「七三分け」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 七三分けとは

2020-08-17

絵の上手いあの子がいなくなってしまった

高校生の時、ものすごく絵の上手い同級生がいた。私はその子の絵がすごく好きだった。

の子も私も人見知りで、お互い絵を描くことは知っていたけどそこまで深い仲にはならなかった。その上、卒業後は進路も違ったので自然と疎遠になったけど、その子自分サイトを持っているのは知っていたのでたまに見ていた。相変わらず上手だったし、とある人気作品ガッツリまりこんだみたいでそのキャラCP絵がバンバン上がっていた。その子しか創作してないくらいのマイナーCPだったけど、すごく楽しそうだった。

けれど私自身は大学生活の中で絵を描くことからも離れてしまい、ついにその子サイトも見なくなってしまった。

お互い連絡を全く取らないまま成人になり(成人式は出なかったけど)、大学卒業し、就職して転職して……とかやってるうち、ふとその子のことを思い出した。まだサイト更新してるのかな、あの子のことだからプロイラストレーターになってそうだな、と思いながらその子推していたマイナーCP名で検索してみた。

結論から言うと、その子サイトを閉めて舞台Twitterに移して創作を続けていた。しかし大変なことになっていた。

の子の絵柄が激変していた。乱暴に言うと劣化していた。顔のパーツは歪み、塗りもめちゃくちゃ、ポーズもほぼ棒立ち。

それでも要所要所は昔の名残?でハッとするほど素晴らしいところもあった。でも全体を見れば見るほど絵を描き始めたばかりの子もの絵、みたいな絵ばかりだった。

ただ絵柄が変わっただけならよかったかもしれない。でも明らかに絵柄が変わってしまったであろう理由もそこにはあった。

の子精神を病んでしまっており、被害妄想で投薬治療をしている旨が書き込まれていた。

そんな彼女Twitterには長文の恨み節のような呟きが延々と続いていた。自分創作アイディア大企業に盗まれた、このジャンルキャラ自分創作キャラパクリだ、今朝のニュースは私を陥れるために仕組まれた罠だ、政府が国が大企業が私をいじめる、このキャラは私の創作からまれものなのに誰もそれを認めない、世界企業が私の創作を盗んで公式キャラとして売り出すなんて許さない許さない許さない……。

実際のところは分からない。だがその子の言うパクられたアイディア100人いれば50人以上は思いつきそうな、あまりオリジナリティは感じられなかった(髪の色や七三分けが一緒とかそういうレベル)。報道される全ての負のニュース与党野党対立とか冷え込む米中関係とか住んでる市の教員不祥事とか…は自分メタファーであり、何もかもが私への攻撃材料として使われているという主張はあまりにも度を超している。

そしてさらに悪いことに、彼女複数アカウント実名を挙げて誹謗中傷を繰り返していた。彼女は呟きの中で自身本名、勤め先まで明かしている。見る人が見ればすぐ分かってしまうほど詳細に書いてある。私はとりあえず誹謗中傷の呟きを違反報告し、すぐさま彼女アカウントを全てブロックした。

彼女はどうなってしまうのだろう。京都アニメーション事件が頭を過ぎる。私が好きだったあの子はどこにいってしまったのだろう。

2020-01-24

刈り上げ七三分けっすか

流行はほぼ必ずリバイバルする。

特に服と髪型

ずっと代わり映えしなければ購買欲がそそられないので、流行という「売れ筋」を作らなければ食えない商売から

まあ特に若い人狙いなのは間違いないけどね、若い人狙いであれば「それ昔流行ったわー」ではなく「新鮮!」というリアクションが期待できるし。


で、最新のオシャレな髪型だが、女性の前髪ぱっつんカールは「俺が中学生の頃女子がやってたわー」くらいの懐かしさで済んだ。

しか自分のこととなると、刈り上げの前髪分け、それも七三とか何の冗談だと思ってしまう。

とにかく、キッチリスッキリサッパリシャープにというのは、俺の場合髪も服も似合わない。

タイトショートナローで、それでいてソフトで装飾的じゃないとダメなので、要するに今の流行は基本合わない。

実際、行きつけのお店の美容師さんにも全く勧められなかったし。せいぜいワックスクリームポマードに変えるくらい?

逆に、若い頃の無造作ヘアに感謝した。

ついでに言えば、ここ数年のデカメガネっぽいのもコードネームが「メガネ」になりかねないくらい似合わない。

ちなみに女性の服だと、膝丈やミニ丈のフレアースカートが一番似合う人とかどーすんだろね。

ミモレ丈マキシ丈ビッグシルエット全盛の今の御時世、そもそも売ってんのか?みたいな。

2019-12-09

前髪命

でこが狭め。

それ自体別にいいんだけど、前髪がすぐ伸びて目に刺さる。

前髪伸ばして分けても、でこが狭くて似合わず

なので、いつも七三わけで斜め前髪。

髪も長さは違えど、20年近くずっとこれ。

でも、オサレ美容院にいくといつもつむじからグッと髪を前に持って来られる。

そのまままっすぐ下ろすから子供パッツン前髪みたいじゃん!と美容院でる度に分け目つけてたんだけど…

先日、たまたま一緒に美容院行った友人が、私の仕上がりを見た瞬間、

「それいいじゃん!」

と、絶賛。

先月と同じショートカットをオーダーしたのに何その違い。

いつも通り七三分けにしようとしたら

怒られた。

私のセンス昭和だそうです…

令和の、いえ、平成時代から、前髪に分け目つけるの終わってたぽいです。

斜め前髪、でこ狭には合わなかったぽい。

先月と同じショートカットなのに、前髪分けないだけで、他の人たちからも誉められたし。

イメチェンした?って聞かれるけど、先月と同じカットのみですー

前髪って大事なんすね。

2019-11-21

命名者で確定?(雑感)

89年に大学生になった今はオッサンとして。

中森明夫 という方が「おたく」の命名者、ということが今の正史らしいけど。

当時というか少しあとか、たしか七人のおたく』とかい映画があったような・・・ウッチャンナンチャン江口洋介が主役?の。あの中では武田真治の役が劇中では最も揶揄されてたか?例の宮崎事件のあと、ヤンジャンだったかにモロに犯人犯行を題材にした読み切り掲載されてた。その頃にカメラ店バイトしてたんだが、よく来る顧客の一人に犯人と同姓の方がいて、事件後に端でみても分かるくらい憔悴した容貌で、卑下自虐開き直りからくる暴力性みたいな雰囲気を醸しだされるのが接客するたび怖かった。中古品の売買もやってた店舗なので、犯人が使ってたと報道された機種を売り払う人の騒ぎで店頭に該当機種がなかなか売れずに棚から溢れたことも懐かしい。それから90年代中頃には「オタッキー」という呼び方を(自分は違うとおもってる)一般人からされてたような。

https://togetter.com/li/1432754

https://note.mu/mogura2001/n/ne524c58ea432

http://www.burikko.net/people/otaku.html

しかしこの中森明夫という方は当時なんでこんなに文中で悪意をブツけてるんだろうな。ちなみにたびたびテレビコメンテーターで出演してるのを見掛けたが某アイドルダジャレじゃん名前、としか印象がなかった。ご尊顔も七三分け?にメタルフレームに細い眼の文系大人しそうで強い特徴のない容貌だったし。

追記

そうだこれは80年代中頃だけど、ネクラorネアカ(←こっちは完全に死語になった)論争?もあったな!たしか当時のタモリネクラ揶揄して、そんで新聞ネクラからの反対意見タイトルが『ネアカは信用できない』で、どっちかというとネクラ側の自覚があった当時中高生自分でも「必死だな・・・」と。んで、その頃の論調だと、アニメ絶賛放送中だったキン肉マン主人公(たぶん神谷明さん演じるあのウザい調子の)がネアカで、いやいやそれは浅田彰という方の「スキゾとパラノ」か。(そういやオレそのカメラ店浅田氏のパスポート用の証明写真を撮ったことあったわw)

2019-10-10

見た目で舐められない方法を教えてほしい

20代後半男、160cm、40kg

中学生と言って普通に通じるほどの童顔でヒッキー

たまに外に出ると高確率で見知らぬ人から声を掛けられる

それは挨拶だったり注意だったりキャッチだったりビラ配りだったり道を尋ねるものだったりいろいろで老若男女外人を問わない

キャッチやビラ配りの類は俺を見つけると確実に目線を合わせてくるし、駅のホームスマホを弄っていれば意味不明な婆さんにいきなり話しかけられるし、クソ忙しいはずのスーパーレジ係までもが俺の買うものネタに瞬間的な雑談を振ってくる

最近まで自覚していなかったが、どうもこれは見た目が原因であるらしい

マウントが取りやすくて舐められているようだ

世にいる大半の引き籠りの同意を得られる自信があるが、俺は人間が大嫌いだ

名前も知らん輩に話しかけてほしくない、放っておいてほしい

今まで穏便に対応したり無視したりして来たが、良い加減鬱陶しくなってきたので対策を取ることにした

自分で考えたが、話しかけられたら凄んだり怒鳴ったりするとか、顔に刺青シールを張るとかしか思い浮かばなくて詰んだ

そこではてな民各位に知恵を拝借したい

見た目で舐められないようにするにはどうすれば良い?教えてくれ

追記 15:10

起きたら伸びててワロタ

はてな民アイデア豊富さはさすがで感服するばかり

これが集合知の力か、示唆に富んでいて実に有益

一部ブコメへの返信 21:55


それって親しみやすい、話しかけられやすいだけでは?

残念ながらそうではなく、穏やかでない連中にもきちんと声を掛けられている

しかも俺が相手だと無視してもしつこい

駅前で人ごみのど真ん中だと言うのに、行きと帰りで同じ人間に二度絡まれエピソードを一つ紹介する

1回目、行き

スーツ姿のサラリーマン一見普通だが、通路の真ん中付近で立ち止まりしかける人を物色してる感じの不審者

彼我の距離10mほどでちらりと俺を見やったと思ったら、不自然に目をそらしながらこちらの歩行に合わせて近づいてくる

横を通りかかるタイミングで「あの、ちょっとお尋ねしたいんですけども」と声をかけられる

2回目、帰り

先ほどのスーツが仲間らしき人物と話しているのを見つける

まさか同じ奴をもう一度引っ掛けようとは思うまい普通に横を通り抜けようとしたら突如こちらに向き直って

「あのこれ違います?」「落としましたよ」「すいません!すいません!」と粘られる

もちろん何も落としていなかった

それは利点であるから生かす方向を云々

断る

まとめ

教えてもらった方法を整理してみた

俺だけでなく誰かの役に立つかもしれない

皆さんありがとう

イヤホン/ヘッドホン

しかけられたくないだけならこれは多分最良の案

しかし舐められて絡まれ場合が少し心配

やばい奴を装う

この種のアイデアにはネタが混じっているので実運用可能と思われるもの抜粋した

職質と通報に注意

特に早く歩いているとされやすいという体感がある


姿勢を正す、背筋を伸ばし堂々とする

何人かに猫背を指摘されているが大当たりだ

現在バランスチェア矯正を試みている

あとは筋トレして体幹を鍛えれば治るはずだ

筋肉を増やす


髪形を変える


髪を染める

髪型を変えたり染めたりは簡単効果ありそうなのでぜひ検討したい

ただ茶髪だと効果なしとある

顔を変える


服装を変える


小物


刺青


真似できる人種


彼女を作る/ごつい同伴者を連れて歩く/ボディガードを雇う

これは俺がいるグループが話しかけられるという経験が多々あるので有効性が疑問だ

小技集


この特性を生かす方法


その他の手段
  • 見た目で他人を舐めてかかる様な人々を徐々に啓蒙していく
  • 骨延長手術と整形
  • 歯の矯正、顎なしを改善する
  • タイプ診断と骨格診断を受けて合う格好をする

2019-09-19

anond:20190919091342

のしってる一番ポマードの似合う七三分け男は28歳だった

アレルギーでフケとかすごくて肌の質感も荒れてるからわかりづらくて

どうみてもおっさん度めちゃ高、絶対48だろって感じだったけど

若作りおばちゃんずの10個くらい後輩ってへこへこしてたから納得した

2019-09-03

anond:20190903192520

ところがそういう時に「でもお前ら実際七三分け眼鏡カメラぶら下げてんじゃんw」なんて嘲笑ちゃう左巻きの皆さん

anond:20190903191823

七三分け眼鏡カメラぶら下げてる日本人」を描いたら差別だが

そういう格好している日本人がいても別に差別じゃないぞ

2019-03-28

Google入社したときの話(2011年の話)

あのさー

最近さー








サブカルきどりなのか何なのかしらんけどさー











メガネ流行ってるやん?





滝廉太郎みたいな丸メガネ









あれさー













小柄な女の子がしてるとかわいいよ













































ただしサブカル男、てめーはダメだ。

今すぐJINS行って黒ブチメガネ買いなおせ。

メガネ自己主張をするな。

ついでに髪も七三分けしろ

いいな?

二度とベーシストみたいな髪型に丸メガネ合わせてサブカル感を出すんじゃないぞ。

一度言ったからな。

次はないぞ。

2019-01-20

暴行事件発生(1月20日・網干

https://www.gaccom.jp/safety/detail-313954

1月20日(日)午後1時25分頃、姫路市大津区大津町所在商業施設内において、暴行事件が発生しました。

買い物中の女子生徒に対して、犯人が後方から近づき、抱きついたものです。

犯人は20歳代後半位、175センチ位、中肉、七三分け黒髪、紺色ハーフコート、黒色ズボン着用、リュックサックを背負った男です。

 後ろから抱きつくと暴行

 強制わいせつじゃなくて?

2018-06-19

タtゥー

サッカー見てて

みんなタtゥー入れてるんやなあと。

こら日本でも流行るはずやなと。

あとサラリーマンみたいな七三分け流行ってるんやなと。

ロナウド大五郎カット流行らんかったけど)

七三にタtゥーってインテリヤクザか!

2018-03-07

頭髪のカラーリングと長髪に関する思い出

 私は20代後半の男性、今までの人生における髪型は、小学生低学年の前髪が目にかかるぐらい伸ばしていた以外は、小学生中学年以降ずっとスポーツ刈り

中学生半ば、高校生にもなれば、もはやそれは坊主へと髪型は固定され20代後半になるまで髪型は変わらず坊主だった。

しか20代前半辺りから思っている事があった、それは「オールバックを一度でいいからしたい」ただ単純な願望だった。

だが坊主経験がある者なら分かるかもしれないが、坊主状態から髪がある程度伸びると髪の先端が耳にかかって、

紙のこよりで『こちこちょ』されているようで、正直うっとおしく、それが嫌で坊主にしていたので中々髪が伸ばせなかった。

それは25歳になっても続き、気がつけば20代後半に突入していた。私生活の忙しさや、精神的なダウンしていた事により、

洗顔や歯磨きといった基本中の基本の身だしなみを整えるだけで精一杯だった為、気がつけば髪が今まで以上に伸びていた。

髪が伸びている自覚があったものの、やはり散髪する余裕も無いまま、時だけが過ぎていった結果、

小学生低学年時とは言わないまでも久々かと思えるぐらい髪が伸びてしまったので、もうここまできたら伸ばそうと決めた。

 それから数ヶ月、髪が小学生低学年時の記録を超えて伸びたのはいいが、実際問題

私の人生においてそこまで髪が伸びたことがないので『前髪がウザい』『洗顔時に前面の髪がビシャビシャになる』等といった問題に直面した。

母上にアドバイスいただきアバンドなる物を装着してみたが、恥ずかしながら私の頭は割とデカいので、装着したものの『ゴムの元に戻る力で髪の上を滑り、

スポンと抜けてしまう』もしくは『おでこに下がってきてラーメン屋スタイルになる』という新たな問題に直面した。

これには困った、そこでヘアジェル(ハードタイプ)なる物をこれまた母上からいただき、早速塗り慣れない手で櫛を使い七三分けにしてみた。

なるほど、これは便利。この日から私の人生から『ヘアジェルを塗る』という工程が加わった。

 そしてまた数ヶ月経ち、伸びた私の髪はついにオールバックにする事が出来た。「自分オールバックにするとこういう外見になるのか……」と思いつつも、これには満足がいった。

そこから七三分けオールバックを使い分ける日々になった。

目標も達成したので、もうそろそろ髪を切ろうかなと思っているとそこへとある一言、「どうせ切るなら金髪とか髪染めてみない?」と言う発言

これには悩んだ。外見とか、日常的には髪を染めてもいい状況かなど、そんな事はどうという事は無い。問題頭皮へのダメージだ。

幸い、我が家に頭がハゲ上がるような者は一人もいないので高確率ハゲる事はないだろう。

しかし髪を染めるとなれば話は別だ、どれぐらいダメージあるのかと気になり、ある程度調べたりした。

悩んだ結果、「金髪なんて余程似合う人でもない限り、若い内にやっておかないと痛い外見になりかねないから今のうちにやっておくか。もう20代後半だけど。今を逃すとキツそう。」という考えに至り、

出来るだけ頭皮ダメージを与えないタイプ金髪ブリーチを買い、親に手伝って貰いつつ染めることにした。

染めている間は暇だというのは話には聞いていたが、本当に暇を持て余していた。あまり顔を動かせないのでTVをボーっと見つめている間に終わった。

髪を洗い流し、鏡を見て驚いた。鏡を見て抱いた第一印象は「誰だコイツ」。その一言に尽きた。

その日以来、鏡を見るたびに見慣れない自分の姿が映るので、家でも外出先でも、鏡に映った自分を見てはビクついていた。

 それから数日後、季節は真夏坊主では楽だった髪も長髪では話が違う。

夏は蒸れるわ、蒸れた影響で痒い。季節関わらなくても、ヘアジェル・シャンプーリンス量使うわ、洗うにも乾かすにも時間が掛かるわで徐々に自分の髪にストレスが溜まってきた。

坊主時代なら、シャンプーリンスもワンプッシュもいらない半プッシュで済むし、髪はパパッと洗えて、乾いたタオルで拭けばドライヤー要らずだった。正反対過ぎる状況にもはや限界だった。

 色々と惜しみつつも3mmのバリカン坊主にした。

あぁ、なんという素晴らしき事か、すこぶる気分が清々しい!こんなにも頭が軽いとは!世界は明るいぞ!!

なんて高揚した気分に浸りつつも、カットされた髪を見て「こんなに長かったのか……」と驚いた。そりゃ色々と髪に使うもの量減るのは当然か。

やはり自分には坊主が一番合ってて落ち着くみたいだ。七三分けや、オールバック姿の自分も嫌いじゃなかったけどね。



 そして坊主状態の私が、この文章を書いてて今思う事は「今度はスキンヘッドにしてみたい」という単純な願望だ。

2017-02-08

最近日本すごい!的な番組嫌悪感を抱く人が多いが

確かに多いと感じる、

それに対して「調子に乗るな!」「恥を知れ!」的な発想は、いかにも日本人らしくも感じます

しかしその批判はどれも表面的で、子供感想文の様な稚拙さを感じます

自然と感じるくらいに日本を称賛する番組は増えました。

でも昔からそういう番組があったわけではないです。

いつ頃から増えたか?それは5~6年前だと記憶します。

その時に何があったかと言えば、それは


東日本大震災


日本中に衝撃が走りました、しかしそれは世界中にも衝撃が走りました。

そして日本が驚いた事、それは「何で台湾が一番寄付金が多いの?」でした。

台湾日本がとても尊敬され、とても愛されている事を日本は知りませんでした。

でもその他の多くの国で、多額の寄付や援助、深い祈りを日本に向けて捧げてくれていました。

世界中で著名なスポーツ選手文化人アーティストなども一斉に心配や祈りをささげるメッセージを発してくれました。

日本世界中から尊敬や、愛を受けていました。

その事を連日の報道で見聞きする中で、自分の周りの友人知人の中から少なからず出てきた言葉が、


日本世界から嫌われているのかと思ってた…」でした。



昔、日本戦争世界中迷惑をかけたと、教育でも大人からもそう聞いていました。

バブル期には、アメリカへの自動車の輸出やアメリカ不動産の買い占めからジャパンバッシングが起こり、

その連日の報道はまるで、世界中から日本が嫌われているかのような内容でした。

日本の働き方はアリだと揶揄され、七三分け出っ歯メガネが同じスーツ着て一斉行進、

それがジャパニーズビジネスマンスタイルだと風刺されているという報道

ショックを受けながらも仕方がない、日本からと受け入れ、

天皇万歳は悪い事、日本万歳は悪い事、また昔みたいに迷惑かける国になるから

そんな考えが根底にあるのが普通でした。


でも日本戦後復興経済発展は、世界的に見ても奇跡的で、

多くの国で日本を手本にしようとしている事を知りませんでした。

日本世界中に、いろんな形で寄付や援助を戦後から長くしており、

その事に心から感謝している国も多く存在している事を知りませんでした。

日本終戦後、アジアの国の独立の為に現地に残り、戦い続けた日本兵

何千人もいて、その事に感謝をしている人たちがたくさんいる事を知りませんでした。


嫌われ者日本と思っていたのに、世界中感謝尊敬をしている国がある事、

それが震災の時の寄付支援で、日本がこんなにも世界と繋がっていたことに戦後初めて気が付いた。

そんな時でもあったと感じます


今の「日本はすごいんだ」という番組がもてはやされているのは、

そんな「日本世界嫌われ者」と永く感じながら過ごしてきた、その反動だと感じています

ただ、戦後初めての事なので、世界との距離感がまだつかめていないのも事実でしょう。

なので「日本人馬鹿じゃね?」と世界から思われるのも必然だと思います

そうやって距離感を学んでいくのでしょう。

そして波はいずれ収まります

きっとオリンピックが一つの節目になるでしょう。

それを踏まえて、戦後65年経ってから反動5年、まだ浮かれててもいいんではないでしょうかね。

2015-09-13

http://anond.hatelabo.jp/20150913040037

顔だと思うなー。もしくは体型。色黒だったりガタイ良かったり、きつそうな顔つきだったり軽そうだったり。

色白でガリガリで七三分けメガネだったら、誰も「飲めそう」とは言わないと思う

2015-06-25

床屋と俺

俺は床屋というものが苦手だ。

高校1年の晩春、初めて美容院なるものの予約をとった時に、

カットだけでよろしいですか?」

などと聞かれ動揺してしまったのを覚えている。

というか他にどんなコースがあるのか未だに知らない。

続けて

「ご指名はございますか?」

なんて聞かれてますます美容院が分からなくなった。

ホストクラブ勘違いして思わず

「星空ヒカル君をお願いします。」

なんて答えてしまったほどだ。嘘だ。

そんなシステムに馴染みの無い俺にはそれほど未知の世界だった。

散髪中の美容師さんとの会話もどうにも好きになれない。

全然知らない人とお喋りをするのは平気だが、床屋での会話はどうもやりづらい。

「そんな事より散髪に集中してくれよ。」

と思うのもあるし、美容師さんの視線も気になって気持ち悪い。

会話中でも美容師さんの視線は髪へ向いている。

わざわざ視線を合わさないで良い会話もあるのだが、それは気心の知れた仲の良い相手限定であって、

数回しか会ったことの無い君(美容師)との会話はそういうもんじゃないだろう!と思ってしまう。

散髪しながらこちらの話に調子を合わせる美容師のそれは、

散髪の間中どこか機械的な冷たさを俺に与え続ける。

親しげに話しかけるフリをしているがお前、別に俺に興味なんて無いだろう^^?

なんて言ってやったらどうなるだろうとか考えてしまう。イヤな性格である

このように美容院システムに拘束感を覚えてしまうのも、俺の美容院嫌いの一因だと思うのだが、

思えば俺は昔から散髪そのものが嫌いだというのもある。

散髪そのものにイヤな思い出が多すぎるのだ。

上記の通り美容院に行き始めたのは高校1年からなのだが、それまではどこで切っていたかというと、

確か散髪が一回千円の床屋である

から10秒ほど歩いたところにある『プラージュ』。

俺はそこで髪を切っていた。

どこかケバケバしい看板と畳一枚分くらいしか無い入り口

店内は奥に広くイスは15脚ほど並んでいるが、元プラージュ常連の俺のメモリーによれば、

満席どころか5つ埋まっているところも見たことがない。

そんな床屋がなぜ10年以上も営業を続けていられるのかは謎であるが、俺はそこで切っていたのである

中3まで。

中学2年の時であったか

所属していたバスケ部練習試合が午後からあったのだが、

まりにも伸びすぎた髪で試合に出るのは憚られた為、

「パパっと切ってもらうか。」

といった軽い気持ちで午前のうちにプラージュに赴いた俺。

安さも魅力であるがなんといっても15分足らずで終わる手軽さが良い。

店に入るとやはり客は俺一人。

普段無愛想な中年の店員が何故かあの日は元気に「らっしゃい!」と言っていた。

良い事でもあったのだろうか。

俺には関係ない話だ。

やはり元気よく「どうしますか!」と聞いてくる店員。

要望を伝えたところで、今までその通りにしてくれた事など無い事を俺は知っている。

「前髪はギザギザで…」

と伝えても終わってみれば必ず前髪は綺麗に揃っていたし、

「全体を2センチくらいずつ切ってください。」

と伝えた時にはほとんど河童のようになっていた。

産毛を剃るために出したのだと思っていたバリカンで急に後頭部を刈りだした時にはさすがに

「ちょっ…!」

とは言いかけたものの時すでに遅し。順調に刈り上げは進んでおり、いよいよ河童っぽくなっている鏡の中のアイツ、もとい俺。俺がアイツで、アイツが俺で。

線の細さも相まってさぞ河童に見えた事であろう。

河童という結果は「全体を2センチくらいずつ切ってください。」という要望によるものだ。

どういうフィルターを経て「全体を2cm」→「河童」になるのか。

千人で伝言ゲームをしても、もう少し寄せられるはずだ。

そんな店員に要望を伝えたところで何も叶わないのは分かっているので、

「この後用事あるんで、どの場所も3センチ以上は切らないでください。」

と短く伝えた後は、15分間ヤツの手元を見張る作業に費やすことにした。

15分間後には見張りの成果か、まぁ見れない事は無い髪型が鏡の向こうにあった。

じゃあ髪の毛流しますね~って事でやたら熱いシャワーを頭に浴びせられる。

ドライヤーで乾かしている間に、見張りの反動か、少し眠くなり、うつらうつらしてくる。

不安もあったが、既に髪の毛は切り終えたわけだし大丈夫だろうと、眠ってしまった。

目が覚め、正面の鏡を見やると、ポマードガチガチに固められた七三分け少年が座っていた。

これは…?誰…?…俺?

動揺している俺に店員は上機嫌に言う。

『このあと用事あるんやろ?男の子やったらオシャレしていかなアカン!』

バスケ試合に?この髪形で?

会計時に不要ビニール袋を貰う。なぜ俺は千円も払って七三分けに…。寝ていた俺には分からない。

店を出た瞬間にビニール袋を頭に被り、半泣きになりながら自転車立ちこぎで家までかっ飛ばす。

「おちない……おちない……。

この髪についたポマードがいくら洗ってもおちないよ……。」

俺の散髪嫌い。

かような次第である

 
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん