「鏡の国のアリス」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 鏡の国のアリスとは

2022-06-21

ぼくのエロゲの思い出 2/2

https://anond.hatelabo.jp/20220621150930

の続き。わたしの中では比較記憶が薄い作品記憶で書いているのでところどころ違うかも

Phantom Inferno

殺し屋として育てられた主人公ヒロインの話。価値観ぶっ壊れた殺人マシーンドライバイクで登場するシーンを覚えている。あと死んだと思われたアインが超長距離射撃したり。

沙耶の唄

火の鳥近未来篇に似た話がある。冷蔵庫に臓器が入っているシーンや、友達井戸に閉じ込められるシーンを覚えている。終盤では友達拳銃や鉄パイプなどを手にヒロインを倒しに集まってくる。エンディングでは、治った主人公入院している病室の扉越しにヒロインから別れを告げられる。ヒロインは治った主人公から見ると化け物だから直接は会えないのだ。トゥルーエンドでは主人公ヒロインを化け物と知りつつ受け入れて人類を滅ぼすことを容認するんだっけか。

こころナビ

こころナビという不思議ウェブブラウザインターネット世界に入り込んでヒロイン交流する。ヒロインの一人が実の妹だった。妹が運営しているサイト名前はStressfull Angelだったと思う。

ゴアスクリーミングショウ

猟奇もの。悪役があまりに非論理的で、何でもありなので、退屈だった。

腐り姫

雨のにおいを感じるシナリオBGMが秀逸。ゲーム全体が陰気な雰囲気統一されている。OPムービーは歌なし。水月といい、優れた雰囲気ゲーには歌がないのか。いや、ライアーからだ。

Forest

ライアーソフトミュージカルのような演出童話を下敷きにしたストーリー不思議の国のアリスや鏡の国のアリスしか記憶していないわたしにとってはなかなか難しかったが、考えるな感じろということなのだろう、現実童話が入り交じる雰囲気が楽しかった。

テキストと音声が違う演出で楽しむのに時間がかかる。

ヒロイン医学系の学部に通っていて教授不倫してたとか、断片的な記憶しかない。あとヨーホー!というどこかのシーンの掛け声。

大悪司

主人公やくざ関西っぽい地域制圧していくゲームシナリオは忘れたがゲーム面白かった。

この青空に約束を

青春もの。あまり覚えていないが気持ちの良い作品だった。メインヒロインラスト屋根に登って「星野海」について話すシーン。先生(サエちゃんという名前だったか?)ヒロインもいたし、後輩ヒロインもいた(静だったか?)。あと名前は忘れたが先輩とか、さらに後もうひとり、銀髪ロングの子もいたと思う。

今思い出した。ライター丸戸史明が、「冴えない彼女の育てかた」というアニメ作品Webラジオノイタミナラジオ)で、「エロゲは、売れるかどうかわからないのに何年もかけて作らないといけないから、ビジネス的にもメンタル的にもつらい。だからエロゲからは手を引く」という趣旨のことを言っていたと思う。ホワイトアルバム2最後作品になったわけだ。

それは舞い散る桜のように

めちゃくちゃ笑ったが内容は覚えていない。なぜか急に記憶喪失になるんだっけか。

きゃんでぃソフトツンデレテーマにした作品タイトルは忘れた)

コメディ。姉しよに続くタカヒロ作品。姉しよよりも一般受けする笑いに変わっていて、わたしのツボからちょっと外れた。生徒会長金髪の子が可愛かった。

バルシリーズ

戯画アクションゲームバルドスカイまでは遊んだシステムシナリオもややマンネリ感が出てきていた。

CROSS†CHANNEL

ループもの。評判の割に面白くなかった。ある朝起きるとメンヘラヒロインお腹ナイフが刺さってて死んでる。

最果てのイマ

よく分からなかった。当時は難解なシナリオが良いシナリオ、という風潮があったので、そのニーズに合わせたのだと思う。

うたわれるもの

わたしにとって始めての遊べるエロゲー。トウカ(武士)が好きで育てた。虎は性能はいいが雨で弱体化するので、信用せず、育てなかった。ベナウィだっけ?男衆も育てなかった。シナリオファンタジーに見せかけたSF主人公ラスボスラスボスとの戦いは、絶対攻撃を受けないマスがひとマスあるという情報仕入れしまったので、そこにトウカをおいて殴った。

Fateシリーズ

わたしにはあまり響かなかった。延々戦っていて疲れた月姫のほうが面白かった。月姫登場人物ごとに大きく能力が違っていて、非対称的な戦いが描かれていたけれど、Fateでは宝具、令呪、といった道具立てはみんな共通で単純に強いほうが勝つという展開に見えた。しか作品が大ヒットし、メディアミックス大成功したのを考えると、ノットフォー・ミーだったということだろう。

世界の全て

青春ものだった。メインヒロイン関西弁だったような。違う作品だったかもしれない。

LOST CHILD

ヒーローになりたかったすべての大人たちへ」のようなキャッチコピー作品だったと思う。仮面ライダー風の作品だったが、正直、メインテーマソング以外全く覚えていない。歌のサビの歌詞は「似非リアルの風が吹きすさぶ…」とかだった。

向日葵の国、太陽少女タイトル違うかも)

叙述トリックもの主人公の姉がすべての人間から無視されるという刑罰を受けているため、ほかの人と話したり直接ものを受け渡しすることができない。この設定を逆手に取り、姉の姿そのものテキストから消し、最終盤のここぞというところで、実はずっと主人公のすぐ近くにいた姉が登場。主人公が自らの正義のために片足が不自由教官に立ち向かうが、片足が不自由というのは嘘で、ぼこぼこの返り討ちに合う。

大小さまざまなの伏線は素晴らしかったが、作品テーマの「正義」についての話は、あくまフィクションとして、架空問題を取り上げて、架空解決策を生み出し、それを以って正義とするという感じだったので、現実と地続きになっておらず、微妙だった記憶がある。

カルタグラ

イノセントグレイ作品OPムービーがきれいだった記憶がある。猟奇モノ。続編も一つか二つプレイしたが、タイトルや内容は忘れた。カルタグラは内容が猟奇に集中していてよかった。続編は耽美雰囲気に徐々に寄って行っていたと思う。

キラ☆キラ

バンドを始めた主人公ヒロインが車に乗って旅しながら音楽活動をする作品。正直あまり覚えていないが名作として有名だった。

SWAN SONG

キラ☆キラと同じライター、たしか瀬戸口廉也といった名前ライター作品だったと思う。ブランドは別。震災か何かで孤立した雪深い街の物語で、陰惨な作品だった。

ゆずソフトの、主人公大富豪青年と入れ替わって名門学園に通うものタイトルは忘れた)

金髪メインヒロインがとても可愛かった。主人公が自らの正体を明かすシーンがシナリオひとつクライマックスになっていたが、「愛してれば関係ないわ」というノリで意外とさらっと流されてしまい、がっかりした。普通もっと驚くし、ドン引きするだろと思っていた。

カタハネ

繊細な絵が良かった。人形劇をしながら旅するんだっけか。フェアウェルというエンディングテーマが頭に残っている。

LOVELY CATION

主人公名前自由に設定でき、ヒロインがその名前を呼んでくれるというシステム。音声も設定した名前を呼んでくれる! わたし実名登録して呼んでもらった。ヒロインの一人が女教師だった。このゲーム遊んだ時点でわたし社会人になっていたので、わたしには学校先生という存在がもうおらず、そのためこの先の人生において先生との恋愛不可能なのだ…と考えるとなぜかひどく落ち込んで吐き気がしたほど破壊力がすごかった。

続編も遊んだが、続編には教師ヒロインがおらずインパクト相対的に小さかった。

ユーフォニア

閉鎖空間凌辱もの。定期的に降ってくる命令に従わないと死んでしまう。主人公いじめていたヒロインが、実は逆上した主人公殺害されることを狙っていた、なぜならそのヒロイン自身が死なないと主人公が死んでしまうから…という設定だった。後半から新興宗教黒幕だ!という展開でがっかりした記憶宗教だとなんでもありになってしまうから

装甲悪鬼村正

一人を助けたら一人を殺さなければならないという呪いを負った主人公物語鎌倉公方などが出てきたが、飛行船も登場した。室町幕府が滅ばなかった近代、のような雰囲気

エウシェリーの各作品タイトルは全部忘れた)

シミュレーションゲームが多かった。記憶喪失の女神ヒロイン作品が印象に残っている。ヒロインがひたむきに父を探すが、その父が悪役だった作品

アルケミマイスターといったタイトル作品だったか、いや、その次の作品だったように思う。あと、戦女神シリーズおもしろかった。

巣作りドラゴンはエウシェリーとは別のブランドだったか

騎士Purely☆Kiss

紫髪の優秀な妹(由宇だったか?)が可愛かった記憶

最後

ここまでで遊んだタイトルのうち7割以上を思い出したことになる。何も見ていないから上出来だ。あげた作品ほとんどすべてBGMや歌を頭の中で再生できたから、音楽というものの力と、わたし記憶力に驚いている。

気になっていたが遊ばなかった作品

2021-11-19

[]かばん語

かばちゃんがね!フレンズじゃ思いつかないようなすっごーいことをお話してて、しらない言葉がでてきたときかばん語っていってるんだ!!!



devopsみたいな複数言葉が合体してる言葉のこと

この単語は、1871年に発表されたルイス・キャロル児童小説鏡の国のアリス』の作中の一説に由来している。その第6章、登場人物の一人であるハンプティ・ダンプティは“旅行カバン”(portmanteau)の例を引き合いに出しながら、自身が持つ「言葉に好きな意味を込めて使う(=元の性質を保持した新しい「意味」を与える)」能力について主人公アリスリデル講義を行うのであった。

https://dic.pixiv.net/a/%E3%81%8B%E3%81%B0%E3%82%93%E8%AA%9E

2019-07-30

セイウチ大工インドにもいるらしい

ってタイトルだけで分かった奴いるよな。

あるいは、ジャパニーズヤングオイスター


完全にタイミングを逃した感があるのでテキトーに書く。

インド詐欺に、いやいや海外は恐ろしいところやで、だからいかおすしって流れだったけど、これ遥か大昔にルイス・キャロルってロリコン作家が持て余した煩悩で、一応警鐘という形で詩にしてたっていう。

それがセイウチ大工という、鏡の国のアリスに出てきたエピソード

内容は3分調べりゃ理解できる話だけど、まあグロさと嗜虐心が絶妙ミックスされたブラック・ユーモアみたいな?

だって現代に置き換えたらそれこそ未成年略取誘拐に多分強*殺人死体損壊くらいの話でしょ?

聞いたアリスが俺ら同様、全然自分を顧みないオチまで含めて完璧すぎだし。

ホントいい話だわ。

2019-01-15

anond:20190115114126

「同じ場所にとどまるためには、絶えず全力で走っていなければならない」(赤の女王ルイスキャロル鏡の国のアリス』より)

2016-04-22

http://anond.hatelabo.jp/20160422122023

「その場に留まろうと思うなら、全力で走り続ける必要があるのだ」(鏡の国のアリス より)

日常をいつもの繰り返しに収束させることなく、常に何かを変えてゆくのが良いんだと思う。

通勤は歩く道を毎日少し変えるとか、

食事は極力同じ店に行かない、注文するモノを変える

とにかく新しいことをやる

2015-12-01

http://anond.hatelabo.jp/20151201135652

これだから、違いの分からない男はダメなんや

時代流行に合わせて 提供物の中身を変えることで、初めて、「いつまでも変わらない味」が提供できるんだぜ。

ある場所にとどまろうと思ったら、全力で走り続けなくてはならないと鏡の国のアリスも言ってたぞ。

2015-08-08

http://anond.hatelabo.jp/20150808185716

増田さんは「赤の女王」の話を知らないのかな?

彼女世界では全ての物が凄い勢いで動いていて、同じ場所に留まるだけでも走り続けなければいけないの。

「赤の女王」とはルイス・キャロル小説鏡の国のアリス』に登場する人物で、彼女が作中で発した「その場にとどまるためには、全力で走り続けなければならない(It takes all the running you can do, to keep in the same place.)」という台詞から、種・個体遺伝子が生き残るためには進化し続けなければならないことの比喩として用いられている。

赤の女王仮説 - Wikipedia

この世そのものもの動いているのよ。

からマグロだけじゃないわ。全ての生きとし生けるもの物はすべからく走り続けなきゃならないの。

しかも一説にインターネット情報流速は現実世界のそれの数十倍と言われているわ。

2ch、ツイッターFaceBook、新しい話題が現れては消えていくでしょう?

立ち止まっては後ろに取り残されて朽ちるだけよ。

私たちリアル世界の住人よりも一層角度とか気にしながら走らなきゃいけないのよ。

2011-02-25

http://anond.hatelabo.jp/20110225140837

http://anond.hatelabo.jp/20110225150532

http://anond.hatelabo.jp/20110225150733

http://anond.hatelabo.jp/20110225143641

ほむほむ黒猫説は鏡の国のアリスからきているんです

うんうん、そういう話は読んだし、OPにも黒猫がでているし、わからなくはないよ。

でも、他の作品にかぶせるのはオマージュっていって、深く読み解くには有用なんだけど、それを知らずにいきなり「まどかが昔猫飼ってました」とか、

唐突に「ねこいました」とか展開されても、ストーリーテイリングとしては未熟な気がするんだよね。

から、ここまで出ていない猫が重要な位置づけにくるっていうのは、現時点では少し微妙だなって思ってるんだよ。

もちろん、今後に、唐突はなうまい出し方で猫が登場すればそれはそれでいいと思うけどね。

例えば、きゅうべえの本体がいい猫で、悪いのに寄生されてた、とかね。

とすると「無限に人を思いやれる人は無限に憎しみを生む」わけだよね。

元増田ですが、文章下手でゴメンだけど、元増田でもそういうことも言いたかったんだ。

伝わらなくてゴメンご。

で、

からまどかは「人も魔女も救う」第三の選択を取るんじゃないかなーと予想。

当事者的にはハッピーエンドなんだけど、客観的に見ると歪なバッドエンド、になると予想してます

「鏡の世界」がヒントになってそうだけど

反転した世界で人は憎しみも悲しみも持たず平和に楽しく生きる、けど「それで本当に生きてるって言えるの?」みたい

恐らくまどかは「契約する」「契約しない」以外の第三の選択肢を取ると思う

なるほどねー。

かにそれもありだなー。

シンジくんが一回補完されたあとの溶け合った世界での葛藤たいなんがあって、そのあとアスカ復元する、みたいイメージでいいのかな?

でもなんだか、まどかにとったら、契約しないっていうのが一番難しい道で、自分確立しない限り契約しないって選択はできないと思うんだ。

一見無責任に思うかもしれないけど、契約しないですべて忘れる、っていうのも、ひとつ幸せになる道なんじゃないかなって気もしてるんだよねー。

しい間違え方なんじゃないかなって。

ああ、ほんとにどうなるんだろうねえ?


まあしかしあれですね。

完結していない作品を批評するのって、批評家したらやっぱりナンセンスなんですかね?

まあ、ファンがうだうだ言ってるってことで許してください。

ちなみに私はまどか派です

2007-04-12

http://anond.hatelabo.jp/20070412183211

・「大多数のオタクルサンチマンを抱えてる」とあるが、では「少数のルサンチマンを抱えてないオタク」はなぜオタクをやっているのか?

憧れではなかろうか?

誰でも、たぶん子供の頃には憧れているキャラクターがいたと思う。それは古典的には「鏡の国のアリス」のアリスだったり、もっと新しいメディアだと「ドラゴンボール」の悟空だったり、私の場合だと、名前も憶えていない本に出てくる妖精だったりと、まあ各人いろいろなキャラクターに憧れたことと思う。

そして、彼/彼女と共に成長していくのだけれど、恐らくは小学くらいじゃないかな、はたと気付いてしまう(この辺はちょっと記憶曖昧)。彼/彼女らはどんどんと先に進んでいってしまって、どんどん素敵に、魅力的になっていくのに、自分の歩みはなんて遅いのだろう! 周囲は彼/彼女らとは全く違う方向に進んでしまっているけれど、どうしてだろう?

こうした気持ちは成長するに従って表面的には消えていくけれど、ふとした契機ではっと思い出してしまう。それで、一人の時に彼/彼女を演じて、彼/彼女と共に過ごそうとするのだけれど、もうずっと離れてしまっている。

そんな憧れの気持ちの、無意識的発露なんじゃないかなーと、思ったりする。

と書いても解りにくいので、下の歌詞参照して何かを感じて下さい。いや勝手な解釈だから、本人さんがこんなこと考えてるかどうかはわからないけれど。

百万の薔薇の寝台に

埋もれ見る夢よりも

馨しく私は生きてるの

どうすれば醜いものが

蔓延ったこの世界

汚れずに羽搏いて行けるのか

ひとり繭の中

学び続けても

水晶の星空は

遠すぎるの

聖少女領域 / ALI Project

 
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん