「しあわせのかたち」を含む日記 RSS

はてなキーワード: しあわせのかたちとは

2019-05-27

女の幸せとは、家族とは

と考えるほど重大なことでもなく。

から自分の子供が出来たら・居たら、みたいな妄想自然にしていたし、世間一般によく言う子供がいると幸せだよ、という最近ではお節介にも取れる言葉も私にとっては「そうだよね〜そう思う!」と思うくらいには全く違和感のない1つのあり方として馴染んでいる。

しかし一方で、自分彼氏旦那がいる妄想ミリともしたことがない。

子供と連れて歩くイメージをしたときに隣のどこにも男(もしくはパートナー)が存在する可能性を入れてこない脳内に、割と最近気が付いた。

それを踏まえると、しあわせのかたちである家族の体を行うのは無茶があるなあ、と思うのだった。

妄想妄想あくまで願望よりチャチなものなので、実際にシングル子供がほしいという話ではなく、幸せ未来夢物語の中に、子供はいてもパートナー存在考慮されてない、というだけの話。

自分でもなんだかなあ、と思わずはいられない。

2017-02-21

桜玉吉面白くて嬉しい

ここ数ヶ月で発売された桜玉吉新刊「日々我人間」「伊豆漫玉日記」がどちらも面白くて嬉しい。漫喫生活執筆しているという状況から一体どうなることかと思ったけど(本人としては現在住んでいる伊豆よりも漫喫での生活のほうが楽らしい)。

前者はファミ通で連載されていた「しあわせのかたち」の単行本を読むときのような読み応えがあり、後者タイトル通りこれまでの漫玉日記に近い。

僕の一つの形でのヒーローである桜玉吉が昨年来最も注目を集めている週刊誌で連載を継続であるというのもまた嬉しいことだ。ありがとう文春!

2017-02-07

しあわせのかたち

今の彼女結婚して、年収800万くらいで土曜出勤はたまにあるものの平日は8時か遅くても9時までには帰宅できたらいい

子供高校生になる頃には同じ食卓を囲んでニュースについて話し合ったりしたい

2015-05-02

http://anond.hatelabo.jp/20150502110947

二次創作制限著作権を厳格にしなければ、今日ディズニーはなかったかもしれない。

一方で、それがなかったからこそ成立し繁栄した数多くのパロディ作品があることも私たちはよく知っている。

昔、桜玉吉が「しあわせのかたち」の中で、

「あーっ!ぼくの作ったキャラクターマンガかいてる人がいるーっ!」

「わーっ!うんざりする程人のことを言えないーっ!」

というギャグをしていたことがあったが(※)このギャグが成立する背後にある「お前のはパクリ、オレのはパロディ(って言いたいけど、そもそもそれってどう違うのか説明できねーーーっ!)」…って気持ちも分からないではないので、難しいですね。


二次創作されていたのは、桜玉吉キャラクターを描いていた「サンサーラ・ナーガ」というゲーム。ちなみに、当時の「しあわせのかたち」のコンセプト自体が『人気ゲームパロディ二次創作ゲーム雑誌でやる』というものであり、作品メインキャラクターの3人組からして、連載初期に国民的人気を誇った「ドラゴンクエストⅡ」の主人公たちのパロディというものであった。まさに「おまゆうなのだが、あの(むちゃくちゃな)連載が無かったら、桜玉吉という希有のエッセイ漫画家存在していなかっただろうと思う。

2013-08-07

http://anond.hatelabo.jp/20130807102750

他人の幸せのことを議論する権利なんて増田にはないだろ。

女性全体が!って その女性全体、男性全体にも様々な考え方の人がいてビッチからカソリックまでいろんな人がいるのに、勝手増田が代弁すんなよ。

 

しあわせのかたちは人それぞれなんだから、話をするなら第1者と第2者のことを話せよ。相談されてもいない第3者をだしてくるな。その第3者が迷惑する。

2009-04-01

ところで、俺の中では「~だお」って喋り方の元祖は桜玉吉しあわせのかたち」の本田べるのなんだけど、あれ、正確な出典はどこなんだ?

2008-11-24

しあわせのかたち

三連休もたまった家事ばっかりでは勤労感謝ではないな、と思い至り、今日しゃぶしゃぶを食べに行った。結構食べて8000円だった。

8000円。この値段が以前テレビ番組で見た「神田うのさんの朝食のスープ一杯」のお値段だったように覚えている。

「特別な日にしたいからしゃぶしゃぶたべるかー」と奮発した外食のお値段がスープ一杯とは、ね、と。収入の差ではあるんだけど。そんなレシートを見て、店内の食事を楽しむご家族を見て、帰り道のぱちんこ屋のネオンサインを見て、いろいろと考えさせられた。

なにがちがったんだろう。でも、今が不幸なわけじゃない。

というと「お前より不幸な奴は居る」といわれそうだが、俺より幸せな奴だって同じくらいいるんじゃないだろうか。幸せ定義、定量化に因るんだろうか。8000円のスープ幸せの象徴なんだろうか。

しゃぶしゃぶを食べたのに、かえって寂しい気持ちになった。

2007-05-07

「だお」

http://anond.hatelabo.jp/20070507213639

しあわせのかたち」の本田べるのが、そんな口調だったような。

しかし、起源はもっとさかのぼるような気がする。

こんな言葉づかいが女の子の間で流行った時期、なかったっけ?

口語でなく文語だったかもしれないけど。

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん