「抗がん剤治療」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 抗がん剤治療とは

2021-06-11

わかりやす宇宙世紀勉強方法を教えて。

もともと兄がガノタファーストからZZは飛び飛びで見たりしててキャラクター名前とか用語とかはなんとなく聞いたことあったりするレベル

自分リアルタイムガンダムシリーズ見始めたのはSEEDくらいから。

GWTHE ORIGIN無料配信してて見てみたら面白かったのでファースト劇場版三部作を見た。

この後はZを見ると良いと思うんだけど数年前?の劇場版よりアニメ版のが良いのかな。そんで逆シャアとか見てからZZが良い?

昨日逆シャア見て面白かったしその前に無料配信してたF91面白くてZ見てからそれぞれ改めて見直したい。

UCも一番最初ちょっと見ただけだし、公開になった「閃光のハサウェイ」は今自分抗がん剤治療中で免疫力落ちてることもあって外出控えてるので見に行けないけど面白うそうで気になってる。

ゴールを「閃光のハサウェイ」として、0083とかもあるし、どういう順番で見ると分かりやすい?

余談で逆シャア見た宇宙世紀素人感想だけど数十年したら超過激環境活動家シャアみたいなこと言ってテロリズム起こしそうだなって思った。

どんな時代も、時代を一歩すすめるような革新的技術や考えを世に出した人(スティーブ・ジョブズとか)はどっかサイコパスっぽい面とか、紙一重なとこがあるという記事を読んだことがあって逆シャア見てたらシャアとかニュータイプってそんな感じの人なのかなって思った。そしたらアクシズにめり込んでララァママになってくれるかもしれんかったのにって喚いてて、オリジン見てたときシャアっておもしろサイコパスやんって手叩いて笑ってたけど実態はほんとしょうもなくて…悲しいね…。

ちょっとすごい人を単純におもしろすご~いっておもちゃネタ)にして盛り上げたり、なにかあればネット大喜利したりするの見るけどさ、ああいうのってやっぱだめだなって思った。

シャアをうまく表現する言葉分からんけどミライさんとかが「ピュアなのよ」って言ってるの分かるわ。他に表現が見つからない。

あと30年以上前作品から文句うつもり欠片もないけどキャラクターそれぞれ固有の男らしさ・女らしさを求められがちだったり、女性キャラクターミライさんとか賢くてバリバリ仕事できそうなのに家庭入っちゃってもったいないなって反面、チェーンみたいな女性技術者もいるし、ケーラとアストナージって逆シャア見ただけだけど女らしさから離れたキャラクターとそれを支える男性って感じで対象的なキャラクター関係性もあって面白いなあって思った。


追記

なんか色々コメントありがとう

いまアマプラしか入ってないけどU-NEXT結構ガンダムシリーズ入ってそうだからそこでまずZとZZとか見てみる。

Zは劇場版テレビ版となんか違う?らしいけど富野監督だし一応見てみる。

古い作品見てると手書きで動くロボットがすごく新鮮だし「富野節」っていうのもなんか分かってきた。楽しい

まだ触れてない作品が沢山あるからこれから楽しみがいっぱいだな~とワクワクしてる。

今週また抗がん剤だけど楽しみができたので治療もがんばります

2021-05-30

母が亡くなった

初めて匿名日記を書く

まず、家族構成はこのようになっている。

母、父、僕、妹

母は去年の春にガンが見つかったときにはすでに末期だったらしい。

らしい、というのは、僕は実家から新幹線で3時間距離に住んでいる。

母の闘病を手伝えたのは最後の一ヶ月だけだった。

母のガンがみつかってからは、父と妹が母に付き添ってくれていた。

(妹は僕とくらべれば実家の近くに住んでいる)

母はとにかく明るく前向きで真っ直ぐな人だったため、闘病も最後最後、一切の治療ができなくなった時まで緩和ケアという選択はしなかった。

昨今の新型感染症の影響で、最後家族旅行に行くことができなかったのが悔やまれる。

(これに関しては抗がん剤治療で一気に体力がなくなってしまったため。行くなら抗がん剤治療を始める前のほうがよいのだろうな、というのが反省である

感染症の影響もあり、母の病気が見つかってからは、去年の夏と、最後の一ヶ月の二度しか会うことができなかった。

今年の春になって、母の容態がさらに悪くなったと連絡を受け、しばらく仕事を休んで実家に戻った。

母はガンが全身の骨に転移しており、顔の形が変わってしまっていた。

去年の夏から半年でここまで悪くなるのか、と悔しい気持ちでいっぱいになった。

この時、母はまともに食事がとれなくなっていた。

僕は気づかなかったが(どのくらいの食事量が正常が知らなかったため)、その異変を父が感じ取ってくれて、母を入院手続きするところまで実家で手伝いをした。

感染症の影響で、面会謝絶であったため、僕にできることは何も無くなった。

そして、母の容態も最後状態になり、母は退院して実家に戻ってくることになった。

退院後、母は9日間、家で過ごして、そして亡くなった。

最初の4日ほどはまだずいぶん元気で(完全なる寝たきりではあったが)、実家いたころの楽しみであったミステリドラマipadでのゲームなどを楽しんでいた。

最後の3日は、毎朝計測していた血圧がちょうど10ずつ下がり、最後の日は聴診器では血圧を測れなくなったため、脈拍を指で確認しながら血圧を測ってもらっていた。

母が息を引き取った時、僕は母の右手を、妹が母の左手をさすっていた。

当時の僕は、母が亡くなる日が今日だとは思っておらず、また連日の看護でまともに眠れていなかったため、正常な判断力もなかったように思う。

母が呼吸をしなくなったことを、看護師さんを家の外でまっていた父に伝え、妹と、ちょうど来ていた妹の子供達とみんなで母に別れを伝えた。

妹の夫(僕からみたら義弟)もありがたいことに駆けつけてくれた。

看護師さんが来て、担当のお医者さんを呼んでくれ、お医者さんがやってきて、死亡診断書を書いていただいた。

そしてまた来てくれた看護師さんが母の体を綺麗に拭いてくれた。

今回の経験で、最後を看取るための医療にかかわる方々には、ただただ尊敬の念を抱いたことを覚えている。

葬儀社に連絡し、母の体をドライアイス冷房で保たせるようにした。

葬儀は母が大好きだった花をいっぱい飾り付けしてくれるように手配した。

母が亡くなってから3日ほどは、僕はずっと泣いていたように思う。

3日目に、学生の頃の友達最後の別れをしてくれるように集まってもらい、20年ぶりに心の底からくだらなくて楽しい話をしたことで、僕の悲しみはだいぶ和らいだように思う。

母は葬儀の都合で一週間ほど家で過ごしたため、ご近所さんが相次いで挨拶にきてくれた。

通夜葬儀は母の兄弟の子どもたち(僕からみたら従兄弟にあたる)が、母の兄弟代理としてきてくれた。

母と父の若いからの友人(僕も子供のころに大変お世話になった)も来てくれた。

中年になった僕をみてすこしだけ不思議そうであった。

母を棺にいれてもらい、花で満たし、そして火葬場へ向かい荼毘に付してもらった。

最近火葬場は、骨を拾いやすいように火葬場の人が丁寧に並べてくれるんだなぁという発見もあった。

母が亡くなったことの届け出を大量にこなし、遺産整理金額は小さいがやることが細かくたくさんあった)をして、僕は自分生活に戻った。

もうすぐ四十九日と納骨だ。

2021-05-04

ハゲおっさんも#metooと言ってもいいのではないか

自分女性

5年前に癌が発覚して抗がん剤治療を受けた。

よく知られてることだけど、抗がん剤治療を受けると髪が抜けてハゲになる。

髪の毛だけじゃなくてまつげまゆげ下の毛も全部。

ある日風呂に入ってシャワーを浴びて髪がごっそり抜けた時は泣いたね。

患者会とかで会った人たちもみんな泣いたって言ってた。

抗がん剤治療で髪が抜けて泣かない人なんていないよ。

幸い経過は良好で治療が終わって髪も無事生えて来た。

でもリンパ浮腫リスクがあって医療用の弾性ストッキングを履かなきゃいけないんだよ。

医者には「おきている限り一生履き続けるんですよ」と釘を刺された。

この弾性ストッキングっていうのがババアみたいな色で分厚くてクソ暑いんだよ。

秋冬は服で誤魔化せるからいいんだけど夏は辛いね

クソ暑いのはまだ我慢できるけど、サンダルも履けないし好きな服も着れない。

サンダル靴下を合わせたりマキシ丈ワンピースで隠したりして工夫してるつもりなんだけど、

事情を知らない人から「そんな格好で暑く無いの」と言われた時はやっぱりグサッと来た。


で、いつも思うのは、ハゲおっさんは辛く無いのかなってことなんだけど。

自分治療ハゲてた時は辛かったけど少なくとも同情はしてもらえたよ。

人と会う時はウィッグを付けたし、友達は「うんうん髪が抜けるの辛いよね」と励ましてくれた。

そもそも「かつら」なんて言わないわけ。「ウィッグ」だよ、「ウィッグ」。

おっさんだって髪が抜けて辛いと思うんだけど、なぜ抗がん剤治療脱毛は同情されて、おっさんハゲ嘲笑対象になるんだろう。

ずっと疑問だよ。

男の人は髪が抜けてもそんなことを気にせずに堂々としてることが求められるよね。

かつらとか薄毛治療とか、恥ずかしいことのように言われるのはなんで?

自分がもしおっさんで、髪が抜けたらやっぱり辛いと思うんだけどな。

ジャニーズの○○が実はかつらだった」とか、それだけでもネットニュースになるけど、それは差別ではないの?

ハゲが気になる人もいれば気にならない人もいるし、顔立ち的にハゲが似合わない人だっているよね。

お笑いでもブスいじりとかデブいじりは叩かれるけど、ハゲいじりはまだ普通にあるし。

ちょっとハイヒール強要されることが差別だとして#metoo運動話題になったけど、

ハゲてるおっさんだって#metooと言ってもいいんじゃないの?


あ、自分リンパ浮腫関係ハイヒールダメです。

ハイヒール強要は良く無いよね。

#metoo

2021-04-30

コロナ禍のがん患者

当事者です。20代。去年12月にがんが見つかって治療中。

元は東京で働いていたけど、手術や抗がん剤治療のため地方実家に戻った。実家のあたりは感染者が0の日もあるくらいで、東京と比べるとかなり平和

一方で、大阪ではがん患者などの病床がコロナに回されているという話を日々見るようになった。ほんの数ヶ月前だったら他人事だと思っていたであろうことが、今はリアル自分の死という形で感じられて、怖くてこれを書いている。

がんが見つかった時は東京治療を受けるか迷ったけれど、幸運にも実家から通える範囲専門医がいたため転院することにした。それでもコロナ感染対策のため、地元に戻ってから2週間は病院に入れてもらえなかったし、がんはその間にも進行した。非常に進行が早いタイプのがんで、このコロナ禊の間にも憎悪していた。

主治医最初の診察でそれがわかったようで、すぐに検査と手術の日程を無理やり気味に調整してもらって、転院先の初診から10日で手術した。腹を開けてみればステージⅢ、腹膜播種にリンパ節転移。めちゃくちゃになってた。

延期できるような不急の手術なんてない、と思う。すぐに命に関わるとは言えなくても、がんは着実に進行する。手術だけでなく、自分経験している術後3ヶ月半に渡る抗がん剤治療も、きちんとスケジュール通りに進めなければ予後が悪くなるものだった。すべての治療を最速で駆け抜けて、なんとか今こうして増田に書けるくらいの体調を取り戻している。

でも、もし病気発見が今だったら、大阪暮らしていたら、頼れる実家がなければ、通える範囲専門医がいなければ。自分は死んでいたかもしれない。

当たり前だけどまだ死にたくないよ。実家暮らしながら、親より先に死ぬなんて、とてもじゃないけどそんな酷いことはできないと思った。それなのに、どこで暮らしいるか、いつ病気が見つかったか、それだけの差で同じ境遇の人が死んでいく。

今起きている、あるいはこれから起きる医療崩壊というのは、コロナ患者の影で、自分のような人が静かに死んでいるということなのだと思う。

2021-04-28

癌で死ぬ男だが残りの人生R-TYPE FINAL2と抗がん剤治療に費やす

anond:20210326173438

ついさっき、グランゼーラからR-TYPE FINAL2が届いた。

俺の残りの人生目標はこれのクリアだ。

抗がん剤治療をやってなんとか延命し続けてやるしかない。

先日から分子標的薬で腫瘍マーカーの値は下がっていた。

しかし体がだるいのは相変わらずだ。

副作用があるので毎日大量の薬を飲み続けているからなのもある。

そんな辛い事ばかりだが俺はこれをクリアするまでは生き続けたい。

それとここでどうしても言いたかった事を言う。

俺は乞食じゃねえんだ。

欲しい物リストを公開だとか死ぬ死ぬ詐欺みたいな事をやって媚びてたまるか。

俺の最後がそんな乞食みたいな汚点で終わっていいわけがない。

俺にはもう、R-TYPE FINAL2があれば十分だ。

はいらん。命をくれ。残りの人生が長くなるように祈れお前ら。

それかR-TYPE FINAL2を買って俺の仲間になってバイドを殲滅しろ

あるいはこれまでのR-TYPEシリーズを買うなりなんなりしてアイレムグランゼーラを応援しろ

俺が死んだ後もシリーズが続くようにしろ

そして来週以降の分子標的薬が、抗がん剤が効き続けるように祈れ。

今やっとこさ開封した。

ゲームソフトTシャツと、サウンドトラックと、アートブックと、Rって書いてるもんだ。

俺はやるぞ。

苦いチョコレートを食いながらな。

オペレーションビターチョコレートだ。

余裕があればたまにここで状況報告をするからお前ら俺を応援しろ

2021-04-19

身体障害者(左足大腿下無し。義足。3級)

骨肉腫で左足大腿下を切断したが現在自分について語っていく。

現在寛解。5年以上生存している。5年生存率60%を超えた!

  

耳鳴り

抗がん剤治療により耳鳴りが発生した。これが「一生直らない」

常にキーンという音が鳴っている為、当時は不眠症に陥ったが今は克服。

ただし難聴ぎみなところ(高い音が聞こえない)ので電話対応対話で聞き漏らすのが辛い。

  

幻肢痛

無くなった足が刃物で切り付けられるような痛みがある。

痛み止めが効かない事があるが、我慢すればなんとかなるレベルでもある。

ひたすら筋トレして誤魔化してきた結果筋肉は付いたが痛い物は痛い。

  

髪の毛

薄い。抗がん剤治療時にハゲたことがあるが今は本当に薄い。前髪が伸びにくいが

全体的に薄いので短髪にしている。

  

抗がん剤治療時の副作用で全身が猛烈にかゆくなり掻きむしった結果黒ずんでいるところがある。

手術痕のケロイドや鎖骨下の点滴の管の傷跡が残っている。

  

義足

住民税課税がない場合無料だがそれ以外は負担がある。

前回は38000円程度かかった。大体5年に1回作り直す。

ちなみに基本的義足では走れない。競技用の義足などは保険が効かないので高価。

役所申請医師による作成の判定→型取り→作成まち→役所から引換券→作成完了後引き取り

なお古い義足については業者に引き取ってもらえる。

装着方法は布(自分サテン生地が好き)で足を覆い、義足の穴を通して圧着する。

  

歩行など

歩行速度はあまり早くない。

びっこを引いているように見える。気を付けるもかなり神経を使う。

階段は手すりがないと怖い。手すりがある側を譲ってもらえない時は死の恐怖がある。

雪はかなり辛い。アイスバーンで起き上がれずに横断歩道でもがくときがある。

風で義足の動きが鈍るので強風時は歩きたくない。

汗をかくと外れそうになるので障碍者トイレなどで再装着する。夏場はきつい。

坂道登山靴をはけばそこそこ歩ける。だけど下りは怖い。

登山などは足場が悪いのでかなりきつい。

義足じゃない方の足の筋肉が滅茶苦茶ついている。

  

お金に関する事

障害基礎年金を貰っている。2か月に一回振り込まれる。

映画館は1000円。公共施設無料か半額が多い。遊園地なども割引が多い。

交通費も半額が多い。自動車税の免税などもある。JR新幹線が半額。飛行機なども半額。

医療費は毎月の病院でそこそこかかるが助成費がでるのでそこまでじゃない。

  

役所に関する事

昔、40代くらいの役所の人は態度があまりに悪いのでブチ切れたことあり。

障害年金の申請時に「国のお金ですからね。貰わない人もいるんですよ」と言われた上に

自分努力して生活を支えるのが大事なんですよ」とか言われた。

「こっちが大変な思いをしているのによくそんなこと言えますね。上の人間呼んできてください(怒)」

と、黙らせたことがある。これがもう大分昔。これが今までで一番バトったこと。

  

役所医師診断書を持って来いと言われたので持って行ったら必要ないと言われた事がある。

先日のあの人がそう言ったと指摘したら言った・言わないと水掛け論になった。

診断書は数千円したが無駄に終わったのでこれも苦情を言った。

  

上記以外は特に問題がない。若い人ほど役所はまとも。年寄りほど障害者への態度が悪い。

電話でも年配の人が出ると態度が悪いことが多かった。たらいまわしにもされた。

  

最近障害者の報道

あれはやりすぎ。ちなみに自分のような義足障害者と車いす障碍者は仲が悪い。

車いす障碍者はとても綺麗なツルツルした床を好む。車いすがガタガタ言わないから。

一方自分はツルツルしたところは転びそうになるので苦手。

雨天時に建物内に客の靴で水びだしになりそこで転んで頭を打ち付けたことが何度もある。

義足で歩くのを諦めると自分車いすになるが、他の人の事も考えて作って欲しいとだけ思う。

  

障害者の癖にという人と障害者を叩くなという人同士で争う事がある。

当事者そっちのけでやられたこともある。

バスに乗り込んだ時、ふらついていたというか歩き方で障害者と分かった人が

あんた席を譲ったらどうなんだ」「はぁ?なんだお前偉そうに」

とか言い争いをはじ苦しかった。やめてくれと思った。

  

政府にお願いしたいこと

出来れば義足を予備の2個まで持てるようにしていただけると助かる。

新しい義足と古い義足の2個はあるんだけれど、新しい義足が壊れたら古い義足をつけないといけない。

すぐには治せないので古い義足をつけなきゃいけないんだけど合わなくなってるので痛い。

予備を使う事は滅多にないけれど、壊れた時は数か月苦しんだので出来ればお願いしたい。

壊れた部分はソケットといって義足を圧着する部分。つるつる滑る床に倒れてバキッって壊れてしまった。

そこから地獄だったのでお願いしたい。

  

質問などあればトラバでどうぞ。

可能な限り答えたい。

2021-03-16

付き合って数週間の恋人にガンが発覚した。

「ま?」

 

 

 

 

 

最初、これが素直な感情だったと思う。

 

付き合い始めた前後から、その人はある部位が最近痛むとは話していて、

付き合い始めた直後に病院へ行き、あれよあれよとガンが発覚。

来週から抗がん剤治療がはじまる、というところが今だ。

 

正直、アラサーの私にとってそういうイベントもっとずっと先の話だと思っていた。

若い方、働き盛りの方が突然病気になることもあるとは知っているけれど、

それでも、まさかこのタイミングで、この距離感で向き合うことになるとは。

 

歯に衣着せぬ、素直な感想を述べると、「重い!」だ。

ワンピースルフィウソップかなんかとのやり取りシーンを思い出す)

それで付き合うのがいやになったとか、別れたくなるとかは全然ないけれど。

(飲み込みきれていないというのが本当のところかもしれないけれど)

 

多分お互い、「よーし、とりあえず付き合ってみよう!」という勢いからのスタートだった。

私も、もちろん恋人も、それぞれの存在はまだまだ人生ゲスト枠に収まっている。

 

ひょいと突然それぞれの生活に現れて、これから関係を構築していくところだったから、

近くはあるけど、まだ全然深まっていない状態

 

恋人がどういう人なのか、知らないところの方がまだ多いだろうし、

(実際、最初の1ヶ月だけでもう付き合う前との印象は随分違っている)

私自身がどういう人なのか、知られていない部分の方が大半だろう。

互いの認知が深まるだけで、別れるという選択肢も十分ありえると思う位置関係だろうなと思う。

 

その中で、自分はどう恋人病気と向き合っていくべきなのか。正直、よくわからない。

親の介護でさえ未経験の私にとって、これから何が待ち受けているかもわからない。

ステージもまだわからないので、本当に、これからだ。

 

年代の友人たちの親がガンで亡くなった、回復したという話はちらほら聞くようにはなった。

そこでわかるのは、余命半年でも生きる人は生きるし、ステージが軽くても亡くなる人は亡くなる。

それぐらいのことしかからない。リアルより、ドラマで得た知識の方がまだまだ全然多い。

支え方も、向きあい方も、これからだ。

 

どうなっていくかわからないし、何をすべきか、調べるべきなのか、どう接してあげるのがよいかもわからない。

とりあえず、1年後、どうなっているかからないけど、今よりもっとお互いが明るい気持ちでいられたらなと思う。

2021-03-14

追記母親養育費請求しなかったせいで大学に行けなかった

追記。今までずっと漠然と不満に想い続けたことを言葉にし、区切りをつけたいと思って増田を書いた。

小さい頃から常に、うちは貧乏なのだと思い知らされながら生きてきた。母や祖母が、他の親がしてくれるようなことをしてくれないことにずっと、子どもらしい、幼稚な不満をずっと抱えていた。中学生ぐらいになって、だんだん母の苦労や世の中の「仕方なさ」みたいなもの理解出来る様になってきても、どうしてもその不満は消えなかった。どうして俺だけ、と考えないようにしても考えずにはいられないのに、それを口にすることの無意味さもわかっていた。嫉妬や幼稚な不満への対処法は、そういった負の感情を出来るだけ抑え込み、「仕方ない」と自分に言い聞かせて現実を受け入れること以外になかった。

大学に行けなかったことを残念に思っている。今更行きたいとも思えない。高3のあの時から何年も、行きたくても行けず悩み続けていた頃のことを思うと悔しい。

大学に行けなかったのは「母のせい」ではきっとない。母が父親養育費請求していたとして、みんな言う通り、父親は払わなかったんじゃないかと思う。きっと1番悪いのは無責任父親だ。でも、払われなかったとしても、母が養育費請求したという事実だけでもあったらよかったのにと思う。

島の外のどこにいるかも知らない父親に、どんな感情を抱いても仕方なかった。手当の額も、母子家庭のあり方も、政府や世の中が決めたことで、自分達には仕方ないないことだった。でも、母だけは仕方ない存在であってほしくなかったと未だに思うのは甘えかもしれない。

母には、何を言っても仕方ないと思う。母は視野が狭く頑なだ。自分の考えたくないことは考えない。島ではそういう人間でいた方が生きやすい。世間的に見てもあまり頭の良い人ではないんだと思う。でも、気配りができて集団に溶け込むのがうまい仕事を辞めて余裕ができてからは近所付き合いも良好だ。

父親みたいな人間を恨むより、たった20万に感動したほうが幸せだと思う。

でも、そんな母を残念に思う自分もいる。自分と同じ怒りをほんの少しでもいいから持っていて欲しかった。20万で許さないで欲しかった。

ずーっと、金がなかった。暮らすのがやっとの生活で、大学受験を目前にし、やっと貧乏を抜け出せると思ったの矢先に現実に引き戻されてさらなる貧乏で。貧乏が辛かった。

父親が俺の養育費を払わないことを、俺に貧乏させるのを許す人間でいて欲しくなかった。

 

 

本文

 

10数年前の話だ。

母子家庭だった。生まれた時から父親は居なかった。

母は俺を妊娠した経緯について語らなかったが、俺は中学に上がる前には、親戚やご近所さんなどからの噂話からだいたいのことを知っていた。母は専門学校に通っていた頃に避妊に失敗し、彼氏に逃げられたらしい。そして1人で産むと決意し、実家(離島でど田舎)に帰ってきた。

田舎だったから、そういったことはかなり噂された。「増田くんのお母さんは……ねえ?」とうすら笑いを浮かべながら言われたこともある。自分以外にも、片親家庭はいくつかあったが、それでも居心地の悪さは感じた。

当然のように、学もない母と仕事もない田舎で、うちは貧乏だった。祖母の僅かな年金母子手当とスーパーパート家族3人で暮らしていた。建てた時は立派だったんだ。大工だった曾祖父さんが建てたんだとたびたび祖母に自慢された家は、台風で半壊した後ろくに修理されておらず、ボロくてとても恥ずかしかった。

俺が10歳の頃に、父親がひょっこり母に会いに来たことがある。本土にいた頃の母の友人の友人を辿って、連絡先を得て会いに来たらしい。ある日学校から帰ったら知らない男がリビング自分のコップを使って麦茶を飲んでいた。俺の父親だという男はいかにも育ちが悪そうな、ピアスをつけたスーツの似合わない男だった。

そのとき俺は既にそいつ妊娠した母と、お腹の中にいた俺を追いて逃げたことを知っていた。その意味はまだきちんと理解していなかったが、いい感情は持っていなかった。男は、今は結婚して子供もいると言って写真を見せてきた。「ほら〇〇くんの兄妹だぞ。かわいいだろう?」と猫撫で声。男の子女の子で、3歳?と1歳だったと思う。小学生の俺には、怖そうな見た目なのに子煩悩丸出しな男が奇妙で気持ちが悪かった。父と息子の感動の再会なんてことになるはずもなく、その男はその日隣町のホテルに一泊して、島を離れた。

から聞いた話では、子供を持つようになって過去の行いに反省し、謝りに来たらしい。元ヤンキーにしては立派なことなんだろう。母は当時それに感動していたらしい。「俺も家族があるからこれぐらいしか出せないけど」と20万円包んでくれたらしい。

中学卒業して島を出る日に、そのお金を見せられた。島にも高校はあったが俺は本土高校に通った。同級生より少し勉強ができたからだ。祖母は金がかかるから島の学校に通えと言ったが、母や担任の説得あって島を出ることができた(祖母年金の一部は俺への仕送り代になった)。

本土高校の側には、島や遠方から学生の住む下宿があった。昔は賑わっていたという下宿だったが、当時から既にガラガラで、オンボロだった(今はもうないらしい)。例の20万円は高校入学新生活スタートに使った。高1の冬に、そのお金の残りから抜いた諭吉友達バッセンに行った覚えがあるから、全部は使わなかったんだろう。まあ、20万円はそうやって高校1年のうちに使い果たした。

進学校で周りも勉強に打ち込んでいたお陰で、高校生活殆どはうちが貧乏であることは忘れて過ごせた。一部の模試受験料を捻出できなくて諦めたことはあるが。忘れもしない3年の冬、母に胃がんが見つかった。奨学金を借りて大学に行く予定だった俺の予定は見事に砕け散った。正直その頃既に母の頃はあまり好きではなかった。それでも、知らないふりするわけにはいかなかった。普通に「なんで今なんだよ」とめちゃくちゃムカついた。いっそ治療がいらないぐらい進行してろよとも思った。

仕方なく、高卒本土で働き始めた。島から近い港の仕事だ。母の癌治療は2年で終わった。手術と抗がん剤治療を終え、再び働けるような体力はなかったが、一応治ったのだった。それでやっと、3浪したのだと思って受験に精を出そうと思っていた矢先に、祖母が倒れ介護必要状態になった。母子手当も母の収入もなく、祖母の少ない年金でやってくのは無理そうだった。仕事先で正社員にならないか?と持ちかけられていたのもあって大学進学を諦めた。

良い職場だったし、仕事も気に入っていた。今は同業他社転職したが、収入大卒と遜色ない。もう大学進学への未練もさほどない。

ただ最近になって、異母兄妹の兄の方と偶々飲む機会があった。大卒だった。それも自分の行きたかった学部だった。妹の方は海外大学に進んだらしい。どうやらあのピアス男は自分の子供には金をかけたようだった。家族旅行の話なんかもチラリと聞いたから、なかなか余裕があったようだ。

うちが母子家庭貧乏に苦しんでる間に、そう思うとかなり複雑な心境だ。

避妊に失敗したのも仕方がない。1人で産むと決意したのも怒っちゃいない。稼げないのも頭が悪いのも責めるつもりはない。ただ、どうして父を逃したのか。認知させなかったのか。養育費請求しなかったのか。そして、のこのこ謝りに来た父を何故ほいほい許し、たった20万円で逃したのか。腹が立って仕方がない。養育費は俺の権利だった。母には俺の代わりに養育費請求する義務があった。今まで父親の方も金がないのだと諦めていたが、あったじゃないか。母がきちんと養育費請求していれば、18歳からの俺はあんなに苦しまずに済んだろう。

もう遅いし、今更母に何か言う気にもなれない。悲しきかな、基本的に話が通じる人ではないのだ。

からここに吐き出す。どうか子供養育費はきちんと請求してくれ。きちんと払ってくれ。親戚や友人にそういう親がいるなら説教してやってくれ。

俺の言いたいことは以上だ。

2021-01-15

anond:20210114211943

親族に癌患者がいて抗がん剤治療を受けているか免疫力が下がっているんだ

お前がコロナ感染したとしてお前は無症状でも、またお前が俺に感染させて俺も無症状でも、俺から親族感染させると親族死ぬ可能性がある

俺は親族を死なせないために俺自身健康体だったとしても感染を避けなくてはならない立場なんだよ

何も考える必要がないお前とは置かれている状況が違うわけ

からお前は二度と俺に話かけんなチャットツールにしてくれと言えばいいんじゃない

患者云々は嘘でもね

2021-01-13

anond:20210113182625

わかるよ

坊主の女は彼氏可哀想だよな

抗がん剤治療してるようなハゲ女はすぐに土下座して別れてもらうべき

2020-12-23

anond:20201222222410

私は去年の8月エコーで15cmの腫瘍って言われて大きな病院を紹介されたけど、初診では悪性の可能性が高いって言われました(まあ、片側7cmと6.5cmと小さい病院より小さい数字も言ってもらえましたが)。

酷なことを言うようだけど、エコー細胞の中身が見えるから13cmもあったら陽性か悪性かの判断は、お腹の中で動く赤ちゃんチンコがついているかの判定より楽。希望を持つなら、抗がん剤はよく効くってことくらいです。とにかく病院を探しまくって今通っている病院大丈夫だと思えなければ、今のうちに「小さい病院で紹介されたところでは検査してない」と初診で診てもらうことです。CTなんか何度撮ったって大丈夫から。どうぞ後悔しない医師を選んでください。実家の近くなんて安心だと思うけど。

私はCMTと知らずに抗がん剤を受けたバカ増田です。

運動神経ですが、走り方が個性的と言われるとか100m走で他の子の倍の時間かかるんでなければ心配いりません。

それでも運動神経が悪い事を気になさるなら、抗がん剤を受けながら脳神経内科または脳神経外科、無いなら外科でいいので「抗がん剤治療中だがCMTの疑いはないか」と聞いてください。2〜3回の治療で影響が出たりしないです。落ち着いてから大丈夫

仕事は復帰できますよ。若いから有給だけでなんとかなっちゃうよ、知らんけど。

がんなんかで壊れちゃう縁談なんか、いずれ破綻する縁です。パートナーさんを信じて!

そんなに悪い未来が待ってると思わなくて大丈夫

どうか治療成功しますように。

anond:20201222222410

悔しくて涙が出るだろうが、とにかく次の事を光の速さでやれ。時間との勝負だ。医者の都合や仕事の都合、他人に任せるな。

できるだけ早く執刀できる腕が良い専門医を探せ。できるだけ早く手術してもらえ。紹介状は別の病院でも使える。良さそうなところへ駆け込め。執刀回数の多いところから見てけ。子供は諦めとけ。医者にまかせろ。ヤバそうなら全部とってと言っとけ。標準治療についての本を買って読め。卵巣がん治療ガイドラインは良著だ。先生に見せてわからなければ聞け。

卵巣にがんが限定されてるなら、12cmだろうが、抗がん剤治療がない1a期の可能性もある。

とりあえずお前の命はお前がなんとかする気持ちを忘れるな。

がんばれ。

anond:20201222222410

ごめん。ここで言わせてもらうのは不適切だと思うけど

この増田読んだ人、県民共済等の掛け捨ての安いやつでいいから、がん保険入っておくのを強く勧める。

40過ぎると色々持病が出てきて安いやつは入りづらくなるからね。

自分はもう入れないからすごく困っている。

手術後の抗がん剤治療馬鹿にならない。

健康保険高額療養費制度を使えば(収入によるが)年間70万位で済むが

収入が途絶えた場合、この負担がかなりきつい。

少なくともいつもと違う症状で病院にかかろうと思ったら

念のためその前に保険を申し込むのをお勧めする。

この場を借りてしまって申し訳ない。

増田腫瘍が良性であることを心から願っている。

2020-12-22

膀胱炎だと思って病院に行ったらクソデカ卵巣腫瘍が見つかった話(追

まじでクソデカでびっくりしてる 12cm なんで気づかなかったんかな??

しかも悪性(つまり卵巣がん)の疑いが極めて高いって言われた

悪性の疑いが極めて高いってどのくらいの確率なんや

良性ガチャわたしは引けるのだろうかと考えていた

確率FGOの星5なのか、プリコネの星3なのか、あんさんぶるスターズの星5なのか、全然話が違ってくるなあなどと思っていた

抗がん剤治療の話とか聞いてびっくりしたよ

なんかおしっこするときに痛いか膀胱炎かな〜つって泌尿器科行ったんだよ 昨日ね

そしたら膀胱は何かに圧迫されているだけだって 何に?

おしっこは綺麗だって言われました いえーい

で、ちゃんと見たら腫瘍だって腫瘍 びっくらぽんだ

何年腹で育ててきたんだ 食べても全然太らなかったのってもしかしてキミのせい?

子供の頃から痩せてて食への執着も薄くて、運動音痴から体力なくて疲れやすいし、なんにも気づかなかった

そういえば就職したあたりから(ちなみにわたしはいま29ちゃい)なんか疲れるとお腹張るなあとは思ってた でも過敏性腸症候群だと思ってたんだよね 当時ずっと仕事ストレスやばかったし

実家の親に電話して伝えたら泣かれた そりゃそうだよな 未婚の娘が卵巣腫瘍、がんかもしれないなんて聞いたら泣くよ

申し訳ねえな

婚活が順調に進んでたから、次は交際相手の顔見せするつもりだったんだけどね。とんだ親不孝になってしまいそう

わたし病院では怖くて泣いてたけどこうやって文章にしたり家族と話すときはやたら陽気になっちゃ

割とポジティブな方だとは思うけど、本当にこうなるんだなって思った 笑い話とかめっちゃしちゃう別にそんなにおもしろくないけどね)

腹を開けて腫瘍取ってバラしてみないとわかんないんだって。がんかどうか。

でもお医者さんの見立てだと悪いみたい。

やだなあ。抗がん剤治療したらやっぱ髪の毛抜けちゃうだって。どうせなら好きなウィッグ買って、これまでできなかった色とかしちゃおっかなとか思うけど、最近わりと頑張ってケアしてやっと髪質良くなってきたところだったのになーとか。ずっと喪女だったのに、婚活のために人生いちばんかわいくなったのに、全部ぼろぼろになっちゃうかもしれないんだなあって。

わかんないんだ。これは悪ければの話だし、良性だったら手術だけで健康体に戻れる。子供も望めるかもしれない。可能性の話でしかない。

からまだ言わない。不安にさせる話はしたくない。

家族の前ではまだ泣きたくないから今だけ聞いてよ。

婚活うまくいって、ようやく結婚を考える相手ができたばっかりだったんだ。病院行く2日前だった。わたし最後健康だった日。

親に良い報告をしたかった。結婚してみたかった。もしかしたら子供も作れたかもしれない。

そういうの全部なくなるかもしれないんだね。

自分の命だってなくなるかもしれない。

わたし2月に30歳になるんだけど、友達が今年続々と30歳になって、みんな楽しく30代生きてこうねって約束してたのに、なんかほんとに洒落にならないというか本気の約束なっちゃいそうなのがさ。そういうのじゃないじゃん。なんでそうなるのかな。

まだやりたいこといっぱいあるよ。怖いよ。終わりたくない。まだまだ幸せに生きていきたいよ。

ねえ。もし良性だったら、あんなのただの杞憂だったねって言って笑い飛ばしてね。





追記

ブコメ!!!!!!トラバ!!!!なんかいつもと雰囲気違うじゃん!!!!!!!!!!!!!!!

いつも創作だろとかしか言ってくれなかったのになんだよ!でもそういうのもひっくるめて好きだよ!!

普段追記とかしないしこの文章追記するのも余韻ぶち壊し感あるけど、お礼言いたいから今回だけさせてください。

祈りしてくれたみんな、励ましてくれたみんな、ありがとう!とってもうれしいです!!

最近見た大好きな作品に「神様はいるんだ、僕らはみんなひとりじゃない」ってメッセージもらってたの思い出した。それはお米の話で伏見稲荷神様なんだけどね、でもなんかわたしひとりじゃないっぽいし、きっと神様もいるよねって改めて思ったよ。そんでこんなに祈ってもらったら聞かないわけにいかないでしょ。

まだまだ元気に生きていきたいよ!さくっと退院してのろけダイアリー書いてやる!!!ほんとに創作じゃないやつ書くから絶対読めよ!!!

本とか参考になるページとか制度かいろいろ、教えてくれた人ありがとう

余計な妄想して落ち込みそうだったから詳しく調べられてないんだけど、気持ちと折り合いつけながら見ていくね。検査もそこそこに転院することになったので、妊孕性の話とかはまだしてないんだ。これから参考にさせてもらう。諦めなきゃいけないって決まったわけじゃないもんね。

経験者の人、家族が似た病気をした人たちもエピソード教えてくれてありがとう!思ったより経験者が多くてびっくりした。違う。びっくらぽんだ。

悪性疑いと言われて結構ビビってたので、取ってみたら良性だったよって話には結構励まされました。わたしもそれになりたい。

いま同じように腫瘍があったり疑いがあったりする人も、不安だけど一緒にがんばりましょう。お互いに良くなりますように、わたし祈ります

これまで大病したことなくて病院はわりと縁遠いものだったし、なんとなく不調だけれどもそれが日常になっていく感覚はよくわかります。でもやっぱり同じ思いはしてほしくないし、月並みだけれども、身体の不調があるようだったらぜひ検査してね。

あとはわたし入院前に神社行くつもりなので、自分健康はもちろん本気で祈るけど、優しい言葉をくれたみんなの無病息災も祈っておきます!!

この通り、結構ほんとに元気出たよ。みんなありがとね大好き!良いクリスマスを!良いお年を!きっと来年楽しい一年にしようね!

2020-11-17

医者の子子宮頸がんワクチン

周産期医療に携わってる医者です。あまり適当文体だけど本当。

WHO子宮頸がんワクチン接種率を90%にする目標定めた、みたいな記事についたコメントを見てると少し前みたいな反ワクチンな流れはだいぶ影を潜めてて、子供に受けさせたいと思う、でもやっぱり副反応が怖いなあみたいな感じ。今日本では接種率が低くて低くて、諸外国と比べて恥ずかしい、なんてコメントもあった。

少しずつ流れは変わってきてると思うけど、まだまだ子宮頸がんワクチンはいわゆる「医療系の家の子しか打ってないワクチン」。確かに私の周りでは、知ってる限り娘にこれを打たせなかったという親は聞いたことがない。周産期系だからそこら辺の意識高いのもあるだろうけど、内科系の友達も、外科系の友達も、マイナーだってやっぱり皆打たせてる。看護師の家はあまり詳しく聞く機会無いけど、あえて打たせないって話は聞かないなあ。ネットでよく見る、「私の知り合いの医者は皆このワクチンを勧めてない」ってそんな医者、どこにいるの? 産科学会か周産期学会所属してる? そんな人まったく見たことないんだが。

さて、なんで医者は皆子供にあのワクチン打たせてると思う?医者副反応が怖くない? いやいやそんなことは無い。医者だって人間なんだから、娘や息子に深刻な副反応が出て後遺症残るなんて怖いよ、そりゃあ。それとも、一般人の皆様方が知らない詳細なデータを知っている? いやいやそんなこともない。副反応が出る確率、その中で長期間辛い症状が残る確率、もしくは女性が生涯で子宮頸がん罹患する確率、死亡する確率。それらをすらすら言えるのは産婦人科医くらいだろう。大体国によっても研究によっても違うものだし。

医者子供ワクチンを打たせる理由。それはやっぱり、癌がどれだけ悲惨か知ってるからでしょ。癌患者を診なくて済む医者は少ない。今現在診てなくても研修医まで遡ればどこかで関わってる。癌にも色々あるし、もちろん助かる人もたくさんいるんだけど、亡くなる人もたくさん診てきた。何年経っても再発の恐怖に怯え続ける人も、転移を知った時の絶望した顔も、治療副作用に苦しむ姿もたくさん。子宮頸がんの例をあげれば、幸せいっぱいなはずの妊娠判明、からの子宮頸がんも判明。抗がん剤治療妊娠中はがっつりできないけど今赤子を出しても未熟すぎて生きられない。癌が進行していく中で母と赤ちゃん、両方救うにはどのタイミングで出せばいい? みたいな究極の選択とか、赤ちゃん助かっても母は余命1年未満、日々可愛くなる子を前に自分の残り時間の少なさに絶望する母、とかね。こっちだって人間なんだから若いお母さんが子供残して死ぬの見たくないよ、すごく辛い。子宮頸がん、でググれば涙無しでは読めない体験談なんていくらでも出てくるよ。

から詳細なデータとかじゃなくて、単純に「あの思いを我が子にさせたくない」ってだけ。9価ならウイルスの9割の感染を予防できるらしいじゃない。もう皆で打ってこの病気撲滅させようよ。副反応怖いって言う人は癌の方は怖くないの? こんなとこで言っても説得力ないだろうけど、医者から見たらどう考えても若くして癌で苦しんで死ぬ方がよっぽど怖いし辛いし誰だって全力で避けたいことなんだよ。お願いします、小さい子供がいる人はせめて情報集めて考えてみてください。それでもやっぱりやだ、って人は打たせなくていいからせめて打とうとしてる人の邪魔はしないでください。自称医者戯言でした。

2020-10-16

コロナで死んだ感染者だけ見てる人とかやっぱりあんまりきじゃなくて

うちの親父はまぁもう死んだんだけど、

白血病で5年位入院して退院して10年くらいまぁ畑仕事やら日曜大工やら楽しんでその後に食道がん見つかって2年位で死んだんだけど、

食道がん抗がん剤治療とき一年位立ってたかなぁ。時期はあんまり覚えてないけど、まぁ少ししてから風邪引いて気管支炎みたいな感じになって、そこからずっと肺機能が戻らず、喘息持ちみたいになったわけで、

まぁいつでも咳き込むわけですよ。

そこからはみるみる弱るわけ。

でもまぁ多分風邪も、面会に行ってた僕らば持ち込んだわけなんだけどさ。

からなんていうか、元々ある程度弱ってた人が肺にダメージ受けたら戻らないし寿命が縮むと思うという当たり前の話なんですよ。

じいちゃんかばちゃんに、あのとき自分が持ち込んだコロナのせいで、あれからずっと咳が続いて苦しそうだなとか

まぁそういうふうに思う、感じる人がそれなりに出てくるっていうのはね。

あんまり良いこととは思えないんですよね。

どうしても防げないケースもある一方、

防ごうと思えば防げたというケースも多いわけでなんだかねー。

なんていうか、致死率とか死者数しか見ないって、QOL下がっても問題ないでしょって考え方なわけじゃない?

コロナ感染せず、経済も維持することがQOLが下がらないことなのに、

死者しかみないって、ただの思考放棄だよね。

2020-10-08

光の増田を読んでしまって吐露したくなったので書く

母親が癌になって7年たった。

発見時は原発から他の部位にも転移していたしなんなら骨転移もしていてステージはⅣだった。

これはもう長くないのかな、でも早く死にたいって言ってたし医療保険入ってないしどういう手をつかったのか年金も払ってないし

70手前でこの状況は本人の望んだ人生だったのでは、と思っていたら大本腫瘍摘出から怒涛の抗がん剤治療が始まった。

抗がん剤やるんだ…と思いつつもまぁ手術したならしないといけないのかな、

ところでホスピスとかって予約いるんかなと思ってたらあっという間に7年経った。

コツコツ貯めたらしい貯金は心もとない額になった(本人談)らしいし

高額医療制度を使っても父親年収のおかげで月15~25万は出ていくらしいし

父親だって後何年働けるかわからないし

まじでこの先に不安しかない。

今は父親が働いてるからなんとか医療費も払って治療もしてるけど

ステージⅣってなんだったん…?と思ってしま自分がいる。

正直孫の顔も見せたし(姉がだけど)、光の増田のように別にあれこれしてあげたかった気持ちもわかないし、

もし先に父が倒れたらどうすんの…?

てか将来病気がみつかったら治療はしないで早く死にたい、だから保険年金も払わないってあれだけ言ってませんでしたっけ…?

まじで意味がわからない。姉の子(母からしたら初孫だった)が小学校はいるまで生きてられるか…とか言ってたけど

なんか余裕で生きてそうな気がする。

てかそここだわるなら保険はいって年金も払っておけよって思ってしまう。

母親のことを1mmも心配できない。

2020-10-07

【2020.10.09追記】親の乳がんを早期発見できなかった

母親乳がんであることがわかったのが2020年3月

世間的には新型コロナウィルスがそれなりに騒がれてきたころだった。

そのあとはもう抗がん剤治療がすぐはじまり8月頃に手術をしてひと段落かと思った。

全然そんなことはなかった。

腫瘍マーカーの数値はだんだん悪化していて、本人もそうだし俺もめちゃくちゃ落ち込んだ。

落ち込むというより、混乱と不安と恐怖と悔しさだな。

これは早期発見すれば乳がんは治る!って広告を見て、早期発見できなかった人の話も書くかと思って書いた話。

 

 

から今すぐに顔を見て安心したり心配したりしたかった。

でもできない。

まず俺(28)は同居してないし、400kmくらい離れたところで働きながら一人暮らしをしている。

親は二人で田舎に住んでいる。しかも近隣の県では新型コロナウィルス感染した一家自殺に追い込まれたりしている。

病院側も神経をとがらせていて、GWに息子さんが帰省するなら、息子さんとの接触を控えてくださいとまで言っていた。

そんな場所に帰れるわけがなかった。

そんな場所から、親も帰って来いなんて言えるわけがなかった。

今年の三月に会って以来、現時点では一度も顔を合わせていない。

 

 

実はすでに、乳房良性腫瘍があると10年前の時点で判明していた。

それ以来、良性腫瘍存在は毎年のことであって、今年の1月の健診でも問題がなかったとして放置していた。

それが3月になり、乳房が少し痛むというので病院に行き、針で生体組織採取する、いわゆる”生検”を行った。

タイトル通り乳がんであり、タイトル通り早期発見には程遠いステージⅢだった。

ステージⅢの中にもaとかbとかあるが、もう覚えていない。

とにかく乳がんはすでに組織内に留まっておらず、その先のリンパ節まで転移していて、すでに体の血管にがん細胞が散ってしまっていた。

しか乳がんには種類があって、その中でも治療できる方法が少ないトリプルネガティブという種類だったらしい。

簡潔に言うと、増殖が速くて、効く薬もなかなかなくて、すぐ再発してすぐ悪化する性質を持つ。

しかもすでに乳がんは進行している。

最悪だった。

確実に親の死を意識した。いまもしている。

というか統計データ上では1~2年以内の再発発生率が高い(転移も含め)のと、ステージⅢのトリプルネガティブ乳がん患者の5年生存率は40%切るんだよな。

しか転移したらステージⅢどころかⅣに移行するし、そうなるともう完治は激難しくて、基本的にがんの進行を遅らせながら、痛みを少なくしてQOLを維持することに方針シフトするんだよね。

もう無理じゃん・・・

 

 

親が死ぬこと自体不思議じゃないし、順番で行けばそうなる。

でも心のどこかで、(俺が死ぬまで親は生きているんじゃないか・・・)みたいな、祈りに近いような考えはあった。

でもやっぱり義務教育を修了しているので、そんなことはないってわかる。

じゃあいま、何が一番苦しいかって言ったら、母親気持ちを考えることだよね。

言ってたんだよ、退職したらお父さんの車を車内泊できるように改造して、いろんなところ行こうねって。

俺のところにも旅行に来て・・・弟のところにも行って・・・いろんなところに行こうねって。

できなくなっちゃったんだよ・・・

やべ少し涙出てきた。

 

 

抗がん剤は肉体の免疫を落とすので、人込みとかはそもそも避けなきゃいけない。

それだけならちょっと気を付けて旅行かにはいける。

問題は新型コロナウィルスだよ・・・全部これ。

これがなかったら俺は今すぐ母ちゃんのところ行って安心させたいし安心したい。

親もいろいろなところに行って、不安はありながらも気晴らしにはなったと思う。

でもぜ~んぶできなくなっちゃった

親が死ぬこと自体は、まぁ悲しいといえば悲しいけど、それは前から想定していた悲しみだからもう受け入れてる。

受け入れられないのは、やりたいことすらできないまま、とどまり続けているうちに何もできなくなってしまうこと。

その状況に母ちゃんが置かれていること。

その気持ち想像しただけでめちゃめちゃ悲しくなるし、やりきれない気持ちでいっぱいになる。

不安でいっぱいの母ちゃんを思うだけで俺の気持ちも心細くなる。

すごい明るい人だったのに超暗くなっちゃったらしい。

親父も頑張っているし、母ちゃんも親父と結婚してよかったとまで言ってたけど、俺は母ちゃんに死んでほしくないよ・・・

彼女もまだ紹介してないし(まだいないから)、孫の顔も見せてないんだよ

4~5年以内にはこっちで家建てて親を呼ぶつもりだったんだよ

80くらいになったら(そろそろかな・・・?)なんて嫌な想像もしつつ親の死を受け入れると思ってたんだよ

なんでそんなに早いうちからなんだよ

なんでだよ・・・なんで・・・

 

 

本当になんでしか口にできない。

支離滅裂だけど誰かに聞いてもらわないと狂うわ。

 

 

 

 

【2020.10.09追記

予想以上に叱咤激励いただいて、本当にありがたいと思う。

既に家族を亡くされた方や、現在進行形で闘病中の家族がいる方、さまざまな方からコメントは非常に悲しかったが、また慰めにもなった。

悲しいというよりは、悲しみが伝わってきたというほうが正しいのかもしれない。

やっぱり誰の死でも、予想以上に速い別離は非常に悲しいものだと改めて思った。

 

 

昨日、思いきって母に病状のことを聞くことにした。

トリプルネガティブ乳がんと聞いてから、あまりにも怖くて病状のことを聞くのを避けていた節があったのは事実だ。

でも多くのコメントに(このままではいけない)と背中を押され、聞くことにした。

実は10/1からCT検査MRI、追加で多くの検査を行っていたらしかった。

骨や肺、肝臓への転移確認していたらしい。

追加の検査を受けることになった際には、さすがに転移覚悟していたらしく、気分の落ちようがすごかったと話していた。

結果は転移なしだった。

冗談抜きで、痛みや悲しみ以外の感情で泣くということを経験した。

まりの安堵感で、感情が抑えられなかったのだと思う。

でも冷静に考えれば安堵もできないんだよな、状況は好転したわけじゃなくて並行移動したままなんだから

これから放射線治療が始まる。

  

 

今日仕事中にTNBC(トリプルネガティブ乳がん)について調べていた(許して)。

依然として今後も楽観できるような情報はなく、やはりというか、暗い思いになった。

それでも、コメントしていただいた方のおかげで、後悔しない選択をしていきたいと、そう思えるようにはなった。 

まずは手紙を書きたいと思う。

この間手紙に関する映画を見たばかりだし、思いを伝えることは大事だなって思ったから。

あとは今以上に家族で連絡を取る、みんなで情報を共有する。

コメントでもいただいたが、やはり父親もつらいようで酒の量が増えたらしい。

少し調べてはいるが、アルコールのがんへの影響は「確実」としている結果と、「影響あるかはわからんね」としている結果がある。

健康にもあまり良くないし、毎日飲むのは良くないんじゃないかな?とは思う。

父親ケアも行っていきたい。

 

 

参考になるかはわからないが、以下に勉強になった本を記録しておく。

同じような状況の人が少しでも気が楽になるように(気を楽にすることくらいしか他人にはできない)。

アマゾンリンクしか貼っていないが、特に私自身に何か還元されるものでもないし、リンクトは別に調べて買っていただいても結構です。

がんに関する情報は虚実さまざまあり、当事者にとっては非常に選択に迷うと思われる。

私自身、調べるとなると最初はどれが本当かわからなかった。

確固としたエビデンスをもとに書かれた本を購入するのが一番確実と感じた。

そのため、以下には基本的学会名前で出している本や、がんセンターの院長が著者の本を挙げた。

この中の一つでも、わずかな情報でもあなたの救いになったら、私も救われる。

 

 

<非当事者として読む本>

・親ががんになったら読む本 主婦の友社 \1540

http://www.amazon.co.jp/dp/4074380153/ref=cm_sw_em_r_mt_dp_G0dGFbYY3ME2H

・身近な人ががんになったときに役立つ知識 ダイヤモンド社 \1650

http://www.amazon.co.jp/dp/4478069212/ref=cm_sw_em_r_mt_dp_S2dGFb0P29WM5

 

 

<がんの知識を増やす本>

国立がん研究センター乳がんの本 小学館 \1980

http://www.amazon.co.jp/dp/4778037936/ref=cm_sw_em_r_mt_dp_.3dGFbGX8B6NX

患者さんのための乳がん診療ガイドライン 2019年版 金原出版 \2540

http://www.amazon.co.jp/dp/4307203992/ref=cm_sw_em_r_mt_dp_94dGFbJZ9EDN9

2020-09-25

国民年金追納するぞ(決意表明)

30代のときガンが見つかり、当時の仕事退職し、治療に専念した。

手術後は再発予防のための抗がん剤治療半年ほど受けた。(心身ともにかなりキツい思いをした。)

ただ、摘出したがん細胞病理結果は悪く、1-2年以内の再発率が高いタイプであり、リンパ節にも転移があると医師から告げられた。

病院での標準治療はここで終了だった。

その後は再発に怯えながらも、やれることは何でもやろうと思い、色んな所から情報仕入れ民間療法的なものにもたくさん手を出したし、今思えば怪しげなスピリチュアルめいたものにもたくさん触れた。

マニアックコミュニティでたくさんの顔見知りが増えた。

1年、2年経ち、体調が回復してきてからは、短時間負担の少ないバイトを始めたりしたが、メインは上記のような活動

今思えば、30代の中二病っていうか、自分探しみたいになってた。

行き過ぎた自然派みたいな人達から陰謀論とか初めて聞いたりして、自分は世の中の真実を知った~みたいな、今は笑っちゃうけど、熱中した。

そして3年が過ぎ、4年が過ぎ、5年経った頃。

自分はこういう不思議フリー人達の中にはずっと居られないし、居たくない。もう卒業して、現実世界に戻って、ちゃんと働こうと思った。

フルタイム仕事を見つけ、こつこつ貯金して、生活をととのえた。

今、がんは再発していない。

そして今日免除申請期間5年分、約100万円分の追納案内ハガキが届いた。

金額に一瞬怯んだ。

でも、一気には払えないけど、健康長生きして、ちゃん年金を満額受給することを目標にして、少しずつでも追納することを、ここに表明しとく。

こつこつ、がんばるぞ

2020-09-16

長くない

この数年,妻が闘病してきたけど,先日,医師から「刀折れ矢尽きた」と宣告されたので,病状と気持ちの変遷をチラ裏として書いておきたい.

発覚〜初期治療

そして,原因究明にも時間がかかりすぎた.毎日会っているとわからないけど,ある日出張から帰ると妻の脚が痩せてた.脚が太いのがコンプレックスだったようなので,呑気に「よかったじゃん」と言いながら,過ごしていたのが勿体なかった.疲れ気味とも言っていたので,マッサージでもして少し休んだら?という会話をしていた.その後,家族旅行に行ったけど,そこで調子が本格的に悪くなり,帰って病院にいくと即入院になった.その後,何が原因なのか(疲労?新手の感染症?)などをさぐっていたら,あっという間に+1ヶ月半(その間入院).で,結局,血液系の癌ですね,となり治療開始.気づくと今年は夏からすぐに冬になったんだなって思うくらいの慌ただしさ.この頃は,癌かもねという話があった時に,「そうかもな」と思いつつ,治療に専念してもらうかなど色々画策.妻は好戦的で,子供のことを巡って大喧嘩も数知れず.当時は抗がん剤治療比較的うまく行っており,妻は余裕だと考えている節があった.

再発

冬が終わるくらいになると,好戦的なのは変わらないけど,「あれ?」ということが増えてきた.それを認めないため,休みをとって診察に同行し(それまでは口出すなって言われていたので行かないことにしていた),事情説明検査の結果,中枢神経系転移が起きていて,即入院.これもかなり遅かった.入院して即治療という訳にも行かず,1週間くらい待っている間に,あっという間に意識不明になった.この時は,覚悟したし,最後にまともな会話ができなくて心残りがあるって思った.けど幸い,少しずつ治療が効いて,退院できるくらいになった.正直,一安心.けど,病院から普段生活面において,不穏な話をたくさんされた.

退院から回復

退院してからの妻の行動は,人が変わっていたと言っても差し支えがない.見ず知らずの人にやたらめったら絡んだり,商品カバンしまって会計しないまま立ち去ったり.その度に,妻の実家を含めて話し合って,叱ったり諭したりし,本人は反省した風だけど,3日ももたずに繰り返す.家族で買い物に言っても,少し目を離した隙にやっている(目を離すなって思うかもしれないけど,例えば,子供トイレに連れて行ってる隙にいなくなってるんだよね).本人はもう元気になったから,私のやりたいようにするってことらしい.それは構わないけど,家族や周りに迷惑かけるなって思った.「そんなに元気なら復職しろ」(治療中は休職)って話をして,じゃあ相談しようってくらいに,新型コロナ問題会社医師双方からもう少し待ちましょうって感じになった.本当にこのころは迷惑だったし,妻は妻で,「あなたが言うことは間違っている」と言っていて(「間違ってたら警察のお世話にならんわ」って内心思ってた),家族で見切れないから,衆人監視で動いてもらおうって思ってた.

再再発から現在

けど,そうこうしているうちに,再発していることが判明(これも本人が再発を認めたくなかったため,医師に伝えるのにものすごく時間かかった).前回にこれで再発したら,もう手段ほとんどないですって伝えられていて,実際に選択肢は4つくらい(うち1つは治療しない)だった.お勧め順に潰してきたけど,やはりどれもダメってことで「刀折れ矢尽きた」の宣告に至っている.先週末あたりから,頭の中がタイムスリップすることが増えてきて,今週になってその時間が多くなってきた.これがどの段階なのか分からないけど,中枢神経系転移した時に似た既視感があり,正直そろそろかなという直感がある.自分に対しては妻とお別れに対する悲しさ,これでやっと終わりだなという解放感,妻に対しては,子供の成長が見れなくて辛いだろうなという気持ちとやっと痛みや辛い治療から解放されるねという安心感.子供に対しては,どうすればいいのか分からない(母親を失うのはどうあがいても厳しいことだろう).混沌とした気持ちになっている.

まとめ

以上,チラシの裏

既婚者の皆様,特に専業主ふのパートナーをお持ちの方は,自分だけでなくパートナー健康管理にも気をつけて欲しいといのが教訓.あとはどうなるかは千差万別.ただし,頭の病気は本当に周りが辛い.

2020-08-31

anond:20200831215312

双極性障害(の疑い)で変わった。

正確には、躁状態鬱状態、どちらでもないかどちらでもあるときなどで考え方が変わる。

一貫性がないので自分自分が嫌になる。

躁では、酷く明るく積極的で、新しいことや難しいことにどんどんチャレンジして、大体うまくいく。

鬱では何もできん。ずっと死にたい

人生賽の河原状態でそろそろ終わりにしたい。

ちなみに、抗がん剤治療ストレスから発症したっぽい。正直そのまま死んでればよかった。

2020-08-01

ADHDの友人がガンで死んだ

からルーズヘラヘラしてたけど、愛されキャラって言うの?叱られつつも気に入られる魅力的な奴だった。

大学で会って、研究室も隣で、毎晩のように学食蕎麦すすっては肩組んで俺の部屋に帰り雑魚寝する大の仲良しだった。

就職してからはお互い会うことも随分減ったけど、年に5回程度、安居酒屋で呑んでは〆の蕎麦屋に繰り出し、やっぱり肩組んで俺の家に縺れ込んでは呆れた妻に2人一緒に締め出される仲だった。

4、5年前に、デートをすっぽかし過ぎて彼女に振られた〜つって泣くから俺の妹の友人って子を紹介した。どうせ彼女の二の舞さだとか笑ってたのに、ハイスペ美人で超真面目なその子と、ゆるゆるルーズ適当そいつは妙にウマがあったらしく、紹介した一年後には結婚までしやがった。ご祝賀に幾ら払ったと思ってんだこの野郎

お互い結婚してから、俺も子宝に恵まれて、こりゃあ前みたいに呑みには行けねえななんて笑ってはいたけど、やっぱり半年に一回程度はおんなじように飲んで、おんなじように蕎麦啜って、俺ん家に帰宅しては、娘に足でつつかれてた。

ちょうどそのぐらいの頃だったか、変な咳するようになってて、心配からテメェ病院行けよとかいうんだけども「うんうん」頷くものの次会った時に聞くと行ってないってのの繰り返しで

奥さんも痺れを切らして無理矢理病院連行したときには、結構進行してた。

とは言っても、ガンなんて最早死ぬ病気ではないから、通院して抗がん剤治療仕事も暫く休職して、目処が立ったら復帰ってことに決まって、まあまあ良かっためでたしめでたしって予定だったのに

あいつ、病院ちゃんと行ってなかったんだと。医者も困り果ててて、治るものも治りませんからね!とかちょっとばかしキレてたらしい。俺はそいつ奥さんに呼ばれて説教しに会いに行ったのに、病室で痩せ細って、ガン独特の匂いのするあいつに会って落ち込んじゃった。

ADHDってのも考慮して、もう入院。手術します。治るまで退院させません。とか取り決めて、じゃあ頑張れよ、とあいつには言って、偶々あったそいつ主治医に謝って、奥さんにも「とんでもねえやつ紹介しちゃんすみませんね」と誤って「ほんとに💢」と横腹に軽いパンチ食らって帰ってきて、心配で堪らなくて寝れなかった。

うちの妻に「死んじゃったらどーしよう」とか柄にもなく泣きついて、妻はやっぱり呆れて「○ちゃんの方が可愛そうだべさ」と憤慨していた。

それからね、早いもんだな。

すぐ逝っちゃった。ちゃん抗がん剤治療受ければ治るって言われてたのにな。

なーんで、ちゃんと出来ないんだか。いっつもあいつを叱ってたんだよ。レポートの締め切り明日だけどやったか今日宿題持ってきた?卒論書いてる?就活してる?つって。せっついてせっついて漸く人並みに持ち上げてやってたの。

頭いいやつだったよ。結局勉強しなかったわ〜とかヘラヘラしてやってきて、余裕の最高得点就職するって言い出した時も、先生達が慌てて「君は博士課程に行くべきだ」と説得しに来たぐらい。

誰にでも好かれてて、気前が良くて、裏表もなく正直で、自分にも甘い分他人にも甘い。だから一緒にいて疲れなかった。あのぐらいの年頃だと、みんなギラついちゃってて、何人とヤッたとか、いくら稼いだとか、社名を出せば余裕wなんつってエリート俺様やってた中で、ほんわかヘラヘラしてるあいつは癒しだった。

ちゃんと面倒見てれば良かった。毎日LINE病院行ったか聞いて、既読がつかなきゃ電話して、電話にできなきゃ家まで凸して首根っこ掴んで連れて行きゃよかった。自分の面倒は自分で、とかいうけどさ、それが出来ねえ奴もいるんだよな。自分の面倒も見切れない奴は死ねだとか、そんなこと俺には言えねえよ。自業自得なのは俺だ。奴が死んで悲しいのは俺だった。

愛されて、せっつかれて、叱られて心配されながら先に逝けて羨ましいよ。最後までずるい奴だった。

俺が後悔してる以上に、奥さんが後悔してんだよ。テメェはまた無責任お腹子供残して死ぬんだから。世話ねえよホント

葬式で声もかけられなかった。ずっと泣いてたし、ごめんねごめんねって謝っててさ。謝るのはあいつの方だよな。自己管理もできない甘ちゃんが悪いのにな。どうしようもない奴紹介しやがってって妹にはどつかれた。

死んでもう二年経つけど、未だに蕎麦食えねんだよ。死んだのは冬だったけどさ、夏になると蕎麦食えねえせいで思い出すの。マジでくだらねえよ。ほんと、どうしようもない奴だった。

でも、惜しい奴を亡くした。

悔しい。

テメェのせいで今年も最悪の夏だ。

2020-07-26

終末期がんの緩和ケア安楽死とどう違うのか

 外科でできる手術は終え、転移があるので抗がん剤治療を長く続けたが、結果進行を止める術はすでになくなり、抗がん剤を入れたところで副作用がつらいだけ、という状況に至った場合抗がん剤をやめ痛みの緩和を主眼に置き、残された人生の質を向上させ静かに死んでいく選択肢を、現在すでに選ぶことが可能になっている。

 そういった経緯で基本的にはできることがなくなり、自宅で介護の後に親を看取った。がんになったことがないので全身を襲う痛みの辛さは分からないが、痛みを緩和する医療麻薬入りの貼薬では効かなくなり、その場合座薬を使うが、これを入れるのも相当に痛がる。意識も(麻薬いれてるんだから当然だが)あやふやな感じになり、これでQOLマジで上がってんのかよとも思うが、家にいること、家族が側にいることはやはり大きく違うようだ。最終的には大きく喀血し、多臓器不全で亡くなった。

 はたしてこれは安楽死とは違うのだろうか? 抗がん剤を入れ続ければ、おそらくあと数カ月の延命可能だったろう。その分の命を奪う行為であることは違いないはずだ。その選択をした本人や家族医師は、医療不作為による殺人、あるいは嘱託殺人には当たらないのだろうか?

 などと昔のことを今回の騒動で思いだしたのだった。終末期医療明日はどっちだ。

終末期がんの緩和ケア安楽死とどう違うのか

 外科でできる手術は終え、転移があるので抗がん剤治療を長く続けたが、結果進行を止める術はすでになくなり、抗がん剤を入れたところで副作用がつらいだけ、という状況に至った場合抗がん剤をやめ痛みの緩和を主眼に置き、残された人生の質を向上させ静かに死んでいく選択肢を、現在すでに選ぶことが可能になっている。

 そういった経緯で基本的にはできることがなくなり、自宅で介護の後に親を看取った。がんになったことがないので全身を襲う痛みの辛さは分からないが、痛みを緩和する医療麻薬入りの貼薬では効かなくなり、その場合座薬を使うが、これを入れるのも相当に痛がる。意識も(麻薬いれてるんだから当然だが)あやふやな感じになり、これでQOLマジで上がってんのかよとも思うが、家にいること、家族が側にいることはやはり大きく違うようだ。最終的には大きく喀血し、多臓器不全で亡くなった。

 はたしてこれは安楽死とは違うのだろうか? 抗がん剤を入れ続ければ、おそらくあと数カ月の延命可能だったろう。その分の命を奪う行為であることは違いないはずだ。その選択をした本人や家族医師は、医療不作為による殺人、あるいは嘱託殺人には当たらないのだろうか?

 などと昔のことを今回の騒動で思いだしたのだった。終末期医療明日はどっちだ。

2020-06-22

2万日前に生まれた男

まれて2万日目を迎えた。覚えていたわけではないが、Googleカレンダーリマインダで気づいた。節目なので、いったん今までの人生を振り返ってみる。1965年まれおっさんである

動物大好き

  • 自分人生を考えるうえで、動物愛は欠かせない。
  • 物心つく前に家で犬を飼っていた。小さい自分がその犬にまたがっている写真が残っていた。その犬の記憶はない。
  • 幼稚園の頃、家に白いモルモットがいた。死んでしまたことは覚えているが、その時は悲しいという気持ちはあまりなかったと思う。
  • ちょうど小学校に上がる頃に近所のお寺から雑種の子犬をもらった。3匹子犬が産まれて好きなのを選んでよいということで、白黒のメスをもらった。子供時代をずっと一緒に過ごし、大事なことはすべてこの犬から学んだといっても過言ではない。この子は19年と長生きした。
  • アパート暮らしをしていた大学3年の春、アパートの押し入れで猫が出産した。生まれたのは2匹だが、気づいたときに1匹は死んでいた。それがショックで、残りの一匹を大事に育てた。外飼いで、部屋にも自由に入れていた。
  • 翌年は4匹の子猫が生まれた。ある時急に4匹ともいなくなったが、詳しいことはわからない。結局、大学卒業の時に残っていたのは母猫だけであった、最後のお別れは部屋で一緒にご飯を食べた。
  • 34歳の頃、当時住んでいたアパート周りで子猫が3匹生まれた。近所に人がご飯を上げていたらしく、うちでは何も出さなかったが、うちの部屋にはよく遊びに来てくれた。
  • 今は、地域猫保護NPOに参加している。といっても、自分は家の周りの猫の面倒だけを見ている。外飼いであるが、家にも自由に出入りできるように、できるだけ窓を猫一匹分開けている。冬は寒いし、夏は虫が入るし、雨の時は泥だらけになるし、苦労は多い。思い出してみると、自分実家を出て、犬が亡くなった後、実家でも外猫を家に自由に出入りさせていた。血は争えないものである
  • 今では猫の外飼いが推奨されないのは重々承知してる。NPOでも、譲渡会で譲渡した猫は室内飼いを必須としている。しかし、すべての猫が譲渡できるわけではない。

家、家族

学校仕事

体のこと

趣味

こんなところである

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん