「国営化」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 国営化とは

2020-05-24

ベーシックインカムから快適な配給制

https://anond.hatelabo.jp/20200521211842

当初政府はその問題を、不況と同じレベルで考えていたらしい。時代適応できない事業が淘汰され、自殺者が増えても、全体としてはやがてバランスが取れていくだろうと。

エコシステムってやつね。何かが壊れたり死んだりしても、時代に沿った形で自然復元し、バランスが保たれるはず、そう考えたのよ、政府は」

ところがそうはいかなかった。専門家の試算によると、復元不可能なほど、人も事業経済的理由死ぬことがわかった。あるいは海外に身売りする企業が増えるだろうと。実際、その兆しが見え始め、政府支持率も落ち始めた。

焦った政府は、そこで本格的に救済措置検討し始めた。それまでも単発的な給付金や貸付などは行っていたが、それでは間に合わなかった。

「結局いろいろあった後に、有望な事業は国が保護することになったの。うーん、半分国営化みたいな感じ?」

その経緯についてもっと詳しく聞きたかったのだけど、サタさんは「カショウに聞いて」と言って、説明を端折った。

一方、個人に対しては、継続的給付金、つまりベーシックインカム検討され始めた。

「その話が出たとき、もうみんな大盛り上がりだったわよ。そんなのできっこないって言いながら、本心ではみんなワクワクしてた。でもやっぱりね」

そうはいかなかった。財源が足りないのは明白だった。

ベーシックインカムの話が出るずいぶん前に、政府マスクと一時給付金を配ろうとしたの。でも、IT化の遅れのせいで、あちこちトラブルが起きたの」

IT化の遅れ。これはカショウも言っていた。簡単にいうと、それまで政府は、既存産業エコシステムに気を使いすぎて、新しい技術を取り入れることができなかったらしい。あと、かたちを伴わない情報データを軽く見ていたのも、IT化が遅れた理由ひとつだったと。

「そんなときおとなりの国がね、IT専門家――専門家って言っても学者というよりガチコード書くプログラマのほうね――を招き入れて、マスクをみんなに、均等に行きわたらせることに成功したの!」

その様子を見た役人か誰かが、本格的なIT化と、配給制検討することを政府に進言したらしい。そこではじめて、その技術価値に見合う予算が組まれ、実務的なプラン技術の選定が行われた。どういったリーダーエンジニア必要かも、“おとなりの国”を参考にして割り出し、その発案者は政府を説得した。

「そんな案、コロナ以前は絶対通らなかったわ。政府は、それまでの社会の基盤となっている業界を優先せざるを得なかったから。でもそのつながりを断ち切ったのがコロナだったの。コロナが新しい可能性のリミッターを外したの」

古い社会的基盤を維持するために、新しい可能性は活躍の場を奪われていた。そのことをサタさんはリミッターと表現したらしい。サタさんは、配給制バックグラウンドに、労働力不足があったことにも触れた。

「外出や人との接触制限されるじゃない?そしたら、必然的労働力も減るのよ。労働力が減ればつまり……、モノが減るの。外国との行き来もできないから、輸入も難しくなって……」

まり資源は限られている。その資源を過不足なく、国民に行きわたらせるには、現金よりも物資のほうが有効との考えで、配給制が有力となった。

「もうみんなガッカリよ。SNSは荒れまくって。配給制って、戦争の貧しいイメージしかないじゃない?あと、社会主義っぽい感じ?完全に私たち管理されてるような?」

しか政府へのネガティブイメージは、数年後にはまったく真逆のものに上書きされることになった。

「着いたわ、ここよ」

サタさんは大きな建物を指さした。その配給所は、この一帯の集積所も兼ねていて、ここからさらに小さな配給所にも送られるらしい。サタさんたちは、たまたまこの大きな配給所の近くに住んでいた。

「よくここで買い物したのよ昔は。いろんな服屋さんとかレストランが入ってて。懐かしいわ」

今は、積み上げられた荷物以外は人も物も少なく、がらんとしている。

サタさんは並んだ端末のひとつに、自分の小型タブレットをかざした。

指輪型とか時計型とかあるけど、私、指輪時計も苦手なの。だからずっとスマホ型のを使ってるの」

サタさんのタブレットに、荷物の格納場所が示される。その案内に沿って、僕たちは移動する。

「よう!サタちゃん

初老の男がこちらに笑顔を見せる。作業着らしい服装に身を包んでいる。サタさんも満面の笑顔あいさつを返す。

「前言ってたやつ。届いてたよ」

彼はそう言って、僕たちをその場所まで案内した。

配給所では、必ずこういったおじさんを見かける。彼らはたいてい、荷物を下ろすのを手伝ったり整理したりしている。

すでに紹介したとおり、この世界では、生活のための労働というのはほとんどない。たいていはロボットによって自動化されている。

じゃあなぜ、彼らはここにいるのか。

それは、ちょっと説明がむずかしいのだけど、彼らのパッションしか言いようがない。

まり彼らは、ここで作業を手伝うことを喜びとしているのだ。誰かと立ち話をすることを楽しむものもいる。黙々と作業するものもいる。

いずれにせよ、誰かから感謝言葉や、あるいは作業のものを、自分の喜びとしている。

カショウと行った盛り場なども同じで、過去にそういった経験のある年配の男女が、食事飲み物提供を手伝っている。配給所や盛り場に限らず、こういった自主的労働は、あらゆる場所で見られる。

「昔はみんな、生活のためとか、それが普通からって理由しかたなく働いてる人が多かった。労働苦痛だと思ってる人がほとんどだった。だけど今は、楽しみや自己表現でさえありえるのよね、働くことが。自由から

ちょっとした小遣いももらえるしな」

おじさんが笑顔でそう言った。

おじさんのような有志の労働には、ポイントが付加される仕組みになっている。ポイントは、この世界通貨のようなもので、モノやサービスなど、何とでも交換できる。僕たちは基本的政府の配給とサービスだけで生活ができるので、ポイントはまさに、趣味嗜好品のためのおこづかいと言える。

「昔のポイントカードのなごりね。もうちょっと気の利いた名前なかったのかしら」

ポイントが使われるシーンとしては、誰かのハンドメイド家具アート作品と交換したり、何か作業を頼んだ時に、その謝礼として送ったり。たいていは個人取引で利用される。

おじさんは振り返って棚のひとつを指さした。

「これだ。降ろしてやる」

配給物資だけでなく、個人取引荷物もここに届く。サタさんはうれしそうに小包を受け取った。

「これ、遠くに住む作家さんの作品なの」

おじさんは自走式のカートにすべての配給物資を積んでくれた。3、4日分の食料や生活雑貨なので、そこそこの量がある。

「前回は雑穀を頼みすぎたから、今回は減らしたのよ。その代り、今回はペーパー類がかさむわね」

配給制も、最初の頃はめちゃくちゃだったが、こんなに細かく調整が利くようになるとはな。便利なもんだ」

最初はね、あれが足りないとか、システムトラブルとか、大混乱だったわよね」

機械化が追いつくまでは本当にモノがなかったしな。でもあっという間に、人間労働力の不足を機械が埋めてくれた。それに今は……、ストレスが少ないから、ストレス解消のために無駄に消費することもなくなった。そんな気がするんだよな」

「リミッターもはずれたしね」

「ん?リミッターって?」

サタさんはフフフと笑ってごまかした。

「ほんと!何もかもストレスなくてラクになったわ。昔ほら、オンラインショップサービス定期購入ってあったじゃない?あれを政府が一括でやってくれてるような感じね、今の配給制って」

そう。配給制と言っても、一律で配給されるわけではなく、その家庭の消費傾向が反映されているので、不満を感じることはほとんどない。

各家庭ごとに一定の枠があり、その枠の中でならどんな組み合わせで発注してもかまわない。そしてその消費傾向はコンピュータ記憶され、次回からの配給プランに反映されるので、放っておいてもある程度その家庭の生活傾向に合った物資が届く。

「ただ、昔ほどバリエーションがないのは寂しいわね。昔はね、石鹸ひとつとっても、いろんな企業が、いろんな色や香りのものを売ってたのよ」

「今は需要の大きいものしか作らないからな、政府の一元管理から

技術品質コスト的に洗練されたものしか作らないとも聞きました」

僕も勇気を出して、会話に参加してみた。

「昔あった企業の、すべてのノウハウ技術結集させて作ってるからな。どの製品も、最高のところでコスト品質バランスが取れてる。まあ、どれも無難個性がないと言えばそうなんだが……」

「でもちゃんと、個性的なものもあるんだから。ほら!」

サタさんはさっきの小包を開けて、中から半透明のなにかを取り出した。鼻元に近づけ、においをかぐ。中に鮮やかな花が埋め込まれているのが見えた。明らかに量産された配給品とは違う、“誰かの作品”だった。

わたしこの香りが大好きなの!はい

そう言って、それをひとつおじさんに手渡した。かすかに清々しい香りが漂う。

「いやぁオレはこういうのは……」

「じゃあ奥さんに。ふふふ」

おじさんにお礼を言って、僕たちは配給所を後にした。自走式カートの後を、僕たちはゆっくり歩いた。

「ああいいにおい」

サタさんはその間ずっと、“誰かの作品”を鼻に押し当てていた。

2020-04-27

anond:20200427154006

必要仕事ならそれこそ保護する必要がないんだよ。

必要仕事ではないが需要が見込まれからこそ保障する意義が生まれる。

風俗酪農家国営化する必要はないしされてない。本当に必要仕事なら自由化議論自体が起こり得ない。国でやらないといけない事だから

農業について言えば企業参加の促進などに助成金を出す。並行して自由化も展開する。企業がペイするレベルまで発展すれば保障する必要がなくなる。すでに農家依存しない体制が少しずつ進んでいる。当然だよね、なり手がいないんだから。本当に必要なら、徴農でもさせるべき?

風俗保障されないのはひとえに保障するに足る実需がない。風俗がなくても性処理には困らない。必要ではない。

風俗がないと性処理できないというのはそれ自体がすでに歪んでると思うよ。面と向かっては言わないけどね。

2020-04-10

anond:20200410225243

国営化しても今のフランスみたいなサボタージュ亡国になるだけやしなぁ

やっぱ解雇規制の緩和からだな。官も含め

JR各社再国営化

新型コロナによる利用者減によって、JR各社の経営が軒並み悪化している。

ドル箱東海道新幹線すら利用者半減らしいので、東北北海道山陽九州の各新幹線死に体になっていると思う。

日本国有鉄道が分割民営化されたのが1987年4月であり、ちょうど33年が経過した。

この33年の間に、民営化によるメリット恩恵は全て実現できたと思う。

国鉄民営化33年目の集大成として生まれたのが、今年7月に運行開始予定のN700S系である

これ以上民間経営を続けても衰退するだけに見えるので、この辺りで再国営化してもいいのではないか

2019-10-14

ごみを燃やす廃熱でうんこを燃やすトイレ国営化できないのだろうか

トイレ場所ごみ収集所にだけ設置して市内の住人はそこでうんこをしてくださいと法律に書けば問題解決する

2019-08-21

anond:20190821233121

NHKは更に、めっちゃ高いよ。調べたら多分目玉取れるよ。だから国営化税金経営したくないんだよ。

2019-08-05

anond:20190805065002

別の話にもあったけど、図書館とおなじで

国民全員に健康と「文化(良質な)」をあたえるためのツールであることが一つの理由

だったら国営化しろって? 北の独裁国の放送みたいになっちゃうでしょ。

今でもNHK会長独裁だっていわれてるのに、

それが前職○○大臣政治家がかわるがわる任じられるようになるわけだ。

そりゃ加計森友なんて与党に不利なものはおくびにもでなくなっちゃうだろうな。

 

今ある報道の公平さ、自由は、「金がいっせんも政府から出されていない」ことによって成り立ってるという建前。

(ま、それを十分に行使してない部分も多いけど。相撲などでは逆に不正助長してしまっているし)。

 

今後CMスポンサーつけたらブラック企業を指摘できない。電通自殺事件とか。

せめてやっぱりN国のいうようにジャミング放送で娯楽をおさえていいから、

フリーミアムフリー部分で報道をしっかり貧乏人に無料提供してほしい。

というか、アマプラネッフリニコNHK受信料とパケホ高速回線包括契約すりゃいいんじゃない

どうせ格安SIMでは2GBまでだもの

 

今の時代テレビ波というインフラ収益化しなきゃならない意味がよくわからんってのもあるよほんま

2019-06-29

anond:20190629231004

いや、国営化じゃなくて単に公認すればいいじゃん

実質的違法状態放置するなら公認して法律作って管理する方がいいって話

anond:20190629230258

まり在日資本の巨大な私企業を国が買い取って、民営化ならぬ国営化させろってこと?

時代に逆行してるしそんな金がどっから出るのか、そして戦後日本に残された在日の方々がパチとか風俗みたいな仕事しかできずに財をなしてきたその子孫を税金によって救済して養ってあげるという措置が発するメッセージに、日本国民や韓国北朝鮮の人々がどう反応したとしても責任が取れるってこと?

2019-04-21

anond:20190420182904

民営化した方がよいものと逆に国営化した方がよいもの

改めて見直す時期に来たと思う。ネオリベラリズム

負の遺産清算するために。

2019-03-14

anond:20190314164811

完全国営化して税金運営政府の犬として国威発揚尖兵とすべきだとマジで思ってる

から独立性とかいる?

揚げ足取って空気汚すようなことするぐらいならいいことばかり取り上げて幸福感を与えたほうがいい

2019-02-06

児童相談所は悪くない

悪いのは他人のガキを助けたい気持ちが一切ない普通の日本人

高校教育無償かすら延々と難癖付けて妨害してたし子ども食堂民間勝手にやれで国営化しないんだろ

炊き出し装備は震災納税者には解放されても子供が腹が減ったといっても稼働させないんだろ

anond:20190206170358

2019-01-20

日本女性は産まない選択をしたんだから世界的に見て相当賢いぞ

次のフェーズは産みたい人が産む自由から精子バンク国営化だな。

2018-12-01

プロパンガスかいう闇産業

外国の数倍~数十倍のガス代をせびる異常システム

パチンコ賭博並の利益率にヤクザが参入しだす始末

国営化に戻し業界浄化すべきだろう

2018-08-05

anond:20180805024046

督促強化待ったなしだな

もしくは国営化してネトウヨ様の傀儡放送局に成り下がるかどちらか

2018-07-20

産める体制を作っていこう、てのに

社会進出フルタイムで働かせようとするの何なの

大体の場合旦那の性欲が妻に向かないことが問題なのに、

もっと女磨きして料理作って親切にしようって女の負担が際限なく増えるのなんなんだよ

少子化止めたいなら本気で風俗撤廃…はどうせ無理だから国営化クリーン労働環境にするしかないじゃん

そこでしか働けないアワレな底辺女ガ~て興奮させんのほんともうやめなよ

低所得底辺でも何でもなくただ生きてる人として扱われる国なら

ほっといても人口増えるよ

庶民復権をすれば楽しく性交エンジョイされるんだよ

ブスとかブサイクかいちいち気にされなくてさあ

そっちの方がみんな楽じゃん

わざわざ生命再生産を求道しなくたって

2018-07-11

anond:20180711005524

同じことは100年前にも言われました。

いわく、資本家生産手段を独占するから労働者搾取されると。更に、恐慌なんてものが起きるのだと。

そこで、ケインズと、マルクスがこういう解決案があると言いまして、世界中の国はその2つの提言のどちらかの側にうつりました。

ケインズは、国が需要対策をきちんとしろと。なので、国による借金や、累進課税で過剰貯蓄を抑え、需給対策をした。

マルクスは、国が生産手段を持ち、そのもと適正な生産しろと、生産手段をすべて国営化した。

自由放任資本主義はその時消え去りました。

で、結果的に見れば冷戦終結(1980年台)で勝ったのはケインズなんだけども、勝つ直前にオイルショック1970年台)があった。

オイルショックに対してケインズ対応できないと自由放任資本主義が、新自由主義名前を借りて復活。

ただし、その後日本は失われた30年に突入オイルショック不況なんか目でもない長期不況という流れです。

単にケインズ主義に戻したらいい。もっとも、単純な累進課税や高い法人税だと生産意欲を落とすという側面があし、その批判はある程度真理だろう。

から、溜め込んだら増税、使ったら減税の方向で、使ったら減税の余地を広く持たせてな。

累進課税にすると金持ちいじめだといい、各種節税オプションつけると金持ち優遇だといい、なかなかこの立場をやるには難しいところがあるけどね。

2018-04-16

anond:20180416142017

さかさまから読め。

でんでん現象」ってなるだろ。でんでんってのは「電々」のひらがなよみだ。

電々ってのは電信電話公社略称な。今のNTTのこと。昔のNTT民営ではなく国営だった。

国営だった電信電話公社NTTへと民営化されるのがんでんで現象のことだろ。

逆にでんでん現象のものだとNTT国営化みたいな、今ある民営組織国営化されることを示すんだろう。

それくらい増田なら常識だぞ。

2017-12-22

anond:20171222232504

公正中立にして不偏不党報道機関のために投資してるんだぞ

籾井あたりが粋がってた時は自称中立バカどもが国営化しろだの公共放送国益に沿わない報道をするだのほざいてたが

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん