「睡眠」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 睡眠とは

2015-08-31

http://anond.hatelabo.jp/20150831012053

自作ゲーム作って面白いものを....ってはじめると、ほぼ過去作の劣化コピーなっちゃうよね。

プロゲームメーカだと、作り手側の苦労を考えないでダメだしばっかりする部署があるから、マの人の睡眠時間を削る代わりに完成度が上がって一応オリジナルとして販売できる仕上がりにはなるけど。

アイディア一発だけだとほぼデモというか作例で終わるし。

2015-08-30

認めたくないが、限界だった。

やっと、漢方薬だけど、睡眠が取りやすくなる薬で容態が良くなってきた。

  

ちょっと、この3年近くは、おかしかったな。…。

オナニーしたいぐらいしか感情が残ってない。

もう俺は駄目なのかも知れない。

知識欲も出世欲も食欲も睡眠欲もほとんど消えた。

残っているのはオナニーをすることへの思いだけだ。

風俗は何度か行ってみたがどうにも汚らしくてそんなに気持ちよくならない。

恋愛は選べる相手がブサイクすぎてこれもない。

俺に残ったのは死んだ目で働いて美味くもない飯を食ってシコシコする日々だけだ。

なんだこの人生は。

どこで間違えた。

親か、生まれる親を間違えたのか?

http://anond.hatelabo.jp/20150828000523

んー、どの程度育児に関わってるかで受ける印象が90度変わるね。

お嫁さんがどの程度テンパってるのかも分からないし。(余裕ってことはまずないだろうけど)



フランスだと、出産して半年しても夫とそういう事したいと思えない状態(肉体的・精神的にも)なら

医者とか専門家相談しろってガイドライン存在するらしいよ。なんかの本で読んだ。



あとさ、あえて枯れた夫婦になりたいってんなら止めないけど、

お互い生きてて体が対応出来るなら、死ぬまでエロい事していいと思うよ。

子供が生まれたらエロい事しなくなる国なんて、地球規模で見たら珍しいんじゃない?



もちろん相手にも言い分とかやりたくなくなった理由があるだろうから

ゆっくり本音を引き出すように傾聴したらいいと思う。

まずはじっくり話し合える時間を作るのが一苦労だと思うけど。

1歳半か…夜泣きでお嫁さん、毎日寝不足だったりしない?



まずは「育児死ぬほど辛い事は分ってるから言いにくかったんだけど」みたいな入り方で

「でもエロいしましょう」って話し合えばいいんじゃないの。

お互い話し合いを避けたらおしまいだよ。夫婦でしょ。

話し合って、風俗使えって言われたら使えばいいじゃない。(愛情失せるだろうけど)

話し合わず他所の女の所に行ったら、まあ破たんするよね。家族が。

小さい子供がいるんでしょ。それは可哀そうじゃない?



参考までに、我が家子供一人だけど、産後半年くらいから徐々に妊娠前のペースに戻したよ。(週1~2)

3か月過ぎる頃には股の縫い目も治ったし、子供が夜まとまった睡眠取るようになったから。

あと夫に「エロい事しないと夫婦という気がしない。友達になってしまう」って言われたのも大きい。

男性30代、一番性欲が強い頃だもの。放っておいて申し訳なかったなと思ったよ。



あとこれは個人的意見なんだけどついでに書かせてもらう。

同性としてもイライラするんだけど、日本の女、性欲の晴らし方、夫以外に割り振りすぎ。

エロいモン見て自慰しすぎ。夫以外の男に目行きすぎ。時間趣味に注力しすぎ。子供無駄に張り切りすぎ。面倒臭がりすぎ。

夫が「エロい事したい」つったら「はい喜んでー」ってお付き合いするのもパートナーシップだと思うんですわ。

そりゃあ歓楽街も繁盛する訳ですよ。それなのに水商売浮気とか抜かすし。アホか。



こんな増田しょっちゅう見かける事に女として忸怩たる思いしてますよ。

おい増田見てる既婚女、こんな文章夫に書かせたら恥ずかしいですよ。

誠実なエロい妻であれ。

2015-08-27

え、ちょっと待って。寝る前にシコったらあかん!?

寝る直前に抜いてるんじゃあるまいな?/睡眠の質が悪い可能性もあるな。寝る前にリラックスしてない的な。

ブコメにこんな意見あったんだけど、もしかして、俺の朝のダルさはそのせいなの?

毎日寝る前にやってるし、寝る前にやらないと気が済まない&眠れないんだけど、朝のダル半端ないわ。

もしかして、それが原因?頑張って夕方ぐらいからやれる環境で、夜はやらないようにする必要があるの?

それとも、もうやっちゃうと、それが朝のダルさに繋がるの?

それは困るよ!本当困る!!えええええ!!!!誰か助けてえええええええ!!!


http://anond.hatelabo.jp/20150825195342

それは寝不足かと

みんな寝足りてないんだと思うんだ。

世界で最も寝ていないのは日本人なんて話もあるし。

http://gigazine.net/news/20141010-jawbone-city-data/



高校の時、英会話の授業で「ホリデーにやりたいことを話してみましょう」というレッスンがあった。

そしたらさ、解答がクラスほぼ全員一緒だったんだよ。

「寝たい」「とにかく寝たい」



進学校で、体力ないのに1時間以上かけて通いながらも予復習はかかさないような、勤勉な子の多い女子校だった。

でも、アメリカ人先生にそんな事情は通じない。

その先生はこう言った。

「死んだらずっと寝続けることになるのよ。生きてる間に『寝たい』なんてクレイジーだわ」



正直びっくりした。

休みがあったら惰眠をむさぼる、それが至高。

自分も、おそらく周りもそう思っていたし、疑ったこともなかった。



休日勉強でも睡眠でもない、好きなことをする人生もアリなのか…!(゚д゚)という衝撃と

そうは言っても常に眠いんだよー!今も!(´Д`)という現実がないまぜになって

グルグル頭を駆け巡ったことを今でも覚えている。



閑話休題



休日、好きなコトができるくらい、日々寝ておこう。

毎日同じ時間帯にしっかり寝て、寝過ぎにないようにすれば

誰かに頼らずとも少しはすっきり起きられるようになるかもよ。

日々の生活に活力が出てくれば、人付き合いの範囲も広がって、そのうち

毎朝美少女ごにょごにょ…?もかわいい嫁として実現するかもしれないしさ。



これを書いている本人が概日リズム睡眠障害で昨晩全然眠れず、

今朝は完徹で出社して、昼休みにこれを書いているのはまた別の話。

睡眠不足で体力が落ちると寝ることさえままならなくなるよ。

みんな、寝れるときはねよう。お姉さんとの約束だよ!

http://anond.hatelabo.jp/20150825195342

アカウント移動します。

この度、ツイッターアカウントを移動することにしました。今のアカウントマンガ家さんのみフォローをして、リプライ専用とする予定です。後日皆さんのフォローを外します。過去の記録は残しておきたいので消さないでおきます



移動することに決めた理由は、疲れたから有名人でもない、企業アカウントでもない、呟く義務なんてない一般人なのに、なんで好きで始めたツイッターで疲れてるんだろう。とバカらしくなったからです。



もともとあやかし緋扇を好きになって始めたツイッターなので、本当は最終回を迎えたあたりで潮時かなぁ…。とは思っていたんですけど。



なんというか、読者層が低いのが気になっていました。Sho-Comi読者歴10年以上ですが、いつの間に小中学生向けになったの…。読者層が低い=ファン層が低い=フォロワー層が低い。



誤解を承知で言うと、私、年下苦手なんですよ。特に、ネチケってナニソレ美味しいの?っていう非常識な人が特に

もちろん年下でも礼儀がしっかりしている人もいるし、年上でも非常識な人もたくさんいます。でも圧倒的に多いんですよね、やっぱり。



何でいきなりタメ口友達じゃないんだから年上年下関係なく最初敬語じゃないのか。とか、何でフォロバ強要されなくちゃいけないのか。とか。こういうのはスルーさせていただきました。苦手なので。



上記の内容が理解できなかったり、何偉そうなこと言ってるんだよ。と思った方はそれで結構です。



もちろん常識があって、年下でも話していて楽しい人はたくさんいました。社会人になったからこそ、学生の人たちの生活を覗けるのは楽しかったです。だからこそ、その人たち以外の常識無い人たちにイライラするのなら、いっそのことやめてしまおうと思ったんです。



つーか単純にフォロー外せばいいのでは。と言われそうですが、このマンガファンの世界は母数が少なくて、横の繋がりが強く、なかなか踏み切れなかったんですよね。つまり私が臆病だっただけなんですけど。昔相互さんだったけど私から切った子とサマフェス会場で会ってしまった時の気まずさったらない(実話)



ここからは単なる愚痴となります。ここから先は自己責任でお願いします。苦情は受け付けません。












信者が嫌いだった。気持ち悪かった。ファンは好きだけど信者気持ち悪かった。


作品切り絵をしたりアクセサリーを作ったりするお前はどうなんだ。と聞こえてきそうですが、あれは私の、何か作るという趣味の延長線なので。一緒じゃねーか!と思われた方、正解です。結局私も外野から見たら信者なのでしょう。しかし私は作品のファンであって作者のファンじゃではない。ツイッターというSNSは、作者と読者の距離が近くなって、読者からしたら好きな作者とお近づきになれる!というのは大変うれしいことでしょう。某イケメン事務所アイドル(公式サイト以外のSNS一切禁止)のファンをしている私からしたら信じられないことばかりでした。



その嬉しい反面、見たくないものが見えてしまう、見てしまったのもまた事実



ある時、作者さんがツイッター同業者の方と会話をしていた時にリプライで「今年は増刊の番外編の原稿があった"せい"で謝恩会に行けなかった。」と呟いていたのを見た時は本当にショックでした。




私はその番外編を心の底から楽しみにしていたし、倒れそうなほどハード課題提出を、その番外編が読める!という気持ちだけで乗り切ったのに、作者さんは心ではそんな事思っていたのかと。



それからというもの、作者さんのネガティブ発言が気になりだしたら止まらなかった。マンガ家は楽な仕事ではないと頭では分かってはいても「進行がやばい」「身体の調子が悪い」「煮詰まっている」等々。見ていて楽しいものではないですよね。愚痴などを吐き出す場も必要だとは思うけど、一応有名人の、仮にも何万人とフォロワーを抱えて公式(?)のアカウントならば、ある程度考えてからツイートすべきだと思うのは、私の頭が堅いのでしょうか。愚痴を吐きたいのなら別アカに呟いてほしい、と思う私は心が狭いんでしょうか。




最近では、先述したのと同じようにリプライで「サマフェスで2日の"時間のロス"は"痛かった"。」と呟いているのを見た時は、もう苦笑いしか出てこなかった。



この人は失言をするタイプなのだと。言葉選びが下手なのだと。リプライとは言っても不特定多数が見られる場でも平気でそういうことを言えてしまう人なのだと改めて実感しました。


からサマフェスで読者の人と会えて嬉しい。だなんて言葉はどこまで信じていいのか分からなくなりました。口では何とでも言えるとは正にこのこと。


作品は好き。作者さんも基本は好き。でも失言するからきじゃない(矛盾)



このままいくと作品すら嫌いになってしまいそうなので少し離れて純粋作品を楽しもうと思いました。と言っときながら本紙買うの止めちゃったんですけどね。単行本派になります



私は某イケメン男性アイドルたちが好きで、そっちのジャンルからツイッターを始めたので、文化の違いなのかもしれないけど、作者の呟き全てに反応し、全てにリプライをするという行為理解できず、苦手でした。私の好きなアイドルたちはブログツイッターなど公式サイト以外での多数発信するSNSを一切禁止されているので、もしかしたら文化が違うだけなのかもしれないと何度も思った。もしかしたらマンガファン界隈では普通なのかもしれないし、某会いに行けるアイドルファンの人も全てにリプライしているのかもしれないと。自分の中の常識他人常識だとは限らないと。それでも私には理解できなかったので、アカウントを移してフォローを分けようと思ったのもあります。新しいアカウントではマンガ家さんは一切フォローしなければリプライだって目に入らないから自分勝手ですね。でも普通に会話している分には本当に楽しかったんです。



今まで散々作者さんと濁して言ってきましたが、分かる人には分かっちゃいますかね。私が好きな作者さんって数人に限られていてなおかつSNSをしている人…。となればおのずと分かっちゃいますかね。分からない人は分からないままでいてください。


サマフェスの時はあんなに楽しそうにしてたのに…。と思う方もいるかもしれませんが、先ほど言ったアレです。「口では何とでも言える。」






今までの様々な引っかかりが蓄積してこんな長々と書いていますが、根本は好きなんですよ。サマフェスは本当に楽しくて、あぁやっぱり好きだなぁ。過去失言も私の中で無かったことに出来るかもなぁ。と思っていた矢先の「サマフェスで2日の"時間のロス"は"痛かった"。」だから、もう期待するのは止めようと思ったのです。根本は好きなんですけどね(2回目)だからそのうち何事も無かったかのようにリプを送ることでしょう。(根本は略)







以前ある人に「マンガ家と読者はある程度距離があった方がいい」と言われたことがありました。その時はピンとこなかったのですが、今思えば本当にその通りだなと。





進行がやばいだとかつらいだとか大変だとか、読者には関係ないことだし、正直そんな裏側の事情なんて見たくないと思いました。





だって本編を読んで「この時、月生産〇ページだって言ってたなー大変だったんだなー。」なんて背景はいらない情報でしょう。本編の邪魔でしょう。





考え方は人それぞれでしょう。人の価値観も人それぞれ。この文章を読んでどんな感想を持っていただいてもかまいません。批判意見があってもかまいません。私はただ、吐き出すためにこの匿名ダイアリーを利用させていただきました。全然匿名ではないけどな。





新しいアカウントは鍵をつけてひっそり続けようと思います勘違いしないでほしいのは、作者さんも作品も、根本は好きだということです。





当時付き合っていた人と別れた後、心の隙間を埋めてくれた作品には感謝しているし、課題提出前の追い込みの際に1日3時間睡眠で2週間を過ごした日々を支えたのは、提出したら番外編が読める、ということでした。





感謝することはたくさんあるのです。だから作者さんも作品も嫌いになってしまう前に距離感を考え直します。





こんなひねくれた奴でもいいという方は新しいアカウントを見つけたらフォローしていただけると嬉しいです。マンガのことを話すのは楽しかったです。これは心の底から





今のアカウントリムブロしていただいてかまいません。呟くこともほとんどなくなることでしょう。またどこかで会いましょう。それでは皆さん良いSNS活用生活を。































































とある作品二次創作小説を書いていた女の子が、心臓病気で、その女の子の妹が姉の運営している小説ブログを知っていて、 そのブログパスワードも知っていて、勝手ログインして病気の状態を伝えたり、幼馴染で元カレ男の子が同じくブログパスワードも知っていて勝手ログインして、その女の子ピュアなんだから変な知識(R系)を吹き込まないでくれ。と言ったり、荒らしにあったとき第三者IPアドレスがその女の子の家の近くだったとかで、実は友達サイトを知っていて荒らしただとか、病気悪化して、入院して体力が落ちて文章が打てなくなったから妹に口頭で伝えて代筆してもらって小説をアップしただとか、作曲できるけど入院してるから妹に譜面に起こしてもらって演奏してもらった、だとか。


……それ何て名前ケータイ小説魔法のiらんど??





っていうような出来事を今でも事実だと信じて疑わない信者気持ち悪くて怖いです。





マンガ二次創作小説ブログを妹と幼馴染兼元カレとリア友に知られてて、更に妹と幼馴染にパスワードが知られててログ拾い放題とか、恥ずかしすぎて死ねるけど……???





女の子サイトが荒らされた際に、一番の信者(笑)が「荒らすなら自分のところに来い!」と完全第三者なのにしゃしゃってたのは腹抱えて笑いました。第三者荒らしを相手にしたらその人もある意味荒らしだと思うんですけどね。勝手IPアドレスを調べたら女の子の家の近くだったとかで、その事実が発覚したのちに「荒らしたのは友人だった」と言い出した時は更に腹抱えて笑いました。





愛の反対は無関心だというけれど、愛があるのかと言われたら、あったのかもしれない。だって見てて面白かったから。ソレ何て名前ケータイ小説?という設定を繰り広げる女の子も、その設定をまるっと信じる信者(笑)たちも見ていて腹抱えるほど面白かったから。落ち込んだ時など大変お世話になりました(?)





なんでこのことを今更書いたかというと、ただただいまだに信じている信者(笑)気持ち悪くて、ネット上の嘘と本当の見分けがつかない人が怖いからです。サヨナラしたかたからです。





最後に、許されるなら聞いてみたかったなぁ。


「本当にあのケータイ小説みたいな設定をまるっと信じているんですか?」と。








4500文字書いてた。暇人か。

2015-08-26

正直今の仕事求められるレベルが高すぎてついていけなくて辞めたいんだが、

かといって辞めてどうするんだというと、

もうこの年齢になると貯金食いつぶすまで生きて、

貯金がなくなったら首吊るかなくらいしか選択肢がない

無能に生まれると辛いが親や周囲の環境ばかりを呪うわけにもいかない

その気になればいつだってなんとかできたろうに今までしなかった自分のせいだもんな

かといって今なんとかしようという気力があるかというと全くない

今までもそういえば全くなかった

そもそも向上心がないやる気がない

というか欲らしい欲が食欲と睡眠欲くらいしかない

性欲も最近あんまりない

というかもともと異性にっていうか恋愛に興味がなかった

同い年の友人は結婚して家庭を持ってたり、

あれが欲しいこれが欲しいどこそこに行きたいとやりたいことばかりだというに

とっとと死んだほうがいいんだろうが、かといって死ぬのは怖いクズ

安楽死できる薬が合法的に手に入るようにならないかなーー

もう本当になんとかなんないかなーー

初めての精神安定剤

タイトルの通り。はてなの皆様のご参考にでもなれば。

飲んだのはエチラーム0.5mm。有名なデパスジェネリック製品

買ったのはオオサカ堂。

1日1錠。今は2日ほど飲んでない。

安定する

表現としてこれが一番しっくりくる。精神が安定する。

ぐわーっと湧き上がってくるマイナス思考があまりなくなった。

死にたいという気持ちもなくなる。

眠い

飲んでから20分程度で眠気が来る。結構強い奴。

寝る前に飲むと睡眠導入がスムーズだが仕事中に飲むとキツい。

肩こり腰痛に効いた

肩を回せば周りに聞こえるほどゴリゴリなっていたのが少し軽くなった。

今は飲んでいないので肩こりが復活している。

ポーションじゃなくてばんのうやく

今回一番伝えたいところ。

先日仕事MPが減った時云々の話があってとても共感した。

この薬はステータス異常回復し安定させてくれるが、HP及びMP回復させてくれるわけじゃない。

そこの回復は他の手段で取るしかない。エリクサーは現実にはない。





ここからキモい自分語り

28才、SIer。1浪しているので2011入社

就活は失敗して70社近く面接を受けたが内定は1社のみだった。

今年配転になって、今までの部から離れた。

それがストレスだったようで不眠、無気力自殺願望などの症状が発露。

心療内科に行くのは高いため薬を買ったという経緯。

正直転職したいがスキルもないしITがそこまで好きじゃない。

簿記3級を持ってるので2級取って税理士事務所にもぐりこめたらなぁとか考える。

2015-08-24

いつも眠い

若いのに何もやる気がない。

社会人なので金だけは溜まっていた。

そして宝くじを買ったことで、自分真実に気付かされた。

当たったりして、色んな欲に目覚めて、人生が変わればいいなと思っていた。

そしたら信じられないことに、本当に当たってしまった。

なのに、信じられないくらい平常心で、

実はそれほど嬉しくも感じていない事に気付いてしまった。

これは本当にショックだった。

自分が一体何を求めているのかが全くわからなくなった。

お金が欲しかった訳じゃなかった。

労働意欲も失った。

将来の安心感からか、更に何もしなくなってしまった。

お金に頼って全てを済ませるようなクズに成り果てた。

貯金はアホみたいにある。

時間もある。

彼女はいない。

結婚意欲もない。

死ぬ勇気もない。

人生空っぽ自分

ただ生きているだけの自分

誰にも求められていない自分

なのにお金は求められている。

投資の説明を散々聞いて、涙が出てきた。

こんなに人に熱心に話をされたことは

まれて初めての経験だった。

人間が本当に嫌いになった。

他人の為には一銭も使わない。

もうずっと一人でいい。

だけど、見ず知らずの人に話を聞いてほしいと思う時もある。

本当は寂しいのかもわからない。

でも、誰とも関わりたくない。

性欲なんてない。

食欲は最低限ある。

睡眠欲は強い。

何のために生きているのかわからないけど死にたくはない。

2015-08-23

元々短時間睡眠の人って、見た目から老化が早い気がする

2015-08-22

とにかく一日2時間走りに行かなければ人として不合格

どんぶり飯一杯はおよそ500キロロリある。よって3食で主食のみで1500キロロリとれる。

平均成人は2200キロロリ給与されてるので、残り700は朝昼夕のおかずということになる

下図のように7時間睡眠、12時間教養行為、その他の日常動作と、45分ウォーキング、75分の

ジョギングでようやく人は2200の熱量を消費する

総消費カロリー: 2205 Kcal

動作 時間あなたが1時間

消費するカロリー 消費カロリー

睡眠 7 0 53.86 377

食事 0 30 85.22 43

身の回り(身支度、洗面、便所) 0 10 90.92 15

休息・談話 2 3 73.81 151

入浴 0 15 191.98 48

教養(読む、書く、見る) 12 0 73.81 886

階段(のぼる) 0 1 427.36 7

階段(降りる) 0 1 208.45 3

歩行/分速60m 0 45 169.17 127

ジョキング(軽い) 1 15 438.45 548

現実が夢でないことについての証明

 まず夢の定義から始める。

 夢とは睡眠時に生じる現象である。また、夢についてのその他の定義としては以下の要素が挙げられる。


・特異な現象が生じる(人が生身で空を飛ぶなど)。

・ある種の強烈な慣性力がはたらいており、思考が通常通りにはたらかない(人が生身で空を飛んでいたとしてもそれを不自然と捉えられない場合がある)。


 大まかに言えば以上の二つが夢を構成する最も根本的な要素である

 ここにおいて、以下の実際的事実に関して述べた言説によって、現実が夢でないという結論を導くことができる。


現実においては特異な現象が生じない(反証可能性を満たす事象が起こっていない)。

現実においては思考慣性力が極めて緩やかである


 現実が夢でないことについての論述基本的にはこれで終えることができる。しかし、一部の例外に基づく反論存在しないというわけではない。よって、以下にそのような反論を記す。


統合失調症患者などの事例においては睡眠下ではない現実においても特異な現象が生じる。


 これについて、統合失調症患者定義は以下のものとする。〈自〉を〈他〉と誤謬することがあり、〈他〉を〈自〉と誤謬することがある。つまり、自他の区別が時に曖昧になる人間のことである。このような患者においては、自己の〈想像〉の内部においてのみ起こり得る事象を――つまりは特異な事象を――自身の外部から感じ取ることができる場合がある。これが主な反論の一つである


 この反論については以下の形で論駁する。統合失調症は非可逆的性質を持った病であり、ある段階を過ぎると一定以上の回復が見込めなくなる病ではあるものの、薬剤によって一定コントロールが可能である。先述できていなかったが、これはいわゆる夢における非因果性因果性:ある入力に対し条件さえ一定であれば一定の出力が返る、といった性質)に矛盾している。よって、統合失調症の例を出したところで現実が夢であるという結論を導くことはできない。


 以上で統合失調症の例に基づく反論は反駁し得たものとする。


 しかし、以上の反論以外にも別種の反論存在する。それは以下のようなものである


現実において、ある種の慣性から我々が自由であるということを証明できない


 夢の中においては我々の思考慣性力にさらされており、正常な論理的思考への推進力を得ることが難しいのは自明であるが、かといって現実における我々が正常な論理的思考能力への推進力を常に獲得できているかと言えばそこには単純に肯定できない事情がある。これが第二の反論である

 この第二の反論については以下の形で論駁し得る。因果性(ある条件下の入力においては一定の出力が返るという法則)に基づく反論である


 現実においては、ある条件下の一定入力に対して一定の反応がある場合が多い。換言すれば、ある種の理性的事柄が十分に理性的に示されるならば、その反応も理性的になり得るということである

 例えば完全に理性的な(どんな人間でも納得し得る程に理性的)かつ可読性に富んだ「現実が夢でないことの証明」の論文を読んだ場合に、通常の人間ならばこの証明について納得し得るし、実際のところ納得する。しかし、夢の中においてはこのような納得が生じない場合がある。慣性力の影響である

 しかし、現実においては極度に理性的で極度に可読性に富んだ文章を読みさえすれば、万人に完全で理性的情報を伝達することが可能である。これによって、「現実において、ある種の慣性から我々が自由であるということを証明できない」という反論は、反駁され得る。


 以上の論述によって「現実は夢ではない」という命題証明され得る。Q.E.D.

2015-08-21

anond:20150820182530

家事オタクになればいいとおもう。

普通の人って睡眠とか食べるものにすごく凝ってる気がする。

シーツと枕カバー毎日とりかえて洗濯したり、

毎日野菜スムージーをつくって飲んでそのあとミキサーの刃をつけ置き洗いしたりするのは

オタクからみれば家事オタクだろそれ…

よほど好きじゃないと続かないだろうし。と思うのだが

世の中にはそこそこしか好きでなくても出来る人いっぱいいるらしいし

何もオタクじゃなく普通に清潔で好感のもてる人だ。

 

女子だと化粧オタクファッションオタク育児オタク公認オタクだよ。

しろ負担が少ない人間ゲームなどにはまっていられるんだろという目でみられるし、

それは確かにまあそうかも。

ハマると寝る義務放棄したくなっちゃうし

ホントにすぐキャラ表とかエクセルでつくりだしてコンプリートめざしちゃうんだよなあ。

自省。

2015-08-20

駄文

これは愚にも付かないただのポエムだ。それ以上でもそれ以下でもない。増田ありがちな特に読む必要の無い、駄文というものだ。登場するものはイニシャルとかではなくただの連番を振ることにする。

僕は心が壊れてリタイアをしたことがある技術者だ。今の会社にはちょっとした縁があって拾われた。技術自体は多少は持ってるもの実質未経験な上、コミュニケーションに難があるがそれでも良いということで採用された。

入社してすぐ上長である1.から「ほんとごめん」っていきなり謝られた。当時はいやな予感はしたものの全く何を謝られているのか理解できなかったが、配属されたプロダクト2.のことだった。2.はとにかくスピード勝負で立ち上げられたもので、度を超えて醜悪で、かつ誰も全容を把握していないという度しがたいものであった。

もちろんこれには事情もあって2.が立ち上がった時点で主流だった3.というプロダクトはかっちりしているものの開発スピードが極度に遅いモノだった。仕組み・制度・人員様々な事情はあったが、おそらくはプロダクトに対する依頼者4.と開発部署人間関係に起因するものではないかと僕は推測している。推測する理由は、その後に深まる部署間の対立と、2.が度々抜け穴として使われていた事実からだ。

2.のプロダクトのリーダーをやっていてつらかったのは、プロダクトの実情と、周りの認識乖離によるものだ。2.は抜け穴として扱われる以外にもスピーディな開発ができると期待されるものだった。だが、実際には極度の複雑性を持つために、何かを犠牲にしなければ高速な開発など到底望めないものだったのだ。しかも、なぜか「簡単」という印象も先行していたこと、そもそも僕自身リーダーという未経験の業務を社会復帰直後に負わされたこと、前任担当者と入れ替わり入社したこともあって実質引き継ぎがなかったこと、ほぼ人員が割り当てられない (一時期は担当者が僕一人になっていた) こと、重要機能を実現するにはふさわしくないにもかかわらず、3. の連携プロダクトとして、重要機能を実現してしまったことなど…。書くにはきりが無いのでここらへんにしよう。

後ほど2.から離れた後に何人かから2.に関する外的な評価を聞いたが、「どうしてあんな簡単なプロダクトに苦労するところあるの?」みたい話に帰結していた。ぼくの評価に関してははまぁそのようなものだろう。1. からは「好きなようにしていいよ」と言われていたので、本当はチャンスだったのかもしれない。ただ、僕にはそれを好きなようにできるだけの経験が全く無かったのだ。またコミュニケーション問題もあって、復帰直前などは対人恐怖が強かったのもあって、ステイクホルダーがあまりにも多く関わる2.のプロダクトを切り盛りするにはふさわしくなかった。

2.のプロダクトに関わっている間に社内情勢はがらりと変わる。技術者部署が分割され花形となる主流派と傍流に散っていくことになる。また、給与レンジの変更があったときに実質引き下げを行われ、僕の給与高卒と同程度となった。詳しいことは特に書く気はない。まぁ僕はつじつまさえ合っていればいいといういい加減な人間なので給与に対する不満はあっても、曲がりなりにも生活できてるのならそれでいいかと考えていた。

僕の不満はむしろ待遇に対するものだ。選択肢がどんどん狭まっていく労働を強いられているということが我慢ならないのだ。主流派には興味深い技術も多い。僕は最近悟ったのだが、技術チャレンジに意欲が極度に強い反面、平凡な糞くだらない開発には全く興味もわかないのだ。そして、興味の無いことに対する作業効率がきわめて悪いのだ。まぁ一端その話は置いておこう。

2.のプロダクトから離れた後部署内の様々なプロダクトを転々とすることになる。あるプロダクトのリーダー5.は10歳年下だったが、僕のことを最初から見下して「○○君」と呼んだり「こんな程度の引き継ぎ、教えなくてもわかるだろ」と言ったりしていた。後ほど上長8.から窘められたのか「○○さん」と呼ぶようにはなっていたが。またプロダクトのメンバー6.には質問をしたときに「あうぇうぇうぇうぇうぇー」とか意味不明な奇声を上げたりされた。詳しい台詞はもう覚えてないが、とにかくすごくふざけた感じの返答しかしてこなかった。別に6.は他の人に対してそのような言動をしていることは全く無かったのだが。

実際のところ、僕が今の会社トラブルのあった人間関係としては、5.と6.と給与実質引き下げの直前の部長くらいしかなかったが、実は僕が認識していないだけでもっとあったのかもしれない。後ほど語る7.とは人間関係トラブルはあったもの仕事では全くからみがなかった。

話を戻すが、5.と一緒に働くのはとにかく苦痛だった。思い出すだけで吐き気がしてきてつらいので詳しいことは書かないが、僕はとにかく精神的に荒れていてSNS愚痴吐露し続けたり、会社休職しようかと思っていたが8.に相談をしたときに「休職すると、現時点ですでに下限の給与アルバイト並に引き下げられることになるし、とにかくやめておけ。なんとかがんばって出社しろ」と言われた。8.との幾度かの面談で、大体2.や僕の評価について知ることになる。

もう詳しく覚えていないのだが、このタイミングだったか入社以来友人関係のあった7.と喧嘩別れをした。7.の日頃の考え方、言動にとにかくムカついて反感を感じていたのだ。日頃から7.はSNSで僕に対する当て付けをエアーリプライ飛ばしまくっていた。まぁ7.の言動などから推察するに、彼も僕には反感を抱いていたのだろう。お互い、ソリの合わなさを我慢して友人関係を続けていたのだが、この時に「我慢をし続けるのは本当に良くない」と悟った。ただ、一つだけなるほどと思ったことがあった。

当時、待遇の不満に対して、転職を考えていたのだが、そのことを知る7.に「転職しても根本解決しないのでは?」と言われたことだけは確かにそうなのかもしれないとは思っている。後に別の人物にも近いことを言われたし実際そうなのだろう。もう一つ印象深いことを言い残していて「おまえは本当に開発が好きなのか?」と。先ほども書いたが僕が好きなのは技術的なチャレンジであって、平凡な開発には興味の欠片もないのだ。「コードを書いてさえいれば幸せだ」というタイプ人種とは全く違う。

さて、話を戻すと、僕はなんとか欠勤することもなく出社を続けた。その後、5.は別チームに飛ばされ、一時の心の平穏を得ることになる。この平穏な時期はほとんど「死にたい」と思うこともなく生きていられた。

だが、最近また精神状態が悪化することになる。実はそのトリガーが何だったのかを全く思い出せない。平穏期に意図的待遇に対する不満を忘れていたのが再度噴出することになる。時期だけは覚えていて、大体6月末だ。7月以降、僕は考え方を切り替えた。「我慢すると、いつか破綻を来す」睡眠時間を削ってオフタイム技術的なチャレンジをすることになる。

僕は人格的には最悪なタイプだ。客観的に見て僕は僕と仲良くしようとは欠片も思わないだろう。コミュニケーション能力は無くはないが、きわめて偏っているので、コミュ障と言ってもいいだろう。仕事に関する能力にしてもさほど高くはない。頭が良いわけでもないし、あまり効率的ではないし、何より興味の無いことに対して僕は露骨すぎる。狙ってやっているわけではないがどうしてもそうなってしまうのだ。

技術チャレンジだけでなんとかやっていけないだろうか?と、考えている。ここで問題になるのが僕の学歴のなさだ。ドロップアウト組なので学そのものが無い。だが、僕は技術的なチャレンジしか興味を持てないのだ。友人からは「贅沢な悩みだなー」と言われた。実際そうなのだろう。仕事をえり好みするというのはきわめて贅沢な悩みなのだろう。部署の壁もある。

さて、僕の生きる理由希薄さについて説明せねばなるまい。僕は生きる理由希薄なのだドロップアウトした頃の後遺症なのか、未だに希薄なのだ。存命の父親に迷惑をかけたくない、痛いのはいやだ、技術チャレンジをしたい位しか生きる理由もないのだ。趣味はなくもないが、生きたい理由になるほど強くもない。生きることに必死になれないのだ。贅沢な悩みで、死を選んでもいいかなと考えてしまう程度には。

僕はリミットを定めている。それは借金限界まで行ったらというものだ。最近手持ちの金が尽きて、最大200万円のカードローン契約した。これが限界までいったら、その時はもういいかなと思っている。それまではがんばろうという思いなのだ

駄文につきあってくれてありがとう別に何か取り立てておもしろみのある事件があったわけでもない。無能な男が、平々凡々な日々のやりとりや、しょうもないことに心が摩耗してしまって、心が悲鳴を上げていたので、誰かに聞いてほしくて文章を書いた。ただそれだけのしょうも無い駄文につきあってくれて、本当にありがとう

2015-08-19

http://anond.hatelabo.jp/20150819144459

断然規則正しい生活

肌の状態は7割が内側から、3割が化粧品でなんとかできる部分、って聞いた。どんなに高い化粧品使っても、カバーできるのは最大3割部分。

夜12時までに寝る、充分な睡眠時間ブロッコリーを1日一株毎日食べる、これでツヤツヤツルツルに!

2015-08-17

食事は夫・子ども優先が当たり前?

育児休業は家事休業ではない。しかし、最近、1日中、食事の準備と洗い物ばかりしている。離乳食が始まると、赤ちゃんの世話は、ほとんど食事+躾になる。育児とは、3食しっかり作って食べさせることとは知らなかった。軽い摂食障害で、最近、ようやく体重が増加に転じた自分身長160cm・体重約36キロ)には、苦痛まりない。きっと仕事に復帰すれば、悩みから開放されるはず。しかし、最寄りの保育園現実的に来月4年まで入所は難しいという。


夫とは食の好みが合わず、別々のものを食べてきた。今も、それぞれ別々のものを食べる。例えば、ある休日の食事時間。7時赤ちゃんミルク、8時朝食、9時夫朝食、12離乳食・夫昼食、15時昼食、16時離乳食20ミルク・夫夕食、21時夕食、22時夫夜食離乳食基本的フリージング活用した手作りで、自分電子レンジで温めるだけ。夫はごはん納豆カップラーメンか、本人が作る。もうヤダ。誰でも嫌になるでしょう……。


幸いなことに、赤ちゃんは、夜間、8~10時間程度、まとまって眠るので、食事や趣味時間を削れば、睡眠時間は確保できる。第三者から見ると、我儘で贅沢な悩みなのだろう。助けてというのもおこがましい。でも、助けて欲しい。母親や妻は、子どもと夫を最優先に配慮し、食べる様子を見ながら、空腹に耐えるものなのか。夫・子どもが食事中、黙って子どもの世話や洗い物などの家事を行うしかないのか。夫の実家帰省した際、義母や1歳の子どもがいる義妹の様子を見て、それが当たり前なのだと実感し、このまま子育てを続けるなら、諦めるしかないと思った。夫には、出産するまで8割近く家事を任せきりにしていた、今もほとんど料理を作っていないという負い目がある。ただ、夫の手取りより、当初6か月間は、自分育児休業給付金のほうが高く、働いている自分のほうが上、という態度には納得できない。


子育てには覚悟必要自由特に食事と外出の自由がなくなるとは、誰も教えてくれなかった。家族仕事趣味か。睡眠時間を削っても両方を追うべきか。はっきり言ってとても仕事復帰できるとは思えない。生活するにはお金必要なのに。一人分の稼ぎでは足りず、すぐに貯金が底をついてしまうのに。毎日、食後1~2時間を除き、常に空腹感を感じている。料理下手・食事嫌い、不器用掃除嫌いは、育児に向いていない。もう何も考えず、感じずに機械的に、夫と子どものためだけに生きればいいのか。

2015-08-16

[]4日め

お久しぶりです。

帰省中なので自然と続いてます

知人と会ってエロ同人を見たときも少し勃起しましたが全然だいじょうぶでした。

また東京に戻ってからがどうかなという感じです。

でもこっそり暴露すると、今スーパードンキーコング3をやっているのですが、ディクシーにティンときている初めての感覚があります

また自分ロリコンなのですが、夏休みでいろいろとあれな格好のリアル女児を見てもなんとも思いません。

非実在青少年限定ロリコンだということが改めてわかりました。

あと考えたのは三大欲求の充足バランスです。

ふだんは同じものしか食べていないのですが、帰省してからはいろいろと食べています

食欲がすごく満たされている感覚があるので、性欲で発散しなくてもいい状態にあるのではないかということです。

睡眠欲についてもやはり同様のことが言えると思います

(知人宅でエロ同人の整理をしていたときも、エロイ気持ちよりも眠い気持ちがすごく強かった)

性欲を考える余裕がないほど食欲、睡眠欲につながることをすればオナ禁成功やすい。

まあ当たり前と言えば当たり前ですね。

あとは最近読んでいた本がエロイ妄想をあまり刺激されないものだったからということも大きいかもしれません(帯をギュッとね!です)

ともあれ、今回こそはちょっとがんばっていきたいと思います

2015-08-15

働いてまで生きていこうとする人の気持ち理解できないby 文系4年生

親の脛をかじって生きてる絶賛就活休業中の大学生なんだけど働いてまで生きていこうとする人の気持ちが分からない。

俺にとって人生は「楽しいから生きてる。つまらないなら死ぬ」といった物なので毎日が楽しくないならそれは死んだほうがいいことになる。

そう思う事自体人間としておかしいのかも知れないけど、そもそも人間は皆本能が壊れて生物としておかしくなってるので言いっこなしだ。

そして俺の想像する社会人としての俺はそんな死んだほうがいい人生を歩むだろうと予測される。



そもそも現代社会毎日8時間(最低でも)労働をするというのが個人的には信じられない。

1日は24時間しかない。

睡眠時間が9時間、食事やおやつが準備も含めて2時間メールチェック等の雑事が1時間、合計で12時間だ。もう既に12時間しか残らない。

ここから8時間通勤片道1時間×2=10時間を引くと12-10で残りはもう2時間だ。

2時間っておい。

録画した映画1本見たら終わりじゃん。

1日の娯楽が映画1本って……。

ドラマ1本見て感想2chブログに長く書いただけでも終わりかねんぞ。

しか残業が2時間あったらこ時間も無くなってしまう。

なんてこった。

休日があると言っても(これすら急な呼び出しで返上になるらしいが)、平日は下手すりゃ一切遊べないとかそんなのちょっと

それどころか仕事が長引いたら今度は睡眠時間まで脅かされるとか。

ちょっと待ってくれ俺は9時間毎日眠らないと長期的に少しずつ頭がおかしくなっていくんだ。

そしたら仕事の能率が下がって更に睡眠時間が減るループ突入するのは目に見えてるぞ。



まりなんだその。

ありえなくね?って話だ。

毎日睡眠時間が4,5時間で済むようなショートスリーパーのお方は大丈夫なんだろうが、俺みたいなロングスリーパーは今の社会で働いたらまともに生きていけ無くない?

そこまでして働く意味あるのって。

そりゃ世の中の皆が素晴らしくて俺に最高の仲間や子供がいたらそいつらと一緒に暮らせる生活を守るためだけに働いてもいいけど、俺にいるのは大して好きでもない両親と弟とキョロ充仲間だけだし。

それでわざわざ必死に働いてまで生きていく必要あるのかなって。

人生経験豊かな事が発言の節々から日夜感じ取れるはてなー達の熱い解答を求む。

あっちょっと訂正、冷静な解答を求む。

熱いだけの解答はキョロ充仲間と酒の席で何度かぶつけ合ってみたが家帰ってからや次の日の朝に何の答えにもなってねえと気づいた事数知れずだ。

2015-08-14

ブラック野球部所属していた

10年以上前だけどブラック野球部にいた。

練習も長くて嫌だったけど、不合理ことが多すぎで嫌だった。


■練習内容

朝練7:00~8:20頃まで 制服に着替える時間がなくてユニフォームで授業受けてたこともある。

夏の大会前は6時台から始まる。

昼練といって昼休みに練習するので、昼食は5分位で終わらせるか、別の休み時間に食べる。

授業の6限が終わって、9時前位までの練習は普通

8時台前半だと今日は早いという感じ。

2年の冬は4日間ぐらいしか休みがなかった気がする。

外部コーチ達が「朝練はいらない。」「睡眠を増やしたほうがいい。」と言っていたが変わることはなかった。

体を作るには睡眠必要と思う。

食欲がなくなるから食べられなくなる。


学業

いつも眠たかった。肌荒れするし授業中は寝まくってた。

教師に「野球部はいつも寝てばっかり」と言われていた。

宿題は見せてもらってばかりだった。長期休み宿題は1回もしたこと無い。

赤点普通。10点とか5点とか取ったこともある。

行事にまともに参加したことは一回もない。


監督がした今でも意味不明なことや思い出したくないこと等

機嫌が悪かったら、とにかく八つ当りされた。

練習試合中はもちろん、体育の授業中殴られてる部員がいた。

体育の授業終了後、野球のことで嫌味を言われる←(俺)

自分含め3人であるところの水抜きをしていたら、「そこはネット張るからしなくていいだろ!」と

練習メニューを聞いていないのに言われ、

「罰として、それぞれ正門前、隣のコンビニ、裏の工場の前に立っとけ」と言われ

自分は一番遠い工場前に立たされた。後にマネージャーが呼びに来る。

合宿中は

「○○高校はやっている」と言って正座させ延々と説教

深夜0時位から自重トレ。

合宿中に試合に負けて、夕食中に部員同士で会話をしながら食べていたら

「悔しくないのか?」と怒られたので

翌日、別の場所高校食堂での夕食は、皆だんまりだった。

しかし、作った人がいたからか「お前ら黙ってて食べていたらまずそうだろ!」

と言うので部員たちは「これは旨い!」などと不自然に話し始める。

監督が機嫌を損ねると、ノックが終わったり

練習が数時間中断したりする。

寝る時間割いて朝練やってるのに。

・あるとき真夏に機嫌悪くしてどこかに行ったら

「数年ぶりにパチンコやってきたわw」

とか言っていた。この時だけは一生消えとけ、と思った。

・「与えられた練習メニューは、なんでこういうことをするのか考えるな」という。

「説明したら時間がかかる」とか言ってたが

説明できないだけじゃないのか。

駄々をこねて、「練習メニューを教えてやろうと思っていたのに」

とどこかに行ってしまったのを、キャプテン呼び戻しに行く。

後に嬉々として戻ってくる。

監督あだ名がバレた時、相手チームの高校練習試合

する予定だったのに、時間を早めて一旦集合先を自分高校に変更。

理由は「お前らに○○と呼ばれる筋合いは無い」と言うためだけに。

地獄耳だから、ある部員監督批判をしているのを耳にしたら

そいつを干すような発言をしたこともあり。

・「このチームはダメだ」とか、又は個人を攻撃する発言が多く

発奮させようと思っているのかわからないが、全く逆効果

お菓子の試供品を部員に配付したのに「なんで食べてるんだ?」という。

とあることである部員が怪我をしたので、ブチ切れて

とても個人で買えないような器具を「買え」と命じる。

八つ当たりしたいだけなので、結局買っていないが)

・「帰れ!」と何回も言ってきたが、いつも自分部員は帰らなかった。

それでも「帰れって言ってるんだから帰れ!」と言ってくる日々だった。

ある日同じことを言われたので、部員同士で相談して本当に帰った。

いつも何回も同じことを言われる繰り返しなので。簡単に本当に帰ったわけではない。

後日「帰れって言われて帰る奴がいるか!」

結局何をしても怒られる。

結婚してそんな時間が経っていないのに不倫している。

こんなことをしているが、校外には「野球を通じて人間をつくる」みたいなことを言っている。

監督カラスを白と言ったら白になると言う。

(俺は「ハァ?バカじゃね?」と思っていたが)

野村克也意識しているのか、部員から年賀状きているか確認する。

一人郵便事故で届いてなかったのもチェック済み。




これ以外にも不合理なことがたくさんあったけど

この経験は全く社会で役に立ちません。それが一番悲しいです。

もっと変なエピソードもあるのですが、匿名ダイアリーなのでやめておきます

---------------------------------------------

これ、野球をやりたいっていう部員を利用したやりがい搾取みたいなもんだな。

サッカーみたいに別のチームに移りやすかったら、こんな部は成り立っていなかっただろう。

泥水をすすって超近距離ノックを受けていた世代に話しても、

上記の監督の行動はおかしいみたいです。

思い出して書いてたら本当に馬鹿らしくなってきた。

砂の栄冠って漫画のガーソくらいなら余裕で歓迎です。

そんな私でも日生学園動画は見たらドン引きします。

2015-08-13

http://anond.hatelabo.jp/20150813105453

睡眠妨害裁判所いいんじゃない

不動産屋は裁判しかけられるとあたふたしそう。

ちゃんと騒音録音とか管理会社への連絡などなど証拠を揃えてからしないとね。

http://anond.hatelabo.jp/20150813062554

すまん専門では無い

人によって〇時間寝た方が体調がいい、〇時に眠くなるから寝る、〇時に起きると体調がいい、などそれぞれ

あなた場合は、睡眠時間関わらず〇時に起きると体調がいい、じゃなかろうか

アルコールは体力を奪うから眠くなるのであって、それを毎日続けるとどうなるか自ずから知れる

それと同じく毎日続けると少しの量じゃ眠くならなくなって、量が増えてアル中になるよ。女性アル中はこの手が多い

無理に寝ようとはせず、でも〇時に起きるという規則正しい生活リズムをつづけると、何時に寝て何時に起きれば調子がいいか分かってくると思う

ただし、土日も早起きだ、生活リズムを崩しちゃダメ

早起きのために夜に酒を飲むのはいいのかもしれない。

睡眠障害12の指針』ってやつ、これ医学的にも睡眠障害の基本なんだけど。

これに、睡眠薬代わりのお酒は、睡眠の質を下げると書いてる。

でも、遅寝早起きによって、早く寝れるから、朝は早く起きましょうとも書いてる。

  

俺、どーしても朝起きれないんだけど。今日はすっきり起きられた。

多分、酒飲んでねたから、脱水と睡眠の浅さでおきたんだけど。朝起きられるメリットのほうが、睡眠の質が低いデメリットよりでかい

そして、朝早起きできれば、夜は早く眠気が来るわけで。

  

どーも俺には、睡眠リズムが狂ったときには酒を飲んだらいいんじゃないか、って今日思ったんだけど。

どうだろうなあ。

確かに、過去を振り返っても、そのような傾向があるし、試したいけど。

「それはやるな」ってガイドラインに書いてるのが悩ましい。

  

でも、ちょっとくらいの酒は結構いいらしいし。

睡眠リズム狂ったときに、1月に1回くらいは、夜中酒飲んで実験してもいいかもしれないな。

  

ちょっとだけ、飲み会に対してもプラスに考えられそうだし。

でも、自分で飲むのは怖いな。他の人と一緒に飲もう。ちゃんとコミュ力上がるし、他人と飲めば自制もきくかも。

2015-08-09

40代のこだわり♀

大学生になるのを機に、北海道から東京上京した。18歳だった。

入学式の前日に参加した新入生対象の懇親会で一人の男に出会った。彼をAとする。

懇親会で出会い、仲良くなった3人のうちの一人だった。

3人とも地方から上京し、一人暮らしをはじめたばかりだった。

いよいよはじまる大学生生活に心弾ませつつ、同時に心細さも感じていた時期だったからだと思う。

すぐ友達になれた。

翌日の入学式も4人そろって出かけた。この時、Aが私に惚れているのが分かった。

悪い気はしなかったが、すぐさまそれに応える気にはなれなかった。

間もなく大学生活がはじまり、Aから友人を紹介された。Aの高校生からの友人Bだった。

私はBに惚れた。初恋と言ってよかった。

出会った翌週に告白し、Bと付き合うようになった。

依然としてAは私に惚れていた。

から私たちが付き合っていることをAには言うなと口止めされていた。

私はAを邪険にはしなかったが、努めて冷淡に接した。

私が冷たい態度を示すたび、Aは苦悩の表情を浮かべた。

繰り返すほどに、Aは恋心を募らせていくようだった。

入学してから数ヶ月たった頃、Aに告白された。

私は答えに窮してあいまいな態度をとった。

私はその夜にAと寝た。どうしてそうなったのか今でも分からない。

Aとの関係はこの時いちど途絶えた。

徐々に、私はBと会っては喧嘩するようになっていた。

私の初恋は、精神暴力に変化していた。

1年後、Bと別れた。もちろん振られたのは私だった。

Bは、私と二度と会いたくないと最後通牒を突きつけた。

私はBに縋ったがどうしようもなかった。

Aは、私と会うたびに「好きだ」と思いのたけを伝えてきた。

親友だったAとBの関係はまだ続いていた。私には到底理解できないことだった。

私はAを避けるようになっていた。

間もなくAから電話が毎晩鳴るようになった。

私の冷淡さに抗うようにして私を「好きだ」と。

私はA以外の男たちと関係を結び、擬似的恋愛にふけるようになった。

若い男には、冷淡に暴力的に接した。若い男がもだえ苦しむ姿を見下ろしていると、心が澄んでいくのが分かった。

年老いた男には自らなぶってくださいと懇願した。

私は噛みつかれるととても興奮した。首を締められるともっと興奮した。

いつも涙を流し、身もだえして、うなり声とともに絶頂を迎えた。

私の性欲は、私の心とつながることで、よりいびつな、したがってより私らしいものに変貌をとげていた。

私は自傷行為を繰り返すようになっていた。

いつも直前にBに電話したが、Bは一度も電話に出なかった。

Aをふくめた入学式当時からの友人だけが、私を学校につなぎとめようとしていた。

卒業が間近に迫ったある日のこと、手首を切った直後に友人の電話に出たのがきっかけで病院搬送された。

家に帰るなり、処方された睡眠剤をすべて飲みくだした。

まる2日眠り続けた私は、隣の物音で目を覚ました。

Aがベッドの横に立っていた。

私はカギをかけていなかったことを思い出した。

Aはベッドに横たわったままの私を殴った。

そしてじっとこちらを見据えてから部屋を出て行った。

ベッドの脇にBの写真を飾っていた。

床にこびりついていたはずの血糊がきれいにぬぐいさられていた。

はじめてAに憐れみ感情を覚えた。

大学卒業し、フリーターになってから1年後、はじめて自分からAに連絡した。

この時の私は、Aの純情さが私の心を元通りにしてくれると信じていた。

そう思うだけで、生まれ変わったような気持ちになれた。

間もなくAと付きあった。

だが、気がつくとAに暴力をふるっていた。

Aはそれでも、私のことを好きだと言った。

私はAの言葉に心が救われる思いがしたが、そう言われるほどにAをなぶった。

3週間後、Aに別れ話をもちかけた。

Aは何も言わずに承諾した。

大学卒業してから3年間のうちに、3回Aとつきあい、3回別れた。

3回とも同じ結果に終わった。

それからしばらくして、Aに彼女ができたと聞いた。

その数ヶ月後、私はAに泣きすがっていた。

私が泣いているのを見つめながら、Aも涙を流した。

そして、私を好きになったこと自体が間違いだったと言った。

Aは反論しようとする私の言葉を遮ると、私のことを振り返りもしないし思い出しもしないと言い放ち、その場を立ち去った。

これが、私がAと会った最後になった。

それから20年が経過した。

Aと会わない日々がこれほどまでに長く続くとは本当のところ思っていなかったが、事実そうなってしまった。

Bは在学中に会社を立ち上げたが、卒業して数年後に会社経営から手を引き、その後誰も連絡がとれていないと聞いている。

Aは何年か前に結婚し、今は大学教授らしい。

とても仲のよい夫婦らしい。

きっと、幸せ人生を送っているのだと思う。

四十路をすぎた男が見せる疲れた表情は、きっと精悍さをましているだろう。

少し翳のある顔で、だが依然として純情さを保った顔で、笑い、うつむいているだろう。

私もその後結婚し、一児を授かった。

もう自傷行為はしていない。

夫に暴力をふるってもいない。

それなのに、今でも当時のことを思い出し、こんなことを書いている。

私の人生は、泣けてくるほどに私だけのもの

55ページ中1ページ目を表示(合計:1351件)