「ブラックスワン」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ブラックスワンとは

2019-11-05

anond:20191105131035

ハリウッドの大女優ジュリア・ロバーツ2002年再婚したお相手は、撮影現場スタッフとして働いていたカメラマンダニエル・モダー氏。ジュリア・ロバーツブラッド・ピットと共演した主演映画ザ・メキシカン』(2001年)の撮撮現場で知り合い、2人は恋に落ちた。

18世紀英国女王エリザベス1世を演じた映画ふたりの女メアリーエリザベス』(18)が、3月15日から日本公開になるマーゴット・ロビー28歳の彼女は、3年前の2016年結婚している。お相手は出演作の助監督だったトム・アッカリー。同い年の2人は、映画フランス組曲』(14)の撮影現場で知り合った

ナタリー・ポートマンが、主演の重圧に苦しむバレリーナを演じてアカデミー主演女優賞を受賞した映画ブラックスワン』(10)。同作の振付担当し、バレエダンサー役で出演もしたフランス人ダンサーバンジャマンミルピエと撮影中に恋に落ち、2010年婚約、翌11年に長男アレフ誕生2012年8月結婚した。




はい論破

anond:20191105125827

ハリウッドの大女優ジュリア・ロバーツ2002年再婚したお相手は、撮影現場スタッフとして働いていたカメラマンダニエル・モダー氏。ジュリア・ロバーツブラッド・ピットと共演した主演映画ザ・メキシカン』(2001年)の撮撮現場で知り合い、2人は恋に落ちた。

18世紀英国女王エリザベス1世を演じた映画ふたりの女メアリーエリザベス』(18)が、3月15日から日本公開になるマーゴット・ロビー28歳の彼女は、3年前の2016年結婚している。お相手は出演作の助監督だったトム・アッカリー。同い年の2人は、映画フランス組曲』(14)の撮影現場で知り合った。

ナタリー・ポートマンが、主演の重圧に苦しむバレリーナを演じてアカデミー主演女優賞を受賞した映画ブラックスワン』(10)。同作の振付担当し、バレエダンサー役で出演もしたフランス人ダンサーバンジャマンミルピエと撮影中に恋に落ち、2010年婚約、翌11年に長男アレフ誕生2012年8月結婚した。

2019-11-04

脆弱性とでもいうのかな

ブラックスワンで一発逆転したいだけの人生だった

こーまんたれぶー

2019-10-23

監督作家から見る「ジョーカー分析

話題映画ジョーカー」を観た。3日間もの間、印象的なシーンが鮮明に再生され、日常生活を送りながらも映画の中の世界が頭から離れなかった。観賞中は息が詰まるような緊張感が続き、ショッキング描写気持ちは激しく動揺した。

これは一体どういう映画なのだろう。なぜこんなにも強く私の脳内占拠したのだろう。これは議論を呼ぶ名作なのか、はたまたただのトラウマ体験なのか。作品に散りばめられたエッセンスから頭をよぎった監督たちの紹介とともに答えを探っていきたい。

まず系譜としてはマーティン・スコセッシなしには語れない。スコセッシは言うなれば妄執の父である社会が見せる夢に取りつかれた青年現実妄想の間でもがく、という題材をひとつテーマとしている監督だ。アメリカンドリーム皮肉たっぷりに描き、鬱屈した現実とポップな理想を同居させ、若者狂信的な思いを貫くことで結果的社会カウンターパンチを食らう、という内容に特徴がある。主人公にはしばしば常識倫理観が欠如しており、それが社会との隔絶や陰惨な事件を起こす引き金となる。「タクシードライバー」や「キングオブコメディ」でうだつの上がらない妄想癖の男を演じたロバート・デ・ニーロが「ジョーカー」で今度は人気番組司会者を演じているのも意図的皮肉だろう。社会の片隅で生きる男が自意識肥大させて全能感を獲得するという構図は明らかにスコセッシに倣ったものだ。

だが、スコセッシ作品と比べると「ジョーカー」の方が観ていて受けるショックは大きい。はじめから狂気じみたスコセッシの描写する青年と違い、「ジョーカー」の主人公アーサーは特殊障害こそあるものの、それなりの分別を持って慎ましい生活を送る恵まれない男なのだ尊大さよりも不遇を強く感じさせる分、彼が段々と堕ちていくのを見るのはつらい。

似たような余韻を残す作家連想するのはダーレン・アロノフスキーだ。アロノフスキー絶望職人であるこちらも現実妄想の対比によって物語が進行するが、えげつないほどの乖離物理的に後戻りのできない状況を生み出すことによって観客もろとも登場人物絶望へと叩き落とす。往々にして個人における心理状態の変化に焦点が当てられ、描写に肉体の変容を伴うのが特徴だ。職人と称したのは、映像音楽を神経質なまでに駆使して恐怖や落胆、憧れといった感情を煽っていく技巧派スタイルからだ。その画面は暗く、重く、そして美しい。「ジョーカー」を観て「レクイエムフォードリーム」や「ブラックスワン」を想起した人も多いだろう。アロノフスキー作品同様、「ジョーカー」には喪失のものを賛美する鎮魂歌のような要素がかなりある。観客に登場人物と同じ夢を見させた上で、それが緊張とともに深い闇に飲まれていく過程をただただ美しく映し出すのだ。

では、「ジョーカー」の監督であるトッド・フィリップス独自性はどこにあるのか。それは、社会的にインパクトのある題材を濫用し刺激的すぎるほどリアル描写にこだわっているにも関わらず、全体として悲壮感を打ち消しにかかっているところにあるように思う。まさにジョーカー的とも言える、悲劇喜劇かは主観次第、というのを地で行くような趣きがある。スコセッシが愛に飢え、アロノフスキーが闇を愛でる一方で、フィリップス節はなんとなくはじめから終わりまで人々の孤独平行線のまま、深刻なのにどこか表面的で、楽観していて投げやりなのだ

過去作の「ハングオーバー」でもトッド・フィリップスはそんな調子だった。いたずらに過激モチーフを画面に持ち込み、場当たり的に対処していく。物語は緻密に構成しながらも強いテーマ性は内在させず、作り手としての態度はどこか楽観的だ。調べてみるとドキュメンタリー出身とのことで合点がいった。おそらくは観客を引きつけておく演出は最大限発揮しながら、事象としてはすべてありのままを受け入れる、ということである男子寮、バチェラーパーティー、そして今回のジョーカー誕生といい、悪ふざけと相性の良いトピックを選んでいるのもきっと彼らしさなのだろう。待てよ、よくよく考えれば彼の切り口は「やりすぎ男子」そのものじゃないか

だとすると、やはり「ジョーカー」という作品社会的意義を議論するには不向きな映画だろう。映像表現に長け、社会ありのままに捉え、悪ふざけを好むトッド・フィリップスという監督が、人々にトラウマを植え付けるほどやりすぎてしまった結果できた映画なのではないか社会問題全部盛り、過激表現シマシでありながら「そういうこともあるさ」と爽やかに言わんばかりの演出にはそれで説明がつく。それは確かに時代を反映しているかもしれないが、風刺意図や分かりやすメッセージはおそらくそこにはない。

新時代のやりすぎブラックジョーク、それが私の「ジョーカー」に対する結論である

※ 本当はクリストファー・ノーランにも言及たかったが、うまくまとまらなかったのであえて割愛した

2017-10-01

今の民進党の状況について

今の民進党の状況について色々意見は出ているが、キチンと把握出来ている人がいるか?と言ったらいないと思う。

多分、まずそこを認めないと分からないのかも知れない。

 

要するに、「何が何だかよく分からない」ということをまず認めるべきかなと。

 

別の言い方をすれば、今の民進党は「渦中」にある。

周りを見ながら必死にもがくし、取り乱す人もいる。

渦中にいる人は無我夢中であり、今自分が渦中にいることを自覚していない場合が多いが、外から色々批評している人も

いざ実際自分が渦中に入れば似たような物だと思う(自分には批評している人も「どう捉えて良いのか分からない」ように

見えるが)。

 

自分も「鳥肌実 42歳 厄年ネタで笑っていた人間だったが、「誤魔化し誤魔化し生きていた人間が、ある日その誤魔化しが

効かなくなった」場合、外から見れば今の民進党のように見える、と思う。

 

人間は多かれ少なかれ何かを誤魔化して生きている」みたいな言葉があったように記憶しているが、「誤魔化せなくなったら、

それまで貯めておいたツケが一斉に襲ってくる」ということでもある。

 

結局、七面鳥が「過去データからいか自分が今まで大切にされてきたか」をプレゼンしたところで、感謝祭には料理にされる

という話の通り、これもブラックスワン一種なのだろう。

 

ただ、逆に言えば、「イニシエーション」とも言える訳で、これをキッカケに日本リベラルは多少しっかりするのかも知れない。

映画のような擬似的な話ではないので、キチンと見ておいた方が後々自分のためにもなる気もする。

2017-01-10

怖くて観られない映画が増えた

元々アクション系の映画はあまり興味がなく、グロい感じのホラー映画はそもそも怖くて観られないと分かっているのでヒューマンドラマとかサスペンスみたいな映画をよく観ている。サスペンスは多少暗い・怖いやつでも大丈夫で、むしろ今まではそういうのを楽しんでいた。

…が、昔映画館で鑑賞して大変気に入っていた「ブラックスワン」がAmazon Prime無料で観られるということで喜んで視聴したところ、前半で断念。ヒロイン母親言動が怖すぎて、見ているだけでヒロインの痛みが自分にもダイレクトに伝わってくるようで耐えられずブラウザを閉じた。そしてまた別の日、同じくAmazon Primeで「イン・ザ・プール」を観た。一風変わったワガママ神経科医のところに色々な患者さんがやってくるという短編小説原作になっている。原作は数年前に既読で内容はおぼろげにしか覚えていないが、サクサク読めて普通に楽しく時間つぶしができる内容と記憶していた。で、その中に「出かけた後で台所の火を消したかどうかがどうしても気になって家に戻ってしまい、仕事台無しにしてしまう」という強迫神経症女性が出てくる。他にもプールで泳ぐことに依存ちゃう男性とかずっと勃起しっぱなしの男性とか色々出てきてそっちは気にならないんだけど、なぜかその女性だけは気になってしかたがない。市川実和子の演技が上手過ぎるせいかもしれない。彼女が無理やり笑顔を作りながら、家を出る前に「エアコン良し!ガスの元栓良し!〇〇良し!」と叫ぶ度に心がざわざわする。劇中そういうシーンが合計何回出てくるのか分からないが、数回目でやはり耐え切れなくなって視聴を止めた。

私自身は正直けっこうメンタル弱めだなとは思うものの、別に何か病名がついたり薬を飲んだりしているわけでもないし、親に罵倒されたことはあっても虐待された覚えはない。それなのに、映画を観ているだけで登場人物の状況がつらすぎて耐えられなくなってしまう。普通、年をとるとそういう感覚は鈍くなるものだと思っていたが何故逆なのだろうか。

不思議だ。

2016-09-17

http://anond.hatelabo.jp/20160917143805

映画ブラックスワン」でナタリー・ポートマン演じる主人公が「清楚」に当たるんじゃないかと思う。

映画の中では「親に抑圧されたいい子ちゃん」として描かれていて、主人公の周囲の人物たちからは「臆病者」「不感症の小娘」「自分の殻を破れ」とか散々言われてるけどw

欧米では「清楚」は主体性がなく幼い、抑圧された従順存在として捉えられていて、あまりウケが良くないのかもね。

2016-07-04

ヴァンパイア互助界のキャスト

赤バラ : b:id:cider_kondo

ブラックスワンb:id:msdbkm

ブリジットb:id:kash06

ステラb:id:aukusoe

はてなテンペストキャスト

ヨシノ : b:id:cider_kondo

マヒロ : b:id:msdbkm

ハカゼ : b:id:kash06

アイカ : b:id:aukusoe


虚構増田キャスト

おひいさま : b:id:msdbkm

九郎 :  b:id:aukusoe

紗季 : b:id:kash06

六花 : b:id:cider_kondo


薔薇をと相撲はもう書かなくてもわかると思うので書きません。

2014-07-26

http://anond.hatelabo.jp/20140726144951

定量的に捉えられないからこそ

分散投資をするわけでして。

もし、リスクが完全に定量的に捉えらるなら

リスクヘッジ」って概念がそもそも存在するわけがない。

その前提だと、それは「リスクヘッジ」ではなく「確率に則って賭ける」

だけのお話になる。試行回数さえ十分なら確実に勝てる投資存在するみたいな話になっちゃうな。

100%勝てる投資存在しないように、完全なリスクの定量化もまた有り得ない。

いつ飛行機貿易センタービルに突っ込むかわからない時代に、

リスクの完全なる定量化」は不可能。

からこそ、予見されるリスクの中でも可能性の高いものから優先的にヘッジし

それでもヘッジし切れない分は常にあるという、ブラックスワンはどこから飛んでもおかしくないと

思ってやるのが投資だろ。

リスクヘッジってのは、最終的にはマネーマネジメント問題になる。

そして、マネーマネジメントを行ううえで完全なリスクの定量化は有り得ない。

から、定量化できない不確実性を前提に織り込んでヘッジを行う。それが不完全なことは承知の上で。

リスクを100%定量化できる』と思って投資に挑む人間なんてまずいないよ。

リスク定量的に評価したとしても、100%のリスクの定量化が可能だなんて思ってる人間はひとりもいない。

2013-09-18

http://anond.hatelabo.jp/20130918184700

こういう奴が原発に反対とかしてたらマジ爆笑だなw

ブラックスワンを大量飼育してタレブファンドの餌食になんのかなw

2013-08-11

http://anond.hatelabo.jp/20130811034307

マイルドインフレってのが曲者

世界情勢次第で急激なインフレ時代突入したりするわけで

その辺りをきちんとコントロールできるの?

正規分布を外れた

ブラックスワンに全く対応出来ないでしょ。

2012-05-08

http://anond.hatelabo.jp/20120508184617

いや、さすがに、一家離散とか そういうのは 人生としては取り返しがつくが、 見合いとしては 取り返しがつかない。範疇で そういう事例があれば 取り返しがつかない。と認めるぞ?

で、そういう事例が起き得る。ことも認めてるぞ?

無数にある人生の、いろいろな出来事1つ1つ、列挙するつもり?それ必要?ってもう言った。

 

で、ココで議論となっているのは、見合いということに対して一般論で言うか、個別論で言うか?というところが折り合いがとれてないんじゃないの?

おれが、見合いに対して、一般論として、だいたいその範囲で見合いというものは選ぶものなのだ。という趣旨で発言したら

個別論として 取り返しがつかない人生なんだから と 横合いを入れれれて

それは、おっしゃるとおりだが、そんな事は見合いの席ではいわない。というところで ループしているように思ってるんだが?

いわゆるブラックスワンが、見合いだろうと恋愛だろうと 1回ぐらいは起きる。という事は 認めてもいいと言ってるよ。 そこはいい?

ただ、それを気にしていたら、見合いなんかできないだろ? だから見合いの時にはそれは気にしないというが前提だと主張しているわけ。

 

大事なことなのでもう1回言うと、見合いだろうとなんだろうと、人生の一大事は起きる。だが、おきるから、どうしようとか、おきるから見合いしない。というのはナンセンス

から

見合いの席では、おおよそ、そういった範疇釣り書きで選んでおけば、人生にほぼ失敗はない。と 『思って』 見合い相手を選ぶものなんだ。

という覚悟の話をしている時に、『人生にほぼ失敗はない』という事実関係に横槍を入れないでほしい。と言うこと。横槍を入れるのであれば、であれば、どうやって、『見合い相手を選ぶもの』なのか?を示してくれ。ということ。

 

増田は、増田の言いたいことばかりを主張していて、こちらの主張と折り合いをつけようという意思がないんじゃない?

 

つか、見合いの席で、いちいち、ああいう失敗するかも、こういう失敗するかも、って事を列挙していたら、見合いなんか、できないだろ?違うの?

 

言われる前に行っておくと、『釣り書きだけで』選べとは一言も言ってないが、恋愛でもないので釣り書きは重要だろ。

http://anond.hatelabo.jp/20120508181618

から何なの?見合いはするな?ということなの?

見合いをするんだし、庶民の見合いが前提なんだから、ある程度は目をつぶる。どこで目をつぶるか? という議論だよね?

それに対して、目をつぶるのはおかしい、という議論は 見合いをするな?という主張に等しいと思うが

 

じゃぁ、どうすればいいのか?を説明して。それが、見合いに関連して説明を求める。と言うこと。

 

見合いという段階で、完璧な相手はいない。という前提で話を進めているのだし

事故が起きたら何とかしていく。(現実問題みんな いろんな苦難に直面してなんとかしていってるから日本社会があるんだろ)

統計的に語ることも意味が無い。

ではどうするの? どう見合いするの? 

なんか、言ってることはわかるけど、現実性があるようには思えないけど?

見合いの時に ブラックスワンが!とか 仲人さんに言い始めたら、 見合いするな?って言われかねないと思うけど?

http://anond.hatelabo.jp/20120508181123

質問に答えられない程度にしか理解してない、という前提で話を進めるよ。

人生に大きな事故が起きるかどうか?と 見合い相手に 就労状況や学業状況を参考に およそ大丈夫と すること の関連性がよくわからん

俺が言っているのは「人生には大きな事故が起こるので、"就労状況や学業状況を参考に およそ大丈夫と すること"は意味のない判断である」ということ。

より正確には「一部上場大企業に勤めてて普通健康親族がいる程度では、人生において起こる大きな事故には対応できない」ということ。

それは、確率論的に言うと、どのぐらいの確率で起きる。と主張しているのだ? 起きる起きない ではなく 数値で説明してくれ。

これは正にブラックスワンを理解してないという証拠だな。ブラックスワン本質は「確率論的な数値は意味が無い」ということ。

少なくとも正規分布でのモデリングは全く正確でなく致命的なエラーを含むため意味がなく、平均や分散で語ることも当然意味がなく、人生は1度なので、統計的に語ることも意味が無い。

http://anond.hatelabo.jp/20120508180309

よくわからんので、それが、見合いと何が関係あるのか、『見合いに』関連して説明してくれ。

日本語には比喩。譬え話。話の簡略化 というものがあるので、本論に沿わない話は適宜 補完して良い。というルールがあるものとして話しているが

見合いと関係なく、単に、 人生に大きな事故が起きるかどうか? で 話をしていないか

話の本論は、見合いに関連しているのに、なんで、ブラックスワンの詳細な説明が必要なんだ?

 

人生に大きな事故が起きるかどうか?と 見合い相手に 就労状況や学業状況を参考に およそ大丈夫と すること の関連性がよくわからん

 

それは、確率論的に言うと、どのぐらいの確率で起きる。と主張しているのだ? 起きる起きない ではなく 数値で説明してくれ。

http://anond.hatelabo.jp/20120508180014

ブラックスワンは、確率論的な分布を超える閾値存在し得る。ということであって、確率論的な分布を超える例外事項が起きるから確率論無用。という事を歌った話じゃないぞ?。

意味不明だしブラックスワンを理解してないと思われる。

まずは「確率論的な分布を超える」、「閾値」あたりの言葉定義から述べてくれ。

あと、増田は、大きな事件ってのは「起こる」もんなんだよ。といっているが、それは認めているので意味のある議論ではない。

から、絶対とは書かずに、ほぼ、とちゃんとかいているし。ほぼが気に食わないなら、たいていはとか、大きな事故を起こさない限りは というのも述べている。

循環論法になってるのをわかってないのかな?君が言っているのは「大きな事故を起こさない限りは」という条件付けは意味が無い、ということ。

http://anond.hatelabo.jp/20120508175254

それは、正規分布にしろ、確率論にしろ、例外速が起き得るという事象と 正規分布が成り立つ。というのは別速だろ。

ブラックスワンは、確率論的な分布を超える閾値存在し得る。ということであって、確率論的な分布を超える例外事項が起きるから確率論無用。という事を歌った話じゃないぞ?。

 

あと、起きることは認めてるのに、なぜ、起きるか起きないか?になってるの?

 

絶対とは言い切れないが、確率論的には大丈夫な可能性が高い。 という話と

 

絶対とは言い切れないが、確率論的には大丈夫な可能性が高い というのは、例外規則があるから成立しない。という話は別問題だと思うし。

 

あくまでも、見合いの話で言えば、それは、 一部上場企業社員から痴漢冤罪が起きるわけではなく、ひろく電車を使う男子全員に一定確率痴漢冤罪が起きる。という理論から

 

見合いの時に相手選びの条件という 本論を語ってる時には、起きることは認めるが、確率論的影響を与えられる要素ではなかろ。

 

だれであっても、痴漢冤罪などは起き得るので、見合い相手を決めるときに、痴漢を起こしそうかどうかを要素にする奴はいても、痴漢冤罪を起こしそうかどうか?を見合いの要素にするのはおかしい。

 

あと、増田は、大きな事件ってのは「起こる」もんなんだよ。といっているが、それは認めているので意味のある議論ではない。

それは、ひろく全員に起きると思うので、それは見合いの要素にはならない。

から、絶対とは書かずに、ほぼ、とちゃんとかいているし。ほぼが気に食わないなら、たいていはとか、大きな事故を起こさない限りは というのも述べている。

2011-07-18

http://anond.hatelabo.jp/20110718213010

例外を切り捨てる統計至上主義者あなたや、あなたのような人々の偏見助長する元増田のような人々を、私は憎みます

完全に違う。全く理解できてない。統計学勉強するべき。

統計学は例外について基本的に何も言わない。

統計的平均・分散についてだけ言及して例外(外れ値)を無視するのは統計学を分かってない馬鹿のやることで、

統計的傾向を無視して例外(外れ値)だけで物事を語るのは統計学を分かってない馬鹿のやることだ。(ブラックスワンに関する議論はまた別の話)

従って増田統計学勉強するべき。感情経験だけで判断していると、真実を見誤るよ。

2011-05-10

http://anond.hatelabo.jp/20110510134332

うそう。

結局非線形からどうにも推定不可能というだけだよねえ。

そういう場合ブラックスワンだと思って最悪の想定にだけ対応する、という以外にたぶん今のところ人類が知ってるリスク管理手法は無い。

確率の基礎が分かってない」わけじゃないし、そういう次元の話でもないんだけど、どうしてこうもみんな理解できないのか…。

2011-04-10

http://anond.hatelabo.jp/20110410201320

ブラックスワンロングテールの話ではありません。

ご自身が仰るこの部分が、ブラックスワンの一端を説明されています。

>もちろん過去と将来で状況が大きく変われば過去データに基づいた予測は難しいですが.

Wikipedia によくまとまっているのでどうぞ。

http://en.wikipedia.org/wiki/Black_swan_theory


仰るとおり、確率分布を推測し活用できるケースは多々あります。そして同時に推測/活用できないケースもあります原発の安全性は後者であると今回の事故ではっきりしました

仮に原発が致命的な事故を起こす確率が推測できて、それに何の意味があるのでしょうか?

(発生確率)x(損害)=期待損失という考え方は、ある時点のスタティックな数値を示しているだけで、「安全性」を考えるときには全く意味がありません。確率的に100年に一度の地震津波は、100年経ってみればほぼ2/3の確率で起きているのです。「想定外はいつか起こるもの」と考え、最悪の最悪ではどのような状況になるかを推定し、その水準をコントロールするしかないのです。そして最悪の最悪をカバーできないならば、手を出すべきでない。自動車事故カバーできるが、原発事故カバーできないでしょう、おそらく。

安全性を考えるとき便益とトレードオフすべきなのは最悪のケースにかかるコストであって確率はない、ということです

http://anond.hatelabo.jp/20110409160441

正確に確率分布を推定するにはサンプルが無限個必要なので無理ですが,平均と分散(標準偏差)ならある程度のサンプル数でもそれなりに正しく推定可能ですよね.

平均が分かればその事象の期待値(言い換えただけですが)が分かるし,分散がわかればその事象の不確かさが分かる.

例えば平均が45だったとしても標準偏差が100だったりしたらその推定した平均値はあまり役に立たなさそうですが,標準偏差が5程度に収まっていたらその平均値はかなり信頼してもいいですよね.もちろん過去と将来で状況が大きく変われば過去データに基づいた予測は難しいですが.

これらの情報を全部捨てて0か100かで判断するのももちろん一つの判断方法ですが,もっと統計的に考えたほうが得する場面が多くなるんじゃないかなと思います.

ブラックスワンの話は分布ロングテール場合の議論だと思うのですが,その場合は分散の推定が難しくなるんですかね.

2011-04-09

http://anond.hatelabo.jp/20110409155222

何をもって「リスク」と仰っているのかは分かりませんが、正確に確率分布を確定できると思っているのですか?

ブラックスワンという言葉流行ったのはもう数年前ですよ。

2010-07-13

http://anond.hatelabo.jp/20100713152826

強いて言うなら「世の中そう単純じゃない」ってことかな。

現状からの外挿だけで予測するのって大抵あてにならないんだよね。

ナイトの不確実性とか、ブラックスワンとかを全く考慮しないってことだから。

「合理的」とかはっきり言って大して意味無いよ。

2010-04-29

http://anond.hatelabo.jp/20100429035537

経済学常識があるなら、リーマン・ショックなんか、起こさないで欲しいものだし、ブラックマンデーも起こさないで欲しい、山一が潰れないとか言わないで欲しいねぇ。

まさに経済学コンセンサスを無視した結果がこれだよ。経済学的には別にブラックスワンが起きないと保証できる訳ではないが、少なくとも0年代アメリカ市場の暴走は適切な政策で抑える事は出来ていたはずだよ。山一潰れないとかどこの経済学者だよwwwTV経済評論家経済学と一緒にすんな。

投資銀行モラルハザードに対してはまだ研究が十分に足りないのだろ。だからそこに関してはバランスを取りつつオバマが舵取りをしないといけない。それが政治家の本当の役割。

アメリカはその後適切な経済政策を導入した結果持ち直しているが、今の日銀のようにデフレ方向に暴走している事を経済学が警告しているのに無視し続けているのを止める能力も知識もない時点でルーピー政権は論外だろ。

予算があれば何でも成功すると言うもんでもない。

まさにその理由で基礎科学国の責任でやるしかないんだよ。リターンがあるかどうか民間では判断出来ない、事業化に結びつくかもあやふやなリスクが高い事は基礎研究として国や民間の寄付大学とかな)によって新しい可能性を発見し続けて行くしか国家の発展はないんだから。

ちなみに、どこの国のことで、絶対額で日本の何倍出していて、どういう成功を収めたの?

ググレカ(ry

http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/gijyutu/gijyutu4/008/siryo/04122701/005/001.pdf

日本科学者に厚遇している科学大国とでも思っていたのか?

2010-04-09

http://anond.hatelabo.jp/20100409160442

つまり、今後半年間複利運用できないだけじゃなく、価格が上がらなかったと仮定したとしても年利換算でそのくらいになりそうな値を書いたということです。

流動性プレミアム差し引いて20%とか書いてもいいけど…。そこまで細かい差異は今はあんまり関係ないと思います。

もちろんブラックスワンリスクにやられたこともあります。

俺自身は色々と事情があってリスクを多めにとらないといけない状況だけど、もちろん普通の人はそこまでしなくてもいいと思う。

それにしても3%なら十分カバーできると思いますよ。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん