「プログラミング」を含む日記 RSS

はてなキーワード: プログラミングとは

2016-05-30

なぜニコ生配信するVimmerがまったくいないのか

http://com.nicovideo.jp/community/co9320

ニコ生プログラミング放送をチェックしてる人なら知らない人はいないぐらい有名なコミュだけど

これのVimコミュ作ってくれるプロいないの?

Vimに関する内容なら誰でもWelcomeなVimmerコミュ作ってくれるプロいないの?

ねえ?プロ聞いてるの?

2016-05-29

富士通退職した話」に言及とついでに自分の話でも。

自分も前に富士通に居て既に退職してます。後で詳しく書くけど、ソフトウェア開発職に居たです。

富士通を退職した話

彼のへの感想

富士通はクソでっかい会社なんだし、サイト見ればメインフレームやってるのだって判るんだから、開発職を希望したらメインフレーム関連の開発やる可能性あるのは当然予見出来るだろうし、それを想像してなかったのなら情弱とかブコメで言われてしまうよね。あと何も記述が無いか想像だけど、「それほど有能ではない」と判断された可能性もある。と言っても学生が思う「開発者として有能かどうか」ってのと会社でのそれってのは別物で、要するに学生自身自分が実績もあって優秀だと思っても、会社的にはそうでないのよね。そうなると(後述の富士通入社して10年が経った人の話にもあるのだけど)新人能力客観的判断材料って大学資格応用情報レベル以上)程度なのよね。資格に関しても基本情報なんてMARCHクラス以上の人間なら受けたら取れて当然だから、「有能かどうか」の判断材料にならない。就活の際に本気でIT業界に入りたいかどうかの判断材料にはなる程度。自分の同世代富士通本体に入ってソフトウェア開発関連に配属された人のプロフィールを見たけど、確か偏差値的には少なくとも神戸大学とか千葉大学あたりの修士しか居なかった覚えがある。あと確か2~3人がソフ開持ってた気がする。だから、この増田がどの程度だったのかなと。

ただ、20人月案件が具体的に何かは判らないのだけど、自分の在籍していた当時でも炎上巨大案件というのはあって、(自分が知ってるのは確かデジタルテレビがどうのこうのとか言ってた)、そういうのに入社して間もなく入ってしまうと自身勉強等が出来なかったり潰されたり最悪死んだりするんで、そういう意味でも逃げるのは正解の一つ。(自分炎上案件に放り込まれ新人が寮で死んでたとか話を聞いたことある

上司対応はまあこれだけ見ればクソだわな。


富士通を退職して思うこと

はあ、としか。この人がこう判断した際の判断材料にするであろう自己体験を具体的に書いてないので、意識高い系がフカしてるようにしか見えない。あと、たった3年しか居なくてあの巨大企業経営とか体制とか理解出来るんかね?と思わないでもない。自分とは部署が違うだろうから当然かもしれないけど、自分体験とは違うなーって感じ。自分は、外から見たら馬鹿みたいな事やってるように見えるかもしれないけど、経緯や目的巨大企業特有問題があってそうなってるんだなって思う事が多々あった。


富士通に入社して10年が経った - blog

近い時期に入社したと思われる。具体的な話が自分経験と一致してる。特に富士通ソフトウェア開発と言えばミドルウェアの開発が主だというのは、富士通内部じゃないとなかなか(特に学生なんかじゃ)判らないかなと。

それでこれらの話を見てどんな人が富士通(というか大企業)に向くのかなと考えたんだけど、「やりたいこと」そこまで明確じゃないけどコンピュータは嫌いじゃないって感じで、地頭がまあまあ良くて勉強に関しても要領よくやれる(要するにそこそこの大学に行って卒業した人)、それでそこそこ安定した職・収入目当てな人かなと。ってコレ書いててふわふわしてる人みたいであまり良い印象の人物像じゃないな。マッチングミスはどうしても起きると思うし、学生の頃に思う「やりたい事」って往々にして変わったり間違いだったりするし、そもそも学生の頃に明確な「やりたい事」がある人の方が少数派でしょ。だからこういうそこそこ優秀だけどふわふわしてる人の方が良いんじゃないかなとか。逆に、ちゃんと「やりたい事」が明確にあるけどまあ安定はしたいって人はどうしたらいいのかって言うと、自分みたく大企業の子会社を狙うと良いんじゃないかなと。子会社ならその会社がやってる事が理解やすいし、入った後の配属の希望も大きく違ったものにはなりにくいし。まあ子会社子会社で色々アルかもしれないけど。

で、自分入社から退社までの話。

入社10年ぐらい前。入ったのは富士通の子会社で主にミドルウェアの開発をやっている所でした。入社して1~2年したら子会社の統廃合とのことで富士通本体連携してる部署自分がそうだった)は富士通本体になりますとのことで富士通本体の方に移ったという経緯ですね。別に待遇とか元々本体と同じだったから変わらず、事務関連が小回りきかなくなったぐらい。入社してから退職までは5年ぐらいでした。辞めた理由実家事業を継ぐ事にしたため。

入社して数ヶ月の時にある温泉地にある某所でその手の開発をやってる子会社沢山と

富士通本体ソフト開発配属の人達研修をやったのだけど、その際に富士通本体人達と知り合った。(この際に全員のプロフィール冊子が配られた)そのときは流石子会社に入る人達本体とじゃレベルが違うな~と思いましたね。(ちなみに自分MARCHより下の院卒。)

自分が配属されたのは某製品部署API部分チーム。その製品C言語Java言語からも使えるように出入り口を用意する部分。中でやってる事は指定されたIPポートプロトコルに沿ってデータ投げるだけなんだけどね。ちなみに配属希望の際は「そこそこの忙しさの所がイイ」と言っていました。「バリバリに働きたい」と言ってた同期は多忙ヤバい所に配属されてました。他にもチームがいくつかあったけど、それらのうちの一つは例の「山奥の工場」でしたね。自分が配属された当時はC言語APIリニューアルするって開発してたのだけど、設計担当Javaしかやったことない人で色々とC言語流儀に反してて後々のメンテが大変でした。まあそれでもリニューアル前よりは遙かに良くて、以前はユーザに見せてる関数名が ○○search1 ○○search2 ○○search3 とかでしたね(ちなみに機能はそれサーチか?思うのもあった)。もっと酷かったのが初期製品Javaの公開メソッドで、マニュアルには「このメソッド引数○○を□□を指定した場合戻り値Objectを△△にキャストしてください。××を指定場合は…」という「これ製品にして売ってたんだ…」と思うレベル。もちろんコレがダメだったってのは開発側も認識していて当時は既にリニューアル済みだったけど。リニューアル済みでも少し微妙だったけどね。

これは、ミドルウェアの開発をやってる人達って基本的C言語が主でJavaとかをやってる人がほぼ居なかったからだと思う。上司もそういうのは良くないってのは認識してた。対象OSWindowsLinuxSolarisだったけど、そんなにたいした事やってなかったからほぼ同じコードだったような。ソケットの一部だけ違ってたっけかな。

それでそのバージョンの開発が終わったあたりで、.NET Frameworkが出始めてきたので次バージョンでは.NET FrameworkAPIを作る事になりまして、自分が少し勉強していたのでそれの設計から担当する事に。当時は.NET Framework 1.1で今思えば少し時期が早かったと思う。2.0Genericが出てからやった方が良かったと思うんだけど、そういうの政治的判断だし結果論だしなー。それまでにRubyとかオブジェクト指向言語に触れてその辺の勉強もしていたので、.NET用のAPIに関しては設計実装結構良い感じに出来たと思う。ああ、そういえばRuby用のAPI効率化の開発ツールとかの名目仕事中に勝手に作ってたなあ。他にもC言語APIも内部実装がクソすぎ!とキレてユーザ公開関数インターフェースだけ同じで中身をフルスクラッチした事も。もちろん絶対LDしてるんで完全に趣味なんだけどな。これでAPIC言語Java.NETになった訳だけど、現場案件で使われたのってほぼ全てJavaだったと思う。(開発中のサーバテストアプリC言語だけど)。要するに自分が数年関わったコードが世の中ではほぼ使われてない訳でして、取りそろえとして必要だったとはいえ世の中の役に立ってないってのは嬉しくは無かったですね。まあ、大企業仕事なんてそういうもんです。.NETに関してはそのバージョンが出る頃はその製品があまり売れてなかったんだか使われたって話は聞かなかったですね。ほほほ。大企業に勤めるのならこういう覚悟必要かもね。

で、.NETAPIが出来たあたりに開発ネタがなくなって保守気味になってきたので、人員整理作業整理との事でインストーラと切りたいけど一度やったからには切れない補助製品担当が増える事に。インストーラWindowsがInstallShieldというクソみたいな言語上で作られたものLinuxSolarisシェルスクリプトのもので、InsallShieldの方のコードはあまりにクソなのでリファクタリングさせてもらった。この辺の開発は少なかったのだけど新OS対応(Vistaとか)とか保守作業が大変だった覚えある。

んで、これらの作業が終わったあたりでこの製品でやることが無くなってきたのと同時に、この製品派生製品の話が出てきてて、それは1機能1exeで提供されてて、それらを纏めるバッチ処理機能部分を担当することに。バッチ処理の内容・順番を記述するのにXMLを使う事になったのでXMLのパーサが必要なのだけど、色々調べたら富士通内部でパーサ作ってたのでそれをもらって使う事に。そのパーサはC++からじゃないと使えなかったのだけど、趣味C++勉強してたので何とかなった。あと、結構OSの知識(プロセスとか)が必要WindowsLinuxSolarisで動くコードを書く必要があってまあまあ大変でした(と言ってもifdefで切り分けるだけなんだけど)。けど、これらの開発は自分が一から設計してコードを書いていたので楽しかったですね。それでこれが完成するかしないかあたりで、このバッチ処理機能が他の開発中の製品バッチ処理に使えないかとか話が出てきたあたりで自分退職する事に。(退職の話は1年ぐらい前に話し合って決定済み)引き継ぎをして退職ということになりました。最後は溜まった有給を使う予定でまだ在籍中だけど部屋を引き払って実家に帰ってたのだけど、打ち合わせに来て欲しいって言われてしま実家から何日か通ったのは良い想い出。というかまさか実家から朝8時に間に合うとは思って無かった。

振り返ってみて残業時間は月40~60時間が多かったかな。100時間超えた時は上司に怒られた。あと退職前の1年ぐらいはうちの事業本部(だったかな?)単位残業禁止になってホント残業0時間になった時期があった。他の部署の人の話で、どう考えても狂ってる上司の話とかを聞いてると上司とかの運は良かったと思う。あと、やっぱり仕事でみっちりプログラミングが出来たのは運が良かったと思う。富士通ソフト開発で C C++ C# Java シェルスクリプト InstallShieldとか(そんなに深くはないけど)色々やれた人間はそうそう居ないんじゃないかな。同期とかの仕事は年上の人の派遣の人に指示出したり取り仕切ったりする仕事とか、保守サポートみたいな開発じゃない仕事の話も良く聞いていたので、ソフト開発のキモ体験出来たのは良かったです(こなみ)。

2016-05-28

客先の

システム仕様を相当把握している感じの人がプログラミングはできないのがなんだか不思議


あそこまで内部の動きわかってるんだったら全然書けそうなのにな 実はできるんだろうか


どうでもいいけど属人化しすぎでやばい 資料がほぼないから毎回現行の解析からになる

2016-05-27

童貞のオッサンってさ。。。

あの話、すげー共感できたの。

セックスは回数を重ねると気持ちよくなる」って言うけどさ、期待が大きいほど一発目で楽しくなかったら心折れるよ。

マンガとか小説アニメなんかも「最初微妙だけど後半神展開になるから」とか言われても、暇持て余してた若いころはアリだけど、大人になったら「あ、俺はパス」ってなるでしょ。

あの増田って、変なところは少年のようにウブなのに、そういうモチベーション続けにくいところだけ妙に年齢相応なんだよな。

なんにしても大人になって新しいこと始めるのは億劫になりがちだよね。そういうところだけ妙に共感した。おれも経験ゼロからプログラミング昨年挫折たから。プログラミング童貞卒業したけどさ。

http://anond.hatelabo.jp/20160527121809

英語プログラミング質問サイト増田引用して、「なんかいちゃもんつけられたけど、俺のほうが正しいよね?ね?」ってか。

2016-05-25

最近高校生コンピューター部の活動内容

ゲーム作るか競プロしてるかWebサイト作るかの3パターン学生がいるんだって

早い人では小学生からプロしてきたって人もいるんだって

エディタEmacsVimを使っているんだって

俺が高校生の頃なんてメモ帳存在すら知らなかったのにすごいねまったく。



パソコンの普及によって昔よりはプログラマーも増えたね。

プログラミング必修化によりプログラミングに興味を持つ人がさらに増えるんだろうね。

その教育を受けた人たちが大人になる頃にはプログラマーの単価が下がっていくんだろうね。

ピラミッド中間から上の人たちのことは知らないけど下っ端の単価はいまでも下がり続けてるね。とくにクラウドソーシングとか奴隷だもんね。

プログラマーをこき使うような派遣企業入社することが一流企業であるみたいな風潮になるのかね。嫌な世の中だね。

一体誰が悪いんだろうね。

http://anond.hatelabo.jp/20160525155442

逆だ逆。「半端に修学しただけの人材」はコモディティ化の世の中において熾烈な価格競争の波に晒されるんだよ。

何かに特化してたりしない無印人材なら、それこそ「中国人雇ったほうがいい」ってバランス国内ですら傾きつつあるんだ。

日本中国人就労ビザをなかなか出さない方だけど、中国人自体就労ビザを取得できるくらいに日本語も専門技術学力も身につけつつあるんだ。

ここ数年、中国経済的に発展してきたからね。

から日本人日本での立ち回りで「ちょっと勉強する」だけだとそりゃマクドナルドが如き社会歯車しかなれなくて、それって「勉強しないよりお得だったか?」って状態に陥ることは目に見えてるんだよ。

勉強自体否定しない。だが、今は漠然勉強っていうんじゃなくてジャンルを絞っていわないと自分にも相手にも不幸にしかならん。

日本で「プログラミング子供に覚えさせればなんやかんや」っていうのにもダメ未来しか見えないだろ? つまりそういうこっちゃ。

2016-05-24

http://anond.hatelabo.jp/20160524151555

オブジェクト指向と対比して考え方をまず学ぶって岡部路線、住井グループはそれを目の敵にしていて集団的攻撃している様をみたプログラミングコミュニティは逃げ、その後、不毛な大地のみが残った。

同意。俺が住井某を嫌い、岡部しなのは、考え方を重視する姿勢他人自由な発想を押さえ込んでいるから。本人はそんなことしていないと言うだろうが、「哲学関数型と関係ない」とFAQで堂々と言い切ったり、SNSその他でアンチ岡部連携して攻撃を加えているのをしっかり見続けていたから。

教育者のすることじゃない。岡部が怒り狂うのも理解できる。

http://anond.hatelabo.jp/20160524145224

よーわからんw 岡部氏は、自作ライブラリHPで、

FRP純粋理想とする関数型+時間で変化するストリームを値にマップして扱うリアクティブプログラミングの組み合わせ

まり関数型の拡張っていうなら誰も反対無いと思うんだけど。

FRPライブラリサブタイトルに、 library that provides first class reactive value 'over time' と書かれている、これ拡張じゃないのか?

https://www.npmjs.com/package/timeengine

HaskellのIOモナドみたいな別の抽象化DISりつつ、FRPこそ正しい関数型みたいに言うから荒れるんじゃないの?

IOモナドDisってるのかどうかまでは知らない。しかし、すでに出たサンプルからFRPの効力がまざまざと見せつけられている。

荒れるのは自由だけど、両方正しいとかそういうのじゃなくて、間違っている電波だみたいな叩きしかなくて、要するに感情論で反対派は反発しているだけでOK?

あるよ。

関数がどのパラメータ依存して、何を結果として返すのか明確になる。

グローバルな値を参照したり書き換えたりしてたら、関数の中身読まないとわからなくなる。

短いプログラムならそれでもいいけどね。

別の誰かが書いてたように、上位スコープ内に定義されてるDOMでも、数学ライブラリでもなんでも、引数関数に渡すのか?

グローバルな値を参照したり書き換えたりして

いやだから、定数なんだから書き換わらないんだよ、FRPストリームconst 定数なんだから

関数型のわかりやす説明であって、住井派に反対してるとか、岡部路線とかじゃないよね、と。

オブジェクト指向と対比して考え方をまず学ぶって岡部路線、住井グループはそれを目の敵にしていて集団的攻撃している様をみたプログラミングコミュニティは逃げ、その後、不毛な大地のみが残った。

http://anond.hatelabo.jp/20160524105650

増田出会った待望のあのお仲間のことな

あいプログラミングのプの字も知らないのに「なんとなくあっち側陣営がむかつくから」で参戦してるただのバーサーカーからあんたの説明なんか読んでないで

2016-05-23

http://anond.hatelabo.jp/20160520110314

東大地震学者にしろ学会がどうだの権威だけ振り回して自慢する連中にろくなのはいない

特にプログラミングの分野でそういうこと言ってるのは眉唾

2016-05-21

http://anond.hatelabo.jp/20160521190026

元増田です。

SPAは、クライアントが自立した1プログラムとして状態管理する。サーバUIと同様の非同期なイベント発生源/イベント発行先の一つとして扱う。またReactとReduxの組は、データベースサーバサーバサイドページ生成のスタイルを、サーバブラウザでやるようにシフトさせたものともみなせるだろう。

手間がかかりません?さらにもともとほぼサーバー側だけで済んでいたものを分けることでCSRFやSQLiなどの変なバグを仕込む可能だってありますよね。これに見合うメリットが見えないのですがいかがでしょうか。

そしてReact自体には、JSX構文もbabelもいらない。JSXタグを書くよりむしろReact.DOM.div({...},...)等で書いたほうがプログラミングでは扱いやすい。JSXサーバサイドページ生成のテンプレート言語利用文化に寄せた表現に過ぎないといえる。そして今ではbabelで変換する対象もES6 modulesのexport/importだけだ。これも分割ファイル対応のためにwebpackあたりを使うなら、ついでにbabelでES6 modulesも、といった程度のこと。

というかですね、そもそもVをロジックの中にベタ書きしちゃうの嫌なんですよね。シンタックスハイライトとかインデントも効かないじゃないですか。そういう点ではAngularJSが一番気持ちいいですが。。

まあそれはそれとして、なるほど、JSX別にどうでもいい、というのはわかりました。まぁそれならわからんでもないです。

すでに一般に忘れられつつあるprototype, Dojo, Mooと同格であるjQueryのほうが五年後も活発にメンテされるのかどうか怪しいだろう。もちろん、レガシーものとしては残り続けるだろうが。

ここわかんないですね。活発なメンテがそんなに重要なのかな?ということです。まあモダンな感じで書きたいということは理解できますが、それさえクリアされていればいいんじゃないでしょうか。そうでもないですか?

英語なんて大学時代ふつうやるでしょ

なんでやってなかったんだろうな自分

あほだな。って思って社会人10年くらいになる。

ちょこちょこと勉強する毎日

なんで学生時代ちゃんと真面目にしなかったんだろう

プログラミングでも、起業でも、ちゃんと未来のこと考えてたらやるはずだ

おそらく、自分怠惰だったからやらなかっただけじゃないか

モラトリアムなんか満喫して無為人生過ごして…



20そこらの気持ちって簡単に忘れてしま

あの時は哲学にハマっていた

ハマっていたというか、自分の生きていく辛さを整理するために

過去偉人の本を読んで考えを整理してたんだ

なんであんな大切な時間を無いものにしてたんだろう

本当に久しく忘れていた

哲学なんて考えるのは、仕事するうえで非常にマイナスになる

馬力が出ない。

毎日必死に送っている価値観絶対とみなさなければ

おれ自身現実への嫌悪感崩壊してしま



色々回りくどく書いたけど

20代気持ちをすっかり忘れてしまう事に驚いている

それは本当の気持ちなのに、覆い隠せてしまうことが本当に驚きで

40代の人とかどうなんだろう

このまま振り切っていってるんだろうか

告げ口

今日仕事をしていると、突然、上司A氏が私のところに来て、一方的にガミガミと30分ぐらい小言を言って帰っていった。どうやら私の働き方が気に入らなかったらしい。こちら側の意見を伝えようとしても、とりあえず頭ごなしにすべて否定されてしまった。彼は冷静に話してはいるようであったが、何を言っても理解してもらえず、これぞまさに、とりつくしまがない、という状態であった。よくよく考えると彼の発言矛盾点だらけだったのだが、こういう時は矛盾点を指摘すると逆効果なので、多少彼が支離滅裂なことを言っていても、反論せずに傾聴していた。



しかし疑問である。なぜ直接私のところに来たのか。この上司は私の直属の上司ではなく、今まで私にさほど関心も持たず、放置していたのである。そもそも私が仕事をしようがしまいが、問題さえ起こさなければ、彼自身評価に影響は無いはずなのだ。そういうこともあって、私もあまり積極的に関わろうとはしなかった。先週確かに何か不満げなことを直属の上司B氏に軽く言っていたが、とりあえず私のところまでは降りてこなかった。先週はこのB氏がブロックしてくれたのであるしかし、今日はB氏がいるにもかかわらず、私のところに「直接」来たのである。これはかなり珍しい。B氏を超えて小言をいうとB氏のメンツが立たないではないか。この国ではメンツを保つことはかなり重要である。そもそも私の仕事内容自体このA氏は把握していないのである



私はあまり積極的自身仕事アピールする方ではなく、評価は低くてもいいか自分面白いと思い、かつ会社プラスになる仕事をするタイプである。周囲へのアピールが不必要だとは思わないのだが、アピールに力を入れ始めるとどうしようもない虚無感がやってくるのである上司に向けたきれいなパワーポイント資料作成などは本当にイヤな仕事ひとつである。そんなことをするぐらいなら、何かプログラミングをしてツールを作って誰かに使ってもらう方が面白いし、私も技術が身に着くし、業務効率化できるし良いことづくめなのだ。そんなわけで、私は普段別に周囲のことは気にせず、自身が関心があり、部署目的にも合った仕事をしていたのだ。そういうこともあってB氏も口うるさいことは言わず自由やらせてくれたのである。明確なマイナスがなく、多少はプラスではあるので、寛容してもらっていた。



おそらく誰かがA氏に告げ口をしたのだろう。「彼の働き方には問題がある」、と。



しかし、これはかなりの陰湿行為である。直接私に何かを言い聞かせることをせず、A氏に告げ口をし、A氏が私を叱るように仕向けたのである。その誰かであるX氏は、私が自由に楽しそうに仕事をしているのが気に入らなかったのであろう。そのX氏が誰なのかはわからないのだが、私の評価が下がって結果的利益を得る人であり、かつそして私の近くにいる人間である人間というものは、全然関係が無い人には嫉妬も悪意も感じないものである



そうこう考えているうちに、告げ口をしたX氏のめぼしがついてしまった。私は彼とはまったく会話したくないのだが、私にやたら話しかけてくるのである。そう言えばX氏は自身評価が良くないことの不満を口にしていた。X氏は、自身が認められていない時、自省をしないタイプなのだ。例えば、評価が良かった同僚に対して、「彼がうまく言ったのは偶然だよ」とか、自身業務に対して「担当している業務自体問題なんだ」と言うのである。少なくとも彼の口から自身がどう改善すべきかなんて事は出てこない。必ず、他人のせいだったり、環境のせいだったりするのだ。40代後半の男である大の大人があまりに情けないではないか。困ったものだ。待遇がX氏より私の方が良いのもイヤミったらしく不満を述べていた。



普段、私は周囲にあまり関心をもたれないポジションにいるので、これまでこんなことはなかったのだが、少し目に付くようになってしまったようだ。人間嫉妬というものはかくも恐ろしく、やっかいものだったのだ。いかに目立たないように自由面白仕事をするかに注力していたのだが、バレてしまったようだ。しかも、A氏曰く、「今のままでは評価は良くない」とまで脅迫してきたのである。これ自体びっくりである。この会社評価基準あいまいで、良い結果であろうと悪い結果であろうと上司の声ひとつで何とでもなるのである。彼が良くないと言えば良くないのであろう。たとえ結果を出したとしても、「生活態度が気に入らない」などと言えばあっさりと悪い評価を受ける会社なのだ



それなりに人数のいる部署なので、仕事に対して人数が多すぎるぐらいで、わりとヒマな部署である。私がクビになって困る人はそれほどいない。すぐに替わりを雇う必要もないだろう。しかし、私としては自分面白い仕事をし続けていたいし、あの無駄パワポ資料作成日常仕事になんてしたくない。早く上司が替わってくれないだろうか。それとも次の会社を探すべきであろうか。なかなか、面倒なことになりそうなのである

おしまい

http://anond.hatelabo.jp/20160521163144

まずReactの特徴は、「状態データから変換してビューを生成する」スタイル統一されることにある。

これはjQueryをはじめとするDOM操作モデルでの、「初期状態ビューの作成」と「(イベントに伴う)状態変化からの部分ビュー変更」で構成するスタイルから脱却され、たとえば部分処理の積み重ねから想定外状態が生まれることを防ぐ。

SPAは、クライアントが自立した1プログラムとして状態管理する。サーバUIと同様の非同期なイベント発生源/イベント発行先の一つとして扱う。またReactとReduxの組は、データベースサーバサーバサイドページ生成のスタイルを、サーバブラウザでやるようにシフトさせたものともみなせるだろう。

そしてReact自体には、JSX構文もbabelもいらない。JSXタグを書くよりむしろReact.DOM.div({...},...)等で書いたほうがプログラミングでは扱いやすい。JSXサーバサイドページ生成のテンプレート言語利用文化に寄せた表現に過ぎないといえる。そして今ではbabelで変換する対象もES6 modulesのexport/importだけだ。これも分割ファイル対応のためにwebpackあたりを使うなら、ついでにbabelでES6 modulesも、といった程度のこと。

すでに一般に忘れられつつあるprototype, Dojo, Mooと同格であるjQueryのほうが五年後も活発にメンテされるのかどうか怪しいだろう。もちろん、レガシーものとしては残り続けるだろうが。

Reactのモデル関数型プログラミングモデルのものであって、そういう観点ではすでに何年も続いたものであり、React自体は消えたとしてもその手法は長く続くことになる。

2016-05-20

http://anond.hatelabo.jp/20160520122114

岡部健

元・FX商材販売者にして

人類史上最悪の勘違いプログラマ

らしい。

自分思い込みが正しいと信じて、その珍説ネット書籍に書きまくってるせいで

プログラミングクラスタ係争中。

プログラミングの楽しさ

railsプログラマーなんだけど、最初の頃は楽しく毎日書いてたけど、最近だんだん面倒になってきた。

プロジェクトが大きくて複雑になってきたというのもあるし、

DRYにしきれない部分が結構大きくて同じことを書き直すのがめんどい

かといって汎用化すると本来かかる以上の時間がかかってしまう。

あと、複数プロジェクトまたいで作業すると、

移動するたびに思い出したりrails sしたりで萎えてくる。

プログラミングなら朝から夜までずっとやってても平気って人がいるけど、

そういう人はなんでそんなんできるの?

http://anond.hatelabo.jp/20160506231736

kenokabeさんは故意無意識か、自分の有利なように論文曲解していますが、

「面倒なんで全部訳しませんが」と言ってる部分に、氏には都合の悪い真実が書かれていますね。

>Conventional imperative programming captures these dynamic values only indirectly, through state and mutations.

伝統的な命令プログラミングは、これらの動的な値を状態と変化を通じて間接的にしか捉えていません」

まさにtimeengineプログラムに頻出するフィールドtが「状態」、tへの破壊的代入が「変化」ですね。

2016-05-19

Vimmerかいプログラミング上級者wwwwwwwwwww

2016年にもなってvimwwwwwビwwwビマーwwwwwwwwプーッ

生きてて恥ずかしくないのかなあ

フォーマッタすらまともに掛けず、コードグッチャグチャ

 

いっしょうけんめい手打ちスパゲッティ

いっしょうけんめい秘伝のタレvimrc

 

もうね。死んで?

殺したくなっちゃうの

死んで?

まあ増田プログラミング論見てる分には口の悪さに目をつぶれば面白いこともあるけど

リアルでは絶対に関わりたくないな

2016-05-18

プログラミング義務化による劣等生の逃げ場所

2020年から小学校でもプログラミング義務化されるらしい。

プログラミングを学ぶことはいいことだとは思うが、

学ぶことによる挫折も当然あり、また義務的学校先生に教えられることの弊害もありそうだ。

また、今までは学校が嫌い、勉強が苦手のような子でも、

パソコンが使いこなせることや、インターネットできることに優越感があったり、

そこに居場所があり、ある意味逃げることができたような気がする。

しかし、それが学校の授業となり、誰でもそのようなITを学ぶ機会が与えられたら、

どうなるのだろうか。

IT逃げられない子供はどこに逃げればいいのか。

それでも広いインターネットの中のどこかに逃げるのだろうか。

ただこれからの子供たちはそれが当たり前なのだから

こういう考え方は間違っているのかもしれない。

そういう目線での意見も聞いてみたいところだ。

2016-05-17

数学勉強の仕方教えて!

俺は子供の頃神童呼ばわりされたせいで、中高で無勉で人生踏み外した口です。

その後、なんとかプログラミング能力で人並みの生活が送れるようになりました。

今でも俺は数学勉強したい。

俺は数学が好きなんだ。素数不思議とか、考えているだけでどこか別の世界に行ってしまいそう。

数学が好きなのに、数学ができないんだ。

どうやったら数学ができるようになるの?

数学が得意な人教えて!

2016-05-16

プログラミングを覚えようにも作るもの特にねえんだよ

お題くれ

http://anond.hatelabo.jp/20160302090242

>初期値で0与えて再帰引数カウント回したりとか、普通にあると思うけど

プログラミング原則的意味だとコードの中に現在時刻って変数が入ってくる時点でなんかおかしいとおもうんやが。

「よくわからん」癖に、いっぱしの批判してるつもりになってんじゃねーぞボンクラというのが一つの指摘なんで。

>プログラミング原則的意味だとコードの中に現在時刻って変数が入ってくる時点でなんかおかしいとおもうんやが。

C#しろJavaしろJavaScriptしろCにしろ、おまえは

現在時刻」を得るために、いったいぜんたいどういう「変数」を使ってんのかねー?W

カウント」とか言ってる馬鹿がいるが、そんなもん処理系の速度によって変わるだろうがアホが。

お前のくらす世界の「時刻」「時間」ってのは、それぞれの処理系の速度によってそれぞれ異なるのか?まぬけw