「高学歴」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 高学歴とは

2017-01-18

編集になりたい学生へのアドバイス

新卒編集になるための条件

私は、出版業界10年以上いる。

から出版社志望の学生から就職相談を受けることがある。

けれど、アドバイス以前に、

新卒出版社に入るには、絶対必要ものがあるのだ。

それは、学歴

学歴フィルターなのか、優秀な子だけを採っていたらたまたま高学歴だったのかはわからないが、

新卒でまともな出版社に入る子って、だいたいが早慶以上。

ごくまれMARCH

それ以下の学歴は、まともな出版社では見たことない。

から学歴がないなら、インターンなんかに参加するより

早慶に入りなおしたほうがいいと思う。


低学歴編集になるには

でも、今更そんなこと無理だし

それでも「編集になりたい」という学生に、私はようやくアドバイスできる。

私は、低学歴だ。

大学は出ているけど、MARCHですらない。

どこに出しても恥ずかしくないFランだ。

それでも、編集になり、同年代女子よりは少しだけ多く稼ぎ、

自分がつくった本が書店に並んでいる。

まず、低学歴大学生編集になるなら、新卒正社員は諦めろ。

バイトから入れ。

バイト学歴は問われない。

そして入るなら、中小規模の版元だ。

そこは常に人手不足なので

人員の補充はこまめにしている。

そして人手不足という状態からわかるとおり、待遇はよくないので

経験のある人はその採用に応募してこない。

経験でも、お金のかからない若者が好まれる。

入りやすいのだ。

それに中小の良いところは

人手不足ゆえ、社員と変わらない業務を任せてもらえるところだ。

雑用もあるけど、確実に経験となる仕事を任せてもらえる。

間違っても、編プロなんかには入らないように。

あそこは出版社下請け

下請けから、数をこなさなければいけない。

それゆえ、ひとつひとつ仕事がとんでもなく雑だ。

あの仕事のやり方を覚えたって、なんのとくにもならない。


「条件」は諦めよう

初任給やら福利厚生やら、労働条件ってすごく気になると思う。

でも、それを気にしていいのは高学歴だけだ。

もともと、高学歴がなる職種なのだ

それなのに低学歴編集をやりたいなら、もろもろの条件は諦めろ。

それに、編集の経歴さえついてしまえば同業転職比較的ラクだ。

1社目、2社目と転職で条件をあげていけばいい。

または、フリーランスになればいい。

私も、20代前半はひどい収入だったが

忙しくて金を使うひまもないし、編集になれたよろこびで

収入は気にならなかった。

それに、転職するごとに収入もあがっていった。


これだけ出版斜陽だと言われているのに、

編集希望ものすごく多い。

低学歴学生のみんな。

新卒正社員編集は、高学歴のうえ、ほんの一握りの選ばれた人がなる職種だ。

そのことを忘れないように。

低学歴が、高学歴すら難しい職種に就くには、

それなりに諦めなきゃいけないこともあるのだ。

低学歴には、低学歴ルートがある。

それは高学歴に比べると、ずいぶんな遠回りに感じると思う。

損をしているように感じると思う。

でも、しょうがない。

受験をがんばらなかった、自分が悪い。

それに、遠回りでも、編集にはなれるんだから

それでいいじゃない。

今の会社でも、私はぶっちぎりの低学歴だ(どこでだってそうだった)

それでも早慶卒と同じ会社に勤め、同じ仕事をしている。

新卒正社員にこだわる学生を見ていると

そんなことを思うのだ。

定年まで働くとすると、仕事をしている期間はとんでもなく長い。

20代は遠回りすることになるが、

それ以降は同じところに立てるのだ。

まぁ、忙しいし、そんないい職種じゃないと思うよ、編集って。

でも、なれなかったら一生後悔したと思う。

「本当は編集になりたかったな」って。

新卒編集になれなくて、

妥協して別の職種就職していく学生が多いか

書いてみようと思った。

就職活動、がんばってください。

2017-01-15

「超潔癖主義」の非現実性

くさや問題が表した潔癖主義

ファブリーズの件もそうだが、今の日本は「超潔癖主義」に蝕まれすぎではないかと思う。くさやが臭いのは誰がどう考えても事実なので、地元はこのCMに便乗するくらいでいいと思う。

何かにつけて「地域差別ガー」というバカにはあきれてしまうが、つまるところ地域の抱える不都合な事実を外部が指摘することを拒絶するけつの穴が小さい子供である。それこそ、彼らの好きな言葉を借りれば「言論弾圧愛好家」ではないか。文化や社会には二面性がある。

私が生まれて間もない頃の話だが、1980年代1990年代鉄道文化が洗練されていたという話題がSNSや掲示板で流行している。はっきり言って、不良が巣を作りそうな文化がそこにあったわけだが、それでも鉄道ファンは誇らしく思う。「鉄道王国」も日本文化だと自尊心を持っているはずだ。

本来文化・社会性とはそういうものではないか2000年代新自由主義旋風だって文化や科学技術などの高度化の裏に犯罪の高度化や富裕層人口インフレ問題もあった。2010年代1960年代の再来のようなのムードの裏に貧困問題があった。オートバイブームの裏にはシビアな封建もあった。


オタク文化マイルドヤンキー問題共通点

オタク今日社会全般で受け入れられているという。あれといえば、昭和負の遺産にもかかわらず迷惑者が誰も輩出しなかったことを「世界に誇る日陰者」と自画自賛する書き込みが拡散されたことが多くの人に衝撃を与えたものだった。案の定オタク自身の努力で出世が実現するとスゴイ発言まみれになった。

冷静に考えてほしいのだが、同じ大衆の同胞であるべき人達がそれと村八分にされる時点で、そもそもすごくなんてないのである。そもそもオタクとは昭和時代学歴社会実験の失敗に伴いヤンキーと共に発生した負の遺産である本来ここで必要な発想は、負の歴史として再発防止策を考えることであり、恥かしく思うべきことである

仮にもしオタクがすごかったとしてもそれは個人個人がすごいのであってオタクはすごくないのである社会が立派だったとしても、それは日本人の寛容性のことである。もしあなたが大衆の一員であれば、さほど無関係ではないか

私は「オタクスゴイ」とそっくりな問題を抱えているのが「マイルドヤンキー」ではないかと思っている。地方リア充話題が出ると、なぜか不良とこじつけ話題が出てくる。不良とは縁のない人でもヤンキーのように扱われる、あの変な社会空気である

当たり前だが、リア充すべてが悪人なわけではない。大体ヤンキー本来の意味は実は汚い。もともとはアメリカ人白人を罵る言葉として生まれたものだ。ジャップと同じ意味合いアメリカ人が「ヤ○○」の言葉を使うものとしてとらえてほしい。

マイルドヤンキーに代わる言葉はあるだろ。とんでもなくダサそうな文化を謳歌しているのは一握りの地方民のうちの一部とか、不良経験者だけではないかと思う。あのグダポンの撒き散らす固定概念への批判としてもいうが、私は地方を何度も見てきたが、北関東でもマイルドヤンキーなんて一握りの数しかいなかったよ。

そもそもマイルドヤンキー言葉根底に都会人による地方人への偏見がある。車好きを例に挙げるまでもなく、外国には日本人が思い浮かべる都市部人間殆どいない。むしろマイルドヤンキーの特徴として挙げられる、「買い物先でショッピングセンター依存している」人は日本を出れば都市部ですら腐るほどいる。国土全体で鉄道依存社会が成り立つ国は、日本を除けば、オランダみたいな地形に恵まれる地域シンガポールのような都市国家以外にない。


「超潔癖主義」の究極である子供ファシズム

私はこの潔癖の究極が「子供至上主義だと思う。日本人はみな車嫌いで鉄道好きというおかしな風潮も、子供のために嗜好を装う仕草だという。必死すぎる。大人な人は、それが普通なしょうがないと受け入れるべきではないか。一番ひどいのは私鉄だ。

子供日本人美徳だと、道徳的な人を表す言葉として普及しているが、これはあの押しつけがましい「道徳」と同じうさん臭さを感じて、私は不気味に思っていることである子供って要は非現実的理想の追求であり、病気だ。

そもそも日本私鉄社会の根源は鉄道公有化の失敗だとか戦争連続による財政難だとか、歴史上におけるネガティブもの副産物である。今でも「幼稚」とかいう。それはつまり堂々とした対等な存在としてリスペクトするものではなく、結局これは子供なる年齢を使った言葉で「恵まれない現実にある人達」を見下している、前時代的な、差別を連想する表現である

欧米圏を見ればわかるように、鉄道弱者というか、つまりよそ者、あるいは貧乏人や弱者のためにある公共施設であって、所得関係なしに使うことをよしとする、ましてや商売の道具としてみなす日本おかしいのである

一昔前ですら日本ではここまで「子供」はうるさくなかった。子供大人らしい事由成熟した男女を目指した途上段階であり、気づけば加齢で大人になっていた、あるいは10代ですでに見た目も中身も大人同然という人もごろごろいて、それがわずか15年ほど昔までの常識だった。

あるいは「リア充な美しい大人は好きですか」というように、青年性を脱した兄や姉であるべきだった。正しさではなく「美しさ」が評価された。この美しさという言葉自体清潔を意味するもので今の異常な潔癖主義に通じたのも、もちろん事実ではあるけどね。


不都合現実」を受け入れた理想の発展が必要

特定環境を聖域化し、あるいは特定の人を「聖人」化してみなし、それを潔癖性を極めた発想とともに崇拝し、潔癖と反する不都合な事実を見て見ぬふりをしたり、あるいは無理してでも隠蔽させようとしたり、それを指摘する存在を許さない、あの感覚。グダポンの言葉を借りればこれは畳精神である

昔の高校を題材にした作品から黒髪すっぴんさんの描写を削減し、わざとそうでない人を代わりに差し替える。これも聖域を作る発想に由来することではないかと思っている。

その点、例えば私が韓国学生をみて感動をしたのは、日本において学生というと黒髪が少ないイメージなのかもしれないが、実際には黒髪のおりこうさんが多くいたこと、そういう風潮がそこかしこにあったため、他人に緊張することがなかったかである

バス停留所で会話したローカル若い女性は、なんかお茶目で、自分生活圏にやってきた外国人を楽しませようというホスピタリティがあって、ものすごく魅力的だったが、やっぱり大人オタクで、至上主義のない国のほうがよほど大人も魅力的だなと感じたのだった。

これは地方にも言える。マイルドヤンキーの連中なんてありゃ「普通リア充か重度なオタク」だ。オタク?ってくらい偏執的で、大衆らしさに欠けている。いわゆる元ヤンさえ良くも悪くもリア充らしさがない(事実、彼らが外国に行くとサブカルオタク扱いになる)広い意味での問題なのだ

日本に出てくるテレビタレントには個性らしさがない。オタクがいない(例外はあるが)。根っこからのおりこうさんであることを売りにした俳優・声優がいないし、変わった趣味を売りにする者もいない。誰もがそうなるありのままもないし個人差もない。

これは、日本人一定割合。どちらかといえば韓流ファン経験のある人たちで、同じくマイルドヤンキーか学がありそれなりに品格のあるような人が、ものの感じ方の成熟が遅れたことにあるんじゃないか、と私は思っている。子ども時代や貧乏なときは誰もが感性が幼稚で極端な理想を抱くものだ。

しかし、大人になり、10代になり、豊かになれば、あらゆる体験を通して現実を知るというか、様々な存在を知って、自分自身の肉体と考えの成長もあって、そういう非現実理想を一度捨てることになると思う。代表大学生における運転免許取得ラッシュだ。「免許取得者は学のない人のほうが多い」とか「都会人は一生免許と無縁」の虚構に気づく。

私達ネット原住民的には中二病とか高二病とも揶揄される、つまり冷笑主義にも陥るのだが、その現実実在不都合性を含めた事実の中にある魅力に気づき、そこから新しい夢を見出だしたりするのが、普通の諸外国ならハイティーンか遅くても20代経験する段階で、日本人もかつてはそうだったのではないか

そういうわけで、高学歴だろうと、立派な社会的地位にいようが、年齢が中高年だろうと、マイルドヤンキーと変わらないような潔癖主義理想を振りかざして現実を拒絶したり自由創造表現ユーモアを叩くあの感じは非常に納得がいかない。幼稚な人が多すぎる日本現実がほんとつらいです。


(韓国などの例外を除く)外国コンテンツは、優れた表現ほど徹底的に不都合現実事実に向き合っている。だが、それをただそのまま描いたり、不穏に誇張するだけではなく、そこから楽しさや夢を見出だそうとする傾向があると思う。その際にはお堅い因習を破ることになる。

だがその独創性第一段階にある「お堅い因習を破ること」を全力否定するのがグダポンのいう「畳精神」であり、右派や私の言う「コリアニズム(文化的右傾化)」である。つまりどんな理不尽でもそれがしきたりで、その空間では聖域性を守るために自分が屈しなきゃいけないし、適応しない他者は咎めなきゃいけないという枷を兼ねた同調圧力も発生する。韓流ブームものすごく親しんだ人ほど危ない。

ティーンエージャーになる前の現実離れした理想主義(と、それを理想を向けられた側がそのまま受けとめなければいけないということ)に畳精神コリアニズムはとても相性がいいのである。新しい幼稚な感覚と、古い老いた因習コラボさせると、アニメ漫画特撮ドラマビデオゲームまがいな、子供ヤンキーだという狂うジャパンがあふれるのである

私が現代の日本はともかくとして一昔の韓流華流コンテンツ敬遠したのは、アメリカコンテンツとは違い、理想主義を極めたあのディズニーでさえ、そのテーマパーク映画などに「不都合現実を受け入れた上でのイマジネーション」がないからだ。理不尽もの批判的に描くこともなく、拒絶せずにそれを受け止めることすらしない。現実逃避ありきなのだ

私の記憶する限り韓国中国テレビドラマアニメには、日本人ネガティブ過ぎるとして驚いた自転車乗りの姿が描写されていない。1990年代2000年代(2010年代)に日本型暴走族話題になったが、それを風刺するような作品は出てこない。当たり前だが韓国人中国人オタク風刺するような作品もない(日本ですらオタク風刺作品はあるが)

そういう子どもたちはこうしたコンテンツの変わりに漫画小説(ライトノベルを含む)やゲームいかれた様子を見ることで、それを教訓にすることができるわけである日本作品で言えば喧嘩番長龍が如くに出てくる「不都合現実を誇張した」不健全卑猥日本風景も、実は意外にも理想や夢とどこか通じるものがあるし、その中にもやはり社会に対するメッセージもある。

そう考えると、欧米程でないにしても自由な創意工夫性は日本においてはなんとか健在であり、その自由表現の娯楽を通して成長につながることもできたりし、その上でまた新しい夢が見れるというのが、本当にすごいと思っていて、韓国中国にもそういうクリエティティを獲得するには、まず日本同様に現実至上主義と畳精神解体を加速させることが必要なのだ

2017-01-14

スマホ婚活物語

呼んでもいないのに、また誕生日がやってきた。32歳になった。その時を大宮あたりにある自宅のワンルームアパートで俺は迎えた。

仕事公務員。俺は一浪で、とある無名大学入学し、一留卒業し、さら卒業後に一年公務員試験勉強をして入庁した。運良くストレートで入庁までたどり着いた奴らと比べると、3年余分に時間を食ったことになる。くそ、と思うことはいつもであるが、それでも、出身大学レベルからすれば随分立派な就職先に入れたのでその点は誇りに思っている。なんと言っても公務員は安定している。

まあ、どこかの国も破綻しかけたし、うちの国でもメロンの有名な某自治体破綻したりして、果たして将来も安定か?というツッコミどころもあるが、なんだかんだ自分の定年ぐらいまでは大丈夫だろう。

だべってばかりで働かない職員モンスターなんちゃらに囲まれての仕事は決して楽しくないが、生きていくためだ仕方がない。

ちなみに、一浪した時は、実家があまり裕福ではなかったので新聞奨学生をやりながら、予備校に通った。しかし、この新聞奨学生というのがひどいもので、配達作業時間のせいで十分に勉強時間がとれないという代物だった。今思えば、少し無理をして自宅浪人でもしてれば、早稲田筑波ぐらいならいけたかもしれない。本当に後悔している。

容姿は良い方だと思う。中学時代はそれなりにモテ記憶があるし、男友達からも、良い方だろうという客観的評価をもらっている。

だが、恋愛は不調だ。これまでの人生で一度だけ付き合った彼女美人で、スタイルもよかったし、若かったし(当時23歳だったか)、あっちの方も抜群だったが、いろいろいい加減な子だったので半年ほどで別れた。結婚も考えねばという年齢だったのでそれでは厳しい。その女との出会いは、数年前から流行りの街コン。当時は友達街コン婚活パーティーに出かけて出会いを求めていたが、そこで一度だけうまくいったのがその女だった。

と、それが二年ほど前の話。そう。今、俺の心を占めているのは結婚への焦りであり、結果として婚活自分プライベート時間の多くを占めるに至っている。婚活もいろいろやり方があると思うが、今の主戦場スマホ婚活アプリだ。

婚活アプリでは、それぞれ自分PRするプロフィール写真文章登録し、男女共々、異性のそれを見ることができる。気に入った相手がいれば「いいね」する。「いいね」されると、された相手には通知がいき、運良く相手も気にいって、「いいね」を返してくれたら、晴れてチャットができるようになる。あとはいかにうまく口説いて、「面接」に持ち込めるかだ。

面接」というのは婚活用語である婚活アプリでは、チャットいくらか続けたあとに、アポをとりつけて相手食事に誘い、そこではじめて相手と対面する。そして相手容姿や、学歴職業コミュニケーション能力などを見る。これがさながら企業における採用などの面接に似ているから「面接」などと呼ばれるのだろう。採用活動における面接ではおおむね企業側が一方的に見るものだろうが、婚活における「面接」では、お互いがお互いの値踏みをする。従って、当然ながら、「面接」に望む時の洋服には十分気をつけなければいけないし、会話を弾ませるよう自分の話術を最大限駆使する必要がある。そうでなければ、二次面接」、三次面接」には進むことが出来ない。お祈りメールを待つのである

俺が将来の伴侶に求める点は大きく、1)友達が羨ましがる容姿、2)自分よりも高学歴、3)結婚してもちゃんと働いてくれる人、4)性格がまとも、5)年齢は31歳まで。若いなら若いだけ良い、の5点である特に1)2)5)は重要だ。なぜかって?それは他人に羨ましがられる嫁が欲しいからだ。俺は正直に言って、自分に誇れるものがない。大学へは小学生時代から続けていたスポーツを極めたくて入学したが、結局自分には才能がないことを痛感した。プロなんて夢のまた夢だ。誇れることは、せいぜい、公務員になれたことぐらいである。これがなかったら、ぶっちゃけ、ただのクズなんじゃないかとすら思う。だからこそ、婚活では一発逆転したい。

実際、俺はかなり婚活に入れ込んでいる。中毒といってもいいかもしれない。平均で週に2回程度は「面接」をしているし。婚活アプリも4つ程度を同時並行で利用している。

金もかかる。課金額は月にそれぞれ5000円程度だ。「面接」にだって金はかかる。飲み屋でディナーとなれば、安くても一回4000円は飛ぶ。もちろん支払いは男持ちだ。男女平等が叫ばれる昨今であるが、婚活では関係ないらしい。交通費だって地味に痛い。

トータルで「面接」した人数は50人はくだらないと思う。しかし、未だに婚活は終わっていない。

俺が求めるレベルの女には、一次「面接」で切られてしまう。そのレベルに達していない場合だと、付き合うところまでいけそうということも何度かあったが、どうしても本気になれず、最後まで続かない。

もう本格的に婚活をはじめて3年になる。最近は、周りの友人なども結婚しているやつが多くを占めてきたし、子供ができたというのもFBなどでよく見かける。そういうのを見ると、自分は何をやっているんだろうと思う。俺はちゃんとした家庭を持つことが幸せ重要な要素だと考えているので、何のために生きているのだろうという思いにかられることもある。「面接」がうまくいかないのはコミュニケーション能力が低いせいもあるのだろう。そういえば、うちの親はどちらもコミュニケーション能力に乏しい。遺伝なのか育った環境問題なのか。くそ

しかし、あきらめない。絶対にいい女を捕まえてみせる。

仲の良い友人の1人はそこそこの女で妥協した。しかし、俺はそんな情けないことはしない。

そう思いながら、今日スマホで女の写真を眺めては、取り憑かれたように「いいね」をしている。

2017-01-13

http://anond.hatelabo.jp/20170113175038

それは解るんよ、苦労したかトロフィーワイフが欲しいみたいなんな

言い方が悪かったが自分より頭の程度が低い女みたいなのをいやがってるやつが不思議なん

女は解るよ

男は自分より高収入高学歴の妻にコンプレックスを感じプライドが傷ついて嫌がる傾向があるし、妻が高収入高学歴から自分家事育児を主にとかあんま考えないじゃん

http://anond.hatelabo.jp/20170113173237

お前女か?

「程度低い女と付き合いたくない」ってのは

「ブスと付き合いたくない」って言ってるんだ

「僕は東大出たんだから可愛い子と付き合ッたり結婚したりしたい」って言ってるだけ

(その願いが分相応かどうかはしらん)




自分と同程度の知力・学力収入の女と付き合いたい」

って言ってんじゃねーんだ

実際高学歴高収入成功者的な男性は必ずしも同じもの結婚相手求めないでしょ?




というかむしろ不思議なのは女性高学歴バリキャリ

あの人達結婚相手自分と同レベル高学歴高知力や高収入を求めるんだよね

なんで?

ほんと不思議

そりゃ高卒とかじゃ話がかみ合わなくて楽しくないってわかるけどさ

収入なんか自分がそなえてれば相手に求める必要はないじゃん

収入普通学歴マーチぐらいだけど若くてイケメンがいいな」とかが正しい買い札の出し方でしょ




あいつらは市場原理がわからないのか?

お前ははてなを買いかぶりすぎ

http://anond.hatelabo.jp/20170112204530

はてなトランプ批判って巧妙に、自分たち日本の都合をのっけて、便利なレイシストトランプという肩書を利用してる人いるよなって

ビジネスがうまくいかなくなる、金儲けできない

そんなやついねえよはてなにはな

お前絶対どっかよそから来ただろ

ここはムダに物知りだったり高学歴だったりしながら

社会でうまくやれないというかそもそも社畜が出来ない人間の吹き溜まり

お前がいうみたいな能動的な意識バリバリビジネスやってる奴なんかいねえんだ

中には社会的大物や有名人もいなくはないが

作家気取りの一発屋ドラッカーハゲとか

シュレディンガーシャブを決める大人ミュージシャンとか

人生よれてる奴しかいねえんだ




君らがトランプをたたくとき無意識自分自国)への不利益念頭に考えると思うんだけど

くりかえすが

そこまで愛国的な人間はてなはいねえよ

はてなリベラルリベラルだし、発言動機は「頭悪いと思われないこと」だ

から頭悪そうな発言を繰り返してポリコレ違反しまくるトランプは叩くの

良くも悪くもそれだけ

はてサがいい加減支持を失って袋叩きなのは

あいつらリベラルじゃなくてただの韓国人民族主義者なのみんなうっすら以上気付いてたし

更に最近論理的発言を繰り返すから閾値を越えただけ

たとえば橋本みたいなのは普通にいまでも嫌われてるの




しか写真写りはいいみたいだけど、大統領仕事ってなんだろうって考えちゃうよね

演説うまいとか、アイドルほめてんじゃないんだからさ、そういうほめどころしかないのかねって思う

これって鳩山元首相とおなじだよね

ちょっとリベラル政治家をすぐ「鳩山」っていうの

ちょっとパワー系な政治家をすぐ「ヒトラー」っていうのと同レベル暴言からやめろよ

2017-01-10

http://anond.hatelabo.jp/20170109020155

本文を読むとちゃんと理解しているようだけど、写真家は「知性が求められる結果として」高学歴が多くなったんだよね。

どちらかというと、どこの大学を出たかという文字通りの「学歴」そのものよりは、

作品となる写真やそれに付随するプレゼンテーション評価される実力の世界だと思うので、

やる気があるんなら学があるとか無いとか気にせず、写真の良さで勝負すればよいんじゃないかと思うけど、

先輩陣の出身大学に気を取られるほどコンプレックスがあるんなら、まあ叶わんだろうね。

2017-01-09

http://anond.hatelabo.jp/20170109020155

あくま社会の仕組みとして、「芸術」と見做しうる価値の高いもの高学歴が率先して参加するし、

高学歴が認めるもの芸術足りうるんだよね。芸術ってそういうものから

アニメもさ、製作委員会に関わってる連中は高学歴が多いよ。

お前みたいなドカタは底辺仕事からアニメも作ってるやつは低学歴ばっかり。

指図受けるだけしか能がないやつと同類なのに、ましてや自分で何かを表現する世界なんて生き残れるわけないよねw

写真家には高学歴が多くなってきた。

今、写真勉強をしているが、写真家と呼ばれる人達高学歴になってきたので学がない自分にとっては非常に辛い時代になってきた。

写真家と呼ばれる職業人達が意外と高学歴が多い。ここでいう写真家とはプロカメラマンと呼ばれるような職種人達ではない。

今でこそコンセプチュアルアーティストとも芸術家とも呼べるような写真家達だ。

以前は東京写真専門学校ビジュアル系専門学校卒やどこかのカメラマンのアシから写真技術を駆使しながらも作品を完成し、コンテストに応募し

優秀の美を飾るようなことがステータスだったが、ここ最近写真作品はどれも現代アートのようにコンセプト重視となってきたため、写真技術だけ

ではなく写真言葉ステートメントポートフォリオの見せ方、プレゼンが重視になってきたように思える。

ちなみに写真家大学を、一部挙げておくと。

畠山直哉筑波

荒木経惟千葉大

岩合光昭法政大学

鬼海弘雄法政大学

杉本博司立教大学

鷹野隆大早稲田大

大山千賀子ー学習院

港 千尋ー早稲田大

赤鹿 麻耶関西大学

奥山由之ー慶応義塾

木藤公紀ー東北大学

・・

そのほかにも最近写真受賞をしている方を見るとコンセプトがしっかりしておりとても哲学的視点面白い

プレゼンスタイル高学歴だと簡単だし、コンセプト文章を作るのも簡単なのだろう。

勿論、これだけではないので東京芸大であったり、京都市芸大、その他の多摩美日大武蔵美、大芸大なども

多くいるが、それらの人は芸大できっちりと教育を受けてきた人達ばかりだ。他にも海外写真を学んできている人もいるだろう。

写真ポートフォリオレビューでもフランス人アメリカ人ポートフォリオレビュアーが増えてきており、一通りに

まずは英語が最低でもできていないと自分写真意図が通じない。自分はF欄大卒であるが故に英会話はおろか人のステートメントさえ理解できない、

書けない、プレゼンすらできる能力もない。はっきり言う「バカ」だ。

「明るい部屋」や「写真論」を読んでもプンクトゥム理解できず3行で寝てしまうという始末。

元々、コンセプト写真海外写真家が活発に制作してきたものではあるものの、写真技術センスはなんとかなるが、頭を使って文章を組み立てる

となると元々の良さがあるから努力できない。

特に最近写真家と名乗る人が少なくなってきており、写真芸術とみなし、芸術家自称する人も多いので写真家と呼ばれる人も少なくなってきたように

思えるし、InstagramSNSの発達で従来の写真表現の在り方も日々変化しつつある。それらにもうついていけない。

写真集は集めてみるものの、どの写真が良いのかわからない。自分が良いと思った写真は周囲からは「そんな写真家写真集が良いの?」

揶揄される始末。マイナーホワイトピーター・ウィトキンなどの写真には特に強く惹かれるが未だに「どこが良いの、そんな写真が。」と言われる。

マイナーホワイトが良いと言ってる時点で写真を見る目やセンスすらないのかもしれない。

逆に赤鹿さんや奥山さんの「BACON ICE CREAM」の良さが理解できないと言うと攻撃される。

今後は写真芸術勉強するなんて高学歴じゃないとだめなんだ・・今、気づいた、ああ・・どうしよう。バカなんだな・・。

2017-01-08

詰んだ(あるある)

いわゆる高学歴の人に「やっぱ頭いいんだね~」的な振りに対して

 「そんなことないですよ」と控えめに返す→謙遜しちゃって嫌味だねw

 「ええ、まあ…どうも」と軽く自認しつつ返す→鼻にかけてて嫌味だねw

どう転んでも悪い方向に追っていくことしか考えていないやつに対する効果的な対処法は??

学歴関係ないことを学歴帰着させようという話、低学歴叩きは勿論高学歴叩きにも出てくるし

学歴の話をしてないときでも出てくるからいかが現にして欲しい。

2017-01-06

貧富の格差より深刻な愛の格差

世間というのは、経済格差については比較的深刻に論ずる。

確かに、経済格差というのは非常に深刻な問題であるし、それすら解決できないのかということである

しかし、国を変えれば格差が少なくなるなどと言った個人による自由がまだある。

別に貧困に苦しむ人間自己責任ではなく、周りもどうにかこうにか出来るという選択が必ずある。

しかし、誰かに愛されるという格差というのはどうなのだろうか。

現代において、愛する対象というのは自由である

誰がどのくらい愛されるかという格差が当然出てくる。

最近、笑ってしまうくらい格差が反映されたものと言えば某広告代理店に勤めていた高学歴で見てくれが良い若い女が自殺したということへの世間の反応である

高齢者や男が自殺しても大抵の人間は気にも留めない。

それなのに、この見てくれが良い若い女には皆が妙な正義感を発揮している。

この女性の件で、悲しみ物事を考えているのでは世の中は良くならないのだろう。

大企業富裕層に金を流して、ボトムまで潤わせようとしたトリクルダウンと同じである

結局、上層部が肥え太っただけで終わったが愛の格差だって同じである

大抵、優しくしたい人間は誰かも優しくしたい。

愛の格差というのは大体は性別容姿で決まるというのが自分経験だ。

自分の通う大学でも一生懸命に愛を得ようとしている。

恐らく、愛の格差社会で勝てれば自由制限されても平気なのかもしれない。

憲法改正やら共謀罪なんかどうでもいい。

自分は愛の格差社会で敗北している。

持病の薬の副作用で肌がニキビ跡だらけだ。

そして、顔が大きかったりとプロポーションが悪く醜い。

どうすればいいのか。一生底辺でいろということなのだろうか。

美容整形外科に行けば、服用している免疫抑制剤のために断られる。

愛の格差というものには絶望するだけなのだろう。

ただ、免疫抑制剤をなくすことが可能かもしれないという。

あぁ、愛の格差社会で勝ちたいのだ。

個人主義」じゃ生き残れないやつが死んでるんじゃないか

俺みたいな、発達丸出し高知高学歴みたいなやつ。

なんで今の時代は生きにくいのか何となくわかった。

個人主義で、「俺個人ダメなところ」がまんま出るからだ。

多分、家族主義時代なら、周りからサポート受けながら、なんとか軌道に乗っていたんじゃないかと思う。

2017-01-05

ぶっちゃけると犯罪をしたら普通に拉致されるし何が犯罪被疑者をどう処分するかを決めるのは高学歴

そういう学歴至上主義社会政治に関心がないと言っている奴は負け組

まず論理押し付けられる時点できついし、その論理の中で何が正義かを

決める人は高学歴から東大出なかった時点で人生終了という現実

2017-01-03

http://anond.hatelabo.jp/20160524012315

俺はこのクソババアより高学歴のお医者様だが。

東大の最底辺の癖にイキってるとしか思えなかった。

東大どうこう関係なく、「女の人生イージーモード」これしか言ってねえとしか思えない。

東大アドバンテージだの東大こじらせだのってどうこう以前の、「女はイージーモード」という話以上の何も感じなかった。

同情という感情不公平

同情という感情は不完全なものであるらしい。

少なくとも公平なものではないということは分かるだろう。

広告代理店高学歴な見てくれがいい若い女が自殺したら、世間は反応をする。

インターネット人間新聞も妙な正義感を少しだして、社長が辞任する状況にまでなった。

若い高学歴の見てくれのいい女だからこそ正義感に溢れたのだろう。

男なら、自己責任だとか言ってそうだ。

広告代理店労働環境改善するかもしれない。

しかし、その状況で世間が良くなるとは思えない。

この事件が、世の中をよくするかもしれないだとかいトリクルダウン理論を持ち出す輩がいる。

そんなことはないと思っている。

金融危機のような時の銀行支援と同じようなものだろう。

これで、もっと格差が広がる可能性がある。

2017-01-02

日本を動かしてるのは東京高学歴

知財高裁判例でも見てこい。東京高学歴もの凄さが分かるから

http://kanz.jp/hanrei/search/ip/


[知財] [民事] 平成28(ネ)10079 110ViewsMoreinfo

損害賠償請求控訴事件(不正競争民事訴訟)






平成28年12月21日

知的財産高等裁判所 詳細/PDF

HTML/TEXT

[知財] [民事] 平成28(ネ)10010 99ViewsMoreinfo

特許権侵害差止請求控訴事件(特許権民事訴訟/非磁性材粒子分散型強磁性スパタリンターゲット)






平成28年12月21日

知的財産高等裁判所 詳細/PDF

HTML/TEXT

[知財] 平成27(行ケ)10261 68Views

審決取消請求事件(特許権行政訴訟/非磁性材粒子分散型強磁性スパタリンターゲット) 平成28年12月21日

知的財産高等裁判所 詳細/PDF

HTML/TEXT

[知財] [民事] 平成28(ネ)10054 95ViewsMoreinfo

著作権侵害差止請求控訴事件(著作権民事訴訟)






平成28年12月21日

知的財産高等裁判所 詳細/PDF

HTML/TEXT

[知財] [民事] 平成28(ワ)11697 141ViewsMoreinfo

著作権侵害賠償請求事件(民事訴訟)






平成28年12月15日

東京地方裁判所 詳細/PDF

HTML/TEXT

[知財] [民事] 平成28(ネ)10060 123ViewsMoreinfo

損害賠償請求控訴事件(特許権民事訴訟)






平成28年12月14日

知的財産高等裁判所 詳細/PDF

HTML/TEXT

[知財] 平成28(行ケ)10074 97Views

審決取消請求事件(特許権行政訴訟/畦塗り機) 平成28年12月14日

知的財産高等裁判所 詳細/PDF

HTML/TEXT

[知財] [民事] 平成28(ネ)10068 68ViewsMoreinfo

損害賠償請求控訴事件(不正競争民事訴訟)






平成28年12月12日

知的財産高等裁判所 詳細/PDF

HTML/TEXT

[知財] [民事] 平成28(ネ)10067 105Views

楽曲演奏禁止請求控訴事件(著作権民事訴訟) 平成28年12月8日

知的財産高等裁判所 詳細/PDF

HTML/TEXT

[知財] 平成28(行ケ)10143 86Views

商標登録取消決定取消請求事件(商標権行政訴訟/縁の会) 平成28年12月8日

知的財産高等裁判所 詳細/PDF

HTML/TEXT

[知財] [民事] 平成28(ネ)10031 131ViewsMoreinfo

特許権侵害差止請求控訴事件(特許権民事訴訟/オキサリプラチン溶液組成物ならびにその製造方法及び使用)






平成28年12月8日

知的財産高等裁判所 詳細/PDF

HTML/TEXT

[知財] 平成27(行ケ)10255 95Views

審決取消請求事件(特許権行政訴訟/ケーシングの打設方法) 平成28年12月7日

知的財産高等裁判所 詳細/PDF

HTML/TEXT

[知財] 平成28(行ケ)10011 88Views

審決取消請求事件(特許権行政訴訟/掘削土飛散防止装置) 平成28年12月7日

知的財産高等裁判所 詳細/PDF

HTML/TEXT

[知財] [民事] 平成27(ワ)7051 133Views

不正競争行為差止請求事件(不正競争民事訴訟) 平成28年12月7日

東京地方裁判所 詳細/PDF

HTML/TEXT

[知財] [民事] 平成27(ワ)29158 90ViewsMoreinfo

特許権侵害差止請求事件(特許権民事訴訟/オキサリプラチン溶液組成物ならびにその製造方法及び使用)






平成28年12月7日

東京地方裁判所 詳細/PDF

HTML/TEXT

[知財] 平成27(行ケ)10150 80Views

審決取消請求事件(特許権行政訴訟/炭酸飲料) 平成28年12月6日

知的財産高等裁判所 詳細/PDF

HTML/TEXT

[知財] [民事] 平成27(ワ)29001 98ViewsMoreinfo

特許権侵害差止請求事件(特許権民事訴訟/オキサリプラチン溶液組成物ならびにその製造方法及び使用)






平成28年12月6日

東京地方裁判所 詳細/PDF

HTML/TEXT

[知財] [民事] 平成27(ワ)28699等 74ViewsMoreinfo

特許権侵害差止請求事件(特許権民事訴訟/オキサリプラチン溶液組成物ならびにその製造方法及び使用)






平成28年12月2日

東京地方裁判所 詳細/PDF

HTML/TEXT

[知財] [民事] 平成27(ワ)12415 90ViewsMoreinfo

特許権侵害差止請求事件(特許権民事訴訟/オキサリプラティヌムの医薬的に安定な製剤)






平成28年12月2日

東京地方裁判所 詳細/PDF

HTML/TEXT

[知財] [民事] 平成28(ネ)10066 136ViewsMoreinfo

契約金返還請求控訴事件(不正競争民事訴訟)






平成28年11月30日

知的財産高等裁判所 詳細/PDF

HTML/TEXT

2017-01-01

http://anond.hatelabo.jp/20170101223158

同窓会に出てみるといいかもね。

俺は、一応大卒程度で、他の人間高学歴と中卒に見事に別れていた。

中速の人間は、人生を重ねてきた重みがあって、すごく懐が深そうで、女性モテてた。学歴が高かったヤツは某IT起業の開発部長とすごく出世していた。

皆、同じように楽しく当時のことと今の事を語り合った。

中小企業派遣SEの俺なんかでも、雰囲気モテっぽい感じがしたらしく、同級生女性高学歴の男を放っておいて、俺に誘惑しかけてきたよ。

(まぁ俺ロリから全く誘惑に乗らなかったけど)

恐らく、収入天と地との差はあるんだとは思うが、皆、それぞれの幸せと、それぞれの苦悩を持っていた。

そういう場で、学歴コンプは、恐らく、幻想なんだと、本能に訴えかける何かを感じると思う。というか俺は感じた。

東京はいい街だ

東京に来て、私の人生は何もかも変わった。

東京暮らし始めるきっかけは、大学進学だった。あんまり頭のいい大学じゃなかったけど、第一志望だった。

私は実家を出たかった。両親は私のことを本当に大切にしてくれていたけれど、だからこそ家を出たかった。

でも、家を出て大学に行きたいけれど、どこに行きたいとかは特になかったのだ。やりたい勉強もなかったし、そもそも勉強ができたわけじゃないから、大学を選ぶという意識よりは入れる大学を探すという意識が強かった。

そうして大学を探していると、やっぱり東京には大学が上から下まで数多くあって、私はその中で一番入りやすそうな大学第一志望にした。だから東京にこだわりがあったわけでもなかった、最初は。

両親も特に反対はなく、私を応援してくれた。そんな両親の気持ちがありがたかたから、私はますます家を出たくなった。

そして第一志望に無事合格し、東京に行くことが決まった。両親は、心配からと言ってちょっと無理をして防犯マンションを探してくれた。ただただ家から出たいだけの私はなんだか申し訳なくなったけど、そこは両親に甘えることにした。

そして上京して、私の人生は激変した。

細かく語ると本当に長くなるからやめておくけど、価値観グルグルした。3分待てば次の電車が来るのとか、新宿高層ビル群とか、表参道ブランド店街とか、それまで私の世界になかったものが次々に目に飛び込んできた。この世界には私の知らないものがある、って、初めて本当にわかった。

から地元にはなさそうなバイトを選んで、いろいろやってみた。何かの店員さんみたいなバイト絶対にやらないって決めて、その代わりドラマエキストラ役とか、イベントコンパニオンとか、綺麗なオフィスインターンみたいなバイトをたくさんやった。Facebook友達はどんどん増えていって、しか結構すごい人もいたりとかして、本当に自分の知らない世界が見えたし、自分キラキラしてるって本当に思えた。まるで生まれ変わったみたいに。

就活の時だけ、ちょっと両親とぶつかった。私はこのまま東京就職するつもりでいたけど、両親は地元に帰ってきて欲しいみたいだった。

その時に両親から、なんでそんなに東京にこだわるのか聞かれた。

それでパッと思い浮かんだのは、東京キラキラしている、ってことだった。でもそんな理由で納得はしてくれないと思ったから、東京で夢が見つかったって言った。嘘ではないと思う。でも、そう言ったら納得してくれた。

就活は私の大学くらいのクラスだと苦戦するよ、って高学歴な知り合いの人達が教えてくれたし、確かにエントリーシートとか通らなくて大変だったけど、最終的にはつながりのあった人からの紹介で就職が決まった。これは本当に運が良かったと思ってる。

本当に、私は東京でたくさんのものを手に入れた。もしも家を出たいと思わず地元大学に行っていたら、今ほど私の人生キラキラしてなかったと思う。

東京には、私の人生になかったものがたくさんあった。だから東京はいい街だと思う。

ねえ、お父さんお母さん。

この街で私は本当に変わったと思う。

大嫌いだと思っていた自分を好きになれた。

きっとこれは、家にいたままじゃできない変化だったと思う。本当に最後まで、ありがとう

2016-12-31

高学歴の世界ってなんだろう

http://anond.hatelabo.jp/20161215080543

さらだけど、このエントリおすすめに出てきた関連のいくつかを読んで愕然とした。

旧帝大理系院生をしています

家族親族旧帝大卒はもちろん、東大卒も何人もいる家庭で育ちました。

中学受験をして中高一貫私立に入りました。兄弟も同じ。

おそらく、関連エントリー描写されていた「高学歴の家の子」にあてはまるのではないかと思う。

正直に言って、関連エントリを読んだとき自分気持ちは「悲しい」でした。

私は自分勉強したことを知っているけど、決して頭がいいわけではないことも知っています

高校受験プレッシャーから解放された私は、中学後期から高校前期にかけてろくに勉強をしていませんでした。その結果、大学入試に本腰を入れて取り掛かる頃には散々たる模試の結果ばかりでした。

それこそ偏差値30台だって珍しくなかった。

そして、数年のブランクをたった一年でとり戻せるような頭の持ち主でもなかった私は当然のように浪人しました。浪人中に必死勉強たからなんとか今の大学に入れたわけです。

兄弟も同じです。そして、高校時代の友人も、大学に入ってできた友人も(努力しなかったから成績が悲惨だった時期があったのかはともかく)、大多数はものすごい努力をして成績を取ってきている。

私は高学歴の世界とやらに生まれ特別な人ではないし、優れた何かを持っているわけでもなく、ただ愚直に勉強しただけです。

高学歴の世界だなんて、そんなよくわからないものをいつのまにか背負っているのだとしたら、怖すぎる。

ああでも、勉強できる環境を含めて高学歴の世界だと言われたら、よくわからなくなってしまうなあ

ものすごく傲慢なことを書いてしまった気がする。気を悪くした人がいたら、ごめんなさい

http://anond.hatelabo.jp/20161231055125

勉強しとけば良かったと言うのは、

勉強して成績を取っておけば、今よりもっと儲かった」

意味だね

あとは、高学歴者に対する配慮だろう

高校教師31歳。教科は化学生物博士持ち。

2016/12/30に高校同級生3人と飲んできた。

前日の飲み会に比べて疲れたな。って感じたのは自宅で大学同級生と飲んだのと違って,

名古屋までJR使って足を延ばしたからかな。なんて考えながら帰ってきて,

夜中に酒による吐き気で起きた時に,気づいてしまたから書き残しておく。

高校同級生と合うのはたぶん5年ぶり。31歳。結構あっていなかった。

高校時代,とても仲が良かったし,5年前までは毎年のようにあっていたので自分でも今年誘われたとき

なんで5年も空いたのだろうか。と不思議だった。

メンバー医師,某ビール会社の開発(肩書き付),トヨタ完全子会社のなんか出世約束されたとこ。

世間的にみたらいわゆる受験戦争勝ち組医者以外は国立大(院)卒。

給料手取りで1千万とか,ちょっと足りないぐらいだとか言ってた。

今年は4,5回海外旅行いって,元旦からカンボジア旅行に行ってくる。とか,

結婚するから名古屋の高級住宅地に新しく家を借りた。とか,

新しい車を2回ほど買い換えた。とか,今の日本の景気状況と比べたら別世界のような話をしていた。

別にそれはいい。友達成功話,とても良い事。

でもなんか違和感があった。

アンコールワットには7年前に自分もいった。

石に刻まれ絵画歴史モチーフ。その壮大さに腰が抜けるかと思った。

シャムリアップの人々の生活は豊かではなかったが,良く笑っていた。

市場の人たちは観光地にも関わらず,

だまして売りつけるという空気感は無く,ラオスに通じるおおらかさを見た。

ベトナムホーチミン戦争博物館。すさまじい印象だった。

展示物を見た後に飯がのどを通らず,

うざい声かけしてくるおっさんタクシードライバーも,この戦争を乗り越えたんだと思ったら,

涙がでるかと思うぐらい,愛おしかった。

でも,そんな話は昨日の飲み会では通じなかった。

教科書に載ってた場所には一回行っておきたい。と彼は言った。

自分が行った時の話をさえぎり,俺もその場所旅行したことある。で,どこのホテルに泊まったの。と別の彼は言った。

でも,家のマットレスを40万の良いものに変えたらどこの高級ホテルでも寝られない。といって話は違うところへいった。

どこに行ったのか。何を食べたのか。どこに泊まったのか。そのホテルの格は何か。どんな女を買ったのか。

いくらつかったのか。

どんな贅沢をしたのか。

すべての話は結局そこに落ち着いた。

結婚式を挙げるホテルマリオット,ヒルトンウェスティン。どこが良いかな。

共働き夫婦から夕飯にいつも困って,こんな高いものを食べたよ。

かい4Kテレビを買って,見るものいかyoutubeスロット解説動画をみてるよ。

どうでも良いことで悩んでいるんだな。と思って聞いていた。

でも,さっき気づいた。この話はすべて品評会だったんだと。

俺は他の男と違ってこんな金のかけかたができる。

こんなにも裕福になった。贅沢ができる。で,お前はどうなの?そう聞かれていた。

できない嫉妬なのだろうか。いや,絶対に違う。それぞれはしたければできない贅沢ではない。全部は無理だけど。

彼らは自慢による他人比べでしか自分場所を測れないんだ。

自分を羨ましがってもらって,自分のしてきたことは正しいことなんだ。

自分経験値は間違っていないんだと正当化して欲しいだけなんだ。

そこに気づいたとき違和感があった。

東大で過ごした博士課程の3年間。とうぜん周りの人間東大生ばかり。

受験戦争結果論でいえば,昨日の同級生よりも勝ち組

でも博士課程に進学するだけあって,あまり,分かり易い欲が見えなかった。

でも,こんな経験がしたい。これが見たい。これが食べたい。これが知りたい。

そんな純粋自分欲求をみたすために,全員のベクトルは異なっていたが,貪欲だった。全力だった。

いわゆるマッドサイエンティスト的な雰囲気がそこにはあった。最高だった。

ベクトル自分と違うから見えにくいだけで,そこには確実に,なるべき自分をそれぞれに持っていた。

高校大学時代勉強しておいてよかった。と昨日の彼らは言っていた。

いや違う。君らは何も先人たちの英知を学べてはいない。

ただ,学歴を勝ち取って,そこを卒業し,資格を取り,お金という対価を比較的短い時間と交換できるようになっただけだ。

今,自分が何をしたくて,どう行動して,世界にとって必要ものは何か。何も考えていない。

君たちの言う学問とは何か。世間でいう勝ち組世間でいう高学歴とは,この人たちなのだろうか。

神を畏れることは知恵のはじめ。無知ものは知恵をも諭しをも侮る。

現勤務校にも,卒業高校にも,たまたまキリスト教高校なので,この一句が飾ってある。

勤務校ははっきり言えば底辺校教育困難校卒業高校はまぁまぁの進学校

勤務校における,卒業高校の評判は良くない。

それは進学に力をいれるばかりに,キリスト教教育を怠っているからだと宗教主任は語っていた。

それを聞いたとき,あぁ,そうですか。でもそれは勤務校の生徒がアホだからでしょ。って思ってた。

でもこの評判は,正しいのではないだろうか。

自分キリスト教徒でもない。若い時には宗教アレルギーも強かった。

はいえ,聖書に書いてある諭しや教えの多くも,学問を通じて,経験を通じて,失敗を通じて気づけていた。

から受験で使わない聖書の授業は,宗教の授業は,勤務校の生徒がアホだから「教えてあげなければならず」,

アホじゃなければ「自分で身に着けられる」と勝手に信じていた。自分で作った宗教にはまっていた。

でも恐らく違うんだと気づかされた。

昨日の3人はおそらく,知恵をも諭しをも侮る,無知もの。だと思う。勉強仕事もできるはずなのに。

さな自分価値観を,他人に羨んでもらうことでしか確認できないようになったのはいなのだろうか。

受験戦争が彼らをそうさせてしまったのだろうか。

卒業後の会社が,社会が,そうさせてしまったのだろうか。

たぶん違う。自分若い時,あっち側に近かった。

学部生の時に友人に「お前は資本主義権化だ」と言われた。その時は全く理解できなかった。

だって何か特別なこともしてないし,ものを買った覚えもなかったから。

仲が良かったということは,すくなくとも高校時代あのころは彼らも同じ価値観だったはずだ。

でも昨日の彼らは,いや,昨日の彼らも,資本主義権化だった。見ていて・聞いていて辛かった。

自分若いうちに言ってくれる友人ができて,師に会えて,幸せだったわけだ。

その後,学問の道にすすみ,お金はなかったし,挫折もしたけれど,

自分のやりたいことだけ,やりたい場所で,時間をつかえて自分を見直せてよかった。

大学で何を学んだのか。の差だと思う。教育はすごいと確信した。

ちゃんと書いておく,自分別にそんなにできた人間ではない。

5年間会っていなかった理由をこの文章を書きながら思い出してきた。

2011年に会ったとき東京計画停電自粛ムードどんよりしていた。

そんな中,居酒屋で彼は,原発は動かすべきだ。と言っていた。

でも原発はもう一度壊れるかもしれない。そこには自然があり,生き物がすんでいる。

自分は,人間だけの都合でその環境再生不可能な形に改変してはいけないと強く言っていた。

彼はそんな理由経済の再構築に劣ると言ったと記憶している。

あの時,少しの呆れと絶望を感じたので,昨日まで会っていなかったのだろう。

昨日の飲み会で生じた感情もおそらく同じだろう。自分にとって残念であった。

学ぶ時間は大切だと痛感した。彼らは良い師に巡り合えなかったのだろう。

良き友人らと朝まで色々な価値観のもと,議論できなかったのだろう。

ただ,もちろん,彼らの価値観が間違っているわけでは無いと思う。自分と相いれないだけ。

でも,仲の良かった友人たちが忌み嫌う価値観のど真ん中にいたことは自分にとって残念でならない。

人間は,もっと自然から歴史から,周りの人間から学んでいくべきであるし,そのために高等教育があるはず。

受験戦争に勝つことも,高いお給料をもらうことも,もちろん大切なことの一つであるが,それだけではない。

学問とは,大学とは,高校とは,教育のすべては本来そうあるはずだし,そうあるべきであろう。

良い就職先を探すため,資格を取るため。では絶対にない。

君らの心は貧しい。と言ってあげるべきだっただろうか。たぶん笑わるし,理解されない。

飲み会の席で今の感情に気づいていれば,あの時の自分は言っていたのだろうか。

30超えたおっさん説教しても変わらないのでしなかったと信じている。

熱く語って恥ずかしくなってもっと早く帰っていたかもしれない。たぶん,そうだっただろう。

なんだか教師としての道が見つかった気がする。

昨日までは教科教育に精一杯だったが,なんだかやりたいことが見つかった。

俺は東大出会った先輩,友人,後輩らを作りたい。

あの空間自分の生徒を送り込んでやりたい。一人でも多くの若者自分価値観の狭さを実感して欲しい。

別に東大じゃなくてもその空間はあるかもしれないが,自分があの空間経験したのが東大から仕方がない。

少なくとも一昨日まではその空間が維持されていると聞いているし。

それは私自身が生きやす世界のために必要手段であるあくまでも自分のため。

もうすぐ息子が起きてくる。

彼はどんな世界大人になるのだろうか。

2016-12-30

低学歴人間について差別心のようなものがある

もちろんそれを考える余裕を自分の家庭が与えてくれてて、向こうの家庭はそうじゃなかった、そこに不公平があるのいうのはわかるよ。でも低学歴になる人間ってって本当に9割以上はろくに努力もしないごみくずみたいなやつしかいないって思ってる。公立中の時、この人たち好き勝手振舞って他人迷惑をかけてたよね。わたしは彼らにいじめられたり、好きでもない人に身体触られたりしてすごく嫌だった。本人に自覚がなかったとか環境が苦しかったとか言われても、わたし低学歴心の底から嫌い。許せない。彼らが幸せになるのは許せない。個人として良い人がいるのは知ってる。個別で付き合ってる人はいい人だっている。でもわたし友達にも低学歴いるかわたし差別心がないみたいな詭弁をいうつもりない。わたし低学歴人間にたいしては自分個人的体験だけを理由差別心のような復讐心のようなものがある。彼らが不幸だったり苦しがってたら心の底から飯ウマーとなる。自分でもこんな人間として汚い感情持ちたくないけど、でもこういうのってどうしたらいいの。彼らに対して面と向かって文句を言えぬままここまできた。言ったらふくろだたきにされるのわかってるから言えなかった。だからいつまでもこういう負の気持ちを忘れられない。自分だって嫌だけど、どうすればいいの。日本しねとかなんだとか、弱者ばかり好き勝手ものをいうことが許されて、私たちちょっとでも汚い気持ちを表に出したらすぐ文句言う。インターネット弱者貧乏人と低学歴な人ばっかり好き勝手しててすごく歪んでる。バカじゃないの。バカじゃないの。最近はてなはいかにも低学歴な人たちがうぇーいなノリで目立ってる。吐き気がする。低学歴人間自分とその身内だけよければ周りの目を気にしないで迷惑行為をする。やめろって言ってもこちらをバカに仕返してきたりする。なんのことはなくてこの人たちは大人になったってこいつら何にも変わってないじゃない。大人になるまでろくに他人のためになることせずに敗者復活戦だなんだなとふざけたことばかり言ってる。この人たちがなんで自由に振舞ってるの。あなたたちはもっと自分の行いの報いを受けてよ。地べた這いつくばって虐げられるのがお似合いでしょ。だってろくなこと何一つしてないんだから。今だってろくなこと何一つ書きやしないんだから。消えてよ。わたしの目に入らないところに行ってよ。

高学歴でも嫌な人いっぱい見てきたから本当は低学歴なんて関係ないのはわかってるけど、でも低学歴無料ガチャみたいなもので粗悪品の割合高すぎるのよ

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん