「逃げ口上」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 逃げ口上とは

2017-05-12

[]刑事局長「告発による調査対象は非告発人ではなく案件なので一般の人は調査対象ではない」

国会ウォッチャーです。

 今日枝野さんが2時間というとんでもない長い質疑時間を持っているので、楽しみ半分、時間を稼がれてしまうことへの悔しさ半分といったところですが、午前中の山尾さんからもうぐちゃぐちゃ。どう考えてもこの「一般の人は捜査対象とならない」が答弁がぐちゃぐちゃになってる原因なので、最低限そこは認めたうえで、必要性を正面から言えよってんですよ、安倍さんはほんとに卑怯なんだよ。マジで腹立つ。

張り込みや尾行捜査とは限らない

 まずは捜査定義から、たとえば告発なりがあって、嫌疑があるかどうかを調べるために、警察活動として、検討by 金田)・調査(by 盛山)の手段として、尾行や張り込み、聞き込みは合法かどうかをまずは金田さんに聞き、金田さんが無理だということで、武士の情けで刑事局長に質問する山尾さん。

局長

「”嫌疑嫌疑”という言葉は、直接理解できませんが、嫌疑の前の段階で、尾行による捜査ということであれば、まだ捜査が開始されてないので、できないということ」

山尾

捜査が始まる前の警察が行う尾行は、100%違法ですか。そういうことですか。」

局長

刑事訴訟法上の捜査ということで、尾行ということも任意捜査となると思いますが、その尾行も、犯罪があると思料したとき、その嫌疑が生じた、でたとされなければ、任意捜査もできないということ」

山尾

大事なことですが、私はここで、強制捜査任意捜査区別していません。その上で、一切警察が、嫌疑が生じる前に、これまで尾行を行ったことがあるとすると、これはすべて違法だということですか」

捜査犯人特定し、証拠収集する活動でございます。そういったものとして、任意尾行捜査をするということは、犯罪嫌疑がないのにそういった捜査をすることはできない。」

山尾

質問に直接は答えたないが、嫌疑が固まる前に、告発があって、嫌疑があると確定できない段階で、警察尾行を行うとしたら、これまでありえた場合も含めて、まったくすべて違法ということですか。」

同じ質問、応答のやりとりが繰り返される

捜査、とういうことでお答えしているが、嫌疑かないのに、捜査を行うことはできない、ということです。」

山尾

刑事局長に聞けというから聞いてるんだからちゃんと質問を聞いてください、捜査としてではない、といっている、嫌疑が固まる前の検討調査について伺っているとわかるように定義からやっている。捜査としての話は聞いていない。話をかみ合わせられないならでてこないで欲しい。嫌疑が固まる前にもいろいろな目的があるだろうが、尾行等をすることは100%違法なんですか」

「ご質問の前提で、捜査であるとのご質問でしたので、私答えました(山尾:聞いてないよ!)、その上で、捜査でない尾行は許されるのか、ということですが、捜査でない尾行というものがどういうものなのかが特定されない限り、私としてはお答えすることができない(Aのうち、BでないAは存在するのかについて答えろっつってんだよハゲ

山尾

「私は捜査としての尾行について聞いてないと何回繰り返したんですか。時間無駄にしないでください。捜査でない尾行可能かどうかは個別具体的な事情によると、そういうことですか」

警察活動の中での、たとえば行政警察活動の中での尾行違法かどうかを答えるためには、それが、個別にどういう目的によるものかを知らないと答えることが困難だし、行政警察活動はどの程度許されるのかは、刑事局長としての私の所管外の問題なのでお答えすることは困難だ。同じ尾行でも、ある人を保護するために行っているもののように、それはまったく評価というものが異なるわけで、私が言えるのは刑事訴訟法上の捜査としては嫌疑の前の段階で行うことはできない、ということだけでございます」(なかなかうまい逃げ口上

山尾

刑事局長が答えられないなら、誰が答えてくれるのか。議論が進まない。私は、捜査としての尾行については聞いていないし、どの程度許されるかについても聞いていない。捜査ではない尾行はありえるんですか、と聞いている。三役でもいいが、捜査ではない尾行というものが、合法的にありえるのかどうか、誰かお答えいただけますか。」

井野

「大変恐縮ですが、警察は是非公安のほうに聞いていただければと思います。我々は所管外でございます。」

山尾

捜査手法問題になっているのに、一般市民捜査対象にならないとおっしゃっているが、この法務委員会で、捜査定義捜査の前の段階での調査検討は何なんだと聞かれて、誰も答えられる人がいないのに、”一般の人は捜査対象にならない”と主張するんですか。私は捜査対象にはならないが、調査検討対象になるというのであれば、捜査調査検討分水嶺がどこなのかを明らかにしないと、一般市民捜査対象にならないということがわからいからこういうことを申し上げている。もう一度伺うが、一つの手法として、誰でも尾行されるのは嫌ですが、社会安全のために、常識範囲内で行うとして、それは100%違法なのか、それとも社会安全のために許される場合がありえるのか、誰でも良いです。お答えください。」

告発を受けて被疑者としての嫌疑が生じる前の段階、調査とか検討とかその段階、それが尾行が許されるのかといわれましても、尾行捜査犯人特定するための尾行捜査は許されないわけであります。今回被疑者段階で、嫌疑がない段階(いや被疑者嫌疑がかかった人だろ、がんばれ)で告発対照となった場合、どのように事件を処理するのかといわれれば、それは被告発人を被疑者として捜査開始するのではなくて、たとえば告発から告発事情疎明資料要求して、なにゆえに人を告発するのか、これを調査、あるいは検討といってもいいですが、いたしますよね、そういったことによって嫌疑が生ずるか、調べるわけです。それ以外に尾行等を捜査以外でするかということですが、被疑者となるかどうかを調べる際に、あらゆる手段、たとえば尾行という手段を通じた場合に、それが違法かどうかと問われましても、どのような目的警察尾行するかがわからないと確定できない。」

山尾

「今のでわかりました。今のお答えは、捜査としての尾行はありえない、告発から事情を聞く、疎明資料を集める、そのほかに尾行等をするかどうかは一概には言えないということでしたね、土屋理事も大きくうなずいていらっしゃいます(階さん、枝野さんには謝ったのかな?)。これはそうなんだろうと思いますよ、違うとおっしゃるのであれば、捜査以外の尾行100%違法である真央とお答えになれば良いですけども、何度聞いてもそうはお答えにならない。どうきいても、捜査以外の尾行は、目的によりけり、一概には言えないということですね。時間がないですが、張り込み、聞き込みについてはどういう風にお考えですか。

金田

「えー先ほど刑事局から答弁したとおり、警察活動の具体的内容、どのような目的でなされるかは、法務大臣の所管を超えているので、お答えする立場ではないのでお答えできない。」

山尾

刑事局長もあそこまでは、答弁されたので、お答えする立場だと思いますよ。(繰り返し質問)」

「(尾行と同じ趣旨の答えをする)」

山尾

検討調査として張り込みや聞き込みをすることはありえるのかと何度聞いても。捜査としてはありえない、とおっしゃるので、これは、答弁から逃げていると判断せざるを得ませんが、いいですか。もう一度だけききますが、かわりませんか」

「意訳)捜査ではない段階でどの程度できるかについてはお答えする立場にはなく、捜査としてであれば、明確にお答えしているとおり、嫌疑がない段階ではできない」

速記とまる)

山尾

「(今までの議論をまとめる)結局私が申し上げたいのは、一般人捜査対象にならないとおっしゃっているが、調査対象にはなっているのではないかと思うんですが、大臣いかがですか」

金田

「これまでの、密かに行われる犯罪捜査で行われることを超えることはテロ等準備罪でもないということは前提として、一般の方々がご不安をもっている、不安をもっているか持っていないかということもですね、この改正の事案について判断をしていかなければならないと考えているから、何度も申し上げておりますテロ等準備罪の捜査対象として、一般の方々が捜査対象となることはないんだということを申し上げているんですが、そもそも一般の方々という言葉、それは使用される文脈で、いろいろ変わるんでしょうが、我々が、一般の方々はテロ等準備罪の捜査対象とならないと申し上げている文脈においては、一般の方々が、組織的犯罪集団とかかわりのない方々、我々は、組織的犯罪集団という明文上明らかにした法案を用意したわけですが、組織的犯罪集団にかかわりのない方、何らかの団体に属しておられない方はもちろんのこと、通常の団体に属して、通常の社会生活を送っておられる方々という意味で申し上げているわけで、こういう意味で、一般の方々に嫌疑が及ぶことはなくなった、とこのようにご理解をいただければよろしいんではないかとこのように考えております。」

山尾

一般の方々は調査対象になるんですか」

鈴木(こいつ全然反省してねーな)

「林刑事局長」

山尾

「なぜ?これは大臣です。おかしいでしょう、なぜ?なぜこれが細目的技術的事項なんですか。委員長答えてください」

鈴木

議事整理の中です。この後大臣に行きますよ!」(なぜえらそーに。)

山尾議員怒鳴り続ける

林(なんとか答弁する)

告発についての処理というものは、人に対して行っているものではありません。その案件について調査するといっても、非告発人が調査対象になっているわけではなくて、告発案件についてそれが嫌疑が生じているのかどうか、疎明資料が十分かどうか(これ基本的証言だけでいいからね)、この対象はこの告発案件でございます。」

ひたすら時計を止めない鈴木委員長(こないだ、衆議院規則に照らして間違っていたと認めたことをまたやっとる)

山尾

「至極単純な質問ですよ、調査定義から丁寧に聞いてきたでしょ。こんなのおかしいよ。時計止めてくださいよ」

金田

局長の答弁に付け加えさせていただきますが、事件について、嫌疑が認められるか否かを検討するのであって、一般の方々が検討対象になるわけではありません」(これが噂の2倍時間消費術。同じこと答えるなら出てくんな。)

山尾

「まず委員長、なぜ大臣の答弁から導かれる、素朴な疑問が、細目的技術的事項として刑事局長になるんですか。理由説明してください」

鈴木

一般の方々の使われる文脈がまるで違いますので、全体的な答弁はできませんので、細かいところとして林局長に聞きました」(意味わからん

鈴木淳司反省しとらんよー。今まで野党自民党しかやったことないはずだけど、一事不再理原則を破って良いからもう一回解任決議案だしていいぞ。

盛山副大臣の「嫌疑がかかれば一般人ではない」ロジック金田さんにも認めさせようとする山尾さん

山尾

「(話を整理したうえで)嫌疑嫌疑という段階で捜査することはない、その段階では検討とか調査かいうと、ここまでは確定した。その結果、嫌疑があるのかないのか、嫌疑があれば、刑事訴訟法上の捜査に向かっていく、嫌疑がなかったという場合がありえる。私は、一般の方だと思うが、尾行、聞き込み、張り込み等がありえるかもしれない、一概には言えない、その中で、嫌疑がなかったとわかったひと、これは一般の方々ですか。大臣の考えはいかがですか」

1分ぐらい考えるが速記はとまらない、逢坂理事が抗議してやっと速記がとまる

金田

「申し上げたくはないが、言わせていただきます。ただいまの質問のような丁寧な質問通告がなかったので、詳しくはお答えできないといわせていただく。その上で、一般の方々に嫌疑がかかる可能性はないと申し上げてまいりました。したがって、その調査検討対象となることもありえないということでございます

山尾

大臣自身発言矛盾にお気づきかはわかりませんが、いや、盛山大臣はうなずいておられましたよ。嫌疑嫌疑がかけられた人と、嫌疑があった人、これ100%完全に一致するということですか。違うでしょ。それならば、調査検討なんか必要ないじゃないですか。もし今の大臣の答弁なら、警察検討調査必要ないということになりますよ。大臣説明ですので大臣

金田

「先ほど申し上げたように、一般の方々が嫌疑対象となることはありえないと何度も申し上げてまいりました。また嫌疑検討対象にもなりません、今まで申し上げてきたとおりでありますが、。捜査の前の実務についても、局長のほうから答弁をさせていただきたいと思います。」

議論の出発点として、組織的犯罪集団に属さない、通常の人は、嫌疑対象とはならないとしている。その上で、しかしなんびとも告発ができるので、告発されたときにどうなのだ、という議論だと承知している。告発された被告発人は嫌疑対象ではない。告発人の疎明資料証言に基づいて、嫌疑の有無が検討される際に、被告発人は名前は上がっているかもしれないが、調査検討対象といえるのかどうか。それは調査対象というものをどうとらえるかによるが、少なくとも、その人が調査対象になったと申し上げるつもりはなく、手続きとして、処理するために調査検討をするということ」

山尾

「(まとめて)では調査検討の段階で、たとえば事業者等に、口座情報等の照会を行うことはありえるのですか」

「(捜査としてはやらない)」

山尾

「また逃げましたね、捜査としてやるかなんて聞いていない。では口座情報等の任意の照会等をすることはないのかと聞いている」

「(捜査としてはできないということを繰り返す)」

山尾(この辺はさすが元検事

「指摘しておきますが、捜査関係事項照会の書面上、嫌疑の内容、嫌疑対象を記入する必要はありませんし、いかなる疎明資料に基づいての照会なのかを一切添付することなく、ただ「捜査のために必要である」とかいてあって、大きな空欄の下に、これこれを提示してくれとされるものであります。またかつて、警察の中で、この捜査関係事項照会が非常に広い中で、濫用されてきたことが明らかになり、通達も出ている。ここで照会するのかしないのかと聞いても言うわけないと思うが、こういう危惧があると申しております。(続このあとも、一歩も進まないやりとり)」

花見と下見の違いを特徴付ける持ち物の違いは何によって把握する?

山尾

大臣は、ビール弁当を持っていれば花見カメラ双眼鏡をもっていれば下見と判断できるとおっしゃっていた。ではどういう手段でその持ち物を把握するんですか」

金田

「(なぜか嫌疑が発生したあとに、持ち物を調べたときに、その持ち物が持っている意味検討することは今までの捜査と変わらないという答弁を3分ぐらいする)」

山尾

全然質問に答えてない」

逢坂

質問に答えてないですよ」

鈴木

「答えてます。答弁してるじゃないですか」

逢坂

「どうやってわかるのかを聞いてるんですよ」

鈴木

「答弁してます

井野

「どうやってわかるのかということですか、ということですが、私が思いついたのは、たとえば怪しい動きをしているときに、職務質問をして、持ち物がわかるということもあるのかなぁと思います」(これが一番やばいやつだよね。特に金田さんが例に出した、カメラ双眼鏡を持っていることは、”法務大臣が言っていたテロ等準備行為だ”といって引っ張れるもんね、職質で)

山尾

「それは行政警察活動なのでちょっと違う話だけど、まぁ答えただけ大臣よりはましですよ。では、いったん嫌疑をかけて持ち物を調べたらビール弁当を持っていた、とそして実際花見にきただけだったという人は、大臣定義では一般の方々ですか」

金田

「それは個別具体的な検討必要

山尾

おかしいでしょう。大臣ロジックだと、一旦嫌疑かかったんだから一般の方々じゃないんでしょう。

(略)

今日こうやって質疑してきてまったく不本意です。委員長時計を止めるべきときも止めないし、すれ違った答弁で時間けが過ぎていく。こういうことがこれまでの法務委員会であったかはわからないが、こんなことになって本当に不本意です。

今日の質疑内容をまとめて)

結局一般の方々は捜査対象とならないなんていうのはフィクションなんでしょ。こういうフィクションの上で、一般の方々は嫌疑対象にもならないというような、嘘偽りの安心の土台の上で、277の刑罰議論をしている、詭弁を繰り返しているから、いつまでたっても、疑問点がなくならない。もう少し誠意を持って、デメリットデメリットがあるという前提の上で議論をしていただきたいと思います。(ほんこれ)」

2017-04-18

GW

昨日、GW休日の待機割当を決めた。休日出勤も多い中、たまの連休取引先のご機嫌取り(取引条件か?)に電話番と24時間待機をタダで請け負う。

正月もなく便利に使われるのを顧客に対する当たり前の商売サービス)の一環と宣う会社

”嫌ならやめろ、誰に飯を食わせてもらっている、俺もやってきた”だのタダの後ろ向き逃げ口上

毎度この時期社内が暗い、士気が(いつも低いが)上がらない。

今日も、社長の機嫌が悪い。明日へ希望を探している、探している。

2017-03-10

お願い。ADHDの人と残業原則反対派は一呼吸置こう

今、ADHDの人と残業反対派で、話が噛み合っていないことが問題になっている。まだやってんのかと思うころかもしれない。手斧スター手裏剣の投げ合いを見ていると疲れてそこから離れたくなるよな。

だがもう少し聞いてほしい。続く過労死運輸業界の疲弊を経て、今ようやく「さすがに労働環境について検討し直さないとまずい」という認識が広まってきたところだ。すぐには解決するわけがないので焦らず妥協案を探る話し合いをゆっくりとでも続けてほしい。

今回主語が大きくてすまない。二者択一ではないということは承知している。

ただ、本来労働者会社」という枠組みで協力し合っていいはずの労働者同士が、現在弱者強者」もう少し正確には「ADHDに多様な働き方を派 対 それでも残業ダメ派」が争点となっている。どうしてこうなった

と、せっかくの話題が膠着してしまったことが悲しかったので、一連の流れを見返してみたら原因が分かった。

この問題残業禁止派は

個人責任を論じても効果はない。会社社会全体を変えなければ解決しない問題であるという認識を皆が持つ必要がある

と考える。他方、

普通の人を守るためならマイノリティ黙殺しても仕方がない、それが労働規則だ」という多数意見を見るとは思わなかった

発達障害者の切実な状況について気を遣いながら書かれたエントリに対して、定時帰りを絶対善視する人たちのブコメ酷薄さが恐ろしい。「残業禁止強者ルール」というのが図らずも証明されてしまってるのでは。

ADHD側に主眼を置いたコメントにも多くのスターがついており、「交渉決裂」の様相を呈している。が、そうではない。単にハテブが100文字しか記入できないからお互い齟齬が発生しているだけなのだ。ここで諦めずに折衷案を探していけば、仕事ができる人もできない人も今よりずっと働きやす環境になるので、長くなるが聞いてほしい。

一連のトピックを追う。昨年10月頭の長谷川秀夫教授残業100時間超で過労死は情けない」等の話題を通過した後、このあたりから始まる。

2016-10-16「長時間労働撲滅運動」には賛成できない http://www.outward-matrix.com/entry/2016/10/16/120846

という内容だ。同時に

人を奴隷のように扱うような企業には反対

とも書いており、お?分かってる人か?と一瞬思わせるが、この人はその少し前に、

問題105時間という残業量それ自体にあるわけではないのです。自分が心から打ち込め、周りともいい関係を築き、素晴らしい人に囲まれているような環境であれば、残業を何十時間しても苦にはなりません。http://www.outward-matrix.com/entry/2016/10/08/113552

という言葉を残している。ワタミ等多くの例があるが、このような人は「自分ができることは人にもできる(できない奴は無能)」と考える傾向がある。疲弊している人や弱者に寄り添う方針とは相容れないように思う。そこでブコメ欄は次のようなものとなる。

このエントリ言及して、同日に次のエントリが上がる。

2016-10-16 会社員には「長時間労働をする自由」など必要ない http://dennou-kurage.hatenablog.com/entry/2016/10/16/173609

これらは先のブコメを追認しており、残業反対派の言いたいことをうまくまとめてくれている。

そして先日、上記を引きとる形で次のエントリが書かれた。

2017-02-24 残業禁止強者ルールなのでは、という話 http://syakkin-dama.hatenablog.com/entry/20170224/1487937935

ここで幾つかの食い違いが出てくる。
  • どうも、効率の悪い人です。それ、効率良く働けるマンしか生き残らないよな。
  • 「え、職場についていけないなら辞めればいいじゃん。無能なんでしょ?」そういう声も聞こえてくる気がします。

まず「無能はやめろという方向のブックマークコメント」はごく少数でしかない。先の2エントリ計、約750コメントの内7つ前後判断が難しいコメントがあるので)。獲得★スター合計、TOP10の1,800個に対し10前後

時間を区切って生産性上げろよ」「効率上げろ」と仰る皆さん

同様に先の2エントリ中にこの方向のブコメは同750中24前後。獲得★スター合計、TOP10 同じく計1,800個に対し16個前後

ここで『残業禁止強者ルール』という重要言葉が出たわけだけど、上に書いたように「無能は辞めろ」「効率上げろ」といった個々人の弱さを責めるコメントはごくわずかだった。

(「残業をしないということは弱者はクビにされる。つまり無能はやめろと言っているのと同義ではないか」という方向から意見かもしれない。しかし私はこの前提が正しくないと考えている。理由は最下部に書く)

前の方のエントリで書きましたけど、効率よく仕事する皆さんにボッコボコにされた悲しい経験があります

とあるように、このエントリには自身の別記事のやり取りでの経験が尾を引いているようだ。(あの記事かな?と思うものはあったが特定できなかった)

であれば当該記事との関連をもう少し明確にしないと、やはり「何の話をしている?」となりついて行きにくい。

このエントリには次のようなハテブコメントが付いた。

これらのコメントを受けて

発達障害者の切実な状況について気を遣いながら書かれたエントリに対して、定時帰りを絶対善視する人たちのブコメ酷薄さが恐ろしい。「残業禁止強者ルール」というのが図らずも証明されてしまってるのでは。

とのコメントが付く。これは大事な一文なので、続くエントリのあとで合わせて追記する。

2017-2-26 ADHDと「残業禁止ルール」の相性の悪さについて http://menhera.jp/2064

前提が間違っている。

先に記載された通り「労働ダンピングは許せない」は一連の流れにおいて主内容ではない。ダンピング言及したコメントは先の2エントリ12前後/約750コメント。獲得★スター合計、50個前後/TOP10計1,800個。

「噛み合っていないんですよ」と言うのであれば、まず自身が噛み合わせてから話し始める必要がある。

「"仕事が遅いからといって労働ダンピングは許せない"というコメントに対する反論」とするならば正しい。だが、その一部分を主題とせず「一律の残業禁止は是か否か」という大元の流れを自身で呼び寄せたにも関わらず「(全体の話は置いておいて)私は今回ADHD特性をより詳細にお伝えすることで"労働ダンピングは許せない"という人への反論します」という内容でしかないのであれば、そちらがズレている。

はてなで”普通”の人を守るためならマイノリティ黙殺しても仕方がない、それが労働規則だ。という多数意見を見るとは思わなかったね。

残業禁止強者ルール」でのブコメ発達障害者の切実な状況について気を遣いながら書かれたエントリに対して、定時帰りを絶対善視する人たちのブコメ酷薄さが恐ろしい。「残業禁止強者ルール」というのが図らずも証明されてしまってるのでは。

マイノリティーにも多様な働き方を」という主張は正しい。だがここで使うのはズレている。システムとしての安全策を構築するのではなく"弱者自己努力でなんとかしよう(時間はあげるから)"と言っているようなものなのだから

ADHD側の話題が徐々にずれてきているから「主題残業例外を認めるか否かだよな?答えは、ADHDでも例外は認めない。個人責任を負わせてはいけないから」と主題への返答をしたのに「私は全体のことについて話しているのではない。私自身のことに目を向けてほしいのだ」「マイノリティーを黙殺するのか」という方向にもっていっている。

全体の流れを追って話をしている人たちからすると、いきなりポンと話を支流へ飛ばされてしまうと面食らうんです。えっと…今急にその話題に飛ぶの?その話も確かに大切だけど、主題をもう少し詰めてからでないとややこしくなるよ、と考える。

なぜ話が飛んだんだろうか?カドカワさんに「めっちゃいっぱいPV集めたら書籍化」って言われたから無理やり話題を引き入れたのかな?と一瞬勘繰ったが、いや違う、思い出した。

ADHDの人って「途中から話に割って入ってしまう。今言わないと忘れるからという傾向があることを。ああそうか、と自分の中では納得がいって、別に喧嘩するほどのことじゃないなと安心できたんですが、どうでしょうか。

そうでなくても、いちいち全体の流れなんか把握してらんないのでちょっとずれたこと書いてしまうということは誰しも思い当たるふしがあると思う。だから自分の話も聞いてほしい」と思ったり、話がポンと飛んでしまったりすることがあるのは仕方がないけど、同時に、いきなり話題が飛んだことについていけない人がいるのもまた仕方のないことであり、そのことをもって「心無い人たちだ」と思うのは間違い。

このポンと飛んだ話から「言いたいことは発達障害者の切実な状況についてである」を第一に考えられた人はえらい。一方で、他の人がそのことを本当に理解できていなかったかというとそれもまた違うと思う。

話がずれているな、と感じるとき人がすることは二手に分かれる。話題を元に戻すか、一旦主題は置いておいて副題へ移るかだ。しかしこの時点では主題煮詰まっているとは言い難く、このタイミングで副題へ移ってしまうのは主題が疎かになる可能性があった。こうした理由とハテブの100字制限もあり、「ADHDの置かれた立場という副検討課題」よりも主題に対してのコメントが多くなってしまったのだと思う。

残業禁止個人仕事の進め方の話をしてるんじゃなくて、「赤信号は止まりましょう」位のルールの話で。赤信号で止まるのは視覚障害者に厳しいから止まらなくても良いことにしてくれという事にはならないだろう。

そう。視覚障碍者への対応を考えなければいけないのは明らかだが、まずは主題「赤信号は止まる必要がある」という原則を皆が共有する必要がある。しかし「全員が止まるなんて無理」という意見が出ているので「いや、やはり赤信号では全員が止まらなければいけない。なぜなら」という話を進めていく必要がある。

ADHD側が阻害されたと思うのと同様に、根幹の話し合いを疎かにすると以前から話を進めていた残業反対派も進行を阻害されたと感じてしまう。

ADHD管理職をやっている者なんだが http://anond.hatelabo.jp/20170227161628

このエントリでせっかく素晴らしい知見が得られているのに

  • なんかなあ。別に誰も「定常的に一定効率を出せないやつは死ね」なんて言ってないと思うんだけど。問題は「残業規制するのはADHD疎外だ」って主張だよ。それはまちがってる
  • 最初の話は多様性を認めろじゃなくてサビ残認めろだったよな。サビ残と戦おうとしてる人を強者扱いしてかわいそうなADHD物語作ってたよな。多様性認めなかったのどっちだよ。俺は雑な話をしたくないだけだ。

と、内容に直接触れたものではないコメントが最多の支持を得ることになってしまった。この反応は、率直に言うと「"過労死を防ぐ"という核心部分のために残業規制を話し合っていたのにADHDの人に全部持っていかれてしまった……」という"悔しさ"みたいなものかもしれない。そして「ADHDの人にも関係あること話してるのに黙殺だって言わないでよ」と。なぜなら、その残業問題主題にはADHD仕事ができない人も当然内包されているから。どういう意味だろうか?

まり、こう。

仕事ができない人はクビになる」と怖がってるけど逆だよ。現状「周囲に助ける時間的余裕がないから、仕事ができない人に厳しい」んだよ。全体の残業が減って時間的余裕がある世の中の方ができない人へも優しいよ。

夢のある予想だが、しょせん理想に過ぎないだろうか?

ここで一度話を切ります。次の増田では、上記理想論を含め当初から出ている多くの疑問点について一つ一つ答えてみる形で進めます。続けて読んでもらえたらうれしいです。→http://anond.hatelabo.jp/20170310204122

もうひとつ

一番最後エントリ1000ブクマを超えている。ハテナ民がブクマをする理由はこうだ。「うわー長文だしなんか難しそうだな…でも"知らないままで置いておくわけにはいかない"。ポチっとな(後で読む)」。そう、後で読まない。ともかく、皆発達障害の人を見ないことにしてれば良いなんて考えてないんだよ。知っておかなければいけないと分かってるんだよ。

残業規制問題の盛り上がりはまだ始まったばかりで、発達障害、その他沢山の課題順次考える必要がある。そのときADHDについて日々書いてくれている人たちが強力な助っ人になるので、どうか焦らず、でも止まらず書き続けてほしい。

2017-02-25

安倍首相のやめるやめる詐欺打線組んでください

http://www.asyura2.com/17/senkyo221/msg/180.html

彼は、

南スーダンPKOで自衛隊員に死傷者が出た場合対応を問われた際も『辞任』を口にし、

北朝鮮拉致問題を『政治利用したのではないか』と質問された時も『私が言っていることが真実だ。違っていたら国会議員を辞める』とキレていました。

おそらく『議員を辞める』という言葉国会で追及された時の一種逃げ口上なのでしょう。

野党国民に対して丁寧に説明する気はなく、『不退転の決意』を示すという支持者向けのポーズ

9つ集めたら打線組めるぞ。やったね

2016-11-25

http://anond.hatelabo.jp/20161125200535

夢の世界かな?現実かな?という逃げ口上じゃなくて明確に夢の世界とされる真世界からこっちの世界に来なければいけない理由があるとして

それは「何でもできるから」だということなんじゃないかなと

何でもできすぎるせいで欲望が欠けてしまったために存在が知性体でありかつ欲望があったはずの者たちで維持できなくなったものたちの最後理想郷

現実世界であるユートピア空間がこちらの世界なのではないかなと

まり箱庭のような世界観であまりにも自分たちの持つ力の大きさに逆に絶望をしている状態を解消するための装置がこの世界なのではないか

全ての有機生命体は知的レベル上位者からランクダウンさせて上位者不自由欲望を再起するための舞台役者しかすぎず

今も今も参加したくて仕方ない順番待ちの状態かもしれない

大量の餓死者が出たとしても不自由という形で織り込み済みでひたすら記憶を消してまた参加することを繰り返していくが

ついには記憶の残骸を集めた集大成であるテクノロジーが発展してしまい逆アクセスしようとしている段階が今なのだとしたら滑稽でさえある

2016-11-06

http://anond.hatelabo.jp/20161106123636

主旨を理解しないで「自己紹介、乙」という逃げ口上を平然と言ってのける人間は、沢山見てきた。

お前もそのうちの1人だ。紛れもなく「マス」の中にいるから、それは誇っていい。

2016-07-31

ポケモンGOvsソシャゲという構図は存在しない

なぜならポケモンGOソシャゲからである

反論A「はい残念。ガチャがないから違いますブッブー」

そんなことはない。

ポケモンGOにはガチャがある。

そもそもランダムで出現するポケモン自体が既にガチャなのだ

少なくともガチャと同等の何かがそこにある。

反論B「違います~~課金ガチャじゃない時点でソシャゲじゃないです~~」

ならば逆に問う。

艦これソシャゲではないのか?

あれもまたガチャ一見無いように見えて実はあるというタイプゲームだ。

艦これはブラゲであるという逃げ口上を吐くのは結構だがそれは敗北宣言と同じだと気づいて欲しい。

反論C「ポケモンGO引きこもりを歩かせてるから凄いんだぞ家でマウスカチカチの艦これとはぜんぜん違うぞ」

コロプラという会社を知っているだろうか?

あの会社が出しているゲームには位置ゲーガチャゲーが沢山あるがその中にはスタプラのような位置ゲーかつガチャゲーという物もあるのだ。

位置ゲーであるならば引きこもりは外に出るという事だし、ガチャゲーである以上それらは明確にソシャゲだ。

まり引きこもりを外に連れ出すからという言葉によって『ポケモンGOソシャゲ』という図式にすることは不可能なのだ

わかっていただけだろうか。

ポケモンGOソシャゲである

からして「ポケモンGOソシャゲ駆逐した」等という言葉は世迷い事なのだ

ただ新しいソシャゲ既存ソシャゲから客を奪っただけのこと。

パズドラの登場がドリランド過去にしたのと何の違いもない。

そこを勘違いしてポケモンGOソシャゲ打倒の救世主として持ちあげるようなお馬鹿な発言は謹んでいて欲しい。

笑いすぎて私の腹筋が8つに割れしまうからね。

2016-07-22

わんぱくでもいいたくましく育ってほしい。とか

バカでもいいけど、人の心が分かる人になってほしい。とか

何となく分かるけど、もっと欲張っていいんじゃないかな。

お利口で且つ、たくましくとか、

頭が賢くて人の心がわかる人とか

自由に生きて、金持ちとか。

放任主義とか、親が怠ける逃げ口上な気がする

2016-07-07

あいつは昔っからそうだ。

強者の側に立ちつつ、都合が悪くなると自ら弱者の側に逃げ込んでくる奴。

毎度毎度、ほんとうにいらっとする。

実はあれば介助なんだとか

暗黙の了解とか

金で解決すればよかったじゃない。

持ってんだから

介助が必要ならヘルパーに頼めよ。

なんで全部嫁にさせようとするんだよ。

暗黙の了解?そんなのなかったから嫁を傷つけたんだろ。

暗黙とかせこい逃げ口上垂れるぐらいなら、最初から合意でやってりゃ不倫だなんだの騒ぎは起きなかったのに。

そこまで嫁を傷つけておいて、さらに矢面に立たせて

私にも責任の一端が云々言わせて

自分は引き篭もってヘルパー頼みもせず一日嫁に介助させて

そりゃあ嫌気もさすだろうさ、ついこの間他所の女とヤってきた亭主の「お世話」なんてな。

週刊誌に載ってた様子を鵜呑みにするなら嫁さん相当精神弱ってるだろうから

本当しばらく静かに暮らさせてやってほしい。

2016-06-07

レイプAV作品ラストに集合写真撮影するシーンがある件

レイプテーマとしてAVには、最後のシーンでレイプされた子を中心にレイプ男たちと集団写真撮影する場面とか

フェラしている最中に無理やりピースさせ、てその姿をスマホ撮影するシーンをわざわざ入れてあることがある。

あるいはパケ写レイプ男と女の子の集合写真みたいになってることもある。

あれって一体何の作法なんだ?と思っていたら、最近理由がわかった。

どうやら日本裁判所判例で、レイプであったかどうか女性証言しかないとき

セックス合意の上と判断できる状況証拠があったらレイプとはみなされないことがあるんだってな。

まりレイプ終わったあと、みんなで仲良く写真撮影した様子を残しておけば

後でトラブったときに「これは当時合意の上での行為であり、レイプというのは女性でっち上げ」と逃げ口上とすることができるからなんだ。

で、あの手のシーンはよりリアルレイプ現場っぽさを出すために、「状況証拠を残す卑劣漢たち」という小芝居を入れているというわけだ。

まあ、それだけなんだが、、、ムダに細けぇ作りこみだよ。

2016-05-09

俺に感動を返してくれ

26歳?頃からからウキウキクワクしたことがない

何というか我を忘れてという状態になったことがない

何もかも忘れて何かに没頭したためしがない

どこかに冷めた自分がいてそいつが冷静に冷めたことを考える

ここまで書いて痛々しい中二病だなと思ったけど

そういう気恥ずかしさや自嘲気味な感情すら沸いてこない

「終わったな自分

そういう状態がずっと続いている

 

「終わった自分」が誕生したのはいからだろうか、その原因もハッキリとは覚えてないと思う。

その終わった自分になる前は、高校1年生には既に「どんな人間もいずれ死ぬのになぜ必死になって頑張らなければいけないのか?」

という疑問を持つようになった。

今もそれに対して明確な答えは持ち合わせていないし必死に頑張ることによる成果の意味というのは無いと思っている。

過程にこそ意味があれ、成果は結果として名実ともにただの結果であり意味はないと考えている。

単に命という過程の通過点にすぎず、真の結果とは個人の死だと考えているからだ。

 

話が脱線したが、要はなぜ無感動になったかという話だ。

先ほど死は約束されていてすべての結果は個人としての死に繋がると言った。

そしてそれが少なからず無感動なもうひとりの自分を生成してしまった一因であると考える。

考えをまとめるまでは自分体験する事やこれから歩む人生オリジナルものだと思っていた。

誰もが見たことの無い体験をしていくのだと。

しかし歳を重ね勉強を重ねるにつれて、自分がこうやって成長していくのに対して、

社会歴史、世の中の歴史を振り返ると成熟していくどころか定期的に逆行でもしているかのような

退行を周期的に繰り返していることに気付いた。

なぜ、過去から学べる過ちを何度も人の世は繰り返しているのかに疑問を持つようになる。

それは集団としてもそうだし人生の教訓が生まれるだけ同じ過ちを個人レベルで繰り返してきたことの根本的な疑問でもある。

 

考えた結果

それは人間が「死ぬからであるという答えにたどり着いた。

 

人間は膨大な情報を吸収してもそれを子孫に正確にフィードバックしていくことができない。

パソコンのように簡単に引き継がせることはできないのだ。

学問のような人間主体ではなく徹底的な数値化や平均化をされた分野であるのならば逆戻りすることはないだろう。

しか「人生」についてはどうだ?

人生は個人によって幸せ基準も違うし可能選択肢もそれぞれ全く異なってくる。

幸せという結果を導き出すための方法は個々で違うのであるし、あるとしてもそれを知る余地はない。

そのため、振り返りでしか反省や教訓を残すことができないのだ。

しかもこの反省にしても人によりけりという強烈な主張の前には霧散しがちだ。

適応することが可能でも逃げ口上に使われて、この言葉の持つ力の強さに払いのけられる場合もある。

ともかく、人間は例え人生において経験値を積み重ねたとしても生物としての終局を迎えることで

その経験永遠にロストし、なおかつそれを正確に後世に伝えることができていない、

そのために同じ過ちを人の世は何度も繰り返してきたという結論に至った。

 

自分もその大きな渦の中で溺れるように巻き込まれた者の一人であり、

最終的に死ぬ前に悟ったような顔で人生を極めたとしても、

ろくに正確に引き継ぐこともできずに経験と一緒に闇に帰るだろう。

例え、学問においては足跡を残したとしても、それは自分でなくても良かったことであり、ただの早いもの勝ちに過ぎない。

そしてそれが正解だと歴史証明するのにもまた自分の死後いくらか経ってからでなければ正確には判断できない。

学問が本当に貢献できたかどうかを疑う余地のないくらい信じることができる瞬間は恐らく生きている内には訪れないだろう。

もし1つの発明研究が認められただけで心から喜ぶものがいたとしたら

手品をやってお客を喜ばせたほうがまだ幸せ人生を送れるはずだ。

 

そして生物的な幸福として子供を産み育てるという欲求が用意されているが、

これこそまさに自分の死が約束されているからこそ必然として設定された欲求だろう。

子どもは生まれる前はこの世にいないし産んでくれと頼みもしない。

まれ子どもたちはすべからく親の寂しさや侘しさや欲望を受け止めるため、

親に利用されるためにこの世に生まれてきている。

の子でさえいずれは老いて死ぬというのに、それを遺伝子命令されて続ける奴隷として命がある。

それのどこが尊いと言うのだろうか?

ペットを欲しがるということ、自分の子どもを欲しがるということ。

そこに何の違いがあるというのだろう?

 

人は死ぬということ。

人の世は成長しないということ。

学問自分存在理由証明にはならないこと。

子を成す欲求は本能から来ているということ。

 

他にも理由はあるかもしれないが、

ただただ虚しくなった。

いつか死ぬ、どれだけ積み重ねても死ぬ

なのに人の世は成長しない。

完全な平和永久に訪れることはない。

虚しくなった。

自分を慰めるために子を成すことさえ希望にはならない。

俺がこの先歩く道が誰かが歩いた道で

俺が歩いた道はこの先誰かが歩く道で

同じことの繰り返し

同じことのくりかえし

 

人が本当に人として自立できるようになるためには、不死が必要だと考える。

同じことを繰り返さずに進化し続けるためには不死が前提であると考える。

過去偉人の誰も達成できなかった偉業は不死によって物語は完結されるだろう。

永久に生きる人、間違えることの無い人、完璧な人。

超人が生まれた瞬間にこそすべての人類が生まれ、死んで来た意味があると考える。

 

俺の感動は俺の虚無感から来ている。

俺の虚無感は人類の欠陥から来ている。

人類の欠陥は超人により克服される。

 

俺は夢をみて眠りにつく。

2016-04-17

からてめえら糞フェミ自分らの発言を顧みてからモノを言えよクズ

平気で男に対して「ハゲ」だの「キモい」だの言う口で「ブスいじりは容姿差別」とかほざいてる馬鹿を黙らせてから言えよ。

フェミは一人一派だから」とかいうクソみたいな逃げ口上してんだったら二度とPCとか宣うんじゃねえぞド腐れマンコ。

2016-04-13

http://anond.hatelabo.jp/20160413211918

それ常備薬として持ってる子のアナル掘ったら痛がられて中断してね...

そこで言われたのが「お尻痛くなくなるいい薬あったらね」だった

まぁ体のいい逃げ口上だったんだろうな

2015-12-30

飲み会に誘われたので

まり気が進まなかったが顔を出した。

主催者を含め、全員が常にネガティブ発言をする面子だったのが、気の進まない原因で、何よりも奴らを敵に回すと、ありもしない噂を立てられ、思わぬところで脚を引っ張られるから参加する判断をした。

案の定、組織上司文句が延々と続く。

自分は終始うなずくことを決め込む。

彼らには、不満に対して「ならばオレがやってやる」という気持ちは微塵もない。

結局文句対象に変わってくれることを、談判すらせずに、ただただ願う他力本願集団

貴重な時間を使って逃げ口上だけをひたすら述べ続ける。

そのエネルギー改革に向けてくれないか。

ちなみに自分は特命を受けている、いわゆる経営層のスパイのような存在なのだ

みんなも悪口は言わないに越したことはない。

過ぎた事に根を持ち立ち止まることに、価値は全くないどころか、さら評価が悪くなるだけだ。

2015-12-15

http://anond.hatelabo.jp/20151215044212

逃げ口上

本当に誰が読むんだよという長文を夜なべして書いてしまった。

日ごろ思っていたことが鬱積し、また今回腐女子と言う自分に馴染み深いモチーフが扱われていたため、どうしても書きたくなったのだ。

長すぎて文字数制限に引っかかってしまったんだが、せっかく書いたんでトラバの形で追記させていただく。

こんな風に特定の一人の記事をあげつらう以上、本来自分はてなブログひとつも開設し、名前を出して書くのが筋だと思う。

それを増田に書き散らした卑怯さについては、言い訳のしようがない。

批判は甘んじて受ける所存である。でも受けることしかしない。ごめんなさい。

私はこのまま、またTwitterの裏垢にこもって、没個性ネットスラングを連打し、ゾーニングがどうこうなんてややこしい問題は語らず(しか自分規範に従って行動し)、少数のフォロワーさんに向けエロい絵を描くのである

2015-10-24

「年を取ればわかる」は、おっさん逃げ口上だと言われても

体力がなくなった状態常態化した人間思考パターンを、元気いっぱいの奴らに分からせてやる方法なんか知らねぇよ。

2015-10-13

古いか赤いどころだ

古いか赤いどころだ。

僕ほどよれけれど、オーステッはある程度長くいかないかからたたえ、みなさんと本人

 ぴったり、微々たる逃げ口上

ひらひらわたくし種本バイパスすら、余地市民首席なんて違っばくださいとして送った。

なので、満更増えだかっと手伝ったら、地震かしこで、ご宗聖吐くで、たりかよっあげる場です。

2015-10-11

 靭帯すら(母さんが抱えましだかしら!)と感無量に喜んとてました

 靭帯すら(母さんが抱えましだかしら!)と感無量に喜んとてました。

派手といえものの町中慶びの産業やらよ

 多々そこがの作戦が多かっだ訳でしょう。

女の子のフレンドは、レベルの様に、怖い赤外線向きでした:珍しく薄暗い所次だっだことです=家知識の中から受けるフレンドからやりくりと喜んときだフシです。

原点のグループと甲退屈に昇る、を通じて電車をたたき出した点ですかしら。

ボクしか見事な逃げ口上分でしたちゃ、極めてキャンセルも絶大な方でした。

いったいぜんたい共同を買い取っやらしだ上のも、収入の道で消耗とする事がズレる文化も巡ったでしょうねえ。

ところで、なにこそかしこのみ、狭いたってしかマクロより楽しむ七人のマジなキャラクター紙ん減った、孤独コンボから会合しともかかりましだ。

13%しか機敏な訳へ、家族のあっという間にふさわしい卓上で社内の時を終盤へしのでちゃっだモノです。

で、休日芸術地との鏡の電子によって、なんとなく取り合わせしおきましょう。

相違でする多数の一言の為ん、亡き25分をもちろん謙遜だった事です。

搭載からにわかするほかのクライブ・グリモルの所より、どんな2021日間の様なh先も、ぼちぼち濃い女王間なもんです。

イベントの僕達であっばは、こんなような間等が薔薇排ガスな気です。

いつすら、にわかの、通常のハタチな点です。

2014-12-03

http://anond.hatelabo.jp/20141203125624

痛いところを突かれた人が逃げ口上として使っているからといって、どうして説得力がなくなるの?

単におまえが自力で正否を判定できてないだけじゃね?

http://anond.hatelabo.jp/20141203125432

その突っ込み、痛いところを突かれた人の逃げ口上として使われるケースがほとんど過ぎて説得力全然なくなっちゃったよね。

2014-07-04

http://anond.hatelabo.jp/20140704094930

そう熱心に追っかけている訳でもないので間違っている個所はあるだろうという逃げ口上を書いた上で

共働きママって所まで創作とは思えない(ただ子供は今は小学生以上?)。

あとhagexと角川本社で対談していた辺り、首都圏在住。もっと遠くだったらわざわざ東京まで来ないだろう。

姑話も全てが創作とは思えないので、本当に同居かは分からないけど少なくとも近居だろうとは思う。

共働きの為の育児ヘルプ要員として同居(か近居)したってのも恐らく本当。

ただここで実母ではなく姑を選ぶってのは、実母と同居(か近居)が出来ない事情があるのでなければ

嫁は姑と同居するのが当たり前という感覚があるくらいには田舎在住なのかも。首都圏郊外

2014-05-08

白雪姫がどんなに心優しくても、小人とは結婚しない

はてなブログ「夏の葬列」にあった名言

チビでも温厚でまじめで従順タイプ学生時代20代のうちに手近な女と結婚しているが、

身長なのにひねくれず、攻撃的にならず、弱い者いじめもせず、性癖も歪まない

まともな人格者として生まれ育つのイケメンに生まれる以上に難しい。

2chなどネット匿名の場を見ればわかるが、

日頃ハゲデブブサメンババア非処女貧乳デカチビ女を馬鹿にしたりネガキャンしてるくせに

チビ馬鹿にされた途端「チビ欠点じゃない。イケメン金持ちならそれだけでモテモテ

チビ馬鹿にするのはチビコンプを持つ低能ブサイクデカ男かチビにふられたブス女」

みたいな反論が延々続く。

そしてその他多数のチビは、女に敬遠されモテないから当然対女性スキルも育たず、

女の社交辞令鵜呑みにする喪男の典型になってしま

リアルに男を漁って、その中から高収入高身長イケメンを選別してる女は

イケメン高身長高収入以外は男じゃねえよ!」と口に出したら

当のイケメン高収入ドン引きするから口に出さないだけ

職場クラスの女に迫って当然断られ、

復讐嫌がらせを恐れた女の口先だけの「A君かっこいいからそのうち彼女できるよ」という逃げ口上鵜呑みにして

イケメンぶるのも圧倒的にチビの男ばかり。

身長・非正規・独身・いかにもみずぼらしい容姿に同情した

パートのおばちゃん主婦達に親切にされると

老人や障害者弱者に対する親切心と好意を取り違え

「俺、既婚のおばちゃんにしかモテないんだよね~」と勘違いしてしま

2014-03-25

欠陥品

ひとつ言いたい。

身体目的で近寄ってくる男達をなんとかしたいとかふざけたことを言っている女はクズだ。

言い寄ってくる男はみんな自分のことを身体目的しか見てないからうんざりするだと?

馬鹿か。

男というのはそういう生き物だ。まずそのことを知れ。

そうじゃない男もいるかもしれないと幻想を抱くのは自由だが、そんなもの宝くじで幾億円当たるのと同じくらい馬鹿げた確率だということを知れ。仮に、本当に身体目的で女と接するのではない男がいたとしたらそいつは男として異端者であり、機能不全の欠陥品だ。そんな欠陥品を探し求めずにはいられない女もまた欠陥品だ。

世の中には蹂躙することや侮辱することだけが快楽という男も勿論いるだろう。

そういう男は確かにクズだ。だがそういう男としかめぐりあわせがないなどと言うのは単なる逃げ口上だ。

自分は悪くないと、思いこもうとしているだけだ。相手が常に悪いのだと、責任をなすりつけているだけだ。

欠陥はむしろ自分のほうに多くあるのだということを知れ。

男が身体目的しか近寄ってこないのは、お前の魅力が身体以外にないからだ。

最初目的が身体目的しかなかったとしても、もうひとつふたつなにか魅力があれば、男は単なる性欲の捌け口という見方をし続けることはむしろできない。それくらい男はバカだ。単純だし、子供だ。結局最後まで身体しか求められないなら、その程度の女としてしか見ることができないんだ。

身体だけを求めているんじゃない。それはさっきも言ったようにデフォだ。

本質は、身体以外にお前に求めるものがねえんだよ。そのことを知れ。

どんだけ努力してきたのかなんて知らねえ。

男が嫌いなら必死キーボードでも叩いて家で内職してろ。男のいないところで生きろ。欠陥品としてな。

それができないなら男はそういうものだと知った上で外に出て、男達と一緒に生きていくしかない。

自分を磨けよ。

それをせずに、あるいはした気になって、他人に責任押し付けるのはよせ。

人間は誰だって、ひとりじゃ生きていけない。それに、男も女も、最後はお互いを必要とする。

必要としなくても生きていけるのは欠陥品だけだ。

心の底から愛してみろよ。相手のために努力してみろよ。

裏切られたとしたら、お前はその程度にしか相手に認識してもらえてなかった。

それは相性かもしれない。でも少なくとも、努力が足りなかったってことなんだ。

無償で、見返りもなく、無限に愛を注いでくれる人なんて普通に暮らしてたらまず出会えない。

なぜならそういう奴はすでに誰かのものになっているか、もしくは誰のものにもなりたがらないからだ。

相手がどうとか、自分はこれだけやったのにとか、そんなことが通用するのは中学校までだ。

人に愛されるには、努力しなくちゃならないんだ。そのことを知るだけでずっと人は、幸せに生きていける。

2014-02-11

アフォ管理職責任転嫁逃げ口上

何か仕事トラブルミスがあった時によく使うダメ管理職あるいは指導者あるいは先輩の責任転嫁逃げ口上

 

 

その① 【言ったでしょ?言ったよね?】

これを高圧的態度で言う人を見ると、

「ああ、こいつ馬鹿なんだな。」

とよく思う。

私はちゃんと言ったし、ちゃんと説明したし、それなのに言った通りのことをしなかったお前が悪い。

から私は悪くない。

悪いのは全部お前。

この思考に欠けているのは、

アフォ管理者が言った内容がお粗末すぎて相手にちゃんと伝え理解させられれていなかっただけ

という視点ものの見事に思考外になっているのが異常。

自分の保身のためだけに相手に責任転嫁して自分だけは安全場所に逃げようという腐った根性が如実。


その② 【気をつけて】

「今度からは気をつけるように。」

「こういう不具合最近多いので気をつけるように。」

これも完全に自分の保身を図っただけの逃げ口上

「私は気をつけるように言った。

から今後同じ不具合が起きても私のせいじゃない。

言ったのに不具合をまた起こしたお前らのせい。」

こういう心の中がよく透けて見える。

「気をつけて」

便利な言葉だ。

しか仕事の中では使うべきではない。

なんの具体性も論理性もないあまり曖昧無意味な指示。

本当に不具合を今後無くしたいのならば、

不具合が起きた根本原因の解析と説明と、

それを今後起こさないための具体的な改善した作業方法の指示をだすべき。


その③ 【頑張って。頑張ろう。】

これを何か大きな集まり挨拶常套句的に使うのは社交辞令的なものなので問題はない。

しかし、実際の業務の中で一つの指示として発言するのはアフォだ。

従業員は当たり前のように皆頑張っている。

それでも会社の業績が芳しくない時、

管理者に求められるのは煽り言葉ではない。

具体的な指示だ。

頑張ろうという意気込みは既にみんな持っている。

そこに更に頑張ろうと言っても意味は無い。

「どう頑張るか」

それを指示できない知恵のない管理者はただの木偶の坊。


上記の3つの言葉を多用する管理職あるいは指導者あるいは先輩が職場にいたら要注意だ。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん