「忙殺」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 忙殺とは

2017-02-27

大学教員からみた昨今の採用活動事情

経団連が発行する「採用選考に関する指針」では、以下のような文言がある。

http://www.keidanren.or.jp/policy/2016/081_shishin.pdf

採用選考活動開始時期

学生が本分である学業に専念する十分な時間を確保するため、採用選考活動については、以下で示す開始時期より早期に行うことは厳に慎む。

ところが3月前の時期であっても「インターン」や「OB懇談会」なる名のもとに事実上採用選考実施しているのが実態である。結局早く洗脳した者勝ちなので、年末から動いているところすらある。たちが悪いのは共同研究のための訪問を装って、その実は研究にはまったく興味はなく、学生へのコンタクトが目当てであるような企業恋愛でもこんな見え透いたアプローチ成功しませんよ。世の中には経団連会員ではない企業もあるし、指針には何の法的根拠もないので、「採用選考に関する指針」は事実上形骸化している。そんな中、真面目に指針を守っている企業は偉いのだけど、学生確保という意味では確実に出遅れている様子。完全に正直者が馬鹿をみる世界である

そしてこの日記問題にしたいのは企業人事部社員や、人事部配下リクルーターを任されている若手から中堅の社員はおそらく以下のことをまったく考えたこともないであろうということ。

専門性を追求するために大学院に進学した学生が一番力を発揮できる時期に「就職活動」に無駄忙殺され、研究活動がまったく進まなくなる。そしてそのことに頭を悩ましている大学教員は少なくないのである。今の時期教員仲間と会話すると、この話題がため息混じりに出てくる。

就職氷河期は過ぎ去り、就職率は大幅に改善したというのに学生企業採用情報学生間の情報に踊らされ、必要以上に就職活動に没頭し、長いと半年近くも研究学業から切手をひいてしまう。かくして本来であれば大学院在学中に成果が出たであろう研究は停滞し、結局修士課程を修了するまでに大きな成果を得ることはない。ましてや博士進学などをじっくり検討する時間的猶予すらない。せっかく時間をかけて研究のシードを育ててもこれではまったくの徒労に終わってしまう。そして学生からしてみれば大きな成果に向けて十分に時間をかけて日々積み重ね、最後までやりぬくという一連の経験を得る機会を喪失する。もう少し大きい視点で言えば国の研究開発力を測る尺度の一つである論文数も減ってしまう。

そんな悩みを抱える大学教員に対して「OB懇談会」と称して部屋の予約や学生の確保などをお願いしてくるあどけないリクルーター達がいる。学生から貴重な研究学業活動時間をとりあげた上、さら教員採用活動片棒をかつげというのである。お願いする方はちょっとしたお願いしているつもりだろうけど、依頼を受ける側は複数企業からお願いされるので、その対応に追われる。そして本来研究を進めてほしい学生に向かって就職活動のために時間を割いてほしいと頭を下げるという何とも欺瞞に満ちた行動を迫られるのである。そんな昨今の採用活動事情に対して苦々しく思っている教員は少なくないことを知っておいても良いと思う。言われるがままに業務遂行しているリクルーターではなく、裏にいる人事部に届いてほしいもの。

悪いのは一体だれか?企業人事部けが悪いということは決してない。根本的な問題は、企業高等教育機関である大学に期待していないこと、そして学生大学に期待していないことにある。結果として大学社会の期待に応えていない。このあたりは下記の考察が良くまとまっているのだけど、一言で言えばシステム問題がある。

http://toyokeizai.net/category/japan-university

海外大学日本大学システム比較すると恐ろしく事情が異なっているので、愕然としてしまう。例えば下記の書籍を参照するとそれが良くわかる。世界最高の大学教育システム確立したアメリカ問題がないわけではないのだけど、日本大学システム問題は更に根深い。

アメリカ大学の裏側 「世界高水準」は危機にあるのか? (朝日新書)

これでは技術競争で負けるのも必然。負の連鎖が断ち切れない限り、国際的通用する充実した研究教育は成し得ないし、研究開発力や発信力に関して海外との差はますます開くばかりだろう。昨今の採用活動を見るにつけ、この負の連鎖根深さを感じずにはいられない。

2017-02-22

気に入ってたマッサージ師がそうでもなくなった話

自分の一感情として赤裸々すぎるので、適当フェイクを織り交ぜて書いたことを一番最初にことわっておく。


数年前から通いつけのマッサージ店がある。

丁度昨年の今頃に入った、不器用ヘタレっぽい若い男性がいた。

そのFさんは、自分とは一回り以上歳の離れたかわいらしい人だ。

マッサージはそれまで色々な方にランダムに入ってもらっていたが、ある日ふと気が向き、受付で指名をたずねられたタイミングで彼にお願いすることにした。

それから半年、天然なところは変わらないが回数を重ねるごとに施術は徐々に上手くなっていき、何より彼の純朴な雰囲気が魅力的に思えた。

(彼のかけているちょっとヘンテコなメガネも良きチャームポイントだった)

年始忙殺されて疲労もたまり年末以来久しぶりに店へ顔を出した。

Fさんは丁度別のお客の接遇中だったこともあり、指名をせず別の方にやって頂いた。

そしてまた別の日に指名をした際、これまでのFさんとは決定的に何かが違う。

上手く形容できないが、マカロニしか入ってないマカロニグラタンとか、味噌出汁を入れ忘れて具を煮ておいた味噌汁みたいな、まるで別人のようだった。

幸か不幸か、二月は一番仕事が暇である

首の寝違えをみてもらいに数日前、また顔を出した。

その時、受付で最近Fさんに恋人が出来たことを知った。


違和感の正体は、恋人ができたFさんなのか、はたまた知らず知らずのうちに彼に恋心のようなものを抱いていた自分なのか。

人間気持ちって厄介だね。

2016-12-20

40歳までカウントダウンだ、1、2、3!

誕生日を迎えましたオッサンです。皆さん、こんにちはクリスマス年末年始も近いですが、いかがお過ごしでしょうか。以下、この5年ほどの誕生日に起きた嫌なことを箇条書きにする。

2012年職場のksジジイボケ始めていることに誰も気づいておらず、落ち度なく報告したことについてガチ切れされた。最悪だった。首しめたろかと思った。年末年始ウイルス性か何かで意識朦朧。いい年こいてUNK漏らした。泣いた。

2013年、この日は歯の詰め物が取れて鼻血出て血まみれになった。先の見えない予算会議忙殺され、少し気になっていた異性から結婚を決めたという連絡があった。キモオタデブ男には辛いなと思った。

2014年たまたま友人に誘われて珍味を食す宴に招かれた。珍しく誕生日に良いことがあるもんだと思っていたら、翌日、派手に腹を下しダウン。やっぱり何もいいことなかった。

2015年遠距離彼女がいて当日は会いに行き、非常に楽しく過ごせた。が数日後、フラれることになるとは思わなかった。年末年始交通違反を2回もくらい嗚咽して過ごした。

2016年、行きつけのメイドカフェ誕生日を祝ってもらった。みな可愛いので、もう何でもよくなった。たまたま来ていたネラー仲間が祝ってくれたのもあり有難かった。

毎年、クリスマス年末年始呪いのように嫌な出来事が舞いこんでくる。いいことがあったので今年こそ死ぬんじゃないかと怯えている。山手線が止まったらごめん。人生は艱難辛苦で七転八倒、四苦八苦諸行無常が生成消滅意味不明昇天成仏できますように、ラーメン

死亡後の手続きのこと

最近、両親を亡くし相続とか保険かいろいろな手続き忙殺されたが、そこで気がついたこと。

お金などを受け取る手続きは、急がなくていいと言われるが手続き煩雑

・逆に支払う手続きは、急がされるが手続き簡単

これが、オレオレ詐欺の元凶だよね。

2016-11-21

「忙しい」が報われたらいいのに

企業は少なめの人手で沢山の仕事をさせようとするから

どうしても一人あたりのタスクが山積みになる。

管理職にもなれば、調整や部下の面倒をみるなど

予定外のタスクもあるけど…

そのバタバタしている忙しさが

報われる方向であればよいのになぁと思ってしまう。

利益価値を生み出せない仕事忙殺されるのは精神的に辛い。

いつも余裕がなく動いている管理職のことも、

もっと理解してあげて助け合いたいのだが

忙しくてなかなか部下と向き合える時間が取れないようだ。

利益価値を生む方向で会社に貢献できない今の立場が私にとっては辛い。

2016-10-20

ADHD1人の介護に3人が忙殺されるの給料泥棒どころの騒ぎじゃなくてマジでヤバイ

全然作業回らなくなって既に破綻し始めてる

結局こんなの窓際に座っててもらう以外に解決ないじゃん。じゃあお前どういう仕事ならできるんだよ。

2016-10-02

お互い、レスに対して大きな危機感がある。

でも、仕事忙殺されているという理由解決のしようがない。

だって給与面はすこぶるホワイト会社で、旦那さんは生活を支える立場からと辞める気はない。

会社が今の状況を好転させてくれる兆しもない。

気持ちや性欲のやり場がない。

求めたいのに求めると負担になる。

求めても返ってこないところに求め続けるって、しんどい

性欲がなくなっちゃえば良いのにな。

そしたら、お家で手をつないだりするだけで、もっと幸せを感じられる。

旦那さんが大好きで大好きで、一緒にいると性欲もわいてしまうのがだめなんだよ。

楽になりたい。

パキシルを飲んでいた時は世の中の性的もの気持ち悪くなるほど性欲がなくなったけど、そうなりたい。

そういうお薬がほしい。

2016-09-14

インポ手帳に「元気な子供が生まれる」と書いたら嫁が妊娠した話

#うるせーから推敲したったよ('ω')。少しは読みやすくなっただろ?


人のせいにすんなよ!!

自己啓発を嫌うのはお前の自由だよ。でもな。お前が全く変われないのは自己啓発本責任じゃなくてお前の責任なんだよ。人のせいにするなよ。自分人生責任を持てよ。このレベルの話はお前が嫌いな『7つの習慣』にも書いてあるぞ。

今日は、特別ものすごく重要な話をするからさ、耳をかっぽじって聞くようにな。ほら、そこに正座しな。現在まだ20名、ホールの定員は残り480名だよ。 スッカスカやんけ!これが無料で読めるインターネットってのは凄いよ。つくづく便利な世の中になったもんだだと思うよ。じぇい近藤さん感謝しな。

心の準備はいいかい?

じゃあ、いくぞ!

俺がこれから話すのは「目標は紙に書くと実現する」などといった、ありふれた話ではない

今日はありふれた解説はしない。

オレがこれから伝えるのは「なぜ紙に書くと実現するのか?」といった論理的根拠だ。

あ、ちょっとまて、ウサン臭いと思っただろ?ソッ閉じする前に最後まで話を聞いてくれよ。な?

紙に書いたら何がどう変化して、願望が実現したのかについて、そのプロセス論理的説明していくよ。

一般的にこの手の話、つまり思考現実化する」だとか「引き寄せの法則」を説明する際には、抽象的でオカルトチック表現が多様されがちなもんだから、途端に宗教くさくなって説得力が失われてしまう。

例えば「潜在意識」って言葉とか。なんだよセンザイって。臭う。胡散臭くない?ところでセンザイとクサイで思い出したけどさ、最近どんなシャンプー洗っても臭いんだ。汗臭さ・ミドル臭や加齢臭を超越した、第四の体臭がするんだ。ひょっとして異次元生命体なのかな?

ああ……話が思い切り逸れたな。すまねえ。で、その胡散臭さのせいで、せっかくの貴重なノウハウが世に広まらないのは、さすがに悲しいよね。

逆に、オレがオカルトチック表現は一切使用せずにロジカル説明することで、もしお前らが本質理解することができれば、実施に紙に書いてみようという気が起こるだろう?だからさ、3分間だけでいいから話を聞いてくれよ。

人は「自分が考えているよりもアホである」という事実理解しているか

まあ、冒頭で偉そうに説教たれた俺だけど、自分最初半信半疑だったんだよね。願望を紙に書くって、なんの宗教だよ、書いて実現するなら俺だってハーバード卒で世界動かしてるわって。

でもね、俺は書いた。欲しかたからな。お前らは漠然とした願望をモヤモヤ抱いてるだけで絶対紙になんて書かないだろ?ここが人生の分かれ道。

で、手帳ノートに書いた文章を、毎日眺める。できれば声に出して読む。俺は全くズボラからたまにしか見なかった。どーせお前らもズボラだろうから、数日に一回からでも始めてみようや。

んで、読み返すたびにどうなるかというと、「あ、俺は子供が欲しかったんだ」って、記憶が蘇るんだよ。

ここが最大のポイント。 もう一度書くぞ。

「あ、俺は子供が欲しかったんだ」って思うんだよ。

これさ、冷静に読んでみるとかなり頭の悪い話だと思わない?だって自分の願望だよ?自分が一番よく知ってるはずだよね?

にも関わらず、自分の書いた文章を見てやっとこさ、自身の願望を思い出すんだよ。

人間ってそれほどまでに頭が悪いんだよ。お前が考えているほど、人の能力は高くない。残念ながらね……。

みんな毎日学校会社で忙しいだろ?勉強仕事忙殺されて、本来自分が何を望んでたかすら忘れちゃうんだよ。仮にそれが、例え心の底から望んでいたことだとしてもね。

から、書いた願望を読み返す必要が出てくる。見るたびに、自分が書いた願望が思い起こされるわけだ。「あ、俺は子供が欲しかったんだ」ってな。

そのたびに、子供イメージが頭に浮かんで、「子供作るにはどうすればいい?」って頭の中で勝手に自問自答が始まる。

読み返すたびに、願望が膨れ上がる

ここで一つ重要なのが、見返せば見返すほど願望自体は強くなっていく、ということ。そして、願望が強くなることで放っておいても行動力が強化されていく。

俺の場合インポだったから、読み返すたびにインポ解決する策が、いろいろと自動的に頭に浮かぶようになった。

でも、読み返してもやっぱり1時間程度でそんな目標・願望なんて忘れられるんだよ。

面倒くさいし。さっきも言っただろ、人間はアホなんだよ。

から、書かれたものをまた見返す。そのたびに頭にいろいろ思い出される。

そのうち、手帳を見ていない日常生活の中でも「子供作るにはどうすればいい?」って頭の中で勝手に自問自答が始まる。

俺の場合不妊解決策として「バイアグラを買う」「医者に行って精液検査して精子運動率を診てもらう」 などといった策が、いろいろと思い浮かんだ。

願望を手帳に書くまでの俺は「医者に行くのは面倒だし恥ずかしいなぁ。そのうち行こう」で終わってた。

でも紙に書いてからは、読み返すたびに、いやがおうでも頭の中で「子供欲しいから恥をしのんバイアグラ買う」「自慰して精子を紙コップに出して美人看護師に提出する」という解決方法強制的に思い起こされる。

それが何度も何度も繰り返されるうちに、ズボラでぐうたらでダメ人間である俺の行動力に、火が付いたんだ。一気に点火したよ。

「そのうちやる」で、惰性で生きてきたズボラ人間が、急に欲望に忠実になり、いつの間にか覚悟を決め、血まなこになって不妊治療クリニックのHP検索してた。

あれだけ抵抗のあったバイアグラについても、気づいたら購入していた自分がいたんだ。

行動できないのは、欲望目的を忘れてるから

話はここまで。単純だろ?

どれもズボラな俺には負担で、手帳に書くまではずっと先延ばしにしていた事案だったんだ。そりゃそうだ、誰だって精液の提出なんて恥ずかしいからやりたがらないだろ?

そんな俺でも、手帳に書くことで願望に火が付き、その願望が自身の行動を後押ししてくれるようになった。

行動するのに根性は要らない。書いたものを何度も見て、思い出すだけでいいんだよ。

書かない限りは、自分の願望や目標ですら思い出すことがないからね。くどいけど、それだけ人間は忘れやすいようにできている。

ま、昔の偉いヒトも言ってたけど人間は昨日起きたことを忘れるからこそ、今日を生きていけるんだけどな。

人間幸せに生きるには、適度にアホなのがいいんだよな。

最後に一つ。

ここに書いた話も、あんた2時間したら忘れてるよ。だから必ず、ブックマークするなりメモするなりしてくれよ。俺たちってアホなんだから

じゃあの。お前の人生に幸あれ!!

2016-09-07

百合アニメ最高!

青ひふ

NEW GAME!、第10話にして強力な百合サル・ウェポンが出現しました。青葉×ひふみんです。

話数序盤でかすかに伏線を張っておき、終盤で青ひふ砲を炸裂させる戦術は見事というほかありません。

もし最初からベタに青ひふを展開していたら、コウりんとバッティングして両カップリングとも十全に描けないわけですよ。

そう言えば、ED最初に姿を見せるのは二人ですね。でもってエッチに手を繋ぐ。よく考えられてます。ただの日常系量産型まんがタイムきららアニメではなかったのです。

きっと青ひふ、冬はコウりんに次ぐ百合同人サークル群を形成するでしょう。

もうNEW GAME!コミック百合姫で連載するべきではないでしょうか。



美少女たち、本当はおっさんだよ

このアニメが『過労死ラインで働くオッサンたちが見ている幻覚』というのは方々で指摘されていますし、私も言及し飽きているのでここでは繰り返しません。代わりにブラック要素・セリフを以下に列挙します。



 冒頭の通勤列車におけるうたた寝、土曜出社、睡眠時間が四時間くらい、帰って絵を描いてた

 あおっち会社っておかしいんじゃないの?

 真っ白で目がないモブ

 幸せそうな家族子どもCVはねねっちの中の人?)、見ると心を痛めるぞ、マジでしんどい時はちゃんと言うんだぞ

 正社員ってお給料を安くするための法の抜け穴(かなり序盤。サブタイの回収が早すぎる)

 ドーナツSHIROBAKO殉職した面々への追悼

 キャラ作り(四、五十体)しかしてない青葉



次回サブタイもアツい

リー画像が昨日、ネットに出てましたよ!』

……。

これ、関係各所への対応忙殺されて一人くらい氏にそうDeathね。

ひふみんはポアするなよ!

2016-07-05

同人のしいです

少し前からオタクアカウントのほうに、同人やめました系の記事がいくつかRTされてくる。

当方オタク歴はそれなりに長く、どちらかといえば一人で考察妄想を繰り返しのめり込む内向き型。キャラに対してキャーキャー言ったり、流行ネットスラングを羅列するような交流は苦手なので、RTされてきた記事を読んで、うんうんそこは昔のほうがよかったよね、と思うこともある。

しか記事を書かれた方々との状況はまったく逆だ。

近頃はまったジャンルにて、私はようやく同人活動イベント醍醐味みたいなものが分かってきて、今とても楽しい

過去色々なジャンルにはまったものの、今まではネット上で見たり書いたり、昔からオタク友達に話を聞いてもらうくらいで満足していた。

twitter交流しよう、オンリーに行ってみよう、自分でも本作ってみようか、というところまで手を出すほどになった作品はこれが初めてだ。

なんでなのか?ちょっと振り返り5点。


1.時間に余裕のある生活

ハマるのと同時期くらいに生活環境が変わり、時間に余裕ができた。これが一番大きいかも。元々面倒くさがりなので、寸暇を惜しんでまではきっとここまでやってない。忙殺されて余暇ほとんどなかった時期にハマっていた別ジャンルは、それはそれで生きる支えになったものだが、交流創作にかけられる時間は少なく、落書きで欲求を消化するのみだった。

学生時代サイトにこもってたので、オフ活動もっと早く興味持ってたら違ってたかも。


2.ジャンルの懐の広さ

ハマったのは息が長くファンの多い作品で、ファンの年齢も傾向も幅広い。キャラ萌えしてる人からひたすら原作考察する人まで色々。流行のピークは過ぎて久しく、今や大手さんの解釈公式扱いされているような風潮は薄いし、個々の解釈否定されにくい気がする。が、これは体感なので単に私が鈍感なだけかも。

もちろん作品自体の素晴らしさが第一にある。それに加えてこの界隈の自由雰囲気がいいなと思う。


3.厳選した交流がうまくいってる

そういう雰囲気に浸かってると、同士さんたちの詳しい活動や語りを追いたいという欲求がわいてくる。

そこで主にtwitterを利用するわけだけど、様々なファンがいるのと自身が万人ウケするタイプではないので、交流する際には特別注意をはらう。元々アカウントを取ったのは同士さんアカの鑑賞兼独り言用だぞ、それが第一だぞと常に言い聞かせる。それを曲げて交流しまくれば承認欲求が加速して本来やりたい創作考察ができなくなる。だからいくらいいねRTがほしいと思っても決めた期間以外鍵は開けないし、フォローフォロワー関係には気持ち悪いぐらい用心する。最近のやめました系記事にもSNS疲れがよく言及されてるし、対人関係が原因で作品を好きでいられなくなるみたいな本末転倒事態絶対に避けたいので、慎重すぎるくらい慎重に。

結構経ったがまだそれなりに守れている…と思うし、この前提があるからこそ色々割り切ることができているんだと思う。

具体的な自分ルールもまとめてたんだけど、すごい長くなってしまったのでカット

で、いろんな自分ルールを遵守しつつ厳選したTLは、自分と波長の合う人たちと情報アカ程度で構成され、とても穏やか。交流相手を絞ることで私のような面倒くさがりでも続けることができ、時々リプをし合ったり、タグ系の遊びを一緒にやったりしてくれる存在ができた。そしてその信頼できる方々のご好意により、イベントオフ会に足を運ぶきっかけをいただいた。


4.即売会初心者の私でも行ける落ち着いた雰囲気イベント

年齢層が幅広いためか、息が長いからか、他と比べ空気がゆったりしているように感じた。(といってもこれまで全ジャンル合わせて片手で数えるほどしか参加したことがないんだけど)

一番安心したのが、エロの公開度が低いこと。前にハマっていたジャンルもそれなりの規模・年数で、以前オールジャンルの際にそのエリアに立ち寄ってみたのだが、カッコイ男性キャラがたいへん色っぽい感じになってる大きいポスターがたくさん並んでいていたたまれず、なんかもう本を買うどころではなかった。エロは全く、BLほとんど嗜まない者なので、あの空間は耐えられなかった…

今回もそんなだったらどうしよう、とドキドキしながら参加してみたところ、主流はBLR指定ものも多数あるが、過激な掲示はさほど目に付かなかったので安心した。男女CPコメディ傾向の作品もそれなりにあり、買い物も楽しめた。サークルの皆さんは、うろうろと挙動不審な私にもよかったら見ていってください、とやさしく声をかけてくれた。またネットで見知っていた方や、既刊を拝読させていただいた方に感想を伝えたり、少しお話をしたりもできた。作家さんとのお話ってこんな普通にできるんだ、これが話に聞くイベント醍醐味か…!!と感動してしまった。(今まで買い物の会話以外交わしたことがなかった)見れば他にも立ち話をしている人たちは結構いる。このジャンルはいわゆる古き良き(?)即売会の姿が面影を残しているのかもしれない。いやしらんけど。

そしてイベントでこんなに居心地がよかったのは初めてで自分でも驚いている。今まで一般だと落ち着け場所がなくて何となく居づらかったのだが、今回はそういうこともなく。また行きたいと思った。


5.創作意欲を支えてくれる人々の存在

自身二次創作は、基本的自己満足だ。いいねブクマなどはもちろんうれしいが、それを得るためだけの創作はしないのだと心に決めている。なので本をつくりたい!となったのも最初は「皆さんの本素敵だな。私もここまでのめり込んだ作品は初めてだから、記念に自分なりの解釈をこういう形にしてみたいな」というのがきっかけだった。

どこへ出す予定もなく書き始めたのだが、少しその話をした際に思いがけず、ほしい、見てみたいというお声をいただいた。

ものすごいエネルギーを与えられた気分だった。この自己満足の塊を、まさか楽しみにしてくれている人がいるなんて!

さらに、4のイベントお話させていただいた方にも「本は出されないんですか」とお言葉をいただいた。嬉しすぎた。本を作るというのは大変な作業で、もし本当に一人きりで進めていたら、延び延びになって結局頓挫、みたいなことになりかねないなと思った。ここまでに散々他人主体をおかない的なことを書いておきながらなんだけど、それでもやっぱり、こういう身に余る挑戦をするときには、3で得た信じられる人の言葉の力を少しお借りしてもいいかな、と思った。


以上が、今私が同人活動のしい!となっている要因と考える。

自己分析のつもりが途中から感想文みたいになってしまった。分けて書こうかとも思ったけど、その良い思い出とかもひっくるめて要因だし、まあいいや。

今のジャンルじゃなくても、これまでもこういう体験ができる機会はあったのかもしれない。

でもこの引きこもりで、心配性で、人見知りな私をここまで連れ出してくれたのは、いろんなタイミングの重なり、そして魅力的な作品と素敵なファンの皆様だろうと思う。

この出会い感謝したい。そして原稿がんばります

2016-06-19

http://anond.hatelabo.jp/touch/20160618211423

じゃあ死ねばいいじゃん。

いやこれは下卑な煽りなんかではなく、真剣提案

いまの世の中で人間らしい暮らしをさせて貰えるのなんて、ホワイト大企業レールに乗れた人か、真に人より秀でた才能を持つ人くらい。

あなたがそのどちらでもないのなら、この先、就活なんて比にならない苦痛に常に晒される。

苦痛に気付けないくらいに忙殺される。死ねない理由を背負ってしまう、背負わされてしまう。

死にたい理由じゃなくて生きたい理由を探したら?そして生きたい理由がないのなら死んでしまえばいい。

命を投げ出すことが悪だとは思わない、生きることが死ぬことよりも辛いなら、死を選ぶのは合理的だろう。

気持ち悪い生命讃歌なんて無視してしまえ。

2016-06-05

疲れた

疲れた

なぜかというと

健康文化的な最低限の生活

だけでは

子どもの頃のクリスマスのような歓びは感じられないほど私は鈍感になってしまったし

かといって

健康文化的な最低限の生活

以上の何が欲しいのかもわから

もしそれが見つかったところで私は

健康文化的な最低限の生活

を維持するための労働忙殺されているか

健康文化的な最低限の生活

以上のものを手に入れることはおそらくできないであろう

そんな生活に私は

疲れた

2016-05-24

文学部価値とは何か

京大卒、東大卒文学部の方々の文章を読んだ。どちらも有意義文章だが社会において文系価値が軽視されがちになってきている趨勢を感じるこの時代に書き残しておきたいことがあります

何のために学問をおさめるのか、主婦になるのは大学教育必要ない?東大卒プライドを捨てなければ自己肯定できないのか?

どちらも境遇が違うのですが共通して言えることがあるので増田に書いてみたいと思います文学部存在する大きな意味ひとつに「無限文脈」を得るためということがあるでしょう。

たとえば仏教人生は苦しみであると説きますしか人生は苦しみであるという言葉だけではなにをもって人生が苦しみなのかわからないので人生とは~~~ゆえに苦しみであるという~~~を獲得するのを助けるのに文学ほど有用学問はないと確信しています。これは論理実験では決してうまらない人間人間たる存在問題であるのでバッチリこれが答えだなんて言いいきれるものではありません。それが理系文系の決定的な違いなのではと思うのです。文系学問経済学社会学政治学などを含めて全て勉強すればするほどに断定的な物言いが難しくなる側面があります文系は人文系とも呼ばれますがまさに文学人間混沌理解するため、ではなくどう見つめるかのその過程を追求するためにあるのではないでしょうか。

から社会的実益を生むわけではないので文学は時に軽視されることになりますしかし自らの人生を追及するために文学ほど役にたつもの存在しないのです。それは一般的労働従事するかぎりにおいてはほとんど役にも立ちませんがそれでも個人の人生という物語形成する重要な要素にはなるのです。

おそらくそれが京大文学部を出て主婦になった方が感じる最も根幹に感じる違和感の正体ではないのでしょうか?大学を出て社会的な成果を出さないとは何事かと人は言います。けれど文学人間の外面ではなく内面をどう料理するかを学ぶ学問なのですから主婦になろうがどうしようがそんな社会的なことは甚だどうでもいいものしかないのです。むしろその京大で学んだ文学的素養を発揮するのに主婦子育てほど適した職はないとも私は思っています

文学価値というのは学生の時には傾倒し教授と談義にふけったりそれはそれはとても面白いものですが社会に出れば時に忙殺されてしまます。実務に追われ気づけば学生の時に追求した私は~~~だからであるの幼い文脈すら仕事一言に置き換わってしまます。それは理系文系京大Fラン高卒関係なくです。しかしそんな何のために働くかわからなくなった名もなき乾いた砂粒のような人間にこそ文学必要なのですよ。

2016-05-12

冬目景作品は何見ても主人公が大体モラトリアムでみんなぼんやりと過ごしている。

忙殺される意味不明日常に対するモラトリアムじゃなく、閑散と過ごしていて不安を覚える系の人たち。

目標がないキャラが一人はいて、血筋に関することはだいたい肯定的。絵は好きなんだけどね。

合わないんだろうな。

2016-04-23

anond:20160417174754

どうして、自宅近くの避難所余震におびえて不自由避難生活をしてるんだろうね。

震源から離れた隣県を避難所にすれば、安全物資供給効率よく行えるんじゃないか?

被災地公務員が慣れない作業忙殺されなくても、避難先の地元民間業者発注すりゃよくね?

2016-04-10

定時後に会議かよ

それも定例会意味わかんねー。そんな現場が未だにあるなんて知らなかったわ。

まあこれは俺が下っ端だからそう感じるのであって、常に色んな会議忙殺されるリーダークラスにとっては、定例会が定時後かどうかなんて些細な問題だったり、或いは定時内に行う努力優先順位が低くなる事情があるのだろう。


それでも、毎週必ずメンバー全員に残業強制させるやり口はいただけない。

本当は突発的な会議だって定時内にするべきだし、強制じゃなくても残業すべきじゃないなんて話が出ているこのご時世、全く今風じゃないし。


てかクビになってもいいから会議なんてサボって定時で帰りてーと思う俺がいる。

仕事のもの自分にとって得意分野で、好き嫌いで言っても好きな方なんだけどねえ…。

2016-04-05

地方公務員を勤続22年で退職した

平成27年度末をもって高卒採用22年で退職したのでぶちまけたい。

昔話をするつもりはないが、一時期盛んに行われていた公務員バッシングあおりもあってこの十年で随分と苦労が増えたんだよ。

採用された頃からすると職員数は30%ほど減ってるが仕事は倍以上に増えた。

8年前に昇任試験に受かって3年間の昇任待ちを経て、係長になったのは5年前のことだが、その時に税金徴収仕事を拝命したんだ。

採用直後のぬるま湯時代に一度やったことのある仕事だったが、なによりキツかったのが郵便誤配による個人情報漏洩

私の部下だけでも数千人単位の滞納者を抱える中で、アパートの新居住者名前確認せずに開封してしまう。

結果それは個人情報しか税金の滞納というデリケート情報漏洩ということで、そのたびにマスコミ発表や関係者への謝罪忙殺された。

税金を滞納するような輩は住民票も異動せずに転居しまくるので、アパートの新居住者手紙を開封しちゃうなんてのは昔からずっとあったんだが、

個人情報以外に何の財産も無いような底辺な輩ほどそれを騒ぎ立てる。

そしてその相手をするのは係長の俺なんだよ。

昨年は4回もその手の話で滞納者に延々と数時間なじられて脅され、上層部市長から個人情報流出を防げと無理難題を言われる。

その上に、通常教務で税金差押すればDQNが怒鳴りこんできてその対応もやらなきゃならない。

そして俺はうつ病と診断されて一ヶ月休業し、その後延長して都合三ヶ月休んだ。

正常な思考回路じゃないかもしれないが、もう公務員をこれ以上づづけたくなかったんだよ。

どんな仕事だって感謝されて自分仕事肯定される場面ってあるだろ?

でも俺の仕事にはそんなこと一つもないんだ。毎日苦情とトラブルの発生を恐れて、上層部から数字を出せと求められて、それでも残業はするなと無茶を言われ、

市民に接すれば税金泥棒だの、公務員は楽でいいだのとなじられる。

確かに俺のピーク年収だった一昨年の源泉徴収票は額面720万あるが、それに見合った仕事をしてきたつもりだ。誰にも恥じることはない。

でもな、四十年以上男をやってきて初めて人前で泣いたんだ。

この前滞納者と面談してる最中に不意に涙が止まらなくなったんだよ。

そいつはこう言ったんだ「お前ら役人は高い給料貰って貧乏人をいじめ税金ばっかりむしり取りやがる!お前らそれでも人間なのか!」

いつも言われてることだが、もう心のシールドがなくなってた俺にはもう耐えられなかった。

客に初めて言い返して洗いざらいぶち撒けて止めに入った課長に徽章をぶん投げて家に帰ったんだ。

もう俺は公務員を続けたくなかった。

誰かにありがとう笑顔で言って貰える仕事がしたかった。

胸を張って人前で自分仕事を言いたかった。

でも駄目だ。

何で俺は係長になんてなってしまったんだろう。

降格という方法もあるらしいがそんな生き恥は俺には晒せない。

2016-03-19

ボーっとしているうちに人生半分生きてしまった

今まで何してたんだ感が半端ない

残りをしっかりと踏みしめてじっくり味あわなきゃいけないはずなのに

日々の雑務忙殺されて何も変化が無いまますぐに2-3年が過ぎていく

2016-03-16

生きています

ショッカーさんへ。ご心配をお掛けしてすみません

305には現在いませんが生きています



相馬実家にはあれほど帰ると書いていたし決意していたけど、結局帰れませんでした。



「至急対応してほしい」という色々なクライアントから仕事の依頼は日常的に来ているのですが、

実家に帰るじゃないですか。だったら対応日数が少なくなるので最低限これとこれを終わらせてから

帰ってほしい」というクライアント要望複数クライアントから重なって、それぞれの「最低限」を

全力でコーディングしたり構築したりメール電話したりしていて、帰るのは無理になってしまいました。



自分能力限界や立ち回りの不器用さを不甲斐なく思っています。先日、エンジニア

1人辞めて代替が効かないので、私が相馬に帰ると各プロジェクト頓挫してしまます



まれから18歳まで育ててくれた母の一周忌に帰れなかった罪悪感で押し潰されそうになりました。

震災から5年でもあるのに、東京仕事忙殺される自分は何をやっているのだろうと自分を責めました。



母の一周忌仕事で帰れないとは家族に言い出せなくて、実家実家関連と思われる着信が30件ほどあったのですが、

無視してしまいました。最後には父がTwitterアカウントを取得して私にリプライを送ってきたのですが、ブロックしてしまいました。

つくづく自分は親不孝なクズだと思って、自分存在してはいけないように思いました。



仕事の「至急対応をお願いします」の電話SkypeLINEメッセージfacebookメッセージは続々と届くので、

放っておくとどんどん溜まっていきます株主から私がスタッフに支払いを大盤振る舞いしすぎていると批判

受けているので、誰かに代わりに仕事をしてもらうにしても会社内部留保を確保した上で金額を決めるように

言われています。そのため自分でないと出来ない仕事がけっこう増えました。



また、訴訟の件が起きてから、私は「人を見る目がない」ということで、株主間の合意で私には会社の口座のお金

誰かに振り込むことが禁止されました。いま会社の口座から振り込みが出来るトークン株主間で専任された方が

持っていて、私はその方に依頼することによってしか会社の口座のお金を動かすことはできません。その都度、

使途の説明必要となります訴訟の方は現在簡易裁判所継続中です。



またクライアント株主の方々は私のはてブブログTwitterfacebookをチェックしているので、

「そんなことを書くなよ!」と言われたり、「仕事が立て込んでいる時にもはてブしたり飲み会に出掛けていて

暇そうに見えますが」と言われたりします。実際は顧客から電話Skypeのこなくなる深夜が唯一落ち着いて

開発できる時間なので深夜に頑張っているのですが、常時監視されている感じです。



元々の持病も精神状態に大きく影響していると思うのですが、帰ろうと決意した母の一周忌に帰れなかったこと、

仕事の連絡が大量に溜まっていて代わりや分担をお願いする自由度が効かないこと、各プロジェクト成功しなければ

会社(≒私)に損害賠償請求されかねないこと…などなど、色々鬱積するものが溜まって、かといって妥結策が

あるわけでもなく、悩んだ末に人知れず死のうかなと思って、簡単な自殺手段サイトを見ていたりしたのですが、

死ぬのは一番の親不孝であることやいまのスタッフに多大な迷惑を掛けてしまうので、しばらく強制的にお休み

頂くことにしました。



私って東京で何をしているんだろうなと思って…。



メインで使っているスマホ3台はSIMカードを抜きました。Twitterfacebookアカウント停止(30日間は

復活できてしまうので30日以上経過するのを待つことにします)、はてなアカウントも停止、メールアドレス

誰にも秘密にしているアドレス以外は停止、新規仕事の問い合わせには対応出来ないのでコーポレートサイトも停止。

ただ、現在仕事の一部を手伝ってもらっている人には、私の資金の方から予定通り全額を継続してお振り込みします。



不器用メンヘラすみません。色々ショックなことが続いて心の傷がどうしても痛んで隠しきれないので、

しばらくお休みを取らせて頂きますクズすみません…。放置されるのが一番だと思います

生きています

ショッカーさんへ。ご心配をお掛けしてすみません

305には現在いませんが生きています



相馬実家にはあれほど帰ると書いていたし決意していたけど、結局帰れませんでした。



「至急対応してほしい」という色々なクライアントから仕事の依頼は日常的に来ているのですが、

実家に帰るじゃないですか。だったら対応日数が少なくなるので最低限これとこれを終わらせてから

帰ってほしい」というクライアント要望複数クライアントから重なって、それぞれの「最低限」を

全力でコーディングしたり構築したりメール電話したりしていて、帰るのは無理になってしまいました。



自分能力限界や立ち回りの不器用さを不甲斐なく思っています。先日、エンジニア

1人辞めて代替が効かないので、私が相馬に帰ると各プロジェクト頓挫してしまます



まれから18歳まで育ててくれた母の一周忌に帰れなかった罪悪感で押し潰されそうになりました。

震災から5年でもあるのに、東京仕事忙殺される自分は何をやっているのだろうと自分を責めました。



母の一周忌仕事で帰れないとは家族に言い出せなくて、実家実家関連と思われる着信が30件ほどあったのですが、

無視してしまいました。最後には父がTwitterアカウントを取得して私にリプライを送ってきたのですが、ブロックしてしまいました。

つくづく自分は親不孝なクズだと思って、自分存在してはいけないように思いました。



仕事の「至急対応をお願いします」の電話SkypeLINEメッセージfacebookメッセージは続々と届くので、

放っておくとどんどん溜まっていきます株主から私がスタッフに支払いを大盤振る舞いしすぎていると批判

受けているので、誰かに代わりに仕事をしてもらうにしても会社内部留保を確保した上で金額を決めるように

言われています。そのため自分でないと出来ない仕事がけっこう増えました。



また、訴訟の件が起きてから、私は株主から「人を見る目がない」ということで、株主合意で私には会社の口座のお金

誰かに振り込むことが禁止されました。いま会社の口座から振り込みが出来るトークン株主間で専任された方が

持っていて、私はその方に依頼することによってしか会社の口座のお金を動かすことはできません。その都度、

使途の説明必要となります。また、私の判断で人を雇うことが禁止されました。訴訟の方は現在簡易裁判所継続中です。



またクライアント株主の方々は私のはてブブログTwitterfacebookをチェックしているので、

「そんなことを書くなよ!」と言われたり、「仕事が立て込んでいる時にもはてブしたり飲み会に出掛けていて

暇そうに見えますが」と言われたりします。実際は顧客から電話Skypeのこなくなる深夜が唯一落ち着いて

開発できる時間なので深夜に頑張っているのですが、常時監視されている感じです。



私にプレッシャーを掛けるとプロジェクトが進むと思う人は多いのですが、

方面からプレッシャーを受け続けると自分は殻に閉じこもってしまうだけです。



元々の持病も精神状態に大きく影響していると思うのですが、帰ろうと決意した母の一周忌に帰れなかったこと、

仕事の連絡が大量に溜まっていて代わりや分担をお願いする自由度が効かないこと、各プロジェクト成功しなければ

会社(≒私)に損害賠償請求されかねないこと…などなど、色々鬱積するものが溜まって、かといって妥結策が

あるわけでもなく、悩んだ末に人知れず死のうかなと思って、苦しまずに死ね自殺関連のサイトを色々見ていたのですが、

死ぬのは一番の親不孝であることやいまのスタッフに多大な迷惑を掛けてしまうので、しばらく強制的にお休みを頂くことにしました。



私って東京で何をしているんだろうなと思って…。



メインで使っているスマホ3台はSIMカードを抜きました。Twitterfacebookアカウント停止(30日間は

復活できてしまうので30日以上経過するのを待つことにします)、はてなアカウントも停止、メールアドレス

誰にも秘密にしているアドレス以外は停止、新規仕事の問い合わせには対応出来ないのでコーポレートサイトも停止。

ただ、現在仕事の一部を手伝ってもらっている人には、私の資金の方から予定通り全額を継続してお振り込みします。



不器用メンヘラすみません。色々ショックなことが続いて心の傷がどうしても痛んで隠しきれないので、

しばらくお休みを取らせて頂きますクズすみません…。放置されるのが一番良いと思います

2016-03-11

あの日のうんこ

2011年3月11日14時46分。その時、自分トイレにいた。大のほうだった。

その日は午前中のリリース判定で4か月以上かけた担当案件承認されたばかり。開放感でいっぱいで、ゆっくり昼食を取ってまったり気分の昼下がりだった。

昼食後にもよおすいつもの習慣に沿って、トイレに入った。


進捗が半分を超えたタイミングで、カタカタという揺れに気づいた。ああ地震かー最近多いな、と思っていたら揺れは収まるどころか持続し、さらに次第に強くなっていく。いつもの地震じゃない、大変だ!と緊急スイッチが入った。なんせいま現在、尻を晒したままだしヤツは尻から離れていないのだ。


下腹に力を込めて残りを排出し、尻を拭いてズボンを上げ、視線を落とした。黄土色のヤツは洋式便器の水に浮かび、23区近郊の地上4階の揺れに同期してちゃぷんちゃぷんと右に左に揺れている。ふと芥川小説にあった、平安貴人の大便を捨てるため水を入れた箱と「これが侍従の糞(まり)であろうか?」という一節が思い浮かぶ。蓋を開けたら入っていたのは香木だっただろうか。

だが目の前で踊っているのはただのうんこだ。さらに揺れは強くなっている。ヤツも揺さぶられ、便器の外にこぼれそうな勢い。ここから出なきゃ。トイレうんこと共に救出されるハメになったら、恥ずかしすぎて死んでしまう。


水を流す。レバーに手をかけた瞬間、水が出るか、そしてそれより大事なのはあふれ出ずに流れてくれるかだ、という不安がよぎったものの、やるしかない。

水は出た。そして見事ヤツを便器の奥に流し去った。逆流がないことまで見届けて扉を開けた。かなり気が楽になった。ここで万が一扉が開かなかったとしても、何も証拠はないのだ。ふはは。


扉は開き、手も洗って廊下へ出た。この時点でまだ揺れているどころか、立っていられないくらいの状態になっていた。

廊下にはうちの上司がいた。こいつうんこしてたなとか思ってるかもしれないが、そんなくだらないことを口にする余裕はどちらにもない。やっとトイレ出入口横の壁に張り付くと、執務室もマシン室も電子ロック解錠されて開け放されており、そこから机上のものが続々と床に落ち、中のメンバーが机に隠れたりしているのが見えた。


揺れがようやく収まってから、全員で外へ出た。大変なことに遭遇しているという実感が湧いてきた。

その後、さっきまでのまったり気分は見事に吹き飛んで、余震精神力を削られながら停電地区からお客様の問い合わせに忙殺され、仕事が終わったのは23時近く。当然電車は動いてないので、多くのメンバーと夜を明かし、翌朝タクシーを捕まえて帰った。

当日の仕事だけでなく地震のものから受けた衝撃も、津波のとんでもない被害も、原発事故も、実家の軽微な被災も、もちろんあの日の記録ではあるんだけど、自分の中では揺れるうんこもあの日の記憶の一部になっているのだ。


震災の思い出として、うんこを語っても許してくれそうなのは増田くらいしかない。クスッと笑ってもらえればそれでいい。


この話は釣りでも創作でもないことは断っておこう。

オチもないうんこ記事を読んでくれた人、ありがとう

2015-12-27

逆浦島

先日、シャンプーの詰め替え袋用ボトル話題がやたらと盛り上がっていたけど、

つの話だよ…ボトル自体何年も前から発売してるから…って思いながら見てた。

 

ネット特有話題ループするのはよくある話だけど、

日常生活に関わる部分でこれだけ多くの人が

時代に取り残されているのは何故だろうと考えた。

 

年末

・貴重な長期休暇

 

ああ…普段どれだけ忙殺されてるんだ…。

この程度の知識もキャッチできないほど会社時間奪われてるのか…。

詰め替え用ボトルなんてどうでもいいから

長い休みの間にもう一度、

自分時間の使い方・今後の身の振り方を考えた方が良い。

2015-12-21

そりゃ、暇な方が良いでしょ?忙しいより

手帳を買うとスケジュールで埋めたくなる。

でもスケジュールで埋めたら、死にたくなる。

  

自分時間がどんどんなくなっていく。

誰かの相手をするために生きてるわけじゃない。

何もせず空を眺める日があっても良いはず。

  

最初青空が好きだった。

どこまでも澄み切っていて広くて・・・空飛びたいなと思っていた。

  

それがいつからか空が怖くなった。

この世界の広さが怖いんだ。どこまでも続いていく青。

こんな広い世界自分がいるってなんだか無性に怖い。

  

ビルの間でせせこましく生きている方が身の丈にあっているのか?

それともそういう生活を続けて感覚麻痺したのか。

  

働きすぎて体調を崩し、

真っ黒だった手帳が真っ白になる。

  

時間はどこまでも無限に広がっていく。

何もできない生活の中で、また青空を見上げた。

無限時間が怖いんだ。

  

まらない予定で忙殺される生活を続けてきて感覚麻痺したのか?

誰か教えてくれ。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん