「殆ど」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 殆どとは

2016-07-29

例の事件きっかけに。僕は少しだけ考える。<感情労働視点から

わたし精神科看護師をしています

相模原市事件を受けて、様々な意見が出ていて、いろいろと考えさせられています

とくに「重度の障害を持つ方に対するケアワーカーの陰性感情」についての議論には、様々な方向から風が吹き荒れているようにも感じました。


そこで私は、今回の事件を受けて「感情労働」とケアワーカーメンタルヘルスについて、少し整理してみようと思いました。

(様々な論点があると思います犯人病理などについては僕には分かりかねる部分が多すぎるので言及は避けます


感情労働(Emotional Labour)とは 1983 年アメリカ社会学者A.R.ホックシールドにより提唱された概念です。[1]

この概念は非常に有名ですので、ご存じの方も多いと思います

 

肉体労働はその肉体での労働を対価として賃金が発生します。

頭脳労働ではその頭脳での労働を対価として賃金が発生します。

感情労働は――肉体労働頭脳労働と同様にーーその「感情」が賃金と引き替えに売られるのです。

感情が「交換価値」を有していると考える訳です。

言い換えれば、感情労働を行う労働者は「上手にその感情管理し、それを提供し、自らの感情と引き換えに雇用者から賃金を得ている」とも言えるでしょう。

この感情労働を行う労働者としてホックシールドは,客室乗務員さら教師看護師なども例として取り上げていました。



さて、私自身も経験がありますが、重度の障害を持つ方に対し、長期間日常生活ケアを行っていると「穴を掘っては埋める」作業毎日しているような気持ちになることがあります

そんなとき患者(あるいは利用者場合もありますが、ここでは患者統一して表記します)に対して陰性感情がムクムクと湧いてきます

これは、患者自身が強烈なストレスや混乱の中にいて、言い様のない攻撃性を援助者に向けていることとも関連します。

患者が抱えるストレスや混乱と同じような感情看護者は感じてしまうのです。

「なんで、言うことを聞かないんだ!」「どうして、噛みつくの!」「何度言ったらわかるの!」と心のなかで大きな声で叫んだことは数えきれないほどです。

ケアする人とされる人の間にはーーもちろん、その関係に限ったことではありませんがーー「感情対称性」があります

(逆に考えれば、「自分自身感情から患者の感じていることを推察することができる」ともいえます。)

こうした無意識プロセス理解をすることは自身感情コントロールするために役に立ちます

しかしながら、このことに一人で気がつくことは、かなり困難であると私は考えます

感情労働概念や、感情対称性について、ストレスマネジメントについての十分な教育や、あるいはスーパーバイザーを交えたデブリーフィングセッションを行っていく必要があると思うのです。でも、現実には、そうしたことはケアワーカーの間では殆ど行われていません。

積み重ねられた陰性感情は、罪悪感や攻撃性、無力感に変化していきます学習された無力感自尊感情の低下や自己効力感の低下も引き起こします

そして、それらはある日、まるで波が引くようにものすごい力で『反転』することがあるのです。


また、前述までと矛盾するようですが、近年の研究では「感情労働は一概にメンタルヘルスに対して悪影響となるものではなく、顧客スタッフとの相互関係から職場にとって良い影響も与えうる」ともいわれるようになってきています。その肯定的な側面として達成感の向上や患者とのつながり感覚を強めること、職務満足感を高めることなどが述べられているのです。

感情労働はそれそのものが罪な訳ではない」と私は考えます

「よくコントロールされること」「よいものとして認知されるようにすること」が大切なのだと私は思うのです。

介護労働者待遇改善などの労働衛生管理については各所で述べられている通りだと私も思います

しかし、ケアワーカーメンタルヘルスに関しては金銭面だけでは解決できないものもあると私は考えているのです。


私は、今回の事件のもの犯人に対して、ある種の憎らしさや強烈な嫌悪感を感じています

当然、許されることではありません。

ただ、私は同時に、どうして今回のような凶行に至ったのかにとても興味があるのです。


同じような事件を繰り返さないために。

自分自身が、同僚が、家族が、被害者加害者にならないようにするために。

社会としてどうしていくべきか。

医療システムはどうあるべきか。ケアはどうあるべきか。

ケアワーカーメンタルヘルスに関してはどう捉えたらよいのか。

わたしたちがコントロールできることとコントロール出来ないことはなにか。


リエゾンなどに携わる専門職が率先し、十分な議論を行い、実施可能な具体策を挙げていけるといいなあと僕は思ったり考えたりしています



武井麻子先生は『感情看護』[2]の中で、Winnicottを引用しています。(P.263)

最後にそれをご紹介したいと思います



ウィニコットは、無慈悲にも自分を怒らせる赤ん坊ケアする母親について、このようなことをいっています

 母親赤ん坊を憎むことを、それをどうこうすることな容認できなければならない。母親赤ん坊に対して憎しみを表現することはできない。[中略]母親に関して最も注目すべきことは、自分赤ん坊によって大いに傷つけられながら、子ども報復しないで大いに憎むことができる能力、そして後日にあるかもしれない報酬を待つ彼女能力である

 同じようなことが看護師にもいえるのではないでしょうか。自分を傷つける者(それは患者であるかもしれませんし、そうでないかもしれません)を憎むことを看護師容認しなければならないのです。」


<参考文献>

[1] A. R. Hochschild, 室伏亜希石川准, 管理される心―感情商品になるとき. 2000.

[2] 武井麻子, 感情看護―人とのかかわりを職業とすることの意味 (シリーズ ケアをひらく). 2001.

[3] パム・スミス, 武井麻子と前田泰樹, 感情労働としての看護. 2000.

[4]Huynh, T., Alderson, M., Thompson, M. (2008)Emotional labour underlying caring: An evolutionary concept analysis. Journal of Advanced Nursing, 64(2), pp.195-208

[5]Benner,P.&wrubel,J.難波卓志訳,現象学人間論看護,医学書院,1989.

2016-07-28

http://anond.hatelabo.jp/20160728000910

追・追記を読んだ。

増田と同じように「自分にとって素朴な疑問だったはずなのに何故かめっちゃ怒られてこちらの言いたいことを誰も理解してくれない」を経験したことがある。

増田は「こちらの言いたいことが伝わっていない」と思っているようですがそれは恐らく思い違い。

殆どの人は増田のいいたいことはちゃんと解かっているんだと思う。

その上で増田の想定している答えではなく怒りをぶつけているのでは。

これだけ大勢の人が怒っているのは、ちゃんと理由がある。

増田はまだ自分は間違っていない、言いたいことが伝わってないないだけだと思っていると思います

一度思考フラットにしてみて。

何か違う角度がみつかるかもよ。


あと独身友達に同じ事聞いたみたいだけど既婚の立場からそんなこと聞いたら駄目だよ。

から出た言葉が100%の本心だとは限らないよ。

http://anond.hatelabo.jp/20160728115511

現実的な話をすると、モバイル回線で同期しながらリアルタイムバトルを行うのは殆ど無理。

モンストとかみたいにある程度ターン制にしたりとかゲームデザインから変えなきゃダメ

2016-07-27

http://anond.hatelabo.jp/20160727173826

データレイヤー」が何を指すのか知らんが、少なから道路データとかの収集googleがやってる訳はねえわな。

収集できてんならストリートビューになってるはずだし。

殆どの地形・地理建物情報なんかはゼンリン任せだとおもうよ。そもそも日本専属のそういう調査員とか持ってないだろ。

http://anond.hatelabo.jp/20160727151937

アドラー「『正しい家庭環境』なんてものサザエさんクレヨンしんちゃんの中にしかねえよ。殆ど全ての家庭は教育ママだったり浮気パパだったりの問題を抱えてるもんだし、家庭環境理由にするのはクソ雑魚ナメクジ

疑問なんだけど

ポケモンを集める、って何が楽しいの?

ARが目新しく感じる人の補正と、懐古補正抜きにして、

冷静になったら、収集行為に熱中できる普通の人って殆どいないと思うんだよね。

 

ネトゲソシャゲ10年超で各地を転々としてきた私の意見では、

データコレクションすることに異様な執着を見せる人たちは怖い。狂気だ。

でも多くは、元からそういう気質だった訳じゃないようだ。

甘さに釣られて、普通の人たちが廃人みたいになっていく。

 

私は自分の上達を感じ楽しむことが主軸になっているゲームが好きだ。

試行錯誤を重ねる苦味と、心身が鍛えられていく清涼感があるもの

一方で、キャラを強くしたり装備やモンスターを集めたり、

データの充実を主軸にするゲームは、警戒したくなる。

まり考えなくても簡単作業を続ければ確かなフィードバックが貰える。

その楽しみは確かに甘美だ。

でも、気づくと甘さ漬けにされて、甘さ中毒になる。

そうなると、甘さを求めて際限なく課金するようになる。

時には、運営データ操作のさじ加減次第で、

甘さの「上限」が引き上げられたり、

以前は甘かったものが渋く感じられるようになったりもする。

 

客観的にみれば誰もが不健全だとわかるだろう。

から最近ソシャゲは、甘さ漬け路線ベースではあるけれど、

手応えを感じる苦味を混ぜたものが増えつつあると思っている。

そこに来たコレ。

このゲーム果たしてゲームなの?

から見ると薄くて甘いだけの水に見えるのだけれど。

プレイしている人はコクを感じているのだろうか。

感じているとしたら、私はそれはワナじゃないかと思うのだけど。

http://anond.hatelabo.jp/20160727003436

財政問題解決するよ

重度障碍者と末期的高齢者がどんだけ金食うかは家族に居ればすぐわかるし

国の支出の内訳を知ってればすぐわかるよ



しか当人幸せとは到底思えない形での生な

高齢者なら孫の顔もわからず呼吸も不自由呆然としてずっとベッドにいて体も動かず

殆ど時間虚空を見ながら「か……………か…」とか言ってる生を多大なリソース注ぎ込んで引き伸ばすのはどうなのか

まりにも経済性がないうえに当人に対する虐待しかない

2016-07-26

自然環境保護は、皆の利益になる。

この2週間ほどの間、生物界隈ではとある話題で持ち切りとなっていた。

犬鳴山納涼カーニバル金魚の放流)」と題したイベント話題である

自然の川の中で金魚を放流するという行為に対し、生態系破壊するのではという懸念から問題提訴が起こったのだ。

これは各所に飛び火し、インターネットメディアテレビニュース等で報道されるに至った。

この際に、問題提訴に対してのカウンターで「環境保護人間エゴだ」という言葉が多く見られたので、

これに反論をすべく筆を執った次第である

 

エゴエゴイズム、つまり環境保護利己主義者によるものだ」との弁であるが、

結論から言ってしまえば、この記事題名の通り、

自然環境保護とは、我々人類皆の利益になるものである

 

まず前提として、

自然環境保護動物愛護は別ものであるということをご理解頂きたい。

環境保護とは、生物が生育できる環境の維持が目的であり、その後の利用を含めるが、

環境がどうなろうがとにかく動物を傷つけないように苦しめないようにしよう、というものではない。

 

生態系破壊にまつわる1例である

「ミュニル・ビラニ「私がハゲワシを慕うわけ」」

https://www.ted.com/talks/munir_virani_why_i_love_vultures?language=ja#t-283827 

ハゲワシを駆除して回った結果起きた、様々な悪影響の話。

ハゲワシは分かりやすい例だが、

生態系というものは非常に複雑に絡み合っている。

変化がどのような結末を齎すのかの予測殆ど不可能だ。

それが人類に牙をむいた時は、もう手遅れなのだ

 

生物有効利用にまつわる1例である

カブトガニ血液の利用」

https://www.city.kasaoka.okayama.jp/site/kabutogani/ketueki.html 

カブトガニ血液を、人間医療に用いている話。

「ライ (ハンセン病)( Leprosy)」

http://www.design.kyushu-u.ac.jp/~hoken/Shiori/91Lepra.htm

アルマジロをハンセン病治療の糸口として用いる話。

今利用されている動物も、昔は利用されてはいなかった。

現段階では利用されていない生物も年月が経てば利用される可能性も十分にある。

失ってから、役に立った可能性があると言い出してももう遅いのである

 

遺伝多様性にまつわる1例である

ホタル養殖と放流についての諸問題

http://www.tokyo-hotaru.com/jiten/report12.html

外部のホタル移入することで起こる系統崩壊の話。

ホタルはそれぞれの地域で光りかたが異なることが記されている。

「ここでしか見ることのできないホタルの光」が失われれば、

観光地としては少なからず損をするだろう。

 

これらのものは実際に変化があって初めて浮彫になったものである

そして、変化していない=安全という意味ではない。

それまで運良く変化しなかっただけで、この先どうなるかは誰にもわからない。

環境保護エゴである豪語する者は、どれほど生態系に対する理解と知識があるのだろうか。

エゴだと叫ぶ人のほうが、自分利益がなければ関わらず、利益があるなら動き出すような

エゴイズムの強い人間ではないだろうか?

自分の目先の利益の為だけに、人類全体が損をする可能性のある選択をする人こそが、

利己主義者ではないだろうか?

人間は未だ生物の全てを解明できたわけではない。

解明できていないからこそ、今あるものを残しておくことが人類全体の利益になるのである

絶滅自然の営みなので問題ないはずだ」とする人はそもそも論点がズレている。

人類が損する可能性があることを理解しておきながら選択をし、

それによる不利益を「自然とはそういうもの」と正当化する人間は、

利己主義かどうか以前の破滅主義者と言えよう。

そのような人間の言い分を聞いていては全体が不幸になるだけだ。

2016-07-25

非難くらい受けろよ

節税駆使し財産、「非国民」の非難…「勉強しただけだ」:朝日新聞デジタル

http://b.hatena.ne.jp/entry/www.asahi.com/articles/ASJ6P7WZNJ6PULFA046.html

言っているヤツらの殆どは、この人程の資産も無い人たちだろう。どうして、好き放題に蓄財して、非難までされたくないとほざけるかなぁ…いいじゃん、批判されるくらい。ゲームに勝ったのはどっちか言うまでもないだろう。

朝日新聞も「グンクツの足音が…」みたいな結論にしようとして、腰砕けになったみたいな記事になっている。

http://anond.hatelabo.jp/20160725114526

都外で演説ちゃうとか、既存政党関係者殆ど協力してないんだろうしね。

共産党がどこでも候補を立てるのは、与党を助ける事だとは思うけど。今回に限っては、その意地を通した方が良かった。まぁ、当選はしなかっただろうから、同じだとも言えるけど。

都のどこで発電するのか?とか、都外に作るにしろ既存施設を潰して、どこに新たに建設するのか?とか、そんな事知事の一存で可能なのか?とか、言っている事は妄言に近い。

貯金1億超えたけど全然幸せじゃないか考察した日記

家が貧乏流行のものがが手に入らなかった。

から金持ちになろうってずーっと思ってきて、ようやく達成したんだがとても空虚だ。

全く嬉しくないといえば嘘になるけど、愛犬と戯れてるほうが一億貯めるより楽しい幸せな感じがする。

金持ちになってやりたかったこと色々できたけど、その時だけ楽しくてすぐ気持ちが冷める。

思えば金が稼げ始めた時もどこか他人事というかどうでもいい感じがしていた。

多分金を稼ぐのはコンプレックス解消という面しか持ってなくて、俺を幸せに導いてくれることではなかったんだと思う。

それでじゃあ俺にとって人生で一番幸せな瞬間はなにかと考えて、女性に優しく抱きしめられた時だなと思った。

貧乏だし長男だしで甘えられる時なんて殆ど無かったから飢えてるのかもしれない。

しかし歳も歳だから今更女性に甘えられないし、厳格なイメージを持ってるからなおのこと。

一億なんて要らないから甘えられる相手がほしい。そんな相手がいたら何でもする自信がある。

しか現実は厳しい、このまま良い相手見つからなかったら赤ちゃんプレイにハマるかもしれない…

2016-07-20

都知事選投票意思表示するには

鳥越のあまりの酷さに小池増田に手が伸びそうになったが冷静になると二人だって鳥越存在しないものと想定しながら見直せば十分酷い。



意思表示としての投票で、白票棄権の次に愚かしい無駄行為だと思ってるので、どうするべきかよく考えてみた。


結論として、悩ましい選択に思えていたのは、マスコミおよび与野党情報誘導無意識に乗ってしまっているからだと思い至った。



都知事選立候補者はこの3人だけじゃない。

報道だけ見れば錯覚してしまうが、他に18人いる。

もちろん殆どがいわゆる泡沫で、あからさまに不真面目な主張の者も少なくない。しかしその一方、真剣政策を組み立てている候補者もちゃんといる。


少なくとも、政策だけなら鳥越の方がよほど泡沫に値する。



から俺は、マスコミ勝手非民主的な選別をしている残り18人の主張・政策をつぶさに見て、一番マシな候補者に一票投じたいと思う。



どうせどこに入れても(勝ち馬に入れてさえ)色々な意味で死に票になるなら、マスコミ非推薦候補者たちトータルの票数が上がること、またその中でも政策に対して票が付いている状態が、自分の一票の意思表示効果をまだしも最大化できるだろう。

ブログ漫画発表してそうな女どもと付き合ってきた結果として

彼女たちは悪くないのだが、俺が明らかにああいうセグメントと向いてないんだなと気付かされただけだった。

日常の何気ない会話や生活の一コマも発表されまくったのだが、それはそれでまぁ微笑ましい部分もあったのだが、何というか経験値に乏しいというか、実社会殆ど知らんというか、何というか。

そっちのギャップがしんどかった。

今はそのポエムよくても、客観的詩人としてこの人は一生生きていきたいんだなと感じた瞬間に、何か心の底から恐怖心が出たというか。

だいたい数年すると今度は社会活動に目覚めだすのも共通していた。

不妊女性特有の悩み、子育てなどを通じて感ずるところがあったんだろう。

それもそれで理解は出来たのだが、そんな人はネット創作活動してなくても掃いて捨てるほどいる事を彼女たちはあまり理解していないのもそら恐ろしかった。

今は良き友人としてお付き合いがあるだけだが、コミットしなかった自分の慧眼を褒め称えたい。

2016-07-19

日本左派全体主義

東さんのこれとか

https://twitter.com/hazuma/status/755063621273554944

三宅洋平氏のこれとか

https://twitter.com/MIYAKE_YOHEI/status/754707430865383424



まず議論しようという姿勢がない。

対話しようとする姿勢もない。

内輪の批判絶対悪

同様に、意見が異なる人間を持ち上げるのも絶対悪

というか意見が異なる相手絶対悪

意見が異なる相手とは対話してはいけない。

自分たち意見絶対正義で異なる意見絶対悪

証拠ではなく憶測しか語らない。

正しい現状認識に基づいた論理的政策批判殆どわず

悪意と憶測に満ちた人格批判を繰り返すばかり。


ねぇ、ほんと日本リベラル勢どうしちゃったの?

ってかリベラルですら無いよね。

http://anond.hatelabo.jp/20160718233459

言葉としては難しいけど、理性としてそれは馬鹿馬鹿しいのは分かっているけど、感情としてどうしても消えずにそれが有る、という事ですか。なるほど。

あえてつっかかったのは、最近有意女性向けのアニメコンテンツとかソシャゲーが増えてきて、「ああ女性にとって理屈抜きに魅力的な男像ってこの辺なのか」ということが段々と自分なりに想像出来るようになったからなんですけど、

うーん、やっぱり不思議に思えるのは、やっぱりどうしても理性って負けてしまうんだな、ということと、もしそうだとすると、女性ってどう頑張っても殆ど男性本能的にミスマッチなんだなという哀れみのような感想がある。

2016-07-18

都道府県知事病識のない精神疾患発症した場合についての思考実験個人用メモ

 都道府県知事が、自らの病識のない精神疾患発症し、不適切が疑われる専決処分等を頻発するようになったらどうなるかという架空の想定につき思考実験をしてみる。

 なお、あくまメモなので、根拠条文等は記さない。後述の指定に従って使ってみようかな、という人は、自力でしらべるように。つかこ記事自体間違ってるかもよ?

 ではまず、前提として、病識のない精神疾患治療にあたっては、当該患者人権に対する制限は最小限度にとどめられなければならないことは言うまでもないであろう。「四の五の言わせず座敷牢へぶちこめ」的な乱暴な意見には、筆者は断固反対する。

 しかし、都道府県知事の職責は重大、かつ職権も非常に強いことから専門医および一般人殆どがその発症を疑うような状況下であれば、既に地方行政は混迷著しい状態におかれているであろう。かかる事態においては、当該患者から知事の職責を剥奪することもやむを得まい。本人の精神衛生においても恐らく負荷軽減の必要があるケースが多いのではないか

 さて、この場合、まず、「都道府県知事事故がある場合」として、副知事等がその職務代理することが考えられる。(副知事存在しない場合も考えられるので、「等」としておく。)

 だが、その「事故」の認定は誰がするのであろうか?

 疾患であるのだから、その認定医師専門医)によるべきであろう。

 ところが、患者本人が同意しなければ、そもそも専門医の診断を受けることはできない。

 例外的に、自傷他害のおそれがある場合不適切公権力行使を間接的な「他害」と呼びうるかについては不知)であれば措置診察が可能であり、その結果措置入院必要ならそうすることになるであろうが、自傷他害のおそれがない場合には措置診察に付するわけにもいくまい。

 あるいは、他の疾病に罹患入院治療必要としているにもかかわらず、本人が(精神疾患に由来する愁訴を前提として)診察は受けるが入院を拒むといった場合においては、精神保健指定医の同席による医療保護入院可能であろう(さすがに家族等も同意するであろうし)。入院は「事故あるとき」であろうから精神疾患であると否とにかかわらず、副知事等が議会と一体になって粛々と不信任手続を進めればよい。

 ただし、あくま医療保護入院必要な期間に限られるから、当該他の疾病によっては時間との戦いになる。

 しかし、そうした特殊事態でもなければ、本人の同意を経ずして確定診断名を出す(しかも、本人の同意くその診断結果を公表しなければならない!守秘義務!)というのはほぼ絶望である

 「成年被後見人の申立ではどうか」…残念ではあるが、それでどのような結果が出ようが、直接に知事の職位に影響はない。わが国では成年被後見人であるか否かに関わらず被選挙権が認められている以上、公職選挙法に基づく自動的な失職はないし、形式的には後見人権限財産に関することに限定されているはずであるもっとも、判断能力を欠く常況にあると家裁が認めた人物の名において下される行政処分に対しては、不利益を被る側から当然山のように異議申立てがなされることとなろうが、これとても知事の失職には足りない。

 結局、地方自治法の本則に立ち戻って、リコール議会による不信任決議、とならざるを得ないであろう。

 では、リコールだが、こちらは地域事情もあるためなんとも言えない。

 鳥取県東京都では集めるべき署名の数に差がありすぎるし、署名有効確認のための事務手続に至ってはもうなんというか。

 とくれば、議会による不信任だが、この場合患者たる知事が黙っているだろうか?仮に地方公共団体吏員が、「対抗する方法はないものか」と問われたら、職務に忠実に「議会解散という方法があります」と言わざるを得まい。ということで、議会は刺し違える覚悟で不信任を突きつける格好になる。

 ところが、議会解散に伴う選挙からといって、解散前と同一人物が再選されるとは限らない。その辺はフツーの地方議員選挙である。とくれば、前回薄氷を踏んだような議員は、正直いって議会解散には及び腰にならざるを得ないだろう。その中であえて知事首に鈴をつける議員(団)がいるか?という話であろう。

 …結局、住民圧力に耐えかねた議会が不信任を突きつける(それもそうとう及び腰で)しかない気がするが、その間に失われるヒト・モノ・カネ・労働力行政への信頼たるや…

考えたくない。

#本記事は、フィクションネタ、または学術論文ネタとしての使用自由です。但し、直接リンクはご勘弁ください…。また、上記目的以外の目的での利活用禁止します。引用に名を借りた部分的全面的転載禁止しますので、

娯楽と呼ばれるもの理解できない

とある県の中心地から電車で1時間半ほど離れた小さな町に住んでいる私の元へ時たま訪ねてくる友人らは

口を揃えて「何度来ても本当に何にも無い所だ」「いつもどこで遊んでいるのか」「娯楽はどうしているのか」と聞く。



私にはその意味が全く分からない。彼等にとっての「遊ぶ」とは具体的にどんな行為を言うのだろう。

「娯楽」という漠然とした言葉が一体なにを指しているのか。



彼等にとっては私がとてつもなく「退屈」な生活を送っていると思えるらしい。

思えば、私は「退屈」というものを感じたことが、これまで生きてきて殆どいかも知れない。



手持ち無沙汰で、時間を持て余して、何もかもに飽きて、自分の置かれた状況に嫌気が差している。

そういった状態を「退屈」と呼ぶことは知っているが、実感としては今ひとつからない。



子供の頃から何もやることが無くても、ボーッと考え事をしていると、いくらでも時間が潰せてしまう。

それを嫌だと思ったことはないし、むしろ丸一日なにも予定がなかったりする事が楽しみだったりもする。



友人たちは日にち毎日どこに出かけて何をしているのだろうか。

どうしてそんなにいつもいつも退屈とやらを感じているのか。

何がどれだけあれば満ち足りるのか。それが分からない。

2016-07-17

Excelに苦戦中

いわゆるExcel方眼紙システム設計書を書いているのだが、これがどうにも上手くいかない。

問題は色々あるが、大きく分けて「必要情報が見えにくい」「変化に追従するのが大変」に集約される。


まず「必要情報が見えにくい」について。

そのメソッド記述するのに必要な、他の設計書や仕様書を見つけにくい。

例えば、他の設計書(1ファイルで1クラス)に書かれているメソッド名や引数が合っていなくても、すぐに発見しづらい。

また、入出力情報が書かれたインターフェース仕様書を探しにくいなどなど。

そもそもどうユースケースを読んで、設計必要クラス抽出するかもよくわからないし。


次に「変化に追従するのが大変」について。

上述の状態設計書を書いた結果、製造するプログラマから「こんなんじゃ実装できない」と突っ返されて修正するパターンが多い。

また設計を進めた結果、仕様変更必要事態が度々発生する。

更に要件定義レベルでの見落としによる手直しも、結構な頻度で起きる。

いずれもExcelファイル1個に留まらない、影響範囲の大きい修正になるケースが殆ど

そんなことが相次いで発生した結果、修正対象抽出修正確認作業作業量が膨大化し、全く対応できない。


というわけで、もはや限界ギリギリだったり。

「1個ずつ解決していけばいずれ必ず終わる」を合言葉に、気合努力根性でやってきたけど、なんでこうも先が見えないのか意味がわからない。

どうしたら対応できるのか・・・

選挙の争点て誰が決める

と思っているの?

与党野党マスコミ

有権者が何を判断基準投票するかひとりひとりが決めるんでしょう?


マスコミの皆さんは改憲が隠れた争点だとか言ってるけど、

翻訳すると改憲危機感を上手く煽れなかったってことでしょう?

いつまでも国民馬鹿にしているとメディアとしての価値を下げるだけ

世論調査とかで有権者の関心は経済財政って出てるじゃん?

自分たち調査してて、何で別なことばっか言ってんの?



馬鹿サヨクの人って、自分知識人エリートで賢くて、国民は何もわかってないと思っている。

もう少し現実を見たほうが良いんじゃない?



憲法だって大事だし、経済だって大事だよ

ただ人によって優先順位が違うってことだよね?

有権者の大多数は今は憲法よりも経済財政問題の方が優先順位が高いという話ででしょう?



野党政策経済財政が不得意だからって、

3分の2がどうの、改憲させないとか得意な分野にリードしたいだけでしょう?



野党だって格差貧困経済財政もっと主張できる部分があるんじゃないの?

確かに安倍さんリベラル財政政策のお株を奪われて、経済財政での主張は弱くなるのは認めるけど、

自分たちの得意分野に争点を設定できないからって、

争点隠しだとか国民はわかっていないとか主張するのはどうなの?



対案とか、自分たちなりの政策提案とか、具体的な主張は殆ど無いよね?

有権者は正面から戦わない野党うんざりしているから、

そんなに賛成出来ない与党にでも投票するしかないと考えて今回の結果だよ。

与党応援したいのではなく、野党もっとしっかりしてもらいたいってメッセージが届いていないの?

2016-07-16

電車に乗って海に行きたい

毎日夜遅くまで残業をしていたら、ある日突然心臓が止まってしまったので、しばらく休みたいと上司相談したところ、会社をクビになってしまった。

暇になった私は、 この機会を利用して以前から考えていたことを実行しようと思った。私は通勤電車を使っていたので、この電車会社とは反対の、海の方へ行くとどうなるか試してみたいとずっと考えていた。

私は次の日曜日には海の方へ向かう電車に乗っていた。車両に乗り込むと、休日のせいかサラリーマン殆ど見当たらず、子供を連れた家族や老人の集団が占めていた。

電車が進むにつれ、乗車する人よりも降車する人の方が多くなっていった。家族連れは大型ショッピングのある駅で降り、老人の集団は気づいたらいなくなっていた。

電車だんだんと海の方へ近づいていった。各駅で停車し、扉が開くごとに磯の香りが強くなっていくのが分かった。

そのうち線路が海沿いに出て、電車は海を左に見ながら走っていった。次の駅に到着すると、何人か残っていた乗客も全て降り、電車の中は私一人になった。

発車ベルが鳴り、そろそろ出発かと思っていると、扉が閉まる間際になってどかどかとイワシの群れが入ってきた。イワシ達はさっきまで海の中にいたのか、床の上は海水で濡れていた。

その後も電車が駅に停まるたびに、タイマグロの親子やタラバガニが乗ってきて、終点の「海浜動物公園駅」に着く頃には電車ほとんど満員になっていた。

電車を降りる魚たちの流れに合わせて私もホームに降りた。周りは親子連れが多く、子供の魚の中には人間を見るのが初めてなのか、こちらの方をジッと見つめる子供もいた。

駅前の道を真っ直ぐ歩いて行くと、すぐに動物公園へ着いたので、入園料を払って中へ入った。動物公園の中でも人間は私一人しか見当たらなかった。

最初の檻のところへ行くと、ライオンが一頭だけ眠たそうに座っていた。次の檻には

シマウマが五頭、そしてその次の檻にはスーツを着たサラリーマンが一人で椅子に座っていた。

私は檻の前まで近づいてサラリーマンを観察していた。サラリーマンは顔を上げてこちらを見ていたが特に驚いた様子でもなかった。私の周りではサンマたちが興味深そうにサラリーマンを見つめていて、夏なのにスーツを着ていることや椅子に行儀良く座っていることに驚きの声を上げていた。

檻の前の解説文を読んでみると、このサラリーマン動物公園で生まれ、この檻から一度も外へ出たことが無いこと、以前はこの動物公園には五人以上のサラリーマンがいたが、今は一人になってしまったことが書かれていた。その下には赤色で、勝手食べ物を与えないでくださいという注意文が書かれていた。

園内を一回りして動物をあらかた見終わった頃には、もう夕方近くになっていた。もうすぐ閉園時間だというアナウンスを聞いて、私は動物公園を後にした。

私は帰り道を歩きながら、今日の出来事ゆっくりと反芻していた。私の頭の中に、一つの考えが浮かんでいた。

私は踵を返すと、動物公園の方へ戻っていった。

入園ゲートの前で「ゾウ係飼育員」と書かれた名札をつけたラッコが閉園作業をしているのを見つけので声をかけた。ラッコは怪訝そうにこちらを見つめていたが、私は構わずに「私をサラリーマンの檻で飼育してくれないか」という趣旨のことを話した。

しかし、飼育員は私を一瞥すると、すぐに「それは出来ません」と言ったままどこかへ行ってしまった。

私はそのままその場に立ち尽くしていた。

再び帰り道を歩きながら私は、自分のどこがサラリーマンの檻にふさわしくないのかを考えていた。そしてすぐに、今の私がサラリーマンではなく、ただの無職だという事に気がついた。

ホームで魚たちと帰りの電車を待ちながら、私は明日から就職活動をしようと心に誓っていた。

http://anond.hatelabo.jp/20160716215123

昔がどのくらいのレベルか知らないけど40年前は結構いたんじゃないの。

大学入学圧力なんて殆どなかったし。

2016-07-15

金融日記恋愛工学ってメルマガの内容まとめると…ただの強姦テクニック

キモいと言えば当然キモいが、それ以前にただの社会クズだよねって言う。教祖はうしじま相手にしたように本人が強姦未遂教唆犯。

話題となるのはプレセックスピリオド(変にぶってるけど普通に性交する前。やってからポストセックスピリオド)のことで、Aフェーズ→Cフェーズ→Sフェーズ(Attract(惹きつける)Comfort安心させる)Seduce(誘惑する))ってあって、

それぞれにどうすればいいかってパターン確立しているんだけど、ぶっちゃけまあわかると思うが、まず最初相手を騙すことから始める。

フレンドシップ戦略を止めて非モテコミットを断ち切り友達フォルダに入らないだとか、相手ディスるってそれ。

たか自分価値があるかのように錯覚させる。まあまず足きりを満たす眼中に入るってわけ。(生物学だの工学(数理モデル)だの言っているけど、殆ど素朴進化心理学、つまり一般常識やそんなもんかなと誰もが思っているような事でしかない。数字も出てきても結局数撃ちゃ当るでしかない。ただのげい学。スタティティカルアービトラージ(笑)恋愛工学独自用語が沢山あるけど全部意味ない。)

もうこの時点でこんなことをわざわざ意識していることから受講対象非モテであることがわかると思う。

んで次、普通なら互いに魅力を感じていれば自然と惹かれて男女の中になるけど、恋愛工学だと”安心させる”なんだよね。

ここは普通心理テクニック市販交渉術だの営業本にあるような。質問にはイエスで答えるだとか相手言葉を復唱するとか。オープナーやらラポールだの聴いたことあるでしょ?

んで最後、ここが一番問題。第2フェーズ安心させるって言うのがもうそもそもまともな恋愛ではなく、相手を襲うための発想だが、事例を見てもそんなに成功してないんだよね。そりゃ人間は猫じゃないし。でも恋愛工学生は元々恋愛を苦手としている奴が多く、そう言った機微がよくわかってない。もっと言うとこんな馬鹿みたいな教祖にマジはまりする頭が悪い人間ってのも感じるが。ってなるとどうするかってなった時、グダっ時、あれですよ例のトモダチンコ・クリタッチ・聖帝十字撃といったテクニック(笑)ですよ。

やばいのはセックストリガー(好きな相手と寝るのではなく寝た相手を好きになる)、形グダ(グダグダするのは安く見られないためで本心は違う)だの言って相手の態度を無視するように仕向けられること、そもそも恋愛工学自体ある種の濃密なホモ体験のほうが目的になり、カルト集団のように熱気のように自分達を盛り上げて行動を強制することの二つ。

一応恋愛工学からフィードバック経験検証されて行くってことなんだけど、人間と言うのはもっと多様で曖昧存在で、普通人間は然るべき状況で繊細な判断が出来て上手く行くのであって、こんなにずれてないんだよね。教祖がうしじまにしてただのゲロキモおやじであることをさらけだしたハンドテストだって普通は上手くいかない。

本来高校生カップルが顔を赤らめながら映画館でやるようなことだもの

一通り全部呼んで思ったのは、

1・こんなことをしなければこいつらセックスできないのかってこと、

2・こいつらこんなことして自分で何とも思わないのかってこと、

3・これただの強姦ないし強姦教唆だろ、だった。

全然それ自体効果があるようなものもでないのにホモソに浸るためにずれたことをして互いにデートレイプを煽っているのはやばい元ネタにならってキャッチー真実の愛を見つけるための修行とは言うもの全然恋愛ではないし、しかも内容もつまらない。やり目と言うか本当に身内で盛り上がるための道具以上ではない。

これでもし性交数が増えてもそれは魅力的になったわけでも口説き落とすのが上手くなったのでもなく、強姦するようになって増えただけだ。元々恋愛が苦手な連中にテクニックと称して強姦行為を教え込むのも、わけのわからない連中に一層状況を無視させるのも本当にやばい教祖藤沢数希はうしじま相手にしたように本人も未遂だが、それ以上に強姦教唆をしている最悪な人間だと思う。

2016-07-13

http://anond.hatelabo.jp/20160713151952

現段階での有料質問サービスでは先払いにて質問して悪質な答えが返ってきても全額返金されないもの殆どってか返金されるものすらないんじゃねえか。

質問とそれに対する答えってのもいわば業務委託契約一種ではあるはずなので、

成果に対して適切な報酬を支払うべき、ってのは正にその通りなんだよな。

そこらへんはマジで有料質問サービスに求められているところなんだけれども出来ていないところである。…問責を答える人に持たせるのってそんなに難しいのか?

http://anond.hatelabo.jp/20160713073921

GANTZいぬやしきもやってること殆ど一緒だって認識の上でそれ言ってる?

とっても今更だが菅直人左派だったのかという問題

自衛隊現実軍隊専守防衛という目的をきちんとしたうえで、それに対応する軍隊は認めるべき

http://www.zenshoren.or.jp/heimin/doukou/100621-14/100621.html

TPP協議開始」を表明、「平成の開国」めざす=菅首相

http://jp.reuters.com/article/idJPJAPAN-18158620101113

デフレ脱却に向け、政府が「日銀包囲網」を強めている。最右翼藤井裕久・前財務相の後任に就いた菅直人副総理財務経済財政担当相だ。菅氏は2010年1月26日参院予算委員会で、日銀金融政策運営に対し「まだまだもっと、という気持ちが率直なところある」と発言、暗に一段の金融緩和圧力を促した。

http://www.j-cast.com/2010/02/02059218.html

こうしてみてみると、言ってたことややってたこと安倍晋三殆ど一緒だよねこの人。しかしこの人に対して右翼だとかそういう批判をしていた人がいた記憶が無い。結局みんな何してるかではなくてどの組織に属してるかとかでしか人を見てないのでは。