1子、2歳女児、やっぱりママとも遊びたいよね)への教育も次第に効果をもたらしたため、治安はほぼ維持される状態となった。

これをうけて、1月に入ると、軍(パパ)の国外駐留年末年始休暇の終了)を機に非常事態宣言は解除され、我が国治安正常化した。



反省

行政能力ママの体力)は人口増(出産)により想定以上に低下した。

連携のとれない派兵(おばあちゃん)の撤退問題国内に留めた点で評価できる。国際問題化を未然に防いだ。

・軍の練度(炊事活動他)は常に維持する必要があることを認識した。

原住民管理重要性(一番忙しいとき風邪をひく)を認識した。

・軍(パパの仕事)に余裕があったのは天佑であった(正月休みでなかったら・・・)。

・食料備蓄重要性(買い出しも負担になる)を認識した。



評価

旧宗主国の援助を受けつつ、挙国一致で平常化に邁進できた。

・軍(パパ):権限委譲され、政府機能が復帰するまで国民安全確保に努めた。

政府ママ):一部権限を軍に委託することで、政府機能回復を最優先とするこができた。

原住民(第1子):伝染病に負けずによく食べた。弟と仲良くね。

・新たな国民新生児):生まれてきてありがとう

2017-02-10

http://b.hatena.ne.jp/entry/www.cobalog.com/entry/graduationceremonyclothes


この人、娘の入学式には出なかったんだろうか?何で卒業式になって今更?

入学式の服だって同じようなものなのに

普段子供全然関心ないのが分かる



つか今はもうAKB風は下火

数年前はもっと派手派手で下品ものが多かった

それに1万なんて安物の部類だよ、ヨーカドーから安物が置いてるんだよ

デパート行けば値段は最低でも3万だな

男児服も同じ、女児服だから特別に高い訳でもない

公立校なら特殊地域でもない限り、一日だけと割り切ってヨーカドーで安物の服買うのはごく普通だけどね



袴買って大学まで持たせるというブコメは参考になった

入学式なんてそれこそ一度しか着ない(身長伸びるし)のに値段は同じだからねえ

性犯罪でも男児被害者だとブクマ少ないな

児童ポルノ、168人被害か 教諭ら6人、容疑で逮捕朝日新聞デジタル

http://b.hatena.ne.jp/entry/www.asahi.com/articles/ASK285RDQK28ULOB00K.html

同じ事件で一番ブクマが多いのがこれだと思うけど、たった48users。

被害者女児なら百以上は確実に行くだろうが。



女児だと「うらやまけしからん」とズリネタにする為のブクマが多いんだろうな、と思える一例。

男児だとそういう意味で関心持てないしどうでもいいからこの程度なんだろう。

男性保育士を増やせ提言

単純な解決法がある(ただし単純ではあるが決して簡単ではない)。

男児の着替えと排泄の世話は男性保育士けがやり、

女児の着替えと排泄の世話は女性保育士けがやる、

という規定を設定し、これを徹底するのだ。

この規定に反対する理由はたぶん無いだろう。

しかし、これを徹底しようとすると、現実問題として男性保育士全然足りないので、この徹底すべき規定を達するまでの間、緊急避難措置として

原則として同性保育士がしなければならないが、異性保育士監視下でのみ異性児童の着替えと排泄の世話をしてもよい」

規定する事も必要だろう。

男性保育士が増えれば保育士の全数も増え、保育園も増え、待機児童は減り、母親社会参加機会は増えると期待できよう。

2017-02-09

世界女児に転生するはずだったのに

神様の手違いでジョージに転生した。

児童ポルノでなんか捕まった奴いるね

小学生女児になんかしたのかと思ったら、まさか男児だった。

リアルホモが、ホモエリート育成するために、いろいろ手を尽くしてたわけなんだね。

笑えない。



男の子から大丈夫かいうなんの根拠もない安心感をぶち壊してくれた2月某日になったね。



それにしても捕まった奴はどうしてバレたのか。

データユーザ間で直接渡したみたいだけど、ネットワークトラフィックを流れる全データは、いまやGoogleNSAがこそっとすべて検閲できる時代になにやってんだかって感じですけども。

女児アニメで人気が出るのは

純粋に疑問に思ったのでだらだら書こうと思います

あくま自分主観なのでツッコミどころはあると思いますが許して下さい

推敲もせず思ったまま書いているのでそれも許してください

デザインとか設定についてだけ言っているので詳しい内容とかはべつです あくまで見た目だけの話です


全体的にすっごいカラフルな印象です

あと色に対するキャラの忠実さは異常

「わかりやすい」のが一番いいからですかね

主人公ピンク、黄(金髪

女児に人気のある色トップピンク

それに加えて戦隊物の赤主人公の流れを汲んでピンクなんだと思います

衣装の色がピンクだったりプリキュアにはそもそも髪色がピンクな子が多いです

金髪の子も多いです ぴちぴちピッチアイカツ プリキュアにも金髪ピンクが増えてきました

多分ピンクと合わせやすいし可愛いからじゃないですかね 昔との差別化とか

サポート役は青、黄、オレンジ、緑、

主人公と逆の寒色は1人は必ずいると思います 画面のバランス

あと経験則からなんですけど、ピンクが嫌いな子は大体水色が好きなのでやっぱどの層もいれようってことだと思います

青はクール、黄はポップ、オレンジは元気、緑はインテリor天然

キャラ少ないので自身はないのですがおっとりしてるかメガネかけてるかって印象があります

強い人は紫、黒、赤、白

強い人の例は神崎美月やかなめちゃんです

小学生白書最後URLからみても人気上位ですね

紫はミステリアスっていうイメージがあるので、大人の女性に憧れがちな年頃の子に人気出る傾向があります

白銀リリィちゃんとか

プリキュアの追加キュアも紫か赤

髪型

ツインテorロング

ヘアアレンジができるようにやっぱり長い髪の子が多い

ツインテはぱっと見て可愛い自動的にロングにできるので結構多いです ここたまとかリルリルフェアリルとか

ポニテは正面からわかりづらいから少な目かな?

ショートの子別に特徴があったり(前髪はねてたり)リボンや髪飾りをつけてます

おしゃれ的な問題で髪に装飾多め

主人公ツインテだったら周りはショートおろしてる子で固めたり主人公との差別化は大きいですね

大人向けだったら同じ髪型結構あります

ダブル主人公とか立ててるアニメは二人ともおんなじ髪型がある気がする RLなど

DCD流行先駆けのおしゃれ魔女ラブ&ベリーは二人ともショートでしたね

あれは髪型カードがまた別にあるからシンプルにしたのだと思います


服の装飾

最近リボンが多いですね 縛り方や色によって可愛いクールもいけるし

プリキュアでは前はハートが多かったですが最近ではダサい感じに見える(暴論)

星は定番で柄にしたり髪飾りでつけたり


モチーフ

お姫様童話)、花、トランプが多い

お姫様は安定して人気があると思いますふたご姫リルぷりっGoプリ)

色んなお姫様がいるしね

トランプクラス分けに使われてるイメージ


設定

アイドルもの多いと思ったけどそうでもないですね

アイカツアイスタプリパラの二大アイドルアニメがあるからそう錯覚したのかも

アイドルものは昔からありますね きらレボなど

みんなやっぱり憧れるからでしょか

魔法少女もの戦闘もの女児向けから大人向け男性向けに移行(という言い方は正しくないが)していると思います

多分まどマギから

日常ものは意外と少ないイメージ 違う世界を求めてるってことでしょうか

まとめ

よくわからなくなってきたのでやめにしま

料理ものとか流行りそうな気がするけどなあ


追記

キューティーハニーの時は生きていませんしプリキュアは見てますプリキュアはお料理ものではないしプリパラ結構異端ですよね そこがよい


参考文献

小学生白書Web2015年10月

http://www.gakken.co.jp/kyouikusouken/whitepaper/201510/chapter4/05.html

http://anond.hatelabo.jp/20170209150403

6人が共謀して行った事、被害者人数が多い事が珍しいかニュースになるだけで

おっさんによる男児性的虐待自体はよくある話でいちいちニュースにもならない



…この手の子供向けキャンプって、女児だとまず女性スタッフしかつけないか

男性スタッフをつけられる男児の方が危険なのか…

考えてみたら当たり前なんだけど

2017-02-08

http://anond.hatelabo.jp/20170208105431

スケベ心丸出しでわざわざ女児若い女に聞くからだろ

本当に道を知りたいならいかにも地元民っぽい年寄りとかおばちゃんに聞くのが普通なのに

2017-02-06

けものフレンズは「ギャップアニメ

故意ギャップを作り出すアニメが好きだ

 

わかりやすいのは「ほのぼの」+「ホラー」のギャップ

ひぐらしのなく頃にがっこうぐらしエルフェンリートがこれにあたると思う

 

ホラーが辛さだとすると、徐々に辛くしていくよりは、先に甘いものを食べさせたあとで辛いものを与えたほうがより衝撃がある

そういう発想で、皮を被る作品がある

もちろんそういった作品でも一発ネタに終わるものもあるが、甘さと辛さを交互に味あわせて「どっちも旨い」と感じさせる作品は名作と呼ばれることが多いと思う

たぶん心に深く刻まれから記憶に残りやすいんじゃないか

 

他のギャップとしては「ファンタジー」+「SF」なんかもある

これは多数あるが、魔法かと思ったら科学だったみたいな話だ

こういう作品も私は好きだ

 

そしてけものフレンズは、珍しい「女児向け」+「ポストアポカリプス」だ

まり、2話までに視聴者IQを極限まで下げてから、「え?」みたいな展開を少しずつ出していく

フレンズたちはIQが低いのでその重大さに気づかないが、視聴者けがその影に怯え、同時にワクワクしていく

と思ったら、またIQを下げに掛かってくる

この繰り返しは珍しい

 

似たアニメで言うと、恐竜惑星やジーンダイバー辺りだろうか?

いずれにしても私の大好物

 

まとめると

わーいたーのしー!もういっかいみよー!わーいたーのしー! だ

2017-02-04

ロリペド性犯罪者から幼児保護は一番に重視されるべきだし男性保育士男児だけみてればいいんじゃねと思うけれど

待機児童解消を叫びながら男性保育士女児を見て欲しくないという母親バカじゃねと思う。

2017-02-01

宗教上の理由により化粧をすることができません

宗教上の理由により化粧をすることができない家庭に生まれた。



私自身は宗教から離脱して、今は一人暮らし、化粧もしている。

親とは何度も衝突したけど、大学に行かせてもらっているし、「お前の人生はお前のものなんだから自由にしなさい」と言ってくれる。

なんだかんだいい親のもとに生まれてよかったなと、今では感謝もしている。



虚勢を張っているように見えるからか、華美な装飾をすることそのものがいけないのか、本当のところはよく知らないけれど、我が家信仰している宗教は化粧を禁じている。

宝飾品のたぐいも好まれない。結婚指輪もない。そもそも恋愛結婚ダメだし。

ヘアゴムで髪を結う行為が「おしゃれ」と見なされていて、そのため私は小さいこからずっとショートカットだった。

そういう家庭に生まれ育った私は、セボンスターカバヤが出している女児向けの食玩)を買うことに背徳を感じるようなこどもだった。

かわいいヘアピンを付けていようものなら祖母に「色気づいちゃって」とか言われた。

「化粧=悪」だった。



「そこそこの年齢になった女は化粧をするのが当然」「スッピン晒すなんて非常識」というような言説をしばしば見かける。

私が化粧をするのは、最初世間一般で「ふつう」とされる女の子たちへの憧れからだったけど、今は「不細工なまま人に会うなんて私の心が持たない、せめて見れるブスくらいにはなろう」という思いからだ。

でもこれは私自身の羞恥心に起因する話であって、たとえば電車の中でスッピンの人を見かけてもさほど気にならない。

そもそも幼いころ私の周りにいた大人は化粧をしていない人のほうが多かったのだから、この感覚はあまり人と共有できるものじゃないというのはよくわかっている。

「化粧は身だしなみ」という意見もわかる。

でも、肌が弱くて化粧品をつけられないとか、化粧をすることにためらいがあるような人に化粧を押し付けたりマウントを取ったりするのは、それこそ宗教みたいだ。

化粧は学校で教えてもらえるわけじゃない。

しろ学生のうちはたいてい校則で禁じられている「いけない行為」だ。

それが高校卒業した瞬間から突如「マナー」「しなくてはならないこと」に変わる。世間から圧力を受ける。正直気持ち悪いなあと思う。

「化粧をすることが非常識」な文化圏出身の者より。

2017-01-31

女性産婦人科女医さんを志望するけど、

男性泌尿器科でやっぱり女医さんをよく志望するんだって

同性に触られるのは慣れてないから、女性に触られる方がいいんだって

どのみち男医は避けられる

男性保育士女児の着替えをさせないのは男性差別だ!と言ってる男も自分たち泌尿器科に通うときはどうかわからない

まずそこらの非対称を考えるべきじゃないの

http://anond.hatelabo.jp/20170131153443

単純にまとめると、「男性女性も、男性が嫌い」なだけじゃなかろうか、それ。

男性保育士女児おむつ交換をするのは良くない、というのは、自分達が「ケアされる」時がやって来た際に「男性ではなく女性ケアしてほしい」と潜在的にあるいは無意識的に思うことや父親が世話することの延長として捉えられていないこと等に由来するのではないかと考えた。

まるで「父親が世話することの延長として捉えられていないこと」が悪い事だと言っているように思えるけど、

そもそも悪い事じゃないだろそれ。父親じゃなくて赤の他人なのは事実だろ。

しろ男性保育士父親の延長として子供に捉えさせてしまうようでは保育士失格だろ。

女性保育士母親の延長では勤まらないのと同じで。

だって先生」なんだからさ。「親」じゃないんだから。「親」みたいに甘えさせてはいけない立場だろうに。

皆の誰もが「男性ではなく女性ケアしてほしい」と思うからなのでは

 男性保育士女児おむつ交換をするのは良くない、という話題にて、良くない、という意見を持つ要因とは何か考えた。

 そこで、山田昌弘さんの『モテる構造―男の女の社会学』(ちくま新書2016年、以下本書)の【第7章 ケアは女の役割か―男が触るといやらしい?】(p194-p203)で述べられている、ケアに関する男女の非対称性が関わってくると考えた。

 本書は、【男性は人前で泣いてはいけない】をはじめとする性別の「らしさ規範」や女性における【できる女はモテないのか】問題をはじめとする「男女の非対称性」について分析俯瞰した本である

 第7章は「ケア」における男女について書かれている。

 介護従事者や保育士など、人の身体ケアする仕事についている大部分が女性であり、「女性男性ケアしても許されるが、男性女性ケアすることには心理的抵抗が伴う」という男女の非対称性が見られると書かれている。

 次に、介護における性別の抵抗感に関する調査では、「男性から見た抵抗感:婿・嫁が最も高く、女性から見た抵抗感:"息子>娘"・"婿>嫁"・"若い男性介護士>若い女性介護士"・"中年男性介護士>中年女性介護士"」という結果になったことが書かれている(p.198【図表7-4 介護における性別の抵抗感】より一部抜粋)。よって、看護という多少専門的な分野であっても、男性であっても女性看護師の方が好まれ女性場合は、男性看護師は避けたい対象なのであるということが書かれている。

 そして、「ケア労働本来持つ性格として、ケア相手気持ちを考えながら行う労働であること、そして、ケアは体に働きかけ相手気持ちよくさせる労働であることから、前者が、ケア担い手として女性がより好まれ理由であり、後者ケア担い手として男性が避けられる理由なのであるとされている。そうして、二重のジェンダーにおける差異があるために、家庭内でも、家庭外でもケア担い手女性になりやす理由なのであるともされている。

 続いて、ケア身体性に関連して、ケア相手身体的、精神的に気持ちよくさせる行動なのであり、言葉にしてしまえば、性的コミュニケーションと同じ意味を持っているため、身体ケア行動は性行為連想させてしまうという。よって、ケアでは、配偶者恋人以外の家族他人に裸を見られる恥ずかしさを減少させ、性行為連想させないことがケア現場では重要であり、女性ケアした方が、性行為連想しにくいのであるという。しかし、父親子どもの世話をするのが一般的ではなく、同性の間に親密関係がなかなか築けない文化であることを一因となって、男性はそうはいかないという。その上、性行為においては、男性が主導権を握るイメージが定着していることから男性が、優しい手つきでにこにこしながら、女性を触って気持ちよくさせるということは、どうしても性行為連想させてしまう、だからといって、男性ケアに向かないことや女性ケアして当然であることをを導きたいわけではなく、男性ケア労働進出するためには、「恥ずかしさ」という感情を何らかの形で克服する必要があると結んでいる。

 これらを踏まえて、男性保育士女児おむつ交換をするのは良くない、というのは、自分達が「ケアされる」時がやって来た際に「男性ではなく女性ケアしてほしい」と潜在的にあるいは無意識的に思うことや父親が世話することの延長として捉えられていないこと等に由来するのではないかと考えた。

2017-01-29

「誰が主体か」を履き違えるとややこしくなる。

保育士の件でもそうだけど、色んな意見を見てるにつれ、

意見の内容として「誰が主体か」を履き違えたような反応というか非難が多く、ややこしくなる原因なのではないかと思った。


女児が」~と思うかもしれない

に対して

普通の親は」そう思うはずはない

批判してるのとか、明らかに主体が違ってるから話が噛み合ってない。

論客体も履き違えたらよろしくない。

「誰が」「誰に」なのかをちゃんと考えることも必要なのではないか

勿論女児と親を履き違えると言うのは極端な例だが、第三者目線当事者目線をごっちゃにしたり、「普通の親」と「何らかの事情がある親」を取り違えたり

そういう意外と気づきにくいところにも罠はある。

http://anond.hatelabo.jp/20170129113129

当たり前だろ。

同じ内容の女児向けアニメ10年もぶっ通しで見てるようなオッサン評価がまともなはずがない。

ぷいきゅあ~~~

面白くなかった。

お前らが面白いというから頑張って最後まで見た。

面白くなかった。

子供向けというよりも子供だまし。

お前らが褒めまくるからボンバーマンジェッターズとかレジェンズみたいな大人も見終わってから何かが心に残るような作品なんだと思ってたのに全然違った。

オッサン同士で実況するのも最初は新鮮で楽しかったけど20話ぐらいやったら飽きた。

試しにヘボットたらこっちの方がよっぽど作品として中身があるからよっぽど面白くてビビった。

何で中身のない女児向けアニメのほうがネットでは評価高いんだろう。

ネット評価あてにならねー。

2017-01-28

例外は切り捨てろ」論法

http://anond.hatelabo.jp/20170128155016

例えば東京大阪間を移動するとして、多くの人は「普通新幹線だろ」と言う。

実際には羽田伊丹線航空会社ドル箱になるぐらいたくさん飛んでるし、目的によっては関空成田絡みの航空路を使う人もいる。

高速バスもあり、18切符期間には鈍行を乗り継ぐ人も多く、自分で車を運転して行く人もいないことはないだろう。



もはや「新幹線以外で東京大阪間を移動する」は「例外的」であっても、「あり得ない」わけではないのである

それでも一部の人は、新幹線以外で移動する人なんて「いない」とみなしてしまっていいという思想根底交通を語る。

あるいは、飛行機を使っている人などを異常とみなす。

要するに、これほど「ある程度は一般的」な場合ですら、「例外的から無いとみなしていい」とされることも多いってことだ。




なのにもかかわらず、なんで「女児に手を出す男性保育士」などという、飛行機東京大阪間を移動する程度の例外に比べたらもっと少ないような例外に関しては

無視」することが許されないのか。勿論どちらも完全無視は許されない話ではあるが、それでも多少の配慮で良しとするとか、そうなってもいいはずである



自然感情」とやらが関わってるからという話も、飛行機宗教的に嫌ってる人(http://anond.hatelabo.jp/20170127232138参照)からすれば羽田伊丹線忌避するのも「自然感情」だろう。

このあたりで「筋が通ってない」というところに、なんらかの違和感を感じる。




交通論、商業施設論、趣味嗜好etcでは、かなり多くの「例外とは言えそこまで少ないわけでもない例外人達」が不適切な取扱を受けてきたのだ。

なぜ男性保育士の話「だけ」そうなるのかよくわからない。あんなの東京大阪間で例えれば新幹線名古屋までいって近鉄に乗り換えて大阪へ行くとかそういうレベルの「例外」ではないのか。勿論全くいないわけではないだろうし、それに対する配慮が全く必要ないとも言うつもりはないが、「矛盾に対する違和感」があるのも事実だ。

2017-01-27

http://anond.hatelabo.jp/20170127165428

そりゃ男性保育士自体必要だろ。男児の世話をする為にも。

でも女児の性に関わる分野には関わるべきではない、と思うね。介護と同じく。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん