「浮気」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 浮気とは

2016-09-30

http://anond.hatelabo.jp/20160930125256

子どもを育てている奥さんは娘が不幸にならないように

徹底的に結婚のための英才教育、主に人格面において行ってほしい。

ガサツや乱暴や男らしさヒステリー浮気家事押し付け性的興奮を覚える男性は全体の0.1%未満。

2016-09-28

今度離婚する。

当方男30代前半。嫁30代後半。子供2歳半。



アラサーアラフォーの違いって大きいなーと向こうが思い出したのが事の発端なのか。



から離婚を切り出されていろいろ調べたらだいぶ年上のおっさんとシャーシャーと浮気をしてやがった。子供保育園に預けてる間にほぼ入りびたり。



保育園イベント夫婦で参加したりもしたんだけどその直前まで男の家にいたことも判明。



僕も良い大人なのでテンプレ通り内容証明を嫁と間男に送り、親権確保の為に子供実家に連れて帰った。



その後もテンプレ通り悪かったやり直したいの嵐だけど戻る気なんてサラサラない。



風俗でさえ嫌なのに知らんおっさんチンコ触った手で俺の子供に触ったりメシ作ったりなんて想像を絶する。セックスなんてもっての他。



まだ幼児なので「ママに会いたい」とか言うかと思ったけど一回も言わないのな。なんでなんだろ。



バカな事してくれたよなー。俺は良いけど子供人生どうしてくれるんだよ。

2016-09-27

既婚を隠して浮気する人間ってサイコパスでは?

既婚を大っぴらにして浮気するならまだ分るが

誰が浮気しようが

別にどうでもいいんだよね

あと一週間の時間つぶし

それでここともおさら

オタク男の方が浮気するのはなぜか?

やっぱ恋愛経験が無く童貞卒業直後で一気に猿期が来たからか?

2016-09-26

http://anond.hatelabo.jp/20160926123241

浮気可能性はないとは言えない。

ダイエット効果も有って、だいぶスタイル良くなったと自分では思ってるけどなぁ。

2016-09-25

他人浮気でもトラウマになる

誠実というわけでも無いが、普通に良いヤツの同僚が若い後輩に何度も交際を申し込んでいた事が発覚。

そいつは既婚者でその後輩に将来を考えているとまで言っていたようだ。

つか、浮気の誘いで2ヶ月アプローチとは……、勿論結婚していることは隠して。

その間に別の派遣の子デートも繰り返して居たようだ。



若い後輩がモテ自慢したことで幸運にも社内不倫回避された訳だが…。

所長としては風紀を乱した同僚を放置する事は出来ないため上に報告後処罰して貰う。

今まで飲み仲間だっただけにトラウマになった。



ガールズバーの女と遊ぶのが好きなのは知っていたが、まさか社内でそんな行動を取るなんて…。

クズならともかく良いヤツなのが恐ろしい。

女はみんないい加減気づいてくれ

http://anond.hatelabo.jp/20160924150236

男は二択しかないんだ

1.女の扱いに慣れていてセックスも上手で優しく気持ち良くしてくれる男性

 (但し経験人数は数百人、現在も数人〜数十人のセフレ彼女などがいる浮気者)

2.元増田の書いているような、AVセックスしか知らない教育しないといけない面倒な男性

 (但し経験人数は数人で常識範囲内、付き合っている間は浮気しない可能性が高い)

元増田浮気しない男を求めているなら、今の彼の対応は仕方ないしそれはその代償だと思ってほしい。

もし1のようなセックスが上手な男性を求めるならば、俺のセフレにならないか

2016-09-24

http://anond.hatelabo.jp/20160923220240

>「なんで男はみんな浮気するんだ!死ね!」

女が浮気するような男を好きになるからだろ!死ね

>「どうして男はエロい目でしか女を見ないんだ!死ね!」

見た目がエロい女だからだろ!わざと男を惑わす格好して文句言ってる女は死ね

まれもっての巨乳の人とかはなんかゴメンな。

>「増田くん、あたし結婚するんだからね。もう二人で飲めなくなるよ」

俺の知らないところで末永く幸せ暮らし孫に囲まれながら老衰死ね

http://anond.hatelabo.jp/20160923220240

男は女を個体識別できないか浮気するんだよ

好きな部分をたくさん言えるって自慢が男の自慢だけど

固執してるパーツがその分あるから

ばらばらにしてつぎはぎにしても部分で愛せる

フランケンシュタイン博士メタファー



なぜだかわからないけどお前じゃなきゃと具体的に好きな点が一つも挙げられない人は

浮気率がひくい ゼロじゃないにしても



「どこが好きなのが具体的にいってみてよ」は男にとって

浮気発動のトリガーになるかも

2016-09-23

女友達が「なんで男はみんな浮気するの?」と言っていたので

男と別れたばかりの女友達が酔っ払って

「なんで男はみんな浮気するんだ!死ね!」

とかくだまいているのを聞くと、

「俺はしたことないし、絶対しないよ」

と言い返したくなるけど、

なんか口説いている雰囲気になってしまいそうなので止めて、

ひたすら、愚痴を聞くに徹する。



また、いい出会いが見つからない女友達が酔っ払って

「どうして男はエロい目でしか女を見ないんだ!死ね!」

と吠えているのを聞くと、

「俺も一応男なんだけどさ」

皮肉を言いたくもなるけど、

「そうだったな!じゃあ一発やるか!責任とれよ!」

という流れに勢いで持ってかれかねないので止めて、

ひたすら、ふーん困ったねぇなどと無難あいづちを打つに徹する。



しばらく経ち、突然誰かと結婚が決まった女友達が酔っ払う前に

増田くん、あたし結婚するんだからね。もう二人で飲めなくなるよ」

と、少しなじる口調で言っているのを聞いても

いまさら自分にはどうしようもないので、

ひたすら、これから幸せを願うに徹する。

GoogleとSEXして気に入られる方法

まずバズる。これは一夜限りの関係みたいなもので最高に気持ちいい。Googleちゃんも気持ちよかったよ♡って満足してくれるので彼氏リストの1ページ目に載せてくれたりする。

だけど時間の経過とともにGoogleちゃんの熱も冷めてしまってだんだんと他の男に越されてケツに追いやられていく。

ここからが本番だ。リライトや追記で定期的にGoogleちゃんと連絡を取る。この時のポイントは適度であるという事だ。

しつこく連絡すればただ怖いだけ。しつこい男は本当にモテない。粘着はやめよう。上位表示されないからと言ってしつこく連絡をするのは大悪手。次のワードで頑張ろう。

タイトルを変えるのもはっきり言ってオススメしない。なかなかGoogleちゃんに気に入ってもらえなかったからと言って、タイトルを変えて再投稿するのはSNS名前を変えて連絡を取ろうとするようなものだ。

そんな怖い奴にGoogleちゃんは心を開かない。

とにかく、しつこい・粘着質な男はモテない。KYだ。

以上の点から一度、圏外に飛ばされてもリライトや追記はサラッと行う程度が良いと思う。あまりガツガツしないことでGoogleちゃんは逆に気になっちゃものだ。それが女心。

そうして徐々に信頼を築き上げ、一番目になると長い間、上位にとどまることができる。たまにバズった奴に浮気されることもあるけど、時間が経つとちゃんとまた戻ってくる。

そして連絡をしても上がらない!!時間を返せ!などというバカげた考えはやめよう。それはお前に魅力がないだけ。チンポ磨け。そしてスパッと次のワードに移れ。

何度も言うがSEOSEX粘着質にならないことが何よりも重要なのだ。それを人はKYと呼ぶ。いいかKYだ。

きっとお前が輝けるワードがどこかにある。

私は自分の為にだけ生きている

スペック

大体アラフォー。妻あり、義務教育の子供二人。正社員労働者

だが、私は家族の為に仕事しているわけではない。

あくまでも自己満足の為に仕事している。

会社の為とか全然ない。

但し、それら取り巻く環境条件が上手くいかないと仕事差し支えるので、家族のため、会社の為に働いているようには見えるだろう。

だがー、超絶適当である

どーでもいいような報告とか連絡とかは、「忘れてましたー、すみませーん」の言い訳で済むのであればやらない。

多少の遅刻とかも平気でやる。

後で自分が困った事にならない範囲で、ではあるが計算尽くである

浮気だってする。

もちろん完全犯罪の如く絶対バレないようにやる。

私は自分さえ良ければいいのである

から面白くない仕事は基本やらない。仕事面白くするために必要範囲でならそれら付随する面白くない仕事でもやるが、やる時は出来る限り自分が満足出来る様にやる。

そのくせ、口では平然と「部下の為、会社の為、利益の為」とか言ってのけたりする。

違う、真実は全部自分の為だけなのである

 

別に問題ないよね?

2016-09-22

浮気する人の大半が親と仲良く無い

これは分る。だって嫁に知られて騒がれても離婚すれば問題無い。しかし親は取り替えられないからな。

2016-09-20

講義前の会話

A男「よっ増田、隣の席空いてる?」

増田「空いてるよ」

A男「増田さぁ、『君の名は。』見た?」

増田「見たよ。漫研の奴らと。何?A男も見たの?」

A男「見てきた見てきた」

増田「A男がアニメとか珍しい」

A男「B女が見たいって言うから、一緒に見に行ったの」

増田「お前らさぁ。二人とも彼氏彼女がちゃんといるじゃん。浮気は良くないぞ」

A男「友達同士遊びに行っただけだよ。相変わらず増田は堅いねぇ」

増田「うるさい。俺は過去トラウマから……」

A男「やめろやめろ。増田サークラ話は聞き飽きた」

増田「っ……」

A男「ところでさ、ちょっと聞きたいんだけど」

増田あん?」

A男「『君の名は。』の監督が作った秒速なんちゃらって作品DVDを持ってたりしない?持ってたら貸して欲しいんだけど」

増田「持ってるよ。何?新海作品に興味でたの?」

A男「そうそう。『君の名は。』が面白かったから、同じ監督作品でも見るかと思ってTSUTAYAに行ったんだけど、全部借りられていてね」

増田「ほう。で誰と見るの?」

A男「もちろんB女だよ。これも感動できるんでしょ?」



飽きた

友人が浮気している

俺の友人♂が彼女ちゃんがいるにもかかわらず浮気している。

浮気相手の話を初めて聞いたのが去年の今頃だったからもう1年くらいになる。

俺は何度と、お前刺されるぞ!とか2人の女性可哀想だと言ったが浮気を解消する様子はなく。


ちなみに俺らは30代になったところ。

その友人と彼女ちゃんはもう何年も付き合ってるし、彼女ちゃんは結婚もきっと期待してると思う。

俺は彼女ちゃんに片手で数えられる程度しか会ったことないから、友人の浮気を告げ口なんてするつもりはないが、全く浮気を解消するつもりがない友人は一体どうするんだろう?と思う。

ちなみに浮気相手も同じ30代の独身女性らしい…そっちの女性だって年齢的に結婚前提に付き合ってると思っているんじゃなかろうか?と思ってしまう。

ちなみに友人はまだまだ遊びたいらしく、後数年は結婚したくないらしい。ただ彼女ちゃんにはそれを伝えてはないそう。


例え友人が修羅場に巻き込まれ刺されたとしても、もう自業自得しか思えないがなんであいつがモテるんだ!って感じだ。

うわきしても良いんだという心の持ちよう

ろくに女性と付き合ったこともなく晩婚だった自分にとって、新婚時代は本当に幸せだった。

人に愛され、頼りにされるということがこれほどまでに充足感のあるものだとは思ってもいなかったのだ。

だけどそのバランスが崩れたのは子供が生まれからだ。

子供のことは愛しているし心の底からかわいいと思う。だから子供を恨むようなことはない。

ただ、嫁さんは変わってしまった。変わらざるをえないのだと理解しているつもりだ。

子供の世話に明け暮れて山のような家事をこなしている。

当然僕も手伝っているが、それでも限界がある。

そうして追われる日々を送っている嫁さんにしてみれば、極稀にできる時間自分のための息抜きしか使われない。

少なくとも、嫁さんにとっては僕との時間はむしろ重荷になっていたのだろう。



二人が愛し合って結婚をしたのだから、当然浮気は罪だと思っている。

実のところ、父親浮気をあろうことか母親と目撃してしまったことがあり、そのことが一つのトラウマでもある。

からこそ嫁さんに何度か二人の時間を作ろうと提案してみたのだが、ことごとく断られてしまったどころか、これ以上わたしに期待しないで欲しいと泣き出してしまったことがあった。

誰かに頼られることはもう沢山なのだろう。僕は頼られるほどに頼りがいがあるとは思えないのだろう。

そんな中で僕ばかりが嫁さんに期待しているようでは、それは彼女にとって重荷でしかないというのは分かっていたつもりだ。

でも僕も一人の人間であり男だ。

人に愛されていたいし、人に頼られていたい。

一度その気持ちよさを知ってしまったのだ。今更知らない自分には戻れない。



その前後から浮気をしたいという気持ちが芽生えるようになった。

しかし、その都度そんなことをしても誰ひとりとして幸せになれないと自らの考えを戒めた。

そうして自分を追い込んでは、相手になってくれようともしない嫁さんを恨むようになってしまった。

それから喧嘩が絶えなかった。

なぜ自分ばかりがこんな思いをしなくてはいけないのかと嫁さんにきつく当たってしまうことが増えたからだ。

程なくして僕らは離婚をすることになった。



それから数年が経ち、久しぶりにとある同級生と飲む機会があったのだがそこで目からウロコが落ちる話を聞くことになった。

そいつが言うにはそういう時は「浮気してやる!」と思えばいいということなのだ。

はじめは何を言っているのか今ひとつ理解できなかったが、そんなことで自分を責め、相手を責めるくらいなら浮気をしてもいいと考えたほうが遥かにましだというのだ。

そして彼はさらに続けた。

「それにいざ浮気をしてやろうと思ったところでそんなに簡単にできるものではない。その時初めて嫁さんの大切さがわかるんだよ。」と。

まるで鈍器で頭を殴られた気分だった。

確かに自分見たく平凡で面白みのない男に、どうして不倫などというリスクを犯してまで付き合う女性がいようというのか。

自分はいつの間にか、できないことを棚に上げてしない自分を優位な立場に置こうと考えていた。

それでいて自分ばかりが苦しんでいると勘違いをしていたのだ。

その証拠に、離婚してからと言うもの未だに彼女の一人もできていないではないか



既婚男性は今の奥様との出会い奇跡を忘れないで欲しい。

そうしてもし浮気を罪だと毛嫌いしているのであれば、まずはそんな自分を許すことから始めてほしい。

あなた子育てに忙しい奥さんに邪険にされたとき湧き出る怒りは、それが原因かもしれないから。

2016-09-11

人生で初めて「好きな人」と交際して何かが変わった

 30を過ぎて、初めて、自分好きな人交際を始めた。

 断っておくが、初恋人ではない。というか自慢じゃないが、結構モテる高校生くらいか女性関係が絶えたことはなかった。約30人の友人女性性的関係を持って、その中から何人もの女性交際した。婚約までいった女性もいたが、どうにも自分自身に納得がいかず、結婚までにいたらなかった女性もいた。

 ただ、どの女性にも共通して、心の底からきじゃ無い、という感情を持っていたことだ。すごく相手女性には失礼な事は重々理解している。たいていの場合飲み会イベントなんかで盛り上がって、そのまま肉体関係を持ってしまうことがほとんどだった。その場のノリであって、毎回事が済んだ後に、「あーやってしまった」と後悔することが多かった。もちろん女性側は恋愛感情を持っていることがほとんどで、そのまま交際という流れになった。ただ、自分自身がそこまで強い恋愛感情を持っていないので、どうにも世の中の恋愛観とかけ離れていて、「俺は世の中の一般人とは恋愛に対する姿勢が違うんだろうな」とよく感じていた。「彼女が可愛くてたまらない」とか、「彼女浮気なんて絶対に許せない!男友達と連絡!?ありえない」とかそういう感情は一切持ち合わせてなかった。もちろん、交際をしているわけなので、誕生日デートLineなどちゃんとやったし、たぶん世の中の男性以上にしっかりやっていた。つまり理想的男性像を演じきっていた。当然、交際中の女性にも好かれていた。

 交際していて別れるのは、たいてい決まって同じ理由だった。本気じゃないことがうすうすバレて(バレて良いんだけども)、「あなたと一緒にいても、結婚できる気がしない」という理由がほぼ全てだった。大正解。こちらにも、その気はなかったのだ。ある意味デキ婚を望んでいた。だって、色々決まって楽だなぁと思っていた。といっても、ある程度期間が積もると、情ができて、別れるとき結構寂しい気持ちにもなっていたのも正直なところなのだ

 数ヶ月前、同様の理由交際していた女性と別れた。もちろんショックを受けたが、この女性もその場の勢いで交際スタートした相手だった。結構楽しく過ごしたし、色々思い出も作った。

別れた事は悲しかったが、それはどちらかというと友人を失ったような喪失感だったと思う。

 

 ちょうど女性関係が極めてクリアな状況になったので、自分が好きな女性アタックしてみよう。という気持ちになった。

 相手は、年が一回り下で、すごく可愛い。おしとやかで、すごく上品な人だった。周囲から評価も抜群な女性である。その人とは共通趣味で知り合って、こちらの活動領域にわざわざ遠いにもかかわらず1年以上来てくれていた。周囲にも「おまえがいるからあの子来てるんだよ」と吹聴されていたが、正直なところ「俺とは不釣り合い」だと思っていた。それぐらい素晴らしい女性だった。こんな女性交際できたらいいなと思うことはあったが、前述の女性交際していたために、その気持ちは胸の奥にしまっていた。

 先月、連絡がきて二人で遊びに行くことになった。もちろん手も繋がないような観光をして軽く食事をして、そのまま普通に帰宅した。でも、その3日後にまた、軽く食事をすることになった。連絡を頻繁にとるようになって、先月だけで7回も遊びに行った。最後には、交際を申し込んでいた。すぐにOKされた。

 その後自分自身に、信じられないような変化が起きた。猛烈に彼女のことが「好き」なのだ不思議感情だった。こんな年をとって、まるで小学生で初めて恋をしたかのような感情を再び体験するとは思わなかった。連絡がとりたいと思うけど、「連絡取ったら迷惑かなぁ」なんて思ったり、無性に会いたくなったり。それで、会いに行ったら向こうからも大喜びされて、その日帰宅するのが惜しくなったり。世の中の普通の「恋愛」をしている事に大きな喜びを感じている。

 この感情がいつまで続くかわからないが、人生観が大きく変わったことは間違いない。こんなに素晴らしいものだとは知らなかった。最初から興味の無い女性関係を持つべきじゃ無かったと思うけれども、もし昔からそうだったら今の女性関係を持つことはできなかったと複雑な想いでもある。

 今まで恋愛バカにしていた。こんなに素晴らしいことを皆が語っていたのだと今頃知った。何も知らなかったのは自分だった。

2016-09-10

http://anond.hatelabo.jp/20160910142553

浮気と分かってやるHはとっても用心深いんだよ。(経験者は語る

http://anond.hatelabo.jp/20160910141857

浮気相手HIVなら彼女経由で俺にかかる方が確率高いだろ

そんなだからお前は童貞なんだよ

http://anond.hatelabo.jp/20160910141139

俺のケツの穴は広いか浮気相手のちんぽも2本くらい入るぞ

http://anond.hatelabo.jp/20160910125604

浮気してるんだろ。

それで、スマフォにはその証拠が残ってるから絶対あなたに渡せない。

2016-09-08

若者結婚をさせる為には

結婚メリット

子供ができる:老後の面倒を見てくれる相手を作れる

・一緒に住むことによってかかるお金が少なくなる(生活費税金)

精神的に安定できる

 

結婚デメリット

子供ができる:お金がかかる、子供がちゃんと育つかはギャンブル

ATM化、DV浮気離婚

 

適当にあげましたが人によって所々は異なると思います 

ではなぜ昔は結婚できていたのか?

昔と今の大きな違いと思われるものネット給料

 

昔は今と違いネットがなく周りの人間言葉のみ

そして結婚している方が社会的地位が上であり昇進などプラスな部分が多かった

また醜聞の塊である負の部分をそこまで表に出さなかった

 

今の世代ネット有効活用しており

客観的に見て結婚によるデメリットメリットを大きく上回ることがわかる人間が増えており

かつ給料右肩上がりどころか右肩下がりでもおかしくない状況

結婚という名の幻想を抱けず現実直視してしま人間が多くなった為結婚をしなくなったのではないか

 

では結婚を促進させる為にはどうすればいいのか?

 

若者達の給料を上げる・・・現実的でない できるのであればやっているだろう

インターネット制限する・・・現実的でない 時代を逆行することになる

 

ではどうするか?

基本的お金がない為結婚を見送っている人が多いと想定すると

 

独身税・・・子供社会で育てるという名の下 独身人間から税金徴収子育てをしている家族へ配布する

子ナシ税・・・独身税回避の為に形だけ結婚をする人間が増えそうな為 ただ望んでも子供ができない夫婦から反感はきそう

子育て世帯に配布・・・全体に増税を行いその増税分を子育てをしている世帯へ再配布

 

結婚しないデメリット結婚した場合メリットを上回らせればよいので

子供を作っている世帯結婚した世帯一定お金を配布すれば現状の結婚する人が少ない現状を覆せるのではないであろうか?

財源は全体または独身世帯から徴収すれば結婚した方が良いと思わせることができるのでは?

2016-09-06

浮気された その後

私はすべて許してやり直したいと思っているのに

ぜーんぜん口も聞かないし、気持ちも伝えてくれないし

態度悪いまま過ごしてるんだけど、どういうつもりなんだろう?

2016-09-04

友達浮気

カミングアウトされたんだけど、奥さんは泳がしてくれてるという。そんなことあんの?