「クズ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: クズとは

2017-05-30

http://anond.hatelabo.jp/20170530140753

いやだから「精密検査しろ」の前に「医者を変えろ」が先だろ?

医者がどうも無いって言ってるのは、元増田に書いてるんだから

お前ただ「オマエ馬鹿から死ね」が言いたいだけのクズじゃん、って俺は言いたい。

http://anond.hatelabo.jp/20170530114535

おめーのどこが保守なんだよw

ここでネトウヨ呼ばわりされてる人間は他に大勢居ても

憂国ニート言われてるのはお前だけだろw

仕事もしねえ付き合ってる相手いねえでこんなとこ貼りついて

社会再生産のために婚姻自由制限しろライフスタイル制限しろ

いっつもおんなじこと言ってて浮かないわけないだろこのクズニートがwww

ニート自分客観視出来ないから困るwww

http://anond.hatelabo.jp/20170530080815

最初のは晒し上げ反対派が怒ってる

二つ目から晒し上げ大好きな(例えばはてブゴミクズどもとか)連中が怒ってる

下の連中は殺した方がいい

人の彼女を寝取ろうとした人間の戯言 1

あれは去年の冬、僕が22歳の時だった。大学が嫌になってしまって実家帰省していた僕は地元バイトをしたりしながら、フラフラしていた。課題もたまっていたしやるべきことが溜まっていたけれど、そう言うことから逃げるために実家に帰っていた。そして毎日毎日意味もなくバイトをする中でインターネットけが僕の癒しで、特にSNSを楽しんでいた。

そんなある日、僕の元に知らないアカウントから連絡が来た。なんでも自分高校の5つ下、17歳の後輩の女子しかったけども、プロフィール出身校など書いていない僕をどこで知ってなぜ連絡が来たのかはっきりわからなかった。けれども、とりあえず連絡を取り合って見た。

そして彼女から話を聞いていく中で、僕は驚きの事実を知った。高校の同期の非リア非モテ童貞だと思っていた友人が実はその5つ下の後輩と付き合っていた上にすでにセックスをしていたと言うことが明らかになったのだ。リア充童貞だったわけだ。ただ彼は彼女に対し自分高校時代について多くを語ろうとしなかった。だから親友である僕に彼の高校時代などについて一度話を聞いて見たいと連絡が来たのだ。

正直彼は容姿いいわけではなく、オタク権化みたいな見た目で、彼自身も非リア芸をSNSで展開していたし、それは疑うことのない事実だと思っていた。しかしそうではなかったんだ。正直裏切られたと同時に、やることやってんだな、とも思った。

高校の同期が女子高生交際している上にセックスまでしている、それだけなら同期で集まった時にみんなで話して盛り上がるゴシップの一つに過ぎなかったのかもしれない。でも話を聞いていくと同期のクズっぷりが少しずつ明らかになった。

初のセックスに関しても彼の童貞卒業、そして彼女初体験にもかかわらず全く愛がないセックスでげんなりしてそれ以来セックスはしていないと聞いたし、記念日プレゼントもなければ普段愛情表現もなくて、一方的彼女が彼に奉仕している、そういう関係だった。髪型彼氏指定する髪型強制させられていて、彼女はなぜ自分彼氏のことを好きなのか理解できないとすら言っていた。それを聞いた僕は奴隷だな、と言うのが素直な感想で、僕は義憤に駆られたけれども、どうすればいいかからなかった。そんな折、彼女から二人でカラオケにでも行って一度彼氏愚痴を聞いて欲しいとの誘いが来た。

行くべきか悩んだ末、興味本位で僕は行くことにした。

カラオケボックス彼女から話を聞くにつれ、彼女の健気さに僕は惹かれた。正直可愛かった。可愛いと言う感情は弱い生き物に対して抱く感情のそれであると以前聞いたことがあるんだが、まさにそれだ。それに僕と彼女は本当に馬が合った。本当に盛り上がって、かなり長時間カラオケボックスに居たものの全く飽きることなく、そしてカラオケにもかかわらず全く歌を歌うことなく終わった。

でもその中で、彼女と僕は盛り上がりすぎた。最初ソファの端と端に座っていた僕らは少しずつ距離が縮まっていって、いつしか隣同士になった。健気な彼女努力と、彼氏愚痴を聞いていく中で彼女努力を褒めるために彼女の頭を撫でると、彼女は甘えた声を出し始めて、一気に触れ合う面積が増えた。少しずつ彼女の息も荒くなって、彼女は「キスしよ?」と禁断の提案をして来た。

その頃僕は東京彼女が居た。でもその彼女とはただ単に互いに異性が欲しいから仕方なく繋がっていただけの、愛のない関係だった。実際実家帰省していたからといって寂しいと言う感情もなく、こまめに連絡を取り合うこともなかった。そういうある意味冷めた距離感というのが居心地が良かったのでもあるが、まあとにかくそういう関係だった。

それでも僕は彼女持ちだ。僕は迷うべきだっただろう。しかし僕は全く迷わなかった。正直に言うが全く迷うことなく、僕は彼女と唇を重ねた。彼女は小刻みに震えながら、僕と濃密なキスをした。いろんな女性キスをして来たが、今までで最高のキスだった。もう僕は止まることはできなかった。彼女の小さな体を抱きしめ、何度も何度もキスをした。

22歳にして、17歳の女子高生カラオケボックスで抱きしめ、キスをした。彼女親友恋人でもある。でも僕はもう、彼女が好きになっていた。たった数時間会っただけにもかかわらず。禁断の関係だった。もはや漫画小説かと言うレベルの話である

そして彼女も、「もし先輩に先に出会っていたら、先輩を好きになってたと思う」と言って来た。もう僕たちは停車位置を大きくオーバーランして、暴走していた。

最後彼女は「これは『共犯』だからね」と言って、互いに今日カラオケボックスで何があったかは互いの恋人に対してだけでなく、多くの関係者や友人に対しても秘密にすることを約束した。

そして僕たちは『共犯』という名の元に、互いに恋人がいるにもかかわらず、いわば「セックス抜きのセフレ」として、今後もイチャイチャして行くことにした。僕たちは互いに本命恋人いるから本気にならないようにしながらも、イチャイチャしていこうという約束だった。でも僕はすでに本気だった。しかし同時に彼女親友彼女でもある。

この感情相談するのに適切な人間はなかなかいない。高校同期の友人に相談しても手を出すことを制止されるに決まっている。そんなわかりきった綺麗事なんて僕は欲してないんだ。ただ、この複雑な状況において、この僕の走り出した熱情に対し、手を出しちゃいけないならなぜいけないのかを納得させてくれる、そう言う人間必要だった。

から僕は恋愛経験豊富な年上の知人男性にどうすべきかを聞いた。その時その人は「その女子高生を落とすしかない」と言った。その知人は僕と東京彼女の冷めた関係についても知っていたので、そこまで本気で好きになったのなら、いくところまでいくべきだと言った。そして両方を目指すのはダメだ、どっちかにしないといけないとも言われた。

僕はそれを聞いた数日後に、東京彼女に対して別れ話を提示した。色々あったけれども、互いに冷めた関係でもあったので大きく揉めることもなく、すんなりと別れた。

また同じ時期に東京飲み会に参加した時のこと。普段占いなんて気にしない僕だったけれども、飲みの席で占い勉強していると言うとある女性自分運勢を占ってもらった。すると、恋愛運はあまり良くない。そして運命の人とはまだ出会っていないと出た。ちょっと参ったな、と思いつつもその時はあまり気にしなかった。

そして実家に戻った僕は、「高校同期と彼女関係健全化を図る」という名目のもと、彼女会合を重ねた。その時の僕は同期との友情も維持しつつ、あわよくばJKと仲良くしたい、付き合いたい、そういう感情だった。ただ僕はまだ本気で彼女のことを狙っていることを明かしていないのでそこまでガツガツ行くこともなかった。

JK彼氏(そして僕の高校同期)のことをここでKと呼ぶことにする。

バイトの合間を縫って彼女の家に行ったり、カフェで待ち合わせしたりして僕は彼女愚痴を聞いたり、彼女がKにどういうことを求めているのかなどを聞いて、Kと彼女関係を取り持とうとした。とにかく僕は目的だけは真面目だったので彼女の家に行く際もマナーや態度にも最大限を気を使っていて、彼女のご両親からも認められていた。今の彼氏(K)よりも僕の方がいいんじゃないか、みたいなジョークすら言われていた。

そんな後ろ盾を得た状況だったので今思えばKに対してなかなかひどいことも言って、申し訳ないことをしたとは思う。でもあの時僕は義憤に駆られていたし、間違ったことを言ったとは思っていない。ただもう少し表現方法は色々あったかもしれないなと今反省している。

しかし僕はいずれ彼女のことを本気で好きであることを明かさねばならないとは思っていた。そして彼女もある程度察していたのか素直に自分欲求を言ってみて、と聞いてきた。だから僕は素直に彼女のことが好きであると言うこと、そして東京彼女と別れたことを説明した。彼女特に驚くことはなく、「それなら奪い取るために頑張ってみて」と、対立構造明確化させた。こうなった以上僕も男だ。やるしかない。

僕は彼女の家にしょっちゅう通った。行くのは彼女から来て欲しいと言う相談がある時だけで、僕から行きたいと言い出すことはない。もちろん目的彼女と話をしてKのどういうところが問題なのかを聞き、そしてより良いKと彼女関係の構築を目指してどこを着地点にするのかということを僕が第三者的視点から検討するという目的だった。

役人出会い系バーに行って問題になったりもしているけれど、僕の場合は本当に調査目的だった。それは事実

でもカラオケボックス燃え上がった僕と彼女関係簡単に消え去るほど弱い火ではなかった。

彼女と会うたびに僕は彼女を抱いた。とにかく抱いた。それは彼女から求めて来た。僕が先に手を出すのは良心の呵責に堪えなかったからだ。でも僕が彼女に求めていたことでもある。互いに『共犯』という名目のもと、とにかくイチャイチャした。それに僕は少なくともKよりはセックスが上手いという自信があった。実際彼女は僕とイチャイチャしてる時、ものすごく感じていた。そしてある時には一緒にホテルに泊まってイチャイチャすらした。

体の相性って存在するんだな、と思った。多分体の相性が良かったんだと思う。とにかく楽しくて、正直離れられそうになかった。

肉体関係だけじゃなく、普通に喋っていても楽しかった。しょうもないことから大事なことまで、いろんなことを話している中で僕と彼女の考えは非常に近かったし、話していて本当に楽しかった。ここまで女性と話していて楽しかったことはない。彼女は聡明で年上の僕の話にもついてきて自分なりの考えを臆することなく話すので、話していて楽しかった。女の子と話しているのではなく、一人の大人と会話している感覚だった。正直尊敬の念すら抱いた。

イマドキのJKみたいなくだらないこと、当たり障りのないことをグダグダ喋るようなタイプではなかった。例えるならPulp Fictionのミアみたいな女性だった。気まずい沈黙は嫌うけれど、それを回避するためのつまらない話も好まない。そう言う、少しめんどくさいタイプではあったけれど、考えが近かったぶん色々話しやすかった。

やがて僕は彼女とKと僕の3人で集まって話す機会を何度かセッティングし、関係改善突破口としようとした。表向き僕はレフェリーとしてその場に存在していた。その中でKは幾度となく彼女を泣かせた。僕の目の前で僕の好きになった女を泣かせるKという男が僕は憎かった。幾度となく傷つけ、そして傷つけたことへのリカバリーも十分ではなく、それがまた彼女を傷つけた。なんで、なぜ、そんなにも無神経になれるんだと。なぜわかってあげることができないんだと。本当に僕は怒りで体が震えた。

そんな状況だから僕と彼女は本当の意味で互いに好きになり始めていた。最初は僕が一方的に本気になっていただけなのに、彼女の方も本気になりかけていた。本当に幸せ時間だったし、僕は彼女のあらゆるものを欲した。

そうして僕たちは幸せイチャイチャし続けていた。でもそれと同時に僕はKと彼女関係改善のための努力も続けていて、Kは確実に良い方向へと変化し始めていた。僕は完全な悪にはなりきれなかったから、Kと僕との関係も守りたかったし、Kと彼女関係最初の対等じゃない関係を改めて改善するつもりだったし、僕と彼女関係に関してもこのまま幸せになりたいと思っていた。

しかしその3つは最初からどうあがいても両立できないものだと今ならわかる。でもあの時の僕はとにかく今Kと彼女関係マイナスになっているのでそれを僕の努力で0にまで戻してやり、その間に僕が彼女との関係で大きくプラスを稼げば彼女は確実に僕を好きになるだろうと。そしてその結果僕とKとの関係が多少冷え込んだとしても僕の努力についてKは僕に感謝するだろうし、長い付き合いだから関係が切れることはないと考えていた。それにもしKとの関係が切れたとしても彼女を手に入れることができればそれでいいとすら思っていた。

そうして僕の計画軌道に乗り始めたところで僕は年度末が迫って来て忙しくなり、東京に戻って大学職場関連の手続きなどに追われ、彼女にあまり会えなくなった。それでも僕はずっと彼女のことは好きだったし、片時も忘れることはなかった。

そして僕がつらい時期を乗り越えることができたのも、彼女のおかげだと今も思う。彼女からもらった励ましの言葉や時には彼女に叱責されたことも思い出して、そうして僕はつらい時期を乗り越えた。ただ優しくするだけなら誰にでもできる。僕のためを思って叱ってすらくれる彼女を僕は本当に心の支えにして、必死に生きた。必死だった。

僕はその頃メンタル面に問題を抱えていて、父からもそのことについてよく怒られていた中で、彼女が本当に僕のメンタル面の改善において決め手となる後押しをしてくれた。これが僕の中では本当に嬉しくて、Kも変わっただろうけども僕も変わったぞと、はっきり胸を張って言えると思っていた。

そうしていつしか冬が終わり、春になった頃。Kと彼女関係改善に関しては僕の努力によりある程度目処が立って、一時かなり冷え込んでいた二人の関係も多少回復していた。

それでも僕は絶対彼女が選ぶのは僕に違いないと信じていた。そこに根拠はない。でも僕は絶対にKよりも僕の方が彼女幸せにできると確信していた。それは内面もそうだし、就職も決まっていて収入もそこそこ確保されていて、より現実的選択肢だと自分のことを思っていたからだ。

しばらく会えなかった中で彼女3月末に久々に会うことになり、一緒に花見をしながら互いの話をする中で僕と彼女はやっぱり馬が合うなと確信したし、彼女公園であるにもかかわらず僕にすり寄ってきて、僕のことを好きだと言った。僕はほぼ勝利確信した。

そして新年度が始まり、ある程度忙しさの峠を越えて、先日僕が久々に彼女とまとまった時間話す機会を得た。と言うより彼女から話したいと言って来た。久しぶりだ。「今話しても大丈夫?」と聞いて来たので僕は少し嫌な予感がした。でも僕は大丈夫だと答えた。

内容はKと彼女と僕、3人の関係についてだった。

↓続き

http://anond.hatelabo.jp/20170530080621

自己顕示欲丸出しの低レベルアマクズどもが

業界相場も知らないクソ雑魚のブンザイで低報酬や無報酬仕事受けてしまうせいで

トッププロの俺達、それこそ、そこら辺の雑魚10万倍の修練と鍛錬を積み重ねて、

実績は億倍はある俺らに仕事が来ない。

あいつら全部死ねばいいのに

2017-05-29

相変わらず地獄がふさわしいクズばかりだな

俺の属する社会階層

よく人間貧困層中流層富裕層

という分類で分けるが、

自分はどの分類に入るのだろう?

親の収入から見れば、確実に月収100万以上は

あった。

ただ、そのお金の向け先がまったく定かでない。

気づいたらなくなってしまうような感じで貯蓄

して投資金融資産に限らず)という概念がおそらく無かった。

おそろしく文化的貧困であったと思う。

親は勉強読書について何も教えてくれなかったし、

人脈も無いし、金融資産も皆無。地方田舎

学校クズみたいな人間ばかりでいじめがはびこっていて

DQNにこびへつらうじぶんが惨めでしょうがなかった。

どうしようもなかった。

そんな自分境遇のみじめさ、無教養さ、人脈の無さ、僻み根性

を親の文化資本のなさのせいにしたいのだが、

単純に年収があるので、大手を振って言い切れない

部分がある。

本当に貧困な人たちからすればまあまあましな生活をしていた

かもしれないが、文化的貧困すぎて恵まれているやつが

羨ましくなる。

運動にもならない、手間だけ多いMTに執着するのこそ人類劣化。そのうち自動運転化で免許ゴミクズになる。

http://anond.hatelabo.jp/20170529000901

運動にもならない、手間だけ多いMTに執着するのこそ人類劣化。そのうち自動運転化で免許ゴミクズになる。

http://anond.hatelabo.jp/20170528175740

お前みたいな不勉強クズに嫌でも覚えてもらうためにはやっぱ実体験を交えることが近道だと思うんだよな

具体的には机隣り合わせてる女子シモネタトークを何回もする

教育なのでセクハラじゃありません

話せないザコは単位なしで高校留年すると脅せばどいつもこいつも真面目にやるだろ

ムーミンのスニフはクソなんかじゃない

擁護しようと思ったけど

ムーミンのスニフってどんなキャラだったのかよく覚えてない

90年代前後ムーミンアニメ再放送みてたけど

追記

トラバリンク先をみるかぎり

子供男の子ダメ

ところを凝縮したキャラクターってことな

それを作劇で見せるってことは

そういったキャラクターをみせて

そういうやついるよなとあるある的な笑い話的な意図だったり

そういう性格的特徴を認識することで他者への理解を深めたり

己の現在過去言動を省みたりする

ためのキャラクター表現であって

そういう役割を担わされたキャラクターに向かって本気でこのキャラクタークズだなどと断罪するのは大人としてどうなの?

今日彼氏が帰ります

http://anond.hatelabo.jp/20170524141906#tb

この話の続きになる。

いろいろあって彼氏の帰る日が今日まで延びた。

いろいろというのは、私の地元彼氏が引っ越すことになり、住む場所を一緒に探し回っていた。彼は私の家の近くのアパート契約した。

から死のうとしているのに、引っ越しを待ってほしいとも、別れようとも言えなかった。自分の事しか考えていない最低な女だと思う。本当に申し訳ない。

ホテルで大喧嘩した後の数日は、言い争うこともなくとても穏やかだった。

あと数時間後に彼は飛行機でいってしまう。それから時間後に私は消える。

目の前でミルク砂糖たっぷり入れた紅茶を飲んでいる彼は、本当に子どもみたいな人だ。そして私が精神的に病んでいるのを心配して飛行機で飛んできてくれる優しい人だ。こんな人にこれから最悪の裏切りをする。ただただ申し訳ない。

家族から学校から就活からも逃げて、最終的に恋人からも逃げて、そんな自分からも逃げる。クズだ。

自殺は周りの人たちに対して最低な行為だと思う。死んだ後も迷惑をかける。自分本意な考えだと思う。

考えがまとまらない。しり切れとんぼになってしまうが、これで終わりにする。

というよりもう何も言うことがない。

本当にごめん。

また勉強をせずにダラダラと一日をすごしたので

流石にやる気がなさすぎると思う

きみが大学目的はなんだった?

中高で嫌な思いをして結果全く勉強せずに親の仕事も継がずに、昔からなりたかった医学部も行かずに今の大学を選んだのはなんだった?

簡単だったからか?

このレベルならまた楽をして一番になれると思ったからか

一番を取って何が楽しいのか?

人の上に立ち人を見下すことがそんなにも楽しかたか

寮生活で身につけたのは人の嫌な部分を見つけることか?

簡単に一番になれてうれしかたか

また逸れた

この大学入ってどうだった?きみがとった成績は一番になれるものか?一番どころか落単しまくってるだろ

技術力がついたか

確かに同級生を軽く小馬鹿にするくらいにはかけるようになったよなあ

だけど本当にできるやつからしたら滑稽でしかないほどの中途半端知識

いや全くできてねえよ

それ以前におまえほとんど勉強してねえだろ

一日何時間勉強したよ

てめえの妹は中学受験に失敗してから日に8時間以上はザラにやって医学部受かってるんだよ

てめえは何時間勉強したよ

妹が勉強してる時間おめえは何してたよ

友達もできず、部活も行かず、はたまた学校まで行かずそのうえ勉強までもしない

ほんとゴミだよなあ

そのくせ自分はできるだなんだと騒いで

親に無駄な金使わせていろんな問題起こしまくって

ほんと存在自体がじゃまなんじゃねえの

多分お前はまた大学やめたいと言ってると思う

原因は単位取れなかったか

その原因は勉強しなかったか

その原因はやる気がないか

その原因はお前がお前の人生を生きている自覚がないか

お前それじゃ今いる大切な彼女からも振られるぞ

そしてまた病むのか??

お前が病んだところで誰も助けてはくれないぞ

お前友達いないもんな

せめて生産的なことしろ

せめて少しはマシなことしろ

せめてお前がやらなきゃいけないこと自覚しろ

せめて目の前の単位すら諦めるなよ

せめて自分の好きな子が嫌な顔するようなことするなよ

せめて勉強くらいしろ

また後悔するんだろうな

ゴミクズからしかたないか 

ちゃんと単位取れよ

無駄に見え張って楽するなよ

おまえができてねえことはおまえが一番知ってるだろ

ちゃんとやらなきゃいけねえのはお前だ

誰も困らない

だめなら早く消えてしま

早く寝て勉強しろクズ

また喚くくらいならまともにやれよゴミクズ

また勉強をせずにダラダラと一日をすごしたので

流石にやる気がなさすぎると思う

きみが大学目的はなんだった?

中高で嫌な思いをして結果全く勉強せずに親の仕事も継がずに、昔からなりたかった医学部も行かずに今の大学を選んだのはなんだった?

簡単だったからか?

このレベルならまた楽をして一番になれると思ったからか

一番を取って何が楽しいのか?

人の上に立ち人を見下すことがそんなにも楽しかたか

寮生活で身につけたのは人の嫌な部分を見つけることか?

簡単に一番になれてうれしかたか

また逸れた

この大学入ってどうだった?きみがとった成績は一番になれるものか?一番どころか落単しまくってるだろ

技術力がついたか

確かに同級生を軽く小馬鹿にするくらいにはかけるようになったよなあ

だけど本当にできるやつからしたら滑稽でしかないほどの中途半端知識

いや全くできてねえよ

それ以前におまえほとんど勉強してねえだろ

一日何時間勉強したよ

てめえの妹は中学受験に失敗してから日に8時間以上はザラにやって医学部受かってるんだよ

てめえは何時間勉強したよ

妹が勉強してる時間おめえは何してたよ

友達もできず、部活も行かず、はたまた学校まで行かずそのうえ勉強までもしない

ほんとゴミだよなあ

そのくせ自分はできるだなんだと騒いで

親に無駄な金使わせていろんな問題起こしまくって

ほんと存在自体がじゃまなんじゃねえの

多分お前はまた大学やめたいと言ってると思う

原因は単位取れなかったか

その原因は勉強しなかったか

その原因はやる気がないか

その原因はお前がお前の人生を生きている自覚がないか

お前それじゃ今いる大切な彼女からも振られるぞ

そしてまた病むのか??

お前が病んだところで誰も助けてはくれないぞ

お前友達いないもんな

せめて生産的なことしろ

せめて少しはマシなことしろ

せめてお前がやらなきゃいけないこと自覚しろ

せめて目の前の単位すら諦めるなよ

せめて自分の好きな子が嫌な顔するようなことするなよ

せめて勉強くらいしろ

また後悔するんだろうな

ゴミクズからしかたないか 

ちゃんと単位取れよ

無駄に見え張って楽するなよ

おまえができてねえことはおまえが一番知ってるだろ

ちゃんとやらなきゃいけねえのはお前だ

誰も困らない

だめなら早く消えてしま

早く寝て勉強しろクズ

また喚くくらいならまともにやれよゴミクズ

http://anond.hatelabo.jp/20170529130112

でも元増田はお若いんでしょ?

これから良い税理士目指せばいいのよ。

とにかく元税務署員の税理士クズ

互助会をたたいてた連中が一斉に口を閉じててワロ

批評されない権利などない!公開してたヤツが悪い!とかさんざ喚いといて、

いざ世評が自分と異なってきたり、自分の好きなオタク文化の話になった途端、一斉に口を閉じて見えないフリ始めるのくっそワロ

議論大事!せめぎあいの中で落とし所つけるのが大事!とか喚いてるバカいるけど、

要はその時々で自分の思い通りにしたいだけのクズしかいないのでまったく意味が無いんだよなぁ。

http://anond.hatelabo.jp/20170528100812

30代童貞無職でも優しくされたい!

ネットであれこれ議論されてるけど、結局どの思想集団の旗の下に行けば30代で童貞無職の俺は世の中に優しくしてもらえるの?

自称弱者男性クラスタ発言気持ち悪いし、弱者といいつつ差別主義的だし、ホモソーシャルで傷を舐めあってその踏み台としてフェミを叩いてる、ってのは確かに言える。

でも他に行き場がないんだよ。

誰も好いてくれないから似た者同士で傷を舐めあうしかないんだよ。

どうしたって報われる未来が見えないんだ。

男性ジェンダー優先社会、即ちマチズモが俺を苦しめているのはそうかもしれない

では男性ジェンダーマチズモと戦えばいいのか?

そういう意味ででフェミニスト達と共同戦線を張ればいい?

でもそれは難しい。

まず第一に俺にはもう戦う元気なんてない。

加えて、俺はいわゆるマチズモなのは嫌い気味だけど、でも自分の中に悪しき男性的な部分が全然いかというと、当然そんなわけはなくて、叩けばホコリも出るしシゴけば精液も出る体なんだ。

フェミニストたちはそういう俺の中にあるような男性性も当然責めるるから、話を聞いていてどんどん辛くなるんだ。

フェミニズム男性ジェンダーから解放にも結び付くから自称弱者男性敵対する必要はない」ってのは、男性ジェンダーアイデンティティから綺麗に拭い去るよう求められるのは苦痛だ、という感覚無視している。


俺は板挟みにある。

からは、現実男性社会が俺じゃあ抱えられないほどの男性性を備えろと要求してくる。

からは、フェミニストたちが俺が持っておきたい程度の男性性も捨てろと要求してくる。

どちらからも逃れる道としてのメンズリブ? 福祉? そういうのって息してる?

居心地のいい場所思想がない。居心地がよくなりそうな希望の持てる何かがない。誰も優しくしてくれない。

からヌル共感できる奴らとたむろして、男性社会はクソ、でも男性社会を徹底的に焼き払おうとするから俺らも火傷させるフェミもクソ、とクダを巻いてるんだ。

つまるとこ、スネてるし引きこもってる。

それがみっともないしクズだって言うなら、その通りだよ。

ももし同情してくれるなら、誰か俺に、俺たちに優しくしてくれ。ケアしてくれ。

2017-05-28

弱者なら連帯しろかいう達がいるじゃないですか

人間関係が苦手で友達がいない人にだったら友達作れよ友達いない人間クズだと言っているのと同じに聞こえてどれだけ悩みを逆なでしている行為か気づいていないのだろうか

金銭価値のあるイラストを描くレベルに達してないクズ

断筆させて本来底辺労働者に戻し、日本の税収を少しでもアップさせる為に

断筆するよう追い込みを掛けたいんだが、誰に頼めば効率良いんだろうか

http://anond.hatelabo.jp/20170528074814

安倍が降りたら全てうまくいくと"思っている"」なんてゴミクズ

ここの論理展開で既にマトモな人間思考回路ではないんだが、

からないんだろうなあバカから

あはは

自己顕示欲丸出しの癖に能力の低いクズ

晒し上げてやりたいんだけど、そういうの募集してる場所ある?

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん