「学生時代」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 学生時代とは

2016-10-01

人文院卒、就職をする。

アカデミックの道に挫折し、非常にやる気のない就活をした17卒の記録。反面教師にするもよし、馬鹿なやつだなあと一笑に付すもよし。巡り巡って誰かの役に立つことに一縷の望みを託します。

方針

労働者に向いていない自覚はある。経済活動に利する人材パフォーマンスをする。

●専門

歴史学一般的にわかやすい&経済関連ネタにしたほうが、反応が良かった。そのため、第二次大戦後経済復興ネタ研究していることにした。

●志望業界

商社コンサル金融サービスよりは修正資本主義のほうがまだ理解できる。「日本世界の人々の生活の発展に貢献したい」と語った。社会進歩を信じましょう。

学歴

某旧帝→同大学院

ES面接

書類提出:25社。(大手10

書類通過:11社。この時点で中小ほぼ全滅。

1次通過:3社。

内定:1社。




学生時代に頑張ったこと

序盤(中小書類面接)は「学生時代に頑張ったこと」という文面を真に受け、勉学・研究ネタに書く。自律性とゼミ活動企画してましたアピール。当然と言われそうだが全くウケなかった。院卒なら専門で培った能力アピールしろという話は聞いたものの、ほぼ落ちる。フィールドワークなりインタビューなりのある専門であれば別だったのかもしれん。

大手のころには、学部1年目にの経験していた大学祭委員活動文芸サークルネタに切り替え、書類も通るようになる(何年目でやったか最後まで聞かれなかった)。どちらを書くかは「求める人材像」と照らし合わせて選択学生団体同士の熱血折衝やトラブル解決ネタがウケそうなら学祭。他業種との関わりや根気アピールなら、市や大学事務やらとの関わりのあったサークルネタ。あとコンサル系なら英語プレゼン経験とそこから名刺交換交流2回目にこぎつけましたネタ

大学祭という字面のほうが活発な印象を与えられると思い、悩んだとき学祭ネタを使った。




就活動機

本音金銭不安覚悟が甘かった)+経済状況の悪化→おくすりのお世話になる。悪化し続けていたが、試しに就活を試みた結果、劇的に改善してしまった。・・・・・・就活しよ。」

建前「歴史を明らかにするだけではだめ。今生きている人の役に立ちたい。研究よりも経済活動のほうが幅広い人に影響を与えられる。」

これを熱っぽく語ったところでは面接に通った。とかく役に立たないと揶揄されることの多い歴史が専門なので、「説得力」とやらはあったのかもしれない。




教師

学部卒のときには、ある程度以上には惹かれていた。しかしまあ、30連勤で死にそうになってる友人を複数名見ているうちに、それでもやりたい、とは思えなくなった。




●その他

まだ意識高い系学生だったころ、有名企業幹部らによる某帝大限定エリート育成講演会(仮)に行ったことがある。言語決定論を実しやかに語り、優生学ギリギリ社会進化論を手放しで褒めそやし、「人の役に立つ」の「人」を疑いもしない姿勢を眺めてきた。そういうひとたちから、陰に陽に、役に立たないものはやめて、もっと経済とかを勉強しなよと言われた。リクルーター面談座談会OB訪問座談会等で、「大企業に入ったスゴい先輩」にとっても、それが世間常識というやつなのだと感じた。

社会希望を抱いていたかった。尊敬できるセンパイというやつに出会ってみたかった。所属したいと思える環境を見つけてみたかった。

甘いものコンプレックス

技術職の女です。

高校から理系選択し、大学からいままでずっと理系分野の研究や開発をしている。それも、理系分野の中でも相対的にみて女性比率のかなり少ない領域で。


私の学生時代は「スイーツ系」という言葉流行していて、女性を軽視するような感じで男性がよく使っていた。

この「スイーツ系」という言葉を、私は「頭悪そうな奴ら」と解釈していた。


中学まで甘いもの特別好きでも嫌いでもなかったのに、技術に対する関心を増やしていくとともに私は甘いものが嫌いになっていった。甘いものが好きだという印象を持たれることで、自分が「スイーツ系」にカテゴライズされるのが怖かったのだ。この「スイーツ系」という言葉とは別に女性は甘いものが好きだという社会的認識があるのだと思う。研究室会社で甘いものが好きだという前提での話をよくされたが、その度に私は甘いものは好きじゃないし関心もないということをアピールしていた。


それなのに、社会人になってから、甘いものが好きな自分アピールする男性技術者にたくさん出会った。

技術者として尊敬する人たちの中にも甘党アピールする人が沢山いた。


自分はカッコいい技術者になりたくて甘いものが嫌いになったのに、自分にとってカッコいい技術者甘党アピールしていると無性に辛い気持ちになった。もちろん、甘いものが好きなのと技術的優秀さに因果関係はないと思うのに、それでも何故かすごく複雑な気持ちになった。


今でもデパ地下のショーケースの中で輝く洋菓子を見ると何とも言えない憎しみのような感情を抱く。

肌で感じる女性軽視や、男性社会である業界の中で認められたいという強い思いから、甘いものコンプレックスをずっと拗らせているのだ。

2016-09-30

三つ子の魂百まで ←意味わかる?

子供の頃の理不尽出来事が忘れられない、という話を親にしたところ

「三つ子の魂百まで」と言われた。



以下、アホ親子の会話。

子「それ意味あってる?」

親「子供の時に感じた恨みは一生忘れないってことだ」

子「いや、え?そうなのかぁ。全然違う話かと」

親「どんな?」

子「三つ子の魂百まで ってそのまま」

親「は?」

子「だから『三つ子』の魂は百まで。双子でも三つ子でも100まで生きるってこと」

親(爆笑

子「知らなかった」

親「まぁ今の子に三つ子と言うとそうなのか(?)」

子「六つ子もなかった?」

親「六つ子は……おそ松くん

子「(おそ松さん)」



てなわけで違和感バリバリだったためググった。

【読み】 みつごのたましいひゃくまで

意味】 三つ子の魂百までとは、幼い頃の性格は、年をとっても変わらないということ。



ちなみに一応学生時代トップクラス国語の成績は良かったし、文章系の資格もとっている。

いやぁ、勘違いとは恐ろしいものです。

2016-09-28

年収600万のデータサイエンティストスキルセット

http://tjo.hatenablog.com/entry/2015/03/13/190000要件をすべて満たしている

・国際会議の発表経験がある(学生時代

デジタルマーケティング実務経験3年

分析実務経験6年

・30代前半

年収が安すぎやしないかと思って転職エージェント相談したら600〜650万が相場なので妥当って言われました。

妥当かどうか意見が欲しいです。判断材料が足りなければ追記します。





追記

明らかに安いわけではないことがわかって良かったです。

週休3日なったらもっと安くなるかもしれないので精進します。

http://anond.hatelabo.jp/20160928031557

え、まじ、国内在住ですけど、食費1日1000円なんて余裕じゃん。。学生時代は、普通にそういう生活しているものではと。1000円も使えるなんて豪勢だなあ。

そもそも日本人食事に金使いすぎ、エンゲル指数高すぎ、百姓に貢ぎすぎ。労働者世界共通の昼食はホットドッグっす

http://anond.hatelabo.jp/20160928004837

確かに沸点が低かった。悪かった。

でも、彼女と外出するたびに、後ろからきた自転車ベルを鳴らされるんだよ。

駅までの道で交通量の多い狭い歩道があるからさ。

毎日のことだからさすがにキレるよ。




それと、どうでもいい話だけど彼女学生時代柔道をやっていた。

俺より体格も体重も上だ。決して弱いわけじゃない。デブじゃない。

俺も相手を選んでキレたりは絶対にしない。

から喧嘩を売る相手を間違えたことを後悔してるし、

明日彼女と手を繋いで駅まで行く予定になった。

痛い目にあいたくなかったら、小さなことでキレたらいけない。

増田忠告を守るよ。

セックスすると筋肉痛になる

男性30歳。仕事デスクワーク



セックス経験は、人数も回数も同世代と比べて少ない方。

運動は、今はそれほどしていないが、学生時代サークルでまぁ人並み程度だったと思う。

体型は、同年代平均よりも体重がやや高め。体脂肪率が大幅に高め。



一週間か二週間に1回くらい、妻とセックスをすると、翌日腹筋や二の腕筋肉痛になる。

みんな、こんなもんなんだろうか?



でも、職場で「あー、(昨日セックスたから)筋肉痛つらいわー」みたいな人見たことない。

2016-09-26

働いて稼いだお金自分を磨いたり趣味投資してみたかった

新卒IT企業入社したけれど、残業が酷く体調を崩して2年で退職

現在も通院中のニート



実家暮らしだけど親とは不仲で会話どころか1日姿を見かけない時もある。

基本親とは接したくないのでほぼ1日中部屋に引きこもっている。



そんなある日、資産家の方や美容関係者ツイートを見かけた。

豪邸に住んだり、車やコスメサプリメントを購入したり、整形したり。

人によって様々だけど、みんな稼いだお金自分を磨いたり趣味投資していた。



私もそんな風に生きてみたかった。



学生時代に稼いだバイト代と2年間寝る暇もなく働き続けて稼いだお金はある。

ただ、もうこれからは稼ぐことはできない。

実家暮らしなので毎月3万家に入れていて、後は通院費と薬代、消耗品交際費(彼氏ではなく友人や知り合いとの付き合い)に消えていく。



退職してからもう2年も経っているのに何もしていないのだ。

病気もまだ治っていない。

大学も出ていなければ頭もよくない。



こんな人間を雇ってくれるところなんてないのだ。

あったとしても、病気を治さない限りは無理だし、最低限の年収100万を稼ぐことも厳しいだろう。





もう自分を磨いたり趣味投資できるお金を得ることはできないんだと。

今更気づいて泣きたくなった。

2016-09-25

恋愛に悩める男は生きるのに余裕のある人

新卒3年目なんだけど、入社2年目までは仕事がつらすぎて、毎日死にたいと思ってた。

知識量が足りなくて全然仕事についていけないし、学生時代からのゆるい甘えた性格のせいでミスが多く、先輩からゴミをみるような目でみられ、上司から人格否定されるようなことを言われた。

仕事にいくのが辛すぎて、休日上司から言われた人格否定発言のせいで心臓がずっとバクバクしてて、遊んでても冷や汗をずっとかき続けるような感じだった。

彼女もいなかったのだが、恋愛ことなんて全く考えられなかったし、仕事やめることとか、自分がどう生存するかっていうことで頭がいっぱいだった。

しかし、3年目になるぐらいに、学生時代の甘い姿勢がだいぶ直ってきて、それなりに仕事をこなせるようになり、周りの人にけなされるような事はほとんどなくなった。

そうなると、仕事に関する死にたいほどの不安はなくなり、休日仕事のことを考えず、プライベートのことを考えられるようになった。

年齢も20代後半なので、恋愛結婚のことも考えるようになり、何度か街コンで会った子に告白して振られたり、お付き合いさせていだたいた子もいた。

結果としては今のところ恋愛はうまくいってなくて、それで結構悩んだりしてるのだが、入社当初を思い出すと、それ自体結構余裕のあることなんだと気づいた。

ブラック企業が星の数ほどあるこの世の中、自分みたいに仕事がきつくて生きるか死ぬかぐらいの精神状態にいる人はいっぱいいると思う。

そういう状態の時、恋愛ことなんて考える余裕なんて全然ないと思う。

なので、今恋愛で悩んでる人や、婚活してる人なんていうのは、仕事がまあまあうまくいってる人なんだと思う。

まとまってなくて申し訳ないけど、なにが言いたいかというと、恋愛で悩んでて苦しいと思ってる人は、それすら考えられない人よりも幸せ状態なんだってこと。

人と比べて幸福感を得るのはちょっとゲスいけど、結局幸せっていうのは自分の納得感だと思うので、その納得感の材料にはなるのかなと思う。

恋愛すら考えられないほど追い詰められている人は、本当に命が危なくなる前に、別の道を選んで欲しい。

そして、本来的に恋愛したい・結婚したい人に、それを出来る余裕が生まれることを願う。

ゆとり世代やけど、親から携帯のない時代の話聞いてビビった

両親と喫茶店食事する機会あって、その時、両親の学生時代の話になったんやけど、

・昔は携帯いから「何時に〇〇って店に集合」とか前もって決めとかないと絶対会えない

・昔の駅前はこういう喫茶店がたくさんあって皆そこで待ち合わせしてた

・なぜなら「ハチ公前集合」とか言っても人多すぎて会えんから

・待ち合わせ相手から店に電話がかかってきて「ごめん行けなくなった」とか聞く場合しょっちゅうあった

・店を間違えて結局会えずに帰宅とかもざらにあった

なんというか、マジで不便すぎ。原始時代かよ。この時代に生まれて良かったと心から思う。

情報処理に限った話である

専門学校に行ったところで大したことは学べない。

国家資格を取ったところで大したことはできない。



専門学校良識のある人物は少ない。

まともにプログラムを作ったことのない人間プログラミングについて教える場所である



自分で調べてもよく分からいか専門学校にいこうとか、国家資格持ってないと恥ずかしいか受験しようなんて考えは甘い。



私は上記のような甘い考えで専門学校へ進学し、国家資格応用情報技術者)を取得したが、二つから得られた知識社会で生かされたことは一度もない。



専門学校国家資格をそういった甘い考え挑むべきではない。

結局のところ、膨大な情報の中から筋の通った知識や造詣が深い人間自分で探すしかない。



この記事学生時代を振り返るいいキッカケになった。

https://teratail.com/questions/46657

2016-09-24

結婚までの道が遠大すぎる…

定職につく

2 外見をまともにする

コミュ力をつける ←いまここ

友達をつくる

収入を上げる

彼女をつくる

7 将来計画をつくる

結婚

無理だなこりゃ…順調にいっても10年はかかる

そしたらハゲて2が崩れるし終了

スタート地点で遅れると厳しいな

学生時代は本当に大事にしないといかんかったな

恋のはじめかたについて、アドバイスお願いいたしま

頭の整理のため、はじめて日記を書いてみます

もしよろしければ、増田の皆様にアドバイスをいただければと思います

どうぞよろしくお願いいたします。


はじめに

30台前半の、独身男性会社員

気づけば友人はほとんど結婚して、子供も産まれたりして、おめでとうという気持ちの裏には、うらやましさやら、焦りやら、色んなものがぐるぐるしている今日この頃

学生時代や働き始めは、よく遊んだりしていた友人たちとも、それぞれに大切な家族・家庭といったものができてきて、ちょっとずつ距離感を感じざるをえない。

自分は、ああいいなあと思いつつも、「婚活」するほどの、覚悟があるわけでもない。そもそも、今の気持ちとしては「結婚したい」というよりも「恋愛したい」というのが正直なところだ。

具体的な相手がいない状態結婚うんぬんについて考えるのは、どうしても手段目的が入れ替わっていとしか思えないからだ。(婚活している人を批判する意図はなく、あくま自分心持ちとしてです)


今の自分欲求は何か

互いに心を安らげるような、そんなお付き合いがしたい。一緒に料理を作ったり、映画を見たりとか、きれいな景色を見て感動を共有したりとかしたい。

もっというなら、一緒に何かせずに、ふたりが違うことをしていても、同じ部屋にいてそれぞれが気持ちが落ち着く、そんな相手が欲しい。

性的欲求だってそりゃある。けれど、それは二の次




恋のはじめかたについて

さて、このような欲求のある私は、どのようにして出会いを探すのがよいだろうか。結婚していった友人は、学校職場出会って、お付き合いして、結婚していったが、私がそのような場でこれから出会うことは、難しいだろう。

友人に過去に何度か紹介してもらったり、合コンに参加したりとしたことはある。だが、これ以上は残念ながら、望めない。

街コンにも何度か参加したが、こちらも残念ながら。。。1回参加するのに、そうそポンポンだせるような金額ではないので、今後の参加は躊躇している。

普段生活行動とは違う行動が新しい出会いには必要だと思って、スポーツクラブやバー、サークルに行ってみたりなどもしたが、残念な結果だった。

ペアーズなどもやってみたが、登録した瞬間はいいねがついたりしたけど、その後はなしのつぶてだ。


さて、今後私はどのような活動をするのがよいのだろうか。

もしくは、思い切って結婚相談所登録して、婚活してみるのが良いのだろうか。

しか結婚相談所には良いイメージがない。登録してみようとすると年収学歴などを聞かれる。統計値を調べてみると、いずれも私は人並み以上のようだ。けれども、そういう条件で検索してくる女性出会いたい、とは正直思えない。自分だってそういう条件で検索して探したくない。そう思うのは無邪気すぎるのだろうか。もしくはマッチングの参考条件に使うだけで相手には知られないような仕組みなのだろうか)

2016-09-22

http://anond.hatelabo.jp/20160922104934

男は女が満足するまで金を拠出して当然楽しませて当然という風潮がなくなるまで

婚活市場に20代前半の男性が出てくることはないのでは

とくに今の若い世代なんて学生時代バイトで貯蓄しておくのも難しいんだし

http://anond.hatelabo.jp/20160922070723

学生時代に少しモテてた奴らは、いつでも結婚できると勘違いし、相手に求めるハードルが高くなっていく。

結果、量産型こじらせ男女を産む。

学生時代モテなかった奴らは、ワンちゃんをモノにしようと努力し、

幸せ結婚生活を送る。

2016-09-21

アトピー患者主人公漫画が読みたい

主人公は、幼いころからアトピーゾンビウイルスの痒みと痛みと醜い肌に苦しめられ、いじめ虐待を受け続け、さんざんな学生時代を送る。

しかし、ひょんなことから容姿に優れた可愛い女の子と仲良くなり、人生初のデート経験する。

そして、恋人関係になり、人生ピークを迎える。

だが、その人は恋愛詐欺師で、今まで必死に働いて彼女に買ってあげたものは全部質屋に入れられていることを知った主人公人生絶望して自殺する。

その後、彼女主人公葬式に行かないで、だまし取った金で容姿の優れた他の男と楽しそうにデートしていましたとさ。終わり。というストーリー漫画が読みたい。



今の漫画界は身体障碍者優遇しすぎている。

聲の形」では耳の聞こえない美少女であり性格もいい人がヒロインだ。

リアル」では容姿に優れた車いす男が主人公だ。





なぜ身体障碍者漫画の中心人物になれてアトピー患者はなれないのか。

答えは単純明快であるアトピー患者容姿が悪いからだ。

痒みや痛みで歪んだ表情、かさついてたりドロドロしていて赤くて不潔な肌、醜い皮膚を掻く動作

どれも人を不快にさせるものばかりだ。だから漫画の中心人物になることはない。

金を払って不快な気分に浸りたい変わり者は少数だ。




健常者が住んでいる惑星地球という名の健常者ランドでは、身体障碍者は金儲けの道具として使われ、醜い非健常者は迫害差別嘲笑を受ける。

漫画の中心人物になれる身体障碍者になりたかった人生だった。

2016-09-19

自分がこうなった原因を過去のことを思い出して書きなぐってみる。

1,マウンティングする人間について

自分マウンティングしてしまういけ好かねー人間なのだが、

うちの親父も祖母マウンティングする人間だ。祖父母姉は表向きそういう態度を取ることはない。

自分の思いつく限り、そうなった原因は、祖母に、

比較されて育ったこと

かつ

色々な点で一番と褒めそやされて育てられたこと

だと思っている。

マウンティングって、確か、自分が優位であることを示そうとして、自分存在を誇示することであるので、

比較されることと自分が優位であることを認識することから始まるような気がする。

で、自分と父はそういう育てられ方を祖母にされたと思う。

唯一、祖母や父と自分が違うところが、

彼らはマウンティングを恥ずかしいことだと思っておらず、

自分は恥ずかしいことだと思っているのにやめられなくて苦しんでいるという所か。

マウンティングは他の動物人間とでマウンティングした結果もたらすものが違うかどうかはわからないけど、

少なくとも人間社会では、マウンティングは個の優位性よりも、協調性のなさや性格の悪さを表す指標として

使われていると思う。

ちなみにマウンティングという言葉流行りだしたのってここ2,3年の話なのか?



2、ひとりで行動できる人間について

数日前にツイートで、

学生時代協調性が重視されるのに、就活以降社会人はひとりで行動することがいきなり要請される

というものを見たのだが、そのとおりだと思った。

自分は長らくひとりで行動できない人間だった。

その理由は、多分、祖母に箱入りで育てられて母には放置されて育って、

自分のことを自分でできない人間として育ってしまたからだと思うんだけど、

どういうことをひとりでやればひとりで行動できる人間になるんだろう。

自分部活も進路も好きなことをやることを許してもらえない状況下にあったし、料理とか掃除教育も受けてないから、

本当に子どもの頃、ひとりで行動することも、その積極的動機インセンティブっていうの?)もなかったと思う。

やっぱり教育大事だし、好きなことなら一人でやる勇気も出たと思うんだけど、どうなんだろう?



3,根拠のない自信について

というわけで、自分には根拠のない自信が全くなくて、学生時代バイトも怖くて出来なかった。

根拠のない自信がないと、本当に何事にも挑戦できない、はじめの一歩も踏み出せない。

根拠のない自信➝行動➝成功体験根拠のある自信➝積み重ねてさら成功

という好循環の一歩目が欠落してるから、完全に思考停止の行動不能になる。

皆さんはどうやって根拠のない自信をつけたのだろう。



4,社会学政治学について興味のある人間心理学文学に興味のある人間

というわけでマウンティングするくせに、ひとりで行動できない、自信もない、クズ人間がここにいる。

父は公務員だし祖母も自慢できるから偉くなれ偉くなれという人なので、

多分社会において地位を占めることが重要プライオリティ?)だと考える人だと思うのだが、

自分はこういう自分がなぜダメ人間なのかということを考えるのが趣味内省人間しかメンヘラなのだけど、

その違いってどこにあるんだろうな、と考える。

社会に興味がある人間って多分自分の外をマシにしようと考えてる人で

心理に興味がある人間って多分自分の中をマシにしようと考えている人間なのだと思う。



どうでもいいけど、自分メンヘラクズ人間からどうすれば抜け出せるかわからなくて苦しい。


自分が一番興味のあることってなんだろうと思うけど、

興味のあることを追求できるのは学生時代までなんだよね。少なくともひとりで学習行動できない人間にとっては。


あぁ、変われないダメ人間

この文章だってちょっと頭が良いと思いこんでいる自分がそれをを見せつけたいと思っているから書いたのかもしれない。

自分に向いてる職業とかあるのか?メンヘラ無職。やっぱタンポポか。

ネットとは違ってリアルでは見下す人ってほとんどいないよね

恥ずかしながら3年前は彼女いない歴28年かつ職歴無しのフリーターだった俺。

高校進学校だったし大学もそれなりのところに行けた故に大卒時は友人達とかなりの差がついていた。

周りは恋愛経験あるし正社員として就職

一方俺は就職全滅でバイトしながら実家寄生する恥ずかしい存在

それでも学生時代の集まりには顔出してたし現況を包み隠さず話していた。


ネット上で自分スペックを書くとあたりまえのように「人生詰んでるだろ」「その年で非正規とか笑」みたいなコメントしか返ってこない。

でもリアルでは馬鹿にされるどころか助けてもらえることの方が多かった。

例えばバイト先の書店が潰れた後は家庭教師の職を紹介してもらった。

正社員になれたのも友人のコネだ。


たまたま自分の周りにはいい人ばかりだったのだろうか。

類は友を呼ばないのかもしれない。

何にせよ自分もいつかは誰かを助けられる立場になりたい。

学生時代音痴に歌わないと不機嫌になる先輩がいた。

カラオケさらっと歌ってると「あーかっこつけて歌ってる」と言い出し、

ひどい時は演奏停止ボタンを押す先輩がいた。

嘘つきバービーオシリペンペンズモーモールルギャバンみたいなバンドばかり聴いている人だった。

未だにあの時の心理が掴めないで私は眠れない。

モテる女が男を語る話にも飽きたから、モテる男性が女の話をしよう。

ブログとか増田とかでもよくある、女性自分に言い寄ってきた男について語る話。

まぁ、きっとさぞかしモテる美人さんが投稿してるんだろうと思う。

コンテンツとしては面白いし、男として反省するところもある。

だけど、いい加減一方的に過ぎるような気もしてるんだ。

そこで、いわゆる「モテる男性である自分が語ってみようかと思う。

男性の側から周囲の女性を語るコンテンツは、驚くほど少ないと感じる。

それは、女性自分モテる女性だと自認することに対し、男性がそれを行うことには自他に大きな抵抗を伴うからだと思う。

こういう世界もあるのだということでひとつ

まず、私はいわゆるイケメンである

自分でそう思うかどうかはともかく、複数女性からそう言われるので間違いはないと思う。

基準になるかはわからないが、女性に連絡先を聞いて断られたことはない。

しかオタクでもあり、女性への興味よりゲームアニメへの興味が大きい。

そして、恋愛にはあまり自信がないというのもあり、あまり積極的タイプではない。

女性は私に興味を持つ。

そして、話しかけたり、こちらの好みを尋ねたりしてくる。

私は、女性で言えば清楚なタイプでもあるため、少し地味なタイプ女性も声をかけてくれる。

声をかけられた私はしかし、あからさまにその女性に興味を示さないことが多い。

いや、女性が嫌いなわけではないのだけど、ファッションとかの話には興味ないですし、正直、深く仲良くなりたいと思う女性はなかなかいない。



問題はここからだ。

私が興味を持たないと知るや、声をかけてきたその女性は、一気に私を否定にかかる。

具体的には、女性同士のコミュニティや他の男性に向けて、悪い噂を流しにかかる。

私が今回、この文章を書こうと思ったのもこのためだ。

男性から声をかけられた女性が、その相手が気に入らなくてそれを晒すような真似をする。

しかし、女性から声をかけられた男性がそれを晒すようなものをあまり見たことはない。

(内輪の会話では結構あるような気はしている。この辺男女の違いかも)

それなのに、男性に声をかけられて袖にされた女性は、それを笑い者にして社会的否定しようとする。

声をかけても、かけられても男性には地獄なのだ

アンフェアじゃないだろうか?


学生時代、明らかにこちらに好意を持って近寄って来た女性たちは、こちらが興味を持たないと知るや、私についての噂をあることないこと流し、コミュニティから孤立させようとした。

最近デートの誘いをしてきた女性に対し、食事してそのまま普通に帰ったら、その後で私の友人たちに「あいつはクズみたいな男だ」と吹き込まれ、面倒くさいことになった。

思うに、自分が魅力的だと自覚していて、その魅力を以てイケメンを落としたいと考えている女性が、その相手自分のその魅力を否定された時、自分アイデンティティを守るためにそういう行動に出るのだろう。


もちろん、世の中の大半の女性がこういうタイプではないのだと思う。

が、こういう場で「自分に声をかけてくる男」を腐している女性と、イケメンに声をかけて相手にされなかったらその相手を腐す女性は多分、重なっているのだと思う。


まぁ、ナンパとかする男が、声をかけた女性相手にされないと「お高くとまってんじゃねぇよブス!」なんて負け惜しみを言ったりするのはよくあることなので、それと同じ心性なんでしょうね。


要は、「肉食系」なんて言われてる人間は男でも女でも、関わるとろくな事にならないなー、っていう話です。

2016-09-18

ジャニヲタってデブでブスで痛くて男に相手にされないかアイドルに逃げてるって印象だと思う。

一般的には。

確かに多くのジャニヲタはそうだと思う。だけど全員がそうじゃなくて、大体は普通の子で、中には痩せててスタイル良くて綺麗で可愛くてお洒落な子も一定数いる。

ダフ屋転売サイトから最前席やアリーナ通路横の席を買ったり、良い服や化粧品お金をかけるためにキャバクラ風俗で働いている子もいる。そういう子はコンサート会場で髪を盛ったりドレスを着たりで浮いているけれど、お姫様みたいで純粋に綺麗。

赤文字系の服を着て細くてお人形さんみたいな子は、好きなアイドルと目が合っただけで顔真っ赤にして座り込んじゃうくらい健気で本当に可愛い。守ってあげたい。

雑誌に載ってるような個性的でお洒落な子がうちわペンライトを持って、ファンサをもらう度に飛び跳ねて喜んでいるところを目撃すると、それだけでこちらも嬉しくなってしまう。

ジャニーズコンサートに来てみるとわかると思うけど、女子校みたい。大抵は普通の子。それでデブもブスも痛い子もいるし、可愛くて綺麗でお洒落な子もいる。ただ、オバサンもいる。着飾ってるマダムっぽい方もいれば、髪も服も寂れて見てられないような方もいる。



私も学生の頃はジャニヲタで、仲良し女子3人組でいつも某グループコンサートへ出掛けていた。コンサートの日程が発表されて、誰がどこの地方を申し込むか、ホテル新幹線夜行バスの手配をどうするか、どんなファンうちわを仕込むか、何を着ようか、コスプレなんかもしてみようか…計画段階で本当に楽しかったし、当選した後やチケットが届いて席を確認した後なんかは毎日お祭り状態ではしゃいでいた。

専門学生大学生だったけれど、私たちは「普通」の集まりだった。

A子はスラリと細くヘアメイクの達人で、友人たちに化粧品を選んであげたりもしていたくらい、いわゆる女子力の高い子だった。男性からの誘いも少なくなかったが、当時は週末はジャニヲタ活動(録画したテレビを見たり編集したり雑誌を読んだり切り取ったりコンサート舞台に行ったり)を優先していたため、当時の彼氏もやや寂しそうにしていた。

B子子供の頃からスポーツをしていてガッチリ体型だったけれど、社会人になった頃から筋肉が落ちてあっという間に太ってしまった。しかもガハガハ笑うので思春期から男性には女として見てもらえることが少なかったらしい。顔立ちはそんなに悪くなく、A子からはよく「痩せたらいいのに」と遠回しに言われていた。B子は「痩せたいよーでもご飯が美味しいから」と返していた。



あれから10年以上経ち、私たちは全員30代に突入した。A子とB子は未だにジャニヲタでいる。私は仕事が忙しくなり、社会人になって数年で自然と離れることとなった。

A子は一途に同じグループの同じアイドルを追い続けていて、いつも楽しそうにコンサートでのエピソードテレビでの活動報告をしてくれる。

B子は2年単位くらいで他のグループJr.の子たちを同じくらいの熱量応援している。

定期的に私たちは近況報告会を開くのだけれど、私とB子が互いの旦那子供の話をしだすと、A子が不機嫌になってしまう。なので早めに切り上げてA子にコンサートネタを振ると、ファンサ自慢が始まる。A子はあのアイドルにこんなことをしてもらえたけど、B子は何もしてもらえて無かったと、やんわりと言う。「B子はあの時惜しかったよね!はー◯◯君(A子が好きなアイドル)手振ってくれて良かった!嬉しかった!」といったふうに。B子は嫌な顔せずに「すごかったねー良かったねー」とニコニコしているが、私はとても居た堪れなくなる。たかアイドルファンサが何の自慢になるのかと。

4年前にB子結婚し、子供を産んで家族を持った。B子旦那さんはB子ジャニヲタ活動にとても理解があり、今まで出会ったことの無いジャニヲタという人種文化面白いのか、少しずつタレント名前を覚えたり、コンサート舞台のある日には子供の世話を全て引き受けてB子を快く送り出している。「△△君を応援しているB子面白くて可愛いから続けてほしい」のだそうだ。

B子結婚出産が知らされた時、A子はお祝いしながらも目は笑っていなかった。心のどこかで見下していたのかもしれないB子にいろいろなことを先越されたことがショックだったのだろうなと思う。A子が現実から逃げるように更にジャニヲタ活動に勤しむようになったので、その頃に一度だけ「A子は婚活しないの?」と聞いてみたが、「してるよー!けどイマイチでねー!」と笑い飛ばすだけでほぼ流されてしまった。学生時代彼氏とはとっくに別れを迎えていて、それから何年も彼氏も作らず独り身でいる。出会いも脈アリな男も周りにはいるが、本人の望みが高すぎるのか恋愛に発展しない。これから人生設計よりも、目の前のアイドルから好かれることに必死に見えた。

B子婚活で今の旦那さんを捕まえたのだけれど、たくさんの人とマッチングを試みて、同じ回数デートしたらしい。モテてこなかったB子は当初、「見た目で判断する人はこっちから最初から切る。中身を見て好きになってくれる人を探す」と意気込んでいた。B子婚活を始めた理由は「娘とクッキーを焼く人生を贈りたいから」だった。ちなみに生まれたのは男の子だったのでB子に「息子ともクッキー作るの?」と聞いたら爆笑して「もちろん!」と答えていた。

B子と合う人はなかなかおらず、今の旦那さんと出会うまでにかなりの時間を要していたけれど、彼に手料理を振る舞ったらあっという間に婚約までこぎつけてしまった。B子がずっとぽっちゃりだったのは、自分で作るごはんが美味しかたかなのだと、その時合点がいった。



女同士だから妬んだり羨んだりする感情は少なからずあるけれど、私たちは何年経っても友人でいて定期的に会って話をする。A子のB子に対するマイナス感情理解できるし、何よりA子には良いところもたくさんある。優しくて賢いし気配りもできる。まだまだ綺麗にしていてスタイル抜群でとても30代には見えないA子だけれど、いつか目を覚ましてほしい。A子は40代になってもファンサ自慢をしてくるのだろうか。



つい最近舞台帰りのA子と待ち合わせをしたが、A子より明らかに年上の女性と連れ立ってやってきて、後の食事で連れの彼女独身であることを知った。A子はもう自分より下に見れる人がそばにいないと自我が保てないのかと寒気がした。彼女と並んでいれば自分は若く見られるし、ルックスも連れの彼女の方が明らかに冴えないオバサンという感じだったから。




結局ジャニヲタっていくら着飾ってても中身がブスなのかもしれない。

2016-09-15

http://anond.hatelabo.jp/20160915141443

スキンヘッドにするとフケが治ることから、雑菌の繁殖が原因なんだろうなってことに子供の頃に気づけたら

もっと幸せ学生時代を送れたかもしれない・・・遠い目

http://anond.hatelabo.jp/20160915140053

まあ少女漫画の作者も美少女ゲー作ってるやつらもどっちも学生時代はもれなくギークなんで恋愛観が闇寄りなのは当然なんだけどな。

闇の波長に吸い寄せられた才能のないギーク自分の持っていた価値観助長された結果、マンガアニメのせいでこうなったと思うんだろう。

2016-09-14

http://anond.hatelabo.jp/20160914125208

twitterを覗くと、

自分がいなくても別の友人たちと楽しくやっているように見えるし、

どこに行くにも一緒=親友  は

学生時代までだぞ☆