「闖入者」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 闖入者とは

2018-09-29

anond:20180929164449

わたしたちの話がすれ違ってばかりなのはあなたわたしバカにして聞く気がないからだと思う。

そっくりそのままお返しします。

あなたわたしが「議論するのが面倒くさい」と言ったら「議論出来ない」(anond:20180927135356)と勝手に読みかえたよね。

議論を「面倒だ」と思う=「議論に足る精神力すらない」=「議論できない」

そのくせ、LGBTの人たちの批判を、「相手の論を曲解している」(anond:20180928120547)とLGBT批判無効化している。

事実曲解してるからな。

杉田論は「税金の使い道」なのにそれを「差別」と曲解してる。

LGBTという概念を知らないで、LGBT批判するのは「曲解」どころの話ではないし、

ついでに言うと、左の人の「安倍政権」という言葉を目にした瞬間、右の人が機械的に発する言葉陰謀論」と同じである

あなた論理で言うと、これはLGBTに対する「批判」の範疇を超えているよね。

そもそもLGBTとは一般人世界に入り込もうという闖入者であり、

その概念すら知れ渡ってない存在自意識過剰被害妄想曲解杉田議員攻撃することへの問題提起小川論文

LGBTのもの」ではなく「連中の振る舞い」を否定するのに理解はいらないし、理解強要一般人へのセクハラ

まあ、そもそも新潮45が(あなた定義で言う)「批判」をしたLGBTは「生存権」のある人で、表現ではないから、新潮45に対する「批判」とはまったくレベルの違う話なんですけどね。

LGBTへの批判生存権を脅かすものではない。ここで生存権を持ち出すこと自体あなた論理的でないことを表してる。

犯罪から」は、あの器物破損、たぶん新潮社看板について言ってるのだと思うけど、あれは犯人捕まってないし、その属性も、思想もわからない現段階でうんぬんするのは早計。

犯した犯罪の結果(もの)を見るとその思想は明らか。

デモ違法ではないし、暴言って具体的に何よ? もしLGBTの人の内に暴言犯罪する人がいたとても、それを「LGBT」という属性帰結させて語るのは、

とても差別的で論理的ではない発言だと思いますけど。

相手発言をことごとく「差別」と断じて封殺を図るのは「暴言」と呼ぶのも生易しい。

そして今回の件で多くのLGBTやその支持者が杉田議員や論者たちに暴言を吐き、ヘイト呼ばわりしてるがそれをいさめる良識あるLGBTはほぼいない。

これはLGBTという属性の人たちの大多数が優遇をもとめ被害妄想に走っている証左と言えよう。

このようにあなたの「批判」「排除」「差別」という言葉の使い分けは、あなたお気持ち次第なわけで、そこに一貫した論理はないわけだ。

総合して、あなたの論はとても矛盾勝手理屈お気持ち次第で溢れていて、まったく論理的ではない。

そっくりそのままお返しします。

あなたこそ、LGBT一般人にしてる「排除」「差別」を「批判」「犯人は分からない」などと正当化してる。

あなた、やっぱりつまらない人。法が愛を囁くことを禁止したら、あなた、もう愛を囁かないの?

つまんねぇ返しだな。

そうならないようにするのが法治国家住民のすべきことなんだよ。

からお前らやLGBT表現弾圧抵抗してる。

2018-03-01

anond:20180301145914

いや、優先席自分が協力すべきだと思う人がいたら遠慮する

女性専用車両自分が協力すべきだと思ったら遠慮する

一緒だよ

逆にどっちも協力する必要がないと思ったら座れるし乗れる

実際、どっちも座るし乗ってる人いるよ

政治活動する人が高確率トラブルになるだけ

東京来たら1回試しに乗ってみな

闖入者くらいガン無視されるだけだから

2018-02-26

anond:20180226044930

集団で乗り込んからじゃない?迷い込んだ一匹の闖入者なら普通に無視だと思うけど。

2017-12-25

東京自転車はもういらない

シェアサイクル事業への参入をとりやめた企業が出たとか、

アナウンスししておいて、実は参入を検討しているだけだったりとかしている話があった

それでいいと思う

東京にもうかなりの期間住んでいるが、こんなに危ない道路自転車なんか乗りたくないと、いつも思う

歩道を走ると、チンタラ歩いている歩行者にぶつかりそうになるし、

車道を走ると、車に轢かれそうになって、死ぬかと思う

歩道車道も、自転車用にはできていない

歩道を走ると、自転車凶器のもの闖入者で、自転車乗りは、存在を許されるべきではない、傲慢馬鹿

皇居の近くで歩道を歩いていると、警察の立てた看板があり、歩道で起きた交通事故の目撃情報募集していた

ひと月ほど前、深夜1時頃に、自転車歩行者ひき逃げして、歩行者に重傷を負わせ、容疑者はいまだに捕まっていないらしい

馬鹿であり、かつ危険ものに乗ってスピードを出している人間を野放しにしている社会は、どう考えてもおかしいと思う


車道を走ると、自転車は車にとってひたすら邪魔な、できればぶっとばしてやりたいがそうもいかない、中途半端弱者

そのくせ、交差点では、自転車自動車と同じ車両のふりをして突っ込んできて、横断歩道を渡ろうとした人間を「おいこら!」などと恫喝して通り過ぎていく

このようなガラクタに乗っている人間は、もっと早めに交差点ダンプに衝突し、横断歩道に脳をぶちまけるべきなのに、そうなっていないのは、おかしいと思う

ひとことでいえば、東京自転車のためにできてはいないし、今後も状況が改善する見込みは、ない

その昔、東京もっと車が少なく、交通事情も緩やかだったころは、ちょっと前の東南アジアの国々のように、自転車でそこら中走り回ってよかった

また、そうするしかなかった

だが現在地下鉄バスネットワークが発達しており、車に乗れないからと言って自転車に乗る理由はまったくない

公共交通機関に乗りたくなければ、歩けばよいだけの話だ

東京道路はどこまでも舗装されているので、どこまでも快適に歩いていくことができる

高度成長期遺物である自転車に対してだらしない交通ルールを、もう東京では残しておいてはいけない時期に来ていると思う

自転車道を整備するなどといっておいて、ダラダラしている暇があったら、路面電車をさっさと復活させた方が、どれほど便利かしれない

趣味自転車に乗る自由侵害するな、などという人間は、決まって馬鹿傲慢で、他人安全を顧慮する能力がない

早めに交差点ダンプに衝突し、横断歩道に脳をぶちまけるべきなのに、なぜ歩道歩行者恫喝しているのだろう

ほんとうにわけがからない

東京自転車はもういらない

2016-09-12

新米臨時講師学校について書く

私は今年の四月から臨時講師として教師になった。

臨時講師とは教員採用試験に受かっていない人達で、教員採用試験に受かった人達仕事はほぼ同じだ。

担任も持った。奇跡的に顧問ではなく副顧問になった。

この時点で私に与えられた仕事は生徒達からしたら正規教員と同じだ。

しかし、講師なので教員とは違い、学校内で教員組織としての仕事は軽い。

因みに私は夢や熱意を持って講師になったわけではない。

ただなんとなく就職したくなったので、教員免許を活かしてみただけ。

なので学校の仕組みも何も知らない。

今もよくわかっていないことばかり。

正直、この自分決断軽率で、許されるものではなかったと思う。

臨時講師になって驚いた。

講師研修を受けてから教師として生徒の前に立つのではない。

私の場合履歴書教育委員会に提出し、赴任校が決まったので挨拶に行き、数日後には新任式で挨拶をしていた。

臨時講師研修は、もう様々なミスをして疲弊しきった頃に行われた。

生徒や保護者にとって、臨時講師から教員採用試験に受かっていないからということは関係ない。

生徒が私の姿を見たその日から私はただの教師だった。

校舎の配置も、学校の仕組みも、授業の作り方もわからない、本当に右も左もわからない私への反応は幸いにも優しかった。

一年目だから。」

保護者や生徒はそう言ってくれた。

しかし、学校という組織は私を許さなかった。

先生としての自覚が足りない。」

そう私は責められた。

当然だと思う。

だが言い訳をするなら、研修を受けていない状態専門用語を使われてもわからなかった。

大学で教わってきた授業の作り方は現場ではあまり役に立たなかった。

ここでは私が今まで学んできたことは通用しなかった。

私にできることは生徒に対して真摯対応をすることだけだった。

何もわからない手探り状態のまま、生徒の話に耳を傾け、どうやったら生徒の成績が上がるか、どうやったら生徒が良い人間関係を築けるのかを考えて行動した。

他の先生達にも何度も何度も相談した。

結果、私は生徒から好かれた。

保護者の反応も悪くなかった。

しかし、多くの先生からは嫌われた。

職員室に行くといつも注意を受けた。

朝7時半に学校に行き、夜11時に学校を出る毎日

土日も部活で、私には休みはなかった。

気が狂いそうだった。

いつしか、土日の朝になると涙が止まらなくなるので、土日に部活に行く回数が減ってしまった。

そんな日は片付けることもできない汚い部屋の中で、ベッドに腰掛け学校からこっそり借りてきた正規教員向けのマニュアルを泣きながら読んで過ごした。

教員採用試験に受かったものだけに与えられる権利が十分な研修

からなかったものや受けなかったものには責任しかない。

私はこの講師という仕組みはおかしいと思う。

講師なんて雇うべきではないのだ。

自分の子供が十分な研修も受けていない人間無責任に委ねられる。

こんなことがあっていいのだろうか。

講師は私のような勉強不足のクズばかりというわけではない。

どちらかというと熱血で夢を持った人達が多いように思う。

しかし、私はこの講師達が好きではない。

講師は夢ばかり語り、方法論を無視することが多いからだ。

熱意もあり、教師になりたいと心から願う人達が、こんなにも教育について知らないものかとがっかりした。

四月から成り行きで勉強を始めた私より、教師になりたいと思う人達の方がすかすかなことに絶望した。

これは自分肯定しているのではない。

部活を休むクズとは違い、熱血できちんとしていればしている人達ほど時間がないことを表しているのだ。

講師でありながら、まるで闖入者のような存在の私から見て、学校という組織は異常だ。

研修も受けない、何も知らない人が教師の皮を被って生徒の前に立つ。

その皮を被った教員モドキを教員として内部から責め立てる。

そしてその教員モドキが大きなミスをしたとき世間はそれを許さない。

ミスなんて許されてはならない。

そんな環境に私達教員モドキは紛れ込んでいる。

講師は鬱になっても保障はされない。

私達は使い捨てだ。

から私達は教員サンドバッグになる。

教師になんてならなければよかった。

毎日毎日そう思うが、明日も生徒は登校する。

明日もまた私は教壇に立つ。

生徒のことを考えるからこそ、生徒への申し訳なさで押し潰されそうになる。

何も知らない私を先生と慕う生徒達。

申し訳ない。

本当に申し訳ない。

2016-03-07

マイノリティの言い分

togetterとかはてなとかで、よくマイノリティ(lgbtとか、2言目には規制規制フェミニストとか)側から

「○○も勉強していない」とか「○○を勉強してから来い」とかって書くひとを見る

でもそれって、

マジョリティの「勉強不足」ではなくって、

マイノリティの「啓蒙不足」だからね。

今まで何のことも無く、他人迷惑をかけずに生きてきた(と思ってる)人々にとって、

今まで認知されてこなかったマイノリティからあーだこーだ言われるのは

(たとえ、マイノリティから見ればごく当たり前の主張であっても)

面倒、やかましい、不安などのマイナスを感じるのはごく当たり前のこと。

これを覆して何かをしてほしいマイノリティから啓蒙しなきゃならんのは当然だよね。

市議問題(といわれている)発言とか、鬼の首を取ったようにあるいは親の仇の様にたたきまくるけどさ、

それって余計な反感、恐怖心、面倒くささを植えつけているだけに過ぎないから

自分たちは何千何百年かけて築かれてきた既存社会価値観に割って入ろうとしている闖入者だという自覚をもったほうがいい。

既存社会適応している、何とか適応している人々からするとそれは只の暴力しかないから

2015-11-16

側溝マン

子供の頃から側溝に入るのが好きだったって記事を読んで、自分小学生の頃、理由もなく側溝に入っていたことを思い出した。

たぶん側溝の窮屈さが心地よかったんだろう。だだっ広い地上の世界にいると肌がそわそわして落ち着かなかったけど、側溝の中なら物理的にも心理的にもぴたっと型にはまった状態でいられたか安心することができた。

加えて側溝に切り取られた空の景色が綺麗だった。一段凹んだ空間だったから耳に届く音がくぐもって聞こえていたのが面白かった。身動きが取れない側溝は身動きが取れないからこその安らぎに満ちていて、窮屈な視点から世界を覗き込んでいると不思議な充足感に包まれていくのが愉快だった。

自分パンツが眼前を跨いでいく前に側溝の中から起き上がってきたけれど、自分けが知っていた秘密空間に外から性的闖入者が現れたらと思うと側溝マンのことを嫌いになれなくなる。

きっとある日を境に、ただただ穏やかにいられたはずの空間が、たった一瞬で性的興奮と罪悪感と優越感とに塗り潰されて、彼の中でその有り様を一変させてしまったのだろうから

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん