「部長」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 部長とは

2016-08-26

時間寝たいフルタイム勤務子持ちBBAドロップアウトしたけど日本生きろ

増田は数か月前に中規模の入居介護施設転職した。施設毎に配置が義務医療資格で入ったが、今回体調を崩し、ドロップアウトした。子育ても自信がなくなった。

女の敵は、頭が戦前の『上のほうにいる』おじいちゃんたちと、大部分は、すでに今『成果を上げている』女性じゃないかな。。

近しい人にもなかなか言えない話題なので、書いて整理させてください。

増田スペックは30代後半、氷河期世代MARCH卒、その中では落ちこぼれ

夫はインフラ系勤務。増田医療資格を取って、介護系勤務。

4歳と3歳の子持ち。

参考までにその職場女性の働き方をあげます

職長である稼ぎたいAさんは、率先して残業冗談抜きに24時間おり(そして居るだけで重たい業務平民やらせ)、自分のせいで次々辞めていく派遣面接を毎月行って自分業務を増やしていた。

大義名分のもと人の心を折るのが3度のごはんより好きだった。

時間がない、忙しい、と言いながら、応接室(説教部屋と職員が本当に呼んでいた)に『やらかした』職員を連れ込んで業務時間の圧迫もお構いなしにつるし上げた。

増田も勤務の最後のほうは毎日彼女趣味に貢献した。

人に良く思われるのは大好きで、ご利用者様などに見えるところでは素敵に見えるようにふるまっていた。

ちなみにお客様がいるとき増田をつい怒鳴ってしまい、

『閉めておかないなんて丸聞こえじゃないの! 閉めておかないなんて気が利かない! 常識がほんとないんだから!』

と後でつるし上げられたこともあった。だが当時は本当に申し訳なくてひたすら謝っていた。

Bさんも楽しそうに日付をまたいで事務をし、自分だけの常識派遣新人職員のあら捜しをしてAにご注進した。

Aにさんざん怒らせておいてから派遣フォローするどころか喜々として

普通のことだもの。周りを見ていれば感じるでしょう? なのに○○ができないなんて、10代の子ならともかく、おばさんが何を言っているのか分からないわ。今までの仕事お里が知れるし、頑張るって言ってたのに嘘つきなのね、あなたが悪いとみんな思っているわ』

とかよく言っていた。

Cは支配欲旺盛で、とにかく自分のやり方以外は鼻で笑って異なるやり方を『できない、知らない、技術がない』とレッテルを張り、罵倒した。

常に他者ができないせいで自分仕事が圧迫されている、自分は大変な苦労をしてつらい、なのに世間は冷たい、というのが世界観で、人を引きずり落とすのが好きだった。

辞めてやる、他に面接を受けに行った、安定剤の世話になってる、と言いながら書類クオリティを上げるために終電まで残業し、自宅に中3の娘をほったらかしていたので、娘は進学せずフリーターになった。

自分で娘はだめだと言っていた。Cはよい資格を持っていたので良条件での転職可能だったはずだが、『辞めたら負け。くやしい』という理由で娘の人生を棒に振ったように私には見えた。

本社部長はそのうち二人と不倫していて、あまりそれを隠していなかった。

A、B、Cみんな女性で、シンママもしくは独身だ。年齢は4,50代だ。

自分たちは頑張っていて責任を持って働いていて素敵な輝いている女性だ、と3人はお互いでよく話していた。

面接では定時17時で残業はほぼなしのはずだったが、19時ごろ帰っても『早く上がる』『残業ほぼなしで帰れていいわねー』という雰囲気で、残業代は出ないうえに残業は増えてしまった。

こちらとしては面接で嘘をつかれてしまったのだが、多少正確でないにしろ給料を払っているんだから黙って働け、と本当にそういう文化だった。

また、介護職や事務職女性からすると医療系は年間80ほど賃金が高いため、

『この給料をもらっておいて、もっともっと働けるはずだ、申し訳ないという気持ちになるはずだ。定時の後にいろとは言わないができることはあるはずだ』と言われた。

増田からすると、同じ学歴からすると相当低いが、子育てのため残業のない職場を選んだつもりだったし、残業をつけられないので給料は前の職場よりむしろ下がっていた。

それに医療系の資格を取るのに3年学校に行くコストを払っている。そもそも、そういう考えでは誰の賃金も上がらないんじゃないか!? 今はそう考えられるが、当時はとにかく期待に応えられなくて申し訳なかった。だから施設内のチラシ作りなど積極的に引き受けてしまった。

夫は早く帰れるという条件で転職したはずなのにおかしい、とまっとうなことを言って怒ったが、こちらも追い詰められていたので、夫を折れさせて最初の三か月は曜日を決めて遅くまでいた。

だが寝るまでに会えない日があると子供不安定になったので、できる限り全曜日で早く帰ることに調整した。

そのぶん昼休み書類整理し、朝は30分早く出勤し、残りの業務に当てた。家にも仕事を持ち帰った。

だが、地獄冷遇が始まった。

ちょうど夫の転勤が決まったのでそれを機に退職を申し出たら、もはやいじめしか言いようのない毎日を過ごした。ある朝、保育園に行く前にだだをこねる下の子をなだめながらご飯を食べさせていたら、しんどいな、消えてしまいたいなーと思った。気が付いたら洗い物をしようとして手に取った包丁で手首を切っていたので、もうこれはだめだと思って、体調が悪い、もう行けませんと電話した。

増田クズだ、最低だ。ご利用者様に申し開きもできないことをした。増田は逃げた。最低だ。

増田介護系は天職だと思っていた。ご利用者様が好きだった。でももう関われる気がしない。こんなの母親として子供に言えない。胸を張れない。だが普通男性だったら? 嫌なことなんて聞き流して、仕事ができたんだろうか。生活のために。

話を戻す。平凡な子持ち女性が務めやす環境の話だ。

介護のように世界に先駆けることが求められていない職種ならば、ご利用者様の満足に直結しない部分のクオリティはそこそこでいいのではなかろうか。

長時間労働GDPが低いとか言ってるけど、ほんと無駄ないびり止めればすぐ欧米並みになるんじゃなかろうか?

見えないとこの足の引っ張り合いを止めればいい。

任せきってしまえばいい。

責任は本人に取らせればいい。

仕事を何回もやり直しさせて増やしたり、段取りをひっくり返すことを悪とすればいい。

役所監査がOKだったらお局が何回もやり直しさせる必要はない。

時間的に長くいる人が職場を牛耳るのを辞めればいい。しゃべる時間を減らせばいい。

ホーム施設イベントチラシを細かいとこまで何回も作り直すとか、別の人が出したものは一度でOKとか、書類本社の内監でOKが出てるのに別職種表現気に入らないからって夜10時まで何回も作り直しを自主的にさせるとか、馬鹿だと思う。

でも筆に起こしてみると、これは一般的女性社会進出の話かと思っていたけど、今回の職場ダークサイドだったってだけの話かもしれないね。。実際介護でも転職前の会社は不満なかった。残業が増えて保育園のお迎えが間に合わなかった以外は。。結局また間に合わないとこに行っちゃったわけだけど。。

でも、

仕事はいじめが当然含まれている。仕事仕事から続けて当然だ。辞める奴は多いが、当然辞めるほうが悪い』

という反応が多かったら、日本社会は考え直したほうがいいと思う。効率を阻害している。ぜったい仕事を教えてないし、仕事判断してない。好みで判断してる組織になってると思う。

でも、前の会社は前の会社で、女性子供が小さいとき専業主婦だったというパートさんも多かったから、『小さいのにずっと保育園なんてかわいそう!』攻撃はすごかった。増田も30そこそこだったし、そんなものかと思えたから、360度回転しながら各方面に謝り倒して、熱を出した子供の時は早く帰らせてもらっていた。でも価値観が違うだけで、うるさいはうるさかったけど、基本善意の人たちの心配だったから、内容はすごく参考になった。躾とか。

しかし、今回の職場は確かに仕事が好きな女性たちが多かったが、子供がいる女性が多かったが、家庭とのバランスがとれているかは、かなり疑問だった。

入居施設から24時間営業だし夜勤者もいるし、管理者は夜中のコールしょっちゅうだし、たしかに長時間勤務してしま環境は整っているけれど、それでいいと女性が思っていたら、親と同居や子供の大きい女性やと独身しかいられない。

増田は、子供を6時ごろ起こし、7時半に送る。

19時に保育園にお迎えし、21時半に寝かしている。

もう一時間本当は早く帰れれば、毎日の夕飯、お風呂、歯磨き、ひらがな算数勉強、寝かしつけの本読みに余裕が出るかなと思う。

増田は小さいこ野菜が嫌いだったけど、今の野菜はおいしいのか、根気よく出していたら、結構食べてくれるようになったし、増田は小さいこ公園とかあまり連れて行ってもらえなかったから、休日に毎度公園に連れて行ったら、友達と楽しそうに遊んでいるうちに、スムーズ自転車に乗れるようになったり、蝉取りしたりしている。

増田にとって一番は家庭だ。でも、どうして正社員仕事するかと言ったら、子供に私の面倒を負わせたくないからだ。増田母親だけになってしまったら、子供の将来に口出ししてしまいそうだ。それに教育にはお金がかかる。理系なら大学院が当たり前の時代だ。

増田ママ友は悩みを抱えている。

『こんなにちゃんと子供育ててたら、平日はそもそも作れない。休日子供相手でそんな気にならない』

2人目、3人目についてよく話題に出る。

増田の周りには古風な感性のお母さんが多く、子育てほとんど一人で抱え込んで、お父さんを週末泊りがけで遊びに行かせたりさせてあげている。

今回、増田は今まで頑張ってきた女性気持ちを逆なでするようなことを言ったかもしれない。育休復帰ののち、何年かで折れて子供シフトして離職するお母さんが多いのもむべなるかな。でも、もうこんなの無理だとみんな内心ではわかってると思う。

子供毎日規則正しい生活必要だ。

そして増田も7時間寝たい!!

時間寝るのはパートしか不可だとしたら、それは社会おかしい!!

でも、親が不規則でも、ちゃんと力を出せるよう育っている子供も多いのかもしれない。増田が、頭が固いとこもあるのかもしれない。ぜひ『うちこうだよ!』とか、『ここの本読むといいよ!』とか『ここの会社やってるよ!』とか教えてください。精一杯勉強します。

あと、頑張ってる女性、頑張りすぎてるからって、ヒス起こすの、やめようよ。。

(言ってやった! 言ってやった!)

責任を取る立場の人は、たとえ家に帰っても、長時間労働から逃れられない。

優秀な人が寝ないで働いてくださってる現場もあるから社会私たちが息をできていることももちろんあると思う。

増田頭が悪いけど、メンタルも弱いけど、主婦が6時間労働くらいでちゃんと働けて、家庭も大事にできるましな職場を今後作っていきたいと思う。

それを早く実現できるなら、寝なくてもいいような気がしてきた。でも、増田は笑って働くんだ。ぜったいに。

2016-08-24

疲れた上に、上司暴言にムカついて会社を休んだ

上司ケンカしたもんだから会社電話するのも気まずいので、

禁じ手とは思いつつ上司上司、つまり部長に「休む」メール送信した

何回か携帯に覚えの無い番号から着信があったが疲れていて出る気にはなれなかった

そうこうして、ベッドに横になっていたらインターホンが鳴ったのでカメラを覗いたら

部長アパートのドアの前いて、不動産屋を連れてきらしい

「あれ、ディンプルキーですね・・」

賃貸はいえ防犯上、インターフォンはカメラ付きに、元の鍵はディンプル錠に勝手に交換してあった

もう少しで室内に入られるところだった

こりゃ大事、いいや十分大事になったので、火消しで「休養して、食欲出たら出社します」とメールしておいたが

いやー気まずい、本当に気まずい。ますます会社に行きにくくなってしまった

とりあえず、週末まで引っ張って、来週月曜日に何事もなく出社するか・・・

うーんピンチ! 何かもっともらしい言い訳が無いものだろうか

sya kai jin

他社の人に話すときとかメールするとき自分会社人間呼び捨てにするルールしっくりこない

役職ある人ならなんとか「部長の○○」とかって表現できるからすわりがいいんだけど

別に「さんづけ」くらいよくね?

2016-08-23

会社の明るい化け物

・生まれつきの容姿はまあまあ良いほう。40人学級のうち上位15人には確実に入る

MARCH以上

首都圏中高一貫校出身

首都圏郊外実家があり、大学職場実家通い

・目がキラキラ、肌のキメが細かくてきれい

髪型がいつもキマっている

清潔感があり、人を不快にさせる所作が無い。「育ちが良い」という印象

服装シンプルでこなれている。高い服を買っているのではなく、センスを磨くために

 服代と時間を費やしてきたのだと思う。組み合わせもフィッティングも上手い。洗練されている

・「人間関係による精神的つらさ」の話題がやたら好き。その割に暗い雰囲気は無い

映画恋人友達を誘う。誘われたい。一人で映画を見るのは残念なことという認識

恋人と長続きしない。三カ月で別れるのが普通。別れても病んだりはしない

体育会系ではない。かといって蔑視されがちなオタクが集まる系文化部でもない。

 弱い吹奏楽部、弱いテニス部などで、スクールカーストと苦労のコスパを追及してきた

自己紹介が好き。笑いを取るのも好き。注目を集めるのが好き

業務中の私語が盛り上がって、盛り上がりが終わって仕事に戻ろうとしたとき

 テンションをあげて喋り続けて盛り上がりを終わらせないように引っ張ろうとする

ちょっとした笑いを取るのが得意。男性場合、妙にゲイネタが好き。

会社学生時代の仲間の話をしたり、スポーツサークルの仲間の話をしたり、別コミュニティの話をするのが好き

職場ミスをして、怒られても繰り返す。怒られたことにへこんでいる様子が無い

企画をたくさん出す。出すが自分で進める気は無い。自分で出した意見もよく忘れている

自分で言ったことをよく忘れる。なんでも忘れる

新人だけど部長クラス以上へのウケがいい意見を言う。高い視野っていうか。俯瞰っていうか

・初対面は圧倒的好印象。面接にもかなり強いと思う。一緒に仕事をすると好感度が下がる

自分で調べない。手を動かさない。聞く、調べてもらう、やってもらう。

 人の時間を好きなだけ自分のために使わせることを当然の権利と思っている

・語彙は一般的社会人レベルだけど、天真爛漫というか、小さい子供のような明るさがある。

 中二病的な自意識過剰さ、卑屈さなどは全く無い

・せっかち。フィードバックの遅さに少しも耐えられない。

 「この案件は重いかフィードバックが遅くても仕方ない」ということが理解できない

・「かしこまりました!」「承知しました!」と明るく言って、指示どおりにしない、納期も守らない

自分ミスの尻拭いを同僚にやらせながら、友達と遊ぶために有休は予定通り取る

・人に尻拭いさせて友達遊んだのが楽しかった話を会社でする

 

赤ちゃんの亜種と思うと愛らしいが、給与をもらっている社会人と思うとぶっ殺したくなる。

圧倒的自己肯定感と、圧倒的自己顕示欲と、底抜けの明るさ。新種の化け物だと感じる。

PCデポ記事ブコメしてる奴は一旦落ち着け

http://bylines.news.yahoo.co.jp/yoppy/20160823-00061403/

ブコメで「ヨッピーかっけー」とか「山本一郎みたい」とか言ってる奴に混じって

「公平な記事」「中立記事」って言うのがいくつかあるけど

いやいやいやいや

少なくとも全く中立ではないからね?

PCデポ本社とは全く会話してない(相手が断ってきたというのがあったにせよ)

法律専門家に話を聞いてない

消費者センター等の公的機関に話を聞いてない

その他完全にケンヂって人とその父親の側に立って書いてあるからね?

PCデポ側の問題のありそうな点については子細に書いてあるけども

部長人格がどうとかは、PCデポという会社が黒いことをいかにも表してそうでいて

実際直接関係はない話だしね

後半の社内ガバナンスの話なんかもどこまで裏取れてんのかわかんないし

PCデポ問題がないって言ってるわけじゃないよ

リテラシーの低い高齢者相手のいわゆる情弱ビジネス

・一旦契約を結んだら高額な解除料が課せられるプラン体系

行為能力が疑わしい認知症の人に、実態に不相応な高額なプランを押しつけ

・老い先の怪しい高齢者相手に長期契約

・同一コンテンツへの重複課金

などなど、心証的な部分も含めたらもっとあるけど、問題は多い

でもいつものヨッピーだったらPCデポにカチ込んで

「よくわかんないんすけど、なんでこんなプラン体系になってるんすかね?

間違って騙されちゃう人出てきませんかね?

消費者に優しくないんじゃないですかね?」

って言いながら相手の言い分を引き出してくるんじゃない?

そういう意味記事にするのが早すぎたと思うんだよね

もちろんネタが新鮮なうちに打っとかないとというのはあるんだけど

PCデポ本社に来るなって言われたときヨッピー

「もうちょっと待ってて」って言ってたから、

あ、これはちゃんと双方の落としどころが見えたところで

記事を出すんだなと思ってたんだよ

ところがこんな記事で出てきちゃったか

やすマンマンじゃねーかっていう話ですよ

基本的には勝ち戦だと思うけどさ

この記事ヨッピー推してるやつは

どっかでコロっと騙されたりしちゃわないか気をつけた方がいいよ

っていう逆張りネタ見てすぐ「そうだそうだ」って思うやつも(以下略

2016-08-22

部長のかつらカミングアウト

朝のミーティング最後部長が突然かつらを取った。

部長がかつらであることは社内の常識だった。

「みんな知っていると思うが、私はかつらだ。以上、今日もがんばろう」

それだけ言って、部長デスクに戻っていった。

私たちはびっくりして誰一人持ち場に戻ることができずにいた。

数秒して、声がでかいことしか褒める所のないある上司が、

「ぶ、ぶ、部長ぅ~。なんですか突然~」

沈黙を破ったのをきっかけに、フロアはざわつき始めた。

部長は顔を真っ赤にして、帽子のようにかつらを右手でちょこっと上げた。

私は、部長英国紳士みたいに思えた。

そんだけ。

2016-08-21

ちょいちょいタメ口になる人達


最近増えているのか、自分が古いだけなのか分からないけど、お客さんや取引先にもちょいちょいタメ口になるので横で聞いていてハラハラする。自分だけかと思っていたら、その部署部長も気になっていたらしく、この前ちょっとその話をしていた。


芸能人だと… 例えば狩野英孝なんかもこのタイプでちょいちょいタメ口になる。


共通して言えるのは、基本は丁寧語敬語なんだけど、20%ぐらいの確率タメ口語尾になる。それも別にくだけている会話ではなく、割りとビジネスシーンで。


そういえば書いていて思い出したけど、前の会社にも何人かいたな。

彼らを観察して思うのは、そういう教育体育会バイトなど)を全く受けてない人に多い印象で、平たく言うと甘やかされてきたんだろうな-という人達

まぁ、この会社ももうすぐ別に辞めてしまうし、彼とは付き合いも特に無いのでいいのだけど。

2016-08-20

趣味性格が合わないの辛い

高校写真部部長な僕は風景写真を撮るのが大好き。

カタログを見ながらこれがいいとかあれがいいとか考えるのも楽しいし、すごいうまい写真を見て感動してここがいいよなぁあっここも素晴らしいとか思うのも楽しいし、腕はまだまだだけど実際に撮るのも大好き。

でも外に出るのが本当に嫌いで写真を撮りに外に出ようとするたびに全てが嫌になる。

中学同級生にあったらどうしよう、日差し眩しいな、暑いんだよな、服も着替えなきゃ、そういや風呂入ってねえや、今どき一眼で写真撮ってたら不審に思われないかな、などの思いが頭をぐるぐるする。

悲しいことに対人経験が乏しく、本気で語り合う相手母親しかいないためこのような不安が押し寄せてくる。

でも写真は好きなんだよな、つらいなぁ。

2016-08-18

http://anond.hatelabo.jp/20160818112721

完全に老害化してきてて老害ウォッチ捗る

しまいには「ぼくちんが“あれ”っていったら“あれ”なの!なのー!!」とかキレだすぞコイツ

新人教育してない会社ならそれなりに言葉追加して迷わないようにしてやるとか上司として当たり前の配慮もできん程度のステータス

現代日本オフィスに潜む外見おっさん中身雛苺うにゅー喉に詰まらせてとっとと死ね

 

「Aさん、今、おられますか?」

これAさんに代わっていただいてもよろしいでしょうか?

で済む話なのになんでワンクッションおいたワビサビ?を実現しようとしてるの?

お茶の席じゃないんだからおられようがなんだろうがAさんと電話したいなら代わってくれって要求をまずしろ

お前の言葉遣いがまずおかしいんだよ、丁寧な言い方するにしてもいるかいないか聞いても意味のない質問をすんな

だいたい丁寧な言い方するなら「おられましたら代わっていただいてもよろしいでしょうか?」だろ省略すんな失礼だろどっちかにしろ

ちょっと遠回しな言い方が丁寧、という時代はもう終わりつつあるのにそれを実感してないのが老害度S

 

「ほんじゃあ、携帯の番号教えてもらえますか?」

話の流れ的に部長携帯聞いてるのは普通なら分かるが

部長の番号を教えられてないとか無許可で教えるなと不都合があるから釘を刺されている場合部署によっては十分あり得る

連絡というのは忙しい人間ほど過密になると非効率化していくから一定を越えた当たりからセーブしなければならない

この老害はそういう状況に陥ったことがないことがこのことからもハッキリわかる

増田するくらい暇な立場なのに上の椅子に座ってるあたり大企業カスみたいな部署なんだろうなと察する

つーかお前が現状まで部長の番号しらなかったってことは部長にとってお前はどうでもいい人間から教えたくないってことだからな?

自分の所が忙しくなったことがないので忙しい人間の心境や行動が理解できないのだ(いい歳こいてこれか)

こういうときにこそワンクッションが必要なのだが何の権限があるのかしらないが即答で教えてもらえると勘違いしてる老害度A+

ついでにいうと「部長の番号おしえて?」これで誤解は発生する余地が無いんだが新人相手にそういう気回しもできないので老害度やっぱりS

もうちょっとシン・ゴジラ並みといえるくらいの老害っぷりを発揮してくれたら面白いんだけど

 

自分バッシングをさけて詳細をぼかしてて変なところだけ匠だなと感心

今まで自分が原因のミスもそうやってぼやかして報告してきたんだろうなとここまでの道程を思い描くのには十分

歳は人間成熟させなかったという良い教材になっております、心ホクホク老人死すべき

ゆとり電話

最近、同じ会社の他部署の方と一緒に仕事をすることが多く、

必然的電話をすることも多くなってきた。



電話をとってくれてるのは今年入社した新人ゆとりちゃんだけど、

その対応が悪くいらっとさせられる。



彼女は器量は良いが、要領は悪く、おつむの容量は少なそうだ。

小顔である



一例をあげると、

「Aさん、今、おられますか?」と電話すると

はい、おられます!』

とかえされ、以下、無言が3秒ぐらい続く。



「代わってもらえますか?」

と言わなければ、取り次いでくれない。



先日も、(2・3やりとりして)B部長が不在と聞いたので、

「ほんじゃあ、携帯の番号教えてもらえますか?」と、

聞いた番号にすぐにかけたら、ゆとりちゃん電話に出てきて、驚いた。

自分携帯電話番号を聞かれたのだと思ったそうだ。



とりあえず、ゆとりちゃんの番号はゲットできたので、

今後は仕事関係者とはメールで連絡をとりたいと思う。

ルシオ

https://livetube.cc/%E3%81%88%E3%81%92%E3%81%A4%E5%86%85%E8%97%A4/%E3%81%A0%E3%82%89%E3%81%A0%E3%82%89%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%81%99%E3%82%8B%EF%BD%97(2)

539 : 8/17 20:58:20

えげつウルト打った後はスピードにするとつええぞ

540 : 8/17 20:58:47

でもブーストはかけたらあかんaimガバガバになるから

541 : 8/17 20:59:10

は?

542 : 8/17 21:00:34

味方先に崩れたらスピブしてリスポまで戻って味方にスピブww

543 : Chicken 8/17 21:01:38

おばえげつ

544 : 8/17 21:02:15

誰やお前馴れ馴れしいな

二度と逆らうな

545 : 8/17 21:02:41

内藤おとんやぞ謝れや

546 : 8/17 21:02:56

二度と逆らわん

547 : Chicken 8/17 21:03:27

死んでる、冷蔵室解体現場なお冷房は止まる

室内39度湿度クソ高1時間に5分休憩はさまんと死ぬ

548 : 8/17 21:03:45

ult打ったスピードにすると強いってのはなんで

549 : 8/17 21:05:10

育毛ビートバリア分減るまでHP減らないからスピブしてその間に敵殲滅してもらうってことじゃね

550 : 8/17 21:05:44

理由は三つあって

単純にHP減ってない前提ならヒール分が無駄になるってのと

HP多い状態でこっちは撃ちあいたいけど相手は撃ちあいたくないか相手は下がるからそれを追いかけたいってのがある

551 : 8/17 21:05:45

しねしね部部長おったw

552 : 8/17 21:06:16

理由二つだがw

553 : 8/17 21:07:04

554 : Chicken 8/17 21:07:25

新人君病院運ばれましたちな

555 : 8/17 21:07:28

それでは左上から始めます

  1. 26

556 : 8/17 21:08:28

ブーストするならult使った段階で相手が遠いならブーストすればいい

途中で あ、遠いわって加速撃つのはやめとけ

ult終わったあたりでヒールブーストの方が強い

2016-08-17

同一企業ボーナス格差ってどれくらい?

ある書類誤配で全平社員の今夏の賞与金額を知ってしまったんだが

自分部署は平社員が十数人いて給与1月分の30万±1万ばかりだったが

隣の部署部長1人課長1人平1人)の平社員が300万以上あった

何度見直しても桁が一つ違う

冬も同じくらい出るとすると平社員なのに1000万以上もらってるってことになる

自分賞与は毎年それくらいで非上場中小企業からこんなもんだろと思ってたが

すぐ隣で同じような業務してるのにここまで差があったのかと驚いた

しろ1000万平社員パワハラまがいの説教されるのをよく聞いてたので

上司から評価悪くて賞与少ないと思ってたし何でやめないんだろうとか同僚と話してたがそんだけもらってたらやめるわけなかったな

というか平でそれだけもらってたら管理職役員は一体どれだけもらってるんだ?と気になった

2016-08-14

残業の○○さん

○○さんはすごく仕事ができる人だ。

あの人が僕の部署を引っ張っているような気さえする。

でも○○さんはいつも残業している。

それは○○さんはできる人だから周りもついつい仕事を与えてしまうから

どうして?忙しそうにしてるのに?

あっちの☓☓さんもできる人なのにいつも定時ダッシュしてるよ?



そうなの。

○○さんはいつも残業してるから、みんな「ああ大丈夫な人なんだ」って思うの。

からなの。

そんな○○さんは部長お気に入り社員

だってデキる人は多少の残業代払ってもいっぱい動かしたいもんね。

それに○○さんに感化されてというか、暗に迫られてというか、周りの人も残業し出すのが更にお気に入られポイント

すごいよね。○○さんの影響力。

今年入社毎日安定の定時退社だった新人くんなんか、○○さんのチームに入った途端、深夜残業を連発するようになったよ。

この新人くんの周りはみんな定時退社してるのにね。

へへー、僕よく知ってるでしょ?

実は、

「あれ?この新人くんこんなに「大丈夫です」って言う人だっけ?」

って思って勤怠状況調べてみたら案の定そうだったの。

僕のシックスセンスもこんな時にやる気を出して参ったね。



とにかく○○さんはスゴイよ。

この前ひどい記事炎上したダイヤモンド社は○○さんを見習わなきゃ。

今週も○○さんは忙しそうにバタバタしていた。

お盆もないよ〜トホホとか言ってる。

しんで。

2016-08-11

メスザル系女子

中学から大学まで観察してきた結果、一つの法則発見した。

女子の中には、いつも集団リーダーに実に自然に媚びてすり寄って股を開いてしま習性がある。

こういう本能を丸出しにすると、女子の間でハブられたりするから、みんな理性で我慢するんだが、やっぱり本能丸出しの人が、時々いる。

例1

中学ときバスケ部キャプテンと付き合っている(付き合っているといっても、殆ど何もしないのだが)美少女お嬢がいた。

中学卒業を迎え、バスケ部キャプテンは平凡な田舎の県立高校の1年生になった。

すぐ別れて、同じクラスで名門進学校合格した俺にすり寄ってきた。

例2

高校の時、1学年上の吹奏楽部部長と付き合っている美人部員がいた。

部長卒業したら、次の部長と付き合っていた。

こういう人は、いまごろ、会社部長と付き合ってるのだろうか。いや、社長か。

http://anond.hatelabo.jp/20160807152807

Windows とか Office とか Xboxを作っている会社本社社員だけど、6階層上の上司はもうCEOです。

ちょっとこれはにわかに信じ難い・・です・・

主査主任代理にチェックをもらって直しを受けます。そして主任調査役、課長代理課長代行、課長補佐課長担当課長、別部署主任代行、課長1、課長2、部長代行、部長補佐、部長補佐2、担当部長副部長1、副部長2、部長本部長代行、本部長補佐、本部長、常務専務と順番に...

2016-08-10

http://anond.hatelabo.jp/20160810084559

なるほど、それは言えてるね。

応援してくださった〇〇株式会社の皆さん、特に△△会長、△△社長、△△専務、△△常務、△△取締役広報部長…(以下取締役20名を序列順に列挙)のおかげです」と言うのがベターかな

2016-08-07

議事録を作る仕事をしていました<その2>

http://anond.hatelabo.jp/20160807152807

こちらの続きです。

12年目に気付いたこ

11年目に久々の新人が入ってきました。中途入社でしたが20代半ばでしたので年下になります。彼は隣の課でしたが私から引き継いで議事録作成仕事がメインとなりました。私も初めての後輩ということで優しく説明をしてあげていました。もちろん人間関係だとか業務知識は追いつきませんから彼が覚えることができたのはわずかだったと思います。ただ彼は半年後に別の仕事を与えられて、議事録作成はまた私の専属担当になりました。最初は彼が議事録作成が嫌になってしまったのかと思いました。でも実は違いました。部長がいっていたのを耳にしたところでは将来の幹部候補としていろいろな経験を積ませたいとのことでした。そのときに、あれ?自分は12年近く同じ仕事をしてきたんだけど、なんでかなと思いました。これはおかしい、誰かに聞いてみようと思いました。

 課長など複数上司から言葉を選びながらでしたが話を聞くことができました。君は議事録係としてとても優秀だし、良い大学を出ている。会社業務をよく知っている。でも実際には会社はお客さんがいてのもので、細かいところで色々配慮して複雑な人間関係と戦っていく必要がある。仕事というのは難しいし、才能も要求されるところがある、その一定の水準に君は達していないのかもしれない。というニュアンスのことをいわれました。別の課長からは次のように言われました。君は業務の知識はぴか一だと思う。誰もが君を頼りにしている。ただそれは表側の知識だ。実際には裏側の知識のほうが何十倍重要だし、それを把握して学習する候補に君はいない。たとえばこういう案件のことを知っているか?知らないだろう。そういうことだ。

 それは確かに私が知らないことでした。確かにおっしゃられたことはわかります。私は知らない。でもそれは今から1年ほど前に君は理解していなくても十分だと言われたことです。公式会議以外での会合に私が入ろうとしても入らせてもらえなかったではありませんか。意見を言わせてもらう機会を私には与えられなかったではありませんか。そのようなことを遠まわしに丁寧な言葉お話しましたが、納得のいく返答をもらうことはできませんでした。そして別の人から聞いたところでは私は陰でアスペと呼ばれていて、人の上に立ったりきちんとしたお話

まとめたりすることはできない、させない、やらせないことになっていることを知りました。ここまできて私は辛い仕事をこのまま続けていくよりも転職したほうがいいということを意識しました。

 そして1年後、私はとある伝統工芸の分野に転職することができました。33歳というのは本当にぎりぎりのスタートでした。前の会社をやめたこと、年齢の割に扱いが良くなかったことを今では悔いには思っていませんが、ひとつだけ悔いるとすれば、もう少し早めにせめて5年で気が付きたかった。12年は居過ぎました。今まで私がやっていた作業を誰もやらなくなるわけですから慰留されました。本部長自ら休日に呼び出して転職を思いとどまるようにいってきました。しかし私はこれ以上使い走りにされたくないということをいうと、13年目にして「ほぼ初めて」本気で怒られました。

 このような雑文を誰が読んでくれるか分かりませんが、私から言いたいことは、人には向き不向きがあって、会社を利用して成長したり自己実現ができればいいし、仕事が好きならいいのですが、そうでない場合は、できるだけ早く、別の道を考えたほうがいいということです。転職して3年目になります。厳しい世界ですが、ものを作る喜びに目覚めて毎日楽しいです。

議事録を作る仕事をしていました

私の仕事

新卒で入った会社は、PCサポート事務職で、約10年間ずっと議事録を作る仕事をしていました。

会議ごとに自分所属している部署とは別に会議名の付く委員会があり、その会議の末席でひたすら議事録を書く仕事をしていました。議事録書きといっても単純な記録であれば、慣れればそれほど難しくはないのですが、この会社はがちがちに組織が硬くて、組織意思決定議事録というのは人間関係にとても気を使いました。

私が書いた議事録はまず主査主任代理にチェックをもらって直しを受けます。そして主任調査役、課長代理課長代行、課長補佐課長担当課長、別部署主任代行、課長1、課長2、部長代行、部長補佐、部長補佐2、担当部長副部長1、副部長2、部長本部長代行、本部長補佐、本部長、常務専務と順番に稟議されていくわけですが、当然1人でも却下されたら、また最初からやり直しとなります。その度に議事録修正票を起票し、そのための稟議を上げたり、修正稟議修正するための稟議を上げたりすることもよくあることでした。さらには議事録の内容を精査するための「案件担当者会議」とか「議事精査会議」を開催して、その議事録要求されて同じように稟議を受けたりと、わずか2時間会議議事録が最終的に完成するのに2~3か月がかかることも珍しくはありませんでした。掛け持ちで書いている議事録の数は多いときで50件くらいになりました。時には議事録がまだできていないのに、次の会議でそれが否定されて、でも記録として残すために議事録を書き続けなければならないということもありました。まさに私はプロ議事録屋さん兼書類整理屋さんとなり、歩く議事録と呼ばれるようになりました。

この会社左前会社で、採用自分の年以降まったくなく、後輩が入ってこないので、自分がずっと同じ仕事をしていました。10年間仕事をしてきたので32歳になっていましたが、実質的にヒラ社員のままでしたし、自分の部でいえば、私と雑務係のおばさん、そして派遣できている3人以外の全員は何かの役職がついていました。ひとつしかない部なのに、その上に本部があって、本部長、本部長代行、本部長補佐という役職があり、結果として部長が4人いるのと同様の認識になっていました。昔は他にも部があったそうですが、事業縮小で廃止になったとか。でもそれを数十年も引きずって、部の上に本部があるなんておかしいですよね。社員構成としては課長以上の社員が70人(色々な兼務があるがこの場合人間の数です)いるのに、主任以上課長未満は20人、ヒラは5人という逆ピラミッド型の構造となっていました。公務員でもないのに専門官とか審議官参事官調査役、考査役、審査役、相談役、特命役とかよくわからない役職が多くて、新聞を読んでいるだけの人?も多かったし、今から思えばなにかが腐っている会社でした。


議事録といっても本当に大変な作業だ。

何をいっているのかわからない業界用語とか、それまでのやりとりを理解している前提であったりとか、発言した人間しかわかっていないこととか、みんな理解もしていないのに理解をしているふりをしているとかは当たり前のことです。「じゃあそういうことで~」で終わっても、まさか「そういうことに決定した。」と議事録に書くわけにはいきません。じゃあ会議の時にきけよという話なのですが、末席の自分発言権はなく(本当に発言権がないといわれた「ヒラなのに失礼だよね」)といわれました。発言を求められること(過去の記録について議事録を見返すのが面倒だし誰も覚えていないけれども、私は書いているのでその過程で内容を覚えている)はありました。さすがに会議の前半と後半で結論が違っているときは、きいていて分かるので、嫌がられても許可をもらって発言しました。でないと、あとから大変なことになるからです。また理解できずにうつらうつらしていた人が突然あてられて、しどろもどろになることがあります。こうした場合、あとから自分意見議事録に追記するということも非公式に認められていました。多忙な人も多く、そういう部分がすべて出来上がらない限り議事録は完成しませんでした。


なにをもって議事録

ところで議事録ってなにをもって議事録というんでしょうかね。みんなのすべての発言から咳払いとか「えー・・」だとかどうでもいい言葉を除いたもの、たとえば議会議事録はそういうことになりますよね。うちの会社ではこれは議事録明細といって、8割以上の議事録には付けるルールになっていました。でも明細を見ても要点や背景がわかりませんよね。それで、要点をまとめて、発言していない部分まで補足してまとめたもの、これが議事録の本編です。これに日時や場所、出席者などの情報をまとめた前文を付け足して、ようやく議事録になるんですね。大体1時間会議でA4用紙で20ページくらいになるでしょうか。もちろんこれを仕上げるには1日では足りません。でも私の場合なんとかしてこれを1日に収めることが目標でした。でないとたまりまくってしまますからね。今でもタイピング自己流ですが速記には自信があります


「てきとーでいい」という仕事はない(わたし場合

今回の議事録適当でいいよ。とか、決まったことだけ書けばいいよといわれて、そのようになることはまずありえません。なぜならひとりひとりの意見を聞いていったときにひとりでも異論があれば、その都度書き直しをしなければならないからです。「てきとーで」といわれて本当に少しでも手を抜いたらものすごいダメ出しを受けたことがありました。私ではなく別の人が書いた議事録であればそこまでは言われないことが多いので、このあたりはその人の性格との相性もあると思っています。「てきとーで」と言われた時の行動パターンとして、初めて言われた時には、絶対に手を抜かずにむしろきれいに丁寧に仕上げます。それで何も言われなければ万歳。逆にこれだと時間がかかりすぎるでしょ、本当に適当でよかったのにとか、読むのも大変なんだと逆に怒られるようなことがあれば、そこで初めてその人用に「手を抜いた」ふりをした別の資料を用意します。(手を抜くけれどもほかの人には手を抜けない場合が多いので隠れて別資料を用意するか、用意ができる準備はしておきます。)つまり、「手を抜いて」といわれるとそのあたりの調整を含めてかえって仕事が増えるのです。

会議が始まる前とか、会議最中に「今回は議事録を書かなくてもいいよ」と言われて、それにみんなが同意してもこれは全くの嘘です。議事録はいわれなくても、会議の後に誰かから、悪いけど決まったことだけは証跡として残しておいてと言われます。そしてメモ程度の証跡を残すと、必ずそれを送ってと言われます。ただこれだとほかの人に見づらいし何か言われるに違いないから、念のためにきちんと文章にまとめておいてとか、会議に参加していなかった人も含めて誰が見ても分かるように念のために「こういう関連情報を補完しておいて」といわれます。そしてこれが印刷されて他の人に回りだすと、体裁が気になって上の人には見せられないので、フォーマットもしっかりさせてといわれます。また俺の発言がないとか、この部長発言は全部を書かないと失礼だろうと言われます文書タイトルが抄録となっているのに「これは議事録ではない、ちゃんとした議事録を書かないとだめだろ」といわれ、ひどい場合は今回はさぼちゃったねと嫌味を言われます。その嫌味を言った人は、「議事録はいらないよね。」といったのとはさすがに別の人物ですが、その会議に同席していた以上、それをきいていたはずです。でも会議から1か月ほど経過していることも多いので、おそらく忘れちゃっているか、私が嫌いかのどちらかなのでしょう。でも上司命令に逆らうことはできません。仮にここで私が「たしか会議の中で議事録がいらないということになったと思います。」というと、大変なことになります議事録がいらないのは公式議事録がいらないのであって、確認するための議事録は当然必要なんだとか、先輩のいくことに従えないのかとか、いろいろ言われて終わりです。

まりです。最初は何もいらないといわれたのに、いつの間にか議事録を書く羽目になっているのです。従って、会議に出たらもうその時点で議事録を書くことは確定なわけです。ここまでくると最初議事録はいらないですよねといった人の立場がありませんから、一つの会議で決定事項メモ概要、抄録、議事録議事録明細の5種類の文書を用意して、それぞれを要求した人に、それぞれ他の資料存在を隠して送付をしていました。面倒ですが人間関係を円滑に進めるために必要作業でした。だから「今回は議事録いらないから書かないで」と言われても「いえ、書きます」といっていました。その人からしてみれば楽をさせようと思っていっていることになのに、なんて真面目で変な奴だという認識なのでしょう。しかし私の立場では、ピラミッドの一番底辺なのに、指示をしてくる人間が30人くらいいるわけで、その30人の指示をきちんと受けるために、できるだけ楽をするために、むしろ議事録を書くという選択になるのは仕方がないことでした。ちなみに会議が重なって一方の会議に出られなくても、議事録要求されることがあります。出てもない会議議事録が書けるかというとこれが書けるのです。

誰が何を考えているのか、問い合わせが多い

会議の場でいろいろいっていても、それがすべて会議の中で頭の中に入るわけではありません。誰の頭もそんなによくはできていません。というわけで会議終了後に何をいっていたのかということを、会議に参加している人から聞かれることが多くありました。歩く議事録係は、歩く議事録マスターでもありました。既得権益といいますか、業界自体保護されている部分があって、昔ながらの(いわゆる昭和型の)組織構造エスカレートして、身動きがとれなくなっている印象がありました。そして上の人があまりにも仕事しませんでした。正確にはなにかをしていたのだと思いますが、下の人間にはあまりそれが見えませんでした。この会社は定年が60歳で、雇用延長で65歳まで働けます。ある部長が定年で雇用延長したときに、私と同じ部署に配属されました。私がやっている仕事を少しはやってくれるかなと思ったのですが、何も仕事は与えられませんでした。ヒラとはいっても昨日まで部長をしていたヒラです。部長としてバシバシ指図をしていた人をがある日突然、指図をしたり、議事録書きのような「シモ」の仕事をやってもらうわけにはいきません。というわけで事実上なにもしないお飾りになって、結局私の仕事を手伝ってくれることは一切ありませんでした。ましてやPCなどが弱い世代で、単純な作業すら手伝ってもらうこともできません。つまり私の部署には余計なお小言をいう人がひとり増えただけで、何の戦力にもなりませんでした。この人は本当に何もしませんでした。というよりもできませんでした。家にいても奥さんにも相手にされず、そもそもこの会社は上に行くほど昇給上り幅が小さかったので、もっと働くことを期待されているとのことでした。でもそんな人でも働いてもいないのに私とさほど変わらない給料をもらっているので、違和感を覚えました。8年目に初めて主任代理という役職がつきました。役職手当が毎月3000円もらえるようになりましたが、課長待遇という給与明細にも書かれないようなカッコ書きの役職がついていたので、管理職ということになり、残業代は一切支払われなくなり、実質的給料マイナスになってしまいました。下の人間はもちろん同僚すらいないのに管理職というのはさすがにおかしいと思いましたが、当時は何も言えませんでした。

人によって言っていることが違う場合

会議の中ではずるずるいくか時間がないか議長がしっかりしていないかといった理由で、「なあなあ」になってしまうことがあります問題はあとから人によって認識のずれが生じてそれが議事録とその人の記憶との間でズレが生じてしま場合です。ひどい場合議事録の中で結論が完全にずれていることがありました。たとえば、じゃあそういうことで、といってほかの話題になったあと、再度誰かが「これの件は?」と言い出した後で決まったことが前半に決まったと思われた結論とずれている場合などです;。これを解決するのも議事録係の大事仕事です。個人的に心の中で地雷処理と呼んでいました。慣れた私でもできれば処理をしたくないところですが、これを片付けないことには議事録は完成しないので、プロとしてがんばって調整をしました。1.対立する意見当事者に話を聞く、できれば当事者同士で解決してもらう(融和) 2.一方の発言自体をなかったことにする(廃棄) できるだけ1を選択したいところですが、やむをえず2を選択することも年に10回くらいはあったと思います問題になったことはありませんでした。みなさん完成した議事録をきちんと見るほど時間はないのですよね。

悪しき慣習

この会社文化として、礼儀だとか建前に固執する結果として、時間的ロスがとてつもないことになっていました。みんなおかしいとは思いつつも長い間そのようにやってきた歴史から、続けてしまっている面がありました。見積は最低10回。業者から見積をとるときには、必ず最低10回は見積をとることになっていました。これは相見積の回数も数えるのですが、文房具ひとつについてもそれをしなければいけないので、わずか数百円の買い物にかかるコストはおそらく人件費を含めると万を越えるのではないかと思いました。「これは商慣習です」と先方に伝えて理解を示してくれるところもありましたが、そうでない会社は逃げていきました。見積10回取らせる目的は、できるだけ安く買うというだけなのですが、結果としてそのような慣習があるおかげで高く買うことになることもよくありました。A*a*onにも電話したことあります。合計で1万円ほどの買い物でしたが、「10円ずつ金額を下げた見積書を10回作ってください。それぞれ社印を押印して、1日ずつ時期をずらすか、日付を変えて郵送してください。トータルの値引き額は100円で結構です。」と正直に要件をつたえました。「そのようなことは致しておりません」で終わりました。仕方なく8000円ほど高くなりましたがそれをやってくれる代行屋に依頼しました。その代行屋はおそらくA*a*onから買っているのですからバカ見たいですね。あと税込金額1000円未満を切り捨てにするように指示をすることも公然と行っていました。今から考えるととんでもない殿様商売だと思います

間違いがあると蹴落とされる文化

私は10年間、組織の一番底辺にいましたので、あまり関係がなかったのですが、この会社では、下の人から間違いを指摘されることを嫌がる文化がありました。あ、そうだね、ありがとう!と素直に言ってそれで終わりということがないような感じです。誰も気にしないのに誰もがなにか偏屈な(と私は思っていた)感情をもっている人が多かったです。みんなうまい具合に手を抜いて、仕事をしているのですが、私にはどうしてもそれができませんでした。怒られることへの恐れからです。議事録にしてもそもそも必要性から含めていろいろ議論したり、調整をしていけばいいのですが、そういった複雑な人間関係の中で仕事をすることの苦手感を12年間ついに拭うことはできませんでした。この人にはこの話はできないとか、人間関係の中での複雑な例外事項は本当にストレスでした。

テープ起こしサービスを申し込む

このころから議事録をつくるという仕事自体は変わらないのですが、様々な雑用が舞い込むようになってきました。議事録作成だけに時間を取られるわけにはいかずにどうしようかと思ってました。そのとき発見したのは、ICレコーダーの音声データインターネットで送って、それを文字お越ししてもらうサービスです。ためしに自腹を切って利用してみたのですが、これなら議事録(詳細)を半分の時間で仕上げることができます。とても魅力的でした。そこで自腹で試したことは内緒提案をしてみたのですがそのような経費をかけることはできないと誰に聞いても却下されました。誰にも頼むわけにいかず、その頃頭が少しおかしくなっていたのではないかと思うのですが、自腹のテープ起こしを続けてしまいました。時には月に10万円くらいも。1年間続けた結果、トータルで40万円くらいは自分お金を使い込んでしまいました。それでもその空いた時間にいろいろな仕事が舞い込むので、結局のところ残業時間は変わりませんでした。

謎の委員会制度

私の会社では所属部署とは別に、様々な大小の委員会制度が設けられていました。風紀委員会とか衛生委員会とかくだらない委員会もありましたけど、○○プロジェクト事務局とか、部署を超えて招集されるプロジェクト複数ついていて、そして私にはもれなく会議時の議事録書きという仕事がついてきました。辛いのは、こういうプロジェクトがあるせいで、直接指示を受ける上司が増えることです。上司同士は面識は当然あるわけですが、それぞれが私を自分の部下であって、自分仕事100%請け負っていくれると思っていたらどういうことになるのかということです。君はこのプロジェクトにどれくらい時間を割けるかな?ときかれたときに5%くらいです。週に2時間限界です。と正直にいったときに、チッと舌打ちした部長代行の顔を私は忘れることができません。



続きはこちらです。

議事録を作る仕事をしていました<その2>

http://anond.hatelabo.jp/20160807170653

なんだかなーと思うこと

派遣社員

不定期で休日出勤している

取り扱っているシステム24時間365日稼働しており、その日のうちに手動で対応しなければならない作業まれに突発的に発生するため、そのための要員として日曜は無人フロアで一日中ぼーっとしている

最近、どうもその突発的な作業が発生していたらしいのだが、俺のところには依頼の連絡が全くなかった(発生時は担当部署から電話がかかってくる手筈になっていた)

あとでわかったことだが、俺に電話をかけてくるはずの部署日曜日休みで誰も出勤していなかったらしい

この部署も、取引担当者からメールでの依頼を確認し、その上で俺に具体的な指示を下すだけなので、「いっそのこと取引先の担当者増田に直接連絡するようにしてはどうか」と社内で検討されたらしいのだが、俺の業務契約関係上社外の人間からの依頼を直接受けるのはNGとのことだった

そして結局どうなったかというと、「どうにもならない」「日曜日作業が発生するのは非常にまれなので、そのために担当部署を出勤させる必要はない」ということになった

要するに対応改善もする気はない、ということになった(とうぜん取引先には内緒)

「え、じゃあ俺って日曜に出勤する意味なくね?」と現場上司に言ってみたが、「お前の派遣元が売上落ちるのを嫌がったんでお前の休日出勤はそのまま継続ってことになった」と言われた

なんだかなーと思いつつも、ただ座ってるだけで一日分の給料貰えるわけだし、まあいいかなと思ったり思わなかったりしながら増田投稿している

追記

なんか予想外にブクマついててびっくり

休日営業管理職携帯電話飛ばしたりしないんだ?

この担当部署ってのが、俺の派遣元とは別の協力会社が丸ごと受け持ってるところで、そこは「日曜祝日は自宅待機含めて一切対応しない」って契約なんだそうな

から当日は連絡する手段がない(私物携帯番号も教えられない決まりになってる)

ブクマついたついでにもう一つ「なんだかなー」を追加させてもらうと、俺がするはずだったこの対応業務ってのは、本来部長級(このフロアで一番偉い人)の職位じゃないと出来ない業務なんだけど、それじゃあ部長が休める日が全くなくなってしまうってことで、代行者である派遣の下っぱの俺のIDにだけ部長と同じ特殊権限付与されていたりする(笑)

この権限、ウン千万円の稟議承認とか全社員イントラネットIDをいきなり停止したり勝手に作ったりとかできてしま管理者レベルのシロモノで、上のような経緯があったのにいまだに権限がそのまま放置されていて、なんだかなーよくこんな状態で俺を一人で放置できるよなー怖くないのかなーすげー胆力だなーコンプラとかガバナンスとか大丈夫なのかなーと、まあそんな感じで定時になったんで帰るわ

2016-08-04

http://anond.hatelabo.jp/20160804152248

あれは訓示の時にその場にいた職員=幹部職員が男ばかり、って批判だろ

東京都管理職女性割合は全国一で高いけど、それでも知事と一緒にテレビに映るような部長クラスになると9割が男

2016-08-03

上司「社内部署は外で問題起こしたアレな人ばっかだし、人間関係ラクとは言えないよ」

ああ、マッチョだなあ

さすが部長手前のやり手は違うなあ

と思いました

2016-07-29

新卒入社した会社と、その先輩。

新卒入社した会社の人と10年ぶりくらいに飲んだの。ばったり会って。

いやー懐かしい。あの会社を辞めてもう10年。で、興味半分である先輩の話をきいた。熱血バカ営業自分より3つ位年上だったかな。

あのころ10年前)会社経営が芳しくなくて、自分所属してたデザイン部が解散に。

で、何故か自分法人営業に回されて「なんというジョブのアンマッチか」と嘆いてた。

はいえ、これも仕事修行だよなと思ってた矢先、件の熱血営業先輩から

「オマエを叩き直す。覚悟しろ。」と。

うーん。。。同じ会社にいたけど、存在しらねーし、ほぼ初対面に向かってたたき直す?オマエ呼ばわり?意味わからん

で、結局は異動が馬鹿らしくて転職したんだけど、今日その先輩の状況聞いたら入社15年めにして

主任に昇格した」と。社員100名位の中小企業で。主任って係長位かな?


お、おう。良かったな。

お祝いに、その先輩へのメッセージを贈る事にした。自分名刺の裏に思いをしたためて。

----------------

昇格おめでとうございます

あなたが「たたき直す」と宣言した「私」はなんとか転職先でうまくやれています

今度、挨拶に伺います

----------------

○○株式会社(一部上場業界トップ企業

新規事業開発部 部長

転職 太郎(←私)




あなた死ぬほど見下してた「私」は転職してマトモな企業管理職年収1本到達、一方あなた零細企業主任様ですか。しかも15年経ってやっとなれた、と」

俺がwww オマエをwww 叩きなおしてやんよwww 


やっと心の棘が抜けた。すっきりした。

2016-07-22

http://anond.hatelabo.jp/20160722082930

うまいね。

先輩や上司のやり方を引き継いだら、部長クラスに叱られるってパターンだね。



ところでさ、俺が沸かすのはいいんだよ。それほどの手間でもないから。

でも薄めるのはやめてほしいんだ。疲れて帰ってきたのに麦茶が薄いのは悲しい。

2016-07-17

休日女子力アピール

同僚の女の子シャイガール)とお得意さんへ挨拶に伺った時に、昼食をごちそうになった。

そこにはなかなかの好青年がおり、彼も同席した。

二人は初対面だが、俺は二人のことは知っており、趣味が合いそうなので、二人をくっつけようと思いついた。


しかし、彼女シャイガールなので、なかなか話の輪に入れない。




そこで彼女に「○○さんは休日は何してるの?」と聞きながら、テーブルの影でメモを見せた。


すると「え、あ、あの、女子力アピール・・・!」


場が凍りついた。




でも、相手部長さんが洞察力が鋭い人で、(たぶんメモに気がついていて)

「そのまま読んだらダメだよ」とツッコミを入れてくれて、とたんに場が和んだ。



その後は、少しだけ打ち解けたようで、普段彼女の半分程度は話せていた。

2016-07-14

2016年・夏アニメの第1話 感想まとめ

なるべく放送順。原作はすべて未見で事前情報ほぼなし。


------------------------------------------------------------------------------------------


タブー・タトゥー

あらすじ:特殊能力持ちの人たちが戦うっぽい。


貶すだけで終わらしたくないので5分ほど考えたがよいところが思い当たらない。原作が11巻出ているのが不思議ですらある。話の展開がよいのだろうか、とも思ったが続きを見る気がしない。シリアスギャグ唐突に挟み込まれるわざとらしく古くさい「萌えイメージキャラクター感情の起伏、背景のトーンとキャラのやりとり、あらゆる点がちぐはぐな感じ。opやedを見る限り、なんかやたらに露出度の高いチャンネーが多いのも個人的に気に食わない。あと主人公髪型昭和フォークシンガーみたい。いわゆる「中二」ぽいのは大好物だけど「かっこいい」のが前提だから…。



甘々と稲妻

あらすじ:お父さんと娘と女子高生うまい飯を食うっぽい。


上記「タブー・タトゥー」と続けて見たんだけど、開始10秒で冗談じゃなく、こんなに違うものかと驚いた。ちょっとした描写に神経が行き届いており、見ていて気持ちがよい。「ちょっとした描写」を丁寧に積み重ねることが、この作品にとってよい方法であることを制作側がはっきり意識しているのだと思う。キャラクターもよい。微妙に力の抜けたデザインもよいし、演技の方向性が第1話にしてまとまっており、トーンが統一されているのがすごい。モブ(お父さんの同僚)ですら! もう1回見る。もちろん視聴継続。あ、一点気になることがあった。「手作りの飯」を持ち上げるために「コンビニ弁当」を貶めているところはちょっと気になる。やむなしか。



「NEW GAME!」

あらすじ:みんなでゲームをつくるぞい。


最近、たまにある「仕事モノ」。明らかに「謎部活モノ」の系譜である舞台を「仕事」にすることで「みんなが気になるあの現場実体は?」みたいな小ネタで興味を引けるのかなーとか思ったけどそんなことはどうでもいい。なんというか今の日本萌えアニメのド直球、ドノーマルはここだ、という感じのアニメ普通を極めた感がある。新しさはないものの極めているだけに出来はよい。しかしここまでのレベルでなければもはや「普通」にもなれないのだ、という意味で業が深い。原作見てないけどアニメ版作品としての品質は段違いなんではなかろうか。とりあえず2話までは見てみようと思います



サーヴァンプ

あらすじ:イケメン吸血鬼が戦うぽい。


いかにも腐ったお姉さん方が喜びそうな雰囲気がすごくて二等身キャララバストみたいなのがじゃんじゃん出る未来がありありと見えたと思ったら翌日まさしくゲーセンで大プッシュされておりさすがえげつないと思った。こちらこそ「中二」作品本命というかベッタベタながらキャラの立ったキャラ、まじめとアホのメリハリもしっかりしていてだいぶ見やすい。あと音楽川井憲次で驚いた。役者もそろっており、手堅くまとめてきた感がある。グッズを売らなきゃいけないんだね…。お兄さんが変な演技をするのが好きな人なら見たらよいと思う。自分はもういいです。



この美術部には問題がある!

あらすじ:美術部で片思いするっぽい。


部活モノ日常系かと思いきや片思いする女子主人公のまっとうなラブコメだった。部長がぐうたらという設定や、その風体あいまってどこか昔懐かしいアニメっぽさ(「あ~る」とかあそこらへん)を感じる。そのうえで女子に慕われる男子は「二次元大好き」と言ってはばからない今風(?)な人物という設定のミスマッチちょっと楽しい。あと女の子がイキイキと動いているのでよいのではないでしょうか。第1話にしてちょっとした山場をちゃんと持ってきたのはすごいなーと思いました。ラブコメ全然見ないけど個人的には「デンキ街の本屋さん」の方がアホっぽくて好き。それはそうと男子生徒が描く「理想二次嫁」のセンスが壊滅的では。



「魔装学園HxH」

あらすじ:ちちくりあって戦うぽい。


なんかそういうのがあるっていうのは聞いてたんですよ。なんかそういうエロバカ枠みたいのがアニメにはあると。「これか~なるほど~」てなった。「セーフティエフェクト※」じゃねぇわ。ちょっとおもしろかったです。よい経験になりました。ありがとうございました。

※際どい部分を隠すための要するにボカシ処理なんだけど妙にデザインが凝っててそれを「セーフティエフェクト」と言い張っている。



ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン

あらすじ:若者頭角を現すっぽい。


絵がとにかくすこぶるダサい時代に取り残されている感がある。21世紀アニメと思えない。銀英伝でも始まったのかと思った。なんとなくNHKっぽい空気がある。それで「うっわー」と思いながら見てたんだけど、なんか見ているうちに話がおもしろいような気がしてきて次回も予約してしまった。謎。あと主題歌が「天鏡のアルデラミン」ていうんですよ。「作品と同じタイトル主題歌に付ける」とか、そもそもタイトルの「ねじ巻き~」ていうセンスとか、やっぱり昭和時代にお蔵入りした企画かなんかが四半世紀を経て平成も終わりそうな今、やっと日の目を見たんでは。



91Days

あらすじ:怒って酒を売るっぽい。


復讐譚とのこと。終始重々しく暗い画が続くがきれいである。第1回のみと思われるopもかっちょよかったが次回からは凛としてる人の曲になるんだろう。ずっとこれで洋画風を貫いてもよかったのに。復讐燃える主人公とトンチの得意な友人、という2人はエレンアルミンぽさある。主人公境遇もそこはかとなく似ていなくもない。アレをリアル世界に置き換えたらこうなりましたみたいな感じだろうか。それはそうと何もかもが淡々としており、主人公が急に巨人になるとか実はみんな巨人でしたとかヒロインの腹筋がバキバキ割れてるとか、アニメもっとはっちゃけてほしい自分としてはここまでというところ。



タイムトラベル少女

あらすじ:昔の偉人に会うっぽい。


なんだこれ。文科省ご推薦アニメかなんかか。Eテレで午前中にやってる知育番組と言われたら信じるレベル(AEDの使い方も教えてくれるよ!)で、そう思うとキャスティングも「とりあえず金はあるから!」って(微妙に旬の過ぎた感のある)有名どころを適当につまんだ感じに見えてくる。タイムトラベルしたのは制作スタッフなのではないかと思える90年代ぽい絵柄や演出(目がハートになるとかマジかよ)をなんで今!? 誰が? どうして? としか思えず個人的アニメ枠の今季暫定No.1を思うがままにしています



一人之下 the outcast

あらすじ:ゾンビキョンシーです。


小森霧絶望先生)みたいのが飛び回りながら包丁ゾンビ無双をする様が見たい、ぜひ見たい、という方がおられましたら見るとよいと思いますが第1話だけでは世界観あんまりよくわからなかったのでおすすめかと言われると何とも言えない。原作制作中国スタッフだそうで、絵柄も日本アニメアメコミ中間といった感じで珍しくおもしろかった。「へー、ゾンビものなんだー」と思ってたら「キョンシー」の一言で我に返る。edは恐らく日本人制作で非常にわかやす日本人(のおっさん)の萌えが溢れており本編とのテンションの差が愉快ではある。



クオリディア・コード

あらすじ:県を背負って戦うぽい。


「ぼくらの」が好きなんだけど、鬼頭莫宏の冷たい目線で「ベタロボットものを描いたらこうなりました」っていう。思えばエヴァだってある種の「リアル」を打ち出した作品だけども、「ぼくらの」もっとずっと「死」が身近でウワワと思ったものです。翻って本作は「子供戦争に駆り出される世界」を描いているんだけれども、そこに「死」のにおいは一切なく、しかしそれが「あえて」であって少しずつ表面化してゆくのならおもしろくなるかもと思いました。何しろあのお姉ちゃんの歌はファンタジック能力を装いながらあからさまに戦意高揚だし、千葉神奈川東京は陸・海・空軍だし、また学生服とは即ち軍服であるダブステップ(今更感もあるが)をbgmに敵をブッ殺しまくっている少年少女を見ていたら、なんだかアメリカ軍人は分厚いヘルメットの中で大音量メタルを聴きながら作戦遂行している、みたいな話を思い出したりして。果たして「9条改憲」だとかいった話が取りざたされる昨今、この作品が放映されているのは偶然なのかそうでないのか。個人的には、より陰惨な展開になることを期待しています



アンジュ・ヴィエルジュ

あらすじ:世界の滅亡を防ぐっぽい。


風呂アニメ。本編24分(op・ed含む)のうち、実に12分(思わず計った)にも渡り風呂に入っている。しかも視聴者を飽きさせないように大浴場、露天風呂サウナ、打たせ湯と種類も豊富日本アニメ界が過去数十年に渡り研鑽を重ねてきた「謎の湯けむり」「謎の光」といったセーフティエフェクト(覚えた)の髄を見た気がする。次回以降もぜひこのテンションでやっていただきたいと思います。見ないけど。片翼のキャラの背後に広がる雲が、失われた翼のように見えるカットはきれいでした。



あまんちゅ!

あらすじ:海に潜るっぽい。


「ARIA」原作アニメも割と好きで、こちらの作品に於きましても「うぴゃー」だかなんだか、あーいつものって感じ。のほほんとした空気をまといながらも見る人を相当に選ぶソリッドな作風であり「恥ずかしい台詞禁止」ってこっちの台詞だわ、といった向きもあるのだが、それも含めて海のように広い心で見ることができれば平和のもの先生の言葉に体の力が抜けてしまったり、ぴかりかわいい! とかツイッターに書いたりすることになる。同じ画面で(各キャラごとに用意されている)デフォルメの顔と素の顔が共存するあたりからも、そういった「差」を乗り越えて全部まるっと母なる海のように受け入れるぞ! という世界観が快い。ちくしょう! なんだかくやしい! と思いながら継続します。ところで勝手に「海女」の話と思ってたけど、どちらかというと「スキューバダイビング」の話なんだろうか。



モブサイコ100

あらすじ:霊を清めるっぽい。


おっしゃれー。原作の人は相当に絵が下手だったような気がするんだけど、下手な絵故の「空白」がたっぷりあってそこにもうアニメーション可能性がみっちみちに詰め込まれ状態である。話がどうとかは割とどうでもよくて「わーこんな絵が! 今度はこんな絵が!」といった楽しみ方ができます。つくってる方も楽しいんじゃなかろうか。個人的にはハマらなかったけど。


------------------------------------------------------------------------------------------


以上、2016年・夏期アニメ14本の第1話を見た感想でした。

視聴継続は「甘々と稲妻」「天鏡のアルデラミン」「NEW GAME!」「あまんちゅ!」の4本。

今までアニメ新番組の第1話を全部見る、ていうのやったことなくて、

さすがに全作品は無理と思ってできる範囲でやってみたが大変に疲れた

それにしても、これだけの数と品質アニメが毎週無料放送されているとは、

なんて贅沢なことだろうと思いました。日本人でよかったね! おわり。