「フォーカス」を含む日記 RSS

はてなキーワード: フォーカスとは

2017-03-20

http://anond.hatelabo.jp/20170320213244

文脈を読む、というのが分かりにくいなら

相手目的想像する、というところから始めてみたらいいんじゃないかな。

リンク先のブログ解釈解釈としてあっていいと思うけど、それだけで終わらないように。

表層的な解釈と、相手目的を踏まえた上での解釈と、その両方を考えればいい。

ブログリンク先は前者にしかフォーカスしてない。

2017-03-17

http://anond.hatelabo.jp/20170316211326

野田洋次郎前前前世というフレーズ君の名は。から思いついたのも、似たような感覚からかもしれないな。

過去フォーカスを当てることで未来を変えるみたいな

どっち向いてるかよくわからない疾走感。

俺は何を言ってるんだ?

2017-03-15

マルチタスクしようとする癖

つの思考フォーカスを当て続けられない。

何かを考えてる最中に別のことに意識が飛んでしまう。

集中力がない

つの動作完了する前に欲張って別のことも並行して行おうとしてかえって時間がかかる。

日常的に要領悪いなと感じる瞬間がある。

まともにしたことないけど、多分料理を作るのは苦手だと思う。味付けどうこうの話ではなく手際のはなし

ときどき自分発達障害とかその辺の障害持ちなんじゃないかなんて思う時がある。(多分違うだろうけど)

2017-03-08

ヤマトってなんで深夜配達しないの?

どーせ日中なんて家に居ないんだから、夜にフォーカスしたらいいんじゃないの?

21時~24時の間に来てくれればほぼ100%で受け取れると思うのに。

やっぱり深夜はだめなの?

全国的には、昼間の方が在宅率高いの?ニーズがあるの?

よくわかんないなー

2017-02-26

渡辺竜王への弁護を検証してみる

※追記 頑張って計算して書いた日記だけど、書いている間に元のページが消されたらしい(Webアーカイブ)。消されたということは取り下げたということだろうからおかしいと気づいたのかも知れない。

1.初めに

三浦九段不正疑惑について、渡辺明竜王を弁護するという記事を見た。

なにやら、観戦記者 小暮克洋氏(三浦九段から名指しで批判されていた、あの小暮克洋氏だ)から渡辺竜王を弁護してほしい、というよく分からない依頼を受けた弁護士が、裁判でもないのに勝手渡辺竜王を弁護しているらしい。

幸いにして、私はこれまで弁護士のお世話にならなければならない事態になったこともなく、この文章で本当に渡辺竜王が弁護できているのか判断するのは困難である

しかし、少なくとも、この中で取り上げられている計算を(具体的に数値が挙げられているところであれば)検証してみることはできるので、ちょっと考えてみようか、と思った。

2.一致率の検討

そもそもこの件に関しては、ソフトの一致率がやたらとフォーカスされていたが、それ以外の点でも重大な事実誤認があった。例えば、前出の弁護文においても、

対局中の離席については、そもそも証言の一つであった30分の離席といった事実がないことが確認された。また、離席の事実をもって、三浦九段への疑惑根拠付けることはできないとの判断がなされた。

と書かれている。

また、ソフトの一致率がいくら高くても、それが疑惑証拠となるわけではないことは第三者による調査によって既に示されている。

しかし、弁護文の中では主にこの一致率をもって、「渡辺竜王告発を行ったこともやむを得ないことであった」としているようなので、私もその点を検討する。



ソフトとの一致率とは、ある局面将棋ソフトに読み込ませて、その将棋ソフトが指した次の手と実際の手が一致した割合のことらしい。

それだけでなにやら本当に証拠とできるか怪しいと(普通なら)なりそうなものだが、

この違和感は、渡辺竜王要請で、名人竜王羽生三冠など、現代トップ棋士が数名がかりで検討したときにも、多くのトップ棋士たちが共有した違和感であった。

とのことらしいので、まあ色々私も違和感を覚えつつも、少なくとも棋界では説得力のある話だったということにしておこうかと思う。

この文章目的も、棋界の重鎮を糾弾しよう、というものではない。



さて、件の弁護文の中では、一致率を疑いの根拠とした理由が、以下の具体的な数値として書かれている。

三浦九段の4局の点数は、普段の彼の実力からすると、当方計算では、出現率でいえば、良くて10%程度である。そんな出来の良い将棋が、疑いをもたれた短期間に、4局もでてきている。

第三者委員会の報告は、三浦九段の「疑惑の4局」程度の一致率の将棋は、35局中9局あったと指摘している。つまり三浦九段にとっても、上位4分の1に入るような出来の良い将棋だったことになる。そのような出来の良い将棋が、疑いをもたれた短期間に、4局も出現していることになる。もちろん、そのような偶然があり得るというのは、第三者委員会の指摘する通りではあるが、常識的にはめったに生じない事態である

この主張から読み取れるのは、「10%以下の確率で起こる事象が、短期間(?)で4回出現した」ということだろうか。

第三者委員会の主張とは割合が異なっているようだが、算出方法が異なるようである。異なる理由はおそらく、上記弁護文の『10.「手の分かれる」局面での「技巧」との一致』あたりに書いてある手法によるためであろう。

ここでは、その手法の是非は問わない。



そうは言っても、この主張はどうにも曖昧である

短期間で、というのは一体どの期間で、その間に何回の対局があったのだろうか。

よくて10%というのは、一体実際は何%だったのだろうか。

ここらへんが解決できないと、正しい検証はできない気もするが、とりあえずここは簡単にするために、「10%の確率事象が4連続した」場合を考えてみる。

10ダイスを4回振ったら、毎回1が出た、ということだ。これは単純に1/10の4乗なので、1/10000の確率である。従って、「常識的にはめったに生じない」とする。



……本当にそうだろうか?

この結論には、重大な欠点がある。「試行回数は4回でない」ということを考慮していない。

正確には、「1/10確率で起こる事象Aをn回試行したら、そのうち4回はAが連続した」ということになる。

ここで、試行回数nはすなわち、三浦九段の対局数である。対局数は将棋連盟のWebページに載っているが、三浦九段場合は962回らしい。

さて、もう一度計算しなおそう。

「962回の試行の間に、1/10確率で起こる事象Aが4連続する確率である

これをざっと概算する方法は、以下のようになる。



n回の試行の中で事象Aが少なくとも一度は4連続する確率をP(n)、n回目の試行事象Aが初めて4連続する確率をQ(n)とする。

このとき、n≧5の場合において、

P(n) = P(n-1) + Q(n)

であり、

Q(n) = (1-P(n-5)) * 9 / 10000

となる。

また、P(4) = 1/10000, Q(4) = 1/10000であり、n<4のときは、P(n) = 0, Q(n) = 0となる。



この漸化式において、n=962の場合計算すると、P(962) ≒ 0.0827314となり、約8.3%であることが分かる。

なお、この計算横着をした。この計算ミスっていると私の主張が通らなくなるので、もしミスを見つけたら指摘をお願いしたい。



このようにして、三浦九段棋士としての経歴の中で、上位10%にあたる好対局が4回連続する確率は約8.3%であることが分かった。

これは確かにやや珍しいと言えるだろう。しかし、起こり得ないことではない。これは言い換えれば、12人に1人の棋士が同じような成績を残しているということであり、また、三浦九段を疑うなら、全棋士の8.3%が同じように疑われることになる、ということである

ちなみに、「良くて10%」という部分をもっと厳しめに見積もると、「あり得ない確率」と言うことができるレベルにすることは可能であるが、その場合はその確率をきっちり示さないといけない。例えば5%で見積もると、約0.57%という結果が現れる。

また、今回は「4回連続」という厳しい条件で計算したが、「短期間で4回」という条件だと、確率的には逆にもっと高くなる。

ちなみに、第三者委員会の言う「35回に9回」という結果を使うと、96%近い確率でこのような成績が出ることになり、珍しくもなんともない。



したがって、一致率を元に疑いの目を向けるということが妥当であるかというと、確率論的には全く妥当ではない、と言わざるをえない。もちろん、上記のように、計算の元となる事象Aの出現率が相当程度に低ければ、疑いを向けるに足るかも知れないが、その場合は「短期間で4回」「良くて10%」などといった、曖昧表現はいけないのである



3.終わりに

弁護文は、「三浦九段不正をした」ということを追及している訳でなく「このような理由から渡辺竜王が疑いを持ったのはおかしくない」という主張である

上記のような計算ができず(これを考えるのはそれなりに難しかった)、また弁護文に書かれているような誤った確率計算からおかしいと思い込んだ、という主張であるならば、確かにあり得ることである

少なくとも悪気はなかったのだ、という結論を出すことは可能であろう。



ただし、その結論を導くには、「渡辺竜王確率論に関して明らかに間違った計算を行った」という前提に立たなければならない。

三浦九段から名指しで批判された観戦記者勝手に弁護を依頼して、その結果、計算間違いを大々的に主張されてしまった渡辺竜王が、私はちょっと可哀想になってきた。

参加の敷居が低いエンジニア勉強会の話

主催者が勤務先の採用目的で開催してる場合がある。

そこそこの規模の会社エンジニア紹介にそこそこ報奨金出してくれるからコンスタントに紹介していけば良い稼ぎになるらしい。

残業の多さ、職場環境の悪さなど悪い側面を一切告げず応募・入社させられた人を複数人観測している。

LTだけとか、特定言語テーマフォーカスしない勉強会、ほぼためにならないし主催者リクルーティングが鬱陶しいか自分はもう行かない。

2017-02-23

大手まとめブログによる森友学園問題火消し活動スタート

保守速報 19:18 - 2017年2月22日

民進党・玉木議員森友学園、2歳児がうんちを漏らしたらパンツでくるんでバッグに入れて食器と一緒に持ち帰らせる。児童虐待だ」←2歳児の場合はプレ入園保護者同伴だとネット民が指摘



はちま寄稿 1:30 - 2017年2月23日

税金泥棒民進党辻元清美玉木雄一郎議員国会を無断欠席し政権批判のため森友学園所有地を視察



保守速報 11:36 - 2017年2月23日

民進玉木「森友学園児童虐待」 大阪府知事児童虐待の窓口には通報来てないよ?玉木さんに連絡取ります。どこの誰が虐待を受けてるのか聞きます



ハムスター速報 12:21 - 2017年2月23日

民進党玉木雄一郎森友学園児童虐待をしている。排泄物のついた下着を持ち帰るのは虐待」←普通のことでした…松井知事虐待があったなら行政通報すべきじゃないの?」



これまで一切記事にしてなかったハム速はちま等が参入!

土地購入疑惑スルーしつつ、細かい民進党議員言動フォーカスする作戦のよう。

それにしても統制取れすぎてて怖い。

2017-02-18

http://anond.hatelabo.jp/20170218002240

30後半の男です。

夫さんの気持ちがわかります。夫さんは基本として西野カナ系の察してちゃんに見えますが、夫さんが二十代ならまだ大丈夫です。男は言語能力女性より低いので、夫さん自身も何に怒っているのか上手く伝えられないのだと思います仕事しながら30,40代になれば言語能力は発達しますので、心配無用です。



さて、まず前提として

[いつもと違う行動をとると、ものすごいストレスを感じる]タイプ人間が世の中にはいます。私です。夫さんもそうじゃないかな)。



なので夫さんの考えは、今日は妻のせいでものすごいストレスが溜まったのに妻はいつも通りの行動をして平然としてストレスを感じていない!納得いかない!です。



なのでライブに行ったとかないがしろだったとか、質問おかしかった、のは怒りの原因の本質ではありません。



帰宅後の行動パターンが一致していないと、ものすごいストレスになるんです。帰ったらアレしてコレしてこうなるから...って考えること自体ストレスなんです。何も考えないのが一番ラクですから



そのいつもと違う行動を取ることになった原因がどうしようもないこと(病気事故、天候、災害)ならまだわかるのですが、今回は妻のライブという娯楽が原因であり、しかも妻は自分のことはまったく何もわかっていないようであること、だったのが怒りの原因です。



ちなみに良さそうな回答は

[いつもと違うことをさせてしまたか負担になってしまったんだね、ごめんね。今度から貴方に合わせて食事の用意をするね]と言えば夫さんもまぁ怒りはしなかったのではないでしょうか。(増田さんは夫さんとは違うタイプなので何が負担なのかも理解不可能だと思いますが....)





同性から見ても恥ずかしいような察してちゃんですが、まぁこういう人は一定数いるので(会社上司にもいる)まったく異常者ではないです。



ちなみに、似たような作業ルーティンを繰り返すことが重要だったりする仕事(研究者とか)であれば、逆に夫さんのようなタイプは重宝されます。夫さんには、他に良いところがあるはずだから良いところにフォーカスしてください。多分夫さんは真面目なタイプなんじゃないかな。

2017-02-16

[]よくある質問

真面目に答えず、出来る限り嘘と虚構を織り交ぜて答えていきたい。

Q.童貞を殺す服を殺すにはどうすればいいですか。

いい質問だ。

童貞を殺す服とは、童貞から殺されるわけではない。

殺されるから童貞なのだ

童貞と非童貞の間に大した差はないからな。

なれば真の敵は童貞を殺す服ではなく、童貞という概念のものだ。

まり童貞を殺したまえ。



Q.リア充を殺す服はありますか。

無理をすればあるだろうが、基本的にはないな。

正確に言えば、それでリア充は殺されない。

リア充自意識客観性バランスが異なるからだ。

童貞自称するのと、リア充自称するのとは訳が違う。



Q.自意識客観性バランス

おっと、そこに大した理屈はないんだ。

エヴァみたいなものだと思えばいい。

起こる事態の壮大さに対して、フォーカスされるのは個の問題といった作品群があるだろ?

そういった自意識社会問題が絡まっていた時代なのさ。

童貞だとかリア充もその名残だな。

2017-01-25

西野亮廣という怪物のたおしか

吉本興業所属するお笑い芸人キングコング西野亮廣氏の界隈が燃えている。

彼がプロデュースした絵本えんとつ町のプペル」についてである最近西野氏は声優明坂聡美を名指しで吊し上げたり、

公開番組に呼び出して晒し者にしようとする活動に熱心だ。

声優ファン諸氏はさぞ忸怩たる思いを抱えていることだろう。

この状況を指して漫画家ヒラコーは、

“みんなが憎悪の心を消して一斉に西の人関係ツイートを消し

今後一切どんな炎上挑発をしても相手にしなければ

勝手に枯死するタイプ妖怪なのだ

みんなの心が一つにならないと倒せないのだ

すっげえつええなこ妖怪

平野耕太 (@hiranokohta) 2017年1月21日

表現した。

しか批判的にであっても西野氏を話題にすることで、「えんとつ町のプペル」にはパブリシティ効果が生まれしまい、

それは西野氏を経済的に利することになる。吉本興業という大企業に守られた彼の立場もまた安泰だ。

だがそれは、あくまでも客観的に見た状況にすぎない。

西野氏が経済的利益目的にしているのなら、彼に対する対処は確かに大変に難しい。

しかし、彼が本当に求めているのは金銭ではない。

金銭メリットで見た場合西野氏にとって、ましてや吉本興業にとって、絵本の売上やクラウドファンディングから

上がる利益はそれほど莫大とは言えない。

彼がお笑い芸人タレントとして積み上げていくであろう利益と、繰り返される騒動の中で生まれた彼に対する面倒くさ

そうなイメージ、負の印象がもたらす長期的不利益を天秤にかければ、収支としてはマイナスも大きい。

最近コンプライアンス芸人教育に神経をとがらせている吉本からしてみれば、ほどほどにしておけよ、いい加減にしろよ、

という案件しか無い。

それでもなお西野氏がこの道を邁進するのは、彼が欲するのが金銭ではないからだ。

西野亮廣という妖怪一言で分類するなら、肥大化した虚栄心の化物である

彼が焦がれるほどに欲しているのは、知的ウィットに富んだ、唯一無二の優れた芸術家という他者から評価と喝采なのだ

西野氏の対応は常に後手後手で、その時々に批判された内容に愚直なまでに対応している。

無料公開で広告収益をあげていると言われれば寄付を発表するし、外注イラストレーターたちの処遇批判されれば特別

ボーナスを出すと吹聴する。

西野氏が本当にビジネスとして割り切って炎上を狙っているのであれば、ここまで右往左往する必要などないのだ。

それほどに彼は、小銭稼ぎに長けた絵本商売人、と見られることを恐れている。

西野氏が明坂聡美槍玉に挙げたのは、マウントを取る相手として手頃だった…ということもあるだろうが、一番大きい理由

彼女が「無料公開の是非」にフォーカスしてくれたことだ。

その点に論点が向かう限り、革新的ビジネスに挑戦するアーティストと、旧態依然とした者たちの無理解の戦いという図式

自身を落とし込めるのである

では彼が向かってほしくない方向がどちらかは明らかで、

クラウドファンディングという他人の金で、

外注で安く叩いた他人技術で、

作り上げた成果を持って世のクリエイター、購買者を「金の奴隷」と嘲った西野亮廣尊大さ、あさましさの是非を問われる

ことを彼は一番恐れているのである

彼の手元に何千万か残ったところで、絵本商売人がアーティスト搾取してうまいこと稼ぎましたね、という評価では西野

肥大しきった自意識は満たされない。

「なんだ、偉そうなこと言って自分で描いてないんじゃん」

「金の奴隷はお前じゃん。いや奴隷使いかw」

といった個々の評価は、ダメージを与えている手応えはないかもしれないが、エゴサに余念のない西野氏にはちゃんと届いている。

西野氏の自意識が、勝手に彼を弱らせてくれる。

彼がエゴサーチ自身への賞賛リツイートしまくっている様子を見てご覧なさい。

余裕がある人間あん必死なこと、しませんよ。

2017-01-23

http://anond.hatelabo.jp/20170123113224

her/世界でひとつの彼女

エクス・マキナ



どっちもAI人間を超えるときにさぁどうするのってのが命題なんだと思う

その点では「チャッピー」も同じグループに属してるはず



「超えるまで〜超えた瞬間」のネガポジフォーカスされており

「超えたあとの世界」は描かれてないから物足りないのかもしれない




大穴で「銀河ヒッチハイク・ガイド

42だよ42!

2017-01-19

http://anond.hatelabo.jp/20170119205235

自分判断基準信じろ

前提として、互助会ブログはつまら

なぜなら相互しないと人が集まらいからだ

そして多くの人に向けて書かれたブログはつまら

なぜならターゲットが多ければ多いほどフォーカスしきれなくなるから

自分判断基準が磐石なら、選定を経てそういう小細工ブログ絶対に弾くようになる

2017-01-17

電子書籍を取り巻く日本事情

業界の程よく中心から距離のある関係者視点で、電子書籍を取り巻く日本事情について書いてみます

ここ数日話題になってる「全部電子書籍でだせっていってんだろ」「くそ業界滅びろよ」っていう読者の声と、それに対する業界いいわけじみたコメントに対するメモですね。

スタンスとしては、業界側の視点ではあるんですが、業界擁護するつもりはありません。すべての業界や消費物と同じように、必要とされなければ声を荒げなくても滅びると思っているので(そして出版業界斜陽であるのはもう周知の事実ですので)、ことさら擁護必要もなければ罵声を浴びせる必要もない、というのが個人的気持ちです。

読者側にも業界側にも各論はそれぞれあるとおもうのですが、今回述べたいのは、総論として「日本出版業界は、日本書籍市場に過剰適応してしまった」という点です。

この場合日本書籍市場」っていうのは、取次ぎのシステムであるとか、再販規制であるとか、書籍の値段分布であるとか、日本人読書傾向であるとか、まあ、そういうもろもろです。

さらに誤解を恐れずにいうのならば、「日本書籍読者の皆さんと、日本出版業界は、共依存の状況にあります」というのも加えたい視点です。

日本書籍読者の皆さん」というとなんだかすごい人数いるような感じがしますけれど、統計から見ても、「年間一冊以上、字ばかりの書籍を買う人」なんてものは、日本人口の20%もいません。もっと頻繁に本を買う人、書籍を買うというのが日常行動になってる人の数の統計は見たことがありませんが、体感で言えばその20%の数分の1ではないでしょうか? 「書籍のヘビーな読者」というのは、もはや不特定多数ではなく、特定多数なのです。

そういう非常に熱心な読者の方の存在を前提に、どっぷり浸かって過剰適応したのが日本出版業界です。

世界的に見て、日本出版業界は、出版物の値段、出版物バラエティ出版物の点数、印刷クオリティ、全国配送網、書籍へのアクセサビリティなどの点で、類を見ないほど高いレベルにあります個人的には、変態的で気味が悪いほどレベルが高いと思っています。こういった点は、日本読書文化とさきほどの「熱心な読者の皆さん」に支えられて、長年かけて進化してきた成果でしょう。

そしてその進化は、過剰適応の段階にあるのです。

出版という視点から離れてただのビジネス的な話として判断してほしいのですが、つまりそれは高度成長期を何度も経験して人口も増えて、中間層が発達して、娯楽に可処分所得を投入可能になった国が、「親にしかられない文化王様」として書籍を愛して、業界側もせっせと面白楽しい本を矢継ぎ早に出した結果です。そういう設備投資、そういう人材発掘、そういうスキーム作りをしたのです。再販規制も、広い意味で言えば「そういうスキーム」の一種しかありません。

現在出版不況は(個人的にはそんなに不況だと思っていないのですが)、このシステムのものがが、時代の流れに置いてけぼりになってしまったというだけのことです。少子化であるとか住宅事情の変化であるとか、読書文化の変遷(ここに電子書籍は含まれます)についていけなくなっているのが、現在業界を取り巻く現状です。

では、そういう仕組みを変えればいいじゃないか! と皆さん思うでしょう。

もっともです。時代に合わない企業は淘汰されるのが自然の仕組みです。

しかしながら前述したとおり、出版業界適応を超えて、過剰適応の段階にあります出版業界が今の時代に合わせる難易度は非常に高いです(それはみなさんも、出版業界の動きからうすうす察していますよね?)。イノベーションを起こす人的な余裕も経済的な余裕もほぼありません。大手がのろのろ動いていますが、この速度は何も出し渋っているとか、一部の読者の皆さんが言っているような嫌がらせなどという陰謀論ではありません。過剰適応して余裕がないだけです。

個人的見解でいえば、大手出版社が華麗にイノベーションを起こしてパラダイムシフトを達成するよりも、非出版業界会社が新しいスキームで参入するとか(Amazonはこれにあたります新規出版社になるというほうが、実現速度はずっと早いと思っています

まあ、とにかくイノベーションですから、壊して作るしかないのです。が、過剰適応しているので壊しづらい。それだけです。

この辺の話は、ビジネス書を読めばいくらでも出てくると思いますが、今回指摘しておきたいのはその先の「過剰適応」と「共依存」についてです。

電子書籍への移行を求める読者の皆さんはおそらく書籍愛好家ですし、今まで出版業界を支えてくれた皆さんだと思います

これを書くと炎上してしまう気もするのですが、出版物の値段、出版物バラエティ出版物の点数、印刷クオリティ、全国配送網などの利益を得てきたのも、皆さんなのです。あえて言いますが、読書家の皆さんはそれを「既得権益」だと思ってはいませんか? 共依存と指摘したのはこの点で、読者の皆さんはそういう環境を当たり前だとは思っているように感じるのです。自分日本人子供のころから日本の豊かな出版文化に首までどっぷり浸かっていましたので、それが当たり前の光景だという感覚はよくわかります。が、世界のすべてがこのように豊かなわけではないということを、ビジネスを通して学びました。

こういう書き方をすると、「出版業界脅迫」というコメントがつく気もするのですが、考えてもください。「脅迫だと感じる」ことこそ「あって当然の権利だと私は思っている」という告白なのです。

重ねて言います脅迫でもないし出版業界擁護でもありません。不要判断されれば業界が消えるだけだと思っています

イノベーションを起こして業界を変革するというのはよいことで、最終的にはユーザー利益になるような調整が行われるのが市場原理ですし、最終的にはそうなると思いますが、当然「破壊」するからには失われるものもあります。たとえば電子書籍なので物理書籍より安くなるのが当然だと皆さんは考えていると思いますが、それが未来にわたって保障されるとは限りません(そもそも安くならなければいけない理由もありません)。出版点数についても、このようなバラエティ保障されるとは限りません。

過剰適応というのは、安定した市場に向けてサービスフォーカスしすぎて余裕がなくなった状態ともいえますうつりゆく市場になったからには、投資においてリスクヘッジをしなければならなくなるでしょう。

読書人口というのは限られていると指摘したとおり、それはたとえて言えば、地方自治体のようなものです。電子書籍サービスをすぐしろ! いや無理だ! というのとは関係なく、斜陽業界なのですから物理書籍も含めて、もはや「今までと同じようなサービスは望めなくなるのが当然」なのです。

もちろん、業界側(出版印刷書店も)利益を上げるためにやっているので、今までより低コストによいサービスを目指してやっていますスタッフを少なくしても同じ仕事ができるように効率かも進めますしかし、それでも吸収できないときがくれば、当然ですけれど、価格への転嫁ライン出版点数)の絞込み、地方配本の削除などが行われるでしょう。これは、どんな業種でも同じことであって、出版業界は聖域ではないのです。

一連の応酬を読むと、どうももやもやするのがこの部分で、新刊が出るのもそれが配本されるのも面白い本がでるのも、全部ただの商行為であって、信仰とか正義とか哲学とか、そういうのとは何の関係もありません。出版業界人自分たち文化人な変なプライド持ち過ぎだと思いますし、読者側は出版自分読書ライフ絶対視し過ぎではないでしょうか? ただひたすらに、その取引の瞬間、やり取りが成立しただけで、永遠も持続もその取引には含まれていません。「続刊を必ず購入してもらえる保障」も「続刊が出る保障」もその取引に含まれていないのです。

ビジネス的な観点で言うのならば、大規模な投資をしてイノベーションを起こすのであれば、「熱心ではあるけれど人口の少ない旧来の読者」などは相手にせずに、「今まであんまり書籍を買わなかったけれど、イノベーションによって買うようになった新しい読者」をターゲットにすべきでしょう。

「早いところ業界をぶっ壊せ、イノベーション起こせ!」というのは非常にわかるのですが、業界の歩みが遅いのは「熱心な読者」に執着しているからなのです(なにせ過去から現在に渡るメインのお客様ですからね)。これが、業界から熱心な読者に対する「依存」です。

ぶっ壊せと叫んだ結果、「自分の好きな出版物出版文化がなくなる」というのは、当然のリスクとして織り込むべきだと思います

2016-12-27

ビジネス系の映画を教えてほしい

ブラピが主演した映画マネーボール】みたいな、マネジメントとかマーケティング的な話にフォーカスした映画を教えてほしい。

2016-12-24

http://anond.hatelabo.jp/20161224215725

主観すぎるな

 

団塊ジュニア時代は明らかに全人口に占める子供の割り合いが多かったか

世代団塊団塊ジュニアというターゲットフォーカスして商品が作られたのは容易に想像できる

しか団塊世代より経済的に成長した日本で)

 

団塊ジュニアの成長に合わせて遊びや流行が作られたから、他世代より幸せと言っても過言ではない

 

まあ視点を変えれば1980年代まれゲーム直撃世代なので幸福かもしれないけど

2016-12-20

女の容姿評価ホモソーシャル的な金玉主義から気にしなきゃいい

男だらけの営業部に勤務している者です。

入社をして間もなくから上司や先輩のオッサンどもから「青瓢箪」と影であだ名を付けられるようなキャラです。

同じ部署女性がいないということもあり、休憩時間の会話は大抵知り合いの女性の美醜やどこの風俗がよかったとかいう内容です。

その話についていけずぼっち主義を貫いていたせいで変なあだ名をつけられたのかもしれません。

そんな私の目から見て、オッサン精神的にオッサン化が重度に進むウェイ系マッチョたちの交わす女性の美醜に関する話題は、

つきつめればホモソーシャルの中で行われる儀礼的なものじゃないかと思います

女性の方にはわかりづらいかもしれませんが、世の中には常に自分勃起力を自慢していないと生きていけない種族がいるんです。

しかも、本当に勃起力を自慢したいなら「どんな女でも抱けるぜ」くらいに言えばいいものを、変な美食家を気取って

「俺はいものしか食わない」とばかりに女性を見れば悪いところを探して「だからあいつは抱けない」と言ってみたり反対に仕事ができたり考え方がしっかりしている女性に対してわざと「おっぱいはいいんだよな。おっぱいは」というような性的ポイントのみにフォーカスした人物評価をしたりします。

男性自分のことをブス扱いしているのではないかとビクビクされている女性も多数いるようですが、正直あんバカマッチョ金玉野郎もの評価なんて、女性ではなく自分のためにしていることなので全く気にする必要なんてありません。

女性同士のソーシャルについては私はよく知りませんが、おそらく女子会などで身の回り男性に対してわざと性的な部分だけをクローズアップして評価したり、共通の敵を作るために蔑んだりということをしているのではないかと思います

女性容姿はそれはよいに越したことないでしょうし、努力をして美しくなろうとすることはそれ自体が美しいことと思います

クソみたいな金玉オッサン言動に振り回されても人生損するだけなんで、どうぞもっと気楽に生きてもらいたいです。

中国海軍によるアメリカ機拿捕に続き、今度はロシア大使銃殺

大手メディアはさすがに輸送機で遊んでないで戦争火種になりそうな不穏な動きにフォーカスしてほしい

本当に反戦意思があるなら

2016-12-19

http://anond.hatelabo.jp/20161218215406

あの「引退宣言」を機に、すくなくとも地上波ワイドショーとかは「成宮さんは大変な苦労人」とか「セクシャリティ問題微妙さ、難しさ」とかに焦点を当てつつ「成宮さんもお気の毒なところもある、でも、薬物の問題もはっきりさせてほしかった」みたいな感じに話題を転換してた。

それだけでも充分、目くらましに成功だよ。

世の中、「女性週刊誌スポーツ新聞は嘘ばっかり」とかいってるくせに、テレビはなんとなく信じちゃうオバハンとか、まだまだ大勢いるし、相棒あたりで彼のこと応援してたのは、そういう層が多そう。





なにが苦労人だよ。家出して二丁目でやりたい放題してただけだろ。

 


これが「家出して10代で援助交際してた女」だって週刊誌スポーツ紙はかきたててただろうしな。




成宮が「セクシャリティ問題」を持ち出したことで、「え? 引退を決意するほどの、触れられたくないセクシャリティの部分ってなに?」という疑問にあらためてフォーカスあたった感じもするし。


わざわざ扉の前にたって「ぜ、絶対ここには誰もおらんぞ!」とかいって、逆に扉を開けたくなっちゃパターンに、うまく誘導した感じもある。

2016-12-15

http://anond.hatelabo.jp/20161210033509

本格LGBTアニメでもなければ本格BLアニメでもないしアニメの中で誰1人カミングアウトしてるわけでもないのに、本当に勝手想像と凝り固まった偏見で語られてる

苦悩がないから踏み込んでない???LGBTの人全員が恋愛に苦悩抱えてるとも言い切れないし、ヘテロセクシャルの人全員が恋愛に苦悩がないとも言い切れないのに???

何を持ってLGBT表現踏み込むとするのか、BL表現なのか、ただの個人主観をなんのデータ根拠裏付けもなくさも全体の総意のように感情的に語ることに対してまったく同意できない。

勝手自分LGBTにくくりつけて考えてるだけで、このアニメフォーカスしたいのはそこではないし、わざわざ現実問題アニメという架空物語フォーカスしたいところ以外の表現に落とし込む必要はない。

http://anond.hatelabo.jp/20161214172928

障害者からこんなもんしか出来ないでしょ」って眼差しの中で生きていくのと

鈍くさいとか変わってるとか影で言われながら健常者として生きていくのと

どっちが幸せなんだろうって最近思う。



発達障害の診断下されて楽になったとかいう人を時々見かけるけど

もし養護学級に通って障害者として社会参画して生きていく人生だったとして

障害者で良かった。私は健常者のようには絶対振る舞えない。」と感じられたかというと僕はそうは思えないな。

なまじ認知能力は健常者と変わらないし

トータルバランスが悪いだけで一要素だけにフォーカスを当てたら

健常者より優れている面もあることもあるから

「私だってやろうと思えばこれくらいできるのに」という風に考えるんじゃないのかな。

現に世の中に名を残した偉人障害を感じさせるエピソードとかあったりするわけじゃん。

障害者という枠に収めた方が面倒がないっていう健常者側の感覚はわからなくもないけど

「そのほうが楽になる(なった)」という障害者側の言動理解できない。

差別区別と言い換えられただけじゃないの?」と感じる。



http://anond.hatelabo.jp/20161215124238

なるほど、幼児教育で将来に与える影響が変わってくるのか

でも成人はそれで障害者雇用枠に応募できたり作業所対象になったりするんだっけか

そうならちょっと変だね

2016-12-11

[]FSSの残りの四人の予想

ども、FSS大好きっ子です。

今月号読みました?

2017年1月号、読みました?

読んでないなら帰ってください!



いやあ、腰抜かしましたよね。

マドラプロミネンス本人であることは、GTM改変前からデザインズで公開されてたけど、

まさか、他にもそういう奴らがいて、しかも、ハリコンがジュノーンって……

まじかよ!!!

すげえなあ、まじで驚いた。

しかも、バーナー・レンダウドこと、オージェさんって、ミラージュレフトのバーナー・ダウドさんだよね、多分。

ってことは、超帝国剣聖のマドラに加えて、こいつもミラージュにいるのかよ。

……素朴な疑問だけど、3159年ってこんなアホみたいなメンバーで何と戦うねんな。



でまあ、今月で

クルマルスが、ドラグーン

オージェが、レンダウド

プロミネンスが、マドラ

と三人が判明してるから、残り四人。

アトール、バング、ネプチューンジュノーンか……

全員が既存キャラだとして


ジュノーン:コーラスVI(これなら、フォーカスライトこと、アウクソーこと、デルタベルンを娶れる理由も明確になるしね)

アトールジャコー(Aナンバーのくせに剣聖じゃないの不自然だったし、アトールなのに深い意味はないけど、マグダル救出に関わりそうだから、その辺でなんとか)

バング:ミューズ(ヒッター=カイエンに気づいて覚醒したら、BL脳爆発するわ。……いやまあ、でも冷静に考えるとイルゾンサヤステな気がするな、魔導大戦で破裂の人形使うらしいし)

ネプチューンブラフォード(だ、だって、筆頭騎士だよ!? この三期ミラージュの筆頭騎士なんだよ!? マキシ、ツバンツヒ、マドラログナーとかがいる中で筆頭騎士なんだよ!? これぐらい盛ってもらわんと困るわ。あとカイエンと並んで賞賛したウピゾナさんが報われる)



みんなの予想まってるよー!

まあ、普通にキャラだと思うけどねー!

2016-12-02

日本死ねって部分だけフォーカスされて保育園問題解決しないまま年を超えるあたり

日本問題解決能力の無さが浮き彫りになった一年でございました

2016-11-30

開発コミュニティ人柱行為辟易する話

ここ数日のJXUG (Japan Xamarin User Group) の話を見ていてなんだかなーと思っていたが、ついに主宰コメントポリシーを出した。

これでこの話「だけ」は終息に向かって行けばいいと思う。

今回の件は、担ぎ上げられた方の性別過去言動も相まって盛り上がってしまったが、男性だったら同じことが起こっていたか、という問いかけには「起こりうる」と答えたい。

つの例を出す。

「『テスト書いてない』なんてそれ○○の前で言えるの?」「テスト書いたか大丈夫です!」

これは、別コミュニティ男性の話を基に持て囃された言葉で、IT業界コードを書いている人なら似たような内容を見聞きした方も多いだろう。

当の本人は、テストだけにフォーカスされてしまっている事を良いと思っておらず、一つの手段である事を伝えるために苦労しているようだ。

男女問わずコミュニティの中で誰かを担ぎ上げて人柱にする事は起こる。

コミュニティ内の交流会や発表の場で、ちょっとした有名な方の記念日を祝う事もあるだろう。外部の人がそれを見ても問題のない表現は幾らでもできる。

しかし、コミュニティ内の発言Twitter等で確認すると「内輪向けすぎて、ないわ」と感じる。イベントログでも同様である

件のピラミッドが描かれたスライドは、新規参加者を疎外するには十分なもので、現場に居た参加者が「これはマズい」と思わなかったのであるなら、非常に危険状態ではないか

考えてみてほしい。何の知識もなく興味だけがある未来開発者が、その画像を見た時の事を。コミュニティに参加するためには、まず自分一般ピープルの扱いを受け、ピラミッドの上部と「人脈」として繋がらなくてはならない。それはXamarinを利用するためのコストでは無い筈だ。

自分MSプロダクトは気に入っている。また、Visual Studio普段から利用している。Windows開発者かと問われれば、Windows開発者でもある、と答えるだろう。そして、XamarinVisual Studio for Macも良い方向へ進化していく事に期待している。

だが、少なくとも、現状のコミュニティには参加しようとも思わないし、必要技術情報交流国外の物を利用し、参加するだろう。

あくまで、このコミュニティに限った話であるため、他のコミュニティで邂逅しても特に何も思わない。

一つ、コミュニティポリシーの経緯について。今回の件に影響を受けすぎているように感じるため、中性的表現修正した方が良いものになるのではないか提案したい。

JXUG 名古屋ハンズオンでの事実について - Xamarin 日本語情報

それでは、より良い開発を。

2016-11-28

この前に姪っ子が録画したミュージックステーションをぼーっと見ていたのだが

オリコンベースにしたランキングのコーナーが短縮されていたことが気になった

そのコーナーではシングルランキングしか紹介しないし

6位以下はテロップ表示だけで

TOP5だけを映像ナレーション込みで紹介していた

しかランキングコーナーが短縮された代わりなのか

トピックスコーナーでその週のビルボードチャートが紹介されていた

いよいよCD売上だけではヒットソングが測れないことが世間に浸透し

オリコン権威失墜が表面化してきたのだなと時代の流れを感じた



月並みだが、ディーンフジオカがユーリ!!!onICEのOP担当したというVTR

何気なく流されていたのも軽く衝撃的だった

時代の寵児とも言える人気俳優

特に意味もなく深夜アニメタイアップソングを歌うことも昔はあり得なかったが

Mステがこれにフォーカスを当てインタビューまで行ったなんて

僕がティーンエイジャーの頃はアニメ存在のもの無視されて然るものだったのに

2016-11-20

薬研藤四郎クラスタの方へ

刀剣乱舞花丸、見ています

「薬研の出番が過剰に・不要なほど多い」

「これは公式製作陣の贔屓だ」

「他の粟田口短刀踏み台にしている」

という声をたくさん聴きました。

薬研クラスタまでもが肩身を狭くして、

「薬研の出番は確かに多い、そんな贔屓は望んでいない」

と表明しているのを見ました。

事前に言っておきます。私は薬研クラスタじゃありません。

花丸で粟田口ストーリーを見るまでは、トレーディング系のグッズで

粟田口が来るとゲッ…と思っていたタイプです。

申し訳ないです。

その上で、「本当に薬研は贔屓されているのか?」と疑問を持ちました。

個人的見解になります検証してみました。

1 EDと内容

織田組の回

薬研がいて当たり前だと思います。ここに疑問を持つ方はいないでしょう。

織田の中でも過剰に贔屓された描写もありません。

どちらかといえば長谷部がメインだったように感じます

粟田口の回(一度目)

歌ったのはその時点で登場していた「粟田口短刀全員」です。

ここでは薬研もいるのが正常であって、省く方が異常だと感じます

ストーリーでもきちんと絡みつつ…かといって特に過剰にフォーカス

当たることもありませんでした。贔屓の要素は感じません。

粟田口の回(二度目)

歌ったのは「粟田口全員」です。

ここで薬研が省かれるならやはり異常です。いじめ冷遇です。

そしてストーリーで薬研にメインスポットが当たったのもやはり今回が最初です。



2 他のキャラ役割を奪っている・粟田口兄弟の中での立ち位置チート

短刀の中で最年長設定があるわけでもないのにリードをとりすぎている。

・他の短刀が没個性になって薬研の有能っぷりだけが際立った

これについて、私はやはり反対です。

あのストーリーが書いていたのは薬研の強さや粟田口の中での特別立ち位置ですか?

どちらかというと単なる「弱さ」ではなかったですか?

素直に一期一振に来て欲しい、寂しいと言える秋田や五虎退は素直で強く、立派でした。

薬研だけが寂しい、会いたいと言うのさえ恥ずかしがって嫌がって一人溜め込んでいました。

自分のように揺らいで薬研に支えを求めている兄弟などいないのに、支えなければと一人で思い込んでいました。

骨喰や鯰尾、鳴狐がいるのだから頼ればいいのにそれすら思い至らなかったのも同様です。

薬研こそ一番幼く未熟に描写されているように見えました。

厚や乱だって別に薬研に依存しているような描写もありませんでした。

脇差の二人や鳴狐は言うまでもなく、没個性短刀がいたでしょうか?

また一人素直になりきれない薬研を朗らかにブランコへ誘ってくれる子もいました。

最後の踊りの演出最中、そっと無言で涙を見せていた子もいました。

個人的にこの回の中で一番好きなシーンです。

みんなそれぞれ不安や寂しさを抱えて一期を待っていたのがちゃんと描写されていました。

薬研だけが優遇されているところなんて、私にはわかりません。

複数回EDを歌うのが贔屓ですか?

なら今後粟田口の誰かが他のくくりでまた歌うようなことがあったら、それが薬研以外でも全員贔屓なのですか?

一話に一度あるかないかの出陣で数少ない出陣枠を絶対に持っていく加州清光や大和守安定は贔屓ですか?

もし今後薬研の出番を減らしたからって、それはたぶん薬研以外には務まらないシーンです。

薬研を贔屓と騒ぐ方のお目当ての刀が同じ役割をこなせるのですか?

あなたの好きな刀は薬研や、他の刀で代役が務まるようなキャラなんですか?

「薬研の出番は正当なものじゃない」なんて軽率に言わないであげて欲しいです。

そんな中傷をされた上、更に自分たちの口からも薬研を批判させられるなんて異常に見えました。

薬研は別に他の刀の出番を奪ったりしていないし、粟田口はちゃんと個性を以って描かれています

傷付いて居心地の悪いをしている薬研クラスタの方に届けばいいなと思います

以上感想作文でした。

今晩の花丸は視聴者全員楽しく見れたらいいな。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん