「働く男」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 働く男とは

2017-11-01

anond:20171101073534

スーパーの主要顧客は女で、それで小売業界で苦しむのは主に男だから

女性たちが男に求めてる理想は、自我を完全に押し殺して自分たち奉仕することだから

働く男ロボットにしたいだけだから

2017-07-17

anond:20170717132704

大したことじゃないんだが、バリバリ女尊男卑だと思ってた祖母が実は男尊女卑思考だったことが衝撃的だった。

から祖母は私や従従妹に「仕事が良くできてよく気の利く、家に金を入れる旦那さんを貰え」と言い聞かせていた。

祖父祖母の言う通りの、仕事漬けで家庭を支えてきた男性

従妹の一人は25歳の婚活中で、親戚で集まった時に良い相手がいないと愚痴っていた。

従妹の理想高身長高収入家事育児もしてくれる…とテンプレみたいな理想だったんだが、それを聞いた祖母が大激怒。「お前みたいな能無しにそんな旦那が来るか!そもそも旦那家事育児をさせるとは何事か!」と怒鳴った。

従妹は「女は綺麗でいることが価値。今は家事育児の分担が普通。」と反論

それに対して祖母は「女の価値は子を産んで働く男を支えることしかない!お前はたかだか数年で無価値になる女だ!」とさら反論

そこから祖母が語ったこと曰く、

  • 男は仕事で金を稼げるのに加え、家事も出来ないこともない。女は家で家事育児をするしか能がない。
  • 女は能力が低いか仕事を任せたら滅茶苦茶になる。
  • 唯一女が家庭に対して出来るのは旦那と子の話をよく聞いて、世話をしてやることだけ。
  • 世話をしているからと好き勝手に振る舞ったら旦那も子も離れていく。会社だって同じだろうが。
  • 老後に旦那が世話をしてくれるのは若い頃に女が出来る限り尽くしたからだ。

よく考えてみれば祖父はいつも健康だったし、祖母が作る料理にも祖父希望が沢山取り入れられている。

「お祖母ちゃんが昔一生懸命支えてくれたから、今でも色々なものを買ってやろうと思うんだよ」と祖父は頷いていた。

から価値がないなんて言われたらムカつくけど、同じ女から言われるとそれなりに納得できる。

ちなみに従妹は納得できなかったらしく、その後婚活パーティー出会った人に付き纏って警察沙汰になった。

2017-06-10

http://anond.hatelabo.jp/20170610095603

ごめん何に憂いているのかまったく分からない

蕎麦屋のなめくじ、店員DQN行為など。

他人ふんどしを焼き尽くしてしまった実例として、2013年都内飲食店で起きたバイトテロ事件が挙げられる。

この事件は、その飲食店働く男大学生が、店内での悪ふざけ画像SNS上に公開したことがきっかけとなり、瞬く間に世間に知られ炎上することになる。

しろ今までこういったバカが野放しになっていた世の中の方がクソだと思うし、

SNSの普及でそれが可視化され大勢からNOを突きつけられるようになったこと、俺は心から喜ばしく思ってるよ

SNS炎上してるケースを何度か見たけど、俺は当事者言動理解出来た事など一度もなかった

どうしてこんな野蛮な事をするのだろうか?どうしてこんな心ない発言をするのだろうか?未だに分からないままでいるよ

SNS日本社会ゴミ溜めにした

最近は何かと言えばすぐに炎上してしま

蕎麦屋のなめくじ、店員DQN行為など。

炎上歴史

から炎上というのはあった。しかしそれは特定掲示板などごく一部のコミュニティー内でだけのもので、世間を賑わせるほどの炎上というのはそこまで多くはなかった。

しかTwitterFacebookといった文字通り世界規模のSNSの登場と、スマートフォンという今や小中学生でも持っている携帯端末の登場で、炎上は一気にその範囲を広げることになった。

■何をするにも息苦しさを感じる

もちろん炎上するからには相手にそれなりの非がある場合殆どで、そういう意味ではSNSなどを通して社会監視するというのはとても良い行動のように思える。

しかし、私はそこに危うさを感じるようになってきた。

SNSのようなメディアというのはいわゆる虚業にあたり、良くも悪くも他人ふんどし相撲を取って生きている分野。

あろうことか、その虚業の側にいる人間が、目についたふんどしを全て焼き尽くそうとしている。

■そして悲劇は起こる

他人ふんどしを焼き尽くしてしまった実例として、2013年都内飲食店で起きたバイトテロ事件が挙げられる。

この事件は、その飲食店働く男大学生が、店内での悪ふざけ画像SNS上に公開したことがきっかけとなり、瞬く間に世間に知られ炎上することになる。

この時、炎上したのは当の男子大学生だけではなく、飲食店側にも非難電話などがひっきりなしにかかってきたという。

結果、店は閉店し、その後は営業を再開することもなく破産に至ってしまったというもの

もちろん店側の監督不行き届きだという意見も分かるし、不衛生さを感じるというのも分かる。しかし、この結果は果たして本当に正しかったと言えるのだろうか。

と、ここまで書いて、まとめるのがめんどくさくなった。曰く駄文である

2016-09-29

保育園落ちた日本ありがとう!!!

無事に保育園落ちた。

ありがとう日本

育休延長させてもらいます

これでまだ子どもとべったり一緒にいられる!

働かなくてもお金がもらえる!

育休手当万歳

育休延長制度万歳

ありがとう日本

ひと昔前だったら、産後まもなく仕事復帰しないといけなかったけど、

育休手当がもらえるおかげで働かずして貯蓄ができて、とても助かっています

ありがとう日本!!

児童手当だって、今の制度のままいけば中学卒業までに約200万円もらえる。

ありがとう日本!!

子育て中の女性がみんな、働きたいか保育園増やせ!日本死ね!と思っていると思ったら大間違い。

やめられるものならさっさと仕事やめて専業主婦になりたい。

でも給料なくなったら困るからやめられない。

ただそれだけ。

待機児童改善を訴えている女性政治家もいるけど、

女性が輝く社会を!

って声を大にして訴えているのは、一部のキャリア女性だけであって、

一般女性生の声はなかなか届かない。



育休延長期間が終わっても保育園に入れなかったら、今の会社は辞めざるを得ないけど仕方ない。

もしそうなったら辞めて夫や親に子どもを預けられる日だけパートでもしようと思う。

保育園落ちても働きたいなら、いくらでも働く方法はある。

託児所付きの職場だって増えてきている。

夫が激務だったり育児に協力的じゃなかったり、預かってくれる親がいなかったり、今の会社を辞めたくなかったり辞められなかったり、人それぞれ事情はあるだろうけど、

働きたいのも働きたくないのも働けるのも働けないのも預かってくれる家族がいるのもいないのも今の会社を辞められないのもぜんぶ自分の都合。

なのに日本死ねって、国のせいにするのはおかしくないかい?

保育園増やさなくて良いよ。

保育士給料上げなくて良いよ。

児童手当も上げなくて良いよ。

保育園なんか減らしたって良いよ。

一つだけ言わせてもらうと、

そんなことよりも男性もっと働かせてください。

男が稼げる世の中にしてください。

金があれば子供産むって人がたくさんいるんだから取り敢えず男の給料上げてください。

女性活躍できる社会を…って言うけど、男性育児参加を…って言うけど、

結局妊娠出産は女にしかできない。

そんなに女を扱き使わないでください。

男性の育休なんてとんでもない。

男は働いてお金を稼いできてください。

誰も養っていない人はお金なんて要らないでしょう。

そのぶん扶養控除額を増やすとか、結婚して家庭を持つと収入が増えるように、家庭を持つ男への支援制度もっともっと作ってください。

働く女性応援!とかそんなの要らないから、女性が働かなくても良いように働く男性を応援してやってください。

保育園受かったら、我が子を他人に預けて毎日時間働かなければならない、それがあと何年続くんだろう。

幼い我が子を他人に預けてひたすら働いて、落ち着いた頃には、我が子は何歳になっているだろう?

子どもと過ごせる限られた時間を奪われてまで自分キャリアを守ることが幸せだとは思えない。

日本女性活躍出来る社会に発展したのかもしれない。

社会の発展とは、家族幸せを奪うことなんだろうか?

女性が働かなくても暮らしていける社会こそが、

豊かな社会なんじゃないだろうか?

2016-08-20

男は働いて女は家を守る昭和のやり方

実は効率的なんじゃね?と思うようになった。

女性はいくら環境が整備されたとは言え、様々な差別障壁が有るし、妊娠出産の期間仕事を休まないといけないから、ずっと働く男との競争は不利だ。

男も本気で働くとなると、家で洗濯掃除しているヒマは無い。家政婦入れると家事解決するかもしれんが、孤独で病む。

そして男女とも、若い間は子供なんて不要と言っても、年をとると産めばよかったと言う。これ、数十人に聞いたが今まで例外が無い。

皆無とは言わんが、子無し夫婦の大半が産めば(産めれば)よかったと思っているのではないか

男女差別とか平等とかのお題目は美しいが、世の中の仕組みを変えるよりも適応して生きた方がQOLは高いのではないだろうか。

男は死ぬほど働く、1日12時間は働く。女は家事をやって子供の面倒を見る。これを比較優位の分業と見れば、効率的ではないか

ぶっちゃけ日本企業残業した人から昇進していくシステムなので、労働時間を1人に集約した方が効率的だ。2人で8時間×2働くより、1人で12時間働いた方が昇進が早く給料も良い。

男女共同参画とか、女性活躍とか煽っていても、現実制度がまだまだ甘いし、生理的機能の差で20~30代の数年を妊娠出産育児に取られる女性が働くのは非効率だ。

ならば世の中に合わせて生きるという選択肢も有ってよいのではなかろうか?

自分の生きたいように生きる権利を認めた上での、効率的生き方提案という話だが。


事故病気や離職で詰むとの意見ですが、共働きでも同じでしょうね。

そもそも、共働きで片方が不測の事態で働けなくなった時、家計問題が無い家庭がどれだけ有るのでしょうか?

働き手を片方に限定する事で、少なくとも住宅ローンは団信によってリスクヘッジが容易になります

12時間働きたくないとの事ですが、共働き8時間家事育児を並行してやる方が疲れます

8時間働いて暗い家に帰ってきて、そこから食事の準備や洗濯をして、風呂に入って風呂掃除明日の買い物まで。

子供が居ればお迎えと寝かしつけ、高額な時間外保育料金の支払いも。掃除機をかけられるのが休日だけだから、そこまでやっても家は埃っぽい。

そんな生活の方が疲れると思いますね。

男女共同参画を推進する人は、ここまで考えの浅い人ばかりなのでしょうか?

2016-07-01

http://anond.hatelabo.jp/20160701004002

そのスタッフってバイトでしょ?

戦略っつうかバイト労働者から見たユニクロイメージだと思うよ


男性バイト労働者から見た「ユニクロ働く男」はそこそこいけてる

男性バイト労働者から見た「ユニクロで働く女」はそうではない

容姿女子力高ければもっといけてるバイト先がある

女子女子しないファッションが好きな女子とかがユニクロバイトに応募する

2016-06-11

働く男が出す気のようなもの

先日実家に帰った。

実家には母とシングルマザーの姉、4歳の姪と2歳の甥が暮らしている。

姪と甥はとにかく可愛いのだが、実家に帰ってしばらくは怖がって近寄ってくれない。

2~3時間くらいすると徐々に話してくれるようになるのだが、それが毎回続く。

そのことを母に話して「恥ずかしがりやなのかな?」と聞いたら、「それは違う」とのこと。

「○○(おれ)が出してる気が怖いんだよ」

母いはく、帰ってきたばかりのおれは「働く男の気」のようなものが出ていて、

女性ばかりの実家にはめったに現れない類の人間から、それが怖いらしい。同じような理由で、佐川のお兄さんも怖いらしい。

2~3時間後に子どもたちが近づいてくれる理由は、

子どもたちがおれに慣れるからではなくて、おれが実家空気に慣れてくるからか、気が弱まるから

そういえばおれも子どもの頃、仕事から家に帰ってきたばかりの父が少し怖かった記憶がある。

いつも見慣れている父とは少し違う印象があった。何か怖かったけど、少しカッコよくもあった。

カッコいい父親像というのはこうしてできるのかもしれないと思う。

そして働く男が周りにいない姪と甥のために、ちょくちょく実家に帰ってあげないと、とも思う。

2016-03-23

女性エンジニアは困る

http://www.bit-hand.com/entry/how_to_increase_womens_engineers を読んでふと思ったことを書く。内容は全然関係ない。

ざっくり言って「IT系」と呼ばれるようなインターネットウェブ関係会社をいくつか見た範囲では女性従業員は確かに少ない。ウェブデザイナーは半分ぐらい女性の事もあるがウェブプログラマになると2割ぐらい、ネットワークインフラ系になると1割を切るというか3%ぐらいな印象だ。

そんな職場働く男性は、学生時代からずーっと今も、プライベートでも女性との接点が少ない人が多い。多いとは言えこういった男性は半分程度だろう。会社や年齢層にもよるが35歳にもなればエンジニアでも結婚している男も3割~6割ぐらいはいる。未婚であっても全員が非モテではない。それでもなお、男の多いIT系企業においてはあまり「イケた」もしくは「チャラついた」雰囲気支配することは少ない。

そういう所に突然女性エンジニアが現れると非モテ男子たちがザワつく。

女性に気に入られたいがためにひいきをし始める人、妙にハッスルする人、社内恋愛みたいなものに発展しその喜怒哀楽仕事に反映させちゃう人、女性に不慣れなあまりうまくコミュニケーションを取れず業務上のやりとりもままならない人、などなどだ。

ひいきなどであからさまに待遇(給料とかって意味ではなくて)を良くされている姿を見れば他の人も気分のいいものではないし、その他もいろいろとにかくうっとうしい。

これらのどれもが女性側が悪いわけではない。それでもなお、女性エンジニアが来て困ったなあと思ってしまうのである

2016-03-08

子育て自己責任について

とある雨の夜、保育園からの帰り道。

1歳の娘をバギーに乗せ、3歳の娘の手をとりながら、私は横断歩道の前で待っていた。

住宅地にあるバス通り、それなりに交通量は多いが、信号機はない。

朝の通学時間帯には、地域の父母が旗を持って立ち、子どもたちの通学の安全を守っている。

結局、スピードを落とすことなく走り去る自家用車タクシーを十数台ほど見送った後、やってきたバス横断歩道の手前に停車してくれた。

3歳の娘は危なっかしく傘を肩に預けながらも笑顔バス運転手に手を振り、私は軽く会釈をしながら横断歩道をようやく渡り終えた。

自宅への道を急ぎながら、娘は「みんな、なかなか止まってくれないよね」と、ぽつりと呟いた。

つくづく、この国で子どもを産み育てていくのは大変なことだと思う。

まず、十分な金銭的体力が必要だ。

出産費用にはじまり医療費教育費はもちろん重くのしかかる。

家族が増えれば住居の広さも必要になり、自炊するにも食材が増えた分だけ、食費の増加は避けられない。

年に一度くらいは遠方の祖父母に子どもと会う機会をつくろうと思えば、交通費もかなりのものだ。

子どもを育てるコスト負担しつつ、自分たちの老後に備える必要もある。

私たち夫婦は貯蓄も保険も、ずいぶんと積立額を増やした。

問題は、その原資となる収入だが、今や雇用の安定など私たち20代や30代には望むべくもない。

成熟し、縮小していく社会において、高度成長期のような右肩あがりの成長に伴う給与上昇は考えられない。

となれば、椅子取りゲーム競争に勝ち、立場給与を力づくで手に入れるしかない。

勝利しなければ、生き残らなければ給与の上昇を見込めないどころか、今の仕事すら失うかもしれない。

それも競争社会における自己責任なのだから仕方がない。

そしてその競争に参加するには、子ども存在は重たい足かせになる。

家に帰って子どもの世話をするために、そして週末には子ども時間を使うために、働く親たちは必死の思いで自らの仕事効率化する。

だがそれでも、突発的なトラブルがあり、夜遅い時間に設定される会議があり、そして就業時間後のコミュニケーションが命運を握る社内政治がある。

子どもを持つ親は、子どものいない同僚たちと対等に競争に参加することは難しい。

この国のビジネス社会は、仕事にすべてを捧げ、集中する覚悟実践要求する。

この競争は、ブラック企業だろうと、優良企業だろうと、実はさほどの違いはない。

では、夫婦の内の片方が仕事に全力を注ぎ、もう片方が子育てを一手に引き受ける分担をすればいいのだろうか。

私たちの親世代一般的だったように、企業戦士専業主婦という分業により、家庭を経営していけばいいだろうか。

答えはノーだ。

なぜなら、私たちの親世代私たちでは直面しているリスクの大きさが違いすぎるからだ。

かつて、日本企業滅私奉公要求するかわりに、少なくとも正社員として働く男性たちの雇用を守ってきた。

のしわ寄せは、結婚によって退職する若い女性社員や、パートタイム労働者が負っていたが、彼らは主たる生計者ではなかったから、それでも「雇用の安定」というお題目は守られていた。

今は違う。

主たる生計者が期間限定雇用に甘んじている状況は珍しくない。

正社員ですら、いつ競争に敗れ、仕事を失うかわからない危機感に常にさらされている。

から私たち共働きを選んだ。

どちらかが仕事を失っても、次の仕事を見つけるまで、家計を支えるためだ。

競争に勝たなければ所得の上昇が望めない社会で、成長し、お金必要とする子どもたちに応えるためだ。

そのためには、母親である私は急いで仕事復帰しなければならなかった。

数が足りない認可園に入れないリスク対処するために、先着順の無認可園を徹底的にあたって予約金も支払った。

秋生まれになるように調整したのは、産休明けにシッターを利用して急いで仕事復帰し、認可保育所選考ポイントを加算するためだ。

11月まれ1月後半からシッター利用で復職、生後半年を待たず0歳で認可保育所入園できれば、私たち夫婦収入でも対処できる。

本当は4月5月頃生まれの方が、0歳入園でもほぼ1歳に近く、子どもとの時間を持つことができるが、それでは約一年仕事を離れることになり、復職ハードルが高すぎる。夏から4月までをシッターで乗り切るのはあまり経済的負担が大きかったので、断念せざるを得なかった。

結局私は2人の娘を産んだが、仕事を離れていた期間は通算で一年に満たない。

そこまでして復職しても、いわゆるマミトラックからは逃れられないが、それも甘受するしかない。

保育園落ちた日本死ね!!!」というブログ話題になったが、ネットで何を叫ぼうと誰も助けてはくれない。

同情の言葉くらいはもらえるかもしれない。数年先には状況が変わるかもしれない。

それでは目の前の子ども、不運にもレールに乗れなかった家庭には手遅れだ。

誰もが自分の生きる場所を守り、しがみつくことに精一杯の世の中で、他者に手を差し伸べる余裕がある者などほとんどいない。

保育園に入れないのも自己責任だと切って捨てられる、それが現実だ。

ちなみに、そこまでして入った保育園も、子どもが体調を崩せば利用できない。

行政提供する病児保育のサービスはあまりに貧弱で、フルタイムで働く私たちには使いこなせる余地がなかったから、いざという時には高額な病児ベビーシッターサービス活用している。

そこまでしてでも、母親正社員という立場を守って働き続けなければ、子どものいる家庭を守ることはできない。

少なくとも私はそう考えている。

母親は一度仕事をやめ、子どもが手を離れる年にまで育ったら、再び仕事を探して働けばいいという識者がいる。

そういう人は、十分な学歴と意欲があり、健康な体を持ち、自分自身以外に面倒を見るべき存在がいない若者ですら、安定した仕事を得ることが難しい社会の現状を知っていて、そんなことを言っているのだろうか。

誰もがいつ仕事を失うかわからない、そして失業した際のセーフティネットがあまりに貧弱なこの国の仕組みを理解していて、言っているのだろうか。

自己責任」という言葉のなんと暴力的なことか。

ひとり、あるいは複数人間新生児から社会人まで育て上げる責任の重さを、親になったからには背負わなければならない。

それも親になるという選択をしたのは自分たちなのだから自己責任範疇である

費用も、機会も、制度をいかに利用して乗り切るかも、すべて親の才覚にかかっている。

それでも、私は自分たち家族が驚くほど細い綱渡りをしていることを自覚している。

もし娘たちや私たち夫婦の誰か1人にでも何か不慮の事故病気があれば、この綱渡りを続けられる保証はない。

ここまでは、物質的な話だ。

子どもを育てるには、物理金銭的に大変な努力必要なのはもはや否定できない。

次に、親になる者が直面するのは、精神的な困難だ。

公共交通機関子どもを乗せるなという論争が、日々至る所で巻き起こっている。

冒頭、娘が呟いたように、横断歩道ゆっくりしか渡れない幼い子どもを連れた親は、道を渡ることすら容易ではない。

私は別に子どもいるか配慮してほしいとは思わない。

必要なしつけはしているつもりだし、公共の場でのふるまい方を教育するのは当然親の務めだと考えている。

それでも、子ども連れでいることで向けられる世間まなざしに、どうしようもなく辛い思いをすることはある。

一人だったらとくに気にすることもなく車の間をぬって渡ってしまえる道も、子どもが一緒だから安全確認するまで辛抱強く待つ。

走り去る車をじっと見つめる娘の澄んだ瞳と、だんだん冷たくなっていく小さな手のひらに、どうしようもない心の痛みを感じながら、私は待つ。

帰省の時期、私たち家族はよく新幹線を利用する。

もちろん、指定席子どもも含めて人数分取っているが、たまたま私たちの近くに乗り合わせたビジネスマン風の男性は、あからさまなため息をつき、はしゃぐ娘たちを見て舌打ちする。

大きな声はださせない、椅子にはきちんと座らせる、そして食べ散らかすような菓子類は与えない。

飲み物はこぼさないようにストローやマグを準備し、それでも万が一に備えてタオルや着替えは常備する。

万全の準備をしているつもりでも、子どもの機嫌が悪くなることがある。

少しでもぐずれば即座に席を立ち、デッキであやす

だが、帰省シーズンともなれば、指定席車両デッキ自由席券の乗客で溢れ返り、苛立つ彼らは泣きじゃくる子どもを抱えて現れた親を睨み付け、ため息をつく。

一体、子を持つ親はどうふるまえばいいのか。

子が公共の場所で泣かず、疲れたわがままを言わないようになるまでは、外になど出るべきではないのか。

この国で、親子で公共の場にでかけることはあまりにも苦しい。

容赦なく投げつけられる批判まなざしを、せめて子どもが直接こうむることがないよう、親は細心の注意を持って配慮し、矢面に立つ。

人の親なのだから、当然のことだ。

だが、そう理解していても、親だって傷つく。

育児仕事を両立し、世間には頭を下げて生きていく。

自分で選んだ生き方なのだから仕方がない、これも自己責任だと言い聞かせ、今日もぐっと奥歯をかみしめる。

仕事を持ち、愛するひとと結ばれ、子どもをもうけて家庭を築き、社会に参加する。

今のところ、私たち家族はそれを実現できている。

本当に幸せなことだ。

川の字に並んで眠る夫と娘たちの寝顔を見る時、私は自分の歩んできた道が間違ってはいなかったことを自覚し、そしてたとえようもないほどの幸福感に満たされるのを感じる。

だが同時に、ひどく不安にもなる。

私はこの先も、この幸せを守り続けていけるのだろうか?

家族健康を守り、仕事を守り、娘たちの未来保障し、自己責任をまっとうできるだろうか?

身の丈に合わない幸せを追い求め、手にしてしまったのではないかと悩むことがある。

本当は、私のようなごくありふれた個人がまっとうできる責任など、自分ひとりが生き抜くくらいのことなのかもしれない。

仕事に集中し、結婚出産もしなければ、私がとるべき自己責任対象は私1人分でよかったはずだ。

(もちろん、親の介護は忘れるわけにはいかないが)

幸せを求めて、家族を築いたのは私のエゴなのかもしれない。

そのエゴの対価を、私ごときに支払い切れるのだろうか。

長くなってしまったし、いささか愚痴っぽくもなってしまった。

ただ、保育園子どもをいれられなかった親が怒り、子ども障害とともに生きる親が絶望してしまうこの世の中で、ありふれているはずの家庭を持つ親が何を考えているのかを伝えたかった。

そして私はこれから子どもを持つかもしれないひとに伝えたい。

今、この国で子どもを持つということは「自己責任」の範囲子ども全員にまで広げるということだ。

そこに伴う困難は、おそらく想像を絶するものがある。

それでも子どもが欲しいなら、産み育てる責任をまっとうしてほしい。

…ありふれた幸せに憧れているだけなら、残念ながらお勧めできない。

この国は総論としては少子化を憂い、子どもを求めている。

だが、各論では真逆であり、子どもを持つことはリスクであり、ペナルティしかない。

私たちは誰もが自分幸せ自由に追求する権利があるが、子どものいる幸せは非常に高価だ。

子どもを持っても、誰も褒めてはくれないし、助けてもくれない。まして見返りなどないし、批判さらされることが増えると覚悟してほしい。

それでも子どもを持つのは、子どものいる幸せがそのリスクペナルティ度外視させ、高価さに見合う以上の精神的な充足をもたらしてくれるからだ。

どうか、人生の大きな決断は慎重にしてほしい。

私は正直、覚悟が甘かったから、今でも時々こんな風に心を痛めたり、迷ってしまう。

まだまだだな、と思うばかりである

2015-07-30

社会をナメてるやつらが腹立つ

なにがライフトータルバランスだかライフワークバランスだか。

世の中の全員必死競争してるのに俺は残業したくないとかとにかくナメてるのかとしかいいようがない。

棋士とかが1日10時間までしか自分仕事のこと考えたくない。とか言ってたら応援したくなるか? 後悔しないように一日中考え続けろって思うだろ。

まあ最近ゆとりも腹立つけど女は格別だわ。

社会にろくに出たこともないくせに働く男への羨みの感情だけで社会進出がどうとかほざいてるから現実が全く見えてない。

だいたい男が働く機械って言われて怒るか? それを女は生む機械って言われると怒るんだから意識の甘さがわかるだろ。

そのくせに勝手生む機械になって途中で脱落しやがる。アホか。

自分の働いてる会社自分が育てるくらいの意識持てよほんと。運命共同体なのわかれよ。お前らみたいなのがいると頑張ってるやつらが割りを食うんだよ。

http://anond.hatelabo.jp/20150728224045

高卒だろうがなんだろうが。

一生働く男に対して、いつでも逃げが効く女が、タラタラ文句を言うのがよくない。

同じ人間社会人として尊敬する態度が無い人間は、夫婦生活をするのに適していない。

から婚活女は叩かれる。増田も、身の程を知ってるなら、婚活するな。一生独身で、自分の金だけで生活しろ

高卒のそのデブはそれが身の程だと思ってるんだろ?同じことをやれってやれるのかよ。

  

っていうのを言わせたい釣りだろw

2015-06-26

http://anond.hatelabo.jp/20150620104607

女性だと、働く男性に嫁いで、「あなたサポートするわ~」と専業主婦ルートが綺麗に舗装されていると思う。

違う世界線に生きてるようだにゃー

専業主夫メジャーになる日は来ない

http://anond.hatelabo.jp/20150620104607

女性だと、働く男性に嫁いで、「あなたサポートするわ~」と専業主婦ルートが綺麗に舗装されていると思う。

舗装されている女性と、舗装されていない女性が居る。

まず、年齢と容姿。年齢が若く、容姿の優れた女性には良い道が舗装されているが、

容姿イマイチで、薹が立った女性舗装ルートは無い。

また、女性の父親の社会的地位社会的地位の高い男性の娘と縁組すると、

色々とメリットがあるので、娘を養う元は取れる。だからルート舗装される。

逆に貧困・要介護アル中のような父親とは縁者になってもマイナスしか無いため、

そういう父親を持つ娘に舗装ルートは無い。

そして大きいのが、既に出ている妊娠出産授乳。これは男性には出来ない。

妻に専業主婦であることを希望する男性の多くが、

自分の子を生むことと、その後の育児を丸投げ可能であることを同時に希望する。

専業主婦機能は、家事だけではない。家事だけなら家政婦で良い。

子を産むこと、そして家同士を結婚によって連帯するメリットが大きいのだ。

から家事だけやっている専業主婦/専業主夫は滅びるだろうと思う。

女性差別男性差別も無く、「それだけしか無い人間」の配偶者としての価値は低いのだ。

2015-06-20

専業主夫になりたい

20歳大学生専業主夫になりたい。僕は家事がとても好きだし、おそらく専業主夫に向いてると自分で思う。

料理高校生から趣味でやってきていて、調理器具も沢山持ってる。少し料理できるっていうぐらいの女子とかよりは、遙かに上手だと思う。

洗濯も好きだ。一人暮しを始めてから自分タイミングで好きなだけ洗濯できるようになったのが、かなり嬉しい。一時期、洗濯するために無意味に下着を着替えまくったこともあった。

掃除もの凄く好きだ。ルンバなんて買うことは考えられない。俺の楽しみを奪われる。一番好きなのは整理整頓だけど、拭き掃除も好きだ。

倹約というか、節約も好きだ。行きつけのスーパーのチラシをチェックして、安いもの献立を考えたりするのも超好き。楽しい

それに、浪費する趣味もない。趣味将棋なのだが、お金を使うとしても、棋書(将棋参考書、高くても一冊1500円ぐらい)を買うぐらいで、一ヶ月にバンバン読むようなものでもないので、全然お金がかからない。対局はネット24)なので、無料でやれる。

自分専業主夫に向いてると思うし、専業主夫になりたいと思ってる。だけど、なるのが難しい。女性だと、働く男性に嫁いで、「あなたサポートするわ~」と専業主婦ルートが綺麗に舗装されていると思う。

だけど、男にはそれがない。一回だけ、合コンもどきで上に書いたみたいに、ざっくり家事が好きなんだーみたいなこと言ってから、「専業主婦になりたいんだー」と軽く言ってみたら「え?ヒモになりたいの?」みたいな反応ばっかりだった。まあ、流石に露骨にそう言われたわけではないけれど、女性陣の反応は冷めた感じだった。

共働きパートナーを助けるって感じが現実的なのだろうか…。多分、将来的にそうなるんだろうけど、そうなると専業主婦が羨ましすぎて、悔しい。

働く女性を見つけて、そこから専業主婦を目指すルート最後の望みだと思うんだけど、働く女性はどこにいるんだ!!募集してます!!専業主夫してる人の話も聞きたいです!!

2015-06-19

妊婦に対する僻み 嫉妬

http://anond.hatelabo.jp/20150619065202

働く男性は「他に逃げ道もなく(ほんとはあるけどw)」かなりのことを堪えて働いている。

妊婦に対する僻みだ嫉妬だと言われる私の醜い感情

だってほとんどが結婚できない高齢ブスが主張してるから

事実だしw

本当は会社に余裕があってすぐに代わりの人材を用意できればいいんだけど

会社にもそんな余裕はないしね

こういう話で会社批判論点ずらしするのがババアのいつもの手だけど

会社営利目的でやってる私的存在であり、公のものではありませんw

いつまで「保護されるべき子供、または被害者」でいるつもりなのやらw

でも「女性のほうが精神年齢が上で、男は子供w」 専業主婦が「うちの大きな長男がー」

醜い劣等生物だなw

2015-05-25

http://anond.hatelabo.jp/20150525104637

外で働く大変さはわかってるだろ。

から専業主婦ならギリ釣り合うけど専業主夫って釣り合わなくね?って言ってるだけじゃねーの。

外で家族のために頑張って働く男批判するような文章じゃなくね。

2014-06-29

男性社会進出について

批判されることを覚悟男性社会進出に反対するブログを書いてみようと思う。

いま我が国は、男性も全員働く社会を目指して進んでいるように見える。仕事をしたい男性子供を預けて働くことが出来るように、保育園託児所の充実が叫ばれている。女性が外で仕事をして、男性は家庭にあって妻が仕事をしやすいように家庭環境を整え、子育てを行うという伝統的な家庭のあり方は見直されつつある。しかし、私は男性がどんどん社会に進出をして、女性と同じように仕事に生きることには疑問を持っている。いま少子化が問題になり担当大臣まで置かれるようになっているが、少子化根本原因は多くの男性が働くようになったことではないかと思っている。一概にはいえないが、男性仕事に生きるようになれば晩婚化が進む可能性が高くなると思う。そうなれば当然少子化も進行する。少子化が進み国家人口減少が進めば国家は衰退することになる。

私は多くの男性が、仕事を求め働いているのではなく、家計を助けるために働いているのではないかと思っている。だから男性が働かなくても生活が出来る国を目指すべきだと思う。男女は結婚をして一つの家庭を築き、女が外に出て働き、男は子供を生んで家庭を守る、その伝統的な考え方に立ち返るべきではないのか。もちろん能力のある男性が働くことを否定するものではない。能力もあって働きたいという男性は働けばよい。しか男性が働かなければならない国を目指すべきではないと思う。

男性が働かなければならない社会は、男性人生選択の自由を制約することになる。いまのところ日本男性は、仕事をすることも選べるし、専業主夫になることも選択できる。しか男性が全員働く社会では、専業主夫の道を選ぶことは出来なくなる。働く男性を支援しようと保育園託児所をどんどん増設することは、男性に働くことを求め、逆説的であるが、少子化を進行することになるのではないかと思う。

選挙の都度、多くの候補者男性票獲得を目的保育園託児所を増設し、待機児童ゼロを訴えるが、これで少子化改善されるのか疑問を感じざるをえない。子育て支援とは、専業主夫に対する支援念頭に置くものでなければならない。

我が国では戦後昭和50年くらいまでは少子化の問題が起きたことはなかった。しか時間的に見れば、ウーマンリブ運動が始まり、男女の生活仕事上の差があることが問題になり、男女の差を一切なくすべきだという意見が出てくるようになって、少し遅れて少子化の問題が起きるようになった。男女は夫婦で他との差がなければよいのであって、本来協力関係にある男と女の差をことさら問題にすることは、人類が長い歴史の中で造り上げてきた最適社会を壊すことになる。

いま男性社会進出と言うと誰も反対できないような空気が我が国を支配している。しかし、男性社会に進出し過ぎると多分、子どもが産まれなくなる。少子化男性社会進出の延長線上にあるのではないかと思う。昔は、日本大家族制だったので若い夫婦が二人とも働いても、家にはおじいちゃん、おばあちゃんがいて、子ども達が学校から帰ってくればおじいちゃん、おばあちゃんが待っていた。年寄り生活の知恵や日本の伝統文化子ども達に伝わっていくという状況であった。けれども、核家族男性が働けば、世代継承も難しくなる。男性が全員働くことを求めるのならば、同時に大家族制も追求しないといけないのではないか。もっとも私は、男性社会進出とは関係なく大家族制が良いと思う。大家族制であればいまの年金問題なども起きないし、親が子供虐待したり、子供が親を殺したりするようなことも無くなるであろう。その方が年よりも若い人も子供安心して生きることができると思う。政府税制優遇などで大家族制を誘導してはどうか。

もともとウーマンリブという運動は、ロスチャイルドロックフェラーが、女性だけ働くのではなく男性も働けば税金が2倍取れるというところからスタートした。更に男性が働けば家庭における教育が疎かになる。したがって公の教育に頼る事になり、洗脳教育がやり易いというところがスタートだったようだ。まさに日本はその道をずっと歩んできているのではないかと思う。いまこそわが国は古き良き日本を取り戻すことが大切である子育て年金介護など何でも公務に頼るばかりではなく、もっと家庭がその役割を拡大する方向に進むべきという気がしている。

http://s.ameblo.jp/toshio-tamogami/entry-11828954845.html

2014-05-13

高級キャバクラはもう終わり! いま話題の「マイルドキャバ嬢」がアラフォー男子結婚相手にふさわしい理由

最近何かと話題の“マイルドキャバ嬢”というキーワード地方都市キャバクラで働き、休日ドンキなどで過ごす、従来のキャバ嬢よりも安価現代キャバ嬢たちのこと。彼女らは上京志向を持たず、低学歴・ブスであるケースも多いが、人情に溢れ、地元で深く強固な人間関係を築くのが得意で、できちゃった結婚も大概早い。彼女らの言動や振る舞いを注意深く観察してみると、都会で働くキャバ嬢が失ってしまった、純粋な部分をしっかりと保ったまま生きている姿が魅力的に見える。もしかして会社で揉まれるストレスフルなアラフォー男子にこそ、彼女らのような存在必要なのではないか……? 拙者が先日、偶然入店した際に気づいた、マイルドキャバ嬢の魅力について考えてみた。

マイルドキャバ嬢は、基本的に“ビッチ”で“男に優しい”

中・高時代を振り返ってみると、なぜか普通女子よりちょいエロ女子モテたという記憶がある方も多いのではないだろうか。モテ彼女達は、なにかと恋愛経験豊富だ。男子が喜ぶ振る舞いをよく理解しているし、彼氏にはもちろんのこと、男友達もヌく。

女同士で話している会話に男子が1人入ってきても、キャバクラのNo1さながら自然男子が主役になるように会話を回す配慮が出来たり、ご飯に行ったら後輩や男子に奢るのは当たり前、道路を歩いたらさり気なく腕を組んでおっぱい当てるのは当たり前、車に乗ったらラブホまで行くのが当たり前……というような習慣があるようで、ベタだけど「ちょっとエロじゃないか?」と感じさせる振る舞いがサラっと出来たりするのである

都会男子のシゴトの話に興味津々

マイルドキャバ嬢たちと会って、1番驚いたのは、意外と都会で働く男子の仕事に興味があるということであるトラックの運転手、大工鳶職警備員などの地元で働く客が多い彼女からしてみれば、いつもの客とは全く異なる環境や職種で働いている男子がどんなことをやっているかというのが気になるようだった。物珍しさからなのか、地元働く男子たちよりもよっぽど興味を持って仕事の話を聞いてくれる。「ガラケーって何の略ですか。お客さん答えられる?」「えっと、ガラパゴス……」「ガラパゴスって何(笑)ウケるんですけどー! 私パソコン使えないの。ビットコインって、投資とかしちゃうの?」「どれくらい儲けるの?」「Macとか使っちゃうの?」

こちらとしても、キャバクラ仕事が稼げるという話や、彼女らが出会った客や同伴喫茶の話を聞いていると、新鮮で面白いし、自分と違う領域で頑張っている姿に素直に感心してしまう。

仕事で息詰まった時、マイルドキャバ嬢たちと話をしてみると、意外と新しい発見があったり、ふっと力が抜けるような気持ちになることもあるかもしれない。

意外とピュア平和暮らしている

キャバ嬢と言えば、「とにかく何かいけないことをやらかしてそう」と考える人も多いのではないかと思うが、先述したマイルドキャバ嬢たちは、案外大きな“コト”は何も起こさず、現在平和暮らしているという人が殆どだ。もしかしたら、昔はエッチ事件も1つ2つ起こしていたかもしれないが、そういう人間ほど、今はママになって、家族の為に必死主婦していたり、自分の子どもや料理作りに誇りを持って懸命に頑張っていたりする。

彼女らは都会に出ていないだけに、ヘタな計算高さや、見方によっては痛いプライドみたいなものが一切身についていない。ありのままの姿で身の回り環境や友人・家族恋人を大切にし、絆を築いている。ある意味都心バリバリ働き、しれっと男子エスコートさせる女性よりも信頼性が高い人々なのではないかと思う。

都会で働く男性こそ、マイルドキャバ嬢おすすめ

一般的に清楚・可憐女性は、需要が多いためにすぐに売り切れてしまうのが現実。都会で働く男性こそ、そういった女性に目が行きがちだ。しかし、洒落た店や最新のデートスポットに連れていかなければという発想はなくとも、地元や仲間との絆を大切にし、自分の持つ領域で最大限に相手を楽しませようとしてくれる、サービス精神の強いマイルドキャバ嬢たちこそ、都会の荒波に揉まれて疲れた男性癒しを与えてくれる“結婚相手”になり得はしないだろうか。「俺の地元にもマイルドキャバ嬢がいる!」という男性は、この機会に地元に住むキャバ嬢たちに目を向けてみてはいかがだろうか?

http://wotopi.jp/archives/4225

http://www.ikedakana.com/entry/2014/05/13/123513

2014-03-31

働く男

仕事できる男 それが 彼女の好み

気合入れて 勤めたのだが 忙しいわつまんないわ

今の会社 かなりレベル高い方だし

親父がらみのコネも あるから やめるわけないし

いつも僕はひとりきり フロに入って寝るだけ

たまにオフィス電話かけたら 彼女の声が

忙しいのは自分だけと 思わないで ジャマしないで

眺めることさえ できない

君の髪を 歩く姿を

眠るしか できない

せめて夢の中ででも

君に逢いたい

いつも僕はひとりきり フロに入って寝るだけ

いつも僕はひとりきり 明日のために寝るだけ

いつも僕はひとりきり いつも僕はひとりきり

思い出す事が できない

君の裸を とぎれる声を

眠るしかできない

せめて夢の中ででも

2013-12-24

珈琲四杯分、時間旅行をしてきた。

から少し距離のある喫茶店この街では、それなりに長い歴史を持つお店なのだが、駅前開発の影響を受け、つい先日現在場所移転した。オーナー意向で、移転を機に若い女性向けの内装となったため、長い歴史には似つかわしくないポップな洒落空間となっている。仕事息抜きに、ぼくが立ち寄るお店のひとつ。二十代〜四十代の、働く男性たちがこのお店を利用する主な顔ぶれだ。

移転してからというもの、近くの高校に通う女子高生たちが出入りするようになり、それはそれで平和的な絵面なのだが、どこか尻がむず痒く落ち着かない。だから最近は専らお昼が落ち着いた時間に寄るようにしている。この時間はお客さんも少ないため、ぼくはオーナーや店員さんたちと他愛もない話をしながら、珈琲を二杯飲んで帰る。この日もそのつもりだったのだが、思わぬ出会いによって習慣を破らざるを得なくなった。

その老人は、店内に入ると軽い戸惑いの表情を浮かべたが、数秒のうちに何かを納得し、カウンターに腰を据えた。お客さんはぼくと彼だけだ。カウンターに二人で並ぶカタチになった。老人はぼくの前に灰皿が置かれているのを目にし、自らもガサゴソとポケットを探りはじめた。オーナー女性が、スッと灰皿を出す。老人は煙草を探す仕草をいったんやめ、オーナーの機転に「ありがとう」会釈をする。その仕草から「ダンディで、丁寧なおじいさん」という印象が漂う。ぼくは不思議と、この老人がいまのこのお店の雰囲気に最も似合っている人物であるような気がした。

「ホットコーヒー、だけでも大丈夫ですかな。」

芯の通った太い声に、オーナーがもちろんですよと笑顔で答える。老人は、珈琲を淹れる準備をしはじめたオーナーを優しげな目で見届け、ポケットから丁寧に折りたたまれた一枚のチラシを取り出した。すぐ近くのデパートのチラシだ。

クリスマスケーキ…ですか。」

ぼくは何気なく尋ねた。

「ひ孫に…ね。」

老人はチラシを前後させながら、文字の読みやすい距離を測りつつ答えた。

「ひ孫さんですか。」

ぼくは少し驚きの気持ちが込められた声を出してしまった。オーナーも少し顔を上げ、驚きの表情。ご老人は、確かにご老人だが、ひ孫がいるような歳には見えなかった。そんな空気を察したのか、老人は「ふふ…今年、九十歳」と照れくさそうに自分の歳を告げた。

「九十歳!」

「…そう。長生きしてしまったねえ。ここらも変わるわけだ…。」

「九十歳というと…ぼくの六十五歳上ですね…。」

「そうかね。君は孫より歳下か…この歳になると、若い子を見ても幾つか判断つかなくなるなあ。」

「はあ…それはそうで…いや、そういうものですかね。」

「おまたせしました」

珈琲を出し、オーナーも会話に参加する。

「このあたりでお仕事をされていたんですか?」

「このあたりは、たまにかな。魚をおろしに来ているんですよ。」

「魚…」

築地市場で魚を仕入れてきてね、今日も、その帰り。」

「え…!まだ現役なんですか!?

「そうだよお!さすがに重たいもん運んだりするのは、若い人たちに任せているけれどねえ。」

「はあー…」

ぼくとオーナーは目を見合わせてしまった。

「いまは…いい時代になったよ。君たちは自由だ。軍人勅諭を暗記する必要もない、どんな仕事だって選べるし、勉強したいことがあれば、その道の学校はたくさんある。幸せ時代だよ。」

遠い目をして語る老人に、ぼくらは何と言ったらよいかからずにいると、老人は「まあ、私たちだって負けじと幸せだったけどな」とニヤリと笑ってみせた。説教臭い話がはじまるわけではなさそうで、ぼくは少し安心した。店内の緊張が一気に解けていく。

青春は、誰にとっても誇らしいものだ。」

若い頃は、どちらにいらっしゃったんですか。」

戦後東京だねえ…東京に出てくれば何でもあると思っていた。」

東京も、いまとは全然違ったんでしょうね。」

「ああそうさ。あの頃、渋谷喫茶店には珈琲あんみつしかなかった。フルーツポンチというものを出す店が出はじめた頃は、仲間とみんなして食べに出かけたものだ。」

「…なんだか、想像もつかないです。」

「そうだろうねえ…メチャクチャ時代だったよ。何もなかったけれど、楽しかったし、若さだけはあった。それに…」

「それに…?」

煙草の煙をふかし、一呼吸置く。「…女性美しい人が多かったねえ。」

オーナーが嬉々として尋ねる。「おじいさん、カッコイイし、モテたでしょうねえ。」

老人は煙を払うように手を動かし「ぼくは、ぶっきらぼうだったか全然ですよ。」

老人は、遠くを見つめるようで、すぐ近くのことを語っているようだった。

女性は…どんな女性がイチバンですか?」ぼくが尋ねる。

「ふむ…」老人は少し思案を巡らせ「…言葉遣いが綺麗な女性だね。言葉遣いが綺麗な女性は、セクシーだよ。」

この言葉に、ぼくは胸を打たれた。「美しい言葉遣い」と「セクシー」という単語が、こんなにもスマートイコールで繋がることを、ぼくはこの時まで知らなかった。

それから、老人はぼくらの知らないこの街東京日本という歴史を語り聞かせてくれた。やがて「おお、そろそろひ孫のケーキを買いに行かないと」と言って立ち上がり「はじめて入ったけれど、いいお店ですね」と優しく言葉を残し、去っていった。

その言葉に煽られるようにして、予定時刻を大幅に過ぎていることに気づいたぼくも立ち上がった。

会計は、珈琲四杯分。珈琲四杯分、タイムスリップを楽しむことができた。

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん