「祖父」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 祖父とは

2017-05-25

http://anond.hatelabo.jp/20170525143506

祖父の代から富裕層してればその通りだろうけど、世の中には一代で富裕層入りしたばかりの新参者結構いるんですよ。

2017-05-23

結局のところ、人間として不良品だって

つらい。つらい。どうにもつらい。

なにをどうがんばっても今よりより良い状態に辿り着ける気がしない。今まで今までなりにがんばってきただろうにそれでどうにもならなかったので今更どうにもならないとしか思えない。生きる才能がなかった。生きることに向いていない。その才能がない。本当に向いているなら今はもっとよりよいじょうたいに或るはずである。そうでないということはつまりこれから生きていても無駄なのではないか

なにか大義のためであったりそうでなくても今よりほんの少しずつ物事をよくしていくために人間は生きているはずなのであるがそれがない。だったら生きている意味などないのではないか? おそらくない。ならばなぜこんなに辛い気持ちを味わってまで生きていなければならないのか?

この辛さがいつか報われて今よりももっとよい状態をいつか手にできると信じられるからこそひとは辛さに耐えられるのではないか。あるいはよほど辛さに前向きに鈍感であるかだ。わたしにはそれがなく今の人生は延々続く責め苦に感じる。自分人生がこれから面白いものになる期待が持てない。どうせ今までがんばってきてそれもなにひとつうまく料理ができなかったのだ。

わたしは凡百の才しか持たぬ。いや凡百以下である就活で失敗したのは、就活という枠組みに適応できなかったという理由なのではきっとなかった。単にひととして劣っているので雇い口がなかったのである自己評価が低いのではない。能力が低いからこそ、評価が低く、評価が低いからこそ、自己評価が低いのである。それほどまでにどうしようもない人間であるからして、生きているだけでそれは無駄なのであろう。

こんなにつらいならきっと死んでしまったほうがまだマシだ。そうであるのに、死ぬとそれはそれでいろんなひとに迷惑がかかる。親は紛いなりにも悲しむだろうし、それはそれとして、昨年祖父葬式があったが、それがひどくめんどうだった。それに親族知人に自殺者が出るというのはたぶんかなり気分の悪いものだろう。中学生の頃に自殺未遂をし、弟に死にたい気持ち吐露したら、親に「そういうことは弟には言わないで」と言われた。当然だ。弟には申し訳のないことをした。愚痴や弱音、希死念慮吐露他人にとっては害だ。わたしは生きていく価値のない人間であるから他人に害なすことは道理に合わない。生きる責め苦から逃げ出したい。けれど他人迷惑をかけることなくこのゲームから降りることは許されない。

ああどうせ死ぬならそのまえに、死ぬ気で好きなことをやってみろって? もうやった。やった。でもなんにもうまくいかないんだよ。なんも楽しくない。映画を見てる最中楽しいけれど、その後はなんにも残らない。結局のところ創造的な営みでなければひとは快楽を得ることはできないんだよ。でもその創造的な営みには才が要る。気力が要る。体力が要る。それがなんにもないんだよね。時間はきっと作ればあるはずなのにね。自分自分を楽しませてやれない。死にたいわ。労力に対して、脳内で分泌される快楽物質の量が圧倒的に不足している。要はコスパが悪いんだよね。でもうつではないと思う。だって毎日自炊をして、出勤してる。要はつまり、単にわたしは生きるのに向いていないってこと。生き物として間違っているということ。

運動?やってるよ。毎日自転車通勤してる。野菜?食ってるよ。大量にたまねぎ人参を刻んで煮込んでスープストックつくって、それにしめじほうれん草カドカ入れて毎日食ってる。瞑想?してるよ。じゃなきゃ、もうとっくに潰れてる。でもね、だめなんだなぁ、これが!

やっぱり、低級市民。やっぱり、負け組。みんな優しいから、そんな君も生きていていいんだよと言ってくれる。でもみんな、やっぱり、わたしよりよほど立派な人間なんだよね。

2017-05-22

本音と建前

母親祖父葬式が続いていた時期、遠方なのでできる限りのことをやっていた。

から、遠いかしょうがないよ、子育て頑張って、と優しい言葉をかけられ申し訳ない気持ちはあったが安心していた。

姉は跡継ぎではないが一時的実家に戻り今は実家の近くに住んでいる。介護葬儀書類親族や客の対応もとにかく色々やってくれた。

帰省の度、ありがとう、大変だったね、と言ってくれた。姉の方がよっぽど大変だろうに。ねぎらったら、とにかくたくさん帰ってきてほしいと言っていた。

今日、私が、末っ子から書類最後にくるムカつく、と言ったら姉が切れた。お前がなにをやった?私はやったよ。と言われた。

そんな風に思ってたんだな、と思った。その後、ひとりで落ち着いてから書類末っ子から最後にくるんじゃなくて一番何もしてないか最後にくるんだ、ということに気づき納得したら、姉の怒りももっともだと思った。

ただ、その流れで出た本音がショックだった。本音と建前が、難しい。もう関わりたくない。

2017-05-21

ハゲ教員ハゲ教員によるハゲ教員のための生き方

私はハゲである。そしてほんまもんハゲになりつつあり、ハゲではなかった時代がある。

遺伝子的に見ても、どの角度から見ても禿ない要素はない遺伝子である。親父もハゲているし、祖父ハゲている。母方の伯父も叔父も禿ている。ハゲ遺伝子の塊である

ちなみに書きにくい話だが、我が息子はハゲサラブレッドである。なにはともあれ30までに結婚することを推奨したい。

こう書いているとハゲであることを克服しているように見えるであろう。でもそうではないのだ。ハゲはじめて8年足らず。まだまだ、自分ハゲていることを乗り越えていない。その証拠にここまで書いていて、けっこう心が痛む自分がいる。ハゲである自分を見つめるのは、小学校の頃に不細工である自分に直面し絶望したそれに近い。

ハゲであるという事実』は不思議なことに『ハゲててもいいじゃないか』という合理的な思いとは別次元のところにあるようだ。コレによる傷はなかなか癒えない。そして残酷なことに小学校教諭である私は、このハゲである自分と常に対峙させられ、ハゲである自分を十分に活かしきって生きなくてはいけないさだめにある。

たとえば、教卓で漢字ノートの丸つけをしている。すると目の前の比較的親和度の高い女子が真面目に「先生ハゲを見るのが心苦しいので顔を上げて頂けませんか」という。申し訳なさそうに。だが言葉を知らないストレート表現で。

たとえば階段。あがっていった先で子どもが待ち構えている。何も言わないがハゲの心は「ハゲで笑われるのではないか」と思う。実際笑われたというオヤジ殿の過去経験を聞いたりする。

高身長自分河童ハゲなので、下から見上げられてもハゲが分かりにくい。だが、上から覗かれると無残だ。ギャップも激しい。

そうするとどういう対策を取るか、が重要となる。そう、ここからは「ハゲ教員ハゲ教員によるハゲ教員のための生き方」だ。まさに秘中の秘。大学では教えてくれないハゲ小学校教員の正しい身の処し方だ。

まず方向性として隠すのはよくない。ほんとに隠してはいけない。

子どもたちは思うだろう。

「隠すほどに気にしている、ハゲ程度で。大人のくせに。頼りないハゲだ」と。

これは教員として致命的である。『お前ら禿たことないくせにハゲの苦しみが分かるのか!隠せるものなら隠したいのは人の情!』そう言いたい、叫びたい気持ちをグッとこらえて、あえてさらけ出していこう。ハゲを。しょうがないのであるハゲから。心にグサグサくるけれどあえて戦う。なぜならハゲ性癖でも性格でもなく、単なる身体的な特徴だからだ。結構な数の男がなるものからだ。隠してはならぬ。

教員として、その姿は見せねばならぬ。

次。

その上で叫ぼう。

先生自分ハゲているという事実に傷ついている」と。「なぜだか分からぬがハゲるということは結構心にくるものだ、君らに分からいかもしれない。先生にも分からない。子どもの頃に自分特別ではないと感じたあの時のような、あの絶望感にも似たものを今、先生現在進行形で味わっているのだ」と。人間として当たり前の情が先生にもあるのだ。こうして傷つきながらも先生はそれを隠さない。その姿勢を感じて欲しい!!との心意気で。

子どもたちはドッカンドッカン笑いながらも「ん?もしかして本当に傷ついているのかな?」と思い始める。

ここからハゲ積極的に前に押し出していき、ガンガンハゲネタで攻めていく。理科の光の実験ときは「先生は鏡なくても大丈夫」とか、暑い日差しときは「先生帽子被らないとハゲ日焼けして皮がめくれるんだよね」とか、テスト時間にシーンとした中で「ペチンペチン」と頭を叩いてリズムをとってみたりする。

ポイントはその度に酷く落ち込んで見せることだ。「またハゲネタにしてしまった」と。たまに学級通信で「ハゲネタにしているけれど、言いながら結構傷ついているんだ」とかサラッと書いておく。

そのうち子どもがきっと言う。「先生ははげー」と。たぶんかまって欲しくて寂しくて何とかこっちを見て欲しい、そんな子が言う。たぶんあんまり能力がない、コミュ能力も含めて。

そういう時は「そうだね。とっても傷ついたよ。○○君が先生を傷つけようとした気持ちはちゃんと受け止めたよ。うん痛かった。」と悲しい目をして伝えてあげよう。怒ったりしてはいけない。淡々と。静かに。理由ハゲを隠さな理由と一緒。

たぶん、二度としてこない。もし繰り返したときは周りの子が止めはじめる。

ネットで調べていたら「ハゲ」と「チビ」は同じ漢字が当てられるらしい。「禿げ・禿び」である。そんなネタを見ていたら、ついうっかりハゲ自撮りしてしまった。

明日はこの話「禿げと禿び」の漢字を朝のお話にしようと思う。

2017-05-19

http://anond.hatelabo.jp/20170519121446

両親祖父母親戚に、高血圧による脳梗塞心筋梗塞その他で死んだ者はおらんかね。

必ずしも 減塩料理=味が薄いというわけじゃないけど、健康的な塩分量を摂れる食事を目指すと、薄味になってゆく。

それから奥さんを傷つけない方法だが、

今まで言えなかったごめん・・・ダメだ。

なんだか以前より味の濃いものが苦手になってきた。年を取ったのかなぁ・・・的に味覚の変化を理由にして

薄味が好きになってきた感を醸し出そう。

http://anond.hatelabo.jp/20170519024441

全てがそうとは限らんな。

「家が貧乏ネグレクト受けてた」みたいな金持ちを僕は知ってるし、うちは祖父母が地主で、親も年収1000万あったけど、姉も俺も姉弟揃って安月給。

生育歴が将来に与える影響は大きいと思う、親が金持ってたほうが質の高い教育を受けさせて貰えるし、その方が成功する確率は高い。貧乏人の周囲の人間貧乏人ばっかりで、金持ち周囲の人間金持ちばっかり。人間性って周囲の影響かなり受けるから貧乏人家の子金持ちになるハードルは確かに高いし、金持ちの家の子の方がアドバンテージはある。実際、統計上も親の年収は子の年収比例してる。

ただ、貧乏から金持ちにのし上がった人の根性は素直にすげーって思うし、そういう根性、正直持ち合わせていない上に、今に状態から自分金持ちにのし上がるには、同じくらいの根性ないと無理だわって思ってる。

2017-05-18

http://anond.hatelabo.jp/20170517224249

他人の行動ばかり監視して、他人の話ばかりする人間

女だとこれはよく分かるんだけど(というか都会でも女ってのはそういうもんだ)、男でもそういうもんかね?

自分もド田舎出身だけど、親父や祖父が寡黙だったせいか他人の話をする田舎の男像ってのがよく分からんわ。

まあ他になんにもないから、近くの事件が唯一の刺激みたいなことになるのはわからんでもない。

2017-05-14

愚痴以外の何物でもない愚痴

親父の父親自分から見たら祖父)が亡くなって、相続が発生した。

こう言ってはなんだが、親父の兄弟はみんな一癖二癖ある連中なので、親父は面倒を嫌い相続放棄をしたいと言い出した。

それはいい、制度の事もよくわからいからこっちに調べてくれと頼むのもいいさ。けれどもね、調べた結果こうして欲しいってこっちが言ってるのに

「なんでそんな金を払わないといけないんだ」「なんで俺がそんな事しなきゃいけないんだ」っていちいち噛み付くのやめろよ。

そもそもお前の相続なんだよ、俺は一銭ももらえないの。それなのにわざわざ調べて、後に禍根を残さない様にってやってやってるのよ。

家裁却下されたら、次は2週間以内に高裁即時抗告の手配をしなきゃいけない。もう面倒くさい、死ぬほど面倒くさい。

そもそも被相続人の死後に口座から入院費出したら、相続したとみなして相続放棄できないかもって日本法律って本当にアホなのかと言いたい。

それを杓子定規適用する家裁の奴ら、お前らもアホだよ!いいから早く放棄認めてくれよ、頼むからさ。

2017-05-08

収入が増えてきたのでユニクロ卒業しま

いかにもなタイトルを打ち込んでみたが、最近徐々にユニクロを買わなくなってきている。

昔は本当お金が無かったので、ユニクロ・GUだったが、最近ようやっと収入が増えてきたので高めの洋服も買えるようになってきた。

また結婚をしてから更に経済的余裕が出てきたので、これまで手に取ることもなかった良い物(といってもたかが知れてるが)も購入出きるようになり、徐々に物の良さというのが分かってきたような気もする。

良い物を作る人、会社にはそれなりのお金を出して支えるべきという祖父言葉最近分かってきたような気がします。

はいえ激安にはお世話になっているので偉そうには言えない。。。

親の死が怖い

GW実家に帰ったら、両親が以前よりも老けていた。

白髪の量は増え、父親の首筋から胸にいたる部分は痩せたためか、血管がよく見え、死んだ祖父晩年に似ていた。

両親ともに69歳。

平均寿命までは10年あるけど、平均健康寿命までは、母は4年、父はあと1年しかない。

親の死がいよいよ間近に迫ってきている。

親が死ぬ時のことを考えると怖くて仕方がない。

2017-05-07

安倍総理自民党詐欺宗教統一教会」とべったり

統一教会から信者に配られたFAX

山谷先生安倍先生なくしては私達のみ旨しは成就出来ません」

「ここに来て日本会議、仏所御念の票もばらけるようでございます。」

統一教会安部晋三やその取り巻き日本会議は密接に繋がっていて不可分の関係にある

マスコミはこのことを解っていても一切報道しない。

統一教会は90年代前後霊感商法と呼ばれる詐欺を行っていた宗教団体

この壺を買わないと不幸になるとか言い、脅して原価2~3000円の壺を7,8万円、時には2.30万円で売っていた。

日本ではこの統一教会による霊感商法破産した人も多く、訴訟も多数起こった。当然、賠償命令も。

教祖文鮮明という韓国人。実は安倍総理祖父岸信介とも親交が深く、安倍官房長官時代には、電報を送るほどだった。https://youtu.be/MMjRmzYP5A4

お父さんいません

幸いにもそんな意地悪だったり無神経だったりする人に出会ってこなかっただけと言えばだけなんだけど、

「うちお父さんいません」って言ったらそれ以上掘り下げる人はまずいなかったし、私も面と向かって誰かに話せることだとは思わないので、

なんかの流れでそこまでは言っちゃってもそれ以上詳しくは話さない。

というか「お父さんいません」だけでも十分「えっなんかごめん…」みたいな感じになるので、

たとえ言いたい気持ちになっても結婚したい人(にはさすがに言わないとだめだよね?)とか以外には正直には言わないと思う。

父が自殺して10年以上になる。小学3年生だった私は帰宅したら首吊ってるのを見つけて119番通報した。

電話発見してすぐできたんだけど、降ろしてあげるっていう発想がなぜか出なかった(そのとき家には私と父だけ)。

あのときヒモ切ってたら生きてたかもしれない。発見時点でまだ生きてたのかとかよく考えたら知らないんだけど。

とりあえず返事はしなかったし動いてはなかった。当たり前だけど尿で床ビッシャビシャ。尿って知らなかったけど。

父の顔とか声は2年も経たないうちに思い出せなくなってることに気付いた。はえーな。

遺影に写ってる人はちょっと若めのときっていうのもあるかもしれないけど遺影の人って感じ。アルバムとかビデオは見る気にならない。

母はそれ以前から正社員で働いていたし、貯金とか両祖父母・親戚の助けもあったので、

生活ぶりにはさほど大きな変化もなかったし(少なくとも私視点では)、大学にも通わせてもらってる。ありがたい。

そういえば親とか死ぬクラスとか部活で発表あるのマジで謎。あれなんなの? なんか意味あるのかな。普通に不愉快だったしドキドキした。顔伏せてた。

自殺だって言っちゃいけない、病気でって言えって母とか親戚に言われたけど、隠し事しなきゃいけないから人との間に壁みたいなものを感じる(ポエム)。

話がウロチョロして申し訳ないんだけど、ここからが本題というかなんか言いたいなと思ったきっかけの話。

大学で知り合い以上の人とは、相手アカウント持ってさえいればTwitterフォローしあっている。

その中の一人の、一応友達くらいの距離の子は、潔癖ってくらい真面目で、勉強にもバイトにも趣味にもストイックな感じ。

仲がいいってほどではないと思うけど、そんなかっこいい彼女のことは好きだ。

の子に何が問題あるのかっていうと別にない。できた人間だし。でも彼女Twitterでのつぶやきを見てるとしんどいというか羨ましいというかモヤッとしてしまう。

彼女は両親にしてもらったこととか、感謝する旨をわりとよくつぶやく

ぶっちゃけ愚痴に対しても父親がいていいなと思うことがありはするので(他人事から)、もう素敵なお父さんぶりなんていいなーの極みなわけです。

私は誰にも相談しない。母はお互いいくら言葉を尽くしても私の気持ちいまいち理解できないとこがあるらしいし(本当に感謝してるし大好きな母ですよ)、

なんていうかもう諦めてる。たぶん逆も然りだろうから申し訳ない気持ち

母が理解してくれないことは誰にも理解してもらえないって思えて、友達とかにも全然相談できない。

そんなことないだろうって頭では考えるんだけど、どうしてもできない。めちゃくちゃ怖い。楽しい話だけしていたい。楽しくさせてもらってるだけで十分以上。

私ごときがそれ以上のこと要求するとか図々しいじゃん。そんなことないかもしれないけど拒否感がヤバい

こうして増田に書くだけでも私としてはかなり頑張った。みなさんの時間を奪ってすみません

あと、なんかそういうこととか、自分の本当のことを話そうという気持ちになるとすごく涙が出る。今もちょっと泣いてる。

泣くの恥ずかしいし泣いたら話せなくなるし、私のクソみたいな悩みで他人時間を奪いたくないし、暗い気持ちにさせたくない。

好きな人ならとりわけ。こんな話したら元に戻れなくなっちゃうじゃん。さっきも書いたけど友達とは楽しくしてたいんだよ。

カウンセリングとかは行きたいなと思ったことは何度もあるけど、大したことじゃないって言われたら死ぬから行けてない。いや言われないんだろうけど怖い。

でも次もっと頑張るとしたらカウンセリングだろうな。

中学1年のときに一瞬不登校してたんだけど、そのとき母は「なんかあったの?」って聞いた。

事件とかは何もなかったので、私は何もないとしか答えられなかった。なんかよくわかんないけど学校行きたくなかった。甘えって言われても仕方ないくらいだ。

今も大して変わってない。非常に漠然としている。

ときどきグルグルするんだけど、きっかけとか理由とかよくわからないことがほとんど。よくわからないので上手く言えない。

これかな?と思っても大したことじゃない気がして、今悩みとか特にないなって結論する。だから私は悩んでないので相談とかするほどのことじゃない。

日常生活の中で父がいなくて困るということはほとんどない。いないこともとっくに当たり前になってる。

死ぬ前の父は心身共に病んでて私には怖かったので(申し訳ないことです)、いなくなって安心した部分だってある。

でも私にはお父さんいない。あの子が悩みを親に相談していいアドバイスもらってそれを感謝してるのを見ると自分がすごく嫌いになる。元から嫌いだけど。

まあ母は元気でいるし私を養ってくれるし、祖父母もまだ元気。天涯孤独だって人も世の中にはたくさんいるし、もっとつらいことがあった人もたくさんいる。

それにかわいそうとか思われるのも嫌い。今はなんとも思ってないし。

いや、なんとも思ってなくないからこういう文章を書くんだろうけど。普段生活では意識していないことの方が99%でも、残りの1%くらいは確実にある。

彼女は悪くない。でもミュートした。ミュートしたんだけど時々見ちゃう。リア垢もう消そうかな。

2017-05-06

愛に気づいた。

ゴールデンウィークから実家に戻った。

正月以来だった。

正月に会った時は何も感じなかった。

きっとその時は正月というイベントの一部だと感じていたのだろう。

でも今回のゴールデンウィークを終えて、家に戻ってふと涙が出た。

少し寝て、起きて、今これを書いている。

親は私を受け入れてくれていた。

少なくとも今は受け入れてくれている。

私がどういう人間なのかを受け入れてくれている。

今の自分を一番受け入れてくれているのは親だ。

親を失えば、私を一番受け入れてくれている人がいなくなる。

それはとてもさびしい。

インターネットの知り合い、昔の友人、彼らには親に見せていない自分を受け入れて貰っているが、それは精神の裏側の部分だ。

肉体の表側、精神の表側にいる自分を受け入れてくれているのは親だ。

心の内側に居る自分は本当にたまに少しだけ受け止めてもらえるだけでもいい。それは本やSNSで同じ価値観を共有している人がいるのを知るだけでいい。

だけど、世の中に出している表側の自分は、定期的にしっかりと誰かに受け止めて貰う必要があるようだ。

外側に出しているからこそ傷つきやすい。否定されやすい。お前は認めないと日々何度も浴びせかけられる事になる。

滅多に出さない内側の姿と違い、日々傷つき続ける表側の自分には、はっきりと受け止めてくれる人が必要なようだ。

だけど、親はいれいなくなる。

母は自分から見ての祖父母、母から見ての両親をずっと前に失っている。

それでも今母が表面上元気に暮らしているのは、自分と父がいるからなのではないだろうか。

確かに自分はよく母に突っかかるが、それでも存在を認めないような態度を取り続けてはいない。

父も同じだ。

子か配偶者がいれば、誰かが自分を認めてくれるのだ。

だが自分には子供はいない。

配偶者もいない。

ふと、子供が欲しいと思った。

子供自分が受け止める時、子供を受け止めようと思った自分気持ちが、内側から外側を突き抜けて自分を通り抜けていくんじゃないかと思った。

その時、その気持ち自分も感じるのではないだろうか。

自分が誰かを受け入れる時、誰かを受け入れる気持ち自分も感じるのではないだろうか。

愛とは、それを誰かに与える時に自分身体から通り抜け、自分にも愛を与えるのではないだろうか。

自分が何かを愛する時に感じたあの快感は、誰かから同じように愛される感覚に似ているのかも知れない。

まり自分にも子供が居れば、人が人を受け入れる感覚に対して飢える事はなくなるのかも知れない。

ふとそう思った。

勝手かも知れないが、生まれて初めて、子供が欲しいと思った。

自分の中にある子孫繁栄の回路は長らく断線していたが、それが繋がりつつあるのを感じる。

恋愛社会的立場本能自己実現、そういったルートを通って子孫繁栄を目指す回路はとっくの昔に断線したままだった。

そうしてずっと錆びつかせていた。

そこに電気が走った。

新しい道を通って、子供が欲しい、家族が欲しいという気持ちが生まれた。

今まで、家族が既にあったから気づかなかったのだろうか。

私の家族はいつか失われる。

しかしたら、今まではもっと早く死ぬつもりだったから、自分より先に親が死ぬことを想像していなかったのではないか

長く続きそうな仕事にありつき、長生きの目が見えてきた。

そうしてようやく感じた。

いつか自分孤独になる未来を。

その時自分はどう生きるべきかを考えてしまう。

誰か私を受け入れてくれ。

本や映画SNSメッセージを詰める形ではなくて、私の目の前で私を受け入れてくれ。

安倍総理自民党詐欺宗教統一教会」とべったり

統一教会から信者に配られたFAX

山谷先生安倍先生なくしては私達のみ旨しは成就出来ません」

「ここに来て日本会議、仏所御念の票もばらけるようでございます。」

統一教会安部晋三やその取り巻き日本会議は密接に繋がっていて不可分の関係にある

マスコミはこのことを解っていても一切報道しない。

統一教会は90年代前後霊感商法と呼ばれる詐欺を行っていた宗教団体

この壺を買わないと不幸になるとか言い、脅して原価2~3000円の壺を7,8万円、時には2.30万円で売っていた。

日本ではこの統一教会による霊感商法破産した人も多く、訴訟も多数起こった。当然、賠償命令も。

教祖文鮮明という韓国人。実は安倍総理祖父岸信介とも親交が深く、安倍官房長官時代には、電報を送るほどだった。https://youtu.be/MMjRmzYP5A4

2017-05-01

母がちょっとおかしくなった

母は祖父から引き継いだ会社取締役をしていた。シングルマザーとしても私と妹を必死に育て上げてくれた。

しかったので旅行とかクラブ活動なんかはあまり一緒にできなかったけど、それなりに楽しい子供時代だった。

そんな母も会社M&Aで売却して引退した。ぜひとも第2の青春謳歌して欲しい。

と思って実家に帰ってきた。

積もる話もあったので色々話し込んでいたのだがどうも言葉の端々に引っかかるものがあった。

気功先生が〜

韓国人が〜外国人が〜

投資が〜

セーフかな。セウト?アウト?

銀行巡り

今日銀行巡りをした。祖父母の孫貯金を一箇所にまとめてきた。地元から離れてしまったため、休暇を機に一気に済ましてきた。

ほとんどは地銀だったのでとても面倒だった。なぜ一箇所にまとめて定期預金にしてくれなかったのかはよく分からないが(しらばっくれ)とにかく面倒だった。

どこでも引き落とせるようにメガバンクに全てお金を入れた。ついでに最近引っ越したので住所変更もしてきた。

メガバンクはすごい。無人機械で住所変更まで出来た。地銀はひたすら紙に名前とハンコを押し続けた。腐ってもメガバンクだ。

地銀にもメガバンク並みのテクノロジーを導入して欲しい。無理だと思うけど。

結局祖父預金は親に没取され自分名義のメガバンクの通帳も実家に置くことが決まった。

あと二個あるからいいけどさ。

2017-04-29

http://anond.hatelabo.jp/20170429100156

id:lli さん

どうもです〜〜〜〜

西側陣営である韓国籍を敢えて選んだご両親や祖父母様が

現代では北朝鮮の影響下にある朝鮮学校に通わせることに対して葛藤とかは感じないのだろうか、という疑問がありました。

Eizo0000さんがアメリカ留学された際にされたように、韓国籍のほうが単純に利便性が高いだろうと判断されたのだと推測してますがあってますか?

先のを書いてるあたりで、あれ?なんかズレてるかもってなりつつ"経緯というか朝鮮学校に通う韓国籍がいる理由ってかんじになっちゃってるけど。"ってなってましたね。。。

西側陣営である韓国籍を敢えて選んだご両親や祖父母様が

現代では北朝鮮の影響下にある朝鮮学校に通わせることに対して葛藤とかは感じないのだろうか、という疑問がありました。

ふーむ、これはどうなんすかね。人それぞれかと思いますが、朝鮮籍韓国籍わず通わせる両親側に多少葛藤はあるんじゃないですかね。まぁでも通わせてるのは最初増田に戻って親の意志ですからねぇ。で、そこからエスカレーターってのもあり。。。

少子化ってのもあるかと思いますが、まぁ年々生徒数減ってるっぽいので、そういうところに葛藤というかまぁなんかそういうのは表れてるかと思われます〜〜

子供いないので直接わからないですが(できても通わせるつもりはない)、通ってる親戚に対する葛藤はありつつ、高校まで行くつもりは無いって言ってるので、お、受験がんばれ!ってかんじです。

で、経緯ですね。まぁわからないんですが、と前置きしつつ、

ちと書きながら経緯というかメカニズムについて考えて、超単純に言うと、朝鮮学校に通った親は子供朝鮮学校に通わせるっていうのがあるかと思われますー(日本学校に通わせる「朝鮮学校を出た親」も当然います)。逆に言うと、日本学校に通った親が朝鮮学校に通わせるのはいないことはないけど少ないかと。

ってことで、今4世〜5,6世ぐらいかと思いますが、なぜ朝鮮学校に通わせたかってのは1世まで遡るんじゃないかな。

1世2世タイミングか、1世のおじいちゃんが存命中におじいちゃんの意志も汲みつつ2世3世タイミングで、子供朝鮮学校に通わせて、その親がその子供に通わせるってかんじ。

なので、その時にどういう意志があったかはちと聞いてみないとわからんすね。

「通わせる」ってところでは、パスポート上の国籍あんまり関係いかも。ちょい当時の情勢とかまわりにどういうのが集まってたコミュニティ要素とかもあるんじゃないかな。同族同士で助け合ったりみたいなコミュニティの繋がりはたぶん強かったのかと。想像ですけど。

韓国籍のほうが単純に利便性が高いだろうと判断されたのだと推測してますがあってますか?

利便性は確かに韓国籍のほうが高いかと思われますが、それが1世段階でどうだったのかは謎すねぇ。

おれみたいに3〜5世ぐらいで朝鮮籍韓国籍に変えるってのも結構いるかと思いますが、完全に利便性かと思われますー。まぁなんかパスポート取るとき兵役免除許可がどうとかで時間かかったりめんどいのもあるんですけど。。。

ってかんじっす〜〜

http://anond.hatelabo.jp/20170428131558

id:Eizo0000 さん

複雑な背景をドラマチックかつ丁寧に書いて頂きありがとうございます;-)

自分が誤解しているかもしれないのですが、戦後自動的(?)に付与された元々の朝鮮籍のままでなく、

西側陣営である韓国籍を敢えて選んだご両親や祖父母様が

現代では北朝鮮の影響下にある朝鮮学校に通わせることに対して葛藤とかは感じないのだろうか、という疑問がありました。

Eizo0000さんがアメリカ留学された際にされたように、韓国籍のほうが単純に利便性が高いだろうと判断されたのだと推測してますがあってますか?

国籍とどこに通わせるかはあん関係いかんじ。」というのが答えかもしれませんが。

2017-04-23

祖父母も祖父母も前日まで元気である眠るように亡くなってた。

そんな我が家にとって介護問題北朝鮮ミサイルよりもずっと現実味がない。

2017-04-20

じゃあ男の成功例を紹介する。

http://anond.hatelabo.jp/20170420151301

ちょっと特殊だとは思うけれども、男の例を紹介しておく。

地方都市出身。男。大学生。妹たちがいる。

両親は士業系資格持ちで開業しているが、自分小学校高学年ぐらいになったころから収入が怪しくなってきた。独立開業してるってのは、ほんとリスキーなもんだな。両親ともに同業のなかではそれなりの立場にあったもんからプライドかいろいろが邪魔したのも余計に厄介だった。

現在の親の収入は、、、、大学授業料免除申請が全額免除で通ったりすることもあるぐらい、だ。なんと元増田よりひどいじゃないか・・・。母のほうは外にパートに働きにでていたこともあったが、稼ぎが月数万レベルしかならなかったことと同僚にいじめられたことにより、本業のみ。とはい本業のほうは、、、、仕事さえあれば月に5万ぐらいは稼ぐときあるかな、なんていうレベル

祖父母×2は存命だが、国民年金しか受給しておらず彼ら(別家計)はおおむねマイナス。家からの持ち出しが続く。

父は微アル中+微DV創価で、母は収入が父頼みであることもあって強く出られないでいる。

そんな家庭だったが、自分はほどほどに勉強はできた。高校のころには父は週一ぐらいで酔ってぐだぐだと説教しにきてはいたが、逆に言えば週6ぐらいは勉強できるゆとりがあった。そんなわけで必死勉強し、高校での成績はよかった。

受験の際には最高B判定だった第1志望国立医)と、A判定(一桁順位しかだしたことがなかった滑り止め(国立医)をうけた。

ところが落ちた。滑り止めにすら落ちた。第1志望はまだ許せる。しかし滑り止めに落ちたのはちょっと耐えられなかった。

そうして自分うつになった。浪人うつ浪人脱出しないと治りそうもないのに、治らないと脱出もできない。地獄だった。勉強はしたいのだがどうしても身が入らない。死にたいとばかり考えていた。

そんなこんなで浪人して成績はガクンと落ちてしまったのだが、そうはいっても腐っても鯛とでもいうか、まだ国立医学部にいけるレベルの成績ではあった。秋頃に防衛医大をおさえて地獄脱出の糸口をつかみ精神崩壊をおしとどめながら、なんとか翌年の春には大学へと入学した。

大学1年目には寮にはいった。奨学金は月15万借りた。親から援助は一切ないため、学費5万家賃5万生活費5万ぐらいの計算だった。寮だったため家賃生活費もっと抑えられたが、寮の環境はうわさに聞いていたため、途中で退寮することも視野にいれての金額だった。

寮生活はまあ楽しくはあった。深夜であろうと爆音音楽が聞こえてきたり、麻雀部屋から酔っ払いが這い出してきたり、飲み会では1人1人に一升瓶が用意されていたり工学部7年生とかいう輩に絡まれたり、寮自治のための集会が毎週あったりはしたが、そういうのには耐えられるタイプだった。耐えられないやつは1か月でいなくなった。耐えられた奴も半分以上が進級できていなかったが・・・。

寮生活で浮いた奨学金で、免許取得費やパソコンの購入費、2年目の引越資金もろもろなどを用意し、2年目には退寮した。

2年目から生活がカツカツだった。ネット回線高い、プロパンガス高い(家賃重視で物件を選んだのは失敗だった)、家賃の支払いがある、云々。バイトに精をだした。

すると後期になって授業料免除が通らなかった。自分収入のせいで免除基準を超えてしまったらしかった。全額・半額免除基準境界ぐらいの家計所得だったはずなのに・・・。下手するとバイトしない方が収支はプラスだったりしえた。加えてバイトのせいでテスト1個1個で死にそうな思いをしていたこと、そしてなによりきちんと勉強できず欲求不満だったこともあって、もうバイトはしないことにした。

3年目からはまあ満足できるぐらいには勉強できた。ついでに成績もあがった。このころになって給付奨学金というものがあることに気付いたが、そういうもの大学の推薦が必要で、いろいろと画策したが指導教官の推薦をえることが難しく、大概は諦めた。いや、うちの学部指導教官かいないんよ。名目上は各学生教官が割り当てられてはいるけれど、会ったことすらないし。調べてみたら自分担当はかなりのお偉いさんで、全然会えないし。それでもメールして訪問してメールして訪問して云々してなんとか1枚推薦状をもらえたが、なんと奨学金選考のほうで落とされた。収入も成績もGPAも悪くなかったと思うのに(収入は悪いかw)・・・、まあ「給付」は狭き門から仕方ないかとあきらめた。しかし推薦状の確保が大変すぎて他の給付奨学金へのさらなる申請も同時にあきらめた。

なお、我々には将来の就職先さえ決めれば、自治体病院から奨学金がもらえるという制度がたくさんある。そちらのほうは1年生のときから検討はしていたが、金額のいいどこかに身売りするなんてことはさすがにプライドが許さなかったし、かといって15年先まで見据えて自分希望に添うwin-win案件をさがすなんてことは大学入学時には考えることができず、見送っていた。3年生ぐらいで地元に戻ってもいいかななんて思って地元の県のもの申請してみたが、県外大学生×中途採用×自治医大合格辞退(←主にこれのせいだろう)のためか、通らなかった。

親はあんなやつだが、息子になんの援助もしていないことに負い目があるのか、所得証明書なんかは用意してくれる。それには地味だが大いに助かっている。帰省して自分で取りに行くのは大変だし、なにより費用がかさむ。あ、親は帰省すると5000円ぐらいお小遣いをくれるが、それでは交通費ですでに赤字だ。

大学同級生は、平均としてお育ちが良い。初心者マークつけた新車レクサスSUVとか案外よくみる。とはい大学生活していく分には今の自分のカツカツ具合でもそんなに問題はでていない。さすがに彼らと遊びに行ったりすると諭吉さんがポンポンとんでいくから付き合いきれないが、幸か不幸か自分はどちらかといえばひきこもりタイプネット回線パソコンさえあれば満足していられ人間趣味に金がかかるなんてこともなく、同級生はつきあいの悪いやつとは思われているとは思うが、まあそれぐらいの認識しかされていないと思う。ついでだから言わせてもらえば、執拗に昼ご飯誘うのやめてくれ家計破綻するわ。

とまあ自分はこんな感じで生活している。朝昼晩ほとんど自炊なのにもかかわらずエンゲル係数は80%超えていると思うが、PCタブレットも所持できているし、ほかに欲しいものなんかなく、現在のところ生活していてとくに不自由を感じたことはない。

しかし同時に、自分のような生活ができるのは限られた一部の人間だと思うし、1000万を超える借金を背負ってもそれほど心配せずいられるのは医学部という特殊環境いるからだとも思う。そんな自分でも、留年したら奨学金がとまってすべてが詰むことはひしひしと感じているから、進級判定はつねにふるえるほど怖いし国家試験も怖い。他学部だったらそこから就活なんて大波乱がさらに控えているんだろうから、それには自分でも耐えられる自信はない。うつ再発しそう、むり。

妹たちは自分とはちょっと年が離れているから、まだ高校生とかそんなもんだ。やつらは自分なんかよりはずっとできはいいが、とくに下の妹はメンタル豆腐から自分のような奨学金自転車操業をしなければいけないことになったら1週間で精神を病んでからの休学→退学の未来が見えている。しか文系から不確定要素が自分よりも高いときている。元増田をみて、やつらは自分が見放したらこんなかんじになってしまうのかなと改めて思わされた。

兄としては、かわいい妹たちにそんなことはさせられない。当然だ。

しかしだ、いわゆる有名病院のなかでは給料高いっていう虎ノ門とかでもちょっと給料足りなくて選択肢からはずさなくちゃいけなくなるけど、でもそこら辺の市中病院ならもっと高いとこ全然あるし、ワイちゃんの考えているいきたいとこランキング1位の某野戦病院もそんななかのひとつだ。

妹たち、安心して東京に進学していいぞ。応援してる。おまえらがそこら辺でくすぶってるなんて、世界の損失だからな!

2017-04-18

東京に行ったまま地元に帰らない人の理由

学力があり、実家から通える場所にある大学入学するのは楽だがもったいなかった。小学校の学区が同じ同級生より、上京して大学職場で知り合った人との方が楽しい交流ができる。地元に帰るとこれまでのキャリアを生かせない求人しか無いので、ずっと東京

イラストデザインが好きで地元CGDTP専門学校卒業したが、就職した地元デザイン会社ではパチスロ店のチラシをつくる仕事しか無かった。チラシの仕事お金を貯めて上京し、東京デザイン会社女性向けのイラストデザイン制作している。

趣味イベントがほぼ東京、稀に大阪で開催される。参加するたびに飛行機新幹線交通費がかかり、節約するため深夜バスを使うと帰ってきてから仕事が辛い。人生趣味のためにあると考えており、地元仕事に何の執着も無かったため、上京転職を決意。結果、イベント参加の往復交通費は600円で宿泊不要になり、イベント参加頻度アップ。

子供に対する言葉暴力がある無年金の親を扶養介護する義務からの、引っ越しによる逃亡。老親から逃げる子供基本的非難されるため、事情を知る人のいない遠くに引っ越しをするしか無い。そして縁故無しで最も職を得やすいのが東京

金!金!より多くの金!という事例はあまり見ない。自分に合う人や仕事東京しか無いケースか、生まれ育った家が自分にとってマイナスから逃亡するケース。だから同じ学区の友達で満足出来たり、祖父母や親がいかれていなければ、生まれ田舎に一生居ればいいと思う。でも東京を強欲で傲慢な人が引っ越す場所と思われると、納得行かないわ。田舎と比べて趣味仕事の質が高くて恋愛優先順位が下がってる人が多かったり、逃亡するレベルで親とトラブルになってるから入籍しにくい人が多かったりはするかもしれないけど。

2017-04-15

家庭もって子ども育てることのハードル

どんなかわからないって独身の頃は思ってた。そりゃそうだ。誰だってからないよね。自分の子ども?どんなだろう。育てたらどんな大人になるんだろう。

運よく家庭向きの相手を見つけた。結婚した。夫婦だっていい。

結婚3年目で子どもできた。妊娠10か月から仕事辞めた。勤めてたのが弱小なところだから産休とかそういう選択肢はなかった。それに、保育園とかに預けずに子ども育ててみたかった。それは、無知ゆえの選択肢でもあったんだけど、理想じゃん。赤ちゃんとお母さん。ずっと一緒に、ゆったりと子育て。そんな漠然としたイメージに期待して。

子どもまれた。育児が始まった。全部初めてのことだらけ。全く予想外の反応をするふにゃふにゃした小さな生きものに、戸惑いながら子育て

でもやっぱり想像してたのよりはるかに大変だった。ちょっと慣れてきて一番最初に強く感じたのは「なんて不自由なんだろう」

都心に住んでたこともあり、出かけることのハードルの高さが想像してたのよりずっと高かった。電車が怖すぎる。荷物が多すぎる。祖父母は両方とも遠くに住んでいた。頼れない。子ども病気になったら?自分病気になったら?初めて親の近くに住んでたらよかったと思った。旦那は割と融通がきく仕事だったからそれ頼み。それさえなかったらと思うとぞっとする。追いつめられるしかなかっただろう。

そんな子育て環境にも少しずつ慣れ、二人目もでき、幼稚園に入り、上の子小学校入学した。

そのへんで今度は頭を悩ませられるのがお金問題保育園?入れて働こうとしたら無理って、調べてみて問い合わせてみてわかった。うちはまだ、そこまで経済的に窮してはいなかったので、子どもがもうちょっと大きくなったら働こうと思った。

でも最近は、上の子小学校中学年になってきて、この先どうしていこうって思う。何かにとかかるのはお金子育てで一番必要なのはお金公立のみでよい教育が受けられる環境もごく一部の優秀な子どもにはあるかもしれない。でもそれは一部の優秀な子にだけ。

それなりに頑張ってきた。図書館に通って本もたくさん読ませてきた。習い事もできるだけさせてきた。でもこの先に、テンプレ通りな日本の子どもを目指していくならこの先いい大学、いい会社に入って立派な社会人になるコースを歩ませるという道にそって、多かれ少なかれやっていくしかないんだろう。そしてそれは受験戦争いかにして勝つかというところに集約されていくんだろう。そしてそれもやっぱりお金必要だよね。ごく一部のものすごく優秀な子どもを持つ親以外に選択肢は、お金をたくさん、めちゃくちゃたくさん、かけて自分教育を受けさせろってことだよね。

それってすごくハードル高くない。育児の悩み事、子ども周りの人間関係の悩み事、その他に教育などのお金の悩み事。子どもがいなかったらそういう悩みもないのかと思う。

自分のことはなりふり構わずに、家庭を維持するのに精いっぱいでここまでひた走ってきたけど、核家族母親役としてよく感じるのは

もうちょっと楽にお母さんが働ける社会があったら

もうちょっと受験戦争対応した教育が等しく受けられる環境があったら

ということです。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん