「競技」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 競技とは

2017-03-22

競技プログラミングのすすめ

4月から大学生になってどこのサークルに入ろうかと悩んでいる人に、競技プログラミング存在を知ってもらうために書きました。

競技プログラミングとは?

プログラミングコンテストとは、「与えられた問題いかに素早く、正確に」解くことができるかを競うものです。

AtCoder Regular Contest 70より引用

厳密な定義はないような気がしますが、問題が与えられて、入力に対する正しい出力をするプログラムを書く競技です。

競技プログラミングのことを省略して競プロ、競プロをするひとのことを競プロerと呼んだりします。

ACM-ICPCという大学対抗の大会や、様々な企業主催するオンラインオンサイトコンテストがあります

どうして競技プログラミングをするの?

様々な理由がありますが、一番は楽しいからだと思います

逆にしばらくやってつまらないと思ったら向いていないかもしれません。

以下にぱっと思いついたメリットを挙げておきます

  1. 就職に有利(らしい(詳しくは知らない
  2. プログラミングができるようになる(業務とはかなり異なるけど
  3. オンサイトイベント交流できる
  4. twitterで知り合いが増える
  5. いろいろなアルゴリズムに詳しくなれる
  6. 英語ができるようになる(海外サイトを使うことも多いので(要出典

どうやって始めればいいの?

環境設定が結構大変ですが諦めないで!そこは本質じゃないので。最初は標準のメモ帳でもいいと思います


大学サークルがある場合は先輩方に聞いてみるといいと思います(丸投げ。

少し情報が古いかも?Twitterなどで検索してみるといいと思います。(「oo大学 競技プログラミング」みたいな?

http://acm-icpc.aitea.net/index.php?2016%2FTeams%2F%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%83%AB

別にサークルがなくても一人でも始められます

基本的にわからないことはググれば8割ぐらい出てくるので自分で調べましょう。

http://judge.u-aizu.ac.jp/onlinejudge/finder.jsp?course=ITP1

このサイト解説も載っているので初心者でもわかると思います

http://judge.u-aizu.ac.jp/onlinejudge/description.jsp?id=ITP1_1_A

たとえばこの問題では"Hello World!"と出力するようなプログラムを書くことになります

以下のサイトで何問か練習してみましょう。

初心者から初級者へ

文字数がたりない。

プログラミングコンテスト攻略のためのアルゴリズムデータ構造

通称TLE本。初心者向け。わかりやすい。

プログラミングコンテストチャレンジブック

通称蟻本。すごい。むずかしい。すごい。

https://atcoder.jp/

毎週日本語コンテストを開いています

とりあえずABCに出てみましょう。

http://judge.u-aizu.ac.jp/onlinejudge/

いっぱい問題があります

http://codeforces.com/

いま一番ユーザーの多いサイトです。(英語

http://aoj-icpc.ichyo.jp/

ACM-ICPC練習向けのサイトです。

http://kenkoooo.com/atcoder/

AtCoder練習向けのサイトです。

終わりに

なにかあったらコメントいただけると幸いです。

この記事自由に使ってもらって構いません。

2017-03-21

相手を頭がおかし認定すれば良いのか。

反論できなくなったからってすぐに

「うるさい!お前は頭がおかしいんだ!だから何を言っても俺の勝ちなんだ!うるさいうるさいうるさーい!!!

みたいなことを大声でまくし立てたりして封殺しようとするって感じの人が極めて苦手なんだけど

どうしたら納得してくれるのか?

納得させることの出来るコミュニケーション能力を持ち合わせていないという点で

自分は確かに「頭がおかしい」んだろうけど

それぐらいのことでお前はおかしいから何言っても無効とか言われると流石に理不尽なんだが。

どこがどうおかしくて、間違ってるかの指摘も出来ないのに、まくし立てと大声で言葉を打ち切れば勝ちみたいに言われてもよくわからない。

そもそも、競技としてのディベートならともかく、「勝ち負け」のつもりでやってない会話だっていくらでもあるんだけど。

頭がおかしくない健常者の人は、常に勝ち負けを意識して会話してるってことなの?

論理的な部分で負けたか感情で訴えるというのがそんなに「正常」なのだろうか。まあ正常なんだろうけど

あんまり攻撃的にやらないでくれよと思う。

モンゴルフェンシングなるもの

どうも青森モンゴルフェンシングなる競技の強化合宿が行われるという。

フェンシングというくらいだから細剣をつかった競技だろう。

モンゴルといえば弓騎兵が有名だけど、モンゴル相撲肉弾であることを考えれば当然、白兵戦であるところの剣術もあるのだろう。

モンゴルフェンサー達の居姿はいかばかりか。

やはりモンゴル相撲のように煌びやかな衣装をしているのだろうか。

2017-03-19

「正常進化」という言葉の謎が解けた とおもう

レビューとかでよく見かける「正常進化」って言葉意味がわからなかったので調べた。そもそも進化というのが生物学の術語だから正常進化っていう術語もあるのかと思ったらない。どうも生物学ではなくて車のレース関連の用語ドイツツーリングカー選手権DTM)などのレース競技仕様の車を○○エボリューションと呼んでてその訳語が「正常進化版」らしい。これはもう完全に専門用語であり知らないとわからない。車のレビューで使われてる「正常進化」は、ほぼこの意味で使われてるようだがすべてというわけではない。

他のレビューでの「正常進化」の用法を見ると単に後継機種の当たりのことを「正常進化」と言ってると思われる。レースに詳しくない車好きが字面だけで違う意味で普及させてしまった説、で間違いなさそう。

2017-03-16

運動会コスパの悪さ

運動会ほとんどは素人の糞つまら競技を観させられるだけ。

運動は得意だったけど、さっさと自分の出るやつを終わらせて帰りたかったわ。

2017-03-15

http://anond.hatelabo.jp/20170315101308

例えば本のページを如何に早くめくるかという競技

単行本を3秒でめくり終えたのを見て、だからこの本は中身が薄い、

きっとつまらないだろうって言うようなアホさだな

2017-03-14

自分

当方大学3年生、就職活動真っ只中であり、先月失恋したばかりでもある。以前とある就活セミナーにおいて、「自分史」を書くと自己分析捗ると言うので纏めてみようと思ったのだが、なんだかダラダラ書いてしまいそうになるので、人の目に触れるという条件ならばちゃんとした文章になるのではないかと、此処「はてな匿名ダイアリー」に試験的に投降してみた。


以下、私立文系現役就活生、その半生のあらましである


誕生小学生時代

私はとある裕福な家庭に、長男として誕生した。

母は底辺出身で、元ヤクザ幹部を父に持ち、成り上がる為にスパルタ教育を叩き込まれ秀才であったものの、「女性である」というただ一点で、評価されることなく、夢叶わなかった人間である

父もまた、底辺出身であり、米の代わりに芋を食うような家で育ち、早くに両親を亡くした境遇を持ちながらも、最終的にはF欄大学だが主席卒業し、好きな分野で食っていこうと考えていたが、推薦で入社した会社が急成長を遂げ上級管理職となってしまい、念願の技術屋にはなれなかった人間である

そんな両親の元に、私は産まれた。

母親は自らの経験から所謂教育ママに、父親は古風な家庭で育った為、マナー生活習慣にこと厳しかった。

両親は私を教育するために、自らのストレス妄執をぶつけてきた。

「どうしてこんなことができないのか」「私はあなたにこんなに投資しているのよ」「お前の為にやりたくもない仕事を続けているんだ」

両親の理不尽社会に対する呪詛が、私の実存破壊していった。

私はまた、いじめを受けてもいた。当時はまだ運動もできずどんくさい奴だったからだ。殴られたり蹴られたり、避けられたり、悪口を散々言われたりした。

親にいじめ告白したものの、「男ならやりかえせ」の一点張りでとりあってはくれなかった。

憎かった。両親が、周囲の人々が、社会が、世界が。

両親に叱られる度に、いじめられる度に、「殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す…」と自分の部屋で唱えていたのを覚えている。

本気で両親やいじめっ子を殺す計画を立てたこともあるし、逆に自殺しようと思ったこともあった(いずれも発見されたことで未遂に終わっている)。

上記の計画が失敗に終わった為、何も感じなくなるように、心を殺せるよういつも自己暗示をかけていた。

力が欲しかった。死にたくなかった。生き抜く力が欲しかった。そして認められたかった。愛されたかった。


そんな自分に味方をしてくれた人間が一人だけいた。祖父であった。

祖父はどうやら自分の娘にスパルタ教育を施したことを負い目に感じているようで、両親(特にからから暴言を良く諌めてくれた。

共働きの影響でよく一人で夕飯を迎えなくてはいけない自分に、良くご飯を作ってくれた。(味は大味すぎだったが)

昔の話を交えながら、「力」について色々と話してくれたのを覚えている。暴力権力学力、魅力…生きていくための力について…

戦中戦後混沌とした日本を力が物言う世界の中生き抜いた祖父一言一句には、老い衰えながらも凄まじい説得力があった。


中学生時代

私立に進学させようとする母親に対し、祖父後ろ盾を得ることで私は無事希望通りに公立中学校に進学することができた。

祖父から「力」について学んだ結果、小学生時代において最底辺だった自分スクールカーストものの見事に逆転した。

陸上競技を始めたことで身体を鍛え、喧嘩も強くなったし、会話術を学んだことで周りから慕われるようになり、部活部長や、生徒会長などリーダー役割兼任したり、学力も向上しトップはいかないものの上位に食い込んだ。そして異性の友人がぐんと増えた。これまでの環境が一変したのだ。

だが母親干渉は止むことはなかった。認められることもなかった。学業邪魔になるから課外活動は止めろと言い、トップになれなければ意味はないと口うるさく言ってきた。無理やり塾へ入れたりもした。

そして環境の変化は「人の心というのは力次第でこんなにも変わってしまうのか」と一種疑念を抱くきっかけにもなった。

それでもなんとかやっていけたのは、唯一本音を話せた祖父後ろ盾と、貧乏すぎてろくな学生時代を送れなかった父親わずかばかりの支援があったからだ。課外活動を維持できたのは父のおかげである

(父は学業、というか母の行動について全くと言っていいほど干渉しなかった。巻き込まれるのが嫌だったというのもあるが、仕事に手一杯で余裕がなかったというのもある。事実ウツ一歩手前であった。)


だがこんな日常が長く続くことはなかった。


母の希望によって、確実に試験突破できる県で2番目に高い進学校入学することが決定したその日、唯一心から信頼していた祖父自殺してしまった。祖父肺炎に長くかかっており、これ以上迷惑をかけたくなかったということ、妻(祖母のこと)を亡くしてからずっと孤独を感じていたということが遺書には記してあった。そして「生きろ」とも。

私が祖父の亡骸を観た時、感じたのはひどい喪失感と「生きることに逃げた」という感情から来る怒りだった。

コレ以降、母の私への干渉は激化することになる。



高校時代

私は初めて心から挫折を味わうことになった。私が進学した高校田舎にあったため、小学校から高校まで、ほぼそのまま上がってくる人間ほとんどであり、既にクラス内にコロニー形成されていた。異なる地方から来た私は、その風習に上手く馴染むことができなかった。

加えて、地頭いいわけでは無い私に対し、周りの人間自分より何倍も優秀な奴らばかりであり、中学時代形成されたちっぽけなプライドはぐしゃぐしゃになってしまった。存在理由否定されたかのようにも思えた。

また、再びいじめを受けることになってしまった、いや、巻き込まれたと言ったほうが正しいだろうか。

入学当初、私と同様、雰囲気に馴染めずいじめられている生徒がおり、私は一度正義感故に彼を庇った。それをきっかけに私もいじめの標的となった。担任先生にも相談したものの、「彼(いじめられていた子)の面倒は君が見てくれ」と聞き入ってはくれなかった。(その先生が私が入っていた陸上競技部顧問だったのだから笑えない)

いじめは年度を超えて行われ、いじめられていた子がいじめを苦にして高校を退学し、いじめ実行犯学校から指導を受けるまで続いた。2年次の後期まで続いた。

学校はその事実隠蔽した。

その結果、部活遠征中に競技出場名簿を改ざんされ体育祭に出ることは叶わず(当日までわからなかった)、

女装して踊る予定だった文化祭は前日に衣装を何者かに隠され(これまた部活遠征でいない間の犯行だった)出演することができなかった。(当日来てくれた他校の友人たちに色々謝ったのを覚えている)

その他はまあ陰口や悪口無視程度で済んでいた。いじめは人の業だと割り切っていたし、自分の心を殺せば、特にダメージはなかった。


後ろ盾を失い、学校はいじめを受け、家では両親から干渉され、行き場を失っていた自分は、性に逃げていた。我ながら最低だったと思う。

中学時代に作った女友達のツテを使うことで、絶えず女の子を紹介してもらうことが出来た。

の子の家庭環境や、生い立ち、タイプ男性など様々な情報を聞き出し、ニーズにあった男性像を演じれば、簡単彼氏彼女関係になることもできた。(例えば片親の子なら包容力のある、甘えられる都合のいい男だったり)

承認欲求を満たし、そのうちに罪悪感に苛まれ自分から関係を切っていくというループに陥っていた。最低だと分かっていながらも止められなかった。

そして人の心に対する疑念は更に高まっていった。


いじめが止んだ高校3年次

なんと今までじぶんやあの子いじめてきた人間が、取り巻きが、なにごともなかったかのように普通に親しげに接してきたのだった。これには絶望した。本当に絶望した。いじめ自体は人の業だと、生物習性だと、遺伝子しかたないのだと、割り切ってきた。仕方のないことだと。心を殺して耐えればいいと。しかしなんだこれは、お前らは十字架を背負うこと無く、一切の反省もなく、悪びれもせず、気まずさもなく、あの時俺が挨拶をしたら無視をしたくせに、ただ自然に「おはよう」だと?「いっしょに昼ごはんどう?」だと?「あいつ(いじめ主犯)最悪だよね」だと?グループワークで一切否定してきたくせにこんどは尊重だと?一緒に勉強しないかだと?なんなんだお前らは一体何で出来ているんだタンパク質か喋るタンパク質なのかこれが人間かそうかそうかこれが心か


今まで私は人の心を操っていた反動で、くだらないことにある種「理想的人間関係」というものを思い描いていた。お互いにお互いを高め合える関係 友情努力勝利

いつか素晴らしい友達出会えるのだと、そう信じていた。



私はほとんど学校に行かなくなってしまっていた。公園にいってひたすらに筋トレや走り込みを行い、図書館に篭り、救いを求めて哲学書や思想書、自己啓発書宗教の本を読み漁り、

部活だけ出て帰る。授業をバックレることもあった。幸い制服が無く、度重なるストレスのせいか老け顔なので、補導されるというのはなかった。親に見つかっても怒鳴られるのを耐えればいいだけなので、平気だった。

本を通じて様々な思想を取り込んでいく中で、ただひたすらに耐えるだけだった親に対しての反抗心が芽生えていくのを感じた。

そして遂に「俺はお前の人形じゃないんだよ」と叫ぶことができた。「ごめんなさい」と泣かれた。「すまなかった」と言われた。12月クリスマス前のことだった。


受験勉強をすっぽかして読書思索にふけった結果、案の定成績はビリから3番目であり、浪人をすることになった。




大学時代

から刷り込みによって、座学が完全にアレルギーになってしまい、勉強をすればするほど体調が悪化しながらも、なんとかそこそこの私立大学に潜り込むことができた。

続きは後で書きます

2017-03-13

苦手なもの嫌いなものが増えていく

三十路も半ばになり、苦手なものが増えてきた。

自分性癖確立され、他のものを受け入れる余地が減ってしまったのだろう。

昔は許せた事でも、些細な事が気になり気にくわなくなり受け付けない。

その事をTwitterなどで好きじゃないと呟きたいが、それをよくリプ飛ばしあっていた人が好きと知っているのでなかなか呟き難い。

今ならのユーリ!!! on ICEの勇利が苦手というより嫌いだ。

日本代表としてその他の人達を押しのけ勝ち上がったのに、あの傲慢且つ卑屈すぎるメンタル

勝っても「僕程度が、僕なんか」と言って他の日本選手地雷を踏み抜き嫌われているだろう。

勝って世界で戦うのならば、せめて負けた人達がこの人に負けたなら仕方ないと思えるような意気込みや意識を見せろ。

家族や周りの人や故郷人達暖かい応援に対して言った「微妙感情」についても、何を言ってるんだこいつとしか思えなかった。

競技を続けるにあたり両親にどれほどの金銭負担があったか夜遅くに押しかけて教えてくれる先生気持ちを、リンクを貸してくれる幼なじみも、こんなに大切にされているのに感謝一つしてない所が非常に腹立たしい。

元々身勝手まりない人間だったのに、神様であるヴィクトルが側にいて信じてくれさえすれば他は何も、どうでもいいという更なるクズになって終わるストーリーも受け付けなかった。

もう1人のユーリ、ユーラチカの方がずっと主人公だった。

BLがどうのこうのというより、掘り下げる程のキャラクタ性もなくストーリーもない。

正統派スケートアニメという触れ込みだったのに作りたいもの、伝えたいものがぶれすぎていて結局「お前ら腐女子はこんなん好きだろwww」っていう舐めきった作品になってしまっている。

スケートアニメならもっとスピンステップ、採点や演技構成など、今後実際のスケートを見るときに「ああ、これがユーリで言っていたやつか」と何かそのジャンルプラスとして残るものくらい入れろと思う。

何故勇利がキャラクタとして人気になったのか、作品としても人気になったのか理解出来ない。

この頃の同人ジャンル流行廃りが激しいので夏までは保たないと思ってるが、目障りだから早く廃れて欲しい。

2017-03-09

体育で何が一番嫌だったって

怠けてる、ふざけてるって言われることだった

小中学生の時は日頃の行いが良い生真面目な増田くんで通っていたので

ちょっとくらい何か失敗してもお咎めなしだったが、体育の時「だけ」周りが別人のように冷たくなるのがキツかった

正直どう見たって誰よりも息切れしてゼエゼエハアハア言って嘔吐寸前、毎時間死にかけてたのに

あいつは怠けていると白い目で見られ、聞こえるように悪口を言われた

別に走る距離を短くしてもらってたなんてこともないし欠席もしてなかったけど

「凄く息切れしてるね、大丈夫?」なんて先生にもクラスメイトにも一度も言われず成績は五段階中ずっと二だった

高校大学底辺からかだいぶゆるくて楽だったな

小中学生の時には一切なかった競技ルール説明指導もしてくれたし

ちゃんと出席してるからってそこそこの成績をもらった

最近では、左右の目で視力が大幅に違うのに黒板の字は読めるからという理由眼鏡なしで生活していたり

脈拍が人より速めで血圧も低め、扁桃腺も常に腫れ気味で喉が詰まっている、空間把握能力も低いのが

ボールをうまく追えない・すぐに息切れする原因ではないか?と分かってきたので

今なら自分なりに対策を練ったり、自分はこういう体質だからしょうがないと諦めがついたり

周囲に説明したりもできるのだろうが

子どもの頃はただただわけもわからず苦しくて辛くて死んでしまたかった

体育があると思ったら子どもの頃になんて絶対に戻りたくない

2017-03-03

パラリンピックコロポックルピックという名前にした方がいい

障害を持ってる人間同士の狭い世界、それも障害の重さで細かく階級分けされた世界でのメダル争いとか世界が狭すぎるでしょ。

世界大会という事になってるけど実際の規模は流行っている競技の県大会と同程度。

いやもっと狭い世界かも分からんね。

階級分けされた世界体重を軽くして俺より弱い奴に会いに行くやってチャンピオンだーとか抜かしてるヘビー級未満のボクサー共とどっちがマシか分からん

いやでもボクサーみたいに自分から戦闘力下げないかコロポックルよりはまだ上か。

ホビットピックぐらいで許してあげようかな

2017-03-01

http://anond.hatelabo.jp/20170301145150

でも、サッカーに限らず野球だって、多かれ少なかれそういうものってあるじゃん

勝つための料理の仕方って、サッカーに限らずどんな競技だってあるのに、わざわざ取り出す必要ある?わざわざ煽ってんの?って思うし、

そもそも大してスポーツ見てもいなそうって思ったんだけど。

http://anond.hatelabo.jp/20170301132646

スタジアムによって違いってある?

ピッチサイズはほぼじゃなくすべて同じ。芝生によってプレー状況はかなり変わる。

あとはピッチと観客席の距離なんかもプレーに影響すると言う選手もいる。




■国(リーグ)によって違いってある?

審判によって違いってある?

ルール基本的には世界で一緒。ただ、どういうサッカーが好まれるかは国によってかなり変わる。

ファウル基準なんかも違うみたいよ。まぁこれは人間判断するもんだしね。

日本代表コンタクトプレーに弱いかJリーグファウル基準を変えようなんてのは毎年出てる議論



アンリトン・ルールってある?

世界中でやってる競技から野球に比べると文脈を読むような場面は少ないと思うよ

でもそれは自分が知らないだけであるのかも。



最後5分位の時間稼ぎってどう思う?

去年の日本シリーズジャクソンだったけ?大谷敬遠したときとか、どう思った?

もしくは次投げなきゃいけないピッチャーが打席に回ってきたとき無気力打席するのと同じじゃね?

甲子園で全打席敬遠されたのは松井だったっけ?どう思った?

勝負しろよと思う人もいるだろうし、それこそが勝負だと思う人もいる。ひとつのプレーでも見方が変わるし

優勝のかかった試合消化試合かとか、シチュエーションでも変わるよな。

ただそれだけのことで、そもそもサッカーに限らないよそういうシーンって。

時間稼ぎが成功することもあるし、非難されることもあるし勝負として立派と思う人だっているし

相手のブーイングに耐えかねて時間稼ぎ失敗して逆転された試合だってあったりするよ。

煽るつもりはないってどういう意味で使ってる?本当に野球好きなの?っていうかスポーツ好きかどうかも怪しいけど。

2017-02-25

宮城マラソン vs 松本マラソン

前回の文章主催者逆鱗に触れたのか(笑)google検索に引っかからなくなってしまった。

東北・みやぎ復興マラソン2017

今回は別の視点から大会問題点検証したい。

奇しくも復興マラソンと同じ10月1日に、長野県松本市で「松本マラソン」が開催される。こちらも初開催のフルマラソンだ。

同じ日に同じ距離マラソン大会が同じく初めて開催されるわけだが、現段階でも以下のような違いがある。

大会の主な情報
大会東北・みやぎ復興マラソン松本マラソン
開催日時2017年10月1日(日)
スタート時間9時15分(ウェーブスタート8時30分
コース沿岸未完成市街地
日本陸上競技連盟公認無し(9月公認予定)有り
会場公園3月再開園予定)スタート地点:体育館、ゴール地点:陸上競技場
参加定員12000人10000人
参加料13000円10800円
制限時間6時間30分5時間30分
受付無し(事前郵送)無し(事前郵送)
ホームページ公開2017年2月13日2016年10月1日
エントリー開始2017年2月22日2017年3月1日
ボランティア募集開始未定2016年10月3日
参加賞Tシャツ
完走賞フィニッシャーズタオル
完走証当日発行またはWeb10月下旬発送予定
アクセス主に車かシャトルバス主にシャトルバス
駐車料金有料不明(おそらく無料
エイ未定15ヶ所に水とスポーツドリンク、数ヶ所に給食とスポンジ
昨年の気温25度(岩沼市22度(松本市

この二つの大会比較してみると、やはり復興マラソンには幾つかの問題点があるように見受けられる。

スタート時間制限時間

松本マラソンスタート時間が8時30分と早く、制限時間が5時間30分なので、14時前には大半の参加者競技を終えていることになる。

一方、復興マラソンスタート時間が9時15分と遅く、しかウェーブスタートなので、後方は9時45分スタートさらに遅い。

そして制限時間が6時間30分なので、16時近くまで競技を続けている参加者がいる可能性もある。

制限時間的には復興マラソンの方が余裕があるが、最悪16時近くまで日中走り続けることを考えると、必ずしも復興マラソンの方が初心者に優しいとは言えない。

コース

松本マラソン2017年1月の時点で日本陸上競技連盟公認を得ているのに対し、復興マラソンコース自体がまだ完成していないので公認を受けていない。

コース未完成なのは被災地から仕方がないのかもしれない。

しか過去に、コースの完成が遅れ、実際の距離が不足していて、最終的に陸連の公認を得られなかった大会もあった。

もしそのような事態になったら、被災地からどうこうではなく、コースの完成を待たずに大会を開催した主催者責任は免れない。

会場

松本マラソンスタート地点が総合体育館、ゴール地点が陸上競技場設備が整っている。

対して復興マラソン公園が会場となっており、そこはまだ完成していない。

どの程度の施設があるのか不明だが、公園であるからには参加者が多数待機できるような大きな建物はないだろう。

未完成公園を会場にして、集合の際の動線などは考慮できているのだろうか。

これもコースと同様に、「完成してから開催すれば良かったのに」という状況にならないことを祈るばかりだ。

アクセス

どちらも車かシャトルバスに頼る交通手段は同じだが、復興マラソンの方が参加費が高いのに駐車料金も有料な点が気になる。

松本マラソンの駐車料金は不明だが、仮に有料だったとしても、松本マラソン市街地開催なので止むを得ないのかもしれない。

一方で、復興マラソン沿岸部開催だ。駐車場に使えそうな土地はいくらでもありそうだが、駐車料金はやはり必要なのだろうか。

エイド、ボランティア

松本マラソンエイドの数が既に決定している。しかもまだエントリー開始していないにも関わらず、だ。

エイドの情報大会参加の可否に影響するので、できればエントリー前に知りたいところ。

十分なエイドが用意されていると分かれば、初心者でも安心して参加できるだろう。

また、ボランティア松本マラソンは早期に募集開始している。

一方、復興マラソンはどちらも未定だ。エイドもボランティアもそれほど重要ではないと考えているのだろうか。

たとえ沿岸部僻地開催であっても、エイド、スタッフボランティアの充実は大会運営の要なので、決して軽視しないでほしい。

主催

松本マラソン主催は、松本マラソン実行委員会長野陸上競技協会だ。

長野陸上競技協会長野マラソンにも携わっており、フルマラソン運営には実績があると言えるだろう。

実際に大会運営するのは主管の松本陸上競技協会かもしれないが、長野マラソンでのノウハウが今大会にも活かされれば、大きな障害が起こるとは考えにくい。

実際に、ホームページの開催や陸連の公認への対応も早いので、経験が活かされているのだろう。

復興マラソン主催は、宮城陸上競技協会だ。こちらはフルマラソン運営能力が未知数だ。

宮城での大きな大会といえば仙台国際ハーフだが、こちらを運営しているのは「仙台国際ハーフマラソン大会実行委員会」で、ここに宮城陸連がどの程度関わっていて、どの程度大会運営ノウハウがあるのかで今大会の成否が変わってくるはず。

最後

ここまで書いてみて、やはり現時点でコースが完成していないという点が不安の根源であると感じた。

コースが完成していないとホームページの公開も遅れるし、ボランティア募集も遅れるし、いろいろな確認作業が全て遅れるだろう。

ギリギリコース確認したら距離が不足していた、なんて事態も想定される。

それでも開催に踏み切ったからには、参加者が全員納得できるような大会にしてほしい。

前回も書いたが、私は大会大成功してほしいと心から願ってこの文章を書いている。

松本マラソンがあるので、もう「初めてだから仕方がない」とは言えない。

参加者全員が笑顔になれるような大会運営してほしい。

 最低でも「給水不足」と「距離不足」だけは絶対やめてほしい。 

2017-02-21

ウサミン「遊戯王OCGがルール改定?」

(ウサミンの自爆芸はカット。なおどこの時代にするか悩んだが、バンダイ期は冗談がすぎて面白くないし、生贄なし期は競技性がなかったし、と色々考えて、カオス前のサイコショッカーエーススタンダード期が無難だと思いました)



ウサミン「うーん、よくわかんないですけど、具体的にどう困るんですか?」

伊織「例えば、私のオッドアイ宝玉獣はもう構築不可能よ」

ウサミン「不可能!?

伊織宝玉獣破壊されると魔法・罠ゾーンに宝玉化してたまっていくカテゴリなのよ。

からペンデュラムゾーン魔法・罠ゾーンが同一化しちゃうと、スケールをセットすると、宝玉獣がたまらないし、

宝玉獣をためればペンデュラムスケールがセットできないしで、もうこの二つのカテゴリを合わせる意味がないわ」

ウサミン「それはご愁傷様ですね……」



南条ヒーローはまけない!」

ウサミン「おお! さすが光ちゃんです!」

南条「けど、リンクモンスターEXに入れないと融合HERO複数枚展開できないのはなあ」

ウサミン「今は融合デッキ無限枚じゃなくて15枚なんでしたっけ?」

南条「Mを8種全員、融合HEROを六属性六種、に切り札のC・HEROカオス、これでぴったり15枚だったからなあ」

ウサミン「あーなるほど、光ちゃんみたいにHEROで戦いたい! って子もリンクモンスターをいれないといけないのは難しい問題ですね」

(※作者注:完全に南条くんがM・HEROを一人忘れてますが、ただのミスです。剛火ごめん。漫画GXでの活躍(ミラフォみてからフォームチェンジしただけだけど)は忘れないよ)



愛海「あたしはかんけいないよ」

ウサミン「そういうデッキもあるんですね」

愛海「うん、そもそもあたしは特定カテゴリを使うんじゃなくて、その時のメタゲームに併せて構築するからね」

ウサミン「メ、メタゲーム?」

愛海「リンク召喚トークンが使えるか否かでメタ読みが変わるし、地盤沈下新規ゾーン有効なのかも気になるかな」

ウサミン「はー、愛海ちゃんは予想外に頭使う系なんですね」

愛海「ひどいよ!」




日菜子「セフィラはどうなるんでしょうねー、日菜子はストーリーが好きで使ってるので…… むふふ、リンク召喚カテゴリDT世界に来れば、むふふ」

ウサミン「は、はあ……」

日菜子「でも、さすがにリンクモンスターがいないとEXデッキからペンデュラム召喚不可能なのは、厳しいですねえ」




ウサミン「幸子ちゃんはどうですか? 使ってるデッキは……」

幸子「空前絶後のおおおおお!!!

超絶怒涛天使アイドル

天使を愛し、天使に愛された女!

牛丼時計だぶるじぇい

全ての天使の生みの親、そう、ボクこそはあああああ

身長142cm! 体重37kg! デビューシングル1.4万枚!

デレステ引き継ぎ用バンダイナムコIDパスワード! KBCA!

スマホは今楽屋に置いてあります!!!!!

ナナさん、今がチャンスです!

もう一度言います可愛いボクとサイバーエンジェルって覚えてくださあああああい!!!

そう、全てをさらけ出したボクは

サイバーーーーーーエンジェエーーーーエエエエーーーール

こしいいいいいいいいいいいいい

みずうううう!!!!!!!! 

いえええええええい!!!

ジャスティス!」

2017-02-17

高等学校向け体育連盟

犯罪プラットホームみたいになってる高等学校向けの体育連盟は本当に解散すべき。

本部としては体罰禁止なんて言ってるのかもしれないけれども、実際試合場所に足を運ぶと

教員は生徒を怒鳴ってるわ、殴ってるわ、それを誰も咎めないわ、競技種目は軍事鍛錬に関係

のあるものばかりだわ、参加したくないと言っている生徒を無理やり開会式に連れ出して行進

やらマスゲームやらをさせたりするわで、北朝鮮以下の存在だよ。

しろ子どもと、それに参加する教員人権積極的侵害している。

本当に解散すべきだよ。

2017-02-16

競技プログラミングに対して私が思うこと

競技プログラミングが役に立つとか、立たないだとか。何年ものTwitter やらで様々な立場の人が各々の意見を述べてきたが、今と昔ではかなり事情が違うかもしれない。下に述べるのは、最近私が思うこと。

私は元競技プログラマTopCoder によく参加していた頃は赤色だったこともある。始めたのはアルゴリズムの魅力に惹かれたのがきっかけ。継続して続けられたのはコンテストが楽しかたから。プログラミングコンテストが無ければ私はこの道に進んでいなかっただろうし、プログラミングコンテストで得た知恵や技術や友人は、今でもかけがえのない宝だ。私にとってはこれだけでも競技プログラミングは役に立つ理由として十分なのだが、一般論としてはどうなのだろうか。以下ではよく話題として取り上げられる (1) 競技プログラミングプログラマを成長させるのか (2) 競技プログラマ採用するのは企業にとってプラスかどうか (3) 就職活動に有利かどうか について私なりの意見を述べようと思う。

(1) まず、競技プログラマは成長させるのかどうか。それはその人次第だ。これを言っちゃお終いだろという意見もあるだろうが私はこれが真理だと思う。例えばコンテストで他の競技者と競うことが好きな人にとっては有効な学びのツールになるだろうが、そういうのが好きでもない限り向かないだろう。アルゴリズム勉強したいなら、わざわざコンテストが開催される日程に合わせてパソコンに向かって決まった時間だけパソコンとにらめっこしなくても、本を読んだりして勉強するほうがいい。競技プログラミングプログラミング学者にとっていい勉強ツールだという意見もよく聞くが、個人的にはどこか有名な大学プログラミング入門のレジュメ学生実験資料ネットから探して読んだり実装したりするほうがいいんじゃないかと思う。プログラミングコンテストには勉強ツールというよりはパズルゲーム感覚で取り組んだほうがよい。

(2) 次に、競技プログラマ採用企業にとってプラスかという話。個人的には、競技プログラマには一緒に仕事がしたくなる人が多いので、どんどん採用すべきだと思っている。ICPCに協賛したりコンテスト主催している企業もそのことは理解しているようで、アルゴリズムの造詣が深くて、良いテストも書ける人材を獲得するべく競技プログラマ積極的採用している。しかし、これは競技プログラミング一定以上の力量のある人の話。競技プログラミングを今までやってこなかった大学生でも、情報系の学部所属していれば AtCoder で水色や青くらいになるのはよくある話だ。しかし、それくらいのレーティング面接競技プログラマ自称する人は少なくない。プログラミングコンテストについてよく知らない企業がうっかりそういう学生採用してしまうと、競技プログラミングは役に立たないのではという意見が出てくるのも不思議ではないだろう。

(3) 最後に、就職活動で有利に働くか。ここ数年は有利に働いているようで、競技プログラマ積極的採用している企業も多いようだ。そしておそらく、今の学生競技プログラマに対する最初評価が決まるのだろう。今の新社会人や就活生次第で未来競技プログラマたちの存亡がかかっているのだろうと思う。

2017-02-15

[]太田モアレ鉄風」 2巻まで

身長180オーバー運動神経いいけどなんでもすぐできちゃって逆につまらんと思ってる女子高生主人公

とあるきっかけで総合格闘技に興味を持ち、同時にセンスだけでは勝てない強い人間とも出会って、のめりこんでいく

でも主人公は「まっすぐに性格が悪い」ので、まっとうな青春ものじゃなくて、アンチヒーローダークヒーロー的なカタルシスを得ることができるマンガ

(たとえば、一番本人がキラキラ輝いてモチベ上がってるときっていうのが、競技練習が楽しくてキラキラしながらやってる子の笑顔をつぶしてやりたいって考えてるとき、とか)



面白い

存在だけは知ってたけど読んだことなかった

なんか一瞬立ち読みしたとき会社帰りのリーマンキックボクシングならってるでかい女性出会う話だった気がするんだがあれは別のマンガだったか・・・

オールラウンダーめぐるとかマイボーイとかアフタヌーン系のスポーツマンガは地味だけど面白くて好きなのが多い気がする

8巻で終わってるらしいので安心して読める

プロ棋士は「観る将」と決別すべきだ

 将棋は、とても面白いゲームだ。

 二人零和有限確定完全情報ゲームで、将棋以上に完成されているゲームはそうそうない。先手後手の差が微差であり、戦術上の大差はない。ルールも簡明で、ルールブックはA4用紙一枚で事足りる。必勝法も全く未知数。「とりあえずこうしておけば間違いない」という道筋すら、十手も指さないうちに幾百に枝分かれする自由度。終盤になるにつれ複雑度が増していくゲーム性ゲームに求められる多くの要素を将棋は満たしているのだ。

 ところで、ゲームプロ価値は、結局ゲーム面白さをいかに伝えるかという点にある。僕らは豪速球を投げ込むピッチャー熱狂し、素晴らしいパスワークを見せるミッドフィールダーに酔いしれる。スポーツには全く詳しくないが選手は好きと言うファンがいたら、そのファンはどの競技でもこう言われる。「ニワカ」「応援している自分に酔っている」……。

 むろん、楽しみ方は人それぞれであって、否定する気はさらさらない。しかし、そういった人々は、競技自体にはほとんど興味がないのであって、断言するがプロプレーヤーは彼らを考慮すべきではないのである。なぜなら、プロプレーヤー競技自体の魅力を発信するプロではあっても、決して自らや他選手自身の魅力を発信するプロではないからだ。有りていに言ってしまえば、素人バラエティ番組を作っても面白いものにはならず、プロならば競技自体を楽しむファンのために競技に集中しろということだ。ただしこれはまた、解説者・評論家記者等がプレーヤーの魅力を発信しないべきとするものではない。彼らは、業界全体のさまざまな魅力を発信することで、ファンに多様な楽しみ方を提供する職業であるからだ。

 ここまでの話を将棋界においてみると、いかに今の将棋界が歪んでいるかがわかるだろう。棋士ソフトより弱くなったことで自分たち将棋の魅力を伝えられないのではと不安になっている。そして個人の魅力を自ら売り出す方向へ迷走してしまい、棋士精神性だの勝負の厳しさだのはまだいいにしても、「豊島、強いよね」だのは見苦しすぎて見ていられない。そういったことは専業解説者や評論家が行うべきことなであるが、残念ながら将棋界においては解説者はほぼ現役のプロ棋士であって、専業解説者というのはほとんど存在しないと言ってよい。そして観戦記者には、棋士個人の魅力に踏み込む者も存在するが、なんら代わり映えもしない将棋の内容について語るだけの観戦記を恥ずかしげもなく発表するような者も多い。こんなことだからプロは自ら棋士個人として素晴らしいと思い込み発信していかないと、ソフトが強くなった今はなおさらやっていけないのだ。結局、今回の騒動も、将棋連盟の一部の棋士棋士価値について「将棋が強い」以上の過大評価をしたことが遠因であることは論をまたないものと思うが、それはここまで論じてきたように将棋界の構造自体がそうさせたものであって、僕は棋士個人批判する気にはならない。彼らも被害者なのだ

 現役のプロ棋士は、早く「観る将」と決別すべきだ。彼らを楽しませるべきなのは、専業解説者・評論家記者であって、決してあなたたち自身ではない。そういった外部の人々に思い切って任せておけばいいのだ、需要あるところに供給は発生するのだから

 そして、あなたたちの将棋は、ソフトより弱くなっても依然としてとても面白いものなのだ。少なくともずっとそう思っている人が一人いることを、ここに書き記しておきたい。

2017-02-14

日本女子アイスホッケーの険しい道

大会連続五輪出場を決めたスマイルジャパンこと女子アイスホッケー代表だが、ソチ全敗後初めてこの名前を聞いたという人が大半ではないだろうか

日本欧米に比べて女子スポーツが結果と人気を得る傾向にあり、フィギュアスケートバレーボールカーリングなどはすでに一定地位を得ている

これらの競技共通しているのは競技中に選手の顔が見えることであり、それが事実上、人気獲得の必要条件になっている。顔を選考条件に入れていなかったサッカーの「なでしこジャパン」が凋落したのもここにある。彼女らは「ゴブリンジャパン」という揶揄最後まで打ち消すことができなかった。

女子アイスホッケーもこの点でハンデがある。試合中、選手の表情はプロテクターに隠されてほぼ見えないのだ。見ることが出来るタイミングは、試合後の一部の選手インタビューだけである

これでは持続的な人気獲得はかなり難しい。今回も五輪が終わったら観客30人の世界に逆戻りするだろう。せめて顔が見えやすくなるように改善できないものか。

2017-02-12

知的食わず嫌い」の損失

私のパートナーほとんど生理的といっていいほど卓球という競技が苦手で、

私がいくら松本大洋の「ピンポン」を勧めても決して視聴しようとしない。

こうした「知的食わず嫌い」の損失は計り知れない。



例えば、どうしてもあの高圧的な表紙が苦手で、

岩波文庫を手に取る機会を避けてしまったら、

その人は人生で得られる「教養」の結構割合を失うだろう。



ただ、ひるがえって我が身をかえりみても、そうした「知的食わず嫌い経験は多々あったように思う。

数学教科書を開いてみつけた「∫」の記号の不気味さに恐怖し、理系への進学をあきらめた。

・「☗7六歩」みたいな記号を見るたびに疲労感を覚え、将棋を覚えるのをやめた(のちに克服)。

・いわゆる「萌え絵」がどうしてもかわいいと思えず、さまざまな視覚コンテンツに触れる機会を失った(少女漫画しかり)。



一口食べてしまったら、そうした苦手意識はきっと消えてしまうのだけれど、

なかなか克服できないものだよなあ。

2017-02-09

CSゲーは昔からCSでやってきたユーザーのせいもあって難易度がだだ上がりしてる。

スマホゲーで満足する連中が高難易度でヒイヒイ言ってるところを甘えんな、みたいな論調が通り過ぎてゆくので楽しめなくなる。

俺の場合はただ単に下手なだけだが、既存ユーザーに好みを合わせ過ぎなような気もする。競技じゃないんだから

過疎化の進む田舎運動会はこんな感じだったなーという覚書



・小中合同など、数校が合同で実施、それでも人数が少ない

兄弟姉妹がいる家庭が非常に多く、観覧にくる世帯数も生徒数全体の半分程度

・全体的に時間稼ぎがひどい

・入場行進で運動場を3周、退場時も2周、合同開催でも校庭1周分に児童生徒全員がおさまってしまうが故のサービス周回

・開会/閉会時のPTA会長あいつの持ち時間が1人15分もあって各校の会長が頭を抱える、長いので子供は全員座らされる

・入場行進とは別に集団行動が出し物として存在していて、マイク越しの指示に従って右向け右とかをしばらくやらされる、通称北朝鮮ごっこ

騎馬戦組体操などが人数的に実施できなくなり廃止

・代わりに男女を分けずに全員参加できそうな盆踊り的なものや新種目が導入される

ムカデ競争の1チームの人数が3人だったり、綱引きが5人1チームだったりと各競技が小規模

・メインレース徒競走は2人ずつ走るタイマン

・走る前に1人ずつ名前プロフィール、意気込みコメント付きの入場アナウンス、走った後は1組ごとに金銀メダルの授与とインタビューで細かく時間を稼ぐ

・学年によっては徒競走とは別に、違う名前のついた徒競走もある、BGMと開始前に世界観説明するために小芝居があるのが相違点

競技の合間には各陣営応援イベントが細かく挿入される

・記録が伸びるほどに時間が稼げるので大縄跳びの練習が妙にスパルタ

運動が好きでもあまり楽しくはなかった

2017-02-08

[]フロントダブルバイセップス

ボディビル競技会で使われるポージングの1つ。

前面の2本の上腕二頭筋意味で、両腕に力こぶをつくるポージングのこと。



--

初めて見たときフロントダブルバイセックス空目して普通に納得しかけた。

個人の感想です

アニオタマニアック思考を持つので頭の良いやつも多い。偏見がひどい。入れ込むと前後不覚になる。何もしてないくせに作画声優監督を見下す。

SFオタ:別に研究室にいるわけでもないのに知った口を利く。上辺の知識量が多い。

ミリオタSFオタと並ぶくらい鬱陶しい存在。関わらなければ問題ない。

プオタ:他人に優しいが住人には厳しいらしい。八百長発言をすると説教が始まるので注意。

格オタ(競技経験):口先だけのオタクの中でもかなりマウント率が高い。誰が強いかを延々と議論する。

ゲーオタ:褒めるところがない。頭が悪くこだわりが強くプライドが高く負けず嫌い。自慢率が高くいい人がいない。子供が多いことに起因している(筆者自身ゲームは好きだがゲームオフソロプレイに限る、と思わせるくらい触れたくない人種)。

鉄オタ、ダムオタ、廃墟オタ:ひっそり沈黙してるようにしか見えない。観測範囲では見たことがない。

2017-02-07

みんな、どうしてテレビゲームに飽きちゃったんですか?

やらおんめ…転載しやがって

貴様許さんぞ

転載禁止とは書いてないけど

転載するだけならまだしも、お前○社と間接的に繋がっている癖によくもまあ「実況動画を見れば事足りる」なんて堂々と書きやがって…

はちまあああああああああああああ

JIiIiIiIiIIIiiiIiN

貴様らもかああああああああああああ

ああああああああああああああああああああああああああああああ?!



私はとあるゲーム業界志望の学生の一人なんですが、日本の家庭用ゲーム機市場が近年連続で縮小しているのが非常に心配なんです。

誤解のないように言うと「家庭用ゲーム機スマホを合わせた市場規模」は毎年拡大してるので、PS4ニンテンドー3DSなどのゲーム機ゲームソフトの売り上げが下がっているわけですね。世界規模では現世代は家庭用ゲーム機黄金時代とも呼べるほどの絶頂期で、それの影響で世界規模での日本ゲームソフトの売り上げも上がっているんですけど、日本国内での売り上げは下がる一方なんです。


ちなみに現世代の家庭用ゲーム機がどれぐらい盛り上がっているかというと、PS4の普及ペースがPS2と同等かそれ以上だというぐらいです。実質日本抜きのPS4の売上と、日本でもかなり売れたPS2の売上が同等なのですから一定以上の年齢の方にはどれだけ海外PS4が売れているのかがわかるかと思います


テレビゲームに対する間口は昔と比べると格段に広くなっているはずなんです。

今ではプレイ動画、実況動画ゲーム実況者、プロゲーマーを通して間接的にでもゲームを楽しんでいる人が格段に増えていますゲーム実況者のタレント化やe-Sportsなどゲーム競技化が進んで、ゲームプレイは鑑賞に堪えうる娯楽になりました。そういったゲームプレイ動画が売り上げに悪影響を及ぼすかというと、ゲームの種類にもよりますが全体的にみるとそうでもないです。英語圏の人数をなめてはいけません。


日本の家庭用ゲーム機の衰退をスマホゲームに原因を求めたい人もいるかもしれませんが、そんなこと言ったってスマホゲームが盛り上がっているのは日本だけではないです。世界で今一番大きいスマホゲーム市場中国ですし、日本アメリカに次いで世界三位市場です。

何も既存ゲーム会社スマホゲームで荒稼ぎしている国は日本だけではないのです。(中国での家庭用ゲーム機市場はまだ数年前に始まったばかりですが)日本よりスマホゲーム市場が大きいはずの米国で据え置き機の衰退が起きないのはなぜなのかと。


まあ、一人当たりの月当たり平均課金額は米国1200円、中国2500円と比べて日本の3000円がダントツなんですけども。(しか課金するプレイヤー10人に1人と言われているので、日本の一割のプレイヤーが月に30000円払っていることに…)大抵の家庭用ゲーム機ゲーマースマホゲームも両方やっています


最近ネット各所で嘆かれているゲーム会社ソフトへのネガキャンだって日本特有現象ではありません。やたらと日本ゲーム業界ネガキャンだけを憂えて海外理想化する人はただの知ったかです。大抵のネガキャンは実際にはゲームを購入していない暇人による生産性のない悲しい行為にすぎません。叩かれたって売れるゲームは売れるもんです。


私が主張したいことを簡潔にまとめると、「ビデオゲーム産業とそれを取り巻くプレイヤー環境の変化は世界日本米国欧州共通なのに、なぜ日本だけ家庭用ゲーム機市場が縮小しているのか?」ということです。



////

はてブにははちまJINランクインしないことが救いだ…

ああ…

ネットリテラシーの敗北…ヘイト稼ぎの勝利

ああああああああ

//追記

気になったいくつかのブコメに対していろいろとまとめる。

1.テレビで遊ぶためのハードルが高い説。

世代になったゲーマーたち、テレビゲームをしたくても家族を気にして独占しづらい。残業が続いて時間を確保できない。家に帰ってきてもテレビゲーム機の電源をつける気力が残っていない。そもそも家にテレビがない。そう考えるとWiiUって日本リビングを想定したハードだったんですかね~。

2.ソシャゲガチャなどの方が他人とのコミュニケーションネタにするのに向いているのでは?

廃課金レア自慢などもツイッターRT稼げる定番ネタですから、そういうのが嬉しい。SNSを前提とした仕様テレビゲームも増えましたね。PS4にはスクショ・録画機能と実況機能ついてますし。ニンテンドースイッチにもシェアを前提とした機能が付く予定。SNS時代ソシャゲの人気を加速させていた可能性が…?

3.グラフィック進化しすぎて魅力が減ったのでは?

だってリアル写実的ゲームだけじゃなくて、昔ながらのドット絵トゥーン調のゲームもいっぱいあるんですけどね…。こういう主張が出てくるということはむしろ届けるべき客層に情報広告が行き届いていないのが問題なんじゃないでしょうか。これはユーザーにふさわしいゲームを届けられないゲームメディアの敗北ですね…

4.Steamについて

最近Steamにおける日本ユーザーの消費額は全体の1%だと発表されましたが、むしろPCゲーが壊滅的な日本ユーザー世界市場1%存在感を示せただけで御の字じゃないでしょうか。

みんなもっとSteamやろうよ!1000円~2000円の安くておいしいゲームがいっぱいあるよ!

5.昔から流行ったゲーム機って携帯機ばっかじゃん。

DSPSPで育った客層がスマホに流れたという説。3DSに続いてニンテンドースイッチ日本携帯需要を満たせたらみんな幸せになれる…かもしれない。ちなみに日本で一番売れているゲームってポケモンなんですよね。FC以降の世代の売り上げランキングってほぼDSに集中してますし。

6.むしろ海外ゲーマー高齢化しすぎでは?

世界的に売れているゲームってほとんど大人向けのものばかりで、海外キッズって何で遊んでるんでしょうかね?日本キッズはむしろ携帯機でゲーム遊んでるじゃんという見方もありますね。

7.洋ゲーアレルギーのせいでは?

昔と比べれば洋ゲーの売り上げは伸びてるんですけど、やっぱり食わず嫌いな人は多そうです。ゲームに限らず映画音楽書籍でも同じような感じありませんか?でも任天堂ゲームだって海外スタジオが作ったゲームマリカ7、ルイージマンション2)が沢山あるのに当然のようにミリオンヒットを叩き出しているのを見ると洋物に対するイメージって広告問題な気がします。古い例ではPS1のクラッシュバンディクーとか。

8.欧米でもそろそろ衰退期が始まるのでは?

欧米会社コストかけて品質を高めても売り上げが上がるとは限りませんし。全世界ゲーム会社が高品質・低コストを目指してるんじゃないでしょうか?向こうでもゲーマー世代交代が失敗する可能性もありますし。ゲームエンジン大手であるUnreal EngineのEpicGames Japan中の人が「大型ゲームタイトルは今後減るのでノンゲーム需要を増やす」的なことを言っていてちょっと衝撃を受けました。それが日本のみを指すのか世界全体のことなのかははっきりとしませんが。

9.次の新しい市場時代へと進んでいるのでは?

スマホ市場はさっさと滅んでモバイルVR、AR、HoloLens等のMRデバイスに切り替わったらいいのに(過激派

あと5年はかかりそう。

…あと5年経ったらスマホゲーム市場ってどうなっているのだろうか?


ゲーム小国ニッポン開発者として生き残れるのか、はたまた別の道を探さざるを得なくなるのか。

もう内需では回らないとなると、市場個性が薄れて少し寂しい。

ニンテンドースイッチ携帯需要で売れて相乗効果PS4も売れてくれればまだ救いが…

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん