「アレルギー」を含む日記 RSS

はてなキーワード: アレルギーとは

2017-04-22

飼ってたインコが死んだ。

名前ピー助。雛から育てて、もうじき丸7年になるところだった。

俺はずっとピー助と二人で暮らしてきた。来月には40歳誕生日を祝ってもらうつもりだった。それなのに。

どうして死んじまったのか。原因はわからない。医者金属アレルギーかもしれないと言う。

はいつも気が向くとピー助を籠から出して、部屋で一緒に遊んでた。その時に何か毒になるものを啄んでしまったのかもしれないと医者はいう。だとしたら完全に俺のせいだ。注意が足りなかった。後悔で胸がつぶれる

ピー助が喋る言葉芸人フレーズばかりだった。「ワイルドだろ~」「そんなの関係ねえ!」「ダメよ~、ダメダメ!」今となっては時代遅れギャグばかりだ。ピー助が喋るたびに部屋には微妙空気が流れた。「すべってるぞ」俺は小声でつっこむのが精一杯だった。まあ、ぜんぶ俺が教えたんだけどな。ごめん。学がないからろくな言葉を教えられなかったよ。

俺が最後に聞いたおまえの言葉は「あったかいんだから~」だった。ピー助、俺は今、寒くて淋しくて死にそうだよ。

ピー助を飼うまで、俺はインコという生物をなめてた。インコは嬉しいことがあると笑うし、すねることもあるし、怒ると目をつり上げて抗議する。顎をなぜてやると、うっとりして満足そうに目を細める。本当だよ。そういうことを酒場で話すとみんな笑うけどな。

ピー助のおかげでヤクザから足を洗うことができた。おまえと笑い合って過ごしてるうちに、毎日穏やかに暮らしたいと思うようになったんだ。

色々とうまくいかなくて、一番荒れてた時、俺は商売用のシャブに手を出そうとした。パケの封を切って、炙る寸前まで行った。そしたらおまえが呟いた。「ダメよ~、ダメダメ!」何度も何度も。あそこでピー助が止めてくれなきゃ、今頃俺は廃人だった。

堅気になり、今はしがない皿洗いだけど、50を過ぎたら店を出すのが夢なんだ。店にはピー助の写真を飾りたい。

結婚もしたいね最近は一人寝が堪えるよ。

さようならピー助。背中におまえの刺青を掘ろうかと思ったが、それはやめておくよ。俺はもうカタギだしな。

2017-04-21

好き嫌いの多い彼女

食べ物好き嫌いはある程度仕方ないものだと思っている。

だけど嫌いな食べ物を”そんなもの”呼ばわりしたり、見るだけで吐く(実際は吐いたりしないのに)等といちゃもんを付けるのが嫌だ。

しかも友人同士でその食べ物が美味しいねという話をしている所で。

まあまあ、それが好きな人もいるんだしと窘めると激高して、そんなもの好きな人おかしい味覚が狂っていると言い出す始末。

嫌いなものを嫌いでいるのはどうぞご勝手にだが、なぜそれをアピールし、意見が違う人を貶める必要があるのか理解に苦しむ。

ちなみに彼女が嫌いなものを知っているだけ挙げると、ピーマン、玉ねぎ人参ねぎ、煮魚、焼き魚魚卵レバー、ひき肉、きのこ類、牛乳マーガリンコーヒー

ただハンバーグ大好物で、アレルギー等は一切無いそうだ。

2017-04-13

唐揚げレモン論争とかどうでもいい

こういうエスパー同士の読み合いみたいのは本当に本当にどうでもいい。

誰に一番腹が立つかって言うと「唐揚げレモンをかける事に大きな意味がある」っていう主張するヤツにだね。どうでもいいんだよ。取るに足らない事なんだから。そこで気遣いを測るみたいに主張するヤツが一番のクズで最悪。それは気遣っているフリをして、そう認識されていヤツの自己満足で、本当は一番迷惑行為なのに、本人は「オレは気遣えるヤツ」って得心しているワケでしょ?本当にそいつ諸悪の根源じゃん。そいつが一番最低最悪。

個人的にどうするか?って言えば、必要不要な人がいるから、自分から揚げを取ってそれだけにかけたい。だけど、誰かが全部にいきわたらせるために全てにかけても気にしないし、自分のだけにかける事で、誰かがレモンしから揚げを食べる事になるのは、我慢して欲しいと思う。だって、取るに足らない事なんだから。多少の好みはあっても、アレルギーでも無ければ、どっちでも大差ないでしょ?どうしてもって言うなら、追加で頼んで。面倒なヤツだとは思うけど、それは受け入れるから

『「唐揚げレモンかけるよ!」って聞くのが気遣い出来る事です』って言い出したヤツが一番の社会ダニだよ。

職場のアンディの話

アンディが部署移動して1年たったので忘れないうちに残しておこうと思う。

5年前私が入った頃の職場は、男は営業、女は内勤で電話対応お茶出しの、昔ながらの男尊女卑社会実家みほんわか女子達が結婚したら退職するような職場で、私もお茶だしで給料もらえるのラッキーくらいの気持ちで働いてた。

しか社長が変わり、就職氷河期採用基準も変わったのか3年前に、駅弁既卒の元気いっぱいなジャイ子似が採用された。上京してきた彼女のためだけに、家賃手当の制度も作られた。

彼女営業志望だったみたいだけど、私と同じ経理になり、女性社員なので自動的に内勤の一般職になった。

仕事を教えるうちにミスが多く、メモもしないので業務をすぐ忘れること、更に間違いを指摘すると「そういった指示は受けておりません」忘れていることを指摘すると「これからやるところでした」と言ってくることが解ってきたが、誰にも言わなかった。

何より、自分自身ミスすることがあるのに「お前が言うな」と思われそうで怖かった。

彼女会社通信教育簿記3級と2級の教材を一気に取り、試験も1日に2つ受けると言っていて、駅弁卒はさすがだなと思っていたら、3級すら受からなかった。更に半年後、二回目の簿記試験翌日の昼休みに、「おととい本当に本当に嫌なことがあって!イライラして眠れなくて試験中も全く集中できなくて!自分自身ストレス耐性の低さに愕然しました!!!」と話しているのが聞こえた。不合格の結果が出た後、同じ言い訳上司にもしてた。

前日嫌なことがなければ全問正解なはずなのにかわいそうだなーと思いながら、twitterで「簿記」「ストレス耐性」と検索してみたら案の定彼女アカウント発見名前はアンディだった。

アンディのtwitterはほぼfgoへの課金の話だったが、たまーに「弊社」の話が出てきた。

私は「弊社意識低すぎるほんとに」などのツイートを、このころ仲良くなった同い年の同僚にスクショしては送るという下衆行為に夢中になった。

アンディはこの頃にはもう事務作業ばかりの仕事が嫌になっていて、Excelの式が抜けていることを上司に指摘されてもむすっとしていたり、私の居場所はここじゃない!もっと活躍できる場が!と飲みの席で社長アピールしていた。

私は、アンディに注意しても言い返されるので、ミスを見つけたら直し、忘れていたらやっておくようになった。そんな私をアンディは「女性事務員」として扱うようになり、「私ハンコ押すの苦手なんでやってください」「私日光アレルギーなので明日から通帳記帳に行くの代わってください」と雑用を頼むようになってきた。私はアンディを大先輩だと思うようにして引き受けてしまっていた。

そんなある日、総務人事部部長がアンディのところにやって来て「新卒採用の手伝いをして欲しいんだけど」と言った。アンディは目を輝かせた。どうやら社長が、あんな優秀な子に事務やらせているのはもったいないから何かやらせてやれと言ったみたい。

予想以上に長くなってしまったのでここで一旦切ります。次回はアンディパンツスーツで大活躍編です。

2017-04-10

体は正直。ついにアレルギー発症した。

ここ数か月、時間精神的にも余裕があるのにどういうわけか家事ほとんどできてない。

本当の自分ライバルがいないと燃えないし、絶対超えてやるって思うから努力できる。

でも今は。自分的にそこそこで落ち着いた今は何もない。

穏やかな生活より、ボロボロでもやる気があった頃の方が生きてる実感があった。

どっちが幸せかって聞かれたら、今の方が幸せだってはっきり言い切れるのに。

病院帰りに寄ったスーパーで、ピザポテトが販売休止になるのを思い出して初めて買ってみた。

もう手に入らないかもって思うと、要らなくても欲しくなるんだよな。

http://anond.hatelabo.jp/20170410164013

1986年以前ははちみつ乳児与えてはいけないなんて言われてねえんだよ

しろ栄養食品としてはちみつを推奨する風潮さえあった


じゃあ1986年以前は乳児ボツリヌス症でボコボコ死んだのか?

残念ながら大騒ぎするほど死んでねえんだよ


本来なら無視できる僅かなリスクをあたか高リスクのように騒ぐお前らがバカなの

小麦だってだってある日突然アレルギー発症してアナフィラキシーショック死ぬ場合がある

乳児アナフィラキシーショック死ぬケースとはちみつ死ぬケースどっちが多いと思ってる?


はちみつで大騒ぎするならアレルギー発症前にもしかしたら発症するかもしれないって理由で卵や小麦粉食わせない過剰な防衛が正しいってことになるぞ

乳児はちみつで過剰に騒いでるバカ共へ

30年でたかが1件の死亡事故なんて無視できるレベルリスクだろが

こんなので鬼の首取った如くギャアギャア喚くバカ放射脳のことを笑ってねえだろうな?

放射脳も過剰にはちみつ怖がるバカも同じだぞ



乳児死ぬ事故は他にもっと気をつけなきゃいけない事案が腐るほどある

入浴中に死ぬ事故誤飲死ぬリスクのほうが数百倍高い



そもそもアレルギー可能性がある食品は全て相応のリスクがあるから食べさせちゃいけないってことになる

はちみつ以上に潜在リスクが高い食品は他にたくさんある

でもお前らそういうの騒がないじゃん

たまたま自分が知ってたはちみつ事故が起きたかマウントして叩いてるだけじゃん



お前らの理論だとリスクが有るものは全て排除しろってことなんだけど交通事故起こす可能性のある車とかどうすんの?

電池誤飲事故とか年間で何件起きてるか知ってるの?



30年で1件の死亡事故が起きただけのはちみつ高リスク食品みたいに叩いてんじゃねえよバカ

乳児にとって高リスクものは他にたくさんあるだろが優先順位考えろ

2017-04-08

斜視から3Dメガネ楽しめないよ

小麦アレルギーの人の気持ちが少し分かる

舌が痛い

舌が痛い!!!!!!

3日くらいずっと舌が痛い

大好きなお菓子が食べれない、何食べても痛い

喋っても痛い

寝ても覚めても痛い

原因不明すぎる、自律神経失調症から舌痛症かもと思ったけど食事中も痛いので違うかもしれない

花粉症だけどトマト好きだから毎日食べてる

トマトアレルギーになったのか?痛い

治す方法ないのかこれ

2017-04-06

http://anond.hatelabo.jp/20170404224255

結婚指輪、迷いませんでした?適正な価格がわからなくて。どれもこれもシンプルなわっかなのに、お伊勢丹では200万円以上、IDEEでは10万円、恵比寿のおしゃれ貴金属屋で30万円。そもそも世帯年収500万円の自分たちにとっての適正価格がわからなくなっちゃって。ぐるぐる考えすぎて、一時期、アレルギーフリー家事でも傷つきにくいチタン指輪2万円にしてしまいそうになりました。毎日使うものなら実用性が一番!と。(外れなくなったときに困ると聞いて撤回

最終的には、iichiで知り合った金工作家さんに頼んで二人分8万円で仕上げてもらいました。年収の約2%は適正だったのかな。未だに確証がありません。男の人は結婚指輪の有無で社会的信用が測られているんですってね。そのくらいの効果が得られていることを願います

自分に似合う服

身長163センチ体重50キロD70。黒のショートカット

ウエスト67、ヒップ90、ふくらはぎ34センチ、足首19センチ。(自分で測っているので不正確ではあるが)

自分の体型を客観的に把握することができない。

色々着てみての感想だと、ウエストしまっておらず、尻がでかいらしい。そしてふくらはぎが太い。

ふくらはぎの太さは昔からの悩みだ。薄手のヒラヒラしたスカートが似合わない。ヒラヒラの可愛らしさ、エレガントさを打ち消す足の太さが目立つだけ。しっかりした生地の膝丈のタイトスカートは似合う気がしている。

上半身は痩せてるが下半身がムチムチガッチリしているのだろう。

襟付きのシャツはなぜか似合わず、襟なしのシャツやVネックは似合う。顔の系統のせいなのか、自分の首が長いのか短いのかもわからない。シンプルデザインが好みで、フェミニンな服は似合わないのか、自分が嫌いなだけなのか、あまり着ない。

ハイウェストボトムが流行っているが、着れない。シャツをロングスカートにインしたような格好をすると、なんとなく音楽教師みたいな大袈裟感が出る気がする。似合わないのか、自分趣味じゃないだけなのか、そこのところがよく分からない。

要するに華奢な人の似合う服装が似合わないのだ。華奢じゃないから。

テーパードパンツは似合う気がする。腿が太くて足首に向かって細くなってるパンツ

ワイドパンツはなんだか腰周りがもたつく。ウェストが太くて尻がでかいからだろう。トップスを出して着れば気にならないが、今はインして着るのが流行のようで。前だけ入れたり研究してみてはいるが、朝良い感じにできていたとしてもトイレにいったらもうおしまいだ。会社トイレの鏡は胸からしか映らない。

靴はハイヒールを履くとスタイルがよく見えるので好きだけど、通勤仕事結構歩くので履きたくない。デザインだけ考えると履きたいのだが、実用性を考えると履かない方が無難

アクセサリーではピアスは必ず付けるようにしている。顔周りが華やかになるので好きだ。揺れるものだったり、スタッドタイプだったり、色々持っている。

ネックレスも好きなのだが、金属アレルギーのため選択肢がなくてあまり持っていない。ネックレスをつけて汗をかくと首にブツブツができてみっともなくなる。(ピアスは肌に触れる部分に透明のマニキュアを塗れば平気)

指輪ブレスレット時計金属アレルギーが面倒なのでつけない。

これを書いていてよく分かった。自分は華奢な人の似合う服装をしてはいけないのだ。それを胸にしっかりと刻みつけるべし。

2017-03-31

ぐんくつアレルギーを大概にしとけよとかめんどっちいこと言う人がいなければ いまごろ南スーダン日報も逐一上がってきてるでしょうね

はてサのぐんくつアレルギーも大概にしとけよって感じだわ

職場での世間話で「花粉症が大変で」と言ったら

先輩に「病院行け」と真顔に言われたのが15年ぐらい前、病院行っても別に治らないんだがなあ・・・

あのころ花粉症アレルギーへの認識なんて、その程度の人のほうが多かった

ここ10年~20年でずいぶん理解が進んだもの

2017-03-29

日本学術会議軍事研究禁止声明を総会での審議を経ずに強行決定

https://science.srad.jp/story/17/03/27/0333239/

軍事アレルギーとか軍国主義化とかそんなこと以前の、なんか揉めそうだから議論面倒なんで上層部の俺たちで勝手に決めましたってあまりにも酷くて日本らしい話だけど、はてなーは騒がないんだろうか。

2017-03-25

anond:20170325123441

安倍さんって特に嘘ついてないけど

パヨク言いがかりつけては嘘つきに仕立て上げてるのは知ってる

姑息なこと止めないとパヨクアレルギーが増えるだけだよ

情弱は騙せるだろうけどね

2017-03-17

子供が欲しくない

私は20代前半。

人生で一度も、子供が欲しいと思ったことがない。



理由を色々考え、出た結論は「面倒なことが増えるから」だった。



妊娠出産育児エッセイを何冊か読んだ程度の知識なのでザックリとしているが、

つわり地獄のような苦しみや、大きなお腹を抱えて生活することの大変さを知った。

食生活に気を使い、妊婦に優しいアイテムを買い、定期的に病院検査し、マタニティスクールに通い、

役所病院費用補助金申請し、生まれてくる子供のためのグッズも揃えないといけない。

この時点で「めんどくせぇ~」と心の底から思った。



出産もめちゃくちゃ痛い。無痛分娩もあるが、「産むときだけ痛くなくても、いてえのは陣痛だよ陣痛」と

母親によく言われるので、まったく痛みのない出産はまず無理なんだろう。怖い。

まあとにかく生まれました。おめでとうございます。あー終わった終わった、というわけにはいかない。

この世の右も左も分からない赤ん坊を、同じく育児の右も左も分からない母親が育てるって超難易度高い。

でも面倒だからお世話やめた、なんてことはできない。もう生まれてるんだから



もしも子供が生まれつきの持病を持っていたら。不便なアレルギーがあったら。アトピーがあったら。

とんでもなくブサイクだったら。発達障害だったら。学校いじめられたら。逆にいじめっ子になったら。

夫が育児に非協力的で理解がなかったら。偏食だったら。

同じクラスメイト母親が変な人だったら。担任先生が変な人だったら。

PTAが面倒臭かったら。受験に失敗したら。就活に失敗したら。悪い友達とつるんだら。

学生のうちに妊娠したりさせたりしたら。「産んでくれって頼んでない」と言われたら。

様々な不安が尽きない。そのくらい我慢しろよと言われるものも沢山ある。



でも嫌なのだ可能性として起こり得ることを考えると、子供はいらない。

子供に何かあったとき自分人生経験知識が乏しすぎてフォローできず、母親失格になってしまう。

子供もきっと苦しむ。



これまでの人生出会ってきた多くの選択出来事は、「ミスしたら自分に返ってくる」ものだった。

志望校に落ちようと希望の会社に不採用になろうと、嫌な思いをするのは自分だった。

勉強しなかったツケ、就活対策をちゃんとしなかったツケは自分に返ってくるだけ。

しか妊娠中の生活に気を使わなかったり育児を面倒臭がって放棄したら、苦しむのは自分ではなく子供である

親が徹底的に子供の見本となり、子供を守り、道に迷ったときに手を差し伸べなくてはいけない。

自分がそんな立派な人間になっていないのに子供を作っては子供がかわいそうだと本気で思っている。

デキ婚する人はどうしてすぐ産もうと決断できるのかわからない。その度胸はどこからくるんだ。

たまにネット出産が「3000万ガチャ」と揶揄されるが、本当にそのとおりだと思う。莫大な金がかかる。

そんなガチャをうちの親は私の前にも何度も回してきた。尊敬する。



今まで何人か彼氏がいたし、今もいる。

「この人と結婚したい」とは思っても、「この人との子供が欲しい」と思ったことは一度もない。

ずっと2人きりでいたい。夫との時間を独占したい…とよく思っていたけど、

まあずっと同じ屋根の下で2人でいたら、恋人時代気持ちなんてすぐ消えて

だんだん生活マンネリ化してきてうまくいかなくなったりもするんだろうな。

から子供がいたほうがいいのかもしれないけど、そんな緩和剤代わりに子供をポンとつくっていいのか。



妊婦子連れベビーカーバッシングネットでよく目にする。

保育園も落ちれば国に死ねと言いたくなる。

育児中にあった嫌なことや肩身の狭い思いをした体験談も沢山見る。

(家庭板のまとめを読むのはやめたほうがいいかもしれない)

自分がその当事者になることを恐れている。

私が万が一妊娠してしまったら、周りは「おめでたいこと」と捉えるから、きっと産むんだろう。

人間ひとりつくって育てるというとんでもない行為は「やっぱりやめた」ができないから、恐ろしい。



今付き合っている彼氏とうまくいって結婚の話が出たとして、「子供が欲しい」と言われたら本気で悩む。

「夫が子供を欲しがっている」とか「(義)両親が孫の顔を見たがっている」という理由

私が折れて妊娠出産していいものなんだろうか。母体は望んでいないのに。

周りが希望してるから命をつくるなんて無責任ではないだろうか。

「産んでくれって頼んでないのに!」って子供に言われてしまったら、

「私だって産みたくなかったわ!」って思っちゃうんだろうか。

私は自分に面倒事を沢山もたらした原因である子供を愛せないんじゃないか



どんな理由であれ、私のように子供が欲しくない人はきっといるんだろうけど(多分)、

子供は欲しいもの、望むもの、みたいな風潮が世間にある。

少子化という言葉があるということは、子供とは「産んで増やさないといけないもの」なんだろう。

私か相手子供をつくれない体なら仕方ない。それよりも「つくらない」ほうが周囲から疑問視されそう。

育児がしにくい世の中になってるのも問題だけど、そういう社会的な面よりも私の心理的な面が大きい。



こんな私が、子供が欲しいと素直に思える日はくるのだろうか。

それとも、たいしてよく考えないまま流れに身を任せていたら、案外大丈夫なものなんだろうか。



一応言っておくと、親に虐待されていたわけではない。むしろ末っ子なので甘やかされて育った。

子供はあまり好きではなかったけど、最近は仲の良さそうな親子を外で見かけると微笑ましいと感じる。

ただそれは楽しそうなほんの一部分を見たからで、

その場面を自分が得るまでにどれほど苦労しないといけないのかと考えると子供を欲しいとは思わない。

甥・姪をめちゃくちゃ可愛がってしまうのと同じだ。

あと、反出生主義という主義があるけど、そこまで過激な考えではない。出産尊いものだと思っている。

私は出産したくないというだけ。



今ふと思ったけど、学生時代全然楽しくなかったことと、この考えには関係はあるだろうか。

まらない地獄のような学生時代子供に味わわせたくないとか無意識に思ってるんだろうか。

そこはよくわからない。



とにかく、子供をつくることによってありとあらゆる責任が降り掛かってくるのが面倒で耐えられない。

面倒事は回避したい。だから子供はいらない。

2017-03-15

http://anond.hatelabo.jp/20170315110913

食べ物は好みに関わらずバランスよく食べることが健康の維持に必要

これはまだわからなくもない

から好き嫌いするなって子どもに教えるの

嫌いってのは体の拒否反応(場合によっては無自覚あるいは無症状のアレルギーのこともある)だから嫌いなものバランスだのなんだの言って食べさせる(ように教育する)のは体に悪い

アレルギーじゃなくても嫌いというのは不快ということであり子供の頃に食事不快イメージが脳に定着したらさらに体に悪い

好き嫌いがないことが善で絶対かのような思想はやめたほうがいい

2017-03-14

自分

当方大学3年生、就職活動真っ只中であり、先月失恋したばかりでもある。以前とある就活セミナーにおいて、「自分史」を書くと自己分析捗ると言うので纏めてみようと思ったのだが、なんだかダラダラ書いてしまいそうになるので、人の目に触れるという条件ならばちゃんとした文章になるのではないかと、此処「はてな匿名ダイアリー」に試験的に投降してみた。


以下、私立文系現役就活生、その半生のあらましである


誕生小学生時代

私はとある裕福な家庭に、長男として誕生した。

母は底辺出身で、元ヤクザ幹部を父に持ち、成り上がる為にスパルタ教育を叩き込まれ秀才であったものの、「女性である」というただ一点で、評価されることなく、夢叶わなかった人間である

父もまた、底辺出身であり、米の代わりに芋を食うような家で育ち、早くに両親を亡くした境遇を持ちながらも、最終的にはF欄大学だが主席卒業し、好きな分野で食っていこうと考えていたが、推薦で入社した会社が急成長を遂げ上級管理職となってしまい、念願の技術屋にはなれなかった人間である

そんな両親の元に、私は産まれた。

母親は自らの経験から所謂教育ママに、父親は古風な家庭で育った為、マナー生活習慣にこと厳しかった。

両親は私を教育するために、自らのストレス妄執をぶつけてきた。

「どうしてこんなことができないのか」「私はあなたにこんなに投資しているのよ」「お前の為にやりたくもない仕事を続けているんだ」

両親の理不尽社会に対する呪詛が、私の実存破壊していった。

私はまた、いじめを受けてもいた。当時はまだ運動もできずどんくさい奴だったからだ。殴られたり蹴られたり、避けられたり、悪口を散々言われたりした。

親にいじめ告白したものの、「男ならやりかえせ」の一点張りでとりあってはくれなかった。

憎かった。両親が、周囲の人々が、社会が、世界が。

両親に叱られる度に、いじめられる度に、「殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す…」と自分の部屋で唱えていたのを覚えている。

本気で両親やいじめっ子を殺す計画を立てたこともあるし、逆に自殺しようと思ったこともあった(いずれも発見されたことで未遂に終わっている)。

上記の計画が失敗に終わった為、何も感じなくなるように、心を殺せるよういつも自己暗示をかけていた。

力が欲しかった。死にたくなかった。生き抜く力が欲しかった。そして認められたかった。愛されたかった。


そんな自分に味方をしてくれた人間が一人だけいた。祖父であった。

祖父はどうやら自分の娘にスパルタ教育を施したことを負い目に感じているようで、両親(特にからから暴言を良く諌めてくれた。

共働きの影響でよく一人で夕飯を迎えなくてはいけない自分に、良くご飯を作ってくれた。(味は大味すぎだったが)

昔の話を交えながら、「力」について色々と話してくれたのを覚えている。暴力権力学力、魅力…生きていくための力について…

戦中戦後混沌とした日本を力が物言う世界の中生き抜いた祖父一言一句には、老い衰えながらも凄まじい説得力があった。


中学生時代

私立に進学させようとする母親に対し、祖父後ろ盾を得ることで私は無事希望通りに公立中学校に進学することができた。

祖父から「力」について学んだ結果、小学生時代において最底辺だった自分スクールカーストものの見事に逆転した。

陸上競技を始めたことで身体を鍛え、喧嘩も強くなったし、会話術を学んだことで周りから慕われるようになり、部活部長や、生徒会長などリーダー役割兼任したり、学力も向上しトップはいかないものの上位に食い込んだ。そして異性の友人がぐんと増えた。これまでの環境が一変したのだ。

だが母親干渉は止むことはなかった。認められることもなかった。学業邪魔になるから課外活動は止めろと言い、トップになれなければ意味はないと口うるさく言ってきた。無理やり塾へ入れたりもした。

そして環境の変化は「人の心というのは力次第でこんなにも変わってしまうのか」と一種疑念を抱くきっかけにもなった。

それでもなんとかやっていけたのは、唯一本音を話せた祖父後ろ盾と、貧乏すぎてろくな学生時代を送れなかった父親わずかばかりの支援があったからだ。課外活動を維持できたのは父のおかげである

(父は学業、というか母の行動について全くと言っていいほど干渉しなかった。巻き込まれるのが嫌だったというのもあるが、仕事に手一杯で余裕がなかったというのもある。事実ウツ一歩手前であった。)


だがこんな日常が長く続くことはなかった。


母の希望によって、確実に試験突破できる県で2番目に高い進学校入学することが決定したその日、唯一心から信頼していた祖父自殺してしまった。祖父肺炎に長くかかっており、これ以上迷惑をかけたくなかったということ、妻(祖母のこと)を亡くしてからずっと孤独を感じていたということが遺書には記してあった。そして「生きろ」とも。

私が祖父の亡骸を観た時、感じたのはひどい喪失感と「生きることに逃げた」という感情から来る怒りだった。

コレ以降、母の私への干渉は激化することになる。



高校時代

私は初めて心から挫折を味わうことになった。私が進学した高校田舎にあったため、小学校から高校まで、ほぼそのまま上がってくる人間ほとんどであり、既にクラス内にコロニー形成されていた。異なる地方から来た私は、その風習に上手く馴染むことができなかった。

加えて、地頭いいわけでは無い私に対し、周りの人間自分より何倍も優秀な奴らばかりであり、中学時代形成されたちっぽけなプライドはぐしゃぐしゃになってしまった。存在理由否定されたかのようにも思えた。

また、再びいじめを受けることになってしまった、いや、巻き込まれたと言ったほうが正しいだろうか。

入学当初、私と同様、雰囲気に馴染めずいじめられている生徒がおり、私は一度正義感故に彼を庇った。それをきっかけに私もいじめの標的となった。担任先生にも相談したものの、「彼(いじめられていた子)の面倒は君が見てくれ」と聞き入ってはくれなかった。(その先生が私が入っていた陸上競技部顧問だったのだから笑えない)

いじめは年度を超えて行われ、いじめられていた子がいじめを苦にして高校を退学し、いじめ実行犯学校から指導を受けるまで続いた。2年次の後期まで続いた。

学校はその事実隠蔽した。

その結果、部活遠征中に競技出場名簿を改ざんされ体育祭に出ることは叶わず(当日までわからなかった)、

女装して踊る予定だった文化祭は前日に衣装を何者かに隠され(これまた部活遠征でいない間の犯行だった)出演することができなかった。(当日来てくれた他校の友人たちに色々謝ったのを覚えている)

その他はまあ陰口や悪口無視程度で済んでいた。いじめは人の業だと割り切っていたし、自分の心を殺せば、特にダメージはなかった。


後ろ盾を失い、学校はいじめを受け、家では両親から干渉され、行き場を失っていた自分は、性に逃げていた。我ながら最低だったと思う。

中学時代に作った女友達のツテを使うことで、絶えず女の子を紹介してもらうことが出来た。

の子の家庭環境や、生い立ち、タイプ男性など様々な情報を聞き出し、ニーズにあった男性像を演じれば、簡単彼氏彼女関係になることもできた。(例えば片親の子なら包容力のある、甘えられる都合のいい男だったり)

承認欲求を満たし、そのうちに罪悪感に苛まれ自分から関係を切っていくというループに陥っていた。最低だと分かっていながらも止められなかった。

そして人の心に対する疑念は更に高まっていった。


いじめが止んだ高校3年次

なんと今までじぶんやあの子いじめてきた人間が、取り巻きが、なにごともなかったかのように普通に親しげに接してきたのだった。これには絶望した。本当に絶望した。いじめ自体は人の業だと、生物習性だと、遺伝子しかたないのだと、割り切ってきた。仕方のないことだと。心を殺して耐えればいいと。しかしなんだこれは、お前らは十字架を背負うこと無く、一切の反省もなく、悪びれもせず、気まずさもなく、あの時俺が挨拶をしたら無視をしたくせに、ただ自然に「おはよう」だと?「いっしょに昼ごはんどう?」だと?「あいつ(いじめ主犯)最悪だよね」だと?グループワークで一切否定してきたくせにこんどは尊重だと?一緒に勉強しないかだと?なんなんだお前らは一体何で出来ているんだタンパク質か喋るタンパク質なのかこれが人間かそうかそうかこれが心か


今まで私は人の心を操っていた反動で、くだらないことにある種「理想的人間関係」というものを思い描いていた。お互いにお互いを高め合える関係 友情努力勝利

いつか素晴らしい友達出会えるのだと、そう信じていた。



私はほとんど学校に行かなくなってしまっていた。公園にいってひたすらに筋トレや走り込みを行い、図書館に篭り、救いを求めて哲学書や思想書、自己啓発書宗教の本を読み漁り、

部活だけ出て帰る。授業をバックレることもあった。幸い制服が無く、度重なるストレスのせいか老け顔なので、補導されるというのはなかった。親に見つかっても怒鳴られるのを耐えればいいだけなので、平気だった。

本を通じて様々な思想を取り込んでいく中で、ただひたすらに耐えるだけだった親に対しての反抗心が芽生えていくのを感じた。

そして遂に「俺はお前の人形じゃないんだよ」と叫ぶことができた。「ごめんなさい」と泣かれた。「すまなかった」と言われた。12月クリスマス前のことだった。


受験勉強をすっぽかして読書思索にふけった結果、案の定成績はビリから3番目であり、浪人をすることになった。




大学時代

から刷り込みによって、座学が完全にアレルギーになってしまい、勉強をすればするほど体調が悪化しながらも、なんとかそこそこの私立大学に潜り込むことができた。

続きは後で書きます

2017-03-09

[] H22刑法コメント

甲の罪責

◇実行行為性はばっちり。

◇実行の着手時期で「危険認識した時点」で実行の着手を認めるとしているんだけど、これだと例えば

自分の子どもがおぼれているのを母親が見つけた

という事例のときに、発見した時点でもう実行の着手が認められてしまって早すぎるような気がする。作為義務違反時に着手でいいんじゃないかな。実際、当てはめを見ると①アレルギー反応を認識した後、②殺人故意に基づいて放置行為をした時点で着手を認めてるから、この見解親和的なように見える(違ったらすまん)。

故意について余談。判例認識認容説と言われている(最判33.9.9)んだけど、取調べの可視化議論が進むにつれて、あんまり厳しく取り調べができなくなる結果、実務は「蓋然性認識説」に移行しつつあるらしい。なのでこの年みたいに認識認容説で書かせることは今後減っていくのではないか、とのこと(前田)。

乙の罪責

故意行為が介在する場合危険現実化はかなり認めづらくなるらしく、乙については因果関係を慎重に検討しないといけないらしい(前田)。

◇ただ本件の介在事情不作為なので、そんなに気張らなくても良いような気がするんだけど・・・

◇これ書いてる途中で、書いている内容が甲乙と被りまくるので、何で丙さん登場させたんだろう?と思ったんだけど、出題趣旨とかを見るとどうも過失の共同正犯を聞きたかったらしい(?)

◇ただ別に丙の行為にも因果関係は認められるので、過失の共同正犯検討不要とのこと(前田)。上位答案もほぼ触れていなかった。ここはちょっと出題ミスっぽい。

父のその後

http://anond.hatelabo.jp/20170206191552 の続き。

あしかけ3ヶ月、実質1ヶ月と10日で父は退院した。退院と言っても回復リハビリ病院への転院でもある。

あれを書いてから3日後だか5日後だか7日後くらいに父の目は開いた。最初の数日は目の焦点が合ってないような感じだったがその後7日くらいでだんだんしかけた人の目を見るような感じになった。

目が開いて少ししたところで転院の相談はあった。この辺で回復リハビリ病棟のある病院は5つか6つあるそうなんだが、その中でも父の症状にあったと言うところを2つ3つ挙げてもらって検討した。

最も実家に近いところを母は希望していたのだが、そこは父の症状に合うリハビリ要員がいないとのことで却下となった。自分仕事場に近い病院については、母は(私の)祖母を預けたことがあってあまりいい印象を持っていなかったのだが、今回改めて見学してその印象を払拭したらしい。そこと、義理の母が回復リハビリを行った別の病院(そこは推薦されていなかったのだが、調べたら父の症状にあったリハビリ要員がいた)を第1希望、第2希望とした。

結局第1希望病院3月にベッドの空きができた、ということで転院が可能になった。話はまあまだまともに出来ないのだけど、左足は必要以上に動かせるし、それなりにリハビリは進むのかもしれない。

ここから愚痴だ。

病院スタッフ自分が思っている以上に分業化しているのだが、母にはそれがイマイチ理解できないらしい。

しょうがない。自分自分病気入院するまではあまり区別がついていなかった。看護師医者秘書じゃないし、会計のことは会計担当におまかせだし、実際に1Fで金銭をやり取りしている人はその会計を把握していない。医療相談室は病室とは離れたところにあるけれど、「外部に秘密漏れません」と言っていても相談員はその病室担当看護師だとまでは見抜けなかった。それならその場で相談したのにわざわざ遅いエレベータで移動させてスマンカッタ。

ただ、それがわかっていないと、病院スタッフのお願いとか質問とかに適切に応えられない場面が多くてキツい。健康保険関係でかかりつけ病院の診察や医療相談は無断では出来ないのだけど、その説明をする際にその話しかしないから母は混乱した。父のかかりつけは母のかかりつけでもあるのだ。母が通院する度に自分の診察より父の話を聞かれるのに「相談等は許可を得てからしてください」では何を言いたいのかわからない。その説明をしているのが経理担当職員だとわかれば「金のかかることはするな」で済む話なのだけど、それで結構混乱した。

前の病院で新たにでた薬がおくすり手帳に書かれなかったのもアレだ。薬そのものは渡されたので持ってきたのだけど、結局アレは新たに判断して使うことになるらしい。調べたら院内処方の薬はおくすり手帳に書かないことがままあるらしい。退院証明書の方にその辺が書かれていることを期待するしかない。

退院証明書と言えば、転院と新規入院書類が違わないのが微妙につらかった。既往歴とか書かされるのだがそれがどこまで大事かわからないのだ。あとで退院証明書を見たら自分が知っているより詳しく既往歴が書かれていた。向こうはカルテから転載しているのだから当然といえば当然なのだが、薬のアレルギー(納豆がどうとか、グレープフルーツ食べちゃだめとかあのへんね)はおくすり手帳判断するほうが確実なんじゃないだろうかとか思った。

リハビリについては承諾書署名を日付なし具体的内容なしでした。白紙委任状みたいなもんだがそこはしょうがないと思った。

遠くの親戚にメールアドレスを教えたら、1日おきに脳梗塞に関するサイトとかテレビ情報とか送ってくるのが地味につらい。善意でしているのはわかるのだが、その情報はいらない。善意といえば、何度も来てもらっているのだけど、やってるマッサージが「効果がなさそうでつらい」と言ってくるのがさらにつらい。ダメ元なんだから効果がなくていいし自己満足なんだからそれでいいじゃん、と言いたいのだがそれはそれで「お前のやってること無駄だよな」と煽っているように聞こえかねないので言えない。

まあ、仕事が忙しいのでメールはあまり読めないことにしている。LINEと違ってメールでは既読マークが送られないのはありがたい。

2017-03-08

病気】15時半〜17時半に死ぬ

具合悪い

具合悪いってレベルじゃない

気絶しそう

頭が回らない

動機が早い

胸が苦しい

めまいヤバイ

目が霞む

寒い

ハラハラ焦燥感不安

倒れそう

 

でも17時半くらいから徐々に治る

治るけど、上記のような状態が1/10くらい残る

 

土日も同じ

土日は最近ずっとこの時間は寝るようにしてる

そろそろ周りの人に迷惑がかかるようになってきた

 

とにかく心療内科に行って、次に糖尿病外来いく、だめなら総合診療へ行く、それでも駄目ならどうしようか

今日内科アレルギー科に行ってきた

花粉症が元々の自律神経失調症コラボしてるんだと思って

でも花粉症は収まったがこっちは治らない

 

15時半〜17時半に寝れればそれでもいい気がするが

最近は1日ずっと眠い

もうわからん

つらい

 

__

 

うーん、非定型うつかな

やる気が全部削がれる

原因がわからん

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん