「ロジック」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ロジックとは

2017-04-27

paizaの美少女ゲームコンテンツの何が問題

kyoumoeの人がなんか言ってるので

http://b.hatena.ne.jp/entry/311223844/comment/kyoumoe

この件に説明必要か?と思ったりもしたが、まぁロジックもなしにネットイナゴ的に叩くのも確かによくないので自分の考えをまとめるために書く。

前提として自分別にフェミニストではないつもりの男。

本来IT業界を前提とする必要はないと思うけど、今回は敢えて限定してみる。

具体的な数値は知らないがこの業界は男の割合が圧倒的に多い。

そして、業界として慢性的人材不足に悩まされている。

そんな中どこのセグメントから人材を集めるべきか、と考えるとやはりわかりやすいところでは女性ということになる。

まぁもっといろんな切り口で考えることもできなくはないだろうが、一番わかりやすいのはそこだろう。

じゃあなんで女性が少ないか

コンピューターオタクがやるもので、オタクとは女がなるものではない、みたいな古い価値観女性側に残っている、という面もあるだろうし、そういうのを男性側が押し付けている、という面もあるだろう。

そして、現状圧倒的にホモソーシャルなので、マイノリティ女性からすれば居づらいだろう。

割合問題に関しては段階的に改善していくことしかできないので、まぁ現状はしょうがない。

だが、それ以外のところで居づらさを生んでいるのであれば、それは潰すべきだ。

そんな中、本来平等な仲間であるはずの女性エンジニア性的コンテンツとして消費の対象位置付けたようなゲームユーザーを釣ろうとする企業や、そこのサービスを使って人材を集めようとしている企業業界に、女性が入ろうと思えるだろうか。

まぁ俺は男なので実際のところはわからない。

仮に女だったとして、自分意見集団代表するわけではない。

でも少なくとも、女性でも関係なく働きやす業界だよ、っていう雰囲気作りを完全にぶち壊されていると感じるので批判する。

ただまぁこれは今のこの業界を映す鏡なんだろうとも思う。

Paizaにしたって単純にこういうゲームが作りたくて作ったんじゃなくて、いろいろ分析した結果これが一番効率よくユーザー(IT業界人)を惹きつけられるという結論になったんだろう。

俺にしたって、こういうのをキモいと思う反面、SHIROBAKONEW GAME!みたいなコンテンツ消費をしていることに矛盾を感じないではない。

俺が優柔不断になったわけ

俺は自分ことなら悩むことなんて全くないよ。

自分のことでなくても、無理にでもロジックを見つけて決断して、もし間違ってても、その時の材料ならいつでも俺はその決断に至ったって納得できることを知ってるから決断に対して後悔したこともないよ。

こんな考えでずっとやってきたか自分優柔不断なんて考えたこともないし、決断するために考えることはあっても悩んだことなんてほとんどない。

でも、君からしたら俺は優柔不断に見えるのか。

俺の中の君AIの精度の問題かな。

俺がいろいろ悩むのは、これまでの生活で構築した君AIが俺がどっちの選択をしても悪い結果しかさないことを知ってるから

ある選択をしたら怒られた。

そこで俺は君AI動作原理学習した。

ある時、同様の事例で逆の選択をしたのに怒られた。

俺は前の事例と合わせても矛盾の生じない君AI動作原理を構築した。

ある時、その原理に則ったのにやはり怒られた。

俺は全ての事例に対して矛盾を生じない動作原理を構築した。

多少は無理があるかもしれないがこの原理なら説明可能だと自分を納得させた。

ある時、その原理に則ったのにやはり怒られた。

ある時、その原理に則ったのに・・・

俺は優柔不断になってしまったのだろうか。

2017-04-26

Aに比べてBが低い(低価値である)、というロジックで話すやつは大体自分位置は全く語ってないんだよね。

自分が優れているか相対的にBを見下す、ではなくAすら全くの第三者的存在だったり。

まり内実はただ見下して遊ぶ、という子供みたいなもの

今日朝頃嘲笑について調べていてね。嘲笑の正体は「自信のなさ」ではないかと感じていたの。

これには一応他にも共通意見と思しきURLが見つかって、まあ事実だろうなという辺りで落ち着いた。

比較検討した挙句AよりBは低い、という図式を作り、かつ自分自身第三者であるというメンタリティは、

とりもなおせばAとBの埒外にいる「C:自分」はより俯瞰している、というAポジション的なプライドに過ぎないというわけ。

ところがCってのは安全から、万が一、おまえ「偉大なるA」として語ってるだろ、とツッコまれても傍観者を気取ることができる。

簡単に言うとチキンハートなんだけど、問題はこうした子供心象風景が「釣った=勝ち」という理屈で成り立っている点だね。

彼にとっては傍観者かつ策謀者かつ勝利者がやすやすと手に入って、幼稚な万能感が満たされちゃうわけだ。

2017-04-24

消費税増税に賛成する人

ロジックがよくわからん国民として、税を上げられたら損しかしないじゃないの。損得で考えてないのか。

その分他の税が安くなるとか、他の負担が減るとか考えてるのか。そんなことは起きないから。そう思っているなら騙されているんだよ。

って色々考えると、一国民立場でありながら消費税増税に賛成する人の思考回路がわからない。でもそれなりにいるんだから何か理由があるはず。誰か頭いい人教えてくれ。

2017-04-23

書いとく

http://anond.hatelabo.jp/20170421230333

一番の問題漢字変換。

漢字変換する時はどんなIME使ってる場合でも画面に表示されてるものから選ばないといけない。

まり画面に注目せざるを得なくなって思考が分断される。

こう書くと普段は画面見てないのかと言われそうだけど、ぶっちゃ言うと画面なんて見てない。

別に他の資料見ながら写経してる訳じゃなくて、書いてるロジック全体像を考えてたら視覚なんて邪魔なだけ。

まあこれプログラミングに限ったことじゃなくて日本語文章書く時も同じなんだけど。

http://anond.hatelabo.jp/20170422231051

字面通りに受け取れば、その上司設計を決めていないと思うけれど、仕様を決めてると言えると思う。

あるソフトと同じように振る舞うようにしろとか、見栄えをどうしろというのは仕様を決めているようにしか見えない。

まあ、元増田仕様を具体化したとは言えると思うけどさ。

元増田的にどんなに見え映えがダサかろうとさ。

ゲーム業界は知らんけれど、もし元増田が0から思考ルーチンの設計実装をしているとしたら、ゲームデザイナーは何の仕事をしているんだろうと思った。ノンプレイヤーキャラクター性格付けなどがあるとしたら、その設定に基づいて思考ルーチンを作るわけだから0から作っているとは言えないと思うし。日記を読む限り、ゲームデザイナー元増田実装したもの自分仕様通りに作られているか確認していたという風にも見えるし。

思考ルーチンのロジック理解するのにコードを書けないといけないというのもちょっと不思議コードが書けないといけないというのをコードを読んで理解しないといけないという意味だと思うと、そもそも設計仕様定義をしていないのかと思うわけで、仕様定義設計をしないでよく製品が作れたと思う。

2017-04-22

コードを書けない人からすると

上司と俺とよその会社の人と三人で自社のスマホアプリの話をしてたら、上司アプリ仕様自分が考えたとか、設計自分でやったとか言ってるのな。

でも実際やったのは、某パソコンソフトパンフレット体験版をもってきて、俺に「こういうの作れ」って言っただけ。

お手本にしたPCソフトをそのままパクるのは無理だったから、最低限の機能を洗い出したり、分かりにくい内部ロジックも、体験版にいろいろデータを打ち込んで推測したりしたのは俺。

上司のやったのは、ほぼ出来上がった状態アプリを見て「このメッセージ重要から(原色の)赤にして点滅させろ」とか、デザインをダサくしたり使い勝手を悪くするような指示だけ。

俺の目の前で自然自分設計したって言ってるから、本人の主観ではそうなんだろうな。

 

こういうことは初めてじゃなくて、何度か経験してる。

ゲーム会社で働いてたとき麻雀ゲームを作ることになって、外注ゲームデザイナーがやたらと思考ルーチンのロジック説明しろって俺に言ってきて「コード書けない人に説明してわかんの?」と思いつつ、ロジックを頑張って説明してた。

しばらくしたらそのゲームデザイナー会社に「俺がこれだけアドバイスをしたんだから麻雀ゲームエンジン権利を半分よこせ」みたいな交渉しだすのな。

 

コード書けない人からすると、ちょっと仕様自分意見が反映されると「俺が仕様をきめた、設計した」って思えちゃうんだろうな。

2017-04-20

公務員ボーナスって何だ?

都内勤めの会社員アラサー

転職して初めてこの会社ボーナスをもらうのだが、

ボーナスをもらう立場になって疑問に思ったことを書く。

うちのような営利目的会社であれば、

目標があって、業績があって、

その達成度合いなどが結果として、「ボーナス」となるのは普通に理解できる。

もちろん業績が悪ければ、分かりやすボーナス支給されない。

一方の公務員(の仕事)は、生活に無くてはならないサービス運営していく立場であると思うのだが、いわゆる非営利ではないのか?

その仕事利益目標みたいなのはあるのだろうか?

自分公務員でないので適当なことを言っているのは承知している)

生活保護申請件数を、昨年対比で5%減らしました!とか

住民登録手続きを今期はミスひとつなく行いました!とか

そういうのがボーナス査定になったりしてるのか?

公務員ボーナスとは何なんだろうか。

追記:

年収を18等分し、そのうちの1/18 を1ヵ月の給与とし、残りの 6/18 をボーナスとする。 これが、ボーナスの考え方の基本。本人のがんばりとか、業績達成とは何の関係もない。

いやいや、民間だって賞与が業績連動してないところとかいくらでもあるだろう。

俺が会社員だったとき年収単位査定して16分割して夏2冬2出してただけだったし。

本来ボーナスは報奨金(っても裁量性だったから実質時間賃金の後払い)って名前で出てた。

納得できないなら昭和の奇習とでも思っとけ。

ボーナス認識がそもそも違ったようだ。

いわゆる「ボーナスステージ」、「ボーナスタイム」のように報酬的な意味合いがあるものなんだとばっかり思っていたが。

だったら業績不振で削らず、年収として12等分で給与として渡してほしいものだと思った。

そして、そのロジックでいくと公務員は単に年収が高いということなのだな。

2017-04-18

オタク趣味を悪いこと(行為)だと思っている(思い)と接続している問いを投げかけている時点で、

おかしいと思わない思考がどうかな、なんて。




オタク非オタかなんてどうでもいいんだよね。

自分のザルロジックに自信アリげだったのでこいつ気に入らねえな、って言うだけでさ。

2017-04-14

一部の発達障害と「共感」する力について

発達障害のある人の手記を読んで思うこと

「私が」ではなく、「周囲の人が」困ったり、迷惑をする時の感情に思いを馳せる力。それはすなわち、他社の感情に寄り添う「共感力」に他ならない。

これは「定型」発達者が、成長の過程でおのずから身につけてゆく力だ。

最近は、職場発達障害の疑われる同僚に接するようになり、障害の様々な態様について関心を持つようになったのだけれど、

そんな中、発達障碍のある人の手記を読むと、この力がポロリと欠け落ちているように感じられることがある。

「私」がこう思った。「私」は、こんなふうに苦労した。だから「私」は今、こんなふうな生き方をしている、等。

論証の視座が自己に偏っていて、どこか一人称小説を読んでいるような気分になる。

特にアスペルガー症候群と診断された人の手記には、この傾向が色濃く出ている。

ex.

アスペルガーの私が、マルチタスク命!のコンビニで働いた結果…」

https://h-navi.jp/column/article/35026205

 →著者ヨーコ氏の他の記事も参照

申し訳なさ」が成長・発達を促す

敗れた側のスポーツ選手はいう。「こんなに応援してもらったのに、応えられなくて申し訳ない」と。

オリンピックワールドカップで、また欧州サッカー選手監督がそういった反省の弁を口にしているのを見ることがある。

から、この「申し訳ない」という感情は決してこの国特有のものではないのだろう。

そして、このような反省悔恨を述べた後、選手監督が次に口にするのは「だから、次はもっと努力したい」という言葉だ。

このとき申し訳ない」気持ちは、周囲に迷惑をかけないために、または、誰かの期待に応えるために、その原動力として働くようになる。

こうすまい、ああすまいと、「自分以外の誰か」にとってよくない結果を避けようと努力し、自らを発達させるエネルギーを生み出す。

自分のせいで落胆したりや辛酸舐めることになる他者への共感=「申し訳ない」という感情が出発点となり、人は成長・発達を遂げることができる。

共感力を伸ばす

こんなことを書くと、発達障害で苦しんでいる当人に、さらに罪悪感を持たせようというのか、という意見もあるだろう。

それは確かにそのとおりだ。

このような「申し訳なさ」に至る=気づくためのメソッド治療方法があるとしたら、それは前出のような手記を書くことのできる状態発達障害のある人にとって望ましいものだろう。

少なくとも、自分がこの世に存在することが申し訳ないというような、極度の抑うつ状態にまで達している発達障碍の人には、すでに禁忌である

私のような素人が、決して軽々しく日常生活に応用していいものではない。

しかし、こちらもまた感情ある人間であって、ふとした瞬間に、相手に対して非難いたことばを掛けることを制御しきれないのも事実だ。

ここで主張したいのは、こういった発達障害のある人から申し訳なさ」を引き出すような問いかけ・コミュニケーションを一概に否定するのではなく、

時には負荷をかけることが有効場合もあるのでないか、ということだ。

罪悪感という負の感情を克服するために、克服したいという意思を持つがゆえに、人は自らを発達させようともがく。努力する。

申し訳ない」という感情に含まれる、他者存在距離を感じるところから視野が拓かれ、自らの発達障害に深い理解が及び、ひいては、その克服に至ることがあるのではないか

以上のようなロジックで「申し訳なさ」を引き出すことが発達障害のある人のためにもなるという主張をしてみたいと思う。

なんでこんなことを考えざるをえないか

望むべきは、私自身がもう少し発達障害の疑われる同僚に気を使ったり、自らを押し殺したりすることなく、時に軽やかに時に遠慮なく、モノを言えるようになることだ。

発達障碍のある人の周囲の人間の負荷。

まったく陽のあたらないこの負担を担ぎながら、私もまた、私自身を視座の中心に据えて、こんなレントシーキングまがいの呟きをしている。

発達障害を望ましい個性であるとか、多様性の発露であるかいった主張だけは受け入れられない。発達障害が克服・改善されない限り、かならず誰かが負担をこうむるのだから

以上。徒然おわり。

2017-04-10

http://anond.hatelabo.jp/20170410133306

AとBに関して一般化が早速なされていて、これは理解してない感満載なんだが。

Aの共通項を近似するBに適用する、以前の中間ロジック一般的かどうか妥当性を検討してないし。

http://anond.hatelabo.jp/20170410092217

横だけど社会性が少ない人って独特の謎理論持ち出すよね

そのロジックだと

父は一切育児参加せず、全て母に押し付けるのが当然

という旧態依然とした考えの父を容認しろってことになる

 

文章を読み取る力全くない人間ほどネットで偉そうに語っちゃうのはなんでだろ

子育て経験どころか他人と触れあった経験すら全くないんだろうね

ネット論破自己実現人生って楽しいの?

http://anond.hatelabo.jp/20170410085202

そのロジックだと

父は一切育児参加せず、全て母に押し付けるのが当然

という旧態依然とした考えの父を容認しろってことになる

 

事故から私たちが学ぶべきは「育児常識は日々変化する」ということだと思います

その通り、だからこそ今育児をしているなら今の情報を入手するのが当然

育児書でも育児サイトでも、蜂蜜を与えてはいけないという情報はいくらでもあるのだから

サラッとでも「今」の情報仕入れようとしていれば知っていて当然の知識

そしてお手軽に情報元とされやすクックパッド等の大手サイトならば

注意書きがあろうと、命にかかわる誤解を与えかねない情報には

ちゃんと規制自分で掛けることが望ましいのは言うまでもない

低能ちゃんへの入れ替わりを疑ったかロジックを洗い直したんだけど、正解だったみたいね

2017-04-05

http://anond.hatelabo.jp/20170405193457

私も実体もないままに、観念的で理論理屈による発言をすることはありますし、

演出方法意図的に変えて、発言することもあります・・・

それらはロジックによるもので、結果、間違っていても、

それらはあくまで推論の誤りだと思っています

非常に申し訳ないですが、現実実体もなく、ロジックもなく、

目的もなく、上滑りな皮相の言葉しか見えませんでした。

そしてそういうことが言えてしまう神経構造も、私には理解しかます

高能様はスレッド横取りしてロジックだけで喧嘩しようとするのですぐ分かる

2017-04-03

ソニー株式会社退職しました

表題の通り、数年勤めたソニー株式会社退職しました。

個別具体退職理由はいろいろあってそれらは後述しますが、退職を決めた基本的理由は、個人的キャリアパス設計会社方針ミスマッチ労働観のミスマッチ技術投資の考え方のミスマッチの三点に集約できると思っています

キャリアパス設計会社方針ミスマッチ

私はソニーソフトウェアエンジニアとして働いていました。

ソフトウェアエンジニア(を目指す人間)にとってソニーと言えば、"自由闊達理想工場"、エンジニア自由活躍できる会社日本メーカーなのにソフトウェアもちゃんとつくれる会社、などのイメージがあるかと思います。私もそう思っていました。

実際会社説明会などでそういった説明しましたし、そういったイメージを前提に私はソニーを選び、「エンジニアとしてプロフェッショナルになる。品質が高く、お客の求める体験を作り出せる人間になる」というふわっとしたゴールを設定し、いわゆる"プログラマ 35 歳定年説"をガン無視した一生エンジニアキャリアパスを描いていました。

しかし、会社の求める人材像、少なくとも自分が配属された事業部で求められる人材像、キャリアパスは、上記と全く異なるものでした。

昇進の段階としては、現場業務(エンジニア)は基本的に常にマネジメント業務(中間管理職)に対して格下に位置得付けられており、一部オーバーラップする部分があるものの、昇進する = エンジニアをやめてマネージャーになるという状態でした。退職の原因になった上司からも「君は優秀なんだからプログラミングみたいな低俗なことは早く辞めて人を動かせるようになれ。私が引っぱりあげてやる」(意訳)といったようなことを言われ、自身の「エンジニアとして生きる」というキャリア設計との相違は明らかでした。

もちろん、組織としてスケールするために、エンジニア経験を活かしてマネジメントに移行することは否定されることではありません。ですが端からエンジニアリングマネジメントになるための踏み台として"しょうがなくやるもの"として扱うことには強い違和感嫌悪感がありました。

退職の際の送別会で、部署の中でもエンジニアとしてレベルが高いと感じていた40代の先輩が、「ソニーではエンジニアリング評価されない。俺はその方向に進んだけれど、給料最近下がる一方だよ。君はい選択をした」と言っていたのが、未だに記憶に残っています

労働観のミスマッチ

はいわゆるライトオタクで、アニメゲームが好きでコンテンツを消化する時間無限に足りないと感じていたり、自分で何かを考えてものを作るという絶望的に時間を食う行為も好きだったりして、ともかく余暇時間の確保が人生重要課題です。

うご推察されたことと思いますが、ソニーでの私の労働時間はそれなりに長かったです。企画ビジネスユニット主導のスケジュールに開発部隊は圧殺されて、長時間労働常態化していました。私も残業時間が 90 〜 100 時間程度の月が 3 ヶ月ほど続いたこともありました。部署の先輩には、残業時間の"平均"が100時間という方もいましたし、月の半ばで法規制が許す残業時間を"使い切ってしまう"ため月の中盤以降は"定時に帰ったことになっている"デバイス系の同期もいました。正直に告白すれば、私もチームリーダーに「打刻してから席に戻ってこい」と言われたことがあり、そのチームリーダーは次の日悔恨の表情で「昨日言ったことは忘れてくれ」と言っていましたが、数カ月後に突然辞めました。

前述の通り、趣味時間人生の意義になっていた私にとって、これは体力的だけでなく精神的にも非常にダメージの大きいものでした。上司からの「君のチームが他のチームに比べて残業時間が少ないので、(労使交渉で通常の上限の)60時間まで残業時間を埋めてほしい」という指示が決定打となり、退職を決意するに至りました。

技術投資の考え方のミスマッチ

昨今の、シャープ東芝等のニュースで明らかになっているとおり、大企業から安泰ということはもう過去の話です。そのため、自分市場価値を高めておく必要があると私は強く感じています

しかし、会社エンジニアリング軽視であり、またその昇進先であるマネジメントについてもお世辞にもプロ仕事とは呼べないものであり(残業100時間を続けないといけないマネジメントとはなんでしょうか?)、ソニーで働き続けることは私の「労働市場自分市場価値を高める」という方針にとってリスクしかありませんでした。

人事担当者に、現在キャリアパスについて不安があるという相談をしたときにも「増田さんがソニーで(定年まで)働き続けることを考えると〜」のような発言をしており、会社がなくなる / 現状の待遇が維持されなくなるというリスクは全く考慮されておらず、いかにただただ嵐が過ぎるのを耐えるかという発想しかありませんでした。

エンジニアリングについても、昨今の汎用チップスペック的に見劣りする高額のカスタムチップの開発、そのカスタムチップを使いこなすための C / アセンブラによる手動の最適化といった"職人芸"に対する信仰、大量のテスターを雇っての人力テストなど、エンジニアとしてのセンスとしてやや疑問符がつく、ともすればレガシーな開発手法がまかり通っていたりと、この技術職場適応したとして、その人物一般的問題対応できるだろうか?その人物市場評価するだろうか?という疑問が拭えませんでした。

また、業務時間がまるで足りないからとコードレビューすらろくにできないので知見がたまらない、時間がないので勉強もできない(しない)、もちろん職場で最新の技術に対するディスカッションどころか雑談すら成り立たない、という状況で、私がこのような職場業務忙殺されている間にも、世界エンジニア勉強技術力を高めているのかと思うと、相対的自分市場価値を毀損されていると感じ、焦燥感にはちきれんばかりの思いでした。

転職

こういった不安・不満があり、また会社の期待にも応えることが難しいということで、先ごろ無事ソニー退職し、新しい職場で働き始めています。新しい職場は上記の 3 要件についてよくマッチしていると感じており、心穏やかに働けています。幸い年収も多少増える結果となりました。

色々書きましたが、これらはソニーが悪い会社だと言う話ではなくミスマッチだと思っています。上記の内容はすべて私の価値観を元にした一面から評価になっており、他方でここで挙げたような会社の考え方(マネジメント優先・仕事優先・安定優先)に同調・納得できる方もいると思います。残念ながら私とはミスマッチだったというまでです。

また、あくまでこれらはソニーという(さらに言えば自分の配属された事業部という)組織に対する評価であり、尊敬できる先輩・同期もたくさんいましたし、そういった方々と出会えた、幸いにして現在も仲良くしていただいているということは、本当にありがたいことです。

みんながしあわせになるといいな。

おもしろ案件お気持ち表明

ここからは単なるおもしろ案件共有コーナーです。

内定もらった時の風景は今でも覚えていて、友人と一緒に出かけていた先で内定通知の電話がかかってきて、本当に2人で喜んで、とても嬉しかったのを覚えている。どうしてこうなっちゃったんだろうなぁ。

ものつくりの現場で、エンジニアリングバカにされたのは悲しかったなぁ。私がいる間だけでも、ものが作れなくなっていってるのが感じられたのも悲しかった。

2017-04-02

http://anond.hatelabo.jp/20170402014343

読んだだけで行動もアウトプットもしてなかったらまぁそうなるわな。

ちなみに、多読必要理由は「たくさん読まないとどれがいい本かわからない」から。逆に言えば、たくさん読んでも良書に出会えなければ意味がない。

で、ある著者曰く、「良書に出会ってその成果が本当に出るのは10年後」。

成果を出すために必要な年数の目安として、1−3−10法則

1年後ー微細な、小さな成果

3年後ー平凡だが実のある成果

10年後ーとてつもなく大きな成果

ちなみに、凡人の多くが成果が出る手前で挫折してやめるそうだ。

あと、書籍って言ったって、自己啓発書ビジネス書の他に「専門書」とか「実用書」だってあるだろ。

自己啓発書ビジネス書胡散臭いのも多いけど、専門書や実用書が役に立たないわけがない。

追記。もし「書店」というのが小型書店ことなら、「そりゃそうなるわ」って思う。小型書店は売れない本を置く余裕がないから、売れる本しか置かない。売れる本の殆どが「誰でも理解出来るレベルの内容の薄い本」で、その殆どが、既存ロジックの焼き直し。希に良書がベストセラーになることもあるし、長年読み継がれている良書ももちろん置かれているが、小型書店でひたすら本を探し続けても、特にベストセラーフォーカスして買い続けると、「入門以外の目的では読まなくていい本」を大量に抱えることになるだけ。

2017-04-01

http://anond.hatelabo.jp/20170401133345

元増田がけもフレネタからスタートしているのに、それにぶら下がるふっかけがけもフレネタでないとはまた苦しいね

リーからと言ってそのネタについて語る義務はないってところかな。

よくいるよね、議題ではなくロジックだけに分離してこね回してゆく人。

http://anond.hatelabo.jp/20170401013342

そのロジックはけもフレの美術賞賛してる増田にも適用されると思うんですけどね。

なぜわざわざ省力化してある背景を見抜けもせず賞賛してしまったのかと。

あと指摘した雲ならほら、今だって飾ってありますよ。頑張って探してちょうだい。

ちなみに自分がアホだった点は一点、ああい喧嘩っ早そうな増田に絡んじゃったことですね。

まあ薄々気づいてましたけど。

2017-03-29

これは低能ちゃんではない

低能ちゃんと比べてもアホ過ぎる

あいつも大概無茶ロジックねじ込んでくるけど

http://anond.hatelabo.jp/20170329215242

そんなロジック抽出はどうでもいいので(勝てるけど)、元増田アニメ意見に関して反論してみたら。

芸がないよ。

2017-03-28

http://anond.hatelabo.jp/20170328121902

あのさ「けものフレンズ」「煽り」で検索したら実例がある、だからこれは煽り

このロジックがもう狂ってる

いきなり断定するのがもう駄目

けものフレンズの話してる時、みんなフレンズと同じように平和的に「すごーい」って言ってるよ?

みんなと一緒に見よう?

http://anond.hatelabo.jp/20170328121351

それはおかしい。

用例として散見されうるならば用例に則った用法で受け止めることを狂っている、などとはいえない。

ましてどうして相手が狂っているかいかにして狂っているかロジック説明していない。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん