「ムード」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ムードとは

2017-03-20

http://anond.hatelabo.jp/20170320164541

まあその結果生まれるのは「政治不信」なんだよね

野党の支持が伸びるわけでもなく、ただひたすらシラケムード蔓延するという

ウヨクサヨクも、政治に首突っ込んでるヤツはそれだけでキモいバカと思われるのがオチ

バカしかいないんだから政治に興味持つなんてリスク以外の何者でもないわな

から無党派層がズンドコ増える

「支持政党なし」の政権奪取待ったなしだな

2017-03-12

Switch東京じゃ売れない

東京暮らし増田です。Switchの「据え置きのゲームが外でも遊べる」ってコンセプトにかなり惹かれて発売日に無事ゲットしたんだけど、しばらく時間が経つにつれて、こりゃ東京じゃSwitch売れないなと思うようになった。



もちろんゼルダは素晴らしすぎる出来でハマりまくっている。超優秀な時間泥棒だと思う。でも、だからこそ東京じゃもう「携帯できるゲーム専用機」は売れないんじゃと思うようになった。東京カフェなどでは、ゲーム機プレイしている人はほとんど見かけない。多くの人はパソコン資料作成しているか、本で勉強をしているか読書をしているかだ。東京の人は地方在住の人に比べて圧倒的に学習意欲が高い。たまに地方スタバに行くが、勉強をしている人は学生以外にほとんど見かけない。ここが東京地方の大きな違いだと感じる。ボリュームのある据え置きタイプゲームプレイする時間が、東京人にはそもそも残っていないのだ。



東京には街全体に「社会人になっても勉強をするのが当然」というムードがある。そんな中で「ゲーム専用機」で外でゲームをするという状況が受け入れられるとは思えない。学生には受けるかもしれないが、そもそも時間のある学生はわざわざ外でゲームプレイする必要はないし、それこそ東京学生カフェなどで勉強していたりする。この「ゲームをする暇があったら勉強したほうがいい」というムードがある限り、東京ではSwitchブレイクできないんじゃないかと思う。悲しいかな、東京では社会人公共の場ゲーム専用機プレイしていること自体NGなのだ

彼女には悪いが、俺はAV女優しかイケないんだ

正直に言う。

俺はAVマニアだ。

そこら辺の女よりイヤラシイAV女優たちの方が何倍も興奮する。

ていうか、もう普通の女では満足できない。

それならAV動画を観ながら自分でヤッテればいいではないかと思われるかも知れないが、やはり肉感的なものも欲しい。

からアソコの感覚だけは彼女とのHで得ている。

しかし、普通の女では色っぽさもイヤラシさも感じないか行為最中には「ムードを盛り上げるため」と言って俺の好みのAVを流している。

お気に入り動画を観ながら下半身は生の感覚が味わえるHは最高だ。

ただ彼女には悪いと思っている。

今の一番のお気に入りは希島あいりの動画を観ながら、その動画の進行に合わせながら高めていき動画と一緒にフィニッシュすることだ。

彼女はどっちかっていうとbsなので全然興奮しない。

でも、視覚的には希島あいりなので、まるであいりとHしているような感覚になれる。

こんなんじゃダメだとは思いつつも、俺はAV女優以外の女では勃起さえしない。

これからどうして行こうかと悩んでいるが、どうしようもない。

こんな男は俺だけなんだろうか。

2017-03-11

悲しい誕生日パターン

年中行事かぶり

ひな祭り程度の行事ならばよいが(男の子ひな祭りまれはそれはそれで恥ずかしいかもしれない)、お正月クリスマスなどの場合は一緒くたに済まされることが多い。

②長期休暇中

クラス友達にお祝いされるという機会が減る。上記のお正月冬休みと被るので二重苦。但しそもそも友達がいないコミュ障場合は、卑屈にならなくて済むので吉と出る場合も。

③喪に服すような記念日

3.11など、国全体が哀悼ムードになる日。アメリカならば9.11だろう。(少し話が逸れるが東日本大震災東京大空襲が同じ日だったらどうなっていたのだろうか)

2017-03-06

空気読めない私でもTwitterは読める

大学サークルちょっと優等生な感じで気難しい子(隠れ腐女子)がいるんだけど、

しばしば会話で自分空気読めないスキルを発揮してつい触れてはいけない

地雷トークをを踏んでしまうこともあって

険悪なムードにしてしまうことが多かった。


でもたまたまTwitterでその子の垢を発見して本音を垂れ流しちゃうタイプと知ってから

定期的にウォッチ

そのころから地雷トークを避けられるようになってノッってくる話題もわかるようになったので

ちょっとだけ仲良くなれたような気がする。

空気読めなくてもTwitterは読める。

スマホ万歳

でもただ一つ残った大きな地雷

この事実をバラしてしまわないように細心の注意を払わなくては

ならなくなったことだけど(笑)

http://anond.hatelabo.jp/20170306093653

要するに小沢健二に何か動きがあるたびにファンは『LIFE』のような楽曲活動を求めるのだが、それは叶えられない。

そう、それが叶いそうだからみんな騒いでる。

「Eclectic」の頃は、同窓会で旧友が「昔の俺っちどうかしてたわーw」的なことを言い出す寂しさがあったと思うよ。

ライブもやらないしメディアに顔出さないし、

あの「ブギーバック」をわざわざ歌詞を書き直したりダウナーアレンジに直したりして再録して、

極めつけに「刹那」というタイトルベスト盤出しちゃうんだから

もうチャーリーブラウンばりの渋い顔で、

「『LIFE』の時代は死んだんだ。

いくら呼んでも帰っては来ないんだ。

もうあの時間は終わって、君も人生と向き合う時なんだ 。」

と言わんばかりのニヒリズムよ。

そりゃ911後の、冷や水かけられたようなアメリカムード肌で感じてるわけだから

閉塞感満開になっちゃったかもしれないけどさ。

でも結局みんなが小沢健二に求めてたのは「とにかく明るいオザケン」なんだよね。

歌詞だとかまんま洋楽アレンジとか

家柄とか学歴とかちょっと至らない歌唱力とか色々魅力はあるんだけど

第一に求められたのはその明るさだったんだろう。

しか大衆に求められたそのポジティブさが本人の資質によるものでなかったために

彼は海の向こうへ逃げてしまったのだろう。

追記

僕は「Eclectic」が暗い作風だったから不評だったというようなことをいうつもりじゃなかった。

「Eclectic」の前後「LIFE」期との決別を示唆するような言動が多々見られたことが

幾分かファンにとってショックだったのでは?ということがいいたかった。



この頃の小沢健二を見てもう決別を通り越してあの時期を忌み嫌っているのではとすら思う人もいたのでは?

それは「Eclectic」リリース時が半ば休止状態だったことも関係するだろう。

天使たちのシーン」や「ある光」もノスタルジーや切迫感に溢れたものだったが

「LIFE」グラデーションのように継ぎ目なく繋がっているような連続性があった。

(無論「LIFE」の曲から「ある光」の間には「大人になれば」「Buddy」「指さえも」といった作品が連なっている。)

「Eclectic」からライブツアー「ひふみよ」までの期間はそれらのキャリアからは断裂しているように見える。

どうしても「ある光」から「Eclectic」を線で繋いだイメージを持つことは難しいし、

「Eclectic」以後はある程度一貫した思想を強く打ち出した活動を続けてきたので、

「流動体について」発表までは「Eclectic」以前・以後で分けて考える人も多かったと思うんだよ。

「『Eclectic』はその本意をうやむやにしたままフェードアウトしていった小沢健二

それまでのポップスシンガーとしての活動区切りをつけるために一時的カムバックした作品。」

リリース当時はそんな風にみなされても仕方なかったように思うんだよね。



それからファンは結局「オザケン」としてのキラキラ感しか見てないということもいってないよ。

ポップスの一つとして親しんできた消費者マスコミまでもを包括した「大衆」がそれを求めたっていうだけで。

2017-03-05

ハルキ嫌いの彼女が俺を殺しにかかってる

ハルキストだ。

目覚めたのは高校生の頃。

たまたま手にしただけなんだ。嘘じゃない。

海外日本人用の図書館で、赤と緑の装丁小説が目について、

ちょうど年頃だったので恋愛やらセックスやらの話が読みたかったんだ。

最近はそんなハルキしてないよ。

新刊がでたら、一年後くらいに手に取って読むぐらい。

1q84は楽しかったし、多崎つくるは80点くらいで正直あの話題になったアマゾンレビューの方がクリエイティブだったかな。

そんな俺だが村上ハルキ嫌いの彼女ができた。それも流れだよ。

彼女には俺がハルキ好きなこと伝えている。好きになった経緯も、好きなところも。

でもだめだ。

もうハルキディスるのが体に染みついているみたいで、ご飯食べて仲良しムードになった帰り

本屋ディスプレイに例の新刊が展示されているの見て、

「どこが楽しんだろうね」

とディスってきて、俺は「そうだね」と返した。

それ以外返せなかった。



ハルキストの男たちはみなセックス下手って友達と言ってるw」


ハルキストは厨二」


そういう言葉に俺は心えぐられてきた。

もう、たくさんだ。

俺は、彼女と別れられないから、脱会する。

痛みを持った決断だがしょうがない。


ハルキストのみんな、いや村上原理主義のみんな。

どうやら俺はここまでだったようだ。

あとは任せた。


p.s.

本当に好きだったんだよ、嘘じゃない。今でも目をつむればあのころのことを思い出せる。

でも思い出すのに時間がかかるようになっただけなんだ。

2017-03-02

ボタンが選べません

わずブクマしたくなるように、読み手ムードを壊さないようにと、用途に合わせて数種類用意されたはずの僕の増田にふさわしいブクマボタンが選べません。増田にはこのボタンがお似合いだと押し付けられているようで悲しい。

大河はこの先しょぼくなる一方だと思う

田舎観光資源になることを求められているとか、マイナーな女主人公を使わないといけないとか

そういうのもあるけど、何より日本がこの先しょぼくなる一方だから

もう出世したり、天下取りを争うような時代じゃないわけじゃない

そんなイケイケ(死語ムードじゃないんだよ

給料は上がらないし、アメリカには逆らえないし、中国が伸びていくのはどうしようもないし

この先勝てるか勝てないかで言えば明らかに勝てないけど、どうにか生き残るしかない状況

その点、真田丸特に前半なんか、まさにこういう現代日本人の詰んだメンタルにピッタリなわけだ

からこの先戦国時代を描くことがあっても、どうせまた同じパターンしかならない

田舎のみんな知らないような小勢力で、周りにビクビクしながら頑張って生き残る話

うそういうのし共感されないか

2017-02-28

ブラック日本的ムードに殺される前に、ゆとりムードを殺そう

ゆとりブームを生んだ日本社会は、このたびゆとり世代社会問題をめぐる自身見解を発表したのだが、これがゆとり評価は「意図と大きくかけ離れた結果」だと、「日本人イメージアップとしては成功だった」と、開き直りが酷い。

結果的に、1987年前生まれ1997年以降生まれは猛反発している。しかし、国民みな兄弟という国柄か、ゆとり世代特殊世代としての緊張関係を持たず同じ「日本一家」の横並び意識があるので、彼らがゆとり世代の歪んだ問題点を厳しく批判非難することは、できないのである

これは大げさな話ではない。ゆとり以前の日本人間性個人自己同一性がしっかりしていて、向上心の高さが評価の的だった。欧米人中国台湾人を見習ったようなものになれないぶん、差別化をはかっていたのである

しかしその時代教育がパッとしなかった。テコ入れ必要になり、順次まともな教育スタイルを打ち切って、今みたいな和製韓国人の巣になったのが1988年1996年まれ世代環境である。で、これで不良の人口はほぼゼロ人に、学歴レベルは平均的に底上げとなったが、人間の質という点では最悪になった。結果、韓国人みたいな精神を持つ人が増えて、究極的に没自アイデンティティで、現実を冷笑し理想を求める努力すらしない、韓国人北朝鮮人の間並みにダメになった人間が氾濫し、いじめが不良校でないところでも起きるようになり、行き着いた先がブラック日本的ムードだろう。先人の求めた夢や努力など壊死しているのである

すべては日本社会のを蝕む「ゆとり残滓問題である世代名前が変わり、ネット原住民、没民族主義になって、既存王道型のモデルがうまくいかなくなった時に、ひねくれた形で、せこい形で、低劣な手段弱者をだますやり口に転換し、すべてが単調で低級に卑劣になっているというわけである

で、ゆとり世代卑怯精神性がわず20年で中高年を筆頭とした日本人全体に染まった。日本右傾化SEALDsもそうだし、それに感化された支配層もそうで、愛国精神日本版阿Q精神という形で国民性もっとひどくなり、メディアネットのこれでもかと続ける冷笑・サブカル悪化を右から支えて助長している。

しかし、虚偽放送ヘイト番組社会問題になっているように、この手の世代精神社会的に与える悪影響はあまりに大きく、韓国社会精神をまねたようなマインドがまかり通れば、やがて彼らが日本人である証拠がなくなる。それでもかまわないと麻痺しきって、ユーチューバーや(一部の)商業小説漫画作家並みにイカれた連中がますます幼稚になっているのが、今のブラック日本たる原因の象徴である

ドイツナチス精神の克服ならぬ、中韓日帝残滓克服ならぬ、ゆとり残滓の克服こそ必要なのである大人努力次第で、きちんとした社会環境や本人のセンスさえあれば私みたいな三十路独身中流現役2ちゃんねらーでも不良を更生させられる時代で、まして上流が人間的に落ちぶれてもそれなりにパワーがあって様々なノウハウもあるのだからゆとり世代の再教育ゆとり残滓の精算は思い切り次第で簡単にできるはずだ。

日本社会よ。今こそ人間的に落ちぶれたゆとり世代を、再教育させ、立ち直らせよ。欧米どころか中台にさえ抜かされた名誉を取り戻せ。人間性から社会環境から商業社会から、あらゆる常識世界水準に底上げしなければならない。支配層も。今、ゆとり社会を脱しなければ、一生ゆとり社会、リトル韓国のままだぞ。

2017-02-24

プレミアムフライデーで思うこと

そんなに早く帰れるわけない!と騒いでる人が俺のタイムラインには沢山いるんですが、何をそんなにムキになってんのかなと思ってしまう。

早く帰れる人が帰ればいいと思うし、消費活動を促すのが目的ならこのキャンペーンやること自体はそんなに間違ってない気がするけど…

俺の頭が悪いのかな?

月末のクソ忙しい時に!みたいな意見も見かけたけど、それ今急に始まったこと?

忙しいの分かってたら調整すればいいんじゃないの?

それにプレミアムフライデーはまさに今日から始まったばかりでまだ社会への浸透率も悪いかイマイチかもしれないけど、時間が経って定着してきたら、社会全体的に「月末の金曜日から早めに終わらせよう」みたいな空気にもなってくんじゃないの?

前向きすぎるかな?

昔は土曜が休みじゃなかったけど、今は土日休みじゃん

多分だけど、土日両方休んだら仕事おわんねーよ!って当時のサラリーマンは言ってたと思うよ

俺はその頃子供だったから知らないけどさ

でも今はもう土日休みが当たり前じゃん

しろ週休2日ないとダメじゃん

あとはビジネス街飲食店が打撃受けるとか、サービス業にはプレミアムフライデーないとか見かけたけど、そんなの仕方なくない?

みんな同じタイミングで休めないのは昔からそうじゃん

誰かが働いてくれてるから電気もガスも使えるし水も飲めるし夜中にコンビニ行ってもあいてるじゃん

1ヶ月おつかれさま!

月末の金曜日、パーっといきましょうよ!

って施策がそんなに悪いとは思えないんだよなあ

なんでみんなそんな怒ってんの?

文句ばっかり言っても仕方なくない?

会社が15時で帰らせてくれないとか言ってるのもみたけど、それこそ社員みんなで協力してさ、そういうムード作ってけばみんな早く帰りやすくなるよねって思ったら変かな?

みんな早く帰れる人への妬みかな?

それとも言いたいだけ?

ま、俺は残業中だけど

2017-02-21

気づいてしまった

吐き出すところがないので、初めてだがここに記しておく。

付き合ってウン年たつ彼氏と、そろそろ結婚かなームードになっていてもイマイチ踏み切れていない。

彼氏のことは好きだし、仲はいいと思うが、踏み切れない要因として、私は妹が好きすぎるのがいけないと思っていた。

妹と二人で暮らしているが、二人ともオタク趣味範囲が7割は被るので、正直妹と遊んだり会話するのは楽しい。それがなくなるのが嫌なのかと思っていた。

ただ冷静に考えれば妹と縁が切れるわけでもなく、普通に会えばいいので、ちょっとそれだけが理由だと腑に落ちなかった。

昨日、芸能人でいいから、自分はどういう男性が好きなのかを考えていて思いついたのが、及川光博風間俊介だった。二人の共通項が何かなあと考えていて、ハッとした。

二人とも、オタクだ。

ミッチーアニメというかガンダムが好きだし、風間くんはディズニーオタクだ。

そう、私が欲していたのは、オタクとして熱中できたり語りたかったりする何か、のある人だったようだ。

そこに行きつくと、自分気持ちも納得ができてしまった。そういえば昔友人にはマニアックな人じゃなきなダメそう、って言われてたことを思い出した。

あぁー、彼氏、今から何でもいいかオタクになってくんないかなあ。リア充感が滲み出てるんだけど、もっとオタクになってほしいなぁー。「俺、オタク理解あるよ?」じゃないんだよー、お前がオタクになるんだよ!!

2017-02-17

http://anond.hatelabo.jp/20170217095602

業界分からんから何とも言えんが、売上は上がったのか?

あと、前の学園祭ムードの時は残業代出てたのか?込みの年俸制か?

売上変わらず、給料も変わらずならコンサル優秀だな。

言いたかないけど、前の環境が属人化し過ぎてて運よく回っているだけだったと思うよ。

社内ネットワークを新たに構築し、個人裁量だった各人のタスクをすべて可視化しなきゃいけなくした。

タスクごとに明確な締め切りを作って、それを守ることを最優先にした。なので、こだわって夜まで作り込むなんてことができなくなった。クオリティが低くなっても、時間厳守

しろ今までマネージャーはどう管理してたんだ。クオリティ相手がそこまで望んでなかったんでは?作り込みはあんたらの自己満だったんじゃ。

各々が自由に取っていた休憩時間も、時間がきっちりと決まって、時間内に昼食を取るよう言明された。

クリエイティブ系だからここは反対すべき。コンサルに言っても分からんだろうから社長に言え。

メール一本で許されていた遅刻が、申請必要になって証明書の提出が絶対になった。

今まで適当すぎだろ。証明書必要って学生レベルの信頼の無さだな。

離席して社内ネットワークに30分以上接続していないと、理由を提出しなければなくなった。

SNS原則禁止ソーシャル担当者だけ申請すれば10分だけ繋げられる。ただし、それも1日5回までと制限が付いている。

馬鹿馬鹿バ~カ。ここは糞コンサルだな。何したいの?

でも、定時で終わる仕事が21時になる理由がこれだったのなら仕方ない。


結局、好き放題やって、無駄夜遅くまで仕事して光熱費(と残業代)を消費してたのを仕事量変わらずに定時で終わらせれるようにした。って事ならコンサルは優秀。締め付けの強さはある程度仕方がない。

今後仕事が増えれば21時まででも残るようになるよ。副業出来るならフリーランスにでもなれば?

2017-02-07

http://anond.hatelabo.jp/20170207165206

余裕のある層は相手にしていないんだってば。。その下の世代ムードを変えるの。「たぶんお金はなんとかなるから結婚しよ♡ 子どもつくろ♡」って

http://anond.hatelabo.jp/20170207162349

少子化問題の一因として貧困問題がある。女性の自立を阻んでいるのは結局お金だったりもする。こういうアイデア出生率はあがるよ。なにより社会ムードが変わるんじゃないかな。

2017-01-30

http://anond.hatelabo.jp/20170129150657

月曜日終始ジャスレムードで過ぎるとおもったらこれかよ

(しか卑怯なことに元投稿削除・・・)

非モテ不細工風俗にハマった話

俺は不細工からか、まあモテない人生だった。

他にも原因はあったと思うが、モテなかった。

高校まで共学だったが、彼女は当然ながら女友達すら一人もいなかった。

大学田舎を出て関西のCラン大学一人暮らしを始めた。

頑張ってサークルに入ったりもしたがすぐにやめた。

当然モテなかった。

大学に入って1年ほど経った頃「おっぱぶ行ったけど最高だったwww」みたいなまとめを読んだ。

自分はもう高校生じゃない、エッチなお店に行っても許される年だ。

すぐに近くのおっぱぶを調べた。

地元田舎と違ってお店は大量にあった、関西に来てよかったと思った。

次の日には財布に5000円を突っ込み、調べておいたおっぱぶに向かった。

多くの場合、こういう所に初めて来る時は友人に連れられてのことが多いと思う。

しかし俺は一人だった。

当然緊張した。

店の前を2往復した後、やっと入り口を開けることができた。

すぐにボーイが出てきたが、何を言っていたか全く覚えていない。

前払いの5000円を渡す手は震えていた。

怪しいムードのお店で、すぐに女の子が出てきた。

正直こういう店の女のレベルなど信じていなかったが、めちゃくちゃ可愛かった。

挨拶の後いきなりキスされた。

当然ながらファーストキス

おっぱいも、見せて、揉ませて、吸わせてもらった。

10代の客は珍しいと、女の子は話を盛り上げてくれた。

この世の天国のような時間だった。

おっぱぶは基本的に抜きがなく、ファーストキス、そしてファーストおっぱいを終えた俺は駅のトイレに駆け込んで一心不乱にシコった。

ありえないぐらい出た。

しばらくしてまたおっぱぶに行った。

他に趣味もなく、地元を出た俺には友達も少なかったため、バイトによる金はあった。

余裕がでるとすぐおっぱぶに行った。

おっぱぶに何回か通った後、当然ながら他の風俗についての情報も漁った。

初おっぱぶから二カ月、俺はホテルヘルスを利用した。

初のヘルス嬢はめちゃくちゃに可愛かった。

ヘルスは本番行為禁止だが、初めて女の子シャワーを浴び、初めて女性器をいじり、初めて女の子に抜いてもらった。

当然ハマった。

童貞風俗に行くとハマる」なんてことをネットで見たが、童貞どころか女友達すらいない俺はまさにこの状態だった。

しばらくして別の嬢で本番行為経験した。

まさか自分がなるとは思っていなかった素人童貞になった。

19の冬だった。

そこからは歯止めが効かなくなった。

コンビニバイトを増やし、食費を節約し、お金ができたら風俗に行った。

じいちゃんからの小遣いも風俗代に消えた。

地雷嬢にあたってもめげなかった。

新たな店もどんどん開拓した。

箱へル、デリヘルピンサロソープ、一通り経験した。

関西で有名な飛田新地にも行った。

可愛いしかいなかった。

この頃には、女をオナホしか見れなくなった。

金があればいくらでも可愛い女を抱けることを知った。

一度だけ、ネトゲで知り合った彼女ができた。

不細工彼女なので当然ブスだった。

付き合って2週間で我慢できずに風俗に行った。

結局こいつとは3回会っただけで、セッ○スもしないまま自然消滅した。

努力して彼女を作っても、不細工にはブスしか捕まえられず、金もかかった。

風俗に行く方がマシだった。

素人を抱く興奮もあるのかもしれない、それでも風俗に行った方がコスパがいいと思った。

結局、俺はバイト風俗大学生活を終えた。

経済学部なのに何も経済勉強しなかった。

そして、就活には失敗した。

4月から正式フリーターとして生きていくことになる。

この大学生活に後悔がないと言えば嘘になるし、将来への不安がないと言うのはあまりに愚かだと分かる。

だが、ヤリチンになれるほどの容姿コミュ力もない。

大企業に入れるコネ能力もない。

このまま年老いて、フリーター生活を送りながらたまに風俗に行く独身生活を送るのかもしれない。

2017-01-28

あんまりかわってないよね

年末年始に古くからの友人と飲む機会があった。

気を使うこともなく楽しく飲んでいたのだが、ふと、電通過労自殺の件の話題が出た。

彼の周りでは「自殺するほうが悪い。こんな業界なんてことわかりきっているし自業自得だろ。」とのことで、彼自身も同じ意見らしい。

彼はそういう業界に隣接するような仕事をしている。

そんな細かいことを言い出したらこんな仕事は成り立たない、会社が潰れるとも言っていた。

別の友人は「最近残業禁止ムードになっているが、いい迷惑だ。人が感動するものを作るには時間度外視ものづくりをすべき。」なんだそうだ。

しかそうかもしれない。けど自分には無理だと思った。

ネットではあの事件で世の中が動き始めたと思っていたが、案外、そうでもないようだ。

2017-01-22

何で民主党ヒラリークリントンで勝てると思ったんだろう

サンダースさんかエリザベスウォーレンさんなら圧勝して今頃ものすごい御祝いムードだったのに

2017-01-18

まいどまいどセックスの度に失神されそうになったり過呼吸気味になったりして思うようにセックスが出来ない。

最近じゃセックスの時はコンドームより紙袋の準備を欠かさないようになってきた。バカらしい限りである

そんなに激しくしているつもりはないし、どちらかと言えばムード大事にしたスローセックスを心がけているつもりなのだけど。

どこかに本気でセックスできるメスはおらんかのう。

2017-01-15

「超潔癖主義」の非現実性

くさや問題が表した潔癖主義

ファブリーズの件もそうだが、今の日本は「超潔癖主義」に蝕まれすぎではないかと思う。くさやが臭いのは誰がどう考えても事実なので、地元はこのCMに便乗するくらいでいいと思う。

何かにつけて「地域差別ガー」というバカにはあきれてしまうが、つまるところ地域の抱える不都合な事実を外部が指摘することを拒絶するけつの穴が小さい子供である。それこそ、彼らの好きな言葉を借りれば「言論弾圧愛好家」ではないか。文化や社会には二面性がある。

私が生まれて間もない頃の話だが、1980年代1990年代鉄道文化が洗練されていたという話題がSNSや掲示板で流行している。はっきり言って、不良が巣を作りそうな文化がそこにあったわけだが、それでも鉄道ファンは誇らしく思う。「鉄道王国」も日本文化だと自尊心を持っているはずだ。

本来文化・社会性とはそういうものではないか2000年代新自由主義旋風だって文化や科学技術などの高度化の裏に犯罪の高度化や富裕層人口インフレ問題もあった。2010年代1960年代の再来のようなのムードの裏に貧困問題があった。オートバイブームの裏にはシビアな封建もあった。


オタク文化マイルドヤンキー問題共通点

オタク今日社会全般で受け入れられているという。あれといえば、昭和負の遺産にもかかわらず迷惑者が誰も輩出しなかったことを「世界に誇る日陰者」と自画自賛する書き込みが拡散されたことが多くの人に衝撃を与えたものだった。案の定オタク自身の努力で出世が実現するとスゴイ発言まみれになった。

冷静に考えてほしいのだが、同じ大衆の同胞であるべき人達がそれと村八分にされる時点で、そもそもすごくなんてないのである。そもそもオタクとは昭和時代学歴社会実験の失敗に伴いヤンキーと共に発生した負の遺産である本来ここで必要な発想は、負の歴史として再発防止策を考えることであり、恥かしく思うべきことである

仮にもしオタクがすごかったとしてもそれは個人個人がすごいのであってオタクはすごくないのである社会が立派だったとしても、それは日本人の寛容性のことである。もしあなたが大衆の一員であれば、さほど無関係ではないか

私は「オタクスゴイ」とそっくりな問題を抱えているのが「マイルドヤンキー」ではないかと思っている。地方リア充話題が出ると、なぜか不良とこじつけ話題が出てくる。不良とは縁のない人でもヤンキーのように扱われる、あの変な社会空気である

当たり前だが、リア充すべてが悪人なわけではない。大体ヤンキー本来の意味は実は汚い。もともとはアメリカ人白人を罵る言葉として生まれたものだ。ジャップと同じ意味合いアメリカ人が「ヤ○○」の言葉を使うものとしてとらえてほしい。

マイルドヤンキーに代わる言葉はあるだろ。とんでもなくダサそうな文化を謳歌しているのは一握りの地方民のうちの一部とか、不良経験者だけではないかと思う。あのグダポンの撒き散らす固定概念への批判としてもいうが、私は地方を何度も見てきたが、北関東でもマイルドヤンキーなんて一握りの数しかいなかったよ。

そもそもマイルドヤンキー言葉根底に都会人による地方人への偏見がある。車好きを例に挙げるまでもなく、外国には日本人が思い浮かべる都市部人間殆どいない。むしろマイルドヤンキーの特徴として挙げられる、「買い物先でショッピングセンター依存している」人は日本を出れば都市部ですら腐るほどいる。国土全体で鉄道依存社会が成り立つ国は、日本を除けば、オランダみたいな地形に恵まれる地域シンガポールのような都市国家以外にない。


「超潔癖主義」の究極である子供ファシズム

私はこの潔癖の究極が「子供至上主義だと思う。日本人はみな車嫌いで鉄道好きというおかしな風潮も、子供のために嗜好を装う仕草だという。必死すぎる。大人な人は、それが普通なしょうがないと受け入れるべきではないか。一番ひどいのは私鉄だ。

子供日本人美徳だと、道徳的な人を表す言葉として普及しているが、これはあの押しつけがましい「道徳」と同じうさん臭さを感じて、私は不気味に思っていることである子供って要は非現実的理想の追求であり、病気だ。

そもそも日本私鉄社会の根源は鉄道公有化の失敗だとか戦争連続による財政難だとか、歴史上におけるネガティブもの副産物である。今でも「幼稚」とかいう。それはつまり堂々とした対等な存在としてリスペクトするものではなく、結局これは子供なる年齢を使った言葉で「恵まれない現実にある人達」を見下している、前時代的な、差別を連想する表現である

欧米圏を見ればわかるように、鉄道弱者というか、つまりよそ者、あるいは貧乏人や弱者のためにある公共施設であって、所得関係なしに使うことをよしとする、ましてや商売の道具としてみなす日本おかしいのである

一昔前ですら日本ではここまで「子供」はうるさくなかった。子供大人らしい事由成熟した男女を目指した途上段階であり、気づけば加齢で大人になっていた、あるいは10代ですでに見た目も中身も大人同然という人もごろごろいて、それがわずか15年ほど昔までの常識だった。

あるいは「リア充な美しい大人は好きですか」というように、青年性を脱した兄や姉であるべきだった。正しさではなく「美しさ」が評価された。この美しさという言葉自体清潔を意味するもので今の異常な潔癖主義に通じたのも、もちろん事実ではあるけどね。


不都合現実」を受け入れた理想の発展が必要

特定環境を聖域化し、あるいは特定の人を「聖人」化してみなし、それを潔癖性を極めた発想とともに崇拝し、潔癖と反する不都合な事実を見て見ぬふりをしたり、あるいは無理してでも隠蔽させようとしたり、それを指摘する存在を許さない、あの感覚。グダポンの言葉を借りればこれは畳精神である

昔の高校を題材にした作品から黒髪すっぴんさんの描写を削減し、わざとそうでない人を代わりに差し替える。これも聖域を作る発想に由来することではないかと思っている。

その点、例えば私が韓国学生をみて感動をしたのは、日本において学生というと黒髪が少ないイメージなのかもしれないが、実際には黒髪のおりこうさんが多くいたこと、そういう風潮がそこかしこにあったため、他人に緊張することがなかったかである

バス停留所で会話したローカル若い女性は、なんかお茶目で、自分生活圏にやってきた外国人を楽しませようというホスピタリティがあって、ものすごく魅力的だったが、やっぱり大人オタクで、至上主義のない国のほうがよほど大人も魅力的だなと感じたのだった。

これは地方にも言える。マイルドヤンキーの連中なんてありゃ「普通リア充か重度なオタク」だ。オタク?ってくらい偏執的で、大衆らしさに欠けている。いわゆる元ヤンさえ良くも悪くもリア充らしさがない(事実、彼らが外国に行くとサブカルオタク扱いになる)広い意味での問題なのだ

日本に出てくるテレビタレントには個性らしさがない。オタクがいない(例外はあるが)。根っこからのおりこうさんであることを売りにした俳優・声優がいないし、変わった趣味を売りにする者もいない。誰もがそうなるありのままもないし個人差もない。

これは、日本人一定割合。どちらかといえば韓流ファン経験のある人たちで、同じくマイルドヤンキーか学がありそれなりに品格のあるような人が、ものの感じ方の成熟が遅れたことにあるんじゃないか、と私は思っている。子ども時代や貧乏なときは誰もが感性が幼稚で極端な理想を抱くものだ。

しかし、大人になり、10代になり、豊かになれば、あらゆる体験を通して現実を知るというか、様々な存在を知って、自分自身の肉体と考えの成長もあって、そういう非現実理想を一度捨てることになると思う。代表大学生における運転免許取得ラッシュだ。「免許取得者は学のない人のほうが多い」とか「都会人は一生免許と無縁」の虚構に気づく。

私達ネット原住民的には中二病とか高二病とも揶揄される、つまり冷笑主義にも陥るのだが、その現実実在不都合性を含めた事実の中にある魅力に気づき、そこから新しい夢を見出だしたりするのが、普通の諸外国ならハイティーンか遅くても20代経験する段階で、日本人もかつてはそうだったのではないか

そういうわけで、高学歴だろうと、立派な社会的地位にいようが、年齢が中高年だろうと、マイルドヤンキーと変わらないような潔癖主義理想を振りかざして現実を拒絶したり自由創造表現ユーモアを叩くあの感じは非常に納得がいかない。幼稚な人が多すぎる日本現実がほんとつらいです。


(韓国などの例外を除く)外国コンテンツは、優れた表現ほど徹底的に不都合現実事実に向き合っている。だが、それをただそのまま描いたり、不穏に誇張するだけではなく、そこから楽しさや夢を見出だそうとする傾向があると思う。その際にはお堅い因習を破ることになる。

だがその独創性第一段階にある「お堅い因習を破ること」を全力否定するのがグダポンのいう「畳精神」であり、右派や私の言う「コリアニズム(文化的右傾化)」である。つまりどんな理不尽でもそれがしきたりで、その空間では聖域性を守るために自分が屈しなきゃいけないし、適応しない他者は咎めなきゃいけないという枷を兼ねた同調圧力も発生する。韓流ブームものすごく親しんだ人ほど危ない。

ティーンエージャーになる前の現実離れした理想主義(と、それを理想を向けられた側がそのまま受けとめなければいけないということ)に畳精神コリアニズムはとても相性がいいのである。新しい幼稚な感覚と、古い老いた因習コラボさせると、アニメ漫画特撮ドラマビデオゲームまがいな、子供ヤンキーだという狂うジャパンがあふれるのである

私が現代の日本はともかくとして一昔の韓流華流コンテンツ敬遠したのは、アメリカコンテンツとは違い、理想主義を極めたあのディズニーでさえ、そのテーマパーク映画などに「不都合現実を受け入れた上でのイマジネーション」がないからだ。理不尽もの批判的に描くこともなく、拒絶せずにそれを受け止めることすらしない。現実逃避ありきなのだ

私の記憶する限り韓国中国テレビドラマアニメには、日本人ネガティブ過ぎるとして驚いた自転車乗りの姿が描写されていない。1990年代2000年代(2010年代)に日本型暴走族話題になったが、それを風刺するような作品は出てこない。当たり前だが韓国人中国人オタク風刺するような作品もない(日本ですらオタク風刺作品はあるが)

そういう子どもたちはこうしたコンテンツの変わりに漫画小説(ライトノベルを含む)やゲームいかれた様子を見ることで、それを教訓にすることができるわけである日本作品で言えば喧嘩番長龍が如くに出てくる「不都合現実を誇張した」不健全卑猥日本風景も、実は意外にも理想や夢とどこか通じるものがあるし、その中にもやはり社会に対するメッセージもある。

そう考えると、欧米程でないにしても自由な創意工夫性は日本においてはなんとか健在であり、その自由表現の娯楽を通して成長につながることもできたりし、その上でまた新しい夢が見れるというのが、本当にすごいと思っていて、韓国中国にもそういうクリエティティを獲得するには、まず日本同様に現実至上主義と畳精神解体を加速させることが必要なのだ

2017-01-14

韓国のパククネ大統領ユンビョンセ外交部長官が不憫

彼等はい親日売国奴って言われまくってる。

国家的な悪人ナンバーワン状態




でもパク大統領ユン長官親日なんかしてないし

これまでの韓国政権に比べて特別無能なわけでもない。

しろ歴代政権よりハイピッチで、政権始動から反日政策反日外交してた。




単に相手である日本反日的な動きに引かずに冷たくしたり報復したりするようになっただけ。

日本世論韓国一種の甘えである反日を許さなくなった。

でも韓国メディアはそれを全然伝えない。

大阪韓国人観光客が蹴られたとか言う確認の取れない話は膨らませて報じる一方

日本人全体が韓国嫌悪や反発の感情を持ってるってことはほんとに報道してない。

わざとやってるのか把握できてないのかは謎。




からパク大統領ユン長官勝手日本弱腰になってて

歴代政権と比べてとびきりの親日売国奴として韓国国民には見えている。




実際にはずーっと何十年も続いていたゆがみで、

日本がどこまでも引いてくれるからこそ出来た反日なのに

それが難しくなっているということを韓国国民理解しない。

なのでパク大統領達が自主的日本に国を売る売国奴となってる。




不当は批判なんだけどチェスンシルで総叩きムードなので反論できない。

また、「実は韓国歴代政権の対日姿勢は無理のごり押し」なんて今更説明も出来ない。

説明しても信じてもらえないで売国奴扱い。




結論として

やっぱり何よりもメディアが悪いし

ここが歪んでると恐ろしい。

2017-01-10

【 新元号が何になるか知っている 】 

平成31年元日から元号スタートさせる法案を提出するらしい。

そのニュースを観て、ちょうど自分中学生の頃に昭和天皇崩御された事を思い出した。

世の中は自粛ムードが漂い、コンビニエンスストアシャッターが閉められた景色を観たのも人生最初経験だった。

そういう中、「次の元号は何になるのか?」

マスコミや町内がざわつき始めた頃、理科先生が授業の最中に突然「オレはもう、次の新元号が何になるか知っている!」と言い出した。

その言葉に期待と好奇心を膨らませ、一斉に注目する生徒。

真剣眼差しで生徒を見返す先生

その先生が放った言葉が「次の元号は「懲役!」」

懲役2年」、「懲役3年」、・・・

先生、まともな恋愛も知らない中学生ブラックユーモアは辞めて欲しかった。

2017-01-05

寒さ応える増田あけおめ桶阿多スマルエたこ寒さ(回文

もう、すっかりお正月ムード

いい加減払拭しないと通常運転はいかないわね。

いつまでも

ずっと、

正月だったらいいのに!なんてなー。

もうシャキッとしなくっちゃ。

なんだか、

街も眠たそうな感じだけど

人々がジワジワ動き出してる感じもするわね。

今年はもっと普通増田書けたらいいなとか思うけど、

2015は結構書いたわ、

2016はそこそこ、と言うか全然

プロを目指しているというのに。

日々継続よっ!

頑張るわ。




今日朝ご飯

久しぶりに食べたいパリパリパーリーオニギリ。

まあパーリー関係ないけど、

パリパリ海苔のことね。

たまに食べたくなるわ。

デトックスウォーター

正月間中果物がまたちょっと高いわね。

コタツミカンウォーラーしました。

実家からくすめ取ってきた蜜柑よ。

うふふ。




すいすいすいようび~

今日も頑張りましょう!

2016-12-31

それでも年は明ける

我が家のお正月が縮小している。

実家で作られるおせち料理は、年々少なくなっている。少なくなるのが分かるたびに、この家で成長してきた年月と、経過した時間の長きこと、そしてそれらに反比例するかのように、この家族構成でいられる残り時間の少ないことを思い知ることとなり、いささか悲しいのも事実ではある。やんぬる哉。

もう戻らない時間記憶に思いを馳せるよりも、これからやってくる時間に対して思案を巡らせばいい、という人もいるにはいるが…僕にとってこれは、簡単なことではない。なぜなら、私は、確実に、未来永劫これだけは信じることが出来るという存在を持っていないからだ。こんな人は、多くはないけども、少なくもないと思う。

3.11以降、僕は、直感以外の信仰を失った。人様は皆僕に良くしてくれるという、他人に対する信仰。これからやってくる明るい未来に対する信仰原子力発電所安全安価エネルギーだという信仰日本は発展していくという信仰、そして、自分自身可能性への信仰

世間知らずの高校生が、勉強もせずに怠けているばかりで生きていけるほど、進学校は甘くはない。それまで抱いていた自分に対する多能感は完膚なきまでに打ち砕かれ、悩み苦しむそのさなかに、かの巨大地震が起こった。

日本テレビの中継で、水素爆発を起こしたフクイチの建屋が映る。親父は呟く。「これは、やべえな」と。日本はここで一度、死ぬのかもしれない。ただし当時のトレンドは、「日本死ね」ではなく「枝野寝ろ」だったり、「ポポポポーン」だったりした。

室町時代僧侶一休宗純は、元旦にはドクロを先端に付けた錫杖を手に、「御用心、御用心」と言いながら京の町を歩いたという。祝賀ムードに水を差すような行いではあるが、生と死、破壊再生は表裏一体と考えると、わずかに彼の行いの意味理解できるレベルに落ちて来よう(枝野のくだりなどはこれの逆バージョンだったのだろうか)。

大学へ進学しても無気力は変わらなかった。テストレポートを何とか切り抜け、仕送りのみで生きる生活。友人は少ない。

ひとつだけ、かねてからの夢があった。それはとにかく、海外へ行くこと。最終学年のこの年、一念発起して英語圏英語留学へ赴いた。今思い出せば、見るものすべてが面白かった。

留学へ行ったものの、日本人とも多く話していた。しかしながら、現地の日本人で、「日本は今後も変わらず発展していく」といった楽観的意見を表明した者は、誰一人としていなかった。来たるべく破壊念頭に置いて、生存もしくは自己表現の為に英語を学ぶ者も少なくなかった。友人の何人かは現地のグローバル企業インターンに参加していた。

不確実な今の世の中で信じられることは、「生き物は、いずれ死ぬ」といったことだ。このことでさえ、神隠しや行方不明、あるいは死後神になるといった思想や、高尚で極めて分かりにくい哲学的議論により、疑問符が付きうるのだ。世間がどれほど不確実なものか。

冒頭で、「これだけは確実だと信じられるものが何もない」と書いたが、「生きているうちに日本死ぬ」ということは、怪しいがあながち信じられないものでもないと思う。3.11のような巨大災害などを契機とした日本社会全体の急速な崩壊が起こる確率は、社会階層が流動せず格差けが拡大し、労働時間の増加が止まらず、社会保障費の増大によって巨大な負債が残ることで静かに日本社会が死んでいく確率よりも低いとは思うのだが、いずれにせよ、「これは、やべえな」という不安を感じざるを得ないような、今年はそんな一年だった。もちろん、フクイチのように顕在した不安を感じる現象はなく、漠然とはしているのだが。

おせち料理だって、今後もっと少なくなり、絶えてしまうか、別の料理に変わってしまうかもしれない。変わらないことは、最も安全だが、生きても死んでもいないともいえる。絶望的なまでに怠け者の自己に対して変化を望んでいる。いわんや、世の中の変化をや。

御用心、御用心。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん