「リーダー」を含む日記 RSS

はてなキーワード: リーダーとは

2017-04-23

http://anond.hatelabo.jp/20170423081650

幸運にもキャリアはあるとはいえ、41才で転職して社長が30台そこそこ、リーダー格も20台みたいなのがいるような会社にいるけど、東芝みたいな巨木が倒れる下からちゃんと新しい会社は出てきてるよ。

ちなみに、採用スキルだけじゃなくて人間関係ポテンシャル(≒学習能力)も重要スキルだけで採用すべし、みたいなこと言えるのはそのスキルがよほどの時だけだよ。

2017-04-22

プログラマは話ができない

今時どんな仕事に就いていようが、誰とも話さないで成り立つ仕事など存在しないだろう。

コミュ障だらけのプログラマにあっても、仕様設計実装テストについて議論ができることは必須だし、実際どんなにコミュ障プログラマでも、これだけはまともにこなせたりする。

問題は、そうした技術的な議論しかできない人が殆どであるということだ。


勘違いしないで欲しいのだが、そのような議論だけできても、「話ができる」ことにはならない。

仕事において「話ができる」というのは、「些細な言動から相手が求めている言葉を推測し、自分が言いたいことと勘案の上、適切な発言を行う」ことである

更にそのような会話を通じて、ステークホルダの求めるアウトプットを、求められるタイミングで示すことができて一人前なのである

そしてこれができないがため、プログラマは「技術はあっても半人前」と、非プログラマ仕事人からはみなされるケースが多い。

まあ確かにプログラマは、プログラミングという極めて特殊作業に振り回されまくる仕事ではあるのだが、プログラマ自身特殊な人になることは誰からも求められていないわけで。

てか、技術者技術を備えているのは当たり前だし、その上で仕事力がどれくらいあるかが問題なのだ

あと、日本組織会社だろうが役所だろうが、メンバーシップ給料のうちという意味でも、話ができないことは減点対象だ。

結局、プログラマプログラミングとそれを効率良くこなすために特化した議論しかできないため、プログラミング以外の仕事を振られると、大抵行き詰まって爆死してしまう。


逆に、きちんと話ができる数少ないプログラマはそれだけで超優秀と評価され、チームリーダーSEコンサルに昇格したりする。

敢えて「昇格」と書いたが、半人前集団プログラマから抜け出て一人前になるのだから、これは正しく昇格と言っていい。

そう考えると、プログラマはなんとも罪作りな職業だと思う。

2017-04-21

お茶増田寝落ち尾根スマンわゃちお(回文

昨日夜遅くて、

でもどうしても、

さてここで問題です、

私が空いてたのは

「小腹」「中腹」「大腹」のどれでしょうか!

正解は小腹でした、でお馴染みの小腹が空いちゃってて、

ちょっとご飯食べたかったの。

深夜のライスは罪悪感の塊、

軽くよ軽くご飯盛る感じ。

中華屋さんでしちゃうやつ、

すみませんーご飯大盛りの少な目で!あ、もっとこれの半分くらいでいいです!」

ど、どーんと気持ちぐらいは大きく行きたいわねっ!

軽くふりかけふりかけて、

もりもり食べ野菜おうと思ってたんだけど、

うとうとしちゃってたのよね、

お茶碗持ったまま寝ちゃったみたいで、

お茶碗落とす音で目が覚めたわ。

こんなこと初めてで笑っちゃう

これ、熱々の豚汁じゃなくってよかった!

つくづくそう思うわ。

まるでそれだと

ダチョウ倶楽部さんみたいになっちゃうじゃない。

ここでもう何度も言ってるけど

ダチョウ倶楽部さんの

目隠ししての利きおでん

最終的に熱々の汁が上島さんの顔にかけられちゃって、

横で押さえてるジモンさんまで汁がかかって、

お玉持ってるリーダーにも何故か熱々の汁がかかってしまって

グダグダになるやつ

あれ最高!

私はそのことを早速増田に書こうと思い、

パソコンの前に座ったんだけど、

結局そこでも寝落ち

ネットでも寝落ちってISDNかーいって感じよね。

やっぱり夜遅くはよくないわね。

お腹空いても我慢我慢っ!

そんなときはもう早くに寝るに限るわ。

朝起きて、

今日はもう早寝する!って決意しても結局は

夜、深夜、夜更かししちゃうのよね。

まったく。

なんて日なのかしら。

うふふ。




今日朝ご飯は、

起き抜けの空腹感って清々しくない?

やっぱり遅くにご飯食べちゃうともたれちゃうかも。

軽めのサンドイッチ

今日BLTにしたわ。

パクパク。

デトックスウォーター

よく、果物組み合わせ何がオススメですか?って聞かれるけど、

あれハマっていろいろ組み合わせちゃうけど、

結局はシンプルに1つの果物で作るのがシンプルなのがいいわね。

引き算よ引き算!

悩んだときシンプルにいきましょう!




すいすいすいようび~

今日も頑張りましょう!

2017-04-19

PTA役員について、正社員かーさんの思うこと

PTA不要説が賑わってるよーなので、自分のことを書いてみる。

まず、私はフルタイム事務正社員、働くかーさんです。

やんなきゃいけないからどれをやろう?って時は、なによりもまず、春先に配られる総会議事録を熟読するといいと思う。

ここに、超ざっくりだけど活動内容が書かれている。会議の回数も書いてあるし、会計報告を読み込めばどの程度の金が動いているか活動の規模)が分かる。

口コミは意外とアテにならない、何故ならみんな数回しかやらないから

で、やったことのない係のことは知らないから。

やったことある係でも、毎年メンバーうから大変さは変動するから

どんな係でも、リーダー的なものに当たっちゃう負担が段違いなので結局運だから


の子が通う小学校PTAは、子ども1人につき1回役員義務制となっている。

色んな人がいて色んな事情があるから、大変な人もいて、でも義務からみんな仕方なくやっている。

みんながやるため、平等だと言う為だけにやめてない活動も正直あると思う。

私のやった係は専業主婦は少なくて、みんなパートとかしてた。パートだと有給ないもんね、会議に出て働けないと給料減るわけだから、私よりやってらんねー!と思ったんじゃないかなと思った。

無駄活動もそれなりにあるとは思ったけど、見守りパトロールとか運動会サポートとか、親としてやったほうがいいな、可能ならやろうと思う活動もやっぱりあると思ったし、全部なくせばいいとは思えない。

個人的には広報かいらなくね?金かけてカラー印刷する必要ある?白黒配布またはネットでよくね?とは思ったけどさ。


私もPTA改革したらいいのにーと思った。でも、改革の為に本部役員になったりしてる暇がないし面倒くさいし人望も全くない。

から、諦めて一年活動した、ええしましたとも。

土日でできる役目に手を上げて、平日の会議を休ませてもらったりもしたけど、みんなね、やる気はあるけど……って姿勢さえ見せればけっこー優しかった。メンバーもよかったんだろーけど。

職場には最初に根回ししたよ、一年迷惑かけます!!!って。けど一年だけだから!一回やったら終わりらしいから!って

迷惑かける人には、時々賄賂コンビニスイーツとか)配ってた。

これ重要

同じ保育園の顔見知りママさん(フルタイム正社員)はリーダー当たったのをうまく使って、メール会議実施してた。う、うまい……!

地道が一番。

みんなそれぞれのやり方で、戦おうじゃないか

と、私はおもう。

2017-04-17

http://anond.hatelabo.jp/20170417220815

株式会社株主のものだよ。

社員給料以上にがんばる必要ないというか、契約以上のことは求められてないよ。

プロジェクトが失敗した場合責任というか損失は会社ひいては株主が被っていて、社員プロジェクトリーダー特に損失は被らないでしょ。

ただ失敗した社員をどう処遇していくかは経営判断だよね。

社長は単なる株主の雇われ。

株主株主総会社長はじめ取締役専任して、その人たちに会社経営を任せてる。もちろん業績が思わしくなければ取締役会株主総会罷免される。

社員会社労働契約で結びついているに過ぎない。

結果につながったら給料欲しいというのは会社側と交渉してください。会社がその価値があると思えば出すし、そうでなければ出さない。社員会社に縛られる義務はない。



結局の所、会社の失敗(損失)は株主とか債権者が被るものです。

anond:20170415072116

強い言葉・語気を用いることは時としてリーダーとして意思決定安心感を与えるからじゃないかなぁ

社会を0からリスタートさせて並列化したい

経過的にいろんなもの怠惰的に続いている要素が含まれている社会の中のある一つの制度があるとする。

これを0からリスタートさせて構築し直したい。

さらリスタートが必ず成功するわけではないので、何通りもの再構築を行なって、並列にして動かしたい。

さすれば、最適解を求めて社会が動くことができる可能性が上がる。

そんなこと出来るわけないだろって?

複数世界線を行き来でき、かつ、それぞれの世界線で、そのある一つの制度リスタートすることができるリーダーがいればできる。

ただ、そのリーダーが全ての世界線でリスタートをかけられるかどうかは不明瞭。

その世界線に立ってみないと支持を得られるか分からない。

まり、僕らの見ている世界線の上だけで、最適解な制度を作っていくことは困難を極める。

最適解を知るものが現れるまでは。

僕らはそういう世界の中で生きている。



今週もまた月曜日がやってきた。

2017-04-16

http://anond.hatelabo.jp/20170416025608

トランプがどこまでアレなのかはわからんとこあるが、本来的にアジア監視から手を引いて、中国に好き勝手させるのは愚策だろう。世界リーダー立場っていうのは、そのままドルの影響力としてリターンあんから

2017-04-15

不条理を教える異常(全部嘘)

 社会の苦しみというものを教える機会と言うもの実在するらしい。

 数少ないこのような機会を持つために、「伝統」「校風」を掲げることがある。某沿岸高校は長期の航海を通じて人格を育てたり、某県の多くの高校は新入生にバンカラ応援歌練習伝統に根ざした自己確立させたり、はたまた某都市進学校は新入生の合宿でその高校校風に染め上げるというように、「伝統」「校風」を盾にグレーゾーンを突っ走っていたりする。このようなある種の人間教育は、世界不条理さを伝える有用手段として存在するとは思うのだが、一方で宗教的性格自我崩壊危険性といった世間批判を浴びてもいる。それぞれの学校も、校風によって執り行われる祭事時代に合わせて少しづつ変化させているようだ。

 一方で、正式教育、すなわち行政機関が決定した教育方法では、人を教育する上で不条理さ・不便さを生徒に感じさせることを拒んでいる気がする。無駄が多い割に必要なことが省かれている「理系科目の教科書」や、出版社意志がそのまま内容を歪めかねない「文系科目の教科書」、著者の都合や時代の移り変わりによって無駄改定される「語学参考書」などの教育という観点から見たらあまり合理性に欠ける教材という不便さはある。しかしそういうものではなく、人間関係においてしばしば生ずる特定個人に対する「人格の完全否定」など精神的な問題出会うことはめったにない(ただしいじめを除く)。

 精神的な不条理さを解決して総て人間尊重できる社会を目指す礎を築かせるという点において、苦しみを体験することによる不条理世界理解というものは、地球規模化する社会リーダーとしての素質を育てるためには必要だ。ところが、その体験が、グローバルとはかけ離れた、「伝統」「校風」という宗教的性格を持ちかねないきわめて異常な手段しかなされない、という奇妙な問題があるように感じるのは、たぶん私だけだろう。

なんちゃって

RE:「頭が良い」の誤解 (ウチの若手にはこれとは真逆の若手が居ます

http://anond.hatelabo.jp/20170414101838

もう新人とは言えない5年目以上の若手社員ですが、ここに書かれている事がまるでできていない者が居ます

彼は、それでも、2つだけ得意な点があって、見栄えの良いプレゼン資料(但し内容は実は薄い)の作成と、ハキハキした発表です。

実際に彼の仕事を見ているリーダー陣や、諸先輩たちは、彼が問題児であると見抜いていますが、管理職クラスの、特に彼の仕事を細かい部分では見ていない層の人たちには受けが良いので、なおさら周囲は困惑しています

そういう人も居ます

新人の皆さんには、人を見る目も養ってもらいたいですね。

話題山川PMは優秀だ

微妙研究成果が権威をまとってやってきた~どう対峙すべきか

https://news.yahoo.co.jp/byline/enokieisuke/20170414-00069915/


話題山川PMは、京大博士(課程)。やはり優秀だと思う。

From brain to business : 脳の環境適応戦略から企業環境 適応戦略を紐解く 山川義徳

http://repository.kulib.kyoto-u.ac.jp/dspace/bitstream/2433/136459/1/ynink00396.pdf

Neurosci Lett. 1999 Dec 24;277(2):103-6.

Contribution of mGluR1 to the basal activity of a mouse cerebellar Purkinje neuron.

Yamakawa Y, Hirano T.

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/10624820

京都大学理学研究科現在研究科長、理学部長との共著論文。大物研究者との共著論文しかも、著者は2名。

これは、学部修士の時の研究論文にしたものでしょうか。修士の時の研究英語原著論文になったというのがすごい(短いですが)。

京大の課程博士審査では、違う研究科での業績も、審査対象にできるんですね。

Biochem Biophys Res Commun. 2001 Sep 14;287(1):27-34.

Molecular cloning of Bombyx cerebral opsin (Boceropsin) and cellular localization of its expression in the silkworm brain.

Shimizu I, Yamakawa Y, Shimazaki Y, Iwasa T.

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/11549248

学生研究で、「セコンドオーサー」とは立派。

次は、Scienceの論文が見つからないので、見つけたい。

実験動物、虫、そしてヒトと、材料を変えていく柔軟さも、なかなか真似できない。

こういう人だからこそ、国から多額の研究費を使うPMとしてリーダーになれた。そして、偉い人がエンドースするのでしょうね。

高学歴就活で辛いこと

日本企業学歴フィルターには絶対ひっかからないタイプ大学の4年生。

なにが辛いって

・何人かでチームになったとき大学名言うと浮く

・くせに、リーダーぽい立ち位置になる

ES通った理由が内容の良さなのか学歴なのかわからない

・頭良くて当然という雰囲気

・逆学歴差別

ここではES通りやすいしいいじゃんとかそういう話はしてない。

別に高学歴からって就活がすべてうまくいくわけじゃないので、余計なプレッシャーかけないで欲しいし偏見を持たないで欲しいと思う。

2017-04-12

http://anond.hatelabo.jp/20170412121756

 俺もこれだと思うがな。

ボックスシートかどうかで分ければいいって話でもないだろうし、駅弁屋には死活問題

 昭和新幹線のひじ掛けにもボックス席の窓下にも灰皿があったし、下の話だと、昔は電車トイレをどう処理してたか――、

嫌な話だが料金で通勤列車もグレード分けとかするようになるのかねぇ…。

 ロックした座席suicaリーダーもつければ余裕だし、まだまだ拷問みたいな路線は多いから兼ね合いが難しいと思うが。

2017-04-09

ポイントクリックゲーム (脱出系)「Chasm (峡谷)」オープニング翻訳

https://jayisgames.com/games/chasm/

カモノハシのジョー君です。みんなのリーダー行動派の頼れる奴、モットーは「何でも俺に任せとけ!」…

なんてことは全くなくて。

そろそろ午前11時なのに起きる気配なし。もっとも、ここらあたりは「どうしても起きなきゃ」ってほどの事件もないんですけどね。一日寝ててもどうってことはありません。

これがジョー君の住んでいる町キャズムトン(峡谷町)、どこからも遠い町です。家が8軒、果樹数本、居酒屋が1軒。

そしてもちろん、峡谷。

谷町は峡谷がなければやっていけません。町を潤す水は峡谷の奥深くのダムから運ばれてきているのです。

作物を育てるにも水がいります

発電機ダムからの水を使って町の電気を起こしています

ところが谷の上流の水道管に問題発生。落石でしょうか。峡谷町は断水してしまいました。

水がないと作物は枯れてしまます

タービンを動かす動力がないと発電もできません。

電気がないとテレビ冷蔵庫も使えません。つまり谷町住民今シーズン決勝戦が見られずぬるいビールを飲まなきゃいけないってこと。

集会所兼居酒屋

緊急集会招集。全員が集まりました。(ただしジョー君は寝ていたので出そこねました。)

そして投票が行われました。峡谷までの命を賭けた危険な旅、水道の復旧、誰がそれをやるのか。

満場一致で決まったのは…

ジョー君でした。

住民たちは決めました。ジョー君を待つ間、残された者たちは全力を尽くして、ぬるくならないうちに町中のビールを飲み干せるか、しっかり見届けようと。

峡谷は危険場所。慎重に行動しなければ怪我をするか、悪くすると命を落とすかも…

だとしても、6時の決勝戦の放映に復旧が間に合わなかったら住民が何をしでかすか…それを思えば大したことじゃありません。

急げ、ジョー君!

2017-04-08

Ubuntu Code of Conduct v2.0を適当日本語訳してみた

訳注

Ubuntu Code of Conduct(行動規範v2.0

コミュニティ

Ubuntu」とは、「他者への思いやり」のことです。この単語自体が、人間としての精神体現しています

我々は、生産的で、幸福で、複雑な領域における新しい発想を歓迎できる柔軟性を持ち、また、あらゆるプロセスを常に改善し、さらに、各々が全く異なる要求や関心、能力を持つグループの間の協力を促進するコミュニティ希求します。

我々は、メンバー多様性によってコミュニティを強靱なものにするために、多様な参加者を活発に探します。このUbuntu行動規範は、多様なグループがお互いの利益と喜びのために協調することを確実にするために存在しています。我々は、誰であっても、プロジェクトへの参加に障害がないよう努力します。

行動規範一般的に、公的であれ私的であれ、我々がどのように振る舞うべきかを統率します。我々は、プロジェクト代表者公式非公式を問わず)、関係者、そして直接の参加者が、このUbuntu行動規範尊重することを望みます

我々は、下記に真剣に努めなければなりません。

思いやりを持つ

我々の成果物他者によって使われるでしょうし、また逆に他者成果物にも依存していますいかなる決定であっても、利用者関係者に影響を与えることを頭に置いて、決定をするときにはそのことを考慮する必要があります

他者尊重する

意見に相違があるからといって、無礼な振る舞いをとってはいけません。衝突を解決するために協働し、他者善意で行動していると仮定し、親身になるよう努力しなければなりません。苛立ちが個人攻撃に発展することがあってはなりません。不快感を覚えたり脅威を感じるコミュニティは、生産的ではありません。

発言と行動に責任を持つ

間違いを犯すことは誰にでもあります。そのときには、責任を取らなければなりません。もし誰かが傷つけられたり攻撃されたときには、注意深く、そして思いやりを持って意見を聞き、間違いを正すよう行動しなければなりません。

協力的である

我々が作り上げようとしているものは複雑で、それぞれに想いが込められたたくさんのパーツでできています。各々が違ったゴールとビジョンを持つチームの間での協調は不可欠です。ただのパーツの組み合わせ以上の成果物を作り上げるには、各々のパーツが全体を理解するよう努力しなければなりません。

協調して取り組むことで、冗長作業を減らし、品質の向上につなげることができますプロジェクトの内外を問わず協調することは大切です。可能な限り、アップストリームプロジェクトと共同で作業し、フリーソフトウェアコミュニティ協調することが必要です。透明性を確保し、その作業に関心を持つ人とはなるべく早期から協働するのが良いでしょう。

明白さ、透明性 (clarity) 、合意を重視する

社会的な、あるいは技術的な意見の不一致はよくあることです。しかし、意見をまとめずそのままにしたり、何を合意したのかを不明確なままにして他の人を悩ませることがあってはなりません。

プロジェクト参加者は、意見の不一致を建設的に解決することが期待されています。もしも合意に至らなければ、あらかじめ決められたリーダー仲裁を依頼し、透明性 (clarity) と指示を求めます

からないことがあれば手伝ってもらう

誰であっても、完璧であることを求められてはいません。誰かに質問することは、後で発生するであろう問題回避できるので推奨されます。ただし、適切な場所質問してください。質問を受けた人はすぐに反応し、手助けしてあげてください。

役目を降りるときには丁寧に

プロジェクトを離れるときには、与える混乱を最小限にするよう動くことが求められますプロジェクトから離れることを他の人たちに伝えて、離れる人が作業を中断した地点からほかの人たちが再開できるようにしてください。

リーダーシップ権威責任

我々は、実例議論と行動によって動かされます。新しく参加した人は、もしプロジェクト改善につながる新しい考えがあれば、ぜひ人々を率いて、行動を起こしてください。リーダーシップは、行動を起こすことだけで誰でも実践できます。その機会があれば、誰かの許可を待つ必要はありません。

トップから権限委任

プロジェクトに関する責任は「慈悲深い独裁者」を頂点として、そこから特定範囲について責任権限委任されたコミュニティカウンシル、その下にいるチームや委員会 (councils) 、個人委任されていきますコミュニティカウンシルまたはその代表者が、争いごとの解決を行います

我々は実力主義に基づいて、意思決定や統率、リーダーシップを、長く参加している人から能力があって関心の高い候補者委任していきます

権限委任は支持に基づくか評価されている

評議会 (boards) や委員会 (councils) への任命は、コミュニティカウンシルが決定権を持ちます。ただし、事前にコミュニティに対してインプットを求めるものします。

リーダーシップは、表彰権利肩書きではありません。リーダーシップ権限であり、そこには責任が生まれますリーダーシップコミュニティから委任されたものです。リーダー権限は、委任するコミュニティから支持されている間だけ得られるものです。

議論データと決定を尊重する

我々は何かものごとを決める前に、意見データ関係者から意見表明を集めますリーダー役割として、チームが決定を遅滞なく行う手伝いをし、ガイダンスを与え、合意に至らなかったときに決定をし、決定の実施責任を持つことが期待されています

何かを決めないことには、先に進めません。明確な指示には価値がありますときには、データが足りなかったり、合意が得られがたいこともあるでしょう。それでも、何らかの決定を下さなければなりません。いつでも完璧な決定を下せる保証などないのです。決定を先延ばしにするより、失敗して、失敗に学び、将来の役に立てることが大切です。

我々は、問題をより把握しているチームを信頼して決定を下してもらうことで、プロジェクトはよりよいものになると認識しています。もし決定に不満があれば、それを下したチームと調整します。調整が付かなければ、その決定についてレビューする統治機構 (governance structure) があります。つまるところ、責任を持つ人が決定を下し、それがプロジェクト統治 (project governance) に支持されていれば、その決定は有効であるします。我々はある決定について納得しないこともあるかもしれませんが、それでもプロジェクトを信用し、たとえ内心では違うほうがよいと思っていたとしても、プロジェクトとしてその決定が実施されることを支援します。

開かれた実力主義

誰であっても、どの組織所属していようとも、どのようにプロジェクトに関わろうとも、我々は参加を歓迎します。コミュニティは開かれたものであり、能力や適性を持っていることを示せれば、職責を負うことができます

チームワーク

リーダーが目指す最も重要なゴールは、チームの成功です。

「名演奏家はその演奏によって評価され、リーダーはチームの行動で評価される」リーダーは、行動すべき・身を引くべきときを知っています。チームは、リーダー権限を渡したりそれを取り戻すべきときを知っています

称賛

良きリーダースポットライトを浴びようとせず、他のメンバー活躍をたたえますリーダーはチームメンバーの中で目立つ存在しょうが、良きリーダーはその注目を他のメンバーの優れた活動に対してスポットを当てるために使います

度胸と考慮深さ

リーダーときに、理解されず、合意に基づかず、一般的ではない冒険的な決断を下す必要があります。我々は、完全な合意を得るよりも物事を進めることを優先し、勇敢にもそのような決定を下すことを評価します。とはいえ、冒険的な決断には十分な検討必要です。ある人にとっては頭の痛いことになるかもしれないことを肝に銘じ、影響を抑えるようにしなければなりません。変更について、その理由を明確にして、そして早めにコミュニケーションをとることは、その変更を実施するのと同じくらい重要です。

利益相反

もしもリーダー自身雇用関係や他のプロジェクトとの関わりによって利益相反状態になっている場合には、それに気がつくことが期待されています。そして、私利私欲のためとみなされることのないよう、棄権したり決定を誰かにゆだねたりすることが期待されていますリーダーに限らず全てのプロジェクトメンバーにも、私利私欲のためではなく、ユーザー暮らしをよりよくするために決定を下すことが期待されています

もしも利益相反が疑われる場合には、誰かにセカンドオピニオンを求めてください。利益相反状態にあることを明らかにすることが、解決への道筋にとって重要です。リーダーは、たとえ一般的ではない、あるいは特定グループに有利・不利となるように思われるものであっても、決定が信用できるものとなるよう行動すべきです。

このUbuntu行動規範は、網羅的でも、完全なものでもありません。ルールブックでもありません。協調的で共用の環境 (a collaborative, shared environment) とゴールに関する、我々にとっての共通理解を引き出すためのものです。

このUbuntu行動規範は、クリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承 3.0 非移植ライセンスのもと配布されますあなた自身プロジェクトにこれを再利用することができます。また、好きなように改変することもできますが、あなたの改変を他の人が利用することも許可し、Ubuntuプロジェクト著作権表示を付けるようにしてください。

2017-04-07

アメリカインディアン酋長に関する疑問

Wikipediaインディアン関連の項目を眺めていると、各所に「酋長とはあくま調停者であって指導者代表者ではない」と強調するような記述が出て来る。

インディアンたちには指導者など存在せず、それを白人たちは理解できなかったので、酋長指導者と見なして見当違いな交渉を行ったのだ、といった主張である

しかし、Wikipedia以外で同様の主張は見つけられない。



たとえば日本語版の「ジェロニモ」の項目。

ジェロニモ - Wikipedia

ちなみに戦士集団だったアパッチ族には「酋長戦士が服従する」という義務風習もない。戦士は結束はしてもすべて個人行動で動くものであって、戦士たちはジェロニモ個人を慕って抵抗戦をともにしたのであるジェロニモ軍事的指導をしたこともない。

インディアン社会チーフ酋長)とは、交渉の矢面に立つ「調停者」のことであって、「指導者」や「首長」ではない。合議制社会であるインディアン部族首長制ではなく、アフリカ部族に見られるような「部族長」は存在しない。

リーダーであることすら否定しかねない勢いだ。



対して英語版

Geronimo - Wikipedia

Geronimo was a prominent leader and medicine man from the Bedonkohe band of the Chiricahua Apache tribe.

ジェロニモチリカウア・アパッチのベドンコヘ族の著名な指導者であり呪術医であった。

At any one time, about 30 to 50 Apaches would be following him. However, since he was a superb leader in raiding and warfare he frequently led large numbers of men and women beyond his own following.

常に30から50人ほどのアパッチ族が彼に従ったが、彼は襲撃と戦闘の素晴らしい指導者であったので、しばしば彼自身が率いる以上に多くの人々を導いていた。

こちらは「leader」という語の使用に躊躇も注釈もない。



英語版アパッチ族の項目。

Apache - Wikipedia

Local groups were headed by a chief, a male who had considerable influence over others in the group due to his effectiveness and reputation.

その有効性と評判により、集団内に多大な影響を及ぼす人物が、酋長としてその土地集団を率いていた。

The chief was the closest societal role to a leader in Apache cultures.

酋長は、アパッチ文化において、指導者に最も近い社会的役割果たしていた。

The chief's leadership was only as strong as he was evaluated to be—no group member was ever obliged to follow the chief.

酋長指導力は、彼が評価される限りにおいて強力だった――集団内においては必ずしも酋長に従う義務はなかった。

やはり一種指導者立場であったことは否定されていない。



たとえばスー族の項目。

スー族 - Wikipedia

しばしば誤解されるが、「スー族全体を統率する大酋長」といったものは、過去にも現在にもスー族を始めインディアン社会には存在しない。「酋長チーフ)」という立場あくまで「調停者」、「世話役」であり、誰かに「任命」されるような性格のものではないし、「裁判官」や「指導者」といった役割を持ったものではない。文字を持たないインディアン部族にとって弁舌の立つ者は尊敬され、調停者として「酋長」となる。しか酋長は「首長」ではないし、部族民を従属させたり命令する権限など何も持っていない立場のものである

Sioux - Wikipedia

Leaders were chosen based upon noble birth and demonstrations of chiefly virtues, such as bravery, fortitude, generosity, and wisdom.

指導者は、高貴な生まれと、勇敢さ、剛毅さ、寛大さ、賢さといった酋長としての美徳にもとづいて選ばれた。

血筋能力により部族に影響を及ぼす立場にあった……といった英語版説明は、一般的部族社会指導者イメージとよく合致するのではないか

確かに、国家社会における君主的な権力はなかったのだろうが、それにしても日本語版記述はあまりにも執拗であり大袈裟にすぎるように思われる。



はいえ、英語版記述が常に正しいというわけでもないだろうし、最新の研究によりインディアン部族社会特殊性が明らかになったという可能性もある。

インディアンに詳しい増田がおられたら、是非ともご教示を願いたい。

2017-04-05

元の職場ラインリーダー

労災が発生したのを「ちゃんと引き継ぎしなかった」って俺のせいにされた。

俺が職場を移動した『後』にラインリーダーが設置した塩ビ板に、

作業者が乗って、それが割れたためそのまま薬品に落下。

今まで俺がやってた作業から問題が発生したのは俺が悪いらしい

意味わからん

http://anond.hatelabo.jp/20170405152148

共感して一緒に行動したいって意味で言ったわけではなかったです。

しろ共感して一緒に行動を強いる女リーダーが多かったので。

たまに自分もそうなってないか気をつけます。

星野源をニワカあつかいするニワカに

http://www.nicovideo.jp/watch/sm9178649

これ聞いても同じこと言える?

彼がリーダーバンドな。解散したけど。

2017-04-04

http://anond.hatelabo.jp/20170403195305

そういう話だったっけか

すっかり忘れてるわ

自分が2の話だと思ってたのは、

スカイネット未来レジスタンスリーダーになる少年を殺すために過去に送り込んできた液体金属の敵

未来レジスタンスも、液体金属に対抗するボディガードとして手話ちゃんを送り込んでくる

・その二人の対決

って思ってた

1の話と混ざってるっぽい?

2017-04-03

おんなを城主にしてはいけない理由

前回の大河ドラマ主人公が慣れないリーダー悪戦苦闘する回というのを差っ引いても、

狙ってやっているとしか思えないほど女性の悪癖というものが描かれてしまっている。



目の前にかわいそうなものを置くと後先考えずまっしぐらで助けようとする。

  • 決断力に対する実行力の著しい不足

自分で決めるのはいいし方法も間違いとは言えないが、必要な根回しを全くやらない。

  • そもそもなぜこうなるのか

自分の意に沿う者以外の気持ちぶっちゃけどうでもいいと思っている。

ソニー株式会社退職しました

表題の通り、数年勤めたソニー株式会社退職しました。

個別具体退職理由はいろいろあってそれらは後述しますが、退職を決めた基本的理由は、個人的キャリアパス設計会社方針ミスマッチ労働観のミスマッチ技術投資の考え方のミスマッチの三点に集約できると思っています

キャリアパス設計会社方針ミスマッチ

私はソニーソフトウェアエンジニアとして働いていました。

ソフトウェアエンジニア(を目指す人間)にとってソニーと言えば、"自由闊達理想工場"、エンジニア自由活躍できる会社日本メーカーなのにソフトウェアもちゃんとつくれる会社、などのイメージがあるかと思います。私もそう思っていました。

実際会社説明会などでそういった説明しましたし、そういったイメージを前提に私はソニーを選び、「エンジニアとしてプロフェッショナルになる。品質が高く、お客の求める体験を作り出せる人間になる」というふわっとしたゴールを設定し、いわゆる"プログラマ 35 歳定年説"をガン無視した一生エンジニアキャリアパスを描いていました。

しかし、会社の求める人材像、少なくとも自分が配属された事業部で求められる人材像、キャリアパスは、上記と全く異なるものでした。

昇進の段階としては、現場業務(エンジニア)は基本的に常にマネジメント業務(中間管理職)に対して格下に位置得付けられており、一部オーバーラップする部分があるものの、昇進する = エンジニアをやめてマネージャーになるという状態でした。退職の原因になった上司からも「君は優秀なんだからプログラミングみたいな低俗なことは早く辞めて人を動かせるようになれ。私が引っぱりあげてやる」(意訳)といったようなことを言われ、自身の「エンジニアとして生きる」というキャリア設計との相違は明らかでした。

もちろん、組織としてスケールするために、エンジニア経験を活かしてマネジメントに移行することは否定されることではありません。ですが端からエンジニアリングマネジメントになるための踏み台として"しょうがなくやるもの"として扱うことには強い違和感嫌悪感がありました。

退職の際の送別会で、部署の中でもエンジニアとしてレベルが高いと感じていた40代の先輩が、「ソニーではエンジニアリング評価されない。俺はその方向に進んだけれど、給料最近下がる一方だよ。君はい選択をした」と言っていたのが、未だに記憶に残っています

労働観のミスマッチ

はいわゆるライトオタクで、アニメゲームが好きでコンテンツを消化する時間無限に足りないと感じていたり、自分で何かを考えてものを作るという絶望的に時間を食う行為も好きだったりして、ともかく余暇時間の確保が人生重要課題です。

うご推察されたことと思いますが、ソニーでの私の労働時間はそれなりに長かったです。企画ビジネスユニット主導のスケジュールに開発部隊は圧殺されて、長時間労働常態化していました。私も残業時間が 90 〜 100 時間程度の月が 3 ヶ月ほど続いたこともありました。部署の先輩には、残業時間の"平均"が100時間という方もいましたし、月の半ばで法規制が許す残業時間を"使い切ってしまう"ため月の中盤以降は"定時に帰ったことになっている"デバイス系の同期もいました。正直に告白すれば、私もチームリーダーに「打刻してから席に戻ってこい」と言われたことがあり、そのチームリーダーは次の日悔恨の表情で「昨日言ったことは忘れてくれ」と言っていましたが、数カ月後に突然辞めました。

前述の通り、趣味時間人生の意義になっていた私にとって、これは体力的だけでなく精神的にも非常にダメージの大きいものでした。上司からの「君のチームが他のチームに比べて残業時間が少ないので、(労使交渉で通常の上限の)60時間まで残業時間を埋めてほしい」という指示が決定打となり、退職を決意するに至りました。

技術投資の考え方のミスマッチ

昨今の、シャープ東芝等のニュースで明らかになっているとおり、大企業から安泰ということはもう過去の話です。そのため、自分市場価値を高めておく必要があると私は強く感じています

しかし、会社エンジニアリング軽視であり、またその昇進先であるマネジメントについてもお世辞にもプロ仕事とは呼べないものであり(残業100時間を続けないといけないマネジメントとはなんでしょうか?)、ソニーで働き続けることは私の「労働市場自分市場価値を高める」という方針にとってリスクしかありませんでした。

人事担当者に、現在キャリアパスについて不安があるという相談をしたときにも「増田さんがソニーで(定年まで)働き続けることを考えると〜」のような発言をしており、会社がなくなる / 現状の待遇が維持されなくなるというリスクは全く考慮されておらず、いかにただただ嵐が過ぎるのを耐えるかという発想しかありませんでした。

エンジニアリングについても、昨今の汎用チップスペック的に見劣りする高額のカスタムチップの開発、そのカスタムチップを使いこなすための C / アセンブラによる手動の最適化といった"職人芸"に対する信仰、大量のテスターを雇っての人力テストなど、エンジニアとしてのセンスとしてやや疑問符がつく、ともすればレガシーな開発手法がまかり通っていたりと、この技術職場適応したとして、その人物一般的問題対応できるだろうか?その人物市場評価するだろうか?という疑問が拭えませんでした。

また、業務時間がまるで足りないからとコードレビューすらろくにできないので知見がたまらない、時間がないので勉強もできない(しない)、もちろん職場で最新の技術に対するディスカッションどころか雑談すら成り立たない、という状況で、私がこのような職場業務忙殺されている間にも、世界エンジニア勉強技術力を高めているのかと思うと、相対的自分市場価値を毀損されていると感じ、焦燥感にはちきれんばかりの思いでした。

転職

こういった不安・不満があり、また会社の期待にも応えることが難しいということで、先ごろ無事ソニー退職し、新しい職場で働き始めています。新しい職場は上記の 3 要件についてよくマッチしていると感じており、心穏やかに働けています。幸い年収も多少増える結果となりました。

色々書きましたが、これらはソニーが悪い会社だと言う話ではなくミスマッチだと思っています。上記の内容はすべて私の価値観を元にした一面から評価になっており、他方でここで挙げたような会社の考え方(マネジメント優先・仕事優先・安定優先)に同調・納得できる方もいると思います。残念ながら私とはミスマッチだったというまでです。

また、あくまでこれらはソニーという(さらに言えば自分の配属された事業部という)組織に対する評価であり、尊敬できる先輩・同期もたくさんいましたし、そういった方々と出会えた、幸いにして現在も仲良くしていただいているということは、本当にありがたいことです。

みんながしあわせになるといいな。

おもしろ案件お気持ち表明

ここからは単なるおもしろ案件共有コーナーです。

内定もらった時の風景は今でも覚えていて、友人と一緒に出かけていた先で内定通知の電話がかかってきて、本当に2人で喜んで、とても嬉しかったのを覚えている。どうしてこうなっちゃったんだろうなぁ。

ものつくりの現場で、エンジニアリングバカにされたのは悲しかったなぁ。私がいる間だけでも、ものが作れなくなっていってるのが感じられたのも悲しかった。

2017-03-31

独り言の多いエンジニアをクビにした話

当方エンジニア33歳。5人くらいのチームのリーダーで、管理もやるしコードも書く。

先週、入ってきた派遣社員をひとり切った。理由独り言だ。

彼は27歳の中堅エンジニアで、スキルはまあまあ。モチベーションも高く、覚えもいい、人当たりもいい、値段もお手頃とかなり有望株の人材だった。だが問題ひとつあって、とにかく独り言がうるさい。

  • 日中画面に向かってぶつぶつと呟いている。どうも思考過程が逐一漏れているらしい。
  • 難題にぶつかると露骨イライラしはじめ、ため息を連発する(毎日数回)
  • さらストレスが溜まると、足をカタカタと踏み鳴らす、髪をボリボリと掻きはじめる、指で机を叩き続けるなどの行動に出る(週に2、3度)

彼の参入によってエンジニアチームの島の空気は悪くなり、トゲトゲした空気が表出するようになった。そこで、以下の対応を取った。

  • 裏に呼び出し、最初の注意。チーム作業なので、過剰な独り言やため息などは慎むことをお願い。
  • この場では彼が改善していく方向でまとまる。

これにより二週間ほどは収まったのだが、案の定時間経過とともに再発。そこで派遣元担当者、私の上長を交えて面談を行うと、以下の様な話が出てきた。

私としてもできればいて欲しい人材だったし、病名は聞いていないのだがおそらく発達障害系の何かで、本人の責任ではないだろうと思う部分もあり対応策を考えたのだが、他のエンジニア耳栓ヘッドホン強要することはできないし、彼ひとりを(言いかたは悪いが)隔離できるようなスペースも社内にはない。在宅ワーク派遣元勤務に移すなどに関しては、セキュリティ問題上があり却下。結局いてもらうことのメリットよりも対応の負荷のほうが大きそうだったので、契約を切った。

別にどちらが悪いという話をしたいわけじゃなく、どうすれば対応できたかを考えたいわけでもない。お互いの事情をすり合わせることができなかった、あるいはそこまでしてする必要がなかったという、そういう話だ。スキル性格面でもマッチをしていたのに、こういう点で一緒に働けなくなることもあるので、チーム作業は難しい。年度末、彼のいた席を片づけていた私の気持ちを整理するために、この文章は書かれた。

童貞がなぜ非童貞ではなくフェミ文句をつけるのか

あれは発破かけてるんや。

フェミさん、非童貞が嫌いなら俺を救ってくれ。

でも救ってくれないなら非童貞につくわ。得だから。」

ってだけの話。

ここに気づかない限り男社会構造は変わらん。

例えばフェミニストじゃない女性がなぜ積極的マッチョを持ち上げるのかと言えば、自分を救ってくれるからなんだよね。

いわゆる甲斐性ってやつ。

ところがフェミニスト女性にはこの甲斐性が一切ない。

大雑把に人間を分類すると

マッチョ男性マッチョじゃない男性フェミニスト女性フェミニストじゃない女性

になるんだけど、フェミニスト女性は味方がフェミニスト女性しかいない。

マッチョは他2グループを全て味方につけてる。

なぜなら支配する代わりに恩賞を与えるから

男性にはそれなりのポストを与えるし、女性結婚して生活保障を与える。

ところがフェミニスト女性は持っていても溜め込んで一切他者に与えようとしない(これが新自由主義フェミニスト親和性があるとしばしば言われる由縁。自力で這い上がって来いと再分配を否定する

それどころかマッチョ男性から普通女性と一緒になって甲斐性なる物を貰おうとしてる(←正直これが一番まずいと思う。それどころかマッチョじゃない男性叩いとるやんけw

これ以上先に進むなら女性自身が与える側にならなければならない。


ほとんどゲーム理論様相を呈してるけどまぁざっくり言うとこういうことだよね。

マッチョじゃない男性フェミニストじゃない女性

フェミニスト女性は何かメリットを与えてくれるのか?」

と値踏みしてる状況。

でも最近フェミニスト女性根本的にネオリベ的で自助努力を促すばっかりなのでついていけない。

このままついていけば最終的に切り捨てられて自殺するのが明らかだから

集団自殺は誰もしたくないわな。


どうも男性と違って女性には無能男性恋愛関係に持っていくのは女性動物本能から難しいようだ。

これは北欧女性の傾向から見てもほぼほぼまりつつある。

男性女性に比べてブサイク死ねといいながら金を払う動物的特徴がある。

なのでフェミニスト女性はせめて金を吐き出しまくるとか、非童貞組織の長として引っ張っていく気概必要だと思う(女性リーダーになるだけじゃ駄目よ。フェミニストじゃない女性マッチョ男性フェミニスト女性比較してマッチョ男性につくから

宮崎駿がドーラとかに憧れる気持ちわかるわぁ~

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん