「コント55号」を含む日記 RSS

はてなキーワード: コント55号とは

2018-12-31

大晦日には野球拳を観たい

今年は紅白紅白裏番組で観たいものが無い。

昭和時代民放野球拳をやってたのになぁ。

コント55号が司会してたような記憶がある。

実にしょーもなかったけど、やたら盛り上がっていた。

地上波で女体が見たいものである

2018-10-13

腹踊りに想いを馳せる

腹踊りがウケてた当時は、腹をあけっぴろげに見せて滑稽に踊るなんて、とんでもない愚行、やってはいけないとても恥ずかしいことで、だからこそ、そんなものを笑ってはいけない

→禁じられると笑う

こんな感じだったのではないか

時間の流れは不可逆。

僕らはもう、腹踊りでは笑えないし、コント55号ネタでも笑えない。

きっと当時はい時代だったんだろうな…

2014-07-17

http://anond.hatelabo.jp/20140717064542

1.川島 田村 →(麒麟

2.川島 城野 →(野生爆弾

3.橋本 中野 →(    )

4.河本 井口 →(    )

5.河本 井上 →(次長課長

6.石田 井上 →(NONSTYLE

7.太田 田中 →(爆笑問題

8.遠藤 田中 →(ココリコ

9.山根 田中 →(アンガールズ

10.清水 和泉 →(圭・修

11.清水 竹内 →(    )

12.三村 大竹 →(さまぁ~ず)

13.村本 中川 →(ウーマンラッシュアワー

14.中川 中川 →(中川家

15.千原 千原 →(千原兄弟

16.田村 田村 →(ロンドンブーツ1号2号

17.設楽 日村 →(バナナマン

18.徳井 吉村 →(平成ノブシコブシ

19.徳井 福田 →(チュートリアル

20.中西 西田 →(笑い飯

21.中山 松野 →(    )

22.西本 浅田 →(パイレーツ

23.松本 浜田 →(ダウンタウン

24.松本 島田 →(紳助・竜介

25.松本 加賀屋→(松本ハウス

26.萩本 坂上 →(コント55号

27.増田 岡田 →(ますだおかだ

28.濱口 有野 →(よいこ)

29.兼子 北野 →(ツービート

30.板倉 堤下 →(インパルス

31.高田 小森 →(    )

32.光浦 大久保→(オアシズ

33.後藤 福徳 →(ジャルジャル

34.後藤 岩尾 →(フットボールアワー

35.伊達 富澤 →(サンドウィッチマン

36.塚地 鈴木 →(ドランクドラゴン

37.天野 鈴木 →(きゃい~ん)

38.三浦 鈴木 →(    )

39.中田 藤森 →(オリエンタルラジオ

40.石塚 石井 →(アリとキリギリス

41.石塚 恵  →(ホンジャマカ

42.石橋 硲  →(    )

43.石橋 木梨 →(とんねるず

44.内村 南原 →(ウッチャンナンチャン

45.岡村 矢部 →(ナインティナイン

46.宮迫 蛍原 →(雨上がり決死隊

47.山崎 山里 →(南海キャンディーズ

48.小木 矢作 →(おぎやはぎ

49.浜谷 神田 →(ハマカーン

50.大谷 大地 →(ダイノジ

2014-04-15

モテるための飯尾講座

anond:20140414232151

30代になって飯尾のチョイスが

女性わらかすのに重要すぎることに気がついた。

それを意識して選択するようになってから

それまでの自分と比べて格段に成約率上がったので、

意中の女性が居る男性諸氏は参考までにどうぞ。

●大物司会系のゴールデンは絶対に避ける

大物司会の番組マーケティング産物のため個性が乏しく

まずくもないが、さして面白くも無いものしかさない。

大概は感動させられないし、番組選びを手抜きしたと思われてしま

雰囲気重視のドラマを1発目には使わない

http://www.fujitv.co.jp/tokyo-airport/index.html

いわゆる、こういうチョイス。

わらかす下心が丸見えで、いきなりだとかなり気持ち悪い。

あと大概この手の番組雰囲気重視で、面白さがそこそこな場合が多い。

ただし2~3番組目のチョイスとしてはアリなので知識としては抑えておく。

●必ずネタの下見をする。

ブログとかを見て評価高いからといって、

一度も見たことの無いネタを飯尾に振ったりしてないだろうか?

絶対Noだ。下見のあたりをつけるのにブログは大変便利だが

本当に面白いかどうかは必ず自分の足で調べる。

下見の時に相方の人にオススメのワードを教えてもらったりすると

実際のコントの時に話の振りにもなったりするので大事

●相手の好みは事前に抑える。

好き嫌いや生理的嫌悪感の多さなどは、事前に調べるか聞いておく。

キャイ〜ン好きを公言している女子などは、ライブに行こうというだけで

デート持ち込めたりもする。

文化伝統・旬を使う

から受け売りで試してみたのだが、

浅井企画が旬だから」という誘い文句は凄い成功率だった。

コント55号からやってる伝統ある事務所は、アミューズメントとしても

価値が高いし下心を隠すのにも一役買ってくれる。

●2組目もあたりを付けておく。

1組目のネタ時に、トイレとかのタイミングを使って

2組目の予約を入れる。2組目はマジックとかが良い。

笑えない子だった場合トランプを口から

出してくれるふじいとか使える。

●「ボケの飯尾→ツッコミやす」でワンセット

1組のコンビは二人でワンセットが基本。

17時~22時ごろまでが1番組目。23時~25時ごろまでが2番組目。

番組を変えると話題が増えるし1番組目よりもディープな感じの

深夜番組がチョイスできるようになる。

●1回のネタで全て決めようと思わない。

まらないネタは何回も繰り返すことで、

ようやく相手に「この人のしょうもない言葉面白いし、楽しい

と思わせることができる。初回の出演で舞い上がって

ケツ出しとかはしたらダメよ。

番組中に次回の出演をとりつける

相手がつまらないギャグ唖然としてくれていたら

その気持ちをそのままに、次回の出演をとりつけよう。

ずん好きなんだったら、関根麻里も超オススメから

抱合せで行こうよ」みたいな話は有効

ふぅ。たくさん書いて疲れた!!けど、

全部無意味な語呂合わせなので忘れてみてください。

なんか質問あっても答えないよ。

2014-02-23

お笑い界の「エース」がナイナイ以降出ていない

お笑い界には、約10年毎に「エース」と言われる存在が出現した。

これは業界内でも割と常識で、普段から使われている言葉でもある。

https://twitter.com/s_hakase/status/8555903607382016

定義曖昧ながらも、主に以下。

20代から活躍し続けており、ほぼ停滞期がない

冠番組しか出ない

テレビ、または映画しか活動しない

この定義に照らすと、残念ながら、さまぁ~ず、雨上がり決死隊くりいむしちゅーネプチューンなどは入らない。

具体的には、以下のような人たちだ。

テレビ世代以降のタレントに限定し、落語家噺家は含めないこととする)

コント55号萩本欽一

やすしきよし

ビートたけし

タモリ

明石家さんま

とんねるず

ダウンタウン

ウッチャンナンチャン

ナインティナイン

比較的近い世代に固まることもあるが、おおよそ10年に一組は「エース」が出現する。

しかナイナイ以降、このクラス芸人は出ていない。

一時期は、ロンドンブーツ1号2号が最も近くにおり、特に田村淳の才能はエースたちと肩を並べるほどであったが、いかんせん芸を磨くことをしなかったために、中途半端にまとまりすぎてしまった。

そして、数年前にこのポジションに立たされようとしていたのがオリエンタルラジオだったが、実力を伴わず、本人たちも認めるように、それは作為的トレンドであった。

今一番近いところにいるのはタカアンドトシかなと思うが、少なくとも現在のところ、ナインティナインほどの爆発的な人気とは言いがたい。

そのナインティナインもすでに40歳を過ぎ、次代のエースが待たれるところだが、ここ数年その気配を感じることはできなかったし、今後も疑わしい。

これは俗にいうテレビの衰退が原因だろうか。

今のところ、その才能が他の媒体流出した、という感じはしないのだけれど。

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん