「ないちょ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ないちょとは

2017-05-08

メルカリゾロ目の値段をよく見かける理由がわかった

手数料10%だからなんだな

たとえば5555円にすると手数料555円でぴったり5000円が売り上げになる

あったまいー

どんな値段でもぞろ目にすれば、少なくとも1と十の位までが0になって売り上げ金が管理やすくなる

なるほどなるほど~

目からうろこでしたわ

普通通販やお店ではやらないちょっとずれた価格設定は、単にノリでぞろ目にしてるだけだと思ってたけど違ったんだなあ

ほえ~

2017-03-24

スマホアプリ課金

最近サーバー建てるわけでもないちょっとした機能を使うのに、毎月金払えってアプリ増えたよね。そりゃ継続して金が入ってきた方が嬉しいし、一回数百円払ったら永久メンテしろとは言わないけど、俺が年間2400円払うことは絶対にない。

2016-12-23

はてな民ちょろすぎ

自称OLアクセサリーネタにされて顔真っ赤にしたり、

薬物中毒アーティストの何の説明にもなってないちょっと詩的なエントリで感動したとかアホかよ

気持ち悪いbotくらいにしか思ってなかったけど、

感情に左右される愚かな人間なんや

2016-11-17

[]

今回はガンガンオンライン

ななしのアステリズム 第19話

まあ、女の子の言いたいことは人情的には分かる。

でも当事者には道理もなければ義理もないことだからね。

から道理義理もないといって断ること自体は悪くない。

でも人情まで非難したなら、それに関しては言いすぎってことになる。

ましてや、読者目線でいえば自身立場理解していることによる、当てつけに近い言動から、なおいっそう印象が悪いなあ。

言動理由の根幹を隠したままコミニケーションの帳尻を合わせようとするから、こういう無意味な諍いが起きるんだよね。

まあ、ある意味で今まで必死現状維持していただけで、いつかは壊れる危うい関係であったことが今回明らかになったといえる。

とまあ長々と感想書いているけれど、あんまり好みの作品ではなかったりする。

メインキャラほとんどが面倒くさい上に読者に共感されにくい人格なんだもん。

いや、理解はできるんだけれども、それを踏まえた上で不愉快な要素が多すぎる。

判官贔屓でもない限り、基本的愚か者は好かれないからね。

一応、ストーリー構成自体は興味があるから読み続けているけれども、今後もこれ以上の難解かつ不愉快言動をメインキャラがし続けるなら、私は読むのをやめるべきなんだろうなあ。

私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い! 喪107

ほんと、この先生デリカシーが酷い。

なまじ悪い人ではないから、余計にこういうデリカシーのなさが空回りしているのに、本人が無自覚っていうのがもうね。

陽菜のもこっちに対する絡み方はちょっと不可解だが、友達には話せないちょっとした本音吐露できる相手でもあるんだろうね。

というか意味もなくマラソンで競い合ったりして、自分でもなぜそんな対抗心を燃やすのか分からなかったり。

今作でも、かなり複雑な心情を持っているキャラかもしれない。

月刊少女野崎くん 第83号

通常とは違う劇的なことをやろうとすると、後に禍根を残しやすいからねえ。

ネタとして過剰に描いているけれども、実際問題難しそうだ。

序盤の即興演劇による無茶振り相手が入れ替わっていく展開は好きだな。

そこからやたらとオチ登場人物を殺したがる演劇部員と、雑誌ときに載る編集一言コメント4コマオチに持ってくる天丼ネタもツボだ。

モドキドモ #9

不良っぽさの象徴として着けているマスクを外さな理由で「これがないと俺じゃなくなる」といって、佐々間が中二病だと勘違いするネタがあるが、実際間違ってはいないよね。

中二病って邪気眼的な言動のことを指していることが多いけれども、ああいうのも広義的には中二病だろうし。

元木サイドは言葉が足りないせいで勘違いされる展開だが、「拳で手助け」の部分はほぼ同じ解釈というオチちょっとツボだった。

それにしても、同じモドキであっても周りに割と不良だと思われている六条に対して、元木のほうは優等生とは全く思われていないという差は興味深いね

最後になんだかラブコメ波動も感じたところで、両者ともそれぞれ見所のある回だったなあ。

2016-11-07

ゾッとしたけど解決してないちょっとした話

うちのマンション

フロアの並び  A B C

これの真ん中「B」が俺んちだ。

長らく「C」は空き部屋だったが、最近若い夫婦が越してきた。

ベランダに出て洗濯物を取り込む時に、「C」洗濯物がちらと見えたり、廊下挨拶したりする感じ。

最初はなにもなかったのだが、C家が窓を開けたままと思われる状態テレビを見ているであろう時、

「B」である我が家も同じ番組を見ていてふと音がシンクロする瞬間があった。

はっはっは、有吉反省会おもしろいよねーなんて一人暮らし独り言を心の中で言っていたわけだが。

マジかよ、このレベルで隣りの音聞こえんのかよ!と気づいてしまった。

今までの俺の生活音、こんなに外にもれてたわけ!?

ていうか、そういうことな「A」の部屋はどうなってるんだ。ここ5年間、物音一つしないぞ。

夜に電気がついてることはベランダ越しになんとなく確認済みだ。

でも音がしない。防音しっかりしてるんだ・・・なんて思っていたが「C」がうまったことでそれにも疑問の余地が出てきた。

「A」から音がしない。なんか気持ち悪い。

「A」は俺より年上のおっさんの一人住まいだ。

おっさんを見たことはある。挨拶もしている。ドラえもん風な体型のおっさんだ。

近所の居酒屋で一人で焼酎のみながら焼き鳥つまんでいるところを目撃したこともある。

「A]からは音が何もしない。そういえば洗濯物も見たことがない。

そんな期間がもう5年ちかくになることに、ちょっとゾッとした。

2016-10-24

http://anond.hatelabo.jp/20161024200436

大したことな失言とか、失言ですらないちょっと自分価値観が違う発言とかをスクショ取って

必死批判飛ばしてる連中とかもにたような精神性を感じる。

なんかツイッター自分フォロワーさんがそういうのの被害を受けててなんなんだこいつらって思ったけど

あいうのを正当化するのが日本マジョリティなのだろうか・・悲しくなる。

2016-07-20

学んだこと

オークションサイトで学んだこと

1. 隠し事をすると、信用をなくす

たとえ隠し事が、くだらないちょっとしたことだったとしても、不信感が生まれる。その不信感はやがて、その人全体を覆うことになる。

一度不信感が生まれしまうと、払拭することはすごく難しい。

大切な仕事や大切な人と話す時は、かっこ悪いこともちゃんと話した方が、不信感を招くよりずっとずっとまし。

2. 話し合いで相手を変えることはできない

ぼったくりぼったくりだし、インチキインチキだし、詐欺師詐欺師。怒っても泣いても訴えても、相手が変わることはない。そういう人とコミュニケーションはしない方がいい。するべきことだけする。

あやしいものに手を出したらダメ。もう二度とやらない。おしまい

2016-06-02

今時の子ちょっとかわいそうになった

先週末親戚が夫婦で家を空けないといけない用事ができてうちで一日子供を預かることになった。

子供小学4年生。

の子とは赤ちゃんの時からよく遊んでたんで別に全然嫌じゃなかったしむしろ楽しみなくらいで一緒に一日遊びに連れて行った。

そんでお昼にちょっと奮発してファミレスとかじゃないちょっといい店に入って、見栄もあって「好きなもの頼んでいいよ」って言ってみた。

そしたらいろいろメニュー見てから安い単品メニューを選んだんで「もっといいの頼んでいいよ。なんならデザートも」とか言うんだけど、本当にそれがいいからと言ってきかない。

自分が同じ年令だった頃やっぱり同じように親戚のところに一時的にお世話になった経験があって、そこで同じように好きなように頼んでいいと言われたときにはきょうだい3人で普段両親と来た時には絶対ダメっていわれる高いメニューとか頼んだのを思い出した。

その時には両親があとで預けた親戚の家に平謝りに行ったなんてことを大人になってから聞いた。

ときょうだいが図々しかったといえばそうなんだろうけど、小学4年生ってそんな大人に気を使う年だったっけって少し思ってしまった。

結局「お父さんとお母さんには内緒にしてていいから、本当に好きなの頼んで」と言って最初に選んだのよりも少し豪華なランチをごちそうしたんだけど、なんか時代を感じて別れてからしんみりしてしまった。

の子供は小利口にならずもっと無邪気でいいと思う。

2016-05-27

食べログ いつの間にか俺の書き込み消されてるんだけど

他にも評価低い書き込みはあったし、

俺のは全然過激じゃないちょっと味変わったかも気のせいかなくらいの感想なのに何か消されてた。

ログインしないと自動的に消されるとかか?

あと最新順がデフォルトじゃないので高評価ばかり目につく。

レビューサイト意味あんのかこれ。

 

http://matome.naver.jp/odai/2142167165868913301

 

と思ったら既に答え出てたわ。すまん。

2016-05-08

[]「お漏らし百合

物静かで友達も少なくて1人で本を読むのが好きなタイプ大学生のお姉さんと、

生意気で覚えた知識を披露したくてしょうがないちょっと調子に乗ってる系の小学生女の子が、

たまたま二人でお出かけすることになり、

スマホの道案内を使って先導する小学生女の子だったが、お手洗いに行きたい、ということが中々言い出せず我慢しきれず道でお漏らしをしてしまい、

お姉さんに粗相の後片付けをしてもらった上に、年上なのに気遣いができなくて申し訳なかった、とお姉さんに謝られて、

人間としての器の大きさとか、自分がまだまだ子であることを自覚した小学生女の子が気を許し、

二人は末永くラブラブする場合


大学生のお姉さんは松井恵理子

小学生女の子照井春佳で決まりです!

アイマス声優になったのは偶然なので、プロデューサーの人は気にせずアイドル名前を上げてもかまいません。(つうかアイマス声優いねん! ラジオも山ほどやってるから自然と知る機会が増えるしさあ)

未確認で進行形姉妹になったのも偶然ですから荒井チェリーファンも気にせず三者三葉声優をあげてもかまいません。

りりくる声優になったのも偶然ですが、今WindowsないのにDMMで購入してダウンロード中なのと関係はありそうな気がしなくもないです。

2015-12-16

「(消費税10パーセント体制下での食料品等に関する)軽減税率」だからな。

「辛そうで辛くないちょっとだけ辛いラー油」のほうがまだ親切表記レベル

2015-11-18

筋金入り共産党員の娘が創価学会の男と結婚した話

まぁ私の事なんですけど。

父、祖父、曽祖父の代から共産党主義者もっと共産党員なのは祖父と父で、曽祖父は単に支持者だったそうだけど。

祖父が亡くなった時に、志位和夫委員長から弔電が来ていたらしいので、そこそこの党員だったのだろう。あまり良く知らないのだが、祖父宅には宣伝チラシのようなものがおいてあったり、客間におそらく党員が集まって話してるのをよく見た。

父は党員だけど労組活動がメインみたい。むかし、隣の市で共産党系の市長が出そうだった時に開票所に連れて行かれて「不正が無いか見ておかないと行けない。お前たちの未来にも関わることだからな」と言われた。月に2-3は活動して座談会いったり年1くらいデモしたりしているみたい。自分細胞なんだそうだ。

他には政治的なことを言われた記憶はなく、しんぶん赤旗は取ってたものの、私は個人的にずっと朝日小学生新聞朝日新聞を取ってた。個人的にっても親の金ではあったので、親ありがとう

私自身のことについていえば、共産党薫陶は受けたものの、赤旗まつりに行く程度で、しんぶん赤旗現実味のない論調ニュースの速報性のなさにはがっかりだし、オープンキャンパス東京大学をいろいろ見ていたとき法政大学アジ横断幕見てドン引き

一応大学共産党宣言ちょっと見てみたもの・・・ってところです。

あいつら、チベット虐殺について「チベット暴動があり民間人に死者が出た模様」って軽く触れて終わりとか偏り報道ですよ。CNNBCCもNYTも見放題の時代に。

なお、赤旗まつりは完全に地方物産市&芸能人講演会となってて政治要素はかなり薄いので面白いです。各地の特産品とかあるよ。

さて、彼のことについて言う。

彼は別に創価学会企業でもないちょっと名のある企業に勤めていて、友人経由で知り合ってみんなでキャンプバーベキューしたりしてるうちに仲良くなった。1年半くらい半同棲して、そして結婚に至る。

半同棲(週3くらい同居)のときに、彼がクローゼット仏壇をおいてるのは気づいてた。とはい最初仏壇?と思ったものの気にしなかった。でもなんとなく気になって、彼がシャワー浴びてるとき仏壇の中を開けたら変な呪文の紙があって「きもっ!!!!!!!」ってなったね。そりゃもう。鳥肌ゾワゾワ。

その日は彼が求めてきても体調悪いって断ったもんね。

んで、帰って創価学会でググッてビンゴ創価学会呪文の紙だ(板曼荼羅というらしい)。吐き気を抑えつつも、彼のステータスを考える。有名企業法務部。年収650万。顔も悪くない。性格もすごく合う。

でもなー・・・と思いつつ、「あのさー・・・もしかして宗教とかやってるの?仏壇となんか呪文?みたいなの?見ちゃったんだよね」って言ってみた。「あー・・・学会員でさ、親もなんだけど。でも創価学会って別に変な宗教じゃないよ。日蓮宗っていう鎌倉時代からある普通仏教だし、ふつうだよ」って言う。

はいはい、そのへんは全部Wikipediaで調べ済みです。鎌倉時代新興宗教日蓮宗の、更に過激派日蓮正宗の、そこから更に分離独立したんですよねーーー。とは言いつつも黙って「え、それ私も勧誘したりするの???」「えっしねーってww まあお前が興味あるって言うなら少しは教えるけどwww 普通仏教別に勧誘なんて無いでしょww 学会普通宗教からね。勧誘なんてしないよ」とかのたまった。

(なお日蓮系の顕正会現在勧誘がひどいが、創価学会は”現在は”ほとんど勧誘してないらしい。20年前まではひどかったようだ:wiki情報

彼も祖父母の代から学会員らしい。三世ってやつか。私は祖父と父が共産党員だけど私は党員でも支持者でもないからなー。

その後もいろいろありつつ、半同棲も飽きたので結婚しました。

やっぱり彼のことでビックリしたのは、共産党週刊新潮が本当に本当に嫌いなことかな。2chも嫌い。だけど私が元ねらー(というよりははてな村民ツイ廃なんだけど、ゼロ年代ネット住民によくある程度の浅いねらーでもあった)なことを知ってるせいか、あんまりあからさまに悪くは言わないかな。

たとえば電車中吊り週刊新潮記事を見て「へぇ東京五輪の黒い噂なんだ」と学会とか関係ない話をしたときに「は?週刊新潮なんて嘘とデッチアゲしか無いんだよ?ああいデマばっかりの雑誌見てると低俗になるよ」と言い出しまして。あとで調べると、週刊新潮は20年ぐらい前から創価学会キャンペーンをやっていたみたい。共産党支持層が被るのもあって対立してたみたい。

あと、集団的自衛権とかSEALDsとかの話も「共産党が裏で動いてるんだろ?ああいう連中(共産党)こそサッサと内乱罪逮捕すべきだよ」と言い出します。これも共産党とは40年くらい対立してるみたい(すべてWikipedia情報)。

実は、父祖が共産党員なことは彼には言ってないんだけど、大丈夫かなぁ・・・。これはかなりナイーブな事案。っていうか共産党と仲悪いなんて知らなかったんだよね。


普段は本当に温厚な人でバランス感のある人ではあって、パリテロも「テロは当然許されることではないけども、フランスで起こったということはやはり空爆だけでなくフランス移民政策ミスがあったということも遠因だろう」とか言ってた(ネットで見る言説と同じではある)。

こういう彼がいきなり特定のことになると過激な発言をするパターン・・・というので思い出すのは、職場の同僚のネトウヨさんだ。

ネトウヨさんは2児のパパで、とてもいい人で温和な感じでFacebookも娘の写真とかが多いんだけどネトウヨで、中韓最近だと日本共産党あたりの話題になると本当に叩きっぷりがひどい。

ある日「娘と一緒にスイカ割り行ってきました〜〜。まだまだスイカは固くて割れない^^;」みたいなことを言った5分後に「翁長ww売国奴死ねよwww」「テロに遭う前に韓国人という外患を強制退去させないとな(真顔」とか言ったりする。

彼も、ネトウヨ同僚さんも、このメンタリティ理解できない。絶対的に叩いていいモノ扱いするメンタリティ。正直こわい。

選挙は2回ほどあったけど、「お前はそういう女じゃないと思うし、俺もあんまりきじゃないけど一応言っとくとできれば公明党に入れて。まぁそういう女じゃないだろうけど」って言ってきた。どういう女だと思ってるんだ!!

話し合ったことはないけど、日蓮正宗とか阿部日顕とか言い出すとまたすごい批判の言説されそう。そういや彼の本棚の奥の方に(隠すように)も彼の実家にも池田大作の本とか人間革命とかあるけど、あれは面白いのか…?この辺もまだ話し合ってない。なんであんなに池田大作好きなんだろう。ネトウヨさんが天皇日本大好きみたいなもんか?刷り込みなの?


あと彼は創価大学ってとこの卒業生なんだけど、これもキモい。「ふつう大学宗教の授業とかは無いからね」「幸福の科学大学作ろうとしてたけど、あれは授業が宗教的だってことで禁止くらってたけど、ああいうのとは違うんだよ」「司法試験合格率とかも高いし優秀な大学だよ」とは彼の談だけど、ネット創価大の文化祭画像を見たら「父、池田先生ありがとうございます」とか、三色に染めた旗・花・階段・校舎・・・キモイキモイ

あとやっぱり板曼荼羅呪文しか見えなくて気持ち悪い。捨ててほしいし、ガチ同居になってから見えるところに配置してるのでせめてクローゼットにいれてほしい。

聖教新聞気持ち悪いのでやめてほしい。

月に1回くらい、休日接待だと嘘ついて学会活動するのやめてほしい。会社学会員の人といってるようなのでギリ嘘じゃないんだけど、それでも。

「そんなに嫌ならなんで結婚したんだよ」という意見出てきそうだけど、そろそろ私も結婚やばい年齢だし、収入や顔のスペック面も悪くないし、3年ぐらい付き合って本当に本当にこれ以上ないってくらい気が合うし、ほんと創価学会だけなんだよ・・・

変につついて過激な活動家になっても困るので、月1会合聖教新聞だけならいいか、と放置しています。過激活動家になったり、学会の集まりに私も呼ばれたり、学会勧誘されたりするならキレて離婚してもいいんだけど、面白いから観察して増田にまた書いてもいいかな。

しかしたら私が狂ってく過程なっちゃうかもしれないけど、そしたら笑ってください。

2015-10-22

ママチャリロード抜いたらバーカって言われたよ

普段はロードバイクエアロバイクマウンテンバイクと乗ってるんだけど

通気用の電動アシスト自転車だったので坂道ロード追い越し先行かせてもらったんだけど

三つ先の信号で追いついたらしく

バーカって抑揚のないちょい声の高いオタク特有のボイスで言われた

オタクはぴちぱつのズボンサングラスヘルメットと俺よりも安全装備だったんだけど

バーカって俺に言った後に信号赤なのにそのまま直進全速力していった

ここから増田のためにもってあげるけどもちろん大型トラックと正面衝突して月までとんでった

2015-09-23

成瀬由美

おわらない http://sumire.choumusubi.com



 湯気が立ち込めた浴室から一歩外へ出ると、お風呂に入る前にはじっとりと鬱陶しく感じていた筈の空気もひやりとした質感を伴って濡れた肌に沁み込んでくる。わたしの家のものとは違う、でもとても安心感のあるにおいを纏ったふかふかのバスタオルで身体の水気を丁寧に拭き取り、それから寝間着にしているブラトップキャミソールシャーベットカラーでふわもこのショートパンツを身に付けると、先程のバスタオル肩にかけ今度は髪に含まれた水分を拭き取りながら部屋に入る。

 彼氏である利吉くんはわたしより三つ年上で、このワンルームマンションに一人で暮らしている。無駄な物がなくいつもすっきりと片付けられたこの部屋はわたしもよくお世話になっているけれど、いつ見ても生活感あふれる――もとい雑然としたわたしの部屋とは大違いだ。

 浴室から聞こえるザアザアというシャワー音を聞きながら、火照ったままの身体を冷やそうと冷凍庫からアイスクリームを取り出す。玄関のドアを開けてもらうなり差し入れよと言って差し出して苦い顔をされた、パピコチョココーヒー味。利吉くんてば何であんな顔するんだろうパピコおいしいのに、とか考えながらミシッと小さな音を立てて二つに割ると、すぐにひとつを袋に入れて冷蔵庫に戻し、もう一つの口を捻り開ける。それを持ったまま部屋の真ん中に置かれたローテーブルのとなりに腰を下ろし、三角に折った膝の上に肘を乗せてパピコに口をつける。もぎゅっと指で押しだすと、コーヒー風味の甘く冷たいものが口の中いっぱいに広がった。ああ、おいしい。おいしすぎる。お風呂上りアイスって最高!

 そうして筆舌に尽くしがたい幸福感を味わいながらちびちびとパピコを吸っていると、浴室の方からガラッという音がした。利吉くんがお風呂から上がったに違いない。いいよなあ男の人は、わたしが化粧を落とし洗顔しシャンプーリンスを済ませ身体を洗い終えて浴槽に入り十分に温まったころにようやく入れ違いに浴室に入ったって、わたしが上がってからそう時間も経たないうちにもう追いついてくるなんて。髪も短ければ落とすべき化粧もないから当然と言えば当然なのだけど、何だか悔しいよね。朝の準備だって時間がかかるのは俄然女の方だし、女って損だ。そんなことを考えながらもにもにとパピコの固まりを指先でほぐしていると、黒の長ジャージ青色Tシャツを身に付けた利吉くんが、ごしごしとタオルで髪の毛の水分を拭き取りながら部屋に現れた。彼はそのまま間髪入れずにざっとドライヤーを当てると、乾ききるかきらないかのうちにすぐにドライヤーを置き、それから歯を磨きに再び姿を消した。と思いきや、ひょっこりと顔だけを覗かせてこちらへ視線を寄越した。な、なんだ。言いたいことがあるなら早く言ってくれ!

・・・名前

「なあに?」

 わたしは残り三分の一ほどになってしまったパピコを吸う合間に答える。「あ、利吉くんもほしい?半分冷凍庫に残ってるよ!」と言うと「いや、いい」と断られてしまった。ちぇっ、パピコおいしいのにさ。それが理解できないだなんて信じられない。

名前、まだ髪乾かさないのか?」

「え。ああ、乾かすー」

・・・

・・・

「早くしないと風邪ひくぞ」

「夏だから大丈夫だもん」

・・・

・・・

「何でもいいけど早く乾かしなさい」

「はーい」

「・・俺が歯みがいてる間にちゃんと乾かす?」

「乾かすー」

「ほんとに?」

「うん!」

・・・

・・・

 元気よく返事をしたきり動く気配のないわたしを利吉くんはしばらくじっと見つめていたけれど、とうとう諦めたようにふうと息を吐き出した。何だよう、そんなに言われなくたってちゃんと乾かすってば。ただ体が熱いうちは動く気になれないだけなの。だってさあ、髪が長いと乾かすのも時間がかかるし、そうなるとドライヤーの熱で余計に暑くなっちゃうしね?なんて心の中でそう言い訳していると、不服そうな顔の利吉くんはすたすたとこちらへやってきて、そのままわたしの背後に回り込んだ。そして、あれー歯みがきするんじゃなかったのと思っているうちに突然くしゅ、とわたしの髪に何かがやさしく触れる感触がした。わあ、と一瞬びっくりしたけれど、業を煮やした利吉くんがとうとうタオルを手に取り、手ずからわたしの長い髪の毛に含まれた水分をくしゃくしゃと拭き取ってくれているのだとすぐにわかった。もともと時間無駄にするのが好きではない利吉くんであるとは言えここまでするなんてよほどだから、わたしのあまりのぐうたらぶり忍耐強い彼の堪忍袋の緒もとうとう限界を迎えたんじゃないかとしばらくの間怯えていたけれど、予想に反して利吉くんは何も言わないし、それにわたしに触れる指はやさしい。そのうち、利吉くんの指先に込められるほどよい力加減にまるで美容室にいるみたいに心地よくなってきて、気づけば体中すっかりリラックスモードになっていた。くしゅくしゅ、くしゅくしゅ。あはー、何だかねむくなる。きもちいい。そうしてまどろみモードに入ろうとしたところで、今度はゴーッという音とともに首元に熱を感じた。利吉くんが、ついにドライヤーまでかけ始めてくれたのだった。几帳面な利吉くんらしく丁寧に丁寧に乾かしてくれるし、おまけに彼は生来手先が器用なので、本当の美容師さんみたいだ。なんだかすごくしあわせ。

「えへへー」

・・・何」

気持ちいいです」

「あっそ」

「ごめんねごめんね、怒らないでよう」

「べっつに怒ってないけど」

うそだあ」

「本当。ただ呆れてるだけ」

「ほらーーー怒ってるんじゃん」

「怒るのと呆れるのとは違うよ。まあこの暑さだから風呂上りアイスが美味しいのは分かるにしても、長さがある分髪乾かすのに時間がかかるの分かってて何故さっさと取りかからないのかが分からない」

「うううごめんなさい・・・でももう少し涼しくなってからかけようかなって思って」

はいはい

 利吉くんが言ったことは確かに正論だったので素直に謝ってみたけれど、全然納得した雰囲気じゃない。うーん、どうしよう。どうすればいいのだ。外面のいい利吉くんは他所はいつでもいいお兄さんだし何をやらせてもてきぱきとこなす”出来る人”で通っているけれど、打ち解けた相手、たとえばわたしなどに対しては案外そうでもない。ムラッ気も見せるし、へこたれてるときも割とあるし、それに実はちょっと意地悪なところもある。まあでも何だろう、そういう他の人が知らない、わたしにしか見せないちょっとだめなところも含めてわたしは利吉くんのことを好きだし、そういうところがあるからこそ余計に愛おしいとさえ思っている。えへ。

 しかしそれにしたって理由もなく不機嫌になるような人ではないので、今のこの様子にだってきっと何か原因があるのに違いない。さきほどの発言から鑑みるに、寝る準備に時間のかかるわたしに付き合って就寝が遅くなるのが嫌だから生活リズムが乱されるから?たしかにすでに社会人の利吉くんは毎日きちんとした生活リズムで生きている反面、まだ学生のわたしの生活は不規則だし夜更かしの方向に傾きがちだ。そこの感覚のズレがだめなのかな。時計を見ればまだ11時半だけれど、わたしにとってはまだ11時半でも利吉くんにとってはもう11時半なのかもしれない。

「ねえ・・利吉くん」

「何」

「わたし何するのもとろいから、もし早く寝たいのならわたしに気を使わず先に寝ててくれていいのよ?まあ明るいまま近くでごそごそされたら眠れないのかもしれないけど・・・

 おそるおそる提案してみる。返事はない。それどころかアレ、なんかむしろ余計に空気が澱んだ気がする。さっきまではまだ冗談で済ませられる空気もあったのに、今や完全に不機嫌モードだ。うう、これは地雷を踏んだかもしれない。まずい。わたしは彼を気遣うつもりで言ったというのに一体何が気に障ったんだ。

 結局お互い無言で不穏な空気を漂わせているうちにドライヤーは終了して、仲直りするきっかけも掴めないまま今度はぶっきらぼうにわたしの分の歯ブラシ差し出された。ご丁寧に、歯みがき粉までつけて。仕方がないので釈然としないままそれを口に突っ込む。しゃこしゃこしゃこしゃこしゃこしゃこ。澱んだ沈黙にブラシの小さな音だけが二つ、響き渡る。やだなあ、どうせ寝て起きたらお互い気まずくしてたことなんて忘れてるんだろうけれども、この部屋に一つしかないベッドでそれなりに密着して眠らなければならない以上そのときまでに何とか仲直りしておきたい。うーんどうすればいいだろう、とか思いながらぶくぶくと口をゆすいで、お先にベッドの縁に腰掛けて利吉くんを待ってみる。

 程なくして歯みがきを終えた利吉くんも戻って来たのでちゃんと話そうと意気込んだところでしかし、彼はベッドサイドの棚のところに置いてある電気リモコンを手にするなり、こちらに背を向けてごろんとベッドに寝転がってしまった。しかもそのままピッと消灯してしまうではないか。おいこらわたしのことは無視ですかそうですか。「利吉くん」声をかけてみても「おやすみ」とぶっきらぼうに返ってくるだけ。はーちょっともう意味わかんない、わたしも何か気に障るようなこと言ったんだろうししたんだろうけどさあ、こんなやり方ってないでしょうが。ここまでくるとさすがにむっと苛立ちが沸きあがって来て、わたしは真っ暗闇の中でがばっと利吉くんの背中に抱き着いた。

ちょっと利吉くん!」

「うわ、いきなり何だよ!」

「わたしも悪かったかもしれないけどさあ無視とかしないでよばかばかばか利吉のばかやろう、気に食わないならはっきり理由を教えてよ!じゃないと反省および改善のしようもないでしょうばかばかばかやろう!」

 足をジタバタさせてげしげしげしと利吉くんのそれを蹴ってみる。わーやめろって!落ち着け!と言われるけれどもやめてあげない。しばし攻防は続く。しかし「分かった、分かったよちゃんと話すから!」その言葉を聞いてようやく、わたしは攻撃の手を(じゃない、足を)ゆるめた。ほっと溜息をついた利吉くんは、のそりをこちらへ体を向けて、ん、と左腕を差し出してきた。何だよ腕枕作戦で懐柔しようったってそうは行かないんだからね、と心の中でいきり立ちながらも、わたしはあっさりと利吉くんの腕の中に納まった。首元にぎゅっと額を押し付けると、上から小さく苦笑が聞こえてきた。まったくこっちは怒っているというのに、一体何がおかしいんだろうね。

名前

「なあに」

名前はさあ、俺が先に寝てしまってて嫌じゃないわけ」

「うーん・・・

 利吉くんの声はもう、怒ってはいなかった。そのせいでいきり立っていたはずのわたしの怒りもほんの少ししゅんと縮む。

「・・まあちょっと寂しいけど、でも仕方ないかなって思う。無理にわたしのリズムに合わせさせて、利吉くんの睡眠時間奪うのもなあと思うし」

・・・そっか」

「利吉くんは、わたしにリズム乱されるのが嫌なんじゃないの?それで怒ったんじゃないの?」

「それも少しあるけど」

「けど?なに?」

名前って宵っ張りな上にのんびり屋だし、時計見ても全然焦らないし」

「確かにそれはそうだから謝るけど。で、なに?」

 問うと、利吉くんはほんの少し間を置いて、それから口を開く。

名前馬鹿だね」

・・・は?」

名前馬鹿だし鈍感だし、分かってない。俺はだらだらしてないでさっさと準備終わらせて一緒にベッドに入りたいと思うし、それに――もし俺が先に寝てしまっていたら、やることやれないだろ」

 そう言いながらわたしの頭をこれ以上ないくらいに優しく撫でた利吉くんのせいで、全身がぞくりと粟立った。心の中に沸きあがったのはもちろん、嫌悪とは正反対感情だ。なにこのひとどうしたの、なにかわいいこと言ってるんだろう。わたしがようやく事情理解したことを察したらしい利吉くんは、さっきまでの空気うそみたいにもうすっかり機嫌が良くなっていて、何はともあれよかったなあとゆっくり胸を撫で下ろす間もなく性急に唇を塞がれた。すぐには解放してくれなくて、もともと心づもりのなかったわたしはすぐに息が上がってしまう。利吉くんにはめずらしく、最初最初から余裕のないキスだった。何度も何度も貪るように食いつかれ口内をなぞられて、もうそれだけでとろとろに蕩けてしまいそうだ。仲直りのあとのご褒美はいつもよりことさら甘美に感じられるのだなあ、という思考ですら甘い波に溺れてしまいそうだ。ようやく唇が離れて存分に酸素を取りこみながら、たまに面倒くさいところがあるとしてもやっぱり愛しく思ってしまうその人の顔を見つめると、闇の中だというのにくっきりと網膜に映し出されるその形のよい唇を歪めて

「あー明日が土曜で良かった」

 なんて言うものから、わたしはどう答えたものやらすっかり困り果ててしまった。そうこうしているうちにも利吉くんの指先や唇の動きはいやらしさを増していって、これは明日の朝の寝坊は確実だなあとわたしは覚悟を決めた。だっていつもゆっくりと丁寧に順序を踏む利吉くんがこんなに急いた様子なことって滅多にないし、かつて何度かあったこんな様子の夜を思い出してみても、やっぱりそう覚悟を決めるしかないのであった。

 明日は取り立てて予定なんてないからあいいか、なんて考えながら鎖骨のあたりをべろりと舐めてやると、余計に火が点いたのか利吉くんの息も熱く跳ね上がる。いいじゃないか受けて立つわ、お望みならばカーテンの外がじわじわと白み始めるまででも付き合ってあげる。

2015-09-11

5年前付き合ってた元カノに会ってきた。

もやもやが晴れず眠れないので書く。


5年前に付き合ってた元カノから連絡がきて、

飲みにいくことになった。彼氏に振られたらしい。


そこそこ洒落カフェバーで待ち合わせ。

先に待ってた彼女をみた感想

5年前と変わってないなってことだった。


俺と別れてすぐにそいつと付き合ったはずだから

5年くらいの付き合いだろう。

「君と結婚してずっとこの先やっていく未来みえない」

と言われたそうだ。

なにが原因だと思う?って聞いたら、

多分わたしがもっとちゃんと好きって

伝えていたら違ったと思うって。本当は結婚たかったらしい。

俺はそっか、まぁ終わったことだしとりあえず

新しいことでもはじめてみたら?と

ヨガとかボルタリングとか紹介したりした。


ひとしきり励ましたあと、

カラオケでもいくか!という流れになった。

そういえば付き合ってた時はよくカラオケ行ったな、なんて思いながら。


で、まあ、ここからが本題ですよ。

3年前に付き合ってたその彼女、その頃と同じ歌ばっかり歌うんだよ。

最近の曲知らないんだよねーとは言ってたけど、

それにしても変わってなさすぎだろって。

俺にあわせなくていいよ、って言ったけどいつもこれ歌ってるんだーってさ。

で、なんか、色々分かった訳ですよ。


最初、5年ぶりにあった時にも思ったんだけど

本当に当時から変わってないの。

服の趣味も、メイクの仕方も、髪型も、好きなものも。

ちょっと話し方が卑屈になってたくらい?

普通の女なら5年も違う男と付き合って、

その男に影響されたりするでしょう。


俺も付き合ってたとき

「あ、こいつとは一生一緒にやっていけないな」

って思って別れたことを思い出した。

でもその時はその理由がしっかりとは掴めなくて、

ただ漠然と無理だなって思ったんだけど

その理由が5年経ってやっと分かった。


多分、彼女自分や人に興味がないんだと思う。

優しいし、気も遣えるし、友達もまぁそこそこいるんだろうけど

本質的人間というものに興味がないんだと思う。

CDショップで視聴した音楽を好きになったり、

テレビ雑誌をみて流行の服を着てみたり、

新しいメイクを試してみたりするじゃん。

そういうのがないんだよ。


影響は受けやすい。俺の好きな音楽とかよく聞いてたし。

でも、彼女の好きなものを俺が好きになることがなかったの。

そもそも、彼女の好きなもの、がないから

そういうのなんていうの?

自ら変わろうとする意識っていうのかな、意思感覚向上心

みたいなものがない人間ダメだったんだな、俺。

そういう人が好きってヤツがいてもいいと思うんだ。そらいるだろう。

でも5年前の俺はそれがダメだったんだなって。

そいつ元カレに5年前の自分を重ねてしまったわけですよ。

分かる、分かるよ。

与えるばかりじゃなく、時には与えて欲しいもんな。

切磋琢磨してさ、お互いより向上していきたいもんな。


元カノのあの頃から変わらないちょっとへたっぴなYUIの「CHE.R.RY」を聴きながら

早く帰って家で待ってるかわいい嫁を可愛がりたいなって思った今夜の出来事でした。

2015-07-26

ゲーマー彼女がほしいけど矛盾ちゃう

ゲーマー彼女がほしい。

俺はFPS、TPS系のコアなゲームが好きなんだけど

けど、出会う前からFP!?大好物です!!」なんて女は絶対にいやで

であったころは「マリオカートポケモンぷよぷよなら強いよ!」ってくらいの女の子と一緒にマリオでもやりつつ

徐々にスマブラ、スラトゥーンモンハン、と取り換えて行き最終的にFPSとかバリバリのコアゲームを一緒にやってほしい。

見た目もゲーオタっぽくないちょっとギャルっぽいのが理想

やっぱわがままかな?

どうして男はかわいい処女がいいみたいなこんな矛盾した欲求が出てしまうんだろうか

2015-06-11

平均的かどうか知らないけど男性痴漢被害歴書く。

当時は東京ベッドタウン在住。

小学校まで地元で、中高は電車で30分ほどにある都心学校に通っていた。

周囲と話をしたことがないから多いのか少ないのかは分かりません。

(1)幼稚園小学校低学年くらいのときレストランゲームと言われて食べ物役になり服を一枚ずつ脱がされるゲームを姉(5つ上)に強要された。

一ヶ月くらい毎日。親には内緒だと言われてました。

(2)小学校中~高学年の時、学校外のスキー教室(一泊二日)で寝ている間にインストラクター局部をいじられていた。

トイレが我慢できなくなり目が覚めて気付いた。部屋に戻ったらもういなくなってました。

(3)高校に入りたての頃、朝の通学電車でいつも局部押し付けてくるおっさん半年以上付きまとわれた。

車両を替えても時間を替えてもついてきたので、どこかで見張られているようでした。

(4)高校の頃、超満員の終電でお色気ムンムンのお姉さんに巨乳と扉の板挟みにされた。

実際に遭ってみると分かるけど、嬉しいというより恐怖と罪悪感(羞恥心?)が半端ないです。

それ以降巨乳恐怖症でなまめかしいというか生々しい女性が苦手です。

あとはよっぱらったおかまちゃんに抱きつかれたり男性局部を手に押し付けられたりって些細な事は電車に載ってると結構遭遇したけどあんまり覚えてません。

(2)までは自分性的対象として扱われていることに気付いたのがずっと後でした。

とくに姉の件はどちらかというと最近急に思い出したことで、前後の言動やら行動を考えると異性に対する興味の現れだったんだろうなぁと納得できました。

ちなみに見た目がかわいらしいとか女性的っていうのは一切無いです。

覇気のないちょっとだらしなさそうなオタクです。

今振り返ってみると、思春期の頃は異様なほど男性同性愛を毛嫌いしてたかも。

そういう話になると過剰反応して逆に怪しまれたりしてさらにキレるなんてことがざらだった。

今は普通に生活して女性とも問題なくお付き合いできてます

ただ、一時期の嫌悪感を払拭するために色々と調べたりしたこともあってか、うちに秘めた異様なほどの変態性は自覚してます

増田趣旨が変わってしまうのでここには書きませんけど、これは多分、一生飼いならさなきゃいけないと思っているので一番のカルマといえばカルマです。

トラウマと言えなくはないけど、ひと通りの事案はどれもドキドキ感を伴うので、思い出すときに少しでも高揚してしま自分に対する嫌悪感はあった。

自分が望んでるのではないかという葛藤のようなものだけど、いまではそれは全て吊り橋効果的なものだと割り切るようになって罪悪感のようなものは感じなくなった。

もしそういう高揚感で痴漢被害自分が望んでるかもしれないと葛藤してしまう人がいたら、それは単なる生理的反応だと思えばいいと思います

ちなみに当然だけど痴漢したことはないです。

痴漢女性の間になんとなく割って入ったりは良くします。

男性自分だってやめてくれって声に出せませんでしたから。

当然お礼を言われることもないですけどむしろそのほうがいいと思ってます

蛇足ですが、僕自身痴漢は幼稚性だと思っています

まっとうな手段で手に入らないからずるをしているだけで、相手の心情を全く想像できていないわけですから

幼稚な人間には論理が通じないのだから、恐怖とか痛みを植え付ける以外解決できないんじゃないかな。

2015-05-29

http://anond.hatelabo.jp/20150529183443

仲良い子ならキッチン用品とかが残るものにするけどあまり仲良くない子なら消え物かな。

消え物で食品以外となるとトラバにもあるけどバスグッズとかになる。

けど紅茶とかハチミツとかお酒飲む子ならお酒とかならバスグッズくらいの時間保ちはするからどうかな〜。

何買うにしても自分じゃ買わないちょっといいもの、がいいよね。

あとオタク女でもすーぱーそに子もらって嬉しい子ばかりじゃないよww

2015-05-27

たまの毛のないちょっとの部分を優しく引っ張ってシワを伸ばしてつるつる感を楽しみたい。

うつ伏せになった足の間から覗くたまもまた一興。

シワが伸びて猫のたま並みに可愛くなっていたりする。

要は男欲しい。

2015-05-25

http://anond.hatelabo.jp/20150525211257

ほとんどがフィクションだと思ってみてるけど、

ちょっと真実もあるよ。

コントロールできないちょっとした表情のゆれとか、

背景に関係のない建物が移りこむとか。

テレビの人たちはこういうのが面白いと思ってるんだな」ということがわかる。

2015-04-09

助けてほしい

私はちょっとした持病を患ってる。死ぬわけでも歩けなくなるわけでも激しい痛みが伴うわけでもないちょっとした持病。

16歳のある日、私はネットでこの病気を患った人間の末路、もとい人生ネタバレを見てしまった。

どうやらこの病気福祉の網に引っかからない割に社会生活に支障でまくりということで

自分未来にはハンデを抱えながら生き地獄みたいな人生を送るか生き地獄を味わう前に逃げて首を括るか、

の二択しかないという残酷事実を知ってしまった。

流石に16歳のガキンチョが「お前はこの先何をどう努力しようと台無し人生しか待ち受けていない」と宣告をされたのは相当堪えた。

その日からどんなに嬉しいことがあっても楽しいことがあっても「どうせ数年後には生き地獄しか待ち受けていないし長くは生きられない」というのがついて回ってきて、

すべての感情が何か嘘っぱちみたいに感じて、最終的には「死ねば全部解決するのだからクヨクヨ悩むな、自分死ねるくらいにはちゃんと五体満足してるだろ」

というネガティブなのかポジティブなのかよくわからないところに落ち着いて、ある程度は気が楽になっていたのだけれど、

数年のときが経って、生かされていただけのモラトリアム学生生活が終わって、本格的な社会生活が始まったけどやっぱりネタバレ通り死にそうで、

死ねば解決というのは楽だが目に見えるくらいに近づいた死は想像以上に恐ろしくて、

幸い、私には一部上場企業に通う父はいるが、あと3年で定年退職だ。

あと3年が私の寿命

いやだ。死にたくない 生き地獄も嫌だ。

底辺でもいい。惨めでもいい。薄給でもいい。プライドなんていらない。

地獄以外の選択肢はないのか

自然淘汰だ、ただの自然の摂理だ」というのは簡単だけれど、じゃあなんで私より思いっきり欠落した人間がこの国ではのうのうと生きてるんだ。

胃瘻した爺婆が延命されてる中なんで私は死ぬわけでもないのに20そこそこでここまで生き死にのことで悩まなきゃならないんだ。

親でも国でも医学進歩でも薬でも宗教でもなんでもいい ただただ私を助けてほしい。

助けてください。。。。

2015-02-27

キドキしたい

わざとらしく偶然をよそおって、同じ時間事務所を出て、一緒に帰ってほしい

二人きりになって、何話して良いかわからないちょっと気まずいけど、いやじゃない感じとか

狭い道で、あたしの前を歩いていて、時々ちょっと振り返って、あたしがいることを確認してほしい。そうしたら、あたしは、ちょっと首をかしげてなに?ときくので、いやと首をふって、また前を向いて歩き続けてほしい。

車の中で会話が途切れてたときに横目で様子を伺ったときに、そんなへんなあたしの様子をみてにやにやしてほしい

最後の一個をどちらが食べるかとか、どうでもいいことで言い争いしたい

過去の話じゃなくて未来妄想であったり願望

2015-01-24

最近は「塩オリーブオイルパスタ」にハマってる

パスタってこんなに美味いのね!というか、「美味いパスタ」って本当にそのままでも美味いのね。

ちょっと高いパスタを買って、塩を入れたお湯で茹でて、”エクストラヴァージンオリーブオイル香りがすごい)をかけて食べてみ?

”麺自体”がそもそも美味いから。この衝撃は、ラーメンの麺にも、うどんの麺にも、焼きそばの麺にも、そばの麺にも無かった。

パスタオンリーで美味いという、塩おにぎりと同じ様に美味いんだよ。


ちょっと高いパスタ、って言っても5キロ入って2000円くらいのパスタから

僕は今のところアマゾンで上位を取ってた「バリラ」っていうパスタを買って食べてる。

近所のスーパーでも、日本語表示じゃないちょっと高いパスタがあると思うから、それでも十分、美味しいやつだと思う。


いやね、僕の育ってきた環境はずーっと「ママー」のパスタだったから気付かなかったんだよ。

パスタに関しては、種類によって分かりやすく味が変わってくるから、一度、

ちょっと高いパスタを食べてみれば、これからパスタの見る目が変わるはず!

2014-12-14

モテない話

まれてこの方、モテたことがない。24年間彼女がいない。


人生モテ期は3度来るという話があるが、あんなのは嘘だ。それに、ドラマ映画の「モテキ」も嘘だ。

満島ひかり長澤まさみ真木よう子麻生久美子自分の周りにいる世界なんて、芸能界だけだろう。

それでも自分環境はマシな方なんだと思う。

高校まで共学だったし。

しかし、モテない人間にとって、共学だろうが、男だけだろうが関係ない。

今となっては当時の女友達は数えるほどだし、うちの大学男子率9割という拷問だった。

なんでゼミが全員男なんだよ。


チャンスは3回あった。

1回目は、小学校から好きだった女の子に、強制的告白させられた中1の夏。

の子はむっちゃ可愛い子で、今現在も相当美人の部類に入る。

周りは「なんであの子」という反応だったが、同窓会などの反応を見る限り、俺の審美眼に狂いはなかったはずだ。

まだ中1ということもあり、その時はフツーに「興味ないから」と手紙をいただいた。

お嬢様感すごかったし、当然である


2回目は高校とき

自分高校受験成功したものの、中学の時にろくに勉強せず、肌感覚高校に受かっていたため

塾へ行かなかった高校時代勉強が出来ない落ちこぼれに転落し、半不登校となっていた。

1年生の時は、それが原因でちょっとしたいじめにあっていたのだが、担任などの気遣いもあり

2年生は全く別のクラスとなり、友達もできるようになっていた。

ただ、それでもちょっとずつ休んでいたため、決して多くの友だちがいたとは言いがたい。

ましてや女の子など、「友達のいないちょっと暗めの男の子」なんて近寄ることもないだろう。

そんな中で、1人だけ特に仲良くしてくれる女の子がいたわけだ。

の子は1人目とは正反対の、地味子だったが、話が結構合って、映画を見に行くことになった。

しかし、だ。文化祭代休日に行く予定だったが、台風だったかなんかで文化祭が延期になってしま

代休日に文化祭が行われることに。

結局、映画を見ることもなく、経緯は忘れたが俺が何とか頑張ってバレンタインデーチョコレート

もらうことには成功したが、その後何もなく終わる。

そんな地味子は、最近結婚したようだ。割と頭がいい子だったが、あっという間に燃え上がった

結婚らしく、その事実を知った時は、衝撃というか「あ、うん。そう」という大概冷めたものだった。


3回目…の前に、空白の5年間をお伝えしよう。

高校時代勉強できなかったので、浪人生となり、大学ストレート卒業するまで、5年という時間がかかった。

その間に何もなかったわけではない。もちろん、人なりに「良いな」と思ったことはある。

ただ、自分高校時代挫折や、入ってしまった世間的には認知されているけど、学力は劣る大学というところから

まり自信を持って他人アタックする勇気を持てなかった。

ましてや大学ゼミは男100%であるいちご100%的な活動もしたかったのに…。

サークルという選択肢が世の中には存在する。

アレって要は、「出会い系サイト」の大学である

大学という区切りを持たせているだけで、7~8割の奴らは出会いたいだけである(当社調べ)。

変なところで真面目というか、童貞ながらの思考で「出会うためだけに入るのは馬鹿だ」と思った俺は

入らなかった。これもまた、こじらせ童貞の典型だ。

アルバイトは?と思われるかもしれないが、これもまた、男率100%世界だった。

あいにく男色趣味はない。


では、話を「3回目」に戻そう。

3回目は就職後だ。

就職難だ、アベノミクス失敗だと言われる昨今だが、なんとか大手企業に勤めることができた。

そのおかげか、社内には美人が多い。セクハラと言われたらおしまいだが、キャバ嬢やってても

俺は文句は言わない。

そんな中で、1人の同期に出会った。それが3人目だ。

の子は、1人目と同じ美人系で、とにかく可愛かった。

障害があるとすれば、その子北海道の子で、配属も北海道となってしまった。

同期だから何度か会う機会があり、彼女とはそこそこウマがあっていたため、

2人で飲むこともあった。

ここで童貞思考の登場だ。

秋口に北海道へ行った時、告白したのだ。数回会っただけ、どこかで一緒に遊んだわけでも何でもない子に。

から考えてみると、バカ以外の何物でもない。あえなく玉砕し、今やFacebook友達でもなくなった。


ちなみに、この話にオチはない。現在モテない話は継続中だ。


モテない人間なりに、なぜモテないのか考えているし、周りにもどうすれば良いのか聞いているのだが、

いっこうに答えが見えてこない。

幸いにして、就職後に女性友達は一気に増えた。暗澹たる大学時代とはおさらばできた。

毎週のように女性と飲んでいる。だからどうした。俺は彼女がほしい。

ただ、彼女がほしいという割に「将来、そのまま結婚したい」という古風な考えもの

将来を見据えて「性格が良くて可愛い子」ばかりを狙っている。

自分スペックを考えると、そりゃ無理だよなと思わなくもない。


周りからは「モテるでしょ」と言われる。童貞だという話が漏れると「嘘だ」と言われる。

お世辞なのかわからないけれど、お世辞じゃないならなぜここまでこじらせているかさっぱりわからないし

お世辞なら「建前はいから、なんで俺がモテないか教えてよ」と言いたい。


今、仲の良い女の子がいる。

同い年で、可愛い子だ。仲の良いグループの集まりしょっちゅう顔を合わせるし、二人で飯や映画も行く。

ただ、仕事が忙しい子で、メッセンジャーがなかなか返ってこない時もある。

返ってこない時は心がかき乱される。女子かよと自分で突っ込もうかという時もある。

過去最高に心を奪われている状況なのだが、童貞なので対処療法が全く見つかっていない。


12月23日デートだ。今世紀最大の勝負の時が、今迫っている。


誰か俺を助けてください。



※追記

トラックバックをいただいたので。

デートする子には「モテるでしょ」と言われていない。

しろ、常にけなされている。そんな状況で告白するというのも不思議な話だが。


1回目がチャンスっていうのは、一応アクションを起こしたという意味


※追記

デートの結果

ぶっちゃけダメだった。

理由は直前にデートを断られたから。

まさか当日に断られると思わなかった。

しかもその後、連絡が取れなくなった…というわけで放置していたんですが

先週から急に連絡を返すようになってきて、わけがからない。

もうね、女とか信じられない。

2014-11-06

技術料は大体計上しないかマイナス

管理しているシステムについて、「こうしてほしい」とお客さんから要望電話があった。

作業時間にしたら1時間程度の内容だが、“システム修正”だから修正費請求できるようなあーということで営業に相談

このお客さんはメインの仕事ではないちょっとしたことを次々と頼んでくる。

一覧を出力してくれだの、データをくれだの、PDFにしてほしいだの。

こういうのは全部サービス対応しちゃってる。

もともとの料金もものすごーく安いので、取れるときにとらないと割に合わない。

で、修正費として請求しますねと営業から連絡を入れたのだが、来たメールの返信内容が

「は? この程度のことでお金を取るんですか?!」

だって

……とるんだよ。技術料だよ。


こういうお客はお徳用豆腐に顔突っ込んで、窒息すればいいのになと思います

(結局サービスで処理)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん