「助け合い」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 助け合いとは

2017-04-17

(↓のアニメとは関係なく)部落問題Wikipediaを見ていて思い出すことがあった。

小学校の頃先生がお隣さんと協力してくださいね、という「命令」を発令して、

その結果差別側と被差別側で十分な助け合いが行われず、結果として先生は「被差別側を断罪する」、というシーンのことだ。

「なぜあなたは "みんなが" 用意してくるものを用意できないの!」「どうして先生の言うことに反発するの!」

先生は全く無自覚で地面に降りてこようとはしない。問題意図的に見ようとしない。

彼・彼女自分のことに精一杯で、子供社会陰湿さに対して表出した部分しか対応したくないのだ。

幼年期は管理された軟禁状態地獄だと思っていた。

2017-03-28

なぜ日本企業生産性が上がらないのか? 「効率化」が「人の頑張り」に落ち着く現実

http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1703/14/news037.html

記事にある宅配生産性の事だけど、宅配業者とビル自体業務分担として繋いでしまうと、そのビルの入居者個人が持つ業者選択の自由がなくなる分、宅配業者の営利配分の自由裁量が増えるので、利用者にとって非経済的となるし、何かその会社で社内的な問題が起きた時に利用者が他の業者を選べなくなったりと、また日本特有の非合理で生きずらい要素が一つ増えることになる。

ビル自分達の責任で荷受け室を作ってそこからは各ビル配達係を手配するか、住人が自分で取りに来るかどちらかの方法管理することで、ビル宅配中の事故対応など人件費的な宅配業者側の大きなリスクを軽減する。これ落としどころにならないかな?業者としても、業務簡素化によって経営効率は上がるわけだし、それによって浮いた今までの人件費効率化で少なくなった集配員に分配すれば、企業も今までの以上の利益を維持できるし、なによりも各集配員の地位が向上するので、各企業人材が集まる効果も自ずと生じる。経営者の力量采配次第では、今までと違った方向性業務を発展させることもできるし、業界業務全体の効率改善へとつながる可能性も秘めている。

日本国民意思は、それらの非合理に対する費用を払うことで、家まで届けてもらうサービス受け手効率性を優先したいという事なのか?

日本社会ではお互いがサービスし合う事(礼儀、絆、信頼、助け合い精神)で個人同士の関係が成り立っている面から鑑みると、それだけのサービス日本における宅配業務には欠かせない要素なのだとすると、単純に業者が見合った費用顧客転嫁すればいいだけ。それが出来ない理由を考えればよい。

ちなみに、そういった日本特有サービス精神起源はどこだろうか?儒教の影響なのか?戦後教育なのか?農耕民族? 誰か意見あったら聞かせてください。

2017-03-27

http://anond.hatelabo.jp/20170327222103

ふと思ったんだけど、教育勅語って大意としては「国民みんな仲良く助け合いましょう。そして天皇陛下危機には喜んでその身を捧げましょう」みたいなもんでしょ。

仮にそういう価値観教育を行うとした場合身体障害者とか発達障害者ってどういう扱いになるのかな?

国民からみんな仲良くしなきゃいけないけど、陛下危機には陛下優先になるから見捨てなきゃいけないでしょ。ってか陛下危機には足手まといになるじゃん。

そういうとき身体障害者発達障害者は「お国のためにならない自分死んでよし!」という覚悟を決めさせる教育すんのかしらん?

はてなーで大流行自己責任論て、そう考えると限りなく全体主義思想に近いよな。いらないものは消えてよしってとこが。

新しい教科書でそういう自力で這い上がれない社会的弱者をどう説明してるかすんげー気になる。

2017-02-13

mineoau回線)でのテザリング

http://k-tai.watch.impress.co.jp/docs/column/mca/1043821.html

IIJの誠実な姿勢と確かな技術力には頭が下がります

さて、私増田mineoau回線)を使用しているのだが、au端末(XperiaZ3)を使っているためか問題なくテザリングできている。

そもそもmineoを選んだ理由が、au回線を使えるからで、au回線にしたかったのはドコモMVNOだとドコモ白ロムテザリング不可なため。

そう、au回線だったらテザリングに苦労しないからとmineoにした増田としては、auテザリングで差をつけていて不公正と言われてびっくりだ。

ドコモの端末はテザリングの時に専用APN使用する設定されており、なかなかの手間をかけないとMVNO白ロム使用したテザリングができない。

よってテザリングしたければSIMフリー端末を用意することになる。

今回のIIJ検証はおそらくSIMフリー端末での現象だと思うが、SIMフリー端末においてはドコモauテザリングの有利不利が逆転するのは興味深い。

Z3もそろそろ限界なので次はSIMフリー端末の購入を考えているが今のmineoau)のままテザリング可能だろうと思っていたので非常に参考になった。


おまけでmineoについても語る。

mineoユーザーコミュニティマイネ王に力を入れておりオフ会も開いている。フリータンクという余ったパケットをみんなで融通し合う面白システムもある。

同じMVNOユーザーでつるんで何が楽しいのか増田には全く理解できないが、毎月1GBまで引き出せる仕組みのフリータンクは、引き出しの手間を忘れない

ユーザー向けのボーナスパケットだと思い毎月ありがたくもらっていた。おかげで3GBコースを利用しているが今月の残容量は繰越含め7GBである

そのフリータンク、みんなが便利に引き出すために1月末に枯渇しそうになった。そこはコミュニティの強いマイネ王のこと、みんなの協力で

パケットタンクに投入されて枯渇の危機は免れた。そして運営から利用ルールの変更が宣言された。

フリータンクへの投入パケット>引出パケットなら引出可能。そうでない場合ユーザーパケット残容量が1GB未満のピンチの時だけ引出しOK。

なぜならフリータンクユーザー同士の助け合いの場なのだから

あー、mineoってガチコミュ強のためのサービスをやろうとしてんだね。

引き出す時の「ありがとうございます」みたいなコメント十文字以上書かされるのも、これが噂のワレズサイトのお礼3行かよだりーな、と思っていて、

コミュ障が会話の時何考えてるかあるあるイラスト共感するような増田にはちょっとついていけないよ。

潮時が来たら端末購入とともにIIJドコモ回線)へ移ろうっと。

2017-02-12

けものフレンズってすっごーい!!!

けものフレンズが、思いやり/助け合い/許容/共存その他諸々の道徳的メッセージ性に溢れている事は、もうわざわざ言わんでもいいだろう。私も初見時、Eテレ幼児向けアニメを思い出した。確かに、現代大人に欠けている「思いやり精神」を思い出させよう的な作品だ。内容が幼児向けアニメ酷似しているのだからIQが下がる」という反応もわかる。しかし、ただ「脳が溶ける」という方向で捌くには惜しい程、挑戦的で強固で強烈なアニメだと私は思う。

けものフレンズは、幼児向け情操教育アニメとは決定的に違う点がある。(萌え美少女描写についてはここでは扱わない)

はてなを読むタイプの諸氏になら、つくってあそぼゴロリを例にするのが適切だろうか。わくわくさん提案に対して、否定/疑問→評価(改心)の流れがテンプレだ。幼児向け番組では、「否定/疑問」のフェーズがほぼ必ず存在する。頭や言葉を意地悪く操り始める年頃の、5歳以下の幼児向けである為だろう。言葉の覚束ない乳幼児大人気なアンパンマンにさえ、バイキンマンがいる。そして、「”意地悪な”否定や疑問」には、必ず「”罰”や”改心”」といった結末が用意されている。正しく情操教育だ。

既に言われまくっている様に、けものフレンズには「意地悪な否定や疑問」と「罰や改心」のフェーズ存在しない。だから、優しく平和物語と言われる。だが私は、その「意地悪な否定や疑問」は、省略されているだけで存在すると考えている。

そのフェーズは、視聴者の側にある。

けものフレンズが無理な人々がいるのもよくわかる。けものフレンズ世界には、セルリアンという危険生物がいるとはいえ、争いや困窮は存在しない。幼児向けアニメと同じく、鬱陶しい程の理想の塊と上っ面の美しさに満ちた世界だ。「こんなに上手くいく訳がない」という言葉にまとめられるようなツッコミをせずにはいられない。そういった「バカかよ」「そんな都合よくいくか」的否定/疑問をわざわざ描写せずとも、観ているのは現実をよく知った大人たちなのだ現実社会には「意地悪な否定や疑問」は当たり前に存在する。人前で叱責するのが大好きな上司、けなす事で自分の優位性を保ちたがる人、重箱の隅をつつく様なクソコメクソリプ。具体例をあげればキリがない。大人になっても「意地悪な否定や疑問」に晒されたことのない人はいないだろう。だからこそ、けものフレンズはその段階を飛ばす。いちいち描写しなくても、視聴者自分で補完できる。「意地悪な否定や疑問」のフェーズがなければ「罰や改心」という回収も必要ない。だから最初から全て受容しちゃっていい。

個性尊重しよう。互いに違いを認め合い、助け合おう」

美しく理想的だが、現実にするにはあまりにも難しい。自分人生を振り返るだけで分かる。大体の人は、そんな現実離れした理想は建前で子供だましだと割り切り、諦める。けものフレンズは、そんな疲れた大人たちへ向けられた優しくも暴力的物語だ。

余計な描写を省き、極端にシンプル言葉で、「互いを認め合うこと」「共に助け合うこと」を強烈に表現している。ただシンプルに、愚直に、ド直球ストレート視聴者の心へぶち込んでくる。余りにも単純で暴力的なまでの行為に、視聴者は同じく単純に「すごーい!」としか反応できない。偶然にも、太平洋の向こう側で人々が分裂し憎み合っているこのいま。幼児向けアニメ手法という仮面を被り、美しき理想で何度もしつこく殴りつけながら、その精神を、敢えて大人である視聴者へ向けて真剣に再提示している。

そう考えると、すごい。本当にすごい。逆にすごい。強い。美少女要素なんか飾りだ。ただただ、単純に強い。レベルを上げて物理で殴っている。おそろしい。幼すぎるほど平易に研ぎ澄まされたその言葉が。自己他者のできる/できないをすぐに受け入れるその合理性が。これで行こうと決めた制作陣の胆力が!

「すごーい!」「君は◯◯が得意/苦手なフレンズなんだね!」の定型文が流行るのもわかる。シンプル真摯一言は、理性的だが長過ぎる文章よりも伝達力が強い!

そりゃ流行る!!シンプルでわかりやすく強い言葉は、流行!!!

そして、理念提示だけじゃなく、何かを達成するまでの過程や、フレンズ達の個性をクッソ冗長的かつ丁寧に描写する所だ!視聴者厳選な一話冒頭の狩りごっこも、橋作り地上絵作り等の困難を乗り越える過程も、フレンズ習性説明も、とにかくやたら尺が長い!だが、そのしつこくしつこく丁寧な描写が、フィクション過ぎる美しさを持つけものフレンズ世界と、私達の現実世界を繋げるリアルさを醸し出す!動物園のおにいさんおねえさんの生声による解説のおまけ付きだぞ!リアルと繋がってしまうだろやめろ!!ああなもう嫌になる!作品の純度が高すぎる!シンプルものは、真摯に作られる程強烈な強さを持つ!!私がどんなに言葉を費やしてけものフレンズを褒めても、「すっごーい!」の力に遠く及ばない!!

けものフレンズはすごい!!!すっごーーい!!!!!やったーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

2017-02-05

ガチャで一部募金されるキャンペーンとかやったら流行ると思う

SNSでよく話してる人が支援者限定レアカードを引こうものならやらざるを得ないでしょう

気持ちよく課金ができるし、そのカードを行きわたらせるために仲間内カンパがあるかもしれない

会社も仲間も困ってる人も助け合い精神でつながる

2017-01-29

子育て問題諸悪の根源は「私の仕事じゃありません」という言い訳

自分たちの子どもを自分たちで育てていこう、という気持ちがなければそもそも集団教育組織である学校運営はうまくいくわけがない。

ただカネだけ出して終わりというなら単なる公営塾で良いわけだ。

みんな忙しいし、みんな余裕ないし、みんなお金ないんだよ。

だけれど、それ言い出したら誰も何もできなくなるから、厳しい状況の中でも何とかお金時間や労力を捻り出すのが子育て本質

困ったときお互い様、みんながみんなで助け合いましょうね、というのが本来スタート地点。

だけれど、賢しらな言い訳を用意してこれは私の仕事じゃありません、

から会議は出ません、お金も出しません、労力も提供しません、

でもPTAメリット享受したいです、というモンスターペアレンツが生まれ

無理が通れば道理が引っ込む形式でそういう勢力が増え始めると、

コスト負担するのは無駄で損だという意識が芽生え始める。

良かれと思って無償ボランティア気持ちでやる行為搾取されている感覚にとらわれてくる。

「なんで私がこんなことをやらなくちゃいけないんだ」という意識蔓延してくる。

持ち出すばっかりで、何も得られないじゃないか、と。

そうだ。

フリーライドする人間が増えれば増えるほど、

善意というのは苛烈搾取構造の中に組み込まれていく。

「私の仕事じゃありません」と抜け出て行く人間が増えれば増えるほど、

「やるだけ損だ」という負のインセンティブが爆増する。

チキンレースみたいになってくる。

でも、たしかPTAとか子育て界隈には理不尽なことが山ほどある。

から唯々諾々と受け入れてたら親が破滅する。

でもでも、子育てというのは、身を犠牲にしてでも子ども幸せのために何をかしたいという愛情結晶でもある。

そういう情緒を抜きにしたら、子どもを生むのは全くの損得勘定しかできなくなってしまう。

最近はそういう傾向もどんどん増えてきてはいる。

また、自己犠牲というのはあまりにも容易に搾取対象になりやすいがために、

子どものために身を犠牲にする、という考えそれ自体に大変な拒絶反応が起きるだろうことも想像に難くない。

でもでも、でも、だ。

もうコレ以上は無理だよ、というその無理のほんの薄皮一枚向こうの限界突破することが、

親としての、人間としての成長があるんじゃないかという気が私はするんだよね。

まあこれもブラック企業社長あたりが散々自分たち利益のために弄び続けたたぐいの物言いなので、

しろバッシングされるのがデフォルトの考え方であるだろうことも想像に難くない。

まあかといって今のままだったら、

「私の仕事じゃありません」

「私は知りません」

という人がどんどん増えて、

善意で引き受ける人が苛烈で過重な労力で押し潰されてどんどん少なくなって、

解決されない問題がどんどん増えて、

子育てで完全に詰みましたって人がどんどん増えていくしかないと思う。

それこそ「私は私だけの仕事して私の生活を守りますんで皆さんもあなただけの仕事を頑張って下さい」という人だけが生き残る、

自己責任弱肉強食世界になっていくだけだと思うんだけど、


みんな果たしてそれでいいの?っていう。

なんでたくさん人付き合いしたくないかわかった

人にお願い事されると無茶なことでも出来る限り助けたくなってしま

もし明らかに自分にできないことでもできないと断った後には、崖から落ちそうになって淵に手をかけた人の手を蹴って落とした後のような、溺れてる人のことを無視してその場から離れたかのような、良心の呵責にさいなまれ

おまけに自分からお願い事をするとき負担をかけてしまうことを心配しすぎて申し訳ない気持ちになりすぎる

人と人とが付き合う上でお互い何らかのお願いごとは発生してくるけど、普通の人はそれを上手くバランスを取って断ったりできてるところが自分はできていない

この助け合いバランス感覚を鍛えるにはどうすればいいのか

2017-01-16

中世近世あたりで日本キリスト教国になってたら今頃どうなの?

平和社会になってると思う

現代日本人助け合い精神がない神道大乗仏教儒教のせいで“個人”としての自尊心を失った

僕が織田信長豊臣秀吉徳川家康になったら絶対神道大乗仏教弾圧し、キリスト教隣人愛精神を広める

そしてアジア代表する枢機卿になり

現代では聖人として扱われる存在となる

毎週日曜に教会に行く習慣ができれば孤独な人は減り、穏やかな共同体意識が芽生え、日本は今頃平和な国になっている

2017-01-09

「よくわかる社会心理学」の読書メモ

下記書籍を最小限読書した。読書時のメモを以下に記す。

小口 孝司 (監修),"史上最強図解 よくわかる社会心理学",ナツメ社,2013.


人は社会的存在であることを前提
パーソナリティ心理学
性格心理学
心のなか 3つのシステム
 自己概念
  自己評価
  自尊感情
 認知
  状況やできごとへの認知
  他者への認知
 感情
  情動
  人ならではの高度な感情 社会的感情
関係
 心の遺伝子
 行動
人には必ず自分について知りたい欲求がある
 自己査定動機
自己概念
 個人的アイデンティティ
 社会的アイデンティティ
自己
 主体的自己
 客観的自己
  物質精神社会的
作動自己概念
 意識に上ってる自己概念
 状況や相手によって常にかわる
自己スキーマ
 現実 ありのまま
 理想 こうありたい
 義務 こうでなくては
 可能 そうなれるかもしれない
気になる異性に好かれたい → 理想自己選択
人は常に他者との比較によって自己評価
 社会的比較自分は良い、価値ある人間だと思いたい 自己奉仕動機
自分に甘口
 自己高揚動機
 自己防衛動機
平均以上効果
上方比較 私もあんなふうになりたい
下方比較 あの人よりはできるはず
自尊感情はほどほどがいい
ローゼンバーグ自尊感情尺度
 俺 27
 10〜50
 40以上 高め
 20以下 低め
潜在連合テスト
日本 謙遜を美徳
欧米 自己アピール 評価される
自尊感情を維持のために無意識心理作戦
セルフハンディキャッピング
栄光認知評価
 倹約
 バイアス協和
都合良しに目を向け、悪しにはつぶる
ヒューリスティック処理
 代表性
 利用可能認知評価のさい、何かに原因を求める
 原因帰属
  内的、外的
初期カテゴリー化
興味があれば深掘り
ステレオタイプ
個人に対するステレオタイプ
 2次元
  能力 優劣
  温かさ 温冷
解釈レベル理論
 時間的 心理的距離によって物事の捉え方 異なる
  長 抽象的 高次解釈 why  大目標達成できるが、理想高すぎで実行できない
  短 具体的 低次解釈 how 実現性高いが、目先しか見えない
恋愛
 高次解釈 崇高 理想現実恋愛しにくくなる
 低次解釈 肉体だけ
使い分け重要
コントロール可能
情動
 喜び 悲しみ 驚き 恐怖 怒り 嫌悪
 生理的変化 伴う
 重要事態に気付くため
社会的感情
 社会生活を営む人間のみ
 社会生活を円滑にするため
 愛 友情 感謝 誇り  → 助け合いを促す
 疑い 嫉妬 正義感 罪悪感 恥 → 集団内の裏切りを防ぐ
感情役割  命の危険から身を守りつつ、社会生活を円滑に送れる
感情 脳内無意識大脳辺縁系 扁桃体 大脳皮質
気分一致効果 良い気分の時は良い記憶を思い出す
感情感染
感情を適度にオープンにすると健康になる
感情コントロール理由
 合理的判断するため
 疲れやストレスを避けるため
 まわりの人によく思われるため
 社会にうまくなじむため
感情 あらわにしすぎも、抑制しすぎもよくない
紙に書いて表出する筆記療法
 感情抑制による健康への害を防ぐ
 1日15分以上 静かな場所で 誰にも見せない
 状況、感情を整理 いやなことへの慣れ できごとの解釈が変わる 抑うつ感がなくなり 免疫力もアップ
心の特徴は遺伝子で受け継がれる
進化心理学
助け合い社会行動
適応的かどうか
適応的でないと淘汰されやすい


以上

2016-11-21

「忙しい」が報われたらいいのに

企業は少なめの人手で沢山の仕事をさせようとするから

どうしても一人あたりのタスクが山積みになる。

管理職にもなれば、調整や部下の面倒をみるなど

予定外のタスクもあるけど…

そのバタバタしている忙しさが

報われる方向であればよいのになぁと思ってしまう。

利益価値を生み出せない仕事忙殺されるのは精神的に辛い。

いつも余裕がなく動いている管理職のことも、

もっと理解してあげて助け合いたいのだが

忙しくてなかなか部下と向き合える時間が取れないようだ。

利益価値を生む方向で会社に貢献できない今の立場が私にとっては辛い。

2016-11-06

ネットにおける平日昼間民主主義危険性について

インターネットやばい

はてなしろ2chしろ、00年前後ははわりとぽわぽわしてて礼儀正しく、害があっても広がりにくかったし、各ポータルサイトゲスさは無かった。

2ch便所の落書きと言われてはいたが、馴れ合いによる相互承認や、情報を求める意識を持った参加者たちで良い空間を作ろうみたいな意識もあったし、クソくだらないジャーゴンオマエモナーなど)を共有して生まれるゆるい一体感もあった。

今はそうではない。

陰湿で、攻撃的で、快楽主義であり、セクト意識裏切り者を許さない)はあるけれど共同体意識助け合い相互承認)はほぼなくなった。

2chで「氏ね」ではなく普通に死ね」と使われ始めて久しい。もうみんな心のブレーキがなくなっている。

2chはてブコメント辛辣になっている。

ネットは「叩くことで上に立ったかのように振る舞う、安上がりな自己欺瞞他者へのアピール」でありふれている。

中には「叩くこと」への快楽に目覚め、それを目的化し、それを正当化するための言い訳としての「誰かの失敗」と「正論」を求める人もいるように見受けられる。

なんでこんなになっちゃったんだろう?

被害者ぶる気はない。僕も加害者の一人だからこそよくわかる。

平日昼間の言論空間ネット平和破壊したのだ。

ネットは真昼に炎上する。

00年代頃はまだ限られていたインターネット利用者だが、格安ブロードバンドで普及を見せ、その後スマホを介して国民ほとんどがネット参加者になった。

社会に出て一生懸命働いている人たちや真面目な学生は平日昼間にネットに入り浸ることは少ない。

平日昼間のネット支配しているのは、無職ニートである。その中で暗い要素を持った集団を抜き出すと「仕事にあぶれて苛立つ求職者」「世の中を諦めた世捨て人無職」「登校拒否の延長の引きこもり」「うつ病神経症統合失調症といったメンヘル」「発達障害などで社会適応できなくなった人たち」「終わらない家事と身近なストレスで心の許容量が狭くなった鬼女」「世の中舐めてる陽キャのニート」「レールからそれて戸惑っているニート」「世の中に喝を入れたいリタイア組」・・・。まあ、とにかくたくさんいるわけである

もちろん、悪意のある抽出であり、心のきれいな方々もたくさんいるのだが、悪貨は良貨を駆逐するものだ。

そういった人々は暗い感情や怒りを、炎上快楽で気晴らしするのである。いわばweb放火魔だ。

火を生み出す力の喜び、何かが燃えていく光景を見つめる陶酔、生贄を取り囲む祭りの高揚感・・・

彼らは毎日ネットに入り浸るうちに中毒になり、炎上目的化する。

また、中には承認の場をネットに求める人も出てくる。

ニコニコ黎明期のようにクリエイティブな方向で承認を求めていれば平和だったのだが、今のニコ生DQNのほうが受けやすい。

はじめしゃちょーヒカキンみたいな発想力とパフォーマンスを持っているわけでもない人たちは、過激な毒のショッキングさで目立つしかない。

これはネット言論空間にも言えることで、有吉や張本みたいに「きっつい毒舌」「鋭いお叱り」を出来る人間承認されやすい。

何かを褒めている人間承認されることはほとんどない。

熱心な語りもいらない。消化しにくいからだ。

まり、ワンフレーズで響き、嘲笑と「俺たち情強だよな」といった満足感を生むネガティブ言論をしたがり、見たがるようになっているのだ。

問題は、そういった平日昼間の言論が「ネットの声」「ネット常識」とされて一般層へ輸出され、ネット文化となり、新たな放火魔教育してしまうことだ。

本来ただの過激派愉快犯にすぎない言論が、いつの間にか「民主主義」になってしまう。

現実でも起きうる/起きているかもしれない事態が、ネットではものすごい勢いで波及している。

誰かが火を消さなければいけないのではないか、誰かが防火壁を作らなければいけないのではないか

ホッブスによれば自由とは混沌であり、万人の万人に対する闘争なのだネットはそちらに向かいつつある。

東浩紀ネットルソー社会を求めたが、あんもの絵空事である

言葉を聞かない悪意の力の前に理想は役に立たない。

悪意は急速に感染し、ネット支配する。

「私達には関係ないこと」と高みの見物を気取る人たちは、いつか自分たちが悪意の生贄にされるかもしれない未来を予期していない。

自分のところまで悪意が登ってくる可能性を考えていないのだろう。しかしすぐとなりをよく見てみると良い。

シェルターの中にいる隣人が、悪意の炎を瞳の奥に隠しているかもしれない。

こんな空間に、子どもたちを晒すことが出来るだろうか? 

大人たちが壊れてしま空間なのに、子供リテラシーかいう頼りない防御策を教えて何とかなると?

ネット治安を維持するための善意言論を発信していくべきだろう。強硬的な手段ではなく、新しいモラルを共有できる仕組みを考える段階に来ている。

それと同時に平日昼間勢の心を癒やす必要がある。彼らの本当の問題ネットではなく現実にある。現実が変わらなければ彼らは変わらないだろう。

ネット現実リンクしており、ネット日本未来実験である。このまま手をこまねいて見ていれば、現実社会も今よりさらに厳しいものになっていくだろう。

2016-10-31

こんな女は死ねばいい

http://anond.hatelabo.jp/20161030100913

こんな女がいるから女がバカにされると思うんだけど。

この親父が毒親かどうかってのはとりあえず関係ないよね。整理して言えば、次のようにしか言えない。

・親は専門学校への進学を望んでいなかったが、結局、認めて学費生活費を出してくれた。

専門学校を出たにもかかわらず、就職がうまくいかなかった、または就職先がブラックですぐにやめた。親からすれば出した学費無駄になったようなもの

・成人しているのに実家に舞い戻って、実家にカネも入れない。働くそぶりもない。家事すらしない。

・「ブラック企業で心が傷ついて」云々を錦の御旗にしているが、医学的な根拠は示さない。労災申請もしていない。行政に働きかけもしていない。

・お父さんに心配してほしかっただけ…とか言うがその前に生活費を入れろよニート

・この人は家族が「支えあう」ものだということを理解していない。この人は優しさや助け合いはすべて自分享受するものだと思っている。一度でも家族を支えたことがあるんだろうか。支えられてばかりなんじゃないだろうか。

・どう見てもただ支えられているだけなのに感謝気持ちが全くない。

ほんとごく当たり前のことを書くけど、世の中に無料のものなんてないんですよ。飯を食って寝て、の環境を支えてあげているのは親だよね。

成人した子にそんなことをしてあげる義理は親にはないから。

それはその父親も厳しすぎるのかも知れない。ならば家を出ればいいだけの話。

彼はスポンサーですよ? 居候のくせにスポンサー批判してどうするんだって話だよ、まったく。

PTSDを働きもしない、家事もしない理由にしているけど、本当にそれが理由でそうなら、それは傷害ですからね。労災認定を受けるべきだし医療的な根拠をきちんと示すべき。

そういう客観的証拠はないんでしょ?

「私は可哀そうなのよ!」

っていうただの主観でしょ。いいんですよ、ただの主観でも。自分を可哀そうがっても、スポンサーがそれで納得してくれるなら別にいいんだけど、そうじゃないんでしょ?

成人した子供客観的理由もないのにニートとして面倒を見ないと「心が狭い」よばわりされるなんて、その父親も気の毒だよね。

貯金があるならせめて生活費くらいは入れろよ。それが「家族として支えあう」ってことでしょ?

本当、徹底的に弁護のしようもないクズ女で、親としては娘をそんな風に育ててしまった責任はあるだろうね。父親は何とか矯正しようとしたんだろうけど、やり方がまずかったのと、たぶん母親が足を引っ張っている。

こういう女が専業主婦になったら「専業主婦は大変! 働いていた方が楽だった!」とかいうんだよ(笑)

2016-10-11

前田仁はマイルドヤンキー親の生贄になった

やっぱりヤンキーマイルドヤンキーの子供は不幸

仲間同士の助け合いとか完全に幻想

気が弱けりゃ殴られそれが嫌ならイキがるしか生き残るすべがない

どんな素質を持っていたとしても勉強ダサいとする価値観環境の中で徐々に腐っていき

つの間にかワケの分からん肉体労働単純作業や半ヨゴレ業に就くしかコースがない

離婚率が高く母子家庭になりやす貧困化して

資格がないか若いしか通用しない労働従事して簡単に首を切られることを繰り返す

せいぜい安いギャンブルや安酒で無理やり楽しがるしかない

そこでの話題も常に内容は貧しい

ヤンキーが増えた地域から勉強できるやつが逃げて余計物質的にも文化的にも貧しくなる

そこにまたヤンキーがヤケクソ気味に子供を作って不幸を再生産し不幸を濃縮させてしまスパイラル

人間として」本当にどうするべきかから逃げて結論を先送りするツケは常に子供に回る

親に成らずに止めてるやつの方がまだ「人間として」立派

前田仁の親は典型的マイルドヤンキー

前田仁は動物しかなかった親の生贄になった

2016-10-07

http://anond.hatelabo.jp/20161007182416

マイルドヤンキー定義を見ていただくとわかるように、マイルドヤンキーヤンキーは全く異なる人物です。一番の違いは、社会に対する「攻撃性」の有無かもしれません。

一般的ヤンキーが、社会に不満を募らせてそれらを攻撃する事に対し、マイルドヤンキー自分たちの手で、自分幸せをつかんでいます。誰かに不満をぶつけたり、社会にせいにすることはありません。

また、詳しくは後述しますがマイルドヤンキーは低収入であることが多いといわれますが、自分達の収入に見合った、身の丈にある幸せをつかんでいます

ではなぜヤンキーという言葉が使われるのかと言うと、ファッションや好みがヤンキー仕様であることや、仲間内の絆の強さ、仲間意識の高さなどが、ヤンキーに通じるものがあるからでしょう。

マイルドヤンキー自分たちの願望を叶えるために、他人を傷つけたり、他人迷惑をかけるようなことはありません。地元をこよなく愛し、万が一地元問題が起こった場合は、地域住民たちと一丸となって助け合い生活しています

見た目や持ち物の趣味ちょっとチャラい面もあるかもしれませんが、ヤンキーマイルドヤンキーは、言葉は似ていても、その中身は全く違っているのです。

2016-09-30

長谷川豊植松某は「社会保障削減」にとって無能な味方である

医療費社会保障費を削減し、国の財政を立て直すことは今後の日本において避けられない課題である日本が再び経済成長に転じる可能性は極めて低いからだ。

多くの日本人経済的に豊かだった一億総中流時代感覚のまま、現代を生きている。老人や障害者の切り捨てにつながる意見には反感を覚えるのが普通だ。こうした助け合い精神は、先進諸国にはみられない日本美徳といえよう。

だが、現在高齢化社会助け合いでどうにかなるレベルを超えている。「弱者切り捨ては是か非か」ではなく、「どの弱者をどの程度切り捨てるか」という議論誘導していくことが望ましい。

その国民合意形成していく過程において、長谷川豊植松某のように急進的な存在は助けになるどころか、むしろ大変な邪魔である。有能な敵より無能な味方のほうが恐ろしいとはこのことだ。

なにが問題か。現代社会において己の不摂生に心当たりのない者はいない。長谷川が取り上げた「透析患者」は、言うなれば身近すぎる存在なのだ理想的モデルケースは「生活保護パチンコ通い」や「貧困を装う浪費家女子高生」のように、誰もが決定的な反感を覚えるものでなければならない。

一方的炎上するのは、読者との信頼関係を築けていない証拠でもある。過激な主張を行き渡らせるための「場」は、一朝一夕にできるものではない。まずは初心に立ち返り、「そんじゃーね」や「mixi落ち」が果たしていた役割を考え直してみるのがよいだろう。

2016-09-19

http://anond.hatelabo.jp/20160919195750

助け合い してくれるなら喜んで助ける人が増えるんだけど、

現実は、助ける人が一方的に助けるだけで、助け損なんだよね。

から助ける人が居なくなった。

なんでみんなで幸せになろうとしないんだろうね

助け合いで成り立っている社会なのに、

自分がやりたいようにやる、多少迷惑をかけても仕方が無い。

って考えなのが理解できない。

もちろん迷惑をかけてしまうこともあるけど、

そこに気遣い申し訳ないという気持ちや行動が伴えばかなり違うのに。

 

なんでこんなに自分勝手なんだろうね。

2016-09-09

会社行きたくない

最近会社コミュニケーションの促進とか助け合い精神が大切とか

言われるようになって、いろいろな企画がうたれるようになった。

なんか休日集まろう(セミナー)とか、偉い人と話そう(飲み会)とか、

コミュニケーションだけを目的としたイベントBBQ等)開催とか。

そういうことをやられる度に、会社での居心地が悪くなる。

そもそも無趣味だし友達も少ないから、仕事以外で話すことがないし。

学生時代も、どのグループにも馴染めないタイプだったし。

でもそんなこと思っているのは自分だけで、みんなちゃんと仲良くなっていく。

みんなが仲良くなるにつれ、

あぁ、自分はこの会社に要らない人間なんだな、と感じる。

社会人になって、仕事えこなしていれば

場所がある、という状態経験して、

本当に自由な気分になれた。

すごい楽しかった。

から、それなりに仕事は頑張ってきたつもりだけど、

うそんな時代は終わってしまった。

少しぐらい頑張ってたって、その程度できる人は幾らでもいるし、

仕事してるからまり人間関係構築に労力をかけたくありません、

なんて、そんな奴は要らない。

そんな風に変わってきたんだろう。

うちの会社だけかもしれないし、世の中の流れがそういう方向なのかもしれない。

後者だったら私にとって息苦しい時代の始まりだ。

2016-09-06

http://anond.hatelabo.jp/20160906162928

そもそも生まれが違うからこそ労働アリと女王アリとキリギリス関係性が産まれるのであって

努力ではどうしようもない壁の中でそれぞれが最良の選択を取った結果、当然違う結末を迎えるという当たり前の童話なんだよなあ

それに気づいたからこそ生まれという運命性に人間社会が対抗していった結果、「アリがキリギリスを救う」という運命改変が起こり、

最終的には「冬で外に出れないアリたちのためにキリギリスが助けてくれた恩返しに演奏をして楽しませた」という人間が生きる希望である「娯楽」さえも話に組み込むことに至った。

やはり、間違いを許し、お互いが助け合うことで命を助け合うだけでなく人生の喜びまで共有し合えるという社会いか健全であるかを説いた「改変後のアリとキリギリス」こそが最も子供に適した美しい童話だと思う。

人間や生き物は決められた運命の中でもどう選択するのかという自由を常に与えられて生きている。

そして自分たち意思で助け合うことができるのは人間だ。

そう、この登場人物たちは虫なのだ

本当の虫には助け合い等できない。

人間に置き換えることで初めてこの童話が完成する。

予測できない偶然の中で歩む道を選ぶ意志は、この宇宙の光だ。

人間運命抗うことができると私は信じている。

2016-09-05

職業レッテル貼りしたくはないけど

最近自分のことしか考えてない言動の人を3人見てきた。みんな学校先生。よくそれで子供たちに助け合いやらモラルやら教えられるよなぁ、と突っ込みたくてしょうがなかった。職業レッテル貼りしたくはないけど、学校先生ってプライベートの振る舞いが自己中な人、多いもんなの??

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん