「人間宣言」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 人間宣言とは

2019-11-19

anond:20191118123644

まおゆう魔王勇者が3種類出てた。

絵が一番下手で単価やすそう量産効きそうなのだけ18巻まで完走して、絵が一番上手いのは別の原作あり漫画に行ったのか雑誌が終了したのか、ネット掲載が終了したのか、追えなくなった。

編集漫画家も一番書きたかったであろう、メイド姉で後の勇者の「人間宣言」(声優朗読劇まであった)まで描けたから満足して終わったのかもしれない。

2chネットSSで、経済の話だとか通貨の減価や穀物価値の増加、四輪作だの騎士王政が終わるマスケット銃の出現などなど、ログホライゾンじゃなくて、こっちをNHK放送して最後までアニメ化してほしかった。

まれ脱税逮捕されなかったら、良い教材になれたのに。

2019-10-24

anond:20191024190513

デタラメと決めつける前に少しは調べたらどうか。俗に言う天皇の「人間宣言」とは、天皇が「神では無い」との宣言に過ぎなくて、「人間である」ことはどこにも述べられておらんよ。天皇人間だという定義はどこから発生するのか、説明してくれ。

とりあえず、増田がここに文章書いてる

https://www.news-postseven.com/archives/20170215_493206.html/2

慶応法学部教授よりこの問題について学識が深いということなら、謹んで拝聴しようじゃないか

2019-07-20

めんどくさい類の話。

めんどくさい類の話をしよう。

日本には無駄タブー存在する。

例えば、学生社会人私服学校会社に来てはならない。

例えば、教師や先輩といった立場人間には敬意を見せ従わねばならない。

例えば、場の空気を乱してはならないし、郷に入りては郷に従わねばならない。

例えば、政治宗教野球の話をしてはならない。

もうね、アホかと。馬鹿かと。

お前らな、そんな慣習如きで自分人生を生きてんじゃねーよ、ボケが。

ちょっと考えれば分かる事だが、これアメリカっつーか先進国とは真逆からな。

から見れば分かるが、こんなもんは広義の洗脳しかない。厳密にはマインドコントロールだ。

そりゃ欧米諸国イスラムだって宗教なんつーマインドコントロールに従ってるが、それでも自由主義道徳規範が大なり小なり機能してるだけマシだ。

それに引き換え日本は、なんだ?無宗教とか言いながら夏にはお盆に祭、冬にはクリスマス正月

くそれで無宗教なんて言えたな……?ってくらい、1976年から日本人は「日本教」に染められてる。

その宗教規範が上述のソレなわけです。

で、実を言うとこれ。戦前から存在してるんですね。

日本教において神などの超常存在存在しないと思わないといけない……ってのが不文律としてあるんですが。

これが無駄に強固だ。宗教において神の存在絶対視されるのに、その肝心要の神が「まるで神そのものであるかのように」現実的には居ないものであるとされる。なのに居ると思ってる。

これ、なんか心当たりがないですかね?

炎上覚悟で書きましょう。

「朕ト爾等国民トノ間ノ紐帯ハ、終始相互ノ信頼ト敬愛トニ依リテ結バレ、単ナル神話伝説トニ依リテ生ゼルモノニ非ズ。天皇ヲ以テ現御神トシ、且日本国民ヲ以テ他ノ民族優越セル民族ニシテ、延テ世界支配スベキ運命ヲ有ストノ架空ナル観念ニ基クモノニモ非ズ」

そう、所謂天皇人間宣言」です。

上のを現代風に言うと「天皇国民とは相互の信頼と敬愛とで結ばれてるもので、それは神話伝承から生じるものではない。同時に『天皇現人神日本人は神の子孫!だから優れた日本世界支配すべきなのだ!』なんて架空観念に基づく結びつきでもない」と言ってるわけですね。

これが「天皇現人神ではない」と天皇自らが否定した事になる……ってのが普通の受け取り方なんですが。実は、これが日本教のポイントだと思うんですよ。

そう、日本教の正体ってのは本当は「天皇教」なんですよ。それもクッソ強固な。

これ実際に聞いた人間以外は、まあ歴史教科書で「天皇人間宣言」って見るだけなんで何も思わないんですが。

だけどWikipediaでも書いてあるように「天皇日本国民祖先日本神話の神であること」を否定してない。そして更に疑った見方をすると……現人神である事は否定したが、天皇自身が「神」である事を否定していない。

これを重度の天皇教が聞くと、どうなるか?想像しにくい場合は、自分にとっての絶対者で想像する。

(例えば嫁や夫だとか推しアイドルキャラだとかネコだとか、そういう自分人生を決める最高の存在な)

1. 神は言っている……お前達との絆は絶対的な信頼と敬愛こそが本質である、と

2. だけど神話とか伝承は忘れろ……それは語り継がれることを許されなかった、遙か古の物語……

3. つまり天皇は神だけど人間のフリをするからオメーら宜しくな」って事か。そんな解釈大丈夫か?

4. 大丈夫じゃない、問題だ。

かくして、日本教はここに成立する。

ここで仮に時の昭和天皇が神の不在を半端にしか言わなかった為、ヤベー存在が量産されまくるのである

なにせ、最初超絶技巧日本国民ガチ感動させてる訳だからね。神ムーブしまくってるからね。

アイドルうんちしないから……なんてレベルでは到底ない。もっと恐ろしいもの垣間見たね。

理想である天皇権威と、現実である総理大臣将軍権力。この恐るべき分業によって構成された上意下達支配構造により、この現人神否定ムーブは「その神意でもって」全体に通達される。

そして、それらがメディアフェイクタイトルによって教科書へと掲載される。

そうなると何が起きるか?

日本教の隠れた神が人間宣言をするのだ、どうやっても劣化した形でそれは受け継がれる。

から日本人は自由を「自分の好き勝手に、自分日本人が神だと思ってるかの如く、周囲に日本人を人間である事を強要する」のだ。

日本人は神を否定する。だけど、そこには自分達こそが神だと言わんばかりの傲慢さと、矛盾した無宗教への信仰が確かに存在するのだ。

そして、そこには昭和天皇意図は伝わらない。それは戦前戦中と全く変わらない。

ただただ、愚かさを再生産し続ける内戦の始まりである

思うに、権威権力の分業というのは……きっと、世界で最も上手くできたファシズムなのだろう。

欧米人の脱権威/脱権力は、その全てが内部からの撃発によって否定された。

まり真の意味民意から革命であり、それは少なくとも「大衆主観では」自発的に行われた。

それが一種虚構である事は今の政治を見ても明らかではあるが、しかし、そこには個人意思こそが優先されるべきという思想根付いたのだ。

では、今の日本人は……それができるか?

例えば天皇踏み絵を用意したとして、それを踏めると言えるか?実際に踏めるか?

まず僕には無理だ。

心理的もの道徳的ものもあるが……それ以上に、周りが怖い。

そんな事をしたとバレたら、きっと僕は今までに得た人間関係の全てを失うだろう。親でもギリギリ、いや知人レベルくらいに避けられるだろう。

それくらいのレベルで恐ろしい行為だ。そうDNAが叫ぶくらいの恐怖を感じる。

我々は、今もまだ「天皇陛下との信頼と敬愛と」に、結ばれ続けているのだと……

僕は、そう畏れている。

それが良いことか悪いことかは、わからないけど。

まあなんでもいいけど、本当に無宗教って神の不在を確信してるなら「宗教の話がタブー」ってのは異常だと思うよ。

本当に神は不在って思うなら勝手に話させとけば良いじゃん。どうせ入信しないんだし。適当に話を合わせておいて受け流しておけよと思わなくもない。

そういう自己保身で、今日駄文は終了なのである

2019-05-01

何で未だに三種の神器なんて残してるの?

人間宣言してるんだからもういらんやろ

宗教くさくなるからあの制度はやめるべき

anond:20190430183415

どんなに高潔平等思想を説いても

天皇存在ただそれだけですべてを打ち消してしま

人間宣言のように俺は天皇をやめるぞと大勢の前で突発的な一言でやめれるのにこれまでの天皇が誰もそれをしないのが全部を証明している

おいしい身分をやめれるわけがない

日本悪夢は終わらない

2019-04-02

anond:20190402140254

ここでも間違えてるやつ発見昭和天皇は「わたし人間です」なんて言ってないぞ。あとからの強引な解釈。その証拠に「人間宣言」って言われるようになったのは終戦後だいぶ経ってから

anond:20190402114907

伝統破壊という観点だったら、「人間宣言」をした昭和天皇の方が上だと思う。

2018-10-11

さっき変なのがわいてたけど

いわゆる人間宣言も知らん見たいだしほっとけばいいや。

と、おもいましたまる

2018-10-05

戦争に負けた国はどれだけ自国過去否定するべきか

教育勅語のことが話題になっているけど、教育勅語の内容の是非について議論してもあまり意味はないと思う。

一番重要なことは、日本戦争に負けたわけである

負けた以上は、それ以前の日本という国の国体社会の仕組み、価値観などを捨てなければならないということである

(私も含めて)今の日本人は、1945年以前と1945年以後の日本は全くの別物だと思っている。

とは言っても君が代国旗戦前と同じままだし、首都東京のままである

しかし変わったものもある。

天皇人間宣言を行って、神に等しい存在から国の象徴になった。

日本国憲法、農地改革自衛隊財閥解体・・・

まあGHQの思惑や、冷戦が始まっている当時の世界情勢の影響が大きいんだけど。

このように、1945年以後の日本では、戦前と比べて変わったものもあれば変わっていないものもある。

では何を変えるべきで何を変えるべきではないか、と言うのは議論の的になるだろう。

陸海軍は一度米軍の指揮下に入って再建するか?」

天皇家の扱いはどうする?」

日本米軍にならって核武装するか?」

教育勅語君が代はどうする?」

問題教育勅語であるが、1948年に衆議院が「教育勅語排除に関する決議」をして、新しい教育基本法にその機能は引き継がれている。

もし教育勅語のことを議論するのであれば、この決議自体の是非を議論しないと話が見えてこない。

2018-10-04

https://anond.hatelabo.jp/20181004143708

中身だけ見りゃ普遍性もあるかも知れんがね。

わざわざ日本の歴史の汚点を持ってくるこたあないだろう。

あれは「勅語」だぞ。「陛下のお言葉」っていう民主主義からかけ離れた額縁に入れられて臣民に下賜されたしろもんよ。

その「陛下」の孫が史上空前のボロ負けした挙句に腹を切るでもなく「人間宣言」だ「象徴」だと意味不明な逃げを打ちまくった時点で、無い方がマシなレベル額縁に成り下がっちまったわ。

そんなもんを崇め奉って神州不滅などと言ってた過去破魔矢と一緒に焼いて埋めちまいたい黒歴史なのに、そんなせっかく物置に仕舞い込んだダークフレイムマスターの設定集みたいなもんを引っ張り出して新しい額縁に入れて飾ろうとか言われたら、

頼むからやめて。恥ずかしいから。

そう言いたくならん?

anond:20181004002837

もう俺はそういうの言いたくない

ってなったのが終戦後の人間宣言じゃないの?

2018-07-29

anond:20180729040112

歴史認識齟齬があるように見受けられる

天皇GHQに命乞いしてない

しろ周りが命乞いをしたし割腹自殺したり服毒自殺したりした

GHQ的には天皇処刑したら敗戦でしおらしくしてる日本人がまたバーサクして

暴動起こしたらヤベェと思って人間宣言させた

良くも悪くも天皇ってのは担がれるだけの存在

韓国中国も表向き文句は言うが天皇自体戦争責任があるとは思ってないだろう

その証拠中韓政治家出世して天皇主催晩餐会に招待されると縁起がいいとか言って喜んで来る

個人的天皇万歳とは思わないけど海外VIP接待するにはコスパのいい制度だと思うし

陛下個人には理想のお爺ちゃんというイメージしかない

中国なんかは今となっちゃ自前の皇帝を引き摺り下ろしたの後悔してるかもな

中韓文句言ってるのは結局は日本政府だよ

児玉笹川なんて大陸でめちゃくちゃやって荒稼ぎしてヤバいとなったらサーっと

自分だけ逃げて関東軍かいう粗大ごみ置いてくるような戦争犯罪者を何ら処罰しなかったんだから

2018-07-21

トー記号文字を描く

Youtubeコメント欄ドット絵フォントの大きな文字トー記号で描くのが趣味なのでここに張り付けておく。

ちなみに横幅が大きいものスマホや小さな画面のノートパソコンだと改行されてうまく表示されないので注意。

例のアレカテゴリーコメントが多いです。

ちなみに、この記号▒█は環境依存で、スマホパソコンだと違う見た目に見えるから注意。

ところで、記事文字数がたったの2万文字程度しか打てなくて困ってます

2万文字って少なすぎるでしょ、いったい何ができるの?

運営が残念すぎて困ります

つづき:https://anond.hatelabo.jp/20180929231054

▒▒█▒▒▒█▒▒
█████████
▒▒█▒▒▒█▒▒
▒███████▒
▒█▒▒▒▒▒█▒
▒███████▒
▒█▒▒▒▒▒█▒
▒███████▒
▒▒▒▒█▒▒▒▒
█████████
▒▒▒▒█▒▒▒▒
▒▒▒▒█▒▒▒▒


敗戦国の末路

████▒▒█▒▒▒▒▒█▒█▒█▒▒█▒▒▒▒███████████
█▒▒█▒▒█▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒█▒██▒█▒▒▒▒▒▒▒▒▒█
████▒██████▒█████▒▒█▒▒▒▒█▒███████▒█
█▒▒█▒█▒▒▒█▒▒█▒█▒███████▒█▒▒▒▒█▒▒▒▒█
█████▒█▒▒█▒▒█████▒▒█▒▒▒▒█▒▒▒▒█▒▒▒▒█
█▒▒█▒▒█▒█▒▒▒█▒█▒█▒▒█▒█▒▒█▒▒█████▒▒█
█▒▒█▒▒█▒█▒▒▒█████▒▒█▒█▒▒█▒▒▒▒█▒▒█▒█
████▒▒▒█▒▒▒▒▒▒█▒▒▒▒█▒█▒▒█▒▒▒▒█▒▒▒▒█
▒▒▒▒▒▒▒██▒▒▒█████▒▒▒█▒▒▒█▒███████▒█
█▒▒█▒▒█▒▒█▒▒▒▒█▒▒▒▒█▒█▒▒█▒▒▒▒▒▒▒▒▒█
█▒▒█▒█▒▒▒▒█▒▒▒█▒▒██▒▒▒█▒███████████
▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒
▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒▒████▒▒█▒▒▒▒
▒▒▒█████▒▒▒▒▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒▒█▒▒█▒▒████▒
▒▒█▒▒█▒▒█▒▒▒███████████▒█▒▒█▒█▒▒▒█▒
▒█▒▒▒█▒▒▒█▒▒▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒▒█▒▒██▒█▒█▒▒
█▒▒▒▒█▒▒▒▒█▒▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒▒████▒▒▒█▒▒▒
█▒▒▒▒█▒▒▒▒█▒▒█████████▒▒▒▒█▒▒██▒███
█▒▒▒█▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒███▒▒▒▒▒▒▒███▒▒▒▒▒▒
█▒▒▒█▒▒▒▒▒█▒▒▒▒█▒█▒█▒▒▒▒█▒█▒▒▒████▒
█▒▒█▒▒▒▒▒█▒▒▒▒█▒▒█▒▒█▒▒▒█▒█▒▒▒█▒▒█▒
▒██▒▒▒▒▒█▒▒▒▒█▒▒▒█▒▒▒█▒▒█▒███▒█▒▒█▒
▒▒▒▒▒▒██▒▒▒▒█▒▒▒▒█▒▒▒▒█▒███▒▒▒████▒


敗戦国の末路

████▒▒█▒▒▒▒
█▒▒█▒▒█▒▒▒▒
████▒██████
█▒▒█▒█▒▒▒█▒
█████▒█▒▒█▒
█▒▒█▒▒█▒█▒▒
█▒▒█▒▒█▒█▒▒
████▒▒▒█▒▒▒
▒▒▒▒▒▒▒██▒▒
█▒▒█▒▒█▒▒█▒
█▒▒█▒█▒▒▒▒█
▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒
█▒█▒█▒▒█▒▒▒
▒▒▒▒▒▒▒█▒██
█████▒▒█▒▒▒
█▒█▒███████
█████▒▒█▒▒▒
█▒█▒█▒▒█▒█▒
█████▒▒█▒█▒
▒▒█▒▒▒▒█▒█▒
█████▒▒▒█▒▒
▒▒█▒▒▒▒█▒█▒
▒▒█▒▒██▒▒▒█
▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒
███████████
█▒▒▒▒▒▒▒▒▒█
█▒███████▒█
█▒▒▒▒█▒▒▒▒█
█▒▒▒▒█▒▒▒▒█
█▒▒█████▒▒█
█▒▒▒▒█▒▒█▒█
█▒▒▒▒█▒▒▒▒█
█▒███████▒█
█▒▒▒▒▒▒▒▒▒█
███████████
▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒
▒▒▒█████▒▒▒
▒▒█▒▒█▒▒█▒▒
▒█▒▒▒█▒▒▒█▒
█▒▒▒▒█▒▒▒▒█
█▒▒▒▒█▒▒▒▒█
█▒▒▒█▒▒▒▒▒█
█▒▒▒█▒▒▒▒▒█
█▒▒█▒▒▒▒▒█▒
▒██▒▒▒▒▒█▒▒
▒▒▒▒▒▒██▒▒▒
▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒
▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒
███████████
▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒
▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒
▒█████████▒
▒▒▒▒███▒▒▒▒
▒▒▒█▒█▒█▒▒▒
▒▒█▒▒█▒▒█▒▒
▒█▒▒▒█▒▒▒█▒
█▒▒▒▒█▒▒▒▒█
▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒
████▒▒▒█▒▒▒
█▒▒█▒▒▒████
█▒▒█▒▒█▒▒▒█
█▒▒█▒█▒█▒█▒
█████▒▒▒█▒▒
▒▒█▒▒▒██▒██
▒▒████▒▒▒▒▒
█▒█▒▒▒█████
█▒█▒▒▒█▒▒▒█
█▒███▒█▒▒▒█
███▒▒▒█████


DIYUSI

░░░░░░░░░░▒▒░░░░░░░
░░░░░░░░░░▓░▒▒▒▒▓░░
░░░░░█▓▓▓▓▓▓▓░░░▓░░
░░░░█▓▒▒▒▒▒▒▒▓░▓░░░
░░░█▒▓░░▒▒▒▒░▒▓█▓░░
░░▓▒░▓░░▒▓░░▒▒▓▒░▓░
░▓▓▒▓░▓▒▒░▓▒▒▒▒▓▒▓░
░█▓▒▓░░▓▒░░▓▒▒▒▓▒▒▓
█░▓▒▓██░░███▓▒▒▓▒▒▓
░░▓▒▓░░░░░░░▓▒▒█▒▒▓
░░█▒▓░░░░░░░▓▒▓█▒▒▓
░░░▓▓░░░██░░▓▒██▒▒▓
░░░█▓▓░░░░▓▓░█░░█▒▓
░░░░▓░▓▓▓▓░▒▓░░░█▒▓
░░░▓▓░▓▒▒░▒▓░▓▓░░▓█
░░░▓░▓░▓░▒▒▓░░▓░░█░


最強

▒▒██████████▒▒
▒▒█▒▒▒▒▒▒▒▒█▒▒
▒▒██████████▒▒
▒▒█▒▒▒▒▒▒▒▒█▒▒
▒▒██████████▒▒
▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒
██████████████
▒▒█▒▒▒█▒▒▒▒▒▒▒
▒▒█████▒████▒▒
▒▒█▒▒▒█▒▒▒▒█▒▒
▒▒█████▒▒█▒█▒▒
▒▒█▒▒▒█▒▒█▒█▒▒
▒▒█▒███▒▒▒█▒▒▒
████▒▒█▒▒█▒█▒▒
▒▒▒▒▒▒█▒█▒▒▒██
▒▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒▒▒
▒▒▒▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒
█████▒▒▒█▒▒█▒▒
▒▒▒▒█▒▒█▒▒▒▒█▒
▒▒▒▒█▒▒█▒▒████
▒▒▒▒██████▒▒▒█
▒████▒▒▒▒█▒▒▒█
▒█▒▒▒▒▒▒▒█▒▒▒▒
▒█▒▒▒▒███████▒
█████▒█▒▒█▒▒█▒
█▒▒▒█▒█▒▒█▒▒█▒
█▒▒▒█▒███████▒
▒▒▒▒█▒▒▒▒█▒█▒▒
▒▒▒▒█▒▒▒▒█▒▒█▒
▒▒▒▒█▒▒▒▒█████
▒███▒█████▒▒▒█


淫夢の一太刀

▒█▒▒▒▒▒▒▒███▒
▒▒█▒▒████▒▒▒▒
▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒█▒
█▒▒▒█▒▒█▒▒▒▒█
▒█▒█▒▒▒▒█▒▒▒▒
▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒██▒
▒▒▒▒▒█████▒▒▒
▒▒█▒▒▒▒▒█▒▒▒▒
▒▒█▒▒▒▒▒█▒▒▒▒
▒█▒▒█████████
▒█▒▒▒▒▒▒█▒▒▒▒
█▒▒▒▒▒▒▒█▒▒▒▒
█▒▒▒▒███████▒
▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒
▒▒▒▒█▒▒▒█▒▒▒▒
█████████████
▒▒▒▒█▒▒▒█▒▒▒▒
▒███████████▒
▒█▒▒█▒▒▒█▒▒█▒
▒███████████▒
▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒
█████████████
█▒▒▒▒█▒▒▒▒▒▒█
▒▒▒███████▒▒▒
▒██▒█▒▒▒█▒▒▒▒
▒▒▒▒▒███▒▒▒▒▒
▒▒████▒▒▒▒▒▒▒
▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒
▒▒▒▒█████▒▒▒▒
▒▒▒█▒▒█▒▒█▒▒▒
▒▒█▒▒▒█▒▒▒█▒▒
▒█▒▒▒▒█▒▒▒▒█▒
▒█▒▒▒▒█▒▒▒▒█▒
▒█▒▒▒▒█▒▒▒▒█▒
▒█▒▒▒▒█▒▒▒▒█▒
▒█▒▒▒█▒▒▒▒▒█▒
▒▒█▒▒█▒▒▒▒█▒▒
▒▒▒██▒▒▒▒█▒▒▒
▒▒▒▒▒▒▒██▒▒▒▒
▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒
▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒█▒
█████████████
▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒
▒▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒▒
▒▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒▒
▒▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒▒
█████████████
▒▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒▒
▒▒▒▒▒█▒█▒▒▒▒▒
▒▒▒▒▒█▒█▒▒▒▒▒
▒▒▒▒█▒▒▒█▒▒▒▒
▒▒▒▒█▒▒▒█▒▒▒▒
▒▒▒█▒▒▒▒▒█▒▒▒
▒▒█▒▒█▒▒▒▒█▒▒
▒█▒▒▒▒█▒▒▒▒█▒
█▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒█
▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒
████████████▒
▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒█▒
▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒█▒
▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒█▒
▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒█▒
▒▒▒▒█▒▒▒▒▒▒█▒
▒▒▒▒█▒▒▒▒▒▒█▒
▒▒▒█▒▒▒▒▒▒▒█▒
▒▒▒█▒▒▒▒▒▒▒█▒
▒▒█▒▒▒▒▒▒▒█▒▒
▒█▒▒▒▒▒▒▒▒█▒▒
█▒▒▒▒▒▒███▒▒▒


人間宣言

▒▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒▒
▒▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒▒
▒▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒▒
▒▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒▒
▒▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒▒
▒▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒▒
▒▒▒▒▒█▒█▒▒▒▒▒
▒▒▒▒▒█▒█▒▒▒▒▒
▒▒▒▒█▒▒▒█▒▒▒▒
▒▒▒▒█▒▒▒█▒▒▒▒
▒▒▒█▒▒▒▒▒█▒▒▒
▒▒█▒▒▒▒▒▒▒█▒▒
██▒▒▒▒▒▒▒▒▒██
▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒
█████▒▒▒█████
█▒▒▒█▒▒▒█▒▒▒█
█████▒▒▒█████
█▒▒▒█▒▒▒█▒▒▒█
█████▒▒▒█████
█▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒█
█▒▒▒█████▒▒▒█
█▒▒▒█▒▒▒█▒▒▒█
█▒▒▒█████▒▒▒█
█▒▒▒█▒▒▒█▒▒▒█
█▒▒▒█████▒▒▒█
█▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒█
█▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒██
▒▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒▒
█████████████
█▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒█
█▒█████████▒█
▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒
▒▒▒███████▒▒▒
▒▒▒█▒▒▒▒▒█▒▒▒
▒▒▒███████▒▒▒
▒▒▒█▒▒▒▒▒█▒▒▒
▒▒▒█▒▒▒▒▒█▒▒▒
▒▒▒███████▒▒▒
▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒
█████████████
▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒
▒▒▒███████▒▒▒
▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒
█████████████
▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒
▒▒█████████▒▒
▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒
▒▒█████████▒▒
▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒
▒▒█████████▒▒
▒▒█▒▒▒▒▒▒▒█▒▒
▒▒█▒▒▒▒▒▒▒█▒▒
▒▒█████████▒▒


覚悟

▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒▒▒▒▒
▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒▒▒▒▒
▒▒▒▒▒█▒▒██▒▒█▒▒
▒███████▒▒▒▒▒█▒
▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒▒▒▒█
▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒▒▒▒▒
▒▒▒▒▒███████▒▒▒
▒▒▒▒██▒▒▒▒▒▒█▒▒
▒▒▒█▒█▒▒▒▒▒▒▒█▒
▒▒█▒▒█▒▒▒▒▒▒▒█▒
▒█▒▒▒█▒▒▒▒▒▒▒█▒
▒█▒▒▒█▒▒▒▒▒▒▒█▒
▒█▒▒▒█▒▒▒▒▒▒█▒▒
▒▒███▒▒▒▒███▒▒▒
▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒
▒▒█▒▒▒▒█▒▒▒▒▒█▒
▒▒▒█▒▒▒▒█▒▒▒█▒▒
▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒█▒▒▒
▒█████████████▒
▒█▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒█▒
▒█▒█████████▒█▒
▒▒▒█▒▒▒▒▒▒▒█▒▒▒
▒▒▒█████████▒▒▒
▒▒▒█▒▒▒▒▒▒▒█▒▒▒
▒▒▒█████████▒▒▒
▒▒▒█▒▒▒▒▒▒▒█▒▒▒
▒▒▒█████████▒▒▒
▒▒▒▒▒█▒▒▒█▒▒▒▒▒
▒▒▒██▒▒▒▒█▒▒▒▒█
███▒▒▒▒▒▒▒█████
▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒
▒▒█▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒
▒▒█▒▒█████████▒
▒▒█▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒▒
█▒██▒▒▒▒█▒▒▒▒▒▒
█▒█▒█▒███████▒▒
█▒█▒█▒▒█▒▒▒▒█▒▒
█▒█▒▒▒▒█▒▒▒▒█▒▒
█▒█▒███████████
▒▒█▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒
▒▒█▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒
▒▒█▒▒▒████████▒
▒▒█▒▒▒█▒▒▒▒▒▒█▒
▒▒█▒▒▒█▒▒▒▒▒▒█▒
▒▒█▒▒▒█▒▒▒▒▒▒█▒
▒▒█▒▒▒████████▒
▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒
▒▒▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒▒▒
▒▒▒▒▒▒▒█▒▒███▒▒
▒▒████████▒▒▒▒▒
▒▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒▒▒▒
▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒▒▒▒▒
▒▒▒▒████▒▒▒▒▒▒▒
▒▒▒█▒▒▒▒█▒▒███▒
▒▒█▒▒▒▒▒███▒▒▒▒
▒▒▒▒▒▒██▒█▒▒▒▒▒
▒▒▒▒▒█▒▒▒█▒▒▒▒▒
▒▒▒▒█▒▒▒▒█▒▒▒▒▒
▒▒▒▒█▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒
▒▒▒▒█▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒
▒▒▒▒▒████████▒▒


野獣洗米

███████▒███████
█▒▒█▒▒█▒▒▒▒▒▒█▒
█▒▒█▒▒█▒▒█▒▒█▒▒
███████▒▒▒██▒▒▒
█▒▒█▒▒█▒▒▒▒█▒▒▒
█▒▒█▒▒█▒███████
███████▒▒▒▒█▒▒█
▒▒▒█▒▒▒▒▒▒▒█▒█▒
▒▒▒█▒▒▒▒▒▒▒█▒▒▒
███████▒▒▒▒█▒▒▒
▒▒▒█▒▒▒▒▒▒▒█▒▒▒
▒▒▒█▒▒▒▒▒▒▒█▒▒▒
▒▒▒████▒▒▒▒█▒▒▒
████▒▒▒▒▒███▒▒▒
▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒
█▒▒█▒▒▒█▒▒▒█▒▒▒
▒█▒▒█▒█▒▒▒▒█▒█▒
▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒█▒▒█
███████▒▒▒▒█▒▒▒
█▒▒█▒▒█▒▒▒▒█▒▒▒
███████▒███████
█▒▒█▒▒█▒▒▒▒█▒▒▒
███████▒▒▒▒█▒▒▒
▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒█▒█▒▒
███████▒▒▒█▒█▒▒
▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒█▒█▒▒
███████▒▒█▒▒▒█▒
█▒▒▒▒▒█▒▒█▒▒▒█▒
█▒▒▒▒▒█▒▒█▒▒▒█▒
███████▒█▒▒▒▒▒█
▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒
▒█▒▒▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒
▒▒█▒▒▒█▒▒█▒▒▒▒▒
▒▒▒█▒▒█▒▒█▒▒▒▒▒
▒▒▒▒▒█████████▒
█▒▒▒▒█▒▒▒█▒▒▒▒▒
▒█▒▒█▒▒▒▒█▒▒▒▒▒
▒▒█▒▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒
▒▒▒▒███████████
▒▒▒▒▒▒▒█▒▒▒█▒▒▒
▒▒█▒▒▒▒█▒▒▒█▒▒▒
▒▒█▒▒▒▒█▒▒▒█▒▒▒
▒█▒▒▒▒█▒▒▒▒█▒▒▒
▒█▒▒▒▒█▒▒▒▒█▒▒█
█▒▒▒▒█▒▒▒▒▒█▒▒█
█▒▒▒█▒▒▒▒▒▒████
▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒
▒▒▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒▒▒
▒▒█▒▒▒▒█▒▒▒▒█▒▒
▒▒▒█▒▒▒█▒▒▒▒█▒▒
▒▒▒█▒▒▒█▒▒▒█▒▒▒
▒▒▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒▒▒
███████████████
▒▒▒▒▒▒███▒▒▒▒▒▒
▒▒▒▒▒█▒█▒█▒▒▒▒▒
▒▒▒▒▒█▒█▒█▒▒▒▒▒
▒▒▒▒█▒▒█▒▒█▒▒▒▒
▒▒▒█▒▒▒█▒▒▒█▒▒▒
▒▒█▒▒▒▒█▒▒▒▒█▒▒
██▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒██
▒▒▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒▒▒


一转攻势(一転攻勢)

▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒█▒
███████████████
▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒
▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒
▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒
▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒
▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒
▒▒▒█▒▒▒▒▒▒█▒▒▒▒
▒▒▒█▒▒▒▒▒▒█▒▒▒▒
███████▒██████▒
▒▒█▒▒▒▒▒▒▒█▒▒▒▒
▒▒█▒▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒
▒█▒█▒▒▒████████
▒█▒█▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒
█▒▒████▒█▒▒▒▒▒▒
████▒▒▒▒█▒▒▒▒▒▒
▒▒▒█▒▒▒████████
▒▒▒████▒▒▒▒▒▒█▒
████▒▒▒▒██▒▒█▒▒
▒▒▒█▒▒▒▒▒▒██▒▒▒
▒▒▒█▒▒▒▒▒▒▒█▒▒▒
▒▒▒█▒▒▒▒▒▒▒▒█▒▒
▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒
▒▒▒▒▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒
▒▒▒▒▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒
███████▒▒█▒▒▒▒▒
▒▒▒█▒▒▒▒███████
▒▒▒█▒▒▒▒█▒▒▒▒█▒
▒▒▒█▒▒▒█▒▒▒▒▒█▒
▒▒▒█▒▒█▒█▒▒▒▒█▒
▒▒▒█▒▒▒▒█▒▒▒▒█▒
▒▒▒█▒▒▒▒█▒▒▒█▒▒
▒▒▒█▒▒▒▒▒█▒▒█▒▒
▒▒▒████▒▒█▒█▒▒▒
████▒▒▒▒▒▒█▒▒▒▒
▒▒▒▒▒▒▒▒▒█▒█▒▒▒
▒▒▒▒▒▒▒██▒▒▒█▒▒
▒▒▒▒▒██▒▒▒▒▒▒██
▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒
▒▒▒▒█▒▒▒▒▒█▒▒▒▒
▒▒▒▒█▒▒▒▒▒█▒▒▒▒
██████▒███████▒
▒▒▒▒█▒▒▒▒▒█▒█▒▒
▒▒▒▒█▒▒▒▒▒█▒█▒▒
▒▒▒▒█▒█▒██▒▒█▒█
▒▒▒███▒▒▒██▒█▒█
███▒█▒▒▒█▒█▒█▒█
▒▒▒▒█▒██▒▒▒▒▒██
▒▒███▒▒▒▒▒▒▒▒▒█
▒▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒▒▒▒
▒█████████████▒
▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒▒▒█▒
▒▒▒██▒▒▒▒▒▒▒▒█▒
███▒▒▒▒▒▒▒███▒▒


やったぜ。

▒▒█▒▒▒█▒▒▒▒
▒▒█▒▒▒█▒▒▒▒
▒▒█▒▒████▒▒
█████▒▒▒▒█▒
▒▒▒█▒▒▒▒▒▒█
▒▒▒█▒▒▒▒▒█▒
▒▒▒▒█▒▒██▒▒
▒▒▒▒█▒▒▒▒▒▒
▒▒▒▒█▒▒▒▒▒▒
▒▒▒▒█▒▒▒▒▒▒
▒▒▒▒▒▒████▒
▒▒▒███▒▒▒▒█
▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒█
▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒█
▒▒▒▒▒▒▒▒▒█▒
▒▒▒█▒▒███▒▒
▒▒▒█▒▒▒▒▒▒▒
█████████▒▒
▒▒▒█▒▒▒▒▒▒▒
▒▒▒█▒▒▒▒▒▒▒
▒▒█▒▒▒████▒
▒▒█▒▒▒▒▒▒▒▒
▒▒█▒▒▒▒▒▒▒▒
▒█▒▒▒█▒▒▒▒▒
▒█▒▒▒█▒▒▒▒▒
▒█▒▒▒█▒▒▒▒▒
▒█▒▒▒▒█████
▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒
▒▒█▒▒▒▒█▒█▒
▒▒█▒▒▒▒█▒█▒
▒▒█▒▒▒▒▒█▒▒
███████████
▒▒█▒▒▒▒▒█▒▒
▒▒█▒▒▒▒▒█▒▒
▒▒█▒▒███▒▒▒
▒▒█▒▒▒▒▒▒▒▒
▒▒█▒▒▒▒▒▒▒▒
▒▒█▒▒▒▒▒▒▒▒
▒▒▒███████▒
▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒
▒▒▒▒▒▒▒▒██▒
▒▒▒▒▒▒▒█▒▒█
▒▒▒▒▒▒▒█▒▒█
▒▒▒▒▒▒▒▒██▒


おまだセ

▒▒▒█▒▒▒▒▒▒
▒▒▒█▒▒▒▒▒▒
▒██████▒█▒
▒▒▒█▒▒▒▒▒█
▒▒▒█▒▒▒▒▒▒
▒▒██████▒▒
▒█▒█▒▒▒▒█▒
█▒▒█▒▒▒▒▒█
█▒▒█▒▒▒▒▒█
█▒▒█▒▒▒▒▒█
▒██▒▒▒███▒
▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒
▒▒▒▒▒█▒▒▒▒
██████████
▒▒▒▒▒█▒▒▒▒
▒█▒▒▒█▒▒▒▒
▒▒███████▒
▒▒▒▒▒█▒▒▒▒
▒▒█████▒▒▒
▒█▒▒▒█▒█▒▒
▒█▒▒▒█▒▒█▒
▒▒███▒▒▒▒▒
▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒
▒▒█▒▒▒▒█▒█
▒▒█▒▒▒▒█▒█
██████▒▒▒▒
▒▒█▒▒▒▒▒▒▒
▒▒█▒▒████▒
▒▒█▒▒▒▒▒▒▒
▒█▒▒▒▒▒▒▒▒
▒█▒▒▒▒▒▒▒▒
▒█▒▒█▒▒▒▒▒
█▒▒▒█▒▒▒▒▒
█▒▒▒▒█████
▒█▒▒▒▒▒▒▒▒
▒█▒▒▒█████
█████▒▒▒▒█
▒█▒▒▒▒▒▒█▒
▒█▒▒▒▒▒█▒▒
▒█▒▒▒▒█▒▒▒
▒█▒▒▒▒▒▒▒▒
▒█▒▒▒▒▒▒▒▒
▒▒███████▒


ネコと和解せよ

▒▒█▒▒▒▒▒▒▒▒
▒▒█▒▒▒▒▒▒▒▒
████▒▒█████
▒▒▒█▒▒▒▒▒▒█
▒▒█▒▒▒▒▒▒▒█
▒███▒▒▒▒▒▒█
█▒█▒█▒▒▒▒▒█
█▒█▒▒▒█████
▒▒█▒▒▒▒▒▒▒▒
▒▒█▒▒▒▒▒▒▒▒
▒▒█▒▒▒▒▒▒▒▒
▒▒▒█▒▒▒▒▒▒▒
▒▒▒█▒▒▒█▒▒▒
▒▒▒█▒▒▒▒█▒▒
▒▒▒█▒▒▒██▒▒
▒▒▒▒███▒▒▒▒
▒▒▒██▒▒▒▒▒▒
▒▒█▒▒▒▒▒▒▒▒
▒█▒▒▒▒▒▒▒▒▒
▒█▒▒▒▒▒▒▒▒▒
▒▒█▒▒▒▒▒▒▒▒
▒▒▒██████▒▒
▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒
▒▒▒███▒▒▒▒▒
███▒▒▒▒▒▒▒▒
▒▒█▒▒▒█████
███████▒▒▒█
▒▒█▒▒▒█▒▒▒█
▒███▒▒█▒▒▒█
▒██▒█▒█▒▒▒█
█▒█▒▒██▒▒▒█
█▒█▒▒▒█████
█▒█▒▒▒█▒▒▒▒
▒▒█▒▒▒▒▒▒▒▒
▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒
▒███▒▒█████
█▒▒█▒▒▒█▒▒█
▒▒█▒▒▒▒█▒▒█
█████▒█▒▒█▒
█▒█▒█▒▒▒▒▒▒
█████▒█▒█▒▒
█▒█▒█▒█████
██████▒▒█▒▒
█▒▒▒█▒█████
█▒▒▒█▒▒▒█▒▒
█▒▒██▒▒▒█▒▒
▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒
▒██▒▒▒▒██▒▒
▒▒█▒▒▒▒▒█▒▒
▒▒█▒▒▒▒▒█▒▒
███████████
▒▒█▒▒▒▒▒█▒▒
▒▒█▒▒▒▒▒█▒▒
▒▒█▒▒███▒▒▒
▒▒█▒▒▒▒▒▒▒▒
▒▒█▒▒▒▒▒▒▒▒
▒▒▒██████▒▒
▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒
▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒
▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒
▒▒▒▒▒█████▒
▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒
▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒
▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒
▒▒██████▒▒▒
▒█▒▒▒█▒▒██▒
▒█▒▒▒█▒▒▒▒▒
▒▒███▒▒▒▒▒▒


究極の動物園

▒▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒▒
█████████████
█▒▒▒█▒▒▒█▒▒▒█
█▒▒█▒▒▒▒█▒▒▒█
▒██▒▒▒█▒████▒
▒▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒▒
▒█████████▒▒▒
▒▒▒▒▒█▒▒▒█▒▒▒
▒▒▒▒▒█▒▒▒█▒▒▒
▒▒▒▒█▒▒▒▒█▒▒▒
▒▒██▒▒▒▒▒█▒▒█
██▒▒▒▒▒▒▒████
▒▒█▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒
▒▒█▒█████████
████▒▒▒▒█▒▒▒▒
▒▒█▒▒▒▒█▒▒▒▒▒
▒▒█▒▒▒███▒▒▒▒
▒███▒▒▒▒█████
▒██▒███▒█▒▒▒█
█▒█▒█▒█▒█▒█▒█
█▒█▒█▒█▒█▒▒█▒
█▒█▒███▒█▒▒█▒
█▒█▒▒▒▒▒███▒█
▒▒█▒▒▒▒▒█▒▒▒▒
▒▒█▒█████████
▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒
▒▒▒▒█████▒▒▒▒
▒▒▒█▒█▒▒▒█▒▒▒
▒▒█▒▒█▒▒▒▒█▒▒
▒█▒▒▒█▒▒▒▒▒█▒
▒█▒▒▒█▒▒▒▒▒█▒
▒█▒▒▒█▒▒▒▒▒█▒
▒█▒▒▒█▒▒▒▒▒█▒
▒█▒▒█▒▒▒▒▒█▒▒
▒▒███▒▒▒▒█▒▒▒
▒▒▒▒▒▒▒██▒▒▒▒
▒▒▒▒██▒▒▒█▒▒▒
████▒▒▒▒▒█▒▒▒
▒▒▒█▒▒▒▒▒█▒▒▒
█████████████
▒▒▒█▒▒▒▒▒█▒▒█
███████▒▒█▒▒█
█▒▒█▒▒█▒▒█▒▒█
███████▒▒█▒▒█
█▒▒█▒▒█▒▒█▒▒█
███████▒█▒▒▒█
▒▒▒█▒▒▒▒█▒▒▒█
▒▒▒████▒█▒▒▒█
████▒▒▒█▒▒██▒
▒▒█▒▒▒▒█▒▒▒▒▒
█▒█▒▒▒▒█▒▒▒▒▒
█▒█▒▒▒▒█▒▒▒▒▒
█████▒███████
█▒█▒▒▒█▒█▒█▒█
█▒█▒▒█▒▒█▒█▒█
▒▒█▒▒▒▒▒█▒█▒█
▒▒███▒▒█▒▒█▒█
███▒▒▒▒█▒█▒▒█
█▒█▒▒▒█▒▒█▒▒█
▒▒█▒▒█▒▒█▒▒▒█
▒▒█▒▒▒▒█▒▒▒▒█
▒▒█▒▒▒█▒▒▒██▒
▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒
█████████████
█▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒█
█▒▒███████▒▒█
█▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒█
█▒█████████▒█
█▒▒█▒▒▒▒▒█▒▒█
█▒▒███████▒▒█
█▒▒▒▒██▒▒█▒▒█
█▒▒▒█▒███▒▒▒█
█▒██▒▒█▒▒██▒█
█▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒█
█▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒█
█████████████
▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒
▒▒█████████▒▒
▒▒█▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒
▒▒████████▒▒▒
▒▒█▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒
▒▒████████▒▒▒
▒▒█▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒
█████████████
▒▒█▒▒▒█▒▒▒▒▒▒
▒▒█▒▒▒█▒▒▒█▒▒
▒▒█▒▒▒▒█▒█▒▒▒
▒▒█▒▒▒▒██▒▒▒▒
▒▒█████▒▒██▒▒
███▒▒▒▒▒▒▒▒██


一転幸成 宇月幸成(兼用

▒▒▒▒▒▒▒▒▒█▒
███████████
▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒
▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒
▒▒█▒▒▒▒▒▒▒▒
█████▒█████
▒▒█▒▒▒▒▒▒▒▒
█████▒▒▒▒▒▒
█▒█▒█▒▒▒▒▒▒
███████████
█▒█▒█▒▒▒█▒▒
█████▒▒▒█▒▒
▒▒█▒▒▒▒█▒▒▒
█████▒▒█▒█▒
▒▒█▒▒▒█▒▒██
▒▒█▒▒████▒█
▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒
▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒
███████████
█▒▒▒▒▒▒▒▒▒█
█▒▒▒▒▒▒▒▒▒█
▒▒███████▒▒
▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒
▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒
███████████
▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒
▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒
▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒
▒▒▒███▒▒▒▒▒
▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒
▒▒███████▒▒
▒▒█▒▒▒▒▒█▒▒
▒▒█▒▒▒▒▒█▒▒
▒▒███████▒▒
▒▒█▒▒▒▒▒█▒▒
▒▒█▒▒▒▒▒█▒▒
▒▒███████▒▒
▒▒█▒▒▒▒▒█▒▒
▒▒█▒▒▒▒▒█▒▒
▒█▒▒▒▒▒▒█▒▒
▒█▒▒▒▒▒▒█▒▒
█▒▒▒▒▒███▒▒
▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒
▒█████████▒
▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒
███████████
▒▒█▒▒▒▒▒█▒▒
▒▒▒█▒▒▒█▒▒▒
███████████
▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒
▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒
▒█████████▒
▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒
▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒
▒▒▒▒▒▒█▒█▒▒
▒▒▒▒▒▒█▒▒█▒
▒█████████▒
▒█▒▒▒▒█▒▒▒▒
▒█▒▒▒▒█▒▒▒▒
▒█▒▒▒▒█▒▒▒█
▒████▒█▒▒▒█
▒█▒▒█▒▒█▒█▒
▒█▒▒█▒▒█▒█▒
█▒▒▒█▒▒▒█▒▒
█▒▒██▒▒██▒█
█▒▒▒▒▒█▒▒██


死ね 氏ね兼用

████████████
▒▒▒█▒▒▒█▒▒▒▒
▒▒▒█▒▒▒█▒▒▒▒
▒▒████▒█▒▒█▒
▒▒█▒▒█▒█▒█▒▒
▒██▒▒█▒██▒▒▒
█▒▒██▒▒█▒▒▒▒
▒▒▒▒█▒▒█▒▒▒▒
▒▒▒█▒▒▒█▒▒▒▒
▒▒█▒▒▒▒█▒▒▒▒
██▒▒▒▒▒▒████
▒▒▒▒▒▒▒▒██▒▒
▒▒▒▒▒███▒▒▒▒
▒████▒█▒▒▒▒▒
▒▒█▒▒▒█▒▒▒▒▒
▒▒█▒▒▒█▒▒▒▒▒
▒▒██████████
▒▒█▒▒▒▒█▒▒▒▒
▒▒█▒▒▒▒█▒▒▒▒
▒▒█▒▒▒▒▒█▒▒▒
▒▒█▒▒██▒█▒▒█
▒▒███▒▒▒▒█▒█
███▒▒▒▒▒▒▒██
▒▒▒█▒▒▒▒▒▒▒▒
▒▒▒█▒▒▒▒▒▒▒▒
▒████▒███▒▒▒
▒▒▒█▒█▒▒▒█▒▒
▒▒▒██▒▒▒▒▒█▒
▒▒▒█▒▒▒▒▒▒█▒
▒▒██▒▒▒▒▒▒█▒
▒▒██▒▒▒▒▒▒█▒
▒█▒█▒▒███▒█▒
▒█▒█▒█▒▒▒█▒▒
▒▒▒█▒▒███▒█▒


おまけの中身が知りたくて―。

▒▒▒▒█▒▒▒▒▒▒
▒▒▒▒█▒▒▒▒█▒
▒███████▒▒█
▒▒▒▒█▒▒▒▒▒▒
▒▒▒█████▒▒▒
▒▒█▒█▒▒▒█▒▒
▒█▒▒█▒▒▒▒█▒
▒█▒▒█▒▒▒▒█▒
▒█▒▒█▒▒▒▒█▒
▒▒██▒▒███▒▒
▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒
▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒
▒█████████▒
▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒
▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒
▒▒███████▒▒
▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒
▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒
▒▒██████▒▒▒
▒█▒▒▒█▒▒██▒
▒▒███▒▒▒▒▒▒
▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒
▒█▒▒▒▒▒▒█▒▒
▒█▒▒▒▒▒▒█▒▒
▒█▒▒███████
▒█▒▒▒▒▒▒█▒▒
▒█▒▒▒▒▒▒█▒▒
▒█▒▒▒▒▒▒█▒▒
▒█▒▒▒▒▒▒█▒▒
▒█▒▒▒▒▒█▒▒▒
▒▒▒▒███▒▒▒▒
▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒
▒▒▒█████▒▒▒
▒▒█▒▒█▒▒█▒▒
▒█▒▒▒█▒▒▒█▒
▒█▒▒▒█▒▒▒▒█
█▒▒▒▒█▒▒▒▒█
█▒▒▒█▒▒▒▒▒█
█▒▒▒█▒▒▒▒▒█
▒█▒█▒▒▒▒▒█▒
▒▒█▒▒▒▒▒█▒▒
▒▒▒▒▒███▒▒▒
▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒
▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒
▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒
███████████
█▒▒▒▒█▒▒▒▒█
█▒▒▒▒█▒▒▒▒█
█▒▒▒▒█▒▒▒▒█
███████████
▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒
▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒
▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒
▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒
▒▒▒▒█▒▒▒▒▒▒
▒▒███████▒▒
▒▒█▒▒▒▒▒█▒▒
▒▒███████▒▒
▒▒█▒▒▒▒▒█▒▒
▒▒███████▒█
▒▒█▒▒▒▒▒██▒
█████████▒▒
▒▒▒▒██▒▒█▒▒
▒▒██▒▒▒▒█▒▒
██▒▒▒▒▒██▒▒
▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒
▒▒▒█▒▒▒█▒█▒
▒▒▒█▒▒▒█▒█▒
▒█████▒▒▒▒▒
▒▒▒█▒▒█▒█▒▒
▒▒▒█▒▒█▒▒█▒
▒▒█▒▒▒█▒▒█▒
▒▒█▒▒▒█▒▒▒▒
▒█▒▒▒▒█▒▒▒▒
▒█▒▒██▒▒▒▒▒
▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒
▒█▒▒▒▒▒▒▒▒▒
▒█▒▒▒▒▒▒▒▒▒
▒█████▒████
█▒▒█▒▒▒█▒▒█
▒▒▒█▒▒▒█▒▒█
██████▒█▒▒█
▒▒▒█▒▒▒█▒▒█
▒▒▒█▒▒▒█▒▒█
▒▒█▒█▒▒█▒▒█
▒█▒▒▒█▒████
█▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒
▒▒▒▒▒▒▒▒█▒▒
▒▒█▒▒▒▒▒█▒▒
▒▒█▒▒▒▒▒█▒▒
▒▒█▒▒▒▒▒█▒▒
▒▒█▒▒▒▒▒█▒▒
▒▒█▒█▒▒▒█▒▒
▒▒██▒▒▒▒█▒▒
▒▒▒▒▒▒▒▒█▒▒
▒▒▒▒▒▒▒█▒▒▒
▒▒▒▒███▒▒▒▒
▒▒▒█▒▒▒▒▒▒▒
▒▒▒█▒▒▒▒▒▒▒
▒█████▒▒▒▒▒
▒▒▒█▒▒▒▒▒▒▒
▒▒▒█▒▒████▒
▒▒█▒▒▒▒▒▒█▒
▒▒█▒▒▒▒▒▒▒▒
▒█▒▒▒▒▒▒▒▒▒
▒█▒▒█▒▒▒▒▒▒
▒█▒▒█▒▒▒▒▒▒
▒█▒▒▒█████▒
▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒
▒▒▒▒▒▒██▒▒▒
▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒
▒▒▒▒█▒▒▒▒▒▒
▒▒▒█▒▒▒▒▒▒▒
▒▒█▒▒▒▒▒▒▒▒
▒▒█▒▒▒▒▒▒▒▒
▒▒▒█▒▒▒▒▒▒▒
▒▒▒▒█▒▒▒▒▒▒
▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒
▒▒▒▒▒▒██▒▒▒
▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒
▒▒▒▒██████▒
▒███▒▒█▒▒▒▒
▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒
▒▒▒▒█▒▒▒▒▒▒
▒▒▒▒█▒▒▒▒▒▒
▒▒▒▒█▒▒▒▒▒▒
▒▒▒▒█▒▒▒▒▒▒
▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒
▒▒▒▒▒▒███▒▒
▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒
▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒
▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒
▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒
▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒
▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒
▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒
▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒
▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒
▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒
▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒
▒▒▒▒▒▒▒██▒▒
▒▒▒▒▒▒█▒▒█▒
▒▒▒▒▒▒█▒▒█▒
▒▒▒▒▒▒▒██▒▒


誰?

▒███▒▒█▒▒█▒
▒▒▒▒▒▒█▒▒█▒
████▒██████
▒▒▒▒██▒▒█▒▒
████▒█▒▒█▒▒
▒▒▒▒▒██████
████▒█▒▒█▒▒
▒▒▒▒▒█▒▒█▒▒
████▒██████
█▒▒█▒█▒▒█▒▒
█▒▒█▒█▒▒█▒▒
████▒██████
█▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒
▒▒▒█████▒▒▒
▒▒█▒▒▒▒▒█▒▒
▒▒█▒▒▒▒▒█▒▒
▒▒█▒▒▒▒▒█▒▒
▒▒▒▒▒▒██▒▒▒
▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒
▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒
▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒
▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒
▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒

2018-07-17

[] オウム真理教を生み出した時代背景=戦後レジーム

この作品フィクションです。実在人物や団体などとは関係ありません。

The persons and events in this motion picture are fictitious. Any similarity to actual persons or events is unintentional.

 

現代日本戦後レジーム意味するところは主に、第二次世界大戦での日本降伏後、GHQによる占領下で出来上がった日本憲法を始めとする憲法法令テレビ新聞などのマスコミ経済金融では通貨発行権通貨管理権の所在意味する言葉として使われている。

安倍晋三がこの体制からの脱却を唱え、またその先輩たる中曽根康弘も「戦後政治の総決算」を繰り返し唱えた。

 

突然、天から神が降りてきた。神は彼に向かってこういった。

 

あなたに、アビラケツノミコトを任じます

 

アビラケツとは、彼の初めて聞く言葉であった。彼は、サンスクリットを教えている人を訪ねた。

すると、アビラケツとは、地水火空の意味で、アビラケツノミコトとは、「神軍を率いる光の命」、戦いの中心となる者と判明したのである

彼は、天から降りてきた神によって、西暦2100年から2200年頃にシャンバラが登場することを知り、それまでアラビツノミコトとして戦うように命じられたのである

 

日本守護神

 

日本未来は、どこへ向かっているのでしょうか?

2018-07-07

anond:20180707212225

そもそも日本には根本的に神がいない

昔は無論多神教だし

明治期に無理やり作られた国家神道

そして敗戦から人間宣言

 

ほとんどの人間戦後経済成長に乗じて

馬車馬のように働いて小金を稼ぐことで

アイデンティティを維持してたけど

そこからこぼれた底辺

戦後哲学論争で神の存在否定された高学歴理系

あいうキチ宗教にのめり込むしかなかった

 

今後は当然経済成長も止まって

そしたら今まで金稼いで自分肯定してた層が

カルトナショナリズムなだれ込む(というか既に)

オウムが可愛く見える時代になってくからな?

2018-02-09

嫌いな新聞

俺どちらかというと保守的な考えだから

自国無意味卑下するような新聞社は好きではないのだけど、

産経も嫌いなんだよなー

俺の持論では、

保守的思想を持っていれば、

自然反米(※テロ礼賛とかじゃないよ)になるはずなんだけど、

奴らはダブルスタンダードアメリカ尻尾を振る犬と化している

沖縄の件なんかまさにそれの象徴だわ

というか、保守反米の奴ってそもそもいるの?

俺の知ってる限り、支那朝鮮関連は盛大に叩いても、

アメリカには長いものには巻かれろ主義の奴らが多い気がする

そういうのに限って、政治以外の分野は凝り固まった保守思想のケースが多い

結局は戦前マスコミに踊らされて、

大本営信じてた奴らの上に、

敗戦アメリカが君臨してるだけの構図なんだよなー

原爆落とされて、建国200年程度の国に

天皇人間宣言とかさせられて

憤りとか感じないのかね

反省して謝罪し続けてる、サヨクメディアと同じぐらいの違和感を感じる

2018-02-07

anond:20180207211901

あいつって皇室とどういう繋がりなの?

調べてみよう。

ーーー

明治天皇義理叔父末裔かよ、

遠すぎるな...

しかも、第二次世界大戦後にGHQの指令ですんなり皇籍離脱してるぞ!

本家国体維持の為、

やむを得ない人間宣言だったが、

分家のお前らは国外逃亡など

抵抗いくらでも出来ただろう!

結局は、

ただの恥さらしな金持ちボンボンだよ

よく平気で皇室の名を使えるなって思う

2017-10-06

結局は権利侵害という話だということ

女の子の言う友達ってようするに「自分利益になるように利用してもいい他人」の総称なんだよね。

  

その「友達」の中に自分との力関係クラスけがあって

自分と対等=「お互い利用しあう関係

自分より下=「自分の思い通りになる関係

  

自分と対等と認識してる相手には、自分のために相手を利用してる後ろめたさが多少あるもの

自分相手の役に立ってる」という思い込みで暗黙の契約関係一方的に想定することでその気持ち相殺する。

からお互いに頻繁にお返しをしあったりして、対等なバランスを保つのにそれなりの努力をする。

  

自分より下の人間に対してはそんな気遣いは一切ない。自分が欲しいと思ったサービスは受けられるのが当然であって、それに対する見返りなど全く想定外だ。

このクラス自分奉仕する道具。「男友達」っていうのがデフォでこのクラスで、女の子本能的に「男が自分に近づいてくるのは自分が好かれてるからだ→自分のほうが立場が上」という図式を瞬時に形成する。

  

ここでその「男友達」が「じつはきみのことが...」とか言い出そうものならもう大変である

  

まず驚く。

これは、相手自分をそんな風に思ってたなんて、という驚きではない。そんなことはお互い初めからわかっているのだ。

これは「道具がしゃべった!」というくらいの驚きだ。これはびっくりする。

  

つぎに裏切られたように感じる。

そもそも男がフラフラ自分に引き寄せられてきた時点で、相手もこの「見返りのない関係」に同意していたはずだ。

それが今相手自分に何がしかの見返りを求めている。ちょっと待て。話が違うだろう、ということだ。「それは違反ですよ」と言いたいところだろう。

  

そして怒りが湧いてくる。

なにせ相手自分より圧倒的に下の立場であるはずなのだ。それが自分に対して対等であることを主張している。

さらにこの男の「人間宣言」によって、自分は持駒である道具の一つを失う。自分権利に対するりっぱな侵害である。なんなら出るところに出れるレベルだ。

何より腹が立つのは、この状況に対して自分に取れる効果的な手段は何一つないという現実を突きつけられることだろう。これは屈辱だ。

どっちに転んでも自分に与えられた選択肢は「自分の所有物である道具をひとつ手放す」というものしかない。そして自分はそんなことはしたくないのだ。

しか自分は今選べる立場にない。ディレマである。いきなりこんな現実を突きつけられて怒らずにいられるだろうか。

自分の所有している道具が「自分人間だ」といった結果、自分絶対者という立場から一人の無力な人間へと格下げされたのである

  

友達じゃ駄目なのかな」というつぶやきの裏には、このような世の中の矛盾に対する憤り、自らの不幸を恨む気持ち、ついには自分の無力さにたいする苦い諦めの気持ちなどなどが、ぐるぐると渦を巻いているのだというお話

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん