「WoT」を含む日記 RSS

はてなキーワード: WoTとは

2018-07-03

寂れ続けるWorld of Tanks

イベントでも接続数が一万を割るWoT

 

先日いい加減折れてアンインストール

中Tier帯をメインで遊んでいたザコなので高Tier戦がどのようにつまらなくなったかは知らないし書けない。

ゲームプレイ時期はT18が大暴れしていてChaffeeの特殊マッチングと修理費が変更される前後の頃。

改悪の思い出。

  • FCM36PAK40再販・配布イベ

この頃はTier5HTがよく生贄にされていた。がTier3が5と当たらなくなって以降、Tier4に乗ってすらめっきり見なくなっていた。

初期戦友持ちの乗員が付属するアレ。とはいえまだこの頃はP2Wの臭いがした、程度どまり

  • 茂み減少

TD乗り発狂

ここからが本格的に狂い出した頃だろうか。Tier4以下でしか出会わないが、有名なプラトゥーンが大暴れした事もあって嫌われ者代名詞

狂気自走砲再販さら自走砲全体へのヘイトが急上昇、中Tier層に決定的な不満を植え付けた。

偵察LT乗り発狂

Tier5LTが速度と視界を奪われる矛盾した調整。特にユーザー数を減らしたのがchaffee、M7。Tier6も阿鼻叫喚、中でもMT-25乗りは発狂を通り越して死亡。闇に消える。

露骨にTier6を増やしたいWGの思惑を誰もが感じた事だろう。結果は一時的に増えたように見えたが、すぐにTier6通常戦車が減少。そりゃそうよ。Tier8はさらボトムが増える。

例外を除きボトム~トップのTier戦車数を7:5:3に揃える。WG的には画期的マッチングだったらしいが、妙につまらない。トップは車種に合わない仕事までも押し付けられ、ミドルは同格の枚数が足りず主戦場に迷い、ボトはいくら大勢いようがボトムというだけでやる気が下がるのでどうしようもない。

2017-12-12

DTBって課金要素と相性めっちゃいいと思うんだけどな

ガチャを回さないと象が使えないなんてありません!」

そうかそうか

だが待って欲しい。

ガチャを使って象を出したプレイヤーを運と実力で叩き飲めせます!」

は何故駄目なのだろうか。

わずもがなTCGのようなゲームだと「インチキカードを使いまくってくる奴が相手になるとこっちがアグロで向こうが土地事故起こしてても勝ちきれなくてカードパワーで轢き殺される」という現象が起きる。

だがDTBは違う。

あのゲームにおける実力はあらゆる南極を乗り越える。

何故ならDTB本質的アクションゲームからだ。

プレイヤー操作テクニックが数多の無理ゲーから不可能の二文字を奪い去る。

そうだな。

WoTというゲームを知っているだろうか?

あのゲームにも課金プレイヤーが有利になる要素がたんまりとあった。

貫けるはずがない装甲を貫く課金弾。

砲撃の精度や再装填速度を高めPSの差を蔑ろにするが如きベテラン搭乗員

課金プレイヤー専用でマッチングを若干有利にする課金戦車(正確に言うと不利マッチを引く確率を下げてくれると表現すべきではあるが)。

こうしたあらゆる課金要素を持ちながらも、WoTはPay to winとまではなりきっていない。

しろボイチャで連携してくる連中の方が10000倍害悪であった(ボイチャ連携勢が一組くるとゲーム性が本当に丸っきり変わってしまうのだ。テメーらだけでカスタムゲームしてろクズが)。

なぜPtWにならないのか?

それはWoTアクションゲームであり知識ゲームであるからだ。

課金をすれば強い戦車は手に入るが、強い戦車に乗った弱いプレイヤーは結局弱い。

ガルパンを見れば分かるように、戦車の戦いで重要なのは相手の装甲を如何に撃ち抜くかであり、そこで重要なのは正しい知識とその知識に基づく戦術を実現するプレイングだ。

相手の弱点を知らなければ戦いには勝てない。

弱点を撃ち抜くための道筋を知らなければ勝負にならない。

課金弾をベテラン搭乗員に撃ちまくらせたところで、狙う場所が間違っていれば何も始まらないのだ。

DTBもこれと同じだ。

2象や5.5象をやった所で次のターン以降にどういう手を打つべきかを知らなければ勝負を有利にすることは難しい。

最後ものを言うのはプレイングなのだ

かに、好きなときカメを引ければ勝てる。

だがそこまで行ったらそれはDTBではなくなる。

都合の良いときカメを引けるかも知れない、ならばDTBだ。

私が言う課金DTBとはそういうゲームだ。

そこを勘違いしないでくれ。

やがて課金という対価を払う内に感情を失い合理的にレートを上げることだけを考えるプレイヤーを生み出すゲームがどうぶつタワーバトルなら、そのゲーム略称DTBになるべきだよね。きゅっぷい

2017-10-29

はてなブログの一部の普通ブログが多数ここ数日間、wot詐欺認定されている

タイトルどおりなのだが、wotというものがある。

これはサイトを訪れたユーザー自身がそのサイト安全なのかどうかといったことを評価出来るというものだ。

日本語対応だが、グーグルクローム拡張機能アンドロイドアプリとして入手可能で、ユーザー評価世界レベルで全ネット利用者に公開される。

ここ数日、アクセスしたはてなブログの一部が詐欺ブログとして評価されているものをちらほら見かけた。

気にしなければ気にしなくてもいい問題ではあるのだが、ここ数日でその数がいきなり増えたので気になったので書いた。

この詐欺という認定基準不正手段サイトに訪れたユーザーから金銭または価値あるものを奪おうとするというものである

当初はアフィリエイトをやっているサイトのみこのような評価を与えられているのかと思ったが、アフィリエイトとは関係のないサイトでも詐欺認定されているものがある。

詐欺認定されているサイトは筆者が確認した限りではどれもこれも普通ブログであり、ユーザーから金やら価値あるものを奪おうとしていない。

wotユーザー詐欺認定されているブログを開く度、安全サイトであっても危険という警告が出てしまい、サイト運営者のイメージを悪くしてしまう。

詐欺サイト認定を取り消したくとも、wot姿勢は多くの人からサイトに良いという評価を受けることで汚名挽回せよであり、いくら健全サイト文句を言っても犯罪加担サイトという汚名撤回はされない。

そのため、wotは他のユーザーに自サイト評価してくださいとお願いをする掲示板的なものを用意しているが、wot日本語対応サイトであり利用者外国人が多いだろう。

外国人日本にある俺のサイト評価してくれといったところで、評価されるとは思えない。

もしwotを利用していて自分お気に入りサイト詐欺認定をされていたら、サイトユーザー登録をして、サイトの詳細な評価をして下さい。

詐欺同意しないという項目にチェックを入れて下さい。

そうすると、ユーザーサイトを訪れても警告は出ませんし、安全意味する緑マークが出るので過去にそのような認定を受けたことがあるということもユーザーは気付くことすらありません。

全部英語サイトだが、ブラウザ翻訳できるし、日本語での入力もできるので、他のwotユーザーあなたお気に入りサイトを訪れた時、あなた評価を読み、安全であることを理解出来る。

2017-08-02

WoT  ガルパ スプラトゥーン←new!

日本三大介護させるなって言ってるやつが介護されてるゲーム

2017-03-09

メカを扱った作品ってすっかり消えたな

頭文字Dとかミニ四駆みたいなのってもう時代遅れなんだろうか。

昔はビーダマンとかベイブレードとかゴルゴ13とかメカニック方面からアプローチして物語作る作品が沢山あったけど最近はとんと聞かないわ。

ガルパンはそういうのやってくれるかなーと思ってたのにWoTレベルしかなくてガッカリだった。

2016-05-31

ガルパン劇場版の戦力を数値化してみる

 その昔、「ガルパン各校の実力を数値化してみる」というのをやってみたことがある。

http://anond.hatelabo.jp/20140907144051

 今回は同じ試みを劇場版で試してみよう。参照したのはWoTwikiサイト。

http://wiki.wargaming.net/en/World_of_Tanks

 冒頭のエキシビションについてはこちらに乗っていた一覧を参照。

http://blog.goo.ne.jp/gfi408/e/6279da4b0f412baeee27fae53ecd1ece

 そして大学選抜戦では有名なこちらの図を使用。

http://livedoor.blogimg.jp/achtung0430/imgs/7/7/77ccba22.jpg

 まずは個別の戦車について。以前は実装されていなかった八九式が実装されており、Tier2となったことが分かった。

http://wiki.wargaming.net/en/Tank:J26_Type_89

 またファイアフライはTier6になった。

http://wiki.wargaming.net/en/Tank:GB19_Sherman_Firefly

 クルセイダーはTier5。

http://wiki.wargaming.net/en/Tank:GB20_Crusader

 CV33は引き続き実装されていないため、前回採用したTier1をそのまま使う。

 知波単の車両については九七式がTier3。

http://wiki.wargaming.net/en/Tank:J07_Chi_Ha

 九五式はTier2となる。

http://wiki.wargaming.net/en/Tank:J03_Ha_Go

 M4A1も実装されていないので無印M4と同じTier5にしておこう。

http://wiki.wargaming.net/en/Tank:A05_M4_Sherman

 大洗側で最も謎なのはBT-42。ただ元になったBT-7はTier3だ

http://wiki.wargaming.net/en/Tank:BT-7

 またBT-7に榴弾砲を搭載したBT-7AもTier3である。

http://wiki.wargaming.net/en/Tank:R105_BT_7A

 以上を踏まえてBT-42はTier3とする。

 続いて大学選抜、主力のパーシングはTier8だ。

http://wiki.wargaming.net/en/Tank:A35_Pershing

 T28重戦車もTier8。

http://wiki.wargaming.net/en/Tank:T28

 センチュリオンも同じ。

http://wiki.wargaming.net/en/Tank:GB23_Centurion

 チャーフィーはTier5となる。

http://wiki.wargaming.net/en/Tank:M24_Chaffee

 まったく分からないのがカールだが、あの派手な演出からTierは上限の10にしておこう。

(1)エキシビション

 双方16両という、TVシリーズと比較すれば結構大規模な対戦。中身は以下の通り。

(a)大洗・知波単連合

 大洗 8両(Tier合計36、平均4.5)

 知波単 8両(Tier合計23、平均2.9)

 合計 16両(Tier合計59、平均3.7)

(b)聖グロリアーナ・プラウダ連合

 聖グロリアーナ 8両(Tier合計38、平均4.8)

 プラウダ 8両(Tier合計46、平均5.8)

 合計 16両(Tier合計84、平均5.3)

(c)総評

 知波単弱い。そして前にも書いたが売れ残りでこの数字を出せる大洗は昔は強かったんだろう。

 一方、これだけの差があるのに最終的に残った車両は大洗・知波単が3両、聖グロ・プラウダが2両だったことを考えるなら、錯綜地形での大洗の実力は本物ではないかと思われる。

(2)大学選抜戦

 双方30両に及ぶ大規模な対戦。それぞれの中身は以下のようになる。

(a)大洗連合

 大洗 8両(Tier合計36、平均4.5)

 黒森峰 4両(Tier合計29、平均7.3)

 サンダース 3両(Tier合計16、平均5.3)

 プラウダ 4両(Tier合計25、平均6.3)

 聖グロリアーナ 3両(Tier合計15、平均5.0)

 アンツィオ 1両(Tier合計1、平均1.0)

 継続 1両(Tier合計3、平均3.0)

 知波単 6両(Tier合計17、平均2.8)

 合計 30両(Tier合計142、平均4.7)

 相変わらず知波単が弱い。アンツィオは論外。黒森峰とプラウダが突出して強い。

 この戦力を最初に3つの中隊に分けていたが、その内容は以下の通り。

・ひまわり 10両(Tier合計63、平均6.3)

・あさがお 10両(Tier合計37、平均3.7)

・たんぽぽ 10両(Tier合計42、平均4.2)

 中央のひまわりが強力である一方、両翼(とくにあさがお)の弱体ぶりが目立つ。

(b)大学選抜

 合計 30両(Tier合計233、平均7.8)

 黒森峰すら上回る平均値。さすがは事実上の戦後戦車集団。

 当初はこれを4つの部隊+センチュリオンに分けて運用していた。それぞれ以下のようになる。

・メグミ 9両(Tier合計69、平均7.7)

・アズミ 8両(Tier合計61、平均7.6)

・ルミ 8両(Tier合計61、平均7.6)

・カール 4両(Tier合計34、平均8.5)

・アリス 1両(Tier合計8、平均8.0)

(c)総評

 車両数こそ同じだが戦力的には大学選抜側の方が圧倒的に強い。特に大洗側は最初に分けた3中隊のうちあさがおの弱さが目立っており、緒戦で容易に突破されてしまったのもそのあたりが理由だろう。

 大洗連合の主力がひまわりだと看破し、カールの砲撃に加えて2個中隊での包囲によってその戦力をすり減らしたところまでは大学選抜の目論見通りだったといえるだろう。

 まずかったのは、どんぐり小隊にカールと一緒にパーシング3両までまとめて葬られたこと。パーシングを残していればまた結果は違ったかもしれない。

 何より最大の失敗は遊園地まで逃したことだろう。性能差を生かしきれなくなる乱戦に持ち込まれる前に、極力追いすがって相手をすり潰すように行動すべきだったように思われる。舐めプしていたと言われても仕方ないのでは。

------

 以下追記

------

 まさかブックマークがつくとは思わず、説明不十分なままアップしたらしっかりツッコミが入っていた。

 ここはせっかくなので、なぜ「追いすがって相手をすり潰すように行動すべき」だと思ったのか、もう少しきちんと説明しておきたい。

(1)追撃して伏兵を食らったら、という懸念について

 たんぽぽは大学選抜左翼と交戦中であり、彼らの動きは把握できている。ひまわりは半減して退却中、あさがおは突破された後に大学選抜を追いかけている状態。試合に参加している車両が最大30両というのは事前に分かっているので、これが大洗の全戦力であることも把握できたはず。従って追撃に対して伏兵として待ち伏せできるのは逃走中のひまわり5両しかないと判断できる。たった5両の待ち伏せを心配して、追撃をやめるどころか敵との接触まで断ってしまうのは、果たして正しい判断だろうか。

(2)プラウダの後衛戦闘について

 かーべーたんの奮闘は間違いないし、あれで時間稼ぎはできたとは思う。でも大洗はそのあとでどんぐり小隊をカールの偵察&攻撃に送り出しており、彼らが本隊に戻ってくるまで本隊はどこかで待機していたはずだ。その時点での大洗本隊は車両数19両、これに対して大学選抜はカールとその護衛のパーシング3両、さらにT28を除いても23両ある。Tier合計ならもっと優勢だと考えていいだろう。大洗本隊の位置を特定して全力で攻撃に出る選択肢を選ばなかったのはなぜか。

(3)大洗本隊の位置が分からなかった

 可能性はある。でも例えばどんぐり小隊がやって来た方角を偵察するなどの対応を取って探し出すことはできなかったのだろうか。あるいは最初にたんぽぽと接触していた左翼はどうしてそのあとでたんぽぽを見失ってしまったのか。どんぐり小隊が砲煙にまぎれて姿を消した時も、大学選抜は見失ったまま何もしていない。小隊を探すか、あるいは小隊以外の本隊を探すか、そうした努力をしようとはしなかったのか。

(4)探したけど見つからなかった

 この場合、大学選抜は無能と言われても仕方ない。大洗側はカールの位置までしっかり見つけ出しているのだから。

(5)開豁地でも錯綜地形でも勝てると考えていた

 これが一番ありそうに思える。遊園地跡に逃げ込まれ、個々の戦術や技量を巡る争いになっても優位は揺るがないと考えるなら、203高地戦の後で大洗連合に対する追撃の手を緩めても問題とは思わないだろう。おまけに西住流といえば「撃てば必中 守りは固く 進む姿は乱れ無し」という、どちらかと言えば正攻法で知られており、錯綜地形を生かしてゲリラ戦をやるタイプの相手とは思いづらい。大洗自体は奇策の連打で優勝したのだが、大学選抜側にはその情報が十分に伝わっていなかったのだろう。何しろこの試合は急きょ設定されたものだけに、「西住流大洗派」のやり方を十分に把握する時間がなかった可能性はある。

(6)戦車道

 あとは「開豁地でも錯綜地形でも勝てる」事実を示すことで、島田流が西住流を圧倒していることを証明しようとする気持ちもあったかもしれない。これが戦争なら勝てそうなときに確実に勝つことが優先されるだろうが、そうではない。「ザッツ戦車道」と考えて試合に臨んでいたのだとしたら、「追いすがって相手をすり潰す」方が有利だと分かっていてもそうはしなかった理由が説明できる。

 以上、いろいろと書いてみたが、あくまで個人的な考えにすぎない。いろいろな見方ができるのがいいフィクションだと思うので、この見解に同意してもらいたいとは言わない。酒の肴代わりになれば十分だろう。

2015-12-10

ガルパン映画で1つ疑問があるんだけどよ

どことは言わんがあのシーン普通にやってればそのまま勝ててたんじゃないかな……

WOTで同じような状況になったら次々撃ち落とされていくぞ

2015-11-17

[]11月17日

○朝食:なし

○昼食:おにぎり三つ

○夕食:一平、ケンチキチキン

調子

お仕事は順調。

今日レビューの日でした。

レビューの結果を対応して、質疑応答ドキュメントを作って

次の工程の準備をしていたら、急遽別の人のサポートを振られた。

それ自体はいいんだけど、終業時間ギリギリに言われるとツラい。

仕方なく一時間だけ残業した。

○心ちゃん

心ちゃんとは、本格美少女麻雀漫画咲-saki-外伝シノハユに登場する

小禄心ちゃんのことである

ここ最近、ずっと彼女のことばかり考えてしまう。

とても可愛くて、とても美して、とても強い、すばらしいキャラクタだ。

僕のオールタイム好きなキャラランキングは、読子リードマン、綾瀬夕映パチュリーの三人が常に上位を独占していたのだけれど、

ここ最近の瞬間風速だけを考えると、この三人を上回っている。

今日も暇な時間は、心ちゃんのことを考えて過ごしていた。


ゲームの話

そうえばこの日記は「ゲーム日記」でしたね。

というわけで久々にXboxOneを起動。

ダッシュボードアップデートされていて、かなり良い感じ。

Halo5も買いたいし、CoDBO3も欲しいし、トゥームレイダーも欲しい。

が、お金がないので、ハッピーウォーズでもして自分を誤摩化すかあ。

と思ったが、なんとゴールドが切れている!

これは手痛い。

HDDもいっぱいいっぱいだし、お給料出たら、

Halo5、ゴールドメンバーシップ、外付けHDDの三つを買おうかなあ。


○欲しいもの(昇順に欲しい)

Halo5(アニメも見たいから限定版かなあ)

ゴールドメンバーシップ12ヶ月)

外付けHDD

Forza6(One

レアリプレイ(One)

スクリームライド(One)

ファンタジア(One)

XBLA色々(One互換対応から優先的に買いたい、ブラックマンデー近いし要チェック)

CoDBO1(360)

CoDBO2(360)

CoDBO3(One)

トゥームレイダー:レジェンド360

トゥームレイダー:アニバーサリー360

トゥームレイダーアンダーワールド(360)

トゥームレイダーディフィニティブエディション(One

ライズ オブ トゥームレイダー(One

デッドライジング2 オフレコード360

デッドライジング3(One

ボーダーランズ ダブルデラックス コレクションOne

マスエフェクト3(360

360の買い損ねー

めざせムービースター360

WoT(パッケ版)(360

ダンスセントラル2(360

ダンスセントラル3(360

キネクトジョイライド360

トリプルパック(360

キネクトアニマルズ(360

キネクトアニマルズーフシギな島のなかまたちー(360

ポップキャップアーケード360

キネクトスポーツシーズン2(360

ガンストリンガー360

キネクトラッシュ: ディズニー/ピクサー アドベンチャー360

キネクトディズニーランドアドベンチャーズ(360

DL版持ってるけどパッケも欲しい贅沢の壁ー

キラーインスティンクト(パッケ版)(One

プロジェクトスパーク(パッケ版)(One)

マインクラフト(パッケ版)(One

キネクトスポーツライバルズ(パッケ版)(One)

One版持ってるけど360版も欲しい贅沢の壁ー

Forzaホライゾン2(360

ズータイクーン360

Halo4 GOTY(360)

One版すら持ってないけどコレクションしたい360版のパッケの壁ー

スクリームライド360

ファンタジア360

ライズブトゥームレイダー360

CoDBO3(360

2015-10-21

例の退職エントリ

記事が消えてるしWeb魚拓も落ちてるみたいなので。

ところで、せっかくの退職エントリですので感慨深いものですし、ここはひとつ昔話などをしたいと思います

まずはAppBank GAMESの軌跡を年表にして振り返ってみました。

2012年2月 AppBank GAMESがスタートしました。

2012年4月 最初退職者が現れました。

2012年夏 第一次反乱が発生しました。

2012年7月 G君という大変優秀なレベルデザイナージョイしました。

2012年10月 Dungeons and Golfの追い込み時期にとある出来事が発生しました。

2012年12月3日 Dungeons and Golfリリースされました。すごいバグってました。

2012年12月二次反乱が発生しました。G君が辞めました。

2012年12月 ゲーム業界きってのベテラン、I氏がジョイしました。それと同時に正式ジョインではないのですが、もう一人とあるソシャゲを作っていたベテランのZ氏が時々お手伝いに来てくださるようになりました。

2013年社長とI氏が戦争してました。

2013年春 第二作目、トキラビリンス制作が開始されました。

2013年7月 オフィス新丸子から新宿移転しました。

2013年10月 第三次反乱が発生しました。このタイミングで私が退職、それに合わせて9人ぐらい合計で退職しました。多分I氏もこのぐらいのタイミングで辞めたかと思います。Z氏については詳細不明です。

2014年5月ぐらい トキラビリンスリリースされました。

2014年受託案件を始められました。

2015年AppBank GAMESは潰れました。

なかなか壮絶な年表ですね。語りたいことがたくさんあるので順々に語っていきたいと思います

社長ブログにも挙がってましたけど、まずなんといってもI氏について思い出があるので簡単に語らせていただきたいなと思います

私はI氏のことを(50台とは思えない勢いだから炎上おじさんっていつも呼んでたんですけど、なにやらゲーム界隈ではちょっとしたレジェンドだったらしいすね。私は全然知らなかったですしその意識は今でもないです。そのI氏ですけど、2012年の末にやってきて開口一番「このゲーム(Dungeons and Golf)はクソだ」みたいなことを言い出しまして、現場一同全員「よく言ってくれた!」と陰ながら感動していたのをよく覚えています。なにせ社長から社員に至るまで誰一人F2Pゲームのことを理解しないでつくったものですから課金メソッド継続させる手段も何もないですからね。申し訳程度にガチャっぽいものがついてた程度でした。そりゃ儲からねえよと。今の私はいろいろと勉強して分かるようになったのですが、当時は本当に何もわからなくて。

そこでI氏がいろいろと改革に着手して社長と揉めてどうのこうのになったわけなのですが、そこについては社長がご自身ブログでなにやらご意見を述べられているようですね。ということでここでは私の目線から見たI氏をちょっと語ってみようかと思います

I氏の経歴はよく知らないのですが、いろいろF2Pゲームを作られたりして経験あられたようです。経験と知識は間違いなく底が深くて、当時のF2Pゲームの定石についてもまるで詩経諳んじるがごとくに次々に語ってくださいました。その内容についても適切だったのを覚えています。I氏は自分で適切に考えられるし適切に決められるし適切に分析できる方だったかと思っております。私がF2Pゲームロジックを考えられるようになったのは間違いなくI氏のおかげです。

ただ2点ほど、社長が今でもI氏をご自身ブログで随分批判されている原因になったと私が思っている点があるんですね。

一つはI氏が過去経験に少し引きずられていた可能性が否定出来ないこと。

一つはI氏が高齢だったことです。

Dungeons and Golfを当時分析すると、最初設計からまともな課金ロジックが一切喝采抜け落ちていて、ゲームとしては遊べるんだけど課金はまずできないという形になっていました。そこでI氏は一般的F2P課金ロジックの仕組みを導入しようとしたのですが、今考えてみればむしろ最近勃興しているF2W(Free 2 WinLoLWoTなどのまともな課金要素が一切ないゲーム)にDungeons and Golfは近い形になっていました。であれば無理無理F2P要素を付けてしまうよりはF2W要素を強くして、プログレスもない、まともなガチャもない、ただ延々とゴルフが遊べるだけ、みたいなゲームみたいな感じに着地させるほうがおそらく無理はなかったんじゃないのかなと思うんですよね。

この点に関してはI氏と話し合ってないのでわかりませんが、社長からこれぐらいの数字必要なんだって話がされていたので無理やりF2P要素をつけたのかもしれませんし、I氏が過去経験に引きずられてF2P要素を導入したのかもしれません。これはわかりませんが、ひょっとしたらI氏は過去の最適解にとらわれすぎてしまったのかもしれません。

もう1つ、I氏は先程申し上げた通りご高齢の方なんですね。高齢になるとまずどうしても頑固になる。自分意志が強くなるといいますか。その上子供っぽい方ですから、それで社長とよく揉めてたんじゃないのかなと。あと高齢の方なのでどうしても体力がない。デスマができないんですね。XXXをやる、とはいってくださるんですが、当時のAppBank GAMESはそれこそ連日デスマの嵐みたいな日々でしたから、体がついてこないんでしょう。提出物が上がってこないことがありまして、私の右腕にW君という大変面白い若いゲームプロデューサーがついていてくださったのですが、彼も「Iさんは考えは素晴らしいんだけど手が追いついてないから俺らがやらないとね」と言っているような具合でした。

さてAppBank GAMESを語る上で避けては通れないのは、やっぱり社長についての思い出ですね。

みなさまは小学校中学校のころに、このような担任先生をお持ちになったご経験はありませんでしょうか。

何かクラス問題いじめなど)が起きた時に、クラスの全員を集めて、みんな!XXXくんが悪いことをしたけど、許してあげてくれるよな!と言って形だけのクラス会議を開き、

「前向きな成り行きで」

「皆と承服し」

「皆が納得して」

「無事に万事解決」した

と満足しているような奴

皆様、一度ぐらいはあるのではないかと思います。その度に「何だあのハゲ野郎は」と子供心ながらに思われたのではないでしょうか。

まぁそういう感じの人だと思っていただければ結構です。

もっとわかりやすい例をあげますね。

年表に残った「Dungeons and Golfの追い込み時期にとある出来事が発生しました」について、当時リリース直前の追い込み時期で、しかしながら決まってないところが山程あって、でも年内リリースは死守というし到底間に合わねえよみたいな状態になってたんですね。それで何度もミーティングとかが行われていたのですが、その最中に私こっそりEvernoteメモを書き残してたんですね。

2012年10月11日 23時09分に書き残されたメモです。

本日MTG議事録

タマガミ全然使われてないし継続課金の動線にしたいので修正しようぜ」

その内容

タマガミが装備されていないとショットが劇的に弱体化する、実質何らかのタマガミを装備する必要が発生する

・その上タマガミを使用するとタマガミは消費される

・これはUIに対して高難易度の超変更

 →すでにリリースまで全て予定が積まれている岩井ちゃんにしか実装できないような箇所

 →実現したとしても正直イマイチに見える

タマガミの使用が強制されるが、その結果消費が増すとは思えない(タマガミの魅力は増さない)ため障壁しかならずユーザから見ても運営側から見てもイマイチ

がく

「先に今タマガミがどれぐらい使われているかベータテスタのデータ見たほうが良くない?すぐ見られるけど」

「それ意味ないし今回の話と無関係だよね」

「いまの段階でもタマガミが使われているのであればテコ入れ必要なくない?」

「だからそれ関係ないし。タマガミ使われてるとかじゃなくて継続課金するようにしないと意味ない」

「その仕様だとタマガミの使用は強制されるけど最後の一匹で粘るだけになるし課金障壁しかならない」

(明示的な回答を避ける)

あきすて

「その仕様無理やりすぎでは?UI体験イマイチしかならない。タマガミ自体抜いたほうがまだいい」

最初からタマガミで継続課金するって言ってたじゃん」

たくま

スケジュールアホでしょこれ」

「じゃ黙ってろ俺がやるよ」

最後

「大体が賛成のようなのでこれでいくかー」

というヨシフおじさんもびっくりの出来レース会議でした

録音すればよかったわ

まぁこんな感じです。

先ほどの年表に3回「反乱」ってのが登場しますね。つぎはこちらについて語らせていただきたいと思います

最初の反乱は当時アート担当されていたA氏が主導だったんですね。彼は長いことゲームアートをやっているベテランでしたから、もともと社長が考えていたDungeons and Golfより面白そうなプランとかを考えてついたんですね。ある意味元の原型がとどまらないぐらいのプランを。で、それを社長提案したんですね。

そこで社長がキレた。それはもう猛烈に。怒号が隣の部屋にいる私たちに聞こえるぐらいの勢いでね。「裏切り」とかなんとか言って怒ってましたが詳細はよく覚えてません。自分ドンドン提案しろとか言ってる人なんですけどね。

それ以来そのアート担当のA氏は一切社長提案もしなければ信頼もしなくなってしまいました。まぁ当の社長は覚えてないでしょうけど。

二回目の反乱はG氏に関するものです。レベルデザイナーとか運営経験のある人が必要からということで、G氏を社長が雇い入れたんですね。でまぁ、12月になって社長が「お前は運営プロデューサーとして雇ったのになんだこれは!責任を果たせ!!」みたいなことを言い出しまして。

責任を果たせもクソもリリース当時のDungeons and Golfにはイベントを打つ機能もなければ課金動線も何も一切無いんですから運営しようがないんですけどね。社長はそういうのゲームデザインしてくださいませんでしたので。なおそういう機能はI氏が考案してくださいました。

三回目の反乱は私に関するものです。当時私はとある事情で二作目トキラビリンス、社内ではまだポケットラビリンスって呼んでたんですが、そいつ制作指揮をやってたんですね。でまぁこれも年内に出せと。1年前どっかで聞いたぞそのセリフしかしながらサーバクライアントアートも音も何もかも未完成、どう考えても年内リリースは無理、多分来年の夏ぐらいになるんじゃないんかなってぐらいの見積もりだったんですね。私もエンジニアの端くれですから大体の見積もりとかはわかるわけで。

そういうわけで社長相談してみたりもしたんですが、「年内にリリースされないと計画上の売上が達成できないからなんとか」とか、あとは「SEGAさんと組んでるから遅れてお客さんを待たせるのはプロとしてありえない」とか言われての一点張りでして。なるほど社長あなたのおっしゃる先進的かつ斬新な開発マネージメント」というのは見積もりを無視してとりあえず線を引いてみて気合で煽ることですか。そりゃ仰るとおり斬新ですね。計画上の売上が出ないなら外注でも何でも営業して持ってきて辻褄合わせていただくなり、運転資金を持ってくるなりしていただけると社長っぽくて助かるのですが。

ただこの点に関しては実際社長の言い分ももっともで、私のゲーム制作指揮をする能力不足が多分にあって後から追加した機能とか変更した仕様がたくさんあるんですね。それで予定よりはるかに遅延してしまっているのも間違いなくて。2013年、まさにソーシャルゲームの内容と規模が拡大し製作コストと期間が肥大化し始めていたころですから。作る側の能力も圧倒的に不足していたと思っています

こんなあたりの顛末社長ブログで闇とか言って語られてますが、そりゃ闇ですよ。まともに現実見てる人間が引いたスケジュールじゃないんですから、終わるわけがない。皆病んでしまいました。

それで私の精神おかしくなってしまったところを師匠(仮)にTwitterメッセされて、「いいから今すぐ辞めろ」とアドバイスされまして。そのままアドバイスに従って今すぐ退職した次第であります。多分退職してなかったら間違いなく本当に気が狂っていたかと思うと今でも師匠には感謝申し上げる次第です。それから社長、途中でほっぽりだして本当に申し訳ありませんでした。

でまぁ私がやめたら皆堰を切ったようにやめちゃって。I氏が他人勧誘して引き抜いたんだ〜みたいな書かれ方をされていますがこれは大嘘で、皆辞めたかったんですよ始めっから。単に私が堰を切っちゃった。あんリーダーシップのない人間の下でのデスマに耐えられる人間はそうはいません。私が単に一番脆弱だっただけで。

その後、トキラビリンス半年ずれ込んでリリースされたようです。リリースされてよかったです。本当に。完成させてくれた皆さん有り難うございます。ま、トキラビリンスクレジットを見たところ私は居なかったことになってましたけど、しょうがないかなと思います。この点に関しては私も多分に悪いですから

さて最後受託社長ブログであれは輝かしい復活みたいなことをいろいろ書かれているようなんですが、これって実は簡単な話なんですね。

社長、何もしてないんですよ。あの受託案件

受託先の方がゲームプロデューサーで、すべてのスケジュールと線を引いているんですからマネジメントはそちらなんですね。ウチラは人を出してるだけ。社長技術顧問ということにしてメンツの上で置いておくだけという体制です。そうするとうまく回ったという。これは当時そちらの受託の中で仕事をしている人から直接内情を教えてもらったので間違いないかと。

結局、社長が主張していることはいつでも三つしか無いようにみえるんですね。

全て自分が正しい、自分が優れている

全て自分が思っていることを他人も同じように思っている

全て自分は悪く無い(自分理論の中では、自分の行動は間違っていないのだから周りが間違っている)

私が退職してから2年が過ぎましたが、彼は何一つ変わりませんでしたね。今も変わっていないようで大変残念です。未だに「ご自身AppBankから直々に株式没収されて会社ごと消された」「そのためにAppBank社内およびAppBank GAMES現場社員による大変な尽力の裏工作が発生していた」ことに気づいていらっしゃらないようですしね。

どうも3年間ありがとうございました。

みなさまも口だけの人には十分ご注意いただければと思います

2014-09-07

ガルパン各校の実力を数値化してみる

 今更ながらガールズ&パンツァーを見たんだが、戦車に詳しくないので各校の実力がどの程度なのか分からない。そこでWorld of TanksのTierという概念を使って各校の戦力を推定してみることにした。利用したのは以下のサイト

http://wikiwiki.jp/garupanxwot/

 ただしこのサイトだけでは足りないところがあるので、その分を他のサイトなどを使ってカバーした。具体的には以下の通り。

大洗女子学園

 IV戦車は長砲身になったF2仕様以降はTier5でいいと思うが、D型の時点ではWoTに合わせTier4と見なす。

http://wikiwiki.jp/wotanks/?Pz.Kpfw.%20IV%20Ausf.%20D

 八九式はまたWoT実装されていない。ただ八九式の後継車両として開発された試製中戦車チニがWoTでTier2となっているので、それよりは下だろう。

http://wikiwiki.jp/wotanks/?%C6%FC%CB%DC

 一方、Tier1のルノー乙型wikipediaによると八九式より性能が下回っていたとあるので、Tier1と見なしていいかも分からない。仕方ないのでTier1.5としておこう。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AB%E3%83%8E%E3%83%BCNC%E5%9E%8B%E6%88%A6%E8%BB%8A

 それ以外の車両については全て最初サイトに準じる。

サンダース大学付属高校

 こちらではシャーマンファイアフライWoT実装されていない。で、公式サイトによると「ファイアフライの登場によって連合軍パンター戦車と正面から撃ち合える戦車を手に入れた」そうだ。

http://girls-und-panzer.jp/mecha4_s_firefly.html

 そこでファイアフライについてはパンターと同じTier7とする。

http://wikiwiki.jp/wotanks/?Pz.Kpfw.%20V%20Panther

・マジノ女学院

 OVAアンツィオと戦った際の編成が確認できる。

http://livedoor.blogimg.jp/nylon66-3rd/imgs/e/3/e3076849-s.jpg

 それによると編成はおそらく以下の通り。まずはソミュアS35が2両。WoTにはソミュアS35そのものは出てこないが、ドイツ軍が鹵獲して使ったもの課金戦車として登場する。Tierは3だ。

http://wikiwiki.jp/wotanks/?Pz.Kpfw.%20S35%20739%20%28f%29

 続いてB1、つまりルノーB1が2両。こちらはTier4だ。

http://wikiwiki.jp/wotanks/?B1

 その次がルノーFT-17の3両。Tier1である

http://wikiwiki.jp/wotanks/?Renault%20FT

 最後の3両だが、これは35という数字しか見えない。海外wikiではこれを、オチキスH35かルノーR35のいずれかだと想定している。

http://gup.wikia.com/wiki/Maginot_Girls'_Academy

 両戦車を比べるといずれも主砲は同じ。オチキスの方が最高速は速く、装甲はルノーの方が厚い。

http://en.wikipedia.org/wiki/Hotchkiss_H35

https://en.wikipedia.org/wiki/Renault_R35

 WoTにはオチキスしか実装されていないが、どちらであっても大きな違いはないだろう。つまりTier2である

http://wikiwiki.jp/wotanks/?Hotchkiss%20H35

アンツィオ高校

 イタリア戦車は1両たりともWoT実装されていないため、自前で調べてみるしかない。仕方ないのでこちらの「ぱんつぁー・ふぉー!」なるゲームを参考にした。

https://twitter.com/CMJ_PanzerVor/status/506372844033294336

 こちらの画像によれば、まずCV33の評価(右下の数字)は4pts。八九式(7pts)の半分強しかない。Tier1だろう。

http://woodboard.blog.fc2.com/img/DSCF4271.jpg/

 セモヴェンテは10pts。同じ自走砲であるIII突(17pts)がTier5であることを踏まえるなら、セモヴェンテはTier3でいいだろう。

 最後にP40だが、こちらは20ptsとTier4であるIV号D型(15pts)やM3リー(18pts)を上回っている。一方でTier5のM4は21ptsだ。どちらかと言うとM4に近いのでTier5と見ておく。

http://www.kokusaig.co.jp/panzer-vor/game/index.html

 以上で各戦車評価が決まったので、それを元にそれぞれの対戦において各チームがどの程度の戦力を持っていたかを調べてみよう。

(1)親善試合

大洗 5両(合計Tier17.5、平均Tier3.5) vs 聖グロリアーナ 5両(合計Tier22、平均Tier4.4)

 全国大会と比べると意外に戦力差は大したことはない。ガルパンwikipediaによると聖グロは「卒業生たちによる3会派マチルダ会、チャーチル会、クルセーダー会)が存在資金提供する代わりに学園艦運営方針などに影響力を保持して」いるそうなので、ほぼTier4から6の戦車のみで構成されていると見られる。後述するが米英独ソに範を取った4強の中で見ると、Tier4から6というのは最も弱いと見られる。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AC%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%82%BA%26%E3%83%91%E3%83%B3%E3%83%84%E3%82%A1%E3%83%BC

(2)全国大会一回戦

大洗 5両(合計Tier17.5、平均Tier3.5) vs サンダース 10両(合計Tier52、平均Tier5.2)

 数の暴力だけでなく、平均を見ても分かるように1台あたりのTierでもサンダースが大きくリードしている。サンダースM4系列車両で揃えているようだが、M4無印以外にもM4A3E2やM4A3E8を使えばTier6車両が手に入れられる。ファイアフライのTier推計が正しければM4だけでTier5から7の車両がある格好となるため、聖グロリアーナより水準の高い車両構成されていると見ていいだろう。もしパーシング(Tier8)まで持っているなら、プラウダと比べても遜色ない水準に至る。

http://wikiwiki.jp/wotanks/?M4A3E2%20Sherman%20Jumbo

http://wikiwiki.jp/wotanks/?M4A3E8%20Sherman

(3)全国大会準決勝

大洗 6両(合計Tier22.5、平均Tier3.8) vs プラウダ 15両(合計Tier84、平均Tier5.6)

 サンダース戦では3倍弱の戦力差があったが、この試合は3.7倍まで差が開いている。そしてやはり数の暴力だけでなく、質の暴力も引き続き存在している。他にもプラウダはその気になればIS-3やT-44といったTier8の戦車を使うことができる筈であり、実力的にはサンダースより上と見てもおかしくないだろう。

http://wikiwiki.jp/wotanks/?IS-3

http://wikiwiki.jp/wotanks/?T-44

(4)全国大会決勝

大洗 8両(合計Tier35.5、平均Tier4.4) vs 黒森峰 20両(合計Tier139、平均Tier7.0)

 冗談しか言えないような差になっているが、重要なのは数の暴力も去ることながら平均Tierで7近い数字を出している点。III号戦車のTier4を除くと全ての車両がTier6以上。他の試合には登場していないTier8以上だけでもティーガーII、ヤークトティーガーエレファントマウスが投入されており、質でも量でもぶっちぎりの強さであることが分かる。車両制限のある試合形式なら、そりゃ9連覇もするだろう。

 以上で「4強」の戦力は大体把握できた。ではそれ以外のチームはどうなのか。マジノとアンツィオデータを見てみる。

(5)全国大会一回戦

アンツィオ 10両(合計Tier16、平均Tier1.6) vs マジノ 10両(合計Tier23、平均Tier2.3)

(5)全国大会二回戦

大洗 5両(合計Tier17.5、平均Tier3.5) vs アンツィオ 10両(合計Tier20、平均Tier2.0

 アンツィオだけでなくマジノの戦力もかなりしょぼいことが分かる。大洗最初から8両すべてを発見していれば、自動車部魔改造などがなくてもマジノとアンツィオを合計Tierで上回ることができた計算だ。そしてフランスを模したマジノですらこの数値だとするなら、他の学校もよくてマジノレベルの戦力しか持っていなかったと見ていいだろう。戦車の質で4強とそれ以外との間に大きな差があったことが分かる。

 質だけではない。4強がどんなに低くてもTier4以上の戦車を出しているのに対し、マジノやアンツィオはTier1の戦車複数投入することでどうにか必要車両数を揃えていることも分かる。おそらく彼らはぎりぎり10両程度の戦車しか持っていないのだろう。準決勝以上になると数の点でも不利に陥る可能性が高い。

 そしてまた、売れ残りを集めた大洗の平均Tierが結構高い(改造前でも8両平均4.2)ことも分かる。売れ残りでこれなのだから、売り払ってしまう前の数字もっと高かったことだろう。どうやらかつて戦車道をやっていた時代大洗は、4強に伍していけるくらいの実力をもっていたと見てよさそうだ。

https://www.youtube.com/watch?v=zBd30IE-3_c

 実は大洗の快進撃は、このYoutube動画で描かれているようにRestoring the traditionだったのである

2014-06-01

IoT界隈にセキュリティ専門家注視するべきたったひとつの理由

わ〜い

刺激的なタイトルでごめんね

ちょっといいかげんみんなに知ってもらわないとイケナイとおもうからこんなタイトルにしたよ

あと、僕のブログで書いちゃうといろいろ立場がわるくなっちゃうし、ボキャブラリーで推測されても困るからいつもと違う書きかたするね?

読んでる人も疲れるだろうけど、私もこういう書き方で疲れているから我慢我慢!

最近IoT,WoT,M2M界隈の動きが怪しいからそれを書くよー。

あらゆるモノがインターネットに繋がる、それで素晴らしい世の中になる、そう見ているひともいるだろうけど、ボクが見聞きしたコワい動向

この分野の関係者は、この分野をどう事業化するのか悩んでいるんだよね

簡単に言えば、どうやってお金に変えるのか悩んでる

家中にあるセンサーから吸い上げたデータから、住人の生活パターンが丸わかりなんだよね

すごく慎重に扱わないといけない情報のはずなんだけど、IoT化をすすめるためには組織の上を説得するためのビジネスモデル必要なんです

でも、マネタイズ方法がぜんぜん思いつかない

こうときに行き着くのは広告収入モデル

まり、こういうこと。

・家の中にあるセンサーから情報を全部クラウドに上げる!

・住人の行動をリコメンド分析!

おすすめ商品を住人に提示!

例えば、テレビを見ているときに、おすすめ商品テレビの下に表示されるってワケ。

個人のプライバシーを使って行き着く先が広告収入モデル!

TカードSuicaも真っ青、じゃなくてこれ真っ黒じゃない?

信じられないだろ?本当なんだぜ、これ

□□のあとに、いつも〇〇しているのに△△しないから△△をレコメンドする?

〇〇したら一般的には□□するのに□□しないから□□する広告テレビに表示?

なにそれこわい

IoT界隈の人全員がこう考えているとは思いたくないけど、私の周辺にいる人たちの多くはこういう方向にすすんじゃってる

パズーが「すごいや ディストピア本当にあったんだ!」って言ったかどうか知らないけど、このままいくとディストピアの実現も近いよね〜

ボクの身元がわからないように書いているからもしかするとちょっとわかりにくいかもしれないけどすいません。

というわけで、いつもm◯x●をネタにする人やサニタイズ言うなの人に届いて欲しいネタなので、近くにいる人はぜひぜひ教えてあげてくださいな

はぁ〜 こういう文体は疲れるるるる〜

追記

IoTWoTM2M界隈にセキュリティプライバシー専門家注視するべきたったひとつの理由」ってタイトルだったんだけど、省略されちゃったので修正したぜ!

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん