「社長」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 社長とは

2016-09-24

パンチのきいた関西言葉

関西圏から大阪移住した。

めったにないことだけれど、日常生活の中で「でんがな」「まんがな」を聞くことがあると、ちょっと得した気分になる。

大阪市内オフィス街で「でんがな」「まんがな」なんてのは、ギャグでない限り日常的に使われていないのだが、

ながいこと営んでおられる小さな会社のおじいさん社長や、地元密着の喫茶店スポーツ新聞を広げている高齢者は使う。

「はあー、いつまでも暑ぅおまんなぁ」というように。

とても心ひかれる。大阪に住んで10年になるというのに旅情を感じる。

漫画やら映画やら小説しか接することのないパンチのきいた関西言葉に接すると、「お!」と反応してしまう、よそ者生活がもうすぐ10年。

直接聞いたわけでもないのに今まででもっとも衝撃を受けた関西言葉は、

「どくいり きけん たべたら しぬで」

グリコ森永事件のあれ。

事件当時小学生であった私は店頭から菓子がなくなる事態に遭遇したはずなのだが、よく覚えていない。

菓子に毒が混入される事件であり、小学生からの注目度はかなり高かったと思う。私も夢中になってテレビを見ていた。

しかし「どくいり きけん たべたら しぬで」は、後になってというか、ネット文字列として認識してはじめて衝撃を受けた。

内容の反社会性はもちろん、どことなユーモアのきいた恐ろしさのようなおもしろさ。

凄みのある顔つきの男が眉間にしわを寄せながら、片方の口角だけをあげてにやっとしたような気色の悪さに惹きつけられる。

それはそうと、豪栄道が優勝だ!

2016-09-23

[] ロックアップ

ロックアップは、企業株式新規公開する際に、創業社長会社役員大株主ベンチャーキャピタルなどの公開前の企業

株主が、公開後の一定期間(一般的には180日)、株式市場マーケット)で持株を売却することができないよう、公開前に契約

交わす制度のことをいいます。これは、上場直後(公開直後)に流通量が少ない株式を大量に売却することにより、株価が大幅に

下落するのを防ぐことを目的としており、通常、その内容は目論見書確認することができます

なお、市場外での相対取引など、相場に影響しない取引については許容される場合もあります

http://www.ifinance.ne.jp/glossary/management/man082.html

退職したいと言ったら社長が引きとめてくれたが、

やっぱりここでは、幸せになれる気がしない。

起業するタイミングが分からない

最近はてブ界隈で流行ってる起業の話だけどさ

 

大学生 ・・・ まだ早すぎる

大学院生 ・・・ そんな暇ない

〜26歳 ・・・ まだ若い

27〜29歳 ・・・ そろそろいいかもしれない

30〜35歳 ・・・ 家庭の事情で忙しい

35歳〜45歳 ・・・ 家族にNOと言われる

45歳〜   ・・・ もう遅い

 

いけそうなのが20代後半くらいしかないよね

って思ってたんだけど

 

以前働いてた会社で、社長シリーズBの時に普通に結婚してた

別の取締役結婚してた

会社が潰れるかどうかのギリギリの時に結婚してた

それで俺の価値観はぶっ壊された

会社は潰れたけど皆きっと幸せなのだろう

 

結論

いつ起業するかではない、いつでも起業できる図太いやつが起業しろ

あと未払い給料はやく払え

http://anond.hatelabo.jp/20160923022723

管理職(ていうか社長)だし、仕事必要な話しかしないけど、概ねうまく行ってる…というか、雑談するかどうかはほとんど関係ないと思う方に一票投じる程度の手応えはある。

正確にはABテストみたいに比較してみないとわからんけど。

2016-09-22

俺は一生結婚が出来ない

母子家庭末っ子長男32歳

父親は昔に死んだ。その保険金があったか大学も行けた。

母親は無理がたたって心疾患。もう働けないので一緒に暮らすことに決めた。

姉二人は自分が面倒を見なくていいということで一安心

半年前に決めたんだが、この話を当時の彼女にしたら別れを切り出された。

結婚するつもりでいたけど親と同居はありえない」って。そう言われても、母親資産ももうほとんどないんだから一緒に暮らさないと母親死ぬじゃん。年金もらえるまであと5年以上あるし。

生活保護という手もあるけど、心疾患で一人暮らしのままは結局心配だ。そういうわけで別れた。

ここまではまあ分かる。でも、親付きって本当に嫌がられる。

でも、既婚の姉達は特に俺が独身で親の面倒を見ることについて特に何も思っていないようだ。

「親付きでも良い人を見つけないといけないね」くらいしか言わない。

いや、あんたら旦那の親とめっちゃ仲悪いじゃん。結婚するときも「片親の家庭で貧乏から馬鹿にされてる」とか「旦那父親社長からか知らないけどめっちゃ身辺洗われた」とかって言ってたじゃん。

から旦那になる人の母親っていうのがすごい重荷になるって知ってるはず。

知ってるはずなのに、自分母親が弟の婚活において重荷になるという理解がない。

俺は一生結婚が出来ないっていうのは言いすぎかもしれないけど、極めて困難。

それは仕方ないにしても、姉達から無理解は辛いものがある。

アスペルガー症候群の同僚

アスペルガー症候群の人全員を悪く言いたくはないし、

全ての人がそうである事はないが、あまりにもうちの会社場合

社員の半数がノイローゼになるくらいひどいので書かせてくれ。

彼が仕事で少しでも無理な事を言われたら、頭をかきむしる、絶対に無理です、

会社を潰しましょう、自分死ぬべきだと言う。

誰かが止めるまで止まらない。疲れる。

社長冗談か本気か分からない無理難題をよく言うから

この2人が組み合わせるともう仕事どころじゃなくなる。

から冗談は通じないんだって

社長には丁寧に対応するクセに、周囲には平気で暴言を吐く。

おかげで会社空気が悪すぎて仕方ない。

社長も、無理難題言うのやめてくれ。

2016-09-20

http://anond.hatelabo.jp/20160920135801

そいつとのやりとり全部にCCで向こうの管理職とこっちの社長いれる

2016-09-19

フェミがうるせぇ死ねしか思われないのは単純な理由でさ

美醜で判断するなとか言っときながら美魔女だとか美人社長だとか美で得しようと目論む連中にはノータッチからなのよね

河原乞食芸能人はさておき美人美男店員みたいなんを潰そうとしないうちはてめぇの都合で判断してるだけのゴミしかみなせないわな

よくよく考えてみると、自分もありきたりのサラリーマンになるのが嫌だった

http://anond.hatelabo.jp/20160918170303

自分も思い返してみれば、16歳頃進路を決める時(この時期こそが石田君との最大の違いなんだが)

漠然

「そこそこいい大学入れて、そこそこいい会社に入っても、

そこでまた満員電車乗って競争頑張って、それでもまあ多分社長なんてなれないだろうから

60歳まで会社にいて、50代くらいになってやっと部長くらいになれても……しれてる人生だよなぁ」

などと考えていると、底知れぬ不安を感じたのを覚えている。

何の事はない。時期の違いこそあれ自分石田君と大して違わない。

(ちなみにその当時の自分にとって、良い会社代表として何となくイメージしていたのは「ナショナル」だった。なんと言う世間知らず!

パナソニック部長が当時の自分にとっては「そこそこ」のオジサンだったのだ)

  

  

…で、医者になる事にした。

から約30年前世間の景気は良く、今ほど医学部人気は高くなかったので、駅弁医学部偏差値関西で言えば(医学部を除いた)阪大京大の間の偏差値くらいだった。

なんとか現役でいわゆる駅弁医学部に入って、留年しない程度に勉強して 卒業して 国試を受けて 医師になった。

勤務医労働環境はとてもブラックだったが、まぁ何とか体をつぶさない程度に頑張って、そこから開業して、

開業してから軌道に乗るまで少し苦労したが、おかげさまで小金持ちと呼ばれる程度の生活は送れている。

部下の数や権限の大きさはともかく、自分より給料の高い「ナショナル部長さん」はいないだろう。

それに開業医と言うのは、人助けの点から見ても経営と言う視点から見ても、とてもやり甲斐のある仕事だ。

ただ、開業医と言うのは事業主であるのは確かだが、医師全体の中では少数派でもなんでもなく

レールに乗っかっている仕事とも言える。

  

石田からみて、自分のような人間は「起業が上手くいった成功者」に見えるのか、それとも「レールに乗っかっただけのつまらない小金持ちのオッサン」に見えるのだろうか…?

まぁどっちにせよ今の医学部偏差値は高騰しすぎていて、医師と言う仕事普通の家の 普通に利口な子供の目指せるものではなくなってしまった。

それはとても残念な事だ。

高校中退して起業しようと思うんだ



学校いてもスクールカースト底辺だし、友達恋人もいないし、このまま普通のレールに乗っても恵まれた健常者には勝てないし、生まれてきた瞬間に健常者というレールから外れてし、ずっと負け続ける人生ゲームをやらされるだけだし、受験アトピーゾンビウイルスでうまくいかないだろうし、サラリーマンにはなりたくないし、さっさと高校中退して人生一発逆転にかけてみたい。人生中退するまえに。





起業すれば不細工アトピーゾンビでも社長になれるのだ。

グレーなことを沢山して会社を成長させて、上場して適当にホラ吹いて株価釣り上げて株価暴落する前に売り逃げる。完璧だ。

そして、億万長者として、人間幸福を目いっぱい味わう。

金があれば女もついてくるだろう。いい女抱いて、うまい飯一杯食って、いい家住んで、いい車買って、いい服買って、いい腕時計つけて、貧乏人の健常者をあざ笑って馬鹿にして見下して優越感にひたりたって幸せを感じたい。




成功者として億万長者になれば、今までの嫌なことも這い上がりエピソードとして使える。

アトピーゾンビでずっと不幸だったことも成功スパイスになる。

成功したら自伝を出そう。不幸エピソードを書きまくって、そこから這い上がりましたっていうストーリーにしよう。

そうすれば大衆から称賛を得ることができて承認欲求をみたせる。

インスタグラム人生を楽しんでいる写真を沢山上げよう。

いい女に囲まれてたり、クルーザーに乗ってたり、上流階級パーティを楽しんでいる写真をあげよう。




ここまで書いて、何にも起業アイデアがないことに気付いた。そして、なんのスキルも持ってないことに気付いた。

コミュ障容姿きもいから営業の才能が皆無だということが想像でわかる。

アトピーゾンビ普通のレールに乗ってても健常者に負けるだけなのに他の人生のレールがない。

なにか特別特殊な才能が有ればそっちのレールに行くんだけど。

アトピーゾンビウイルスの痒みや痛みや肌の汚さによる他人から侮蔑的反応に耐える才能ならある。あと、精神崩壊せずに虐待や虐めに十数年耐える才能もある。

でもそんな才能は社会じゃ何の役に立たないし評価されることもない無駄な才能だ。




誰もが目を見張る特別な才能がほしかっただけの人生だった。

ライフステージが違うということ

久々に会った親友に「雰囲気が変わった」と言われた。

外見の変化ではなく中身の変化らしいが、奥歯に物が挟まったような物言いだったから、その変化は彼女にとってネガティブな変化だったのだろう。

彼女にこのセリフを言われるのは二度目だった。

私は、会話を続けながらも、少しずつ気分がどんよりしていった。

**********

私はある地方都市高校卒業までの18年間を過ごした。

中高はその都市私立の一貫校で学んだ。

地方中高一貫校とは首都圏のそれとは大きく異なる。

頭が良い子が行くところではなく、富裕層の子が行くところだ。

実際、私が通っていた中高でサラリーマン家庭の子は数えるほどしかいなかった。

彼らの親はほとんどが医師薬剤師弁護士社長だったし、私の父もそうだった。

私たちは、その地方都市では自らは最も幸福人種であると信じ込んで6年間を過ごした。

**********

話がそれたが、久々に会った彼女はその頃から親友だ。

楽しいことも苦しいことも分け合ったし、どんな些細なことも共有した。

**********

その後、私たちは別々の大学入学した。

彼女地元ではない地方都市私立大学へ、私は東京大学へ。

遠く離れても最初大丈夫だった。仲良くやれていたと思う。

年に1回は2人で海外に行ったし、住んでいるところは離れていたが、3ヶ月に1度は会っていた。

**********

でも、就職活動辺りから色々なことが拗れてきた。

当たり前だが、私たちは同じようには就職活動ができない。

受ける業界も、企業も、大きく異なったし、学歴フィルターも目の当たりにした。

私は地方都市出身コンプレックスに思うようになったし、自分がただのお山の大将だったことにも気付いた。

から必死努力した。

**********

彼女に初めて「雰囲気が変わった」と言われたのはその頃だった。

彼女就職活動が上手くいってないことも感じていたし、反面、私のそれは順調そのものだったから、その言葉は上手く躱せた。

私が内定をもらったところは特殊業界だったし、学歴早慶以上の人間しかいなかったから、鼻についたのかもしれない。

とにかく、私はその時彼女より余裕があったから、色んなことを飲み込んだ。

**********

その後、彼女も何とか内定を貰い、私たちはそれぞれ大学卒業した。

卒業旅行は2人でハワイに行った。楽しかった。

社会人生活も頑張ろうと誓い合った。

**********

就職してからは、サービス業休みが不定期な彼女と、激務な私とでほとんど会うことはなかった。

会っても年末年始地元帰省した時に少しお茶する程度だった。

昔みたいに海外旅行に行くどころか、近況を報告する余裕すらなかった。

**********

そして今日彼女東京に遊びに来たので、1年ぶりにあった。

なんとこの1年で彼女彼氏を作り、仕事を辞め、同棲を始め、婚約したらしい。

おめでたいことだ。

そっちはどう?と聞かれるのでありのままを話した。

仕事のこと、恋愛のこと、お金のこと。

そこで言われたのが、冒頭の「雰囲気が変わった」というセリフだった。

**********

私の仕事地位彼氏学歴貯金、全部、これらは私が死ぬほど努力して手に入れたものだ。

私は今の自分を愛してるし、誇りに思っている。

今の環境感謝しているし、これからもっと成長したい。

常に最高の自分アップデートしながら生きる。

**********

雰囲気が変わった」

このセリフ自分否定されてるような気がした。

**********

多分彼女と前のように親しくすることはないだろう。

もう生きる場所が違うのだ。

お互いにないものねだりを続けても仕方がないけど、きっと会ってもどんよりするだけだ。

**********

このブログ彼女に直接言えないヘタレな私からの別れの言葉だ。

**********

**********

親友だった彼女、今までありがとう

2016-09-18

ハゲドーーーーン!

って名前社長さんがNHKに出ていた。

その名前を小ヅラさんの前で叫びたくてしょうがなくなってる。

2016-09-17

ついこの前大学中退しました。

http://www.ishidanohanashi.com/entry/2016/09/15/193000

この記事にとても親近感が湧いたので自分体験談を書きます

なるべく特定を避けてぼやかして書くので分かりづらいかもしれませんが

読んでいただけると幸いです。

-----


僕も大学一年生の時に大学中退しました。

理由は、一生懸命勉強して入ったのに周りのレベルが低すぎたということが主な要因です。

大学中退して起業しよう!というより

在学中に「このままでは将来何もできないかもしれない」という謎の危機感を感じ

知り合いの伝でベンチャー企業のお手伝いをすることにしました。

だんだん学校とそこのお手伝いすることの楽しさが反比例してきて

それで大学を辞めて、そのベンチャー企業住み込みで働くことにしました。

僕もそこそこパソコンが扱えるので、入る時は石田さんのような感じで自信満々だったことを覚えています

住み込みで働き始めてから、「お前は本当に何にもできないな」と言われどんどんその自信がなくなっていくことを肌で感じ、

寝る間を惜しんで働いてる社員社長を見て「自分も何かしなければ」と思い、できる仕事ほとんどありませんでしたが一緒に起きて働いていました。

当時は受注をメインでやっていたので、社長がいろいろなつながりを使って案件を拾ってきたりしてくれましたが

ただ、ほぼ全員受注案件経験が全くなかったので、スムーズにこなせるわけがなく案件炎上しまくっていました。

自分が悪くないのにただひたすら謝っている社長ほとんど寝ていなくて働くはずのない頭でプロダクトを作る社員さんを見て

起業しても現実は甘くないんだな(ありきたりな言葉ですが)と強く感じました。

-----


石田さんは社長起業に対してある種の夢を抱いてるように見えたのでこのようなエントリを書かせていただきました。

「挑戦する」と言っていますが、それだけだと非常にカッコいいものに見えます

その挑戦の中身としてはこんな感じに非常に泥臭いものになると思います

ちなみに僕は先ほど述べた会社で大きな失敗をしてしまって、一時期精神を病んでそのまま退社しました。

今は前に通っていた大学に通いながら、1年くらいで培ったもの活用して就活に生かそうと思っています

以上です。

金持ちってどうやって散財してるの?

最近FX調子いから、このまま無尽蔵に金が増えたら~とか考えてふと思った

日本で何億も持ってたとして、一体何になるのかと

なんか楽しいことできるのかと

 

 

案1 豪邸を買う

数億が限界でしょ

楽天社長の豪邸で30億だっけ? あんなに部屋使わないしなー

 

 

案2 車を買う

ごめん、車興味ないんだ

 

 

案3 馬を買う

これは相当高いらしいね

でも調べたら数億だって

 

 

案4 うまい飯を食う

いいとこ数十万でしょ

 

 

案5 キャバホスト貢ぐ

いいとこ数千万

まらなさそう

 

 

案6 会社を興す

これもせいぜい数億じゃない?

よく資金調達ニュース見るけど、3億で高いほうだよね

それ以上だと自分コントロール効かなくなるし、それじゃ株主

からない会社を維持し続けるのは流石にアホくさいしなぁ

 

 

案7 大株主になる

妥当な線かもね

会社応援したりちょっかいかけたり

株主総会で盛り上がったり

 

 

案8 自家用ジェット

これだ! 数十億円かかるみたい

あでも、それでどこに行くんだ

出不精なのに

あと酔うからやだ

ちなみにセスナなら数百~数千万くらいみたいだね

 

 

案9 世界一周旅行 富裕層向けの

4ヶ月位で数千万とか言うのが出てきた

1年遊びまくって2億とか?

 

 

10 毎日乱交パーティー

1日30万円くらい×365日=約1億

チリツモで散財できるが、その前に干からびそう

 

 

11 アニメを作る

これはやってみたいね

BD5000本分くらい担保するとしたら1クール1.3億くらい? 意外とお手頃

 

 

と、無い頭で適当に考えてみたが、やはりそこまで面白くなさそう

なんだか夢がないなぁと悲しくなる

そういえば子供の頃「もし100億円あったら何するー?」の会話に、何て答えていただろう? 思い出せない

 

 

ちなみにガチ金持ちクラスになると、病気治したり、新技術研究したり、何かの課題解決したりするよね

そっちの方がぶっちゃけ面白そうだが、流石にそこまで稼ぐには偉人にでもならないと無理なんだよね

2016-09-16

ドラマ女性キャラ存在が苦手な時がある

最初に書いておくとこれは女性女優ををdisりたいために書いた記事ではない。そう伝わるのは本意ではない。

この記事はどちらかというとキャラの役目やストーリーの話である


ドラマ女性キャラが苦手な時がある。それは折角面白いのに恋愛っぽいパートの部分がその面白さを阻害している、と思う時だ。

たまたま先程家族が垂れ流していたドラマを見ていた。「リッチマン・プアウーマン」という少し前のドラマらしい。家族の話と話の展開からIT会社天才かつ偏屈社長社長会社たまたまインターン生として入れた女性がメインの話だと分かった。ドラマは平たく言うと社長を取り巻くビジネスっぽいストーリーと、女性が全く価値観の違う社長と段々打ち解けてったりライバル女性が現れて一悶着するといった恋愛っぽいストーリー構成されている。


途中から見たのだが面白く、つい今見てしまっている。だが面白いのはビジネスっぽいストーリーの部分だ。そこの進展に興味があるのに、途中で恋愛っぽいパートが挟まれると一気にテンションが下がる。

はい女性キャラの全てが悪いわけではない。ビジネスっぽいパート価値観の違う女性キャラ社長に新たな目線から助言し良い展開に進んだ時とかは面白かった。そうして心が通じ合っていくというのは良いと思う。女性キャラが悪いわけでも人の心が動くシーンが悪いわけでもない。

悪いのはそれと恋愛パートを両立してしまうことだ。恋愛だけならそういうドラマとしてみるのだが、両立されてしまうと…。これが社長インターン生の女と男が逆転しても変わらない。

折角ビジネスパートが緊迫してハラハラしているのに、そこにライバル女性が現れて三角関係!となるとげんなりしてしまう。

しかしそのライバル女性キャリアウーマンとして悔しがったりするシーンは悪くない。

女性キャラ性格ビジネスパートの足を引っ張ってると思う。役者の演技の問題ではない。

簡単に言うと…なんだろう、良くも悪くも少女漫画に、月9によくいそうな女子っぽい。感情を表に出し易いというか…。

恋愛ドラマには合ってそうなのだビジネスパートにいると少し感情的過ぎるというか。

ウィキを見るとには恋愛ビジネスストーリー意図して両立して描いた様だが、個人的には恋愛パートはいらないんじゃないかなと思ってしまう。




恋愛ドラマは嫌いではないし、ドラマ女性キャラ全ての存在否定するわけでもないが、悪目立ちしてしまうと折角面白いストーリー邪魔しているなと感じる。

類似例だとガリレオである。アレは原作小説ミステリーで、小説探偵役と助手役両方男性だったのに、ドラマだと女性が追加されてしまった。まあ思ったよりミステリーの話を邪魔してはいなかったようには思うが…(ちょっと昔見たっきりだから覚えてない


その辺うまいことしていると思ったのは重版出来とシンゴジだ。重版出来は女性主人公恋愛するわけでもなく、でも空気になる訳でもない、「出版社ストーリー」をやってくれていたと思…う…(これもドラマを少ししか見てないから間違っているかもしれない…。ただ漫画は全巻読んだのだがこの様な印象を受けた。)シンゴジは美人女性も出てきたがあれも終始ゴジラを主軸にしたストーリーをしてくれたし、最後主人公女性キャラ恋愛オチではなかった。


なんか例に出したものが悉くあやふやで例として成り立っているか微妙だが…兎に角ドラマ恋愛を無闇に押し込むのは面白さの邪魔になるのかもしれないと言いたかった。女性キャラではない、過度な恋愛邪魔場合もある。仄めかすくらいなら良いのだろう。ドラマを例に出したのは実写ドラマにそういうのが多く見られる印象があったかである

以上女性から感想でした。



あー…でも掟上今日子ミステリー恋愛だったけどドラマ面白かったんだよなあ…

全てが全てそうとは言い切れない…しかシンゴジなんかは恋愛人情を過度に演出することをやめてゴジラを倒すストーリー押し出したからこそキャラの魅力があったし話も面白かった…うーん…演出問題でもあるのだろうか…

http://anond.hatelabo.jp/touch/20160916170253

道を外れていいのは、

二代目以降社長世襲政治家家庭か

自分に迷いのない強い衝動がある人だけ。

無理はあかんよ。

あとは外野に耳を傾けないで。

創らず、ただの反発だけなら、道は無し。

http://anond.hatelabo.jp/20160916183405

創業5年目ITベンチャーのうちの場合

社長明日からインターンが来るからよ。適当仕事頼んでや。ただ働きしてくれる人材やで。任せたぞ」

私「明日っていきなりじゃないですか。頼むと言われましてもそれなりの準備が必要だし・・・

社長「いやー、大学先生インターンの受け入れ頼まれちゃって てへぺろ



…結果、今ではほとんど使う機会のなくなったインハウスツールドキュメント作成をお願いしましたとさ。。。

http://anond.hatelabo.jp/20160916113739

さすが親のスネかじりながら社長になろうとする人は意識高いっすねっっw

2016-09-15

http://anond.hatelabo.jp/20160915151151

仕事が早く終わったからといって早く帰れるわけではない」=

「定時までに終わらせるために工夫を考える必要性がない」=

「×:時間内に終わらない、○:時間内に終わらなくてもいい(個人会社両名の考え)」

結果、生産性が下がる

生産性が下がる=

利益率が下がる=

競合他社に品質サービス・ギャラで負ける=

さら人件費を減らす=

さらに質の低い労働に向かう=

会社が潰れるorブラック社員けが残るブラック企業誕生する

 

ニュースピッカーとかで「残業したいからしてるんだ」みたいにコメントしてるやつらがいるけど

仕事趣味プライベート化してるような人間一般的じゃねーよ

経営陣や首脳部分を担う人間はそりゃ責任が違うから私生活切り崩すのもやむなしだが

普通パンピーにそんな全人格労働押し付けんなよ

羊に狩りができるわけねーだろ

目線で俺は狩りを楽しめるから仕事とはかくあるべき、

なんてただのサイコパス発言から前・和民社長と何も変わらん

基本的民衆愚鈍低能生産性低いし心も弱く計画性がないやつらなんだからエリート目線で考えるな

こいつらエリートコミュ障たちはいつも「俺がスーパーマンからマンパワーで何とかしろ路線に振り切れるんだろう、マジで馬鹿だな

そんな世界中根性論スーパーマンで満たされたら問題が一つもなくなってしま世界平和になってしまうだろ

世界を変えるのは仕組みだ

万人に通用する仕組みだ

マンパワーじゃねえよゴミエリート

社員を甘やかす会社はつぶれる

一番働き、一番リスクを負い、一番事業のことを考えている社長の話を聞かず、無茶な注文をつけ、わがまま好き勝手自我肥大した社員会社にいる事業は失敗する。



感謝を知らず、文句ばかり言い、社長を敬わず社長命令したり、社長より偉そうな社員がいる会社は存続することはできない。



社長がやさしければ、図に乗って権力闘争する精神的に幼い人間によい仕事はできない。


社員を甘やかす会社はつぶれる

2016-09-14

高級時計つけたことある

友達が30万の腕時計買ったとか言ってきたかちょっと借りて周り一周してきた。

時間携帯で十分だと思ってたし、高級品なんか関心もなくて自分には関係のない話だと思ってたんだけど、人間わからんわww。

ちょっと腕にはめるだけで、自信が満ち満ち溢れてくるんだもん。

社長とかセレブリティの人たちが何百万もするもの身につけたくなる気持ち垣間見えたね。

それにこっちの世界に入ったことなかったか全然気が付かなかったけど腕時計結構見てくる奴マジで多い。

コンビニ入ったら客がチラッ、会計とき店員がチラッ、出る時もチラみたいにチラチラこっち見てくる。

いままで自分なんかこの世に存在してるかしてないか分らないぐらいの存在だったのが腕時計してるだけで「自分、今、ここにいます!」って宣言しながら歩いてる感じっつーか、もろ「自分」を感じるんだわ。

携帯あれば腕時計いらねーし仮につけるとしても3千円のGショックで十分とか高級時計バカにしてるやつら(さっきまでの俺がまさにそうだったが)、一度高級時計試してみ?マジで人生観変わっから

http://anond.hatelabo.jp/20160914130148

ワタミ社長「『無理』というのはですね、嘘吐きの言葉なんです。途中で止めてしまうから無理になるんですよ」

村上龍「?」

ワタミ「途中で止めるから無理になるんです。途中で止めなければ無理じゃ無くなります

村上「いやいやいや、順序としては『無理だから→途中で止めてしまう』んですよね?」

ワタミ「いえ、途中で止めてしまうから無理になるんです」

村上「?」

ワタミ「止めさせないんです。鼻血を出そうがブッ倒れようが、とにかく一週間全力でやらせる」

村上「一週間」

ワタミ「そうすればその人はもう無理とは口が裂けても言えないでしょう」

村上・・・んん??」

ワタミ「無理じゃなかったって事です。実際に一週間もやったのだから。『無理』という言葉は嘘だった」

村上「いや、一週間やったんじゃなくやらせたって事でしょ。鼻血が出ても倒れても」

ワタミしか現実としてやったのですから無理じゃなかった。その後はもう『無理』なんて言葉は言わせません」

村上「それこそ僕には無理だなあ」

(『日経スペシャル カンブリア宮殿』より)

自分より頭が良くて、自分の言う事を聞いてくれる人

起業して成功するには必要な事がわかってきた。成功した人にはみんなそういう存在がいる。自分はいない。言う事は聞くけど皆自分よりアホばっかりだ。話が通じなくてつらい。ミスも多いし。

どうやったら自分より頭が良い人に出会えるんだ。他社の社長とかでなら会った事あるけど、当然自分会社があるからこちらに入ってもらうわけにはいかないし。

成功者に教えて欲しい。どこでそういう人材を捕まえたのか。