「ずんだ餅」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ずんだ餅とは

2018-12-11

3日前に

特設でやってたずんだ餅を買いそびれたのが未だに悔やまれています

2018-10-22

自分の県のお土産って食べるの?

この前の三連休に知り合いがうちの県へ遊びに来ていたのだけど、俺も暇だったので少し案内役をつとめていた。案内役と言っても実際俺が行ったことのある場所は半分くらいで、知らない場所は知り合いそっちのけで観光してたりした。まあそれは苦笑されるくらいで良かったんだけど。

問題お土産にあった。さまざまな菓子が並んだ土産コーナーでの出来事だ。

「どれがおすすめ?」と聞いてくるわけ。いや知らんし。わざわざ高いもの食わんし。そう言ったら彼女怒るわけ。「自分のところの名物くらい食べようよ。それくらい知っておこうよ」だって名前は知っていても食べようなんて俺は全く思わない。名物なんて所詮ぼったくりじゃねーか。菓子ならスーパーで買うわい。そんなこと言ったら喧嘩になって。

彼女言うわけよ。「自県のお土産を食べるのは普通のことでしょう」って。普通って何。俺は普通じゃないってか。料理ならわかるよ。沖縄の人がソーキそば食べたり、東北の人がずんだ餅作って食べたり、そういうのはわかる。でもここに並んでいるのは製品としての菓子じゃないか観光客向けの菓子じゃないか宮城の人が家でままどおるを食べるのか? 広島の人はもみじ饅頭を食べるのか? 北海道の人はバターサンド食べるのかよ! それ聞いた彼女普通に食べるでしょ! だって。ありえない。バカじゃないの。

もう楽しかった時間が下らないことで台無し土産屋が大嫌いになったわ。でも書いてるうちに自信無くなってきた。もしかしてマジで土産菓子って地元民に食べられてんのか?

2018-08-08

anond:20180808203352

😺考え方ニャ。

すなわち増田ニャンは特権を利用して

・好きな銘柄の茶(お茶でなくても好きな飲み物)を用意できるニャよ!

 若いころは煩わしい事でも、じじばばになったら、お茶お茶菓子人生の大きな部分を占めるにゃ。

 そこを今からおさえておけるというのは大きいニャ。

「きょうのケーキキルフェボンベリータルトにしよっ」と思えばベリータルトに出来。

ずんだ餅緑茶にしたいな」だったらそうするにゃ。

 お茶やたべものに興味なかったらゴメンニャ。ねこが淹れたげるにゃ。ぬるめだけど🍵🍰

2018-07-23

[]7月23日

○朝食:なし

○昼食:助六寿司

○夕食:ミックスサンドずんだ餅

○間食:なし

調子

はややー。

トラブルが起きて、朝から仕事が超忙しかった。

久々に残業するも、全部は終わっていない。

月曜日からエンジン全開だったので、ヘトヘトです。

早く寝て英気を養います

疲れたよー。

ゲームは、空き時間グラブルをちょこちょこ。

2018-01-21

買った冷凍食品が不味い

ずんだ餅なんだが、凄い臭い

まず餅が臭い

そしてずんだ臭い

味は薄めなのだが豆と米の青臭さだけははっきりと口の中に広がる。

これどうしたらいいの……。

練乳とかジャムとか色々かけてるけど臭いを殺しきれねえ。

いっそ一度料理酒かなんかで臭い飛ばししまうべきなのか……。

そこまでの手間考えるともう捨てたほうが早い気が

2017-07-31

VOICEROIDを使用した動画広告収入等について

ツイッターAHS問い合わせ(https://twitter.com/asagasumi_0/status/891354516154535936

金銭などの利益を直接的に想定したご利用方法は商用利用

・VOICEROIDの音声をそのまま含む商品CDダウンロード販売)はNG

→VOICEROIDがメインコンテンツでなくてもダメ環境CDナレーションモブキャラの音声などでもダメ

商品宣伝使用してもダメ

→例えばずんだ餅販売する会社が「ずんだ餅おいしいですよ」というセリフをVOICEROIDに読ませて公開するのも商用利用。

・対価のない個人レビュー大丈夫

ウェブサイトでの、ご自身還元されるタイプ広告サービスを設置するのもこれ(商用利用)にあたりますhttps://twitter.com/asagasumi_0/status/892004548436410368

・直接金銭が関わらなくても事業として仕様するならNG

企業留守電会社説明会での使用

非営利であり業務関係ない趣味私的作品ならオッケー

・ボイロ音声が含まれ同人ゲームを作ってイベント頒布する際にディスク代+作成者交通費現実的価格ならオッケー

→ただしAHS申請必要https://www.ah-soft.com/licensee/

2017-05-10

宮城県旅行したらやりたいこと

キツネ村にいく

ずんだ餅食べる

牛タン食べる

・お寿司海鮮丼食べる

温泉に入る

景色の綺麗なところをドライブ

あと何があるかなぁ。

3泊だとちょっと余っちゃいそう。

2017-04-10

地元民がちょっとした贅沢に食べるお菓子

ここぞという時にお使い物に用いるようなちょっと良いお菓子こそが、旅行者が本当に買うべき美味しいお土産だと思うんだ。沖縄サーターアンダギー宮城ずんだ餅ままどおる京都阿闍梨餅、そんなのを地元民が喜んで食べているとは思えない。名物うまいものなしとも言うだろ。地元民だけが知る、余所者には隠して食べているお菓子がきっとあるはずだ。

2011-04-06

魔法少女まどかどうでしょう

大泉なまら気味悪いじゃないの藤村君。』

藤村『さっきビルの隙間の結界くぐったでしょう。ここらはもう魔女テリトリーなんですよ~。』

鈴井『そこらじゅうにちっこい化け物がいるね。』

藤村『こいつらは使い魔といって、魔女の手下です。』

大泉藤村君みたい馬鹿面がこんなにたくさん。』

藤村『頭のリボンで首絞めるぞすず虫。』

嬉野あんたたち戦闘前に喧嘩はやめなさいよ。』

鈴井『ほら前見て。開けた場所に出てきたよ。』

大泉『おいおい、これはもうなんだい、お菓子だらけじゃないの。隅っこにあるずんだ餅なんてのは大好物でしょうミスター。ほら、さっさと食べなさいよ。』


ミスター生き地獄


藤村『あそこのながーい椅子に座っている飴ちゃんたいな頭の人形が、魔女…のはずです。』

大泉『はずってなんだい君。調べてないの?』

鈴井『さっき車で確認したよね。』

藤村『あれが魔女だって。』

大泉『君が言うことはね、いちいち当てにならないんだよ。わかった、じゃあみんなで倒そう。ほら、嬉野君、早く変身して。』

嬉野『僕一人だけかい?』

大泉『当たり前でしょ~。僕はアカプルコに行くんだと思って海パンしかもってないんだよ。戦うんだったらもっとちゃんとした服買ってくれよ。』

藤村『じゃじゃじゃあ、わかったわかった、まずはね、嬉野先生にビシっと突撃してもらって、そのあとビシッと大泉さん契約してもらって、ビシッと魔女を倒しましょうか。』

大泉『その水戸黄門たいな演出が君のディレクションかい?』

鈴井『やばいよ、やばいよ、魔女動き出したよ。』

藤村『そんなもんみりゃわかるでしょ、ミスターあんたは壁につっかかってるアップルクーヘン食べてなさいよ。』


ミスター生き地獄再び


大泉嬉野先生順調じゃないの。』

藤村『そらそうだよ。百戦錬磨だもの。』

鈴井『口から何か出てきましたよ。』

大泉『なんだいあれ、○ッキーじゃないの。』

藤村あんテレビなんだからちょっとは発言は慎みなさいよ。』

鈴井『やばいって。近づいてるって。口開いたって。』

大泉嬉野君、まずいんじゃないの。』

嬉野『あぁぁぁ。』


嬉野先生、撃沈


藤村『これは想定外ですよ~。』

大泉『君は想定外ばっかりじゃないか想定内ことなんて一度でもあったかい?』

藤村大泉さん、早くしないと。ほら、ここに契約して。ビシッと魔女倒しなさいよ。』

大泉藤村君、君はね、出会ったそばから契約しなさいよ、早く契約しなさいよ、

すぐ契約しなさいよ、って僕をこの魔法少女にすることしか頭にないだろう?』

藤村『いやっていうのかい。』

大泉『いやに決まってるでしょ。魔法少女なんて、なってみないとどんな武器持つかわからないんだよ。弓とかだったらいいけど、旧石器時代の斧みたいな、こう敵を叩く度にね、縄がボロンとはずれる出来損ないの武器しかもたせてもらえなかったらね、魔女狩りどころじゃないんだよ。』

鈴井『まずいよ、こっち来てるよ、早く逃げないと!』

藤村『うるさいよミスターあんたはそこのあんこ入りのおやき食べてなさいよ。』


あんこ入りのおやきを食べているミスターをよそに、遅れてやってきたOnちゃんにより、無事魔女は倒された。


終わり。


魔法少女まどか☆まぎか3話より

まどか:大泉QB:藤村さやか:ミスター、マミ:嬉野ほむら:Onちゃん

2009-07-25

松島女性に大ウソをついた青年

先週の3連休仙台に行ってきた。

前々から計画を立てていたのだが、主な目的牛タン定食ずんだ餅と岩ガキだ。

バナナマンバナナムーンポッドキャストを聞いていたらゴールデン定食牛タン定食だ、と言っているのを聞いたらどうしても食べたくなってしまったがキッカケ。

カミさんには一応松島を小さいときに見ておくことが娘にとっても意味があるんだ、と言っても理解されなかったが、上記の3つをあげたらGOサインがあっさり出た。

世間の皆さまは安い高速道路を使うことが多いようだが、優先事項はビールな俺としては車で行くなんて発想はもともとない。

ちょうど12時ぐらいに大宮から新幹線に乗り1時間ちょっともすれば仙台についた。

降りて早速向かったのは利久。るるぶを見てもいろいろ牛タンの店は紹介されていたけど、こういうのは一番大きい店に行けば大きな失敗はない。

時間は昼を過ぎていたこともあり、20分も並べばあっという間に牛タンにたどりついた。

娘にもしっかり1人前を注文して残した分をハイエナというなの俺とカミさんが食べて満足。

設楽がラジオで言ってた「牛タン定食は、タンとテールスープという先と端でここまでウマイからスゴイ」みたいな言葉をパクってカミさんに語ると

「テールってなんだっけ?」

という得意げに言った俺が恥ずかしくなる結果が待っていた。

2日目は市内観光バスを使い、伊達政宗的なものを一通り見て回りつつ、ずんだ食べたり疲れたが満足。

正直娘には悪いことをしたと思っている。

それなりに、すごーいとか言っていたがつまらなかっただろう。仙台城とかないし。

夜はまた違う牛タンの店言った。店内にプロレスラーサインが多くて、興味のないカミさんにこのレスラーはとか説明したらうんざりされた。娘はえらくホヤが気に入っていた。ちょっと将来が心配だ。

3日目は松島

大人になった今なら松島観光の楽しさがいろいろあるが娘にはつらいかなと思ったが予想以上に楽しかった。

松島観光のために船に乗ったのだがまあカモメがいっぱい船についてくる。

船内でカッパえびせんを買えばそれを目当てにどんどんカモメが奪いにくる。

ここはお父さんのスゴイところを見せてやろうとえびせんを片手に窓から手を出すと勢いよくカモメが奪っていく。正直ドキドキした。

娘は目を輝かせながら自分もやると騒ぐ。

物は試しにとも思ったが怖くてトラウマになっても困るなーということでカミさんに判断を任せようと思ってカミさんを見たら餌のカッパえびせんを食べていたのでもうどうしようもないなコイツはと思い、娘には怖くないように窓からえびせんを投げさせることで満足させた。投げたらカモメがきれいにキャッチしてくれるのでなんだか楽しい

昼飯は松島にあるさかな市場という海産物の土産売り場とフードコートが合体したようなところにした。

俺はアナゴ丼、カミさんはイクラ丼、娘はふかひれラーメン。ほぼふかひれはカミさんが奪って食べていた気がする。

連休最終日のフードコートなので非常に混雑しておりうちもほかの家族と相席のように座ることになった。

目の前には中学生3年生の男の子とその両親。

どうやら彼が1学期の成績が悪かったようで、旅行先にまで来て非常に怒られていた。

「どうすんのこんな成績とって」

「どこの高校に行きたいの?」

「黙ってないでなんか言いなさい」

「こんな成績じゃ高校からお断りです!って言われちゃうのよ!」

一方的に母親が責める。

父親は目の前にある寿司を食べたそうにしている。

子供はうつむいている。

正直、家族旅行にまで来て学校の成績で怒るなんてナンセンスだと思うし子供にとっても松島自体が楽しくない土地になりかねない。

またお母さんが非常に大きな声を出す方もあり、周りの家族にも丸聞こえでうんざりしている様子だった。

娘もなんだか不機嫌になってきた。

まだカキの浜焼きだとかあら汁とか食べてないけど気分も悪いしさっさと食べてここを去るかと思っていたところ、

□□□

女男←ここに座っていた青年が振り向いて怒った。

母子父

□□□

俺娘嫁

「さっきから聞いていたらちょっと言いすぎじゃないですか」

「周りの人にも迷惑なんですが」

「成績がすべてじゃないでしょう!」

おお勇ましいなとも思ったが、家族の問題、特にこういったナイーブな問題で頭が沸騰している人に第三者が口出しすると面倒なことになるのも事実

「なによあなたは!」

「どうせ、大した大学も言ってないような人になにか言われたくありません」

このおばさんもなかなかクズなことを言いやがると思ったがその青年が一枚上手だった。

「大した大学じゃないかもしれませんがそれでもここで子供の成績について騒ぐことが非常識だということだけはわかります」

なんだ、このやりとりは、とちょっと興奮しながら見てしまった。

娘もカミさんも固唾をのんで見守っている。

おばさんは結局言い返すことができずに黙ってしまった。

ずっと黙っていた子供と父親は食事に手をつけだしていた。

青年は最後に

「あなたがどちらの土地の方か知りませんがわたしは塾の講師をしています。」

高校生向けの塾ですが、その中には中3のこの時期から成績を伸ばした子もたくさんいます。」

「怒るだけで成績が伸びたら苦労はしません。」

「成績を伸ばすために何をするか、それをまだ話し合った方がいいんじゃないですか?」

正論だなーと聞いていたら

「そうですね、その通りですね…」

とおばさんも折れた。

ウニ丼を食べていた父親が箸を置き

「どうする?」

と息子に声をかけると

家庭教師とかで勉強する」

勉強について決意を固めていた。

母親の叱責よりも簡単に子供学習意欲を高めるものになったようだった。

なんとなく空気が軽くなったのでまだウニ丼を食べているカミさんを置いて娘とカキの浜焼きを買いに席を立つとちょうど、さっきの青年も浜焼きの列に並んだ。

「よくぞ勇気を出して注意してくれましたね」

と声をかけると青年は照れたように

「いえ、わたしも大人げなかったです」

反省したように答えた。

どうやら東京の人のようなので思い切ってどこの塾かと確認をしてみると

鉄緑会です。」

と衝撃のお答えが。

確実にこの青年東大だ。でも鉄緑会って中高一貫の私立限定とかだから中3から成績伸びるとかありえないっすよねーと聞くと

「そうですね、あれは大ウソです」

とはにかんで答えた。

嘘も方便というものだろう。

誰も傷付けないウソだから咎める必要もない。

そのあとはカキが焼けるまで他愛もない話をした。


彼と別れてからあら汁売り場に並んだときに娘に

「あれぐらい賢い人と結婚したらいいかもねー」

と初めて俺から勧めてみた。





非常に冷静に

「あの人ここ(自分の股を指しながら)のチャックあいてたからダメだよ」

と返答された。



うん、お父さんも認めない。

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん