「新宿」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 新宿とは

2017-04-29

http://anond.hatelabo.jp/20170429151108

原住民だが、中野新宿中間なので、面白スポットはないただの住宅地である

新しく出来るのは飯屋と美容室マンションばっかりだ。

落ち着け喫茶店とか少ないよね。駅の南西側になんか新しいのが出来たので今度行ってみたい。

東中野

新宿からも近い街。でも、イマイチ不便。中央線を渡るのが面倒。南北が分断されているが、北には独裁者がいるわけではない。

東口の方には上島珈琲店がある。が、マンションに住んでいる暇な人で溢れていることが多い。天井が高いのは嬉しい。

西口の方にはドトールがある。近所にIT系会社があるようで、そこの社員愚痴を言いながら仕事してる。それもすごく長時間

会話を聞いていると、結構ブラック。向かい担々麺屋で飲んでいるときも同じような話をしていた。そんなに人数は多そうではないが、社長のメンコがうざいらしい。

専門学校の生徒も多いが、その子らはサクサク帰っていく。学校の最寄りじゃ遊ばないのかな。

なんか変な感じの街だ。

2017-04-24

ジャパリパーク地図にない

 けもフレが終わってから、胸に穴が開いたような感覚のまま毎日を生きている。

 仕事なりなんなりに集中していればその間だけは忘れられるが、ふと我に返ったとたん、とてつもない喪失感にさいなまれる。手持無沙汰になったとき、何も手につかない。春アニメも録画だけはしているが、まったく見る気がおきない。どうしようもなく、あの優しい世界、あの楽しかった時間を、心の中で、何度も何度も反芻してしまう。それなりにアニメを見てきたが、放送終了後にこれほどまでのダメージを受けたのは初めてだ。

 ニコ動は数年間まったく見ていなかったが、けもフレきっかけにアカウントを再取得した。少なからず新しい文化が生まれていて、最初は少しとまどったが、すぐに慣れた。他のフレンズたちとする実況は楽しかった。夢のような日々だった。けもフレ終了後はエア実況をする覚悟をしていた。12.1話が来たときは状況を理解できずに脳内が「???」で埋め尽くされたが、すぐに歓喜に変わった。これから先もやっていけると思った。けもフレロスなんてありえないと思っていた。

 しかし徐々に「けもフレはもう終わってしまったんだ」という事実を心が認識するにつれ、喪失感が大きくなっていった。本編をリピート再生するだけでは耐えられなくなり、ニコ動MADをあさる日々が続いた。MMDモデル製作者たちには感謝しかない。「極楽浄土」という名曲存在も知った。自分がいない間にもニコ動ではたくさんのコンテンツ、たくさんの文化が生まれていたのだと知った。MADを大量に見たあとに本編を再生すると、また新鮮な気分で見ることができた。新しい発見もたくさんあった。でも12話を見終えると、「この先はもうないんだ」という事実に耐えられなくなり、MADをあさる日々に戻った。

 ジャパリパークへ行きたい、と思う。モブでいいから僕もフレンズのひとりになって、サーバルちゃんたちとドッタンバッタン大騒ぎな毎日を送りたいと思う。あのグレートジャーニー、すばらしき旅路を、僕もたどってみたい、一夜だけの夢でいいから、あの優しい世界に行きたい、そう願って眠りについても、見るのは決まって、ろくでもない夢だ。そして目覚めれば、また平凡で退屈な毎日が始まる。その繰り返し。繰り返し。

 けもフレロスを緩和するため、ニコ動運営するマストドンインスタンスに入り浸るようになった。どこの誰とも知らない人たちととりとめのない話をしていると、多少は気分がやわらいだ。でもやっぱり喪失感は消えることなく、胸の穴はいつまでもぽっかりと開いたままだった。

 今日の昼のこと。今月に入ってから職場新宿に移った僕は、まだ少し慣れない街をふらふらとさまよい、居酒屋ランチを食べた。うまそうだったので写真を撮って「いただきマストドン」というお約束とともにトゥートしたが、誰からも反応はなかった。ランチはなかなかうまかった。店を出る前に「明日新宿西口のおいしいランチ開拓するよ。たーのしー!」とトゥートしたが、これも誰からも反応はなかった。

 職場ビルへ帰る道すがら、さっきの自分のトゥートを思い返してみた。「たーのしー!」だって? ひとりで飯を食って? 誰からの反応もないトゥートをして? いや、その前に、僕は食に対してそれほど興味がなかったはずだ。食事なんてエネルギー摂取するだけのもの。食べなきゃいけないから食べる。それだけだったのに、「おいしいランチ開拓する」だって

 その瞬間、理解した。そうだ、これなんだ。けものフレンズが僕にくれたものは、喪失感なんかじゃない。そんなものじゃない。彼らが僕らにくれたのは、なんでもない日常の中にある「たのしー!」や「うれしー!」や「すごーい!」を見つけ出す、とてもシンプルで、とても大切な視点なんだ。綺麗なものを見て「きれー!」と最後に思ったのはいつだっただろうか。おいしいものを食べて「おいしー!」と最後に思ったのはいつだったろうか。あなたは思い出せますか? 心の底からたのしー!」と思えたなら、きっとどこにいたって、そこはジャパリパークなんだ。

 ジャパリパーク地図にない。僕は「げんじつちほー」を生きていく。

2017-04-19

山手線に乗れなかった話

出張で同僚と2人で東京に行った。

羽田から京急品川品川から山手線。道に迷う事は無かった。時間は正午過ぎくらいだったろうか。

新宿方面に向かうホームにはそれなりに人が居た。

そこへちょうどいい具合に電車が到着したのだが、既に電車内は人が多く、ホームの人が全員乗ろうとすると満員になる感じだった。

時間はまだあるし、次の電車いいよな?そう同僚に確認し、1本見送る事にした。

東京のいいところは電車が次々と来る所だ。

次は待ってる人の先頭にいるのだから比較的楽に乗れるだろう。

再び電車が到着した。そして思った以上に混んでいた。

これは結構大変だなー。降りる人数によっては同僚と俺の2人で精一杯かもしれないなー。などと思って降車するお客さんを待っていたら、後ろからどんどん乗車する人々。先頭もクソもあったもんじゃなかった。

呆気に取られる我々をよそに、2人も乗れれば精一杯と思われるスペースにどんどん人が吸い込まれていく。多分8人以上は乗車したのではないだろうか。私はその光景を見ながら、昔テレビで見た、収納達人のスゴ技を思い出していた。

電車は我々2人だけを品川駅に残して走り去ってしまった。

東京は凄い。電車の乗り降りに掛かるスピード地方より圧倒的に速い。しかも狭いスペースに体を詰め込む技術も驚異的だ。

さっきまではのん気に昼飯を何にするか話していた同僚は無言になっていた。

その横顔は、これから戦場に赴く兵士の様に精悍だった。

2017-04-18

20170406_ミュシャ

ちょうど仕事の谷間も時期だったので、衝動的に有休を取って平日の昼間に六本木国立新美術館まで行ってミュシャ展を観に行った。

連休にぶつかると混雑は必至なのはわかっていたので、そうなる前に観に行きたいと思って行ったのだが行って正解だった。

はいえ、平日にも関わらずそれなりに人が多かった(ちょうど草間彌生展も同時開催してたので、そちらの客入りの影響もあったのかもしれないけど)。

少し前のNHK特番を見て予習したのだが、やはり生で観るのとでは迫力が全然違った。

まず、ミュシャの画風がスラヴ叙事詩とそれ以前(パリポスターとか広告絵を書いてた頃)で全くの別人のようで大変驚いた。

スラヴ叙事詩はそこに描かれた苦難の時代を生きるスラヴ人眼力の凄まじさに、まさに射竦められる心地がした。

「残りの人生スラヴ民族のために捧げる」というミュシャのの真摯姿勢が感じられた。

一般的ミュシャイメージといえば、パリ時代サラ・ベルナール舞台ポスター代表される作品群だが、これはこれでもちろんよかった。

花と女性四部作に描かれる女性官能的だけど、決して下品ではないエロティズムが魅力的だった。

「花と女性」だけでなく、宇宙的なモチーフ(太陽・月・六芒星星座)も取り入れられてるのも特徴的だった。

故郷チェコ(当時はチェコスロヴァキアか…)に戻ってからパリ時代ポスター画みたいな作品をいくつか描いているが、

そこに描かれる女性は少し趣が異なる、スラヴ系特有の丸顔が特徴的だった。

朝の10時半頃から昼過ぎの14時までゆっくり鑑賞することができて満足した。

帰りは遅めの昼食を東京ミッドタウンの中の店で採った、新宿にもあるだし茶漬けえんで冷汁を食べた。これは美味しかった。

後はついでに近くにあった日本酒ショップで取り扱ってる日本酒三種の試し飲みセットを注文したがこれは正直微妙だった。

保存のせいなのか…どれも苦味が気になってしまい味に違いがあまり感じられなかった。

2017-04-16

金正恩は、何故おっぱぶに行かないのか

おっぱぶに行って、可愛い子のおっぱいに顔を埋めれば、戦争しようなんて気は無くなるのに…。

人は誰でも、おっぱぶに行けば、恐怖と猜疑心に荒んだ気持ちもいずれ薄れていき、無心におっぱいにむしゃぶりつくだけのただのベイビーになれる…。

なのになんでおっぱぶに行かないのか…?

北朝鮮には、おっぱぶが無いのであろうか…?

ならば一度、日本に来て欲しい。そして、おっぱぶを体験して欲しい。

どの店に行けばいいかからないのなら、私が案内しよう。新宿に行きつけの良いお店がある。

もし経済制裁外貨が不足しているのなら、私が金を出してもいい。18時台に来てくれると、多少安くなるので助かるのだが。

世界平和のためなら安いものだ。

どうだろうか?

悪く無い提案だと思うのだが。

2017-04-12

http://anond.hatelabo.jp/20170412152102

東京のどこに落ちるかにもよるけど、基本新宿渋谷池袋品川みたいなところにはあんまり都民はいないので、結局被害を受けるのは田舎民だけだよ。

横浜だと地元しかいなさそうだけど。

2017-04-11

http://anond.hatelabo.jp/20170411124623

行々林(おどろばやし)

飯山満(はさま)

幸田(こうで)

三ケ月(みこぜ)

三矢小台(みやこだい)

北方町(ぼっけまち)

松崎(まんざき)

安食(あじき)

都部(いちぶ)

中峠(なかびょう)

中尾余町(なかびょうまち)

日秀(ひびり)

高野山(こうのやま)

草深(そうふけ)

発作(ほっさく)

武西(むざい)

将監(しょうげん)

安食ト杭(あじきぼっくい)

酒直卜杭(さかなおぼっくい)

北風原(ならいはら)

桜井総稱鬼泪山(さくらいそうしょうきなだやま)

酒々井町(しすいまち

猿楽場(さかくば)

香取(かんどり)

奉免町(ほうめまち)

国府台(こうのだい)

求名(ぐみょう)

砂(いさご)

古瀬(いさごぜ)

大豆谷(まめざく)

海士有木(あまありき)

飯給(いたぶ)

不入斗(いりやまず)

不入(ふにゅう)

廿五里(ついへいじ)

櫃狭(ひつば)

武士(たけし)

百目木(どうめき)

真里谷(まりやつ)

真砂(まさご)

犢橋町(こてはしまち)

小食土町(やさしどちょう)

生実町(おゆみちょう)

神門(ごうど)

臼作(うすくり)

馬乗里(まじょうり)

滑川(なめがわ)

墨名(とな)

欠真間(かけまま)

真間(まま)

神々廻(ししば)

木下(きおろし

狢野(むじなの)

登戸(のぶと)

園生町(そんのうちょう)

行川(なめがわ)

木内虫幡上小堀入会地大平(きのうちむしはたかみこぼりいりあいちおおだいら)

新(しむら)

城下(ねごや)

習志野(ならしの)

南波佐間(なばさま)

大谷流(おおやる)

小谷流(こやる)

勢田(せた)

実籾(みもみ)

生谷(おぶかい

呼塚(よばつか)

篠籠田(しこだ)

船戸山高野(ふなとやまごうや)

平田(ひらった)

雪降里(ぶどうじ)

東芝町(ひがししばまち)

笠上町(かさがみちょう)

黒生町(くろはいちょう)

神余(かなまり

部原(へばら)

神久保(いものくぼ)

丁子(ようろご)

東庄町(とうのしょうまち)

新宿(にいじゅく)

羽計(はばかり)

滑谷(ぬかりや)

横渚(よこすか)

これ全部千葉県な。

まあマジに難読なのから読めるが普通とは違うの、若干難しいが分かるのとか色々混在だけど。

2017-04-10

芸能人結婚話にイラつく理由

なぜなんだろうか?中々明確な理由が思い浮かばない。。

そもそも、なぜ赤の他人プロポーズ言葉とか、見せられなければならないのか??

イラつく理由を考えてみた。

1.芸能記者という何も産み出さな仕事が、理解できないから?

2.このニュースに対して無駄トラフィックの発生、社会資源の浪費が理解できないから?

3.みんな大して興味無いのに、人に合わせるために興味あるフリしてるのが透けて見えるから

4.新商品宣伝を無理やり見させられているから?

5.結婚に対して良いイメージがないから?(自身の親は暴力はないが、しょっちゅう喧嘩してヒドイ言葉を聴いてた)

6.新宿公園ホームレスおじさんを見たときと同じように、自身の生きる意味を考え始めてしまうから

うーん。もやもや

2017-04-09

ぼくの考えた東京のすごくよいところ

東京のすごくよいところを指摘しよう

ぼくは大阪から二年前に東京にきた

東京のすごくよいところはズバリ

交通ルート多様性

たとえばぼくが住んでいる中央線郊外駅のひとつから渋谷に出ようとしたとき

電車でいくとして

まずJR新宿まで行って山手線に乗り換えるルートがある

それに加えて吉祥寺などで京王井の頭線に乗り換えて行くルートもある

他にも探せばたくさんあるだろう

バスもあるし

同じ場所に行くにしてもルートを変えてみると気分転換になるので楽しい

一方で、ぼくがいぜん住んでいた大阪郊外南部では

たとえば南方からなんばに行こうとすると

南海系の線路

地下鉄御堂筋線がある

まりルートが二つ選べる

まりルートがふたつあるからたいして差はなかった

どうやらぼくが感じていた東京のすごくよいところは幻想だったようだ

おしまい

2017-04-07

東芝事業所撤退 - マンション空いて賃料かなり安くなっている?

https://nikkan-spa.jp/1313770

寮に使われていたマンションまるごと、東芝から解約されたって。東芝下請け企業社員のひとも、この街から引っ越していくのだろう。

マンションオーナー引っ越しシーズンも終わって、今きついんじゃないかな?

「今年に入って、一棟丸ごと社員寮に使っていた3階建てのマンションの解約を申し出てきたんです。事業所閉鎖の影響だと思いますが、突然だったので驚きました。他の東芝関連の寮もすでに退出済みです。次の入居者? まったく決まっていません。今なら家賃はお安くできると思うのですが……」だってさ。

小作駅周辺が住みよいかはともかく(中央線青梅特快新宿東京へ乗り換えなしだよ)

HOMESやSUMOなどで家賃をチェックしてみては?と

http://anond.hatelabo.jp/20170407101947

夜は短し~は意外と上映館少ないんだよな。

アニメ映画って大体バルト9なんかだと当日0時上映とかやってるもんなんだけど、今回夜は短し~ではそれがなかった。

ってか新宿だと1館しかやってねえ。

からそんなに拡大すること想定してないのかもしれんね。シャフトだし。傷物語がそんなにヒットせえへんかったからかもしれん。

2017-04-05

http://anond.hatelabo.jp/20170405113711

残るものよりはお菓子とかお茶がいいと思う。

新宿伊勢丹に行けるなら地下食で検討

洋菓子ならジャンポールエヴァンパティスリー・サダハルアオキピエールエルメ、フィーカとか

和菓子は鈴懸がいい。あのかご重宝する。

2017-04-03

とある若手俳優ガチ恋の救えない話


とある若手俳優出待ちを、もう三年間している。茶の間の期間を合わせたら、五年をゆうに過ぎた。現場にはすべて通い、プレゼントを山のように渡し、稽古場にも、プライベートな場にも顔を出している。彼の高校時代の友人や、芸能スクールに通っていたときの友人、仲の良い俳優演出家プロデューサー、繋がれるものは何でも繋がった。最初は驚いていた彼も、今はもう驚かない。「ああ、お前か」そんな顔でわたしと話す。毎月ある舞台に、稽古場。入り待ち出待ち。少なくとも月に十回以上話すのだから、致し方ないことだろう。

わたしは彼に、ずっとずっとガチ恋だ。

初めて彼を見たときから、ずっと。

彼は出待ちが嫌いだった。ふつうに話しているくせに、他のファン申し訳ないという気持ちが強かったらしい。彼女わたしという出待ちのことを愚痴っているのを聞いたとき、悲しくなったりもした。最初はたくさんいた彼の出待ちは、塩対応に耐えかねて、どんどんいなくなった。

それでもわたしは彼が好きだった。全通し、たくさんのプレゼントを渡し、最前に入り、ファンサを求めた。何度も何度も喧嘩をした。わたしは客なのに、どうして喧嘩をするのか意味がわからなかった。三か月間、入りも出もシカトされたこともある。泣いて、わめいて、理解を求めた。

泣きながら舞台を観て、何も楽しくないまま全通したこともたくさんある。

すべての現場に足を運び、祝い花を出し、プレゼントをしているのはわたしだけだった。わたしは意地になっていた。どうして一番お金を使っているのに優しくしてくれないんだろうか、という自己中な悩みを抱え、暗い気持ち劇場に行っていた。

それでもわたしは、彼が好きだった。どんなに辛くても、彼の隣を歩きたかった。

朝、彼の姿を見ると世界きらきらして見えた。どんな人込みの中にいてもわかったし、彼が乗ったタクシーですら感覚でわかった。どんなに遠い稽古場でも行ったし、何時間でも待った。一目見たくて会いたくて、どんな場所でも遠征した。どんなに出番が少なくても、会場にかけつけた。彼が舞台上に立って、輝いているのが大好きだった。どんなに嫌われても、大好きだった。

一度、新宿のど真ん中で大喧嘩をした。

「お前出待ちやめろ、まじで迷惑なんだよ」

「どうして?わたししか出待ちいないからそう思うんでしょう?」

「他の子申し訳ないし、公式の場では平等にしてるじゃん」

平等?それ、本気で言ってるの?お金使ってる子が偉いのは当たり前じゃない!平等なんて求めてないって何度も言ってるよね?しかも、ちゃんと平等にできているなら、ファンの子揉めたりしてないよ」

彼は押し黙った。彼のファンは全体的にお花畑で、掲示板ツイッターがよく荒れているのは周知の事実だった。わたしは泣いた。それで、その日はおしまいになった。

一か月後、久々の舞台初日出待ちをした。はじめて稽古場に行かなかったので、本当に久々に彼と話した。彼は喧嘩が嘘のように饒舌だった。わたしは面食らい、訊いた。

「…もう出待ちしていいの?」

「あー…」

「すごいしゃべるからびっくりした」

「俺もいろいろ考えたんだけどさ」

「うん…」

「お前来んなって言っても来るじゃん」

「来るね」

「それで…まあ喧嘩になるの嫌だから

「え…」

「だからいいよ」

「…あのね、わたしも一か月いっぱい考えたの」

「うん」

わたし自分の都合ばっかり押し付けてた。ごめんなさい」

一か月お互いのことを悩んでいたことに笑った。わたしは嬉しかった。ようやく、言葉が届いたような気がした。喧嘩をしたくないと言われたのも、わたしのことで悩んでくれたのも嬉しかった。

それから今日まで、わたしと彼の仲は良好だ。

話してもいい日、彼は自らわたしの元へ近寄ってくる。わたしダメときに無理やり話しかけることをしなくなった。電話をしていても「ごめん、折り返すわ」と言って切ってくれるようになった。ほかの俳優に断ってわたしと帰ってくれたり、去り際に「さみしい」と言ったら戻ってきてくれたこともある。個人イベントで、同厨の中で息苦しくなったわたしを気にかけてくれた。こっそりファンサをくれることも増えた。仕事のことも教えてくれるようになった。プライベートのことも、向こうから話してくれるようになった。遅刻ぎりぎりで二人で走ったり、迷子になって笑ったり、オタクからリプライを読んでいないって教えてくれたり、喫煙所で偶然会って笑ったり、たくさんたくさん思い出を作った。

そのたびに好きという感情が溢れた。わたしはどこまでもただのファンで、どこまでもガチ恋だった。

「付き合ってください」、そう、うっかり伝えてしまったことがある。隣にいた彼は驚き、「落ち着け」と言った。「落ち着け、今はまだ無理だ、まだ早い」わたしは驚いた。付き合う気なんかないくせに、なんていう回答をするのだろう。そしてわたしが本気であることも理解している。

クリスマスイブ舞台があった。帰り道、二人でイルミネーションの中を歩いた。わたしは再度告白をした。彼は曖昧に答えをぼかす。きらきらイルミネーション、隣を歩く愛しい人、単純に泥沼だった。返事は先延ばしにされた。わたしは安堵した。どうしてだろう。

最近、「好き」というと、彼が身構える。わたしはそのたびに悲しくなる。

わたしオタクをやめなければならない、と思う。

彼は俳優で、わたしはただのファンだ。

どんなに関係が深くても、それは変わらない。

でも、それでも、オタクをやめられないだろうな、とも思う。

同厨が知らないたくさんのことを知っているわたし肯定承認欲求。嫌になる。

下手に彼が優しいせいで、わたしガチ恋をやめられない。彼のせいにしないと、わたし自己確立できない。不安定だ。付き合いたい付き合いたい付き合いたい付き合いたい。


わたし今日チケットを取る。愛しいひとに会うために。

彼は最前わたしを見る、わたしも彼を見る。

終わらない。

わたしはどうしたらいいんだろう。

2017-04-02

品川駅から蒲田駅の間に住んでる人が遊びに行くところ

京浜東北線品川駅から蒲田駅、もしくは京急東京都区間に住んでる人。

休みによく遊びに行く場所ってどこになるんだろう?。

例えば中央線小田急京王沿線住まいの人にとっての新宿

東横線田園都市線沿線住まいの人にとっての渋谷

西武池袋線東上線の人にとっての池袋

そういう場所

ヤバイTシャツ屋さん天王寺に住んでる女の子で言うところの天王寺

関東だと渋谷池袋あたりか

新宿だと規模が大きすぎるので中野くらい

一般的には上野雰囲気似てるらしいけど、住んでてオサレ的な感じがないのが若干違う

2017-03-31

就活について覚えていること/考えていたこ

 自分就職するのだな、というのが決定的になったのは、大学三年の正月帰省したときだった。そのとき姉は子どもを身ごもっていて、結婚式の準備を進めている時期だったと思う。両親の住む実家はいつになく浮き足だっていて、居間に鎮座した年代物のコンポが機嫌のよい音楽を流しているのを何年ぶりかに聴いたりした。この雰囲気だったら言っても大丈夫だろうかと思った。家に着いたその晩、おそらく姉の結婚式やお腹のなかの子ものことをしばらく話したと思う、そのあとに切り出した。あのさ、大学院に行きたいっちゃけど。

 予想外に、部屋の空気が一瞬で凍りついたのを覚えている。両親は言葉を発さず、コンポから流れる陽気な音楽荒井由実セカンドアルバムの六曲目、あなただけのもの、)がいっきに、なにか強烈な、皮肉めいた疎外感のようなもの演出する異物となって浮き上がった感触があった。しばらくして、母が重々しく口を開いた、なん言いようね、そげんお金なかよ。大学院てなんね。行ってなんすると。もとより自分も、大学院で何か研究したいことがあるわけじゃなかった、研究というのが何をすることなのかもよく分かっていなかった。ただサークルや何やで接する先輩たち、自分より二年間長く学生でいられる、その二年間は就職せずにいられるひとらのことがうらやましかった。その程度の動機だったから、突如として部屋に現れた重苦しい空気を前にして、うっかり声に出した気持ちは途端に冷え切り、しぼんでいった。なんでんなか、分かった。話を逸らすような話題もなく、アルバムが次の曲に行ってしまうまえに居間を出て階段を上がった。あのコンポ音楽を流しているのを聴いたのはそれが最後だったと思う。

  *

 就活はいろいろな街へ行った。下宿していた福岡から、十分な交通費支給されるとき新幹線飛行機LCCはまだなかったから、スカイマーク)で行き、そうでないとき夜行バスで行った。その土地の知人に当てがあれば泊まらせてもらうときもあり、ネットカフェに泊まるときもあった。神戸三宮とか東京蒲田とか、そのころネカフェに泊まったっきり訪れていない街がいくつかある。

 就活にかかる交通費は多くの同級生にとって悩みの種だったと思う。専攻柄、東京一極集中したメディア広告出版関係企業を受けるひとが多かったせいもあったか、とにかくいか交通費破産せず就活を乗り切るかはひとつ重要テーマとして共有されていた記憶がある。自分もそんなに多くの交通費を出せる状況ではなかったので、受ける企業の数をかなり絞っていた。当時の就活サイト提唱する標準的エントリー数は二十社くらいだったけれど、自分は十社も受けなかった。それでも度重なる関西関東への移動はそれなりに負担で、特に東京会社選考が進むたびに片道半日以上かかる夜行バスを往復するのは楽ではなかった。

 夜行バスが発着するのはたいてい新宿西口だった。あるとき、行きのバスに乗っていた添乗員さんと、帰りのバスでも鉢合わせたことがあり、乗り込みざまそのひとが、就活ですか、がんばってね、と声をかけてくれた。あのひとはたぶん、その数日間だけじゃなくてずっと、何十往復も、あの片道半日はかかる夜行バスに乗りつづけていたのだと思う、いまも乗りつづけているかもしれない。西新宿ビル街を歩くと時々そのことを思い出す。

 支給される交通費収入を得るモデルを立てていたひともいた。関東実家や知人のところに滞在しながら、東京会社をたくさん受け、それぞれの会社に対して福岡東京間の交通費申請して利益を得る手法だったと記憶している。あるいは近場であれば、実際には18きっぷで移動しながら新幹線のぶんの交通費を出してもらう方法もあったらしい。これは静岡会社大阪から来ていた子が教えてくれた。会社でいっしょに最終面接を受けたあと、内々定をほのめかす説明会から帰るバスの中でのことだった。その子はすでに他社から内々定を得ていて、ほんとうはそちらに就職するつもりだと言っていた。第一安倍政権ときで、少なくとも経済政策はうまくいっていて売り手市場だったから、そのように交通費収入を得る目的で、実際には就職する気がない企業内々定までを得る学生はその子だけではなかったと思う。二年後にはリーマンショックが起こって、ふたたび新卒市場氷河期を迎えた(らしい)。もし自分大学院に進み、二年後に就活をしていたら、たぶん学部とき受かったところには受かっていなかっただろう。

 職を得るためにスーツを着ることは苦ではなかった。それは公立小学校から高校までをずっと制服で通わなければならなかったのと同じ程度の義務だと思っていた。大卒でそれをしなくてよい人生がどういう仕組みで成り立っているのか、そのころさっぱり想像がつかなかったし、いまでもその仕組みを十全に理解しているとはいいがたい。いずれにせよ、そうしたもの自分には関係のない、自分に与えられた生の可動域からは逸脱するものだと思っていた。もちろん、自分を取り繕って面接官に良い顔をすることとか、所与の経歴と志望動機矛盾なく有効に繋げる作業会社ごとに行うこと、そうした虚飾じみた行為への疲れはあった。リクナビみん就サイトを見るのも好きではなかった。けれど仕方のないことだと思っていた。ほかに生きられる道があるとも思えなかった、だからメンタツも読んだ、SPIも受けた、そうこうしているうち、他人自分矛盾なく説明するために用意したぎりぎり嘘でない物語の数々は、徐々に内面を染めかえ、自分なかに元々あったそれらと区別がつかなくなっていった。照明がおとされた夜行バスの車中で、自分は眠れずによく手を組んで、いろいろな願いごとをしていたけれど、どうか今度の面接が通りますように、内定が取れますように、そういうこともふつうに願った。

  *

 先日、はじめて海外旅行に行った。羽田から仁川経由でニューヨークへ向かう機内の十数時間体験しながら、ああ、これは博多から東京まで夜行バスでかかったのと同じくらいだなと思った。

 夜行バスに乗っていたとき自分にとって、海外旅行宇宙旅行も似たようなものだった。どうせ行けないのだから費用や行きかたなんて調べても意味のない、視界に入れたってしょうがないもの。行けるわけのない外国の遠さよりも、見慣れた田んぼ、そこにある変わらない暮らし、そういったものに思いを馳せるようになるのは、そのとき自分にはごく自然な成り行きだったと思う。だから新宿の街も好きではなかった。東口ネットカフェに泊まったりから歌舞伎町銭湯に入ったりする小旅行を、楽しんではいたけれど、駅の通路浮浪者排泄物のにおいが漂っていたのを強烈に覚えてもいた。長く住むところではないと思った、その都市に、けっきょくいまは福岡下宿していたのよりもずっと長いこと住んでいる。

 去年はじめて実際に調べた、二月のヨーロッパアメリカへ渡る往復航空券の値段は、盆や正月ラッシュのなかを新幹線実家に戻るのと大差がなかった。どうせ行けるわけがない、他に選べる道もない、と見過ごしてきたものごとの数を考えた。けれど、そのときはたしかに、それが自分の視界に映るもののすべてだった。その視界が十分に広くなかったとして、いまを測るための物差しとしては省みることかもしれない、けれど責められるものではない。いまとむかしの自分は違う、同じものでない、そのことは互いの存在を妨げない。一応は自分お金大学院を出て一年が過ぎ、将来の自分から先借りしているお金を返しはじめて半年が過ぎたいまはそう思っている。

2017-03-30

田舎実家へのグチ

大人になって都会に出てきて、わかったことがある。

実家じゃ、シャンプーリンスボディーソープも歯磨き粉も、食材冷蔵庫エアコン電球も、

ぜーーーーんぶ最安値のもの。ひっっくい生活水準

当然、歯の色もくすんでくるし、髪や肌は痛むし、不潔そうな外見になってくる。

ジジィやババァが汚れてクサくても特に支障ないだろうが、

20歳そこらの若造が不潔だと、仕事でもプライベートでも支障が出るんだよ!!クソ!

お前らと環境価値観が違うに決まってるだろ!!!!!!!!

実家と違って!!!

IH掃除やすいし!!!

電気ケトルは便利だし!!

加湿器空気清浄機は快適だし!!

求人地元の50倍以上あるし!!!

過剰な近所のご機嫌取りもないし!!!

実家にはなかったソファ気持ちいいし!!!

風呂には暖房もついてて冬は寒くなんかないし!!!

カーテンは冷気を部屋に入れにくくしてくれるし!!!

蚊柱やカナブン顔面に直撃することもねぇし!!!!!!

金があっても贅沢できねぇ田舎と違って贅沢しやすいし!!!

月に一回は渋谷だの新宿だので気になるイベントあるし!!!

オフ会も気軽に行けるし誘えるし!!!!!!!!!!!!

オタクらしく生きてても誰も文句いわねぇし!!!!!!!!!!!!

片道徒歩20分かかってたコンビニ道路はさんですぐあるし!!!!!

コードレス掃除機は気軽に「ホコリだ、掃除しちゃおー」なんて思えるし!!!

実家じゃ「誰が世話すんのよ」っつって飼えなかったペット可愛い!!!!!!

人がクソ多いか友達も(比較的)多いし!!!!!いつもありがとう!!!

スパゲティみたいな交通網も慣れりゃ便利以外の何者でもねぇし!!!

空間把握能力のねぇ俺は事故の引き金としか思えない車を運転することなく生きれるし!!!

彼女連れてきても彼女に変な気遣わせることもねぇし!!!!!別れたけど!!!

珍しく色んな事に挑戦してみても「あんたどうせやめるでしょ」とか言われねぇし!!!!!!!!!

VRだの何だのって最新技術がすぐそこにあって楽しい!!!!!!

あーーーーーーーーーーー!!!

田舎実家と違って都会って生きやす!!!!!!

独立してよかったああああああーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!!!

新宿オススメアナル舐めの上手い店

または上手い嬢がいるいいところ知ってたら教えてほしい

1時間15000円までだす。

2017-03-29

小田急の妙な癖

本当に時刻表通りに新宿に到着する時は何も言わないが、

3,4分遅れて到着する時はわざわざ「予定通りの到着となります」と車内放送する。

子供ってほんとよくシャベル

後輩「そういえば〜♪わたしジビエ好きなんですー!美味しくてー!!めっちゃ好きでー!けっこう食べに行くんですー!」

A「ジビエって何?」

後輩「え、ジビエけっこういま流行っててネットとかでも記事になってますよね〜???

B「・・・いわゆる獣肉だよね?」

A「へ〜何の肉食べたの?」

後輩「新宿にあるお店でそこそこの値段なんですけど〜肉の種類もいろいろありますよ!けっこうマニアックな感じのとか〜。」

A「・・・あ、うん、、何肉が美味しかったの?」

後輩「あ!けっこうクセないんでなんでもいけますよ!わたし結構行っててー、ポイントカードもけっこうたまってきてるから次いったとき500円オフなんです!ほんと好き〜はまった〜〜♪」

AB「・・・そっか〜〜〜〜好きなんだね〜〜〜^^(何肉だったんだろう…)」


後輩が会話のキャッチボールできないから親戚の未就学児と話してる感覚になる。

子供と一緒でよくしゃべる。

子供と一緒で、全然「そういえば〜」じゃない繋ぎ方で会話泥棒する。

子供かわいいけど同僚はかわいくないから辛い。

まじうるせえ。掘って埋めるぞ。

2017-03-22

[]まだ初収入もらってないけど未来のことを考える

おひさ! フリーランス活躍してるサーバエンジニアのKKO(キモク・カネノナイ・オッサン)だよ!

2年後を目安に起業を考えてたんだけど、収入はあるんだからいっそのこと法人成りを検討してるんだ!

その際、ついでだから安めの事務所を借りたいなーなんて考えてるんだけど、どこで探すのがいいのかな?

インターネッツで探すとすげー小さい部屋でも月3万円は下らないっぽくてやってられん。

今いるワイの部屋の家賃より高いとか信じられん。(ワイの部屋23区内で駅から徒歩5分で月22000円だからね)

事務所を住処とするみたいなことも検討しちゃったりもしたいんだけど、

池袋新宿上野エリア起業に向いてる物件ってなんかないかな?

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん