「ボタン」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ボタンとは

2016-07-26

50代女性主婦です。

夫と25歳長男、22歳次男大学生)と17歳長女(高校生

との5人暮らしです。

25歳長男には知的障害があり、療育手帳もあります

作業所に通っていましたが、人間関係でのトラブルが多く

辞めてしまいました。

職員の○○がムカつく、通所している○○さんが嫌い、

など、人が自分の思い通りにならないと些細なことでキレて

暴言を吐いたり、近くのモノを投げたり蹴ったりなど

してしまます

作業所はこれまで3か所通いましたが、どこも合わず辞めました。

精神科にも通って安定剤などもらっています

今は自宅にいますが、些細なことで怒り、食器などを割る、

殴る蹴るの暴力暴言があり、家族全員、長男を腫れ物に触るような

扱いをしています

困り果てて、息子を精神科病院入院させてくれるよう

頼みましたが、断られてしまいました。

周囲が自分の思い通りに動いてくれると息子は落ち着いています

私達家族は息子のいいなりのようです。

もう限界です。

私達夫婦次男、娘も。

息子を一人暮らしさせようとも考えましたが、私達を追いかけて報復

するようなことを言います

アドバイスいただけると幸いです。

疲労のため乱文となってしまいましたが、どうぞよろしくお願いいたします。

http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2014/0826/676636.htm

 

障害者就労施設で働いてる者です。

障害者を連れて有料公園に2時間、遊びに行くプログラムがありました。

私が同行する障害者の方は20代知的障害者男性だったのですが、他の職員から教えてもらった前情報は、「力が強く、暴力的で殴るのと頭付きが得意」「子供をみると追いかけるクセがある」「ボタンを見ると押してしまう、以前、踏み切りの緊急ボタンを押してしまった」「話す事も、話を理解することも出来ない」の4つです。

公園なので子供も多く、左手首を握って歩いておりました。

スタッフからの指示で「暴力振るうと危ないから、人気の無い方で散歩してきたら?」との事で、スタッフと離れ、2人きりで散歩していました。

有料公園なので、とても広く、本人は気の向くまま色んな方向へ行きますが、どうにか人気の無い方に行ったのですが、たまたま前方に小学校低学年の男の子がいました。

私の連れていた方は腕を振り払い、子供の方へ猛ダッシュしてしまったので、追いつき捕まえたら、それが不満だったらしく、私に殴りかかってきました。

初発は顔面にヒ当たり、メガネが吹っ飛び曲がってしまいました。

ここは前から両手首を持ってパンチを打たせない状況は作ったのですが、頭付きが得意なので、この状態から頭突きを連打してきます

手首を持ちながら後方に下がって避けましたが、力が強いため、また手を振り払い子供の方へダッシュします…

また捕まえましたが、そうすると、また私に対して猛攻撃

最終的には子供の事を忘れたのか、ずっと私に対して殴りかかったり、頭突きしたり…

そんなこんなで私も体力が無くなってきたので、ヘッドロック状態にして抑えたのですが、今度は後ろから髪の毛を引っ張ってきます

40分は、こんな状態で「もう体力の限界かも…」と思った所、女性スタッフが近くに来たので状況を説明女性スタッフは近づいて言葉で怒った所、女性スタッフ頭突きを数発入れて女性スタッフはダウン…

もうしょうがないと思い、またヘッドロックをかけて、そのまま車に閉じ込めましたが…

もし最悪自分の体力が切れたら他の方へ迷惑がかかってしまます会社では障害者の方に「打撃は禁止」との事だったので先輩に今後は職員2人で対応したいといいましたが、それはムリとの事

なので合気道など習って安全に取り押さえようかと思ってもいます

どういった対応がよいのでしょうか?宜しくお願いします。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1169701001

 

毎朝、会社に向かうバスに乗る時に

体の大きな知的障害者男性)に暴力を振るわれます

朝、バスは1本しかありません。(非常に田舎です)

7時のバスなのですが、それが朝一番バスです。

その後は2時間後なので会社に間に合わないので

これに乗るしかないのです。

最初は髪をひっぱったりという程度だったので

私がはっきりと大声で『やめて!!!』と怒鳴ったのです。すると、どんどんエスカレートしてきて

今では、拳で殴ったりします。

警察相談しましたところ、最初のうちは、そのバス時間パトロールしましょうという事になったのですが

おまわりさんがいても、おかまいなしで暴力をふるってきました。

おまわりさんを通して、ご家族の方に注意を促してもらったのですが、その人のご両親はいなくて、80歳に

なるおばあちゃんと2人暮らしで、おばあちゃんも

何が何やらというかんじだったそうです。

まりにも私ばかりにその人がからむので、おまわりさんに『何か過去関係がありましたか?』なんて

尋ねられて、非常に不愉快な思いもしました。

でも、越したばかりですし、会社に行かないワケにはいかないので、

今は、私はバスくるまで隠れて、こっそり乗車していますが、だんだん周りの目も『あの人が何かしたんじゃないか』なんて言い出してきて、なんで私がこんな思いを?と悔しくてたまりません。

また、引っ越すにも、お金がありません。

どうしたらよいでしょうか。

アドバイスお願いします。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1169701001

 

知的障害者施設(通所)です。

利用者の方で、送迎時(車で走行中)に急に暴れ、職員に対し殴ってきたり、引っかいたり・・・

他の利用者さんも、もちろん同乗していますので、かなり危険なのですが、

反撃や縛り付けることは虐待になるし、

保護者に言っても「障害者から・・・」「仕事でしょ」と言われるだけで

一向にらちがあかず・・・

このままじゃ、職員が根をあげて辞めていくはめになりそうです。

みなさん所では、暴力行為に対して、どうされてますか?

http://www.wel.ne.jp/bbs/article/161588.html

通勤中はイヤホンつけての歩きポケモン捗る

まずは設定を開いて音楽オフ

バッテリーセーバーも入れておきたいけど、復帰でバグるからオフ

効果音はオン。振動はどっちでもいいや。

できるだけスマホから目を離して、前を見て歩きながらも状況を判断できるようにするのが目的

まずはポケモンGOを起動した状態ポケットに突っ込んでいつものように歩く。

効果音を聞き分けることができれば、今近くで何が起こってるかが画面を見なくてもわかるようになる。



まずはポケスポットに近づく音は「ンピョーィン」という金属音みたいな高い音。

この音が聞こえたらスマホを取り出してアイテムをゲット。

ポケスポットタップした後、画像スワイプした直後に下にあるバツボタンを押せば、アイテム一つ一つをいちいちタップしなくても一括で手に入る。

この作業で約3秒くらい。

ちなみにポケスポットから離れるときの音は「ビヨッィ」という濁った音。

あぁ、なんか閉じたなって感じの音だからすぐわかるはず。



次にポケモンに遭遇した瞬間。

RPGエンカウント見たく「バシューィィン」とちょっと強そうな音がする。

そしたらまたスマホを取り出して、出現したポケモンをチェック。

欲しければタップするし、要らなければまたポケットに戻す。



大切なのはボールを投げた後にゲットできるかの判別

ポケモンめがけてボールを投げて、ヒットすれば「ティィン」という小気味のいい音がなる。

その後「プゥゥン」という効果音とともにポケモンボールに入って、捕まえられるか逃げられるかの演出が始まる。

ボールが鼓動するように「ボゥボウン」という音を繰り返して、3回なった後に「バスッ」というボールが地面に落ちたような音が聞こえれば無事ゲット。

ボールを投げてから捕まえるまでの演出が長いので、この間にスマホを眺めながら歩いていると危険

ボールを投げた直後から前を見て、音だけで捕まえられたか判断しよう。

「ボゥボウン」という音が3回なったかどうかわからなかった時は、もしポケモンが逃げてなければその後の反撃の効果音判断ができる。

ポケモン攻撃を仕掛けてきている時の音は「ブシィーコン!」といった動物が威嚇しているような音がする。

まりその音がしているということは、ポケモンは捕まえられなかったということになる。



本来ならいい大人通勤時までポケモンなんてやるもんじゃないといいたいところだが、たまご孵化させるためには移動中も起動している必要があるため起動しておきたいという気持ちはわからないでもない。

ならばせめて画面に釘付けになるのではなく、どれだけ前を見ていられるかを自分なりに工夫していただきたい。

この程度のことはまずはじめに自分で考えて欲しいのだ。

過去、常に虐げられてきたゲーマーたちは、社会問題が起これば縮まるのはそのゲーム寿命だということをよく知っている。

自分さえいいという考えでチートに手を染めてゲームバランス崩壊させるのも、ほとんどがゲームのことを大切に思っていないあなたがたのようなにわかユーザーたちだ。

その結果、大して愛もない騒ぎに参加したいだけの人間たちが大人を怒らせて、そのゲームに愛をもった人間たちを悲しませているのだ。

ポケモンGOがどうなろうと自分には関係ないが、一日でも早くこのゲーム規制だらけのつまらないものにしたいなら、いつものように僕に向かって石を投げればいい。

その石は全部跳ね返り自分たちの首を締めるだけのものなのだから



※追記

うそう。ポケモンゲットの時はARオフ必須。そうすればスマホを寝かしたままでも画面にポケモンが表示されるから

ボールを投げる時も画面端をスワイプするテクニックを使う。どうやら指の加速度よりも移動した距離が飛距離に影響されるっぽい。

親指で投げるのはちょっと練習必要だけど、安全のためがんばれ。

ヘッドホンは推奨していない。イヤホンで嫌な顔するような人間は何しても嫌な顔するから気にしない。

あくま自衛のためにするのだから、音量は自分判断してください。

そもそも通勤時間有効活用を目指した内容なので、取りこぼししたくない人は安全場所にいってやってください。

通勤時間帯の早歩きで混雑する中で安全を保つための内容です。

はっきりいってLINEメッセージ打つよりは100万倍安全です。

BouyomiLimeChat.jsを改造し、半角英数字記号のみのテキストを読み上げない

目的

棒読みちゃんTipsにあるLimeChatスクリプト「BouyomiLimeChat.js」を改造し、半角英数字記号のみのテキストを読み上げないようにします。

参考 : 棒読みちゃん Tips

改造内容

40行目の「function talkChat(prefix, text) {」の次行に次のコードを挿入。

    if (text.match(/^[\x20-\x7E]+$/)) return;

以上です。

読み上げないテキストを増やす

同じような行を更に追加することで、読み上げないテキストの種類を増やせます

text.match(/この部分/)を書き換えることで、好きなテキスト無視できます。"この部分"は正規表現指定します。

次の例ではURLを含むテキストも読まないようにしています

    if (text.match(/^[\x20-\x7E]+$/)) return;
    if (text.match(/https?:/)) return;

LimeChat 2.40ユーザー向け

棒読みちゃんTipsの「●スクリプトを利用する方法」はLimeChat2.40だとそのまま使えないようです。2.40向けに書き直したものを以下に記載します。

1.スクリプトファイルダウンロードする

こちらのスクリプトダウンロードしてください。
ZIP形式ですので、展開してください。

2.ファイルを配置する

LimeChatメニューから「設定→スクリプトの設定」を開く。
「スクリプトフォルダを開く」ボタンを押す。
開いたフォルダに「BouyomiLimeChat.js」を置く。

3.LimeChat側でスクリプト有効にする

LimeChatメニューから「設定→スクリプトの設定」を開く。
スクリプトの設定画面で、「BouyomiLimeChat.js」の行を右クリックし、○を付ける。
スクリプトの設定画面の閉じるボタンを押す。

2016-07-25

http://anond.hatelabo.jp/20160725150357

この週末だが、ぶつぶつぐちぐちうるさいおっさんに嫌気がさしてバスを途中で降りて地下鉄に乗り換えたわ。あと10分もしないうちに目的地だったんだが、これ以上聞くのに耐えられなかった。ボタン押す時もっと殴るように押せばお前の文句不愉快だというアピールになって良かったなと今更思ってるが、大人気なかったかもとも思ってる。

問題はそのおっさん文句は後ろの席で親に抱っこされて椅子を蹴るクソガキとそれを止めもしないバカ親に対する物だったということだが。

http://anond.hatelabo.jp/20160724233026

RPGツクールエロゲにおいては攻撃力2倍のほうがありがたい

エロにたどり着くために必要クリック数が少ないから。ゲーム内のパラメータとしては一緒だとしても、現実で消耗する時間には大きな差が出る。たとえワンクリックあるかないかでも。

メタルギアソリッド5みたいにゲーム開始ボタンを押すまでにありえないぐらいお知らせを表示して〇ボタン押させまくるのもあれば、Overwatchみたいに〇ボタン押せば簡単ゲーム開始できるものもある。

どちらも同じゲーム開始コマンドだが、時間の面でのメリットに違いがある。

2016-07-24

ポケモンGO

ポケモンGOプレイしてみた。



モバマス等の課金ソシャゲ系譜から

自己満足艦これ、よりゲームに寄せたパズドラ、協力とリアルタイムに寄せたモンスト

という流れの中で言えば、このゲームはちょうど艦これパズドラの間らへんにあるだろう。

正直この時点で「ゲーム」として「面白い」枠組みに入る訳がないと思う。



しかしながら実際にプレイしてみると色々と違った景色が見えてくる。

ポケモンGOの神髄はポケモンを捕まえたり、卵を孵化させたり、

ルアーモジュールお祭り状態の街に繰り出すことでは断じてない。



ゲームの延長線として街にくり出すのではなく、

あくまでも「散歩」の延長線上にあるのが「ポケモンGO」なのである



そう考えると各地に配置されたポケストップのなんと便利なことか!

どんな地域にも対応した「るるぶ」にも思えてくる。



おそらくこのゲームをつまらないと感じた人の多くは、

ゲームプレイしようと思っている時点から間違えているのだろう。



それはさておき、安全性について一言物申したいことがあるのだが、

ポケモンGOプレイすると事件事故に巻き込まれ可能性が上がる!問題だ!

というのは極めてアホな脳みそを持ち合わせてしまった残念な人間意見だ。



なぜならポケモンGOプレイしている人が持っているものこそ

人類の叡智を結集させて作られたスマホであり、

この現代スーパーコンピュータを使って警察を呼べばいいだけの話だからである



そもそもポケモンGOがここまでプレイできるレベルインフラが整ったのだから

警察位置情報付き通報用のAPIを用意するべきである

Twitterと同様に第3者にAPIを公開してポケモンGOの中で警察通報するボタンがあっても良いはずだ。



昨今ではもう

インターネットうそ書き込み犯行予告を行うと逮捕される」

という意識の植え付けは完了しているのだからそこまでやっても良いのではないだろうか。



歩きスマホについても、

技術進化過程でありソフトウェア側で逆に忠告をすることが可能時代がすぐに来る。

特に問題として気にする必要もないと思う。

2016-07-23

■【注意喚起近畿大学階段から落ちて怪我をする事件発生 近大 #ポケモンGO病院GO】 - NAVER まとめ

https://t.co/HP2jQZaG1p



https://mobile.twitter.com/UDUK_TANTO/status/756410527828418560

https://mobile.twitter.com/UDUK_TANTO/status/756417229948788736


■「近大学生ポケモンGO事故のウワサ → 広報救急車は呼んだが、ポケモンGOによる事故ではない」

https://t.co/Aw62pEtEPe




ポケモンGOなんぞ全くどうでもいいんだが、こういう風にデマが広まっていくのが本当に気持ちが悪い。


つぶやいたりRTしたりする前にどうして少しでも調べたり自分の頭で考えたり出来ないのか。


いや、いちいち調べるなんてめんどくせえと思うかもしれない。それならせめてその情報本当か?と1mmだけでも疑うくらい出来ないのか。


ネット情報なんて、嘘・あいまいほとんどなんだからもっと疑えよ。



情報を広めた奴もいい加減な情報源で噂が一人歩きしたらどうなるかとか、つぶやきボタンだのまとめ投稿ボタンだのポチッと押す前にもう少し考えろよ。


それでもなお速報的に何かを発信したいなら、情報が未確定であることは書けよ。語尾を○○か?って書くとかあるだろ。


たか自分の眼の前で直に見聞きしたかのような表現を抵抗なく使う奴、結構いるけど本当に紛らわしくて鬱陶しいか思い当たる人はやめてくれ。


いや、やめろとは言わない、やめて下さい。勘弁して下さい。お願いします。



何かを発信するたびに明確なソースや参考文献をいちいち明示しろとは言わない。


だがせめて一瞬だけ考えてくれ、これは本当にマジなのか?と。

ポケモンGOゲーム嫌いを克服した

私はパソコンが苦手だ。

「半/全」を押すと、入力モードが「あ」になり、その状態キーボード「a」を押すと「あ」として、画面上で文字が出てくる。

鉛筆で「あ」を書けばそのまま「あ」になる世界とは全然違う。「あ」を出すためにここまで手順を踏まなければいけない。しんどい。とにかく、機械をいじって画面の中をどうこうするのが駄目なのだ



私は皆と同じ様にゲームがやりたくて、でもやれない子供だった。

画面の中にある情報を受け取る→それを瞬時に分析して戦略を練る→ボタンの付いたモノをどうピコピコするか決める→指を動かす

ゲーム好きな人はこれを瞬時に難なくやってのけるが、私は何故か出来ない。ただこなすことで精いっぱいになってしまってゲームを楽しめずに終わってしまう。



友達の家で「大乱闘スマッシュブラザーズ」をやった時はとても辛かった。

カービィをただフワフワ浮き上がらせることはできたが、向こうが攻撃した時にどうすれば良いのか(どのボタンをどう押せばいいのか)分からなかった。なのでいつもボコボコにされていた。

ポケモン赤 も辛かった。

敵のポケモン攻撃されてHPが減る。そこでどうするか考える。その結果をボタンピコピコして反映させる。

思考を画面の中に反映させるときに毎回「ゲームボーイカーソルボタンを押す」動作邪魔をしてくることが耐えられなかった。

でも皆がやっていたので私もやった。皆がどんどん四天王を倒していく中、私はまだおつきみ山だった。

運動音痴の人がクラス遊戯をする時みたいに、ただ私一人がノロノロしてて恥ずかしかった。



大人になってできた友達は色んなゲームを教えてくれた。ピコピコしなくて良いものも教えてくれた。楽しかった。

でも、それはなんとなく「老若男女が遊べるゲーム」として開発された感があって(ほーら簡単でしょ?と言われたもの簡単にできて、楽しいか?)やりこめるものでは無かった。

イングレスお薦めされてやってみた。ピコピコしなくても良い。でも、ゲームを小さい頃からやり慣れた人たちしか楽しめない空気(今までゲームやってきたけど、たまにはこういうゲームも良いよねーっていう)がそこにはあった。




ポケモンGOリリースされた。イングレス会社が作ったという。ポケモンはいい思い出が無い。イングレスも馴染めなかった。でも一回やってみるかと思ってやってみた。

これは良い。

自分が歩けばキャラクターも歩く。何もしなくても良い。いつもみたいに指をツイーッと動かすだけでOKだし、もしポケモンを捕まえられなくてもタマゴを持って歩けば良い。歩くのは好きだ。

ジム戦でも、画面に出てくる選択肢がとても少なく迷い箸ならぬ迷い指をしなくて済む。ピコピコしなくても楽しくポケモンバトルができるのだ。全部倒さなくて良いのも気持ち的に楽だ。


一番嬉しかったのが、普段からゲームをやっている友達普通にゲームの話ができたこと。

皆、今まで私とゲームの話をする時はゲームを知らない人向けの話し方をしてくれていた。それはとてもありがたかったが少し疎外感もあった。

ポケモンGOではそんなことは無かった。普通にゲームを楽しんでいる人として話をしてくれているのを昨日初めて感じた。

ポケモン世界なのに、私はノロノロしていない。上手ではないけれど一応皆と同じ様にゲームを楽しめているのだ。なんと幸せなんだろう。



任天堂さんありがとう。ようやくポケモンが好きになれました。

思考と実行の間に「ピコピコする」が邪魔してこないやりこめるゲームを、もっと増やして下さい。お願いします。

2016-07-22

ポケモンGO」近くに何のポケモンいるか一目で分かるチートサイト

https://pokevision.com/

都市名と国名入力して click to find~ の赤いボタンを押すと、周囲にいるポケモン滞在時間が表示される。

地図クリックするとポインタ位置を変更できる。更新は30秒ごと。


自分は今のところ外では使わずに、家で色んな国の地図を見て「ここにはこんなポケモンがこんな風に分布してるんだなぁ」って楽しんでる。

2016-07-21

任天堂嫌いなんだよね

一貫性が無いって言うか行き当たりばったりっていうか

表面だけ取り繕って芯が無い感じ

そういうところが時代の流れに乗りやすいっていうのは分かるんだけど

微妙技術力低いか中途半端もの市場荒らしてるイメージ



Wiiで「これからゲームは矢印とボタンなんて使わないぜ!」って言っておいて

結局、Wii Sports専用機しかなってなくて

国民の大半が騙されたWii Fitみたいな詐欺商品作って

次世代機タブレットだぜ!とか言い出して完全に迷走して

もはや国内の据置き機は瀕死状態



携帯機で言うとNintendo DSは凄く良くて

その後のiPhoneとかの流れに乗っかってさっさとNDS Phoneを作ってたら

今頃スマホ市場の二大巨頭になっててもおかしくなかったと思うのに

しょーもない3DSとか作って中途半端携帯機を延命したせいで

国内ゲームスマホ化を遅らせて瀕死にしといて

結局自分たちキャラクター使ってGoogleゲーム作らせてウハウハみたいな



まぁ、嫌いになるよね

日テレビで天才キッズ特集やっててクソ生意気なガキが出てて何ぞと思ったらちょっとプログラミングできる程度だった

映ったコード見る限りではおそらくenchantjsつかったしょぼいゲームだったし

それで天才ねえと苦笑してしまった

そんくらいこのご時世普通だし天才でもなんでもないわ

試しにつくってみて!

ボタン押したらカウントアップするやつつくる

ドヤ顔で見せるけど、リセットボタンおしえてもリセットされない!

デバッグ必要だな(フッ

スタッフデバック?」

みたいなアホみたいなやりとりが多数あってうざすぎる

その後結局その程度のデバッグもできずにSEの親がでしゃばってきて、デコードしてみた?なんてアホみたいなアドバイス

子どももそのアドバイス全然わかってない

全体的にアホまるだしで見てて馬鹿らしすぎた

2016-07-20

ケツカレー

休日の昼のこと。

スマホを眺めている時に、テレビから聞こえてきた音声にはっと顔を上げた。

みると背広を着た男性が出演する渋いCMが流れていた。

そこにあったテロップに書かれていた「受け継がれる」の文字

我ながら自らの汚れた心にいたたまれなくなり、眺めていたSMサイトをそっと閉じてスマホロックボタンを押した。

今更そんなことをしてもなにかが変わるわけではない。

懺悔気持ちを込めて、今日家族カレー振る舞うことにした。

きっと妻や子どもたちはこのネタで笑ってくれるに違いない。

2016-07-17

大腸内視鏡検査日記う○こを漏らす君に伝えたい事

先日、大腸内視鏡検査を受けて来た。


事の発端は、昨年末から原因不明下痢軟便が続き、街の消化器化にいったら「胃潰瘍ね〜」と言われたものの「いや胃は分かったんですけど、下痢軟便といったら腸では?」と思ったが、先生あんコミニュケーション取ってくれないタイプで、じゃあいいや、ってんで自分内視鏡検査を予約。

しか分からんもので、思い切って予約を取ってほどなく、半年ほど続いたお腹の不調がボタンを押したかのように収まってしまい、腸なのに肩すかしですか、と思ったもの「まあ原因がはっきりしなかったのは確かなんで、一応見とくか」という事になった次第。


ストレス社会で日々う○こを漏らしている増田はてなー諸君である

「ひょっとしてなにかマズい事が我が腸に起きてるやも」と思うかもしれないので、そんなときに腸をチェックできる内視鏡検査とはどのような物であるか、自分体験を書きたいと思う。


大腸内視鏡検査はそれを得意とする病院が点在している。

これらから良さげな病院を予約して、事前診察に赴く事になる。

ここでは特筆すべき事はなく、お腹調子とか、便に血が混ざってたとかそういう事をきかれたのち、検査日を予約して、診察終了となる。

検査日は2ヶ月後なのであった。

自分場合お腹問題は去っており、さらに2ヶ月後であるが、決めちまったものは仕方ないんである


さてこの際、検査前日に取る食事を渡される。

検査には前日から準備が必要なのだ

この検査であるが、キ○ーピー謹製レトルト食品「ジャ○フ」である

キ○ーピーってマヨネーズドレッシングばっかり作ってる訳じゃないんすね。


時は流れて検査前日になり、この検査食で1日過ごさねばならないのであるが、これがおかゆみたいな、よく言えば優しい、有り体に言ってしまえば味も歯触りも薄い食事で、なんか食べてるとちょっとテンションが下がってくる。

こういう食事に「わー、宇宙食みたいだー」とワクワク感を発見できる人は素敵だと思います


この検査食の目的は腸を綺麗にする事なので、3食(+間食つき)食べ終えたら、下剤を飲んで就寝となる。

この下剤は別に変な味はしないので安心してほしい。

変な味がするものは、後できっちり飲む事になる。


検査当日である

ここで、本来ならば下剤の効果により1次う○こが出ていることが望ましいのだが、お腹というのは意外という事をきいてくれないモノで、自分は結局1次はパスして病院に向かった。


診察から時は流れて、久々にくる病院も「あー、今日ここでカメラをケツに突っ込まれるんだなー」と思って見上げると、なにか狂気化学実験場のように見えてくる。


さて、下剤をのんで1次う○こがでなかった場合はどうするのか。

座薬で出すんである

子供とき以来久々に見る白いロケット状の錠剤は、メンタルにボディーブローを食らわしてくる。

よくよく考えると、自分でこれを入れた事はないだが、トイレで中腰になりながら「おっおっ」とポジションを探りながら四苦八苦するのと、いい歳こいて看護師さんに「すんませんケツ突き出すんで突っ込んでもらっていいですか」と言うの、どちらが良いんだろうか、と迷った挙げ句自分で入れる事にした。


しかし、やっぱりどれくらい突っ込んだものかわからない。

ちょっと油断して浅く突っ込むとすぐに「ただいまー」と戻ってきそうになる。

しかも俺、自分アナルに初めて指突っ込んだよ、何だこの感触かいろいろ邪念が沸いてきてどうにも往生したが、どうにかベストポジションを得たようで、しばらくして、晴れて腸に待機していた使途が便器ファーストインパクトを起こすことに成功した。


これでカメラを突っ込めるのか。

それで済むならこんなに楽な事はない。

大腸内視鏡検査というのは、この後、半日がかりで腸のコンディションを整えてからではないと出来ないのである


待合室のような所に通されて、そこで待っていたのは2lの整腸剤。

これを1時間ほどかけて飲んで、あとはひたすらトイレに行きまくって腸を空にするのであるが、この整腸剤が、海水を水で割って人工甘味料を混ぜたような変な味なのだ

一口のんでも微妙なのに、これを飲みまくらないといけないとなると「早く終わってくれねーかな」という気分になってくる。


そうこうしてるうちに、いよいよ我が腸も便意を訴えてきて、トイレへのう○こピストン輸送が始まった。

はじめはまだ固形をたもっていたそれも、回数をこなすうち、どんどん水状になってくる。

普段肛門から液状のものがでるのは不快で仕方ないものだが、5回も6回も繰り返しているうち、「え、肛門からはシャーって出るのが普通じゃないっすか?」という気持ちになるから不思議である

それより参るのが、こんなに肛門酷使すると、尻が痛くてたまんない。

これについては「初回から紙をつかって拭く戦術」が失敗であったと気づきウォシュレットをつかおうとしたのだが、時既に遅く、破損した門への水流は、強烈なアラームをわが痛覚に送りつけてきたのであった。

諸君に助言するなら、初回からウォシュレットを最大活用すべきだ。このテクノロジーの使いどころはここである


さて、腸がきれいになったかどうかは「目視」で、何を誰が目視するのかというと、「トイレの結果を看護師さんが目視する」のである

この微妙羞恥プレイも来るものがあるが、自分にとって朗報であったのは、始めは事務的で怖い感じの看護師さんに「どうですか僕のう○こ」とやっていて「まだですね、整腸剤追加です」とバッサリ切られていたのであるが、あまりに繰り返していたので、人当たりのよい看護師さんに交代になり、「うーん、もう一回いきましょうか☆」という声で幾分心が軽くなった事である

屈辱概念が塗り替えられる1日にあって、優しい言葉笑顔重要だと感じたのだった。


さて検査準備も後半に差し掛かり、いよいよ検査着に着替えると、パンツのケツに穴があいている。

こんなセクシーパンツを履く事になるとは人生というのは分からないものだ。

ここまでくると、あきらめの境地に達してくるものの、肝心の内視鏡は鎮静剤を射たれるので、ほぼ眠ったような状態で受けるに違いなく、「はじまりゃあっという間」というのが一つの心の救いはである

しかしまだあった。

点滴だ。

こんなにう○こしてると脱水症状を起こすので、点滴で水分補給をするのだ。

これで便意がきたら最悪だ。

このガラガラを引きずって、腕からのびるチューブに気を使いながら、検査からケツを放り出すことになる。

まり良くない事ではあるのだろうが、なんとか便意を我慢したのであった。


長い一日だった、いよいよ内視鏡検査の番が来た。

本郷猛仮面ライダーに改造されるような部屋に緊張が走るが、それも一瞬だ、鎮静剤で安らかに眠れば目が覚めた頃には改造は終わってる、違った、検査は終わっているのだ。


しかしここで意外な事実が判明する。

点滴の管を利用して鎮静剤が身体流入してきても、一向に眠くならないのだ。

助手メガネ君は「はい、脚をくの字に曲げて右向いてくださーい。もうちょっと『くっ』とまげてくださーい」と指示してくる。

そう、鎮静剤は意識が無くならない程度の用量で射たれるのだ。


こうなっちまうと、ケツへの意識はビンビンに残っているのであり、別のところがビンビンになりゃしないかと変な心配が頭をもたげてくるのであるが、幸いなのかなんなのか、肛門性感に目覚めるには自分はまだ青かったらしく、「うーん、女の子ってこんな感じなのかなー、変な感触だけど別に気持ちよくはねーなー。そういや結構演技するって言うよなー」などと言う事を考えたりしたのだった。

あと、なぜか目をつぶっちまった訳だが、世の女の子が事に及んで目をつぶりがちである事とは別の状態であるように思う。

検査の為にお腹なかにガスを入れられたときに「おっおっ」といってしまったのも、エロマンガ美少女が忘我の境地に達している時の嬌声とは違うものに違いない。


ややあって先生の「特になにもないですねー」という気の抜けたような声が聞こえる。

そうだ、俺、大腸に異常がないか見にきたんだった。

よかった、半年前のう○こ異常は胃潰瘍、せいぜいが神経性の過敏性腸症候群ファイナルアンサーだ。

ここで眠れれば楽だろうが、そんな量の鎮静剤は射たれてないので、「そうすか、良かったです」とこれまた気の抜けたような返事を返してベットを降りたのだった。


これが自分体験した大腸内視鏡検査の全てである

結論から言えば、腸に大した異常はなかった。

検査をする時期には半ば意義が怪しくなっていたが、心配の種の一つが否定されたのは心が軽くなったのであった。


増田諸君はてなーたちよ、君がもしもし思い立って、大腸内視鏡検査を受けようとおもったなら、この記が参考になれば幸いである。

2015年3月1日放送の『ワイドナショー』での松本人志発言について

エレベーターベビーカーを伴って乗ってきた人のために開くボタンを押してあげたのにお礼をしなかったときイラつくと言っていた。

だが、過去に『松本紳助』の中で車いすを押してもらった人は押してくれた人に「(それが当たり前の社会であれば)ありがとう」と言う必要はないんじゃないか発言していた。

これは矛盾している。いったい彼になにがあったのだろう。

2016-07-16

WebデザインWebシステムは、相手企業事業が失敗しないように話を進めるべき

雑談

最近LINE株式上場(証券コード:3938)したようだ。一時は高値で5,000円まで上がったが、安値4,310円(2016年7月16日 17:44現在)まで下がり、なんと690円も下がっている。一瞬の差し足で儲ける連中は賢い。

流行統計的手法deep learning(機械学習人工知能)を駆使し、株価が3,000円台まで下がるタイミングは何月何日か?を探り空売りできないかを考える今日この頃

さてここからが本題。金融に関する仕事コンサルタントなどはできないと思い、とりあえずWebシステムもどき、あるいはWebサイトらしきものを作る仕事を始めた人の愚痴である

商品販売広告戦略立案Webサイト制作までの流れ

まずA社が商品販売するところから、B社がWebサイト制作をするまでの流れを簡単にまとめた。

[Step1]:商品を売ろうと企てる

[Step2]:商品の開発期間・開発コスト広告集客を考える(Plan)

[Step3]:2におけるチラシ・ホームページ外注に投げる

[Step4]:外注先がそれらを一件○万円で引き受け、広告完成(Do)

[Step5]:広告効果がどれだけであったか?を調べ、問題点について調べる(Check)

[Step6]:商品販売を取りやめるべきか?広告の打ち方を変えるかの改善を図る

[Step7]:改善された広告販売戦略を基に動き直す(Action)

さて、かの有名な電通鬼十則( こちら参照)にも「「大きい仕事」と取り組め。小さい仕事は己を小さくする」と言う言葉がある。

先日その大きい仕事のお膝元というべき会社で、Step4を担当している人と話した。それが意外に俺と同じ事を考えててビビった。って事は日本広告業界すべてが、派手な物を作って...って発想なのかと思った。

さて案件の規模が小さい程[Step1〜7]全体の大部分に関与でき、大きい程[Step1〜7]全体が見渡しにくく、関与もしにくい場合もある。そして自分アクションを起こしたが、結局[Step1〜7](PDCA)全体が回ってない事もあるのは何処も一緒なようだ。

もちろん自分は[Step4]の工程の1部品として動いていて、基本1〜7の大枠の中の1部品として動いているに過ぎない。ここでStep4の仕事をしていて愚痴りたい事の1つに、「[Step4]の人たちって、どうして[Step4]の事しか考えないのだろうね?」と言う事だ。以下その愚痴を書きたい。

愚痴:デザイナーに居る「俺が作ったデザインすばらしい」な意識高い系

どうも俺は「俺が作ったデザインすばらしい」「よそがやらないようなデザイン」をひけらかす為に話を進めている場合程、やる気なく仕事している。

過去の嫌な事例

過去酷いと思ったのは、[Step1〜3]側のクライアント会議で決まった内容を、[Step4]のこちら側で無理矢理ひっくり返した物を作った事だ。無論自分らの意見を押し通すのも商談の上で必要な事もあるが、必要ないならやらなくて良いと思う。

上は上で「クライアントでなくウチがやりたいんだ」と一点張り。それに対し、実際に手を下す俺は「既に決まった物なのに、そもそも全体の進捗を狂わす事はないんじゃない?ただただ作業日数も増え、俺のやることも増えるだけだし、俺そこまで能力ないし」と思っていた。

その結果中間会議クライアントに「やらない方がいいんじゃないですか?」と言われ、ざまーみろと思った事もあったっけ(笑)。こうなると「俺はこんなに素晴らしいと思っているのに、お前はそう思わないのか」と言う流れになり、相手からすげえ嫌がられることも少なくない。

確かに「とりあえず始めて見て反響を見る」と言う事も重要だ。しかしながらStep4の自分らが、デザインをひけらかすが目的ならこれは論外だ。以上。こうして俺はデザイン仕事ではやりたくないなあと思うようになった。

商品広告をお客さんに見てもらい、売上を上げる事がそもそものやる事

この時自分がやっていた仕事は、「商品Pの広告ターゲットとする客層のx%に見てもらい、商品Pにおける売上高をy%向上させる」事の一部ではなかろうか?ならば見た目自慢よりも、サイトに依ってお客さんにどれだけ反応が呼べたか?という事を調べ、クライアントと一緒に[Step5〜7]に活かす事も重要だと思う。

サイトの見た目、機能SEO(検索エンジンソーシャル対策)などがそれぞれバラバラなのもいけない。そしてそもそものところで「どのようなお客さんに見てもらったり使ってもらったか?」「そもそもの事業戦略」が無視されている。

そんなに見た目や機能重要か?必要最小限で良いか会社事業が回るようなものにする事こそ、自分ら[Step4]の人間のやる事だと思う。

クライアント、各Step毎の人と連携する姿勢を忘れない

そのためにクライアント、各Step毎の人と連携する姿勢を忘れてはいけない。先ほどの愚痴みたいに各Step毎にバラバラに行動するようなやり方は、今後世界的にも流行らないと予想する。又、システムホームページが内製化されるのも、Step毎の連携を良くする為である

ツールを作る事に頼らず、他のみんなができるように

さて、商売柄わからないことがあると、はてなブログQiita、StackOverflowなどのレシピサイトを見る事が多い。ここで最近Qiitaを読んでいて、「マーケティング担当者にSQLを完全マスターさせた話:Qiita」と言ういい記事があったので紹介したい。以下デザインの話から離れるが、是非聞いて欲しい。

みなさんこの試みをどう思うだろうか?俺はこの動きに賛成だ。俺の推測を書くが、恐らくこの会社社員数は多くて100人前後まで位で、上記の[Step1〜7]までの多くの部分を1社で担当していると思う。

無論顧客情報や売上情報に関するデーターベース(SQL)にアクセスし、それを分かりやすく画面に表示してくれるアプリはあるはずだ。これをみて経営商品を売るのをどうしていくか?を考えて行く訳だ。

例えば、1ヶ月に100回以上データベースに対し特定の処理がなされるのなら、アプリにした方が良い。しかし「この時だけ単発にデータベースに○○な処理をさせて、△△な事を調べたい」と場合もあるはずだ。こうなってくると、「マーケッターの人に単発のSelect案件を片付けてもらおう♪」という流れになる。

以下何故この作戦必要かを熱く語る。例えばファミコンボタンは「Aボタン、Bボタン、STARTキーSELECTキー十字キーしかなく、それ以外の事は一切できない。これはアプリケーションも同じで、アプリケーション化する事でユーザーの動きを制限することにつながる。

必要最小限に仕事をまとめたい場合は別だ。しかし今回の場合「火属性の敵に対し、どう対処するか?」「そもそも相手属性E_1,E_2,…,E_nに切り分け、それぞれに対しどう対処するか?」の場合ならば敵の弱点も変わってくる。そのため制限ありだと対処できないケースも出て来る。

こうなれば「賢者すっぴんすっぴんすっぴん」では某エ△スデスに勝てないだろう。それに賢者戦闘不能の時はもう冷あせもんだ。レイズアレイズ、フェニックスの尾がないときは、誰がケアルエスナしてくれよう。そこで全員が「賢者、赤魔導士、赤魔導士、赤魔導士」位ならば、賢者が忙しい時にケアルが使えてラクだし、全体を有利に進める事が可能になる。

[Step4]の会社にいる立場としてこんな選択が出来るのが羨ましい。なので新しくツールを作るだけが選択肢ではなく、みんながある程度できるようにしておきたい。

その為に自分は何ができ、どうしていきたいか

以下その為に自分は何ができ、どうしていきたいか?について話す。まず自分学生時代、どちらかと言えばxとyが嫌いだった人が絵や音楽をやる事もあるようだ。俺はその逆で、絵を描くのをサボってでもxとyをやり続けていたい人だった。なためどうも絵が好きな人音楽好きな人の話が抽象的に感じる事がある。(俺、Webシステムの方がリクツが分かるほうだから得意かも...)

起業は無いものとして考えた時、どの道Step1〜7のPDCAサイクルなど早々回りゃしない。ならば、少しでも自分の出来そうな方で仕事したいと思っている。わがままを言えば[Step1〜3]寄りの仕事がしたいと薄々思っている。

このまま堅い商売を続けるなら、それこそ物理学者みたいに世の中の物事を数値やy=f(x)化し、扱いやすくしてやりたいとも思う事もある。例えば商売なら、未来予測しきる無敵の関数y=f(x)を編み出してもうけるとか。

又は経営層やマーケッターがxとyを見やすく、確認やすくするデーターベースツールの開発が出来て、売っぱらう事ができれば…(用語言うなら、Microsoft PowerBIと言ったツールかな?)

xとyをフル活用することで、できる限り失敗しない線を探して勝ちを拾う。又はマーケッターなどの人と協力し、無難商品Pを売る上での最強の市場(=有利な戦場)を見つけて行ければとも思う。

最後に「無理に成功を夢見る」ではなく、「出来る限り失敗しないように無難にやる」「無難にやる策を模索する」で行きたい今日この頃。まあ、難しいんだけどな。

2016-07-15

anond:20160715195105

中国は、現在進行形で「絶賛侵略中」なわけですよ。

韓国だって現在「絶賛侵略占領中」です。

北朝鮮も、日本に向けてミサイル発射するき満々ですよね。独裁者命令するば、よろこんで発射しますね。

総理大臣が暴発した!でもね、総理が「ポチッとな」とボタンを押しても、なにも出ませんから

自衛隊総理大臣命令で、侵略戦争遂行するだろうか?反逆するんじゃね?

総理大臣が暴発して憲法9条無視日本国国土国民を守るために戦うことを自衛隊命令したら……戦争になりますね。

2016-07-14

http://anond.hatelabo.jp/20160714104912

めちゃくちゃ説明上手やね。

すごく納得した。

 

ただ、ブックマークをつけるほどの文章でも無いしけど、どうしても褒めたかったのでレスした。

匿名ダイアリーにも気軽につけられるイイネボタンが欲しい。

2016-07-10

日本選挙って大丈夫か?不正投票やり放題のお粗末な実態

本日参議院選挙投票日ですが、そこでいろいろと驚かされたので投稿します。

まず、自宅に投票用紙が届かない!

ここ数週間、注意して郵便受けを見てたので間違って捨ててしまったとは思えないし、

部屋を探しても見つからない。

大事投票用紙を本人に渡したかどうかを記録しない郵便配送するのでどうなんだろう??

しかたないので、身分証明書をもって投票所に行ったのだが、本人確認の仕方が適当簡単不正ができちゃう状態なんですよ。

受付で投票用紙が届いてない旨説明すると、奥の座席に通されて身分確認をするのだが、

用紙に住所、氏名、生年月日を記入して係の人がPCで照合するだけでおしまい自己申告のみで本人確認が通ってしまうのだ。

ふつうなら顔写真付きの身分証確認を行う思うのだが、これでは成り済ましが簡単にできてしまますよね??

そのあと投票でも問題が。比例区投票用紙を貰うさいに選挙管理の人が手元のボタンで男か女かを記録するのですが、

であるにもかかわらず、なぜか「女」の方のボタンを押す始末。。

1回の投票で3つも問題があるってどういうことですかね。

選挙が公正に行われているのか考えさせられる一日でした。

接客に求めるもの

東のエデンというアニメに次のセリフがある.

大丈夫お金さえあれば大人子どもも同じだから。」

これの意味することろは, 客であれば店員はすべての客に対して同じ態度で接客してくれるということだろう.

これは僕が理想としている接客だが, 世の中の接客がそうであるとはまったく同意できない.

人間接客する以上そうなっていない. 接客教育がなっていないところほどそうだろう.

僕が最も好きな接客アメリカマクドナルドである. 「Hi. No.(セットの番号). Coke. That's it.」

これだけ.店員の愛想などまったく必要ない. さらに言えば店員をすべて機械代替して欲しい.

そう思うと, もっと好きな接客があった. 自動販売機である. お金を入れてボタンを押すだけ.

最高だ.

自民反自民支持率を割り出して、その割合に応じて自民と民進で議席を配分すりゃいいだけだろ。

なんで全員が投票する必要あるん?

日本人女性の平均のおっぱいサイズを調べるために全員のおっぱいを測る必要ないじゃん。

1000人も調べて、平均とればよくね?

そもそも、二院制とか意味あるの?

解散がない参議院議員のほうが国民感情に流された議論になりにくい、専門的な議論を尽くせる、みたいな理由だった気がするけど、参議院議員こそ芸能人とかスポーツ選手とか当選してるから説得力なくね?

現行制度だと、必ず投票に行く組織票ノイズデカいから、せっせ投票率を上げる必要があるんだろうけど、そもそも制度設計に無理があるだろ。

紙に名前書いて人が数えるとか、いま21世紀だぞ?

50個もボタンがあるクソ仕様テレビリモコンをこういう時に活用すりゃいいだろ。

2016-07-08

かい美人

わたくしが、座る席の向こうに経理女性が一人座っておりまして、それがなんとも言えぬ感じの美人であります。向かいと言いましても目隠しの、衝立のようなものが一枚ありますから顔上げれば見通せるわけではないのですが、その衝立には1cmばかりの隙間がありまして、そこからちょうど、瞳半分くらいがのぞいて見えたりします。手前どもの会社にはユニフォームというものがありませんで女性はいつもフォーマル私服を選んで身につけてくるわけですが、わたくしはこのフォーマル私服というものに対して、ちょっとばかり執着に近いような感情を持ち合わせていまして、まぁ要するに、その女性の出で立ちを目に焼き付けるのが日課のようなものなのです。とくにその女性女性的な肉体を持て余すような肉欲に直結する魅力を持っているわけではありませんので、どことなく憂いを持っていながらも少女的で、満面の、笑みを見せながらも優しく抱きしめて守っていないと突風でもあれば、さらさらと吹き消されてしまいそうな危うさがあります。その割に身の丈が男性の、平均的なものより鼻から上が飛び出る程度に高いものですから、おそらくは多感な頃にそのことに思い悩んだのか、猫背で人を見下ろすようななんだかちぐはぐな姿がまた愛らしくもあります。小生はその平均よりも悲しいかな、おでこひとつ分くらい劣っているために、その女性と話をするときなんて言うのは、相手が座っていても対して目線に違いがない程度だったりもしますが、それでも普段なら雲の上にある、小動物のような愛らしい表情がぐんと身近にあるものですから理由を作っては書類を持っていくのが日頃の楽しみでした。

一般で言えばここで女性の顔が気になるところかと思いますが、わたくしにしてみればそんな部分よりも女性長身ながら猫背で、それでいて屈託なく笑うのに憂いを帯びている部分の、つまりは良さというのを感じてもらいたいがため、あまり掘り下げる気分でもありませんが、ひとことで言うとえくぼが似合う人懐っこそうな飾り気のない少女的魅力を持っている女性だとでもしておきましょうか。年のほどは成人してから、十分な年数を過ぎているほどだとは思いますが、メイクが薄いことも手伝ってまるで女学生とも、見えなくもない、(格好がどうしてもそれをゆるしませんが)本当に素直そうな娘ではあります。もとより痩せていたためかバストは手のひらに収まる程度の膨らみを称えるに限り、本人がそれをどう思うかは別として、わたくしにしてみれば存在を、過剰に主張するようなバストよりも、慎ましやかにシルエット称える奥ゆかしいくらいが、ある意味では物怖じしてしまうこともなく対等に向き合えるくらいかと、安心していられます

それで話が戻るのですが、ちょうど座っている位置から、衝立の隙間を通じた部分に、その女性の首から胸にかけてを見て取ることができます。幅は、瞳半分程度ながら高さがそれなりに開いているわけなのですが、その位置微妙相手視線を避けてくれるおかげで、じっくりと洋服の仕立てやその向こう側のオウトツを、観察することができるわけです。はじめに申し上げたとおり、フォーマル私服に一方ならぬ自分なりの執着がありまして、とくにブラウスといわれるもの存在が常々わたくしの平常心をかき乱します。あの薄く風に揺れる素材の向こう側が、見えるようで見えぬ、それでいて日にすかされて眩しくきらめく姿が、かと言って背中から無骨に下着の肩紐なんかを透けさせるような矛盾した作りが、どうしても視線をそむけさせてくれないのです。日によって丸首や襟付き、ボタン付き、白であったりブラウンであったり、胸元にインナーTシャツが除いていたかと思えば、うっかりレース素材の花弁の一部が顔を覗かせてみたりと、別段毎日記録をつけているわけではありませんが、なかなかのバリエィションを楽しませてくれるのが、見た目奥ゆかしい女性の割にファッションへの並ならぬこだわりを持っているのではないかと疑わしいことさえ面白くも、女性の魅力を一層に引き立ててくれるのです。

それで先日、いつものようにブラウスの材質と、その下に隠れる肌着に目を細めていると、何やらちょっとした違和感がありました。ただ、衝立の隙間が細いせいか視線はどうしても片方しか届かず、距離感というものがつかめません。やきもきしていても仕方がない、別段、いま聞く必要のない疑問と、それに関係する書類を手にすると、わたくしはその女性の元へと向かいました。衝立の上から覗き込むように、こちらの顔が見えるか見えないかタイミングくらいから声をかけます。年頃の女性に、わたくしみたいのが突然声をかければ驚かれることも少なくないのが悲しき実体験。そんな杞憂とは別に衝立の向こうからいつものように素直そうな笑顔が顔をのぞかせるはずでした。ところがたしかにいつもの笑顔ではあるのですが、なんとも言えぬ嫌悪感がよぎりました。瞳を縁取る線の濃さ、足を湯に浸しているかのように紅潮してみえる頬、そして、脂身にでも齧りついたかのようにてかりを見せつけるリップ。その衝撃で適当に見繕った疑問は一瞬で吹き飛び、二の句も継げずにあうあうと口を動かすのに精一杯になってしまいました。そんなわたくしの態度に何かを感じ取ったのか、女性は表情を曇らせ軽くうつむいてしまう始末。ところがその視線の先に先ほどの違和感の正体が隠れていたもので、女性に慰めもごまかしもできぬまま、文字通りそこに立ち尽くしてしまいました。その正体というのも、わたくしが相対しても物怖じすることのなかった胸が、あきらかに今まで見せたことのない陰をたたえるほどに膨張していたのです。むしろ冷水を頭からかぶった気分でしたから、そこではっと我に返り、質問を忘れてしまったことを笑ってごまかしながら邪魔した非礼を詫て席を、あとにしたわけではありますが、これは結構ショッキングなできごとでありました。

昨晩に何があったのか、それとも今晩に何かあるのかわかりませんが、一体何の前触れもなく、その女性は女になってしまったわけです。はたまたなろうとしているのかもしれませんが。澄み切った小川のような清々しさと透明感でありながら踏み込めば足を取られかねない危うさとを持ち合わせた、畏怖をも感じさせる魅力をもった女性が、突然俗物に成り下がった瞬間でした。これでは、ちょっとしたつまみ食いであっても食あたりが不可避な状態です。もとよりわたくしなんかに食する機会があるわけもなかったのですが、ただそこにあるだけなのに、神のみが作り得る奇跡の美というものは、こうも簡単汚染されてしまものだと知りました。

その日からというもの、衝立の隙間はファイル立てやバインダーによって塞がれてしまいました。たまたまなのかもしれませんが、もしかすると、彼女もわたくしからの視線を楽しんでいたのかもしれません。だとしたらどうして俗物に成り下がる選択をしてしまったというのでしょう。わたくしが喜ぶことを望んでくれていたのでしょうか。しかしながら彼女は、その日から俗物の姿をやめることはありませんでした。わたしはただ、この世界からまた一つ、純粋なる美が消えてしまった悲しみに打ちひしがれています。悲しいかな、それが流転であり、幾度なく噛み潰してきた苦虫が教えてくれた無常なのだだと言い聞かせることしかできないのです。いまでは、彼女と相対するとき、わたくしは田んぼカラスのような焦燥感にさいなまれています

引用スターって五十音あったら好きな文章作れるの?

いつか試すためにメモ書きしておく

追記

minamikawa1981 確かスターをつけた順には表示されずに、本文での表示順になるんじゃなかったか

sds-page 順番は入れ替えられないしこれだと同じ文字を二回使えない

なるほど。ご指摘ありがとうございます。出来るだけ自由度が高くなるように改良しました。これで40文字くらい自由引用できるはず。トラックバックも開けば文字数増加も可能かも。

バージョンhttp://archive.is/Pssx9

追記2

最終結果:PCスマホ用のページに切り替えれば全文かつaddスターボタンが表示されるのでどこからでも引用可能。ただし面倒くさい。あとスマホ表示だとトラバは開けないのでトラバでの文字追加はできない。結局ブログでやるのが楽っぽい。お付き合いありがとうございました。



あいうえお かきくけこ さしすせそ たちつてと なにぬねの はひふへほ まみむめも やゆよ らりるれろ わゐゑを ん がぎぐげご ざじずぜぞ だぢづでど ばびぶべぼ ぱぴぷぺぽ ぁぃぅぇぉ っ ゃゅょ アイウエオ カキクケコ サシスセソ タチツテト ナニヌネノ ハヒフヘホ マミメモ ヤユヨ ラリルレロ ワヰヱヲ ン ガギグゲゴ ザジズゼゾ ダヂズデド バビブベボ パピプペポ ァィゥェォ ッ ャュョ ヴ 、。ー~「」【】『』゛゜♪♭■□◆◇△▲▽▼◎○●◯‥…・∴∵※×〒!”#$%&'()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\!”#$%&’()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\ abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ0123456789
あいうえお かきくけこ さしすせそ たちつてと なにぬねの はひふへほ まみむめも やゆよ らりるれろ わゐゑを ん がぎぐげご ざじずぜぞ だぢづでど ばびぶべぼ ぱぴぷぺぽ ぁぃぅぇぉ っ ゃゅょ アイウエオ カキクケコ サシスセソ タチツテト ナニヌネノ ハヒフヘホ マミメモ ヤユヨ ラリルレロ ワヰヱヲ ン ガギグゲゴ ザジズゼゾ ダヂズデド バビブベボ パピプペポ ァィゥェォ ッ ャュョ ヴ 、。ー~「」【】『』゛゜♪♭■□◆◇△▲▽▼◎○●◯‥…・∴∵※×〒!”#$%&'()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\!”#$%&’()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\ abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ0123456789
あいうえお かきくけこ さしすせそ たちつてと なにぬねの はひふへほ まみむめも やゆよ らりるれろ わゐゑを ん がぎぐげご ざじずぜぞ だぢづでど ばびぶべぼ ぱぴぷぺぽ ぁぃぅぇぉ っ ゃゅょ アイウエオ カキクケコ サシスセソ タチツテト ナニヌネノ ハヒフヘホ マミメモ ヤユヨ ラリルレロ ワヰヱヲ ン ガギグゲゴ ザジズゼゾ ダヂズデド バビブベボ パピプペポ ァィゥェォ ッ ャュョ ヴ 、。ー~「」【】『』゛゜♪♭■□◆◇△▲▽▼◎○●◯‥…・∴∵※×〒!”#$%&'()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\!”#$%&’()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\ abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ0123456789
あいうえお かきくけこ さしすせそ たちつてと なにぬねの はひふへほ まみむめも やゆよ らりるれろ わゐゑを ん がぎぐげご ざじずぜぞ だぢづでど ばびぶべぼ ぱぴぷぺぽ ぁぃぅぇぉ っ ゃゅょ アイウエオ カキクケコ サシスセソ タチツテト ナニヌネノ ハヒフヘホ マミメモ ヤユヨ ラリルレロ ワヰヱヲ ン ガギグゲゴ ザジズゼゾ ダヂズデド バビブベボ パピプペポ ァィゥェォ ッ ャュョ ヴ 、。ー~「」【】『』゛゜♪♭■□◆◇△▲▽▼◎○●◯‥…・∴∵※×〒!”#$%&'()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\!”#$%&’()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\ abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ0123456789
あいうえお かきくけこ さしすせそ たちつてと なにぬねの はひふへほ まみむめも やゆよ らりるれろ わゐゑを ん がぎぐげご ざじずぜぞ だぢづでど ばびぶべぼ ぱぴぷぺぽ ぁぃぅぇぉ っ ゃゅょ アイウエオ カキクケコ サシスセソ タチツテト ナニヌネノ ハヒフヘホ マミメモ ヤユヨ ラリルレロ ワヰヱヲ ン ガギグゲゴ ザジズゼゾ ダヂズデド バビブベボ パピプペポ ァィゥェォ ッ ャュョ ヴ 、。ー~「」【】『』゛゜♪♭■□◆◇△▲▽▼◎○●◯‥…・∴∵※×〒!”#$%&'()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\!”#$%&’()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\ abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ0123456789
あいうえお かきくけこ さしすせそ たちつてと なにぬねの はひふへほ まみむめも やゆよ らりるれろ わゐゑを ん がぎぐげご ざじずぜぞ だぢづでど ばびぶべぼ ぱぴぷぺぽ ぁぃぅぇぉ っ ゃゅょ アイウエオ カキクケコ サシスセソ タチツテト ナニヌネノ ハヒフヘホ マミメモ ヤユヨ ラリルレロ ワヰヱヲ ン ガギグゲゴ ザジズゼゾ ダヂズデド バビブベボ パピプペポ ァィゥェォ ッ ャュョ ヴ 、。ー~「」【】『』゛゜♪♭■□◆◇△▲▽▼◎○●◯‥…・∴∵※×〒!”#$%&'()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\!”#$%&’()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\ abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ0123456789
あいうえお かきくけこ さしすせそ たちつてと なにぬねの はひふへほ まみむめも やゆよ らりるれろ わゐゑを ん がぎぐげご ざじずぜぞ だぢづでど ばびぶべぼ ぱぴぷぺぽ ぁぃぅぇぉ っ ゃゅょ アイウエオ カキクケコ サシスセソ タチツテト ナニヌネノ ハヒフヘホ マミメモ ヤユヨ ラリルレロ ワヰヱヲ ン ガギグゲゴ ザジズゼゾ ダヂズデド バビブベボ パピプペポ ァィゥェォ ッ ャュョ ヴ 、。ー~「」【】『』゛゜♪♭■□◆◇△▲▽▼◎○●◯‥…・∴∵※×〒!”#$%&'()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\!”#$%&’()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\ abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ0123456789
あいうえお かきくけこ さしすせそ たちつてと なにぬねの はひふへほ まみむめも やゆよ らりるれろ わゐゑを ん がぎぐげご ざじずぜぞ だぢづでど ばびぶべぼ ぱぴぷぺぽ ぁぃぅぇぉ っ ゃゅょ アイウエオ カキクケコ サシスセソ タチツテト ナニヌネノ ハヒフヘホ マミメモ ヤユヨ ラリルレロ ワヰヱヲ ン ガギグゲゴ ザジズゼゾ ダヂズデド バビブベボ パピプペポ ァィゥェォ ッ ャュョ ヴ 、。ー~「」【】『』゛゜♪♭■□◆◇△▲▽▼◎○●◯‥…・∴∵※×〒!”#$%&'()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\!”#$%&’()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\ abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ0123456789
あいうえお かきくけこ さしすせそ たちつてと なにぬねの はひふへほ まみむめも やゆよ らりるれろ わゐゑを ん がぎぐげご ざじずぜぞ だぢづでど ばびぶべぼ ぱぴぷぺぽ ぁぃぅぇぉ っ ゃゅょ アイウエオ カキクケコ サシスセソ タチツテト ナニヌネノ ハヒフヘホ マミメモ ヤユヨ ラリルレロ ワヰヱヲ ン ガギグゲゴ ザジズゼゾ ダヂズデド バビブベボ パピプペポ ァィゥェォ ッ ャュョ ヴ 、。ー~「」【】『』゛゜♪♭■□◆◇△▲▽▼◎○●◯‥…・∴∵※×〒!”#$%&'()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\!”#$%&’()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\ abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ0123456789
あいうえお かきくけこ さしすせそ たちつてと なにぬねの はひふへほ まみむめも やゆよ らりるれろ わゐゑを ん がぎぐげご ざじずぜぞ だぢづでど ばびぶべぼ ぱぴぷぺぽ ぁぃぅぇぉ っ ゃゅょ アイウエオ カキクケコ サシスセソ タチツテト ナニヌネノ ハヒフヘホ マミメモ ヤユヨ ラリルレロ ワヰヱヲ ン ガギグゲゴ ザジズゼゾ ダヂズデド バビブベボ パピプペポ ァィゥェォ ッ ャュョ ヴ 、。ー~「」【】『』゛゜♪♭■□◆◇△▲▽▼◎○●◯‥…・∴∵※×〒!”#$%&'()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\!”#$%&’()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\ abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ0123456789
あいうえお かきくけこ さしすせそ たちつてと なにぬねの はひふへほ まみむめも やゆよ らりるれろ わゐゑを ん がぎぐげご ざじずぜぞ だぢづでど ばびぶべぼ ぱぴぷぺぽ ぁぃぅぇぉ っ ゃゅょ アイウエオ カキクケコ サシスセソ タチツテト ナニヌネノ ハヒフヘホ マミメモ ヤユヨ ラリルレロ ワヰヱヲ ン ガギグゲゴ ザジズゼゾ ダヂズデド バビブベボ パピプペポ ァィゥェォ ッ ャュョ ヴ 、。ー~「」【】『』゛゜♪♭■□◆◇△▲▽▼◎○●◯‥…・∴∵※×〒!”#$%&'()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\!”#$%&’()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\ abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ0123456789
あいうえお かきくけこ さしすせそ たちつてと なにぬねの はひふへほ まみむめも やゆよ らりるれろ わゐゑを ん がぎぐげご ざじずぜぞ だぢづでど ばびぶべぼ ぱぴぷぺぽ ぁぃぅぇぉ っ ゃゅょ アイウエオ カキクケコ サシスセソ タチツテト ナニヌネノ ハヒフヘホ マミメモ ヤユヨ ラリルレロ ワヰヱヲ ン ガギグゲゴ ザジズゼゾ ダヂズデド バビブベボ パピプペポ ァィゥェォ ッ ャュョ ヴ 、。ー~「」【】『』゛゜♪♭■□◆◇△▲▽▼◎○●◯‥…・∴∵※×〒!”#$%&'()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\!”#$%&’()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\ abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ0123456789
あいうえお かきくけこ さしすせそ たちつてと なにぬねの はひふへほ まみむめも やゆよ らりるれろ わゐゑを ん がぎぐげご ざじずぜぞ だぢづでど ばびぶべぼ ぱぴぷぺぽ ぁぃぅぇぉ っ ゃゅょ アイウエオ カキクケコ サシスセソ タチツテト ナニヌネノ ハヒフヘホ マミメモ ヤユヨ ラリルレロ ワヰヱヲ ン ガギグゲゴ ザジズゼゾ ダヂズデド バビブベボ パピプペポ ァィゥェォ ッ ャュョ ヴ 、。ー~「」【】『』゛゜♪♭■□◆◇△▲▽▼◎○●◯‥…・∴∵※×〒!”#$%&'()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\!”#$%&’()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\ abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ0123456789
あいうえお かきくけこ さしすせそ たちつてと なにぬねの はひふへほ まみむめも やゆよ らりるれろ わゐゑを ん がぎぐげご ざじずぜぞ だぢづでど ばびぶべぼ ぱぴぷぺぽ ぁぃぅぇぉ っ ゃゅょ アイウエオ カキクケコ サシスセソ タチツテト ナニヌネノ ハヒフヘホ マミメモ ヤユヨ ラリルレロ ワヰヱヲ ン ガギグゲゴ ザジズゼゾ ダヂズデド バビブベボ パピプペポ ァィゥェォ ッ ャュョ ヴ 、。ー~「」【】『』゛゜♪♭■□◆◇△▲▽▼◎○●◯‥…・∴∵※×〒!”#$%&'()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\!”#$%&’()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\ abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ0123456789
あいうえお かきくけこ さしすせそ たちつてと なにぬねの はひふへほ まみむめも やゆよ らりるれろ わゐゑを ん がぎぐげご ざじずぜぞ だぢづでど ばびぶべぼ ぱぴぷぺぽ ぁぃぅぇぉ っ ゃゅょ アイウエオ カキクケコ サシスセソ タチツテト ナニヌネノ ハヒフヘホ マミメモ ヤユヨ ラリルレロ ワヰヱヲ ン ガギグゲゴ ザジズゼゾ ダヂズデド バビブベボ パピプペポ ァィゥェォ ッ ャュョ ヴ 、。ー~「」【】『』゛゜♪♭■□◆◇△▲▽▼◎○●◯‥…・∴∵※×〒!”#$%&'()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\!”#$%&’()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\ abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ0123456789
あいうえお かきくけこ さしすせそ たちつてと なにぬねの はひふへほ まみむめも やゆよ らりるれろ わゐゑを ん がぎぐげご ざじずぜぞ だぢづでど ばびぶべぼ ぱぴぷぺぽ ぁぃぅぇぉ っ ゃゅょ アイウエオ カキクケコ サシスセソ タチツテト ナニヌネノ ハヒフヘホ マミメモ ヤユヨ ラリルレロ ワヰヱヲ ン ガギグゲゴ ザジズゼゾ ダヂズデド バビブベボ パピプペポ ァィゥェォ ッ ャュョ ヴ 、。ー~「」【】『』゛゜♪♭■□◆◇△▲▽▼◎○●◯‥…・∴∵※×〒!”#$%&'()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\!”#$%&’()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\ abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ0123456789
あいうえお かきくけこ さしすせそ たちつてと なにぬねの はひふへほ まみむめも やゆよ らりるれろ わゐゑを ん がぎぐげご ざじずぜぞ だぢづでど ばびぶべぼ ぱぴぷぺぽ ぁぃぅぇぉ っ ゃゅょ アイウエオ カキクケコ サシスセソ タチツテト ナニヌネノ ハヒフヘホ マミメモ ヤユヨ ラリルレロ ワヰヱヲ ン ガギグゲゴ ザジズゼゾ ダヂズデド バビブベボ パピプペポ ァィゥェォ ッ ャュョ ヴ 、。ー~「」【】『』゛゜♪♭■□◆◇△▲▽▼◎○●◯‥…・∴∵※×〒!”#$%&'()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\!”#$%&’()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\ abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ0123456789
あいうえお かきくけこ さしすせそ たちつてと なにぬねの はひふへほ まみむめも やゆよ らりるれろ わゐゑを ん がぎぐげご ざじずぜぞ だぢづでど ばびぶべぼ ぱぴぷぺぽ ぁぃぅぇぉ っ ゃゅょ アイウエオ カキクケコ サシスセソ タチツテト ナニヌネノ ハヒフヘホ マミメモ ヤユヨ ラリルレロ ワヰヱヲ ン ガギグゲゴ ザジズゼゾ ダヂズデド バビブベボ パピプペポ ァィゥェォ ッ ャュョ ヴ 、。ー~「」【】『』゛゜♪♭■□◆◇△▲▽▼◎○●◯‥…・∴∵※×〒!”#$%&'()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\!”#$%&’()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\ abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ0123456789
あいうえお かきくけこ さしすせそ たちつてと なにぬねの はひふへほ まみむめも やゆよ らりるれろ わゐゑを ん がぎぐげご ざじずぜぞ だぢづでど ばびぶべぼ ぱぴぷぺぽ ぁぃぅぇぉ っ ゃゅょ アイウエオ カキクケコ サシスセソ タチツテト ナニヌネノ ハヒフヘホ マミメモ ヤユヨ ラリルレロ ワヰヱヲ ン ガギグゲゴ ザジズゼゾ ダヂズデド バビブベボ パピプペポ ァィゥェォ ッ ャュョ ヴ 、。ー~「」【】『』゛゜♪♭■□◆◇△▲▽▼◎○●◯‥…・∴∵※×〒!”#$%&'()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\!”#$%&’()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\ abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ0123456789
あいうえお かきくけこ さしすせそ たちつてと なにぬねの はひふへほ まみむめも やゆよ らりるれろ わゐゑを ん がぎぐげご ざじずぜぞ だぢづでど ばびぶべぼ ぱぴぷぺぽ ぁぃぅぇぉ っ ゃゅょ アイウエオ カキクケコ サシスセソ タチツテト ナニヌネノ ハヒフヘホ マミメモ ヤユヨ ラリルレロ ワヰヱヲ ン ガギグゲゴ ザジズゼゾ ダヂズデド バビブベボ パピプペポ ァィゥェォ ッ ャュョ ヴ 、。ー~「」【】『』゛゜♪♭■□◆◇△▲▽▼◎○●◯‥…・∴∵※×〒!”#$%&'()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\!”#$%&’()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\ abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ0123456789
あいうえお かきくけこ さしすせそ たちつてと なにぬねの はひふへほ まみむめも やゆよ らりるれろ わゐゑを ん がぎぐげご ざじずぜぞ だぢづでど ばびぶべぼ ぱぴぷぺぽ ぁぃぅぇぉ っ ゃゅょ アイウエオ カキクケコ サシスセソ タチツテト ナニヌネノ ハヒフヘホ マミメモ ヤユヨ ラリルレロ ワヰヱヲ ン ガギグゲゴ ザジズゼゾ ダヂズデド バビブベボ パピプペポ ァィゥェォ ッ ャュョ ヴ 、。ー~「」【】『』゛゜♪♭■□◆◇△▲▽▼◎○●◯‥…・∴∵※×〒!”#$%&'()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\!”#$%&’()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\ abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ0123456789
あいうえお かきくけこ さしすせそ たちつてと なにぬねの はひふへほ まみむめも やゆよ らりるれろ わゐゑを ん がぎぐげご ざじずぜぞ だぢづでど ばびぶべぼ ぱぴぷぺぽ ぁぃぅぇぉ っ ゃゅょ アイウエオ カキクケコ サシスセソ タチツテト ナニヌネノ ハヒフヘホ マミメモ ヤユヨ ラリルレロ ワヰヱヲ ン ガギグゲゴ ザジズゼゾ ダヂズデド バビブベボ パピプペポ ァィゥェォ ッ ャュョ ヴ 、。ー~「」【】『』゛゜♪♭■□◆◇△▲▽▼◎○●◯‥…・∴∵※×〒!”#$%&'()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\!”#$%&’()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\ abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ0123456789
あいうえお かきくけこ さしすせそ たちつてと なにぬねの はひふへほ まみむめも やゆよ らりるれろ わゐゑを ん がぎぐげご ざじずぜぞ だぢづでど ばびぶべぼ ぱぴぷぺぽ ぁぃぅぇぉ っ ゃゅょ アイウエオ カキクケコ サシスセソ タチツテト ナニヌネノ ハヒフヘホ マミメモ ヤユヨ ラリルレロ ワヰヱヲ ン ガギグゲゴ ザジズゼゾ ダヂズデド バビブベボ パピプペポ ァィゥェォ ッ ャュョ ヴ 、。ー~「」【】『』゛゜♪♭■□◆◇△▲▽▼◎○●◯‥…・∴∵※×〒!”#$%&'()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\!”#$%&’()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\ abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ0123456789
あいうえお かきくけこ さしすせそ たちつてと なにぬねの はひふへほ まみむめも やゆよ らりるれろ わゐゑを ん がぎぐげご ざじずぜぞ だぢづでど ばびぶべぼ ぱぴぷぺぽ ぁぃぅぇぉ っ ゃゅょ アイウエオ カキクケコ サシスセソ タチツテト ナニヌネノ ハヒフヘホ マミメモ ヤユヨ ラリルレロ ワヰヱヲ ン ガギグゲゴ ザジズゼゾ ダヂズデド バビブベボ パピプペポ ァィゥェォ ッ ャュョ ヴ 、。ー~「」【】『』゛゜♪♭■□◆◇△▲▽▼◎○●◯‥…・∴∵※×〒!”#$%&'()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\!”#$%&’()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\ abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ0123456789
あいうえお かきくけこ さしすせそ たちつてと なにぬねの はひふへほ まみむめも やゆよ らりるれろ わゐゑを ん がぎぐげご ざじずぜぞ だぢづでど ばびぶべぼ ぱぴぷぺぽ ぁぃぅぇぉ っ ゃゅょ アイウエオ カキクケコ サシスセソ タチツテト ナニヌネノ ハヒフヘホ マミメモ ヤユヨ ラリルレロ ワヰヱヲ ン ガギグゲゴ ザジズゼゾ ダヂズデド バビブベボ パピプペポ ァィゥェォ ッ ャュョ ヴ 、。ー~「」【】『』゛゜♪♭■□◆◇△▲▽▼◎○●◯‥…・∴∵※×〒!”#$%&'()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\!”#$%&’()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\ abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ0123456789
あいうえお かきくけこ さしすせそ たちつてと なにぬねの はひふへほ まみむめも やゆよ らりるれろ わゐゑを ん がぎぐげご ざじずぜぞ だぢづでど ばびぶべぼ ぱぴぷぺぽ ぁぃぅぇぉ っ ゃゅょ アイウエオ カキクケコ サシスセソ タチツテト ナニヌネノ ハヒフヘホ マミメモ ヤユヨ ラリルレロ ワヰヱヲ ン ガギグゲゴ ザジズゼゾ ダヂズデド バビブベボ パピプペポ ァィゥェォ ッ ャュョ ヴ 、。ー~「」【】『』゛゜♪♭■□◆◇△▲▽▼◎○●◯‥…・∴∵※×〒!”#$%&'()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\!”#$%&’()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\ abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ0123456789
あいうえお かきくけこ さしすせそ たちつてと なにぬねの はひふへほ まみむめも やゆよ らりるれろ わゐゑを ん がぎぐげご ざじずぜぞ だぢづでど ばびぶべぼ ぱぴぷぺぽ ぁぃぅぇぉ っ ゃゅょ アイウエオ カキクケコ サシスセソ タチツテト ナニヌネノ ハヒフヘホ マミメモ ヤユヨ ラリルレロ ワヰヱヲ ン ガギグゲゴ ザジズゼゾ ダヂズデド バビブベボ パピプペポ ァィゥェォ ッ ャュョ ヴ 、。ー~「」【】『』゛゜♪♭■□◆◇△▲▽▼◎○●◯‥…・∴∵※×〒!”#$%&'()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\!”#$%&’()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\ abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ0123456789
あいうえお かきくけこ さしすせそ たちつてと なにぬねの はひふへほ まみむめも やゆよ らりるれろ わゐゑを ん がぎぐげご ざじずぜぞ だぢづでど ばびぶべぼ ぱぴぷぺぽ ぁぃぅぇぉ っ ゃゅょ アイウエオ カキクケコ サシスセソ タチツテト ナニヌネノ ハヒフヘホ マミメモ ヤユヨ ラリルレロ ワヰヱヲ ン ガギグゲゴ ザジズゼゾ ダヂズデド バビブベボ パピプペポ ァィゥェォ ッ ャュョ ヴ 、。ー~「」【】『』゛゜♪♭■□◆◇△▲▽▼◎○●◯‥…・∴∵※×〒!”#$%&'()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\!”#$%&’()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\ abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ0123456789
あいうえお かきくけこ さしすせそ たちつてと なにぬねの はひふへほ まみむめも やゆよ らりるれろ わゐゑを ん がぎぐげご ざじずぜぞ だぢづでど ばびぶべぼ ぱぴぷぺぽ ぁぃぅぇぉ っ ゃゅょ アイウエオ カキクケコ サシスセソ タチツテト ナニヌネノ ハヒフヘホ マミメモ ヤユヨ ラリルレロ ワヰヱヲ ン ガギグゲゴ ザジズゼゾ ダヂズデド バビブベボ パピプペポ ァィゥェォ ッ ャュョ ヴ 、。ー~「」【】『』゛゜♪♭■□◆◇△▲▽▼◎○●◯‥…・∴∵※×〒!”#$%&'()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\!”#$%&’()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\ abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ0123456789
あいうえお かきくけこ さしすせそ たちつてと なにぬねの はひふへほ まみむめも やゆよ らりるれろ わゐゑを ん がぎぐげご ざじずぜぞ だぢづでど ばびぶべぼ ぱぴぷぺぽ ぁぃぅぇぉ っ ゃゅょ アイウエオ カキクケコ サシスセソ タチツテト ナニヌネノ ハヒフヘホ マミメモ ヤユヨ ラリルレロ ワヰヱヲ ン ガギグゲゴ ザジズゼゾ ダヂズデド バビブベボ パピプペポ ァィゥェォ ッ ャュョ ヴ 、。ー~「」【】『』゛゜♪♭■□◆◇△▲▽▼◎○●◯‥…・∴∵※×〒!”#$%&'()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\!”#$%&’()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\ abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ0123456789
あいうえお かきくけこ さしすせそ たちつてと なにぬねの はひふへほ まみむめも やゆよ らりるれろ わゐゑを ん がぎぐげご ざじずぜぞ だぢづでど ばびぶべぼ ぱぴぷぺぽ ぁぃぅぇぉ っ ゃゅょ アイウエオ カキクケコ サシスセソ タチツテト ナニヌネノ ハヒフヘホ マミメモ ヤユヨ ラリルレロ ワヰヱヲ ン ガギグゲゴ ザジズゼゾ ダヂズデド バビブベボ パピプペポ ァィゥェォ ッ ャュョ ヴ 、。ー~「」【】『』゛゜♪♭■□◆◇△▲▽▼◎○●◯‥…・∴∵※×〒!”#$%&'()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\!”#$%&’()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\ abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ0123456789
あいうえお かきくけこ さしすせそ たちつてと なにぬねの はひふへほ まみむめも やゆよ らりるれろ わゐゑを ん がぎぐげご ざじずぜぞ だぢづでど ばびぶべぼ ぱぴぷぺぽ ぁぃぅぇぉ っ ゃゅょ アイウエオ カキクケコ サシスセソ タチツテト ナニヌネノ ハヒフヘホ マミメモ ヤユヨ ラリルレロ ワヰヱヲ ン ガギグゲゴ ザジズゼゾ ダヂズデド バビブベボ パピプペポ ァィゥェォ ッ ャュョ ヴ 、。ー~「」【】『』゛゜♪♭■□◆◇△▲▽▼◎○●◯‥…・∴∵※×〒!”#$%&'()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\!”#$%&’()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\ abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ0123456789
あいうえお かきくけこ さしすせそ たちつてと なにぬねの はひふへほ まみむめも やゆよ らりるれろ わゐゑを ん がぎぐげご ざじずぜぞ だぢづでど ばびぶべぼ ぱぴぷぺぽ ぁぃぅぇぉ っ ゃゅょ アイウエオ カキクケコ サシスセソ タチツテト ナニヌネノ ハヒフヘホ マミメモ ヤユヨ ラリルレロ ワヰヱヲ ン ガギグゲゴ ザジズゼゾ ダヂズデド バビブベボ パピプペポ ァィゥェォ ッ ャュョ ヴ 、。ー~「」【】『』゛゜♪♭■□◆◇△▲▽▼◎○●◯‥…・∴∵※×〒!”#$%&'()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\!”#$%&’()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\ abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ0123456789
あいうえお かきくけこ さしすせそ たちつてと なにぬねの はひふへほ まみむめも やゆよ らりるれろ わゐゑを ん がぎぐげご ざじずぜぞ だぢづでど ばびぶべぼ ぱぴぷぺぽ ぁぃぅぇぉ っ ゃゅょ アイウエオ カキクケコ サシスセソ タチツテト ナニヌネノ ハヒフヘホ マミメモ ヤユヨ ラリルレロ ワヰヱヲ ン ガギグゲゴ ザジズゼゾ ダヂズデド バビブベボ パピプペポ ァィゥェォ ッ ャュョ ヴ 、。ー~「」【】『』゛゜♪♭■□◆◇△▲▽▼◎○●◯‥…・∴∵※×〒!”#$%&'()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\!”#$%&’()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\ abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ0123456789
あいうえお かきくけこ さしすせそ たちつてと なにぬねの はひふへほ まみむめも やゆよ らりるれろ わゐゑを ん がぎぐげご ざじずぜぞ だぢづでど ばびぶべぼ ぱぴぷぺぽ ぁぃぅぇぉ っ ゃゅょ アイウエオ カキクケコ サシスセソ タチツテト ナニヌネノ ハヒフヘホ マミメモ ヤユヨ ラリルレロ ワヰヱヲ ン ガギグゲゴ ザジズゼゾ ダヂズデド バビブベボ パピプペポ ァィゥェォ ッ ャュョ ヴ 、。ー~「」【】『』゛゜♪♭■□◆◇△▲▽▼◎○●◯‥…・∴∵※×〒!”#$%&'()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\!”#$%&’()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\ abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ0123456789
あいうえお かきくけこ さしすせそ たちつてと なにぬねの はひふへほ まみむめも やゆよ らりるれろ わゐゑを ん がぎぐげご ざじずぜぞ だぢづでど ばびぶべぼ ぱぴぷぺぽ ぁぃぅぇぉ っ ゃゅょ アイウエオ カキクケコ サシスセソ タチツテト ナニヌネノ ハヒフヘホ マミメモ ヤユヨ ラリルレロ ワヰヱヲ ン ガギグゲゴ ザジズゼゾ ダヂズデド バビブベボ パピプペポ ァィゥェォ ッ ャュョ ヴ 、。ー~「」【】『』゛゜♪♭■□◆◇△▲▽▼◎○●◯‥…・∴∵※×〒!”#$%&'()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\!”#$%&’()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\ abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ0123456789
あいうえお かきくけこ さしすせそ たちつてと なにぬねの はひふへほ まみむめも やゆよ らりるれろ わゐゑを ん がぎぐげご ざじずぜぞ だぢづでど ばびぶべぼ ぱぴぷぺぽ ぁぃぅぇぉ っ ゃゅょ アイウエオ カキクケコ サシスセソ タチツテト ナニヌネノ ハヒフヘホ マミメモ ヤユヨ ラリルレロ ワヰヱヲ ン ガギグゲゴ ザジズゼゾ ダヂズデド バビブベボ パピプペポ ァィゥェォ ッ ャュョ ヴ 、。ー~「」【】『』゛゜♪♭■□◆◇△▲▽▼◎○●◯‥…・∴∵※×〒!”#$%&'()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\!”#$%&’()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\ abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ0123456789
あいうえお かきくけこ さしすせそ たちつてと なにぬねの はひふへほ まみむめも やゆよ らりるれろ わゐゑを ん がぎぐげご ざじずぜぞ だぢづでど ばびぶべぼ ぱぴぷぺぽ ぁぃぅぇぉ っ ゃゅょ アイウエオ カキクケコ サシスセソ タチツテト ナニヌネノ ハヒフヘホ マミメモ ヤユヨ ラリルレロ ワヰヱヲ ン ガギグゲゴ ザジズゼゾ ダヂズデド バビブベボ パピプペポ ァィゥェォ ッ ャュョ ヴ 、。ー~「」【】『』゛゜♪♭■□◆◇△▲▽▼◎○●◯‥…・∴∵※×〒!”#$%&'()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\!”#$%&’()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\ abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ0123456789
あいうえお かきくけこ さしすせそ たちつてと なにぬねの はひふへほ まみむめも やゆよ らりるれろ わゐゑを ん がぎぐげご ざじずぜぞ だぢづでど ばびぶべぼ ぱぴぷぺぽ ぁぃぅぇぉ っ ゃゅょ アイウエオ カキクケコ サシスセソ タチツテト ナニヌネノ ハヒフヘホ マミメモ ヤユヨ ラリルレロ ワヰヱヲ ン ガギグゲゴ ザジズゼゾ ダヂズデド バビブベボ パピプペポ ァィゥェォ ッ ャュョ ヴ 、。ー~「」【】『』゛゜♪♭■□◆◇△▲▽▼◎○●◯‥…・∴∵※×〒!”#$%&'()=~|`{+*}<>?_-^\@[;:],./\!”#$%&’()=~|`{+*



  
  

[][]カルドセプトリボルトやっと開始

昨日からできるようになってたので、開始。

ストーリーの街中3戦目くらいでメタメタに敗北・・・ orz.

まだカード揃ってないし、隣接地取ってても援護無いの忘れてるし、不死属性無くなってるし、色々違うのは置いといて、でも面白い

ちょっとカーソル押し間違えて「あ、そっちじゃない!」ボタン滑って押して「ソレじゃない!」と電車の中で何度言いそうになったか

ガンダムブレイカー3もまだまだ楽しめるけど、ちょっと置いといてこちらにかかりきりな毎日

茹だる様な暑さに増田一つ賢く腰かだ酢魔に札穴宇夜ダウ(回文

ダウ平均株価!とか言ってみたりすると

なんか詳しい人みたいよね。

たぶん、日経新聞読んでる人の中で雰囲気で読んでる人って多いと思うの。

雰囲気日経みたいなの。

とりあえず、紙面広げてるのがクール!みたいな。

まあ、そんなことより

夜家に帰ってきたとき

暑いのですぐにクーラー付けるんだど、

部屋が65535畳もあって、

そりゃもう上沼恵美子ばりの豪邸に住んでるから

部屋がなかなか冷えないのよね。

で、最近クーラーにある「入」タイマー機能ってのを発見したの!

セットした何時間後にクーラーが付くって機能

前もって、冷やしておけば、

夜帰ってきても涼しいじゃない~、

ってのに気付いちゃったのよ。

すごい発見

リモコンの使ってないボタン機能は多いけど

そういう、リモコンのことを深く考えてみるのもいいわね、って思ったわ。

1つお利口さんになったわ。

うふふ。




今日朝ご飯

昨日コンビニで買っておきながら食べ忘れた、

ミニ冷麺

ミニサイズが嬉しいわね。

こういうのがちょうど良いのよ。

デトックスウォーター

昨日仕込んでおいて水出し麦茶

水道水で直接作ったので、

一度湧かした水よりも口当たりが硬いような気がするわ。

と、なんか詳しい人風なことを言ってみたり。

でも、これで水出し麦茶量産体制が整ったわ!

たくさん飲めるわね!

中小に気をつけてね!




すいすいすいようび!

今日も頑張りましょう!

2016-07-07

新入社員女子

うちの課に配属された新入社員女の子総合職全然かわいくねぇなーと思っていたのだけれど、ひょんなことから俺が指導担当をやることになり、先週出張で1泊2日行動を共にしていたらなんだか親しみが沸いてきて夜寝る前にベッドに入って目をつぶると彼女の顔が浮かぶようになってしまってこれって恋? なんだかかわいく思えてきてしまってFacebook実名検索したら見つかって写真を眺めていたら間違って友達になるボタンクリックしてしまった。すぐにキャンセルしたけどバレてないよね。とにかく時間の魔力って凄い。