「抗鬱剤」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 抗鬱剤とは

2021-04-25

anond:20210424174033

気分が特に落ち込んでるとき無償善行自己肯定感を上げようと献血に行ったら、抗鬱剤を投薬中であることを理由に断られたことがある

そういう基準があることを知らなくてショックだった

から

献血しない人は人間じゃない!」

じゃなくてよかったよ

2021-04-21

酸素のない水

普通とは何なのだろうか。

普通でいることが善なのか、はたまた悪なのか。

よく「量産型」という言葉を耳にする。

個性的で、長いものに巻かれる。それは当たり障りない人生というテンプレートをなぞっていくような言葉にも感じられる。

しかし。

先天的発達障害(ASDADHD、DCDのトリプルコンボである)を抱えて生きてきたわたしには未だに今ひとつ普通」「没個性」というものがピンとこないのだ。没個性を目指してもなれない、普通を求めても手に入らない。最初約束と違ったことを言われたり、イレギュラー要求をされるとそれを「普通」にはこなせないし、0か100かしかないので50を求められても相手の思うように返せない。

その発達障害20歳になるまで見つけられることがなく、いわゆる定型発達の子どもたちと混ざって幼少期から常に「変な子」「面白い子」と揶揄されてきた。その度に普通でいることのハードルの高さを感じさせられた。

かに物心ついた頃から子ども特有の目のキラキラ感がなかったことも自覚はしているし、どこか冷めているというか物事純粋に楽しめなかった。その上父方の家庭が自分たち価値観の型にはめていく教育方針だったこからそれに当てはまれなかったわたしはそこでの居場所も失ったこともその後の成長過程に大きな影響を及ぼしていると思っている。幼稚園小学校に行っては大人にとっては「ちょっと変だけど元気で明るい子」を演じ続け、帰ったら帰ったで本ばかり読んでいた。そして当時月に2回ほど行っていた父方の祖母の家((今はもう6年ぐらい行っていないので祖母も叔母も元気にしているかどうかすら知らない))では、わたしを連れて行っていた父親含めほぼ誰にも話しかけられることはなかったのでずっと2階の広い部屋に引きこもってポケモンを捕まえ続けた。常にいい子でいなければ死ぬ、という感覚はこの頃からあるし、過干渉されると怒るくせに愛されたい願望が変に強いとにかくめんどくさい人間になった。

いわゆる「普通の子」との疎外感からわたしは気がついたら常に死にたいと思うようになっていた。記憶の限りではおそらく小学校に入る少し前ごろからだっただろうか。でも大人にそれを言うとまた色眼鏡で見られることや世間体を気にされることは子どもながらに理解していたので、誰かにそんなことは言えないでいた。何なら今の今でも誰かに言ったことはないので、ここで初めて誰かに気持ちをぶつけている。

死にたいという感情を悟られるまいと思い必死にその時その時に全力で自分の生きる意味を探した。特にこれといった特技もなく、決して健康子どもでもなかったのでその度に壁にぶち当たったし器用に生きられなかった。し、今でも器用に生きられないでいる。

そして小学校高学年からだんだん学校に行かなくなった。気がついたら中学入学後、完全な不登校になって1週間寝つくことがないまま夜を過ごしたりその間に考えるべきでないことばかりを考えるなどした。その頃から心療内科カウンセリングを受けるようになり、良くも悪くもならないままこの前気がついたら干支が1周していた((むしろここ半年仕事などの過労から抗鬱剤を飲む生活を送っているので正直悪化している、けれど新しい病院開拓するにも腰が重い))

高校受験の時だって、「普通の子」になりたくて偏差値部活の活発さも平均的なそれこそ「普通」の高校を選んだのに周りからは「もったいない」((無駄論理力だけがずば抜けていて他が壊滅的なIQであるために、自分で言う話でもないが中途半端に成績だけは良かったので同級生保護者たちからはあまりまれ子どもではなかった))「もっと上の学校に行けばいいのに」と批判された。この時ほどにわたしの追い求めていた普通否定された経験は後にも先にもないように思う。

その後その高校入学し、不登校経験した上での高校生活での目標に「皆にとっての当たり前の日常」を掲げた。しか高校2年生の頃に病気が見つかり、当たり前の日常はおろか出席日数もギリギリクラスでは孤立しながら廊下からすぐのいちばん後ろの席で生活した。こんなはずじゃなかったのに、と何度も思ったけれど、どこか仕方ないと思って諦観している自分もいた。

大学でも2年生修了時に高校時代からの持病が悪化し中途退学。自分人生の中で比較的イケていた時期だと思っているが、学校生活「すべて」を謳歌したことは一度もない。その結果通信制大学編入し、単位まったりまったりと取りながらズルズルとマイペース学生という身分を続けてしまっている。

20代も半ばとなった今でも時に日常会話で「普通に」とか「常識的に」と自分の中で繕った普通をぶった切られることもある。最初は何とも思わないが、それを同じ相手から何度も何度も言われることで自分の中での普通はまだ全然普通ではなくて、むしろまだまだ程遠いところにいると感じてしまう。そして「普通」という名の相手感情の押しつけに嫌悪感を抱くし、「あなたが言う普通だってあなた個人価値観だよね」と言ってしまうので感情的にカッとされることも少なくはない。((カッと、ということで余談だがリストカットなどの自傷行為に走ったことはほぼない。その時間無駄だと思ってしまうしもっと具体的でもっと苦しいものを選びたくなるしいつもそれを考えているうちに過呼吸になっている))

この普通適応できない息苦しさはいつまで続くのだろうかと思うと過去記憶フラッシュバックしてくることも頻繁にあるし、それで過呼吸を起こすことだってある。結果身近な人が迷惑を被ることになる。いつまで経っても身近な人の立場からしたらわたしは最高にめんどくさくて、普通には到底なれなくて、どこまでもまっすぐに生きていけないとても厄介な存在なのだ

からこそ交友関係もどんどん希薄になっていくことには慣れているし、距離を置かれていくことを察するようにもなった。自分から誰かと接するということも積極的にできないし、むしろ入られたくないゾーンに入られたら精神の平静を保つべく全力で拒むようになってしまった。自分友達だと思っている相手からしたらわたしという存在は知り合いないしは顔見知り程度なんだろうなと斜に構えてしまう。iPhoneアドレス帳なんて家族含め3人しか登録されていない始末だ。でも別に特別広い交友関係を持っていてもメリットもないし、むしろ自分に相応しくないように思えてきてしまうしそれを悩む時間無駄だなと思う。

結局ひとりぼっちでいることしかできないし、結局誰かに頼る強さを得ることもできない。いつまで経っても弱くて、いつまで経っても自分自身のことを好きになることができない。常にコンプレックスに直面している。

アポンプのない酸素の薄い水がたっぷりと入った広い広い水槽で、必死に呼吸をする魚のような感覚だ。

いつかひょんなことからこの文章を見つけた未来わたしが、少しでも笑ってこれを見られますように。

そして、今よりも生きることを楽しんでいる「普通の人」に近づけていますように。

2021-03-22

anond:20210322120128

抗鬱剤自体にもそういう副作用あるっていうよね

躁鬱の人とか飲み続けなきゃいけないか自殺率凄いらしい

2021-03-01

少なくとも100人以上の女とSEXしてきて気づけた謎の傾向

デブス女の薄毛率が異常に高い

抗鬱剤常用者の外斜視率が異様に高い

生活保護受給者埼玉神奈川千葉中核市バス便大前提の立地に建つアパートに住んでる

・非高給取りかつ休日出勤や夜間緊急呼び出しが多い旦那は嫁が出会い系でヤリまくってる

埼玉千葉ニュータウンに住む人妻は品がない。頭が悪い。股が緩い。

貧乏貞操観念なし

2021-01-17

会社の同僚と問題なく人間関係築けるのが平常運転のくせに

変じゃない人と認定されるのが当たり前のくせに、

「(俺はスイッチを入れてこの振る舞いをしている。みんな本当の俺が病んでるポンコツだとは知らない……)」みたいにネットネガティブ炸裂させたり、闇を抱えてるアピールしたり奴多いけどマジで気絶するくらい怒り湧く。


そんなもん抗鬱剤飲んでようが睡眠薬飲んでよう健常の範疇だよカス

発信するな。

それすら努力しても全く出来ない奴はうじゃうじゃいるんだよカス

2021-01-11

無職抗うつ剤も買えず

メンクリ通ってんだけど、実のところ通うだけで精一杯で、処方される抗うつ剤を買えるまでの金が無い

医者には飲んでる体で話してる

本末転倒

死にたい

死にたい気持ちを何とかするために抗鬱剤飲みたい

無い

死にたい

2020-07-09

anond:20200709212235

抗鬱剤ってなんで処方される時に太りやすくなりますよって話してくれないんだろう。

そもそも自分の通ってきた病院ほとんどが、副作用説明せずに薬出そうとするところだったんだが、そうじゃない人もいる?

抗鬱剤を何年も飲んでる人とネット経由で会いまくってきたけどあれ絶対に飲まないほうがいいだろ

彼女らに共通する特徴

・誰がどう見ても認めるレベル肥満鬱病発症前は二度見するようなモデル美人も完全な肉だるまになる)

・外斜視気味(ときおり外斜視になるのも含む)


・頭頂部が薄い


服装がみすぼらしい


・肌が土色でデコボコしてる

・歯が黒くなってたり、鼻くそ溜まってたり、前歯に歯石ついてたり、身だしなみに関する客観性驚愕するレベルで欠落しているポイントがある

・例えば定期的にメンタルクリニックに通院するなど鬱病対処する意思普通にあるけど、現状を脱却する意志が失われてる。メンヘラ友達作ったり、焼肉フェス行ったりするけど就職活動一切しないまま何年も経ってたり。

そしてこんな風になる抗鬱剤が何より問題だと思うのが、彼女らはその後、例外なく鬱状態から戻ってこれていない。

なんなら悪化してる。

どうせ治らないなら抗鬱剤なんて絶対に飲まないほうがいいと思うんだが…。

かに肥満、外斜視、肌荒れ、薄毛じゃ死にはしないけど、社会生活送る上で相当マイナスになるだろう。

こう言っちゃ悪いが、女性でこれらの副作用にやられると周囲からかなり不気味な人間として見られる。

逆にこんだけ凶悪副作用あるのに、抗鬱剤常用しながら正社員続けられてる人は凄いと思う。

職場にもいるけど、その人たち傍から見て「覇気がない」程度の違和感しかないもん。言動支離滅裂になってたり、「言語化できないけどなんかヤバい」みたいな抗鬱剤ガチ勢特有おかし全然感じないし。

2020-06-11

ADHDじゃない

今日TwitterトレンドADHDの特徴が入ってて胃がキュッとなった

片付けられない、聴覚過敏、落ち着かなさなどほぼ記憶がないけど鬱で休職する前の自分やばい言動そのまんまだと思う

病院先生は違うと思うって言ってたし、自分も凹凸はあるもの定型範疇だと認識してる ただ周りの人にADHDだと思われてたらどうしようと思ってしまった

ADHD別に悪いことじゃないのにね

自分差別意識的なもの背中を刺される形だ

ちなみに先述の状態は投薬による鬱の改善とともになくなったけど、それにより悪化した人間関係はなかなか戻らないだろう

それも抗鬱剤作用であまり悲しくはない

2020-05-08

anond:20200508114145

病院でなんていえばいいのかな〜起きてる時間全部がつらいですって言ってもよくわかんない抗鬱剤出されるだけなんだろうな〜

お金かかるけどきょうのODのほうが何もかもが勝ちだな、本当に楽になったもん

この間やったハルシオンODとは全然比べ物にならないきもちよさ

ほんもの魔法を手に入れたな

からだに悪いらしいけど、そもそも生きてる意味がないか別にいいや。仕事なくなったし、わたしがいなくなって困る人誰もいない。

こわれていいんだ。こわれる許可がでた。

いや自分許可したんだけど

2019-12-18

うちの会社抗鬱剤禁止している

就業規則ホルモン剤抗鬱剤使用禁止とあった

やばくね?

鬱気味のヤツとかキチガイは薬使わない方が悪化するんだろ?

うちの会社、頭おかしいのか

2019-06-30

抗鬱剤飲んだら性欲なくなった

いじっても気持ちよくない

射精もできない

ちんちん死んじゃった

2018-09-05

anond:20180802213125

警察から正式な?警告書面を貰った。

出会いの場にも行ったし人を紹介して貰ったり旅行に行ったり趣味の集まりに行ったり

抗鬱剤処方して貰ったりカウンセリング行ったり

思い付くことは全部やったけど結局気持ちは変わらない。

増田も漁ったけど結構同じ悩みを抱えている人は多いようだ。

anond:20180528221954

時間解決してくれるとはいうけど、この気分のまま数カ月も生きていたくない。そもそも最後に会ってから既に7カ月が経過している。

最近毎日死ぬことを考えてる。

自殺しようと思ったけど元彼女にそれを伝えずにはいられなさそうだから止めた。

誰か俺を殺してくれ。

2018-09-01

anond:20180901213850

なんだ真面目だなお宅

元気出せよ~

抗鬱剤飲んでる??

2018-08-13

はてな民って妙に精神科医を信用してるよな

最近頭が悪くなってきた的な増田に対して「精神科に行け」の大合唱で笑ってしまった

9割の医者抗鬱剤やら睡眠剤やらの処方箋を書いてくれるだけだぞ

薬を飲み続けるうちにますます頭が回らなくなる

2018-07-01

医者行け

精神医療についての話題増田で盛んだ(時期を若干逃した感はあるが)。自分場合医者と薬のおかげでサラリーマン生活を続けることができている人間なので、こんなケースもある(ごく普通にある)と知ってほしいと思い、ここに書いておく。

経緯

発症は1年半ほど前。メンタルに突如異常が出る。時期によって異なるが、症状は次の3つ。

中途覚醒

一晩に3~4回程度目が覚めてしまう。起きて時計確認すると午前2時や3時だったりしてめちゃくちゃがっかりする。寝不足がひどい。

極度のイライラ

常にイラついているわけではないのだだが、出社から夕方頃までの間は魔の時間で、ちょっとしたきっかけで怒りが爆発する。会社で同僚に挨拶されただけで突然感情メーターが振り切れて暴言を吐きそうになる。社会生命やばい

これはこの発症当初ではなく半年ほど過ぎた頃から発生。気分がとにかく落ち込む、自分が劣った人間であるという根拠を脳が勝手にひねり出し始める、意味がないと知りつつ止められない、性欲の減退、性的コンテンツへの嫌悪感、これまで好きだったものへの無関心、等々。人生がまずい。

通院開始

このままでは社会生活が送れなくなるという危機感背中を押し(抵抗なく医者に駆け込めたのはTwitterはてなで「困ったら医者に頼るのは当たり前だ」という判断基準が刷り込まれていた部分も大きい。この場を借りて感謝しておきたい)、これはまずいと認識した数日後には勤務先から徒歩圏内にある心療内科へ予約の電話をかけた。もう1年以上前ことなのに、電話を切った後の「一仕事終えた」という若干の開放感、そしてこれから未知の何かが始まるのだという不安感はまだよく覚えている。

初診は待たされることが多いと聞くが、昼休みに融通が利く職場環境ということもあり、1週間程度で予約が取れたのは幸いだった。医者では簡単な問診が行われた。

Q: これまでもこんなことが?

A: ない。

Q: 原因に心当たりは?

A: ない。ここ数ヶ月で生活がいきなり変わったわけでもない。イライラとは逆に毎年春になるとメンタルが低調になることはあった。

その結果医師が下した判断は「軽度の双極性障害可能性があります。薬を処方します。睡眠導入剤も一緒に出しておきます」とのこと。人生初の薬物生活突入

現在

薬を症状によって変えつつ、今は双極性障害の薬、抗鬱剤精神安定剤睡眠導入剤便秘薬(抗鬱剤副作用便秘があり、それに対抗するため)を1日トータル11錠服用している。

良い

中途覚醒はほぼ姿を消した。イライラも落ち着いた。眠りの質はあまり良くないものの、ほぼ毎日朝まで眠れるようになった。ここのところは1週間のうちダメな気分になるのは0日から3日程度。1回あたり数十分から時間続くのでその間はつとめて何もしないようにしている(これも仕事にある程度の裁量があるから可能なことではあるが)。

悪い

寝る前に服用する薬が多いので、以前は時折楽しんでいた寝酒は諦めた。副作用の眠気にはかなり苦しんでいる。頭の働きが明らかに鈍くなったという実感があり、「自分はそこそこ頭の回る人間だ」という自負を捨てるために苦労している。これは加齢のせいかもしれないのだがそれはそれでつらい。

トータルで見て

医者に行っていなければ極度の寝不足によって遅刻太郎無能太郎のみならず暴言太郎と化していたことは間違いないので、「医者にかからない」という選択肢最初からなかったと思う。症状は寛解したり(1週間まったく自覚症状が出ない時期もあった)悪化したりと波があるものの、世間の健常者よりも1歩遅れ程度の生活は送れている。

まとめ

医者行け。

2018-06-22

anond:20180622214347

ホワイトと評判の大手行ったリア充友達一年目で抗鬱剤漬け

って言われても、別に仕事が原因で鬱になったとは限らないんじゃ?

2018-01-20

anond:20180120153230

リブート時の動作チェックのため、一時的アクティベートされますアクティベートに失敗した場合でも起床は可能ですが、対戦前セルフチェックする事をお勧めします。なおSSRI抗鬱剤を服用している場合には、アクティベートに失敗する不具合が報告されていますのでご注意下さい。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん