「学生時代」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 学生時代とは

2016-08-27

うつ病の原因に関する新説

私は一時期うつ病にかかり、外にも出れない時期があった。

徐々に運動をすることによって改善し、ふつうの人と同様の生活が送れるようにまでなった。

 

さて、先日うつ病を患っていた方々とのオフ会に参加した。

そこで新しい説を聞いた。

「首が長いとうつ病になりやすい」

うつになる大きな要因として血行不良はかなり大きいらしい。

運動不足もそれに寄与することが、運動を推奨される理由ひとつなのだろう。

それと同様、首が長いと脳まで血液が届きにくくなるため、結果的うつ病だったり、

やる気がでないなどの倦怠感を抱きやすいのだという。

確かにそのオフ会に参加していた人たちは首が長めだった。

かくいう私も首はかなり長い。

そして、確かに普段から意欲は少ない方だが、学生時代はなぜか体育の後だけ意欲的になったのを覚えている。

いままで考えもしなかったが、もしかたらこれは大きな要因なんじゃないかと思えてきた。

この傾向があるならば、首の血流を外部から補助すればうつ傾向だったり、意欲向上に役立つのではと思えてきた。

もし、共感を抱く方がいれば教えていただけるとありがたい。

2016-08-26

みんな何が幸せかわかるの?

最近ベンチャー企業転職したら、ものすごい美人の先輩がいて一目惚れして、口説いたけどあまり芳しくない結果に終わっている

その人はものすごく頭が良く、色々と面白い話を聞かせてもらった。僕は先ほど電話説教されて

あなた仕事が丁寧って言われているけど、結局は仕事が遅いってことでしょう。

◯◯は嫌われているけど、評価されているよ。あなた本質的仕事に手がかかれていないから、評価されないんでしょ。

あなた人に舐められてるよ。人に気を使いすぎて、それが一体何のお金を生むの?費用対効果は?

くっだらない。しゃべらないなら切るよ、じゃぁね」

とぶちっと切られた。

彼女学生時代、後に某白猫スマホゲー作っている会社社長からあいつは天才」と言われていたというのが自慢らしい。





そんな頭のいい彼女は、何が幸せかわかっている。

人と関わりたくないから、ゴロゴロ家でマンガを読んだり、映画を見たりクラシック聴くこと、そして安心が大好きである

充実した生活空間にするために、貯金してテンピュールのマットレスを買い、安心出来る老後の為に月6万円を保険に費やしている。

時間お金を使う先があって、何とも羨ましい人生だと思う。




僕は30目前にしていまだにこれが幸せ、というのが決まらない。

結婚して子供を生む。かっこいいクルマを買う。豪華な家に住む。仕事に打ち込める環境がある。精神的な落ち着きを得る。

色々と考えたり試したりしたが、これだと思ったものがない。

何が幸せかわからいから、すごくマイペースに生きてきた。

服を無性に買っていた時期や、新幹線で毎週福岡に行ったりすることもあった。

貯金ほとんどない。服を買ったり新幹線で行き来するだけじゃ減らないぐらいの給料があったはずだ。

何に使っていたのか、覚えていない。




でも、僕は何に使いたかったのかが分からないだけだと思う。

時間お金を、みんなは一体何に使いたい?

普段マイペースに生きている風に見えるけど、僕にとって何が幸せか分からない今の現実は、とても辛くて苦しい。

みんなは何が幸せかわかるの?

2016-08-25

大人の発達障害って多いのかな。

少し前に母親が亡くなって、父親と昔話とか思い出話とかをすることが増えたんだけども。

「昔、母さんにお前の性格のことで『ええ!信じられない!』ってことを言われたけど、何言われたか思い出せない」と、言い始めた。

そんなこと言われても、こっちは何なのかさっぱりわからないんだけど。


でも、もしかしたら、発達障害かなにかのカミングアウトだったのではないだろうか、と思うようになった。

学生時代無気力すぎたり、遅刻が治らなすぎたりして、学校から紹介された心療内科へ何度か一緒に通ったことがあるからだ。

かわるがわる、いろんなテストを受けた。カウンセリングも受けた。

そのときは、自律神経失調症ということで診断書を書いてもらったはずだ。少なくとも、自分はそう聞いた。


なんとなく気になって大人の発達障害をググりまくってみると、あてはまりすぎて愕然とした。

もちろんあてはまらないこともあるけれど。

ネットで、エイメンなんとかいテストをしてみた。

辺縁系ADDかもしれませんね、みたいな結果だった。


でもよく考えてみれば、小さい頃からとても矛盾を抱えていたように思う。

誰でもすぐできる簡単なことが、とても難しくて時間がかかったりした。

支度は時間通りにできていて、あとは家を出るだけなのに遅刻したりした。

家の鍵をかけたかどうかを忘れて、鍵がかかっているか一度確かめに戻って、安心して出発したらまた鍵をかけたかどうか忘れたりした。


数学テストでいえば、最後証明問題はすぐできるのに、問1の計算問題は一番の難問だった。

ただ、難問は解けていて、計算問題の解け具合で加点する感じだったから、テストの点だけはよかった。

自慢するわけではないけれど、同級生に旧帝レベルゴロゴロいる学校に通っていた。そこでも成績は悪くなかった。

でも、いい大人のいまでも一桁の暗算すらちょっと時間必要。おつりの計算もとっさにはできない。


勉強でも、学校でも、家の生活でも、こういう理解されない矛盾が頻繁にあった。


どうしてこれができないの、といわれても、言い返す言葉がなかった。

できないからできないというと、反抗的だと言われた。

できないか時間をくれというと、なまけていると言われた。

すぐできることをしようとしない、頭でっかちの性根が曲がってる子だと思われた。


とても生きづらかった。

そして、今も、とても生きづらい。

2016-08-24

自分絶対に正しいと思ってる母親が小さい頃から大嫌いだ

からそうだった。

俺がやりたいと思って親に相談しても、母親がそれを理解できなかったら絶対に拒絶するしそれを「俺のため」として押し通す。

父親が味方になってくれて何とかできたこともあるが、大体は母親が大声を上げて感情を露わにして自分を貫き通してくる。

これで母親が本当に博識で、考えをまかせて良い方面に転がるんであれば俺だって別に文句はない。

だが50少し過ぎた年齢だからなのかネット事情には疎く、俺がネットビジネスのために必要書類を送ってくれて言っても無視される。なので父親内緒で送ってもらっている(ネットビジネスは月数十万円の利益が出ているし、何年も勉強してきて成果を出している)



まり俺の母親自分絶対に正しいと思ってるくせに馬鹿から大嫌いなのだ。(絶対に正しいと思ってる理由は一度たりとも謝らない点から

謝罪という行為が一番嫌いなのか俺と3つ上の姉に悪いことをしたと自覚しても一度も謝ったことはない。必ず「でも昔は私の判断が正しかった」と言って時代の偏差のせいにする。



良いところがあるとすれば進路など大きな選択をするとき自分で考えろと俺に丸投げしてきたことだろうか。

おかげで自分の進みたいように進んでこれた。まあ俺が「小学校の頃習い事していればよかった」と言った時「あんたがやりたくないと言ったからやらなかった、だからあんたのせい」と返すのはどうかと思うが。小学生が必ず自分の将来を考えて選択ができるかと言われたらそんなことないんだから



父親から学生時代仕送りをたてに田舎へ帰ってくることを強制されているので現在帰らざる終えない状況だ。

確かに恩はあるのでそうしないと筋が通らない、しか現在密かに行っているネットビジネスが上手く言ったら距離を置こうと思っている。



母親さえ一々感情的になってストレスを俺や父親にぶつけてこなければ何とも思わないし、仲良くやっていきたいとも思えるんだけどね。

俺が生まれた時点でそんな性格だったし無理だとは思うけど。



母親の良かったと思うところ

・夕食だけだが料理をしてくれた(弁当冷凍食品オンリーだったが作ってくれた父親と交代で)

仕送りのために副業を始めてくれた(ストレス母親から乳が言葉暴力を受けることが増えたので半年で辞めさせた)

家事は最低限してた(専業主婦



俺の母親毒親じゃね?ポイント

家事ストレスなのか舌打ちしながらする

小学生の頃から俺がなにかミスをすると「馬鹿じゃないの!ありえない!信じられない!」と大声で罵ってくる

自分が正しいと思っているのか絶対に謝らない、みすしても時代のせいにする

2016-08-23

会社の明るい化け物

・生まれつきの容姿はまあまあ良いほう。40人学級のうち上位15人には確実に入る

MARCH以上

首都圏中高一貫校出身

首都圏郊外実家があり、大学職場実家通い

・目がキラキラ、肌のキメが細かくてきれい

髪型がいつもキマっている

清潔感があり、人を不快にさせる所作が無い。「育ちが良い」という印象

服装シンプルでこなれている。高い服を買っているのではなく、センスを磨くために

 服代と時間を費やしてきたのだと思う。組み合わせもフィッティングも上手い。洗練されている

・「人間関係による精神的つらさ」の話題がやたら好き。その割に暗い雰囲気は無い

映画恋人友達を誘う。誘われたい。一人で映画を見るのは残念なことという認識

恋人と長続きしない。三カ月で別れるのが普通。別れても病んだりはしない

体育会系ではない。かといって蔑視されがちなオタクが集まる系文化部でもない。

 弱い吹奏楽部、弱いテニス部などで、スクールカーストと苦労のコスパを追及してきた

自己紹介が好き。笑いを取るのも好き。注目を集めるのが好き

業務中の私語が盛り上がって、盛り上がりが終わって仕事に戻ろうとしたとき

 テンションをあげて喋り続けて盛り上がりを終わらせないように引っ張ろうとする

ちょっとした笑いを取るのが得意。男性場合、妙にゲイネタが好き。

会社学生時代の仲間の話をしたり、スポーツサークルの仲間の話をしたり、別コミュニティの話をするのが好き

職場ミスをして、怒られても繰り返す。怒られたことにへこんでいる様子が無い

企画をたくさん出す。出すが自分で進める気は無い。自分で出した意見もよく忘れている

自分で言ったことをよく忘れる。なんでも忘れる

新人だけど部長クラス以上へのウケがいい意見を言う。高い視野っていうか。俯瞰っていうか

・初対面は圧倒的好印象。面接にもかなり強いと思う。一緒に仕事をすると好感度が下がる

自分で調べない。手を動かさない。聞く、調べてもらう、やってもらう。

 人の時間を好きなだけ自分のために使わせることを当然の権利と思っている

・語彙は一般的社会人レベルだけど、天真爛漫というか、小さい子供のような明るさがある。

 中二病的な自意識過剰さ、卑屈さなどは全く無い

・せっかち。フィードバックの遅さに少しも耐えられない。

 「この案件は重いかフィードバックが遅くても仕方ない」ということが理解できない

・「かしこまりました!」「承知しました!」と明るく言って、指示どおりにしない、納期も守らない

自分ミスの尻拭いを同僚にやらせながら、友達と遊ぶために有休は予定通り取る

・人に尻拭いさせて友達遊んだのが楽しかった話を会社でする

 

赤ちゃんの亜種と思うと愛らしいが、給与をもらっている社会人と思うとぶっ殺したくなる。

圧倒的自己肯定感と、圧倒的自己顕示欲と、底抜けの明るさ。新種の化け物だと感じる。

貧困JK大炎上したのはオリンピックのせい

学生時代スポーツやってる人たちから体育の時間で虐げられ、体育会系部活動優遇応援強制参加など、スポーツをめちゃくちゃ嫌ってる人がもいる。

興味もないオリンピックテレビで延々と見せられて、他のを観ようと思ってもどこのテレビ局オリンピックだらけ。ネットオリンピック関連のニュース中心。

猛暑で外には出たくない。興味もない大嫌いなスポーツテレビでもネットでも見せられる。とフラストレーションが溜まりまくり

学生夏休み。週末で学生以外にも休みの人もいた。暇人比較的多かった。

そこに突然現れた「貧困女子校生」。しかも皆様の受信料で成り立っている政権の犬・反日NHKなどと呼ばれることもある天下のNHKで放映

暇人もの格好の餌食になる。

2016-08-22

田舎ってのはどうしようもないマイルドヤンキーがいるところなんだよ

田舎定義で盛り上がってるが、自分としてはどうしようもないマイルドヤンキーが巣食うところこそが田舎だと思ってる

この間、友人と地元のバーに行ったが

そこで小学校中学校の頃の同級生出会った

おれはそいつらが大っ嫌いだったが

別段邪険にしたりはしない

一緒に飲んでて出てくる話がだいたい昔話なんだ

30にもなって学生時代しかも小中学校だぞ)の話

しかあんまりいい話じゃない

昔の○○はできない奴だったとか

自分地元でがんばってるとか

そんな話ばかりでうんざりする

一番イライラするのは中学校の頃のイケてないグループ馬鹿にすることなんだ

なんで昔の人間関係をそのまま引っぱってるんだと

だいぶ稼いでるやつもいるし

社会人になってモテモテになったやつもいる

だけどそいつらの中じゃ、イケてないグループのアイツのまんまなんだな

おまけに昔ヤンキーだったやつらはみんなイマイチ仕事なんだ

若いうちから結婚して子供がいる奴らはまともなとこもあるけど

独身連中は頭の悪いヤンキーの成れの果て

稼ぎまくってる元ヤン社長なんて都市伝説から

まずまずの大学行ったやつらはやっぱりまともだわ

絶望なのはこれが大都市と言われる都道府県の話ってことなんだ(中心地ではないけど)

まりいくら便利で、発展してても、その恩恵が行き渡ってないぐらい

教育水準の低い連中がいるんだよな

無人駅があるとか人が少ないとじゃなく

未開の土人が住み着いているところが田舎なんだよ

2016-08-20

入社して4カ月でもう仕事辞めたい

今すぐにでも辞めたい。はっきりいって仕事全然楽しくないし、休みも少ないし、有給休暇も一切取れないみたいだし。ブラックという訳じゃないとは思うけど、やっぱりあの体育会系の感じが凄く嫌だ。まあアパレルから体育会系はしかたないと思ってたが、こんなに嫌になるとは思ってなかった。学生時代はずっとスポーツしてきて、練習とかくそしんどいし、顧問先生体育会系でめちゃめちゃ怒る人だった、それでもスポーツが好きだったからずっと続けていけたし、根性は他の人に比べてあると思ってた。だから今の会社体育会系っていうのはわかってたけど、何とかなると思ってた。

でも実際入ってみたら、しんどいだけで全然楽しくないし、ノルマもきついし、休みけが嫌すぎてしょうがない。部活仕事を比べるのも変かもしれないけど、部活は好きな事だったし、しんどいかわりに楽しい時もあったからやってこれたと思う。今の仕事は本当に楽しいことはないから、ただただしんどいだけだ。

話は変わるけど今自分にはやってみたいことがある。学生の時から思ってたけど。英語勉強して海外で働いてみたい。何の仕事がしたいかとか、なんでとか聞かれると大した理由もないけど、英語を使っての授業とか、外人に道を説明するときってなんでかわからないけど、自分表現できる。日本語だと引っ込み思案な性格もあったりして、全然自分を出せないのに、英語だと凄く自分を出しやすい。(ほとんど単語とかでしか話せないけど)そういうこともあるから、やりたいことがあるのに毎日楽しくない仕事をやって精神すりへらしているのが本当にもったいないって思う。こういう事考えてるのって現実逃避なのか、ゆとりの考えなのか、でも今やりたいことやらないで、いつやるの?って自分に問いかけてる

http://anond.hatelabo.jp/20160820133224

あのJKの家庭環境見たら、子ども倹約することを教えて大学にも行かせているあなたの家庭環境がよっぽど資産的にも文化資本的にも恵まれてるということがわかると思うよ。

学生時代趣味お金を使えたか指標にしてるのは、すごく目先のことに気を取られ過ぎてると思う。

2016-08-19

吉田沙保里

水谷隼メンタリティをみならえよ

ほんとう、ゴリラみたいな見た目の体育会系ってチキン精神だよな

お前ら、卓球中国に勝てるんかい

そもそも学生時代、本気で卓球に打ち込んだことがあるんかい

初めてコミケで買った同人誌ネタで盛り上がれなそうなんだよ

石田三成みたいにつまらなそうなんだよ

吉田沙保里とか体育会系の奴らはさ

経験則しか語れないんだね

週6で仕事、毎度終電帰りの状況で、教習所に通えなくなった。

前まではちゃんと2日やすみをもらってたけど、人がだんだん少なくなってきてそこを埋めるために休日出勤するようになった。

結局、数カ月その状態が続いて限界が来たので、転職した。その時に教習所を辞めた。

お金は仕方ないかとおもったが半分ぐらい返ってきた。親に3割借りていたので返した。


たまたま学生時代同級生と飲んだ時にそういう話をしたら「親はお前にいい人生を送って欲しくて金を出したんじゃないか、なんで最後まで通わなかったんだ。親の気持ちも考えろ」「金と免許免許の方が有利だろ」とキレられた。

ずっとそいつに対して仕事が忙しすぎて行く暇がない、公共交通機関が普及しているところで生きてきたから車やバイクが無いことに不満を感じていない、親も了承の上辞めたと説明しても、「親の気持ちを考えろ」としか言われなかった。

そいつ卒業後、実家に帰ってずっとアルバイトをしながら面接を受けていたらしいが、先日バイトも辞めたと聞いた。今はバイク免許をとっているらしい。

「金か免許か」についても討論した

俺は免許が会っても生きていけないだろ、金があれば飯が食えるんだぞと、免許でどうやって飯を食うんだと説明しても、免許があればトラック運転手になれて仕事が手に入ると言っていたが、免許で飯を食っていない奴の話は全然信用できなかった。



他にもいろいろと言われたが、一番理解してもらいたかった、週6で仕事して毎度終電で帰る辛さはどうしても理解してもらえなかった。



結局、自分経験しか語れず、自分の知らないことを想像する力が足りてないのかと思ってしまった。

先日飲みに行くまで将来的にずっと付き合っていける奴だと思っていたが、理由もよくわからないまま、薄情者というレッテルを貼られてその飲み会は終わってしまった。




別の友人に話をしても薄情者ではないだろと言われて、そいつが言ったことは気にしないように言われ、

自分日本語力が著しく低いことが一番ダメなんだろうなおもったが、

やっぱりレッテル貼られてしまった事に対してすごくイライラしてしま自分が居てどうしたらいいのかわからなくなってしまった。



で、結局どれが大切なんだろうね

親に対しての情があるから実家引きこもり、親の言うことを聞く事か

それとも俺は一人で生きていると証明するために一人暮らしをしながら、親に借りた金を返す事か。

2016-08-18

マイナースポーツの家に生まれたらやばそう

マイナースポーツメダリストは、結構割合で親も同じスポーツをやっていたり、

自身メダリストだったりして、こりゃもう一子相伝だなというのが率直な感想だ。

実際、親がやってなければ、触れることすら稀な世界なのだろう。



例えば、私たちは「開業医の息子」と聞くと、金持ってそうでうらやましいとか、

医者になっても将来は安泰だとか思ってしまいがちである

そんな恵まれた彼らだって、いいことばかりではない。医者になることを強要されたり、

将来の志望が選べなかったりと、彼らなりの苦労や重圧があることぐらいは理解している。

しかし、マイナースポーツって、ほぼ苦労しかないんじゃないか

まず、食っていこうにもプロリーグがない。受け入れ先の企業があるかわからないし、

あってもそこの経営がどうなるかはわからない。自衛隊とかならまず大丈夫だろうけど。

メダルを取っても、五輪が終われば忘れられて、現役の誰かが活躍しないとテレビにも呼ばれない。

とにかくお前はこれをやるんだ、と洗脳されそうなのもやばい



一番やばいのが、やるだけやって、結局モノにならなかったケースだ。

学生時代で見切りをつけて就職でもすれば、傷は浅いかもしれないが、

親の期待を裏切ってしまうのはとてもつらそうだ。

結婚を諦める時期なのかもね

30の♂。

婚活をここ数年やってきたが、結果が出なかった。

最終手段と思い、結婚相談所のお世話にもなったが、結果は出なかった。

おそらく、外見か性格のどちらか、あるいは両方が悪いのだろう。

1年につき10人くらいには振られてると思うので、この数年間で通算で数十人くらいには振られただろうか?

それにしても、我ながら良く振られたものよ。

思えば、今まで他人を好きになることはあったけど、他人が僕を(男として)好きになってくれたことは無かったんだと思う。

そして、この数年、婚活をやってきた結果から考えれば、この先も無いのだろう。


学生時代からずっと恋人もできたことがなくて。

その理由は外見が悪いからだと思い、社会人になってから、太っていた外見はダイエットで直してきて。

あとは稼ぎが人並みにはないといけないと思い、収入仕事自分なりに頑張ることで増やしてきた。

けれど、そこまでした結果がこれというのはちょっと悲しいね

収入がある分、生活に困らないのは良いけどね。

使う予定はあまりないけど。



まだ未練はあるけれど、もう諦める時期なのかもしれない。

そうすると、来世に期待するしか無いのかな。

来世が人間であるという保障はなく、ミジンコだったり草花だったりする可能性もあるだろうけど。

レスリングって誰がどこでやってるの?

4年に一度、オリンピックときだけ「レスリング日本お家芸」みたいなこといわれて、

なにしろ最近女子が強いか話題になるけど、

そうなる前のずいぶん昔からお家芸」扱いされていたらしい。



でも、ああいアマチュアレスリングって、どこで誰がやってるの?

お家芸」ってほど、日本人になじみのある競技なのかな?



身近で、「高校時代レスリング部だったんだ」とか「週末、レスリングジムに通ってるんだ」とか言う人がいないので、なんだか不思議だ。

水泳とか柔道とかならいくらでもいるし、まだ「体操競技」のほうが、「学生時代にやってました」とか言う人いるんだけど。

2016-08-17

http://anond.hatelabo.jp/20160817223510

「わかりません!」って言って助かるのは、学生時代までだよ。

アウティングとか関係なく学生時代LINEかいうクソなものがなくてよかったわ

絶対メンタル崩壊してたわ

消費欲求

お金もない学生時代図書館で借りた本を読んだり映画を見たりしていたら平和休日が終わって、

それでも特に不満なく過ごせていた。たまに友達恋人と遊ぶときも、大して金のかかる遊びはせず、

電車に乗って出かけられるとこに行き、いつもより少し美味しい食事を食べ、話したり

景色を見たり、そんなことで満足だったんだが。

節約をすることは苦ではなかったし、お金のかかる楽しみじゃなくても充実感を得られていた。


けど近頃は何故か消費欲求が強い。無駄と知りつつ細々した雑貨眉唾もの健康グッズを買いたくなったり、

遠出しても無駄に高い宿に泊まってみたり、飛行機座席ランクを上げてみたり。

別に金を余らせている程余裕がある生活では無いし、将来への備えもしなければならないのは分かっているのだが

どうにも金を使いたくなる。困ったものだ。

お盆も最終日。今日もまた無駄な出費をしてしまった。

どうせ何度か使って飽きるだろう筋トレグッズを衝動買い。本当にまいった

まだ買い物依存症という程ではないのだが、もしかしたら片足を突っ込んでるかもしれない。

うーん、まいった

2016-08-15

仕事ができるか出来ないかのはなし

http://anond.hatelabo.jp/20160815041020

これを読んで何だけど。

社会に出たら(就職したら)仕事ができないってのがわかった」なんてこと、起こりうるのかな?

日本企業業務なんて、ほとんどすべてが学生時代教育の延長線上で、国語算数程度の事務能力やら、体育程度の体力仕事やら、初頭英語で十分な外語コミュニケーションやらでなりたってるんじゃないの? PGとか研究職やらの技術であるなら別だけど、それは就職前に大学などで学ぶ過程で適正は判明しない? っていうか技術職に技術無しで入るってのがそもそも何かおかしいような。

オレが見た「仕事が出来ない奴」ってやつは、説明理解力が乏しいとか段取りが悪い(想像力がないせいで自分の行動をフローチャート的に想定できない)とかなんだけど、でもそれって学生時代集団行動や自分の行動決定や、それこそ高校大学日常生活で判明するものだよね。つまり仕事ができない」ってことはあるし見かけるんだけど、「社会に出たら仕事ができないってのがわかった」ってのとはちがうよね。学生時代から要領が悪く愚図だったってだけのはなしで。

なんでそんなことが起こりえるんだ?

2016-08-13

http://anond.hatelabo.jp/20160812203238

そうかなぁー。


私は年収だけならこの増田が考えてる「上位10%」に入ってるけど(親からもらった不動産から所得から働いてない)、コンビニ好きだし、ファミレス楽しいけどな。

だってコンビニおにぎりとかって食べる機会少ないから逆に美味しく感じるしパッケージ破るのも楽しいし、セブンプレミアムガトーショコラとか冷やしとくと美味しいし、ファミレスドリンクバーとかすごい楽しくない?(ドリンクバーは緊張して、グラスを持って飲み物取りに行くとき挙動不審なっちゃうけど)

それに、ああいうところの店員さんはいちいち無駄話をしてこないから楽だよ?

うちには外商さんが来るけど、ほしいものだけ聞いてぱっと帰ってほしいっていつも思う。ふらっと行って知ってる店員さんに見つかるとめんどくさいから、ふだんデパートとかは行かない。

ちなみに乾電池はコンシュルジュに電話すれば部屋まで持ってきてくれるからコンビニで買う機会なんてない。

回転寿司とかも行ったことあるけど、楽しかった。お茶用のお湯? が出てくるボタンを手で押してやけどしたけど。(店員さんはすぐ氷持ってきてくれたし、正しい使い方は隣の席の人が親切に教えてくれた。だいぶ恥ずかしかった)

タクシー運転手さんもなじみの人だから楽しく会話する。(嫌な人に当たると嫌だからいつも指名で呼んでもらう)

通いの家政婦さんもいるけど、この増田から言わせると彼女底辺なっちゃうんだろうな。すごくいい人だよ。料理も上手だし、整理整頓のコツ教えてくれたりする。

元増田が「底辺」と思ってる人たち、みんな優しくていい人だよ。

普段外でお酒を飲む機会はあまりないけど、友達と行くお店で顔なじみ以外に会ったことない。

合コン? 飲み会? には行ったことがないからそのへんはよくわからない。

学生時代友達は働いてる子多いから、日中昼間とかは遊ぶ相手が決まっちゃってつまんない。その遊ぶ相手不労所得でふらふらしてるような人だから世界は広がらない。

逆に私は、働いてない(働いたことがない)っていうことに気後れを感じる。お金なんていくらあっても、やっぱり派遣でも働いてる人のほうが偉い気がする。



増田とかにはいろんな人がいて面白い



ただ思うのは、みんな歩くの速いなぁってことくらい。

銀座とかでも歩いてるとどんどん追い抜かされるし、ときどき「邪魔だな」みたいな目で見られるから、それだけちょっと怖い。

あと食事前にスマホ写真撮りまくってる人は下品だと思う。あれ気になるからやめてほしい。それか消音カメラで撮ってほしい。

http://anond.hatelabo.jp/20160812203238

分かる。学生時代からの友人で今も付き合いのある奴らや、仕事関係で知り合った人らは同じぐらいの金銭感覚から気兼ねなく付き合えるが、そうでない人とたまに出掛けると金感覚の違いに戸惑うし、何かふとした時に下手なことを言ってしまわないか心配になる。

例えば夕飯を食べようかとなったとき自分金銭感覚なら飲み屋に行く(3000〜5000円程度)か食事のみ(定食1000円程度)をイメージし、どちらの方向性か聞く。別に贅沢でも気取っているわけなんでもなく大人同士で出掛けるならごく普通にこれくらいの金額なんじゃないかと思うのだが、そういう人たちだと「500円以上は厳しい、でもご飯には行きたい」と言われてしまったりするので、安いファミレスファーストフードに行くしかなくなる。おごれる関係性ならおごることにしてせめて1000円ぐらいの店に行きたいところだが、対等な友人関係でおごるというのは失礼じゃないかとも思う。そういう無駄な悩みが発生する。

そういうわけでいっそ階級社会になってほしいという気持ちもわかるが、それよりは彼らがもっと稼げるようになってくれて同じ金銭感覚になってくれたほうが悩みが減る上にいろんな分野の友人と付き合えて嬉しい。

オタクっぽいけどオタクじゃないので

学生時代からオタクっぽいと言われてきたし、よくオタクっぽいヤツが同類だと思ったのか話しかけてくることも多かった。

でも自分オタクじゃなかった。まったくオタクじゃなかった。マンガアニメゲーム声優特撮プロレスも何もかも知らなかった。

見た目がオタクっぽいかリア充な友人はできなかった。そしてオタクじゃないかオタクな友人もできなかった。

一度オタクな人にアニメを薦められて見たけど、全然面白くなかった。とあるオンラインゲームを勧められてやったけど面倒なだけだった。

自分一言で言えば無趣味だった。学生時代大学と自宅を往復するだけで満足だった。

今思えば好奇心や意欲と皆無の人生だった。服装にも関心がないかオタクっぽくなるんだろう。

本を読むのは好きだったけど、何かを語れるほどでもないし、趣味読書といっても無趣味代名詞と思われるだけだ。

そもそも自分小説フィクションの類は読まない。というかバカバカしくて最後まで読み切れない。

マンガアニメバカバカしくて辛い。ゲームは面倒。アイドル芸能人なんか興味持ってどうするんだって思う。

もちろんリア充趣味もない。だって外に出るのも億劫だし。

そうして自分にはついぞ友人ができなかった。小中高は幼なじみが何人かいたが、彼らみんな高卒就職してしまった。

自分不思議に思うのは、この世の大半の人たちは趣味を持っていて、そうした趣味で集うことができるのだということ。

趣味を持つこと自体意味がわからないし、ましてや趣味で集まるってどういうことだ?

今も学生時代のように職場と自宅の往復で毎日が過ぎる。

休日はきっちりと掃除洗濯をしていると、いつの間にか夕陽が目に入る。

毎日が不満というわけではない。けれど、あまり自分孤独すぎて、時々変になってしまいそうになる。

2016-08-12

俺が学生時代リアル女子にされたこと

http://anond.hatelabo.jp/20160812042525

これ書いたのは男だろうか?女だろうか?

男だとしたら学生時代普通に女子に好かれていたので、女子残酷さを知らないだけだし

女だとしたら自分残酷さにまったく無自覚か、本当にいい人のどちらか。

俺は幼稚園の頃は女子しか遊ばなかった。男子毎日ドラゴンボールごっこしよう」「ストリートファイター2ごっこをしよう」と言っては殴りあい、最終的にはどちらかがみぞおちを殴られて号泣先生に叱られるということばかり繰り返していて俺はそれがバカらしく参加することはなかった。

男子と遊ぶのはかくれんぼ鬼ごっこ安全な遊びのときのみで、殴りあいが始まれ女子とおままごとをして遊んだ

おままごことはアドリブコントしているようで好きだった。2、3人は「男のくせにおままごとなんかしやがって」と言って俺のことを嫌う女子もいたが、その頃は割と女子と仲良くしていて、女子に怖いという印象はなかった。

しか幼稚園卒業と共に引っ越しがあり、入学した小学校に俺の知る友達は一人もいなかった。

幼稚園の頃は女子と遊ぶことのほうが多かった俺が、なぜか小学校入学と共に急に女子に嫌われるようになった。

友人は数人できたが、全員男子小学校から高校卒業まで、ついに女子の友人ができることはなかった。

さて、長い前置きになったが、ここで小学校時代俺が女子からされた仕打ちの数々を紹介していこう。全て創作ゼロの実話である

席替えで俺の隣になった女子号泣

クラス全員にバレンタインチョコを配る女子が俺にだけチョコをくれない(学生時代チョコを貰ったことは一度もない)

教室の中を俺が歩くと、女子が机ごと逃げる

女子消しゴムを落としたので拾ってあげると、「コイツが触った消しゴムなんていらない、穢れてしまった」と号泣しだす。女子ゾロゾロ集まってきて「謝んなよ!」と言われる

女子と目が合っただけで「気持ち悪い」「コイツストーカーしてくる」「謝れ」

●この経験があったので、女子消しゴムを落としても無視。するとこんどは「どうして消しゴムくらい拾ってあげないの?」と槍玉にあがる。

男子友達に「これから女子の家に遊びに行こう」と誘われ、一緒に行くと玄関で俺を見るなり「コイツは家に入れたくない」と、俺だけ門前払い

●上とはまた違う女子が、スーパーファミコンを買ったのでみんなで遊ぼうと言い出し、俺も誘ってくれたのでスーパーファミコンを買ってもらうことができなかった俺は楽しみにして行った。茶の間には女性ものの下着が干してあり、周りの男子たちは「ブラジャーだ!ブラジャーだ!」と大騒ぎしはじめた。初めて来る家なので大人しく部屋の隅っこにいただけだった。すると、父親がブチ切れ「お前ら出てけ!」と、スーパーファミコンで遊べることなく俺達を追い出してしまった。次の日、その女子から「アンタは、うち立ち入り禁止になったから」と言われた。俺は大人しくしていたのはわかっているはずである。「ブラジャーだ!」と騒いでいた当本人たちはその日以降も家に誘っていた。

この親父には目の敵にされ、参観日などで俺の顔を見ると「あいつとは関わるな!」「あいつには近づくな!」とあからさまに俺の目の前で叫んでいた。

以上が、小学校時代女子リアルでされたことである。まだまだ沢山あるが、とりあえずパッと思いついただけでこれだけ。した方は全く覚えていないかもしれないが、された方はいつになっても覚えてるもんだぜ。

中高生時代も相変わらず女子にこういった対応ばかりされたので、学生時代女子を好きになったこともない。

男子の間でヒロイン扱いされて、「あの娘は可愛くて優しい」と言われてる女も、俺にだけは上で羅列したような対応をするので、「こんな性格悪い女のどこが可愛いんだよ、男って本当にバカだなー」と思っていた。俺は男なのに、「女に嫌われる女」という人の本性は知っていた。男子の前ではいい人ぶって女子や俺の前では最悪な態度をとっていることに周りの男は気付かないものだ。

さんざん俺のことを見下してバカにしている女子名前をあげ、「アイツは女だけどそんな悪いやつじゃないよ、増田のことだってそんなに嫌ってないよ」と男友達に言われたことは何度もある。本当に、男ってバカねぇー!

高校時代は、親友彼女を作ったのだが、その親友スーパーで買い物していると偶然彼女と合った。「増田さんって本当にうちの彼氏と仲良いんだねえー」とか言ってニコニコしていたが、親友トイレに行った隙に、その彼女に「もう二度とうちの彼氏と遊ばないでくれる?マジでうちの彼氏が汚れるから」と般若のような顔で言われたのは本当に恐ろしかった。こんなクソ女と、さっさと別れてくんねえかなーと思ってたら、案の定長続きはしなかった。助かった。

でも小学校時代からずっと女子にこんな対応ばかりされてきたので、もう慣れっこだったな。女子っていうのはこういうもんだと。自分の欲を最優先させることしか頭にない残酷存在だと。そういう認識だった。

そんなもんだから、当然俺のことを好きになる女子なんかいないと思ってたし、俺も隙な娘ができることはなかったが

高校時代友達から紹介された女の子は、俺のことを嫌うこともなく、むしろ俺のことを頼ってくれた。

っていうのも、その娘は可愛いけど大人しそうで、高校生なのに中高生に見られるくらい顔が幼く、黒髪がよく似合う。私服がいわゆる「童貞を殺す服」。

典型的オタク野郎とか気持ち悪い童貞一方的に好かれるタイプで、男からみれば何でも言うことを聞いてくれそうな見た目。

電車に乗れば痴漢され、街を歩けばしつこくナンパされ、ストーカー的な男が何人かいた。

そのストーカー化した他校のオタク野郎が、どこで知ったのか携帯気持ち悪いメールを大量に送ってくるわ、他校なのに同じバスに乗ってきて登下校中につけられたりしてさすがに怖いので、それをどうにかしてほしいと依頼された。

そこで俺が、その娘の彼氏のフリをしてそのストーカー野郎に「俺の女に手を出すな」とメールしたり電話したりして追っ払ってやったら、気づいたら本当に俺が彼氏になっていた。

そのおかげでネットのクソ童貞おじさんみたくミソジニー化することはなかった。

よく会社の先輩などに俺の学生時代女子から受けた仕打ちの数々の話をすると「俺がそこまで女子に嫌われたら自殺してたわ」と言われた。

けど、それはクソ女に騙されないためのいい勉強ができたと思ってるし、彼女のおかげで、中には天使のような女の子が本当にいることもわかった。

みうらじゅんは「自分のケツを鏡で見てみろ。こんな毛だらけで汚ないものを、女性は何の文句も言わずに舐めてくれる。それだけで女性のほうが偉い。」という言葉を忘れず、彼女とこれからも仲良くつきあっていこうと思ってる。もう5年つきあってる。

2016-08-11

http://anond.hatelabo.jp/20160811133831

コメントありがとうございます

どこか自分童貞メンタルの話とは別の話のように感じました。



自分思春期女の子たちに恐怖心や劣等感はありません。

中学時代彼女はいませんでしたが、仲の良い女友達はたくさんいましたし、

相手の家に遊びに行くこともありました。

高校時代男子校なので女性との縁はなくなりましたが、

そもそも当時は女性交際するということが念頭にすらありませんでした。

努力を怠るというより、その方向性があることを完全に失念していました。

学生時代以降、あまり女っ気のない環境で過ごしてきたことも関係あるかもしれませんが)

この感覚20代後半頃まで続き、周囲が次々と結婚し始めるに至って、

ようやく自分事として捉えるに至り、去年の春、その方向に進み出すことになりました。



自分場合童貞メンタルというのは、

行為女性と一緒にいることに充実感が決定的にない、という点なのです。

女性を知る前の自分感覚が強く強く残り、

1年以上経過してもなお、性愛に対して肯定的に捉えることができません。

肯定的というより、端的に言えば「全然楽しくない」のです。

女性との相性の問題かとも思い、色々な方に相手をしてもらったりしているうちに、

そうしたことが明るみになって相手女性を傷つけることになってしまいました。