「虐殺」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 虐殺とは

2017-03-26

1999年の夏休み

1999年の秋、僕はカンボジアでバドミントンをしていた。その後はスパゲティ・カルボナーラを食べて談笑したり、埃っぽい街を50ccのバイクで徘徊していた。

この国の20年前にはクメール・ルージュが共産化のため、知識人を中心に200万人を虐殺した。10年前はポルポト派とベトナム軍と内乱の真っただ中で、やっと数年前に民主政権国連の手によって樹立されたばかりだった。

とある通りには、ピンク色の電灯が灯る屋敷が建ち並ぶ。ベトナム人少女がいる置屋で、10代前半から後半の彼女たちは$300程度の借金でここに売られ、$5で客と寝る。

少女を買う知り合いについて行った。入り口のドアを開けると黄ばんだ白いネグリジェを着た少女らが、小さい子は走り回り、大きい子は座って話したり、爪を切っていた。

知り合いは買う女の子が決まっていて、早々に奥に消えて行った。どうしようかと思い始めたときに、少女が和やかに近づいて来て、自分の顔を指差し同意を求めたあと、僕の手を引いて階段を登って行った。

手摺のない階段を手を引かれ登る。二階は洗濯場と台所らしく、おばさんが洗濯物を抱えていた。ここで服を脱げ。シャワーだ。とジェスチャーされ、現実感の無い時空だったので言われるまま脱ぎ、セメントの壁から生えているシャワーの冷水身体を洗った。バスタオルを渡され身体に巻き、三階に登った。

廊下のドアを彼女が開けると、そこは一畳の部屋だった。不快ではないけれど空気は湿り、床は万年床で、壁も電灯も薄暗いベージュ色だった。奥の壁の角に小さな机、の上にはラジオ。

誰とでも、回数を重ねても、せっくすの前は緊張して慣れない。ドキドキして挙動不審になる。正座して座ると彼女も座り、僕の顔を覗き込み、笑った。軽くキスをされ、ネグリジェをたくし上げて脱ぎ、と、ここからはあまり覚えてない。彼女はふつーに若く可愛らしかったけど、感情は伴わなかったから、教科書的なせっくすを可及的速やかに終わるよう努力した。彼女はショーツは履いてなくて「股間にチューブから出したゼリー的なものを塗っていた」か「何もしてないのに入るのかな入るんだ」のどちらか。コンドームは自分で付けたか付けてもらったか記憶曖昧

基本的彼女たちは国連やら世界保健機関やらが救援物資として配る避妊用ピルを飲んでるから、時になかなかいけないと、抜いてパチンとコンドームを外し、そのままでいいよ。とされるけど、判断は間違えない。

僕が正常位で頭の中のデータベースから、読んだ成人コミックのエロいシチュエーションや場面をフル検索して早々に射精しようと腰を振ってるあいだ中、彼女は少し笑顔で、興味深そうに僕の顔をじっと見てた。

3分からず終わり、大袈裟に息を切らす。振り。をすると、両手を首の後ろに回され、僕の上半身を支えていた腕がかくんと折れた。

その後、彼女の横に仰向けで寝た。いま居る場所隣の女の子、した行為、など賢者時間あいまって頭の中がスパークして、どういう表情をしていいのかわからないし、天井を見上げながら、記憶喪失の人がいまの状況を思い出そうとしてる、よくある映画登場人物みたくなった。

一畳の部屋なので僕の左腕は彼女の右腕と触れ合っているし、彼女は手をつないで、ぎゆっと握った。ここが何処で僕が誰であろうとも、手から伝わる暖かさから、隣に誰か、女の子で年頃で裸の、がいることは確かだな、と物事を難しく考え始めかけたとき彼女身体を横に起こして、また僕の顔を興味深そうに覗き込んでいた。自然彼女の左脚が僕の左脚に乗り、膝がちんこに触れて、状況的には悪くないのに恥ずかしいので(なんで出っ張ってんだよ!)と八つ当たり気味に思った。

彼女は静かに笑いながら、私の方を見なさいよ。とずっと僕の瞳を追うから恥ずかしい。けど顔は見たいから、視線を移す振りしてちらっと見ることしかできない。なんて自分が不甲斐ないので、開き直って意を決して視線を合わせる。と向うは余裕の表情で視線をそらしたくなる。のを堪えると、指でぴこんとちんこを弾かれて、ぁうっ…としたときに軽くキスされた。

頭がぼーっとしたまま二階に降りて、一緒にシャワーを浴びて洗ってもらって、そこから1人で帰ったか知り合いを待ったか憶えてない。

因みにここまでは、書きたいことの前振りなので続く。

次の日、その知り合いに会うと「うん、昨日の娘は良かったよ。なんかね、こうね…」と熱心に話し始め、あーなんか嬉しそうだな。と、どんな娘だったか見てもいないのに顔を思い出そうとするところで「だからさ、今日は持ち帰っちゃおうとか考えてるんだけど、あいぽん君も、ほら、昨日の娘なんかと」と誘い水を差されたので、またお店に一緒に行く。

この知り合いは、見た目は爽やかで会話の物腰も柔らかく、秘かに彼のことを好きな女子は多いんじゃないかなと思う、くるり岸田繁似の青年だか、所謂ロリコンだった。ここでロリコンと書いてしまうと、赤いランドセルを背負った低学年の女子の胸に(;´Д`)ハァハァ するとか、弱者である幼女支配することで性的欲求を満たすようなステレオタイプロリコンが頭に浮かばれるだろうが、彼の恋愛観は同性を好きになってしまゲイのそれと同質な哀しみ。だと僕は思っている。深く話し合ったことはないので想像だか。

また来ちゃったよという照れと、好きな女子に会えてニコニコしてる知り合いを他所目に、昨日の女の子を目で探すけどいなかった。休みか他のお客さんの相手か、そんなこともあるしと、座っていた2、3人の女の子の顔をざっと見て、なんとなく長く視線が合った娘を選んだ。

この娘のことは記憶にない。ファンキーに明るかったくらい。彼女たちは親の借金のカタに異国に連れて来られ、数百円で男と寝なければいけない毎日だけど、生まれた時からそうした環境文化の中で育ち、それが当たり前ならば、明確な理由もなく毎日勉強させられ、友だちとも遊べない生活のほうがおかしい。と、すうっと納得できるような明るさ。

下の階に戻り、女の子の間にちょこんと座り天井の隅を眺めてたら、昨日の女の子が僕に向かって真っ直ぐに歩いてきて、彼女の顔を見上げる僕の頬をばちん平手打ちした。打たれた時に(あ、他の女の子と寝たからだ)と気付いたけど、後から知り合いにも「他の女の子と寝たからだよ」とルール的なものを教えてもらった。だって君がいなかったからと言い訳けようと彼女を見ると、体は真剣に怒ってるけど瞳の奥と口の端しは笑っていて、僕らを見る数十人の女の子も笑っていた。

2017-03-15

私はかつて差別主義者だった、『けものフレンズ』を観るまでは。

 私はかつて差別主義的なケモナーだった。

 ご存知のようにケモナーには様々な派閥存在する。

 メスケモ派、オスケモ派にはじまりマッチョ派、モフモフ派、デブ派、ショタ派(なぜかロリほとんど見ない)、モンスター派(極左人外連)、トランスファー帝国肥大化公国、融合辺境伯領、ロイヤル竜奇兵連(ドラゴナーズ)、爬虫人類委員会レプタリアンズ)、キグルミ派、母性探求派、海生動物会議(「海の人々」)、四ツ足派だけどズーフィリアじゃないもん派(愛ケモ主義極右)、丸呑みだけが人生だ派、卵胎生出産教会インターレイシャル(人×ケモ)派、反インターレイシャル派……

「天はケモナーの上にケモナーを造らず、ただし、ケモナーの横には無限ケモナーを造った」

 とは近代日本における先駆的ケモナー福沢諭吉名言である

 産業革命以降の通信技術の発達は、孤独だったケモナーたちに「同好の士」を発見する機会を与え、ファンダムの拡大に成功したものの、

 同時に細かな嗜好の違いによる派閥対立をも生じさせ、その軋轢がついに二度に渡る世界大戦の引き金となったことは今更説明するまでもないだろう。

 そうした争いは近年まで衰えることなく続き、いつしかケモナーたちは「派閥が違えば殺し合って当然」という野蛮な虐殺言語所与のものとして生きるようになっていた……。


 私もそうだった。

 私もある狭い派閥こそ唯一かつ至高と信じ、他者排除差別によって所属派閥への帰属意識を高めていった。

 派閥意志に叶うと思えば、喜んで我が手を血に染めてきたし、かつての友人たちをためらいなく2ch晒した。

 なかでもいっそう劣悪とされ、他のありとあらゆる派閥から敵視されていたのが「ケモミミストである

 サイバーコネクトツー・スペクトラムでいうところの「レベル2」。

 「ニンゲン身体に、ケモミミ(としっぽ)がついてさえいればよい」とする日和見主義的邪教徒たちだ。

 彼らにはケモコミュニティ内において最初から人権など与えられてこなかった。

 なので、ふだんは「一般人」に紛れて潜んでいたのだが、ときおり何かの間違いで何も知らない”レベル2”がケモコミュニティに迷い込んでくることがあった。

 多くの場合、彼らは痕跡も残さずにコミュニティから「除去」された。


 中道過激派秘密ケモナー警察あいだで流行ったジョークにこんなものがある。

 「”レベル9"(いわゆる真性の獣姦嗜好)はケモナー以上に進化してしまったケモナーだ。だから畏敬をもって殺す。

  ”レベル2”はケモナーになれなかったケモナーだ。だから哀れみをもって殺す」

 私も彼らを憎んだ。

 でじ子の肖像を何枚も焼いたし、それ以上におぞましいこともやった。


 

 現代ケモナー社会は、あらゆるケモナーには自分自身同胞である他のケモナーの「性欲」を認め、尊重することができる能力、そして性的志向の善し悪しについて自ら判断する能力があるというフマニスト的前提をもって、各人に普遍的ケモナー権を付与しようとしてきた。

 一見それは理性的合理的、かつ人道的な判断基準なように思える。

 だが、人は他者の良い面よりも悪い面を重視する傾向にあるようである。それが上記のような派閥争いとケモミミスト蔑視の引き金となったのである



 だが忘れもしない2017年の某日。

 私は『けものフレンズ』を観た。

 もちろん、観る前は”レベル2”だと貶していた。

 しかし、一種社会現象となるにつれ、そして「一般人」たちがけもフレを「ケモナー」と結びつける言説を多く弄するになるようにつれ、私は「世間無理解を忠実バラなぬ」という一種義憤から、けもフレを鑑賞したのである


 最初はなんと退屈でつまらなく、くだらないアニメだろうと思った。

 だが、一話の終わりにさしかかったあたりから胸がざわめきはじめ、

 画面にかじりつくようにして二話に没入し、三話を見終わるころにはすっかりフレンズたちに魅了されていた。

 のみならず、こう思うようにさえなっていた。


「これは”われわれ”について語られた、”われわれ”のためのアニメである」と。


 ケモナー一般に受けいられる性的志向ではない。というか、世間的には性的志向ですらないと考えられがちだ。

 同胞たちは自分たちの好きなものカミングアウトできずに日々気持ちを圧し殺して生きている。

 ファンダムとは、そうした「のけもの」たちを包摂するために存在するやさしいシェルターではなかったのか?

 それがいつのまに、我々自身から「のけもの」を作り出し、排除し、殺し合い、差別するようになってしまったのか――


「姿かたちも十人十色からこそ惹かれ合」い、「みんな自由に生きている」場所

「飾らなくても大丈夫」な場所

 それこそが我々が最初に求めたファンダムのあるべき形ではなかったのか?


 蒙が啓かれるとはまさにこのことだった。

 すべての教えは『けものフレンズ』のなかにあったのだ。 


 私はいてもたってもいられなくなり、地下壕から出て地上へとあがった。


 灰色廃墟が広がっていた。

 だが、つい先刻まで鳴り響いてはずの銃声や悲鳴はすっかり止んでいた。

 地には戦車ではなく瓦礫の影で戯れる少年少女が、空には爆撃機ではなく大きな翼の鳥たちが遊んでいた。

 こんな穏やかで静謐時間はどれくらいぶりだろう?

 まるで、あらゆる憎しみが「ぼくのフレンド」に包まれて溶けて消えてしまったのかように。


 私はあてもなく、ただ何かにつきうごされるかのごとく歩いた。

 そして、数分もしないうちに反対側の地下壕から出てきたであろう年老いた男と出くわした。

 老人はあきらかに”レベル2”であった。

 ふだんなら我々の姿を見て怯えて眼をそらすはずの彼らが、瞳に決意をたたえ、凛としてこちらを見据えている。


「きみも、観たのかね?」

 そう老人は問うてきた。

 私は無言で頷いた。 

 頭を傾げた途端に、一条の熱い何かが頬をつたい、顎からしずくとなって焼けた大地に滴った。

 涙を流している、と自覚したのは、湿った点が地面に染み込んで数秒経ったころである

「私は、私たちは」とうわずる声で私は言った。「許していただけるのでしょうか。あなたたちとフレンズになることは……できるのでしょうか?」


 老人は痩せこけた顔に、穏やかな微笑を浮かべて応えた。

「笑おうじゃないか。ともに笑ってみよう。

 高らかに笑い、笑えば、フレンズなのだ

 喧嘩してすっちゃかめっちゃかしても仲良しに戻れる」   


 そうとも、と老人は私の肩を叩いた。

 ここが、われわれのジャパリパークなんだ。

 われわれは『けものフレンズ』というサンドスターを通過して、今一度生まれ直したのだ。

 まっさら状態で。

 だから、ここからはじめよう。 

 本当の愛は、ここにあるのだよ。

2017-03-13

亡くなった彼は何故この時代に現れ、バズったのか

狂気狂気迫害対象となるだけでなく、とき信仰対象となる。

殺人鬼障害者虐殺した介護職員統合失調症のうるさいおじさん、地下アイドル、嘘つき音楽家

ヒトラーイエス・キリストさんまメッシ橋本環奈ホリエモン高橋一生、そしてこれを書いている無職

あらゆる事物事象生物、営み、注目、興味、すべては狂気なのだ。人はみな狂人だ。

でもそんなことはどうでもいい。そんなこと当たり前だ。ほとんど何も解決しない。

フーコー著、狂気歴史も割りとどうでもいい。読まなくていい、あんもの

今も昔も狂人迫害される存在だ。技術により隔離する費用が下がったけれど。

今回得られた教訓は、ひとをしばらく羽交い締めにすると死ぬ、ということだ。

http://i.imgur.com/Ley9bi7.jpg

2017-02-25

http://anond.hatelabo.jp/20170224151556

就職口の可能性があるとき私自身は、できるだけ意図的女性を推すようにしている。候補者が2人以上いて能力が等しければ、もちろん女性の方を、それどころかもし女性の方に若干問題があっても、やはり女性の方を推すことにしている。つまり、あからさまに男性逆差別行使しているのである女性はずっと差別されつづけてきたから、少々の逆ハンディをつけなければ、男とはとうてい対等にはなれないかである

  

とか言った日本フェミニスト思い出すな。

実際、日本女性が受けている死ぬよりも辛い拷問のような生活を思えば仕方ないのないこと。

男が本当に男尊女卑について反省してるなら、女性人類誕生から受けてきた差別贖罪を男はするべきだよね。

中国韓国で大虐殺を働いたことですらちゃんと謝ることができないネトウヨ日本人には無理だろうけど、そうじゃないはてな民ならできると信じてるよ。

2017-02-21

言われてみれば

http://anond.hatelabo.jp/20170221150540

虐殺行為はNoの部分にアウトローを気取りきれていない年相応さが見えて面白いね。

尊敬する人間ドルフ・ ヒトラー虐殺行為はNO)」の意味

某有名コピペに気になる箇所がある

尊敬する人間ドルフ・ ヒトラー虐殺行為はNO)」

虐殺行為はNOということは政治的立場じゃなくて人間としての行動力だったりエネルギー評価しているのかもしれない

異常な家系で育ちながらも画家を目指し

政権転覆のために一揆を起こすなんて普通人間の行動力では無理

2017-02-15

http://anond.hatelabo.jp/20170214193556

宗教について考えるとき歴史的なさまざまな経緯(虐殺迫害など)があったことは分かる。だからそれを狂信的に信じて、他人をどうこうしてきた経緯があるから善悪っていう基準が出てくるのも。

ただ、そういうもの原理主義的に考えても仕方ないんじゃないのかなあと思う。

例えば母親子供が無事に生まれてきますように、育ちますように、って祈るためにあったり、苦しいとき自分だけじゃなくて神様も一緒に苦しんでくれるとか、苦難にぶつかったときに神の試練なんじゃないか意味を見出そうとしたり、そういう「弱さ」(ここにはいろんなものが入る)に寄り添ったりしてくれるものなんじゃないのかな、と思う。

我々は別に神学者哲学者、あるいは原理主義的なテロリストじゃないんだから善悪っていう一面的な捉え方をする必要はないんじゃないかなと思う。

虐殺機関じゃなくてなんで器官なの?

いやらしい表現だよね

2017-02-06

http://anond.hatelabo.jp/20170206123015

確かにカナダ先住民虐殺して土地強奪したくせに、難民受け入れ多様性を語るって

おかしいんじゃないのとしか思えないね

アメリカ槍玉に挙がりがちだけれど、カナダ白人植民地しかない

2017-02-04

ロヒンギャ族虐殺で一々ぎゃあぎゃあ騒いだってしょうがねえだろ

そういう奴らに限ってシリア虐殺おざなりな扱いで

プンプンまったくいけないことだね!

くらいで済ませてる

中国フィリピンメキシコなんてその程度の虐殺なんて掃いて捨てるほど湧いてるというのに

自衛隊が悪なのではなく、強大な力を持つと、中国だけではなくシンガポールマレー半島インドネシア等における虐殺行為やらかし挙句

公文書を焼いて証拠隠滅する体質を持つが故に

強大な軍事力を持つべきかどうかについて慎重にならなければならない

2017-01-26

Which is a fake news? : BBC v.s. CNN

APAが海外ニュースにあがって驚いた。期待したアパ社長写真世界デビューは、残念だがおあずけ。

ところで読み比べると、BBC[2]はまとも。CNN[1]は"fake news"だった。まさかトランプ意見が合う[4]とは・・・fox news報道しか。まぁ米国的にはAPAなどその程度ですが・・・

特にCNNJames GriffithsとJunko Ogura[3]の書き方は、偏向報道勉強になる。主要部[1]を以下に抜き出し(誤訳御免)。

1:南京大虐殺1937年から1938年にかけて日本軍南京占領した後の、大量虐殺レイプ・略奪など数週間にわたる狂乱(spree)―において推定30万人が死んだ。

2:(一方APAの)書籍では、数字がばかげており、その事件中国側でっち上げで実際には起こっていなかったと主張している。

3:(しかし)南京大虐殺は立証(well-documented)されている。戦後東京裁判議論され、2015年には関連文書UNESCO世界の記憶」に登録された。

4:APAはコメントリクエストに応じなかった。そして火曜日中国観光客の予約を喜んで受けていくとチェーンは述べた。

1の南京大虐殺説明にspreeを使っているが、これはどんちゃん騒ぎから連続殺人(スプリーキラー)まで幅広い用例を持ち、「占領軍勝利の美酒に酔い、溺れ、狂暴化し、虐殺」というありがちなイメージ誘導しつつ、定義している。2は事実なのでOKだが、3は報道の正確さに劣り、4は、もはやワイドショーレベルだ。「ノーコメントの逃げの姿勢」を報道し、でも本当は他メディアにはコメントしていて、しかしそれは報道しないという、印象操作だ。

しかし何も知らない人は「世界認定事項を否定し、主義主張あるくせに取材拒否して、怒りにも気づかず中国歓迎とか日本人はアレだなぁ」とCNN ニュースを読むだろう。一方、BBCは 「30万以上の(南京の)人々が虐殺されたと中国は述べている」と主語も書き、APA著者の日経新聞へのコメントも紹介し、(真偽は別として)読む価値のある情報提供している。

些細な点でもCNNは悪質だ。「中国観光客の予約を喜んで」というのは、「アパが中国客を宿泊拒絶」という中韓メディアデマと、その前のサイバー攻撃によるネット予約障害に関連[5]している。細かいがこういう背景も同時に伝えないと、「中国歓迎」は本当に頭がおかしいように見える。ぜひ原文[1]を味わってほしい。(BBCはすっぱりカットし、歴史論争のみに焦点を絞っている。)

[1] http://edition.cnn.com/2017/01/24/asia/japan-china-nanjing-massacre-hotel/index.html

[2] http://www.bbc.com/news/world-asia-38673407

[3] このOguraさんはどういう人なのかなぁ・・・CNN=朝日なの? https://ja.wikipedia.org/wiki/CNN

[4] http://www.hollywoodreporter.com/news/trump-slams-fake-news-cnn-inauguration-ratings-968297

[5] http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170124-00000565-san-cn

2017-01-23

南京大虐殺よりも問題なのは

いんきん大虐殺可能かどうかだろ!

痒くて仕方がないんだよ!

南京大虐殺存在しなかった と 南京日本軍による虐殺強姦存在した は両立する

現実日中戦争がどういう戦争だったかといえば、蒋介石率いる中国軍は装備、練度ともに日本軍に勝っており、しか蒋介石戦略的後退を続けることで日本軍補給線切れを狙ったというものだった。そして蒋介石重慶にまで逃げたとき日本軍はついに地上戦力による攻撃を断念し、貧相極まる爆撃機での戦略爆撃に切り替えた。この攻撃蒋介石心理的には追い詰めたものの、中国軍の装備する高角砲は性能抜群であり、また中国歩兵の練度は高かったのでここで日本軍爆撃機とその搭乗員に大損害を出し、この爆撃は 5 年間続いたものの得るところはほとんどなく最終的に日本軍撃退された。

そのような情勢下で中国各所で歩兵戦が続いたが、ここでも装備、練度ともに優れる中国軍に対して日本軍勝利を得ることはほとんどなかった。領土的な意味勝利を得た局面でも逃走する中国軍を捕捉できたことはほとんどなかった。

ようするに日本軍は当初から優勢な中国軍に鼻面を捕まれて広大な中国をいいように引き回された末に徹底的に敗北に追い込まれたという話であったから、整然と指揮された日本兵による大虐殺などというもの重慶爆撃を除いて存在しなかった。むしろ中国軍こそが黄河人口洪水を起すなど組織だった民間人虐殺を含め焦土作戦を行なったといえる。

では南京戦をはじめとした各種戦闘において日本人による民間人に対する虐殺強姦などが存在しなかったかといえばそうではない。それはソ連軍がそういうことをやっていたぐらいにはやっていた。古来軍隊とはそういうものだし、同性愛に対する規制が厳しかった日本軍では残虐行為は水準よりも多かったと評されている。

そうした、兵士個々人の残虐行為がなぜ南京大虐殺のような「デマ」にふくれあがったかといえば、軍部におもねるメディアがそういう嘘を垂れ流したからだったし、戦後中国がそうしたデマ報道日本兵処断の証拠としたり、対日宣伝の道具としたからであった。

南京大虐殺など存在しなかった、それはそうだ。だからといってそれを日本人中国人に対してマウンティングの道具にしてもどうにもならない。実際に日本軍中国侵略したのは事実だし、また南京大虐殺というデマを産んだのは日本の未熟な社会体制報道体制メディアリテラシーが原因だからだ。身から出た錆としか言いようがない。

というような話は 40 年ぐらい前に延々議論していたはずだが当時の議論現代参照されてるようにはみえないし大丈夫ですかね。

2017-01-20

南京虐殺に関しては

南京虐殺に関しては、1937年南京陥落前後日本軍中国人捕虜民間人虐殺したことを

2006年の当時の首相訪中客観的事実として中国側合意している。

ではその当時の首相はいったい誰なのかというと、安倍晋三首相である

ほんこれ

ほんこれ

ネトウヨパレスチナ虐殺に怒っているんじゃない

みんな虐殺やっているんだから虐殺は悪くない!と言いたいだけなんだ・・・

こういう詭弁卑劣だと思わない心理って、一体どうなっているんだろう

詭弁じゃないというなら、

パレスチナのために何かをしているはずだ

しか個人的経験では、、

パレスチナ関係集会に来るウヨっぽい人なんて見たことがない・・・

虐殺があったとか、なかったとか。

虐殺

あった とか

なかった とか

政治的スタンスもあるんだろうけど

なかったというのは

民族として、そういう事はしない、美しい民族だという事が言いたいんだろうかね。


でも、人数は正直わからないけど

あったんじゃないの?


それを虐殺と言うかどうか

というのは やはり被害側、そばで見てきた側の立場というものがあるわけで

何らかの加害行為があったのであれば加害者側がどうのこうの言いだすのは廉直な姿勢として

どうなんだろうか。

もっと加害行為をしたのは先祖の話であって

はっきり言って今の自分関係ないと思いたいよね。

犯罪者の子供を差別するような事はしないと思うけど

事件が起きたら犯罪者の子供をいじめたり

被害者でもないのに家族を責めたりって

そういう事は普通はしないと思うんだけど

でも現実被害者家族は恨みに思う気持ちもわかるわけ。



何とかなりませんかね












比叡山焼き討ち事件

2017-01-19

http://anond.hatelabo.jp/20170118102748

どうでしょう。結局何をもって虐殺というか、定義問題だと思います

南京において戦闘が発生し、その中で巻き添えを食った民間人が何千人だか1万人だかいた』これが起きた確率は相当な物だと言えますが、

これを虐殺というのなら、東京大空襲原爆投下比較にならない大虐殺と言えるでしょう

2017-01-18

原爆という大虐殺

原爆という大虐殺は詳細が残っているのに南京の虐殺は何にも残ってないのは何故?

南京大虐殺に関しては「大」かどうか、っていう規模の見解の相違はあるけど、日本軍による民間人虐殺があったのが確実

慰安婦に関しては軍がどの程度関与したのかっていう見解の相違はあるけど、意に反して強制された女性がいたのは確実

APAホテル客室設置の書籍について

政権閣僚も同じような考え方なんだろうな。

◎客室設置の書籍について https://www.apa.co.jp/newsrelease/8325


アパホテル社長は、

南京大虐殺がなかったと言っているのか?

三十万人がおかしいって言ってるのか?


少なくとも、普通の日本人南京事件南京虐殺)があったことを知っている。

事実として、南京事件はあった。

しかし三十万人の虐殺があったかは疑問。

ただそのことが南京事件がなかったことにはならない。


捕虜民間人を何人も(数万人)殺した。

中国では南京事件とともに旅順虐殺事件学校で教えられる。

http://anond.hatelabo.jp/20170118095349

南京事件論争 - Wikipedia

事件犠牲者数については30万人説からゼロまで諸説あり、その背景として、「虐殺」の定義地域・期間、埋葬記録、人口統計など資料検証の相違がある。

日本では肯定派でも30万人説を支持していないが、

いわゆるネトウヨは「全ての肯定派は30万人説を支持している」と批判する、

というズレがある。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん