「市職員」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 市職員とは

2024-06-16

anond:20240616205801

「優秀な市職員補助金必要のない仕事をとってくる」というところまで読んだ

やはり国の補助金行政こそが悪

2024-05-24

横浜市も「裁判を傍聴させることにより、市職員の遵法意識を高めるための施策だった。市民の傍聴を妨害する意図はなかった」とか言えば批判されなかったのに

2024-05-17

平塚競技場では毎朝地域住民市職員が芝生でグラウンドゴルフをしてもよいでしょう

市役所が決めることでしょう

丁寧に使えば芝の損傷もないでしょう

2024-05-14

和歌山では悪事を正そうと公益通報した市職員が、自殺に追い込まれるわけか

クソみたいな場所だな

2024-04-17

性犯罪者保育士教師になれないのは差別だー男性保育士を嫌がるのも差別だー!!

ってどう考えても無理だろ、ただでさえ数%しか居ない男性保育士子供への犯罪逮捕されまくっているのに、性犯罪被害者をたくさん出して逮捕されてからもまた保育士になれますって言われて、誰が男性保育士を信用できるよ。

男って男を性犯罪者扱いするなと騒ぐ割には、性犯罪擁護には必死で怖い。

気仙沼市職員が8度目の逮捕 宮城県警女児強制性交未遂疑い

https://www.sankei.com/article/20240416-Q26W6FHJYZI5FEC4YVCF2POJ2U/

10歳未満の女児性的暴行を加えようとしたとして、宮城県警は、強制性交未遂児童買春ポルノ禁止違反製造)の疑いで、元市職員を再逮捕した。逮捕は8回目。市によると、当時は保育所勤務だった。

2024-04-13

市職員になったら戸塚ヨットスクール議員ハラスメントを受け続けたり、ハラスメント議員に呼び出されて年に十数回も足を運んだりしないといけない可能性があるってこと?

嫌すぎるんだが

2024-03-10

anond:20240310090603

市職員だけどインクの濃度薄くしつつ裏紙再利用しないと上司にぶん殴られるよ

2024-03-09

anond:20240309090256

市職員だけど読んでて辛くなった

まともな人相手だとスムーズにやりとりできるけど、話通じないタイプのキチ系市民とのやりとりってマジで疲弊するよな、MPごっそり持ってかれるわ

俺がいた自治体では福祉課と徴税課と企画総務課はハードから優秀な人が回されてたな

俺は半年ぐらいで辞めたけど未だに辞めて後悔してないわ

メンタル壊す人多いし予算足らなくてサビ残常態化してんのしんどいよなぁ、サビ残して遅くまで仕事処理してるから庁舎証明が長くついてると「公務員残業代稼ぐ為に仕事もせずに遅くまで残って遊んでる」みたいなカスみてえなクレームくるしな

クソみたいな環境なんてさっさと捨てて逃げてほしいか応援するのも憚られるけど、マジで心身大事にして欲しい

余談だけど、公務員短期退職してるから職歴ごまかして今は民間で働いてるんだけど、「増田さん絶対役所とか向いてるよ」って言われたよウケるよな

ぶっちゃけ辞めてもなんとかなるよ

2024-02-17

エレベータ点検の件、地方自治の金のなさ無視正論、どうすればいいかわからん

エレベータの整備にお金を出すべきだというのはわかる。

金がない場合、どうするのか?

エレベータ使用停止にすると、今度は足の悪い人に対して考慮されてないって怒られるはずだ。

じゃあ寄付を募るというのはどうか?

足の悪い人のことは出てこず、市職員階段上り下りすればいいのだ、足の悪い人が居たら職員が1階まで出てきて対応すれば解決する、が出てくるはずだ。

で、実際の金額を見始めると、なんでこんなに費用が高いんだって話が出てくる。

一般市民には適正価格なんてわからない

2023-12-14

教育委員会最後に取り組んだ課題 <其の三>


(前part)

https://anond.hatelabo.jp/20231213191557

3. 若手職員のB君

直情的なタイプだった。怒りだろうと悲しみだろうと、感情の振れ幅が大きいタイプである

最初の方で説明した場面で、職場コピー機が置いてある台を蹴っていたのが彼になる。傍目から見ても、「どうして採用されたのだろう……」と疑問が湧いてくるほどだった。

ストレスには耐えられないし、自分勝手スタンドプレーは多いし、立場が弱い人間には辛く当たるし、自分は凄いといった主張をしていた(「俺の親、若くして自治会長だから!!」など)。相手意見曲解することが多かった。

私も手痛い思いをしたことがある。私がいた指導課には住民基本台帳ネットワークシステム戸籍課や税務課の職員が使っているものと同じ)があったのだが、B君は特に許諾もなくそれを操作し、職務遂行必要個人情報を入手していた。本来であれば事前申請を要するし、厳しい自治体だと戸籍課以外の職員によるシステム操作を認めない。これが普通である

ただ、ほかの部署から個人情報取得の依頼があった場合でも、身内だからということで、口頭による承認で住基システムを使わせることはあった(課員への一言)。能率を考えてのことだ。が、B君の場合は明らかに一線を超えていた。職務遂行必要であることがわかるが……一度だけ、彼を思い切り叱り飛ばしたことがある。以降は、口頭で課員の承認を得てからシステムを使うよう徹底させた。

ところで、あなた職場にもいるのではないか仕事でも家庭でも趣味でも、何でもいい。ストレス精神的に潰れかけた人間の姿である。B君は、元々コミュニケーション能力に難があった。いわゆる話がわからないタイプだった。

残業も多かった。指導課や学事課の教員出身者と同程度と仮定すると、おそらく月60h~70h程度か。彼の上司は「仕事をたくさん振っていないのに……なぜ?」というスタンスだった。

市職員場合は、予算がある限り時間外勤務手当が支給されるという。私が若い頃だと、時間外勤務をしていないのに、予算消化のために闇残業を認めるという慣習があったほどだ。

教員出身者の場合は、月20hまで支給されていた。学校現場から教育事務職に移った者にとって、長時間労働サービス残業は避けて通れない。この試練があるからこそ、一定基準に達した教育人材を育成することができている。

人は光を求める。そして、その光の見える方向へ動いていく。教職員にとっては、教育に関する哲学、という光を見出すための修行の場こそが教育委員会である。量・質ともに圧倒的なレベルでの修行。厳しい体験を幾度となく積み重ねるから人格能力が磨かれ、玉になっていく。

さて、彼の上司はB君を徹底指導して残業縮減に務めた。だが結果は出ない。残業縮減の効果は僅かだった。ところで、B君の場合学校歴がよかった。地元の名門公立高校卒業して、大学も相応のところを出ていた。地元的には血筋もいい。それが採用に繋がったのだろう。

縁故が悪いか? といえば時と場合による。一概に悪いとは言えない(ex.公共学童クラブ指導員は、その多くがスカウトである特に男性場合はほぼ100%だ)。教職員採用試験においても、学科面接試験の点数以外で、非公式評価すべき点というのは確かにある。

行政一般事務職員のことはよく知らないが、彼らと仕事をしていると、確かに地元において血筋がいいとされる人に仕事のできる人が多かった。※主観的統計である

高等学校入学試験ですらそうだ。学科試験以外で評価される要素がある。内申点などは、その典型である。本人の人柄や人格学習態度や常識力、社会への順応性が点数化される。内申点以外にも、+-の評価がされる要素も一応はある。

プラス評価の例としては……今では絶滅した慣習であるが、昔は公立校でも縁故による入学があった。とある高等学校の名門運動部などが、どうしても○△中学校のあの子がほしいという場合、事前に保護者児童中学校側と話をつけておく。かくして3者が合意に至った場合入試前に合格が決まっていた。内申点中三期を満点にするなどして対応する。

マイナス評価の例としては……生活習慣だろうか。公立高校入学試験の基本は、学科試験内申点の合計で決まる。とはいえ、点数に関わりなく不合格になるケースもある。こちらは犯罪行為であるとか、補導されるのを繰り返したとか、入学試験の際に相当奇抜なことをしない限りは関係ない。

ただ、その子合格基準点に達していた場合でも、入学試験の要綱要領に定めのある範囲不合格になることはありうる。欠席数が極端に多かったり、在学中に異常な行動を繰り返したなどが内申書に書いてある場合だ。学校教育とはいえ高校側も不用リスクを取りたくない。名門とされる公立高校問題児が少ない理由ひとつである

B君の話に戻ろう。その年の夏頃に聞いたところだと、どうやら事件を起こしたらしい。

梅雨が明けた頃に、霞が関新卒キャリア官僚研修にやってきたという。T区の各部署を廻って地方行政の実務を学習するのだ。T区は、その年の中央省庁研修先のひとつに選ばれていた。

キャリア官僚達は、ごく普通にT区の歴史や成り立ちを勉強して、地方行政の実務を視察して、心ばかりの現場仕事をこなして、一週間ほどで霞が関に帰る――はずだった。

最後の日に行われた交流会(飲み会)で、B君はやってしまった。喫煙所よもやま話で聞いたところだと、以下の流れだ。

国土交通省官僚が酒を飲んで調子に乗る

 ex.研修部署部長肩に手を置く、女性職員の体に何度も触る、別省庁のキャリア官僚に「ぶっ殺す」と発言するなど

飲み会最中にB君が頭にきて、国交省キャリア口論になる

国交省キャリアが「お前の区の国庫補助金ゼロにするからな」と言ったところで、B君がキャリア官僚を蹴り飛ばし、馬乗りになる

④ほかのキャリア官僚とB君の部署係長が、彼を羽交い絞めにして止めた

……気持ちはわかる。侮辱されて悔しかったのだろう。だが、いくら何を言われようと、暴力だけは駄目だ。確かに、若手官僚場合調子に乗っている者は一定数いる。子どもの頃から勉強勉強を重ねてきた自負があるとともに、仕事では自分の親ほどの年代から神輿を担がれるような扱いを受けるのだから調子に乗るのも当然である(上に出てきた国交省キャリア東京大学卒だった)。

かくいう私自身も、文部科学省事業査定担当であるとか、会計検査院検査官から相当辛辣なことを言われたことがある。だが、怒りの感情に囚われてはいけない。駄目なのだ

人間はいかなる状況の下においても、自己衝動をそのまま表に出してはならないし、出すべきでもないし、さらに言えば、出したいとも思わない、という主張はまったくの真実であり、妥当見解であると私は考える。衝動制御することができるし、制御しなければならない。それは現実要請というだけでなく、一人の個人としてのまとまり一貫性および価値観要請でもある。突き詰めて考えるならば、人生には実存葛藤解決不能問題さらには、あることのためには別の何かを諦めなければならないというような状況が数多く存在しているのだ。こうした状況こそ、人間が生きる上での本質的条件となっているのである。何らかの葛藤が常につきまとい、ある方向へ進もうとすれば別の道を諦めざるをえない。人間はこうした状況に苦悶しつつ、自己制御しながら生きていかなければならないのだ。 完全なる経営(2001) A.H.マズロー (著), 大川 修二 (翻訳) P.295



私とB君が教委事務局で一緒だったのは一年だった。その年は、社会教育課にとって厳しい年だったらしく、彼は相当追い詰められていた。年度末の三月時点では、まるで50代のごとく自分が思ったことを脊髄反射で口に出すようになっていた。

声をかけようか、とも思った。あまりに辛そうだったからだ。係長課長も、彼を見放しているところがあった。どれだけ残業が積み重なろうと、仲間によるフォローを呼び掛けたりはしなかったし、むしろ失敗に対して反省文を書かせていた。

B君は、口に出すのが憚られるほど救いようがなかった。もし、上司や仲間にとって彼が『かわいい奴』だったら、こんな事態にはなっていない。彼は、実際に不良な人間だった。職場の仲間から非人格的な言動咎められるのはまだいい方で、はっきりいって見捨てられていた。自業自得だった。

しかし、やはり可哀想に感じることがあって、廊下をすれ違う時やトイレなどで「元気?」「今日は温かいね」「辛くないですか」など声をかけることがあった。

それから、彼がどうなったかというと、真相を確かめたわけではないのだが……私が定年になる前に退職したらしい。別の部署に異動しても活躍できず、しかしながら、何の因果だろうか――霞が関への出向を命じられたという。省庁までは不明

本来名誉であるはずだが、その出向期間中退職を申し出たということだ。もしや、生贄型の出向だったのだろうか?

現代社会において、感情が表に出るタイプ人間しんどいのだと思う。彼が今、どうしているかはわからない。ほどほど幸せにやっていることを祈っている。



4. サイコパスのC係長

先ほどの2.3.でいうところの係長にあたる人物だ。この人は、冷血漢と呼ぶにふさわしい人間だった。サイコパスとは書いたが、私は臨床心理学碩学ではない。仕事熱心で、結果を求めるタイプだったのかもしれない。目的のためであれば何でもする人だった。思い出してみる。

例としては、部下の叱責だ。普段は物静かで、部下の相談や報告を聞いている。が、一定レベルの何かに触れると怒号を発する。

係長「お前、こないだできるっていったよな!」

若手部下「すいません」

「なんでできねーんだよ」

「……なんとかします」

「言ったな? じゃあしろよ。今週末までだ」

はい。やってみます……」

※部下ができなかった場合は、定時を過ぎても何十分でも説教していた。そして、できるまで残業をさせる。

後は、イベントだろうか。市区町村においてイベント主催する部署はいくつかあるが、教委事務局もそのひとつである教育○○大会などの厳かな発表会もあれば、○○総合フェアなど若い人や家族連れが多く集まる文化的ものもある。

さて、そのT区にとっての○○総合フェアの時だった。毎年過ごしやすい季節に、とある大公園で実施されるのだが、50以上もの出店が立ち並ぶ大イベントだった。

その年のイベントは、残念ながら雨天だった。初日は少雨で済んだものの、翌日以降の天気は崩れる可能性が高い。社会教育課は、教育総務課・指導課と並んでイベント主管課のひとつだった。

その初日の、夕方~夜にかけてのことだった。教育長を始めとする幹部職員が現地に残って、明日以降の対応を話し合っていた(ほかの教委スタッフは全員帰っていた)。主な論点は次のとおりである

□ 雨天の場合の中止ラインは?

イベント会場は維持できるのか?

□ 中止の際の広報手段は?

上記3点のうち、2点目がなかなか結論に至らなかった。イベント会場には、テント備品も野外展示物も並んでいる。風雨によって損傷する可能性があった。そして、2点目の解決手段提示したのがC係長だった。

彼は、「業務委託している会場警備員がいるでしょう。数十人。彼らにやらせましょう。折り畳み式テント(※鉄パイプではない)の屋根を低くする作業や、野外展示物の収納もです」といったことを述べた。

私は「それは契約内容に入っているのですか?」とC係長に問うた。すると、彼は「緊急事態です。契約内容にあろうがなかろうが、現場の指示に従ってもらわないと」と言っていた。

教育局長は「後で問題にならないか?」と聞いたが、「私の責任で収めます」と彼は返した。教育長に「本当にできるんだな?」と聞かれると、「問題ありません。警備の発注は当課です」と返していた。ここから先はうろ覚えだが、C係長は警備会社現場責任者と交渉を始めた。

夜7時頃だったか。私がトイレに行く途中で、社会教育課長とC係長、警備会社ロビー交渉しているのを見た。当然ながら、相手方は渋い反応だった。

私はそのままトイレに行って、また帰り際にロビーを通りかかったところ、「契約切るぞ。ええんか!?」というC係長の声が聞こえた。この人は、気分が高まると大体こうなる。

以下、会話を手帳メモしているわけではない。思い返してはいるが、やはりうろ覚えである

「切るといっても来年からね。今年はもう契約してるし。来年は、こちらの権限でほかの警備会社契約します。それでいいなら、あなた判断で断ってください。テント作業OKなら、これから私の責任で指示しますが」

「いや、でも。ちょっとの量じゃないでしょ? テントの数は何十個もあります。それをひとつひとつ、高さを下げていくんでしょ? それはもう――」

あなたが決めるしかないでしょ。責任者なんだから。この時間あなた会社上司がいるんなら電話で伺ってください」※このあたりから方言になる

判断ができません」

「毎年、あんたの会社契約しとるんやぞ。しっかも言い値で。本来なら正式競争入札せんといか金額やのに。こういう時のために、うちは権限使っとるんやぞ。官製談合みたいなこと、してやっとるんやぞ。俺らとあんたの会社のためを思って。で、上の人間電話するか、あなた判断で決めるかのどっちかや。あなたが決める場合は、契約切られても全部責任とるんやぞ」

「……」

「俺が責任を持つ。あんたが上司に怒られんようにする。後で言っとく。知り合いだから。頼む!」

「わかりました。指示をお願いします」

係長のこの判断が正しかったのか、誤っていたのか。今でもわからない。

結果だけ見れば正しかった。その夜は雨も風も激しかった。(鉄パイプ式でない)テントを張ったままだと、風雨で確実に潰れていた。テントや野外展示物を片付けるといった作業絶対必要だった。それを怠って、一般スタッフを帰した私たち幹部の落ち度である

手続き的には違法である。正しくない。警備会社ロハで使ってしまっている。C係長のことだから、きっと事後処理はうまくやったのだろう。あの後、彼やその上司処分を受けたという話は聞いていない。

個人的には、C係長の行いは正しかったように思える。実際、あの場面だとああするしかなかった。組織のために泥を被ってくれたとも言える。ただ、それが未来に繋がる行為だったかというと怪しい。

例えば、テント崩壊する未来を選んでいれば――教委事務局が「組織として学習」することができていた。それがいい未来につながった可能性もある。

(次part)

https://anond.hatelabo.jp/20231216182406

2023-11-21

市役所ヒグマ駆除お願い」ハンター「わかりました」

北海道砂川市ハンター「市に要請されてヒグマを撃ちに来ました」

市職員よろしくお願いします」

警察官「立ち会います

バーン!!

ヒグマ駆除から2ヶ月後・・・

北海道公安委員会「猟銃を安全に扱えない人は銃も免許没収ね」

ハンター「は??????警察官が立ち会ってましたが?」

北海道警察「その警察官が発砲の現場に立ち会ったという事実は無い」

ハンター「お前らめちゃくちゃだな。裁判するわ」




北海道担当部署ハンター悪くないじゃん」

砂川市ハンター悪くないじゃん」

地元検察ハンター悪くないじゃん」

警察「ヤダッ!!!警察判断は正しいのッ!!!!」

北海道ハンター冤罪事件、「論外」完全敗訴した警察控訴

被害者ハンターに対する嫌がらせしかない無意味な2審始まる

ヒグマ駆除妨害する最大の敵は"警察組織"』

https://news-hunter.org/?p=19333



裁判官「ハンター悪くないじゃん」

警察「違うのオオ!!ハンターは民家に向けて発砲したのオオ!!だから処分は正当だったのオオオッ!!控訴!!控訴します!!」

2023-11-14

クマ駆除に「素手対応しろ」と苦情電話を入れても構わない理由

1.苦情の電話を入れるのは表現の自由であるから

もちろん、組織的電話をかけ続け相手電話を使わせなくするようなことがあれば威力業務妨害罪になり得るが、個人で行うのは自由である

また、『○○市のこれこれの政策に苦情の電話』と『○○市職員理不尽対応に苦情』と『○○市のクマ駆除に苦情』のどれが正当な苦情でどれが不当なのか区別するのは困難だ。"不当"なクレームを止めさせようとして正当な苦情まで萎縮するようなことはあってはならない。

2.苦情の電話職員の行動を拘束するものではないか

たとえば市長が『クマには素手対応しろ』と指示し、その通りにした職員クマに殺されるようなことがあったら当然問題だ。だが、苦情の電話をしているのは何の権限も持たない一市民であり、地方自治体職員がそれに従う義務は全く無い。だから殺処分するな」「素手対応しろ」という苦情を入れても問題はない。仮にそのような電話に耐えかねた責任者が「クマはできるだけ駆除せず、駆除する場合もなるべく素手対応するように」という指示を出し、それによって職員市民被害が出たとしてもそれは責任者問題があるのであり、苦情の電話を入れた人に責任はない。

2023-11-12

傷付いた傷付いたって明るい態度を求めるなら

こっちも慰めてよ。

2日前に離婚届出したよ。同情するような市職員の顔。声すら掛けてくれない母親

雨の中わざわざ提出したの。別にもう誰ともそうなるつもりないよ。

2023-11-06

市職員猟友会!お前らは先に行って熊を狩ってくれ!

俺はここで悪質クレーマー共を狩る

なあに、すぐ追いつくさ

2023-11-02

やっと地方公務員ブラックが露呈してきたな

残業100時間続きで市職員が死んだ記事出てたけど

市職員だが部署ごとに予算決まってるんで残業代出ないんだぜあれ

2023-10-14

なんで教員足りてないの?

うちの親父は小学校教師で「先生が足りない。新人先生休職することがあるし校長までもが授業して回してる」と嘆いている。

知り合いの市職員は「全然先生が足りない。なんとか振り分けるけどかなり限界」と嘆いている。

だけど今って少子化だよな?

シンプルに考えて子供減ってんのに対応する大人が足りなくなるなんてことあるのか?

2023-09-27

市職員に憧れてる無職見ると不安になる

一人で静かに過ごしてHPMP回復するタイプの俺も市職員になったけど人間関係濃すぎて職場に居るだけで頭真っ白になってきて何かしようとするとパニくるようになって、同居家族が異様に感じて精神科に連れてかれたら適応障害社交不安障害になってて、三ヶ月ぐらいで役所辞めたわ。

無能扱いされると横つながりで無能情報一斉に流れる地獄みあった。というか俺には地獄だった。

今は市職員時代よりはるかに将来性も社会的地位も無い職場で働いてるけど、QOLだけは2000倍高くなったしあの時よりも生きてて楽しいので後悔はしていない。

ちなみに市役所辞めるの引き止めてきた親とは今でも絶縁状態になので、飲み会大嫌いな市職員志望の無職君は今一度自己内省してからもう一度考えてほしい。

2023-09-15

anond:20230915124934

逆に聞くけど良い人生って何なん?

優秀なら公務員ぬるま湯っぷりに辟易して辞めて一般企業キャリア積んで起業するでしょ

でもお前は愚痴るだけで何も行動に移さな

どちらにせよ市職員以上に良い生活なんて手に入らないよお前には

身の丈に収まってよかったじゃん

2023-08-23

韓国日本弁護士を名乗る爆破予告相次ぐ...真相は?

https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2023/08/post-102474_1.php

市民が恐怖に怯えるなか、韓国警察日本弁護士を名乗る爆破予告にも悩まされている。8月7日ソウル市職員数人に爆破予告メールが送られた。「8月9日15時34分までに李在明民主党代表殺害しなければソウル市内の図書館半径334メートル爆弾が爆発する」というもので「ソウル地下鉄に爆弾を設置した」と書かれていた。

予告犯日本弁護士を名乗っており、弁護士所属する法律事務所電話番号ファクス番号が記載されていた。警察特攻隊爆発物処理班が、国会図書館などを捜索したが、疑わしい物は見つからなかった。

2023-07-10

anond:20230710003313

市職員正規)で友達に県職もいるけど、どこも予算決まってて残業代青天井なんて夢のまた夢だぞ

サービス残業の温床なんだけど、ひょっとして国家公務員とか青天井なんか?

2023-06-24

趣味の消齢化マジで来てるな

限定販売プラモデルほしくて」、市職員公用車で買い物

 

50代が限定プラモデル欲しいんでちゅ!!!って構図が果てしなくホラーだが、趣味の消齢化マジで来てるな。 ガンダムポケモンあたり位からじゃないか世代を超えて楽しめるコンテンツが増えた。

2023-06-11

anond:20230610005256

受け入れられ易い絵柄はポンコツ美女が男を泣き落とし、男にイベントを中止させることだ、まで読んだ

一方、暴力沙汰にならんとも限らんのにオバちゃんがやった、屈さな昭和のおばちゃん頼もしい、という見方もできる

ただ全体的に漫画ぽいので、中止も演出の一つなら、党威喧伝ヤラセ意味ない(陰謀論は容易)

共産現実市職員労働環境改善にも動いているし偉い人とは仲良し思える

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん