「トカレフ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: トカレフとは

2019-09-02

anond:20190902003137

泣いて涙と鼻水でベチョベチョになりながら数時間土下座して

相手がようやく満足したタイミング

トカレフを取り出して頭に突きつけるとさぞ気持ちいいだろうな。

2019-03-16

anond:20190316005028

トカレフ拳銃を1万丁輸入して信者に配るだけでよかった

拳銃にしたって経験ある人数人いないととても作れない

買ったほうが安くて信頼性も高い

2018-03-14

anond:20180313194236

国内北朝鮮テロ自作自演してごまかすほうがずっと可能性が高いと思う。

特殊部隊がやってそこに朝鮮人死体を置いてキムバッジを置いて手にトカレフを握らせれば

スリーパーセル実在した

北朝鮮政府による日本国転覆計画の出来上がり

自衛隊テロを未然に防いで国を守った日本英雄

2018-03-01

国内特殊部隊テロをやって北朝鮮バッジを落とせば

米韓北で対話があっても北はやっぱりテロ国家という話にできるし憲法9条も抹消できる

適当北朝鮮人を捕まえて死体トカレフを握らせ金正恩の指令を受けてこいつがテロをしたと裁判所被疑者死亡の状態有罪すべきだ

不審船がつぎ来た時に護衛艦が速射砲で沈めて引き上げた死体AKを持たせて工作員日本侵略をしようとしていたことにするとか

このまま北朝鮮アメリカ韓国が和平ムードになったら憲法改正できないし自衛隊も軍になれないし大日本帝国英霊の皆さんもがっかりすると思う

不審船や密輸船をヘリであおって発砲させることが何とかできないものなのかな

国益を考えて米朝対話破壊する義務があるだろう

2014-11-24

http://anond.hatelabo.jp/20141124234721

本当にウザいですよね〜〜 家族団らんタイムがシラケます;^_^

まりにうざすぎて、妹が机に入っていたトカレフで自らの頭を打ち抜いちゃったんですよ〜〜*\(^o^)/*

2011-06-23

http://anond.hatelabo.jp/20110623121215

曲の優劣はわからないけど、個人的な好みでは

ワールドイズマイン

トカレフ少女

結んで開いて羅刹と骸

あたりが好き。

いかどうかはわからないけど、面白い

2009-03-10

ロシア資源戦略に予期せぬ躓き

ウズベキスタンキルギスもふたたびモスクワの家来の道を選んだが。。。

ペトロエコノミー

2009年二月現在、ガスの国際価格は1000立方メートルにつき400ドル強。

ウクライナに圧力をかけたロシアは十八日間にわたってパイプラインを止めガス供与を中断したが、1月18日に360ドルで合意した。

ところでロシアの仕入れ価格は? 

ガスは生産価格が謎なので、流通情報の一部から推定すると、おそらく1000立方メートルにつき300ドルだろう。

1月23日、メドべージェフ大統領タシュケントに飛んで、カリモフ・ウズベキスタン大統領と会談している。

この結果、ウズベキスタンのガスは全部がロシアに輸出されている。「全部」である。

地政学的に海への出口もなく、カザフスタン露西亜に挟まれた格好のウズベキスタンとしては他に手がない。とはいえ全てをロシア任せ、つまりロシアの完全な価格統制下にはいったという事態を意味するのだ。

08年の購買価格は160ドル、09年の価格は305ドルで合意、ウズベキスタン価格トルクメニスタンのガスを独占しているロシアの思惑よりちょっと高い程度と専門家は見る。

三年前の06年1月1日にもロシアは突如、ウクライナへのガス供給を中断し、値上げ交渉武器とした。

09年1月にもおなじ暴挙を演じ、18日間、ロシアはガス供給を止めてウクライナを締め上げたことは述べたが、ウクライナから先へ伸びるパイプライン供給するEU国分が激減し、EU諸国が悲鳴をあげた。「プーチンはガス供給の中断を政治的な武器として脅した」と。

プーチンの人気に大きな影

欧米経済危機が深化する中で、ロシアの思惑だったガス価格値上げはうまく機能せず、どちらかといえば中途半端に、今回の恐喝騒ぎは中断した。

「まったく商売の下手な実りなき闘争」という批判がロシア国内にも沸き起こる。

ロシア経済は好況から暗転、目も当てられない惨状となっている。

第一に「ペトロエコノミー」と別名されるロシア経済で、GDPの大部分をしめる石油とガスの収入が激減したため財政赤字がGDPの5%に達した。

第二に09年に支払いを迎える対外債務合計は1600億ドル。外貨準備は4000億ドルと言っても08年には、このうちの1300億ドルが海外へ流失し、さらに09年1月第二週だけでも外貨準備から303億ドルが減っている。

第三に経済見通しの暗さ。

09年のロシアGDP成長率は2・4%に落ちるだろう。反面、消費者物価は13%値上がり予測だ。

為替レートは一ドル=24ルーブルが、36に落下。50%もの通貨下落となれば輸入物資の価格が暴騰するだろう。

そこへもってきて中国露西亜の間を結ぶ石油パイプライン建設世界不況原油価格暴落の影響をもろにうけて暗礁に乗り上げたようだ。

シベリア資源を延々とパイプラインを敷設して、最初は分岐ポイントから中国の大慶を運ぶという計画。その次にパイプラインをさらに延々と敷設しナホトカまで運んで日本向けとするという世紀のプロジェクトが挫折する危機を迎えたのだ。

▲当初見積もりの十倍以上

SPO(東シベリア太平洋石油パイプラインプロジェクトだが、当初の見積もりより十二倍のコストがかかるらしい。事業主体「トランスネフツ」社のニコライ・トカレフ会長によれば総予算122億ドル(当初見積もりは10億ドルだった)。

第一期工事のスコボロディロから中国の大慶区間は3億ドル。タラカンタイシット間1100キロの工事は、すでに83%が完成した。

しかし83%完成という数字はパイプライン敷設だけ、ポンプ拠点は65%しか完成しておらず、難工事区間に至っては27%しか工事が終わっていない。

この区間が完成すれば年間3000万トンが中国向けに輸出される手はずだった。

第二期工事区間はタイシット~フコボロディロで2009年末の完成を目指す。これが出来ると年間8000万トン。

ところが専門筋の見通しによれば2020年までにせいぜい年間5000万トン、その裡の2500万トンがESPOに供給され、残りはロシア側へ運ばれるという。

あまつさえ東シベリアに眠るとされる無尽蔵の資源は、当初予測を大幅に下回り、このプロジェクトコストに見合わないと露骨に反対するロシア側の学者も出てきた(欧米メジャーが逃げたのは、これが理由だった)。

さらにややこしいのは中国側の事業主体「ペトロチャイナ」社とロシア側事業主体「トランスネフツ」との最終的詰めが成立せず、最終価格、信用枠とくに利子の支払い、中国側の建設契約を誰にするかなどの問題で、依然として話し合いはもつれ、紛糾を続けている。雲行きはじつに怪しくなっているのだ。

2007-11-27

http://d.hatena.ne.jp/LEOat/20071126/1196068353

変身等呪文備忘録の事の始まりは

wikipedia

大魔法峠の「リリカル トカレフ キルゼムオール」の「リリカル」は良くある形容詞として「リリカルなのは」にリンクされているが

リリカル」といえば「パラリンリリカル??」だろう?

と言う、疑問からなんだが、

「パラリンリリカル」の次が何だっけ?

つか、誰の呪文だっけ?

とりあえず、調べよう、ってのがアレ

トトカルチヨミはなんとなく覚えていたんで載せてみた(VIPER-BTRは忘れていたけど)

もう片っ方の呪文が思い出せないのがなんか、悔しい

最後が「エクスプローラー」の方

2007-11-24

変身等呪文備忘録

魔法使いサリー

ひみつのアッコちゃん

  • 変身
    • 「テクマク マヤコン テクマク マヤコン xxxになあーれー・・・」
  • 変身解除
    • 「ラミパス ラミパス ルルルル」

魔法使いチャッピー

魔女っ子メグちゃん

  • 「テクニク テクニカ シャランラー」

魔女っ子チックル

  • 「マハール ターマラ フーランパ 」

花の子ルンルン

魔法少女ララベル

  • 「ベララルラー」

魔法のプリンセス ミンキーモモ

魔法の天使クリィミーマミ

魔法の妖精ペルシャ

魔法のスター マジカルエミ

魔法アイドル パステルユーミ

魔法デザイナー ファションララ

魔法エンジェル スイートミント

ナースウィッチ小麦ちゃんマジカルて

姫ちゃんのリボン

大魔法峠

VIPER-BTR 魔法賭博師トトカル★チヨミ

2007-05-29

http://www.ryutai.com/journal/kimuzuka/200704.html#26

ボクの作る製品は、基本的に『日本警察は相手が撃ってきて、「はじめて応射ができる」ため、先に撃たれても大丈夫な、最強のものに』との強度が厳命された。

 というより、新聞主導の『事なかれ民主警察』のキレイ事で犠牲となっている隊員の悲鳴からの懇願でもあった。

 日本のそれまでの防弾チョッキを納入していた各「官給品メーカー」どもは、「完全な税金ドロボウ」で、今だから云うがボクの設計したものが登場するまでというもの、『トカレフで撃たれたら一巻の終わり』だったのである、実際に犠牲になった気の毒な警官さえ出ていた。

 防弾のための肝心の「ケブラー繊維層」が、「経費節約のため」背中側が省略され挿入されず(「だから納入価格も半分になったと」当時の警察庁コッパ役人は胸を張ったそうだ)、正面からの銃弾しか役を成さない。これはアメリカの警官に笑い話として話をした時に、彼らは笑いを失い、真顔で『それで抗議などは出ていないのか』と度肝を抜かれた様子だった、つまりそれほどに世界の常識ハズレであることを物語る。

さらに、神奈川県綾瀬市では私服警官に向け手配中のヤクザトカレフを放ったら、胸のチョッキを貫通してマル暴担当が一人死に、その背後にいた刑事もひん死の重傷を負った。

 その二人目もチョッキを着ていて、その貫通した同じ一発の弾が、もう「ひとり分」ぶち貫いて、胸の中に食い込み、ようやく停止した。

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん