「捨て犬」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 捨て犬とは

2021-06-05

キンモクセイわんこ

庭に金木犀を植えたいと言って、苗木をホームセンターで買ったのは小学生の頃だった。テレビか本か、何かに影響を受けて憧れて買ったその苗木は、植えてすぐに虫がつき、葉はいつでも穴があいてひょろっとした実に貧弱な様子で、ただただ背丈だけを伸ばしていた。

葉付きも悪い病気持ちの金木犀につく花は僅かばかりで、正直植えて数年は自慢の匂いすら薄かった記憶がある。

そうして鳴り物入りで入ってきた若木の前に、我が家の小さな庭には外飼いのわんこがいた。飼い主の知識不足によって、若いからフィラリアにかかりずっと病気と闘っていた犬である。そういうと一見可哀想様相だが、この犬は平均以上に丈夫な身体を持っていた。大きな身体と、ちょっとだけ荒い気性もあって外目には彼が病気でずっと薬を飲んでいるような犬には見えなかったと思う。

たまの発作で苦しむことはあれど、それ以外は概ね元気な子だった。

そんなわんこは持ち前の丈夫さで、大きい体躯ながら15年ほど生きた。

我が家ヒーローはある日突然階段を転がるようにいっきに容態を崩し、あっという間に天に旅立ってしまった。

そうして、彼がいなくなった頃から帰宅する度に寂しい思いをしていた庭に大きな存在が目につくようになる。

あれほど何をしても貧弱だった金木犀がみるみるうちに枝葉を伸ばしはじめたのだ。薬をやめたにも関わらず、自分から病気を跳ね返し、翌年には幹を太くさせ、初めて大量の花をつけた。

ただの偶然だったのかもしれない。それでも病気の割りに驚くほど元気だった犬を思うと、この木から生命力を分けてもらっていたのか?と考えずには居られない。誰に言っても変な顔をされるが、あの木もわんこを助けてくれていたのだ、と私は思うようになった。

そうして、いくらも間を置かずに生後間もない捨て犬が寂しい我が家に転がりこんでくることとなる。二代目は初代とはまるで違う性格自由奔放な犬であった。我が儘しほうだいの彼女は、初期のワクチンも手伝い、大きな大病もなく育ったが、晩年脳梗塞を数度起こし、幾度となく快復しながらも、最後には寝たきりのまま逝ってしまった。二代目を亡くして日が浅いので、つい元気のない時ばかりを思い出すが、そんな彼女は19年と半年を生きた。中型犬にしては大往生といえるだろう。脳梗塞から三年ほどは眩暈と痙攣を繰り返し、何度も獣医後遺症が残るかもと言われながらきっちり後遺症なく復活する姿はとても逞しかった。倒れたときすら今度も、と皆が思ったけれど、流石に本人の体力も限界だったのだろう。最後までよく頑張ってくれた子だった。

しかし、二代目が息を引き取る3日前。家族金木犀の枝の殆んどを切り落とした。あの日を境に元気になった木は隣の家に迷惑をかける程に成長した為、仕方のない剪定ではあったが、整えるというにはやりすぎな程すっきりした姿に絶句したものだ。ただの迷信。ただの偶然。それでも、金木犀自分が生きるための力を注いだがために、二代目の不思議な元気の糸が切れてしまったのでは?と思うのを止められない。

無残に切られた金木犀は、一年程の花は見られないと言われながらその年には新しい枝を伸ばし、見事満開の花を開かせた。実に生命力の強い木である

元気なわんこたちを見守ってくれていた、うちの守り神は、いまも元気に相棒のいない小さな庭に君臨している。

2021-05-24

ペットが値上がりしすぎている

最近たまたま通りかかったペットショップを覗いたら、犬が昔の数倍に値上がりしてた。おそらくコロナで家にいるから飼う人が増えてるんだろう。

自分は犬を飼った経験も見送った経験もあるから言いたいが、本当に凄い生き物だぞ犬は。無条件に飼い主を愛してくれて、落ち込んでる時は励ましてくれるし、人間テンション上がるとつられて楽しくなっちゃうのも可愛い人間より早く歳をとり、最後自分の身をもって命の大切さを飼い主に教えてくれる。

これから捨て犬が増えないことを願う。

2021-05-14

頼む、犬の迷子札や鑑札はつけてくれ

2日前、散歩中にリードが取れてうちの犬行方不明になった。

幸い、迷っていた所を保護され、首輪につけていた鑑札によって連絡が行き、自分が回収に向かい今では餌を食べてグースカ寝ている。

保健所で犬を連れてきて貰う間、少しだけ職員の方と話をした。

あくまでも自分地域管轄で言うと、

・昔は野良犬が多かったが今では飼い犬が迷ったケースか捨て犬のケースが多い

・どう見ても飼犬なのに、鑑札や迷子札がないのでそのまま保護団体に引き取られたり、運が悪ければそのまま安楽死になる

・手製の迷子札も携帯番号が変わっていたり、住所が変わるとどうしようもない(よくあるらしい)

・最強なのが鑑札。行政を通じて登録されている飼い主に連絡がいく

とのこと。

かに鑑札札が見栄え良くないのは分かるけど、つけていると付けてないとでは迷った時に助かることが多い。

2020-12-13

実家の裏山が切り崩されてソーラーパネルが設置されることになった

その一報を父から聞いて胸中に去来したのは、幼き日の思い出ではなく、むしろ長じてから度々意識した故郷の衰退のイメージだった。

元より地場産業として誇れるものが取り立ててあったわけではない地元は、緩やかだが確実な経済的衰退と人口減少の影響を受け、公共施設老朽化や各種インフラ経年劣化という形で自治体としてのほうれい線を隠す術を失っていった。

それでも、いや、それゆえに明確な転換点などなく、ただゆっくりとした老化から鈍感なふりをし続けた首長自治体、そして何より住民が半ば共犯のように地元の腐敗と死滅とを看過していった。

からこそ、いまさら太陽光発電などで延命を図ろうとする醜さにほとほと嫌気が差した、その実感があった。

それでも友人の結婚式に出席するために数年ぶりに帰省してみると、どうも聞いていた状況と乖離があったために改めて確認を取ったところ、どうやらこの度設置が決まったのはソーラーパネルではなく、例の宇宙太陽光発電の受電設備ということらしかった。

年齢を重ねたが故に知識と語彙の更新をやめた父をいまさら責める気も起きず、数か月前にニュースサイトで多少話題になっていたトピックに思いを馳せることで2次会の無聊を慰めていた。

令和4n-21年に決定された第n次エネルギー基本計画では、ついに原子力発電の占める発電電力量の占める割合が0%になった。

平成震災とそれに連なる事故以降窮地に立たされていた原子力産業はついに時勢に降参し、明るい未来エネルギーから歴史教科書上の記述となることを選んだ、という建前を本気にしている奴は少々イデオロギーに傾倒しすぎているきらいがある。

現実は、国内ソーラーパネルメーカーの開発した、そこまで安価とは言えないまでもそこそこ効率改善の図られた新型パネル推したい産業界が、細々と開発を続けていた国産ロケットペイロードの使い途を探していた経産文科省に仮託した、おままごとのような科学技術国威発揚煽りを受けた全廃、と言ったところだ。

どこまで行っても消極的な退場に、却って日本という国を感じざるを得ず、左派メディアのこじんまりとした勝利宣言にわざわざ難癖を付ける余力もなかったと見え、平成後期から令和初頭に掛けてあれほど紙面を賑わした役者とは思えぬほど粛々としたレームダック期を享受していた。

実際、人々とメディアの関心は、中国による、気前の良い提供と、経済協力を人質に取った押し付け中間の様な形で供与された受精遺伝子改変技術をどれだけ受け入れるかという議論にあった。

(科学技術という側面において現代日本中国に対して如何にサブジェクト・トゥしているか、という話だ。宇宙太陽光発電所はさながらパクス・シニカに立ち向かうドン・キホーテのようだ、と明に暗に揶揄された。)

米原子力協定の次回更新がないことは誰の目に見ても明らかであり、山のように余っているMOX燃料の行き先はIAEAも知らないようだった。

そんなことだから中間貯蔵施設という名目の、事実上最終処分場たる六ヶ所にすべてを押し付け政府行政と大多数の国民NIMBY精神遺憾なく発揮することで各々の精神の安寧を獲得していった。

とにかく、ことの主犯たる国産宇宙太陽光発電所は「ひかり」という、加齢臭むせ返る横文字候補からはなんとか逃げ果せた通称を拝命し、20GWもの大電力を供給し始め、東京万博会場の灯りが一斉に点った日をもってひとまずのプロジェクト成功と見る向きもあった。

(日本による宇宙開発の数少ない世界成功に肖って「はやぶさ」なんてネーミングを推す動きもあったが、流石にこの国にも一抹ながら恥の概念は残っていたらしい。また、「まりし」などという旧動燃残留思念、いや怨念が具現化したかのような案も提出されていたもと聞くが、真偽の程は定かではない。)

実際、こんな大規模プロジェクトを実行する能力エネルギーをこの国がいまだに持っていたことに驚いた。

ただ、ひかりから降り注ぐ高密度マイクロ波分散して受電する設備、すなわち受電所の立地が不足していると言う問題は依然として解決の目を見ていなかった。

安全よりも安心を求める国民性に変わりはなく(「焼き鳥デモ」の映像を見たときは流石に乾いた笑いしか出なかった)、電源交付金雀の涙と来れば宜なるかな積極的に手を挙げるごく少数の自治体は奇異の目で見られた。

とはいえ、大流量の循環水系のために沿岸部であることが求められる汽力発電でもなく、大規模な河川と高低差が求められる水力発電でもなく、只広い土地さえあれば良いというだけの必要十分条件は今まで大規模電源立地となることなど考えもしなかった自治体の目には福音として映ったらしく、それらの首長は新たな時代権益ホルダーとなることを選んでいった。

反対に、新規基準適合審査の遅々とした進展と繰り返される住民訴訟、そして最終的な結論としての廃炉の影響をもろに受けた原子力立地の反応はさっぱりであり、政治の影響をもろに受ける歳入に頭を悩ませられるエネルギー立地はもう懲り懲りと言った風情で、役人の誘いをアイリスアウトの向こう側に押しやっていた。

結局、ひかり設計容量のすべてを受電するに必要な30GW分の受電所を運開当初から用意することを諦め、漸次募集という名の先送りを決定した政府は経産文科省を矢面に立たせることを選び、自らは飄々としていたというのだから大したものだ。

結局、運開から5年が経過した段階でもひかりの擁する200k㎡に及ぶパネル3分の1は折り畳まれたままであり、白衣十人黒衣五人などと不必要比喩披露した大臣メディアの総バッシングを浴びる権利を恣にしていた。

そうした、古式ゆかしい伝統的な時勢の中で、2次立地募集に手を挙げた自治体の内の1つが、我が郷里だったのである

「親父が色々動き回ってたみたいなんだけど、さ。正直言うと、あんま関わりたくないなってのがあって」

私の友人であり本日の助演男優、またの名を新郎が、半分ほど空けたアサヒビールのジョッキをテーブルに慎重に据えながら、疲労を隠さぬ赤ら顔で言う。

彼の父親町議を務めており、「太郎」というシンプルすぎる名前出馬を見越して付けた名前だと言っていた。

(国政選挙に出るわけでもないのにな、とは彼の自嘲だ。)

その親父さんはどうやらこの度の誘致に際し懸命に旗を振っていたという。

しかし、僅かばかりとは言え受け取る交付金と、"多少の"造成による環境破壊と、電源立地になるという誇り(この価値観だけは共有が出来なさそうだ)と、それら3つをとりまく可愛らしい権力闘争の予感に、父親の説得と説教とに玉虫色の回答を重ねることでのらりくらりと回答の明言を避けてきたのだという。

彼のこの手の身のこなしは素直に凄いと思うし、そうした人付き合いに嫌気が差していた、というのは私の上京に係る動機の半分を占める。

「でもお前、今更そんなこと訊いてくるだなんて、本当にここの人間じゃなくなっちまったんだな」

この地でこの話題が取り沙汰され始めたのは軽く2年以上は前だという。

誘致か否かで侃侃諤諤の論争があり、どこに建てるかでまた侃々諤々の論争があり、さら用地買収に係るあれやこれやのトラブルがあり、それでも最終決定がなされたのがひと月前というのだから、どれほど地元の世情に疎くなっているかを実感させられる。

あるいは、上京して好き放題やっている(ように見える)私に対する軽蔑嫉妬の念が多少なりとも混じっていたのかも知れない。

なるほど、確かに私には家庭もなく、親族との濃密な付き合いもなく、仕事周りの土地付き合いもなく、自由気ままにやっていると言われても反論する材料がないことに気づく。

であるなら、こんな日くらい友人の愚痴と誹りを受ける義務も果たすべきだろう。

そう思って、コークハイを傍らに、言葉少なに彼の言葉に相槌を打つことに決める。

まったく、本当に大変な役回りだと思う。

返す返す、自分には出来る気がしない。

翌朝、久々に実家の自室で目を覚ますと(物置と化していなかったことに驚いた、こうした面に関する母の義理堅さには感謝しても仕切れない)、やはり気になっていた裏山に足を伸ばした。

アルコールが多少残ってはいたが、丁度良い運動だと体に言い聞かせて路を辿っていく。

子供の時から変わらない、というのはフィクションの中にだけ許される情景で、長らく人の手が入っていないことを伺わせる荒れ様には流石に心のどこかが痛んだ。

…いや、いや。

地元を出て戻らぬお前に心を痛める権利などあるのか?

よそ者同然と化したお前が捨て犬に見せるような仏心を発揮して碌なことになるのか?

もはや何も言う権利などないことに遅ればせながら気付き、せめて在りし日の遊び場の記憶が損なわれぬよう、路の途中で踵を返した。

もう2度と見れぬであろう山の景色を視界から追いやり、そういえば客先から急ぎの問い合わせを受けていたな、などと頭からも追いやり、足早に帰路に就いた。

帰路。

実家への帰路か、東京への帰路か、自問せずとも回答は明白だった。

思い出深き裏山は、もはや私の裏庭ではない。

2020-11-16

ホームレス異文化扱いの件

https://note.com/ikeay/n/nad1517232125

これね。ホームレスという異文化からは学ぶところがある、差別などではなく素直に見習いたいと思う、というやつ。

これを書いた人は差別意識が一切ないって言ってるけど、あるじゃん、と思ってしまった。

「あるものや拾ったものだけで欲しい物を作る」「なんでも直して使う」って、

別に家持ちでもやってる人はいると思うんだよね。

でもそれを記事にしたところで最優秀賞にはならないし、この人も採り上げようと思わないはず。

なんでかって、やっぱり「ホームレス」というラベル価値があるからなんだよね。

普通の人でもやれる徹底的なDIYも、ホームレスがやると「素晴らしい異文化」になる。

そこに差別的な意識がないと、どうやって言えるんだろう。

ホームレスなんてどうしようもない存在だと思ってたけど実は学ぶところがあった、すごい!」

自分無意識下には、そんな「捨て犬に優しくする不良が必要以上によく見えるギャップ萌え」的な思考があるんじゃないか

そういう自問を行った形跡でもあれば、まだ良かったけどね。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

まあ実際、ホームレスになんてなりたくないし、近寄りたくもないよ。

一方でホームレス生活に興味がないと言えば嘘になる。

冬場とかどうしてんのかな、とか思うし。

工夫して何とかしてると分かれば「へー!」と思うだろう。

でもそれは、下世話な部類の興味だよね。

せめて自分の興味が下世話なものだと自覚したうえで生きていたい。

上の記事の人はその自覚がまったくなくて、

しろ自分清廉潔白さに深い自信を持っているように見えるから、とてもイラっとした。

2020-10-10

anond:20201010015515

捨て犬ちゃんに餌あげちゃったのか

はいつでも寂しがってみせるのよ

とくに若い女に対してね

手を噛まれる前に撤退できてよかったよかった

2020-08-28

動物虐待凶悪犯罪前兆」という割に……

少なくとも猫に関しては狂信的な猫飼いが凶悪事件を起こす方が多い。

猫の飼育規制した方がいいんじゃないのか?

割と冗談抜きで。

とび職(23)2009.3 岐阜市

保健所に押入り、収容されていた犬を逃がした23歳とび逮捕される。岐阜高山市で発生した事件容疑者23歳とび職は、飛騨保健所の窓ガラスを割り侵入し犬舎の鍵を破壊収容されていた捨て犬迷い犬などを逃がした。犯行1月1日28日の計2回。 2009年03月建造物侵入および器物損壊の疑いで逮捕される。 動機は「犬が可哀想なので逃がした」と供述、容疑を認めている。

林喜市(70)2009.8.27 船橋市

女性から野良猫の餌やりを注意され、その帰宅待ち伏せして包丁で刺殺。殺人容疑等で現行犯逮捕

近隣から苦情があるたびに逆上し、恫喝を繰り返していた。

平野幸男(73)2008.10.22  長崎市

犬の散歩に通りかかった男性を、餌やり中の野良猫が逃げたからと木刀で脅し、暴力行為容疑で逮捕

永吉教幸(72)2008.7.5  栃木県小山市ホームレス

寝泊まりしている公園野良猫を抱いた人を、猫を虐めていると勘違いし鉄パイプで殴り、現行犯逮捕

20歳夫婦 2008.7.3 福岡市

生後1ヶ月の乳児食事を与えず、育児放棄虐待死させる。保護責任者遺棄致死容疑で逮捕

乳児は猫のトイレにしていた段ボールに寝かせていた。「子供より猫の方が可愛かった」と供述

河田教晴(28)2008.6.19  大阪市

無職生活保護受給者で猫5匹飼う。餌代に困り何度もコンビニに押し入り、強盗容疑で逮捕

高田正雄(69)2008.6.5 神奈川県川崎市

アパート大家に餌やりを注意されて逆上し、サバイバルナイフ大家を刺殺、大家義理の娘にも重傷を負わせ、殺人及び傷害罪懲役22年の判決

中田光一(70)2007.7.27 大阪市

被害の苦情を言いに来たアパートの隣人を包丁で刺し、殺人未遂容疑で逮捕

静岡県伊東市の老人(81)2006.8.24

ペット禁止市営住宅で猫を放し飼いしていることを市に告げ口されたと妄想、上の階に住む姉妹に言い掛かりを付けた挙げ句にノコギリで殴り、傷害容疑で逮捕

中島数男(73)2005.4.24 兵庫県尼崎市

猫の餌付けに苦情を言った人の部屋へ包丁を持って押し込み乱闘に。暴力行為(脅迫)容疑で逮捕

荒木正道(60)2005.8.29 埼玉県吹上町

猫糞迷惑していた隣人を金属バットで小突くなどして、傷害容疑で逮捕

藤田英久(52)2003.12.8 大阪府貝塚市

電車に轢かれた猫の仕返しに、線路自転車タイヤ段ボール、石などを置き、往来危険容疑で逮捕。<<

2020-08-24

anond:20200824193234

世間ではペットショップで買うなと散々言われているけどいざ捨て犬から引き取ろうとするとおかし団体とお近づきにならなければいけない歪さ

2020-07-29

anond:20200729144500

田舎の山に行けばいるぞ。野犬が

野犬 日本 山 で検索するのじゃ

2020/07/26 BS日テレ 【NNNドキュメント’20】

野犬と飼い犬・殺処分ゼロの裏側で

石川県能登半島の最北部・奥能登に野犬と呼ばれる犬がいる。

昨年、珠洲市唐笠町の山の中での捕獲作業に同行した。

檻が設置された牧場は長年、野犬に悩まされてきた。

野犬はいたるところにいる。

一昨年の調査では奥能登で、およそ50匹の野犬が確認されている。

檻を仕掛けた牧場以外にも被害確認されている。

牛が野犬に噛まれたり、猫が野犬に殺されたりしている。

野犬は警戒心が強いため、檻にかかる犬はいない。

「野犬の最大の問題点は、狂犬病発症可能性があること」「人獣共通感染症危険性もある」と指摘する広島大学・谷田創教授

狂犬病発症した場合、致死率はほぼ100%(日本では1956年以降、感染した犬は見つかっていない)。

人やペットに移るほかの感染症もあるため、野犬を放置するのは危険

環境省ホームページ統計紹介。

47都道府県すべてで飼い主の分からない野犬や捨て犬保護されている。

2019-12-06

「猫を保護した」って言い方が引っかかる

「拾った」で良くない?なんか、自分を良い人に見せたくて必死な感じする。

もちろん、何か危険が身近にあってそこから避難させる意味保護する場合はいいんだけどさ。

保護…どうせ捨て犬保護しないんでしょ?多頭飼いの家に訪問して本当に保護活動してるNPO寄付したりしたことある?

なんか、盲目的な猫好きには警戒心を抱いてしまう。

2019-11-27

[]2019年11月26日火曜日増田

時間記事文字数文字数平均文字数中央値
00909771108.650
018610302119.844.5
02255360214.471
03868986.149
0441185296.3263
05134369336.138
0624217990.846.5
0736248469.037.5
0866578087.637.5
091241113289.853.5
101271100086.636
111571034065.937
121721597092.829
138511679137.446
14112821773.436.5
1511615300131.938.5
16137830260.624
172151128152.529
181981567379.231
191671126867.524
2013513734101.725
211861118060.121.5
221401099378.534.5
23152951862.628.5
1日257521770684.533

本日の急増単語 ()内の数字単語が含まれ記事

IUD(5), 自動リンク(7), forbes(4), コネクト(5), 捨て犬(3), the sky(4), アンチフェミニズム(3), 大丸(5), エルサ(6), 11月25日(3), 産婦(3), 女性参政権(3), WiMAX(3), 中絶(19), ピル(10), 避妊(14), 社会学(8), クリスマス(7), November(6), アクション(13), 登山(5), 18歳(6), 上野千鶴子(6), 親子(10), 孫(9), フェミニズム(24), 少年漫画(7), よ~(8), 鬼(9), 停止(13), ガイジ(15), 娘(34), 妊娠(19), ポケモン(10), おもう(16), なろう(9), スタッフ(9), お気持ち(20), article(10)

頻出トラックバック先 ()内の数字は被トラックバック件数

自分はもう中年なんだなあと思う瞬間 /20191126095304(15), ■セルフレジに並ぶ人が信じられない /20191125132022(14), ■ /20191126112408(14), ■時代劇はなぜ廃れたのか /20191125201233(14), ■焼け石に水 /20191126141858(13), ■クリスマスケーキを食べる奴は素人 /20191118210329(12), ■女がグイグイきて男がうっとしがる漫画 /20191126114943(12), ■パンチラをしてみたいんだが男がやっても逮捕されない方法ある? /20191126122206(11), ■みんなが好きだと思わないで /20191126162331(11), ■人狼ってどうやってゲームとして成立してるんだろう /20191126094509(10), ■父親セクハラ?されてほんと無理 /20191126185352(10), ■友達彼氏Googleで嫌だ /20191126034326(10), ■昼夜逆転の直し方 /20191125115919(9), ■女がちやほやされる年齢 /20191126120238(9), ■きっしょくわるい小6誘拐犯には全然騒がないフェミ /20191126152429(9), ■鬼滅の刃のお色気担当 /20191126221800(8), ■私は車が運転できない。 /20191126212426(8), ■創価学会員だった彼氏と別れた話 /20191126155906(7), ■きもちわるいよ /20191125170812(7), ■部下が定時で帰り始めた /20191126083011(7)

増田合計ブックマーク数 ()内の数字は1日の増減

6816103(4086)

2019-11-26

anond:20191126154934

捨て犬は親切心って感じするけど

どうもこの手の事件には成人男性女児を、というパターンが多くて

純粋に「弱い生き物を助けたかったんだろうな」とは思いにくいんだよね

同じくらい、成人女性男児を、とか、成人男性男児を、って事件も起きてたら人間習性ってかんじするけど

anond:20191126153654

ものすごい拡大解釈だけど、捨て犬保護する感覚の人もいるんだろうね…。

お腹いっぱいご飯食べさせてあげたいとか、困ってる事を聞いてあげて力になりたいとか。

まあ、接触する前に警察とか児童相談所に繋いだり(繋ぐように促したり)、仮に接触してしまったとしても親御さんに連絡を入れるだろうから

良い印象はないわな…。

2019-07-19

名前は「たぬ」

近所のおじさんがカラスに襲われてる子犬保護してきた。

黒くてふわふわなやつ。

の子供みたいなんで名前はたぬ。

捨て犬かなって飼ってた。


狸じゃなくて狐だったよ。

2019-05-29

anond:20190528200636

1個だけだとなー

"不良が捨て犬にエサやってたからいい人"現象の逆って感じだな

せめてあと10個ぐらいshufuoとやらの非道コメントを探して来てくれ

期待しています

追記 本人じゃねーよw

shufuoとかいうウスラバカがどうなろうが知ったこっちゃねえし、寧ろ笑いものにしてやりてえ

ホレ、早くしろ

期待してまーすw

追記その2

ありがとう。笑わせてもらった

死ねばいいのに」は一発レッドカード級だ

shufuo=軽佻浮薄野郎のレッテル貼っていいな

それと俺も早くしろよ等と煽り返した事は謝る。すまんかった

2019-03-12

anond:20190312110559

ただ単にノライヌやノラネコ繁殖家という素人繁殖を撲滅したら道筋が見えるのに

ペットショップがとかブリーダーがとか

捨て犬猫とかいうのってほんとデータみてない。

2018-08-22

悪いことをしたうえで「悪いことをもっとする」と言っている人。

悪いことをしたけど「悪いことをするのはよくない」と言っている人。

後者を猛烈に批判する増田

捨て犬を拾う不良の逆パターンと言えるだろう。

2017-12-27

anond:20171227105410

説明しようという必死さが、見捨てようと思ってもついてくる捨て犬感があっていいですね>増田童貞

2017-12-22

https://anond.hatelabo.jp/20171222112620

死ぬのわかってるからこそ

捨て猫、捨て犬も少なかったと思う

これがもう少し南に行くとわからないけど

2017-11-26

https://anond.hatelabo.jp/20171121195656

ニートは基本働かないのでギャップ萌えみたいなものでは

DQNは雨の日に捨て犬に優しくしてたらめっちゃ褒められる

2017-10-25

ヤンキーっぽい芋

薩摩芋とか紫芋とかなんであんな毒々しい色してんのに

めちゃくちゃ優しい味がするの!?

教えてアルプスのおじいさん、教えてー!

まさしくひらがなで書き記したいほのかな甘さだよ!

これはまさしくあれだよ、

ゴリゴリヤンキーが実は兄弟思いの長男坊で捨て犬を拾って帰ったことがある的なやつだよ!!

2017-05-05

父さんは立派だった

父さんの仕事は生き物がらみの肉体労働だった。

休みは無かった。週に2回程度、泊り込みがあった。

朝早くに出勤して、6時くらいには帰宅していた。

年に4回くらい、有給を取ってキャンプスキーに行ったのを覚えている。

給料が良かったかどうかは分からない(割といい方だと言っていたが数字で教えてもらったことは無い)。

一軒家を建てて、二人の子供を短大はいえ曲がりなりにも社会人にしたのだから、やはり悪くなかったのだと思う。

なんだかんだで夕食はいつも家族で食べていたし、一緒に町に買い物にもいけた。

捨て犬を拾ってきたりしてドタバタしたこともあったけど、一番面倒を見て可愛がったのも父さんだった。

俺は可愛がるだけ可愛がってろくに世話もしなかった。犬が何年生きるかも知らなかったのだから気楽なものだ。

いろいろあって、うまくいかなかったときもあったけど、概ね良い父さんだったと思う。

自分はどうだ?

ものづくり(笑)とやらの仕事につき、故郷から地縁血縁から離れて、毎晩9時過ぎまで仕事して、

家族も持たず、よく言えば自由に、悪く言えば無思慮に暮らしている。

時代が違う、と言ってしまえばそれまでかもしれないが、俺は父さんみたいになれそうにない。

父さんは立派だった。気がつくのが遅すぎた。

2016-10-24

http://anond.hatelabo.jp/20161023223604

そこら辺を歩く"野良犬"はほとんど居ないと思いますが、捨てられて山に住み野犬になっているパターンもあります

飼い主に捨てられた"捨て犬"は減っては来ていますが、今も少なくない数居ます

http://ryukyushimpo.jp/news/entry-350853.html:「飼い犬捨てないで」 国頭に野犬の群れ数十匹 人追い、クイナ殺す - 琉球新報 - 沖縄新聞地域ニュース]

http://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/2_data/statistics/dog-cat.html:環境省_統計資料 「犬・猫の引取り及び負傷動物収容状況」]

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん